Hideko Yamauchi

Faculty & Position:Breast Surgery Department   doctor
Contact:
URL: 
Last Updated: Sep. 11, 2019 at 05:04

Research Activities

Published Papers

  • Predictive and prognostic value of stromal tumour-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer.
    Ochi T, Bianchini G, Ando M, Nozaki F, Kobayashi D, Criscitiello C, Curigliano G, Iwamoto T, Niikura N, Takei H, Yoshida A, Takei J, Suzuki K, Yamauchi H, Hayashi N
    European journal of cancer (Oxford, England : 1990) 118 41-48 Sep. 2019 [Refereed]
  • Current conditions and issues of physicians and working conditions at institutions accredited by the Japanese Breast Cancer Society.
    Kawase K, Yamashita H, Iwase H, Akashi-Tanaka S, Iijima K, Ishida T, Takeishi Y, Tanaka F, Doihara H, Nakano S, Yamauchi H, Masuda S
    Breast cancer (Tokyo, Japan) Aug. 2019 [Refereed]
  • Developing a checksheet for breast cancer patients receiving endocrine therapy-examining reliability and validity.
    Iioka Y, Iwata T, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) Aug. 2019 [Refereed]
  • The Loss of Lymph Node Metastases After Neoadjuvant Chemotherapy in Patients With Cytology-proven Axillary Node-positive Primary Breast Cancer.
    Namura M, Tsunoda H, Kobayashi D, Enokido K, Yoshida A, Watanabe T, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H, Hayashi N
    Clinical breast cancer 19(4) 278-285 Aug. 2019 [Refereed]
  • Symptoms and QOL in breast cancer patients receiving hormone therapy in Japan.
    Iioka Y, Iwata T, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) Jul. 2019 [Refereed]
  • Breast reconstruction after risk-reducing mastectomy in BRCA mutation carriers.
    Nagura N, Hayashi N, Takei J, Yoshida A, Ochi T, Iwahira Y, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) Jul. 2019 [Refereed]
  • Falls and Functional Impairments in Breast Cancer Patients with Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy.
    Komatsu H, Yagasaki K, Komatsu Y, Yamauchi H, Yamauchi T, Shimokawa T, Doorenbos AZ
    Asia-Pacific journal of oncology nursing 6(3) 253-260 Jul. 2019 [Refereed]
  • [Genetic Approach of Breast Cancer].
    Takei J, Yamauchi H
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 46(5) 831-837 May 2019 [Refereed]
  • Prognostic impact of multifocal and multicentric breast cancer versus unifocal breast cancer.
    Fushimi A, Yoshida A, Yagata H, Takahashi O, Hayashi N, Suzuki K, Tsunoda H, Nakamura S, Yamauchi H
    Surgery today 49(3) 224-230 Mar. 2019 [Refereed]
  • Magnetic Resonance Imaging Combined With Second-look Ultrasonography in Predicting Pathologic Complete Response After Neoadjuvant Chemotherapy in Primary Breast Cancer Patients.
    Hayashi N, Tsunoda H, Namura M, Ochi T, Suzuki K, Yamauchi H, Nakamura S
    Clinical breast cancer 19(1) 71-77 Feb. 2019 [Refereed]
  • Factors associated with treatment delay in women with primary breast cancer who were referred to reproductive specialists.
    Kitano A, Shimizu C, Yamauchi H, Akitani F, Shiota K, Miyoshi Y, Ohde S
    ESMO open 4(2) e000459 2019 [Refereed]
  • High rate of occult cancer found in prophylactic mastectomy specimens despite thorough presurgical assessment with MRI and ultrasound: findings from the Hereditary Breast and Ovarian Cancer Registration 2016 in Japan.
    Yamauchi H, Okawa M, Yokoyama S, Nakagawa C, Yoshida R, Suzuki K, Nakamura S, Arai M
    Breast cancer research and treatment 172(3) 679-687 Dec. 2018 [Refereed]
  • Randomized Multicenter Phase II Trial of Neoadjuvant Therapy Comparing Weekly Nab-paclitaxel Followed by FEC With Docetaxel Followed by FEC in HER2- Early-stage Breast Cancer.
    Kuwayama T, Nakamura S, Hayashi N, Takano T, Tsugawa K, Sato T, Kitani A, Okuyama H, Yamauchi H
    Clinical breast cancer 18(6) 474-480 Dec. 2018 [Refereed]
  • Repeat recurrence and malignant transition of phyllodes tumors of the breast.
    Wada A, Hayashi N, Endo F, Tsunoda H, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 25(6) 736-741 Nov. 2018 [Refereed]
  • Discrepancies Between Pathological Tumor Responses and Estimations of Complete Response by Magnetic Resonance Imaging After Neoadjuvant Chemotherapy Differ by Breast Cancer Subtype.
    Namura M, Tsunoda H, Yagata H, Hayashi N, Yoshida A, Morishita E, Takei J, Suzuki K, Yamauchi H
    Clinical breast cancer 18(2) 128-134 Apr. 2018 [Refereed]
  • The Prognostic Effect of Changes in Tumor Stage and Nodal Status After Neoadjuvant Chemotherapy in Each Primary Breast Cancer Subtype.
    Hayashi N, Takahashi Y, Matsuda N, Tsunoda H, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H
    Clinical breast cancer 18(2) e219-e229 Apr. 2018 [Refereed]
  • Fertility decision-making under certainty and uncertainty in cancer patients.
    Komatsu H, Yagasaki K, Yamauchi H
    Sexual & reproductive healthcare : official journal of the Swedish Association of Midwives 15 40-45 Mar. 2018 [Refereed]
  • Risk factors for complications among breast cancer patients treated with post-mastectomy radiotherapy and immediate tissue-expander/permanent implant reconstruction: a retrospective cohort study.
    Ogita M, Nagura N, Kawamori J, In R, Yoshida A, Yamauchi H, Takei J, Hayashi N, Iwahira Y, Ohde S, Fukushima S, Sekiguchi K
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 25(2) 167-175 Mar. 2018 [Refereed]
  • Cost-effectiveness of surveillance and prevention strategies in BRCA1/2 mutation carriers.
    Yamauchi H, Nakagawa C, Kobayashi M, Kobayashi Y, Mano T, Nakamura S, Arai M
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 25(2) 141-150 Mar. 2018 [Refereed]
  • Management of hereditary breast and ovarian cancer.
    Yamauchi H, Takei J
    International journal of clinical oncology 23(1) 45-51 Feb. 2018 [Refereed]
  • Change in sonographic brightness can predict pathological response of triple-negative breast cancer to neoadjuvant chemotherapy.
    Matsuda N, Kida K, Ohde S, Suzuki K, Yamauchi H, Nakamura S, Tsunoda H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 25(1) 43-49 Jan. 2018 [Refereed]
  • Dynamic changes in CD44v-positive cells after preoperative anti-HER2 therapy and its correlation with pathologic complete response in HER2-positive breast cancer.
    Yamauchi T, Espinosa Fernandez JR, Imamura CK, Yamauchi H, Jinno H, Takahashi M, Kitagawa Y, Nakamura S, Lim B, Krishnamurthy S, Reuben JM, Liu D, Tripathy D, Chen H, Takebe N, Saya H, Ueno NT
    Oncotarget 9(6) 6872-6882 Jan. 2018 [Refereed]
  • BMI change and abdominal circumference are risk factors for breast cancer, even in Asian women.
    Suzuki Y, Tsunoda H, Kimura T, Yamauchi H
    Breast cancer research and treatment 166(3) 919-925 Dec. 2017 [Refereed]
  • Change in HER2 status after neoadjuvant chemotherapy and the prognostic impact in patients with primary breast cancer.
    Yoshida A, Hayashi N, Suzuki K, Takimoto M, Nakamura S, Yamauchi H
    Journal of surgical oncology 116(8) 1021-1028 Dec. 2017 [Refereed]
  • Social impacts of the work loss in cancer survivors.
    Yamauchi H, Nakagawa C, Fukuda T
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 24(5) 694-701 Sep. 2017 [Refereed]
  • Breast reconstruction and postmastectomy radiotherapy: complications by type and timing and other problems in radiation oncology.
    Sekiguchi K, Kawamori J, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 24(4) 511-520 Jul. 2017 [Refereed]
  • Overcalling low-risk findings: grouped amorphous calcifications found at screening mammography associated with minimal cancer risk.
    Iwase M, Tsunoda H, Nakayama K, Morishita E, Hayashi N, Suzuki K, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 24(4) 579-584 Jul. 2017 [Refereed]
  • Randomized phase II study of nab-paclitaxel as first-line chemotherapy in patients with HER2-negative metastatic breast cancer.
    Tamura K, Inoue K, Masuda N, Takao S, Kashiwaba M, Tokuda Y, Iwata H, Yamamoto N, Aogi K, Saeki T, Nakayama T, Sato N, Toyama T, Ishida T, Arioka H, Saito M, Ohno S, Yamauchi H, Yamada K, Watanabe J, Ishiguro H, Fujiwara Y
    Cancer science 108(5) 987-994 May 2017 [Refereed]
  • [Diagnosis and Treatment of HBOC Syndrome by a Breast Surgical Oncologist].
