OTANI Norio

Faculty & Position:Emergency Medical Care Center  doctor
Contact:
URL: 
Last Updated: Jun. 25, 2019 at 05:05

Research Activities

Published Papers

  • Clinical feature of toxic alcohol
    大谷 典生
    The Japanese journal of clinical toxicology = 中毒研究 : 日本中毒学会機関誌 31(1) 7-13 2018
  • Fluid composition and acute kidney injury
    Otani Norio
    Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 25(3) 169-170 2018
  • 発症後2時間で上気道閉塞をきたした成人の急性喉頭蓋炎の1例
    鈴木皓佳, 大谷典生, 清水真人, 田真茂, 中村大輔, 磯川修太郎, 遠矢希, 田中裕之, 三谷英範, 望月俊明, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 37(2) 430‐433 Dec. 2016
  • Ornithine transcarbamylase deficiency that developed at the age of 19 years with acute brain edema.
    Mitani H, Mochizuki T, Otani N, Tanaka H, Ishimatsu S
    Acute medicine & surgery 3(4) 419-423 Oct. 2016 [Refereed]
  • Disaster Medicine
    大谷 典生
    信頼性 = The journal of Reliability Engineering Association of Japan : 日本信頼性学会誌 38(5) 320-325 Sep. 2016
  • 心筋梗塞の臨床 急性心筋梗塞 急性心筋梗塞の一次救命治療法 救急外来での対応
    大谷典生
    日本臨床 74 103‐109 Aug. 2016
  • [Practice in the emergency department].
    Otani N
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 74 Suppl 6 103-109 Aug. 2016 [Refereed]
  • 【最新冠動脈疾患学(下)-冠動脈疾患の最新治療戦略-】 心筋梗塞の臨床 急性心筋梗塞 急性心筋梗塞の一次救命治療法 救急外来での対応
    大谷 典生
    日本臨床 74(増刊6 最新冠動脈疾患学(下)) 103-109 Aug. 2016
  • 心停止蘇生後患者に対する脳低温療法
    大谷典生
    モダンフィジシャン 35(12) 1499-1500 Dec. 2015
  • 診療の秘訣 心停止蘇生後患者に対する脳低温療法
    大谷 典生
    Modern Physician 35(12) 1499-1500 Dec. 2015
  • A Case Report of Acute Vitamin A Intoxication due to Ocean Perch Liver Ingestion.
    Homma Y, Otani N, Ishimatsu S
    The Journal of emergency medicine 49(1) 15-17 Jul. 2015 [Refereed]
  • 中毒 向精神薬(抗うつ薬,バルビツール酸,炭酸リチウム)中毒
    大谷典生
    内科 115(6) 1265-1268 Jun. 2015
  • 【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】(第8章)中毒 診断メモ 慢性リチウム中毒
    大谷 典生
    内科 115(6) 1274-1274 Jun. 2015
  • 【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】(第8章)中毒 向精神薬(抗うつ薬,バルビツール酸,炭酸リチウム)中毒
    大谷 典生
    内科 115(6) 1265-1268 Jun. 2015
  • 緊急挿管時の使用薬剤
    大谷典生
    モダンフィジシャン 35(2) 224 Feb. 2015
  • 私の処方 緊急挿管時の使用薬剤
    大谷 典生
    Modern Physician 35(2) 224-224 Feb. 2015
  • Anisakiasis presenting to the ED: clinical manifestations, time course, hematologic tests, computed tomographic findings, and treatment.
    Takabayashi T, Mochizuki T, Otani N, Nishiyama K, Ishimatsu S
    The American journal of emergency medicine 32(12) 1485-1489 Dec. 2014 [Refereed]
  • SYSTEMIC CAPILLARY LEAK SYNDROME SUCCESSFULLY MANAGED USING HEMODYNAMIC PARAMETERS
    Tanaka Hiroyuki, Otani Norio
    CRITICAL CARE MEDICINE 42(12) Dec. 2014 [Refereed]
  • A case of ornithine transcarbamylase (OTC) deficiency that developed at the age of 19 years with acute brain edema
    三谷英範, 望月俊明, 大谷典生, 三上哲, 田中裕之, 今野健一郎, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 25(11) 833-838 (J-STAGE)-838 Nov. 2014
    Introduction: Late-onset ornithine transcarbamylase (OTC) deficiency, a urea cycle disorder, is very rare. Here, we report a fatal case of OTC deficiency that developed at the age of 19 years.
    Case: A 19-year-old man developed nausea, diarrhea, and general malaise the day before presenting to the emergency room of the nearest emergency hospital in a poor general condition. After admission, he developed seizures and disturbance of consciousness and was transferred to our hospital. On arrival, cranial CT showed brain edema, and his blood ammonia concentration was >500 µg/dL. After admission, it was difficult to control recurring seizures even with careful monitoring and increased doses of sedatives and anti-seizure drugs. Dialysis was not performed because his blood ammonia concentration gradually decreased. However, he exhibited dilated pupils on hospital day 2, a flat electroencephalogram and loss of brain stem reflexes on hospital day 4, and died on hospital day 11. OTC deficiency was diagnosed postmortem based on fractionation of blood and urine amino acids and orotic acid.
    Discussion: Urea cycle disorders need to be treated urgently to prevent irreversible neurological damage when accompanied by hyperammonemia. In severe cases, dialysis should be considered to reduce ammonia level.
  • 知っておきたい急性中毒の知識《内科医がたびたび遭遇する急性中毒への対応のポイント:市販薬》4)カフェイン含有薬剤の過量服薬への対応
    大谷典生
    モダンフィジシャン 34(2) 191-195 Feb. 2014
  • 【知っておきたい急性中毒の知識】 《内科医がたびたび遭遇する急性中毒への対応のポイント 市販薬》 カフェイン含有薬剤の過量服薬への対応
    大谷 典生
    Modern Physician 34(2) 191-195 Feb. 2014
    <ポイント>入手が容易なOTC製剤含有成分であるが、時として致死的となる。嘔気・頻拍・低カリウム・乳酸アシドーシスを認める場合、カフェイン中毒の可能性を考える。市販薬であっても含有成分をもとに成分ごとの内服量を確認することが必要である。排泄促進のためには急性血液浄化法の導入も考慮する。循環破綻をきたした場合、経皮的循環補助装置(Percutaneous Cardio Pulmonary Support:PCPS)も加療の選択肢となる。(著者抄録)
  • 中毒 急性薬物中毒に対する気管挿管の検討
    三谷英範, 望月俊明, 大谷典生, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 三上哲, 田中太郎, 田中裕之, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 34(2) 269-271 Dec. 2013
  • 外傷(その他)重症鈍的多発外傷に対し,ハイブリッド室に準じた治療戦略で救命に至った1症例
    田中裕之, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 三上哲, 三谷英範
    日本救急医学会関東地方会雑誌 34(2) 236-238 Dec. 2013
  • 急性薬物中毒に対する気管挿管の検討
    三谷 英範, 望月 俊明, 大谷 典生, 宮道 亮輔, 伊藤 恭太郎, 三上 哲, 田中 太郎, 田中 裕之, 石松 伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 34(2) 269-271 Dec. 2013
    2010年9月1日〜2012年8月31日までの2年間において、急性薬物中毒の病名で入院した245人を対象として、現状を調べ、気管挿管に関わる来院時の因子を検討した。気管挿管施行は245人中27人(11.0%)であった。来院時のGlasgow Come Scale(GCS)は、気管挿管施行群と非施行群では有意差がみられ、GCS 8点以下での気管挿管施行率は81人中23人(28.4%)であった。服薬錠数と気管挿管の関係については、気管挿管施行群では非施行群より服薬錠数が多く、有意差があり、服薬錠数が増えれば気管挿管率は増加する傾向にあった。挿管施行の27人中27人が50錠以上服薬しており、挿管非施行の183人中173人が250未満の内服であった。また、来院時肺炎がある方が有意に気管挿管を要していた。気管挿管理由として、舌根沈下や呼吸不全・肺炎によるものが17人で、胃洗浄・活性炭投与ために気管挿管を要したものは6人であった。
  • 重症鈍的多発外傷に対し、ハイブリッド室に準じた治療戦略で救命に至った1症例
    田中 裕之, 石松 伸一, 大谷 典生, 望月 俊明, 宮道 亮輔, 伊藤 恭太郎, 三上 哲, 三谷 英範
    日本救急医学会関東地方会雑誌 34(2) 236-238 Dec. 2013
    症例は36歳男性で、オートバイで走行中、右折車のフロントに接触し受傷した。高エネルギー外傷との判断で三次救急対応となった。画像所見にて両側血気胸、両側肺挫傷、脾損傷、左腎損傷、膀胱損傷、不安定型骨盤骨折、左足関節粉砕開放骨折と診断した。治療戦略として、開腹術から血管造影へ速やかに移行することが必要であると考え、手術室にX線透視装置C-Armを搬入し開腹術を開始した。脾臓摘出術を行い、Open Abdomenとして終了し、そのまま移動することなく血管造影を施行した。左右内腸骨動脈、左第8/9/10肋間動脈、腎動脈上極枝に対しジェルパートによる塞栓術を施行した。第2病日、第9肋間動脈に対して25%NBCAを用いて塞栓術を施行し、右横隔膜動脈にも25%NBCAで塞栓術を施行したところ、第10病日に完全な閉腹となり、第150病日には神経学的な後遺症もなく退院となった。
  • Diagnostic and Therapeutic Features of Acute Superior Mesenteric Artery Dissection
    桑原政成, 西裕太郎, 安齋均, 西原崇創, 高尾信廣, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一, 久留一郎
    ICUとCCU 37(11) 847-851 Nov. 2013
    【目的】急性上腸間膜動脈(Superior Mesenteric Artery:SMA)解離は診断に苦慮する疾患であり、同疾患の特徴について後向き検討を行なった。【方法】2004年4月から2010年8月に、当院の腹部造影CT検査結果よりSMA解離と診断した全症例を抽出。【結果】対象は8症例、2例は症状なく偶発的に発見された。急性SMA解離と診断した6例は全例が男性、年齢53.5±8.2歳。来院時所見は全例で突然発症の腹痛を認めたが、発症から当院受診までの時間、腹痛の部位、既往は多岐にわたっていた。疾患除外に有用と予想された、血圧、D-dimerは有用とはいえなかった。CT検査前に疑われた疾患では、憩室炎4例、大動脈解離1例、虚血性腸炎1例であった。入院後経過は全例良好で退院しており、再発例は認めていない。【結論】SMA解離の特徴として突然発症の腹痛はあげられるが、特異的な所見・検査に乏しく診断は困難といえる。腹痛精査でCT検査を行う際にはSMAの走行に留意し、鑑別にあげる必要があると考える。(著者抄録)
  • 初期診断に難渋した院外心停止の一例
    桑原政成, 西裕太郎, 西原崇創, 安齋均, 新沼廣幸, 大谷典生, 石松伸一, 久留一郎
    日本集中治療医学会雑誌 20(4) 615-619 Oct. 2013
    We report a case of hypertrophic cardiomyopathy diagnosed by endomyocardial biopsy, after cardiopulmonary arrest (CPA) initially suspected to be due to ischemic heart disease. An otherwise healthy 69-year-old male with treated hypertension had sudden CPA while playing tennis. Bystanders started cardiopulmonary resuscitation and performed automated external defibrillator within one minute. The patient was rescucitated and subsequently transferred to the emergency room by ambulance. On arrival, his vital sign were as follows: heart rate, 112 /min; blood pressure, 117/78 mmHg; Japan coma scale II-10. Electrocardiogram showed atrial fibrillation and ST depression in V2-V6. Echocardiography revealed mild diffuse left ventricular hypokinesis. Ischemic heart disease was suspected as the most likely cause of CPA and coronary angiography was performed, on which a 90% stenotic lesion of the middle left anterior descending artery was identified; percutaneous coronary intervention was performed. After intervention, left ventricular wall motion gradually returned to normal on echocardiography, and cardiac enzymes remained within normal limits. This case had some atypical features of ischemic heart disease, and we pursued further examinations including cardiac magnetic resonance imaging and electrophysiology examination, in which extrastimulus examination provoked non-sustained ventricular tachycardia. Subsequent endomyocardial biopsy detected tangled arrangements, and nuclear enlargement and concentration, consistent with hypertrophic cardiomyopathy. A cardiac defibrillator was placed. This case illustrates the importance of thorough investigation for combined heart disease, even when ischemic heart disease is thought to be a primary cause of CPA.
