Teruo Yamauchi

Faculty & Position:Medical Oncology Department  doctor
Contact:
URL: 
Last Updated: Sep. 09, 2019 at 11:40

Researcher Profile & Settings

Education

  • Sep. 2007Jul. 2009University of South Florida College of Medicine Clinical and Translational Research
  • Apr. 1982Mar. 1988Kagoshima University Faculty of Medicine

Academic & Professional Experience

  • Jul. 2009- TodayChief, St. Luke's International Hospital
  • Jul. 2004Jun. 2005Chief Resident, Clinical Instructor, University of Hawaii

Research Activities

Published Papers

  • Dynamic changes in CD44v-positive cells after preoperative anti-HER2 therapy and its correlation with pathologic complete response in HER2-positive breast cancer.
    Yamauchi T, Espinosa Fernandez JR, Imamura CK, Yamauchi H, Jinno H, Takahashi M, Kitagawa Y, Nakamura S, Lim B, Krishnamurthy S, Reuben JM, Liu D, Tripathy D, Chen H, Takebe N, Saya H, Ueno NT
    Oncotarget 9(6) 6872-6882 Jan. 2018 [Refereed]
  • Mucin-poor and aggressive mucinous tubular and spindle cell carcinoma of the kidney: Two case reports.
    Uchida S, Suzuki K, Uno M, Nozaki F, Li CP, Abe E, Yamauchi T, Horiuchi S, Kamo M, Hattori K, Nagashima Y
    Molecular and clinical oncology 7(5) 777-782 Nov. 2017 [Refereed]
  • A self-directed home yoga programme for women with breast cancer during chemotherapy: A feasibility study.
    Komatsu H, Yagasaki K, Yamauchi H, Yamauchi T, Takebayashi T
    International journal of nursing practice 22(3) 258-266 Jun. 2016 [Refereed]
  • Poor efficacy of the phosphorylated high-molecular-weight neurofilament heavy subunit serum level, a biomarker of axonal damage, as a marker of chemotherapy-induced peripheral neuropathy.
    Sumitani M, Ogata T, Natori A, Hozumi J, Shimojo N, Kida K, Yamauchi H, Yamauchi T
    Biomedical reports 4(6) 758-760 Jun. 2016 [Refereed]
  • Patients' Perspectives on Creating a Personal Safety Net During Chemotherapy.
    Komatsu H, Yagasaki K, Yamauchi H, Yamauchi T
    Clinical journal of oncology nursing 20(1) 13-16 Feb. 2016 [Refereed]
  • Triciribine Phosphate Monohydrate, an AKT Inhibitor, Enhances Gemcitabine Activity in Pancreatic Cancer Cells.
    Kim R, Yamauchi T, Husain K, Sebti S, Malafa M
    Anticancer research 35(9) 4599-4604 Sep. 2015 [Refereed]
  • Potential role of pNF-H, a biomarker of axonal damage in the central nervous system, as a predictive marker of chemotherapy-induced cognitive impairment.
    Natori A, Ogata T, Sumitani M, Kogure T, Yamauchi T, Yamauchi H
    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research 21(6) 1348-1352 Mar. 2015 [Refereed]
  • Differential impact of fosaprepitant on infusion site adverse events between cisplatin- and anthracycline-based chemotherapy regimens.
    Fujii T, Nishimura N, Urayama KY, Kanai H, Ishimaru H, Kawano J, Takahashi O, Yamauchi H, Yamauchi T
    Anticancer research 35(1) 379-383 Jan. 2015 [Refereed]
  • Vitamin E δ-tocotrienol augments the antitumor activity of gemcitabine and suppresses constitutive NF-κB activation in pancreatic cancer.
    Husain K, Francois RA, Yamauchi T, Perez M, Sebti SM, Malafa MP
    Molecular cancer therapeutics 10(12) 2363-2372 Dec. 2011 [Refereed]
  • Metabolic abnormalities associated with atypical antipsychotics: a case report and alert.
    Yamauchi T, Tice A
    Hawaii medical journal 66(1) 12-13 Jan. 2007 [Refereed]
  • Distinct but overlapping roles of histone acetylase PCAF and of the closely related PCAF-B/GCN5 in mouse embryogenesis
    Teruo Yamauchi, Jun Yamauchi, Jun Yamauchi, Takeshi Kuwata, Tomohiko Tamura, Tsuyoshi Yamashita, Tsuyoshi Yamashita, Nancy Bae, Heiner Westphal, Keiko Ozato, Yoshihiro Nakatani, Yoshihiro Nakatani
