MAKINO Akiko

Faculty & Position:Adult Nursing/Oncology Nursing/Palliative Care Nursing   assistant professor
Contact:akiko.makino[at]slcn.ac.jp convert [at] to @
URL: 
Last Updated: Apr. 11, 2020 at 05:05

Researcher Profile & Settings

Academic & Professional Experience

  • Sep. 2016- TodaySt. Luke's International University
  • Apr. 2016Aug. 2016St. Luke's International University
  • Apr. 2013Feb. 2016Toho University
  • Apr. 2001Mar. 2009Toho University

Association Memberships

    , JAPAN SOCIETY OF RESPIRATORY CARE MEDICINE , Japan Academy of Critical Care Nursing , THE JAPANESE SOCIETY OF INTENSIVE CARE MEDICINE , Japanease Association of Cardiovascular Nursing

Qualification

  • 修士(看護学)

Research Activities

Research Areas

  • Life sciences / Clinical nursing

Research Interests

    , Early mobilization , Postintensive care syndrome (PICS)

Misc

  • 全国がん診療連携拠点病院で女性乳がん患者の診療に携わる医師を対象とした横断調査―妊孕性温存の意思決定に関わる看護職への要望に焦点をあてて
    林直子, 高橋奈津子, 中山直子, 森明子, 鈴木久美, 松本文奈, 池田真紀子, 牧野晃子
    聖路加看護学会学術大会講演集 24th 58 Sep. 2019
  • ICUにおける国際生活機能分類(International classification of functioning)の臨床応用に関する検討
    牧野 晃子, 中田 諭, 山本 加奈子, 前嶋 亜希子
    日本集中治療医学会雑誌 26(Suppl.) [O122-6] Feb. 2019
  • 女性乳がん患者の妊孕性温存の意思決定支援における看護師の困難
    高橋奈津子, 林直子, 中山直子, 森明子, 鈴木久美, 松本文奈, 池田真紀子, 牧野晃子
    日本がん看護学会誌(Web) 33 199 Jan. 2019
  • 女性乳がん患者のケアに携わる看護師の妊孕性温存に関する知識・態度・学習ニードの現状 全国がん診療連携拠点病院を対象とした横断調査
    高橋 奈津子, 林 直子, 中山 直子, 森 明子, 鈴木 久美, 松本 文奈, 池田 真紀子, 牧野 晃子
    日本がん・生殖医療学会誌 1(1) 106-106 Feb. 2018
  • 女性乳がん患者の診療に携わる医師の妊孕性温存に関する知識・態度・実践の現状 全国がん診療連携拠点病院を対象とした横断調査
    林 直子, 高橋 奈津子, 中山 直子, 森 明子, 鈴木 久美, 松本 文奈, 池田 真紀子, 牧野 晃子
    日本がん・生殖医療学会誌 1(1) 103-103 Feb. 2018
  • 女性乳がん患者のケアに携わる看護師の妊孕性温存に関する知識・態度・学習ニードの現状 全国がん診療連携拠点病院を対象とした横断調査
    高橋 奈津子, 林 直子, 中山 直子, 森 明子, 鈴木 久美, 松本 文奈, 池田 真紀子, 牧野 晃子
    日本がん・生殖医療学会誌 1(1) 106-106 Feb. 2018
  • なぜ?がわかる医師指示の根拠 part 1 輸液・薬剤投与指示の根拠 12 急変時,輸液を行って反応がないのに,「さらに量を増やそう」という指示が出たのは,なぜ?
    牧野晃子
    月刊ナーシング 35(5) 34-35 Apr. 2015
  • 【治療・ケアのなぜ?を解決できる医師指示の根拠】 (part 1)輸液・薬剤投与指示の根拠 急変時、輸液を行って反応がないのに、「さらに量を増やそう」という指示が出たのは、なぜ?
    牧野 晃子
    ナーシング 35(5) 34-35 Apr. 2015
  • 【なぜ?がわかる医師指示の根拠】 (part1)薬剤・輸液投与指示の根拠 急変時、輸液を行って反応がないのに、「さらに量を増やそう」という指示が出たのは、なぜ?
    牧野 晃子
    ナーシング 34(7) 20-21 May 2014
  • 【ここだけは知って!こうしてレベルアップ!臨床ケア技術の決め手(2)】 気管吸引・排痰技術のエッセンス
    牧野 晃子
    Expert Nurse 29(8) 22-35 May 2013
  • 看護大学における学生主体のシミュレーション環境の構築
    四本竜一, 卯野木健, 牧野晃子, 山田亨, 吉野靖代, 佐藤かおり, 神山純子
    日本集中治療医学会雑誌 19(Supplement) 398 Jan. 2012
  • 人工呼吸患者に対する日本語版ICDSCのせん妄判定カットオフ値の検討
    櫻本 秀明, 卯野木 健, 剱持 雄二, 宮本 毅治, 佐藤 みえ, 四本 竜一, 牧野 晃子, 下條 信威, 水谷 太郎
    日本集中治療医学会雑誌 19(Suppl.) 392-392 Jan. 2012
  • 看護大学における学生主体のシミュレーション環境の構築
    四本 竜一, 卯野木 健, 牧野 晃子, 山田 亨, 吉野 靖代, 佐藤 かおり, 神山 純子
    日本集中治療医学会雑誌 19(Suppl.) 398-398 Jan. 2012
  • せん妄評価ツールICDSC(Intensive Care Delirium Screening Checklist)の人工呼吸患者に対する妥当性評価
    剱持雄二, 卯野木健, 宮本毅治, 佐藤みえ, 牧野晃子, 四本竜一, 櫻本秀明, 下條信威, 水谷太郎
    日本集中治療医学会雑誌 18(Supplement) 401-401 Jan. 2011
  • 血糖管理と感染対策 9 脳低温療法
    牧野晃子
    重症集中ケア 9(3) 58-63 Aug. 2010

Research Grants & Projects

  • Development of PICS care nursing education program for ICU survivors.
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Project Year: Apr. 2019 - Mar. 2022  


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.