MIZUNO ATSUSHI

Faculty & Position:Cardiovascular Internal Medicine Department  doctor
Contact:
URL: 
Last Updated: May 22, 2019 at 05:03

Research Activities

Published Papers

  • Effect of intravenous carperitide versus nitrates as first-line vasodilators on in-hospital outcomes in hospitalized patients with acute heart failure: Insight from a nationwide claim-based database.
    Nagai T, Iwakami N, Nakai M, Nishimura K, Sumita Y, Mizuno A, Tsutsui H, Ogawa H, Anzai T, JROAD-DPC investigators.
    International journal of cardiology 280 104-109 Apr. 2019 [Refereed]
  • Prognostic Impact of Previous Hospitalization in Acute Heart Failure Patients.
    Akita K, Kohno T, Kohsaka S, Shiraishi Y, Nagatomo Y, Goda A, Mizuno A, Sujino Y, Fukuda K, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure Registry Investigators.
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society Apr. 2019 [Refereed]
  • Prognostic Value of BNP Reduction during Hospitalization in Patients with Acute Heart Failure.
    Kagiyama N, Kitai T, Hayashida A, Yamaguchi T, Okumura T, Kida K, Mizuno A, Oishi S, Inuzuka Y, Akiyama E, Suzuki S, Yamamoto M, Shimizu A, Urakami Y, Toki M, Aritaka S, Matsumoto K, Nagano N, Yamamoto K, Matsue Y
    Journal of cardiac failure Apr. 2019 [Refereed]
  • Enhanced outcomes for coronary artery disease obtained by a multidisciplinary heart team approach.
    Yamasaki M, Abe K, Horikoshi R, Hoshino E, Yanagisawa H, Yoshino K, Misumi H, Mizuno A, Komiyama N
    General thoracic and cardiovascular surgery Mar. 2019 [Refereed]
  • Successful Endovascular Therapy for Isolated Abdominal Aortic Dissection Involving Bilateral Common Iliac Arteries.
    Ono M, Mizuno A, Komiyama N
    Annals of vascular diseases 12(1) 99-102 Mar. 2019 [Refereed]
  • Association of renin-angiotensin system inhibitors with long-term outcomes in patients with systolic heart failure and moderate-to-severe kidney function impairment.
    Higuchi S, Kohsaka S, Shiraishi Y, Katsuki T, Nagatomo Y, Mizuno A, Sujino Y, Kohno T, Goda A, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure (WET-HF) Registry Investigators.
    European journal of internal medicine 62 58-66 Feb. 2019 [Refereed]
  • The Essence of Palliative Care Is Best Viewed as the "Problematization".
    Mizuno A, Shibata T, Oishi S
    Journal of palliative medicine 22(1) 6 Jan. 2019 [Refereed]
  • Specialty-Related Differences in the Acute-Phase Treatment and Prognosis in Patients With Acute Heart Failure - Insights From REALITY-AHF.
    Kondo T, Okumura T, Matsue Y, Shiraishi A, Kagiyama N, Yamaguchi T, Kuroda S, Kida K, Mizuno A, Oishi S, Inuzuka Y, Akiyama E, Matsukawa R, Kato K, Suzuki S, Naruke T, Yoshioka K, Miyoshi T, Baba Y, Yamamoto M, Murai K, Mizutani K, Yoshida K, Kitai T, Murohara T
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 83(1) 174-181 Dec. 2018 [Refereed]
  • Bibliographic title search for medical cardiological "signs" (eponyms).
    Kanie T, Mizuno A, Kawai F, Iri T, Suzuki T, Oshima S, Fukui S, Son R, Matsuo T
    Journal of general and family medicine 19(6) 223-225 Nov. 2018 [Refereed]
  • You Can Never be too Prepared: ECMO for MCA.
    Mizuno A, Shibata A, Saito A
    American journal of obstetrics and gynecology 220(1) 122-123 Sep. 2018 [Refereed]
  • Validation of U.S. mortality prediction models for hospitalized heart failure in the United Kingdom and Japan.
    Nagai T, Sundaram V, Shoaib A, Shiraishi Y, Kohsaka S, Rothnie KJ, Piper S, McDonagh TA, Hardman SMC, Goda A, Mizuno A, Sawano M, Rigby AS, Quint JK, Yoshikawa T, Clark AL, Anzai T, Cleland JGF
    European journal of heart failure 20(8) 1179-1190 Aug. 2018 [Refereed]
  • Validation and Recalibration of Seattle Heart Failure Model in Japanese Acute Heart Failure Patients.
    Shiraishi Y, Kohsaka S, Nagai T, Goda A, Mizuno A, Nagatomo Y, Sujino Y, Fukuoka R, Sawano M, Kohno T, Fukuda K, Anzai T, Shadman R, Dardas T, Levy WC, Yoshikawa T
    Journal of cardiac failure Aug. 2018 [Refereed]
  • Cardiovascular Outcome and Mortality in Patients Undergoing Endovascular Treatment for Symptomatic Peripheral Artery Disease - Short-Term Results of the Toma-Code Registry.
    Higashitani M, Uemura Y, Mizuno A, Utsunomiya M, Yamaguchi T, Matsui A, Ozaki S, Tobita K, Tosaka A, Oida A, Suzuki K, Kodama T, Jujo K, Doijiri T, Takahashi Y, Matsuno S, Kaneko N, Moriguchi A, Kishi S, Anzai H, Toma-Code Registry Investigators.
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 82(7) 1917-1925 Jun. 2018 [Refereed]
  • Stent implantation for May-Thurner syndrome with acute deep venous thrombosis: acute and long-term results from the ATOMIC (AcTive stenting for May-Thurner Iliac Compression syndrome) registry.
    Funatsu A, Anzai H, Komiyama K, Oi K, Araki H, Tanabe Y, Nakao M, Utsunomiya M, Mizuno A, Higashitani M, Nakamura S
    Cardiovascular intervention and therapeutics Jun. 2018 [Refereed]
  • Gender Differences Among Patients With Acute Pulmonary Embolism.
    Tanabe Y, Yamamoto T, Murata T, Mabuchi K, Hara N, Mizuno A, Nozato T, Hisatake S, Obayashi T, Takayama M, Nagao K
    The American journal of cardiology 122(6) 1079-1084 Jun. 2018 [Refereed]
  • Outcome of hospitalised heart failure in Japan and the United Kingdom stratified by plasma N-terminal pro-B-type natriuretic peptide.
    Shiraishi Y, Nagai T, Kohsaka S, Goda A, Nagatomo Y, Mizuno A, Kohno T, Rigby A, Fukuda K, Yoshikawa T, Clark AL, Cleland JGF
    Clinical research in cardiology : official journal of the German Cardiac Society 107(12) 1103-1110 May 2018 [Refereed]
  • Infective Endocarditis on Caseous Calcification of the Mitral Annulus Involving Both the Anterior and Posterior Annulus: A Rare Case Report.
    Ono M, Mizuno A, Masuda K, Suzuki K, Abe K, Kawazoe K, Komiyama N
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 57(7) 965-969 Apr. 2018 [Refereed]
  • Pre-Angioplasty Instantaneous Wave-Free Ratio Pullback Predicts Hemodynamic Outcome In Humans With Coronary Artery Disease: Primary Results of the International Multicenter iFR GRADIENT Registry.
    Kikuta Y, Cook CM, Sharp ASP, Salinas P, Kawase Y, Shiono Y, Giavarini A, Nakayama M, De Rosa S, Sen S, Nijjer SS, Al-Lamee R, Petraco R, Malik IS, Mikhail GW, Kaprielian RR, Wijntjens GWM, Mori S, Hagikura A, Mates M, Mizuno A, Hellig F, Lee K, Janssens L, Horie K, Mohdnazri S, Herrera R, Krackhardt F, Yamawaki M, Davies J, Takebayashi H, Keeble T, Haruta S, Ribichini F, Indolfi C, Mayet J, Francis DP, Piek JJ, Di Mario C, Escaned J, Matsuo H, Davies JE
    JACC. Cardiovascular interventions 11(8) 757-767 Apr. 2018 [Refereed]
  • Long-Term Prognostic Significance of Plasma B-Type Natriuretic Peptide Level in Patients With Acute Heart Failure With Reduced, Mid-Range, and Preserved Ejection Fractions.
    Hamatani Y, Nagai T, Shiraishi Y, Kohsaka S, Nakai M, Nishimura K, Kohno T, Nagatomo Y, Asaumi Y, Goda A, Mizuno A, Yasuda S, Ogawa H, Yoshikawa T, Anzai T, Investigators for the WET-NaDEF Collaboration Project.
    The American journal of cardiology 121(6) 731-738 Mar. 2018 [Refereed]
  • Incidence of hospital-acquired hyponatremia by the dose and type of diuretics among patients with acute heart failure and its association with long-term outcomes.
    Yamazoe M, Mizuno A, Kohsaka S, Shiraishi Y, Kohno T, Goda A, Higuchi S, Yagawa M, Nagatomo Y, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure Registry Investigators Tokyo,Japan.
    Journal of cardiology 71(6) 550-556 Mar. 2018 [Refereed]
  • Performance of the MAGGIC heart failure risk score and its modification with the addition of discharge natriuretic peptides.
    Sawano M, Shiraishi Y, Kohsaka S, Nagai T, Goda A, Mizuno A, Sujino Y, Nagatomo Y, Kohno T, Anzai T, Fukuda K, Yoshikawa T
    ESC heart failure 5(4) 610-619 Mar. 2018 [Refereed]
  • The first multicenter, randomized, controlled trial of home telemonitoring for Japanese patients with heart failure: home telemonitoring study for patients with heart failure (HOMES-HF).
    Kotooka N, Kitakaze M, Nagashima K, Asaka M, Kinugasa Y, Nochioka K, Mizuno A, Nagatomo D, Mine D, Yamada Y, Kuratomi A, Okada N, Fujimatsu D, Kuwahata S, Toyoda S, Hirotani SI, Komori T, Eguchi K, Kario K, Inomata T, Sugi K, Yamamoto K, Tsutsui H, Masuyama T, Shimokawa H, Momomura SI, Seino Y, Sato Y, Inoue T, Node K, HOMES-HF study investigators.
    Heart and vessels 33(8) 866-876 Feb. 2018 [Refereed]
  • Real clinical management of patients with isolated superior mesenteric artery dissection in Japan.
    Mizuno A, Iguchi H, Sawada Y, Nomura H, Komiyama N, Watanabe S, Yoshikawa A
    Journal of cardiology 71(2) 155-158 Feb. 2018 [Refereed]
  • Mortality after admission for heart failure in the UK compared with Japan.
    Nagai T, Sundaram V, Rothnie K, Quint JK, Shoaib A, Shiraishi Y, Kohsaka S, Piper S, McDonagh TA, Hardman SMC, Goda A, Mizuno A, Kohno T, Rigby AS, Yoshikawa T, Clark AL, Anzai T, Cleland JGF
    Open heart 5(2) e000811 2018 [Refereed]
  • Rationale and Design of Low-dose Administration of Carperitide for Acute Heart Failure (LASCAR-AHF).
    Nagai T, Honda Y, Nakano H, Honda S, Iwakami N, Mizuno A, Komiyama N, Yamane T, Furukawa Y, Miyagi T, Nishihara S, Tanaka N, Adachi T, Hamasaki T, Asaumi Y, Tahara Y, Aiba T, Sugano Y, Kanzaki H, Noguchi T, Kusano K, Yasuda S, Ogawa H, Anzai T
    Cardiovascular drugs and therapy 31(5-6) 551-557 Dec. 2017 [Refereed]
  • Educational environment and the improvement in the General Medicine In-training Examination score.
    Nishizaki Y, Mizuno A, Shinozaki T, Okubo T, Tsugawa Y, Shimizu T, Konishi R, Yamamoto Y, Yanagisawa N, Shiojiri T, Tokuda Y
    Journal of general and family medicine 18(5) 312-314 Oct. 2017 [Refereed]
  • Potential palliative care quality indicators in heart disease patients: A review of the literature.
    Mizuno A, Miyashita M, Hayashi A, Kawai F, Niwa K, Utsunomiya A, Kohsaka S, Kohno T, Yamamoto T, Takayama M, Anzai T
    Journal of cardiology 70(4) 335-341 Oct. 2017 [Refereed]
  • Paradoxical high augmentation index in females with diabetes mellitus.
    Nishizaki Y, Mizuno A, Miyauchi K, Okazaki S, Yamazoe M, Komatsu I, Asano T, Konishi H, Naito R, Tamura H, Mitsuhashi H, Nishi Y, Niwa K, Daida H
    Journal of general and family medicine 18(5) 307-309 Oct. 2017 [Refereed]
  • Author's reply: Assessment of current use of guideline-based medical therapy in elderly patients with heart failure.
    Akita K, Kohno T, Kohsaka S, Mizuno A, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure Registry Investigators.
    International journal of cardiology 242 35 Sep. 2017 [Refereed]
  • The impact of carperitide usage on the cost of hospitalization and outcome in patients with acute heart failure: High value care vs. low value care campaign in Japan.
    Mizuno A, Iguchi H, Sawada Y, Hurley M, Nomura H, Hayashi K, Tokuda Y, Watanabe S, Yoshikawa A
    International journal of cardiology 241 243-248 Aug. 2017 [Refereed]
  • The Littmann sign: An indication of hyperkalemia.
    Mizuno A, Niwa K
    Journal of general and family medicine 18(4) 173-174 Aug. 2017 [Refereed]
  • Not Illness Trajectory but Bayesian-Estimated Rate Model Should Be Appropriately Explained When Discussing Palliative Care in Heart Disease.
    Mizuno A, Yoshida S, Hayashi K
    Journal of palliative medicine 20(6) 580-581 Jun. 2017 [Refereed]
  • Effect of Obesity on the Prognostic Impact of Atrial Fibrillation in Heart Failure With Preserved Ejection Fraction.
    Yagawa M, Nagatomo Y, Izumi Y, Mahara K, Tomoike H, Shiraishi Y, Kohno T, Mizuno A, Goda A, Kohsaka S, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure (WET-HF) Registry Collaborative Group.
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 81(7) 966-973 Jun. 2017 [Refereed]
  • Time-to-Furosemide Treatment and Mortality in Patients Hospitalized With Acute Heart Failure.
    Matsue Y, Damman K, Voors AA, Kagiyama N, Yamaguchi T, Kuroda S, Okumura T, Kida K, Mizuno A, Oishi S, Inuzuka Y, Akiyama E, Matsukawa R, Kato K, Suzuki S, Naruke T, Yoshioka K, Miyoshi T, Baba Y, Yamamoto M, Murai K, Mizutani K, Yoshida K, Kitai T
    Journal of the American College of Cardiology 69(25) 3042-3051 Jun. 2017 [Refereed]
  • Current use of guideline-based medical therapy in elderly patients admitted with acute heart failure with reduced ejection fraction and its impact on event-free survival.
    Akita K, Kohno T, Kohsaka S, Shiraishi Y, Nagatomo Y, Izumi Y, Goda A, Mizuno A, Sawano M, Inohara T, Fukuda K, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure Registry Investigators.
    International journal of cardiology 235 162-168 May 2017 [Refereed]
  • Estimated Prevalence of Heterozygous Familial Hypercholesterolemia in Patients With Acute Coronary Syndrome.
    Ohmura H, Fukushima Y, Mizuno A, Niwa K, Kobayashi Y, Ebina T, Kimura K, Ishibashi S, Daida H, Research Committee on Primary Hyperlipidemia of the Ministry of Health and Welfare of Japan.
    International heart journal 58(1) 88-94 Feb. 2017 [Refereed]
  • The problems related with primary repair for tetralogy of Fallot, especially about transannular patch repair.
    Mizuno A, Niwa K
    Translational pediatrics 6(1) 8-10 Jan. 2017 [Refereed]
  • Comments: Formal Research Training for Residents and Scholarly Output: It's Now or Never.
    Mizuno A, Kawai F, Takahashi O
    Journal of graduate medical education 8(1) 112 Feb. 2016 [Refereed]
  • The differences of advance decision making between hospitalized patients with heart failure and malignant disease.
    Mizuno A, Ohde S, Hayashi A, Nakamura M, Higuchi M, Horikawa C, Niwa K
    International journal of cardiology 202 649-651 Jan. 2016 [Refereed]
  • History Repeats Itself: Concomitant Tricuspid Regurgitation.
    Mizuno A, Niwa K
    The Annals of thoracic surgery 101(1) 415 Jan. 2016 [Refereed]
  • Validation of the Get With The Guideline-Heart Failure risk score in Japanese patients and the potential improvement of its discrimination ability by the inclusion of B-type natriuretic peptide level.
    Shiraishi Y, Kohsaka S, Abe T, Mizuno A, Goda A, Izumi Y, Yagawa M, Akita K, Sawano M, Inohara T, Takei M, Kohno T, Higuchi S, Yamazoe M, Mahara K, Fukuda K, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure Registry Investigators
    American heart journal 171(1) 33-39 Jan. 2016 [Refereed]
  • The Impact of the Hospital Volume on the Performance of Residents on the General Medicine In-Training Examination: A Multicenter Study in Japan.
    Mizuno A, Tsugawa Y, Shimizu T, Nishizaki Y, Okubo T, Tanoue Y, Konishi R, Shiojiri T, Tokuda Y
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 55(12) 1553-1558 2016 [Refereed]
  • Transcatheter Embolization of High-flow Renal Arteriovenous Fistula Using N-butyl Cyanoacrylate Accompanied by Delayed Hydronephrosis.
    Mizuno A, Morita Y, Fuwa S, Arioka H, Harano Y, Niwa K, Saida Y
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 55(23) 3459-3463 2016 [Refereed]
  • A Newly Characterized Hemoglobin Variant with a High Oxygen Affinity, Hb Fuchu-II, Presenting with Acute Myocardial Infarction.
    Son R, Higuchi T, Mizuno A, Koyamada R, Okada S, Yamashiro Y
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 55(3) 287-287 2016 [Refereed]
  • Seasonal Changes in Hospital Admissions for Pulmonary Embolism in Metropolitan Areas of Tokyo (from the Tokyo Cardiovascular Care Unit Network).
    Mizuno A, Takeuchi A, Yamamoto T, Tanabe Y, Obayashi T, Takayama M, Nagao K, Tokyo CCU Network Scientific Committee
    The American journal of cardiology 116(12) 1939-1943 Dec. 2015 [Refereed]
  • The Reply.
    Mizuno A, Fumi Y, Niwa K
    The American journal of medicine 128(11) e31 Nov. 2015 [Refereed]
  • The Reply.
    Fumi Y, Mizuno A, Niwa K
    The American journal of medicine 128(11) e35 Nov. 2015 [Refereed]
  • Serum alkaline phosphatase as a predictor of worsening renal function in patients with acute decompensated heart failure.
    Yamazoe M, Mizuno A, Nishi Y, Niwa K, Isobe M
    Journal of cardiology 67(5) 417-417 Sep. 2015 [Refereed]
  • Application of the United States acute heart failure risk prediction model in Japanese patients; analysis from a contemporary multicenter registry.
    Makino J, Kohsaka S, Shiraishi Y, Inohara T, Goda A, Izumi Y, Yagawa M, Mizuno A, Fukuda K, Yoshikawa T
    International journal of cardiology 195 323-325 Sep. 2015 [Refereed]
  • Edema index measured by bioelectrical impedance analysis as a predictor of fluid reduction needed to remove clinical congestion in acute heart failure.
    Yamazoe M, Mizuno A, Niwa K, Isobe M
    International journal of cardiology 201 190-192 Jul. 2015 [Refereed]
  • Real clinical practice of catheter therapy for deep venous thrombosis: periprocedural and 6-month outcomes from the EDO registry.
    Mizuno A, Anzai H, Utsunomiya M, Yajima J, Ohta H, Ando H, Umemoto T, Higashitani M, Ozaki S, Sakamoto H, Nakao M, Yuzawa Y, Kaneko H, Nakamura M, EDO registry investigators
    Cardiovascular intervention and therapeutics 30(3) 259-259 Jul. 2015 [Refereed]
  • Additional value of the red blood cell distribution width to the Mehran risk score for predicting contrast-induced acute kidney injury in patients with ST-elevation acute myocardial infarction.
