KAWAKAMI Chiharu

Faculty & Position:Gerontological Nursing   associate professor
Contact:kawakami[at]slcn.ac.jp convert [at] to @
URL: 
Last Updated: Sep. 09, 2019 at 11:48

Researcher Profile & Settings

Association Memberships

    , ST. LUKE'S SOCIETY FOR NURSING RESEARCH , JAPAN SOCIETY FOR MIXED METHODS RESEARCH , THE JAPAN SOCIETY FOR MEDICAL EDUCATION , JAPANESE ASSOCIATION FOR RESEARCH IN FAMILY NURSING , JAPAN ACADEMY OF GERONTOLOGICAL NURSING , JAPANESE SOCIETY OF CANCER NURSING

Qualification

  • 看護学博士

Research Activities

Research Areas

  • Nursing / Gerontological nursing
  • Nursing / Community health nursing / Home Care

Research Interests

    Family Care , belief , Interprofessional Collaboration , Home Care

Published Papers

  • Implementation and Evaluation of the Hospital Elder Life Program in St. Luke ' s (HELP in SL) to Prevent Delirium in Older Adult Inpatients : A Collaborative Project of the Gerontological Nursing Department at St. Luke's International University's College
    亀井 智子, 川上 千春, 金盛 琢也, 桑原 良子, 山本 由子, 内山 真木子, 岩崎 寿賀子, 福島 阿衣, 田中 万里子, 柳橋 礼子, 柏木 早穂
    聖路加国際大学紀要 = Bulletin of St. Luke's International University 2 94-99 2016
  • 高齢がん患者が終末期を生きる様相―療養生活における思いと支え―
    KURITA ATSUKO, KAWAKAMI CHIHARU, ENDO TAKAKO, HONDA AKIKO
    お茶の水看護学雑誌 9(1) 64-74 Oct. 2014
  • Systematic review and meta-analysis of studies involving telehome monitoring-based telenursing for patients with chronic obstructive pulmonary disease.
    Kamei T, Yamamoto Y, Kajii F, Nakayama Y, Kawakami C
    Japan journal of nursing science : JJNS 10(2) 180-192 Dec. 2013 [Refereed]
  • The belief systems and suffering of family caregivers who attend the death of a terminal cancer patient at home and visiting nurses' perceptions thereof
    川上 千春
    お茶の水看護学雑誌 6(1) 36-53 Feb. 2012
  • Six month outcomes of an innovative weekly intergenerational day program with older adults and school-aged children in a Japanese urban community.
    Kamei T, Itoi W, Kajii F, Kawakami C, Hasegawa M, Sugimoto T
    Japan journal of nursing science : JJNS 8(1) 95-107 Jun. 2011 [Refereed]
  • 終末期がん患者を在宅で看取る家族のビリーフ―拠りどころとなる信念:ビリーフの構造―
    KAWAKAMI CHIHARU, HONDA AKIKO, YAMAZAKI TOMOKO, UCHIBORI MAYUMI
    日本がん看護学会誌 25 214 Jan. 2011
  • Effectiveness of an Intergenerational Day Program on Mental Health of Older Adults and Intergenerational Interactions in an Urban Setting : A Twelve Month Prospective Study Using Mixed Methods
    Kamei Tomoko, Itoi Waka, Kajii Fumiko, Kawakami Chiharu, Hasegawa Masumi, Sugimoto Tomoko
    journal of Japan Academy of Gerontological Nursing 14(1) 16-24 Jan. 2010
    The effectiveness of an intergenerational day program in an urban community for older adults and school age children was evaluated by using mixed methods in a longitudinal study. Quantitative measure were the elder's quality of life (QOL) and depression examined using statistical composed design. Qualitative ethnographic methods were used to describe the intergenerational interactions among the elderly, children and volunteer's support over the course of the program during the first twelve months of program implementation. The subjects were intergenerational day program (IDP) participant elderly group (n=12, mean age 74.4), a children's group (n=4, mean age 8.5), community volunteers (n=10, mean age 69.2), student volunteers (n=4, mean age 22.5), and an elderly comparison group (n=10, mean age 70.8). Analysis of variance with repeated measures suggested there was a significant main effect between both elders groups in the overall QOL. Their depression scores of IDP group were significantly decreased between first involvements and after twelve month in the more depressive elderly group. The intergenerational interactions between children and elders were described in twelve categories like 'Elders make a place for the children and welcome them to the session,' and seventy sub-categories observed in different months. Our intergenerational health promotion nursing program represents a meaningful place based on communication, the mutual beneficial exchange and solidarity between both generations, and it prevents elder's isolation and provision of positive effects in mental health.
  • 都市部多世代交流型デイプログラム参加者の12ヵ月間の効果に関する縦断的検証 Mixed methodsによる高齢者の心の健康と世代間交流の変化に焦点を当てて
    亀井 智子, 糸井 和佳, 梶井 文子, 川上 千春, 長谷川 真澄, 杉本 知子
    老年看護学 14(1) 16-24 Jan. 2010
    都市部在住高齢者と小中学生を対象とした多世代交流型デイプログラム(IDP)を創設し、mixed methodsにより参加効果を縦断的に示した。初回・6・12ヵ月後の高齢者の心の健康の量的変化、および参加者間に生じた世代間交流の参加観察による質的記述の両者を分析した。反復測定分散分析の結果、IDP群(n=12、平均年齢74.4歳)と比較群(n=10、同70.8歳)間で全体QOLに有意な主効果が認められた(p<.001)。また、IDP群の初回参加時うつ傾向群は、初回と比べ、12ヵ月後は有意に低下していた(P<.05)。高齢者と小学生(n=4、同8.5歳)、地域ボランティア(n=10、同69.2歳)、学生ボランティア(n=4、同22.5歳)等に生じた世代間交流の様相は、【高齢者が子どもの居場所をつくり迎え入れる】等12カテゴリー、70サブカテゴリーが抽出された。本プログラムは両世代間のコミュニケーションと仲間意識による連帯を中心とした相互交流により各世代に意味ある居場所となり、特に高齢者の孤立を防ぎ、心の健康に良い効果があることが示唆された。(著者抄録)
  • People‐Centered Careの戦略的実践 I―パートナーシップの類型―
    ARIMORI NAOKO, ETO HIROMI, OMORI JUNKO, KAWAKAMI CHIHARU, GOTO KATSURA, USHIYAMA MASAKO, ISHIZAKI TAMIKO, TAKAHASHI KEIKO, OKUBO NAOKO, ASAHARA KIYOMI, KOMATSU HIROKO