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 97 11303-11306 Oct. 2000
    PCAF plays a role in transcriptional activation, cell-cycle arrest, and cell differentiation in cultured cells. PCAF contributes to transcriptional activation by acetylating chromatin and transcription factors through its intrinsic histone acetylase activity. In this report, we present evidence for the in vivo function of PCAF and the closely related PCAF-B/GCN5. Mice lacking PCAF are developmentally normal without a distinct phenotype. In PCAF null-zygous mice, protein levels of PCAF-B/GCN5 are drastically elevated in lung and liver, where PCAF is abundantly expressed in wild-type mice, suggesting that PCAF-B/GCN5 functionally compensates for PCAF. In contrast, animals lacking PCAF-B/GCN5 die between days 9.5 and 11.5 of gestation. Normally, PCAF-B/GCN5 mRNA is expressed at high levels already by day 8, whereas PCAF mRNA is first detected on day 12.5, which may explain, in part, the distinct knockout phenotypes. These results provide evidence that PCAF and PCAF-B/GCN5 play distinct but functionally overlapping roles in embryogenesis.
  • Activation of MEK kinase 1 by the c-Abl protein tyrosine kinase in response to DNA damage
    Surender Kharbanda, Surender Kharbanda, Pramod Pandey, Teruo Yamauchi, Shailender Kumar, Masao Kaneki, Vijay Kumar, Ajit Bharti, Zhi Min Yuan, Louis Ghanem, Ajay Rana, Ralph Weichselbaum, Gary Johnson, Donald Kufe
    Molecular and Cellular Biology 20 4979-4989 Jul. 2000
    The c-Abl protein tyrosine kinase is activated by certain DNA-damaging agents and regulates induction of the stress-activated c-Jun N-terminal protein kinase (SAPK). Here we show that nuclear c-Abl associates with MEK kinase 1 (MEKK-1), an upstream effector of the SEK1→SAPK pathway, in the response of cells to genotoxic stress. The results demonstrate that the nuclear c-Abl binds to MEKK-1 and that c-Abl phosphorylates MEKK-1 in vitro and in vivo. Transient-transfection studies with wild-type and kinase- inactive c-Abl demonstrate c-Abl kinase-dependent activation of MEKK-1. Moreover, c-Abl activates MEKK-1 in vitro and in response to DNA damage. The results also demonstrate that c-Abl induces MEKK-1-mediated phosphorylation and activation of SEK1-SAPK in coupled kinase assays. These findings indicate that c-Abl functions upstream of MEKK-1-dependent activation of SAPK in the response to genotoxic stress.
  • Mechanistic effects of kijimicin on inhibition of human immunodeficiency virus replication
    Teruo Yamauchi, Mariko Nakamura, Hitoshi Honma, Motoaki Ikeda, Kazunari Kawashima, Tsuneya Ohno
    Molecular and Cellular Biochemistry 119 35-41 Mar. 1993
    Kijimicin represents an important type of ionophore compound. In veterinary medicine, it is becoming important as anticoccidiostatic agent and feed supplement. We examined Kijimicin for its HIV inhibitory activity. The compound exhibited concentration-dependent inhibition of HIV replication in primary infected cultures of human T-lymphoblastoid H9 cells. Substantial inhibition of viral replication was observed at concentrations of Kijimicin that showed little cytotoxicity. The ratio of IC50 values for the MTT to RT assays was 40. Anti HIV activity was also observed in cultures of monocytic lineage U937 cells chronically infected with HIV. Moreover, in attempting to define the inhibitory mechanism of Kijimicin, we investigated its effect on each step of HIV replication. The infectivity of progeny viral particles was reduced by Kijimicin treatment. This decrease may be due to incompletely glycosylated forms of gp120. © 1993 Kluwer Academic Publishers.