    Mizuno A, Ohde S, Nishizaki Y, Komatsu Y, Niwa K
    Journal of cardiology 66(1) 41-45 Jul. 2015 [Refereed]
  • Arterial-pressure-based cardiac output analysis reveals the usefulness of pericardiocentesis.
    Yamazoe M, Mizuno A, Nishi Y, Niwa K
    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia 29(3) e26-e28 Jun. 2015 [Refereed]
  • Transannular patch repair remains popular: the reasons for choosing the transannular patch should be discussed.
    Mizuno A, Niwa K
    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery 47(6) 1112 Jun. 2015 [Refereed]
  • Effect of estimated plasma volume reduction on renal function for acute heart failure differs between patients with preserved and reduced ejection fraction.
    Takei M, Kohsaka S, Shiraishi Y, Goda A, Izumi Y, Yagawa M, Mizuno A, Sawano M, Inohara T, Kohno T, Fukuda K, Yoshikawa T, West Tokyo Heart Failure Registry Investigators
    Circulation. Heart failure 8(3) 527-532 May 2015 [Refereed]
  • The reply.
    Yamagami F, Mizuno A, Niwa K
    The American journal of medicine 128(4) e27 Apr. 2015 [Refereed]
  • Impact of the augmentation time ratio on direct measurement of central aortic pressure in the presence of coronary artery disease.
    Mizuno A, Miyauchi K, Nishizaki Y, Yamazoe M, Komatsu I, Asano T, Mitsuhashi H, Nishi Y, Niwa K, Daida H
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 38(10) 689-689 Apr. 2015 [Refereed]
  • Phonocardiogram in adult patients with tetralogy of Fallot.
    Mizuno A, Niwa K, Shirai T, Shiina Y
    Journal of cardiology 65(1) 82-86 Jan. 2015 [Refereed]
  • Pulmonary embolism severity index and simplified pulmonary embolism severity index risk scores are useful to predict mortality in Japanese patients with pulmonary embolism.
    Mizuno A, Yamamoto T, Tanabe Y, Obayashi T, Takayama M, Nagao K, Tokyo CCU Network Scientific Committee
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 79(4) 889-891 2015 [Refereed]
  • Seasonal changes in systemic volume overload are to be considered.
    Mizuno A, Kohsaka S, Shiraishi Y, Goda A, Yoshikawa T, West of Tokyo Heart Failure Registry Investigators
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 79(3) 670 2015 [Refereed]
  • A model for predicting angiographically normal coronary arteries in survivors of out-of-hospital cardiac arrest.
    Abe T, Watanabe S, Mizuno A, Toyama M, Totten VY, Tokuda Y
    Journal of intensive care 3(1) 32 2015 [Refereed]
  • Skin color change with circulatory assist devices: superior vena cava syndrome.
    Mizuno A, Asano T, Niwa K
    The Journal of emergency medicine 47(6) e153-e155 Dec. 2014 [Refereed]
  • Endomyocardial Biopsy and Magnetic Resonance Imaging of Acute Myocarditis with Adult-Onset Still's Disease.
    Yamazoe M, Mizuno A, Suyama Y, Nishi Y, Suzuki K, Niwa K, Okada M
    Korean circulation journal 44(6) 437-440 Nov. 2014 [Refereed]
  • A savage sequence: ST-segment elevations with pulmonary embolism.
    Yamagami F, Mizuno A, Shirai T, Niwa K
    The American journal of medicine 127(9) 820-822 Sep. 2014 [Refereed]
  • Relationship between serum uric acid levels and hypertension among Japanese individuals not treated for hyperuricemia and hypertension.
    Kuwabara M, Niwa K, Nishi Y, Mizuno A, Asano T, Masuda K, Komatsu I, Yamazoe M, Takahashi O, Hisatome I
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 37(8) 785-789 Aug. 2014 [Refereed]
  • Total bowel ischemia after carbon dioxide angiography in a patient with inferior mesenteric artery occlusion.
    Mizuno A, Nishi Y, Niwa K
    Cardiovascular intervention and therapeutics 29(3) 243-246 Jul. 2014 [Refereed]
  • The usefulness of a three dimensional roadmap and pressure-wire assisted angioplasty in chronic thromboembolic pulmonary hypertension.
    Mizuno A, Niwa K
    Korean circulation journal 44(4) 278-279 Jul. 2014 [Refereed]
  • Radial coronary interventions and post-procedural complication rates in the real world: a report from a Japanese multicenter percutaneous coronary intervention registry.
    Mizuno A, Kohsaka S, Miyata H, Koide K, Asano T, Ohki T, Negishi K, Fukuda K, Nishi Y
    International journal of cardiology 172(1) 226-227 Mar. 2014 [Refereed]
  • Efficacy of percutaneous balloon aortic valvuloplasty visualized on computed tomography.
    Mizuno A, Kawazoe K, Niwa K
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 78(4) 1002-1003 2014 [Refereed]
  • Usefulness of multimodality imaging on detecting plaque rupture in septal myocardial infarction associated with right bundle branch block.
    Yamazoe M, Mizuno A, Nishi Y, Niwa K
    International journal of cardiology 172(1) 71-73 2014 [Refereed]
  • The total urine protein-to-creatinine ratio can predict the presence of microalbuminuria.
    Yamamoto K, Yamamoto H, Yoshida K, Niwa K, Nishi Y, Mizuno A, Kuwabara M, Asano T, Sakoda K, Niinuma H, Nakahara F, Takeda K, Shindoh C, Komatsu Y
    PloS one 9(3) e91067 2014 [Refereed]
  • Residual problems with repaired tetralogy of fallot.
    Mizuno A, Niwa K
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 78(8) 1837-1838 2014 [Refereed]
  • Usefulness of lewis lead for visualizing p-wave.
    Mizuno A, Masuda K, Niwa K
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 78(11) 2774-2775 2014 [Refereed]
  • Pocket flashlight-elicited Quincke pulse for aortic dissection diagnosis.
    Mizuno A, Niwa K
    The Korean journal of internal medicine 28(5) 631 Sep. 2013 [Refereed]
  • Challenges in retrospective analysis of PCI data in critically ill patients.
    Endo A, Mizuno A, Kohsaka S, Ejiri K
    JACC. Cardiovascular interventions 6(9) 986 Sep. 2013 [Refereed]
  • Home telemonitoring study for Japanese patients with heart failure (HOMES-HF): protocol for a multicentre randomised controlled trial.
    Kotooka N, Asaka M, Sato Y, Kinugasa Y, Nochioka K, Mizuno A, Nagatomo D, Mine D, Yamada Y, Eguchi K, Hanaoka H, Inomata T, Fukumoto Y, Yamamoto K, Tsutsui H, Masuyama T, Kitakaze M, Inoue T, Shimokawa H, Momomura S, Seino Y, Node K, HOMES-HF study investigators
    BMJ open 3(6) Jun. 2013 [Refereed]
  • Caseous calcification of mitral annulus.
    Kuwauchi S, Watanabe S, Abe K, Yamasaki M, Ito J, Mizuno A, Kawazoe K
    Cardiovascular diagnosis and therapy 3(2) 108-110 Jun. 2013 [Refereed]
  • Four-dimensional visualization of accessory mitral valve tissue and cleft mitral valve movement.
    Mizuno A, Koike Y, Niwa K
    Echocardiography (Mount Kisco, N.Y.) 30(4) 114-115 Apr. 2013 [Refereed]
  • Black defects in severe spontaneous echo contrast teach us the protective aspect of mitral regurgitation visually.
    Mizuno A, Takao N, Niwa K
    Journal of cardiovascular ultrasound 21(1) 40-41 Mar. 2013 [Refereed]
  • Survey of reoperation indications in tetralogy of fallot in Japan.
    Mizuno A, Niwa K, Matsuo K, Kawada M, Miyazaki A, Mori Y, Nakanishi N, Ohuchi H, Watanabe M, Yao A, Inai K
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 77(12) 2942-2947 2013 [Refereed]
  • Severity of pseudofilling defect in the left atrial appendage on cardiac computed tomography is a simple predictor of the degree of left atrial emptying dysfunction in patients with chronic atrial fibrillation.
    Ishiyama M, Akaike G, Matsusako M, Ueda T, Makidono A, Ohde S, Mizuno A, Nishihara S, Saida Y
    Journal of computer assisted tomography 36(4) 450-454 Jul. 2012 [Refereed]
  • Deferring coronary stenting for myocardial bridging by fractional flow reserve and optical coherence tomography.
    Mizuno A, Nishi Y, Niwa K
    The Journal of invasive cardiology 24(2) E27-9 Feb. 2012 [Refereed]
  • Ischemic heart disease due to compression of the coronary arteries by malignant lymphoma.
    Nagasako Y, Akaeda S, Yanase F, Koyamada R, Mizuno A, Higuchi T, Okada S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 51(20) 2949-2952 2012 [Refereed]
  • The prosthetic mitral valve leaflet adhesion.
    Mizuno A, Anzai H
    Journal of the American College of Cardiology 57(19) 1917 May 2011 [Refereed]

Books etc

  • あの研修医はすごい!と思わせる症例プレゼン : ニーズに合わせた「伝わる」プレゼンテーション
    松尾 貴公, 水野 篤
    羊土社  2019  9784758118507
  • 末梢血管疾患診療マニュアル
    東谷 迪昭, 尾原 秀明, 金岡 祐司, 水野 篤
    南江堂  2018  9784524252237
  • そこが知りたい!心音一刀両断!
    Brown Elspeth M., Leung Terence S, Collis William B, Salmon Anthony P, 水野 篤, 徳田 安春
    エルゼビア・ジャパン, 三輪書店 (発売)  2017  9784895905701
  • Dr.水野のうたう心音レクチャー : [団体用著作権処理済]
    ケアネット, 水野 篤
    ケアネット  2017  9784907232801
  • 研修医のアタマと心とからだ : モヤモヤ研修生活をどう乗り切るか?
    水野 篤
    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2017  9784895928786
  • 循環器急性期診療
    メディカルサイエンスインターナショナル  Jun. 2015  4895928144
  • 集中治療999の謎
    メディカルサイエンスインターナショナル  Feb. 2015  4895928012
  • 極論で語る循環器内科 第2版
    香坂 俊
    丸善出版  Dec. 2014  4621088769
  • デビッドソン内科学 原著第21版
    Nicki R. Colledge, Brian R.Walker, Stuart H. Ralston
    医歯薬出版  Mar. 2014  426373159X
  • 極論で語る循環器内科
    香坂 俊
    丸善出版  Jul. 2011  4621083546

Misc

  • 循環器セミナー実況中継The Reality of Drug Prescription(第11回) 循環器関連薬剤 降圧薬(前編) 降圧薬ならどれでもいいの?
    香坂 俊, 西原 崇創, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 山根 崇史
    レジデントノート 20(15) 2648-2651 Jan. 2019
  • 山形論文に対するEditorial Comment
    水野 篤
    心臓 50(11) 1249-1250 Nov. 2018
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第10回) 循環器関連薬剤 抗凝固薬(後編) コミュニケーション重視の時代へ
    水野 篤, 西原 崇創, 田中 寿一, 永井 利幸, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 20(12) 2091-2095 Nov. 2018
  • コロナリーハートチームを改めて「定義」する Propensity score matchingを用いたハートチーム導入の有効性についての検討
    山崎 学, 阿部 恒平, 柳澤 裕美, 吉野 邦彦, 三隅 寛恭, 水野 篤, 小宮山 伸之
    日本冠疾患学会雑誌(Suppl.) 90-90 Nov. 2018
  • 【とことんわかる!循環器の薬 作用と効果】利尿薬 トルバプタン
    水野 篤, 田中 啓輔
    ナース専科 38(12) 54-55 Nov. 2018
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第9回) 循環器関連薬剤 抗凝固薬(前編) "shared decision making"とは
    西原 崇創, 水野 篤, 田中 寿一, 永井 利幸, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 20(10) 1716-1721 Oct. 2018
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第9回) 循環器関連薬剤 抗凝固薬(前編) "shared decision making"とは
    西原 崇創, 水野 篤, 田中 寿一, 永井 利幸, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 20(10) 1716-1721 Oct. 2018
  • 【もっとうまくいく! 病診連携の「伝え方」-わかりやすく伝えるための診療情報提供書作成のコツ】(第II章)<診療科別>コンサルトのポイント A.総合診療科へコンサルト 胸痛
    水野 篤, 齊藤 輝
    内科 122(3) 485-488 Sep. 2018
  • 質の高いパスを目指そう!〜クリニカルインディケーター活用のノウハウ〜 インディケーターを導入するための多面的アプローチに関する考察
    水野 篤, 加藤 菜々実, 榎本 有紗, 松尾 朋果, 森畑 千佳子, 小池 沙織, 久慈 朋子, 大串 篤史, 浅野 拓
    日本クリニカルパス学会誌 20(3) 276-276 Sep. 2018
  • 急性心筋梗塞クリニカルパス導入後の患者教育に関する検討
    久慈 朋子, 小池 沙織, 榎本 有紗, 松尾 朋果, 森畑 千佳子, 岡村 大介, 大串 篤史, 水野 篤, 西畑 庸介, 渡辺 朋子
    日本クリニカルパス学会誌 20(3) 390-390 Sep. 2018
  • 先天性心疾患から学ぶPhysical examination
    水野 篤, 丹羽 公一郎
    日本心臓病学会学術集会抄録 66回 PE2-2 Sep. 2018
  • 基本的心不全緩和ケア普及のためのトレーニングコース作成
    柴田 龍宏, 柏木 秀行, 大森 崇史, 岡村 知直, 岸 拓弥, 大石 醒悟, 水野 篤, 福本 義弘
    日本心臓病学会学術集会抄録 66回 CS4-2 Sep. 2018
  • 急性VTE治療の現状 急性下肢静脈血栓症を伴ったメイ・ターナー症候群に対するステント留置術の急性期ならびに慢性期成績(多施設後ろ向き検討)
    舩津 篤史, 安齊 均, 小宮山 浩大, 大井 邦臣, 荒木 浩, 田邉 康弘, 中尾 優, 宇都宮 誠, 水野 篤, 東谷 迪昭, 中村 茂
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 27回 PD9-5 Aug. 2018
  • 心不全診療におけるACPの普及を考える
    柴田 龍宏, 中島 菜穂子, 馬渡 一寿, 柏木 秀行, 大森 崇史, 岡村 知直, 岸 拓弥, 大石 醒悟, 水野 篤, 福本 義弘
    日本心臓病学会学術集会抄録 66回 np23-np23 Sep. 2018
  • 両側総腸骨動脈狭窄を伴うfocalな大動脈解離へのEVTが著効した一例
    大野 雅文, 水野 篤, 小宮山 伸之
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 27回 MO290-MO290 Aug. 2018
  • 【もっとうまくいく! 病診連携の「伝え方」-わかりやすく伝えるための診療情報提供書作成のコツ】(第II章)<診療科別>コンサルトのポイント A.総合診療科へコンサルト 胸痛
    水野 篤, 齊藤 輝
    内科 122(3) 485-488 Sep. 2018
  • 急性心筋梗塞に対する超短期クリニカルパスによる早期退院
    西畑 庸介, 岡村 大介, 種村 陽子, 水野 篤, 小宮山 伸之
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 27回 MO463-MO463 Aug. 2018
  • 質の高いパスを目指そう!〜クリニカルインディケーター活用のノウハウ〜 インディケーターを導入するための多面的アプローチに関する考察
    水野 篤, 加藤 菜々実, 榎本 有紗, 松尾 朋果, 森畑 千佳子, 小池 沙織, 久慈 朋子, 大串 篤史, 浅野 拓
    日本クリニカルパス学会誌 20(3) 276-276 Sep. 2018
  • EVTを施行した日本人末梢動脈疾患患者における新規発症悪性腫瘍の評価 Tome-Code Registryから
    鈴木 利章, 東谷 迪昭, 水野 篤, 宇都宮 誠, 山口 徹雄, 松井 朗裕, 尾崎 俊介, 飛田 一樹, 登坂 淳, 大井田 史継, 鈴木 健之, 児玉 隆秀, 重城 健太郎, 土井尻 達紀, 高橋 保裕, 松野 俊介, 金子 喜仁, 森口 暁, 安齋 均
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 27回 MO486-MO486 Aug. 2018
  • 急性心筋梗塞クリニカルパス導入後の患者教育に関する検討
    久慈 朋子, 小池 沙織, 榎本 有紗, 松尾 朋果, 森畑 千佳子, 岡村 大介, 大串 篤史, 水野 篤, 西畑 庸介, 渡辺 朋子
    日本クリニカルパス学会誌 20(3) 390-390 Sep. 2018
  • 循環器セミナー実況中継(第8回) 循環器関連薬剤 できること?できないこと?抗不整脈薬(後編)
    西原 崇創, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 20(7) 1136-1139 Aug. 2018
  • 循環器セミナー実況中継(第8回) 循環器関連薬剤 できること?できないこと?抗不整脈薬(後編)
    西原 崇創, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 20(7) 1136-1139 Aug. 2018
  • 【もっともっとフィジカル!-黒帯級の技とパール】循環器系の症候 収縮期雑音 聴取する領域が命!
    服部 智貴, 水野 篤
    Medicina 55(9) 1328-1333 Aug. 2018
    <文献概要>Point ◎収縮期そのものを理解する.◎critical diseaseとして大動脈弁狭窄症(AS)を念頭に置く.◎収縮期雑音は聴取する領域が命!