    聖路加看護学会誌 13(2) 11-16 Jul. 2009
  • People‐Centered Careの戦略的実践 II―活動とともに拡大するアウトカム―
    OMORI JUNKO, TAKAHASHI KEIKO, USHIYAMA MASAKO, OKUBO NAOKO, ARIMORI NAOKO, ETO HIROMI, GOTO KATSURA, KAWAKAMI CHIHARU, ISHIZAKI TAMIKO, ASAHARA KIYOMI, KOMATSU HIROKO
    聖路加看護学会誌 13(2) 17-24 Jul. 2009
  • 都市部における多世代交流型デイプログラムの9ヵ月の評価 高齢者の心の健康と小学生の高齢者観の変化
    亀井 智子, 梶井 文子, 糸井 和佳, 川上 千春
    聖路加看護学会誌 12(3) 38-38 Sep. 2008
  • Collaboration of Citizens and Professionals to Make a Community Where "All can Live in Peace" : Evaluation of a Symposium Focused on Dementia
    KAWAKAMI Chiharu, KAMEI Tomoko, KAJII Fumiko, YAMADA Tsuyako, SUGIMOTO Tomoko, ISHIYAMA Minoru, YABUKI Kazushige, MORITA Toshihide, TAKEDA Emiko, NAKAHAMA Yoshie, WATANABE Toshiko, SAKUTA Sachiko, MITAMURE Fumie, USHIKU Yoshie, KIKUCHI Noriko
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing(33) 103-110 Mar. 2007
    The 6^ International Relay Symposium of the St. Luke's College of Nursing COE brought together members of the community, officials from the local government office, and health professionals to share information about dementia. A Planning Committee with members from the college and the community organized a multi-faceted afternoon program that included formal presentations (medical perspectives on dementia, family caregiving in the US, personal experience as a caregiver in Japan, and local government programs) ; a concurrent opportunity for con-sultation with service providers (e. g., visiting nurse station nurses, a dentist and a social welfare official) ; collabo-ration to produce a sunflower quilt where each attendee put his/her name on a petal and stitched the petal for inclusion in the flower ; and a room staffed by a volunteer community nurse for participants who needed quiet and rest (it was not used). The symposium was attended by 278 people from the community ; the majority of the 83 who responded to the evaluation form were over 50, 60.2% lived in Chuo Ward, and 30.1% were currently caregivers. The evaluations were favorable, and comments expressed appreciation for new information, the understanding of dementia and caregiving that was conveyed, the opportunity to share experiences and ideas, and their sense that the activities of the symposium was `healing' for caregivers. It is hoped that the symposium, with its opportunities for key community members to help organize and deliver it and for all attendees to participate actively, represents progress toward developing healthier communities. And, it is hoped that the symposium has contributed to the over-arching goal of promoting citizen-based town planning that would assure each resident, including those with dementia, the possibility to live in peace.
  • Outreach Program to Prevent Falls and Fractures among Urban Elderly : Evaluation of Two Years'Experience
    KAMEI Tomoko, KAJII Fumiko, YAMADA Tsuyako, KAWAKAMI Chiharu, KUSHIRO Wakako, SUGIMOTO Tomoko, OKURA Tomohiro, KOZAKAI Rumi, NIINO Naoakira
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing(33) 74-84 Mar. 2007
    This program was part of a larger project of St. Luke's College of Nursing, and as such had specific aims related to the population to be served and also purposes related to the larger project. Thus, the project purposes were to : 1) know and understand the needs of the elderly living in Chuo City, Tokyo ; 2) design and provide a safe and convenient fall prevention program for the elderly ; 3) provide experience for assessing program sustainability ; 4) help identify key persons among the elderly and possibilities for building future partnerships ; and, 5) identify evaluation indicators. The program was offered twice. Each program consisted of four classes. Each. two-hour class included physical exercise, health education, and discussion among the elderly and staff participants. The program was held in the 2nd Building of our college where about 15 participating elderly could be accommodated. Staff consisted of an interdisciplinary team : RN, PHN, RD, MD, health sports scientist, health care trainer, and the program manager. We planned especially to reduce risk and prepare for difficult situations. Elderly residents of Chuo City applied for the program, and their health status checked before enrolment. In 2005 14 people and in 2006 15 people were judged able to participate. Participants ranged in age from 65-83 years (average 74.1±4.9 years). Their density and the balance were diminished and some appeared to have high blood pressure. Even so, there were no falls or injures during the program. Participants indicated they understood the physical exercises and that their demands for strength by the physical exercise were appropriate and that they had chances to make the friends. For these reasons, the overall satisfaction rating was high. However, responses varied in terms of the elderly participants' understanding of health education component. Evaluation by staff showed that we could confirm and understand the characteristics of the elderly in this area and that we were able to identify community leaders. Evaluations of the 2005 program led us to decrease and improve the waiting times for assessment and to more careful prevention of accidents. From evaluations we concluded that a more improved program was offered in 2006, and identified Program Action Logic Model as the evaluation framework.