    Kida K, Murai M, Yamauchi H
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 44(2) 111-115 Feb. 2017 [Refereed]
  • Breast cancer with an extremely high Ki-67 labeling index despite a low nuclear grade.
    Nakayama K, Yagata H, Hayashi N, Yoshida A, Takei J, Moriya T, Suzuki K, Yamauchi H
    Pathology international 67(2) 118-120 Feb. 2017 [Refereed]
  • Bone metastasis-related signaling pathways in breast cancers stratified by estrogen receptor status.
    Hayashi N, Iwamoto T, Qi Y, Niikura N, Santarpia L, Yamauchi H, Nakamura S, Hortobagyi GN, Pusztai L, Symmans WF, Ueno NT
    Journal of Cancer 8(6) 1045-1052 2017 [Refereed]
  • [The Role of Preoperative Chemotherapy Depending on Breast Cancer Subtype].
    Hayashi N, Iwase M, Ochi T, Seki A, Matsuda N, Yamauchi H
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 43(10) 1149-1156 Oct. 2016 [Refereed]
  • Sentinel Lymph Node Biopsy After Neoadjuvant Chemotherapy in Patients With an Initial Diagnosis of Cytology-Proven Lymph Node-Positive Breast Cancer.
    Enokido K, Watanabe C, Nakamura S, Ogiya A, Osako T, Akiyama F, Yoshimura A, Iwata H, Ohno S, Kojima Y, Tsugawa K, Motomura K, Hayashi N, Yamauchi H, Sato N
    Clinical breast cancer 16(4) 299-304 Aug. 2016 [Refereed]
  • Poor efficacy of the phosphorylated high-molecular-weight neurofilament heavy subunit serum level, a biomarker of axonal damage, as a marker of chemotherapy-induced peripheral neuropathy.
    Sumitani M, Ogata T, Natori A, Hozumi J, Shimojo N, Kida K, Yamauchi H, Yamauchi T
    Biomedical reports 4(6) 758-760 Jun. 2016 [Refereed]
  • Sustained Interruption of Anterior Interfaces Between Adipose Tissues and Mammary Glands in Ultrasonography After Complete Pathological Remission After Neoadjuvant Chemotherapy for Primary Breast Cancer.
    Takei J, Tsunoda H, Yagata H, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H
    Clinical breast cancer 16(3) 196-201 Jun. 2016 [Refereed]
  • Safe and effective deodorization of malodorous fungating tumors using topical metronidazole 0.75 % gel (GK567): a multicenter, open-label, phase III study (RDT.07.SRE.27013).
    Watanabe K, Shimo A, Tsugawa K, Tokuda Y, Yamauchi H, Miyai E, Takemura K, Ikoma A, Nakamura S
    Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer 24(6) 2583-2590 Jun. 2016 [Refereed]
  • A self-directed home yoga programme for women with breast cancer during chemotherapy: A feasibility study.
    Komatsu H, Yagasaki K, Yamauchi H, Yamauchi T, Takebayashi T
    International journal of nursing practice 22(3) 258-266 Jun. 2016 [Refereed]
  • Patients' Perspectives on Creating a Personal Safety Net During Chemotherapy.
    Komatsu H, Yagasaki K, Yamauchi H, Yamauchi T
    Clinical journal of oncology nursing 20(1) 13-16 Feb. 2016 [Refereed]
  • Malignant phyllodes tumor metastasized to the right ventricle: a case report.
    Yoshidaya F, Hayashi N, Takahashi K, Suzuki K, Akiyama F, Ishiyama M, Takahashi Y, Yoshida A, Yagata H, Nakamura S, Tsunoda H, Yamauchi H
    Surgical case reports 1(1) 121 Dec. 2015 [Refereed]
  • Psychological impact of breast cancer screening in Japan.
    Kitano A, Yamauchi H, Hosaka T, Yagata H, Hosokawa K, Ohde S, Nakamura S, Takimoto M, Tsunoda H
    International journal of clinical oncology 20(6) 1110-1116 Dec. 2015 [Refereed]
  • A model to predict upstaging to invasive carcinoma in patients preoperatively diagnosed with ductal carcinoma in situ of the breast.
    Kondo T, Hayashi N, Ohde S, Suzuki K, Yoshida A, Yagata H, Niikura N, Iwamoto T, Kida K, Murai M, Takahashi Y, Tsunoda H, Nakamura S, Yamauchi H
    Journal of surgical oncology 112(5) 476-480 Oct. 2015 [Refereed]
  • Prevalence and differentiation of hereditary breast and ovarian cancers in Japan.
    Nakamura S, Takahashi M, Tozaki M, Nakayama T, Nomizu T, Miki Y, Murakami Y, Aoki D, Iwase T, Nishimura S, Yamauchi H, Ohsumi S, Baba S, Shimizu T
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 22(5) 462-468 Sep. 2015 [Refereed]
  • The value of progesterone receptor expression in predicting the Recurrence Score for hormone-receptor positive invasive breast cancer patients.
    Onoda T, Yamauchi H, Yagata H, Tsugawa K, Hayashi N, Yoshida A, Suzuki K, Sakurai O, Nakamura S
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 22(4) 406-412 Jul. 2015 [Refereed]
  • MRI and ultrasound evaluation of invasive lobular carcinoma of the breast after primary systemic therapy.
    Mori M, Tsunoda H, Takamoto Y, Murai M, Kikuchi M, Honda S, Suzuki K, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 22(4) 356-365 Jul. 2015 [Refereed]
  • A piece of the 'chemobrain' puzzle: pNF-H.
    Natori A, Ogata T, Yamauchi H
    Aging 7(5) 290-291 May 2015 [Refereed]
  • Potential role of pNF-H, a biomarker of axonal damage in the central nervous system, as a predictive marker of chemotherapy-induced cognitive impairment.
    Natori A, Ogata T, Sumitani M, Kogure T, Yamauchi T, Yamauchi H
    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research 21(6) 1348-1352 Mar. 2015 [Refereed]
  • The significance of combined CK5/6 and p63 immunohistochemistry in predicting the risks of subsequent carcinoma development in intraductal papilloma of the breast.
    Yang Y, Suzuki K, Abe E, Li C, Uno M, Akiyama F, Yamauchi H, Kikuchi M, Ohde S, Deshpande G, Shibahara Y, Nakamura Y, Sasano H
    Pathology international 65(2) 81-88 Feb. 2015 [Refereed]
  • Differential impact of fosaprepitant on infusion site adverse events between cisplatin- and anthracycline-based chemotherapy regimens.
    Fujii T, Nishimura N, Urayama KY, Kanai H, Ishimaru H, Kawano J, Takahashi O, Yamauchi H, Yamauchi T
    Anticancer research 35(1) 379-383 Jan. 2015 [Refereed]
  • Prognostic factors of HER2-positive breast cancer patients who develop brain metastasis: a multicenter retrospective analysis.
    Hayashi N, Niikura N, Masuda N, Takashima S, Nakamura R, Watanabe K, Kanbayashi C, Ishida M, Hozumi Y, Tsuneizumi M, Kondo N, Naito Y, Honda Y, Matsui A, Fujisawa T, Oshitanai R, Yasojima H, Yamauchi H, Saji S, Iwata H
    Breast cancer research and treatment 149(1) 277-284 Jan. 2015 [Refereed]
  • Personalization of loco-regional care for primary breast cancer patients (part 2).
    Toi M, Winer EP, Benson JR, Inamoto T, Forbes JF, von Minckwitz G, Robertson JF, Grobmyer SR, Jatoi I, Sasano H, Kunkler I, Ho AY, Yamauchi C, Chow LW, Huang CS, Han W, Noguchi S, Pegram MD, Yamauchi H, Lee ES, Larionov AA, Bevilacqua JL, Yoshimura M, Sugie T, Yamauchi A, Krop IE, Noh DY, Klimberg VS, 2014 Kyoto Breast Cancer Consensus Conference
    Future oncology (London, England) 11(9) 1301-1305 2015 [Refereed]
  • Personalization of loco-regional care for primary breast cancer patients (part 1).
    Toi M, Winer EP, Benson JR, Inamoto T, Forbes JF, von Minckwitz G, Robertson JF, Grobmyer SR, Jatoi I, Sasano H, Kunkler I, Ho AY, Yamauchi C, Chow LW, Huang CS, Han W, Noguchi S, Pegram MD, Yamauchi H, Lee ES, Larionov AA, Bevilacqua JL, Yoshimura M, Sugie T, Yamauchi A, Krop IE, Noh DY, Klimberg VS, 2014 Kyoto Breast Cancer Consensus Conference
    Future oncology (London, England) 11(9) 1297-1300 2015 [Refereed]
  • Ultrasonography mapping combined with mammography before breast-conserving surgery for primary breast cancer with microcalcifications: a novel approach.