  • 症例から学ぶ急性中毒 15〔その他の医薬品〕アセトアミノフェン
    大谷典生
    救急・集中治療 25(7-8) 869-880 Aug. 2013
  • Can we predict arterial lactate from venous lactate in the ED?
    Mikami A, Ohde S, Deshpande GA, Mochizuki T, Otani N, Ishimatsu S
    The American journal of emergency medicine 31(7) 1118-1120 Jul. 2013 [Refereed]
  • Association between parental preference and head computed tomography in children with minor blunt head trauma.
    Ishida Y, Manabe A, Oizumi A, Otani N, Hirata M, Urayama K, Saida Y, Kusakawa I, Fukui T
    JAMA pediatrics 167(5) 491-492 May 2013 [Refereed]
  • 聖路加国際病院ERの現状と課題
    大谷典生, 石松伸一, 三上哲, 田中太郎, 伊藤恭太郎, 高林健, 本間洋輔, 佐久間麻里, 望月俊明, 青木光広
    日本救急医学会関東地方会雑誌 33 22-24 Dec. 2012
  • 関東地方のER 現状と明日 聖路加国際病院ERの現状と課題
    大谷 典生, 石松 伸一, 三上 哲, 田中 太郎, 伊藤 恭太郎, 高林 健, 本間 洋輔, 佐久間 麻里, 望月 俊明, 青木 光広
    日本救急医学会関東地方会雑誌 33 22-24 Dec. 2012
  • 【sepsis・SIRS-いま生かす!最新の病態把握に基づく適切な診療へ-】 sepsisの急性期治療 蘇生のゴールとしての乳酸値
    望月 俊明, 大谷 典生
    救急・集中治療 24(9-10) 1121-1126 Oct. 2012
    <point>●乳酸とは、解糖系の最終産物としてピルビン酸の還元によって生じる。●組織の酸素化とは酸素の需給バランスによって規定され、需要に対して供給量が足りなくなった場合をdysoxiaと呼び、ショック状態となる。●乳酸の上昇は、産生の増大とクリアランスの低下が関与しており、産生増大としては組織の酸素欠乏が、クリアランスの低下としては肝障害の病態がある。●敗血症患者で乳酸値が上昇する機序は、組織の酸素需給バランス低下によるdysoxiaと組織での酸素利用障害によるcytopathic hypoxiaがある。●組織の酸素化を評価する指標としては、SvO2(ScvO2)と乳酸値の両方を組み合わせて判断することが重要である。●乳酸クリアランスをターゲットに急性期の輸液、輸血、昇圧薬、血管拡張薬などを用いた積極的な蘇生を行うことが予後を改善する可能性が示唆されている。(著者抄録)
  • 外傷性大動脈損傷を伴う不安定型骨盤骨折の1例
    福田龍将, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    救急医学 36(6) 742-745 Jun. 2012
    25歳女。気管支喘息の既往があり、7階から自殺目的に飛び降り、ショックで救急搬送された。胸部X線では、上縦隔開大、気管の右方偏位、左肺野のびまん性の透過性低下、骨盤部X線では、不安定型骨盤骨折、左大腿骨骨幹部骨折を認めた。胸〜骨盤部造影CTでは、外傷性大動脈損傷、縦隔血腫、左血胸、後腹膜血腫、右第2・3肋骨・両側恥坐骨・左腸骨・仙骨・両側寛骨臼・左大腿骨骨幹部骨折を認めた。不安定型骨盤骨折の根本治療として骨盤創外固定、両側大腿骨の直達牽引、血管外漏出所見は認めないがヘパリンを多量に使用する大動脈手術のため、内腸骨動脈のゼラチンスポンジで予防的TAEを行った。TAE後はジルチアゼムを用いて血圧、脈拍を管理し、事故発生18時間後に外傷性大動脈損傷に対し人工心肺補助下人工血管置換術を行った。大動脈損傷部は内膜が全周性に断裂し外膜のみで保たれていた。第22病日に左下腿骨骨幹部骨折に観血的整復固定術(ORIF)、第26病日に人工呼吸器離脱、第41病日に両側大腿骨の直達牽引終了、第44病日に骨盤創外固定を抜去し、第61病日にリハビリテーション病院に転院した。経過良好で独歩退院しADLは完全自立まで回復した。
  • Prediction protocol for neurological outcome for survivors of out-of-hospital cardiac arrest treated with targeted temperature management.
    Okada K, Ohde S, Otani N, Sera T, Mochizuki T, Aoki M, Ishimatsu S
    Resuscitation 83(6) 734-739 Jun. 2012 [Refereed]
  • Unstable pelvic fracture with traumatic aortic injury : a case report
    福田 龍将, 望月 俊明, 大谷 典生
    救急医学 36(6) 742-745 Jun. 2012
  • A case of severe head injury and complicated traumatic cerebral artery aneurysm rupture treated twice under therapeutic hypothermia and come back to normal life
    本間洋輔, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 草川功, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 23(6) 273-277 (J-STAGE)-277 Jun. 2012
    A 35-year-old woman was found with disturbance of consciousness in a park. Because empty cartridges were found near the woman, drug overdose was suspected and she was admitted to our emergency room. We discovered that she was 37 weeks pregnant and had been missing from her home because of fear of giving birth. Labor progress was confirmed by gynecological examination, and an emergency cesarean section was performed because she was due. The newborn infant showed absence of spontaneous breathing and was therefore intubated and mechanically ventilated. One day after birth, the neonate showed spontaneous breathing and was extubated. Twenty-two days after birth, he was discharged without any complications or drug withdrawal symptoms. Later, we found abnormally high serum Zolpidem levels in the mother and her newborn infant. Therefore, we diagnosed them with Zolpidem intoxication. Although usage of Zolpidem is relatively safe during pregnancy, its overdose and thus intoxication, as reported here, may affect the fetus. We should consider that if a pregnant woman is diagnosed with drug intoxication, the fetus also gets intoxicated. If toxic symptoms appear in the mother, the child will show more toxic symptoms.
  • 心肺停止蘇生後の痙攣における静注用フェノバルビタールの使用経験
    長嶺育弘, 大谷典生, 世良俊樹, 岡田一宏, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 32 104-105 Dec. 2011
  • 災害医療―東日本大震災の経験に学ぶ 大災害時にライフラインを維持するために
    大谷典生
    医学のあゆみ 239(11) 1121-1124 Dec. 2011
  • 病態を理解してケアにつなげる 救急領域におけるショック患者の看護 2 ショックを見極める
    高林健, 大谷典生, 石松伸一
    Emerg Care 24(12) 1172-1178 Dec. 2011
  • 【病態を理解してケアにつなげる 救急領域におけるショック患者の看護】 ショックを見極める
    高林 健, 大谷 典生, 石松 伸一
    EMERGENCY CARE 24(12) 1172-1178 Dec. 2011
  • II 穿刺とドレナージ術 Q15 胸腔穿刺と胸腔ドレナージ
    本間洋輔, 大谷典生, 石松伸一
    救急・集中治療 23(3-4) 476-483 May 2011
  • 【ER・ICUで知っておきたい 外科手技と処置】 穿刺とドレナージ術 胸腔穿刺と胸腔ドレナージ
    本間 洋輔, 大谷 典生, 石松 伸一
    救急・集中治療 23(3-4) 476-483 May 2011
    <point>●緊張性気胸の治療は速やかな脱気による酸素化、閉塞性ショックの改善である。●外傷において、胸腔穿刺は胸腔ドレナージの準備をしている間に行う緊急避難的治療である。●外傷では、胸腔ドレナージチューブはできるだけ太いものを挿入し、陰圧にて管理する。●胸腔ドレナージチューブは患者の状態が安定した時に抜去する。●出血、空気の流出が多く全身状態が維持できない時、手術を検討する。(著者抄録)
  • Clinical significance of plasma ammonia in patients with generalized convulsion.
    Tomita K, Otani N, Omata F, Ishimatsu S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 50(20) 2297-2301 2011 [Refereed]
  • 非外傷性腹腔内出血で発症し全身性に血管病変を認めた血管型Ehlers‐Danlos Syndromeの1例
    福田龍将, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 31 138-139 Dec. 2010
  • Differential diagnosis of dyspnea in the emergency department
    岡田 一宏, 大谷 典生, 石松 伸一
    The Japanese journal of acute medicine 34(10) 1145-1151 Sep. 2010
  • Advanced Course Q25 ヒスタミン様症候群
    本間洋輔, 大谷典生
    救急・集中治療 22(7-8) 918-922 Jul. 2010
  • 【徹底ガイド アナフィラキシーQ&A 研修医からの質問226】 Advanced Course ヒスタミン様症候群
    本間 洋輔, 大谷 典生
    救急・集中治療 22(7-8) 918-922 Jul. 2010
    <point>ヒスタミン様症候群とは、ヒスタミン過量摂取に伴う中毒症状のことである。腐敗細菌によりヒスチジンから変換されたヒスタミンを大量蓄積した食物(主に魚)を摂取することにより発症する。経口摂取後数分〜数時間で膨疹、紅斑、悪心、嘔吐、下痢、腹痛などが生じる。治療は抗ヒスタミン薬である。重症例では全身管理およびアドレナリンを使用することもある。多数同時発生する場合がある。また、単独発生例の場合はアナフィラキシーとの鑑別が困難である。そのため、現病歴の聴取が重要となる。(著者抄録)
  • Reliability of anion gap calculated from data obtained using a blood gas analyzer: is the probability of error predictable?
    Otani N, Ohde S, Mochizuki T, Ishimatsu S
    The American journal of emergency medicine 28(5) 577-581 Jun. 2010 [Refereed]
  • The suicide re-attempt risk evaluation scale: A trial in a Critical Care Center without an exclusive duty psychiatrist
    大谷典生, 前田千尋, 柳澤八恵子, 望月俊明, 田村富美子, 石松伸一
    中毒研究 23(1) 47-53 Mar. 2010
    自殺再企図リスクが導入された2007年2月前後12ヵ月間(導入前2006年2月〜2007年1月、導入後2007年2月〜2008年1月)に救命救急センターに急性薬物中毒の診断で入院した症例で、導入前113名(男23名、女90名、35.7±13.4歳)と、導入後124名(男34名、女90名、35.9±19.7歳)を対象に、自殺再企図リスクスケールの導入後の変化を定量化した。スケール導入後の2007年2月以降にリスク評価が行われたのは患者124名中104名(83.9%)で、内訳は高リスク53名(51.0%)、低リスク34名(32.7%)、判定不能17名(16.3%)であった。リスク評価、精神科コンサルトフロー整備後、入院日数には有意な変化を認めなかったが、精神科コンサルト率は有意に増加した。また、看護記録上の変化としては、患者希死念慮に踏み込んだ記載が有意に増加していた。リスク評価を原則義務づけた後、入院中の自殺再企図の発生は認めなかった。
  • [Suicide re-attempt risk evaluation scale: a trial in a critical care center without an exclusive duty psychiatrist].