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第7回) 循環器関連薬剤 よかれと思っていたのに!?抗不整脈薬(前編)
    西原 崇創, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 20(6) 972-976 Jul. 2018
  • ER・急性期病棟におけるギモン:診断編 1.絶対帰してはいけない胸痛,帰しても安心な胸痛を教えてください
    水野篤
    レジデントノート 20(5) 640‐646 Jun. 2018
  • 重症下肢虚血を有する進行食道癌に対する食道バイパス手術の一例
    藤川 葵, 久保田 啓介, 広瀬 俊太郎, 吉田 拓人, 鈴木 研裕, 阿部 恒平, 水野 篤, 岡本 武士, 砂川 宏樹, 岸田 明博
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 187-187 Jun. 2018
  • 心血管疾患における遺族調査
    水野 篤, 宮下 光令
    Palliative Care Research 13(Suppl.) S444-S444 Jun. 2018
  • 急性A型大動脈解離術後に遅発性腸管血流不全を併発したが上腸間膜動脈及び腹腔動脈にステント挿入し救命し得た1例
    菊池 悠太, 山崎 学, 柳沢 裕美, 吉野 邦彦, 阿部 恒平, 三隅 寛恭, 西畑 康介, 水野 篤
    日本血管外科学会雑誌 27(Suppl.) P1-5 Jun. 2018
  • 急性A型大動脈解離術後に遅発性腸管血流不全を併発したが上腸間膜動脈及び腹腔動脈にステント挿入し救命し得た1例
    菊池 悠太, 山崎 学, 柳沢 裕美, 吉野 邦彦, 阿部 恒平, 三隅 寛恭, 西畑 康介, 水野 篤
    日本血管外科学会雑誌 27(Suppl.) P1-5 Jun. 2018
  • 【循環器診療のギモン、百戦錬磨のエキスパートが答えます!救急、病棟でのエビデンスに基づいた診断・治療・管理】 (第1章)ER・急性期病棟におけるギモン 診断編 絶対帰してはいけない胸痛、帰しても安心な胸痛を教えてください
    水野 篤
    レジデントノート 20(5) 640-645 Jun. 2018
    <Point>・帰宅可能ということについて思いを馳せる・Does this patient?(この患者さんは?)・胸痛は定性→定量→アルゴリズムから学ぶ(著者抄録)
  • 重症下肢虚血を有する進行食道癌に対する食道バイパス手術の一例
    藤川 葵, 久保田 啓介, 広瀬 俊太郎, 吉田 拓人, 鈴木 研裕, 阿部 恒平, 水野 篤, 岡本 武士, 砂川 宏樹, 岸田 明博
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 187-187 Jun. 2018
  • 心血管疾患における遺族調査
    水野 篤, 宮下 光令
    Palliative Care Research 13(Suppl.) S444-S444 Jun. 2018
  • 癌専門病院と近隣の連携病院における静脈血栓塞栓症の治療に関する連携
    保田 知生, 志賀 太郎, 庄司 正昭, 岩佐 健史, 高橋 寿由樹, 水野 篤, 西畑 庸介, 鈴木 健之
    静脈学 29(2) 176-176 May 2018
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第6回) 循環器関連薬剤 脂質異常症治療薬と抗血小板療法(後編)
    山根 崇史, 西原 崇創, 田中 寿一, 永井 利幸, 水野 篤, 香坂 俊
    レジデントノート 20(3) 434-438 May 2018
  • 癌専門病院と近隣の連携病院における静脈血栓塞栓症の治療に関する連携
    保田 知生, 志賀 太郎, 庄司 正昭, 岩佐 健史, 高橋 寿由樹, 水野 篤, 西畑 庸介, 鈴木 健之
    静脈学 29(2) 176-176 May 2018
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第5回) 循環器関連薬剤 脂質異常症治療薬と抗血小板療法 前編
    西原 崇創, 山根 崇史, 田中 寿一, 永井 利幸, 水野 篤, 香坂 俊
    レジデントノート 20(1) 126-130 Apr. 2018
  • 【電解質異常の診かた・考え方・動き方 緊急性の判断からはじめるFirst Aid】 (第2章)総論 電解質異常でみられる症状と心電図異常 電解質異常でみられる心電図異常
    孫 楽, 水野 篤
    レジデントノート 20(2) 174-181 Apr. 2018
    <Point>・すべての心電図異常で電解質異常を疑う・心電図異常をきたし、臨床で頻度が多いものとしてK、Ca異常だけ記憶すれば十分である・高カリウム血症ではテント状T波をはじめ、P波平坦化、QRS時間増加がみられる・低カリウム血症ではQRS時間増加、T波の平坦化、U波の出現がみられる・高・低カルシウム血症ではQT時間がそれぞれ短縮・延長することが知られている(著者抄録)
  • 循環器の病気とくすり 虚血性心疾患(心筋梗塞,狭心症)
    水野篤, 脇田真希, 津田泰正, 後藤一美
    薬局 69(4) 982‐1001 Mar. 2018
  • クリニカル・クエスチョンで学ぶ―循環器薬の使い方 心不全,心筋症患者に使用する薬 収縮能が低下している心不全(HFrEF)の治療を教えてください
    高岡慶光, 水野篤
    Medicina 55(3) 414‐417-417 Mar. 2018
  • ハイリスク肺塞栓症の10年間、2006〜2015年 東京CCUネットワーク(The 10 Years of High-risk Pulmonary Embolism, 2006 to 2015: Tokyo CCU Network)
    村田 哲平, 山本 剛, 原 信博, 間淵 圭, 水野 篤, 田辺 康宏, 久武 真二, 野里 寿史, 尾林 徹, 長尾 建, 高山 守正
    日本循環器学会学術集会抄録集 82回 OJ13-3 Mar. 2018
  • 山岡論文に対するEditorial Comment
    水野 篤
    心臓 50(3) 278-279 Mar. 2018
  • 【病気とくすり2018 基礎と実践Expert's Guide】循環器の病気とくすり 虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)
    水野 篤, 脇田 真希, 津田 泰正, 後藤 一美
    薬局 69(4) 982-1001 Mar. 2018
  • 循環器集中治療の現状の課題と展望、循環器医への教育をどうする? 急性心疾患患者に対する緩和ケアの質の指標(Quality Indicators of Palliative Care for Acute Heart Disease Patients)
    水野 篤, 丹羽 公一郎, 河野 隆志, 宇都宮 明美, 林 章敏, 高山 守正
    日本循環器学会学術集会抄録集 82回 SY06-5 Mar. 2018
  • 心不全患者におけるリスクで調整した緩和ケアの質(Risk-adjusted Palliative Care Quality of Care in Heart Failure Patients)
    水野 篤, 河野 隆志, 長友 祐司, 香坂 俊, 筋野 容守, 武井 眞, 合田 あゆみ, 吉川 勉, 宮下 光令
    日本循環器学会学術集会抄録集 82回 LBCS2-6 Mar. 2018
  • ハイリスク肺塞栓症の10年間、2006〜2015年 東京CCUネットワーク(The 10 Years of High-risk Pulmonary Embolism, 2006 to 2015: Tokyo CCU Network)
    村田 哲平, 山本 剛, 原 信博, 間淵 圭, 水野 篤, 田辺 康宏, 久武 真二, 野里 寿史, 尾林 徹, 長尾 建, 高山 守正
    日本循環器学会学術集会抄録集 82回 OJ13-3 Mar. 2018
  • 【「肺炎」を通してあなたの診療を見直そう!パッション漲る指導医たちが診断・治療の要所に切り込む誌上ティーチング】 肺炎から学ぶ鑑別診断 もう一度直感的診断というものを考える
    蟹江 崇芳, 水野 篤
    レジデントノート 19(16) 2773-2780 Feb. 2018
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第4回) 循環器関連薬剤 心不全慢性期治療(後編)
    田中 寿一, 西原 崇創, 水野 篤, 永井 利幸, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 19(16) 2837-2842 Feb. 2018
  • シン・フィジカル改革宣言!私の“神(シン)技”伝授します。疾患別“神技”!コモンの診断・フォローアップはどうする?1)肺塞栓症「右室負荷」の感じ方
    鈴木隆弘, 水野篤
    総合診療 28(1) 54‐58 Jan. 2018
  • ファローの再手術の現状
    水野篤, 上野高義, 立野滋, 稲井慶, 安達理, 山村健一郎, 山澤弘州, 小出昌秋, 脇研自, 市川肇, 松尾浩三, 白石公, 丹羽公一郎
    日本成人先天性心疾患学会雑誌(Web) 7(1) 122 (WEB ONLY) Jan. 2018
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第3回) 循環器関連薬剤 心不全慢性期治療(前編)
    田中 寿一, 西原 崇創, 水野 篤, 永井 利幸, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 19(15) 2661-2665 Jan. 2018
  • 【シン・フィジカル改革宣言!-私の"神技"伝授します。】疾患別"神技"! コモンの診断・フォローアップはどうする? 肺塞栓症 「右室負荷」の感じ方
    鈴木 隆宏, 水野 篤
    総合診療 28(1) 54-58 Jan. 2018
  • 日本のACHD共同研究からの知見 ファローの再手術の現状
    水野 篤, 上野 高義, 立野 滋, 稲井 慶, 安達 理, 山村 健一郎, 山澤 弘州, 小出 昌秋, 脇 研自, 市川 肇, 松尾 浩三, 白石 公, 丹羽 公一郎
    日本成人先天性心疾患学会雑誌 7(1) 122-122 Jan. 2018
  • 東京都CCUネットワークレジストリーデータからみた急性肺血栓塞栓症の性差
    田邉康宏, 尾林徹, 村上哲平, 間淵圭, 水野篤, 野里寿史, 山本剛, 高山守正, 長尾建
    ICUとCCU 41(別冊) S34‐S35-S35 Dec. 2017
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第2回) 循環器関連薬剤 ループ利尿薬じゃだめなの?心不全急性期治療(後編)
    永井 利幸, 西原 崇創, 水野 篤, 田中 寿一, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 19(12) 2173-2178 Nov. 2017
  • 岩井論文に対するEditorial Comment
    水野 篤
    心臓 49(11) 1191-1191 Nov. 2017
  • 全科ナース必携!明日からの臨床ですぐに活かせる 心不全ケアの実践ポイント 1)心不全の評価 なぜこのチェックが必要?がわかる 入院時に必ずおさえておきたい評価項目と検査値はこれ!
    高岡慶光, 水野篤
    月刊ナーシング 37(13) 28‐33 Oct. 2017
  • 循環器セミナー実践中継 第1回 循環器関連薬剤 1)Simple is the best!?心不全急性期治療:前編
    永井利幸, 西原崇創, 水野篤, 田中寿一, 山根崇史, 香坂俊
    レジデントノート 19(10) 1818‐1824 Oct. 2017
  • 【全科ナース必携!明日からの臨床ですぐに活かせる 心不全ケアの実践ポイント】 心不全の評価 なぜこのチェックが必要?がわかる 入院時に必ずおさえておきたい評価項目と検査値はこれ!
    高岡 慶光, 水野 篤
    ナーシング 37(13) 28-33 Oct. 2017
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription(第1回) 循環器関連薬剤 Simple is the best!?心不全急性期治療 前編
    永井 利幸, 西原 崇創, 水野 篤, 田中 寿一, 山根 崇史, 香坂 俊
    レジデントノート 19(10) 1818-1824 Oct. 2017
  • 内科医のためのクリニカル・パール3 循環器 心にのこる症例 診断することの先に
    大嶋慎一郎, 水野篤
    Medicina 54(10) 1633‐1635-1635 Sep. 2017
  • 事例研究をどううみだすか―事例がもたらす知の可能性 関連領域から 医学におけるケースレポート その意義と方法
    水野篤
    看護研究 50(5) 468‐475-475 Aug. 2017
  • 大関論文に対するEditorial Comment
    水野 篤
    心臓 49(8) 834-835 Aug. 2017
  • 杉山論文に対するEditorial Comment
    水野 篤
    心臓 49(7) 694-694 Jul. 2017
  • 抗悪性腫瘍薬の有害事象に対するマネジメント 発熱性好中球減少への対処から骨塩量低下に対する支持療法まで トラスツズマブ使用原発乳癌患者における心筋障害の評価検討についての前向きコホート研究
    中山 可南子, 松田 直子, 藤井 健夫, 水野 篤, 大出 幸子, 山内 照夫, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 25回 222-222 Jul. 2017
  • マイワーストケース PCI編 繰り返すステント内血栓症の治療に難渋した超高齢女性の急性心筋梗塞の一例
    望月 宏樹, 水野 篤, 高尾 信廣, 小宮山 伸之
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 26回 S4-3 Jul. 2017
  • 本邦の血管内治療を行った末梢血管疾患患者の治療の現状と予後に関する検討 Toma Codeレジストリーより
    東谷 迪昭, 水野 篤, 松井 朗裕, 宇都宮 誠, 尾崎 俊介, 飛田 一樹, 金子 喜仁, 大井田 史継, 田中 悌史, 高橋 保裕, 登坂 淳, 山口 徹雄, 鈴木 健之, 土井尻 達紀, 平田 直己, 松野 俊介, 児玉 隆秀, 藤本 陽, 重城 健太郎, 森口 暁, 安齋 均
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 26回 LB1-5 Jul. 2017
  • 縫合心房中隔が離開した肝肺症候群・肝腎症候群の一例
    大野 雅文, 小松 一貴, 望月 宏樹, 川松 直人, 會田 敏, 木全 啓, 中岡 幹彦, 福田 旭伸, 西畑 庸介, 木島 康文, 椎名 由美, 水野 篤, 中里 良, 三橋 弘嗣, 横山 泰廣, 新沼 廣幸, 丹羽 公一郎, 小宮山 伸之
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 26回 MO094-MO094 Jul. 2017
  • 君が論文を書く理由
    水野 篤, 吉野 俊平, 鵜木 友都
    ACP(米国内科学会)日本支部年次総会プログラム集 2017 96-96 Jun. 2017
  • 成人先天性心疾患 正確な患者評価から適切な治療へ 5 成人先天性心疾患診療におけるエビデンス―これまでとこれから―
    福田旭伸, 水野篤, 丹羽公一郎
    Heart View 21(5) 484‐488 May 2017
  • 【成人先天性心疾患 正確な患者評価から適切な治療へ】 識る 成人先天性心疾患診療におけるエビデンス これまでとこれから
    福田 旭伸, 水野 篤, 丹羽 公一郎
    Heart View 21(5) 484-488 May 2017
    小児循環器診療の発展により1970年ごろまでは救命が困難であった先天性心疾患(congenital heart disease;CHD)患者の多くが現在では救命され,CHD出生患児の90%以上が成人に達する。そのため,成人先天性心疾患(adultcongenital heart disease;ACHD)患者は増加の一途であるが,多くのACHD患者は遺残病変や新たに生じる続発症により生涯にわたる経過観察を余儀なくされ,長期を見据えた診療を行う必要となる。しかしながら,多様性に富むACHD患者の管理や診療に関する質の高いエビデンスは乏しく,主要施設間でも診療方針が異なることも多い。そこで,本稿ではエビデンスに基づく医療(evidence based medicine;EBM)時代におけるACHD診療のエビデンスを構築するにあたっての課題と解決策を,わが国ならびに国際的な取り組みを例に挙げながら概説する。(著者抄録)
  • 尾張北部地区MC協議会として実施した通信指令員への教育
    水野篤史, 田島典夫, 竹内昭憲, 井上保介, 井上卓也
    日本臨床救急医学会雑誌 20(2) 366-366 Apr. 2017
  • 循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり A 循環器系疾患 虚血性心疾患(心筋梗塞,狭心症)
    水野篤, 脇田真希, 津田泰正, 後藤一美
    薬局 68(4) 984‐1003 Mar. 2017
  • 血管内治療による日本人末梢動脈疾患患者の最新治療と予後 Toma-Codeレジストリ(Contemporary Management and Prognosis in Japanese Peripheral Artery Disease Patients with Endovascular Treatment: Toma-Code Registry)
    東谷 迪昭, 水野 篤, 松井 朗裕, 宇都宮 誠, 金子 喜仁, 尾崎 俊介, 田中 悌史, 土井尻 達紀, 大井田 史継, 高橋 保裕, 山口 徹雄, 登坂 淳, 鈴木 健之, 平田 直己, 松野 俊介, 飛田 一樹, 児玉 隆秀, 藤本 陽, 重城 健太郎, 森口 暁, 安齋 均
    日本循環器学会学術集会抄録集 81回 LBCSP2-4 Mar. 2017
  • 【心臓の虚血?-病態生理と臨床のはざまを埋める】 循環器診療から考えるこの国の医療の未来予想図 集団の介入から個別の治療まで 木を見て森も見る
    水野 篤, 永井 良三, 石見 陽, 重城 健太郎
    内科 119(3) 497-505 Mar. 2017
  • 【病気とくすり2017 基礎と実践Expert's Guide】循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 循環器系疾患 虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)
    水野 篤, 脇田 真希, 津田 泰正, 後藤 一美
    薬局 68(4) 984-1003 Mar. 2017
  • 急性大動脈解離に対するビソプロロール貼付剤の効果
    西畑庸介, 小松一貴, 水野篤, 新沼廣幸, 小宮山伸之
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 44th(Suppl.) ROMBUNNO.O6‐1 (WEB ONLY)-1 Feb. 2017
  • 日本人における弁置換術と抗凝固療法ON‐X人工弁多施設研究結果を踏まえて
    水野篤, 水野篤
    日本心臓血管外科学会学術総会(Web) 47th ROMBUNNO.LS20 (WEB ONLY)-809 Feb. 2017
  • JNCVD‐ACHD多施設レジストリー
    犬塚亮, 水野篤, 落合亮太, 八尾厚史, 白石公, 丹羽公一郎
    日本成人先天性心疾患学会雑誌(Web) 6(1) ROMBUNNO.JS2‐4 (WEB ONLY)-99 Jan. 2017
  • 成人先天性心疾患対策委員会―循環器内科ネットワーク(JNCVD‐ACHD)―の活動について
    八尾厚史, 水野篤, 犬塚亮, 落合亮太, 白石公, 丹羽公一郎
    日本成人先天性心疾患学会雑誌(Web) 6(1) ROMBUNNO.JS2‐3 (WEB ONLY)-98 Jan. 2017
  • 薬剤関連のインシデントを改善するための多職種協働アプローチ―院内組織の設立とFMEAの実践―
    川名賢一郎, 水野篤, 嶽肩美和子, 高井今日子, 高井今日子, 福島阿衣, 津田泰正, 高崎慶, 春田潤一, 後藤一美, 小松康宏, 小松康宏
    日本病院学会プログラム・抄録 67th 150 2017
  • トラスツズマブ使用原発乳癌患者における心筋障害の評価検討についての前向きコホート研究
    中山可南子, 松田直子, 藤井健夫, 水野篤, 大出幸子, 山内照夫, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 25th 222 2017
  • 左室憩室を起源とした心室頻拍が心停止の原因と考えられた20歳男性
    千丈創, 川松直人, 西畑庸介, 木全啓, 吉野邦彦, 伊藤丈二, 山崎学, 大野雅文, 望月宏樹, 會田敏, 小松一貴, 福田旭伸, 水野篤, 中岡幹彦, 椎名由美, 横山泰廣, 新沼廣幸, 阿部恒平, 三隅寛恭, 丹羽公一郎, 小宮山伸之
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 243rd KANTOKOSHIN'ETSU243,57 (WEB ONLY) 2017
  • 先天性心疾患児の成人期以降も含めた長期予後の把握のあり方に関する研究
    丹羽公一朗, 水野篤
    先天性心疾患児の成人期以降も含めた長期予後の把握のあり方に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web) 201606005A0005 (WEB ONLY) 2017
  • 先天性心疾患児の成人期以降も含めた長期予後の把握のあり方に関する研究 全国主要施設循環器内科ネットワークによる成人先天性心疾患患者のレジストリー研究
    八尾厚史, 犬塚亮, 相馬桂, 丹羽公一郎, 水野篤
    先天性心疾患児の成人期以降も含めた長期予後の把握のあり方に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web) 201606005A0006 (WEB ONLY) 2017
  • 両房室弁形成術後に診断に至った肝肺・肝腎症候群による高拍出性心不全の一例
    大野雅文, 小松一貴, 望月宏樹, 川松直人, 會田敏, 木全啓, 中岡幹彦, 福田旭伸, 西畑庸介, 木島康文, 椎名由美, 水野篤, 中里良, 三橋弘嗣, 横山泰廣, 新沼廣幸, 丹羽公一郎, 小宮山伸之
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 244th KANTOKOSHIN'ETSU244,30 (WEB ONLY) 2017
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症を背景とした劇症型好酸球性心筋炎の一例
    望月宏樹, 水野篤, 福田旭伸, 西畑庸介, 小宮山伸之
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 244th KANTOKOSHIN'ETSU244,32 (WEB ONLY) 2017
  • 肺塞栓入院の季節性変動についての検討~東京都CCUネットワークのデータから~
    水野篤, 竹内綾乃, 山本剛, 田邉康宏, 尾林徹, 高山守正, 長尾建
    ICUとCCU 40 S19‐S21 Dec. 2016
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 最終回 第15回 心電図 8)健診の心電図の意義について深く考えてみよう
    猪原拓, 永井利幸, 水野篤, 田中寿一, 西原崇創, 香坂俊
    レジデントノート 18(13) 2452‐2456 Dec. 2016
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(最終回)(第15回) 心電図 健診の心電図の意義について深く考えてみよう
    猪原 拓, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 西原 崇創, 香坂 俊
    レジデントノート 18(13) 2452-2456 Dec. 2016
  • データベース関連の合同シンポジウム 日本人急性心不全患者の予後予測におけるGWTG Risk Scoreの有用性
    白石 泰之, 香坂 俊, 合田 あゆみ, 水野 篤, 筋野 容守, 吉川 勉
    日本冠疾患学会雑誌(Suppl.) 123-123 Dec. 2016
  • 杉原論文に対するEditorial Comment
    水野 篤
    心臓 48(12) 1398-1398 Dec. 2016
  • 肺塞栓入院の季節性変動についての検討 東京都CCUネットワークのデータから
    水野 篤, 竹内 綾乃, 山本 剛, 田邉 康宏, 尾林 徹, 高山 守正, 長尾 建, 東京都CCUネットワーク学術委員会
    ICUとCCU 40(別冊) S19-S21 Dec. 2016
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第14回) 心電図 経時的に変化する心電図から病態を垣間みよう
    永井 利幸, 水野 篤, 猪原 拓, 西原 崇創, 田中 寿一, 香坂 俊
    レジデントノート 18(10) 1910-1918 Oct. 2016
  • 心筋梗塞3日間パス導入後の検証
    榎本 有紗, 上村 陽子, 小池 沙織, 工藤 さおり, 西山 沙希, 森畑 千佳子, 水野 篤, 尾関 理恵
    日本クリニカルパス学会誌 18(4) 449-449 Oct. 2016
  • 心房頻拍のコントロールに難渋した心原性ショックの一例
    望月 宏樹, 水野 篤, 安達 亨, 木全 啓, 横山 泰廣, 小宮山 伸之
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 SS20-4 Sep. 2016
  • 心筋へのアミロイド沈着を認めなかったObstructive intramural coronary amyloidosisの一例
    川松 直人, 西畑 庸介, 大嶋 慎一郎, 小松 一貴, 浅野 拓, 水野 篤, 椎名 由美, 木全 啓, 中岡 幹彦, 中里 良, 三橋 弘嗣, 横山 泰廣, 新沼 廣幸, 丹羽 公一郎, 小宮山 伸之
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 DP-2 Sep. 2016
  • SGLT2阻害薬によるケトアシドーシスに急性心筋梗塞・心室細動を合併し救命しえた1例
    戴 哲皓, 西畑 庸介, 川松 直人, 小松 一貴, 水野 篤, 小宮山 伸之
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 O-126 Sep. 2016
  • CCMA(Caseous Calcification of the mitral annulus)に感染性心内膜炎を合併した一例
    大野 雅文, 水野 篤, 望月 宏樹, 中岡 幹彦, 川松 直人, 木全 啓, 福田 旭伸, 會田 敏, 小松 一貴, 西畑 庸介, 椎名 由美, 中里 良, 三橋 弘嗣, 横山 泰廣, 新沼 廣幸, 小宮山 伸之
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 O-167 Sep. 2016
  • 症候性孤発性上腸間膜動脈解離31例の検討
    高須 綾香, 阿久津 泰伴, 西畑 庸介, 水野 篤, 小宮山 伸之
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 O-235 Sep. 2016
  • 健診データによるヘマトクリット用いた虚血性心疾患発症の新たなリスクスコア、Sスコアの検討
    齊藤 輝, 水野 篤, 大出 幸子, 小宮山 伸之
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 P-540 Sep. 2016
  • 粘液水腫心との鑑別が難しかった心アミロイドーシスの一例
    望月 宏樹, 水野 篤, 長尾 健, 小山田 亮祐, 門伝 昌巳, 鈴木 高祐, 小宮山 伸之
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 P-426 Sep. 2016
  • スマートフォンを用いた、眼瞼結膜の貧血スクリーニング
    石川 陽平, 水野 篤, 大出 幸子, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 27(9) 462-462 Sep. 2016
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第13回) 心電図 失神をきたした心電図からその限界を知ろう
    西原 崇創, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 猪原 拓, 香坂 俊
    レジデントノート 18(7) 1308-1317 Aug. 2016
  • 東京都CCUネットワークにおける急性肺塞栓症に対する血栓溶解療法の現況と重症度別の効果の検討
    田邉 康宏, 村田 哲平, 水野 篤, 間淵 圭, 野里 寿史, 山本 剛, 尾林 徹, 高山 守正, 長尾 建, 東京都CCUネットワーク学術委員会
    心臓 48(7) 806-810 Jul. 2016
    循環器救急搬送システムの東京都CCUネットワーク加盟71施設における急性期肺塞栓症患者1064例(男性460例、女性604例、平均年齢64.7歳)を対象に、血栓溶解療法の現状と重症度別効果について検討した。重症度はNon-massive:514例、Sub-massive:368例、Massive:118例、Collapse:64例で、治療法は抗凝固療法:547例、血栓溶解療法:404例、カテーテル治療:104例、外科的治療:9例であった。重症度別治療法は血栓溶解療法+カテーテル治療+外科的治療をAggressive therapyとした施行率はNon-massive群:41.6%、Sub-massive群:51.1%、Massive群:69.5%、Collapse群:50.0%であった。抗凝固療法群と血栓溶解療法群の比較では、血栓溶解療法群で年齢が有意に若く、女性数が有意に少なかった。入院時の収縮期・拡張期血圧、SpO2、30日死亡率、生存退院例の入院期間、CCU入室期間に有意差はなく、重症度別の評価でも有意差はなかった。
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第12回) 心電図 頻りと脈を拍つ心電図(Part2)
    水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創, 田中 寿一, 猪原 拓, 香坂 俊
    レジデントノート 18(4) 721-728 Jun. 2016
  • 学術集会における次世代のファシリテーターの役割と双方向意思伝達ツール 双方向セッションを経験して
    水野 篤, 油川 ひとみ, ラウール・ブルーヘルマンス, 山科 章
    医学教育 47(3) 190-193 Jun. 2016
    第63回日本心臓病学会学術集会特別企画「General Cardiology Hangout」において、東京医科大学のラーニングポータルサイトである「e自主自学」e-Portfolioを用いて、Personal response system(PRS)と自由コメントを収集することで自由度の高い双方向のセッションを経験した。PRSと自由コメント型の意見収集により、学術集会での双方向セッションを効率的に行うためには、意見・情報を有機的かつ適切に抽象化・統合化することができる能力をもったファシリテーターの養成と、より自由度・安全性の高いツールの活用が必要である。(著者抄録)
  • 【心電図を詠む-心に残る24症例から】 QRS波にかかわる心電図 脚ブロックと軸偏位
    水野 篤
    Medicina 53(5) 616-618 Apr. 2016
    <ポイント>関節リウマチのブロックに注意する.アミロイドーシスを起こす原因疾患があっても,必ず心アミロイドーシスになるとは限らない.(著者抄録)
  • 【あらゆる場面で自信がもてる!輸液療法 はじめの一歩 基本知識と状況に応じた考え方、ピットフォール】 (第4章)病態ごとの輸液療法の考えかた 心不全での輸液 心不全の輸液は初期評価+再評価
    望月 宏樹, 水野 篤
    レジデントノート 18(2) 341-347 Apr. 2016
    <Point>・まず理論ベースの輸液ばかりで、基本的にはほとんどエビデンスはない・心不全はhydrationとdehydrationがどのように心不全治療に影響するかを考えよ!・たかが電解質、されど電解質(著者抄録)
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第11回) 心電図 頻りと脈を拍つ心電図
    水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創, 田中 寿一, 猪原 拓, 香坂 俊
    レジデントノート 18(1) 142-149 Apr. 2016
  • Dr.Dデシュパンデのはうつ〜プレゼンin English(第5回)(最終回) Summary〜assessment and plan 頭のなかを整理して再構成しよう!
