KOBAYASHI Maasa

Faculty & Position:Community Health Nursing/ Public Health Nursing   associate professor
Contact:maasa-kobayashi[at]slcn.ac.jp convert [at] to @
URL: 
Last Updated: May 04, 2020 at 05:05

Researcher Profile & Settings

Degree

  • Ph.D

Academic & Professional Experience

  • Apr. 2014- TodayAssociate Professor, School of Nursing, St. Luke's International University
  • Apr. 2006Mar. 2014Assistant Professor, School of Nursing, St. Luke's College of Nursing
  • Feb. 2011Apr. 2011Visiting Scholar, Psychosocial and Community Health, University of Washington

Association Memberships

    St. Luke’s Society for Nursing Research , The Radiological Nursing Society of Japan , Japanese Psychological Academy for Human Care , Japan Academy of Public Health Nursing , American Public Health Association , Japan Nursing Ethics Association , The Japanese Society of Veterinary Nursing , JAPAN ACADEMY OF NURSING SCIENCE , JAPAN ACADEMY OF COMMUNITY HEALTH NURSING , JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH , SOCIETY FOR THE STUDY OF HUMAN ANIMAL RELATIONS , International Society for Anthrozoology

Qualification

  • 博士(看護学)

Research Activities

Research Areas

  • Life sciences / Gerontological and community health nursing / Public Health Nursing
  • Life sciences / Gerontological and community health nursing
  • Life sciences / Gerontological and community health nursing

