WATANABE Akiyoshi

Faculty & Position:Other Office  officer
Contact:
URL: 
Last Updated: Sep. 09, 2019 at 11:56

Researcher Profile & Settings

Association Memberships

    Japan Society for Healthcare Administration) , Japanese Society for Clinical Pathway , Japan Association for Healthcare Balanced Scorecard Studies , JAPAN SOCIETY FOR HEALTH CARE MANAGEMENT

Qualification

  • 経営情報学修士(産能大学大学院)

Research Activities

Published Papers

  • 地域医療連携を支える病院事務職研修 参加者が設計者となって創り上げるワークショップの試み
    伊藤 健一, 青野 真弓, 市川 雅人, 渡辺 明良, 佐治 浩功, 柴田 哲宏, 中川 幹浩, 西部 暁美, 渡辺 博之, 渡邉 幸成
    病院 74(11) 836-840 Nov. 2015
  • PCCの事業化
    渡辺 明良
    日本医療・病院管理学会誌 52(3) 180-181 Jul. 2015
  • MEASURING THE QUALITY OF MEDICAL CARE: THE CASE OF ST. LUKES HOSPITAL
    WATANABE AKIYOSHI
    医療福祉建築(187) 14-15 Apr. 2015
  • 外来業務における医療関係職種と事務職員等の役割分担 東京都内の医師事務作業補助体制加算届出病院の調査結果より
    瀬戸 僚馬, 蓮岡 英明, 渡辺 明良, 武藤 正樹
    日本医療マネジメント学会雑誌 12(4) 245-249 Mar. 2012 [Refereed]
    外来業務における役割分担の現状を把握するため、東京都内の医師事務作業補助体制加算届出病院94施設に自記式調査票を郵送し、37病院から回答を得た。そのうち、病床数400床未満が24病院(64.8%)を占めた。外来部門における事務職員の配置は、看護職員4.46人に対し1人の割合であった。医師、看護職員および事務職員間で分担する余地のある24種類の外来業務を掲げ、当該業務をどの職種が行っているかを調査した。医師については、全回答病院で実施している業務には「処方箋の記載・入力」があり、いずれの病院でも実施していない業務に「検査室への案内・付添」があった。これ以外の業務は、医師は、看護職員や事務職員と分担して実施していた。また、役割分担通知に関する行政通知において事務職員に委譲できると明示された業務であっても、医師や看護職員が担っている現状が明らかになった。例えば、「次回診察の予約」は医師が担っているのが25病院(67.6%)、看護職員が担っているのが22病院(59.5%)に対し、事務職員が担っているのは21病院(56.8%)に過ぎなかった。同様の傾向が「診察に必要なカルテなどの準備」などでもみられた。事務職員が少ない病院では、これらの業務を看護職員が担う傾向があることも明らかになった。役割分担を推進するためには、外来における事務職員を拡充する必要があることが示唆された。(著者抄録)
  • 病院原価計算手法の今日的課題
    渡辺 明良
    日本医療マネジメント学会雑誌 12(3) 186-189 Dec. 2011 [Refereed]
    日本医療マネジメント学会に設置されている原価計算委員会では、病院原価計算の今日的課題について整理・検討が行われてきた。そこでは、原価計算の目的が不明確であることや、原価の定義や範囲があいまいなことなどを起因とする、間違った記述や議論の齟齬が生じていることがあげられた。そこで、当委員会として病院原価計算手法に関する提言が必要との認識のもと、これらの課題についての整理と検討を行った。その結果、病院原価計算の目的に対応した原価対象や原価範囲を設定する必要性があることが考えられる。特に、病院会計準則に基づく総原価を「医療原価」や「医業管理費」のように区分し、定義したうえで病院原価計算を実施することで、当学会の学会発表や論文において散見される、原価計算に言及する際の理解の齟齬や誤解の減少が期待される。(著者抄録)
  • 医療経営分析のエッセンス
    渡辺 明良
    日本IVF学会誌 14 14-14 Oct. 2011
  • 医師事務作業補助者の業務と電子カルテ等への代行入力の現状
    SETO RYOUMA, HASUOKA HIDEAKI, MITANI YOSHIAKI, YAMASHITA SAYURI, WAKABAYASHI SUSUMU, WATANABE AKIYOSHI, ISHIGAMI KUMIKO, MUTO MASAKI, KAIHARA SHIGEKOTO
    医療情報学 29(6) 265-272 Jan. 2011
  • 病院原価計算の基本と実務(最終回) 原価計算を病院経営管理ツールとして活用するためのポイント
