Hirata Michio

Faculty & Position:Pediatric Department  doctor
Contact:
URL: 
Last Updated: May 22, 2019 at 05:03

Researcher Profile & Settings

Qualification

  • 博士(医学)

Research Activities

Published Papers

  • 【脱水って何?命にかかわるの!?】 心配な脱水症の見つけ方、重症度判定のポイント
    平田 倫生
    チャイルド ヘルス 21(7) 490-493 Jul. 2018
  • 小児急性胃腸炎・急性虫垂炎 重症度評価と輸液療法
    平田倫生
    小児外科 49(12) 1190‐1192-1192 Dec. 2017
  • Risk factors of infant anemia in the perinatal period.
    Hirata M, Kusakawa I, Ohde S, Yamanaka M, Yoda H
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 59(4) 447-451 Apr. 2017 [Refereed]
  • 周産期における乳児貧血の危険因子に関する検討
    平田 倫生, 與田 仁志
    東邦医学会雑誌 64(1) 58-59 Mar. 2017
  • 図解でよくわかる お母さんと赤ちゃんの生理とフィジカルアセスメント 第4章 新生児 12 体重減少
    平田倫生
    ペリネイタルケア 246‐250 Jan. 2017
  • 【図解でよくわかる お母さんと赤ちゃんの生理とフィジカルアセスメント】(第4章)新生児 体重減少
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2017新春増刊) 246-250 Jan. 2017
  • Daytime nap controls toddlers' nighttime sleep.
    Nakagawa M, Ohta H, Nagaoki Y, Shimabukuro R, Asaka Y, Takahashi N, Nakazawa T, Kaneshi Y, Morioka K, Oishi Y, Azami Y, Ikeuchi M, Takahashi M, Hirata M, Ozawa M, Cho K, Kusakawa I, Yoda H
    Scientific reports 6 27246 Jun. 2016 [Refereed]
  • Correlation between umbilical cord hemoglobin and rate of jaundice requiring phototherapy in healthy newborns.
    Nakagawa M, Ishida Y, Nagaoki Y, Ohta H, Shimabukuro R, Hirata M, Yamanaka M, Kusakawa I
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 57(4) 626-628 Aug. 2015 [Refereed]
  • 急性腎不全を呈した新生児に対し施行した長時間低効率血液透析(Sustained Low Efficiency Dialysis)の検討
    井上芳博, 藤丸拓也, 山田竜平, 齊藤大輔, 瀧史香, 金学粋, 長沖優子, 辻本信一, 小野林太郎, 中川真智子, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功, 小松康宏
    日本急性血液浄化学会雑誌 5(1) 81-84 Jun. 2014
    全身性単純ヘルペスウイルス感染症に伴う急性腎障害、肝機能障害、播種性血管内凝固症候群を呈した新生児に、Sustained Low Efficiency Dialysis(SLED)を施行した。技術的側面を含め報告する。[症例]日齢14日、2,608g。[装置・材料]装置にはKM-8900、血液濾過器にはEXCELFLO AEF-03、血液回路には低ボリューム回路を使用し充填量は70mLであった。[治療条件]Vascular Accessは動脈血管(24ゲージ)静脈血管(22ゲージ)とした。血液流量15〜20mL/min、透析液流量0.25L/hrで治療時間は4〜11hrとした。[治療経過]計6回のSLEDを安定して実施することができた。その後、腎機能が回復し66病日に退院となった。[まとめ]新生児でもSLEDは可能で血液凝固、体温低下のリスク低減、他治療の実施の観点からも有効である。(著者抄録)
  • Factors influencing timing of neonatal discharge in Japan: retrospective study.
    Ishida Y, Nagaoki Y, Nakagawa M, Hirata M, Shimabukuro R, Kusakawa I, Hosoya R, Fukui T
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 56(3) 382-388 Jun. 2014 [Refereed]
  • Neonatal herpes simplex virus infection treated with serial exchange transfusion and Hemodiafiltration
    長沖優子, 中川真智子, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功, 小松康宏
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(4) 1281-1285 Dec. 2013
    日齢5の男児。38.5℃の発熱を認めNICU入院となった。水疱は認めず当初はB群溶連菌感染を疑い抗生剤による加療を行ったが、日齢9に突然肝障害を認め、全身型単純ヘルペス(HSV)感染症と診断された。以後、児は呼吸不全、肝不全、播種性血管内凝固症候群、腎不全へと進行したため、腎代替療法を要した腹膜透析や内頸静脈、大腿静脈からのダブルルーメンカテーテルによるバスキュラーアクセス(VA)が考慮されたが、出血傾向が著しいこと、新たなVA確保により出血コントロールがより困難になることが懸念された。そこで、既に確保されている末梢動脈ラインと末梢静脈ラインを使用して低効率血液濾過透析(SLED)を行い、あわせて交換輸血を3回、SLEDを7回施行した。その結果、透析開始から9日目に自排尿が認められ、速やかに腎不全、肝不全は改善した。尚、38日間のアシクロビル静注後に約1年間の内服を継続することで、患児は現在1歳3ヵ月であるが、発達は良好である。
  • 周産期感染症の最新知識―妊娠・授乳中の注意点―3 HIV・ATLV・HBV・HCV
    平田倫生
    小児科 54(7) 959-965 Jun. 2013
  • 【周産期感染症の最新知識-妊娠・授乳中の注意点-】 HIV・ATLV・HBV・HCV
    平田 倫生
    小児科 54(7) 959-965 Jun. 2013
  • Association between parental preference and head computed tomography in children with minor blunt head trauma.
    Ishida Y, Manabe A, Oizumi A, Otani N, Hirata M, Urayama K, Saida Y, Kusakawa I, Fukui T
    JAMA pediatrics 167(5) 491-492 May 2013 [Refereed]
  • 周産期医が習得したい専門的手技―新生児編 ビデオ喉頭鏡
    平田倫生, 草川功
    周産期医学 42(12) 1563-1565 Dec. 2012
  • Hepatoblastoma in an infant with paternal uniparental disomy 14.