    Otani N, Maeda C, Yanagisawa Y, Mochizuki T, Tamura F, Ishimatsu S
    Chudoku kenkyu : Chudoku Kenkyukai jun kikanshi = The Japanese journal of toxicology 23(1) 47-53 Mar. 2010 [Refereed]
  • 救急・集中治療領域のIT化とPOS 救急部門のIT化とPOS
    大谷 典生
    日本POS医療学会雑誌 15(1) 16-18 Mar. 2010
  • Richmond Agitation‐Sedation Scale日本語版の作成
    卯野木健, 桜本秀明, 沖村愛子, 竹嶋千晴, 青木和裕, 大谷典生, 望月俊明, 柳澤八恵子
    日本集中治療医学会雑誌 17(1) 73-74 Jan. 2010
    言語的に妥当な翻訳版を作成する際に標準的に用いられる手順を使用し、原文と意味内容の整合性があり、かつ日本において医療従事者間で共通の解釈が可能なRASS(Richmond Agitation-Sedation Scale)の日本語版を作成した。既に公表されている鶴田によるRASS日本語版と比較すると大きな違いはないが、一部に細かな差異が見いだされた。全体的に表現に関し差がみられたが、多職種間で共通理解を得る用語を採用しているため理解しやすくなっていると思われた。
  • 人工呼吸関連機器 ユーザーレポート 救急用カプノメータEMMAの使用経験
    望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    人工呼吸 26(2) 232-232 Dec. 2009
  • ICUの災害対策:自施設被害を想定した災害時対策・立案が必要である
    大谷典生, 望月俊明, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 16(1) 91-93 Jan. 2009
    聖路加国際病院では、2005年10月、自施設の地震被災を前提とした災害対策訓練を実施した。訓練に先立ち、病院被災の際に起こり得る問題点を全病院的に各部署で想起し、その各々に対して責任部署に正式回答を求めた結果、病院被災時には容易にライフラインの枯渇・停止が生じることが判明した。
  • Preparation for disaster in the ICU; we must consider damage to the own medical institution
    Otani Norio, Mochizuki Toshiaki, Ishimatsu Shinichi
    Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 16(1) 91-93 2009
  • Factors Predictive of Rhabdomyolysis in Acute Drug Intoxication
    佐藤智也, 大谷典生, 椎野泰和, 中野敏明, 望月俊明, 堀田敏弘, 青木光広, 石松伸一
    ICUとCCU 32(6) 489-494 Jun. 2008
    急性薬物中毒患者における横紋筋融解症発症の危険因子を調べた。(対象および方法)2001年7月〜2005年6月に急性薬物中毒で入院した患者を対象とした。CK>1,000IU/Lを横紋筋融解症と定義した。対象患者146名のうち横紋筋融解症を発症した16名を発症群、残り130名を非発症群とした。検討項目は年齢、性別、身長、体重、BMI、服薬〜来院までの時間、昏睡、痙攣、褥瘡の合併の有無、服薬内容とした。(結果)発症群は昏睡、褥瘡の合併、四環系抗うつ薬の服用が多く、有意差を認めた。服薬〜受診に要した時間、BMIの平均値はいずれも発症群の方が大きかった(p<0.05)。(結語)昏睡、褥瘡の合併、四環系抗うつ薬の服用、服薬〜受診に長時間要した例、BMI高値は横紋筋融解症の危険因子である可能性がある。これらの所見を認める患者は横紋筋融解症を発症する危険性を考慮して治療に当たる必要がある。(著者抄録)
  • 救急部門における医事課との連携強化は病院経営上有用である
    大谷 典生, 谷部 聡, 原茂 順一, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 11(3) 300-304 Jun. 2008
    病院未収金は、昨今の社会問題となっており、緊急入院患者は未収金発生のリスクといえる。聖路加国際病院では2003年より救命救急センターSocial Conferenceを通じて医師と事務部門との連携強化を図っている。救急部門において医療現場より事務部門への積極的情報発信を行うことにより、事務部門、とくに医事課による患者家族への介入のあり方に変化が生じた。その結果、病院未収金・未収率の低下が認められている。救急部門における社会的側面に対するチーム医療の充実は、単一部門のみならず病院経営において有用であるといえる。(著者抄録)
  • Acute group poisoning by titanium dioxide: inhalation exposure may cause metal fume fever.
    Otani N, Ishimatsu S, Mochizuki T
    The American journal of emergency medicine 26(5) 608-611 Jun. 2008 [Refereed]
  • Evaluation of Simulation Training During an Orientation Program for New Residents
    大出幸子, 石松伸一, 大谷典生, 徳田安春, 高橋理, 高屋尚子, 柳井晴夫, 福井次矢
    医学教育 38(6) 411-415 Dec. 2007
    1)2006年4月、「心肺停止」と「アナフィラキシーショック」の対処方法についてシミュレーショントレーニングを行い、(1)研修医のパフォーマンス評価、(2)研修医の満足度、について検討した。2)卒直後の研修医でも一次救命救急処置は、適切に行うスキルを持ち合わせているが、アナフィラキシーショックは、卒直後の研修医のみが対応するとエラーが起こる可能性があることがわかった。3)研修医のシミュレーショントレーニングに対する満足度が高く、26人中25人(96.2%)が非常に満足であると回答した。(著者抄録)
  • 特異な経過をたどった症例・事例から学ぶ 12.終末期 集中治療の撤退 集中治療からの撤退を判断した症例
    大谷典生, 石松伸一
    救急医学 31(12) 1662-1663 Nov. 2007
  • 片頭痛だけが頭痛じゃない 頭痛の部位と性状,随伴症状から考える(1)見逃してはいけない頭痛
    大谷典生
    JIM 17(6) 472-476 Jun. 2007
  • ガイドライン2005対応 BLSの手順(一次救命処置)
    大谷 典生, 青木 光広, 木村 一隆, 望月 俊明, 佐藤 真也, 中筋 真紀, 熊田 恵介, 齋坂 雄一, 田中 公章
    Expert Nurse 23(5) 80-81 May 2007
  • 内科エマージェンシー2007 鬼門を克服する 内科エマージェンシーのデータ解釈―確実なデータ解釈が的確な診断に結びつく 電解質これだけは
    大谷典生
    Medicina 44(4) 730-734 Apr. 2007
  • 当院救命救急センターICUでの末期医療の現状
    大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 14(2) 171-176 Apr. 2007
    Objective: To describe the nature and problems associated with end-of-life care (EOLC) in an intensive care unit. Design: Retrospective chart review study. Setting: Intensive care unit of an urban hospital's emergency and critical care medicine department. Patients: All patients who admitted to and expired in the ICU between April 2004 and March 2005. Measurements and main results: Sixty-one patients (male 36 : female 25) expired in the ICU, however, only five patients had indicated their wishes beforehand. Despite having been explained about the poor chance of recovery, the family desired aggressive treatment in 34 cases at first. However, in 47 cases, the families indicated their wish for "do not attempt resuscitation (DNAR)" in the end. The course of treatment for all the patients was decided after consultation between the doctor-in-charge and the patient's family. There were no cases with consulting ethical conference. After the decision for DNAR was conveyed in the ICU, some treatment options were withheld or withdrawn. Conclusions: Obviously, EOLC should be based on the needs in individual cases, however, in all cases, the decisions on EOLC should be made by a medical team or at the level of the institution. The following issues in relation to EOLC are in need of urgent debate. (1) How can a patient's treatment course be mapped out without a knowledge of the patient's own wishes. (2) How can it be determined that a patient cannot recover. (3) Treatment options within the ethical framework, after deciding on DNAR.
  • [Pharmacokinetics of perospirone hydrochloride at an excessive dose and changes in the serum prolactin level].
    Ishii E, Otani N, Tsuchiya M, Kizu J, Ishimatsu S
    Chudoku kenkyu : Chudoku Kenkyukai jun kikanshi = The Japanese journal of toxicology 20(1) 55-58 Jan. 2007 [Refereed]
    塩酸ペロスピロン8mg錠を処方されていた36歳の女性が178錠(1,424mg相当)を一度に服用し、約4.5時間後に急性医薬品中毒の診断で緊急入院した。本症例における患者の臨床経過を観察するとともに、臨床検査値など診療録の調査を行い、さらに経時的な血清中ペロスピロン濃度および血清中プロラクチン値をHPLCおよびELISA法を用いて測定した。臨床経過として、来院時の意識状態はJCS II-10であった。内服18時間後に意識レベルは清明となり、その後も、本剤過量服用によると思われる中毒作用、後遺症も認められず、第3病日目に退院となった。来院時と第2病日に検査が行われたが、臨床検査値についてとくに異常はみられなかった。血清中ペロスピロン濃度測定の結果、内服4.5時間後の血清中濃度は695ng/mLであり、意識レベルが清明となった内服18時間後の血中濃度は約60ng/mLであった。t1/2βは8時間と健康成人とほぼ同様であった。また、内服4.5時間後の血清中プロラクチン値は49.5ng/mLであった。意識が清明となった内服18時間後には正常域に戻っていた。(著者抄録)
  • Evaluation of Simulation Training During an Orientation Program for New Residents
    OHDE Sachiko, ISHIMATSU Shinichi, OTANI Norio, TOKUDA Yasuharu, TAKAHASHI Osamu, TAKAYA Takako, YANAI Haruo, FUKUI Tsuguya
    Igaku Kyoiku / Medical Education (Japan) 38(6) 411-415 2007
    In 2006 26 first-year residents at St.Luke's International Hospital underwent training with a highly sophisticated simulator to learn how to treat patients with cardiopulmonary arrest or anaphylactic shock.We evaluated the effects of simulation training for first-year residents.
    1) After training, we analyzed the residents' performance in the 2 scenarios and the residents' satisfaction with simulation training.
    2) According to the resident's performance dataduring simulation training, first-year residents have sufficient skill to treat patients in cardiopulmonary arrest but not patients with anaphylactic shock.
    3) Twenty-five of the 26 residents (96.2%) were highly satisfied with simulation training.
  • CTにて診断できたPTP包装による気道異物の1例
    駒田謙一, 大谷典生, 石松伸一, 青木光広
    日本救急医学会関東地方会雑誌 27 30-31 Dec. 2006
    57歳男。飲酒・夕食後に処方薬を内服した直後より喉頭違和感・嗄声が出現し、嘔吐後も症状が残存した。独歩で救急外来を受診し、誤ってPress-through Package(PTP)包装ごと薬を飲んだ可能性を申告した。唾液嚥下による喉頭痛の軽度増悪があったが、咽頭反射が強く喉頭鏡による診察は困難であった。頸部・胸部X線で明らかな異常は認めなかったが、CTで声門下にPTP内の薬剤本体と思われる線状の高信号域を認めた。局所麻酔下に気管支鏡検査を行い、声門下に1錠分の薬剤本体入りPTPを認めた。反射が強くそのままでの摘出は困難であったため、プロポフォールで全身麻酔を導入し、ラリンジアルマスク挿入下で再度気管支鏡を行いPTPを摘出した。術後ステロイド・抗生物質を投与し、特に合併症なく翌日に退院した。その後も異常はない。
  • キミは中毒に対応できるか―中毒,集団中毒,化学災害 アナフィラキシー集団発生!ヒスタミン中毒集団発生事件顛末記
    大谷典生
    ERマガジン 3(6) 510-515 Dec. 2006
  • 急性中毒と災害‐事例研究から‐アナフィラキシーショック集団発生‐ヒスタミン‐
    大谷典生, 石松伸一
    中毒研究 19(3) 227-234 Jul. 2006
  • [Outbreak of anaphylaxis: a case of histamine (scombroid) mass poisoning].
    Otani N, Ishimatsu S
    Chudoku kenkyu : Chudoku Kenkyukai jun kikanshi = The Japanese journal of toxicology 19(3) 227-234 Jul. 2006 [Refereed]
  • 注意すべき感染症と対策 II 注意すべき感染症 輸入感染症,新興・再興感染症
    大谷典生, 石松伸一
    救急医学 30(2) 185-190 Feb. 2006
  • 病棟で起こった急変事例20の対応策 事例9「トイレに行きたい」という訴え後,急にベッドに倒れこんだ!