    Akaike G, Tsunoda H, Hayashi N, Onoda T, Honda S, Suzuki K, Ohde S, Yamauchi H, Saida Y
    Clinical breast cancer 14(5) 352-357 Oct. 2014 [Refereed]
  • Societal cost-effectiveness analysis of the 21-gene assay in estrogen-receptor-positive, lymph-node-negative early-stage breast cancer in Japan.
    Yamauchi H, Nakagawa C, Yamashige S, Takei H, Yagata H, Yoshida A, Hayashi N, Hornberger J, Yu T, Chao C, Yoshizawa C, Nakamura S
    BMC health services research 14 372 Sep. 2014 [Refereed]
  • Reverse-phase protein array for prediction of patients at low risk of developing bone metastasis from breast cancer.
    Hayashi N, Manyam GC, Gonzalez-Angulo AM, Niikura N, Yamauchi H, Nakamura S, Hortobágyi GN, Baggerly KA, Ueno NT
    The oncologist 19(9) 909-914 Sep. 2014 [Refereed]
  • Randomized phase II study of weekly paclitaxel with and without carboplatin followed by cyclophosphamide/epirubicin/5-fluorouracil as neoadjuvant chemotherapy for stage II/IIIA breast cancer without HER2 overexpression.
    Ando M, Yamauchi H, Aogi K, Shimizu S, Iwata H, Masuda N, Yamamoto N, Inoue K, Ohono S, Kuroi K, Hamano T, Sukigara T, Fujiwara Y
    Breast cancer research and treatment 145(2) 401-409 Jun. 2014 [Refereed]
  • A nomogram for predicting locoregional recurrence in primary breast cancer patients who received breast-conserving surgery after neoadjuvant chemotherapy.
    Matsuda N, Hayashi N, Ohde S, Yagata H, Kajiura Y, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Tsunoda H, Yamauchi H
    Journal of surgical oncology 109(8) 764-769 Jun. 2014 [Refereed]
  • Prospective study of the effect of the 21-gene assay on adjuvant clinical decision-making in Japanese women with estrogen receptor-positive, node-negative, and node-positive breast cancer.
    Yamauchi H, Nakagawa C, Takei H, Chao C, Yoshizawa C, Yagata H, Yoshida A, Hayashi N, Hell S, Nakamura S
    Clinical breast cancer 14(3) 191-197 Jun. 2014 [Refereed]
  • Opportunistic breast cancer screening by mammography in Japan for women in their 40s at our preventive medical center: harm or benefit?
    Kikuchi M, Tsunoda H, Koyama T, Kawakita T, Suzuki K, Yamauchi H, Takahashi O, Saida Y
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 21(2) 135-139 Mar. 2014 [Refereed]
  • Clinicopathological significance of 'atypical ductal proliferation' in core needle biopsy of the breast.
    Abe E, Suzuki K, Hayashi N, Yang Y, Li CP, Uno M, Akiyama F, Yamauchi H, Nakamura S, Tsugawa K, Tsunoda H, Ohde S, Sasano H
    Pathology international 64(2) 58-66 Feb. 2014 [Refereed]
  • A new method for differentiating benign and malignant pleomorphic clustered calcifications in mammography.
    Kikuchi M, Tsunoda H, Kaneshiro T, Takahashi O, Suzuki K, Yamauchi H, Ichikawa T, Kumita S
    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi 81(2) 70-77 2014 [Refereed]
  • Sentinel node biopsy after neoadjuvant chemotherapy in cytologically proven node-positive breast cancer.
    Yagata H, Yamauchi H, Tsugawa K, Hayashi N, Yoshida A, Kajiura Y, In R, Matsuda N, Nakamura S
    Clinical breast cancer 13(6) 471-477 Dec. 2013 [Refereed]
  • A comparison of epidemiology, biology, and prognosis of inflammatory breast cancer in Japanese and US populations.
    Natori A, Hayashi N, Soejima K, Deshpande GA, Takahashi O, Cristofanilli M, Ueno NT, Yamauchi H
    Clinical breast cancer 13(6) 460-464 Dec. 2013 [Refereed]
  • Pathological assessment of microinvasive carcinoma of the breast.
    Mori M, Tsugawa K, Yamauchi H, Yagata H, Suzuki K, Ohde S, Soejima K, Nakamura S
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 20(4) 331-335 Oct. 2013 [Refereed]
  • Genomic and expression analysis of microdissected inflammatory breast cancer.
    Woodward WA, Krishnamurthy S, Yamauchi H, El-Zein R, Ogura D, Kitadai E, Niwa S, Cristofanilli M, Vermeulen P, Dirix L, Viens P, van Laere S, Bertucci F, Reuben JM, Ueno NT
    Breast cancer research and treatment 138(3) 761-772 Apr. 2013 [Refereed]
  • Adding hormonal therapy to chemotherapy and trastuzumab improves prognosis in patients with hormone receptor-positive and human epidermal growth factor receptor 2-positive primary breast cancer.
    Hayashi N, Niikura N, Yamauchi H, Nakamura S, Ueno NT
    Breast cancer research and treatment 137(2) 523-531 Jan. 2013 [Refereed]
  • Role of breast tomosynthesis in diagnosis of breast cancer for Japanese women.
    Takamoto Y, Tsunoda H, Kikuchi M, Hayashi N, Honda S, Koyama T, Ohde S, Yagata H, Yoshida A, Yamauchi H
    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP 14(5) 3037-3040 2013 [Refereed]
  • Ductal carcinoma in situ that involves sclerosing adenosis: high frequency of bilateral breast cancer occurrence.
    Yoshida A, Hayashi N, Akiyama F, Yamauchi H, Uruno T, Kikuchi M, Yagata H, Tsugawa K, Suzuki K, Nakamura S, Tsunoda H
    Clinical breast cancer 12(6) 398-403 Dec. 2012 [Refereed]
  • High prevalence of neuroendocrine carcinoma in breast lesions detected by the clinical symptom of bloody nipple discharge.
    Kawasaki T, Mochizuki K, Yamauchi H, Yagata H, Kondo T, Tsunoda H, Nakamura S, Oishi N, Nakazawa T, Yamane T, Inoue A, Maruyama T, Inoue M, Inoue S, Fujii H, Katoh R
    Breast (Edinburgh, Scotland) 21(5) 652-656 Oct. 2012 [Refereed]
  • Neuroendocrine cells associated with neuroendocrine carcinoma of the breast: nature and significance.
    Kawasaki T, Mochizuki K, Yamauchi H, Inoue S, Kondo T, Oishi N, Nakazawa T, Yamane T, Koshimizu Y, Tsunoda H, Yagata H, Inoue M, Inoue A, Maruyama T, Fujii H, Katoh R
    Journal of clinical pathology 65(8) 699-703 Aug. 2012 [Refereed]
  • Role of circulating tumor cells and disseminated tumor cells in primary breast cancer.
    Hayashi N, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 19(2) 110-117 Apr. 2012 [Refereed]
  • Elastographic evaluation of mucinous carcinoma of the breast.
    Mori M, Tsunoda H, Kawauchi N, Kikuchi M, Honda S, Suzuki K, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 19(1) 60-63 Jan. 2012 [Refereed]
  • Inflammatory breast cancer: what we know and what we need to learn.
    Yamauchi H, Woodward WA, Valero V, Alvarez RH, Lucci A, Buchholz TA, Iwamoto T, Krishnamurthy S, Yang W, Reuben JM, Hortobágyi GN, Ueno NT
    The oncologist 17(7) 891-899 2012 [Refereed]
  • Radiographic features for triple negative ductal carcinoma in situ of the breast.
    Kojima Y, Tsunoda H, Honda S, Kikuchi M, Kawauchi N, Yoshida A, Yagata H, Yamauchi H, Suzuki K
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 18(3) 213-220 Jul. 2011 [Refereed]
  • Current strategy for triple-negative breast cancer: appropriate combination of surgery, radiation, and chemotherapy.
    Yagata H, Kajiura Y, Yamauchi H
    Breast cancer (Tokyo, Japan) 18(3) 165-173 Jul. 2011 [Refereed]
  • Inflammatory breast cancer: the disease, the biology, the treatment.
    Robertson FM, Bondy M, Yang W, Yamauchi H, Wiggins S, Kamrudin S, Krishnamurthy S, Le-Petross H, Bidaut L, Player AN, Barsky SH, Woodward WA, Buchholz T, Lucci A, Ueno NT, Cristofanilli M
    CA: a cancer journal for clinicians 60(6) 351-375 Nov. 2010 [Refereed]
  • Targeted therapy in inflammatory breast cancer.
    Yamauchi H, Ueno NT
    Cancer 116(11 Suppl) 2758-2759 Jun. 2010 [Refereed]
  • Giant cell tumor of the anterior rib masquerading as a breast mass: a case report and review of current literature.
    Riddle ND, Yamauchi H, Caracciolo JT, Cheong D, Khakpour N, Bui MM
    Cases journal 3 51 Feb. 2010 [Refereed]
  • Molecular targets for treatment of inflammatory breast cancer.