    Horii M, Horiuchi H, Momoeda M, Nakagawa M, Hirata M, Kusakawa I, Yamanaka M
    Congenital anomalies 52(4) 219-220 Dec. 2012 [Refereed]
  • 乳児健康診査の基本
    平田倫生
    助産師 66(3) 28-29 Aug. 2012
  • いまさら聞けないシリーズ(その3) 乳児健康診断の基本
    平田 倫生
    助産師 66(3) 28-29 Aug. 2012
  • 日本語版Premature Infant Pain Profileの実践的活用の検証―所属施設やNICU従事年数の異なる看護師による評価―
    小澤未緒, 砂金直子, 菅田勝也, 平田倫生, 草川功, 鈴木智恵子
    小児保健研究 71(1) 10-16 Jan. 2012
    日本語版Premature Infant Pain Profile(PIPP)の臨床での活用可能性を検討することを目的として、異なる施設に所属するNeonatal Intensive Care Unit(NICU)看護師8名を対象とし、28の同一採血場面を日本語版PIPPで採点した場合の評価者間信頼性を検討した。また、NICU勤務経験5年以上の群と5年未満の群で疼痛評価に違いがあるのかも検討した。評価者間信頼性は先行研究よりも低かったが、NICU勤務経験5年以上の群と5年未満の群でPIPP総得点の有意な違いはなかった。これらのことから、日本語版PIPPは臨床における新生児の疼痛評価に有用であると考えられた。(著者抄録)
  • 肝芽腫を合併したUPD‐14の2例
    野崎太希, 河野達夫, 清水光政, 草川功, 平田倫生, 槇殿文香理, 真部淳, 平林健, 細谷亮太, 齋田幸久
    日本小児放射線学会雑誌 27 31 May 2011
  • Low dose cytarabine therapy for transient abnormal myelopoiesis (TAM)
    NAKAGAWA Machiko, KUSAKAWA Isao, HIRATA Michio, SAITO Rei, KASAI Emi, HASEGAWA Daisuke, MANABE Atsushi, HOSOYA Ryota
    日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine 47(1) 161-164 May 2011
    妊娠35週0日、児心音異常のため母体搬送となり同日緊急帝王切開となった。児は血液検査にて著明な白血球数増加と血小板の増加、LDHの増加を認め一過性骨髄増殖症(TAM)が疑われたため日齢1に新生児搬送となった。白血球、血小板とも減少傾向で、補液、尿アルカリ化、アロプリノール投与のみで経過観察した。日齢1の血清総ビリルビン値は14.9mg/dlであったため光線療法を行い、SpO2の軽度低下に対し酸素投与を行った。染色体検査で21トリソミーと診断遺伝子検査でTAMと診断した。末梢血芽球の消失を認めず、日齢11より少量Ara-C療法を7日間行い日齢31に芽球消失を確認した。化学療法中全身状態は安定し、有害事象としては骨髄抑制を認め、濃厚赤血球の輸血を必要とした。日齢23には表皮ブドウ球菌菌血症に罹患したが抗菌薬投与にて改善した。日齢62に退院し、月齢10ヵ月現在も経過良好である。
  • A case of neurofibromatosis 1 (NF1) associated with progressive pulsating exophthalmos caused by congenital sphenoid wing dysplasia
    KASAI Emi, KUSAKAWA Isao, NAKAGAWA Machiko, HIRATA Michio, HOSOYA Ryota
    日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine 47(1) 103-106 May 2011
    症例は在胎37週6日で出生した男児で、頭位経月室分娩で出生し、出生時より両側側頭頭頂部に頭血腫があり、日齢3よりビリルビン値が上昇傾向で日齢4より光線療法を開始した。溶血や感染徴候はなく、光線療法にて黄疸は順調に改善したものの黄疸が遷延した。日齢11に血腫の評価目的に頭部CTを施行し、頭血腫による遷延性黄疸と考えた。その後も高ビリルビン血症が続き光線療法を必要としたが、日齢28に改善したため退院した。生後1ヵ月頃より体幹、四肢に褐色斑が見られるようになり、徐々に増加した。また、生後3ヵ月頃より右眼窩外側、側頭骨部の膨隆が出現し、6ヵ月時には更に増大して眼球突出もきたした。6個以上のカフェオレ斑および蝶形骨欠損から神経線維腫症1型と診断した。生後6ヵ月時に頭蓋骨外側壁欠損部形成術を施行した。現在2歳0ヵ月であるが、発育、発達は正常に経過している。
  • Influence of repeated painful procedures on prefrontal cortical pain responses in newborns.
    Ozawa M, Kanda K, Hirata M, Kusakawa I, Suzuki C
    Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992) 100(2) 198-203 Feb. 2011 [Refereed]
  • 安全で赤ちゃんにやさしい手技を学ぶ 写真でマスター!人工呼吸管理に役立つケア技術20 9 適切なバギング
    平田倫生, 草川功
    Neonatal Care 24(1) 34-35 Jan. 2011
  • 安全で赤ちゃんにやさしい手技を学ぶ 写真でマスター!人工呼吸管理に役立つケア技術20 7 気道損傷を来さない気管挿管手技
    平田倫生, 草川功
    Neonatal Care 24(1) 30-31 Jan. 2011
  • 安全で赤ちゃんにやさしい手技を学ぶ 写真でマスター!人工呼吸管理に役立つケア技術20 8 ビデオ喉頭鏡の使用
    平田倫生, 草川功
    Neonatal Care 24(1) 32-33 Jan. 2011
  • Effect of gender and hand laterality on pain processing in human neonates.