Published Papers

  • Disparity in the Perspectives of Public Health Nurses and Government Administrative Affairs Officials regarding Public Health Nurses' Work
    Asahara Kiyomi, Nagasawa Naoki, Saeki Kazuko, Todome Hiromi, Ono Wakanako, Omori Junko, Hashidume Satsuki, Iguchi Aya, Ikeya Sumika, Kobayashi Maasa, Mitsumori Yasuko, Miyazaki Toshie
    Japanese Journal of Public Health Nursing 8(2) 80-88 2019 [Refereed]
    <p>Objective: To describe how administrative affairs officials and public health nurses (PHNs) within local government administrative organizations recognize PHN's work through interactions.</p><p>Methods: We conducted ethnographic interviews with 10 administrative affairs officials and 15 PHNs at a prefectural health center and city hall. Observations of seminars and meetings as well as examinations of PHN training manuals were used as supplemental data. All data were analyzed qualitatively.</p><p>Results: In total, two categories and four sub-categories were identified for administrative affairs officials. The two categories were (1) "administrative affairs officials recognize PHNs' work based on their own criteria related to their own administrative working style" and (2) "administrative affairs officials request PHNs to improve their administrative ability." Similarly, two categories and four sub-categories were identified for PHNs. The two categories were (1) "PHNs felt that their work was not understood by administrative affairs officials" and (2) "PHNs made an effort to collaborate with administrative affairs officials as members of the same administrative organization."</p><p>Discussion: Administrative affairs officials recognized PHN's work based on bureaucratic organizational knowledge and behavioral patterns. In contrast, PHNs recognized their work from the perspective of a nursing professional. This disparity in perspectives affected their power balance within the organization. When working in collaboration, PHNs must consider that their criteria of values differ from those of administrative affairs officials. We have discussed strategies and education for PHN students and PHNs working at administrative organizations to improve their collaboration with administrative affairs officials.</p>
  • 保健師養成機関における「公衆衛生看護の倫理」教育の実態
    小林 真朝, 麻原 きよみ, 大森 純子, 宮崎 美砂子, 宮崎 紀枝, 安齋 由貴子, 小野 若菜子, 三森 寧子
    日本公衆衛生雑誌 65(1) 25-33 Jan. 2018
    目的 公衆衛生看護の倫理に関するモデルカリキュラム・教育方法・教材開発のために、全国の保健師養成機関における倫理教育に関する実態を把握することを目的とした。方法 全国の保健師養成機関(専修学校(1年課程の保健師養成所、4年課程の保健看護統合カリキュラム校)、短大専攻科、大学)229校に質問紙を送付し、公衆衛生看護教育を担当する教員に回答を求めた。質問紙の内容は、回答者および所属機関の属性や保健師資格教育の形態のほか、公衆衛生看護の倫理の独立・関連科目の有無と導入予定、公衆衛生看護以外の倫理科目、公衆衛生看護の倫理を学ぶことの重要性や望ましい対象など、担当できる教員の有無やその研修の必要性、教育にあたって必要な資源、公衆衛生看護の倫理として扱う内容などを尋ねた。回答は変数ごとの記述統計量を算出するとともに、自由記載の内容分析を行った。結果 全国の保健師養成機関に質問紙を送付し、89校(回収率38.9%)から回答を得た。保健師養成機関の内訳は大学78.7%、短大専攻科4.5%、専修学校9%であった。公衆衛生看護の倫理の独立科目はなく、9割近くは導入予定もなかった。42.7%が科目の一部で公衆衛生看護倫理を扱っていた。公衆衛生看護倫理を学ぶ重要性については「非常に重要・ある程度重要」を合わせて9割であった。58.4%が保健師教育において公衆衛生看護の倫理に関する授業を必須化する必要があると回答したが、倫理教育を担当する教員については4割以上が「いない」と回答した。教員の研修は8割以上が必要と答え、必要な研修形態は「専門職団体や学会などによる学外研修」が8割と最も多かった。必ず行う必要があると思われる公衆衛生看護の倫理教育の内容の上位は「公衆衛生看護実践者としての職業倫理」、「健康と基本的人権」、「個人情報とその保護」、「公衆衛生看護における倫理」、「公衆衛生看護における倫理的自己決定」であった。結論 公衆衛生看護倫理教育はその必要性は高く認識されているものの、実施率は低かった。モデルカリキュラム、教材、教授できる教員が不足していること、教授が必要とされる公衆衛生看護の倫理の教育内容が体系化されていない現状が明らかになった。公衆衛生看護倫理の定義の合意形成と、モデルカリキュラムと教育方法、教材の開発、教員の養成が急務であると考えられた。(著者抄録)
  • [Ethics education in Japanese public health nursing educational institutions].
    Kobayashi M, Asahara K, Omori J, Miyazaki M, Miyazaki T, Anzai Y, Ono W, Mitsumori Y
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 65(1) 25-33 2018 [Refereed]
  • 保健師基礎教育における放射線教育の意義と効果
    永井 智子, 小西 恵美子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
    日本放射線看護学会誌 5(1) 39-46 Mar. 2017
    2011年の福島第一原子力発電所事故で、保健師基礎教育において放射線教育を行うことの重要性を痛感し、2014年度より、学部4年次の公衆衛生看護専門科目の中に「放射線防護」の授業を組み込んでいる。本稿では、2015年度の「放射線防護」の授業概要と、授業終了時に学生が提出したアンケートの回答結果を記述する。また、学生が得た学びを明らかにするとともに、保健師基礎教育において放射線教育を実施するうえでの示唆を得る。63名の学生全員がこの授業を受け、そのうちの58名が、アンケート回答内容の分析を承諾した。自由記載の回答から、学生は、放射線に関する自身の無知に気づき、放射線の性質を理解し、福島第一原子力発電所事故で生じた課題とそれに対する支援のあり方を考察し、放射線への学習意欲を高めていることがわかった。選択式質問では、授業の楽しさ、内容への興味・関心、授業内容の理解、および放射線への学習意欲に関する全項目で、97%以上の学生が「そう思う」または「ややそう思う」と回答した。保健師基礎教育で放射線教育を行うことは、学生の放射線への向き合い方に影響を与え、既存の科目に組み込む方法でも大きな教育効果が得られることが示唆された。(著者抄録)