    Yamauchi H, Cristofanilli M, Nakamura S, Hortobagyi GN, Ueno NT
    Nature reviews. Clinical oncology 6(7) 387-394 Jul. 2009 [Refereed]
  • The availability of circulating blood volume values alters fluid management in critically ill surgical patients.
    Takanishi DM Jr, Biuk-Aghai EN, Yu M, Lurie F, Yamauchi H, Ho HC, Chapital AD, Koss W
    American journal of surgery 197(2) 232-237 Feb. 2009 [Refereed]
  • Peripheral blood hematocrit in critically ill surgical patients: an imprecise surrogate of true red blood cell volume.
    Takanishi DM, Yu M, Lurie F, Biuk-Aghai E, Yamauchi H, Ho HC, Chapital AD
    Anesthesia and analgesia 106(6) 1808-1812 Jun. 2008 [Refereed]
  • Circulating blood volume measurements correlate poorly with pulmonary artery catheter measurements.
    Yamauchi H, Biuk-Aghai EN, Yu M, Ho HC, Chapital AD, Koss W, Takanishi DM Jr
    Hawaii medical journal 67(1) 8-11 Jan. 2008 [Refereed]
  • CYP17 and COMT gene polymorphisms can influence bone directly, or indirectly through their effects on endogenous sex steroids, in postmenopausal Japanese women.
    Gorai I, Inada M, Morinaga H, Uchiyama Y, Yamauchi H, Hirahara F, Chaki O
    Bone 40(1) 28-36 Jan. 2007 [Refereed]
  • A pilot surrogate end point biomarker trial of perillyl alcohol in breast neoplasia.
    Stearns V, Coop A, Singh B, Gallagher A, Yamauchi H, Lieberman R, Pennanen M, Trock B, Hayes DF, Ellis MJ
    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research 10(22) 7583-7591 Nov. 2004 [Refereed]
  • Benefits of off-pump bypass on neurologic and clinical morbidity: a prospective randomized trial.
    Lee JD, Lee SJ, Tsushima WT, Yamauchi H, Lau WT, Popper J, Stein A, Johnson D, Lee D, Petrovitch H, Dang CR
    The Annals of thoracic surgery 76(1) 18-25; discussion 25 Jul. 2003 [Refereed]

Misc

  • エラストグラフィで乳癌を疑った濃縮嚢胞の1例
    吉田 泰子, 角田 博子, 塚本 徳子, 向井 理枝, 剱 さおり, 森下 恵美子, 喜多 久美子, 山内 英子, 野嵜 史, 鈴木 高祐
    超音波医学 46(3) 249-252 May 2019
    濃縮嚢胞は日常臨床や検診では非常によく遭遇し、頻度の高い所見である。今回、エラストグラフィで歪みの低下を認めたため要精検としたが、最終的に濃縮嚢胞であった非典型例を経験した。症例は40代女性、左乳房11時半方向に縦横比の大きな不整形の低エコー腫瘤を認め、後方境界線の断裂が疑われ、Bモードで悪性を考慮する所見であった。カラードプラで辺縁に血流信号を認め、エラストグラフィでelasticity score 4、fat-lesion-ratio(FLR)17.2と歪みの低下が認められた。40代で初所見であったこともあり、カテゴリー5(JABTSカテゴリー判定による)と判定した。針生検の結果、病理組織学的に濃縮嚢胞に合致する所見が得られた。生検後約一年後の超音波では、同部位に平坦化した腫瘤を認め、悪性を示唆する変化はなかった。Bモードで非典型的な濃縮嚢胞症例で、エラストグラフィによって悪性寄りに判断してしまう偽陽性例があることを知って診断していくことが重要である。(著者抄録)
  • アトピー性皮膚炎を伴う乳癌患者における腋窩リンパ節の評価
    山下 祐司, 角田 博子, 野嵜 史, 鈴木 高祐, 山内 英子
    乳腺甲状腺超音波医学 8(2) 129-129 May 2019
  • 外科専攻医のためのドライボックスを用いた内視鏡手術トレーニングプログラム
    鈴木 研裕, 宮坂 清之, 嶋田 元, 砂川 宏樹, 三隅 寛恭, 山内 英子, 板東 徹, 岸田 明博, 松藤 凡, 聖路加国際病院外科専門研修プログラム管理委員会
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS-222 Apr. 2019
  • 外科労働環境に関する医学科学生の意識調査からみた今後の働き方改革のあり方
    吉田 枝里, 山内 英子, 袴田 健一
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS-114 Apr. 2019
  • 女性外科医の妊娠出産の現状と問題点、改善点は何か
    川瀬 和美, 野村 恭子, 田口 智章, 野村 幸世, 明石 定子, 小川 朋子, 柴崎 郁子, 島田 光男, 竹下 惠美子, 冨澤 康子, 花崎 和弘, 葉梨 智子, 山内 英子, 山下 啓子, 中村 清吾, 日本外科学会男女共同参画委員会
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF-074 Apr. 2019
  • 乳癌ゲノム医療の推進に向けた取り組み 乳癌ゲノム医療の進歩と共に患者に寄り添うために
    竹井 淳子, 大川 恵, 鈴木 美慧, 山中 美智子, 山内 英子
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 WS-17 Apr. 2019
  • ビッグデータを用いた臨床研究の成果と課題(The Japanese breast cancer society QI committee striving to improve the quality of medical care through NCD breast cancer registration)
    井手 佳美, 山内 英子, 渡邊 知映, 増岡 秀次, 大谷 彰一郎, 佐々木 正興, 片岡 明美, 吉田 敦, 四元 大輔
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 WS-3 Apr. 2019
  • 乳癌における腫瘍浸潤リンパ球の評価とその意義(Predictive and prognostic value of tumor-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer)
    越智 友洋, 林 直輝, 野嵜 史, 鈴木 高祐, 山内 英子
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PD-6 Apr. 2019
  • 術前薬物療法後の乳癌の外科治療:切除範囲,センチネルリンパ節生検の適応,再建方法(Less invasive surgery for primary tumor and axillary lymph node after neoadjuvant chemotherapy)
    林 直輝, 越智 友洋, 山内 英子, 中村 清吾
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SY-14 Apr. 2019
  • 平成29年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告I 運動・スポーツ習慣の定着を企図した健幸華齢支援プログラムの開発(第2報) (第2章)スマート脳トレ、スマートエクササイズ、スマートダイエット 乳がん女性向けのスマートエクササイズの勧め
    広瀬 真奈美, 田中 喜代次, 奥松 功基, 山内 英子
    日本体育協会スポーツ医・科学研究報告集 2017年度 18-22 Mar. 2018
  • RECOGNITION AND MANAGEMENT OF HEREDITARY BREAST CANCER SYNDROMES
    竹井 淳子, 山内 英子
    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 119(2) 157-163 2018
  • EVERYONE'S WORKING STYLES REFORM FOR THE IDEAL OF GENDER EQUALITY : RECONSIDER NOW TO PURSUE TASK SHIFTING AND TASK SHARING
    山内 英子
    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 119(3) 253-255 2018
  • MEDICAL STUDENTS' PROSPECTIVE VIEW OF THE PHYSICIAN'S IDEAL LIFE STYLE
