HIRUTA Akiko

Faculty & Position:Women’s Health/Midwifery  assistant professor
Contact:akiko-hiruta[at]slcn.ac.jp convert [at] to @
URL: 
Last Updated: Aug. 07, 2019 at 14:38

Researcher Profile & Settings

Profile

    Maternal Infant Nursing & Midwifery

Education

  • St. Luke's College of Nursing Graduate School,Division of Nursing,Doctoral Programs in Nursing Science

Association Memberships

    ST. LUKE'S SOCIETY FOR NURSING RESEARCH , JAPANESE SOCIETY OF PERINATAL MENTAL HEALTH , JAPAN SOCIETY OF MATERNAL HEALTH

Qualification

  • 看護学博士

Research Activities

Research Areas

  • Nursing / Clinical nursing
  • Nursing / Lifelong developmental nursing

Published Papers

  • 語ることでもたらされること 周産期喪失後のグリーフ・カウンセリング
    石井 慶子, 堀内 成子, 堀内ギルバート 祥子, 蛭田 明子
    聖路加国際大学紀要 3 84-89 Mar. 2017
  • 周産期喪失のケアに従事する看護者を対象とした認知行動理論に基づくコミュニケーションスキルプログラムの開発と評価
    蛭田 明子, 堀内 成子, 石井 慶子, 堀内ギルバート 祥子
    日本助産学会誌 30(1) 4-16 Jun. 2016
    背景と目的 患者のケアニーズを引き出し、患者中心のケアを提供するために、コミュニケーションは重要な鍵となる。しかし、周産期喪失は予期せずして起こり、患者の感情と自分自身の感情の双方に対処する難しさから、多くの看護者がコミュニケーションの難しさを経験する。本研究は、周産期に子どもを亡くした両親にケアを提供する看護者を対象に、認知行動理論に基づくコミュニケーションスキルプログラムを開発し、その有用性を評価することを目的とした。方法 一群による事前事後評価研究。対象は周産期喪失のケアに従事する看護師/助産師。プログラムのゴールは、対象者の態度・行動に変容が認められること。有用性の評価指標は、自己効力感、ケアの困難感、共感満足と共感疲労、コミュニケーションの変容とし、プログラム実施前、実施後、実施1ヵ月後の3時点で測定した。結果 47名の看護師/助産師が1日のプログラムに参加、内37名(78.7%)が1ヵ月後の質問紙まで終了した。(1)自己効力感は実施後有意に上昇し(p=.000)、1ヵ月後も実施前より有意に高かった(p=.000)。(2)ケアの困難感は実施後有意に減少し(p=.000)、1ヵ月後も有意に低かった(p=.000)。(3)共感満足と共感疲労は、実施前後で有意差はなかった。サブグループ解析により、実施前に自己効力感が低くケアの困難感が高い群(13名)では、共感疲労の要因である二次的トラウマが有意に減少した(p=.001)。(4)実施1ヵ月後のコミュニケーションの態度・行動の変容を感じている者が28名(75.7%)であった。結論 本プログラムは、看護者の自己効力感を高め、困難感を軽減することに機能し、その変化は1ヵ月後も持続していた。さらに、看護者の認知の変容をもたらし、コミュニケーションにおける態度・行動の変容をもたらしていることが示された。(著者抄録)
  • e-learningによる分娩後出血対応に関する助産師継続教育プログラムの評価
    加藤 千穂, 片岡 弥恵子, 五十嵐 ゆかり, 蛭田 明子
    日本助産学会誌 29(1) 77-86 Jun. 2015
    目的 助産師を対象とした、分娩後出血に関する知識習得のためのe-learningによる教育プログラムを評価することである。対象と方法 研究対象者は関東圏内で産科病棟を有し、分娩を取り扱う病院・診療所、助産所に勤務する助産師である。e-learningは目標に沿って4つのチャプターで構成した。測定用具は分娩後出血対応に関する23項目の知識テストおよびプログラム評価の自記式質問紙とし、e-learning前後で回答を得た。結果 48名を分析対象とした。知識テスト合計得点の平均値は事前テスト15.85点(range 11-21点、SD2.78)、事後テスト20.02点(range 14-23点、SD2.21)であり、有意に知識得点が上昇した(t=10.27、p<.001)。実施前後で正答率が有意に上昇した項目は「弛緩出血の特徴」「出血に関連する凝固因子」「ショックを起こす循環血液量喪失の割合」「成人の循環血液量」「出血性ショック時の対応」「希釈性凝固障害の特徴」「細胞外液の構成」「産科DICの特徴」「循環血液量増加の理由」「ショックインデックスからの出血量予測」「産科出血時に必要な輸血製剤」「血漿中の成分」の12項目であった。正答率が低かった項目は「膠質浸透圧に関わる物質」「晶質浸透圧に関わる物質」の2項目であった。また、合計得点の平均値と参加者の特性について2元配置分散分析を行ったが、有意差は認められなかった。e-learningの操作方法、教材の適切性、内容の満足度ともに肯定的な評価が得られ、プログラムの構成は有用であった。結論 分娩後出血対応に関するe-learningは、知識習得に効果があると言える。出血時の輸液療法に関連する生理学の理解が得られにくかったため、内容の修正と知識の維持に関する長期的評価、ガイドライン等の周知徹底のためのプログラム内容の検討が今後の課題である。(著者抄録)
  • 助産師の卒後教育における分娩後出血シミュレーショントレーニングプログラムの開発
    蛭田 明子, 五十嵐 ゆかり, 佐藤 理恵, 豊嶋 優子, 加藤 千穂, 片岡 弥恵子
    聖路加国際大学紀要 1 127-130 Mar. 2015
  • The existence of the deceased children in the grieving process of mothers who have experienced stillbirth
    HIRUTA Akiko
     23(1) 59-71 Jun. 2009