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(9) 78-81 Dec. 2010
  • 病院原価計算の基本と実務(第8回) 患者別原価計算の活用
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(8) 80-83 Nov. 2010
  • 病院原価計算の基本と実務(第7回) 患者別原価計算の手法
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(7) 76-79 Oct. 2010
  • 病院原価計算の基本と実務(第6回) 原価計算の情報を活用する(2)
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(6) 69-72 Sep. 2010
  • 病院原価計算の基本と実務(第5回)部門別原価計算の情報を活用する
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(5) 72-75 Aug. 2010
  • 病院原価計算の基本と実務(第4回) 部門別原価計算の手続き(2)
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(4) 68-71 Jul. 2010
  • 病院原価計算の基本と実務(第3回) 部門別原価計算の手続き(1)
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(3) 68-71 Jun. 2010
  • 病棟定数在庫の減少を目指して
    河原 淳, 渡辺 明良, 小林 清春
    日本医療マネジメント学会雑誌 11(Suppl.) 238-238 Jun. 2010 [Refereed]
  • 欧米の医師事務作業補助者が担う診療情報関連業務
    SETO RYOUMA, ISHIGAMI KUMIKO, MITANI YOSHIAKI, WATANABE AKIYOSHI, MUTO MASAKI, KAIHARA SHIGEKOTO
    診療情報管理 22(1) 65-68 Jun. 2010
    諸外国における医師事務作業補助者の業務を概観し、その中でどのような診療情報関連業務が行われているかを明らかにした。文献データベース(Pubmed)を用い、MeSHにおける医師事務作業補助者の統制語であるMedical Secretaryを検索語として検索を行った。検索された文献は1226件で、MeSHタームにMedical Secretaryを含むものは380件であった。欧米では、医師事務作業補助者の業務は診療補助業務と管理補助業務に分かれていた。前者の中では診療録の代行記載を行い、後者の中では診療録の量的管理なども行っていた。医師事務作業補助者の活動の幅を広げることは診療情報管理においても非常に有意義で、その業務を拡大していくことが重要であった。
  • 病院原価計算の基本と実務(第2回) 病院における原価計算の目的に対応した原価とは
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(2) 74-77 May 2010
  • 病院原価計算の基本と実務(第1回) 病院原価計算の論点とその整理
    渡辺 明良
    医療アドミニストレーター 1(1) 76-79 Apr. 2010
  • DPC分類別クリニカルパス適用・未適用におけるコスト調査
    NAKAJIMA HIDEKI, WATANABE AKIYOSHI
    日本クリニカルパス学会誌 11(4) 585 Oct. 2009 [Refereed]
  • CO2削減に対する取組と病院経営
    河原 淳, 渡辺 明良
    日本医療マネジメント学会雑誌 10(1) 185-185 Jun. 2009 [Refereed]
  • Survey of Services Provided by Medical Office Assistants and Entry of Data into Electronic Health Records
    Seto R, Hasuoka H, Mitani Y, Yamashita S, Wakabayashi S, Watanabe A, Ishigami K, Muto M, Kaihara S
    Japan Journal of Medical Informatics 29(6) 265-272 2009