    Deshpande Gautam A., 水野 篤, 北田 彩子
    レジデントノート 18(1) 152-157 Apr. 2016
  • 低価値なケア Low-Value Careをやめよう 血管拡張薬と利尿剤で治療可能な軽症心不全に対するハンプ療法
    水野 篤
    ジェネラリスト教育コンソーシアム 9 143-146 Apr. 2016
  • Dr.Dのはうつ〜プレゼンin English(第4回) 全ては"C"のために laboratory data and imaging test
    Deshpande Gautam A., 水野 篤, 北田 彩子
    レジデントノート 17(18) 3406-3410 Mar. 2016
  • 【病気とくすり2016 基礎と実践Expert's Guide】 循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり 循環器系疾患 虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)
    水野 篤, 脇田 真希, 津田 泰正, 後藤 一美
    薬局 67(4) 864-881 Mar. 2016
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 第10回 心電図 3)ST上昇の一歩先へ(虚血編)~21世紀に入って急性心筋梗塞の心電図の使い方はどう変わったか?
    KOSAKA SHUN, NAGAI TOSHIYUKI, NISHIHARA SHUZO, MIZUNO ATSUSHI, TANAKA TOSHIKAZU, INOHARA TAKU
    レジデントノート 17(16) 3013-3021 Feb. 2016
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第10回) 心電図 ST上昇の一歩先へ 虚血編 21世紀に入って急性心筋梗塞の心電図の使い方はどう変わったか?
    香坂 俊, 永井 利幸, 西原 崇創, 水野 篤, 田中 寿一, 猪原 拓
    レジデントノート 17(16) 3013-3021 Feb. 2016
  • Dr.Dのはうつ〜プレゼンin English(第3回) なあなあにしないvital & physical 網羅的かつ具体的に
    Deshpande Gautam A., 水野 篤, 北田 彩子
    レジデントノート 17(16) 3024-3029 Feb. 2016
  • Dr.Dデシュパンデのはうつ〜プレゼンin English(第2回) HPIは時系列で、詳細に、さらにはnarrativeにbuildする! 現病歴がキモ
    Deshpande Gautam A., 水野 篤, 北田 彩子
    レジデントノート 17(15) 2870-2875 Jan. 2016
  • 循環器集中治療における経腸栄養パスの導入
    水野 篤, 河田 萌生
    日本静脈経腸栄養学会雑誌 31(1) 285-285 Jan. 2016
  • 重症心疾患患者における経腸栄養プロトコール導入の効果
    末松 早野夏, 水野 篤, 河田 萌生, 渡辺 朋子, 金重 亜子, 近澤 繭, 松元 紀子, 清水 雅子, 竹内 清美, 小松 一貴, 鈴木 千晴
    日本静脈経腸栄養学会雑誌 31(1) 336-336 Jan. 2016
  • 本邦ICUでの経腸栄養と予後への影響について国際栄養調査2011と2013の結果から
    東別府 直紀, 讃井 將満, 祖父江 和哉, 佐藤 武揚, 水野 篤
    日本集中治療医学会雑誌 23(Suppl.) 476-476 Jan. 2016
  • 集中治療領域における胃蠕動薬の使用状況について 国際栄養調査の結果から
    水野 篤, 東別府 直紀
    日本集中治療医学会雑誌 23(Suppl.) 477-477 Jan. 2016
  • 急性冠症候群へのPCI中に生じる超急性ステント血栓症の臨床的危険因子の検討
    西畑 庸介, 浅野 拓, 川松 直人, 小松 一貴, 中岡 幹彦, 水野 篤, 三橋 弘嗣, 丹羽 公一郎
    日本集中治療医学会雑誌 23(Suppl.) 806-806 Jan. 2016
  • Dr.Dデシュパンデのはうつ〜プレゼンin English(第2回) HPIは時系列で、詳細に、さらにはnarrativeにbuildする! 現病歴がキモ
    Deshpande Gautam A., 水野 篤, 北田 彩子
    レジデントノート 17(15) 2870-2875 Jan. 2016
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第9回) 心電図 ST上昇の一歩先へ(非虚血編)
    西原 崇創, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 猪原 拓, 香坂 俊
    レジデントノート 17(13) 2483-2491 Dec. 2015
  • Dr.デシュパンデのはうつ〜プレゼンin English(第1回) プレゼンの成否は最初で決まる ID&CCは短く、HPIは詳細に!
    Deshpande Gautam A., 水野 篤, 北田 彩子
    レジデントノート 17(13) 2494-2498 Dec. 2015
  • 甲状腺機能亢進症に伴う頻脈誘発性心筋症により心原性ショックとなりPCPSを必要とした1例
    北田 彩子, 水野 篤, 西 裕太郎, 丹羽 公一郎
    ICUとCCU 39(別冊) S99-S99 Dec. 2015
  • すべての内科医のためのHIV感染症―長期管理の時代に HIV感染症の合併症―非AIDS指標疾患を中心に 心血管系合併症
    MIZUNO ATSUSHI
    内科 116(5) 771-775 Nov. 2015
    非循環器内科医にとって,HIVの長期管理に伴う心血管系合併症(虚血性心疾患,心膜心筋症,心不全,肺高血圧)のことを認識しておく必要はある.ただし,現状では,HIVであろうがHIVでなかろうが,心血管系合併症に対する治療が異なるわけではないため,そこまで恐れるに足らない.循環器内科医にとって,HIV自身の感染性,安全性についてより理解を深め,今後,非循環器内科医と共同して治療にあたっていかねばならない.(著者抄録)
  • 心不全入院期間の予測因子の検討
    KAMIMURA YOKO, KAWADA MEI, KUMAZAWA SAYURI, KOIKE SAORI, NISHIYAMA SAKI, MIZUNO ATSUSHI, SUZUKI CHIHARU, OKAMURA DAISUKE, IGARASHI AOI
    日本クリニカルパス学会誌 17(4) 591-591 Oct. 2015
  • 経カテーテル大動脈弁置換術クリニカルパスの作成と運用
    NISHIYAMA SAKI, KAWADA MEI, KUMAZAWA SAYURI, UEMURA YOKO, KOIKE SAORI, MIZUNO ATSUSHI, OKAMURA DAISUKE, TSUDA YASUMASA, IGARASHI AOI, SUZUKI CHIHARU
    日本クリニカルパス学会誌 17(4) 569-569 Oct. 2015
  • 心不全のチーム医療―高齢心不全患者をどう支えるか?[各職種の心不全チームへのかかわりと役割]看護師の視点から―拡大する看護師の役割と心不全
    IGARASHI AOI, MIZUNO ATSUSHI
    Med Alliance 1(4) 329-335 Oct. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継 Innovation 第8回 心電図1”一発もの”で読み解く心電図のコツ
    NISHIHARA SHUZO, NAGAI TOSHIYUKI, MIZUNO ATSUSHI, TANAKA TOSHIKAZU, INOHARA TAKU, KOSAKA SHUN
    レジデントノート 17(10) 1957-1965 Oct. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第8回) 心電図"一発もの"で読み解く心電図のコツ
    西原 崇創, 永井 利幸, 水野 篤, 田中 寿一, 猪原 拓, 香坂 俊
    レジデントノート 17(10) 1957-1965 Oct. 2015
  • 特徴量検出精度向上に対するバイラテラル拡張型エッジ保存フィルタの性能比較
    MIZUNO ATSUSHI, KONDO TOSHIO, FUKAZAWA YUKI, SASAKI TAKAHIRO
    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM) 2015 ROMBUNNO.M3-3 Sep. 2015
  • 当意即妙プレゼンテーション"受け手のことを考えた症例プレゼン"の極意(第6回)(最終回) 劇場型プレゼンテーション What is your role?
    松尾 貴公, 水野 篤
    レジデントノート 17(9) 1806-1813 Sep. 2015
  • 急性心不全患者の短期予後予測モデルの検討 West Tokyo Heart Failure(WET-HF) Registryからの報告
    白石 泰之, 香坂 俊, 合田 あゆみ, 樋口 聡, 泉 佑樹, 矢川 真弓子, 馬原 啓太郎, 山添 正博, 水野 篤, 池村 修寛, 秋田 敬太郎, 澤野 充明, 河野 隆志, 福田 恵一, 吉川 勉
    日本心臓病学会学術集会抄録 63回 407-407 Sep. 2015
  • 急性心不全患者の短期予後予測モデルの検討 West Tokyo Heart Failure(WET-HF) Registryからの報告
    白石 泰之, 香坂 俊, 合田 あゆみ, 樋口 聡, 泉 佑樹, 矢川 真弓子, 馬原 啓太郎, 山添 正博, 水野 篤, 池村 修寛, 秋田 敬太郎, 澤野 充明, 河野 隆志, 福田 恵一, 吉川 勉
    日本心臓病学会学術集会抄録 63回 407-407 Sep. 2015
  • 心肺停止蘇生後患者におけるアパシーについて
    MIZUNO ATSUSHI, MOCHIZUKI TOSHIAKI, ONUKI SAKI, IZUMITANI SATOKO, OKAMURA DAISUKE, OGATA YU, KANAI YUKI, YOROZUYA RIE, TAKAGI MASAHITO, ARATA YUJIN
    日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39th 207 Aug. 2015
  • SjSが疑われたが3剤併用療法で初期治療効果が得られたPAHの一例
    OKAMOTO TAKESHI, NISHIHATA YOSUKE, YAMAGAMI FUMI, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU IKKI, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    呼吸と循環 63(8) S67 Aug. 2015
  • 各種疾患に関連する(associated)PAH SjSが疑われたが3剤併用療法で初期治療効果が得られたPAHの一例
    岡本 武士, 西畑 庸介, 山上 文, 山添 正博, 小松 一貴, 浅野 拓, 水野 篤, 西 裕太郎, 丹羽 公一郎
    呼吸と循環 63(8) S67-S67 Aug. 2015
  • 当意即妙プレゼンテーション "受け手のことを考えた症例プレゼン"の極意(第5回) プレゼンテーションの妙意 what is relevant?