  • Study on Willingness of Use and Usefulness of TV-phone in Home Care : Compare Clients with Home Care Nurses
    KAWAKAMI Chiharu, SHIMANOUCHI Setsu, TOMOYASU Naoko
    Journal of Japan Academy of Nursing Science 第23巻4号(4) 51-60 Jan. 2004
    The purpose of this study was to clarify the willingness of use and usefulness of TV- Phone from client's /family caregiver's and nurse's acceptance levels/usefulness levels, and also to find out contributing factors to nurse's and client's willingness of use of TV-Phone. The subjects were 17 visiting nurses and 72 clients age 65 and over in two visiting nursing station in Tokyo. As a result, 1) Of 38 items, 34 were consistent between clients and nurses in acceptance and the usefulness levels of TV-Phone. 2) In the present home care services, there were 4 items ("improvement of health","time-saving for client","observation/judgment of pain", and "prevention of fire") affected clients' willingness of use of TV-Phone. 3) There were 9 items ("guidance/education of special nursing care","guidance/education on diet","anxiety and burden of caregiver","continuity of rehabilitation","improvement of willingness to live","expanding and improvement of interpersonal relationship","communication","convenience of TV-phone", and "saving of insurance cost") affected willingness of nurses on TV-Phone. 4) For home TV-Phone to become more useful, TV-Phone equipment should be widely available with easy operation and a payment system for welfare equipment should become a part of the Long-term care Insurance system.
  • 在宅ケアにおけるテレケアの評価に関する研究
    KAWAKAMI CHIHARU, AKIYAMA MASAKO, TOMOYASU NAOKO, SASAKI AKIKO
    訪問看護・在宅ケア研究助成事業報告書 8th 11-20 May 2003
  • Care Items and Degree of Implementation as It Affects Client Outcomes in Home Care
    Shimanouchi Setsu, Shimizu Yoko, Tomoyasu Naoko, Morita Kumiko, Kawakami Chiharu, Uchida Yoko
    Journal of Japan Academy of Community Health Nursing 4(1) 26-33 Mar. 2002
    Purpose: We focused on client outcomes in home care, and identified influential care items, achievement of care implementation and care processes in outcome improvement. Methods: (1) We aimed to refine 119 care items for 23 client outcome areas in home care. The number of visiting nursing stations were calculated by types of organizations across the country in October 2000, and based each on the proportional distribution ratio. We asked the directors of 500 stations for their participation in this survey, and received 220 replies. We refined the number of care items to 60 for statistical analysis. (2) We carried out the survey on these 60 care items for 527 clients, who were 40 or over and continued: to receive care services for two months, of 7 visiting nursing stations in November 2000. Terminal cases were excluded., Achievement of home care was weighted by : it was "always," "sometimes," and "not" implemented when necessary. (3) Client outcomes were measured at two points, September and November, 2000. We measured Changes using 41 assessment items in 23 outcome areas of health conditions including ADL, IADL and symptoms during a period of two months. (4) We classified the cases into improvement and non-improvement groups in outcomes. It was compared with the achievement degrees of each care item using t-test, and we studied the care items influencing the improvement of outcomes, and the degrees of implementation. Results: In 23 outcome areas for care effectiveness, there was a significantly higher, achievement degree of care in 13 areas in the improvement group over those in the non-improvement group. The more cases that "it was always implemented when it was necessary," the more their outcomes were improved. The areas likely to improve outcomes of clients were: (1)JABC independence and locomotion in ADL, (2)meal preparation, safety of key, fire and water, management of air conditioning and heater in IADL, and urinary incontinence. The outcome areas of caregivers were : (1)physical fatigue, (2)psychological fatigue, (3)the knowledge and technique of caregiving, (4)free time for caregivers, and (5)willingness to continue caregiving. The care items that influenced many of the outcomes were encouragement, securing water, urinary incontinence, medication and sleep. When looking at the care processes in care items, of assessment, planning, care implementation and care evaluation/record, many items in care evaluation/record were significantly higher in the improvement group than, in the non-improvement group. Evaluation and record were identified as an important factor for outcome, improvements. Conclusion: This study found that client outcomes were more improved when there were more cases that "it is always implemented if it is necessary," and care evaluation was especially effective in the reprocess.