     The purpose of this study is to comprehend the actual services of medical office assistants (MOAs) and their role in entering data into electronic health records (EHRs). We surveyed 1146 hospitals that employed MOAs and received 445 responses (response rate 38.2%). The results showed that MOAs performed at a high rate in hospitals that wrote physicians' medical certificates, for example, insurance forms (362 hospitals). At nearly half the hospitals, MOAs took roles in answering internal lines or a handy phone, filing letters and e-mails, and doing other secretarial duties.
     The rate at which MOAs entered data or wrote the examination orders for outpatients was 37.3%; they wrote other physicians' orders at a rate of less than 30%. As for the four types of work (writing health records, orders for examinations for outpatients, and orders for medical procedures for outpatients and for inpatients), the study showed MOAs in hospitals that have EHRs take more of a role in data entry and writing orders or records than MOAs in hospitals that do not have EHRs.
  • 急性期病院における医療連携の戦略的意義に関する一考察
    WATANABE AKIYOSHI
    日本大学商学部情報科学研究(17) 41-53 Mar. 2008
  • The strategic significance of strengthening partnership with local doctors and institutions for acute hospitals
    渡辺 明良
    Bulletin/Institute of Information Science,College of Commerce,Nihon University(17) 41-53 2008 [Refereed]
  • クリティカルパス適用患者におけるDPC分類及びコスト調査
    NAKAJIMA HIDEKI, SHIMADA GEN, WAKITA NORIKO, WATANABE AKIYOSHI, HORIKAWA CHIKA, UCHIYAMA MAKIKO
    医療情報学連合大会論文集 27th 889-890 Nov. 2007
  • クリニカルパス適用・未適用患者におけるDPC分類及びコスト調査
    NAKAJIMA HIDEKI, WATANABE AKIYOSHI, WAKITA NORIKO, HORIKAWA TOMOKA, SHIMADA GEN, MASUI NAOMI, OIZUMI AYA
    日本クリニカルパス学会誌 9(3) 510 Sep. 2007
  • 病院におけるBSCの利用に関する日韓比較
    金 ヤンペン, 渡辺 明良, 高橋 淑郎
    医療バランスト・スコアカード研究 3(1) 123-134 Dec. 2006
  • 日本の医療機関におけるBSC導入に関する研究 BSC推進役の能力と役割を中心として
    坂 俊英, 渡辺 明良, 高橋 淑郎
    医療バランスト・スコアカード研究 3(1) 73-82 Dec. 2006
    現在の日本の病院組織の経営状態を改革し、戦略をコントロールしていくと思われる医療BSCの導入について報告した。BSC推進役に対して有用と思われるファシリテーションに注目し、BSC導入に対しての推進役についてそのモデルを提案した。BSCの推進役にはさまざまな能力と役割が要求された。今回インタビューした4つの病院ではそれぞれ、形の違いこそあれ、トップのコンセサスを得て、BSCの導入に成功した。BSCを職員へ認知させる行動を起こすためにはトップマネジメントを含んだ職域を超えていく必要があった。
  • DPCのコスト調査―DPCと患者別原価計算との比較―
    NAKAJIMA HIDEKI, WATANABE AKIYOSHI, SHIMADA GEN, WAKITA NORIKO, TACHIBANA NAOAKI, MASUI NAOMI, HORIKAWA CHIKA
    医療情報学連合大会論文集 26th 797 Oct. 2006
  • 【こうすれば成功する BSC導入の理論と実務】 実務編 BSC導入に向けて 経営環境分析(SWOT分析) 自院が取り組むべき課題を整理する
    渡辺 明良
    看護 58(7) 026-029 May 2006
  • こうすれば成功するBSC導入の理論と実務 実務編 BSC導入に向けて BSCの評価 不完全な部分,問題点は時間をかけて修正する
