FURUKAWA Keiichi

Faculty & Position:Infectious Diseases Department  doctor
Contact:
URL: 
Last Updated: May 22, 2019 at 05:13

Research Activities

Published Papers

  • Evidence-based clinical practice guidelines for polycystic kidney disease 2014.
    Horie S, Mochizuki T, Muto S, Hanaoka K, Fukushima Y, Narita I, Nutahara K, Tsuchiya K, Tsuruya K, Kamura K, Nishio S, Suwabe T, Ubara Y, Ishimura E, Nakanishi K, Furukawa K, Kimura K, Matsuo S
    Clinical and experimental nephrology 20(4) 493-509 Aug. 2016 [Refereed]
  • Erratum to: Evidence-based clinical practice guidelines for polycystic kidney disease 2014.
    Horie S, Mochizuki T, Muto S, Hanaoka K, Fukushima Y, Narita I, Nutahara K, Tsuchiya K, Tsuruya K, Kamura K, Nishio S, Suwabe T, Ubara Y, Ishimura E, Nakanishi K, Furukawa K, Kimura K, Matsuo S
    Clinical and experimental nephrology 20(4) 510 Aug. 2016 [Refereed]
  • Endoscopic findings and lesion distribution in amebic colitis.
    Horiki N, Furukawa K, Kitade T, Sakuno T, Katsurahara M, Harada T, Tano S, Yamada R, Hamada Y, Inoue H, Tanaka K, Gabazza EC, Ishii N, Fukuda K, Omata F, Fujita Y, Tachibana H, Takei Y
    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 21(6) 444-448 Jun. 2015 [Refereed]
  • Regional circadian period difference in the suprachiasmatic nucleus of the mammalian circadian center.
    Koinuma S, Asakawa T, Nagano M, Furukawa K, Sujino M, Masumoto KH, Nakajima Y, Hashimoto S, Yagita K, Shigeyoshi Y
    The European journal of neuroscience 38(6) 2832-2841 Sep. 2013 [Refereed]
  • Differential entrainment of peripheral clocks in the rat by glucocorticoid and feeding.
    Sujino M, Furukawa K, Koinuma S, Fujioka A, Nagano M, Iigo M, Shigeyoshi Y
    Endocrinology 153(5) 2277-2286 May 2012 [Refereed]
  • [A study for candidemia during the six year period from 1993 to 1999 in St. Luke's International Hospital].
    Kazama I, Furukawa K
    Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 86(2 Suppl 4) 6-14 Mar. 2012 [Refereed]
  • [A case of cysticercosis with multiple intracerebral and intramuscular nodular lesions].
    Yokota K, Furukawa K
    Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 86(1) 27-30 Jan. 2012 [Refereed]
  • Primary gastric tuberculosis presenting as non-healing ulcer and mimicking Crohn's disease.
    Ishii N, Furukawa K, Itoh T, Fujita Y
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 50(5) 439-442 2011 [Refereed]
  • Erythema nodosum associated with Yersinia enterocolitica infection.
    Yotsu R, Mii S, Hayashi R, Harada H, Furukawa K, Eto H
    The Journal of dermatology 37(9) 819-822 Sep. 2010 [Refereed]
  • [A case of severe leptospirosis infection (Weil's disease) in Tokyo].
    Masuda K, Uehara Y, Ono H, Furukawa K
    Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 84(1) 59-64 Jan. 2010 [Refereed]
  • Infective endocarditis caused by Salmonella enteritidis in a dialysis patient: a case report and literature review.
    Tsugawa Y, Futatsuyama M, Furukawa K, Taki F, Nishizaki Y, Tamagaki K, Kaneshiro Y, Komatsu Y
    BMC infectious diseases 9 161 Sep. 2009 [Refereed]
  • [Anaerobiospirillum succiniciproducens septicemia].
    Mikami Y, Otsuka Y, Sugiura H, Ohkusu K, Ezaki T, Sunaga R, Horinouchi S, Furukawa K, Takeda K
    Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology 55(10) 930-935 Oct. 2007 [Refereed]
  • [Importance of appropriate carbapenem use to reduce carbapenem--resistant Pseudomonas aeruginosa].
    Furukawa K
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 65 Suppl 2 Pt. 1 258-264 Feb. 2007 [Refereed]
  • [One case with Erysipelothrix rhusiopathiae endocarditis].
    Kodera S, Nakamura A, Ooe K, Furukawa K, Shibata N, Arakawa Y
    Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 80(4) 413-417 Jul. 2006 [Refereed]
  • A prospective study of the prevalence of gastroesophageal reflux disease and confounding factors.
    Shimazu T, Matsui T, Furukawa K, Oshige K, Mitsuyasu T, Kiyomizu A, Ueki T, Yao T
    Journal of gastroenterology 40(9) 866-872 Sep. 2005 [Refereed]
  • [A study for candidemia during the six year period from 1993 to 1999 in St. Luke's International Hospital].
    Kazama I, Furukawa K
    Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 77(3) 158-166 Mar. 2003 [Refereed]
  • Regression of CD5-positive and Helicobacter pylori-negative mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma of the rectum after administration of antibiotics: report of a case.