  • Errata: Developing a scale to measure "attachment to the local community" in late middle aged individuals.
    Sakai T, Omori J, Takahashi K, Mitsumori Y, Kobayashi M, Ono W, Miyazaki T, Anzai H, Saito M
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 64(4) 226 2017 [Refereed]
  • 向老期世代における"地域への愛着"測定尺度の開発
    酒井 太一, 大森 純子, 高橋 和子, 三森 寧子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 宮崎 紀枝, 安齋 ひとみ, 齋藤 美華
    日本公衆衛生雑誌 63(11) 664-674 Nov. 2016
    目的 向老期世代における新たな社会関係の醸成と保健事業での活用を目指し、"地域への愛着"を測定するための尺度を開発することを目的とした。方法 "地域への愛着"の概念を明らかにした先行研究に基づき合計30項目を"地域への愛着"の尺度案とした。対象は東京近郊に位置するA県B市の住民とし住民基本台帳データより、50〜69歳の地域住民から居住エリア・年代・男女比に基づき1,000人を多段階無作為抽出し、無記名自記式質問用紙を郵送にて配布・回収した。収集されたデータを用いて尺度の計量心理学的検討を行った。結果 583人から有効回答が得られた(有効回答率58.3%)。項目分析では項目の削除はなかった。次いで因子分析を行い、因子負荷量が0.40未満の2項目、複数の因子にまたがって0.40以上であった3項目、因子間相関が0.04〜0.16と低くかつ項目数が2項目と少なかった因子に含まれる2項目の計7項目を削除し4因子構造23項目を採用し尺度項目とした。各因子は"生きるための活力の源"、"人とのつながりを大切にする思い"、"自分らしくいられるところ"、"住民であることの誇り"と命名した。"地域への愛着"尺度全体のCronbachのα係数はα=0.95であり内的整合性が確認された。既存のソーシャル・サポートを測定する尺度と相関をみたところ統計学的に有意な相関があり(P<0.001)基準関連妥当性も確認された。また、共分散構造分析による適合度指標も十分な値を示した。結論 開発した尺度は"地域への愛着"を測定する尺度として信頼性・妥当性を有すると考えられた。(著者抄録)
  • Moral competence questionnaire for public health nurses in Japan: scale development and psychometric validation.
    Asahara K, Kobayashi M, Ono W
    Japan journal of nursing science : JJNS 12(1) 18-26 Jan. 2015 [Refereed]
  • 公衆衛生看護のための"地域への愛着"の概念分析
    大森 純子, 三森 寧子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 安齋 ひとみ, 高橋 和子, 宮崎 紀枝, 酒井 太一, 齋藤 美華
    日本公衆衛生看護学会誌 3(1) 40-48 Oct. 2014
    目的:公衆衛生看護の実践に"地域への愛着"の概念を取り入れる根拠と、活動に有用な示唆を得るため、個人の内面や人と人との関係性と、地域との関係に着目して概念を分析した。方法:居住地の社会的な活動に携っている研究参加者9人にインタビューを行った。概念の特性、その形成に影響する要因、形成により期待される成果の3つの枠組みを用いて、データの意味内容に基づきカテゴリを抽出した。カテゴリ間の関係に着目し、個人レベル、個人間レベル、地域(近隣〜自治体)レベルの3つの次元を組み込んだ概念の全体構造を検討した。結果・考察:各次元のカテゴリは、相互に作用し合い、常に個人の内外に変化をもたらす関係にあった。"地域への愛着"の形成が進むと、地域を志向した行動が促進され、形成により期待される成果が拡大・充実するプロセス構造をもつ概念であった。"地域への愛着"とは「日常生活圏における他者との共有経験によって形成され、社会的状況との相互作用を通じて変化する、地域に対する支持的意識であり、地域の未来を志向する心構えである」と定義づけることができた。結論:住民のQOLの向上と地域の力量形成を同時にめざす公衆衛生看護の実践における、本概念の有用性に関する示唆を得た。(著者抄録)
  • Ethical issues in practice: A survey of home-visiting nurses in Japan.
    Asahara K, Ono W, Kobayashi M, Omori J, Momose Y, Todome H, Konishi E
    Japan journal of nursing science 10(1) 98-108 Jun. 2013 [Refereed]
  • What People Gain from Dog Ownership.
    (39) 1-9 Mar. 2013 [Refereed]
    For the purpose of recording what humans gain from dog ownership, I conducted semi-structuredinterviews and pace count surveys with nine male and female dog owners. The results thereof were thatowning a dog meant “gaining a partner for healthy living,” a condition composed of seven categories:“reconstructing life with the dog,”“ nurturing responsibility toward others,”“ gaining a companion in the dogfor healthy activity,”“ being soothed by the dog resulting in mental calmness,”“ finding the dog irreplaceable,”“becoming closer as a family through the dog,” and“ nurturing interest in others through the dog.” It is not easy to transfer the direct advantages of dog ownership to all residents, but the intermediationof the dog allows for going out into the community while walking the dog, interacting with others, actingwith mutual consideration, and taking part in local activities, thus joining in a network and making benefitsto the community possible. Thus, further research is called for regarding dog ownership and human healthpromotion, increased interest in social interaction, and participation in local activities.
  • Development and psychometric evaluation of the Moral Competence Scale for Home Care Nurses in Japan.
    Asahara K, Ono W, Kobayashi M, Omori J, Todome H
    Journal of Nursing Measurement 21(1) 43-54 Jan. 2013 [Refereed]
  • A framework for assessing essential public health nursing skills and achievement levels required for students graduating from schools that provide education for obtaining a license as a public health nurse in Japan
    ASAHARA Kiyomi, OMORI Junko, KOBAYASHI Maasa, HIRANO Yuko, SUZUKI Yoshimi, ARAKIDA Mikako, OKI Sachiko, OKAMOTO Reiko, OKUYAMA Noriko, KAIHARA Itsuko, SUDO Hiroko, NAGAE Hiroko, MIYAZAKI Misako, MURASHIMA Sachiyo
    Japanese journal of public health 57(3) 184-194 Mar. 2010