    大谷典生
    Expert Nurse 22(1) 50-51 Jan. 2006
  • カンボジアでの医療支援の報告
    中野 敏明, 浅野 直, 駒田 謙一, 望月 俊明, 椎野 泰和, 大谷 典生, 青木 光弘, 石松 伸一, 安斎 均, 村田 千年, 衛藤 光
    へき地・離島救急医療研究会誌 6 49-55 Oct. 2005
  • 急性呼吸不全,低酸素脳症をきたし,頚髄・延髄横断性脊髄炎が強く疑われた1例
    望月俊明, 豊原敬文, 桜井宏樹, 浅野直, 椎野泰和, 大谷典生, 三井浩, 奥村澄枝, 青木光広
    日本神経救急学会雑誌 18(1) 26-29 Jun. 2005
  • Outbreak of Histamine Poisoning Associated with Eating Cooked Swordfish
    大谷典生, 浅野直, 望月俊明, 椎野泰和, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 15(12) 636-640 Dec. 2004
    同一食堂にて昼食を取った13名にアナフィラキシーショック様症状が出現した.全身および広範囲に熱感を伴う浮腫性紅斑が拡大し,嘔気を呈していた.輸液,エピネフリンの皮下注を施行したが十分な反応はなく,最終的に4例にエピネフリン持続点滴静注を施行した.ショック患者の同時多発という発症様式から毒物混入を疑い,科学捜査研究所・所轄保健所・日本中毒情報センターなどの協力を仰いだ.その後危険毒薬物の存在がある程度否定された時点で全例が社員食堂の「カジキマグロの照り焼き」を食べていたことが判明し,ヒスタミン中毒であろうとの結論に至った.24時間の経過観察後に全患者の症状は消失,後遺症なく退院した.本事例の原因と思われた「カジキマグロの照り焼き」および調理前のカジキマグロに中毒量のヒスタミン濃度を確認した
  • 塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)による急性心筋障害で肺水腫を認めた1症例
    田中和豊, 大谷典生, 椎野泰和, 三井浩, 森田正則, 西裕太郎, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 11(3) 211-216 Jul. 2004
    We report a case of reversible myocardial injury and cardiogenic pulmonary edema after ingestion of phenylpropanolamine. The patient is a 19 year old Japanese female without a remarkable past history and family history, whose chief complaint is vomiting two hours after ingestion of 544mg of phenylpropanolamine. Myocardial injury and cardiogenic pulmonary edema were diagnosed by electrocardiogram, chest X-ray, creatine kinase level, echocardiogram, 123I-MIBG scintigraphy and Swan-Ganz profiles. Catecholamine, phosphodiesterase inhibitor, and diuretics were the treatment of choice. The patient was discharged on day 12 without any sequelae. We reviewed nine reported cases of myocardial injury associated with phenylpropanolamine including our case from the literature. Utilizing the similarity of anatomical pattern of reversible myocardial injury, we hypothesized that myocardial injury associated with phenylpropanolamine of this case can be a variant of ampulla cardiomyopathy.
  • [Case report of atropine poisoning, after accidental ingestion of 500mg atropine sulfate].
    Otani N, Shiino Y, Mii H, Tanaka K, Ishihara Y, Aoki M, Ishimatsu S
    Chudoku kenkyu : Chudoku Kenkyukai jun kikanshi = The Japanese journal of toxicology 17(1) 55-59 Jan. 2004 [Refereed]
    58歳男.意識障害を主訴とし,右耳下腺腫瘍摘出後に唾液瘻が出現し,硫酸アトロピン末1mg分2の処方箋が発行された.処方薬1回分500mgを全量内服し,意識障害をきたした.瞳孔拡大,意識障害,四肢麻痺を呈し,調剤薬局より調剤過誤の連絡があり,大量内服が判明した.胃洗浄が行われ,活性炭とネオスチグミンが投与された.呼吸管理を行うために気管挿管施行後にICUに入室し,プロポフォール,フェンタニールでの鎮静下で経時観察を行った.第3病日に意識レベルが清明となり,第6病日に対光反射が不十分だが認められるようになり,排便もみられた.第15病日に対光反射は正常と評価され,第23病日に軽度の複視を残すのみで退院となった
  • 集中治療室において経過中に肺塞栓を合併した超肥満患者の2症例
    望月俊明, 桜井宏樹, 大谷典生, 田中和豊, 石原康子, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 24 196-198 Nov. 2003
  • ピンチに役立つ急変対応完全マニュアル
    高須 伸克, 石松 伸一, 上田 留美子, 大谷 典生, 奥地 一夫, 奥村 徹, 小倉 ひとみ, 小野 ひとみ, 柿木 達也, 河原 瑞穂, 雉子沼 玲子, 熊田 恵介, 小延 俊文, 坂本 雅美, 椎野 泰和, 田中 和豊, 出津 輝美, 中村 達也, 奈良 留美子, 西 裕太郎, 根崎 久美, 畑 倫明, 平松 隆子, 福島 英賢, 古城門 靖子, 細川 京子, 松川 淳子, 松山 武, 丸橋 民子, 三井 浩, 三橋 昭裕, 宮軒 将, 森田 正則
    JJNスペシャル(75) 1-215 Sep. 2003
  • 泥酔者と誤認された血糖値2,022mg/dlの糖尿病性昏睡
    大谷 典生, 椎野 泰和, 三井 浩, 田中 和豊, 石原 康子, 青木 光広, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 6(4) 398-401 Aug. 2003
    48歳男.深夜に泥酔者として保護された翌朝,意識レベル低下により救急搬送された.意識レベルJCSIII-300,著しい脱水とケトン臭を認め,血液ガス分析にてpH7.146,HCO3-11.2mmol/l,血清浸透圧433mOsm/l,血糖値2,022mg/dl,血中エタノール濃度は検出限界以下であった.糖尿病性昏睡(mixed type)と診断し,積極的な脱水補正,インスリン持続投与による血糖コントロール,電解質補正,全身管理を施行した.第2病日までに高血糖・脱水は補正され,第3病日には意識レベルも清明となった.搬送時に認めた肺炎も軽快し,経過中横紋筋融解症・DIC・腎不全などの合併症を認めることなく第7病日糖尿病コントロール目的で転院した.泥酔者様のケトン臭から急性アルコール中毒患者と誤認されたことが病状悪化の一因と考えられ,泥酔者と思われる患者の診察においても糖尿病性昏睡などの内因性疾患を念頭に置く必要があると思われた
  • 外来における血中エタノール濃度測定の有用性
    牛田 進一郎, 田中 和豊, 森田 正則, 大谷 典生, 石原 康子, 河野 匡彦, 石松 伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 22 70-71 Dec. 2001
    救急外来受診者で血中エタノール濃度測定値が10mg/dl以上を示し,かつ何らかの意識障害が認められた215例を対象に,血中エタノール濃度と意識状態との関係を検討した.その結果,ある程度の相関は認められたものの,血中濃度による意識レベルの分類はできず,又,血中濃度の値が治療や検査内容に影響を与えるようなことはなかった
  • 若年者の急性呼吸不全加療中に僧帽弁けん索断裂をきたした1例
    大谷典生, 森田正則, 谷津高文, 牛田進一郎, 石原康子, 三橋昭裕, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 21(1) 32-33 Dec. 2000
  • 救急医療センター開設前後における救急外来の役割変化
    大谷典生, 萩野隆光
    聖路加健康科学誌 7/8 48 Oct. 2000
  • Accountability of St. Luke's International Hospital Emergency Center ICU.
    石松伸一, 森田正則, 大谷典生, 石原康子, 三橋昭裕, 玉木真一
    ICUとCCU 24(3) 171-174 Mar. 2000

Conference Activities & Talks

  • 当院における非骨傷性頸髄損傷患者:Spinal Cord Injury Without Radiographic Abnormalities(SCIWORA)の臨床的検討
    桑本健太郎, 望月達城, 島彰吾, 劉美憬, 佐藤慎祐, 井上龍也, 新見康成, 岡田芳和, 石松伸一, 大谷典生
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • 院内トリアージにおいては適切な検証・介入を行うことで質の改善が期待できる
    遠矢希, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • 効果的な減圧開頭を行うための我々の工夫~bone edge sutureとsliding dura method
    桑本健太郎, 新見康成, 岡田芳和, 大谷典生, 石松伸一, 横堀將司, 佐藤秀貴, 横田裕行
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • 生体モニター波形から測定したchest compression fractionのフィードバックによる教育効果
    岩崎任, 一二三亨, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • 「働き方改革」と「学び方改革」―既存のウェブツールを用いたプッシュ型学習
    清水真人, 大谷典生, 一二三亨, 岩崎任, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • ヤマカガシ咬傷におけるヤマカガシ抗毒素の代替薬としてのリコンビナントトロンボモジュリンの効果の検討
    一二三亨, 山本明彦, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • ALSO単回受講で救急専門医が予期せぬ分娩に対応可能か
    岩崎任, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • トリアージでのインフルエンザ迅速検査は救急外来滞在時間を短縮させ得る
    岩崎任, 一二三亨, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2018
  • 重症肺塞栓から卵円孔を介して右冠動脈閉塞を発症した1例
    堀江勝博, 小松一貴, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 Feb. 2017
  • 医療ガスと災害対策 次世代への継承と展望 さまざまな災害に備える 病院での災害対策 地下鉄サリン事件の反省点 医療ガスの観点から
    石松 伸一, 大谷 典生
    日本医療ガス学会学術大会・総会プログラム・抄録集 Oct. 2016
  • 2時間で急速増悪した著明な両側下顎腫脹が主訴の咽頭損傷の一例
    岩崎 任, 堀江 勝博, 遠矢 希, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Sep. 2016
  • 当院救急部門での初期研修医の診療経験値の定量化
    大谷 典生, 石松 伸一, 田中 裕之, 岩崎 任, 鈴木 皓佳, 磯川 修太郎, 遠矢 希, 清水 真人, 石川 陽平, 堀江 勝博, 百武 美沙
    日本救急医学会雑誌 Sep. 2016
  • 拡張型心筋症による心肺停止蘇生後にParoxysmal Sympathetic Hyperactivityとなり心室内血栓を生じた一例
    磯川 修太郎, 鈴木 皓佳, 遠矢 希, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Sep. 2016
  • 運動神経麻痺による偽性腹壁ヘルニアが先行した帯状疱疹の一例
    清水 真人, 石松 伸一, 大谷 典生
    日本救急医学会雑誌 Sep. 2016
  • スマートフォンを用いた、眼瞼結膜の貧血スクリーニング
    石川 陽平, 水野 篤, 大出 幸子, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Sep. 2016
  • カフェイン中毒により心室細動をきたし蘇生した症例
    遠矢希, 石松伸一, 大谷典生, 磯川修太郎, 西畑庸介, 小宮山伸之, 安部寛子
    中毒研究 Jul. 2016
  • 発症後2時間で上気道閉塞による呼吸困難を来し,緊急輪状甲状間膜切開を行った非Hib感染による劇症型急性喉頭蓋炎の一例
    鈴木皓佳, 清水真人, 田真茂, 中村大輔, 磯川修太郎, 遠矢希, 田中裕之, 三谷英範, 三上哲, 森源喜, 宮道亮輔, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 Feb. 2016
  • Hybrid手術室が可能にした血管撮影から開頭手術への迅速な対応
    井上龍也, 佐藤慎祐, 茂木陽介, 島彰吾, 佐々木康輔, 石松伸一, 大谷典生, 望月敏明, 新見康成, 岡田芳和
    日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 Feb. 2016
  • 失神で来院し診察中に心室細動となった甲状腺クリーゼの一例
    鈴木皓佳, 磯川修太郎, 遠矢希, 田中裕之, 三谷英範, 三上哲, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2016
  • 心肺停止蘇生後患者に対するAPACHEIIによる評価
    三谷英範, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 三上哲, 田中裕之, 磯川修太郎, 鈴木皓佳
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2016
  • 医療ガスと災害対策~次世代への継承と展望~1)さまざまな災害に備える―病院での災害対策 3.地下鉄サリン事件の反省点~医療ガスの観点から
    石松伸一, 大谷典生
    日本医療ガス学会学術大会・総会プログラム・抄録集 2016
  • グリホサートカリウム塩を含有する除草剤による中毒―多施設共同調査から―
    上條吉人, 坂本哲也, 藤田友嗣, 大谷典生, 小林憲太郎
    中毒研究 Jul. 2015
  • 当院では濫用薬物スクリーニングキットをINSTANT VIEW M‐1に変更した