    赤坂 治枝, 山内 英子, 袴田 健一
    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 119(2) 210-214 2018
  • CURRENT STATUS OF SUPPORT FOR FEMALE DOCTORS IN THE SPECIALIST MEDICAL SOCIETIES OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF MEDICAL SCIENCE IN 2015 : RESULTS OF A QUESTIONNAIRE SURVEY
    野村 幸世, 冨澤 康子, 大津 洋, 小川 朋子, 柴崎 郁子, 島田 光生, 竹下 惠美子, 花﨑 和弘, 葉梨 智子, 山下 啓子, 明石 定子, 山内 英子, 岩瀬 弘敬, 田口 智章, 前田 耕太郎, 中村 清吾
    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 119(1) 97-99 2018
  • Risk management for HBOC on risk reduction surgery
    竹井 淳子, 山内 英子
    医学のあゆみ 261(5) 429-432 Apr. 2017
  • CURRENT STATUS OF SUPPORT FOR FEMALE DOCTORS IN THE SPECIALIST MEDICAL SOCIETIES OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF MEDICAL SCIENCE IN 2015 : RESULTS OF A QUESTIONNAIRE SURVEY
    野村 幸世, 冨澤 康子, 大津 洋, 小川 朋子, 柴崎 郁子, 島田 光生, 竹下 惠美子, 花﨑 和弘, 葉梨 智子, 山下 啓子, 明石 定子, 山内 英子, 岩瀬 弘敬, 田口 智章, 前田 耕太郎, 中村 清吾
    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 118(6) 668-672 2017
  • A case of malignant phyllodes tumor with coarse calcifications
    森下 恵美子, 角田 博子, 高橋 侑子, 矢形 寛, 山内 英子, 野嵜 史, 鈴木 髙祐, 栗原 泰之
    乳腺甲状腺超音波医学 = Journal of breast and thyroid sonology 5(3) 34-38 Jul. 2016
  • トリプルネガティブ乳癌におけるBRCA1/2遺伝子変異陽性率の検討
    北川 瞳, 矢形 寛, 吉田 敦, 青木 美紀子, 大川 恵, 金井 久子, 林 直輝, 山内 英子
    乳癌の臨床 31(3) 223-227 Jun. 2016
    BRCA1/2遺伝子変異、とくにBRCA1ではトリプルネガティブ乳癌(TNBC)との関連が示唆されているが、日本人における報告は少ない。そこで、当院で遺伝子検査を施行したTNBCにおける遺伝カウンセリングおよびBRCA1/2遺伝子検査実施数、BRCA1/2遺伝子変異保有率、さらに家族歴を後ろ向きに調査した。対象は2011年1月から2013年7月に当院で手術を行ったTNBC154例。遺伝カウンセリングを35例に、遺伝子検査を24例に施行し、BRCA1/2遺伝子変異を7例(29.2%、BRCA1;6例、BRCA2;1例)に認めた。診断時年齢60歳以下のTNBCは97例で、遺伝カウンセリング29例、遺伝子検査22例、BRCA1/2遺伝子変異を7例(31.8%)に認めた。家族歴がなく遺伝子検査を行ったTNBCは10例で、2例(20%)にBRCA1遺伝子変異を認めた。対象期間内に乳癌の診断で、123例にBRCA1/2遺伝子検査を行い、変異陽性は29例(23.6%)であった。60歳以下のTNBCにおけるBRCA1/2遺伝子変異陽性率は本邦においても高く、さらに、家族歴がなくても同様の傾向にあることがわかった。このことを念頭において適切な遺伝カウンセリングを提供することが重要である。(著者抄録)
  • 患者就労支援 自分らしく、生きるを支えるために
    山内 英子
    死の臨床 39(1) 98-99 Jun. 2016
  • HBOC(hereditary breast and ovarian cancer)患者の個別化診療
    竹井 淳子, 吉田 敦, 林 直輝, 青木 美紀子, 大川 恵, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 578-578 Jun. 2016
  • 乳癌・乳房切除術後照射の治療成績の検討
    河守 次郎, 福島 祥子, 柏山 史穂, 扇田 真美, 関口 建次, 竹井 淳子, 吉田 敦, 林 直輝, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 459-459 Jun. 2016
  • 若年性乳癌における乳房再建の検討
    名倉 直美, 岩平 佳子, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 436-436 Jun. 2016
  • 乳癌術後のホルモン療法患者への減量指導
    松元 紀子, 北川 瞳, 岩間 達子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 419-419 Jun. 2016
  • クーパー靱帯内石灰化の良悪性についての検討
    中山 可南子, 角田 博子, 野嵜 史, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 森下 恵美子, 鈴木 高祐, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 401-401 Jun. 2016
  • マンモグラフィにおける構築の乱れに関する検証
    喜多 久美子, 角田 博子, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 鈴木 高祐, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 400-400 Jun. 2016
  • 粘液癌におけるマンモグラフィ上の石灰化についての検討
    西山 智哉, 角田 博子, 野嵜 史, 河内 伸江, 大倉 真理子, 森下 恵美子, 吉田 敦, 山内 英子, 鈴木 高祐, 栗原 泰之
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 399-399 Jun. 2016
  • 日本人の乳癌/卵巣癌患者におけるBRCA1/2高リスク群同定に関する研究 「余命1ヵ月の花嫁」記念課題
    清水 千佳子, 菅野 康吉, 安藤 二郎, 小杉 眞司, 増田 健太, 青木 大輔, 吉田 輝彦, 田中屋 宏爾, 大住 省三, 矢形 寛, 山内 英子, 野水 整
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 356-356 Jun. 2016
  • 医療者と患者をつなぐ乳房再建手帳の意義
    金井 久子, 名倉 直美, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 細川 恵子, 岩平 佳子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 353-353 Jun. 2016
  • サブタイプ別にみた術前化学療法治療感受性と予後との関連
    高橋 侑子, 林 直輝, 竹井 淳子, 吉田 敦, 角田 博子, 鈴木 高祐, 中村 清吾, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 345-345 Jun. 2016
  • 乳癌原発巣が小さく手術検体標本に深切りが必要であった症例の検討
    阿部 江利子, 野嵜 史, 内田 士朗, 宇野 美恵子, 山内 英子, 角田 博子, 小野田 敏尚, 鈴木 高祐
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 340-340 Jun. 2016
  • 若年乳癌患者の臨床病理学的因子と予後の検討
    和田 朝香, 梶浦 由香, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 314-314 Jun. 2016
  • 治療とお金と人生プランを考えるサバイバーシッププログラム「おさいふりんぐ」活動の報告と今後の課題
    橋本 久美子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 282-282 Jun. 2016
  • 乳腺アポクリン病変診断におけるp62免疫組織染色の有用性の検討
    野嵜 史, 中西 陽子, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子, 鈴木 高祐, 増田 しのぶ
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 271-271 Jun. 2016
  • 乳管内中心性乳頭腫から発生した微小浸潤性神経内分泌癌(Microinvasive neuroendocrine carcinoma arising from central papilloma of the breast)
    川崎 朋範, 須田 健, 伊藤 嘉智, 苫米地 牧子, 松井 雄介, 石田 和茂, 小松 英明, 柏葉 匡寛, 菅井 有, 角田 博子, 山内 英子, 市原 周
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 268-268 Jun. 2016
  • 乳癌患者の抗がん剤投与に伴う頭皮生理機能と症状の変化
    玉井 奈緒, 池田 真理, 江口 華子, 細川 恵子, 金井 久子, 山内 英子, 山内 照夫, 真田 弘美
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 254-254 Jun. 2016
  • 早期乳がん患者のための術式選択意思決定ガイドの役立ち度と決定満足度の関連 ランダム化比較試験