    Hisabe T, Imamura K, Furukawa K, Tsuda S, Matsui T, Yao T, Kanda M, Ohshima K, Kikuchi M
    Diseases of the colon and rectum 45(9) 1267-1270 Sep. 2002 [Refereed]

Misc

  • 結腸腫瘍を合併したStreptococcus gallolyticusによる感染性心内膜炎の2例
    松尾 貴公, 櫻井 亜樹, 古川 恵一, 森 信好
    日本化学療法学会雑誌 64(Suppl.A) 162-162 May 2016
  • Clostridium perfringensによる肝嚢胞感染をきたした多発性嚢胞腎の一例
    櫻井 亜樹, 大串 大輔, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 64(Suppl.A) 207-207 May 2016
  • Streptococcus salivariusによる感染性心内膜炎の1例
    戸川 温, 高田 徹, 飯沼 由嗣, 小林 美奈子, 高倉 俊二, 高橋 聡, 柳原 克紀, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 64(3) 539-544 May 2016
  • Helicobacter cinaediによる感染性大動脈瘤の1例
    松尾 貴公, 櫻井 亜樹, 古川 恵一
    感染症学雑誌 90(3) 384-385 May 2016
  • ナリジクス酸耐性のSalmonella typhiによる腸チフスの一例
    大嶋 慎一郎, 松尾 貴公, 森 信好, 古川 恵一
    感染症学雑誌 90(臨増) 308-308 Mar. 2016
  • 東京都内で感染した重症型レプトスピラ症(Weil病)の一例
    櫻井 亜樹, 松尾 貴公, 森 信好, 古川 恵一
    感染症学雑誌 90(臨増) 308-308 Mar. 2016
  • Varicella-zoster virus(VZV)による脳脊髄炎の一例
    松尾 貴公, 森 信好, 櫻井 亜樹, 古川 恵一
    感染症学雑誌 90(臨増) 359-359 Mar. 2016
  • 慢性骨髄炎治療中に発症したメトロニダゾール誘発性脳症の1例
    澤田 治紀, 松尾 貴公, 櫻井 亜樹, 森 信好, 古川 恵一
    感染症学雑誌 90(臨増) 380-380 Mar. 2016
  • 【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 続発性免疫不全症候群 各種疾患・病態にみられる免疫異常 感染症にみられる免疫異常 後天性免疫不全症候群(acquired immunodeficiency syndrome:AIDS) AIDS指標疾患 その他の疾患 反復性肺炎
    古川 恵一
    日本臨床 別冊(免疫症候群II) 683-687 Jan. 2016
  • 大動脈人工血管ステントグラフトの複数菌感染から軽快した一症例
    古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 63(Suppl.A) 214-214 May 2015
  • 入院患者の発熱に対してどのようにアプローチするか
    三河 貴裕, 舘田 一博, 古川 恵一, 古土井 春吾, 矢野 晴美, 細川 直登
    日本化学療法学会雑誌 63(2) 203-206 Mar. 2015
  • カンピロバクター腸炎の内視鏡像
    堀木 紀行, 古川 恵一
    感染症学雑誌 89(臨増) 196-196 Mar. 2015
  • Helicobacter cinaediによる腎嚢胞感染を合併した多発性嚢胞腎の透析患者の一例
    大串 大輔, 櫻井 亜樹, 古川 恵一
    感染症学雑誌 89(臨増) 248-248 Mar. 2015
  • Meropenemが有効であったHelicobacter cinaediによる感染性大動脈瘤の一症例
    石井 太祐, 櫻井 亜樹, 大串 大輔, 古川 恵一
    感染症学雑誌 89(臨増) 251-251 Mar. 2015
  • 単純ヘルペスウイルス(HSV)脳炎にHSVによる十二指腸潰瘍を合併した一症例
    北田 彩子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 89(臨増) 281-281 Mar. 2015
  • 人工血管感染症や感染性心内膜炎が疑われるも血液培養が陰性で経過した1例
    曲渕 裕樹, 青木 洋介, 石和田 稔彦, 大曲 貴夫, 高橋 聡, 古川 恵一, 細川 直登, 笠原 敬, 小川 拓
    日本化学療法学会雑誌 62(6) 703-708 Nov. 2014
  • エビデンスに基づく多発性嚢胞腎(PKD)診療ガイドライン2014
    松尾 清一, 木村 健二郎, 堀江 重郎, 望月 俊雄, 武藤 智, 花岡 一成, 福嶋 義光, 成田 一衛, 奴田原 紀久雄, 土谷 健, 鶴屋 和彦, 香村 衡一, 西尾 妙織, 諏訪部 達也, 乳原 善文, 石村 栄治, 中西 浩一, 古川 恵一, 長田 道夫, 此下 忠志, 南学 正臣, 田邉 一成, 有村 義宏, 吉田 克法, 浦 信行, 小川 哲也, 佐々木 成, 冨田 公夫, 平川 亮, 山田 俊輔, 赤倉 功一郎, 石川 勲, 上野 俊昭, 中山 若樹, 岩田 健太郎, 高橋 聡, 河田 哲也, 森田 研, 要 伸也, 服部 元史, 長谷 弘記, 横山 啓太郎, 作原 祐介, 三村 秀文, 田畑 勉, 平松 信, 石田 英樹, 佐藤 滋, 香美 祥二, 幡谷 浩史, 厚生労働科研「進行性腎障害に関する調査研究」エビデンスに基づく多発性嚢胞腎(PKD)診療ガイドライン2014作成分科会
    日本腎臓学会誌 56(8) 1105-1187 Nov. 2014
  • 【小児疾患診療のための病態生理1 改訂第5版】 感染症 マラリア
    古川 恵一
    小児内科 46(増刊) 1076-1082 Nov. 2014
  • リツキシマブと副腎皮質ステロイドにより一時的に病勢コントロールが可能であったAIDS関連リンパ腫に伴う血球貪食症候群の一例
    小山田 亮祐, 熊本 忠史, 古川 恵一, 森 慎一郎
    日本エイズ学会誌 16(4) 504-504 Nov. 2014
  • 出血性の原発性脳リンパ腫と多臓器のカポジ肉腫を合併した高齢発症AIDSの一症例
    脇田 真希, 古川 恵一
    日本エイズ学会誌 16(4) 607-607 Nov. 2014
  • 【感染症診療update】 (II章)主要な臓器感染症 中枢神経系感染症 髄膜炎
    古川 恵一
    日本医師会雑誌 143(特別2) S78-S80 Oct. 2014
  • 感染性心内膜炎の診断と治療
    古川 恵一
    PTM: 最新の疾患別治療マニュアル 2014年(9月) np5-np8 Sep. 2014
  • 赤痢アメーバの内視鏡診断
    堀木 紀行, 古川 恵一
    感染症学雑誌 88(5) 797-797 Sep. 2014
  • カンジダ眼内炎に対するミカファンギン高用量投与による治療効果について
    古川 恵一, 名取 洋一郎, 大越 貴志子
    感染症学雑誌 88(5) 812-813 Sep. 2014
  • 【生物学的製剤・副作用】 <臨床例> アダリムマブ二次無効後尋常性乾癬から膿疱性乾癬へ移行しインフリキシマブ変更後に粟粒結核を発症した例
    百瀬 葉子, 衛藤 光, 古川 恵一
    皮膚病診療 36(5) 409-412 May 2014
    <症例のポイント>尋常性乾癬に対してアダリムマブ(以下、ADA)が著効したが、脳梗塞によりADA投与を中断した。ADA投与再開後、効果は得られず二次無効となった。二次無効により尋常性乾癬が増悪し、膿疱性乾癬へと移行した。インフリキシマブ(以下、IFX)へ変更したが粟粒結核発症により投与を中止した。発熱出現時にツ反とクオンティフェロン(以下、QFT)が陽転したものの診断確定に至らなかった。発熱が持続したため再度の検索を行い粟粒結核と診断した。発熱が出現してから結核の診断までに約3週を要した。結核罹患率の高い本邦において、スクリーニング検査を投与前のみならず投与中にも定期的に行う必要がある。(著者抄録)
  • 赤痢アメーバの内視鏡診断
    堀木 紀行, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 62(Suppl.A) 296-296 May 2014
  • カンジダ眼内炎に対するミカファンギン高用量投与による治療効果について
    古川 恵一, 名取 洋一郎, 大越 貴志子
    日本化学療法学会雑誌 62(Suppl.A) 312-312 May 2014
  • ダプトマイシンが有効であったMRSAによる硬膜外膿瘍の一症例
    矢崎 秀, 横田 和久, 名取 洋一郎, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 62(Suppl.A) 368-368 May 2014
  • Gemella haemolysansによる敗血症と髄膜炎、硬膜外膿瘍を合併した1症例
    横田 和久, 名取 洋一郎, 石金 正裕, 古川 恵一
    感染症学雑誌 88(2) 244-245 Mar. 2014
  • 耐性菌感染症に対する抗菌薬治療法の実際
    古川 恵一
    Therapeutic Research 35(2) 102-108 Feb. 2014
  • 血球貪食症候群を合併した急性HIV感染症の一例
    横田 和久, 名取 洋一郎, 石金 正裕, 古川 恵一
    日本エイズ学会誌 15(4) 495-495 Nov. 2013
  • Serratia marcescensによる人工呼吸器関連肺炎の1例