    大谷典生, 藤川葵, 石松伸一
    中毒研究 Jul. 2015
  • インスタントビューの方がトライエージよりも有用である Pro 当院では濫用薬物スクリーニングキットをINSTANT VIEW M-1に変更した
    大谷 典生, 藤川 葵, 石松 伸一
    中毒研究 Jul. 2015
  • 知られない、知っておくべき、知らしむべき中毒診療 グリホサートカリウム塩を含有する除草剤による中毒 多施設共同調査から
    上條 吉人, 坂本 哲也, 藤田 友嗣, 大谷 典生, 小林 憲太郎
    中毒研究 Jul. 2015
  • 山間地と都市部での救急医療への意識の違い
    宮道亮輔, 磯川修太郎, 鈴木皓佳, 遠矢希, 田中裕之, 三谷秀範, 三上哲, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2015
  • 救命救急センター看護師との連携による遺族への介入と支援
    神田美佳, 山口絵美, 高橋眞理子, 青木悠, 大谷典生
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2015
  • 救急医療における多職種連携 救命救急センター看護師との連携による遺族への介入と支援
    神田 美佳, 山口 絵美, 高橋 眞理子, 青木 悠, 大谷 典生
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2015
  • 機動力のある地方型救急医療には何が必要か? 都市部と地方で求められる救急医療の違いと課題 山間地と都市部での救急医療への意識の違い
    宮道 亮輔, 磯川 修太郎, 鈴木 皓佳, 遠矢 希, 田中 裕之, 三谷 秀範, 三上 哲, 望月 俊明, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2015
  • 低体温心肺停止患者の現状
    三谷英範, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 三上哲, 田中裕之, 今野健一郎
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2015
  • 冠動脈器質的狭窄および多発攣縮により54時間以内に2度の心肺停止,脳低温療法を繰り返した一例
    三上哲, 山添正博, 山添正博, 山崎学, 山崎学, 三谷英範, 田中裕之, 伊藤恭太郎, 宮道亮輔, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2015
  • 繰り返す自殺企図患者の特性
    宮道亮輔, 柳澤八重子, 今野健一郎, 田中裕之, 三谷英範, 三上哲, 伊藤恭太郎, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2015
  • 抗菌薬加療に難渋する有瘻性膿胸に対してEndobronchial Watanabe Spigot(EWS)と胸膜掻爬術を施行した1例
    鈴木 皓佳, 望月 俊明, 三上 哲, 宮道 亮輔, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2015
  • 多職種連携 自殺企図患者における精神科チーム、ソーシャルワーカーとの連携
    宮道 亮輔, 柳沢 八重子, 今野 健一郎, 田中 裕之, 三谷 英範, 三上 哲, 伊藤 恭太郎, 望月 俊明, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2015
  • 集中治療における循環器専門医の役割 来院時心肺停止患者の心拍再開後集中治療管理と早期リハビリ
    新沼 廣幸, 水野 篤, 浅野 拓, 小松 一貴, 山添 正博, 西 裕太郎, 望月 俊明, 大谷 典生, 泉谷 聡子, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2015
  • RRS集中治療部門の役割 予期せぬICU入室症例の検討 JCIによるRRSの義務化と当院でのRRSの取り組みの現状
    望月 俊明, 門田 美和子, 田村 富美子, 鈴木 千晴, 小松崎 朗子, 池亀 俊美, 笠井 愛, 青木 和裕, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2015
  • 集中治療から見た医療安全 JCIの観点から
    石松 伸一, 大谷 典生, 望月 俊明, 宮道 亮輔
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2015
  • 予期せぬICU入室症例の検討―JCIによるRRSの義務化と当院でのRRSの取り組みの現状―
    望月俊明, 門田美和子, 田村富美子, 鈴木千晴, 小松崎朗子, 池亀俊美, 笠井愛, 青木和裕, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 2015
  • 自殺企図患者における精神科チーム,ソーシャルワーカーとの連携
    宮道亮輔, 柳沢八重子, 今野健一郎, 田中裕之, 三谷英範, 三上哲, 伊藤恭太郎, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 2015
  • JCIの観点から
    石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 2015
  • 来院時心肺停止患者の心拍再開後集中治療管理と早期リハビリ
    新沼廣幸, 水野篤, 浅野拓, 小松一貴, 山添正博, 西裕太郎, 望月俊明, 大谷典生, 泉谷聡子, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 2015
  • 抗菌薬加療に難渋する有瘻性膿胸に対してEndobronchial Watanabe Spigot(EWS)と胸膜掻把術を施行した1例
    鈴木皓佳, 望月俊明, 三上哲, 宮道亮輔, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) 2015
  • ERにおけるリーフレットを契機とした看護師と他職種による患者家族へのグリーフケア
    高橋真理子, 青木悠, 藤原薫, 綾部晶子, 大谷典生, 神田美佳
    日本救急看護学会雑誌 Oct. 2014
  • 右臀部皮下血腫を契機に発見された後天性第13因子欠乏症の1例
    今野健一郎, 三谷英典, 田中裕之, 三上哲, 伊藤恭太郎, 宮道亮輔, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2014
  • 19歳発症のOrnithine transcarbamylase(OTC)欠損症による痙攣重積発作で救命し得なかった一例
    三谷英範, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 三上哲, 田中裕之, 今野健一郎
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2014
  • 心肺停止蘇生後において,MRIでの脳梁病変は予後不良因子か?
    望月俊明, 今野健一郎, 三谷英範, 田中裕之, 三上哲, 伊藤恭太郎, 宮道亮輔, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2014
  • ERトリアージの信頼性とJTASコース受講の関連
    宮道亮輔, 尾島俊之, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 伊藤恭太郎, 三上哲, 田中裕之, 三谷英範, 今野健一郎, 綾部晶子
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2014
  • 地域医療と救急医療の信念対立を解明し,これからの救急医療を考える
    宮道亮輔, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 伊藤恭太郎, 三上哲, 三谷英範, 田中裕之, 今野健一郎
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2014
  • MRI対応ヨーク弁式酸素ボンベへの切替プロジェクト
    大谷典生, 竹嶋千晴, 森澤美咲, 宮坂勝之
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2014
  • 脳低温療法施行後に5日間にわたり筋弛緩薬が遷延した一症例
    田中裕之, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 三上哲, 三谷英範, 今野健一郎
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2014
  • 血液培養検査陽性時の菌血症補助診断因子の検討
    三上哲, 名取洋一郎, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会学術集会(Web) Jan. 2014
  • 薬物中毒患者における濫用薬物尿中スクリーニングキット2製品の有用性の検討
    藤川葵, 大谷典生, 大出幸子, 田中裕之, 三谷英範, 三上哲, 伊藤恭太郎, 宮道亮輔, 望月俊明, 石松伸一
    中毒研究 Dec. 2013
  • 致死的循環不全をきたしたSystemic Capillary Leak Syndromeの一例
    田中裕之, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 三上哲, 三谷英範, 今野健一郎
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2013
  • 慢性硬膜下血腫後の痙攣リスク因子の検討
    三上哲, 今野健一郎, 三谷英範, 田中裕之, 伊藤恭太郎, 大出幸子, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2013
  • 【5大原則で苦手克服!急性中毒攻略法-症例から学ぶ診療の基本と精神科的評価&対応-】 症例から学ぶ急性中毒 [その他の医薬品]アセトアミノフェン
    大谷 典生
    救急・集中治療 Aug. 2013
    <ここがポイント!>アセトアミノフェン中毒では、薬物代謝過程において必要なグルタチオンの枯渇により、肝細胞毒性を有する代謝産物であるN-acetyl-p-benzoquinoneimine(NAPQI)が代謝・排泄しきれず肝障害をきたす。過量内服直後にはほぼ無症状であるが、中毒量を摂取した場合は肝障害出現の予防のために、グルタチオンの前駆物質であるN-アセチルシステイン(NAC)を投与する。N-アセチルシステイン(NAC)投与の要否を推定するための指標となるノモグラムがある。N-アセチルシステイン(NAC)投与には投与プロトコールがある。(著者抄録)
  • 初期研修修了時における指導医評価と看護師評価の乖離
    渡邉 直, 大谷 典生, 草川 功
    医学教育 Jul. 2013
  • 重症鈍的多発外傷に対し,ハイブリッド室に準じた方法で救命に至った一症例
    田中裕之, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 高林健, 伊藤恭太郎, 田中太郎, 三上哲, 三谷英範
    日本救急医学会関東地方会雑誌 Feb. 2013
  • 過量服薬に対する意識障害における気管挿管の検討
    三谷英範, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 高林健, 伊藤恭太郎, 田中太郎, 三上哲, 田中裕之
    日本救急医学会関東地方会雑誌 Feb. 2013
  • 重症鈍的多発外傷に対し、ハイブリット室に準じた方法で救命に至った一症例
    田中 裕之, 石松 伸一, 大谷 典生, 望月 俊明, 宮道 亮輔, 高林 健, 伊藤 恭太郎, 田中 太郎, 三上 哲, 三谷 英範
    日本救急医学会関東地方会雑誌 Feb. 2013
  • rSO2値と心拍再開までの時間関連について
    高林健, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 田中太郎, 三上哲, 田中裕之, 西裕太郎
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2013
  • 脳低体温療法におけるブランケット温の変更に伴う体温変化の実際―経験によらない体温管理を目指して―
    小川裕美子, 田中あゆ美, 佐藤かおり, 柳澤八恵子, 田村富美子, 大谷典生
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2013
  • 急変時初期対応院内教育コースの実施と今後の課題
    中島千春, 青木悠, 綾部晶子, 五十嵐葵, 岩谷朝子, 奥山智歌, 鷹岡真理子, 田島愛子, 大谷典生, 田村富美子
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2013
  • 超高齢者の心肺停止蘇生後についての検討
    田中裕之, 望月俊明, 大谷典生, 宮道亮輔, 高林健, 田中太郎, 三上哲, 三谷英範, 伊藤恭太郎, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2013
  • JCI(Joint Commission International)受審において当院救命救急センターICUが整備を要した項目
    大谷典生, 石松伸一, 林譲也, 鐘江康一郎, 小田薫, 小迫正美, 望月俊明, 宮道亮輔
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2013
  • rSO2値と心拍再開までの時間関連について
    高林 健, 石松 伸一, 大谷 典生, 望月 俊明, 宮道 亮輔, 伊藤 恭太郎, 田中 太郎, 三上 哲, 田中 裕之, 西 裕太郎
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2013
  • 当院初期研修医の救急研修の中身と研修医からの評価
    大谷典生, 石松伸一, 大出幸子, 三谷英範, 田中裕之, 三上哲, 田中太郎, 伊藤恭太郎, 高林健, 宮道亮輔, 望月俊明
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • ER型後期研修プログラム事前登録制への取り組み
    太田凡, 岩田充永, 大谷典生, 金井尚之, 木村昭夫, 志賀隆, 鈴木昌, 中村雅彦, 林寛之, 広瀬保夫, 本多英喜
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • アニサキス症の診断について
    高林健, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 宮道亮輔, 伊藤恭太郎, 三上哲, 田中太郎, 田中裕之, 三谷英範
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • 当院ERでの整形外科疾患を通してみる救急医と研修医教育のありかた
    三上哲, 田中裕之, 三谷英範, 田中太郎, 伊藤恭太郎, 高林健, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • Critical illness polyneuropathy(CIP)を呈した3例
    望月俊明, 田中裕之, 三谷秀範, 田中太郎, 三上哲, 伊藤恭太郎, 高林健, 宮道亮輔, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • アナフィラキシーショックにて来院後,心室細動となったkounis症候群の一例
    本間洋輔, 迫田邦裕, 大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • ER運営と指導医・専門医資格 ER型後期研修プログラム事前登録制への取り組み