Conference Activities & Talks

  • 地域保健活動における主要用語の定義 デルファイ法を用いた全国調査
    永井 智子, 梅田 麻希, 麻原 きよみ, 三森 寧子, 遠藤 直子, 江川 優子, 小林 真朝, 佐伯 和子, 大森 純子, 嶋津 多恵子, 川崎 千恵, 永田 智子, 佐川 きよみ, 小西 美香子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 Oct. 2018
  • 保健師基礎教育における放射線教育プログラムの評価(第2報)
    江川 優子, 麻原 きよみ, 小西 恵美子, 川崎 千恵, 三森 寧子, 永井 智子, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 小林 真朝
    第7回日本放射線看護学会学術集会 Aug. 2018 0
  • 保健師基礎教育における放射線教育プログラムの試行(第1報)
    三森 寧子, 麻原 きよみ, 小西 恵美子, 川崎 千恵, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 小林 真朝, 永井 智子
    第7回日本放射線看護学会学術集会 Aug. 2018 0
  • 保健師の基礎・現任教育に必要な放射線に関する教育内容 福島県・隣県保健師の原発事故当時の経験に基づく認識から
    川崎 千恵, 北宮 千秋, 吉田 浩二, 大森 純子, 小西 恵美子, 菊地 透, 折田 真紀子, 小野 若菜子, 三森 寧子, 小林 真朝, 永井 智子, 遠藤 直子, 江川 優子, 荒木田 美香子, 麻原 きよみ
    第6回日本放射線看護学会学術集会 Aug. 2017 0
  • 公衆衛生看護における放射線教育に関する文献検討 放射線事故・災害後の研究から
    遠藤 直子, 江川 優子, 北宮 千秋, 小野 若菜子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 荒木田 美香子, 菊地 透
    第5回日本放射線看護学会学術集会 Jul. 2016 0
  • 保健師基礎コースにおける放射線教育の意義と効果
    永井 智子, 小西 恵美子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
    第5回日本放射線看護学会学術集会 Jul. 2016 0
  • 職場に犬を介在させることの効果 産業保健の視点から
    菅原 由紀, 小林 真朝
    ヒトと動物の関係学会誌 Mar. 2015
  • 放射線防護文化形成のための実践モデル「保健師との協働ミーティング」の効果と課題
    大森 純子, 麻原 きよみ, 矢吹 敦子, 川崎 千恵, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 北宮 千秋
    日本公衆衛生学会総会抄録集 Oct. 2014
  • 放射線防護文化形成のための実践モデル「既存事業における健康講話と対話」の効果
    川崎 千恵, 麻原 きよみ, 矢吹 敦子, 大森 純子, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 北宮 千秋
    日本公衆衛生学会総会抄録集 Oct. 2014
  • 公衆衛生看護のための"地域への愛着"の概念分析
    大森 純子, 三森 寧子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 安齋 ひとみ, 高橋 和子, 宮崎 紀枝, 酒井 太一, 齋藤 美華
    日本公衆衛生看護学会誌 Oct. 2014
    目的:公衆衛生看護の実践に"地域への愛着"の概念を取り入れる根拠と、活動に有用な示唆を得るため、個人の内面や人と人との関係性と、地域との関係に着目して概念を分析した。方法:居住地の社会的な活動に携っている研究参加者9人にインタビューを行った。概念の特性、その形成に影響する要因、形成により期待される成果の3つの枠組みを用いて、データの意味内容に基づきカテゴリを抽出した。カテゴリ間の関係に着目し、個人レベル、個人間レベル、地域(近隣〜自治体)レベルの3つの次元を組み込んだ概念の全体構造を検討した。結果・考察:各次元のカテゴリは、相互に作用し合い、常に個人の内外に変化をもたらす関係にあった。"地域への愛着"の形成が進むと、地域を志向した行動が促進され、形成により期待される成果が拡大・充実するプロセス構造をもつ概念であった。"地域への愛着"とは「日常生活圏における他者との共有経験によって形成され、社会的状況との相互作用を通じて変化する、地域に対する支持的意識であり、地域の未来を志向する心構えである」と定義づけることができた。結論:住民のQOLの向上と地域の力量形成を同時にめざす公衆衛生看護の実践における、本概念の有用性に関する示唆を得た。(著者抄録)
  • 中高年者における犬の飼育と健康認識と地域参加の関連
    小林 真朝
    ヒトと動物の関係学会誌 Mar. 2014
  • 放射線防護文化の創造 いわき市の保健師が抱える住民対応の困難感と葛藤
    麻原 きよみ, 大森 純子, 矢吹 敦子, 荒木田 美香子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 松成 裕子, 三森 寧子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 Oct. 2013
  • 放射線防護文化の創造 いわき市における保健師を対象とした教育プログラムの実施
    麻原 きよみ, 菊地 透, 大森 純子, 小西 恵美子, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 松成 裕子, 川崎 千恵
    日本放射線看護学会学術集会講演集 Sep. 2013
  • Relationships between frequency of ethical issues and experiences among Japanese public health nurses
    Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara, Wakanako Ono, Junko Omori, Hiromi Todome
    The American Public Health Association 140th Annual Meeting and Exposition Oct. 2012
  • Relationships among Companion Animal Owners and Non-Owners in Daily Life
    15th East asian Forum of Nursing scholars Feb. 2012
  • Components of moral behavior among Japanese public health nurses and differences according to work experience and position
    Kiyomi Asahara, Maasa Kobayashi, Wakanako Ono, Junko Omori, Hiromi Todome, Emiko Konishi, Akiko Ozaki, Hiroko Nagae, Yumiko Momose, Toshie Miyazaki, Masako Sakai
    American Public Health Association 138th Meeting Nov. 2010
  • Comparison of ethical dilemmas and coping patterns among Japanese Public Health Nurses by position and work experience
    Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara, Yuko Hirano, Junko Omori, Akiko Ozaki, Toshie Miyazaki, Masako Sakai, Hiroko Nagae, Yumiko Momose, Emiko Konishi
    The 4th International Conference on Community Health Nursing Research Aug. 2009
  • Evaluation of the Ethics Education Program for Community Health Nursing- The Changes in the Awareness of PHNs and Changes in MSQ -
    Toshie Miyazaki, Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara, Yukiko Momose, Maki Umeda, Junko Omori, Masako Sakai, Akiko Ozaki, Hiroko Nagae, Emiko Konishi
    The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing Nov. 2007
  • Evaluation of the ethics education program for home health nursing-the changes in the awareness of home health nurses and changes in MSQ-
    Akiko Ozaki, Yumiko Momose, Masako Sakai, Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara, Hiroko Nagae, Junko Omori, Maki Umeda, Toshie Miyazaki, Emiko Konishi
    The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing Nov. 2007
  • 保健師教育機関と看護系大学院修士課程における公衆衛生看護の倫理教育に関する調査
    麻原きよみ, 小林真朝, 小西恵美子, 安齋由貴子, 宮崎美砂子, 宮?紀枝, 大森純子, 小野若菜子, 三森寧子, 留目宏美
    平成23~26年度科学研究費補助金(基盤研究(B))調査報告書 0
  • 保健師による実際的な放射線防護文化のモデル開発・普及と検証:放射線防護専門家との協働によるアクションリサーチ
    麻原きよみ, 小西恵美子, 菊地透, 荒木田美香子, 松成裕子, 大森純子, 小林真朝, 小野若菜子, 三森寧子
    研究報告書 0
  • 保健師の倫理的実践に関わる自治体行政組織のエスノグラフィー
    麻原きよみ, 小野若菜子, 大森純子, 佐伯和子, 宮崎紀枝, 小林真朝, 留目宏美, 三森寧子, 井口理
    研究成果報告書 0
  • Supporting ethically sensitive practice: Development of an educational program for Japanese nurses working in communities
    Asahara K, Kobayashi M, Momose Y, Nagae H, Sakai M, Miyazaki T, Ozaki A, Omori J, Hirano Y, Konishi E
    International Council of Nurses 24th Quadrennial Congress