    福盛 達也, 笠原 敬, 舘田 一博, 三鴨 廣繁, 古川 恵一, 大曲 貴夫
    日本化学療法学会雑誌 61(5) 444-446 Sep. 2013
  • 背部の膿瘍を契機に発症したStaphylococcal Toxic Shock Syndromeの1例
    名取 洋一郎, 横田 和久, 古川 恵一, 舘田 一博, 三鴨 廣繁, 笠原 敬, 大曲 貴夫
    日本化学療法学会雑誌 61(5) 447-452 Sep. 2013
  • 【EBウイルス感染症-その多様な病態】 EBウイルス感染症のピットホール
    古川 恵一, 山田 尚, 森尾 友宏
    成人病と生活習慣病 43(9) 1021-1032 Sep. 2013
  • 治療薬 ダプトマイシン
    古川 恵一
    感染症内科 1(3) 295-302 Sep. 2013
  • The Sanford Guide "熱病" Forum in Yokohama 2013 耐性菌感染症に対する抗菌薬治療法の実際
    古川 恵一
    感染症学雑誌 87(4) 474-475 Jul. 2013
  • The Sanford Guide "熱病" Forum in Yokohama 2013 耐性菌感染症に対する抗菌薬治療法の実際
    古川 恵一
    感染症学雑誌 87(臨増) 122-122 May 2013
  • Campylobacter fetusによる感染性心内膜炎、卵管膿瘍の一治癒例
    石金 正裕, 名取 洋一郎, 横田 和久, 古川 恵一
    感染症学雑誌 87(臨増) 276-276 May 2013
  • 膀胱癌手術後にサイトメガロウイルス(CMV)感染による重症の十二指腸潰瘍を合併した一症例
    荒谷 紗絵, 名取 洋一郎, 石金 正裕, 横田 和久, 古川 恵一
    感染症学雑誌 87(臨増) 320-320 May 2013
  • カルバペネム使用事前許可システムの導入によるカルバペネム耐性緑膿菌分離率の変化
    山上 文, 名取 洋一郎, 横田 恭子, 坂本 史衣, 古川 恵一
    感染症学雑誌 87(臨増) 340-340 May 2013
  • 【ER・ICUで必要な注射用抗菌薬-エキスパートの考え方と使い方-】 代表的な注射用抗菌薬 薬の特徴をつかんで使いこなす ニューキノロン系
    横田 和久, 古川 恵一
    救急・集中治療 25(1-2) 108-113 Feb. 2013
    <ここがポイント!>ニューキノロン系抗菌薬は各種組織移行性良好で、膿瘍にも透過しうる。緑膿菌にも抗菌力を有し、グラム陰性桿菌に対して抗菌力が優れている。レジオネラ肺炎に対しては第一選択で、レスピラトリーキノロン(レボフロキサシン)はペニシリン耐性肺炎球菌、マイコプラズマ、クラミジアにも有効である。結核菌にもある程度の抗菌力を有し、結核の診断を遅らせる恐れがある。妊婦や小児では原則禁忌である。(著者抄録)
  • Staphylococcal toxic shock syndromeの5症例の臨床的検討
    横田 和久, 名取 洋一郎, 石金 正裕, 古川 恵一
    感染症学雑誌 87(1) 151-151 Jan. 2013
  • ColistinとMeropenemの併用にて治癒した多剤耐性緑膿菌による腎盂腎炎、肺炎および敗血症の1例
    石金 正裕, 名取 洋一郎, 横田 恭子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 87(1) 164-165 Jan. 2013
  • ナリジクス酸耐性でアジスロマイシンが著効したSalmonella typhi感染の1例
    名取 洋一郎, 石金 正裕, 横田 恭子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 87(1) 165-165 Jan. 2013
  • 外科感染症 難治化・重症化の真実 人工弁感染性心内膜炎(Prosthetic Valve Endocarditis:PVE)の治療
    古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 61(1) 65-66 Jan. 2013
  • A型肝炎ウイルスの分子系統解析により感染時期・地域が推定された輸入A型肝炎の2例
    小畑 達郎, 巽 亮二, 竹本 隆博, 田中 俊樹, 平田 邦明, 関岡 敏夫, 竹田 彬一, 石金 正裕, 横田 和久, 名取 洋一郎, 池谷 敬, 古川 恵一, 川上 万里, 高橋 雅春, 岡本 宏明
    肝臓 53(11) 754-762 Nov. 2012
    症例1は30歳男性。2012年冬、発熱、嘔吐、下痢を主訴として当院初診。AST/ALT:1141/1980(IU/L)、T-Bil.:7.55mg/dL、IgM-HAV抗体陽性でA型急性肝炎と診断した。インドネシアを含む東南アジア諸国への頻回の海外出張歴があり、輸入肝炎が疑われた。症例2は38歳男性。2012年春(インドネシア滞在中)に40℃に至る発熱・悪寒を認め、現地の病院を受診するも原因不明とされて、帰国後当院初診。AST/ALT:835/1780(IU/L)、T-Bil.2.2mg/dL、IgM-HAV抗体陽性でA型急性肝炎と診断した。両症例の血清からHAV-RNAが検出され、分離されたHAVの分子系統解析により、インドネシア滞在中に現地で感染したと推定され、両症例のHAV株は99.3%の塩基配列の一致を示した。HAV侵淫度の高い国や地域への渡航前にはHAワクチンの接種が望まれる。(著者抄録)
  • 右下肢の劇症型G群溶血性連鎖球菌感染症の1例
    名取 洋一郎, 石金 正裕, 横田 恭子, 古川 恵一, 細川 直登, 木村 利美, 大曲 貴夫
    日本化学療法学会雑誌 60(5) 592-595 Sep. 2012
  • 【外来診療における正しい抗菌薬の使用】 高齢者における抗菌薬使用時の注意点
    古川 恵一
    日本医師会雑誌 141(5) 1000-1000 Aug. 2012
  • 独歩入院3時間後に敗血症性ショックを来した1例
    濱田 洋平, 青木 洋介, 舘田 一博, 矢野 晴美, 古川 恵一, 森田 邦彦, 笠原 敬
    日本化学療法学会雑誌 60(4) 496-500 Jul. 2012
  • Haemophilus parainfluenzaeによる感染性心内膜炎の一例
    名取 洋一郎, 石金 正裕, 横田 恭子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 86(臨増) 304-304 Mar. 2012
  • 聖路加国際病院で分離されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)のE-testによるリファンピシン(RFP)感受性についての検討
    横田 恭子, 見上 裕美子, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 60(Suppl.A) 274-274 Mar. 2012
  • アンピシリン・クロキサシリン合剤大量が著効した黄色ブドウ球菌(MSSA)による心筋膿瘍・脳膿瘍を合併した感染性心内膜炎の一例
    石金 正裕, 名取 洋一郎, 横田 恭子, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 60(Suppl.A) 286-286 Mar. 2012
  • R.africaeによるマダニ刺症の2例
    中野 敏明, 衛藤 光, 横田 恭子, 古川 恵一, 安藤 秀二, 坂田 明子
    日本皮膚科学会雑誌 122(1) 138-138 Jan. 2012
  • 脳内と下肢筋肉内に多発性腫瘤病変を認めた有鉤嚢虫症の1例
    横田 恭子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 86(1) 27-30 Jan. 2012
    47歳女。右眼の視野障害と後頭部痛を主訴に受診した。2年前にも同様の症状が出現し自然軽快していた。問診中に強直間代性痙攣が出現し、頭部CTでは脳実質内を中心に石灰化と周囲に浮腫を伴う多発する腫瘤病変を認めた。血液生化学・尿検査、血液・尿培養およびクオンティフェロン検査で異常は認めなかった。第19病日に左下腿内側に疼痛を伴う約2cm大の筋肉結節が2ヶ所出現し、体表エコーにて中心に石灰病変を伴う腫瘤性病変を認めたため切除術を施行した。病理組織検査の結果、腫瘍性病変は否定的であり、好中球の浸潤を伴う被膜に包まれた嚢胞性病変であった。出身地が中国であることを考慮して血清抗体検査を行ったところ、有鉤嚢虫(Taenia solium)IgG抗体陽性であり、有鉤嚢虫症と診断した。有鉤条虫症の合併も疑ったが、便虫卵検査は陰性であった。アルベンダゾール14日間にプレドニゾロン10日間投与を併用した。経過は良好で、治療後1年の画像所見では脳内腫瘤性病変周囲の浮腫は消失し、神経症状の再発も認めていない。
  • 内科懇話会 重症感染症に対する抗菌薬の適正使用(上)
    古川 恵一
    日本医事新報(4574) 73-79 Dec. 2011
  • 内科懇話会 重症感染症に対する抗菌薬の適正使用(下)
    古川 恵一
    日本医事新報(4575) 71-77 Dec. 2011
  • 皮下と胸腔内に膿瘍形成を認めた非結核性抗酸菌症(M.Kansasii)
    中野 敏明, 梶原 朋恵, 原田 晴美, 衛藤 光, 古川 恵一
    日本皮膚科学会雑誌 121(14) 3413-3414 Dec. 2011
  • 整形外科領域における感染症の治療戦略
    古川 恵一
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 55(秋季学会) 11-11 Oct. 2011
  • 【ERで遭遇する一般市中感染症の診断と初期対応[後編]】 ERでの結核 どう疑って、どう治療するか?