    Ozawa M, Kanda K, Hirata M, Kusakawa I, Suzuki C
    Early human development 87(1) 45-48 Jan. 2011 [Refereed]
  • 【安全で赤ちゃんにやさしい手技を学ぶ 写真でマスター!人工呼吸管理に役立つケア技術20】 適切なバギング
    平田 倫生, 草川 功
    Neonatal Care 24(1) 34-35 Jan. 2011
    人工呼吸というと真っ先に気管挿管を思い浮かべる人が多いようだが、マスク&バッグによって十分に有効な換気を保つことができるなら、気管挿管をいたずらに急ぐ必要はない。新生児蘇生法において、バギングは立派な人工呼吸であり、周産期医療に携わるすべての者が正確に身に付けなければならない大事な手技である。そしてその「キモ」は、上気道をいかにうまく開通させるかである。(著者抄録)
  • 【安全で赤ちゃんにやさしい手技を学ぶ 写真でマスター!人工呼吸管理に役立つケア技術20】 ビデオ喉頭鏡の使用
    平田 倫生, 草川 功
    Neonatal Care 24(1) 32-33 Jan. 2011
    最近になって、いくつかの医療機器メーカーからビデオ喉頭鏡が相次いでリリースされた。これは、従来の喉頭鏡にビデオカメラを取り付け、本体に備え付けの小型液晶カラーモニター、あるいは外部モニターによってリアルタイムで喉頭の状態を観察できるものである。本稿ではビデオ喉頭鏡のさまざまな利点について説明したい。(著者抄録)
  • 【安全で赤ちゃんにやさしい手技を学ぶ 写真でマスター!人工呼吸管理に役立つケア技術20】 気道損傷を来さない気管挿管手技
    平田 倫生, 草川 功
    Neonatal Care 24(1) 30-31 Jan. 2011
    通常、気管挿管を行うためには、喉頭展開を行わなければならないが、硬い金属性のヘラ(喉頭鏡)を用いて粘膜に囲まれた喉頭の軟部組織を押し広げて気管の位置を確認し、その敏感な気管の中にチューブを押し込むという、よく考えてみると何とも乱暴極まりない手技である。そのため、ちょっとした不注意で容易に組織損傷を来しやすい。一つひとつの手技をあわてず優しくいたわるような気持ちで行うという心がけが大切である。(著者抄録)
  • 日本語版Premature Infant Pain Profileの有用性の検討
    小澤未緒, 菅田勝也, 平田倫生, 草川功, 鈴木智恵子
    日本新生児看護学会誌 16(1) 28-33 Mar. 2010
    【背景】適切な疼痛管理には評価尺度が必要であるが、わが国には信頼性・妥当性が検証された新生児の疼痛評価尺度がない。【目的】日本語版Premature Infant Pain Profile PIPPの信頼性・妥当性を検証し、臨床及び研究で利用可能かを検討すること。【方法】101名の早産児及び正期産児を対象に採血時にデータ収集を行った。日本語版PIPPを用いて安静時、接触時、穿刺時、終了時の反応を評価した。分析は評価者間信頼性、内的整合性、構成概念妥当性を検討するために、級内相関係数の算出、クロンバックα係数の算出、繰り返しのある分散分析を行った。【結果】30名の同一穿刺場面を4名の採点者が別々に評価した各項目の級内相関係数は、0.87-0.93と高く、内的整合性を示すクロンバックα係数は0.71であり信頼性は保たれていた。また穿刺時の得点は安静時、接触時、終了時のいずれの得点よりも有意に高く、構成概念妥当性をも保たれていた。【結論】日本語版PIPPは、新生児の疼痛評価尺度として国内での臨床及び研究で、利用可能であると考えられた。(著者抄録)
  • 日本語版Premature Infant Pain Profileの信頼性・妥当性の検証(第1報)
    小澤未緒, 平田倫生, 草川功, 鈴木智恵子, 平田貴子, 布施和枝, 加賀爪かおり, 宮尾恵未, 菅田勝也
    日本新生児看護学会学術集会講演集 19th 66-67 Nov. 2009
  • 小児フィジカルアセスメント 新生児
    平田倫生, 草川功
    こどもケア 4(1) 42-45 Apr. 2009
  • 必携!小児救急外来診療ガイド 患者搬送のテクニック
    平田倫生, 草川功
    小児内科 41(4) 675-677 Apr. 2009
  • 【事例・図解で詳細を見やすく分かりやすく解説!小児フィジカルアセスメント】 新生児
    平田 倫生, 草川 功
    こどもケア 4(1) 42-45 Apr. 2009
  • Can electrogastrography replace gastric emptying for children with gastric dysfunction?
    E.Yazaki, M.Hirata, D.Rawat, N.Croft, N.Meadows, D.F.Evans.
    Gut 53(3) A113-A113 Apr. 2004 [Refereed]
  • Upper oesophageal sphincter manometry and 24h pH measurements in patients with globus sensation
    E.Yazaki, M.Hirata, G.Alusi, D.F.Evans
    Gut 53(3) A36-A36 Apr. 2004 [Refereed]
  • Small bowel manometry on children with suspected small intestinal motility disorder
    E.Yazaki, N.Meadows, M.Hirata, D.F.Evans
    Gut 52(1) A49-A49 Apr. 2003 [Refereed]
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 93 聴力スクリーニング
    平田倫生
    ペリネイタルケア 230-231 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 97 成熟度評価
    川上緑, 平田倫生
    ペリネイタルケア 238-239 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 特別な場合の手技 Technique 99 注射法と輸液法
    平田倫生
    ペリネイタルケア 242-243 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 95 採尿法
    平田倫生
    ペリネイタルケア 234-235 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 特別な場合の手技 Technique 100 保育器の取り扱い
    平田倫生
    ペリネイタルケア 244-245 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 94 光線療法
    平田倫生
    ペリネイタルケア 232-233 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 特別な場合の手技 Technique 101 モニタリング(パルスオキシメーター)
    平田倫生
    ペリネイタルケア 246-247 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 96 新生児診察法
    平田倫生
    ペリネイタルケア 236-237 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 89 体重・その他の計測
    平田倫生
    ペリネイタルケア 222-223 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 90 採血法
    平田倫生
    ペリネイタルケア 224-225 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 91 おむつ交換
    平田倫生
    ペリネイタルケア 226-227 Jun. 2002
  • 妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技106 第4章 新生児への手技 産科入院中の手技 Technique 92 もく浴(施設における方法)
    平田倫生
    ペリネイタルケア 228-229 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 特別な場合の手技 注射法と輸液法
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 242-243 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 特別な場合の手技 保育器の取り扱い
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 244-245 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 沐浴(施設における方法)
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 228-229 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 聴力スクリーニング
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 230-231 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 体重・その他の計測
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 222-223 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 新生児診察法
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 236-237 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 特別な場合の手技 モニタリング(パルスオキシメーター)
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 246-247 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 採血法
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 224-225 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 採尿法
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 234-235 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 おむつ交換
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 226-227 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 光線療法
    平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 232-233 Jun. 2002
  • 【妊娠から出産・育児までのケアマニュアル 周産期の臨床手技】 新生児への手技 産科入院中の手技 成熟度評価
    川上 緑, 平田 倫生
    ペリネイタルケア(2002夏季増刊) 238-239 Jun. 2002
  • タッチケア 親子の結びつきと母性の誘発 3. 1か月の児を持つ母親のタッチケア施行後の育児感情の変化
    草川功, 平田倫生, 井村真澄, 金子美紀, 秋屋伸子, 井上玲子, 佐藤由美子, 的場晴美, 吉川久美子
    小児保健研究 60(2) 181-185 Mar. 2001
  • タッチケア 親子の結びつきと母性の誘発 1ヵ月の児を持つ母親のタッチケア施行後の育児感情の変化
    草川 功, 平田 倫生, 井村 真澄, 金子 美紀, 秋屋 伸子, 井上 玲子, 佐藤 由美子, 的場 晴美, 伊藤 敦子, 池下 貴子, 鈴木 智恵子, 山崎 三奈子, 竹村 みち代, 土屋 正子, 吉川 久美子
    小児保健研究 60(2) 181-185 Mar. 2001
    母親179名に対し,産後の入院中と,児の1ヵ月健診時の2回にアンケート調査及び心理テストを行い,母親の意識変化を検討した.また,対象期間を前半,後半のグループに分け,一方にタッチケアの指導を行った.初産133名,経産46名,タッチケアの指導無しグループが83名,指導有りグループが96名であった.結果として,産後入院中の母親全体では,赤ちゃんに触れることに対する不安感は少なかったが,経産では,80%以上が授乳以外の事に関しては不安感なく行えると答え,初産と大きく異なっていた.タッチケア指導の有無による,母親が赤ちゃんに触れるときの意識の比較では,指導有りグループの方がタッチに対して積極性がある傾向がみられた.心理テストによる解析では,母親の主観による不安感は1ヵ月時に全ての項目で減っていたが,客観的なテストでは緊張,不安などの全てにおいて1ヵ月時の方が不安定であり,初産,経産において同じ傾向であった
  • Prenatal Magnetic Resonance Imaging Findings of Post Hemorrhagic Fetal Hydrocephalus.