Misc

  • 保健師基礎教育における放射線教育プログラムの試行(第1報)
    三森 寧子, 麻原 きよみ, 小西 恵美子, 川崎 千恵, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 小林 真朝, 永井 智子
    日本放射線看護学会学術集会講演集 7回 110-110 Aug. 2018
  • 保健師基礎教育における放射線教育プログラムの評価(第2報)
    江川 優子, 麻原 きよみ, 小西 恵美子, 川崎 千恵, 三森 寧子, 永井 智子, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 小林 真朝
    日本放射線看護学会学術集会講演集 7回 111-111 Aug. 2018
  • 保健師の基礎・現任教育に必要な放射線に関する教育内容 福島県・隣県保健師の原発事故当時の経験に基づく認識から
    川崎 千恵, 北宮 千秋, 吉田 浩二, 大森 純子, 小西 恵美子, 菊地 透, 折田 真紀子, 小野 若菜子, 三森 寧子, 小林 真朝, 永井 智子, 遠藤 直子, 江川 優子, 荒木田 美香子, 麻原 きよみ
    日本放射線看護学会学術集会講演集 6回 117-117 Aug. 2017
  • 地域への愛着を育む取り組み 新たな英略的実践の開発
    大森 純子, 田口 敦子, 三森 寧子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 戸田 亜紀子, 矢野 しのぶ, 三笠 幸恵, 地域への愛着研究会
    保健師ジャーナル 73(1) 62-67 Jan. 2017
  • 保健師基礎コースにおける放射線教育の意義と効果
    永井 智子, 小西 恵美子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
    日本放射線看護学会学術集会講演集 5回 85-85 Jul. 2016
  • 公衆衛生看護における放射線教育に関する文献検討 放射線事故・災害後の研究から
    遠藤 直子, 江川 優子, 北宮 千秋, 小野 若菜子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 荒木田 美香子, 菊地 透
    日本放射線看護学会学術集会講演集 5回 106-106 Jul. 2016
  • 健康課題としての放射線防護 保健師による実際的な活動モデルに向けて 保健師と放射線防護専門家・公衆衛生看護研究者との協働実践 精神保健事業におけるミニ講座の取り組みを通して考えること
    小林 真朝, 菊地 透
    保健師ジャーナル 70(11) 1014-1017 Nov. 2014
  • 放射線防護文化形成のための実践モデル「既存事業における健康講話と対話」の効果
    川崎 千恵, 麻原 きよみ, 矢吹 敦子, 大森 純子, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 北宮 千秋
    日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 537-537 Oct. 2014
  • 放射線防護文化形成のための実践モデル「保健師との協働ミーティング」の効果と課題
    大森 純子, 麻原 きよみ, 矢吹 敦子, 川崎 千恵, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 北宮 千秋
    日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 538-538 Oct. 2014
  • Learning Effect of a Practical Exercise Conducting a Community Assessment
     40 105-111 Mar. 2014
    Starting from FY 2009 to FY 2013, the community health nursing department has launched a practical exercise conducting a community assessment as an elective course open to seniors. This paper describes the model course, workbook, previous theme of community assessment, and discusses the learning effect and application for the new curriculum.The aim of this course is to develop students’ practical capabilities for community assessment based on the characteristic of the target population. The learning effects of the students were“ getting vibrations from the community and gaining the opportunity to join the community,”“ pursuing what health means for the people who work in the organization,” “understanding the linkages among home visit nursing, legal system, and administration.” The students had clear objectives and high commitment to the community, and through the process of their practice, they developed a positive attitude as a member of the health care team.Implementing the new curriculum takes us in the direction of establishing links with experience in community assessment and how that assessment could be applied to community health. The practi
  • 「公衆衛生看護の倫理」教育の重要性に対する教員の認識
    小林真朝, 麻原きよみ, 大森純子, 小野若菜子, 三森寧子, 宮崎美砂子, 宮崎紀枝, 安斎由貴子
    日本地域看護学会学術集会講演集 17th 85 2014
  • 放射線防護文化の創造 いわき市の保健師が抱える住民対応の困難感と葛藤
    麻原 きよみ, 大森 純子, 矢吹 敦子, 荒木田 美香子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 松成 裕子, 三森 寧子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 72回 525-525 Oct. 2013