    石金 正裕, 古川 恵一
    ERマガジン 8(3) 440-446 Sep. 2011
  • 脳内と下肢筋肉内に多発する嚢胞性腫瘤を認めた有鉤嚢虫症の1例
    横田 恭子, 森 信好, 古川 恵一
    感染症学雑誌 85(5) 544-544 Sep. 2011
  • 当院における黄色ブドウ球菌による化膿性脊椎炎の治療成績
    森 信好, 横田 恭子, 古川 恵一, 見上 裕美子, 杉浦 秀子
    感染症学雑誌 85(5) 561-562 Sep. 2011
  • ブルセラ症のインド人女性の1例
    森 信好, 横田 恭子, 古川 恵一, 見上 裕美子, 杉浦 秀子
    感染症学雑誌 85(5) 602-603 Sep. 2011
  • 脳外科的ドレナージ困難な硬膜下膿瘍の一治癒例
    石金 正裕, 名取 洋一郎, 森 信好, 横田 恭子, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 59(Suppl.A) 227-227 Jun. 2011
  • 脳内と下肢筋肉内に多発する嚢胞性腫瘤を認めた有鉤嚢虫症の1例
    横田 恭子, 森 信好, 古川 恵一
    感染症学雑誌 85(臨増) 171-171 Mar. 2011
  • 当院における黄色ブドウ球菌による化膿性脊椎炎の治療成績
    森 信好, 横田 恭子, 古川 恵一, 見上 裕美子, 杉浦 秀子
    感染症学雑誌 85(臨増) 198-198 Mar. 2011
  • ブルセラ症のインド人女性の1例
    森 信好, 横田 恭子, 古川 恵一, 見上 裕美子, 杉浦 秀子
    感染症学雑誌 85(臨増) 256-256 Mar. 2011
  • 【抗菌薬の使い方 これだけは知っておきたい】 抗菌薬を投与すべき期間について
    古川 恵一
    JOHNS 27(1) 37-41 Jan. 2011
  • 多発性単神経炎を来たし、抗HIV療法が著効したAIDS患者の1例
    横田 恭子, 古川 恵一
    日本エイズ学会誌 12(4) 415-415 Nov. 2010
  • 【新型インフルエンザ(A/H1N1) 2009年パンデミックから何を学ぶか】 医療従事者の感染防御 病院
    古川 恵一
    日本医師会雑誌 139(7) 1466-1468 Oct. 2010
  • エルシニア感染症による結節性紅斑
    四津 里英, 鈴木 理華, 三井 純雪, 原田 晴美, 衛藤 光, 古川 恵一
    日本皮膚科学会雑誌 120(10) 2062-2062 Sep. 2010
  • 【感染性下痢へのアプローチ】 感染性下痢への対応 診療と感染対策のポイント
    矢野 晴美, 古川 恵一, 相楽 裕子, 濱田 篤郎, 満田 年宏
    日本医師会雑誌 139(5) 1001-1015 Aug. 2010
  • 【感染性下痢へのアプローチ】 感染性下痢の便の特徴、性状から分かること
    横田 恭子, 古川 恵一
    日本医師会雑誌 139(5) 1029-1032 Aug. 2010
  • 【感染症専門家の育成】 感染症医育成の現状と課題 聖路加国際病院における感染症専門医育成の現状と課題
    古川 恵一
    化学療法の領域 26(8) 1664-1669 Jul. 2010
    聖路加国際病院では全レジデントのために感染症の患者を的確に診療し、抗菌薬の適正使用を実践するための臨床教育が行われている。また、感染症専門医養成のための教育プログラムもあり、広い領域の多くの感染症の患者を診療することを通して、感染症専門医としての修練を積むことができる。(著者抄録)
  • 【感染症に強くなる レジデント必須項目と落とし穴】 レジデントに必須な感染症知識 感染症診療の基本的考え方
    森 信好, 古川 恵一
    月刊レジデント 3(7) 6-16 Jul. 2010
  • 血液培養より分離されたBrucella melitensisの1症例について
    佐谷 良子, 見上 裕美子, 住田 めぐみ, 杉浦 秀子, 横田 恭子, 山内 悠子, 森 信好, 古川 恵一, 武田 京子
    臨床病理 58(補冊) 230-230 Jul. 2010
  • 抗菌薬の選択と使い方 呼吸器科領域 耐性菌による呼吸器感染症の治療
    古川 恵一
    化学療法の領域 26(6) 1285-1293 May 2010
    各種耐性菌感染による肺炎の治療薬は、(1)ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)に対してはampicillin、piperacillin、penicillin G、ceftriaxone、cefotaxime、levofloxacin。(2)アンピシリン耐性インフルエンザ菌(BLNAR、BLPAR)に対してはceftriaxone、cefotaxime、levofloxacin。(3)メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対してはvancomycin、linezolid。(4)基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生性グラム陰性桿菌に対してはmeropenem。(5)多剤耐性緑膿菌(MDRP)に対しては感受性のある抗菌薬を選んで大量投与する。(著者抄録)
  • 劇症型G群溶血性連鎖球菌感染症の一治癒例
    横田 恭子, 山内 悠子, 森 信好, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 58(Suppl.A) 262-262 Apr. 2010
  • 結核性脊椎炎10例の臨床的検討
    森 信好, 山内 悠子, 横田 恭子, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 58(Suppl.A) 344-344 Apr. 2010
  • 聖路加国際病院における市中発症の細菌性髄膜炎についての臨床的検討
    山内 悠子, 森 信好, 横田 恭子, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 58(Suppl.A) 351-351 Apr. 2010
  • 尿白濁を主訴に来院したフィラリア症の1例
    森 信好, 山内 悠子, 横田 恭子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 84(臨増) 330-330 Mar. 2010
  • 輸入リケッチア症への対応 アフリカの例から
    中野 敏明, 衛藤 光, 横田 恭子, 古川 恵一, 安藤 秀二, 坂田 明子
    感染症学雑誌 84(臨増) 332-332 Mar. 2010
  • 劇症型/重症溶血性G群連鎖球菌による壊死性皮膚筋膜感染症に対する集学的治療の1例
    佐久間 麻里, 青木 光広, 岡田 一宏, 長嶺 育弘, 佐野 常男, 山内 悠子, 鈴木 研裕, 大谷 典生, 古川 恵一, 石松 伸一
    日本集中治療医学会雑誌 17(Suppl.) 327-327 Jan. 2010
  • 東京23区内で感染した重症レプトスピラ症(ワイル病)の1症例
    増田 慶太, 上原 由紀, 小野 宏, 古川 恵一
    感染症学雑誌 84(1) 59-64 Jan. 2010
    54歳男性。患者は両下肢疼痛、歩行困難、発熱を主訴とした。受診時、炎症反応の著増、血小板減少、黄疸、肝機能障害をはじめ、腎機能障害や低酸素血症が認められた。また、胸部レントゲンでは両側肺野にびまん性粒状影、スリガラス状陰影がみられ、CTでは広範な間質性変化と浸潤影が認められた。以上より、本症例はレジオネラ肺炎など異型肺炎を含む肺炎、敗血症と多臓器不全が疑われ、ICU入院後、CFPM投与が開始されたが、嘔吐、悪寒戦慄、腰痛、呼吸苦が出現し、ショック状態に陥った。そのため人工呼吸器管理が行なわれたものの、気管内チューブから大量の潜血の逆流が生じ、肺出血の存在が判明した。更にCTRXおよびCPFX静注を開始後、尿PCR検査でレプトスピラ陽性が判明し、ワイル病の確定診断が得られた。以後、第4病日目からCTRX、MINO静注に変更したところ、全身状態は徐々に改善し、後遺症なく治癒し、第22病日目に患者は独歩退院となった。尚、本症例は海外渡航歴などを有しておらず、自宅周囲の保菌ネズミから感染したワイル症と考えられた。
  • Staphylococcus lugdunensisによる感染性心内膜炎の2症例
    森 信好, 山内 悠子, 曾木 美佐, 古川 恵一
    感染症学雑誌 83(6) 714-714 Nov. 2009
  • 有熱性尿路感染症において介護施設入居者はceftriaxone耐性グラム陰性桿菌感染のリスクとなりうるか
    古川 恵一, 加藤 穣
    感染症学雑誌 83(6) 731-731 Nov. 2009
  • 【これだけは知っておきたい 感染症診療の落とし穴】 肺炎の落とし穴 そのアプローチも含めて
    古川 恵一
    臨床研修プラクティス 6(10) 46-60 Sep. 2009
  • 【「君わかってるなあ…」ICTとして知っておきたい抗菌薬適正使用の基礎知識】 適正使用・抗菌薬編 カルバペネム系抗菌薬の適正使用
    古川 恵一
    INFECTION CONTROL 18(7) 702-708 Jul. 2009
    (1)最近、カルバペネム耐性緑膿菌、多剤耐性緑膿菌が増加しつつあり、問題になっている。(2)抗菌薬適正使用、特にカルバペネム系抗菌薬適正使用が重要な感染対策と考える。(3)当院では、カルバペネムの適応症の限定、カルバペネム処方例のサーベイランスと適正使用の指導を感染症科が行っている。(4)当院では、イミペネム耐性緑膿菌分離率は2001年6月〜12月の26%から、2008年1月〜8月の2%(メロペネム耐性5%)に減少した。(著者抄録)
  • 【ブドウ球菌感染症の基礎と臨床】 多剤耐性黄色ブドウ球菌の治療と発生予防
    横田 恭子, 古川 恵一
    化学療法の領域 25(8) 1701-1708 Jul. 2009