Conference Activities & Talks

  • 専門職連携教育を通して看護学生がとらえた社会福祉士の専門性と影響
    川上 千春, 山口 久美子, 中川 美奈, 市川 理子, 吉橋 洋子, 鶴田 潤, 高田 和生
    医学教育 Jul. 2018
  • 多職種チームに福祉職が入ることによるチームの意志決定への影響について
    山口 久美子, 中川 美奈, 市川 理子, 吉橋 洋子, 川上 千春, 則武 加奈子, 鶴田 潤, 高田 和生
    医学教育 Jul. 2018
  • 専門職連携プログラム(IPE)実施後における専門職連携の重要性と課題の捉え方 看護学生に焦点をあてて
    川上 千春, 深堀 浩樹, 廣山 奈津子
    日本看護科学学会学術集会講演集 Dec. 2017
  • 地域における多世代交流型デイプログラムにおける小学生の交流行動の検討 小学生の入会初期の分析
    目黒 斉実, 亀井 智子, 川上 千春, 金盛 琢也, 桑原 良子, 山本 由子
    日本看護科学学会学術集会講演集 Dec. 2017
  • 多世代交流型デイプログラムにおける交流促進に適した運動プログラムの検討
    入江 由香子, 亀井 智子, 川上 千春, 金盛 琢也, 目黒 斉実, 山本 由子, 糸井 和佳
    聖路加看護学会学術大会講演集 Sep. 2017
  • 専門職連携プログラムにおける患者中心の医療への視点の変化
    山口 久美子, 中川 美奈, 川上 千春, 市川 理子, 吉橋 洋子, 鶴田 潤, 高田 和生
    医学教育 Aug. 2017
  • 日本の単施設における専門職連携の阻害要因調査と卒前専門職連携教育到達目標の再設定
    市川 理子, 中川 美奈, 山口 久美子, 吉橋 洋子, 鶴田 潤, 川上 千春, 高田 和生
    医学教育 Aug. 2017
  • 世代間交流看護支援ベストプラクティスの開発(第2報) プログラム別交流感と満足度の関連
    山本 由子, 亀井 智子, 川上 千春, 金盛 琢也, 桑原 良子, 目黒 斉実
    日本看護科学学会学術集会講演集 Nov. 2016
  • 多世代交流看護支援ベストプラクティスの開発(第1報) 参加者満足度によるプログラム評価
    亀井 智子, 山本 由子, 川上 千春, 金盛 琢也, 桑原 良子, 目黒 斉実
    日本看護科学学会学術集会講演集 Nov. 2016
  • 認知症高齢者への世代間交流看護支援の検討 2年7ヵ月の参加経過のケーススタディ
    目黒 斉実, 亀井 智子, 川上 千春, 金盛 琢也, 桑原 良子
    聖路加看護学会学術大会講演集 Sep. 2016
  • Evaluation of multidisciplinary InterProfessional Education (IPE) workshop for final-year students -Lack of self-affirmation could be a limiting factor for IPE-
    Chiharu Kawakami, Kumiko Yamaguchi, Mina Nakagawa, Yuko Segawa, Jun Tsuruta, Kazuki Takada
    An International Association for Medical Education (amee 2016) Aug. 2016
  • 日本における専門職連携の阻害要因調査にもとづく卒前専門職連携教育到達目標の再設定
    市川 理子, 中川 美奈, 山口 久美子, 川上 千春, 高田 和生
    医学教育 Jul. 2016
  • 最終学年専門職連携教育実習の医学科卒業生における長期的効果
    吉橋 洋子, 山口 久美子, 中川 美奈, 川上 千春, 高田 和生
    医学教育 Jul. 2016
  • 虚弱高齢者と子どもの交流を促進する世代間交流看護支援方法の検討―混合研究法を用いて
    金盛琢也, 亀井智子, 山本由子, 川上千春, 千吉良綾子
    日本看護科学学会学術集会講演集 Nov. 2015
  • Perception of nursing students after the final-year multidisciplinary InterProfessional Education (IPE) workshop
    Chiharu Kawakami, Kumiko Yamaguchi, Yuko Segawa, Mina Nakagawa, Megumi Fujita, Jun Tsuruta, Kazuki Takada
    Mixed Methods International Research Association Asia Regional Conference 2015 Sep. 2015
  • The change in view and behavior of medical students after final-year interprofessional education (IPE) for medical and dental students
    Kumiko Yamaguchi, Chiharu Kawakami, Yuko Segawa, Mina Nakagawa, Megumi Fujita, Jun Tsuruta, Kazuki Takada
    An International Association for Medical Education (amee 2015) Sep. 2015