    太田 凡, 岩田 充永, 大谷 典生, 金井 尚之, 木村 昭夫, 志賀 隆, 鈴木 昌, 中村 雅彦, 林 寛之, 広瀬 保夫, 本多 英喜, 日本救急医学会ER検討委員会後期研修プログラム小委員会
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • 研修医の救急研修は如何にあるべきか 当院初期研修医の救急研修の中身と研修医からの評価
    大谷 典生, 石松 伸一, 大出 幸子, 三谷 英範, 田中 裕之, 三上 哲, 田中 太郎, 伊藤 恭太郎, 高林 健, 宮道 亮輔, 望月 俊明
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2012
  • 急性カフェイン中毒の1例
    高林健, 石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 本間洋輔
    中毒研究 Jun. 2012
  • 低ナトリウム血症症状が先行したギラン・バレー症候群の1例
    三上哲, 田中太郎, 伊藤恭太郎, 高林健, 佐久間麻里, 望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2012
  • 多職種連携による心肺停止蘇生後ワーキンググループの設立
    本間洋輔, 佐藤早希, 加糖好子, 泉谷聡子, 馬淵美也子, 岡村大介, 佐野成美, 水野篤, 大谷典生, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2012
  • ブランケットによる脳低温療法管理における因子の検討
    本間洋輔, 佐久間麻里, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 大出幸子, 柳澤八恵子, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2012
  • 当院における院内急変患者の実態把握
    望月俊明, 大谷典生, 田村富美子, 竹嶋千晴, 笠井愛, 小松崎朗子, 門田美和子, 池亀俊美, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2012
  • 当院における気管切開後の気胸,縦隔気腫,皮下気腫の発生率
    田中太郎, 三上哲, 伊藤恭太郎, 高林健, 本間洋輔, 佐久間麻里, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2012
  • 熱中症と診断された高体温・発熱患者における抗菌薬投与の検討
    三上哲, 田中太郎, 伊藤恭太郎, 高林健, 本間洋輔, 佐久間麻里, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2012
  • 心原性心肺停止蘇生後における早期脳低温療法の有用性
    島村勇人, 大谷典生, 石松伸一, 西裕太郎, 副島久美子
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2012
  • 心身症発症の心理社会的要因分析は,救急外来頻回受診者(multiple visitors:MV)の受療行動を適正化しうる
    古賀晋一郎, 山川真紀子, 太田大介, 山田宇以, 落合尚美, 池田真人, 西田知佳子, 大谷典生, 有岡宏子, 高橋理
    日本心療内科学会誌 Nov. 2011
  • 3次搬送された飲酒患者の臨床的特徴
    世良俊樹, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一, 大友康裕
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2011
  • 抜歯後生じた縦隔気腫の一例
    桑原政成, 本間洋輔, 山野泰彦, 長嶺育弘, 世良俊樹, 岡田一宏, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2011
  • 当院におけるECPR症例の心機能予後についての検討
    本間洋輔, 田中太郎, 三上哲, 高林健, 佐久間麻里, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 大出幸子, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2011
  • 病院のQuality Indicatorとその改善の取り組み~数値改善の方策とその功罪~
    大谷典生, 三上哲, 田中太郎, 高林健, 本間洋輔, 佐久間麻里, 望月俊明, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2011
  • ERにおけるアナフィラキシー診療の問題点―低いエピペン処方率と専門医再診率―
    望月俊明, 田中太郎, 三上哲, 高林健, 本間洋輔, 佐久間麻里, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2011
  • 血中エタノール濃度と意識障害の相関
    高林健, 石松伸一, 青木光広, 大谷典生, 望月俊明, 佐久間麻里, 本間洋輔, 田中太郎, 三上哲
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2011
  • 救急現場から考える社会のシステム 3次搬送された飲酒患者の臨床的特徴
    世良 俊樹, 大谷 典生, 青木 光広, 石松 伸一, 大友 康裕
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2011
  • 当院における気管支異物症例
    尾辻瑞人, 大多和正樹, 蝶名林直彦, 西村直樹, 仁多寅彦, 冨島裕, 松迫正樹, 負門克典, 齋田幸久, 石松伸一, 青木光広, 大谷典生
    気管支学 May 2011
  • 当院での外傷における胸腔ドレナージ管理の検討
    本間洋輔, 大谷典生
    日本外傷学会雑誌 Apr. 2011
  • 救命救急センター集中治療室に入室した重症患者の家族の心理・社会的問題への取り組み
    神田美佳, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2011
  • 救急医療における倫理
    石松伸一, 三上哲, 田中太郎, 高林健, 本間洋輔, 佐久間麻里, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2011
  • 救急医療における多職種連携に関する取り組み 救命救急センター集中治療室に入室した重症患者の家族の心理・社会的問題への取り組み
    神田 美佳, 大谷 典生, 青木 光広, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2011
  • 胸腔ドレナージの功徳 当院での外傷における胸腔ドレナージ管理の検討
    本間 洋輔, 大谷 典生
    日本外傷学会雑誌 Apr. 2011
  • 上腸間膜動脈解離の特徴と診断・治療
    桑原政成, 西裕太郎, 大谷典生, 安齋均, 西原崇創, 新沼廣幸, 高尾信廣, 青木光広, 石松伸一, 林田憲明
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2011
  • 大動脈肺動脈側副動脈(MAPCA)瘤破裂による喀血,心肺停止で搬送された成人未治療極型ファロー四徴症の一例
    本間洋輔, 世良俊樹, 大谷典生, 長嶺育弘, 岡田一宏, 望月俊明, 青木光広, 渡邉琢也, 水野篤, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2011
  • 硫酸銅中毒の2例
    世良俊樹, 大谷典生, 岡田一宏, 立花直寛, 佐久間麻里, 長嶺育弘, 望月俊明, 青木光広, 石松伸一
    中毒研究 Dec. 2010
  • 急性睡眠薬中毒にて救急搬送後,妊娠中であることが発覚し,昏睡状態下で分娩開始となった一例
    本間洋輔, 佐野常男, 大谷典生, 長嶺育弘, 佐久間麻里, 岡田一宏, 望月俊明, 青木光広, 山本剛士, 草川功, 石松伸一
    中毒研究 Dec. 2010
  • 血気胸を伴う墜落外傷に対し集学的治療により救命できた1例
    尾辻瑞人, 大多和正樹, 石松伸一, 青木光広, 大谷典生, 望月俊明, 不破相勲, 石山光富, 負門克典, 松迫正樹, 斎田幸久
    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌 Aug. 2010
  • 救急医療におけるDNAR
    福田龍将, 岡田一宏, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    蘇生 Aug. 2010
    PDFファイルをご覧下さい。
  • 地方病院における急性薬物中毒患者の再発リスクについての検討 再発を減らすために救急医ができること
    本間洋輔, 元春洋輔, 三浦正善, 大出幸子, 長嶺育弘, 岡田一宏, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 西中徳治, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2010
  • 院外心肺停止症例における頭部MRI撮影時期と神経学的予後に関する検討
    望月俊明, 福田龍将, 本間洋輔, 中瀬孝, 長嶺育弘, 世良俊樹, 岡田一宏, 佐久間麻里, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2010
  • 自殺未遂者ケア 地方病院における急性薬物中毒患者の再発リスクについての検討 再発を減らすために救急医ができること
    本間 洋輔, 元春 洋輔, 三浦 正善, 大出 幸子, 長嶺 育弘, 岡田 一宏, 望月 俊明, 大谷 典生, 青木 光広, 西中 徳治, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2010
  • 脳低温療法の温度管理はICU担当看護師の経験年数に依存しているのか?
    柳澤 八恵子, 小川 裕美子, 松下 京子, 大谷 典生, 大出 幸子, 田村 富美子
    日本脳低温療法学会プログラム・抄録集 Jul. 2010
  • IIIa型肝損傷による胆汁性腹膜炎の発症を契機に診断に至った右横隔膜損傷の一例
    中瀬孝, 望月俊明, 尾辻瑞人, 武田崇志, 本間洋輔, 福田龍将, 近藤豊, 世良俊樹, 佐久間麻里, 長嶺育弘, 佐野常男, 岡田一宏, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本外傷学会雑誌 Apr. 2010
  • CPAにて2時間の胸骨圧迫の後,蘇生し,完全社会復帰を果たした1例
    中瀬孝, 世良俊樹, 大谷典生, 長嶺育弘, 佐野常男, 岡田一宏, 望月俊明, 青木光広, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2010
  • 当院9年間の緊急招集コール症例の解析
    大谷典生, 望月俊明, 池亀俊美, 田村富美子, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2010
  • 院外心停止蘇生後,難治性心室細動からcritical illness related cortico insufficiency:CIRCIとなった一例
    望月俊明, 大谷典生, 福田龍将, 世良俊樹, 佐久間麻里, 水野篤, 西原崇創, 岡田一宏, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2010
  • 低体温療法における予後予測因子の検討
    岡田一宏, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2010
  • 劇症型/重症溶血性G群連鎖球菌による壊死性皮膚筋膜感染症に対する集学的治療の1例
    佐久間麻里, 青木光広, 岡田一宏, 長嶺育弘, 佐野常男, 山内悠子, 鈴木研裕, 大谷典生, 古川恵一, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2010
  • 多臓器障害をきたした銅中毒の1例
    世良俊樹, 大谷典生, 岡田一宏, 立花直寛, 佐久間麻里, 長嶺育弘, 佐野常男, 望月俊明, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2010
  • 非鎮静下,意識障害患者を含む多様なICU患者におけるRASSの信頼性評価
    卯野木健, 沖村愛子, 桜本秀明, 竹嶋千晴, 青木和裕, 大谷典生, 望月俊明, 柳澤八恵子, 田村富美子
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2010
  • 日本におけるRapid Response System possible or impossible? 当院9年間の緊急招集コール症例の解析
    大谷 典生, 望月 俊明, 池亀 俊美, 田村 富美子, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2010
  • 当院における重症くも膜下出血の治療戦略と予後
    長嶺育弘, 大谷典生, 佐野常男, 阿部智一, 佐久間麻里, 岡田一宏, 世良俊樹, 望月俊明, 木村一隆, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2009
  • 頸椎骨折のスクリーニングツールとしての頸椎単純レントゲン検査の有用性
    大谷典生, 福田龍将, 近藤豊, 長嶺育弘, 佐野常男, 佐久間麻里, 世良俊樹, 岡田一宏, 望月俊明, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2009
  • 蘇生に成功した院外心肺停止症例の頭部CTにおけるCT値の検討
    望月俊明, 岡田一宏, 福田龍将, 近藤豊, 長嶺育弘, 佐野常男, 世良俊樹, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2009
  • 当院での救急医療体制:全次救急医療機関としての経過と問題点
    石松伸一, 大谷典生, 望月俊明, 佐久間麻里, 中瀬孝, 井上雅文, 福田龍將, 青木光広
    日本外科系連合学会誌 May 2009
  • 2次医療機関と3次医療機関のコラボレーション 当院での救急医療体制 全次救急医療機関としての経過と問題点
    石松 伸一, 大谷 典生, 望月 俊明, 佐久間 麻里, 中瀬 孝, 井上 雅文, 福田 龍將, 青木 光広
    日本外科系連合学会誌 May 2009
  • モニター 動脈血液ガス測定器による電解質測定値の誤差の検討
    大谷典生, 大出幸子, 望月俊明, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2009
  • Richmond Agitation‐Sedation Scale日本語版作成と特性の検討~Sedation Agitation Scaleとの比較~
    沖村愛子, 卯野木健, 桜本秀明, 竹嶋千晴, 青木和裕, 田村富美子, 柳澤八恵子, 大谷典生
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2009
  • 急性膵炎,糖尿病性ケトアシドーシスを伴う心肺停止状態から救命し得た一例
    大谷尚之, 近藤豊, 長嶺育弘, 佐野常男, 阿部智一, 世良俊樹, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2009
  • 動脈血液ガス測定器による電解質測定値の誤差の検討
    大谷 典生, 大出 幸子, 望月 俊明, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2009