    MRSA(methicillin-resistant Staphylococcus aureus)は院内感染の主な原因のひとつであり、カテーテル関連菌血症や肺炎、術後創部感染などを引き起こす。MRSA感染症は、MSSA(methicillin-sensitive Staphylococcus aureus)感染症と比較して死亡率も高く、病状に応じた抗菌剤選択および管理が重要である。また、MRSA保菌は主に院内環境からの獲得で起こることが知られており、MRSA感染症の発生予防のためには、抗生剤の適正使用に加えて、手指衛生、接触予防策、隔離など接触伝播に重点を置いた感染管理が必要である。(著者抄録)
  • 【抗菌薬適正使用 グローバルスタンダードを目指して】 抗菌薬のレギュレーション 聖路加国際病院における抗菌薬適正使用のための取り組み
    古川 恵一
    綜合臨床 58(6) 1382-1389 Jun. 2009
  • 【中枢神経系感染症の診断と治療】 中枢神経感染症の診断と治療のポイント
    古川 恵一
    化学療法の領域 25(6) 1241-1249 May 2009
    中枢神経感染症はできる限りすみやかに診断し、適切な治療を行う必要がある。詳細な病歴聴取と理学的所見から感染部位と起因微生物を推定して、経験的治療を開始する。抗菌薬開始前の血液培養検査、髄液の塗抹培養検査、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)などの検査から起因菌の検出に努める。起因菌確定後はそれに相応しい抗菌薬を大量に投与して治療する。(著者抄録)
  • ガス像を認めた黄色ぶどう球菌による壊死性筋炎、筋膿瘍の一例
    曾木 美佐, 古川 恵一, 山内 悠子, 村田 智史
    日本化学療法学会雑誌 57(Suppl.A) 201-201 Apr. 2009
  • Salmonellaによる頸椎骨髄炎の二症例
    山内 悠子, 森 信好, 曾木 美佐, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 57(Suppl.A) 202-202 Apr. 2009
  • 破裂したサルモネラによる感染性動脈瘤の1治癒症例
    曾木 美佐, 山内 悠子, 森 信好, 古川 恵一
    感染症学雑誌 83(2) 171-171 Mar. 2009
  • Lactobacillus sp.による感染性心内膜炎の1例
    森 信好, 山内 悠子, 曾木 美佐, 古川 恵一
    感染症学雑誌 83(2) 179-180 Mar. 2009
  • いま、我が国の大学・病院では感染症をどのように教育しているか その現状と課題 聖路加国際病院では 聖路加国際病院感染症科の実践する抗菌薬適正使用への臨床教育
    古川 恵一
    感染症学雑誌 83(臨増) 96-97 Mar. 2009
  • 当院における感染性心内膜炎患者の疫学と危険因子の検討
    野村 章洋, 古川 恵一
    感染症学雑誌 83(臨増) 164-164 Mar. 2009
  • 当院における感染性心内膜炎患者の予後と合併症についての検討
    野村 章洋, 古川 恵一
    感染症学雑誌 83(臨増) 164-164 Mar. 2009
  • Staphylococcus lugdunensisによる感染性心内膜炎の2症例
    森 信好, 山内 悠子, 曾木 美佐, 古川 恵一
    感染症学雑誌 83(臨増) 329-329 Mar. 2009
  • 有熱性尿路感染症において介護施設入居者はceftriaxone耐性グラム陰性桿菌感染のリスクとなりうるか
    古川 恵一, 加藤 穣
    感染症学雑誌 83(臨増) 353-353 Mar. 2009
  • 神経感染症の治療Up to Date 中枢神経系感染症診療への基本的アプローチと抗菌薬の適正使用 細菌性髄膜炎・結核性髄膜炎を中心に
    古川 恵一
    NEUROINFECTION 13(2) 11-11 Sep. 2008
  • 聖路加国際病院内科グランドカンファレンス 呼吸困難が持続し救急車で搬送された45歳男性
    西 裕太郎, 坂田 道教, 鈴木 高祐, 藤田 聡子, 和田 匡史, 山本 博之, 久田 修, 北川 諭, 藤田 善幸, 伊藤 俊之, 蝶名林 直彦, 那須 英紀, 林田 憲明, 古川 恵一, 松井 征男
    Medicina 40(8) 1433-1444 Aug. 2003
  • 抗菌薬管理プログラムの耐性菌増加抑止効果に関する検討
    青島 正大, 大屋敷 一馬, 内山 伸, 蝶名林 直彦, 古川 恵一
    日本呼吸器学会雑誌 41(増刊) 218-218 Mar. 2003
  • 黄色ブドウ球菌(MSSA)による急性細菌性髄膜炎の一症例
    外岡 暁子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 77(臨増) 228-228 Mar. 2003
  • カルバペネム使用量とイミペネム耐性緑膿菌分離率 カルバペネム使用規制による効果の検討
    内山 伸, 古川 恵一
    感染症学雑誌 77(臨増) 275-275 Mar. 2003
  • わが病院の感染対策 聖路加国際病院における感染管理システム
    沼口 史衣, 古川 恵一
    化学療法の領域 19(4) 661-665 Mar. 2003
    インフェクション・コントロール・プラクテョショナー(ICP)は院内感染の発生と伝播防止を,感染症専門医(IDD)は感染症の診断・治療,抗菌薬の適正使用を主要な業務としている.感染防止対策の決議機関である感染予防委員会は,診療,看護,薬剤,臨床検査,事務部門等の職員で構成される.各委員の専門的知識が必要となる問題が発生した場合は,その委員がICP,IDDと共に実働メンバーに加わり,問題解決に向けた業務を遂行する.感染管理システムの最終目標は,病院の屋根の下にいる全ての人を対象に,感染の発生と伝播を予防することである.ICP,IDD,及び各委員は,目標達成のために各自の専門的な知識や技能を提供するリソースとして活動している
  • 聖路加国際病院における最近6年間のカンジダ血症についての検討
    風間 逸郎, 古川 恵一
    感染症学雑誌 77(3) 158-166 Mar. 2003
    聖路加国際病院において1993年から6年間に血液培養でカンジダが検出され,調査可能であった59例について,菌種,感染源,患者背景,危険因子,合併症,治療法と予後などを検討した.菌種はCandida albicans(52%)が最も多く,次いでCandida tropicalis(11%)が多く見られた.88%の症例は中心静脈カテーテル感染によるものと考えられた.危険因子としては,中心静脈カテーテルの5日以上の長期留置,基礎疾患として消化器官,消化器手術後,広域または多剤抗菌薬の5日以上の使用,副腎皮質ステロイド剤使用などであった.合併症は約半数に見られ,眼内炎32%,5日以上発熱が続いた例は56%,敗血症性ショックが20%に見られた.死亡率は全体で46%で,フルコナゾールのみで治療された34例では50%,アンホテリシンBで治療された20例では40%であった.カンジダ血症が判明した場合,眼底検査と共に全例治療を行う必要があり,特に重症例やCandida albicans以外のカンジダ血症ではアンホテリシンBの投与が確実と考えられた
  • 【抗菌薬の特徴と使い方のコツ】 各種感染症に対する初期治療薬の選択はいかにあるべきか
    古川 恵一
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(11) 1006-1012 Nov. 2002
  • 【内科医が使う薬の副作用・相互作用】 感染症薬 ペニシリン系(結晶ペニシリンGカリウム,ユナシン,ペントシリン,ビクシリン)
    内山 伸, 古川 恵一
    Medicina 39(11) 388-390 Oct. 2002
  • 【内科医が使う薬の副作用・相互作用】 感染症薬 アミノ配糖体系(ハベカシン,ゲンタシン,ビクリン)
    貫井 陽子, 古川 恵一
    Medicina 39(11) 405-407 Oct. 2002
  • マキシマルバリアプレコーションに中心静脈カテーテル関連感染発生率の検討
    石崎 有澄美, 柴田 清, 杉浦 秀子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 76(8) 638-638 Aug. 2002
  • 早期の開胸縦隔ドレナージが有効であった降下性壊死性縦隔炎の1症例
    風間 逸郎, 古川 恵一
    感染症学雑誌 76(8) 640-640 Aug. 2002
  • ペニシリン・セフェム系低感受性Streptococcus mutansによる感染性心内膜炎の1症例
    木村 公一, 古川 恵一
    感染症学雑誌 76(6) 482-482 Jun. 2002
  • 内科的治療で治癒した黄色ブドウ球菌による縦隔炎,胸鎖関節炎,前胸壁軟部組織感染を合併した1症例
    依光 正枝, 古川 恵一
    感染症学雑誌 76(6) 482-483 Jun. 2002
  • 【こんなとき先生ならどう対応しますか プライマリケア診療で困ったときに】 対応に苦慮する症候・疾患の診療のコツ プライマリケアにおける感染症診療のコツ 腎機能障害のある重症感染症患者への抗生剤選択と投与法について教えてください
    風間 逸郎, 古川 恵一
    治療 84(3月増刊) 885-887 Mar. 2002
  • マキシマルバリアプレコーションによる中心静脈カテーテル感染発生率の検討
    石崎 有澄美, 柴田 清, 杉浦 秀子, 古川 恵一
    感染症学雑誌 76(臨増) 110-110 Mar. 2002
  • 早期の開胸縦隔ドレナージが有効であった降下性壊死性縦隔炎の1症例
    風間 逸郎, 古川 恵一
    感染症学雑誌 76(臨増) 112-112 Mar. 2002
  • 【専門医がすすめる最新処方128 こんな時,この処方】 推薦処方とその解説 敗血症
    貫井 陽子, 古川 恵一
    今月の治療 9(臨増) S314-S316 Jan. 2002
  • 当院における最近5年間のカンジダ血症についての検討
    風間 逸郎, 古川 恵一
    聖路加健康科学誌 9 31-33 Dec. 2001