Conference Activities & Talks

  • 乳癌患者の抗がん剤投与に伴う頭皮生理機能と症状の変化
    玉井 奈緒, 池田 真理, 江口 華子, 細川 恵子, 金井 久子, 山内 英子, 山内 照夫, 真田 弘美
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 Jun. 2016
  • がん化学療法を受ける患者の見た目の変化の実態と外見を整えるためのケアに関するアンケート
    大畑 美里, 金井 久子, 猪原 彩子, 立花 夏子, 中野 和季, 大出 幸子, 山内 照夫
    日本がん看護学会誌 Jan. 2015
  • がん疼痛マネジメントに対する患者の心理的バリア評価指標の開発 日本語版The Barriers Questionnaire IIの検証
    榊原 直喜, 小松 浩子, 高橋 美賀子, 山内 英子, 山内 照夫
    日本がん看護学会誌 Jan. 2014
  • 当院におけるエリブリンの治療成績および減量時期,副作用の変化についての検討
    北野敦子, 山内照夫
    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 2014
  • 経口低用量シクロホスファミド(CPA)の長期服用による出血性膀胱炎
    永野 悦子, 田原 麻理, 山内 照夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 May 2012
  • 米国NCIとのコラボレーションによる医師主導治験
    山内 照夫, 今村 知世, 甲斐 千晴, 神野 浩光, 山内 英子, 北川 雄光, 佐谷 秀行, 中村 清吾, 上野 直人
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 May 2012
  • 経口抗がん剤シクロホスファミド(CPA)治療による治療関連性白血病を発症した乳がん患者の一例
    永野 悦子, 山内 照夫
    日本がん看護学会誌 Jan. 2012
  • 医薬品のグローバル開発における日本の貢献・日本の役割 米国NCIとのコラボレーションによる医師主導治験
    今村 知世, 山内 照夫, 山内 英子, 中村 清吾, 神野 浩光, 北川 雄光, 佐谷 秀行, 上野 直人
    臨床薬理 Oct. 2011
  • 血管ベーチェット病に腸管ベーチェット病を併発した一例
    山内 照夫
    日本内科学会関東地方会抄録集 Mar. 1991
  • 膵頭部癌との鑑別が困難であった総胆管・膵管断端神経腫の1例
    山内 照夫
    日本消化器病学会雑誌 Mar. 1990