  • 医歯学融合の頭頸部基礎ブロックの継続的な改良について
    山口久美子, 山口久美子, 秋田恵一, 井関祥子, 瀬川裕子, 川上千春, 藤田めぐみ, 中川美奈, 中川美奈, 鶴田潤, 鶴田潤, 高田和生, 高田和生
    医学教育 Jul. 2015
  • 東京医科歯科大学医学科第1学年におけるキャリア教育
    藤田 めぐみ, 山口 久美子, 川上 千春, 瀬川 裕子, 中川 美奈, 鶴田 潤, 高田 和生, 田中 雄二郎
    医学教育 Jul. 2015
  • Impact of interprofessional education programs (IPE) on dental students' attitudes
    Jun Tsuruta, Kumiko Yamaguchi, Chiharu Kawakami, Yuko Segawa, Mina Nakagawa, Megumi Fujita, Kazuki Takada
    29th Annual Scientific Meeting of the International Association of the Dental Research Southeast Asian Division 2015
  • 高齢がん患者の療養生活における思いの変化と対応に関する研究
    KURITA ATSUKO, KAWAKAMI CHIHARU, ENDO TAKAKO, HONDA AKIKO
    日本老年看護学会学術集会抄録集 May 2013
  • 高齢者訪問看護の質指標の開発 排尿ケアに関する改訂版の作成
    岡本 有子, 遠藤 貴子, 本田 彰子, 永野 みどり, 川上 千春, 緒方 泰子, 山本 則子
    日本看護評価学会学術集会講演抄録集 Feb. 2013
  • 高齢者訪問看護の質指標の開発 褥瘡ケア・スキンケアに関する改訂版の作成
    永野 みどり, 緒方 泰子, 本田 彰子, 岡本 有子, 遠藤 貴子, 川上 千春, 山本 則子
    日本看護評価学会学術集会講演抄録集 Feb. 2013
  • 高齢者訪問看護の質指標の開発 終末期ケアに関する改訂版の作成
    川上 千春, 本田 彰子, 永野 みどり, 岡本 有子, 遠藤 貴子, 緒方 泰子, 山本 則子
    日本看護評価学会学術集会講演抄録集 Feb. 2013
  • 高齢療養者を長期介護する家族の看取りまでの気持ちの揺れ動きについての考察
    NEMOTO MARIKO, YOSHIDA TERUMI, SHIBANO KYOKO, KAWAKAMI CHIHARU
    東京都看護協会看護研究学会プログラム・演題集録 2009
  • 都市部における多世代交流型デイプログラムの9か月の評価―高齢者の心の健康と小学生の高齢者観の変化―
    KAMEI TOMOKO, KAJII FUMIKO, ITOI WAKA, KAWAKAMI CHIHARU
    聖路加看護学会誌 Sep. 2008
  • 都市部多世代交流型デイプログラムにおける世代間交流に対する高齢者の受けとめ方
    ITOI WAKA, KAMEI TOMOKO, KAJII FUMIKO, KAWAKAMI CHIHARU
    聖路加看護学会誌 Sep. 2008
  • 看護大学のアウトリーチ実践による都市部在住高齢者のための転倒骨折予防体操教室の短期的効果とインパクト
    KAMEI TOMOKO, KAJII FUMIKO, YAMADA TSUYAKO, KAWAKAMI CHIHARU, SUGIMOTO TOMOKO
    日本看護科学学会学術集会講演集 Nov. 2007
  • 多世代交流型デイプログラムの実践的開発とLogic Modelによる分析
    KAMEI TOMOKO, KAJII FUMIKO, ITOI WAKA, KAWAKAMI CHIHARU, SUGIMOTO TOMOKO, HASEGAWA MASUMI
    聖路加看護学会誌 Sep. 2007
  • 大学のアウトリーチ活動としての「高齢者のためのフットケア講座」の実施と評価
    KAJII FUMIKO, KAMEI TOMOKO, YAMADA TSUYAKO, KAWAKAMI CHIHARU, SUGIMOTO TOMOKO
    聖路加看護学会誌 Sep. 2007
  • Program Action‐Logic Modelによる認知症地域ケアシンポジウムの評価―高齢者主導型ケアの創設に関する地域ケアの分析―
    KAWAKAMI CHIHARU, KAMEI TOMOKO, KAJII FUMIKO, YAMADA TSUYAKO, SUGIMOTO TOMOKO
    聖路加看護学会誌 Sep. 2007
  • 在宅ターミナルケアにおける遺族によるサービスの評価
    SHIMANOUCHI SETSU, KAWAKAMI CHIHARU, OKI MASATAKA, TSUJI KANAO
    日本看護科学学会学術集会講演集 Dec. 2004
  • 在宅ターミナルケア事例の時期別にみたアセスメント項目の重要度と難易度
    KAWAKAMI CHIHARU, SHIMANOUCHI SETSU, OKI MASATAKA
    日本看護科学学会学術集会講演集 Dec. 2004
  • AHPモデルによる在宅テレナーシングの満足度変化の測定
    KAWAKAMI CHIHARU, SHIMANOUCHI SETSU, TOMOYASU NAOKO, SASAKI AKIKO
    日本看護科学学会学術集会講演集 Dec. 2003