    血液培養でカンジダ陽性59例について,菌種,発熱の状況,血液検査所見,感染源,危険因子,合併症,死亡率などを検討した.その結果,カンジダアルビカンスが最多で52%で,以下カンジダトロピカリス,カンジダパラシローシス等がつづいた.38℃以上の発熱は83%で発熱持続期間は平均5.9日であった.感染源は52例88%で中心静脈カテーテル感染が考えられた.治療は86%の症例では抗生剤が使用され,使用期間は73%の症例では5日以上,50%の症例では10日以上,であった.合併症は約半数にみられ眼内炎が19例32%と最多であった.死亡率は23例39%と高く,そのうち直接に死因に関与した例は7例であった.フルコナゾール耐性はカンジダアルビカンス8例中7例88%であった
  • 起因菌が不明のまま死亡に至った劇症型軟部組織感染症の1例
    中井 陽介, 大江 健二, 浅田 学, 神田 順二, 宇田川 秀雄, 古川 恵一, 糟谷 美有紀, 吉田 象二, 徐 基源, 伊藤 史生
    旭中央病院医報 23(2) 143-165 Dec. 2001
  • 口腔内症状より判明したHIV感染者の1例
    村田 千年, 村瀬 博文, 酒向 誠, 本橋 雪子, 一杉 岳, 古川 恵一
    日本口腔外科学会雑誌 47(13) 917-917 Dec. 2001
  • 病院情報システムと連携した感染管理システムの構築及び導入効果について
    中島 秀樹, 古川 恵一, 柴田 清
    医療情報学連合大会論文集 21回 88-89 Nov. 2001
  • 【Common infectious diseasesに対する最適な抗菌薬治療】 各種感染症,病態に対する最適な抗菌薬療法 感染性心内膜炎
    原田 将英, 古川 恵一
    臨床と微生物 28(5) 481-487 Sep. 2001
  • 【感染症に対する化学療法 適切な使用のための原則】 感染症に対する化学療法・治療 病院としての抗菌薬の適正使用のためのコントロール
    古川 恵一
    Medical Practice 18(8) 1345-1350 Aug. 2001
  • 抗菌薬による薬剤熱とその指標についての検討
    内田 豊義, 古川 恵一
    感染症学雑誌 75(8) 756-756 Aug. 2001
  • 聖路加国際病院における最近5年間のカンジダ血症についての検討
    風間 逸郎, 古川 恵一
    感染症学雑誌 75(7) 634-635 Jul. 2001
  • Peptostreptococcus asaccharolyticusによる感染性心内膜炎の一治癒症例
    山本 博之, 北川 諭, 石崎 有澄美, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 49(Suppl.A) 138-138 May 2001
  • 早期診断・早期治療にて治癒した劇症型A群連鎖球菌感染症(STSS)の1症例
    石崎 有澄美, 山本 博之, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 49(Suppl.A) 137-137 May 2001
  • 黄色ブドウ球菌(MSSA)による急性感染性心内膜炎(IE)において,僧帽弁前尖の破壊を心エコーで経時的に観察できた一例
    原田 将英, 谷岡 克敏, 山家 謙, 西 祐太郎, 高尾 信廣, 林田 憲明, 古川 恵一
    Japanese Circulation Journal 65(Suppl.II) 613-613 Apr. 2001
  • 聖路加国際病院における最近5年間のカンジダ血症についての検討
    風間 逸郎, 古川 恵一
    感染症学雑誌 75(臨増) 110-110 Feb. 2001
  • 抗菌薬による薬剤熱とその指標についての検討
    内田 豊義, 古川 恵一
    感染症学雑誌 75(臨増) 186-186 Feb. 2001
  • Salmonellaによる感染性大動脈瘤の1治癒症例
    大曲 貴夫, 古川 恵一
    感染症学雑誌 75(1) 72-73 Jan. 2001
  • 【抗菌薬マネジメント 細菌感染症治療の基礎と実践】 抗菌薬を使いこなすための基礎知識 抗菌薬の予防的投与とは
    大曲 貴夫, 古川 恵一
    Medicina 38(1) 41-43 Jan. 2001
  • アクアポリン4の細胞膜局在機構の検討
    藤岡 厚子, 中浜 健一, 長野 護, 佐藤 伸介, 古川 恵一, 佐々木 宏, 重吉 康史
    日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集 41回 77-77 Dec. 2000
  • 【身体診察法と異常所見の診方】 感染症
    古川 恵一
    日本内科学会雑誌 89(12) 2457-2464 Dec. 2000
    発熱のある患者を診て,各種感染症など原疾患を的確に診断するためには,まず患者の病歴と共に理学的所見を注意深く調べることが大切である.発熱患者の脈拍数や熱型や解熱のパターンから,原疾患をある程度推定できる場合がある.不明熱の患者の診断のための手がかりとなる重要な理学的所見のチェックポイントについて知っておく必要がある.また発熱と発疹をきたす疾患の鑑別診断や緊急治療を要する敗血症等の患者を理学的所見から診断することも重要である
  • 腎結石に続発した胸水貯留を契機に発見された腸腰筋膿瘍の1例
    風間 逸郎, 青島 正大, 大曲 貴夫, 臼井 靖博, 多田 寛, 蝶名林 直彦, 古川 恵一, 松迫 正樹, 土井 修
    日本呼吸器学会雑誌 38(11) 860-864 Nov. 2000
    60歳女.左胸水貯留を主訴とした.自覚症状は乏しく,初診5日目に胸水はほぼ消失していたが,左Psoas sign,炎症所見があり,腹部CTで左腸腰筋膿瘍を発見した.エコーガイド下穿刺,ドレナージ及び抗生剤投与により膿瘍の消失を認めたが,1ヵ月後に再発した.再発より半年後に,感染源と考えられる左サンゴ状腎結石に対し左腎摘出術を行った.左腎は周囲との癒着が強く,摘出腎には膿瘍と腎盂腎炎を認めた.術後38日目,腫瘍縮小を確認し退院した
  • 【呼吸器感染症の新世代診療 インフルエンザ,耐性菌,結核を中心に】 注目される呼吸器感染症の臨床 呼吸器感染症におけるニューキノロン点滴静注薬の役割
    古川 恵一
    内科 86(4) 743-747 Oct. 2000
  • 2施設での抗菌薬の使用状況とIPM耐性Pseudomonas aeruginosaの分離状況
    森 信子, 緒方 宏泰, 古川 恵一, 森 伴雄
    感染症学雑誌 74(10) 863-863 Oct. 2000
  • Septic Shock又は低血圧を伴うSevere Sepsisの91症例に関する臨床的検討
    鯉沼 代造, 古川 恵一
    感染症学雑誌 74(10) 854-855 Oct. 2000
  • 後遺症なく治癒した重症単純ヘルペス脳炎の1症例
    大曲 貴夫, 古川 恵一
    感染症学雑誌 74(10) 908-909 Oct. 2000
  • 21世紀における院内感染対策 病院内の各部門と検査部とのネットワーク構築の重要性 聖路加国際病院における感染症科・感染管理部と細菌検査部との協力体制
    古川 恵一
    臨床病理 48(補冊) 28-28 Sep. 2000
  • HIV感染患者に生じた梅毒2期疹
    中野 敏明, 山口 京美, 山上 美江, 原田 晴美, 衛藤 光, 古川 恵一
    日本皮膚科学会雑誌 110(7) 1154-1154 Jun. 2000
  • 薬剤師業務に必要な検査値の解釈 感染症,炎症反応に関連した検査値データと解析と対応
    西原 崇創, 古川 恵一
    医薬ジャーナル 36(6) 1717-1720 Jun. 2000
  • 剖検例よりみた深在性真菌症の解析と課題
    蔦 幸治, 螺良 愛郎, 斎木 茂樹, 古川 恵一
    日本臨床 58(4) 969-976 Apr. 2000
  • 皮膚症状から発見されたHIV感染症の3例
    中野 敏明, 山口 京美, 山上 美江, 原田 晴美, 衛藤 光, 古川 恵一
    日本皮膚科学会雑誌 110(4) 693-693 Apr. 2000
  • 連続臨床分離緑膿菌感染の背景因子と,各種抗生物質に対するMICの比較
    蝶名林 直彦, 青島 正大, 大蔵 暢, 杉浦 秀子, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 48(Suppl.A) 76-76 Apr. 2000
  • 2施設での抗菌薬の使用状況とIPM耐性P.aeruginosaの分離状況
    森 信子, 緒方 宏泰, 古川 恵一, 森 伴雄
    感染症学雑誌 74(臨増) 138-138 Mar. 2000
  • 後遺症なく治癒した重症単純ヘルペス脳炎の1症例
    大曲 貴夫, 古川 恵一
    感染症学雑誌 74(臨増) 193-193 Mar. 2000
  • Septic Shock又は低血圧を伴うSevere Sepsisの91症例に関する臨床的検討
    鯉沼 代造, 古川 恵一
    感染症学雑誌 74(臨増) 128-128 Mar. 2000
  • 重症MRSA感染症に対するバンコマイシンとST合剤,リファンピシンの併用療法例
    古川 恵一
    治療学 34(3) 331-334 Mar. 2000
  • 黄色ブドウ球菌(MSSA)による重症敗血症ARDS,傍脊椎膿瘍を合併した脊椎骨骨髄炎の1治癒症例
    原田 将英, 古川 恵一
    感染症学雑誌 74(3) 296-296 Mar. 2000
  • 黄色ブドウ球菌による三尖弁,僧帽弁,大動脈弁の感染性心内膜炎(IE)の1治癒症例
    三浦 龍志, 古川 恵一
    感染症学雑誌 74(3) 296-296 Mar. 2000
  • 黄色ブドウ球菌敗血症のfocusとなったと考えられたOsler-Weber-Rendu症候群に伴う肺動静脈瘻の1例
    大曲 貴夫, 青島 正大, 多田 寛, 蝶名林 直彦, 古川 恵一, 大多和 正樹, 渡辺 文彦, 土井 修, 植草 利公, 斉木 茂樹
    日本呼吸器学会雑誌 38(2) 143-147 Feb. 2000