    桑原慶充, 石川源, 鈴木俊治, 沢倫太郎, 米山芳雄, 荒木勤, 平田倫生, 与田仁志, 川上義
    日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 48(3) 437-441 Sep. 1999
    症例は28歳女.妊娠31週6日,胎児水頭症疑いにて当科紹介受診.胎児MRIにて両側側脳室の対称性拡大,第三脳室の拡大を認めた.妊娠34週3日,脳室拡大の進行を認める為,帝王切開術を施行しNICUへ搬送.出生後,腰椎穿刺により採取した髄液所見がキサントクロミーを呈していたことにより脳室内出血の確定診断に至った.今回,脳室内出血の出生診断は困難であり,retrospectiveにも出血性病変は確認できなかった
  • Transient Abnormal Myelopoiesis in a Chromosomally Normal Newborn Infant.
    島義雄, 平田倫生, 中島やよひ, 山本佳樹, 与田仁志, 川上義, 赤松洋
    日本新生児学会雑誌 35(3) 569-573 Aug. 1999
    症例は在胎34週3日,2,540g自然分娩,Apgar scoreは7点(1分)8点(5分)で出生の女児で妊娠中には特記すべき異常を指摘されなかった.出生直後から著明な肝脾腫を呈し,高度の貧血と芽球を含む白血球・血小板増多が存在,急速に多臓器不全症状に陥ったため交換輸血及びステロイド大量療法を含む集中治療を要した.芽球染色体は21-trisomyであったが,患児の体細胞染色体は正常核型で,その他の合併異常も認めなかった.芽球は抗腫瘍療法を経ず約3週間で完全に消失,これに伴い状態の改善も得られ後遺症なく治癒,経過からTAMと診断した
  • Newborn infant disease. Pharmacological treatment for patent ductus arteriosus in premature infants. Indomethacin and Mefenamic acid.
    与田仁志, 川上義, 島義雄, 中島やよひ, 平田倫生, 山本佳樹
    小児科臨床 52(7) 1481-1486 Jul. 1999
  • MR Urography in Neonatal Obstructive Uropathy
    YODA Hitoshi, KAWAKAMI Tadashi, SHIMA Yoshio, NAKAJIMA Yayohi, HIRATA Michio, YAMAMOTO Yoshiki, KAMII Yoshiyuki, YOKOMORI Kinji, TANAKA Saori, OHGI Kazuyuki, FURUKAWA Takashi
    日本小児放射線学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Pediatric Radiology 15(2) 184-192 Jul. 1999
    胎児期より水腎症等が疑われた6例(成熟児)と新生児期のCandidaによる閉塞性腎症1例(超低出生体重児)の計7例について超音波検査,IP(経静脈的腎盂造影)等と,厚スライスのsingle slice法によるMR urography(MRU)と比較した.水腎症では超音波で6例中4例が診断可能で,IPでは5例中3例が診断可能であった.尿管閉鎖による水腎症は超音波では尿管と膀胱との区別が困難で,IPでは全く描出できなかった.重複尿管・尿管瘤による水腎症は超音波で発見されず,IPでの描出は難しかった.Candida閉塞性腎症による水腎症では超音波で腎盂腎杯内のfungusそのものは検知できたが,尿管の拡張に関しては描出できなかった.MRUはあらゆる水腎症において尿管,膀胱を含めた全体像が描出され,狭窄部位の診断や重複尿管の診断も可能であった
  • Perinatal Backgrounds and Neonatal Outcome in Extremely Premature Infant
    SHIMA Yoshio, KAWAKAMI Tadashi, YODA Hitoshi, NAKAJIMA Yayohi, HIRATA Michio, YAMAMOTO Yoshiki, AKAMATSU Hiroshi, SUGIMOTO Mitsuhiro
    日本新生児学会雑誌 35(1) 73-77 Apr. 1999
    1993〜1997年に出生した後に,NICUで治療を受けた在胎22〜27週の単胎児84例の分析を行い,妊娠中期早産児の周産期の背景と出生後の適応状況及び治療成績との関係について検討した.母体感染症状の有無に関わらず絨毛膜羊膜炎を認めたものが過半数で,早産の原因としての子宮内感染の存在が再認識された.帝切率は20%で,24週以下では母体適応の1例のみに行われた.出生直後の適応障害と新生児死亡率は,経腟骨盤位の場合で高い傾向にあり,児の中枢神経障害発生率に関しては,帝切で低い傾向を認めた.早期から中枢神経に異常を認めた症例では母体感染の陽性率が高かった.出生前母体ステロイド予防投与は児の出生後適応と治療成績に良好な結果をもたらした.24週以下の児の治療成績は依然として不良であり,分娩の時期と方法の決定にあたっては,個別的で慎重な対応が必要である
  • Etiologic correlation between streptococcal infection and anaphylactoid purpura....a study of anaphylactoid purpura in recent 10 years in St. Luke's International Hospital.