    松尾 貴公, 水野 篤
    レジデントノート 17(7) 1368-1374 Aug. 2015
  • 心肺停止蘇生後患者におけるアパシーについて
    水野 篤, 望月 俊明, 小貫 早希, 泉谷 聡子, 岡村 大介, 尾形 優, 金井 優紀, 萬屋 里恵, 高木 正仁, 荒田 雄人
    日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 207-207 Aug. 2015
  • 東京都CCUネットワークにおける急性肺塞栓症に対する再灌流療法の現況
    TANABE YASUHIRO, TANABE YASUHIRO, MABUCHI KEI, MIZUNO ATSUSHI, YAMAMOTO TSUYOSHI, OBAYASHI TOORU, TAKAYAMA MORIMASA, NAGAO KEN
    心臓 47(7) 892-892 Jul. 2015
  • iFR/FFR測定におけるpitfall J-DEFINEコアラボからの報告
    木下 香魚子, 遠藤 明子, 伊藤 重範, 村松 俊哉, 足利 貴志, 水野 篤, 田中 信大, 松尾 仁司, 赤阪 隆史, 横井 宏佳, 中村 正人
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 24回 850-850 Jul. 2015
  • 当意即妙プレゼンテーション "受け手のことを考えた症例プレゼン"の極意(第4回) コンサルテーションのコツ Consultation≠Presentation
    松尾 貴公, 水野 篤
    レジデントノート 17(6) 1181-1187 Jul. 2015
  • iFR/FFR測定におけるpitfall J-DEFINEコアラボからの報告
    木下 香魚子, 遠藤 明子, 伊藤 重範, 村松 俊哉, 足利 貴志, 水野 篤, 田中 信大, 松尾 仁司, 赤阪 隆史, 横井 宏佳, 中村 正人
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 24回 850-850 Jul. 2015
  • 当意即妙プレゼンテーション "受け手のことを考えた症例プレゼン"の極意(第3回) プレゼンテーションの鉄則? rules are made to be broken
    松尾 貴公, 水野 篤
    レジデントノート 17(4) 765-772 Jun. 2015
  • 当意即妙プレゼンテーション "受け手のことを考えた症例プレゼン"の極意(第2回) プレゼンテーションの鉄則 You have to learn the rule of the game. 3N すべてはNのために
    松尾 貴公, 水野 篤
    レジデントノート 17(3) 611-616 May 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 第7回 循環器のデバイス 7)CRTの基本から最前線まで
    KOSAKA SHUN, INOHARA TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NAGAI TOSHIYUKI, NISHIHARA SHUZO
    レジデントノート 17(1) 113-121 Apr. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第7回) 循環器のデバイス CRTの基本から最前線まで
    香坂 俊, 猪原 拓, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 17(1) 113-121 Apr. 2015
  • 当意即妙プレゼンテーション "受け手のことを考えた症例プレゼン"の極意(第1回) プレゼンテーションの基本フォーマット・種類
    松尾 貴公, 水野 篤
    レジデントノート 17(1) 135-140 Apr. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 第6回 循環器のデバイス 6)植え込み型除細動器(ICD)に慣れ親しもう
    KOSAKA SHUN, INOHARA TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NAGAI TOSHIYUKI, NISHIHARA SHUZO
    レジデントノート 16(18) 3455-3465 Mar. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー 実況中継Innovation(第6回) 循環器のデバイス 植え込み型除細動器(ICD)に慣れ親しもう
    香坂 俊, 猪原 拓, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 16(18) 3455-3465 Mar. 2015
  • OHCA(院外心肺停止)蘇生後患者の急性期における高次脳機能障害 どの検査バッテリーから改善するか
    泉谷 聡子, 水野 篤, 望月 俊明, 大出 幸子, 高木 正仁, 小貫 早希, 岡村 大介, 宮 琴柱, 黒田 栄史
    高次脳機能研究 35(1) 101-101 Mar. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 第5回 循環器のデバイス 5)ペースメーカーの扱い
    KOSAKA SHUN, INOHARA TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NAGAI TOSHIYUKI, NISHIHARA SHUZO
    レジデントノート 16(16) 3039-3045 Feb. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第5回) 循環器のデバイス ペースメーカーの扱い
    香坂 俊, 猪原 拓, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 16(16) 3039-3045 Feb. 2015
  • ICUでの栄養管理に必要なのは管理栄養士の加わったICU回診および経腸栄養プロトコルである
    HIGASHIBEPPU NAOKI, SANUI MASAMITSU, SOBUE KAZUYA, SATO TAKEAKI, MIZUNO ATSUSHI, KOYAMA YOJI, YOSHIMURA SHIN'ICHIRO, NISHIOKA HIROAKI, HAIRANDO DAREN
    日本静脈経腸栄養学会雑誌 30(1) 274-274 Jan. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 第4回 循環器のデバイス 4)最も身近な冠動脈のデバイス~治療戦略編
    KOSAKA SHUN, INOHARA TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NAGAI TOSHIYUKI, NISHIHARA SHUZO
    レジデントノート 16(15) 2881-2888 Jan. 2015
  • Fallot四徴症修復手術後の成人の大動脈基部拡大と弾性低下に関する前向きコホート研究計画
    MIURA MASARU, ISHIZU TOMOKO, INUZUKA RYO, YAO ATSUSHI, ONO HIROSHI, SHODA MORIO, TATENO SHIGERU, TANAKA HIROYUKI, TAMURA YUICHI, YAMAGISHI HIROYUKI, FUKUSHIMA NAOYA, MIZUNO ATSUSHI, NIWA KOICHIRO
    日本成人先天性心疾患学会雑誌(Web) 4(1) O5-4 (WEB ONLY)-118 Jan. 2015
  • 集中治療における循環器専門医の役割 来院時心肺停止患者の心拍再開後集中治療管理と早期リハビリ
    新沼 廣幸, 水野 篤, 浅野 拓, 小松 一貴, 山添 正博, 西 裕太郎, 望月 俊明, 大谷 典生, 泉谷 聡子, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 22(Suppl.) [CR5-4] Jan. 2015
  • ICUにおける栄養管理 国際栄養調査2013 本邦ICUにおける栄養療法の実情
    東別府 直紀, 讃井 將満, 祖父江 和哉, 佐藤 武揚, 塩塚 潤二, 水野 篤, 吉村 真一郎, ハイランド・ダーレン
    日本集中治療医学会雑誌 22(Suppl.) [DPDi-1 Jan. 2015
  • 急性・慢性肺血栓塞栓症の集中治療 急性肺血栓塞栓症の内科治療
    田邉 康宏, 間淵 圭, 水野 篤, 山本 剛, 尾林 徹, 高山 守正, 長尾 建
    日本集中治療医学会雑誌 22(Suppl.) [DSYc-2 Jan. 2015
  • Sjogren症候群に合併した肺高血圧にUpfront triple combination therapyと免疫抑制療法を併用した一例
    NISHIHATA YOSUKE, YAMAGAMI FUMI, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU KAZUKI, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, OKADA MASATO, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd(Suppl.) DO30-6 (WEB ONLY)-6] Jan. 2015
  • 心嚢穿刺時における連続的動脈圧心拍出量測定(APCO)の有効性の検討
    YAMAZOE MASAHIRO, YAMAZOE MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, ISOBE MITSUAKI, NIWA KOICHIRO
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd(Suppl.) DP101-3 (WEB ONLY)-3] Jan. 2015
  • ST上昇型心筋梗塞の3日退院クリニカルパスの導入
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd(Suppl.) RT1-3 (WEB ONLY)-3] Jan. 2015
  • ポータブル胸部X線撮影減少計画の意義
    BABA HIROYUKI, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, FUKUI TSUGUYA
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd(Suppl.) DP47-2 (WEB ONLY)-2] Jan. 2015
  • 膀胱機能不全による骨盤内静脈圧迫を契機として発症した深部静脈血栓症,肺動脈塞栓症の1例
    YOSHIKAWA KENTARO, YAMAZOE MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd(Suppl.) DP33-3 (WEB ONLY)-3] Jan. 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー 実況中継Innovation(第4回) 循環器のデバイス 最も身近な冠動脈のデバイス 治療戦略編
    香坂 俊, 猪原 拓, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 16(15) 2881-2888 Jan. 2015
  • 低左心機能を伴った頻脈性心房細動に対するアミオダロン点滴投与により急性肝不全を呈した1例
    IKEDA SARA, YAMAZOE MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, ASANO TAKU, NISHIHATA YOSUKE, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 236th KANTOKOSHIN'ETSU236,82 (WEB ONLY) 2015
  • 国際栄養調査2013:本邦ICUにおける栄養療法の実情
    HIGASHIBEPPU NAOKI, SANUI MASAMITSU, SOBUE KAZUYA, SATO TAKEAKI, SHIOZUKA JUNJI, MIZUNO ATSUSHI, YOSHIMURA SHIN'ICHIRO, HAIRANDO DAREN
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd DPDI-1-1 (WEB ONLY) 2015
  • 来院時心肺停止患者の心拍再開後集中治療管理と早期リハビリ
    NIINUMA HIROYUKI, MIZUNO ATSUSHI, ASANO TAKU, KOMATSU KAZUKI, YAMAZOE MASAHIRO, NISHI YUTARO, MOCHIZUKI TOSHIAKI, OTANI NORIO, IZUMITANI SATOKO, ISHIMATSU SHIN'ICHI
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd CR5-4 (WEB ONLY) 2015
  • 急性肺血栓塞栓症の内科治療
    TANABE YASUHIRO, TANABE YASUHIRO, MABUCHI KEI, MIZUNO ATSUSHI, YAMAMOTO TSUYOSHI, OBAYASHI TOORU, TAKAYAMA MORIMASA, NAGAO KEN
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 42nd DSYC-2-2 (WEB ONLY) 2015
  • 急性心不全におけるガイドラインベースの治療実施状況と予後因子規定に関する国際共同多施設レジストリ研究
    MIZUNO ATSUSHI
    急性心不全におけるガイドラインベースの治療実施状況と予後因子規定に関する国際共同多施設レジストリ研究 平成26年度 委託業務成果報告書 94-97 2015
  • 医師主導治験の実施支援並びに我が国の治験推進に関する研究 治験の実施に関する研究[エプレレノン]
    NISHI YUTARO, NIINUMA HIROYUKI, MITSUHASHI HIROTSUGU, MIZUNO ATSUSHI, ASANO TAKU, KOMATSU KAZUTAKA, YAMAZOE MASAHIRO, NISHIHATA YOSUKE
    医師主導治験の実施支援並びに我が国の治験推進に関する研究 平成26年度 総括研究報告書集 57-58 2015
  • 関節リウマチの経過観察中に右脚ブロックから進行した完全房室ブロックの一例
    KANAZAKI MAYA, MIZUNO ATSUSHI, YAMAZOE MASAHIRO, SUZUKI KOSUKE, OHARA YURI, KISHIMOTO MITSUMASA, OKADA MASATO, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 235th KANTOKOSHIN'ETSU235,76 (WEB ONLY) 2015
  • 陳旧性脳梗塞および上腸間膜解離を合併した特発性冠動脈解離の1例
    OKAZAKI MIKIKO, ASANO TAKU, YAMAGAMI AYA, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU KAZUKI, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO, NISHI YUTARO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 235th KANTOKOSHIN'ETSU235,44 (WEB ONLY) 2015
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 第3回 循環器のデバイス 3)最も身近な冠動脈のデバイス~症例呈示編
    INOHARA TAKU, NAGAI TOSHIYUKI, MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO
    レジデントノート 16(13) 2475-2484 Dec. 2014
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第3回) 循環器のデバイス 最も身近な冠動脈のデバイス 症例呈示編
    香坂 俊, 猪原 拓, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 16(13) 2475-2484 Dec. 2014
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー 実践中継 Innovation 第2回 循環器のデバイス 2)IABP
    KOSAKA SHUN, INOHARA TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NAGAI TOSHIYUKI, NISHIHARA SHUZO
    レジデントノート 16(12) 2297-2305 Nov. 2014
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第2回) 循環器のデバイス IABP
    香坂 俊, 猪原 拓, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 16(12) 2297-2305 Nov. 2014
  • 急性心筋梗塞を契機に発見された高酸素親和性異常ヘモグロビン症の1例
    SON RAKU, MIZUNO ATSUSHI, OYAMADA RYOSUKE, HIGUCHI TAKAKAZU, OKADA SADAMU, YAMASHIRO YASUHIRO
    日本内科学会関東支部関東地方会 610th 50-50 Nov. 2014
  • OHCA(院外心肺停止)蘇生後患者の急性期における高次脳機能障害~どの検査バッテリーから改善するか~
    IZUMITANI SATOKO, MIZUNO ATSUSHI, MOCHIZUKI TOSHIAKI, ODE SACHIKO, TAKAGI MASAHITO, ONUKI SAKI, OKAMURA DAISUKE, MIYA KOTOJI, KURODA EISHI
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 38th 249 Oct. 2014
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation 第1回 循環器のデバイス 1)PCPSとECMO
    KOSAKA SHUN, NAGAI TOSHIYUKI, MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO
    レジデントノート 16(10) 1901-1909 Oct. 2014
  • 臨床推論から治療戦略へ!循環器セミナー実況中継Innovation(第1回) 循環器のデバイス PCPSとECMO
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 16(10) 1901-1909 Oct. 2014
  • 降圧薬評価のパラダイムシフト 降圧の質の向上を目指して 左室肥大を考慮した降圧治療
    水野 篤, 丹羽 公一郎, 西 裕太郎, 福井 次矢
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 37回 271-271 Oct. 2014
  • 3T心臓MRIにおける急性心筋梗塞患者の出血巣と描出とそのリスク因子についての検討
    MORITA YUKA, UEDA TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, ASANO TAKU, NIWA KOICHIRO, SAITO YUKIHISA
    日独医報 59(2) 278 Sep. 2014
  • 腎障害患者における栄養療法について国際栄養調査2013からわかる本邦での傾向
    HIGASHIBEPPU NAOKI, SANUI MASAMITSU, SOBUE KAZUYA, SATO TAKEAKI, SHIOZUKA JUNJI, MIZUNO ATSUSHI, HEYLAND DAREN K.
    日本急性血液浄化学会雑誌 5(Supplement) 63 Sep. 2014
  • Augmentation Index高値を示す糖尿病患者の臨床的特徴
    NISHIZAKI YUUSHI, MIZUNO ATSUSHI, MIYAUCHI KATSUMI, OKAZAKI SHIN'YA, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU KAZUKI, ASANO TAKU, KONISHI HIROKAZU, NAITO RYO, TAKAMURA KAZUHISA, TAMURA HIROSHI, MITSUHASHI HIROTSUGU, YAMAGAMI SHIN'ICHIRO, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO, DAIDA HIROYUKI
    日本心臓病学会学術集会抄録(CD-ROM) 62nd ROMBUNNO.O-483-483 Sep. 2014
  • CHDF施行中の栄養管理 腎障害患者における栄養療法について国際栄養調査2013からわかる本邦での傾向
    東別府 直紀, 讃井 將満, 祖父江 和哉, 佐藤 武揚, 塩塚 潤二, 水野 篤, Heyland Daren K.
    日本急性血液浄化学会雑誌 5(Suppl.) 63-63 Sep. 2014
  • 3T心臓MRIにおける急性心筋梗塞患者の出血巣の描出とそのリスク因子についての検討
    森田 有香, 植田 琢也, 水野 篤, 浅野 拓, 丹羽 公一郎, 齋田 幸久
    日独医報 59(2) 278-278 Sep. 2014
  • 広範囲の交流磁界条件に適用可能なマグネタイトナノ粒子の合成物性と発熱特性
    IWAMOTO TAKASHI, TOKUNAGA MITSUKO, MIZUNO ATSUSHI, MAMIYA HIROAKI, CUYA J., MIYAMURA HIROSHI, JEYADEVAN B.
    日本磁気学会学術講演概要集 38th 118 Aug. 2014
  • リバーロキサバン変更に伴うアドヒアランス変化の検討
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU IKKI, ASANO TAKU, MASUDA KEITA, NIINUMA HIROYUKI, NIWA KOICHIRO
    心臓 46(8) 1083-1089 Aug. 2014
    背景:過去に抗凝固薬における内服薬種類変更に伴うアドヒアランスの変化をみた研究はない。今回心房細動患者における抗凝固薬のアドヒアランスを薬剤変更前後でアンケート調査にて確認した。方法:心房細動において、抗凝固薬を内服している患者のうち、リバーロキサバンに変更した患者全例を対象とした。リバーロキサバン開始時と次回約3ヵ月後の外来時にアドヒアランスに関するアンケートを行った。結果:対象患者は40人(平均年齢70.1歳、男性7割)。変更前の抗凝固薬はアスピリン1人(2.5%)、ダビガトラン30人(75%)、ワルファリンが9人(22.5%)であった。アンケート結果では、開始前にも32.5%の患者が内服し忘れたことがあり、3ヵ月の間に2.47±4.0回内服忘れることがあるということであった。変更後のアンケート結果では3ヵ月間での薬を飲まなかった回数/日数のみ1.1±2.2回と有意に低下していた(p=0.008)。アスピリン・ワルファリン群では有意に変化せず(p=0.285)、ダビガトランからの変更群でのみ有意に3ヵ月間での薬を飲まなかった回数は改善した(p=0.018)、内服回数が2回以上の群では2.1回±3.6回から1.0±1.6回まで減少傾向を認めるものの、有意差はなく(p=0.066)、内服回数が1回の群2.9±4.5回から1.2±2.6回に有意に減少した(p=0.046)。結論:リバーロキサバン変更により内服を忘れる回数は有意に減少し、アドヒアランスによい影響を及ぼすと考えられた。さらにその効果は特にすべての内服薬を含めた服用回数が1回のものに顕著であると考えられる。(著者抄録)
  • 上腸間膜動脈解離にて発症しコイル塞栓術を施行したsegmental arterial mediolysisの1例
    KUWABARA MASANARI, NISHI YUTARO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKODA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, NIINUMA HIROYUKI, NISHIHARA SHUZO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO, KAWAZOE KOHEI, HISATOME ICHIRO
    心臓 46(7) 901-907 Jul. 2014
    症例は61歳男性。昼食後の突然の腹背部痛を主訴に来院した。腹部造影CT検査で、総肝動脈、胃十二指腸動脈、上腸間膜動脈などに血栓閉鎖型動脈解離、瘤状拡張所見を認め、上腸間膜静脈、下腸間膜静脈、門脈周囲に血腫成分が認められsegmental arterial mediolysis(SAM)が疑われた。臓器虚血所見は明らかでなく、降圧と絶食による保存的加療を行った。入院13日目の腹部造影CT検査で背膵動脈の拡大を認め、血管造影検査にて左胃動脈、総肝動脈から左右肝動脈など、複数の血管で数珠状の不整な血管狭窄や拡張をびまん性に認めたためSAMと確定診断し、背膵動脈の仮性動脈瘤に対してTornade coilにて塞栓術を施行した。術後経過は良好で、入院23病日に退院とした。上腸間膜動脈解離単独では血流保持を優先し、抗血小板薬、抗凝固薬で治療するのに対し、SAMでは出血と破裂の予防を優先し、抗血小板薬、抗凝固薬は推奨されない。またSAMの場合、動脈瘤の拡大を認めた際には塞栓術による治療が必要となる。上腸間膜動脈解離単独とSAMの場合では、治療方針が大きく変わることから、重要な症例と考え報告する。(著者抄録)
  • 経皮的肺動脈拡張術における3D肺動脈撮影の有用性
    GOTO MAKOTO, FUKUDA MAKI, MIZUNO ATSUSHI
    日本心血管インターベンション治療学会誌(Supplement (CD-ROM)) ROMBUNNO.CP018 Jul. 2014
  • 当院における臨床工学技士による循環器内科業務参加への歩み~カテーテル基本業務からTAVI参加まで~
    ISHIKAWA TOMOHISA, TANIMOTO SHIN'YA, ASANO TAKU, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU KAZUKI, MIZUNO ATSUSHI, MITSUHASHI HIROTSUGU, NISHIHARA SHUZO, NISHI YUTARO
    日本心血管インターベンション治療学会誌(Supplement (CD-ROM)) ROMBUNNO.CO098 Jul. 2014
  • 当院における臨床工学技士による循環器内科業務参加への歩み カテーテル基本業務からTAVI参加まで
    石川 智久, 谷本 慎弥, 浅野 拓, 山添 正博, 小松 一貴, 水野 篤, 三橋 弘嗣, 西原 崇創, 西 裕太郎
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 23回 CO098-CO098 Jul. 2014
  • 経皮的肺動脈拡張術における3D肺動脈撮影の有用性
    後藤 允, 福田 真希, 水野 篤
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 23回 CP018-CP018 Jul. 2014
  • 冠動脈疾患を有する前糖尿病患者におけるHbA1c測定の検討
    ASANO TAKU, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU KAZUTAKA, MIZUNO ATSUSHI, ODE SACHIKO, TAKAHASHI TADASHI, NISHI YUTARO
    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web) 46th 1-P-125 (WEB ONLY)-257 Jun. 2014
  • 「急性冠症候群患者におけるヘテロ接合体家族性高コレステロール血症の合併率」に関する多施設調査の結果
    OMURA HIROTOSHI, FUKUSHIMA TOSHIFUMI, EBINA TOSHIAKI, KIMURA KAZUO, KOBAYASHI YOHEI, OCHI YUKIE, ANDO KENJI, MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO, MIYAUCHI KATSUMI, DAIDA HIROYUKI
    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web) 46th SHIMPOJIUMU5,3 (WEB ONLY) Jun. 2014
  • ST上昇型急性心筋梗塞における超急性期心拍出量および一回拍出量の検討~動脈圧波形心拍出量モニタリングFloTrackを用いて~
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU IKKI, ASANO TAKU, MASUDA KEITA, MITSUHASHI HIROTSUGU, NIINUMA HIROYUKI, NIWA KOICHIRO
    心臓 46(6) 710-720 Jun. 2014
    背景:急性心筋梗塞の急性期における心拍出量をはじめとした血行動態の変化に関する報告はこれまでほとんどがない。Edwards社製のFloTrack sensorとVigileo monitorを用いれば、スワンガンツカテーテルを用いずに連続動脈圧心拍出量(arterial pressure-based cardiac output:APCO)モニタリングが可能である。今回急性心筋梗塞における心拍出量をはじめとした血行動態変化をモニタリングしたので報告する。方法:2012年5月〜2012年9月に当院に受診したST上昇型急性心筋梗塞患者連続14名(年齢:65.5±14.1歳)を対象とした。大動脈バルーンパンピング挿入患者および、心房細動患者は除外した。Primary PCI(percutaneous coronary intervention)後7Frシースを留置継続し、同部位からAPCOモニタリングを施行した。結果:心係数、一回拍出量係数、平均血圧に関してはモニタリング開始後から低下し始めた。開始110分後に開始後と比較して、平均血圧の低下(p<0.001)、開始200分後に心係数の低下(p<0.011)、開始380分後での一回拍出量係数の低下(p<0.005)が有意となった。有意差を認める低下後は12時間後まで有意な変化は認めなかった。また、脈拍数およびStroke volume variationに関しては観察期間中では有意な変化を認めなかった。結論:フロートラックシステムを使用することにより、侵襲度低く急性心筋梗塞後の超急性期における心拍出量モニタリングが可能となった。Primary PCI後心拍出量の低下を認めるが、3時間後以降は安定し、12時間後まではその安定効果は持続すると考えられる。(著者抄録)
  • 循環器クリニカルパスによるチーム医療の実践
    MIZUNO ATSUSHI, MIYASAKA TAMIO, NAKAMURA KANAKO, OZEKI RIE, OKAMURA DAISUKE, NAKATSUKI NOBUKO, MATSUMOTO AKIKO, NIWA KOICHIRO
    日本クリニカルパス学会誌 16(2) 173-175 Jun. 2014
  • 多職種チーム医療の充実に向けて 循環器クリニカルパスによるチーム医療の実践
    水野 篤, 宮坂 萌生, 中村 加奈子, 尾関 理恵, 岡村 大介, 中附 暢子, 松本 明子, 丹羽 公一郎
    日本クリニカルパス学会誌 16(2) 173-175 Jun. 2014
  • 原発性高脂血症研究の展開 「急性冠症候群患者におけるヘテロ接合体家族性高コレステロール血症の合併率」に関する多施設調査の結果
    大村 寛敏, 福島 理文, 海老名 俊明, 木村 一雄, 小林 洋平, 越智 友紀恵, 安藤 献児, 水野 篤, 西 裕太郎, 丹羽 公一郎, 宮内 克己, 代田 浩之
    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 46回 140-140 Jun. 2014
  • Current nutritional therapy in Japanese intensive care units: what did we learn from the International Nutritional Survey?