    脳梗塞及び十二指腸潰瘍からの出血の既往を有する58歳男,左肩関節及び右第2指の関節痛と発熱にて発症した.血液培養にてMSSAが検出され,黄色ブドウ球菌敗血症と診断し抗菌薬による治療を開始した.同時に胸部単純X線写真及びCTにて両肺に腫瘤影とそれに連なる拡張した血管影を認め,肺動脈造影にて両側肺動静脈瘻と診断した.Gaシンチにて左肺の動静脈瘻部に一致した集積を認め,敗血症は肺動静脈瘻への黄色ブドウ球菌感染が原因である可能性が示唆された.本例は胃粘膜,口腔粘膜,鼻粘膜,及び皮膚に多発性の毛細血管拡張を認め,叔母にも鼻粘膜の出血傾向を認めたため,Osler-Weber-Rendu症候群(遺伝性出血性毛細血管拡張症)と診断した
  • 【MRSAへの新しいアプローチ】 治療の面から 重症MRSA感染症に対する抗菌薬の併用療法について
    古川 恵一
    INFECTION CONTROL 9(1) 40-43 Jan. 2000
  • 【感染症'99「感染症新法」下における感染症への対応】 「感染症新法」下での各医療機関の役割 感染症新法に対応して 一般病院でのより良き感染症診療のために
    古川 恵一
    日本内科学会雑誌 88(11) 2123-2127 Nov. 1999
  • ペニシリン及びセフォタキシム中等度耐性肺炎球菌による髄膜炎の1治癒症例
    田中 宏和, 古川 恵一
    感染症学雑誌 73(9) 947-948 Sep. 1999
  • MRSAによる敗血症性血栓性静脈炎及び感染性心内膜炎の1治癒症例
    大蔵 暢, 古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 47(8) 502-502 Aug. 1999
  • 院内感染対策 感染症診療と院内感染管理における感染症科の役割
    古川 恵一
    病院 58(8) 781-783 Aug. 1999
  • 聖路加国際病院における過去10年間の剖検症例からみた深部真菌感染症の検討
    蔦 幸治, 古川 恵一
    感染症学雑誌 73(8) 858-859 Aug. 1999
  • 微生物検査の自動化・システム化はいかにあるべきか 感染症診療と院内感染管理に関わる微生物検査部の重要な役割
    古川 恵一
    臨床病理 47(7) 651-657 Jul. 1999
  • 【小児の感染症】 細菌 ガス壊疽
    古川 恵一
    小児科臨床 52(4) 463-465 Apr. 1999
  • Streptococcus bovis菌血症を契機として発見された直腸癌の1例
    里舘 均, 大東 誠司, 西尾 剛毅, 古川 恵一
    日本大腸肛門病学会雑誌 52(4) 337-341 Apr. 1999
    67歳男.肺炎に喘息発作を合併,その治療目的に入院.入院中に発熱,血液培養からStreptococcus bovisが分離されたため大腸の検索を施行,直腸癌が発見された.低位前方切除術を施行し,退院.Streptococcus bovisによる菌血症と大腸癌との関連は,欧米ではよく知られているが,日本ではその認識は低い.現在のところ,Streptococcus bovisと大腸癌の直接の因果関係については不明な点も多いが,併存率が高いことは事実であり,この認識は重要である
  • 中心静脈カテーテル感染に続発したMRSAとCandidaによる重症敗血症性血栓性静脈炎の1症例
    西原 崇創, 古川 恵一
    感染症学雑誌 73(4) 378-378 Apr. 1999
  • 【抗菌薬の適正使用 医療スタッフへの最新情報】 抗菌薬を適切に使うために
    古川 恵一
    薬局 50(3) 989-1000 Mar. 1999
  • 聖路加国際病院における過去10年間の剖検症例からみた深部真菌感染症の検討
    蔦 幸治, 古川 恵一
    感染症学雑誌 73(臨増) 116-116 Feb. 1999
  • Campylobacter fetusによる三尖弁感染性心内膜炎の1例
    斉藤 聖子, 神田 順二, 橋本 亨, 田中 計, 徐 基源, 中村 朗, 鈴木 勝, 竹内 信輝, 中村 和之, 古川 恵一
    心臓 31(2) 111-116 Feb. 1999
    53歳男.食肉センターに勤務し,ウシ,ブタ等の生肉,生レバーを常食していた.1996年7月,抜歯約2ヵ月後より悪寒戦慄,頭痛を自覚した.その後6ヵ月で約5kgの体重減少もあり,受診した.心雑音は聴取されなかったが,炎症反応もみられ,病歴より感染性心内膜炎の可能性を考え,心エコー検査を施行した.三尖弁に疣贅がみられ,感染性心内膜炎の診断で1997年1月入院となった.血液培養よりCampylobacter fetusが検出された.抗生剤IPM/CSを4週間投与し,臨床症状,炎症所見は改善した.心エコー図,心臓カテーテル検査において,三尖弁を含め器質的心疾患は認められなかった
  • ペニシリン及びセフォタキシム中等度耐性肺炎球菌による髄膜炎の1治癒症例
    田中 宏和, 古川 恵一
    感染症学雑誌 73(臨増) 139-139 Feb. 1999
  • 【抗菌薬の適切な使い方】 抗菌薬を適切に使うために知っておくべきポイント 抗菌薬を適切に使うための基本的な考え方
    古川 恵一
    Medicina 36(1) 6-8 Jan. 1999
  • 【抗菌薬の適切な使い方】 抗菌薬を適切に使うために知っておくべきポイント 各種の主要感染症の起因菌と初期治療(empiric therapy)
    古川 恵一
    Medicina 36(1) 18-25 Jan. 1999
  • 【抗菌薬の適切な使い方】 抗菌薬を適切に使うために知っておくべきポイント 各種の主要起因菌に対して選択すべき抗菌薬
    古川 恵一
    Medicina 36(1) 26-28 Jan. 1999
  • 【抗菌薬の適切な使い方】 抗菌薬を適切に使用するために知っておくべきポイント 発熱をきたす疾患の鑑別 抗菌薬を使うべき感染症を判別する
    臼井 靖博, 古川 恵一
    Medicina 36(1) 10-11 Jan. 1999
  • 【図解救急・応急処置ガイド】 日常診療に必要な応急処置 針刺し事故(HBV,HCV,HIV感染予防)
    古川 恵一
    Medical Practice 15(臨増) 182-185 Dec. 1998
  • HIV/AIDS患者に対する在宅医療の現状と課題
    石原 美和, 山田 雅子, 村上 未知子, 池田 和子, 岡 慎一, 立入 ひろみ, 今村 顕史, 古川 恵一, 押川 真喜子, 落合 絵梨, 土井 英史, 川村 佐和子
    訪問看護と介護 3(11) 805-806 Nov. 1998
  • 内科エマージェンシーと救急検査 グラム染色
    古川 恵一
    Medicina 35(11) 76-77 Oct. 1998
  • 硝子体手術を行った後天性免疫不全症候群に伴うサイトメガロウイルス網膜炎の1例
    大越 貴志子, 安田 明弘, 折原 雄一, 草野 良明, 佐久間 敦之, 山口 達夫, 古川 恵一
    眼科臨床医報 92(10) 1417-1421 Oct. 1998
    64歳女.両眼性のサイトメガロウイルス網膜炎に対し,ガンシクロビル治療を行い寛解したが,その後左眼に網膜剥離をきたした.当時右眼も再発しており,両眼失明の危険性があったため,左眼の硝子体切除術とシリコンオイル注入術を行い,黄斑復位を得られ,視力も向上した.右眼の再発はガンシクロビルの耐性によるものと考えられたので,フォスカーネットに変更し,再び寛解を得た.AIDSに伴うサイトメガロウイルス網膜炎の網膜剥離に対する硝子体切除術とシリコンオイル注入術は有用と思われた
  • 微生物検査の自動化・システム化はいかにあるべきか 感染症診療と院内感染管理における微生物検査部の重要な役割
    古川 恵一
    臨床病理 46(補冊) 278-278 Sep. 1998
  • 当院糖尿病外来における服薬状況と意識調査
    角谷 誠信, 礒谷 治彦, 梅谷 真弓, 横田 早百合, 西谷 和子, 亀岡 慶一, 古川 恵一
    糖尿病 41(7) 547-547 Jul. 1998
  • クロキサシリン大量を用いた内科的治療で治癒した黄色ブドウ球菌(MSSA)による原発性縦隔膿瘍と肺動静脈瘻感染の2症例
    古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 46(Suppl.A) 201-201 May 1998
  • 【肺炎と肺臓炎】 患者の背景・病態・検査データから原因菌を予測して治療する インフルエンザ罹患後の肺炎
    古川 恵一
    Medicina 34(10) 1905-1907 Oct. 1997
  • 泌尿器科における院内感染 院内感染とその対策について
    古川 恵一
    Urological Nursing 2(3) 230-235 Jun. 1997
  • 外来での抗菌薬の適切な使い方
    古川 恵一
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(3) 190-194 Mar. 1997
  • あなたの病院の感染管理はこれでよいのか? 感染症科の役割と院内感染管理
    古川 恵一
    看護管理 7(3) 181-185 Mar. 1997
  • 外来での抗菌薬のベストチョイス ペニシリンアレルギーについて
    古川 恵一
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(3) 212-212 Mar. 1997
  • 口の中を診る 免疫不全者にみられる口腔内病変
    古川 恵一
    JIM: Journal of Integrated Medicine 6(10) 902-903 Oct. 1996
  • 一般医はこうして対応する E.Coli O157 H7感染症に対するマネージメント
    古川 恵一
    JIM: Journal of Integrated Medicine 6(9) 771-771 Sep. 1996
  • 感染症の現況 どのように抗菌薬を使うか 注目される感染症の治療 劇症型A群溶レン菌感染症
    清水 可方, 古川 恵一
    内科 74(6) 1062-1066 Dec. 1994
  • 当院におけるパソコン通信ネット活用によるDI活動
    川路 明人, 古川 恵一
    Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists 30(7〜8) 865-868 Jul. 1994
  • 感染予防はナースの役目 どうして感染は起こるの?