Misc

  • 遺伝性腫瘍の診療体制の構築に向けて がん遺伝子パネル検査で得られた情報を日常臨床に応用する上での課題
    大川 恵, 鈴木 美慧, 金井 久子, 竹井 淳子, 吉田 敦, 山内 照夫, 山中 美智子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 26回 300-300 May 2018
  • BRCA変異陽性転移性乳癌に対するオラパリブ単独療法と化学療法を比較する第III相試験(OlympiAD)
    岩田 広治, 増田 慎三, 山内 照夫, 中村 清吾, 徳永 えり子, 高橋 將人, 田村 研治, 雷 哲明, 金 昇晋, 六反田 奈和
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 26回 336-336 May 2018
  • BRCA変異陽性転移性乳癌に対するオラパリブ単独療法と化学療法を比較する第III相試験(OlympiAD)HRQoLの評価
    山内 照夫, 増田 慎三, 岩田 広治, 中村 清吾, 徳永 えり子, 高橋 將人, 田村 研治, 雷 哲明, 金 昇晋, 六反田 奈和
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 26回 339-339 May 2018
  • キャッチ!オンコロ・トレンド(第2回) 「遺伝看護専門看護師」の誕生と「がん領域の遺伝看護」のこれから
    大川 恵, 山内 照夫, 武田 祐子
    YORi-SOUがんナーシング 8(2) 170-171 Apr. 2018
  • 【がん:検診、ケア、予防、運動習慣化の意義を考える】 日本人乳がんサバイバーの体力水準
    奥松 功基, 辻本 健彦, 若葉 京良, 関 晶南, 固武 利奈, 山内 照夫, 平山 智志, 小林 裕幸, 坂東 裕子, 山内 英子, 田中 喜代次
    体力科学 67(2) 169-176 Apr. 2018
    乳がんサバイバーとし参加を希望する女性50名(平均51.7±6.1歳)を対象とした。乳がんサバイバーの体力を要素別に分けた場合、バランス、柔軟性、上半身の筋力は平均的な日本人女性よりも有意に低く、全身持久性体力は有意に高かった。瞬発力や敏捷性は健常女性と同程度であった。運動習慣あり群は健常女性よりも全身持久性体力が有意に高かったが、運動習慣を問わず、上半身の筋力(握力)は健常女性と比較して有意に低かった。運動習慣あり群はなし群と比較して体重、BMI、体脂肪率、腹囲が有意に低値であった。参加者平均Tスコアのうち、バランス、柔軟性、握力は平均的な日本人女性よりも低く、全身持久性体力は有意に高かった。運動習慣あり群の全身性持久力は日本人女性の平均よりも有意に高かった。上半身を含めた筋力トレーニングを実践している乳がん患者は2名(8%)であった。乳がん患者の活力平均年齢は49.9±8.6歳で、運動習慣あり群は49.5±9.4歳、運動習慣なし群は50.3±7.8歳であった。
  • Evidence "The Classic" Review《乳がん》 Before and After Trastuzumab 乳がん分子標的治療薬の先駆者トラスツズマブ
    山内 照夫
    Cancer Board Square 3(2) 316-317 Jul. 2017
    乳がん治療は他の固形腫瘍に比べて早い時期から「ホルモン療法」という分子標的治療が行なわれてきた。それだけでなく、1990年代後半には現在の分子標的治療薬時代を引っ張る存在となる薬剤、トラスツズマブがHER2陽性乳がんの治療に応用されるようになった。乳がん領域には、治療の大きな転換期をいくつか垣間見ることができる。本稿では、1990年代前半、トラスツズマブ単剤・併用療法の安全性と効果が証明されつつある頃の試験を紹介する。本試験は、Slamon医師らが行なったHER2陽性転移乳がん患者を対象にした一次治療における第III相試験であり、この結果から、現在のHER2陽性転移乳がんのタキサン系薬剤との併用が確立されることになった。(著者抄録)
  • 【がん診療-内科医が知りたい30のエッセンス】 本音で語る がん診療における内科医の役割
    山内 照夫, 佐野 潔, 東 光久
    Medicina 54(8) 1174-1181 Jul. 2017
  • 【がん診療-内科医が知りたい30のエッセンス】内科医が知っておくべきがん診療の基本 がん診療に必要な基本知識 どのように診断し,治療が行われていくのでしょうか
    山内 照夫
    Medicina 54(8) 1192-1195 Jul. 2017
    <Point>治療前に正確な病理診断と病期診断を行う.臨床的診断や治療だけでなく,精神心理的診断やサポート,社会環境の把握・調整も重要である.診断と治療方針の確認のために定期的な多職種カンファレンス(キャンサーボード)を行う.(著者抄録)
  • 抗悪性腫瘍薬の有害事象に対するマネジメント 発熱性好中球減少への対処から骨塩量低下に対する支持療法まで トラスツズマブ使用原発乳癌患者における心筋障害の評価検討についての前向きコホート研究
    中山 可南子, 松田 直子, 藤井 健夫, 水野 篤, 大出 幸子, 山内 照夫, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 25回 222-222 Jul. 2017
  • がん患者における運動と栄養の重要性
    田中 喜代次, 山内 英子, 関 晶南, 山内 照夫, 奥松 功基, 平山 智志, 中川 ひろみ, 西澤 祐吏, 伊藤 雅昭
    Palliative Care Research 12(Suppl.) S310-S310 Jun. 2017