    大坂 和可子, 竹田 菜々, 細川 恵子, 金井 久子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 253-253 Jun. 2016
  • 妊娠期乳癌 胎児期に化学療法に暴露された児の影響について
    深津 裕美, 北川 瞳, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 秋谷 文, 塩田 恭子, 山中 美智子, 小澤 美和, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 247-247 Jun. 2016
  • ER陽性HER2陰性乳癌におけるホルモン受容体発現度と核グレードの晩期再発の予測因子としての検討
    岩瀬 まどか, 林 直輝, 梶浦 由香, 吉田 敦, 竹井 淳子, 鈴木 高祐, 中村 清吾, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 246-246 Jun. 2016
  • 日本のHBOC診療の未来を展望する Precision Medicineの時代へHBOCから我々へのChallenge
    山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 24回 200-200 Jun. 2016
  • 価値に基づく医療―患者にとっての最善の選択をめざして 17)価値に基づく医療の実践―がん診療
    山内英子
    モダンフィジシャン 36(5) 471-474 May 2016
  • Hereditary breast and ovarian cancer(HBOC)患者の個別化医療
    竹井淳子, 山内英子
    医学のあゆみ 256(8) 913-914 Feb. 2016
  • Art of Oncology(第2回) 社会とつながるがんサバイバーシップ
    山内 英子
    Cancer Board Square 2(1) 203-205 Feb. 2016
  • リスク低減予防乳房切除術後再建に対する女性形成外科医としての向き合い方
    名倉直美, 岩平佳子, 竹井淳子, 山内英子
    日本形成外科手術手技学会 21st 52 2016
  • リスク低減予防乳房切除術後の乳房再建
    名倉直美, 岩平佳子, 林直輝, 吉田敦, 竹井淳子, 山内英子
    日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 59th 321 2016
  • A Case of Invasive Micropapillary Carcinoma with a Unique, Markedly Calcified Oval Mass
    岩瀬まどか, 岩瀬まどか, 角田博子, 森下恵美子, 吉田敦, 南村真紀, 緒方昭彦, 山内英子, 鈴木高祐
    乳癌の臨床 30(6) 565-572 Dec. 2015
    症例は38歳女性。約10年前から米粒大の左乳房腫瘤を自覚していたが、腫瘤の急速増大を契機に当院を紹介受診した。マンモグラフィでは、皮下直下にきわめて密な微細石灰化を有する境界明瞭な腫瘤が認められ、その周囲には淡い不明瞭な石灰化が広範囲に存在し、そのなかの一部には短い線状石灰化を認めた。超音波、MRIを含めても、腫瘤は乳腺実質由来とは断定できず皮下組織由来のものを考慮し、それとは別に存在する広範なDCISを考えた。しかし、病理所見ではinvasive micropapillary carcinomaとその乳管内成分の像であった。浸潤部分では、腫瘤内の密に存在した石灰化は癌胞巣の管腔内の分泌型石灰化に相当した。浸潤部分と乳管内成分のサブタイプは一致しており、一連の病変と考えられた。まれではあるが、非常に特徴的な画像所見を示す症例と考え、報告する。(著者抄録)
  • 患者の安全と研修病院の使命を考慮した内視鏡手術トレーニングプログラム
    鈴木 研裕, 宮坂 清之, 嶋田 元, 山内 英子, 板東 徹, 三隅 寛恭, 太田 惠一朗, 松藤 凡
    日本内視鏡外科学会雑誌 20(7) OS33-8 Dec. 2015
  • Imaging and Pathological Findings Focusing on Intraductal Components of Mucinous Carcinoma of the Breast
    河内伸江, 角田博子, 松岡由紀, 杉野成美, 森下恵美子, 山内英子, 矢形寛, 楊陽, 阿部江利子, 鈴木高祐
    乳癌の臨床 30(5) 443-451 Oct. 2015
    粘液癌は予後のよい限局性の乳癌と考えられている。しかしときに広い乳管内成分を有する症例がある。この論文の目的は、粘液癌の腫瘤外への進展を有する症例の頻度および進展範囲を知り、術前診断できていたかどうかを検証することである。対象は粘液癌74例で、後方視的に病理組織上の腫瘤外への乳管内進展範囲を検討した。1cm以上の乳管内成分を有していた症例は34例(45.9%)に達した。乳管内成分は、マンモグラフィ、超音波、MRIのいずれかで、1例を除くすべての症例で術前に診断できていた。粘液癌の約半数に乳管内成分が存在することを念頭におき、術前の広がり診断を行うことが重要である。(著者抄録)
  • 女性外科医の感性と順応性をいかして
    山内英子
    日本臨床外科学会雑誌 76 349 Oct. 2015
  • 新たな外科研修システムの構築―求められる外科研修プログラムへ―
    鈴木研裕, 宮坂清之, 嶋田元, 山内英子, 板東徹, 三隅寛恭, 太田惠一朗, 松藤凡
    日本臨床外科学会雑誌 76 408 Oct. 2015
  • 遺伝性乳がん卵巣がん症候群(Hereditary Breast and Ovarian Cancer:HBOC)における未確定変異(Variant of Uncertain Significance:VUS)
    竹井淳子, 山内英子
    日本臨床外科学会雑誌 76 407 Oct. 2015
  • ステレオガイド下吸引式組織生検で組織診断された異型病変の特徴とその対応
    角田博子, 森下恵美子, 関根憲, 矢形寛, 南村真紀, 山内英子, 楊陽, 阿部江利子, 鈴木高祐
    日本乳癌検診学会誌 24(3) 362-368 Oct. 2015
    ステレオガイド下組織生検(ST-VAB)にて異型病変とされた症例を検討し、今後の的確な対応を探ることを目的とした。2003年から2011年に当院でST-VABを施行した1,153名のうち、組織学的に異型病変と診断された70名(平均48.7歳)を対象に、チャートレビューを行い、受診契機、経過、マンモグラフィ所見、最終診断を検討した。受診契機は検診異常63名、他部位検索時偶発検出6名、分泌1名であった。すべて石灰化症例でカテゴリー3が50例、4が19例、5が1例であった。病理所見からの推奨、他部位治療のため同時切除などで判明した乳癌は17例(non-comedo DCIS 14、comedo DCIS 2、T1a 1)で、浸潤癌1例は4mm浸潤径のホルモン受容体陽性乳癌でリンパ節転移はなかった。切除で良性と判明した2症例を除き、経過観察中変化なく(観察期間中央値26ヵ月)、非癌と見なしている症例は53例であった。マンモグラフィ検診が普及すると、長期にわたり経過観察せざるを得ない異型症例が今後も一定の割合で存在する。このような症例を経過観察した場合、超音波所見が陰性であれば、乳癌であったとしても低悪性度の非浸潤癌の可能性がきわめて高く、経過観察で対応できるものと考えられた。(著者抄録)
  • 研修医、若手外科医を惹きつける修練プログラム 新たな外科研修システムの構築 求められる外科研修プログラムへ
    鈴木 研裕, 宮坂 清之, 嶋田 元, 山内 英子, 板東 徹, 三隅 寛恭, 太田 惠一朗, 松藤 凡
    日本臨床外科学会雑誌 76(増刊) 408-408 Oct. 2015
  • 女性外科医のワークライフバランスの見直しと専門医取得 女性外科医の感性と順応性をいかして
    山内 英子
    日本臨床外科学会雑誌 76(増刊) 349-349 Oct. 2015
  • 家族性腫瘍・感染による腫瘍に対する取り組み 家族性乳がんの頻度・診断と治療
    竹井淳子, 山内英子
    月刊腫瘍内科 16(3) 211-218 Sep. 2015
  • 再発に挑む!―外科治療の役割 術後サーベイランスの考え方と再発時の治療戦略 乳癌
    吉田敦, 山内英子
    臨床外科 70(9) 1074-1077 Sep. 2015
    <ポイント>乳癌術後のサーベイランスでは,ルーチンの全身検索は勧められていない.患者のリスクに合わせ,検査のリスク・ベネフィットを考えての全身検索が望ましい.温存乳房内再発に対する再部分切除は,乳房切除に比べて局所制御率は劣るが,生存率には差がみられないという報告が多い.しかしながら再温存が可能な患者選択の条件は明らかでなく,現時点での標準的手術方法は乳房切除術と考えられる.局所領域再発術後のセカンドアジュバントの意義に関しては,エビデンスも少ないが,遠隔転移リスクの高いと考えられる患者では,行うことの利益が考えられる.(著者抄録)
  • 患者就労支援―自分らしく,いきるを支えるために
    山内英子
    死の臨床 38(2) 294-294 Sep. 2015
  • 粗大石灰化を伴った悪性葉状腫瘍の1例
    森下恵美子, 角田博子, 高橋侑子, 矢形寛, 矢形寛, 山内英子, 野嵜史, 鈴木高祐, 栗原泰之
    乳腺甲状腺超音波医学 4(4) 75-75 Sep. 2015
  • The key of breast cancer surveillance, and basic approach for locoregional recurrence
    吉田 敦, 山内 英子
    臨床外科 = Journal of clinical surgery 70(9) 1074-1077 Sep. 2015
  • がんサバイバーシッププログラム 就労支援「就労リング」と「おさいふリング」の試み
    橋本 久美子, 神田 美佳, 牧 祥子, 中山 可南子, 保坂 隆, 山内 英子
    日本癌治療学会誌 50(3) 2278-2278 Sep. 2015
  • 医療政策 小児がん患者へのサポート アロマターゼ阻害剤併用の排卵誘発による性腺温存治療は乳がんの予後に影響するか?