    古川 恵一
    看護学生 41(7) 9-12 Oct. 1993
  • 抗生物質の特徴と正しい使い方 イミペネムの特徴と使い方
    相沢 信行, 古川 恵一
    Medicina 30(7) 1244-1246 Jul. 1993
  • MRSAに対するバンコマイシンとST合剤のin vitroの併用効果について
    古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 41(5) 616-616 May 1993
  • ST合剤が有効であったMRSA感染症の11症例
    古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 41(2) 320-320 Feb. 1993
  • ST合剤により著効をみた黄色ブドウ球菌による骨盤骨慢性骨髄炎の一症例
    古川 恵一
    日本化学療法学会雑誌 39(5) 525-526 May 1991
  • 米国におけるAIDS患者の現状と小児領域における対策
    古川 恵一
    小児内科 21(11) 1559-1561 Nov. 1989
  • 精神科領域でのエイズ アメリカにおけるAIDSおよびHIV感染症対策の現状
    古川 恵一
    こころのりんしょうa・la・carte 8(1) 31-34 Mar. 1989
  • AIDSをめぐる諸問題
    島田 馨, 古川 恵一, 倉田 毅
    治療学 22(2) 207-220 Feb. 1989
  • CAPD療法に長期腹腔内インシュリン注入を併用した非DM腎不全の1例
    古川 恵一
    日本透析療法学会雑誌 19(11) 1083-1083 Nov. 1986
  • 遺伝性血管神経浮腫にSLEを合併した1例
    古川 恵一
    日本内科学会雑誌 75(6) 833-834 Jun. 1986
  • 73日間の無尿後に利尿をみた術後急性腎不全の1症例
    古川 恵一, 代田 浩之, 葛原 敬八郎
    腎と透析 20(6) 871-875 Jun. 1986
    49歳男,食道穿孔に対する手術後に急性腎不全となり,縦隔炎,膿胸などを併発したが,73日間の無尿期の後,透析を離脱できた
  • 透析症例147例の腎の形態的所見,特に嚢胞形成について 腹部エコーによる検索
    古川 恵一
    日本腎臓学会誌 28(5) 687-687 May 1986
  • 小児喘息と血液透析
    辻 裕之, 奥田 俊洋, 古川 恵一
    小児腎不全研究会誌 5 95-97 Aug. 1985
  • 膠原病特にSLEにおける脾の大きさと病勢との対比検討(腹部超音波検査を用いて)
    古川 恵一
    日本腎臓学会誌 27(5) 708-708 May 1985
  • 腎不全患者の腎性骨異常栄養症
    古川 恵一, 三浦 雅弘
    看護技術 30(15) 2068-2069 Nov. 1984
  • 食道静脈瘤に内視鏡的硬化療法を施行した遺伝性高チロジン血症の1症例
    古川 恵一
    日本小児科学会雑誌 88(5) 1077-1078 May 1984
  • 高Ca血症およびCEA異常高値で発見されたSipple症候群の1例
    古川 恵一, 小沢 安則, 紫芝 良昌
    ホルモンと臨床 31(秋季増刊) 168-171 Oct. 1983
  • 食道穿孔により縦隔炎と膿胸を合併し活性炭を併用した血液透析により73日の無尿後に利尿をみた急性腎不全の一症例
    古川 恵一
    日本腎臓学会誌 24(12) 1352-1353 Dec. 1982
  • HBc抗体からみた肝癌発生頻度についての検討
    池田 健次, 熊田 博光, 古川 恵一
    肝臓 23(11) 1356-1356 Nov. 1982
    1)HBs抗原陰性肝硬変121例中,HBs抗体陰性92例,陽性29例であった.i) HBs抗体陰性92例の肝癌発生率は,HBc抗体(-)群38例中8例,(±)群17例中3例,(+)群22例中4例,(++)群15例中7例であった.ii) HBs抗体陽性29例の肝癌発生率は,HBc抗体(-)群3例中1例,(±)群6例中0例,(+)群11例中2例,(++)群9例中2例であった.iii) HBs抗体陰性,HBc抗体(++)群の肝癌発生率は15例中7例で,その他の106例中20例に比し,有意差であった.2)HB群肝硬変では,初診時肝癌合併例を含む全経過中の肝癌合併例は,102例中33例であった.HBs抗原・抗体陰性,HBc抗体(++)の肝硬変の肝癌合併率は16.7%であった
  • コルチコステロイドrebound療法におけるDNA polymeraseの動き
    熊田 博光, 池田 健次, 古川 恵一
    肝臓 23(10) 1217-1217 Oct. 1982
    e抗原陽性B型肝炎にCS rebound療法を行なうと,DNA polymerase値は増加し,療法中止後は使用前値の1/3〜1/5に減少した.5例中1例でrebound療法後一過性にe抗原が陰性化した.又1例ではe抗原からe抗体にseroconversion後,さらにHBs抗原からHBs抗体へseroconversionした.13例中12例でM・O法,RIA法共にe抗原が陰性化し,うち10例でe抗体が出現した
  • 急性胆嚢炎の炎症の波及により膿瘍化を呈した肝嚢胞の1例
    古川恵一
    日本消化器病学会雑誌 79(2) 330-331 Feb. 1982
  • 高Ca血症及びCEA異常高値で発見されたSipple症候群の一例
    古川恵一
    日本内分泌学会雑誌 57(増刊) 1446-1446 Sep. 1981
  • ぶどう膜炎と血清ACE高値をもつThermoactinomycesvulgarisによると思われる過敏性肺臓炎の1例
    岡野弘, 古川恵一, 中田紘一郎
    日本胸部疾患学会雑誌 19(5) 317-322 May 1981
  • Pickwickian症候群の1例
    鈴木幹三, 古川恵一, 立花昭生
    日本胸部疾患学会雑誌 19(4) 260-267 Apr. 1981
  • 胃管挿入時,気管内チューブカフ損傷を伴った1症例
    横山和子, 古川恵一, 井上荘三郎
    臨床麻酔 4(7) 847-848 Jul. 1980
  • 経過中Clostridiumperfringens敗血症の合併をみた再生不良性貧血の1例
    古川恵一
    臨床血液 21(5) 667-668 May 1980
  • Termoactinomycesvulgarisによると思われる蜂窩肺をもつ過敏性肺臓炎の1例
    古川恵一
    日本胸部疾患学会雑誌 18(5) 363-363 May 1980
  • 腸結核の後遺症と考えられる吸収不良症候群の一例
    古川恵一
    新潟医学会雑誌 93(8) 622-622 Aug. 1979


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.