Misc

  • 研究・教育活動推進委員会活動報告 2016〜2017年度
    亀井 智子, 坂井 志麻, 松本 佐知子, 阿部 慈美, 菅原 峰子, 萩野 悦子, 川上 千春, 黒河内 仙奈, 金盛 琢也, 桑原 良子, 目黒 斉実
    老年看護学 23(1) 129-133 Jul. 2018
  • 看護学生を対象とした情報倫理教育の取組み(第1報)
    吉田 千文, 佐居 由美, 川上 千春, 池口 佳子, 沢口 恵, 蛭田 明子, 福島 鏡, 宇都宮 明美, 森 明子, 中村 めぐみ
    聖路加国際大学紀要 4 68-73 Mar. 2018
    看護学教育においては,専門職としての倫理観や情報管理能力が不十分な学生が,学習のために病院等の情報システムを利用し個人情報を扱う。一方,学生のソーシャルネットワークシステムの利用は常態化している。したがって,個人情報漏えいや情報セキュリティのリスク回避策を取りつつ,学生が多様な状況の中で主体的に行為の善悪を判断し情報管理する力の育成が必要である。本論文において,本学の情報管理体制とこれまでの学生への情報倫理教育の概要を整理し,実習記録検討ワーキングで取り組んだ情報倫理教育の体系化と,新しい教育方法としての情報倫理セミナーの概要を報告した。今後に向けた課題として,看護学生に求められる情報倫理能力を明確化し入学前教育と連動させ学習進度に合わせた段階的能力育成,および倫理的能力にとって重要な情意領域の学びを促進する教育方法開発の必要性について検討した。(著者抄録)
  • 入院高齢者のせん妄予防ケア(HELP in SL)の実習前教育の導入と動画教材開発
    川上 千春, 亀井 智子, 金盛 琢也, 目黒 斉実, 桑原 良子, 内山 真木子, 滝口 美重, 石原 幸子
    聖路加国際大学紀要 4 122-127 Mar. 2018
    聖路加国際大学老年看護学研究室は聖路加国際病院看護部との協働により,入院高齢者へのせん妄予防ケアであるHELP in SLの動画教材を作成し,HELP in SLを活用した臨地実習前の学部教育プログラムの開発を行った。その結果,作成した動画教材は看護学生ボランティアのみならず,病棟看護師にとってもせん妄予防に関する知識習得のために有効な教材となり得ると考えられた。さらにHELP in SLの活動は,入院高齢患者に対して有益であるばかりでなく,看護学生ボランティアや病棟スタッフに対しても教育的視点とケアの質的向上に有益であることが示された。HELP in SLはアクティブラーニングによる実践的老年看護学教育を実現しており,新たな教授法として展開できることが示唆された。(著者抄録)
  • 医歯学融合の頭頸部基礎ブロックの継続的な改良について
    山口 久美子, 秋田 恵一, 井関 祥子, 瀬川 裕子, 川上 千春, 藤田 めぐみ, 中川 美奈, 鶴田 潤, 高田 和生
    医学教育 46(Suppl.) 123-123 Jul. 2015
  • 東京医科歯科大学医学科第1学年におけるキャリア教育
    藤田 めぐみ, 山口 久美子, 川上 千春, 瀬川 裕子, 中川 美奈, 鶴田 潤, 高田 和生, 田中 雄二郎
    医学教育 46(Suppl.) 194-194 Jul. 2015
  • 高齢者訪問看護の質指標の開発 終末期ケアに関する改訂版の作成
    川上 千春, 本田 彰子, 永野 みどり, 岡本 有子, 遠藤 貴子, 緒方 泰子, 山本 則子
    日本看護評価学会学術集会講演抄録集 3回 33-33 Feb. 2013
  • 高齢者訪問看護の質指標の開発 排尿ケアに関する改訂版の作成
    岡本 有子, 遠藤 貴子, 本田 彰子, 永野 みどり, 川上 千春, 緒方 泰子, 山本 則子
    日本看護評価学会学術集会講演抄録集 3回 34-34 Feb. 2013
  • 高齢者訪問看護の質指標の開発 褥瘡ケア・スキンケアに関する改訂版の作成
    永野 みどり, 緒方 泰子, 本田 彰子, 岡本 有子, 遠藤 貴子, 川上 千春, 山本 則子
    日本看護評価学会学術集会講演抄録集 3回 35-35 Feb. 2013