  • 放射線防護文化の創造 いわき市における保健師を対象とした教育プログラムの実施
    麻原 きよみ, 菊地 透, 大森 純子, 小西 恵美子, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 松成 裕子, 川崎 千恵
    日本放射線看護学会学術集会講演集 2回 41-41 Sep. 2013
  • チェルノブイリ原発事故からの学び ベラルーシにおける四半世紀の実践と今後の課題
    大森 純子, 小西 恵美子, 麻原 きよみ, 荒木田 美香子, 三森 寧子, 松成 裕子, 菊地 透, 小林 真朝, 小野 若菜子, 川崎 千恵
    日本放射線看護学会学術集会講演集 2回 68-68 Sep. 2013
  • Characteristics of Learning Based on Different Facilities in Health Promotion Practice.
    (39) 95-100 Mar. 2013
    Starting from FY2011, the public health nursing practice has launched two kinds of health promotioneducational practicums for comparison of effectiveness. The first was “A” course, a two week practicaltraining at a public health center and the second was “B” course composed of one week of practical trainingat a municipal senior citizen center or children’s welfare facility and then one week at a public health center. We reviewed more effective and practical methods of teaching and contents by inspecting what studentswere learning in their practical training and also evaluating how their goals for public health nursingpractices were achieved. There were significant differences in two out of 21 items between “A” and “B” courses regarding “Selfevaluationfor Goals of Practical Training”. Written reports for“ Learning in Practical Training” pointed outhow students from both courses coped with the situations and that they were able to closely observe hownurses ‘on the job’ practiced public health nursing. All the goals for practical trainings were reviewed andobtained. As for the direction for training in the future, not only practice at publi
  • 行政保健師における道徳的能力と倫理教育および支援環境の関連に関する全国調査
    麻原 きよみ, 小林 真朝, 大森 純子, 小野 若菜子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 71回 516-516 Oct. 2012
  • 訪問看護師の倫理的課題の経験と教育、支援環境および基本属性との関連に関する全国調査
    麻原 きよみ, 小野 若菜子, 小林 真朝, 大森 純子, 百瀬 由美子, 尾崎 章子, 長江 弘子, 酒井 昌子, 宮崎 紀枝, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 31回 331-331 Dec. 2011
  • 保健師の倫理的課題の経験と教育,支援環境および基本属性との関連に関する全国調査
    麻原きよみ, 小林真朝, 小野若菜子, 大森純子, 留目宏美, 宮崎紀枝, 酒井昌子, 長江弘子, 尾崎章子, 百瀬由美子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 431 Oct. 2011
  • Student Affairs Section FY2010 Activity Report: The Third Year Approach for Suitable Learning Environment.
    (37) 47-52 Mar. 2011
    In 2008,the Student Affiirs Division of St. Luke's College of Nursing launched an initiativefor acquiring appropriate communication skills and basic manners so that students caneffectively fulfill this institution's educational objectives and benefit from awell-rounded campus life. It is three years since students started the activitiesunder the slogan of “Establishing a suitable learning environment“. In 2010,they continued to carry on these activities, making a valuation of what they did forthese three years. The actual activities in this year were: promotion of exchangegreetings, implementation of public relations at the school festival,campaign for collecting plastic bottle caps. The feedback on the aboveactivities from their peers and teachers showed the expansion of good manner awareness.However, some bad manners were still pointed out, and the activities to promotegood manners needed to be continued. In order to further promote and appreciatethese activities, faculty staff could show support for such studentinitiatives, cooperating closely with other relating committee members.