    WATANABE AKIYOSHI
    看護 58(7) 053-054 May 2006
  • こうすれば成功するBSC導入の理論と実務 実務編 BSC導入に向けて BSCの運用 BSCを用いて戦略目標を病院全体で共有する
    WATANABE AKIYOSHI
    看護 58(7) 050-052 May 2006
  • こうすれば成功するBSC導入の理論と実務 実務編 BSC導入に向けて BSCの展開と導入における課題 最初から完璧を求めず,実際に運用し試行錯誤する中で洗練化する
    WATANABE AKIYOSHI
    看護 58(7) 055-058 May 2006
  • こうすれば成功するBSC導入の理論と実務 実務編 BSC導入に向けて 第2ステップ 理念・ビジョン・戦略テーマの設定 自院の理念やビジョンを正しく理解し,経営課題との整合を図る
    WATANABE AKIYOSHI
    看護 58(7) 030-039 May 2006
  • こうすれば成功するBSC導入の理論と実務 実務編 BSC導入に向けて 第1ステップ 経営環境分析(SWOT分析) 自院が取り組むべき課題を整理する
    WATANABE AKIYOSHI
    看護 58(7) 026-029 May 2006
  • こうすれば成功するBSC導入の理論と実務 実務編 BSC導入に向けて 第3ステップ 戦略マップの作成 採るべき戦略を可視化する
    WATANABE AKIYOSHI
    看護 58(7) 040-045 May 2006
  • こうすれば成功するBSC導入の理論と実務 実務編 BSC導入に向けて 第4ステップ スコアカードの作成 可視化した戦略を実行するためのフォーマットづくり
    WATANABE AKIYOSHI
    看護 58(7) 046-049 May 2006
  • 病院経営マネジメントスタッフのキャリア開発の現状と課題
    WATANABE AKIYOSHI, ICHIKAWA MASATO, KOBAYASHI YASUE, AONO MAYUMI, NAGATA YOSHIHISA, LIM YANG YA, MITANI YOSHIAKI, ASHIDA HIROKI
    医療マネジメント学会雑誌 6(4) 667-670 Mar. 2006 [Refereed]
  • 人事考課とモティベーションマネジメント 人材育成における人事考課の役割と課題
    渡辺 明良
    日本クリニカルパス学会誌 7(3) 247-247 Nov. 2005 [Refereed]
  • Series 11 電子チャートで医療を変える 病院統合情報システムの構築と組織的戦略
    WATANABE AKIYOSHI, NAKAJIMA HIDEKI
    看護 57(9) 088-093 Jul. 2005
  • 新潟県中越大震災から学ぶ医療派遣チームのコーディネートの検証
    TAMAKI SHIN'ICHI, MUTO KEN'ICHI, WATANABE AKIYOSHI, YOSHIKAWA SHIN'ICHI, YABU SUMIO, KURATSUJI AKIO, ISHIMATSU SHIN'ICHI, ABE YOSHIKO
    日本集団災害医学会誌 9(2) 262 Feb. 2005 [Refereed]
  • 【病院の会計】 原価計算 聖路加国際病院における原価計算について
    中島 秀樹, 渡辺 明良, 市川 雅人
    全国自治体病院協議会雑誌 43(11) 71-79 Nov. 2004
  • 電子カルテと連携した原価計算システムの構築
    NAKAJIMA HIDEKI, WATANABE AKIYOSHI, YOSHINO SHOZO, ICHIKAWA MASATO, KOBAYASHI YASUE, HAYASHIDA NORIAKI, NAKAMURA SEIGO, YUMOTO TSUKASA, FURUHASHI MASAMI
    医療情報学連合大会論文集 24th 866-867 Nov. 2004
  • 病院内での患者向け規則に関する研究
    WADA CHIHIRO, MUTO MASAKI, WATANABE AKIYOSHI, SETO RYOUMA, SUZUKI NAOTO, ADACHI AKIKO, NAKAMURA TETSUO, YAMANOBE YUJI, OTOMO KOHEI
    病院管理 41(Supplement) 160 Aug. 2004 [Refereed]
  • 住環境における患者満足戦略の検討~入院患者へのニーズ調査から~
    WADA CHIHIRO, ADACHI AKIKO, SUZUKI NAOTO, NAKAMURA TETSUO, WATANABE AKIYOSHI
    医療マネジメント学会雑誌 5(1) 194 May 2004 [Refereed]
  • 【病院経営からみた看護職の人事考課】 人事考課制度における諸問題とバランスト・スコアカードの活用
    渡辺 明良
    看護展望 29(5) 552-556 Apr. 2004
  • 病院における,人事・給与・就業業務の統合システム化への取組みについて