    HIGASHIBEPPU NAOKI, SANUI MASAMITSU, SOBUE KAZUYA, SATO TAKEAKI, SHIOTSUKA JUNJI, MIZUNO ATSUSHI, YASUDA HIDETO, MIYAKE KENTARO, TOKUHIRA NATSUKO, IZAWA JUN'ICHI, HEYLAND DAREN K.
    日本集中治療医学会雑誌(Web) 21(3) 243-252 (J-STAGE)-252 May 2014
    【目的】International Nutrition Survey(INS)は、カナダ・クイーンズ大学のHeylandが中心となり行われている。世界のICUを対象とした栄養療法に関する調査である。本邦の9施設が参加した2011年INSの結果をもとに本邦ICUの栄養療法の現状を把握し、問題点を明らかにした。【方法】対象は人工呼吸を受けた成人患者、調査項目は栄養の投与量、内容、開始時期などであった。本邦の結果を他のアジアおよび世界の結果と比較した。【結果】本邦は、エネルギー充足率、蛋白質充足率、栄養投与率などほとんどすべての面でアジアや世界の平均を下回り、経腸栄養開始時期も遅かった。【考察】本研究は、本邦ICUにおける栄養療法の問題点を示唆しただけでなく、参加施設が栄養療法を把握するための良い機会となった。次回のINSには、より多くのICUの参加を募り、本邦の栄養療法改善の契機としたい。(著者抄録)
  • 早期退院急性心筋梗塞クリニカルパスの適用基準設定にリスクスコアを用いることの妥当性の検討
    TAKAHASHI RISA, MIZUNO ATSUSHI, TODA HIROKO, MIYASAKA AKI, NOJU HAYAMA, TAKESHIMA CHIHARU, NAKAMURA KANAKO, YAMASAKI MARIE, MURATA CHIHO, KASAI AI, OKAMURA DAISUKE, OZEKI RIE
    日本クリニカルパス学会誌 16(1) 5-10 Mar. 2014
    緒言・目的:当院では、低リスクの急性心筋梗塞(以下、AMI)患者に対する早期退院クリニカルパス(以下、パス)導入に向け、エビデンスに基づいた適切な適応基準の設定が不可欠であると思い至った。そこで、すでに海外で報告されているリスクスコアの予後予測能力を検討し、パスの適用基準として適切であるかを検討することを目的とした。対象および方法:2007年11月から2010年10月までに当院入院となったAMI患者全237名を対象とし、過去の患者記録から基礎情報、臨床経過を抽出し、Cadillac risk score(以下、Cadillac)とZwolle risk score(以下、Zwolle)にて層別化を行った。各リスクスコアで低リスクと同定された者の30日後/1年後死亡についてROC曲線を用いて比較した。結果:低リスク群はCadillac 36%、Zwolle 65%であった。これらの群における30日後/1年死亡率はそれぞれCadillac 0%/0%、Zwolle 2.6%/5.8%、AUCはCadillac 0.856/0.812、Zwoolle 0.776/0.734であった。また、Cadillacで低リスクと判定された者の在院日数は7.2±2.5日で、79名がパスを適応されていた。まとめ:AMI患者の層別化にはCadillacが予後予測指標として有用であり、早期退院パスの適用基準として適切である。(著者抄録)
  • 成人スティル病が原因と考えられる急性心筋炎に対してステロイド加療により良好な治療経過をたどった1例
    YAMAZOE MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, ASANO TAKU, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 41st(Suppl.) DP-11-1 (WEB ONLY)-11 Jan. 2014
  • 大腸菌性壊死性筋膜炎の一例
    MOCHIZUKI HIROKI, MATSUO TAKAKIMI, MIZUNO ATSUSHI, NATORI YOICHIRO, AOKI KAZUHIRO, NISHI YUTARO
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 41st(Suppl.) DP-71-2 (WEB ONLY)-71 Jan. 2014
  • ファロー四徴症修復手術後の成人における大動脈基部拡大に関する記述研究
    MIURA MASARU, OKI HIROTAKA, YAMAGISHI HIROYUKI, TAMURA YUICHI, YAO ATSUSHI, INUZUKA RYO, TATENO SHIGERU, MIZUNO ATSUSHI, NIWA KOICHIRO
    日本成人先天性心疾患学会雑誌(Web) 3(1) P3-2-4 (WEB ONLY)-96 Jan. 2014
  • 当院成人先天性心疾患外来における心房細動の有病率と抗凝固療法の現状について
    MASUDA KEITA, SHIINA YUMI, MIZUNO ATSUSHI, SHIRAI TAKEAKI, MITSUHASHI HIROTSUGU, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本成人先天性心疾患学会雑誌(Web) 3(1) O5-3 (WEB ONLY)-65 Jan. 2014
  • 成人に達した先天性心疾患の診療体制の確立に向けた総合的研究 循環器内科医師による成人先天性心疾患診療の確立へ向けた研究
    YAO ATSUSHI, INUTSUKA AKIRA, MIZUNO ATSUSHI
    成人先天性心疾患の診療体系の確立に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 32-43 2014
  • ショックを合併した大動脈破裂に対して緊急的にオクルージョンバルーンを使用し救命した症例
    ASANO TAKU, ABE KOHEI, YAMAGAMI FUMI, YAMAZOE MASAHIRO, KOMATSU KAZUKI, MIZUNO ATSUSHI, ADACHI TOORU, NISHIHATA YOSUKE, MITSUHASHI HIROTSUGU, NAKAZATO RYO, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO, MISUMI HIROYASU, NISHI YUTARO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 234th KANTOKOSHIN'ETSU234,91 (WEB ONLY) 2014
  • 高度三尖弁閉鎖不全を伴う三尖弁前尖cleftを合併したファロー四徴症術後の一症例
    MORIMOTO YASUKO, SHIRAI TAKEAKI, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, KAWAZOE KOHEI, SAKAMOTO KISABURO, NIWA KOICHIRO
    日本成人先天性心疾患学会雑誌(Web) 2(2) 38-41 (WEB ONLY)-41 Dec. 2013
  • Prognostic factors in patients with out-of-hospital cardiac arrest and assessment of dysphagia and higher brain dysfunction
    IZUMITANI SATOKO, MIZUNO ATSUSHI, MABUCHI MIYAKO, MOCHIZUKI TOSHIAKI, ODE SACHIKO, KURODA EISHI
    言語聴覚研究 10(4) 310-319 Dec. 2013
    救命救急医療の進歩により院外心肺停止(out-of-hospital cardiac arrest:OHCA)の蘇生率は向上し,言語聴覚療法の必要性も増加している.OHCA後のリハビリテーションの研究はまだ少なく,本研究ではOHCA蘇生後の急性期における予後にかかわる因子の検討を行った.対象はOHCA蘇生後患者44名で,後方視的コホート研究にて,転帰を自宅退院群と転院群に分けマンホイットニーのU検定,χ2検定で比較した.予後にかかわる因子として有意差を認めたのは,心肺停止時間,気管切開,脳画像病変,言語聴覚療法開始までの日数,言語聴覚療法実施期間,入院期間,摂食・嚥下訓練期間,藤島嚥下Gr,高次脳機能障害の内訳,FIM認知項目,HDS-R初回までの日数であった.退院時,自宅退院群は摂食・嚥下障害,高次脳機能障害ともに全例が改善したが,転院群は気管切開がある症例も多く,摂食・嚥下訓練障害が69%に残存し,高次脳機能障害もほぼ全例に残存した.予後にかかわる因子をもとに介入時から予後を予測した介入を検討することが可能である.(著者抄録)
  • A case report: A patient with ST depression and elevated cardiac enzymes immediately after the upper gastroendoscopic therapy underwent a cardiac catheterization
    SATO MASAHIRO, SAKODA KUNIHIRO, YAMAZOE MASAHIRO, KUWABARA MASANARI, KOMATSU IKKI, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, MASUDA KEITA, MITSUHASHI HIROTSUGU, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    ICUとCCU 37(別冊) S119-S124-S124 Nov. 2013
    糖尿病、高血圧、脂質異常症で加療されている82歳男性。また徐脈性心房細動でペースメーカーを2009年に挿入されワーファリン内服中であった。来院3日前より黒色便があり入院当日内視鏡で胃潰瘍を認めた。内視鏡検査施行後、前壁壁運動低下、軽度心筋逸脱酵素上昇、V5、V6 ST低下があり心筋虚血が否定できないため冠動脈造影検査を施行した。左前下降枝#6 99%狭窄があった。潰瘍に対して止血術後であったが、消化器内科と相談し抗血小板薬内服可能と判断し、同部位にBare metal stentを留置した。出血性胃潰瘍の再燃のリスクがありワーファリン中止のうえ、アスピリン、クロピドグレル内服とした。本症例では循環血症量低下による冠血流低下が心筋虚血の原因と考えられた。出血性潰瘍の再燃のリスクがあるなかでの検査、治療法について文献的考察を行う。(著者抄録)
  • 急性心筋梗塞発症後の患者教育内容についての文献検討
    ARAI YASUKO, OKAMURA DAISUKE, MIZUNO ATSUSHI, MIYASAKA TAMIO, OZEKI RIE, NAKATSUKI NOBUKO, KUMAZAWA SAYURI, NAKAMURA KANAKO, MABUCHI MIYAKO, TAKESHIMA CHIHARU
    日本クリニカルパス学会誌 15(4) 436-436 Oct. 2013
  • 剣道稽古中に発生した心臓蘇生症例
    OTSUJI MIZUTO, EBANA HIROKI, MATSUNAGA HIROKI, MIZUNO ATSUSHI, TANAKA HIROYUKI, MOCHIZUKI TOSHIAKI, FUJIKAWA AOI, SAKODA AKIKO, KUSAKAWA ISAO
    日本臨床スポーツ医学会誌 21(4) S263 Oct. 2013
  • 循環器クリニカルパスによるチーム医療の実践
    MIZUNO ATSUSHI, KOIKE SAORI, HIRANO KIMIE, FUJIMAKI KANA, ASO SHIGEKI, SHIMADA ITSUKO, IZUMITANI SATOKO, MIYAO SAKURA, IGARASHI AOI, MATSUMOTO AKIKO
    日本クリニカルパス学会誌 15(4) 322 Oct. 2013
  • 多職種チーム医療の充実に向けて 循環器クリニカルパスによるチーム医療の実践
    水野 篤, 小池 沙織, 平野 公絵, 藤巻 佳奈, 阿蘇 樹貴, 島田 伊津子, 泉谷 聡子, 宮尾 桜, 五十嵐 葵, 松本 明子
    日本クリニカルパス学会誌 15(4) 322-322 Oct. 2013
  • 剣道稽古中に発生した心肺蘇生症例
    尾辻 瑞人, 江花 弘基, 松永 裕樹, 水野 篤, 田中 裕之, 望月 俊明, 藤川 葵, 迫田 晃子, 草川 功
    日本臨床スポーツ医学会誌 21(4) S263-S263 Oct. 2013
  • 心不全におけるサムスカ投与量による利尿効果の差の検討
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本心臓病学会誌 8(Supplement 1) 551-551 Sep. 2013
  • septal branch focal myocardial infarctionを生理検査・画像検査で証明した1例
    YAMAZOE MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, KOMATSU KAZUTAKA, MASUDA KEITA, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本心臓病学会誌 8(Supplement 1) 673-673 Sep. 2013
  • 2型糖尿病患者では頚動脈狭窄,末梢動脈疾患より冠動脈疾患が多い;2型糖尿病患者の全身動脈硬化スクリーニング
    NIINUMA HIROYUKI, KOMATSU KAZUTAKA, YAMAZOE MASAHIRO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, MORIMOTO YASUKO, SHIINA YUMI, SHIRAI TAKEAKI, MASUDA KEITA, MITSUHASHI HIROTSUGU, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本心臓病学会誌 8(Supplement 1) 329 Sep. 2013
  • 2型糖尿病患者では頸動脈狭窄、末梢動脈疾患より冠動脈疾患が多い 2型糖尿病患者の全身動脈硬化スクリーニング
    新沼 廣幸, 小松 一貴, 山添 正博, 浅野 拓, 水野 篤, 森本 康子, 椎名 由美, 白井 丈晶, 増田 慶太, 三橋 弘嗣, 西 裕太郎, 丹羽 公一郎
    日本心臓病学会誌 8(Suppl.I) 329-329 Sep. 2013
  • 院外心肺停止蘇生後患者の正常冠動脈予測モデル
    ABE TOMOKAZU, WATANABE SHIGEYUKI, MIZUNO ATSUSHI, TOYAMA MASAHIRO, TOKUDA YASUHARU
    日本救急医学会雑誌 24(8) 514-514 Aug. 2013
  • アンケート調査結果から見えた小牧市のPR方法について
    NOMURA SHINJI, HIBINO KAZUHIDE, MIZUNO ATSUSHI
    日本臨床救急医学会雑誌 16(3) 393-393 Jun. 2013
  • 高蛋白食は高血圧の独立したリスク因子となりうる
    桑原 政成, 山添 正博, 小松 一貴, 浅野 拓, 水野 篤, 増田 慶太, 三橋 弘嗣, 新沼 廣幸, 高尾 信廣, 西 裕太郎, 丹羽 公一郎, 久留 一郎
    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 2回 118-118 May 2013
  • 急変対応でパニックに陥らない心電図判読 急変時の心電図診断と対応 致死的不整脈(頻脈)~鑑別と対応
    MIZUNO ATSUSHI
    急変キャッチ達人ナース 34(3) 7-10 Apr. 2013
  • 右バルサルバ洞動脈瘤の限局性解離で発症した心筋梗塞の1例
    SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, INOHARA TAKU, KUWABARA MASANARI, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    心臓 45(4) 475-481 Apr. 2013
    症例は糖尿病、脂質異常症、統合失調症で近医通院中の77歳、女性。来院3日前に突然の胸部不快感があり、徐々に食思不振が悪化し、当院外来受診。心電図上、II、III、aVFにてST上昇と異常Q波を認め、経胸壁心エコー図で下壁と右室の壁運動の低下があり、亜急性下壁心筋梗塞の診断となった。緊急心臓カテーテル検査施行し、右冠動脈の入口部で完全閉塞、さらに右バルサルバ洞に少量の造影剤の貯留を認めたため、緊急造影CTを施行し、右バルサルバ洞の拡大と偽腔内血栓を伴う限局性解離を認めた。年齢とADLを考慮し、内科的治療を行い、入院第17病日に退院となった。比較的良好な経過が得られ、8ヵ月後に施行したCTでは右バルサルバ洞拡大は残存も偽腔内血栓と解離は消失していた。(著者抄録)
  • OHCA(院外心肺停止)蘇生後患者の急性期における高次脳機能障害 FIM認知項目の推移と予後予測因子の検討
    泉谷 聡子, 馬淵 美也子, 水野 篤, 望月 俊明, 岡村 大介, 佐藤 早希, 加藤 好子, 宮 琴柱, 日高 怜子, 柳田 俊次, 大出 幸子, 黒田 栄史
    高次脳機能研究 33(1) 106-107 Mar. 2013
  • 日本のICUでの栄養投与は開始が遅くて量は少ない―ICUにおける国際栄養調査の結果から―
    HIGASHIBEPPU NAOKI, SANUI MASAMITSU, SATO TAKEAKI, SHIOZUKA JUNJI, MIZUNO ATSUSHI, YASUDA HIDETO, MIYAKE KENTARO, TOKUHIRA NATSUKO, IZAWA JUN'ICHI, HEYLAND DAREN K.
    日本集中治療医学会雑誌 20(Supplement) 385-385 Jan. 2013
  • 日本のICUでの栄養療法の問題点と今後の課題~国際調査から分かったこと~
    HIGASHIBEPPU NAOKI, SANUI MASAMITSU, SOBUE KAZUYA, SATO TAKEAKI, SHIOZUKA JUNJI, MIZUNO ATSUSHI, YASUDA HIDETO, MIYAKE KENTARO, TOKUHIRA NATSUKO, IZAWA JUN'ICHI, HEYLAND DAREN K.
    静脈経腸栄養 28(1) 208 Jan. 2013
  • 急性冠症候群 ACSの病理学 不安定プラークを基質とする血栓形成メカニズム
    MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO
    Intensivist 5(1) 174-178 Jan. 2013
    これまでの章では,主に急性冠症候群acute coronary syndrome(ACS)に対する診断・治療など,極めて臨床的なトピックを取り上げてきた。そこで本稿では,少々趣向を変え,ACSの病理について概説する。ACSとは,非常に微細な「組織学的考察」から派生した概念である。したがって,本稿で取り上げるACSの病理学は,この疾患群に対する診断・治療をさらに深く理解するために,必須な知識といえる。また,近年の画像診断技術の進歩は著しく,日常の臨床現場でACS症例の冠動脈を組織学に近いレベルで検討することが可能となってきている。本稿の後半では,いくつかの画像検査モダリティを紹介し,現段階での組織学的所見と臨床的な概念との橋渡しを試みる。(著者抄録)
  • 救急・集中治療領域の栄養管理 問題点と対策の工夫 日本のICUでの栄養療法の問題点と今後の課題 国際調査から分かったこと
    東別府 直紀, 讃井 將満, 祖父江 和哉, 佐藤 武揚, 塩塚 潤二, 水野 篤, 安田 英人, 三宅 健太郎, 徳平 夏子, 井澤 純一, Heyland Daren K.