Conference Activities & Talks

  • 薬剤による分娩誘発が必要となる前に自然陣痛発来を促す開業助産所のケア
    大野 真理, 蛭田 明子
     Mar. 2016
  • 初めての死産のケアにおける二人の助産師の体験
    秋葉 友紀子, 蛭田 明子
    日本助産学会誌 Mar. 2016
  • 高等学校・保健「キャリアプラン妊娠・出産」授業案と教材開発
    森 明子, 片岡 弥恵子, 五十嵐 ゆかり, 蛭田 明子, 小黒 道子, 飯田 真理子, 新福 洋子, 川元 美里
    聖路加看護学会学術大会講演集 Sep. 2015
  • 産科救急シミュレーションプログラムの評価尺度の開発
    加藤 千穂, 片岡 弥恵子, 五十嵐 ゆかり, 蛭田 明子
    聖路加看護学会学術大会講演集 Sep. 2015
  • The Existence of the Deceased Child for Mother Who Have Live-Born CHild after Perinatal Loss
    Akiko Hiruta
    The 12th East Asian Forum of Nursing Scholars Mar. 2009
  • Development ot the Angel Kit:Improving the Quality of Care for Perinatal Loss.
    Shigeko Horiuchi,Naoko Ota,Keiko Ishii,Akiko Hiruta,Shoko Horiuchi
    The 9th SIDS International Conference Jun. 2006

Misc

  • 看護学部生の能動的学修を推進する実習室環境の整備
    中溝 倫子, 佐居 由美, 宇都宮 明美, 蛭田 明子, 沢口 恵, 桑原 良子, 森島 久美子, 大原 まどか, 藤田 俊介, 中嶋 秀明, 聖路加国際大学看護学部実習室小委員会
    聖路加国際大学紀要 3 73-78 Mar. 2017
  • 学生にとって学びやすい実習室を目指した取り組み 学生実習室委員会との連携および実習室助手の役割に焦点をあてて
    佐居 由美, 中溝 倫子, 宇都宮 明美, 森島 久美子, 蛭田 明子, 沢口 恵, 桑原 良子, 大原 まどか, 藤田 俊介, 聖路加国際大学看護学部実習室委員会
    聖路加国際大学紀要 2 78-82 Mar. 2016
  • Homeopathy for reducing blood loss in the third stage of labor.(protocol)
    Kataoka,Y., Yaju,Y., Hiruta, A., Horiuchi,S.& Mori,R
    The Cochrane Library 2015
  • Women Support Project for Great East Japan Earthquake - Revival Period to Closing our Project -
    (40) 85-89 Mar. 2014
    Since April 2011, a month after the March 11 Great East Japan Earthquake, our project has been corroborate with Japan Association for Refugee to support mainly for women aspect to protections and supplies offer beside consultations of women’s health conducted by nurse-midwives at Rikuzen takata city, Iwate prefecture, Japan.Due to closing of shelter at August 2011, we shifted providing care at shelter to temporary houses and community centers, also we change and expand providing care for women as women’s change of their needs. We report our providing care from revival period to until February 2012, closing our project.We were conducted health consulting support for women’s health, and supplies offer by nurse-midwives as we provided since we start this project. Besides, we conduct hand massage when consulting, and made aroma crafts with women for relaxation care. We also include physical exercise and exercise to prevent incontinent as part of care sometimes. There are demand to make sexual education pamphlets which includes menstruation and self protection for girls who have lost their mother. We conducted menstruation education to girls using original pamp
  • Student Affairs Section FY2011 Activity Report: The Four-year-Approach for a Suitable Learning Environment
    (38) 39-43 Mar. 2012
    〔Abstract〕 In 2008, the Student Affairs Division of St. Luke’s College of Nursing launched an initiative to encouragestudents to acquire appropriate communication skills and basic manners. For the past three years, thecommittee for the improvement of students’ manners has implemented a program called “Establishinga suitable learning environment”. In the first year of the program, the main objective was to disseminateinformation about the committee’s activities. In the second year, the committee began promoting theimprovement of students’ communication skills and basic manners, and in the third year, the committeecontinued and enhanced these activities. In the fourth year, 2011, the committee has worked to firmlyestablish its activities. The actual activities undertaken this year were: promotion of the exchange ofgreetings on a daily basis and also on sports day, implementation of public relations at the school festival, acampaign for collecting plastic bottle caps, carrying out locker-room clean-up activities, and improvement ofstudents’ manners in using the library and PC rooms in cooperation with the students’ library committeeand the

Awards & Honors

  • Mar. 2016 The 30th anniversary memory articles DEVEROPMENT AND EVALUATION OF A CBT-BASED COMMUNICATION SKILLS TRAINING FOR PERINATAL LOSS CARE PROVIDERS


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.