  • The belief systems and suffering of family caregivers who attend the death of a terminal cancer patient at home and visiting nurses' perceptions thereof
    川上 千春
    お茶の水看護学雑誌 6(1) 36-53 Feb. 2012
    終末期がん患者を在宅で看取る家族介護者のピリーフと苦悩の構造、及び訪問看護師による捉え方を明らかにし、家族のビリーフに沿った関わり方を見出すことを目的とした。在宅で看取った家族と訪問看護師を対象とした面接法を行った。分析は質的帰納的手法を用い家族と訪問看護師をマッチングさせた。対象者は家族11名と訪問看護師9名であった。結果、家族には【命の終わりを背負っている】【理想の看取りに近づけたい】【家族は生き続けていてほしい】のピリーフが存在し、ピリーフを貫こうとすることで【背負い込んだものに押し潰される】【逝く人の思いを叶えられない力の無さ】【引きずる後悔の念】【埋めようのない看取り後の空虚]の苦悩が生じていた。訪問看護師は家族のピリーフと苦悩を全て捉えることはできていたが、【在宅での看取りは理想の看取り}【看取りの時期は家族の紳を深める時期】という訪問看護師自身のピリーフが存在し、そのビリーフを通して家族のピリーフと苦悩を捉えた見方をしていた。そのために自身のピリーフに合わないものは【家族は他者が入り込めない看取りの拠り所がある】と捉え、家族への関わり方に影響を及ぼしていた。家族のピリーフに沿った関わりをするために訪問看護師は、家族のピリーフをありのままに捉え、家族のピリーフを保つ要となる【理想の看取りに近づけたい】に働きかけることが家族の苦悩を緩和する効果的な支援方法になると示唆された。
  • 都市部多世代交流型デイプログラムにおける世代間交流に対する高齢者の受けとめ方
    糸井 和佳, 亀井 智子, 梶井 文子, 川上 千春
    聖路加看護学会誌 12(3) 39-39 Sep. 2008
  • People-Centered Careの戦略的実践 パートナーシップの類型
    有森 直子, 江藤 宏美, 大森 純子, 川上 千春, 後藤 桂子, 牛山 真佐子, 石崎 民子, 高橋 恵子, 大久保 菜穂子, 麻原 きよみ, 小松 浩子
    聖路加看護学会誌 13(2) 11-16 Jul. 2009
    【はじめに】聖路加看護大学21世紀COEプログラム「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」におけるPeople-Centered Care(PCC)の5年間の活動成果から、PCCの戦略的実践に有用な具体的方策と示唆を得ることを目的とする。本稿では、PCCのプロセスにおけるパートナーシップに着目し類型化を試みたので報告する。【方法論】研究方法には、質的記述的研究の手法を用いた。15プロジェクトの研究代表者、市民・当事者を対象に行ったグループインタビュー内容をデータとした。研究参加者は、研究代表者15人、活動グループメンバー75人であった。語られたデータからパートナーシップの意味内容のカテゴリーを生成した。分析は(1)パートナーシップ生成における保健医療者の関わりの特徴、(2)市民・当事者(コミュニティ)の活動への参加状況、(3)活動の進展度合いの視点から行った。【結果】市民と保健医療者のパートナーシップは、[共同推進型パートナーシップ][伴走支援型パートナーシップ][掘り起こし開拓型パートナーシップ]の3つの類型に分類された。[共同推進型パートナーシップ]では共通する健康課題に取り組む自助グループと手を組んで、ともに活動を展開し、社会へのメッセージを発信していく活動にまで至っている特徴があった。[伴走支援型パートナーシップ]では、健康問題を抱える個人にケアを提供しながら、ニーズを共有するグループとして組織され、医療や社会に発言できるよう保健医療者が橋渡しをするという活動の特徴があった。[掘り起こし開拓型パートナーシップ]は、保健医療者はそのコミュニティの潜在的なニーズをキャッチしていた。そして市民・当事者にとって必要なケアプログラムを先取りして、提案しながら活動のメンバーや場所、内容などを拡大していくという活動の特徴があった。このような類型化により、あらゆるコミュニティに普遍的に適応可能なパートナーシップに基づく活動としての新たなケア形態の方法論が得られた。(著者抄録)