    折居建治, 大矢達男, 大山栄作, 平田倫生, 斎藤昭彦, 海老原康博, 渡部玉蘭, 真部淳, 西村昂三
    聖路加健康科学誌 4/5(1994/1995) 30-34 Jul. 1997
  • A Case of Acute Lymphoblastic Leukemia Showing Markedly Increased Uptake in the Bone without Uptake in the Liver by ^<67> Ga Scintigraphy
    ORII Kenji, MANABE Atsushi, HIRATA Michio, EBIHARA Yasuhiro, WATANABE Gokuran, NISHIMURA Kozo, HOSOYA Ryota
    日本小児血液学会雑誌 11(2) 120-124 Apr. 1997
    5歳女児.急性リンパ性白血病の発症初期に67Gaシンチグラフィーを施行され,骨への異常集積を認めた.その機序としては白血病細胞に67Ga-citrateが取り込まれ,そのために骨髄への集積をきたしたと考えられた.本例では治療に伴う画像所見の正常化が認められ,67Gaシンチグラフィーが発症初期の白血病細胞量の変化を推察する上で有用な補助検査法になり得ることを示唆している
  • A Case of Acute Lymphoblastic Leukemia Showing Markedly Increased Uptake in the Bone without Uptake in the Liver by 67Ga Scintigraphy.
    ORII Kenji, MANABE Atsushi, HIRATA Michio, EBIHARA Yasuhiro, WATANABE Gokuran, NISHIMURA KOZO, HOSOYA Ryota
    J.J.P.H. 11(2) 120-124 1997
    A 5-year-old girl with acute lymphoblastic leukemia showed increased uptake in the bone and decreased uptake in the liver by67Ga scintigraphy. Subsequently, the bone uptake decreased after beginning remission induction treatment. It is believed that67Ga-citrate was taken by the leukemic cells through the transferrin receptors and distributed to the systemic bone marrow.67Ga scintigraphy is widely used for malignancies such as malignant lymphoma, however, its significance for leukemia has not been evaluated.67Ga scintigraphy may be useful to evaluate the extent of bone marrow invasion of leukemic cells and response to treatment.
  • Hb level of infants and their mothers during pregnancy
    奥山 泉, 平田 倫生, 草川 功, 細谷 亮太, 伊藤 博之
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 5(2) "S-70"-"S-71" Apr. 1995

Conference Activities & Talks

  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン
    十河剛, 十河剛, つる知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 南武嗣, 津村直幹
    日本小児救急医学会雑誌 Apr. 2018
  • 日本小児科救急医学会が作成したガイドライン 小児急性胃腸炎診療ガイドライン
    十河 剛, 鶴 知光, 上村 克徳, 平田 倫生, 伊藤 純子, 南 武嗣, 津村 直幹
    日本小児救急医学会雑誌 Apr. 2018
  • 当院の小児救急医療の10年間の動向(都市部の立場から)
    梅原直, 草川功, 真部淳, 小澤美和, 稲井郁子, 平田倫生, 吉良登志子, 山田奈生子, 塙佳生, 日原真理子, 小森信政, 渡辺浩志, 小坂和輝, 松藤凡
    日本小児救急医学会雑誌 May 2017
  • 過去10年間に当院外来を受診した,異物・誤飲患児に関する検討
    山本俊亮, 山本薫, 相賀咲央莉, 山本一希, 梅原直, 島袋林秀, 平田倫生, 小澤美和, 真部淳, 草川功, 右田美里, 松藤凡
    日本小児救急医学会雑誌 May 2017
  • 幼児の夜間睡眠に対する昼寝の影響について
    中川 真智子, 太田 英伸, 長沖 優子, 島袋 林秀, 安積 陽子, 高橋 紀子, 中澤 貴代, 森岡 圭太, 伊藤 詩菜, 大石 芳久, 平田 倫生, 星野 絵里, 長 和俊, 草川 功, 與田 仁志
    脳と発達 May 2017
  • 胎児と新生児の発達 脳保護の次に来るもの 早産児の光環境と睡眠
    太田 英伸, 中川 真智子, 安積 陽子, 兼次 洋介, 大石 芳久, 星野 絵里, 平田 倫生, 小澤 美和, 長 和俊, 草川 功, 與田 仁志
    脳と発達 May 2017
  • "つつうらうら"の小児救急事情 小児救急医療の現況 多角的な視点から課題を共有する 当院の小児救急医療の10年間の動向 都市部の立場から
    梅原 直, 草川 功, 真部 淳, 小澤 美和, 稲井 郁子, 平田 倫生, 吉良 登志子, 山田 奈生子, 塙 佳生, 日原 真理子, 小森 信政, 渡辺 浩志, 小坂 和輝, 松藤 凡
    日本小児救急医学会雑誌 May 2017
  • 幼児の夜間睡眠に対する昼寝の影響について
    中川真智子, 太田英伸, 太田英伸, 長沖優子, 島袋林秀, 平田倫生, 大石芳久, 長和俊, 与田仁志, 草川功
    日本新生児成育医学会雑誌 Nov. 2016
  • アクチグラフを用いた乳幼児の睡眠発達調査
    中川真智子, 中川真智子, 長沖優子, 太田英伸, 島袋林秀, 平田倫生, 大石芳久, 大石芳久, 与田仁志, 草川功
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2016
  • 当院の極低出生体重児におけるLT4内服と退院後内服中止の現状
    長沖優子, 山本薫, 相賀咲央莉, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功, 松藤凡
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2016
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドラインの概要とそのポイント
    鶴知光, 鶴知光, 上村克徳, 十河剛, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 南武嗣, 津村直幹, 草川功, 黒田達夫, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2016
  • 経口補水療法
    十河剛, 十河剛, 上村克徳, 鶴知光, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 南武嗣, 津村直幹, 草川功, 黒田達夫, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2016
  • 周産期における乳児貧血の危険因子に関する検討
    平田倫生, 與田仁志
    東邦医学会総会予稿集 2016
  • 急性胃腸炎の診療ガイドライン
    鶴知光, 鶴知光, 十河剛, 十河剛, 伊藤純子, 伊藤純子, 伊藤純子, 上村克徳, 平田倫生, 服部益治, 津村直幹, 南武嗣, 草川功, 黒田達夫, 吉田雅博
    外来小児科 Dec. 2015
  • 2絨毛膜2羊膜双胎の1児の胎盤に血管腫を合併した1例
    赤枝俊, 齊藤理恵, 和泉紀子, 小野陽子, 小野健太郎, 山中美智子, 長沖優子, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2015
  • 遺伝子解析で確定診断に至ったSchinzel Giedion症候群の一例
    瀬谷恵, 長沖優子, 平林真介, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2015
  • 診療ガイドライン―小児急性胃腸炎:治療2:食事・薬物療法
    伊藤純子, 伊藤純子, 伊藤純子, つる知光, 十河剛, 上村克徳, 平田倫生, 服部益治, 南武嗣, 津村直幹, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2015
  • 診療ガイドライン―小児急性胃腸炎:治療1:経口補水療法