    塩田 恭子, 小野 健太郎, 秋谷 文, 樋田 一英, 百枝 幹雄, 山内 英子
    日本癌治療学会誌 50(3) 2018-2018 Sep. 2015
  • A Case Report of Sarcoidosis Mimicking Metastatic Breast Cancer
    和田朝香, 矢形寛, 吉田敦, 林直輝, 角田博子, 鈴木高祐, 山内英子
    乳癌の臨床 30(4) 351-355 Aug. 2015
    症例は62歳女性。右乳癌の診断で右乳房切除術および腋窩郭清を施行し、浸潤性乳管癌、病期pT3N3bM0 stageIIIcであった。術後は化学療法(FEC-DOC)、右胸壁・鎖骨上に放射線照射(計50Gy)、内分泌療法(レトロゾール)を行った。術後3年めのPET-CTにて左鎖骨上リンパ節・縦隔・両側肺門・胃噴門部にリンパ節腫大を認めた。乳癌のリンパ節再発を疑い、左鎖骨上リンパ節に穿刺吸引細胞診を施行したが転移の所見はみられなかった。胸腔鏡下縦隔リンパ節生検を施行し、病理学的に典型的な類上皮細胞肉芽腫を認め、サルコイドーシスの診断に至った。術後4年の時点で乳癌の再発は認めず、レトロゾールを継続中である。(著者抄録)
  • 術前針生検で乳癌の診断を得たが手術検体内に癌巣を認めなかった1例
    中山可南子, 角田博子, 吉田敦, 南村真紀, 森下恵美子, 鈴木高祐, 山内英子
    乳腺甲状腺超音波医学 4(3) 44 Jul. 2015
  • 術中迅速診断でセンチネルリンパ節転移偽陰性の原因及び意義
    阿部江利子, 林直輝, 楊陽, 内田士朗, 宇野美恵子, 小野田敏尚, 大出幸子, 山内英子, 鈴木高祐
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 436-436 Jul. 2015
  • 葉状腫瘍99症例の臨床病理学的検討
    和田朝香, 林直輝, 吉田谷芙美, 矢形寛, 吉田敦, 角田博子, 鈴木高祐, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 617-617 Jul. 2015
  • 妊娠期乳癌~チーム治療の実践と経過~
    北川瞳, 林直輝, 吉田敦, 秋谷文, 塩田恭子, 山中美智子, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 305-305 Jul. 2015
  • 術後内分泌療法中の乳がん患者に対する活性化プログラム~運動療法・栄養療法・グループコーチングの併用~
    竹田菜々, 北川瞳, 富田眞紀子, 高橋都, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 455-455 Jul. 2015
  • Triple Negative Breast CancerのMRI画像の特徴と治療効果・予後
    本成登貴和, 吉田敦, 角田博子, 林直輝, 矢形寛, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 667-667 Jul. 2015
  • インプラントによる乳房再建時の放射線治療のタイミングと合併症
    扇田真美, 河守次郎, 柏山史穂, 関口建次, 尹玲花, 吉田敦, 林直輝, 矢形寛, 岩平佳子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 434-434 Jul. 2015
  • がん患者に就労支援「就労リングファシリテーター養成講座」の試み
    橋本久美子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 456-456 Jul. 2015
  • エキスパンダーを用いた人工乳房再建時の感染リスク因子の検討
    吉田敦, 猪股直美, 猪股直美, 尹玲花, 尹玲花, 竹井淳子, 竹井淳子, 岩平佳子, 岩平佳子, 磯村智子, 林直輝, 矢形寛, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 345-345 Jul. 2015
  • Ki‐67陽性率の評価方法,画像解析ソフト導入による作業効率と精度向上について
    小川命子, 宇野美恵子, 内田士朗, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 554-554 Jul. 2015
  • 一次二期乳房再建術を受けた患者の術式選択の背景
    金澤麻衣子, 増島麻里子, 阿部恭子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 478-478 Jul. 2015
  • 術前化学療法施行HER2陽性原発乳癌におけるsTILsの意義
    村井美知子, 林直輝, 鈴木高祐, 吉田敦, 矢形寛, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 422-422 Jul. 2015
  • 化学療法を受ける乳癌患者の外見変化に対する看護支援プログラムが患者と家族のQOLに及ぼす影響について
    池田真理, 玉井奈緒, 金井久子, 大畑美里, 北野敦子, 真田弘美, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 455-455 Jul. 2015
  • 医療者の就労支援に関する意識調査
    中山可南子, 橋本久美子, 保坂隆, 和田耕治, 高橋都, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 456-456 Jul. 2015
  • がん薬物療法を受ける女性患者の外見変化に対する看護支援プログラム介入がもたらす効果について
    大畑美里, 金井久子, 細川恵子, 山内英子, 北野敦子, 玉井奈緒, 池田真理
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 302-302 Jul. 2015
  • 当院で診断したMucocele‐like tumor症例の転帰
    梶浦由香, 林直輝, 吉田敦, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 618-618 Jul. 2015
  • マンモグラフィ検診における淡く不明瞭な集簇性石灰化の転帰についての検討
    岩瀬まどか, 森下恵美子, 中山可南子, 木村武志, 鈴木高祐, 山内英子, 角田博子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 425-425 Jul. 2015
  • 乳癌術後照射における領域リンパ節照射
    河守次郎, 柏山史穂, 扇田真美, 関口建次, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 435-435 Jul. 2015
  • 乳房再建チームつなぐ新たなツール~乳房再建手帳の作成~
    猪股直美, 岩平佳子, 尹玲花, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 23rd 411-411 Jul. 2015
  • アポクリン病変と関連のある基底膜の物質の沈着を伴う巨大なmyoepitheliosis(Massive myoepitheliosis with lumpy deposits of basement membrane material related to apocrine lesion)
    川崎 朋範, 中込 博, 古屋 一茂, 井上 正行, 中山 裕子, 小山 敏雄, 石田 和茂, 小松 英明, 柏葉 匡寛, 市原 周, 森谷 卓也, 山内 英子, 菅井 有
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 23回 618-618 Jul. 2015
  • 術前化学療法後MRI上完全奏効例における乳癌受容体発現別の病理組織学的効果判定
    南村 真紀, 角田 博子, 矢形 寛, 森下 恵美子, 林 直輝, 吉田 敦, 鈴木 高祐, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 23回 428-428 Jul. 2015
  • 乳癌クリニックが支えるこれからの乳癌診療 電子カルテを共有した病診連携システムの経験
    猿丸 修平, 山内 英子, 吉田 敦, 林 直輝
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 23回 211-211 Jul. 2015
  • 経過観察中に縮小した乳癌、その原因は?組織型は? 術前針生検で乳癌の診断を得たが手術検体内に癌巣を認めなかった1例
    中山 可南子, 角田 博子, 吉田 敦, 南村 真紀, 森下 恵美子, 鈴木 高祐, 山内 英子
    乳腺甲状腺超音波医学 4(3) 44-44 Jul. 2015
  • ハイリスク因子―遺伝性乳癌・卵巣癌症候群の拾い上げ
    矢形寛, 山内英子, 角田博子
    日本乳癌検診学会誌 24(2) 229-234 Jun. 2015
  • 検診検出乳癌のサブタイプ別検討―超音波検診はNon‐luminal乳癌を早期に検出できるか
    向井理枝, 塚本徳子, 和田朋子, 鈴木咲子, 秋山忍, 大出幸子, 森下恵美子, 本田聡, 鈴木高祐, 矢形寛, 山内英子, 角田博子
    日本乳癌検診学会誌 24(2) 285-292 Jun. 2015
    生命予後に大きく関与すると考えられるサブタイプ分類に着目し、超音波(US)検診を行うことで悪性度の高いNon-luminal乳癌を検出できるかを探る。2009年1月から2011年12月の3年間に当施設の検診延べ受診者はUS:28,691名、マンモグラフィ(MMG):40,282名である。要精査率は各々4.8%と3.0%、検診乳癌は112名(0.39%)124病変と97名(0.24%)101病変である。このうち、US検出浸潤癌71名74病変(年齢中央値49歳)とMMG検出浸潤癌59名59病変(年齢中央値58歳)を対象にサブタイプを検討した。その結果、US群はLuminal A(LA):25病変(33.8%)、Luminal B(LB):38病変(51.4%)、LA/B:6病変(8.1%)、HER2:2病変(2.7%)、Triple Negative(TN):3病変(4.1%)。MMG群はLA:13病変(22.0%)、LB:32病変(54.2%)、LA/B:3病変(5.1%)、HER2:6病変(10.2%)、TN:4病変(6.8%)、HER2/TN:1病変(1.7%)であった。MMGに比較してUSで有意にLuminal乳癌の割合が多かった(p<0.001)。USとMMGを同時併用した延べ受診者数は11,938名であった。このうち、いずれかで検出した浸潤癌は37病変であり、Non-luminal乳癌は3病変であった。この3病変は両方のモダリティで検出しており、MMGにUSを加えて検出できる浸潤癌にNon-luminal乳癌はなかった。USは高濃度乳房から腫瘤を形成する小さい浸潤癌、特にTN乳癌を効率よく検出できる可能性を考えていたが、実際にはER(+)乳癌が多く、ER(-)乳癌検出は少なかった。単施設の結果ではあるが、Non-luminal乳癌はUSを加えても検診検出は難しいタイプの乳癌である可能性が示された。(著者抄録)
  • 遺伝性乳癌卵巣癌のマネージメント 5.妊娠期・授乳期のHBOCへの対応
    北川瞳, 秋谷文, 塩田恭子, 山中美智子, 山内英子