  • 看護大学のアウトリーチ実践による都市部在住高齢者のための転倒骨折予防体操教室の短期的効果とインパクト
    亀井 智子, 梶井 文子, 山田 艶子, 川上 千春, 杉本 知子
    日本看護科学学会学術集会講演集 27回 400-400 Nov. 2007
  • People-Centered Careの戦略的実践 活動とともに拡大するアウトカム
    大森 純子, 高橋 恵子, 牛山 真佐子, 大久保 菜穂子, 有森 直子, 江藤 宏美, 後藤 桂子, 川上 千春, 石崎 民子, 麻原 きよみ, 小松 浩子
    聖路加看護学会誌 13(2) 17-24 Jul. 2009
    聖路加看護大学21世紀COEプログラム「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」におけるPeople-Centered Care(PCC)の5年間の活動成果から、PCCの戦略的実践に有用な具体的方策を得ることを目的とする。研究方法には、質的記述的研究の手法を用いた。全15プロジェクトの関係者のインタビューと各種書類よりデータを収集し、PCCの活動の成果を示すアウトカムの意味内容のカテゴリを生成した。PCCのアウトカムは、3つの側面と4つの活動主体のマトリクスに総括できた。縦軸はアウトカムの特性を示す【力量形成のアウトカム】【健康増進のアウトカム】【仕組拡充のアウトカム】の3側面、横軸は活動主体を示す《市民・当事者》と《専門職》個人、個人間の相互作用を含むプロジェクトの主要な運営を司る《活動グループ》、プロジェクトの活動が影響を及ぼす範囲の人々・環境・文化を包含し、拡充し続ける社会である《コミュニティ》の4階層で構成された。活動主体の各階層は相互に関係し合い、活動のプロセスとともに起こる変化[資源の獲得][関係の進展][能力の開発]といった【力量形成のアウトカム】の増大によって、【意識変革のアウトカム】に到達することができた。同時に、活動を意図的に継続的に発展させるためには、【仕組拡充のアウトカム】が不可欠であった。プロジェクトの進捗によりアウトカムの表れ方は多様であったが、その意味内容は健康課題の特性が異なる15プロジェクトに共通であった。『活動とともに拡大するアウトカム』は、PCCが昨今の健康格差社会のなかで脆弱な人々とともに健康生成社会を創出できる新しいケアの形態であることが明示された。PCCの戦略的実践に有用な方策、活動の目的・目標設定と評価の枠組みとして、PCCの実践知から得られたアウトカムのマトリクスを提示する。(著者抄録)
  • 多世代交流型デイプログラムの実践的開発とLogic Modelによる分析
    亀井 智子, 梶井 文子, 糸井 和佳, 川上 千春, 杉本 知子, 長谷川 真澄
    聖路加看護学会誌 11(2) 52-52 Sep. 2007
  • Program Action-Logic Modelによる認知症地域ケアシンポジウムの評価 高齢者主導型ケアの創設に関する地域ケアの分析
    川上 千春, 亀井 智子, 梶井 文子, 山田 艶子, 杉本 知子
    聖路加看護学会誌 11(2) 59-59 Sep. 2007
  • 大学のアウトリーチ活動としての「高齢者のためのフットケア講座」の実施と評価
    梶井 文子, 亀井 智子, 山田 艶子, 川上 千春, 杉本 知子
    聖路加看護学会誌 11(2) 60-60 Sep. 2007
  • 在宅ターミナルケア事例の時期別にみたアセスメント項目の重要度と難易度
    川上 千春, 島内 節, 大木 正隆
    日本看護科学学会学術集会講演集 24回 378-378 Dec. 2004
  • 在宅ターミナルケアにおける遺族によるサービスの評価
    島内 節, 川上 千春, 大木 正隆, 辻 彼南雄
    日本看護科学学会学術集会講演集 24回 379-379 Dec. 2004
  • AHPモデルによる在宅テレナーシングの満足度変化の測定
    川上 千春, 島内 節, 友安 直子, 佐々木 明子
    日本看護科学学会学術集会講演集 23回 268-268 Dec. 2003


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.