    十河剛, 十河剛, 上村克徳, つる知光, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 南武嗣, 津村直幹, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2015
  • 診療ガイドライン―急性胃腸炎,虫垂炎急性胃腸炎―重症度評価と輸液療法
    平田倫生, 平田倫生, つる知光, 服部益治, 十河剛, 上村克徳, 伊藤純子, 津村直幹, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2015
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン作成 急性胃腸炎―予防と教育
    津村直幹, 津村直幹, つる知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 十河剛, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2015
  • 診療ガイドライン‐小児急性胃腸炎:診断と検査
    服部益治, 服部益治, つる知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 十河剛, 南武嗣, 津村直幹, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2015
  • 小児急性胃腸炎ガイドライン作成‐目的とその歴史的背景‐
    つる知光, つる知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 十河剛, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2015
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン作成―小児急性胃腸炎(ノロ・ロタウイルス性)の診断と検査―
    服部益治, 鶴知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 十河剛, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 May 2014
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン作成―重症度評価と輸液療法―
    平田倫生, 鶴知光, 上村克徳, 伊藤純子, 服部益治, 十河剛, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 May 2014
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン作成―急性胃腸炎の治療:経口補水療法―
    十河剛, 鶴知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 May 2014
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン作成―その歴史的背景と作成の現況―
    鶴知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 十河剛, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 May 2014
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン作成―急性胃腸炎の治療:食事・薬物療法―
    伊藤純子, 鶴知光, 上村克徳, 平田倫生, 服部益治, 十河剛, 南武嗣, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 May 2014
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン作成―小児急性胃腸炎の予防および教育に関して―
    南武嗣, 鶴知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 十河剛, 草川功, 岩中督, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 May 2014
  • 新生児高インスリン血性低血糖症に対する持続グルコースモニタリング(CGM)の使用経験
    代田惇朗, 長沖優子, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功
    日本未熟児新生児学会雑誌 Nov. 2013
  • 急性腎不全を呈した新生児に対し,持続的血液浄化用装置を用いてSLED(sustained low efficiency dialysis)を施行した1例
    井上芳博, 山田竜平, 齊藤大輔, 金学粋, 瀧史香, 長沖優子, 中川真智子, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功, 小松康宏
    日本急性血液浄化学会雑誌 Aug. 2013
  • 軽度の頭部外傷受傷児に対する頭部CT検査―検査施行に親の希望が与える影響―
    平田倫生, 石田也寸志, 真部淳, 有馬慶太郎, 山本剛士, 草川功
    日本小児救急医学会雑誌 May 2013
  • 交換輸血,血液ろ過透析を繰り返し救命し得た全身型新生児単純ヘルペス感染症の1症例
    小野林太郎, 長沖優子, 辻本信一, 島袋林秀, 中川真智子, 平田倫生, 小松康宏, 草川功, 細谷亮太
    日本小児科学会雑誌 Feb. 2013
  • Reusableプローブを使用した出生時の新生児経皮的SpO2モニターの有用性
    長沖優子, 中川真智子, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功
    日本未熟児新生児学会雑誌 Oct. 2012
  • 正常新生児における臍帯血Hb値と光線療法の関係~late clampは行うべきか?~
    中川真智子, 長沖優子, 平田倫生, 島袋林秀, 草川功, 山中美智子
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2012
  • 横隔膜弛緩症を伴ったフロッピーインファントの1例
    馬場徳朗, 居石崇志, 長沖優子, 中川真智子, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太, 笠井恵美, 熊田聡子, 埜中征哉
    日本小児科学会雑誌 Feb. 2012
  • 母体ヨウ化カリウム内服が原因と考えられた新生児甲状腺腫の1例
    長沖優子, 中川真智子, 平田倫生, 草川功
    日本未熟児新生児学会雑誌 Oct. 2011
  • uniparental disomy‐14(UPD‐14)に肝芽腫を合併した1例
    馬場徳朗, 笠井恵美, 平田倫生, 長沖優子, 中川真智子, 草川功, 細谷亮太, 山中美智子
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2011
  • 分娩開始を契機に睡眠薬の大量服薬による自殺を企図し,当院に救急搬送されそのまま緊急帝王切開となり分娩に至った1例
    山本剛士, 中川真智子, 平田倫生, 草川功
    日本未熟児新生児学会雑誌 Oct. 2010
  • 胎児母体間輸血症候群の2例
    齋藤怜, 笠井恵美, 中川真智子, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2010
  • 生後早期に少量シタラビン(Ara‐C)療法を施行した一過性骨髄増殖症(TAM)の1例
    中川真智子, 笠井恵美, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2010
  • 小児軽症頭部外傷の対応
    山本剛士, 草川功, 有馬慶太郎, 中川真智子, 神谷尚宏, 平田倫生, 細谷亮太
    日本小児救急医学会雑誌 May 2010
  • 急速に呼吸障害が進行した小児のパンデミック(H1N1)2009による急性肺炎の2例
    神谷尚宏, 森山貴也, 中島健太郎, 佐藤真洋, 山本剛士, 斎藤怜, 笠井恵美, 吉田健一, 中川真智子, 長谷川大輔, 小松なぎさ, 稲井郁子, 平田倫生, 小川千登世, 小澤美和, 真部淳, 草川功, 細谷亮太, 片山正夫
    日本小児科学会雑誌 Apr. 2010
  • ベッドサイドで測定可能な高感度C反応性蛋白(CRP)測定装置の使用経験
    平田倫生, 鶴田志緒, 中川真智子, 笠井恵美, 草川功, 細谷亮太
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2009
  • 進行性頭蓋骨欠損により眼球突出を来たした新生時期発症の神経線維腫症1型の1例
    笠井恵美, 鶴田志緒, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太
    日本周産期・新生児医学会雑誌 Jun. 2009
  • Gastric Emptying and Myoelectrical Activity in Patients with Typical Reflux Symptoms.