  • 50〜60歳代女性の近隣他者との交流促進プログラム(第2報) QOL認識の1年間の変化
    大森 純子, 小林 真朝, 豊福 啓子, 橋本 陽子, 菅谷 知妃, 三上 友紀, 龍 里奈
    日本公衆衛生学会総会抄録集 69回 217-217 Oct. 2010
  • ナラティブアプローチによる事例検討 保健師の倫理教育プログラムへの活用
    麻原 きよみ, 小林 真朝, 大森 純子, 留目 宏美, 小野 若菜子, 百瀬 由美子, 長江 弘子, 宮崎 紀枝, 尾崎 章子, 酒井 昌子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 69回 497-497 Oct. 2010
  • Student Affairs Section FY2009 Activity Report: The Second Year Approach for a Suitable Learning Environment.
    (36) 32-37 Mar. 2010
  • Student Affairs Section FY2008 Activity Report: Striving for a Suitable Learning Environment.
    (35) 110-117 Mar. 2009
  • 新興開発住宅地区における50・60歳代女性の近隣他者との交流促進プログラムの効果 参加者の意識の変化
    大森 純子, 小林 真朝, 三上 友紀, 龍 里奈
    日本看護科学学会学術集会講演集 28回 539-539 Nov. 2008
  • 50〜60歳代女性の近隣他者との交流促進プログラム(第1報) 健康関連QOLの変化
    大森 純子, 小林 真朝, 菅谷 知妃, 豊福 啓子, 橋本 陽子, 三上 友紀, 龍 里奈
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67回 291-291 Oct. 2008
  • 保健師基礎教育における技術項目と卒業時の到達度に関する研究
    麻原 きよみ, 荒木田 美香子, 大木 幸子, 岡本 玲子, 奥山 則子, 海原 逸子, 宮崎 美砂子, 村嶋 幸代, 長江 弘子, 大森 純子, 小林 真朝, 平野 優子, 鈴木 良美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67回 329-329 Oct. 2008
  • 英文献に基づく「地域保健活動におけるパートナーシップ」に関する概念分析
    有本 梓, 安齋 ひとみ, 宮崎 紀枝, 尾崎 章子, 鈴木 良美, 大森 純子, 安武 綾, 平野 優子, 小林 真朝, 長弘 佳恵, 龍 里奈, 酒井 昌子, 麻原 きよみ
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67回 357-357 Oct. 2008
  • 和・英文献に基づく「地域保健活動におけるパートナーシップ」概念の比較検討
    鈴木 良美, 大森 純子, 平野 優子, 安武 綾, 安齋 ひとみ, 麻原 きよみ, 龍 里奈, 小林 真朝, 宮崎 紀枝, 尾崎 章子, 酒井 昌子, 長弘 佳恵, 有本 梓
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67回 357-357 Oct. 2008
  • 訪問看護師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価(第1報) 教育目標達成度とプロセス評価
    麻原 きよみ, 宮崎 紀枝, 酒井 昌子, 尾崎 章子, 百瀬 由美子, 長江 弘子, 大森 純子, 小林 真朝, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 27回 503-503 Nov. 2007
  • 訪問看護師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価(第2報) 倫理的問題に関する認識の変化
    長江 弘子, 尾崎 章子, 大森 純子, 宮崎 紀枝, 酒井 昌子, 百瀬 由美子, 小林 真朝, 麻原 きよみ, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 27回 503-503 Nov. 2007
  • 訪問看護師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価(第3報) MSQによる倫理的感受性の変化
    小林 真朝, 大森 純子, 百瀬 由美子, 酒井 昌子, 宮崎 紀枝, 尾崎 章子, 麻原 きよみ, 長江 弘子, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 27回 504-504 Nov. 2007
  • 学士課程における地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価(第1報) プログラムの開発過程
    麻原 きよみ, 尾崎 章子, 加藤 典子, 宮崎 紀枝, 長江 弘子, 百瀬 由美子, 小野 若菜子, 酒井 昌子, 大森 純子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 26回 274-274 Nov. 2006
  • 学士課程における地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価(第2報) 倫理に対する認識や態度の変化
    梅田 麻希, 酒井 昌子, 小野 若菜子, 百瀬 由美子, 麻原 きよみ, 小林 真朝, 大森 純子, 宮崎 紀枝, 尾崎 章子, 長江 弘子, 加藤 典子, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 26回 275-275 Nov. 2006
  • 学士課程における地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価(第3報) 地域看護領域の倫理的課題の特徴と理解
    宮崎 紀枝, 百瀬 由美子, 麻原 きよみ, 梅田 麻希, 大森 純子, 小林 真朝, 尾崎 章子, 加藤 典子, 長江 弘子, 酒井 昌子, 小野 若菜子, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 26回 275-275 Nov. 2006
  • 学士課程における地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価(第4報) MSQを使用した倫理的感受性の変化
    小林 真朝, 大森 純子, 長江 弘子, 梅田 麻希, 尾崎 章子, 宮崎 紀枝, 加藤 典子, 小野 若菜子, 酒井 昌子, 麻原 きよみ, 百瀬 由美子, 小西 恵美子
    日本看護科学学会学術集会講演集 26回 276-276 Nov. 2006