    静脈経腸栄養 28(1) 208-208 Jan. 2013
  • 我が国におけるファロー四徴症の再手術適応に関する考え方について(Survey of reoperation indication in patients with tetralogy of Fallot in Japan)
    水野 篤, 丹羽 公一郎, 松尾 浩三, 大内 秀雄, 稲井 慶, 成人先天性心疾患学会学術委員会
    日本成人先天性心疾患学会雑誌 2(1) 52-52 Jan. 2013
  • 高度三尖弁閉鎖不全を伴う三尖弁前尖cleftを合併したファロー四徴症術後の一症例
    MORIMOTO YASUKO, SHIRAI TAKEAKI, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, KAWAZOE KOHEI, SAKAMOTO KISABURO, NIWA KOICHIRO
    日本成人先天性心疾患学会雑誌 2(1) 109-109 Jan. 2013
  • 胸部CTでは検出困難であった骨セメントによる肺塞栓の一例
    ASANO TAKU, NISHI YUTARO, KUWAHARA MASANARI, MIZUNO ATSUSHI, MASUDA KEITA, SAKOTA KUNIHIRO, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO, SUZUKI KOSUKE
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 227th KANTOKOSHIN'ETSU227,110 (WEB ONLY) 2013
  • 下肢動脈塞栓症を繰り返し治療に難渋したプロテインC,S欠乏症の一例
    YAZAKI SHU, NISHI YUTARO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 230th KANTOKOSHIN'ETSU230,112 (WEB ONLY) 2013
  • 院外心肺停止蘇生後患者のリハビリプロトコルの作成~急性期の症状変化と経過に着目して~
    MABUCHI MIYAKO, OKAMURA DAISUKE, IZUMITANI SATOKO, SATO SAKI, KATO YOSHIKO, MOCHIZUKI YUKA, YOROZUYA RIE, KASAI AI, KANAI YUKI, SANO NARUMI, MIZUNO ATSUSHI, TAKABAYASHI KEN, MOCHIZUKI TOSHIAKI
    日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム抄録集(Web) 19th O-006 (WEB ONLY) 2013
  • 右心室内に転移した悪性葉状腫瘍の1例
    HIRAOKA YOSHINO, MANCHINA RUMI, OSAKABE AYA, KOIKE YOKO, OGURA HIROKI, ENDO HIROMI, SEKINE MIWAKO, HATTORI KANAKO, KUWAUCHI SHINTARO, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, TAKEDA KYOKO, NIWA KOICHIRO, KAWAZOE KOHEI
    超音波検査技術 37(6) 597-598 Dec. 2012
  • 心不全クリニカルパスの入院延長症例の検討
    MIYASAKA AKI, KUMAZAWA SAYURI, TOJO ATSUKO, MORITA KOJIRO, ARAI YASUKO, MIZUNO ATSUSHI, TAKESHIMA CHIHARU, OKAMURA DAISUKE, MABUCHI MIYAKO, OZEKI RIE
    日本クリニカルパス学会誌 14(4) 445-445 Nov. 2012
  • トラスツズマブ使用時の心機能評価
    FUJII TAKEO, MIZUNO ATSUSHI
    日本クリニカルパス学会誌 14(4) 487-487 Nov. 2012
  • OHCA(院外心肺停止)蘇生後患者の急性期高次脳機能障害~FIM認知項目の推移と予後の考察~
    IZUMITANI SATOKO, MABUCHI MIYAKO, OKAMURA DAISUKE, SATO SAKI, KATO YOSHIKO, HIDAKA REIKO, GU KINCHU, YANAGIDA TOSHITSUGU, MIZUNO ATSUSHI, MOCHIZUKI TOSHIAKI, ODE SACHIKO, KURODA EISHI
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 36th 219 Oct. 2012
  • 急性心筋梗塞患者に対する回復期心臓リハビリテーションの運動能改善効果と,外来リハビリテーション参加率向上のための取り組み
    KUWAHARA MASANARI, NISHI YUTARO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO, HISATOME ICHIRO
    日本心臓病学会誌 7(Supplement 1) 413-413 Aug. 2012
  • 急性期・前期回復期における心臓リハビリテーションのクリニカルパス
    IKEGAME TOSHIMI, KASAI AI, OKAMURA DAISUKE, MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO
    日本心臓病学会誌 7(Supplement 1) 225 Aug. 2012
  • いま、なぜ心臓リハビリテーションか よりよい臨床心臓病学のために 急性期・前期回復期における心臓リハビリテーションのクリニカルパス
    池亀 俊美, 笠井 愛, 岡村 大介, 水野 篤, 西 裕太郎
    日本心臓病学会誌 7(Suppl.I) 225-225 Aug. 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(最終回)(第10回) 身体所見の極意 聴診(後編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 14(6) 1186-1192 Jul. 2012
  • 急性心筋梗塞における短期入院クリニカルパスの安全性と有効性
    MIYASAKA AKI, MIZUNO ATSUSHI, TODA HIROKO, TAKAHASHI RISA, NAKAMURA KANAKO, YAMAZAKI MARIE, OZEKI RIE, OKAMURA DAISUKE
    日本クリニカルパス学会誌 14(2) 136-140 Jun. 2012
    当院では、2007年11月から急性心筋梗塞患者に対して、短期入院クリニカルパスの運用を開始した(5日間、7日間パスの2種類)。パス適応患者の臨床経過の評価を目的として、2007年11月〜2010年10月に当院入院の急性心筋梗塞患者253名中のパス適応者176名を対象とし、基礎情報、患者教育施行数、心機能評価施行数、臨床経過について過去の記録から後ろ向きに解析・検討を行った。退院延期症例が70%を占めたが、多くは検査や患者教育、外来心臓リハビリのオリエンテーションなどのマイナーバリアンスであり、退院延期日数は平均1日であった。入院中死亡は1名(0.6%)、30日以内死亡は2名(1.2%)であり、クリニカルパス導入での安全性の問題はほとんどないと考えられた。患者教育、心機能評価施行数については5日間パスと7日間パス両群で十分に行われていた。以上より、短期入院クリニカルパスは安全に患者教育まで行えることが示された。今後、よりエビデンスに基づいた安全性の高い、実践的なクリニカルパスを作成していく必要がある。(著者抄録)
  • 当院における院外心肺停止蘇生後患者での作業療法―転帰別にみた経過と介入内容の検討―
    SATO SAKI, KATO YOSHIKO, OKAMURA DAISUKE, IZUMITANI SATOKO, MIZUNO ATSUSHI
    日本作業療法学会抄録集(CD-ROM) 46th ROMBUNNO.G0015-G0015 Jun. 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第9回) 身体所見の極意 聴診(前編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 14(4) 793-800 Jun. 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第8回) 身体所見の極意 心不全(後編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 14(3) 615-625 May 2012
  • 背部痛と四肢のしびれを訴えていた患者さん じつは急性冠症候群だった!
    MIZUNO ATSUSHI
    Expert Nurse 28(6) 16-23 Apr. 2012
  • 急性期病院におけるCPA(心肺停止)蘇生後患者の訓練経過と予後の考察~高次脳機能障害を中心に~
    IZUMITANI SATOKO, MABUCHI MIYAKO, OKAMURA DAISUKE, SATO SAKI, KATO YOSHIKO, SUGAWARA KOTOJI, HIDAKA REIKO, YANAGIDA TOSHITSUGU, MIZUNO ATSUSHI, HONMA YOSUKE, ODE SACHIKO, KURODA EISHI
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 13th 116 Apr. 2012
  • 【フィジカルアセスメント画像検査からわかる 「症状」見抜き方ガイド"意外な疾患"を見逃さないコツ "院内トリアージ"のための症例ガイド】 (Chapter2)背部痛と四肢のしびれを訴えていた患者さん じつは急性冠症候群だった!
    水野 篤
    Expert Nurse 28(6) 16-23 Apr. 2012
  • 多職種連携による心肺停止蘇生後ワーキンググループの設立
    HONMA YOSUKE, SATO SAKI, KATO YOSHIKO, IZUMITANI SATOKO, MABUCHI MIYAKO, OKAMURA DAISUKE, SANO NARUMI, MIZUNO ATSUSHI, OTANI NORIO, ISHIMATSU SHIN'ICHI
    日本臨床救急医学会雑誌 15(2) 308-308 Apr. 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第7回) 身体所見の極意 心不全(前編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 14(2) 456-463 Apr. 2012
  • ヤバレジ だれもが最初はヤバレジだった(第24回)(最終回) めまいがするんです めまいって何?
    水野 篤
    月刊レジデント 5(3) 102-108 Mar. 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第6回) ACSのマネジメント(後編:リスク層別化編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 13(16) 3019-3026 Mar. 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第5回) ACSのマネジメント(前編 胸痛の病歴聴取編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 13(15) 2859-2865 Feb. 2012
  • 急性心筋梗塞患者に対する緊急経皮的冠動脈形成術後の心臓リハビリテーションの有用性
    KUWAHARA MASANARI, IHARA TAKU, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, NIINUMA HIROYUKI, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本集中治療医学会雑誌 19(Supplement) 134 Jan. 2012
  • 心血管治療後の非閉塞性腸管膜虚血に対する治療3例の検討
    WATANABE TAKUYA, NISHI YUTARO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKODA KUNIHIRO, SHIRAI TAKEAKI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本集中治療医学会雑誌 19(Supplement) 233 Jan. 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第4回) 急性冠症候群に伴った心不全(後編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 13(13) 2465-2471 Jan. 2012
  • 機能別の観点から考えるリハビリテーション 急性心筋梗塞患者に対する緊急経皮的冠動脈形成術後の心臓リハビリテーションの有用性
    桑原 政成, 猪原 拓, 浅野 拓, 渡邉 琢也, 水野 篤, 迫田 邦裕, 新沼 廣幸, 西原 崇創, 安齋 均, 西 裕太郎, 丹羽 公一郎
    日本集中治療医学会雑誌 19(Suppl.) 134-134 Jan. 2012
  • 心血管治療後の非閉塞性腸間膜虚血に対する治療3例の検討
    渡邉 琢也, 西 裕太郎, 浅野 拓, 水野 篤, 迫田 邦裕, 白井 丈晶, 西原 崇創, 新沼 廣幸, 安齋 均, 高尾 信廣, 丹羽 公一郎
    日本集中治療医学会雑誌 19(Suppl.) 233-233 Jan. 2012
  • repaired TOF, when to intervene adult CHD ファロー四徴症の再手術適応における全国調査(repaired TOF, when to intervene adult CHD Survey of reoperation indication in patients with tetralogy of Fallot in Japan)
    水野 篤, 丹羽 公一郎, 白井 丈晶, 松尾 浩三, 日本成人先天性心疾患研究委員会
    日本成人先天性心疾患学会雑誌 1(1) 56-56 Jan. 2012
  • 脳梗塞に伴う急性心不全に対して,血圧管理に苦慮した一例
    KUWAHARA MASANARI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NISHI YUTARO, IHARA TAKU, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, ANZAI HITOSHI, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 223rd KANTOKOSHIN'ETSU223,116 (WEB ONLY) 2012
  • 急性心不全患者のリハビリ開始日数と目標達成日数に関わる因子の検討~心不全パスの層別化の検討~
    MABUCHI MIYAKO, OKAMURA DAISUKE, OKAWAHARA HIROKI, MASHITA SHOTA, SATO SAKI, MIYAZAKI KUNIHIRO, MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, ODE SACHIKO
    日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム抄録集(Web) 18th O-147 (WEB ONLY) 2012
  • 急性心筋炎の治療経過中に好酸球性肺炎を発症した1例
    YAMAZOE MASAHIRO, WATANABE TAKUYA, ANZAI HITOSHI, MIZUNO ATSUSHI, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 224th KANTOKOSHIN'ETSU224,110 (WEB ONLY) 2012
  • The Index Microcirculatory Resistanceによりたこつぼ心筋症の微小循環障害を評価した一例
    WATANABE TAKUYA, NISHI YUTARO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI TAMOTSU, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 223rd KANTOKOSHIN'ETSU223,96 (WEB ONLY) 2012
  • Campylobacter fetus菌血症による血栓性静脈炎から深部静脈血栓症,肺塞栓症を生じたと考えられる1例
    ENDO TAKAHIRO, YAMAZOE MASAHIRO, SAKOTA KUNIHIRO, KOMATSU KAZUTAKA, KUWAHARA MASANORI, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 226th KANTOKOSHIN'ETSU226,12-08 (WEB ONLY) 2012
  • 上腸間膜動脈解離にて発症しコイル塞栓術を施行したsegmental arterial mediolysisの一例
    KUWAHARA MASANARI, NISHI YUTARO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NIINUMA HIROYUKI, NISHIHARA SHUZO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO, KAWAZOE KOHEI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 225th KANTOKOSHIN'ETSU225,42 (WEB ONLY) 2012
  • 造影剤腎症を発症し,1回の血液浄化療法が必要であったがすぐに離脱可能であった1例
    SATO MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, SAKOTA KUNIHIRO, SHIRAI TAKEAKI, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 224th KANTOKOSHIN'ETSU224,109 (WEB ONLY) 2012
  • 心臓リハビリテーションにおける最適な運動強度の新しい設定方法
    KUWAHARA MASANARI, NISHI YUTARO, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO, HISATOME ICHIRO
    日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム抄録集(Web) 18th O-127 (WEB ONLY) 2012
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第3回) 急性冠症候群に伴った心不全(前編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 13(12) 2299-2305 Dec. 2011
  • たこつぼ心筋症に併発した左室流出路狭窄に対して塩酸ランジオロールを使用した1例
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, SAKODA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    心臓 43(11) 1437-1442 Nov. 2011
    症例は84歳、女性。来院当日16時ごろから、突然の左肩への放散を伴う胸痛出現。心電図上、V2〜4でST上昇とラピチェック陽性を認めたため、他院より紹介受診した。来院後、緊急冠動脈造影を施行。冠動脈には有意狭窄を認めず、左室造影でたこつぼ心筋症の診断に一致する心尖部領域の壁運動低下、ballooningを認めた。左室引き抜き圧較差および心臓超音波検査で僧帽弁の収縮期前方運動とそれに伴う左室流出路狭窄を認めたため、経胸壁心臓超音波検査観察下で塩酸ランジオロール投与静脈注射を行い、軽度の圧較差の軽減が認められた。塩酸ランジオロールの持続静注を行い、翌日よりフマル酸ビソプロロールの内服に移行した。約1週間程度の入院期間で左室流出路狭窄は消失し、左室壁運動も正常化したため、退院となった。たこつぼ心筋症において左室流出路狭窄を伴う症例はしばしば経験するが、急性期における治療法は確立していない。急性期塩酸ランジオロール静脈注射は超短時間作用であるため、血圧低下が遷延する可能性が低く有効かと考えられたが、実際の圧較差の軽減は軽度であった。その使用方法と経過について意義のある症例と考え、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)
  • 急性心筋梗塞クリニカルパス導入による医療の質改善効果
    MIZUNO ATSUSHI, TAKAHASHI RISA, MABUCHI MIYAKO, INOGAWA TOORU, MIYASAKA AKI, NAKAMURA KANAKO, YAMASAKI MARIE, MURATA CHIHO, OKAMURA DAISUKE
    日本クリニカルパス学会誌 13(4) 377-377 Nov. 2011
  • 超早期退院急性心筋梗塞クリニカルパス作成の可能性を探る
    TAKAHASHI RISA, TODA HIROKO, NOSHIGE HAYAMA, MIYASAKA MOEO, MIZUNO ATSUSHI, NAKAMURA KANAKO, YAMASAKI MARIE, MURATA CHIHO, OKAMURA DAISUKE, OZEKI RIE
    日本クリニカルパス学会誌 13(4) 392-392 Nov. 2011
  • 心不全の急性期リハビリにおけるクリニカルパス導入の効果
    MABUCHI MIYAKO, OKAMURA DAISUKE, YAMASAKI MARIE, MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, ODE SACHIKO
    日本クリニカルパス学会誌 13(4) 380-380 Nov. 2011
  • 心不全クリニカルパスの運用による効果の検討
    YAMAZAKI MARIE, UJIIE AKIKO, MURATA CHIHO, KITAMURA YUKA, SHIMOGAMA AYUMI, KASAI AI, NAKAMURA KANAKO, MABUCHI MIYAKO, MIZUNO ATSUSHI, TAKAHASHI OSAMU
    日本クリニカルパス学会誌 13(4) 382-382 Nov. 2011
  • ヤバレジ だれもが最初はヤバレジだった 聖路加チーフレジデントがあなたをデキるレジデントにします!(第20回) 背中が痛い〜〜!! 背中ってどこ?
    水野 篤
    月刊レジデント 4(11) 140-146 Nov. 2011
  • 冠動脈圧迫による狭心症状を初発症状としたびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例
    NAGASAKO TOMOKI, AKAEDA SHUN, YANASE FUMITAKA, OYAMADA RYOSUKE, MIZUNO ATSUSHI, HIGUCHI TAKAKAZU, OKADA SADAMU
    日本内科学会関東支部関東地方会 583rd 27-27 Nov. 2011
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第2回) P波を探せ!心室・上室性頻拍の鑑別(後編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 13(11) 2101-2108 Nov. 2011
  • 神経性無食欲症患者の心筋重量
    KUWAHARA MASANARI, OTA DAISUKE, IHARA TAKU, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, NIINUMA HIROYUKI, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, NISHI YUTARO, KOGA SHIN'ICHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本臨床生理学会雑誌 41(5) 53-53 Oct. 2011
  • 対角枝の心筋梗塞後に前外側乳頭筋断裂による僧帽弁閉鎖不全症を生じた一例
    SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本臨床生理学会雑誌 41(5) 49-49 Oct. 2011
  • 臨床推理力を磨く!循環器セミナー実況中継(第1回) P波を探せ!心室・上室性頻拍の鑑別(前編)
    香坂 俊, 水野 篤, 永井 利幸, 西原 崇創
    レジデントノート 13(9) 1629-1634 Oct. 2011
  • 心房細動患者の冠動脈CTで認められる左心耳造影不良域と左心房機能との関連性
    ISHIYAMA MITSUTOMI, AKAIKE GENSUKE, MATSUSAKO MASAKI, UEDA TAKUYA, MAKIDONO AKARI, MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, SAIDA YUKIHISA
    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 47th S505-S505 Sep. 2011
  • 心臓CTが術前診断に有用であった2縫線を伴う稀な大動脈二尖弁の1例
    HORIUCHI SAYA, ISHIYAMA MITSUTOMI, UEDA TAKUYA, MAKIDONO AKARI, MATSUSAKO MASAKI, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, YAMAZAKI MANABU, ABE KOHEI, WATANABE TADASHI, KAWAZOE KOHEI, SAIDA YUKIHISA
    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 47th S504-S504 Sep. 2011
  • 内科医師の心音理解度とトレーニングの有用性
    KUWAHARA MASANARI, NISHI YUTARO, NIINUMA HIROYUKI, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, IHARA TAKU, SHIRAI TAKEAKI, NIWA KOICHIRO, KAWAZOE KOHEI, HISATOME ICHIRO
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 391-391 Aug. 2011
  • Corsairカテーテルに伴う合併症を生じた2症例
    ANZAI HITOSHI, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO, KAWAZOE KOHEI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 302-302 Aug. 2011
  • 維持透析施行中に労作時呼吸困難の増悪,血圧低下を認めた線維素性心外膜炎の一例
    KUWAHARA MASANARI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NISHI YUTARO, ANZAI HITOSHI, NIINUMA HIROYUKI, MIZUNO ATSUSHI, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, IHARA TAKU, TAKAO NOBUHIRO, KOMATSU YASUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI, NIWA KOICHIRO, KAWAZOE KOHEI, HISATOME ICHIRO
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 361-361 Aug. 2011
  • 修正大血管転位術後で経過中に細菌性眼内炎を合併した感染性心内膜炎の一例
    SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 455-455 Aug. 2011
  • SAMによる左室流出路狭窄を伴うたこつぼ型心筋症に対し塩酸ランジオロールが奏功せずプロプラノロールが奏功した1例
    IHARA TAKU, MIZUNO ATSUSHI, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 405-405 Aug. 2011
  • 院外心肺停止蘇生後患者における神経学的予後に与える因子の検討
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, KUWAHARA MASANARI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NIWA KOICHIRO
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 317-317 Aug. 2011
  • 検査前処置の新プロトコル導入により円滑な冠動脈CT検査が可能になる
    TANICHI KIKO, OYAMA KIE, KASAI AI, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 276-276 Aug. 2011
  • たこつぼ型心筋症における3次元エコー:やはりHigh Frame rateがよい!!
    MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, KUWAHARA MASANARI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NISHI YUTARO, NIWA KOICHIRO
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 363-363 Aug. 2011
  • 右内頚静脈にステントを留置し失明を回避できた末期腎不全患者の一例
    ANZAI HITOSHI, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, SHIRAI TAKEAKI, NIWA KOICHIRO, KAWAZOE KOHEI
    日本心臓病学会誌 6(Supplement 1) 325 Aug. 2011
  • 右内頸静脈にステントを留置し失明を回避できた末期腎不全患者の一例
    安斉 均, 猪原 拓, 桑原 政成, 浅野 拓, 渡邉 琢也, 水野 篤, 迫田 邦裕, 増田 慶太, 西原 崇創, 新沼 廣幸, 西 裕太郎, 白井 丈晶, 丹羽 公一郎, 川副 浩平
    日本心臓病学会誌 6(Suppl.I) 325-325 Aug. 2011
  • ヤバレジ だれもが最初はヤバレジだった(第16回) 発熱 この患者さん熱くない?