    Hirata Michio
    Neurogastroenterology and motility 2006 Joint International Meeting  Sep. 2006
  • Diagnosis of Non-Acid Gastroesophageal Reflux (GER) Using Ambulatory Multichannel Intraluminal Impedance and pH (MIIph) Measurement
    Hirata Michio
    Neurogastroenterology and motility 2006 Joint International Meeting  Sep. 2006
  • 市民への小児心肺蘇生法の普及についての検討(1) 保護者への意識調査
    草川 功, 羽鳥 文麿, 田中 哲郎, 平田 倫生
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2003
  • 市民への小児心肺蘇生法の普及についての検討(2) 実技講習会の教育効果と習熟度調査
    羽鳥 文麿, 田中 哲郎, 草川 功, 平田 倫生
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2003
  • 全身に小丘疹,水疱,膿疱が多発し,皮膚糜爛を呈した先天性カンジダ症の1例
    青山 千晶, 藤田 真智子, 小原 崇一郎, 神谷 元, 立川 史美, 西村 奈穂, 平田 倫生, 草川 功, 細谷 亮太, 小中 理会, 原田 晴美, 衛藤 光
    日本小児科学会雑誌 May 2003
  • 小児病棟における病棟保育士の活動
    森本 克, 青山 千晶, 藤田 真智子, 小原 崇一郎, 神谷 元, 立川 史美, 西村 奈穂, 安西 有紀, 平田 倫生, 稲井 郁子, 小澤 美和, 草川 功, 細谷 亮太, 大野 尚子
    日本小児科学会雑誌 Nov. 2002
  • 先天性カンジダ感染症の一例
    藤田 真智子, 草川 功, 平田 倫生, 細谷 亮太, 神谷 元, 小原 崇一郎
    日本未熟児新生児学会雑誌 Nov. 2002
  • 先天性胃原発巨大奇形腫の一例
    西村奈穂, 飯泉哲哉, 川上緑, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太, 松藤凡
    日本新生児学会雑誌 Jun. 2002
  • 当院救命救急センターを受診し便秘と診断された児の検討
    神谷 元, 飯泉 哲哉, 川上 緑, 平田 倫生, 草川 功, 細谷 亮太, 松藤 凡, 石松 伸一
    日本小児救急医学会雑誌 Jun. 2002
  • 抗精神薬の薬物中断によると考えられた新生児けいれんの一例
    飯泉哲哉, 川上みどり, 安西有紀, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太
    日本新生児学会雑誌 Jun. 2001
  • 自宅分娩出生の救命しえなかった新生児感染症の1例
    飯泉哲哉, 川上緑, 田場隆介, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太, 松藤凡
    小児科臨床 Mar. 2001
  • アトピー性皮膚炎と小児皮膚筋炎を合併した1男児例におけるIgEの推移について
    安西有紀, 平田倫生, 森本克, 大矢達男
    日本小児アレルギー学会誌 Dec. 2000
  • 救命しえなかった自宅分娩出生の新生児感染症の一例
    飯泉哲哉, 平田倫生, 草川功, 細谷亮太
    日本未熟児新生児学会雑誌 Sep. 2000
  • 当院にて経験した先天梅毒4例の検討
    望月慎史, 与田仁志, 平田倫生, 中島やよひ, 山本佳樹, 山本和歌子, 川上義
    日本未熟児新生児学会雑誌 Oct. 1999
  • 異なった臨床経過をとった先天性麻疹の双胎例
    飯泉哲哉, 平田倫生, 田場隆介, 草川功, 細谷亮太
    日本未熟児新生児学会雑誌 Oct. 1999
  • 出生直後から多臓器不全に陥った染色体正常核型のTAMの1未熟児例
    島 義雄, 平田 倫生, 山本 佳樹, 中島 やよひ, 与田 仁志, 川上 義, 赤松 洋, 前田 美穂, 山本 正生
    日本小児科学会雑誌 Jul. 1999
  • 悪心嘔吐,哺乳困難及び呼吸障害をきたした先天性僧帽弁狭窄症の1例
    田場 隆介, 草川 功, 平田 倫生, 小澤 美和, 細谷 亮太, 栗下 昌弘
    日本新生児学会雑誌 Jun. 1999
  • 明らかな合併奇形のない先天性水頭症の予後
    中島 やよひ, 平田 倫生, 与田 仁志, 島 義雄, 山本 佳樹, 川上 義, 岩崎 康夫
    日本新生児学会雑誌 Jun. 1999
  • 当院における先天性水頭症の分娩時期,診断,原因に関する検討
    平田 倫生, 与田 仁志, 中島 やよひ, 島 義雄, 山本 佳樹, 川上 義, 杉本 充弘, 岩崎 康夫
    日本新生児学会雑誌 Jun. 1999
  • 18 trisomy 70例の臨床的検討 特に胎児エコー診断への応用について
    与田 仁志, 川上 義, 島 義雄, 中島 やよひ, 平田 倫生, 山本 佳樹, 池谷 美樹, 杉本 充弘
    日本新生児学会雑誌 Jun. 1999
  • 先天性大脳半球間glioependymal cystの2症例
    山本 佳樹, 川上 義, 与田 仁志, 島 義雄, 中島 やよい, 平田 倫生, 岩崎 康夫
    日本新生児学会雑誌 Jun. 1999
  • 新生児副腎出血の画像診断
    与田 仁志, 桑原 慶充, 平田 倫生, 星 明祥, 島 義雄, 中島 やよひ, 山本 佳樹, 川上 義, 扇 和之, 古川 隆
    日本小児放射線学会雑誌 May 1999
  • 新生児期の腎尿路疾患の診断 MRI尿路造影による画像診断の有用性
    与田 仁志, 島 義雄, 中島 やよひ, 平田 倫生, 山本 佳樹, 山中 岳, 川上 義
    日本未熟児新生児学会雑誌 Sep. 1998
  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群(CCHS,Ondineの呪い)の2症例
    山中 岳, 島 義雄, 与田 仁志, 中島 やよひ, 平田 倫生, 山本 佳樹, 川上 義
    日本未熟児新生児学会雑誌 Sep. 1998