  • 平成28年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告II 運動・スポーツ習慣の定着を企図した健幸華齢支援プログラムの開発(第1報)(第3章) 様々な対象者への運動プログラム提供例(報告) 乳がん患者の内省報告・感想「健康づくり教室に参加して」
    田中 喜代次, 奥松 功基, 辻本 健彦, 若葉 京良, 王 震男, 谷口 亮介, 梅村 貴, 平山 智志, 関 晶南, 固武 利奈, 山内 照夫, 山内 英子
    日本体育協会スポーツ医・科学研究報告集 2016年度 23-25 Mar. 2017
  • 【これだけは押さえておきたい がん化学療法の薬 抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・支持療法薬 はや調べノート2017・2018年版】 従来型 葉酸拮抗薬 メトトレキサート
    山内 照夫
    プロフェッショナルがんナーシング(2017別冊) 120-121 Feb. 2017
  • 【これだけは押さえておきたい がん化学療法の薬 抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・支持療法薬 はや調べノート2017・2018年版】 従来型 葉酸拮抗薬 ペメトレキセドナトリウム水和物
    山内 照夫
    プロフェッショナルがんナーシング(2017別冊) 122-123 Feb. 2017
  • 【いつ・誰に尋ねられてももう困らない!がん化学療法 薬の知識アップデート すぐに役立つ最新Q&A】 ズバリ!薬物療法Q&A まずはおさえておきたい注目ワード 免疫チェックポイント阻害薬 最近話題の免疫チェックポイント阻害薬は、免疫療法の1つとのことですが、自由診療で行われている免疫療法とは異なるのですか?両方の治療を受けても大丈夫でしょうか
    矢崎 秀, 山内 照夫
    ナーシング 37(2) 11-12 Jan. 2017
  • 【がんサバイバーシップ】 分子標的薬の副作用対策
    山内 照夫
    治療 97(10) 1393-1398 Oct. 2015
  • 【緩和医療の今】 症状緩和の今 痛み がん性疼痛の基礎
    住谷 昌彦, 穂積 淳, 山内 照夫
    ペインクリニック 36(別冊秋) S361-S370 Oct. 2015
    がん性疼痛は、がん自体による痛み(≒終末期がん性疼痛)とがん治療による痛み(=がん治療期の痛み)の二つの意味を含んでいる。このような病期を考えて薬物療法の治療戦略を考える意義は、オピオイド鎮痛薬の長期使用による精神依存の形成リスクから患者を保護するための目的にある。さらに、これら二つのがん性疼痛について、その病態が侵害受容性/炎症性疼痛と神経障害性疼痛、あるいはそれ以外の病態かを考慮し、薬物療法を選択しなければならない。(著者抄録)
  • 【緩和ケアチームが切り拓くがん疼痛治療の新たな地平】 緩和ケアチームだからできる治療抵抗性疼痛の治療 がん関連神経障害性疼痛への集学的な対応
    住谷 昌彦, 四津 有人, 山内 照夫
    がん患者と対症療法 26(1) 55-60 Aug. 2015
    神経病変が原因で自発的に疼痛が起きる神経障害性疼痛には生体の防御系としての意味合いは全くなく、痛み自体が疾患であると認識されなければならない。がん患者における神経障害性疼痛は約10%に観察され、痛みの重症度は高く、QOLの低下が著しい。そのため、神経障害性疼痛は適切に診断し治療する必要がある。神経障害性疼痛の診断は国際疼痛学会の診断ガイドに則って実施するが、その評価が困難な場合には神経障害性疼痛スクリーニング質問票を用いると便利である。また、治療では薬物療法が基本となるが、痛みに伴う身体的要因と心理的要因が悪影響を与え合う"痛みの悪循環"が形成されていることが多いため、一義的に疼痛の緩和を治療目標に設定するのではなく、痛みのために低下したADL/QOLの改善も目標に設定する。神経障害性疼痛患者が抱えるさまざまな問題に対して多面的に対応するため、集学的な診療チームによる治療が望ましい。(著者抄録)
  • 神経軸索損傷バイオマーカーpNF-Hは化学療法誘発性ニューロパチーの客観的指標にはならない
    住谷 昌彦, 緒方 徹, 名取 亜希奈, 穂積 淳, 稲田 修士, 金井 良晃, 海津 未希子, 三浦 恵美子, 坂田 尚子, 山内 英子, 山内 照夫
    日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 20回 188-188 Jun. 2015
  • 【痛み治療の素朴な疑問に答えます1】 トラマドールの使い分け 三つの剤型の特徴
    住谷 昌彦, 山内 照夫
    LiSA 22(1) 14-16 Jan. 2015
    トラマドールはμオピオイド受容体完全作動作用とセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害作用が協調的に働いて鎮痛効果を発揮する。侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛のいずれにも有効で,オピオイド鎮痛薬に対する精神依存の形成も少ない。本稿では,日本で承認されている3剤型について,それぞれの特徴とそれを踏まえた使い方を概説する。(著者抄録)
  • 【ペインクリニック治療においておさえておくべき薬物相互作用】 オピオイド鎮痛薬の薬物相互作用 トラマドールの薬物相互作用
    住谷 昌彦, 山内 照夫, 松平 浩
    ペインクリニック 35(別冊秋) S398-S406 Oct. 2014