    古澤 洋, 渡辺 明良
    日本病院会雑誌 51(3) 445-448 Mar. 2004
  • 人事課手続き案内・様式集の作成と課題
    大坪 克郎, 渡辺 明良
    聖路加健康科学誌 11 39-40 Dec. 2003
  • 原価計算と組織マネジメント
    MASAKI YOSHIHIRO, WATANABE AKIYOSHI
    日本クリニカルパス学会誌 5(2) 266 Oct. 2003 [Refereed]
  • 【来るべき"診療報酬包括化"への準備 原価管理・医療の標準化・診療情報管理のノウハウ】 診療報酬包括化への準備 原価管理
    渡辺 明良
    保険診療 58(7) 11-15 Jul. 2003
  • 北米医療界におけるバランスト・スコアカードの現状と日本における可能性 10 カナダ・オンタリオ州の導入事例:州主体のバランスト・スコアカード活動の状況
    ICHIKAWA MASATO, ARAI KO, WATANABE AKIYOSHI, TAKAHASHI YOSHIRO
    社会保険旬報(2176) 22-28 Jul. 2003
  • 北米医療界におけるバランスト・スコアカードの現状と日本における可能性 9 日本の病院におけるBSC導入の検討と課題
    WATANABE AKIYOSHI, ICHIKAWA MASATO, ARAI KO, TAKAHASHI YOSHIO
    社会保険旬報(2173) 20-25 Jun. 2003
  • 北米医療界におけるバランスト・スコアカードの現状と日本における可能性 8 病院のBSC導入における視点枠組み・戦略課題・成果指標の設定
    WATANABE AKIYOSHI, ICHIKAWA MASATO, ARAI KO, TAKAHASHI YOSHIRO
    社会保険旬報(2172) 24-31 May 2003
  • 入門医療経営 振替休日と代休の違いは何?代休は必ず与えなければいけないの?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(12) 70-71 Mar. 2003
  • 北米医療界におけるバランスト・スコアカードの現状と日本における可能性 2 北米医療界への浸透と視点枠組み及び因果連鎖の現状
    ARAI KO, WATANABE AKIYOSHI, ICHIKAWA MASATO, TAKAHASHI YOSHIRO
    社会保険旬報(2164) 10-14 Mar. 2003
  • 入門医療経営 法律で「休日」はどのように規定されているの?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(11) 74-75 Feb. 2003
  • クリティカルパスの目指すもの 成果医療 クリティカルパスによるコスト管理
    WATANABE AKIYOSHI
    医療マネジメント学会雑誌 3(3) 478-481 Feb. 2003 [Refereed]
    クリティカルパスの導入目的には,医療資源の最適な利用によるコスト管理という側面があることは,当初より指摘されてきたところである.このコスト管理にあたり,クリティカルパスに示された活動をコスト情報として測定することが必要になるが,その手法は,まだ十分に開発されているとは言い難い.そこで,クリティカルパスがコスト管理に利用されている事例を通して検討した結果,疾病別の標準原価計算としてのクリティカルパスの利用が想定されたことから,この手法についての考え方を整理した.又,この原価計算を実施するためには,電子カルテ情報や物流システムなど,情報技術を活用したデータの抽出が今後の課題として認識される.この原価計算を通じて,コスト管理を中心にした業務改善のアプローチが期待されるところである
  • 入門医療経営 外来の収益と費用にはどんなものがある?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(10) 76-77 Jan. 2003
  • TQMを目指し支える組織づくり 医療機関におけるバランスト・スコアカードの活用
    WATANABE AKIYOSHI
    看護管理 13(1) 35-38 Jan. 2003
  • 入門医療経営 外来で作る経営データにはどんなものがあるの?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(9) 76-77 Dec. 2002
  • 入門 医療経営 医療機器を購入する場合,どのように説得すればよいですか?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(8) 54-55 Nov. 2002
  • 看護組織の人材マネジメントストラテジー 病院を取り巻く環境の変化と人材マネジメントの課題
    WATANABE AKIYOSHI
    看護管理 12(9) 668-674 Sep. 2002
  • 【年功給は崩せるか】 職能給導入に向けて
    渡辺 明良
    病院 61(8) 636-641 Aug. 2002