  • 午後休診として全病院として災害訓練を行うための方策
    大谷典生, 椎野優樹, 長嶺育弘, 世良俊樹, 綾部晶子, 加藤佐知子, 望月俊明, 石松伸一
    日本集団災害医学会誌 Dec. 2008
  • 自殺企図患者に対する再企図リスク評価シート運用―専属精神科医不在の救命救急センターとしての試み―
    大谷典生, 前田千尋, 柳澤八恵子, 望月俊明, 田村富美子, 石松伸一
    中毒研究 Oct. 2008
  • サリチル酸中毒での,血液ガス検体と血漿検体におけるanion gap(AG)の乖離
    望月俊明, 近藤豊, 世良俊樹, 岡田一宏, 長嶺育弘, 佐野常男, 阿部智一, 大谷尚之, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    中毒研究 Oct. 2008
  • 救命救急センター内での自殺未遂患者への看護介入を考える‐自殺未遂患者テンプレートを用いて‐
    前田千尋, 柳澤八恵子, 大谷典生, 田村富美子
    日本救急看護学会雑誌 Oct. 2008
  • 救命救急センター内での自殺未遂患者への看護介入を考える 自殺未遂者テンプレートを用いて
    前田 千尋, 柳澤 八恵子, 大谷 典生, 田村 富美子
    日本救急看護学会雑誌 Oct. 2008
  • 自殺企図患者に対する再企図リスト評価シート運用 専属精神科医不在の救命救急センターとしての試み
    大谷 典生, 前田 千尋, 柳澤 八恵子, 望月 俊明, 田村 富美子, 石松 伸一
    中毒研究 Oct. 2008
  • 救急外来における血液ガス測定器を用いたAnion Gap測定に誤差を与える因子の検討
    大谷典生, 大出幸子, 望月俊明, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2008
  • あなたは蘇生を希望しますか?―医療従事者に対する心肺蘇生意識調査―
    大谷尚之, 石松伸一, 青木光広, 大谷典生, 木村一隆, 望月俊明, 阿部智一, 佐野常男, 長嶺育弘
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2008
  • 腸腰筋膿瘍;13症例の検討
    長嶺育弘, 阿部智一, 佐野常男, 大谷尚之, 望月俊明, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2008
  • 医事課から始めるチーム医療
    谷部聡, 石松伸一, 大谷典生, 神田美佳, 椎野優樹
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2008
  • 転落外傷後の大量輸血後に高ビリルビン血症を来した1例
    長嶺育弘, 大谷典生, 佐野常男, 張成虎, 阿部智一, 大谷尚之, 望月俊明, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2008
  • PCPSを用いて救命し得た,サリチル酸中毒に伴う急性肺水腫の一例
    張成虎, 石松伸一, 青木光広, 大谷典生, 望月俊明, 木村一隆, 大谷尚之, 阿部智一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2008
  • 心原性心肺停止蘇生後患者における心血管カテーテル検査後の予後に影響を与える因子の検討
    佐野常男, 長嶺育弘, 張成虎, 阿部智一, 大谷尚之, 望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2008
  • 模擬患者の視点から災害訓練を評価する利点
    望月俊明, 加藤佐知子, 大谷典生, 石松伸一
    日本集団災害医学会誌 Dec. 2007
  • 来院時低体温13例の検討
    大谷尚之, 長嶺育弘, 張成虎, 佐野常男, 阿部智一, 駒田謙一, 望月俊明, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2007
  • 当院における突発性縦隔気腫10例の検討
    望月俊明, 佐野常男, 張成虎, 長嶺育弘, 阿部智一, 大谷尚之, 駒田謙一, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2007
  • 完全シフト制の救急外来研修における研修内容の定量化
    大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2007
  • 経口補水液,救急外来での有用性―診療時間短縮,処置軽減,医療費軽減
    木村一隆, 石松伸一, 青木光広, 大谷典生, 望月俊明, 駒田謙一, 大谷尚之, 阿部智一, 佐野常男, 張成虎, 長嶺育弘
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2007
  • 当院における気道異物症例
    尾辻瑞人, 大多和正樹, 駒田謙一, 大谷典生, 石松伸一, 青木光広
    千葉医学雑誌 Apr. 2007
  • 救急医療におけるチーム医療のあり方 当院救命救急センターにおける事務部門・コメディカル部門との連携およびその効果
    大谷 典生, 谷部 聡, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2007
  • 塩酸ペロスピロン過量服用時の薬物動態と血清中プロラクチン値の変動
    石井絵美, 大谷典生, 土屋雅勇, 石松伸一, 木津純子
    日本薬学会年会要旨集 Mar. 2007
  • 当院災害対策訓練を通じて判明した病院被災時における集中治療室の脆弱性
    大谷典生, 石松伸一, 大和田哲郎, 望月俊明
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2007
  • APACHE IIによる集中治療室在室日数,入院日数の予測
    阿部智一, 大谷典生, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2007
  • 集中治療室内で自殺企図をした急性薬物中毒患者の1例
    望月俊明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2007
  • ICU災害の対応策 当院災害対策訓練を通じて判明した病院被災時における集中治療室の脆弱性
    大谷 典生, 石松 伸一, 大和田 哲郎, 望月 俊明
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2007
  • 当院救命救急センターにおける事務部門・コメディカル部門との連携およびその効果
    大谷典生, 谷部聡, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 2007
  • 大学実験室内でおきた白煙災害事例受け入れの報告
    望月俊明, 大谷典生, 石松伸一
    日本集団災害医学会誌 Dec. 2006
  • 日本医療機能評価機構審査にみる当院ER型救急の評価
    大谷典生, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2006
  • 当院救命救急センターにおける縊頚患者40例の精神的背景因子の検討
    中野敏明, 石松伸一, 大谷尚之, 堀田敏弘, 駒田謙一, 望月俊明, 椎野泰和, 大谷典生, 木村一隆, 青木光広
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2006
  • 意識障害を呈し来院した急性大動脈解離10症例の検討
    望月俊明, 阿部智一, 大谷尚之, 堀田敏弘, 駒田謙一, 椎野泰和, 中野敏明, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2006
  • 外傷性大動脈損傷と骨盤骨折を合併し,内腸骨動脈塞栓術を先に行い,術中出血のリスクを回避し,救命できた1例
    堀田敏弘, 阿部智一, 大谷尚之, 駒田謙一, 望月俊明, 椎野泰和, 中野敏明, 木村一隆, 大谷典生, 青木光弘, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2006
  • 救急外来での虚血性脳血管障害の診断におけるMRIの有用性に関しての検討
    椎野泰和, 阿部智一, 大谷尚之, 堀田敏弘, 駒田謙一, 望月俊明, 大谷典生, 木村一隆, 中野敏明, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2006
  • 当院救命救急センターにおける縊頸患者40例の精神的背景因子の検討
    中野 敏明, 石松 伸一, 大谷 尚之, 堀田 敏弘, 駒田 謙一, 望月 俊明, 椎野 泰和, 大谷 典生, 木村 一隆, 青木 光広
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2006
  • ER型救急医療の将来 日本医療機能評価機構審査にみる当院ER型救急の評価
    大谷 典生, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2006
  • シミュレーターを用いた擬似患者トレーニングを含むオリエンテーションの評価
    大出幸子, 石松伸一, 高屋尚子, 青野真弓, 青木光広, 大谷典生, 福井次矢
    医学教育 Jul. 2006
  • 救急部門研修の強化は初期研修の質の向上につながる
    大谷典生, 石松伸一
    医学教育 Jul. 2006
  • 当院救命センターにおける電子カルテ導入後のインシデントの検討
    望月俊明, 寺井美峰子, 駒田謙一, 椎野泰和, 中野敏明, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2006
  • 臨床研修必修化導入に伴う初期研修医救急部研修プログラムの変更
    大谷典生, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2006
  • 海外大規模災害における当院の医療支援活動;単独病院組織としての試み
    駒田謙一, 石松伸一, 望月俊明, 中野敏明, 椎野泰和, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2006
  • 医療安全対策 当院救命センターにおける電子カルテ導入後のインシデントの検討
    望月 俊明, 寺井 美峰子, 駒田 謙一, 椎野 泰和, 中野 敏明, 木村 一隆, 大谷 典生, 青木 光広, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2006
  • 当センターにおけるえい頚患者40例の検討
    中野敏明, 石松伸一, 佐藤智也, 堀田敏弘, 駒田謙一, 望月俊明, 椎野泰和, 大谷典生, 青木光広
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2006
  • 当院救命救急センターICUでの終末期医療の現状
    大谷典生, 石松伸一, 佐藤智也, 堀田敏弘, 望月俊明, 椎野泰和, 中野敏明, 青木光広
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2006
  • 急性薬物中毒患者における横紋筋融解症合併の危険因子の検討
    佐藤智也, 大谷典生, 中野敏明, 椎野泰和, 望月俊明, 堀田敏弘, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2006
  • 当院集中治療室における重症市中肺炎球菌性肺炎の検討
    望月俊明, 佐藤智也, 堀田敏弘, 椎野泰和, 中野敏明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2006
  • 当センターにおける縊頸患者40例の検討
    中野 敏明, 石松 伸一, 佐藤 智也, 堀田 敏弘, 駒田 謙一, 望月 俊明, 椎野 泰和, 大谷 典生, 青木 光広
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2006
  • 災害時の経験・知識の少ない医師が中心となって行う災害時対応の問題点
    望月 俊明, 大谷 典生, 石松 伸一
    日本集団災害医学会誌 Jan. 2006
  • 最近の当院脊椎硬膜外膿よう10例,診断までの経緯と予後
    木村一隆, 大谷尚之, 佐藤智也, 堀田敏弘, 駒田謙一, 望月俊明, 椎野泰和, 中野敏明, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一, 古川恵一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2005
  • 2004年度の当院救急外来診療におけるインフルエンザり患患者の動向
    大谷典生, 堀田敏弘, 佐藤智也, 大谷尚之, 駒田謙一, 望月俊明, 椎野泰和, 中野敏明, 木村一隆, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2005
  • Dihydropyridines系カルシウムきっ抗薬772mgを内服しショックが遷延した1例
    望月俊明, 大谷尚之, 堀田敏弘, 佐藤智也, 駒田謙一, 椎野泰和, 中野敏明, 木村一隆, 大谷典生, 青木光広, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2005
  • Dihydropyridines系カルシウム拮抗薬772mgを内服しショックが遷延した1例
    望月 俊明, 大谷 尚之, 堀田 敏弘, 佐藤 智也, 駒田 謙一, 椎野 泰和, 中野 敏明, 木村 一隆, 大谷 典生, 青木 光広, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2005
  • 最近の当院脊椎硬膜外膿瘍10例,診断までの経緯と予後
    木村 一隆, 大谷 尚之, 佐藤 智也, 堀田 敏弘, 駒田 謙一, 望月 俊明, 椎野 泰和, 中野 敏明, 大谷 典生, 青木 光広, 石松 伸一, 古川 恵一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2005
  • 2004年度の当院救急外来診療におけるインフルエンザ罹患患者の動向
    大谷 典生, 堀田 敏弘, 佐藤 智也, 大谷 尚之, 駒田 謙一, 望月 俊明, 椎野 泰和, 中野 敏明, 木村 一隆, 青木 光広, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Aug. 2005
  • PCPS(経皮的心肺補助)により救命しえた重症肺炎の一例
    椎野泰和, 佐藤智也, 望月俊明, 大谷典生, 中野敏明, 青木光広, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2005
  • クモ膜下出血の再出血の発生率及び要因,特に看護行為との関連に関する検討 (第一報)
    久松正樹, 山本謙太郎, 卯野木健, 木村史良, 桑原美弥子, 桜本秀明, 菊池友理, 大谷典生, 安中正和
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2005
  • 人工呼吸装着患者において,経腸栄養の持続投与法は間欠的投与法に比べて下痢の頻度を減少させる
    川崎 由理, 小山 絵里, 卯野木 健, 小崎 美保, 小林 陽子, 木村 史良, 四本 竜一, 松下 文恵, 三井 浩, 大谷 典生
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2005
  • 難治性心室細動に対しPCPS,低体温療法を行い,社会復帰し得たMaron IV型肥大型心筋症の一例
    大島一太, 西裕太郎, 浜田知幸, 尾信広, 林田憲明, 小柳仁, 大谷典生, 石松伸一, 相良耕一