Awards & Honors

  • Jan. 2016 The 4th Annual Meeting of the Japan Academy of Public Health Nursing Poster Award Development of Health Promotion Program to nurture "attachment to the local community"
  • Jan. 2016 Japan Academy of Public Health Nursing The Incentive Award of Article Concept analysis of “attachment to the local community” for public health nursing
  • Nov. 2014 Japan Journal of Nursing Science Award for excellence Ethical Issues in Practice: A Survey of Home Visiting Nurses in Japan
  • Jul. 2010 Japan Academy of Community Health Nursing The Incentive Award of Article Outsourcing the Infant Health Examination : PHN’s Perspectives of Relationships with Community Members
  • Nov. 2007 The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing Poster Award Evaluation of the Ethics Education Program for Home Health Nursing -The Changes in the Awareness of Home Health Nurses and Changes in MSQ-

Research Grants & Projects

  • Ethnography of administrative organizations related to the ethical practice of public health nurses in Japan
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(挑戦的萌芽研究)
    Project Year: 2010 - 2012  
    The purpose of this study was to describe the relationships between the culture of Japanese administrative organizations and the ethical practice of public health nurses (PHNs). We collected data by conducting interviews, observation of participants, and examination of existing materials, and then the data were analyzed by content analysis. The results showed the culture of the administrative organizations was “accomplishing projects faithfully based on the procedures of their organizations or laws/systems,” while the culture of the PHNs was “promoting health and well-being of the population using their professional knowledge and skills.” Cognitive gaps between the administrators and PHNs occurred with interaction of these two cultures, particularly with regards the ethical practice of the PHNs’. PHNs and administrators must therefore recognize their different cultures, and develop a culture in which they can work together as partners.
  • Development of a Companion Animals Assisted Community Program for Health Promotion
    Japan Society of Private Colleges and Universities of Nursing:Grant for Young Researchers
    Project Year: Apr. 2008 - Mar. 2010  
  • Development and Evaluation of an Educational Ladder and Relevant Programs for Ethics Education in Community Health Nursing Practice
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Project Year: 2007 - 2010  
    The purposes of this study were to develop an educational ladder and the relevant programs for ethics education to promote effective practice of public health nurses (PHNs) and home visiting nurses (HVNs) in Japan. We conducted the interviews and questionnaire surveys with PHNs and HVNs to clarify : the contents and frequencies of encountering ethical issues in their practices, the components of moral behavior, experiences with ethics education, experiences influencing nurses' decisions in practice and workplace environment related to ethical practices; then the relationships between each variable and demographic data including length of work experience and position were analyzed. Based on these results, we developed a tentative educational ladder and targeted programs for ethics education and then conducted and evaluated the trial programs for PHNs and HVNs. Finally, we revised the ethics educational ladder and the relevant programs for ethics education for PHNs and HVNs.
  • Development of a voluntary health promotion program for younger elderly women based on exchanges in the community
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year: 2006 - 2009  
    This paper is about a pilot program entitled "Let's think of ourselves 10 years from now (future blueprint: future tree)" which targeted middle-aged and older women in a new residential area. We conducted a year long continuous evaluation of the program which applied several methods including questionnaires and interviews at home. We found positive effects in participants on : 1) changes in their recognition about their relationships with neighbors ; 2) maintenance and improvement of QOL ; and 3) proactive health improvement activities in their community. Thus we confirmed that the program is beneficial in improving health and regional development at the same time.


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.