  • 当院におけるVACTER associationの検討
    平田 倫生, 与田 仁志, 島 義雄, 中島 やよひ, 山本 佳樹, 山中 岳, 川上 義
    日本未熟児新生児学会雑誌 Sep. 1998
  • 当院における出生前母体ステロイド予防投与の成績
    島 義雄, 川上 義, 与田 仁志, 中島 やよひ, 平田 倫生, 山本 佳樹, 杉本 充弘
    日本未熟児新生児学会雑誌 Sep. 1998
  • 3ヵ月乳児における好酸球値とアレルギー疾患との関連について
    平田 倫生
    小児保健研究 Mar. 1996
  • SIOP横紋筋肉腫プロトコールによる化学療法を施行した軟部組織腫瘍の2例
    平田 倫生
    小児がん Dec. 1995
  • 視力障害を主訴に発症した神経芽細胞腫の一例
    平田 倫生
    小児がん Dec. 1994
  • 3ヵ月健診における正常乳児の貧血に関する検討
    平田 倫生
    日本新生児学会雑誌 Dec. 1994
  • Lupus Anticoagulant陽性のSLE合併妊婦より出生した新生児の一例
    平田 倫生
    日本未熟児新生児学会雑誌 Jun. 1994
  • 骨原発Burkitt型悪性リンパ腫の1例
    平田 倫生
    小児がん Oct. 1993

Misc

  • 産婦人科医が身につけたい新生児の診察法 骨・関節
    平田倫生
    周産期医学 48(8) 969‐972 Aug. 2018
  • 【産婦人科医が身につけたい新生児の診察法】 骨・関節
    平田 倫生
    周産期医学 48(8) 969-972 Aug. 2018
  • 【脱水って何?命にかかわるの!?】 心配な脱水症の見つけ方、重症度判定のポイント
    平田 倫生
    チャイルド ヘルス 21(7) 490-493 Jul. 2018
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドライン
    十河剛, 十河剛, つる知光, 上村克徳, 平田倫生, 伊藤純子, 南武嗣, 津村直幹
    日本小児救急医学会雑誌 17(2) 223 Apr. 2018
  • 日本小児科救急医学会が作成したガイドライン 小児急性胃腸炎診療ガイドライン
    十河 剛, 鶴 知光, 上村 克徳, 平田 倫生, 伊藤 純子, 南 武嗣, 津村 直幹
    日本小児救急医学会雑誌 17(2) 223-223 Apr. 2018
  • 当院の小児救急医療の10年間の動向(都市部の立場から)
    梅原直, 草川功, 真部淳, 小澤美和, 稲井郁子, 平田倫生, 吉良登志子, 山田奈生子, 塙佳生, 日原真理子, 小森信政, 渡辺浩志, 小坂和輝, 松藤凡
    日本小児救急医学会雑誌 16(2) 232 May 2017
  • 過去10年間に当院外来を受診した,異物・誤飲患児に関する検討
    山本俊亮, 山本薫, 相賀咲央莉, 山本一希, 梅原直, 島袋林秀, 平田倫生, 小澤美和, 真部淳, 草川功, 右田美里, 松藤凡
    日本小児救急医学会雑誌 16(2) 312 May 2017
  • "つつうらうら"の小児救急事情 小児救急医療の現況 多角的な視点から課題を共有する 当院の小児救急医療の10年間の動向 都市部の立場から
    梅原 直, 草川 功, 真部 淳, 小澤 美和, 稲井 郁子, 平田 倫生, 吉良 登志子, 山田 奈生子, 塙 佳生, 日原 真理子, 小森 信政, 渡辺 浩志, 小坂 和輝, 松藤 凡
    日本小児救急医学会雑誌 16(2) 232-232 May 2017
  • 過去10年間に当院外来を受診した、異物・誤飲患児に関する検討
    山本 俊亮, 山本 薫, 相賀 咲央莉, 山本 一希, 梅原 直, 島袋 林秀, 平田 倫生, 小澤 美和, 真部 淳, 草川 功, 右田 美里, 松藤 凡
    日本小児救急医学会雑誌 16(2) 312-312 May 2017
  • 胎児と新生児の発達 脳保護の次に来るもの 早産児の光環境と睡眠
    太田 英伸, 中川 真智子, 安積 陽子, 兼次 洋介, 大石 芳久, 星野 絵里, 平田 倫生, 小澤 美和, 長 和俊, 草川 功, 與田 仁志
    脳と発達 49(Suppl.) S158-S158 May 2017
  • 幼児の夜間睡眠に対する昼寝の影響について
    中川 真智子, 太田 英伸, 長沖 優子, 島袋 林秀, 安積 陽子, 高橋 紀子, 中澤 貴代, 森岡 圭太, 伊藤 詩菜, 大石 芳久, 平田 倫生, 星野 絵里, 長 和俊, 草川 功, 與田 仁志
    脳と発達 49(Suppl.) S275-S275 May 2017
  • 幼児の夜間睡眠に対する昼寝の影響について
    中川真智子, 太田英伸, 太田英伸, 長沖優子, 島袋林秀, 平田倫生, 大石芳久, 長和俊, 与田仁志, 草川功
    日本新生児成育医学会雑誌 28(3) 581 Nov. 2016
  • 当院の極低出生体重児におけるLT4内服と退院後内服中止の現状
    長沖優子, 山本薫, 相賀咲央莉, 島袋林秀, 平田倫生, 草川功, 松藤凡
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 553 Jun. 2016
  • アクチグラフを用いた乳幼児の睡眠発達調査
    中川真智子, 中川真智子, 長沖優子, 太田英伸, 島袋林秀, 平田倫生, 大石芳久, 大石芳久, 与田仁志, 草川功
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 598 Jun. 2016
  • 小児急性胃腸炎診療ガイドラインの概要とそのポイント
    鶴知光, 鶴知光, 上村克徳, 十河剛, 平田倫生, 伊藤純子, 服部益治, 南武嗣, 津村直幹, 草川功, 黒田達夫, 吉田雅博
    日本小児救急医学会雑誌 15(2) 166 Jun. 2016
  • 経口補水療法
    十河 剛, 上村 克徳, 鶴 知光, 平田 倫生, 伊藤 純子, 服部 益治, 南 武嗣, 津村 直幹, 草川 功, 黒田 達夫, 吉田 雅博, 日本小児救急医学会診療ガイドライン作成委員会
    日本小児救急医学会雑誌 15(2) 167-167 Jun. 2016


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.