    Circ J Oct. 2004
  • 救急外来における電子チャート運用の現状
    青木光広, 大谷典生, 椎野泰和, 中野敏明, 望月俊明, 浅野直, 駒田謙一, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Sep. 2004
  • 救急外来でのプライマリケア教育には十分な研修期間の設定が必要である
    大谷典生, 駒田謙一, 浅野直, 望月俊明, 椎野泰和, 青木光広, 石松伸一
    医学教育 Jul. 2004
  • 東院救命救急センターに入院した熱中症患者の重症化予測因子に関する検討
    望月俊明, 桜井宏樹, 浅野直, 椎野泰和, 大谷典生, 三井浩, 奥村澄枝, 青木光広, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2004
  • 当施設における高齢者の診療状況に関する検討
    奥村澄枝, 桜井宏樹, 浅野直, 望月俊明, 椎野泰和, 大谷典生, 三井浩, 青木光広, 石松伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2004
  • 当院救命救急センターに入院した熱中症患者の重症化予測因子に関する検討
    望月 俊明, 櫻井 宏樹, 浅野 直, 椎野 泰和, 大谷 典生, 三井 浩, 奥村 澄枝, 青木 光広, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Apr. 2004
  • 救急外来におけるぜん息発作診療上の問題点
    桜井宏樹, 望月俊明, 大谷典生, 石原康子, 田中和豊, 石松伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 Nov. 2003
  • 救急外来における喘息発作診療上の問題点
    櫻井 宏樹, 望月 俊明, 大谷 典生, 石原 康子, 田中 和豊, 石松 伸一
    日本救急医学会関東地方会雑誌 Nov. 2003
  • 救命救急センターにおける電子チャート導入の試み
    青木光広, 椎野泰和, 大谷典生, 三井浩, 望月俊明, 桜井宏樹, 浅野直, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2003
  • アレルギー性食中毒(ヒスタミン中毒)の経験
    石松 伸一, 浅野 直, 櫻井 宏樹, 望月 俊明, 椎野 泰和, 三井 浩, 大谷 典生, 青木 光広, 奥村 澄枝
    中毒研究 Oct. 2003
  • 致死的MCPP量を内服したが救命しえた1症例
    三井 浩, 望月 俊明, 櫻井 宏樹, 椎野 泰和, 大谷 典生, 石原 康子, 田中 和豊, 青木 光広, 石松 伸一
    中毒研究 Apr. 2003
  • 美容外科救急患者の問題点
    青木 光広, 田中 和豊, 石原 康子, 大谷 典生, 三井 浩, 椎野 泰和, 望月 俊明, 櫻井 宏樹, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Mar. 2003
  • 硫酸アトロピン500mg服用に伴う急性アトロピン中毒の1例
    大谷 典生, 椎野 泰和, 三井 浩, 森田 正則, 田中 和豊, 石原 康子, 石松 伸一
    中毒研究 Oct. 2002
  • 心肺停止蘇生後意識回復例に見られた脳機能障害の検討
    石松伸一, 望月俊明, 桜井宏樹, 椎野泰和, 三井浩, 大谷典生, 石原康子, 田中和豊, 青木光広
    日本救急医学会雑誌 Sep. 2002
  • 痙攣発作をきたしたIsoniazid中毒の1例
    椎野 泰和, 三井 浩, 森田 正則, 大谷 典生, 田中 和豊, 石原 康子, 石松 伸一
    中毒研究 Apr. 2002
  • 泥酔者と誤認された血糖2022mg/dlの糖尿病性昏睡
    大谷 典生, 椎野 泰和, 三井 浩, 森田 正則, 田中 和豊, 石原 康子, 石松 伸一
    日本臨床救急医学会雑誌 Mar. 2002
  • 塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)中毒により急性心筋障害を認めた1例
    田中和豊, 大谷典生, 椎野泰和, 三井浩, 森田正則, 西裕太郎, 石松伸一
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2002
  • 虚血性心疾患として発症する急性大動脈解離症例の検討 虚血性心疾患からのスクリーニング方法
    田中和豊, 椎野泰和, 三井浩, 森田正則, 大谷典生, 石原康子, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2001
  • 中毒症状が遅発,遷延した有機リン中毒の1例
    森田正則, 大谷典生, 岡本博照, 田中和豊, 牛田進一郎, 石原康子, 河野匡彦, 石松伸一
    中毒研究 Apr. 2001
  • 中心性脊髄損に対するメチルプレドニゾロン大量療法の検討
    森田正則, 岡本博照, 大谷典生, 牛田進一郎, 石原康子, 河野匡彦, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2000
  • 重症橋出血の予後予測因子 生命予後に主眼をおいて
    大谷典生, 岡本博照, 森田正則, 牛田進一郎, 石原康子, 河野匡彦, 石松伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2000
  • 肺血栓塞栓症の診断 当院における診断までの過程
    石松伸一, 椎野泰和, 岡本博照, 森田正則, 大谷典生, 石原康子, 河野匡彦
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2000
  • 中心性脊髄損傷に対するメチルプレドニゾロン大量療法の検討
    森田 正則, 岡本 博照, 大谷 典生, 牛田 進一郎, 石原 康子, 河野 匡彦, 石松 伸一
    日本救急医学会雑誌 Oct. 2000
  • 当院救急ICUにおける高齢患者の現状と今後の課題
    石松伸一, 大谷典生, 森田正則
    日本集中治療医学会雑誌 Jan. 2000

Misc

  • 神経救急!さあ,次に何をする?「この患者は髄膜炎か脳炎ではないか?」と疑った患者への対応
    岩崎任, 大谷典生
    レジデントノート 20(18) 3168‐3175 Mar. 2019
  • 神経救急!さあ,次に何をする?「意識障害です!」と搬送された患者への対応
    堀江勝博, 大谷典生
    レジデントノート 20(18) 3094‐3102 Mar. 2019
  • 手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング I ビジュアル気管挿管 PART 1 気管挿管とはなにか
    大谷典生
    月刊ナーシング 36(11) 9‐15 Sep. 2016
  • 手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング I ビジュアル気管挿管 PART 3 気管挿管のここを再チェック
    大谷典生
    月刊ナーシング 36(11) 43‐49 Sep. 2016
  • 手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング I ビジュアル気管挿管 PART 2 気管挿管の準備と実施手順
    大谷典生
    月刊ナーシング 36(11) 16‐42 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART1) 気管挿管とはなにか 気管挿管の基礎知識
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 10-11 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART1) 気管挿管とはなにか 気管挿管の種類
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 12-13 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART1) 気管挿管とはなにか 気管挿管に必要な解剖の知識
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 14-15 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管挿管時の物品準備
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 18-19 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管挿管前の薬剤投与
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 20-21 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管挿管患者の体位確保
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 22-23 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管挿管前の十分な酸素化
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 24-25 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管挿管時の開口(クロスフィンガー法)
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 26-27 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 喉頭鏡の挿入
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 28-29 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管挿管前の喉頭展開
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 30-31 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 喉頭展開時の介助
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 32-33 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管チューブの挿入
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 34-35 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管チューブのカフへの空気注入
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 36-37 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 気管チューブの位置確認
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 38-39 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 バイトブロック挿入と気管チューブ固定
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 40-41 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART2) 気管挿管の準備と実施手順 喉頭展開困難でも低侵襲で挿管しやすいビデオ喉頭鏡
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 42-42 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART3) 気管挿管のここを再チェック 気管挿管時に用いる器具の扱い方
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 44-45 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART3) 気管挿管のここを再チェック 気管挿管前の患者評価
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 46-47 Sep. 2016
  • 【手技がすぐわかる・流れがみえる決定版!ビジュアル人工呼吸管理 気管挿管 人工呼吸器のモード設定 ウィーニング】 ビジュアル気管挿管(PART3) 気管挿管のここを再チェック 気管挿管時に用いる主な薬剤
    大谷 典生
    ナーシング 36(11) 48-49 Sep. 2016
  • 【胸痛の診断は時間軸で考える 経過とタイミングを意識した診療で危険な疾患を見抜く!】 救急外来でどう診断するのか?
    大谷 典生
    レジデントノート 16(9) 1651-1658 Sep. 2014
    (1)救急外来では、緊急度・重症度の高い疾患の除外を最優先とする(2)胸痛を主訴とする疾患のうち、救急外来で鑑別しなければならない疾患には急性冠症候群(急性心筋梗塞・不安定狭心症)・大動脈解離・肺血栓塞栓症・気胸・食道破裂がある(3)診療にあたり、時間を強く意識する(4)思い込みによるバイアスを極力排除する(著者抄録)
  • 【「夜勤」や「1人」につよくなる!急変予測と対応のスキル】 食事中の急変 食事中の呼吸困難。誤嚥だと思い対応したが、実際は肺塞栓!
    大谷 典生
    Expert Nurse 23(5) 34-37 May 2007
  • 【「夜勤」や「1人」につよくなる!急変予測と対応のスキル】 精神科での急変 COPD患者の不穏。精神的不安ととらえたが、血圧低下し、心肺停止に!
    大谷 典生
    Expert Nurse 23(5) 42-43 May 2007
  • 【「夜勤」や「1人」につよくなる!急変予測と対応のスキル】 自覚症状がないまま急変 自覚症状もバイタルサインも変化がないのに、SpO2だけ80%台に低下!
    大谷 典生
    Expert Nurse 23(5) 58-59 May 2007
  • 【「夜勤」や「1人」につよくなる!急変予測と対応のスキル】 苦しさの訴えのあとの急変 咳が増えた患者に鎮静剤投与。胸痛を訴え、すぐに意識消失!
    大谷 典生
    Expert Nurse 23(5) 60-61 May 2007
  • 病棟で起こった急変事例20の対応策 事例10 胸水ドレナージ後に呼吸状態が悪化!
    大谷典生
    Expert Nurse 22(1) 52-53 Jan. 2006
  • 病棟で起こった急変事例20の対応策 事例11 かん腸後,血圧が低下しショック状態に!
    大谷典生
    Expert Nurse 22(1) 56-57 Jan. 2006
  • 【病棟で起こった急変事例20の対応策】 「トイレに行きたい」という訴え後,急にベッドに倒れこんだ!
    大谷 典生
    Expert Nurse 22(1) 50-51 Jan. 2006
  • 【病棟で起こった急変事例20の対応策】 浣腸後,血圧が低下しショック状態に!
    大谷 典生
    Expert Nurse 22(1) 56-57 Jan. 2006
  • 【病棟で起こった急変事例20の対応策】 胸水ドレナージ後に呼吸状態が悪化
    大谷 典生
    Expert Nurse 22(1) 52-53 Jan. 2006


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.