  • 入門 医療経営 病棟の収支状況はどうすればわかる?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(5) 56-57 Aug. 2002
  • 入門 医療経営 収益と利益どちらを重視する?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(4) 54-55 Jul. 2002
  • 入門 医療経営 病院の収益と費用はどんな構造になってるの?
    渡辺 明良
    ナースマネジャー 4(3) 56-57 Jun. 2002
  • クリティカルパスによるコスト管理
    WATANABE AKIYOSHI
    医療マネジメント学会雑誌 3(1) 90 Jun. 2002 [Refereed]
  • 企業流通事例との比較による医療材料流通・病院物品管理の効率化に関する一考察
    ADACHI AKIKO, NAKAMURA SHOGO, WATANABE AKIYOSHI, KURATSUJI AKIO, HASEGAWA MEGUMI, ITAI AKIRA, YOSHIDA YUKIE, SATO KIICHIRO
    医療マネジメント学会雑誌 3(1) 205 Jun. 2002 [Refereed]
  • 小児科医療機関の開業と経営の最新情報 (2) 医業経営的にみた小児救急の現況と対応策 平成14年4月の診療報酬改定による影響と聖路加国際病院の実態
    WATANABE AKIYOSHI, ICHIKAWA MASATO
    月刊マーク 13(7) 14-17 Jun. 2002
  • 中央滅菌室における原価計算に関する一考察
    YOSHIDA YUKIE, NAKAMURA SHOGO, KURATSUJI AKIO, WATANABE AKIRA, ITAI AKIRA, MOTOYAMA KAZUKO
    日本病院会雑誌 49(3) 439-445 Mar. 2002
  • クリティカル・パスを活用した疾病別原価計算の試み
    WATANABE AKIYOSHI, SATO YUZURU, OYAMADA KAORI, OKUBO KAZUTAKA, OKUMA AKIKO, TSURUSHIMA NOBUTAKA, ARAI KO, TASHIRO TAKAO, NOSUE MUTSUMI
    病院管理 38(Supplement) 209 Aug. 2001
  • 中央滅菌室業務の効率化に関する研究
    ITAI AKIRA, NAKAMURA SHOGO, KURATSUJI AKIO, YOSHIDA YUKIE, WATANABE AKIYOSHI, YASUKI JUN'ICHI, IZUMOSAKI MITSUHITO, FUSE IKUO
    医療マネジメント学会雑誌 2(1) 97 May 2001 [Refereed]
  • クリティカル・パスの原価計算手法に関する一考察
    WATANABE AKIYOSHI, ICHIKAWA MASATO, KURATSUJI AKIO, ITAI AKIRA, YOSHIDA YUKIKO, OYAMADA KAORI, MIMURA SAKUNORI
    日本病院会雑誌 48(1) 117-123 Jan. 2001
  • 病院経営戦略と企画部門の役割 病院の経営戦略における企画部門の役割 戦略的思考と問題解決能力の必要性と実践
    NAKAMURA SHOGO, WATANABE AKIYOSHI, ICHIKAWA MASATO
    病院 59(8) 685-687 Aug. 2000
  • 異分野チーム構成による病院管理ツールの再構築
    佐藤 譲, 井村 健司, 渡辺 明良, 山田 覚, 鶴島 信孝, 鈴木 荘太郎, 師岡 孝次
    病院管理 36(Suppl.) 104-104 Aug. 1999
  • How to use group ware in hospital information system.
    NAKAMURA SEIGO, TACHIBANA NAOAKI, AOKI HIROYUKI, HIRAOKA KEN'ICHI, WATANABE AKIYOSHI, UCHIYAMA MAKIKO, SAKURAI KENJI
    医療情報学連合大会論文集 16th 396-397 Nov. 1996
  • 特定療養費制度の功罪 当院における特定療養費制度の活用 サービスの提供とコスト増のバランスをとることが課題
    渡辺明良, 鈴木敦子
    病院 54(5) 451-453 May 1995
  • 特集 多様化時代の病院人事 職能給導入に向けて準備を進める 聖路加国際病院
    渡辺明良
    病院 53(8) 735-738 Aug. 1994

Misc

  • 時代のアドミニストレーター、病院に求められる人材とは?
    渡辺 明良, 大塚 光宏, 福田 盛行, 篠塚 功
    医療アドミニストレーター(創刊準備号) 6-15 Jan. 2010


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.