    水野 篤
    月刊レジデント 4(7) 148-155 Jul. 2011
  • バリアンス分析~クリティカルパス非適応群における在院日数の検討から~
    TAKAHASHI RISA, MIYASAKA TAMIO, TODA HIROKO, NAKAMURA KANAKO, MIYAMOTO YUKA, YAMASAKI MARIE, MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO
    日本医療マネジメント学会雑誌 12(Supplement) 171-171 Jun. 2011
  • インターベンション治療と腎保護 血清クレアチニン2回測定法は造影剤腎症予防に非常に有用である(Two Point Mesurement of Serum Creatinie Predict Contrast Induce Nephropathy)
    水野 篤
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 20回 363-363 Jun. 2011
  • 虚血性心疾患における下肢血管エコースクリーニングの有用性について
    YOSHINO JUNKO, NIINUMA HIROYUKI, SUNAGA MIKI, SAKUMA YOKO, HATTORI KANAKO, ANZAI HITOSHI, MIZUNO ATSUSHI, TAKEDA KYOKO, OIDE SACHIKO
    超音波医学 38(Suppl.) S366-S366 Apr. 2011
  • 1心拍3D経胸壁心エコーにおける局所容量解析の実際
    MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI
    超音波医学 38(Suppl.) S474-S474 Apr. 2011
  • 心筋梗塞後合併したVf storm抑制後に認められたアミオダロンによるTdPの1例
    ASANO TAKU, NISHIHARA SHUZO, KUWAHARA MASANARI, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    Prog Med 31(Suppl.1) 701-704 Apr. 2011
    63歳男。3日前より胸部違和感を自覚し、就寝中に呼吸苦が出現した。症状が改善しないため、救急搬送となった。急性心筋梗塞を疑い、緊急冠動脈造影を施行した。左前下行枝6番に完全閉塞を認め、経皮的冠動脈インターベンションによるステント留置術を施行した。第4病日に発作性心房細動を認めた。低左心機能で、血圧コントロールが不良であることからアミオダロンを開始した。第5病日に人工呼吸器離脱、リハビリテーション開始となった。第9病日に心室細動(Vf)を発症し、アミオダロンの持続静脈内投与を開始した。その後もVf stormが改善しないため心臓補助装置を導入した。左脚後枝にカテーテルアブレーションを施行し、Vfは認めなくなった。しかし、Vfが再発し、TdPを想起させる多形性VTを認めた。一時的ペースメーカーを挿入し、多形性VTは消失した。第30病日にICD植え込み術を施行し、第77病日に退院した。
  • 薫風吹く膠原病診療―臨床を駆ける進歩の風 《特殊病態診療の進歩》膠原病に伴う肺高血圧症
    MIZUNO ATSUSHI, JINTA TORAHIKO, OKADA MASATO
    内科 107(4) 619-622 Apr. 2011
    ・膠原病関連肺動脈性肺高血圧症(CTD-PAH)は肺動脈性肺高血圧症(PAH)の原因として頻度が高く、特発性PAH(iPAH)と比較し予後不良である。・WHO Class I/IIの早期段階におけるPAHの診断を目標とし、ハイリスク群においては心エコー、呼吸機能検査などを含めた定期的スクリーニングが必要である。・WHO Class III以降での治療開始では、数ヵ月以内にWHO Class IIへ改善できるように、必要に応じてエンドセリン受容体拮抗薬、PDE5阻害薬、プロスタサイクリン製剤を順次併用する。・全身性エリテマトーデス(SLE)、混合性結合組織病(MCTD)におけるPAHにおいては、免疫抑制薬による治療により改善される可能性が示唆されており、全身性硬化症(SSc)のPAHとは区別が必要である。(著者抄録)
  • なるほどわかった!日常診療のズバリ基本講座(Part2) 適切で役立つ診療録を書けるようになろう
    水野 篤, 山口 典宏, 徳田 安春
    レジデントノート 13(1) 99-106 Apr. 2011
  • ヤバレジ だれもが最初はヤバレジだった(第12回) 虚血性心疾患入門 先生、STが上がっています
    水野 篤
    月刊レジデント 4(3) 100-108 Mar. 2011
  • 降圧薬処方においてどの血圧値を視標としているのか?
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本内科学会雑誌 100(Suppl.) 213-213 Feb. 2011
  • 妊娠高血圧症候群による緊急帝王切開術術後8日目に急性肺水腫を発症し,集中治療管理を要した1例
    AOKI KAZUHIRO, WATANABE TAKUYA, ONUMA TAKASHI, HOSHIYAMA YUSUKE, HAYASHI MASATO, TAKAHASHI TOSHIKAZU, MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, OWADA TETSURO, KATAYAMA MASAO
    日本集中治療医学会雑誌 18(Supplement) 344-344 Jan. 2011
  • 大動脈肺動脈側副動脈(MAPCA)瘤破裂による喀血,心肺停止で搬送された成人未治療極型ファロー四徴症の一例
    HONMA YOSUKE, SERA TOSHIKI, OTANI NORIO, NAGAMINE IKUHIRO, OKADA KAZUHIRO, MOCHIZUKI TOSHIAKI, AOKI MITSUHIRO, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, ISHIMATSU SHIN'ICHI
    日本集中治療医学会雑誌 18(Supplement) 295-295 Jan. 2011
  • 虚血性心疾患に伴う心肺停止が疑われたが,心筋生検により肥大型心筋症と診断した69歳男性
    KUWAHARA MASANARI, NISHI YUTARO, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, NIINUMA HIROYUKI, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本集中治療医学会雑誌 18(Supplement) 317-317 Jan. 2011
  • 上大静脈中心静脈ポートのカンジダ感染性血栓による肺塞栓症で血栓溶解療法が奏効した1例
    YAMAZOE MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本集中治療医学会雑誌 18(Supplement) 279-279 Jan. 2011
  • 持続する発熱,汎血球減少症,肝機能障害を契機に診断され,集学的治療を要した粟粒結核の一例
    YAMAZOE MASAHIRO, WATANABE TAKUYA, NISHI YUTARO, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本集中治療医学会雑誌 18(Supplement) 332-332 Jan. 2011
  • 3D心エコーでの心機能評価の妥当性と方法論
    MIZUNO ATSUSHI, NIINUMA HIROYUKI, ISHIYAMA MITSUTOMI, HIGASHI KAORI
    日本心エコー図学会学術集会抄録集 22nd 214 2011
  • リアルタイム3D心エコー図法と2D心エコー図法による左室容量・駆出率の比較検討
    HIGASHI KAORI, SAKUMA YOKO, HATTORI KANAKO, NIINUMA HIROYUKI, MIZUNO ATSUSHI, ODE SACHIKO, TAKEDA KYOKO
    日本心エコー図学会学術集会抄録集 22nd 213 2011
  • 冠攣縮性狭心症(VSA)に対して植込み型除細動器(ICD)植込例の検討
    WATANABE TAKUYA, NISHI YUTARO, NISHIHARA SHUZO, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 219th KANTOKOSHIN'ETSU219,71 (WEB ONLY) 2011
  • 亜急性心筋梗塞から心室中隔穿孔に至り,経食道心臓超音波にて蛇行性の中隔穿孔部位を同定できた1例
    IHARA TAKU, MIZUNO ATSUSHI, ANZAI HITOSHI, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 220th KANTOKOSHIN'ETSU220,87 (WEB ONLY) 2011
  • 拡張型心筋症による慢性心不全にASV(adaptive servo‐ventilation)を導入し,心不全コントロールし得た1例
    HAGIWARA HIDEAKI, NUNODA SHIN'ICHI, NAKAJIMA SHUN, HIGO MIWA, ITO HIROTAKA, MIZUNO ATSUSHI, SUWA KUNIAKI, HOZO REIKO, MATSUI KAZUHARU, MATSUDA AKIKO, MITSUHASHI TETSUYA, SEKIKAWA AKIHIKO, SHIMOKURA KAZUNARI, OKAJIMA KIYOTAKA, KUBO YUTAKA, WATANABE HISAHIKO, OTSUKA KUNIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 220th KANTOKOSHIN'ETSU220,94 (WEB ONLY) 2011
  • 心外膜炎加療中に右室内浮遊血栓を認めた一例
    KUWAHARA MASANARI, NISHI YUTARO, NIINUMA HIROYUKI, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 220th KANTOKOSHIN'ETSU220,89 (WEB ONLY) 2011
  • 下壁,右室梗塞を併発した右バルサルバ洞限局解離の一例
    SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, IHARA TAKU, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 220th KANTOKOSHIN'ETSU220,96 (WEB ONLY) 2011
  • 著明な冠動脈奇形に伴った急性心筋梗塞の1例
    YOSHIDA HARUKA, MIZUNO ATSUSHI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUTORA, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 219th KANTOKOSHIN'ETSU219,46 (WEB ONLY) 2011
  • 3枝病変のACSによるCPA蘇生後症例に対しprimaly PCIを施行し良好な結果を得た一例
    ASANO TAKU, NISHI YUTARO, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, NIINUMA HIROYUKI, TAKAO NOBUHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 220th KANTOKOSHIN'ETSU220,95 (WEB ONLY) 2011
  • 急性心筋炎後の深部静脈血栓症に対してFountain Infusion Systemによる血栓溶解療法が著効した一例
    SATO MASAHIRO, MIZUNO ATSUSHI, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, SAKOTA KUNIHIRO, SHIRAI TAKEAKI, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 222nd KANTOKOSHIN'ETSU222,117 (WEB ONLY) 2011
  • 心外膜破裂を合併した急性心筋梗塞後左室自由壁破裂の一例
    ASANO TAKU, ANZAI HITOSHI, IHARA TAKU, KUWAHARA MASANARI, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, MASUDA KEITA, SHIRAI TAKEAKI, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, NIWA KOICHIRO, SUZUKI KOSUKE
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 222nd KANTOKOSHIN'ETSU222,89 (WEB ONLY) 2011
  • 抗凝固療法開始後に心原性脳梗塞を発症した拡張相肥大型心筋症の疑いの1例
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, IHARA TAKU, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 221st KANTOKOSHIN'ETSU221,68 (WEB ONLY) 2011
  • 院外心肺停止蘇生後患者における急性期リハビリテーション
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO
    心臓リハビリテーション 16(2 Suppl.) S189 2011
  • 心不全患者に対しての早期リハビリテーション及び患者教育の取り組み~心不全クリニカルパスを作成して~
    NAKAMURA KANAKO, OGI KEIKO, KASAI AI, OKAMURA DAISUKE, MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO
    心臓リハビリテーション 16(2 Suppl.) S160 2011
  • Clinical Practice Guidelines.
    Fukui Tsuguya, Morizane Toshio, Sato Atsushi, Matsumura Shinji, Mizuo Atsushi
    Nihon Naika Gakkai Zasshi 99(12) 3054-3069 Dec. 2010
  • 【診療ガイドラインをめぐって】 診療ガイドラインをめぐって
    福井 次矢, 森實 敏夫, 佐藤 温, 松村 真司, 水野 篤
    日本内科学会雑誌 99(12) 3054-3069 Dec. 2010
  • 急性心筋梗塞における2種類のクリニカルパスの適応と臨床経過の解析・検討
    MIYASAKA AKI, MIZUNO ATSUSHI, TODA HIROKO, TAKAHASHI RISA, WATANABE MAYU, NAKAMURA KANAKO, UJIIE AKIKO, MIYAMOTO YUKA, YAMASAKI MARIE
    日本クリニカルパス学会誌 12(4) 373-373 Nov. 2010
  • ヤバレジ だれもが最初はヤバレジだった(第8回) 失神 先生、倒れた人がいます!!
    水野 篤
    月刊レジデント 3(11) 116-121 Nov. 2010
  • 一時的ペーシングのリード穿孔の診断に難渋した1例
    MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUTORA, HAYASHIDA NORIAKI
    心電図 30(Supplement 4) S.4.219-4 Sep. 2010
  • 院外心肺停止患者における蘇生後心電図でST上昇を有する患者の緊急冠動脈造影の解析
    MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUTORA, HAYASHIDA NORIAKI
    心電図 30(Supplement 4) S.4.180-4 Sep. 2010
  • 敗血症に伴う心室頻拍を含む多彩な心電図変化をきたした心アミロイドーシスの1例
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, JINNO YASUSHI, OI KUNIOMI, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUTORA, HAYASHIDA NORIAKI
    日本救急医学会雑誌 21(8) 574-574 Aug. 2010
  • 血清尿酸値とBNP値との関係には,Jカーブ現象を呈するか?
    KUWAHARA MASANARI, NISHI YUTARO, ANZAI HITOSHI, NISHIHARA SHUZO, SAKOTA KUNIHIRO, MIZUNO ATSUSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI, KAWAZOE KOHEI, HISATOME ICHIRO
    日本心臓病学会誌 5(Supplement 1) 340-340 Aug. 2010
  • Sustained VTで来院し心臓MRI所見がICD適応の判断に有用であった一例
    ASANO TAKU, NISHI YUTARO, NISHIHARA SHUZO, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本心臓病学会誌 5(Supplement 1) 451-451 Aug. 2010
  • 院外心肺停止患者の致死的不整脈再発における心臓MRIとの関連
    MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, SAKOTA KUNIHIRO, NISHI YUTARO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本心臓病学会誌 5(Supplement 1) 374-374 Aug. 2010
  • 甲状腺クリーゼおよび多枝攣縮によると考えられる心室細動による院外心肺停止の1例
    MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, SAKOTA KUNIHIRO, NISHI YUTARO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本心臓病学会誌 5(Supplement 1) 256-256 Aug. 2010
  • 研修医の症例プレゼンテーションをチェック! 3つのポイントをおさえるだけでうまくいく(最終回)(第4話) 正に真珠のように輝く格言
    水野 篤, 山口 典宏
    レジデントノート 12(5) 831-836 Jul. 2010
  • ヤバレジ だれもが最初はヤバレジだった(第4回) これって喘息? 先生、ぴゅーぴゅーいってます
    水野 篤
    月刊レジデント 3(7) 112-117 Jul. 2010
  • ST上昇型心筋梗塞患者におけるクロピドグレルは救急外来で開始すべきか?(Should we prescribe clopidogrel to the STEMI patients in the emergency room?)
    水野 篤
    日本心血管インターベンション治療学会抄録集 19回 417-417 Jul. 2010
  • 研修医の症例プレゼンテーションをチェック! 3つのポイントをおさえるだけでうまくいく(第3話) おまえの意見は"まだ"聞きたない! 所見と評価の狭間に
    水野 篤, 山口 典宏
    レジデントノート 12(4) 681-685 Jun. 2010
  • 研修医の症例プレゼンテーションをチェック! 3つのポイントをおさえるだけでうまくいく(第2話) 主観と客観の狭間に…
    水野 篤, 山口 典宏
    レジデントノート 12(3) 506-510 May 2010
  • 院外心肺停止,蘇生後ST上昇を認めない患者における冠動脈造影異常の来院時予測因子の解析
    MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO
    J Arrhythmia 26(Supplement) 266-266 Apr. 2010
  • 心室細動(VF)による院外心肺停止例に対する除細動器植込み例の検討
    WATANABE TAKUYA, NISHIHARA SHUZO, MIZUNO ATSUSHI, JINNO YASUSHI, ASANO TAKU, SAKOTA KUNIHIRO, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    J Arrhythmia 26(Supplement) 329-329 Apr. 2010
  • 研修医の症例プレゼンテーションをチェック! 3つのポイントをおさえるだけでうまくいく(第1話) プレゼンは流るるがごとく…
    水野 篤, 山口 典宏
    レジデントノート 12(1) 105-109 Apr. 2010
  • 救急室からcoolingを開始し複雑病変に対してPCIを施行した心肺停止蘇生後の2症例
    NISHI YUTARO, JINNO YASUSHI, MIZUNO ATSUSHI, WATANABE TAKUYA, OI KUNIOMI, ANZAI HITOSHI, NISHIHARA SHUZO, HAYASHIDA NORIAKI, ISHIMATSU SHIN'ICHI
    日本集中治療医学会雑誌 17(Supplement) 270-270 Jan. 2010
  • 院外心停止蘇生後,難治性心室細動からcritical illness related cortico insufficiency:CIRCIとなった一例
    MOCHIZUKI TOSHIAKI, OTANI NORIO, FUKUDA TATSUMASA, SERA TOSHIKI, SAKUMA MARI, MIZUNO ATSUSHI, NISHIHARA SHUZO, OKADA KAZUHIRO, AOKI MITSUHIRO, ISHIMATSU SHIN'ICHI
    日本集中治療医学会雑誌 17(Supplement) 297-297 Jan. 2010
  • ステント留置後のIVUS施行不能例にFFR測定を行い手技終了決定に有用であった一例
    WATANABE TAKUYA, ANZAI HITOSHI, MIZUNO ATSUSHI, JINNO YASUSHI, OI KUNIOMI, NISHIHARA SHUZO, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 215th KANTOKOSHIN'ETSU215,II-16 (WEB ONLY) 2010
  • タコツボ型心筋症に併発した左室流出路狭窄に対して塩酸ランジオロールを使用した一例
    MIZUNO ATSUSHI, NISHI YUTARO, WATANABE TAKUYA, ASANO TAKU, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 217th KANTOKOSHIN'ETSU217,35 (WEB ONLY) 2010
  • 大動脈弁感染性心内膜炎の弁周囲膿瘍の経時的変化を経食道エコーにて観察しDVRを施行した一例
    ASANO TAKU, ANZAI HITOSHI, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, NIINUMA HIROYUKI, NISHI YUTARO, HAYASHIDA NORIAKI, KAWAZOE KOHEI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 218th KANTOKOSHIN'ETSU218,98 (WEB ONLY) 2010
  • 多枝冠攣縮とS状憩室出血に伴う冠動脈虚血による院外心肺停止の一例
    MIZUNO ATSUSHI, TAKAO NOBUHIRO, ASANO TAKU, WATANABE TAKUYA, SAKOTA KUNIHIRO, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 218th KANTOKOSHIN'ETSU218,39 (WEB ONLY) 2010
  • 骨髄異形成症候群(白血病化)の治療中に完全房室ブロックを来たした播種性ムコール症の1例
    SUYAMA YASUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI, TAKAO NOBUHIRO, NISHI YUTARO, ANZAI HITOSHI, NISHIHARA SHUZO, JINNO YASUSHI, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, OKADA SADAMU, YOKOTA YASUKO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 217th KANTOKOSHIN'ETSU217,37 (WEB ONLY) 2010
  • 冠動脈造影検査後の両側下腿発赤と疼痛から,生検によってコレステリン塞栓症と確定診断し治療しえた一例
    KUWAHARA MASANARI, MIZUNO ATSUSHI, ANZAI HITOSHI, JINNO YASUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, ASANO TAKU, NISHIHARA SHUZO, TAKAO NOBUHIRO, NISHI YUTARO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 216th KANTOKOSHIN'ETSU216,10 (WEB ONLY) 2010
  • 急性肺血栓塞栓症にて発症した下大静脈進展を伴う腎細胞癌の1例
    WATANABE TAKUYA, ANZAI HITOSHI, MIZUNO ATSUSHI, SAKOTA KUNIHIRO, JINNO YASUSHI, NISHIHARA SHUZO, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 216th KANTOKOSHIN'ETSU216,7 (WEB ONLY) 2010
  • 胸部造影CTの再構築画像により早期診断に至った心破裂の1例
    OI KUNIOMI, MIZUNO ATSUSHI, JINNO YASUSHI, NISHIHARA SHUZO, ANZAI HITOSHI, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI, ABE KOHEI, WATANABE TADASHI
    ICUとCCU 33(11) 870-873 Nov. 2009
    症例は76歳男性。突然発症の胸背部痛を主訴に来院。心電図では下壁誘導での軽度ST上昇および陰性T波を認め、採血ではDダイマーの軽度上昇あり。急性大動脈解離を疑い造影CTを施行したところ、大動脈解離所見はなかったが全周性の心膜液貯留と下後壁の一部に造影剤の濃染する部分を認めた。CT画像を再構築したところ左室の菲薄化した部分から心嚢内に漏出する造影剤がはっきりと捉えられており、心破裂の診断にて直ちに外科的修復術を行った。胸部造影CTの再構築画像にて心破裂を明瞭に描出し診断に至り、救命しえた貴重な症例であった。(著者抄録)
  • 急性心筋梗塞による心原性ショックに対してPCPS回路を利用して左心補助(LVAS)を行った一例
    JINNO YASUSHI, ANZAI HITOSHI, ABE KOHEI, MIZUNO ATSUSHI, OI KUNIOMI, NISHIHARA SHUZO, NISHI YUTARO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 213th KANTOKOSHIN'ETSU213,I-7 (WEB ONLY) 2009
  • VF蘇生後にcoolingを行ないながらPCIを施行した心筋梗塞症の1例
    JINNO YASUSHI, NISHI YUTARO, WATANABE TAKUYA, MIZUNO ATSUSHI, OI KUNIOMI, ANZAI HITOSHI, NISHIHARA SHUZO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 214th KANTOKOSHIN'ETSU214,II-20 (WEB ONLY) 2009
  • Stanford B型急性大動脈解離による下肢阻血に対し,経皮的大動脈内膜開窓術とステント留置を施行した1例
    NISHI YUTARO, OI KUNIOMI, JINNO YASUSHI, MIZUNO ATSUSHI, ANZAI HITOSHI, NISHIHARA SHUZO, TAKAO NOBUHIRO, HAYASHIDA NORIAKI
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 213th KANTOKOSHIN'ETSU213,II-35 (WEB ONLY) 2009


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.