    トラマドールはμオピオイド受容体完全作動作用とセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害(SNRI)作用が相乗的に働いて鎮痛効果を発揮し、侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛のいずれにも有効で、オピオイド鎮痛薬に対する精神依存の形成も少ない。しかし、この2つの鎮痛機序から薬物相互作用についても2つの視点が必要であるだけでなく、トラマドールが肝臓での代謝を受けて産生される代謝産物が活性を持つことも薬物相互作用の面で理解が必要である。(著者抄録)
  • 【Up to Date分子標的治療薬】 分子標的治療薬の基礎と今後の展望
    名取 亜希奈, 山内 照夫
    がん看護 19(1) 5-8 Jan. 2014
  • 外来化学療法におけるチーム医療の整備と検証に関する研究 民間総合病院における外来化学療法チーム医療の整備と検証に関する研究
    山内照夫
    外来化学療法におけるチーム医療の整備と検証に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 19-21 2014
  • 【薬が分かる!ケアにいかせる!これだけは押さえておきたいがん化学療法の薬 抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬 はや調べノート】 葉酸拮抗薬 メトトレキサート
    山内 照夫
    プロフェッショナルがんナーシング(2013別冊) 80-81 Apr. 2013
  • 【薬が分かる!ケアにいかせる!これだけは押さえておきたいがん化学療法の薬 抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬 はや調べノート】 葉酸拮抗薬 ペメトレキセド
    山内 照夫
    プロフェッショナルがんナーシング(2013別冊) 82-83 Apr. 2013
  • 外来化学療法におけるチーム医療の整備と検証に関する研究 民間総合病院における外来化学療法チーム医療の整備と検証に関する研究
    山内照夫
    外来化学療法におけるチーム医療の整備と検証に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 16-20 2013
  • 【ステロイドの使い方 こんなときどうする?日常診療で上手く使う処方・減量・中止のコツ】 血液/腫瘍内科でのステロイド、こんなときどうする?
    山口 典宏, 山内 照夫
    レジデントノート 13(9) 1543-1550 Oct. 2011
    (1)oncologic emergency時のステロイドは、高カルシウム血症、脊髄圧迫、転移性脳腫瘍による脳圧亢進に対して使用する(2)化学療法による嘔気・嘔吐を和らげるためのステロイドは、嘔気・嘔吐を適切に鑑別して用いる(3)化学療法薬としてのステロイドは、リンパ球系悪性腫瘍に対して用いられる(著者抄録)
  • 【治療に伴う看護特集 ケアに即効!化学療法の薬 抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬 速習覚え書き】 葉酸拮抗薬 メトトレキサート
    山内 照夫
    プロフェッショナルがんナーシング 1(1) 28-29 Feb. 2011
  • 【治療に伴う看護特集 ケアに即効!化学療法の薬 抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬 速習覚え書き】 葉酸拮抗薬 ペメトレキセド
    山内 照夫
    プロフェッショナルがんナーシング 1(1) 30-31 Feb. 2011
  • 【入院患者に臓器不全も併存するときどうする? 腎・心・肝・呼吸器・糖尿病・癌・高齢者など、併存症の注意点】 がんの患者さんが入院してきたら がん治療のゴールはどこなのかを意識しよう!
    山内 照夫
    レジデントノート 12(12) 2103-2108 Dec. 2010
    (1)迅速な診療録レビューと病歴聴取でがん診断名と現在の治療を把握する(2)がん診断の2つのポイント:組織診断(癌種)とステージ(進展度)を押さえる(3)がん治療の2つの目的:治癒と延命・緩和を区別する(4)Oncologic Emergencyを見逃さず、迅速に対応する(5)終末期医療が必要か判断し、緩和ケア科と併診するか、転科するか判断する(著者抄録)
  • 【理解して実践するがん化学療法】 がん細胞の特性
    山内 照夫
    看護技術 56(6) 556-558 May 2010
  • 【理解して実践するがん化学療法】 がん化学療法とは
    山内 照夫
    看護技術 56(6) 559-562 May 2010
  • 腫瘍内科の緩和ケアにおける役割
    山内照夫
    日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集 4th 89 2010
  • 悪性腫瘍と水・電解質異常 悪性腫瘍例における低Na血症の発生頻度とその考察
    芳賀 章子, 山内 照夫, 吉岡 成人
    臨床体液 18(1) 33-35 Oct. 1991
    6ヵ月間の入院患者で低Na血症を示したものは105名であり,そのうち40名(38%)の基礎疾患が悪性腫瘍であった。悪性疾患に伴う低Na血症の原因は,多くは不適切な輸液,全身状態の悪化などによる摂取量不足,利尿剤によるものであった。低Na血症の急速な補正例はなかったが,3剖検例のうち1例で脱髄を疑う所見がみられた


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.