    産科と婦人科 82(6) 627-631 Jun. 2015
  • 神経軸索損傷バイオマーカーpNF‐Hは化学療法誘発性ニューロパチーの客観的指標にはならない
    住谷昌彦, 緒方徹, 名取亜希奈, 穂積淳, 稲田修士, 金井良晃, 海津未希子, 三浦恵美子, 坂田尚子, 山内英子, 山内照夫
    日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 20th 188-188 Jun. 2015
  • 【遺伝性乳癌卵巣癌のマネージメント】 妊娠期・授乳期のHBOCへの対応
    北川 瞳, 秋谷 文, 塩田 恭子, 山中 美智子, 山内 英子
    産科と婦人科 82(6) 627-631 Jun. 2015
    妊娠中に乳癌と診断される妊娠期乳癌患者は、若年発症乳癌の増加や出産年齢の高齢化に伴って、年々増加傾向にある。妊娠期乳癌罹患者は20歳代から40歳代前半の若年女性がほとんどであることから、遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)との関連が示唆されるものの、いまだ不明瞭なことも多い。本稿では、聖路加国際病院での妊娠期乳癌患者を対象とした遺伝カウンセリングの実際について提示しながら、妊娠期・授乳期のHBOCへの対応について解説する。(著者抄録)
  • 乳癌センチネルリンパ節転移陽性例に対する腋窩非郭清―当院の取り組みと問題点
    矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 山内英子
    日本外科系連合学会誌 40(3) 465 May 2015
  • HBOCの診断と治療~当院での取り組み~
    北川瞳, 宇留野隆, 山内英子
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 32(Supplement 1) S130-S130 Apr. 2015
  • エラストグラフィで歪みの低下を認めた濃縮嚢胞の一例
    吉田泰子, 塚本徳子, 河内伸江, 喜多久美子, 山内英子, 森下恵美子, 鈴木高祐, 角田博子
    乳腺甲状腺超音波医学 4(2) 115-115 Apr. 2015
  • 乳癌カレントトピックス 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)
    山内英子
    Cancer Board Breast 1(1) 53-56 Mar. 2015
  • The Ten-year Follow-up of a Case with No Evidence of Malignancy after the Diagnosis of an Atypical Papillary Lesion
    関根憲, 角田博子, 本田聡, 森下恵美子, 山内英子, 矢形寛, 鈴木高祐
    乳癌の臨床 30(2) 155-160 Apr. 2015
    マンモグラフィ(MMG)上の石灰化を契機として発見され、生検で異型を伴う閉塞性腺症と診断され、その後10年間、悪性所見の出現なく経過観察している症例を経験した。MMG検診が普及し、無症状の石灰化病変に対してステレオガイド下吸引式組織生検により異型病変と診断される場合も少なくない。異型病変の診断がなされた場合、ただちに切開あるいは切除生検を行うのではなく、超音波も含めた画像診断による経過観察も選択肢として考慮し、過剰な治療にならないように慎重に対処することが重要であると考えられた。ただし、経過観察中に変化がなかった場合、いつまでどのようにして対応していくかについてのコンセンサスはなく、今後の課題と考えられる。(著者抄録)
  • 乳癌術前腋窩リンパ節穿刺吸引細胞診の診断精度の検討
    小川命子, 石黒弘美, 三田尚子, 内田士朗, 宇野美恵子, 角田博子, 林直輝, 山内英子, 澤田達男, 鈴木高祐
    日本臨床細胞学会雑誌(Web) 54(Suppl.1) 176-176 Apr. 2015
  • BRCAness乳がんに対するPARP阻害剤の補助療法試験―遺伝子カウンセリングが必要な治験とは―
    身崎昌美, 山内英子
    月刊腫瘍内科 15(3) 273-278 Mar. 2015
  • Biopsy Clip Migration to Skin after Stereotactic Biopsy: A Case Report
    中山可南子, 矢形寛, 山内英子, 鈴木高祐, 角田博子
    乳癌の臨床 30(1) 57-61 Feb. 2015
    症例は47歳、女性。右乳房外上側領域末梢に集簇する淡く不明瞭な石灰化に対してステレオガイド下マンモトーム生検を施行しマイクロマークを留置した。病理診断は非浸潤性乳管癌であった。石灰化とマイクロマークを含むように切除範囲を決定し、右乳房部分切除術を施行した。術中検体マンモグラフィでは、検体内に石灰化は含まれていたが、マイクロマークが存在しなかったため、術前MMGを確認し、マイクロマークが皮下に存在する可能性が考えられた。そこでマンモトーム刺入部を確認した所、皮内にマイクロマークの存在を触診にて確認できた。マイクロマークの遊走は時に起こるため、注意しながら診断、治療に当たる必要がある。(著者抄録)
  • 乳がん患者の労働能力と生活の質に関する研究―ホルモン療法中の就労に焦点化して―
    青柳秀昭, 小松浩子, 山内英子, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 金井久子, 谷野裕一, 仙石紀彦, 児玉美由紀
    日本がん看護学会誌 29(Suppl.) 233-233 Jan. 2015
  • アロマターゼ阻害剤併用の排卵誘発による性腺温存治療は乳がんの予後に影響するか?
    塩田恭子, 小野健太郎, 秋谷文, 樋田一英, 百枝幹雄, 山内英子
    日本癌治療学会学術集会(Web) 53rd WS60-6 (WEB ONLY) 2015
  • ステロイドホルモンと骨―基礎から臨床まで II.性ステロイドと骨代謝 5.乳癌患者におけるアロマターゼ阻害薬と骨粗鬆症
    林直輝, 山内英子, 佐治重衡
    Bone 28(4) 429-434 Dec. 2014
  • 乳癌と遺伝―検診と予防という考え方―
    山内英子
    日本がん検診・診断学会誌 22(2) 126-131 Dec. 2014
    医療は日々、進歩をとげ、癌を発症する前にリスクを評価し、それに基づく予防が行える時代になりつつあるといえる。多くの遺伝性腫瘍症候群が見つかってきたが、そのひとつが遺伝性乳癌・卵巣癌症候群といえる。遺伝性乳癌・卵巣癌症候群はBRCA1および2遺伝子と関連し、これらの遺伝子に変異のある場合、乳癌、卵巣癌の罹患率が一般に比べて高くなる。日本人においても家族歴のある症例のなかで、30%で変異が認められており、けっして欧米に比べて低いわけではない。これらの人々を癌になることから救うためには、リスクを正確に評価し、その予防策を講じることが大事である。HBOCの診療を通じて、本当の意味での予防とはなんであるかを考えさせられる。予防という観点から、最近特に論じられることとして、検診のよい点、悪い点がある。医学の進歩に伴い、私たちは本当の意味での個々人のリスクを評価し、それぞれにあった予防の手段を考えられる時代にはいったといえるであろう。2008年にアメリカのNIHのディレクターは、「医学は疾病の治療を目指す医療から、疾病に対して先制攻撃をする医療の時代にはいった」と宣言している。乳癌と遺伝を考えるとき、このような観点から、検診から本当の予防へと考えざるを得ない。個々人が自分のリスクを知りたいか、検査を受けたいか、その後重点的な検診を予防策としたいか、また、ほかの予防策を講じたいかはそれぞれの選択である。医療者として、それらの選択肢をきちんと提示し、一緒に考え寄り添うことが重要である。今、本当の意味での予防医学を考え、先制医療を構築し、また、それらの進歩から、癌のない社会へと向かうことができることを願う。(著者抄録)
  • 乳がん術後のホルモン療法患者への減量指導
    松元紀子, 岩間達子, 高橋侑子, 島村勇人, 山内英子
    日本病態栄養学会誌 18(Supplement) S.124-124 Dec. 2014
  • 良性葉状腫瘍に発生した浸潤性乳管癌の1例
    YANG Yang, 鈴木高祐, 宇野美惠子, LI Chih‐Ping, 阿部江利子, 山内英子, 秋山太
    診断病理 31(4) 320-325 Oct. 2014
    症例は59歳女性。20代に右乳房腫瘤を自覚し、近医で異常なしといわれた。56歳の検診で同腫瘤が指摘され、生検にて悪性を否定できず経過観察したところ、腫瘍が3cmに増大したため生検が施行され、浸潤性乳管癌と診断された。切除標本では、浸潤癌の大部分は葉状腫瘍内に存在していたが、一部では葉状腫瘍周囲の正常乳腺間質に波及していた。癌の乳管内成分は葉状腫瘍内のみにみられることより良性葉状腫瘍から発生した浸潤性乳管癌と診断した。(著者抄録)
  • 術前化学療法中に癌性髄膜炎をきたしたtriple negative乳癌の一例
    中山可南子, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 山内英子
    日本臨床外科学会雑誌 75(10) 2926-2926 Oct. 2014
  • ハイリスク因子―遺伝性乳癌・卵巣癌症候群の拾い上げ
    矢形寛, 角田博子, 山内英子
    日本乳癌検診学会誌 23(3) 492 Oct. 2014
  • ステレオガイド下吸引式組織生検で異型病変と組織診断された症例の検討
    角田博子, 森下恵美子, 関根憲, 矢形寛, 南村真紀, 山内英子, 楊陽, 阿部江利子, 鈴木高祐
    日本乳癌検診学会誌 23(3) 484 Oct. 2014
  • 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)にみる予防医療の展開
    山内英子
    Clinician 61(632) 977-983 Oct. 2014
  • ハイリスク女性に対する検診をどうするか ハイリスク因子 遺伝性乳癌・卵巣癌症候群の拾い上げ
    矢形 寛, 角田 博子, 山内 英子
    日本乳癌検診学会誌 23(3) 492-492 Oct. 2014
  • 検診で発見された境界病変の診断と治療 ステレオガイド下吸引式組織生検で異型病変と組織診断された症例の検討
    角田 博子, 森下 恵美子, 関根 憲, 矢形 寛, 南村 真紀, 山内 英子, 楊 陽, 阿部 江利子, 鈴木 高祐
    日本乳癌検診学会誌 23(3) 484-484 Oct. 2014
  • 急性賢不全を伴う高Caクリーゼにて,緊急手術を要した副甲状腺癌の一例
    北川瞳, 宇留野隆, 本成登貴和, 松田直子, 山内英子
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 31(Supplement 2) S260 Sep. 2014
  • 甲状腺原発平滑筋肉腫の1症例
    本成登貴和, 宇留野隆, 北川瞳, 松田直子, 山内英子
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 31(Supplement 2) S277-S277 Sep. 2014
  • 乳管内乳頭腫のフローイメージングとエラストグラフィ所見について
    角田博子, 森下恵美子, 河内伸江, 松岡由紀, 南村真紀, 矢形寛, 山内英子, 小川命子, 鈴木高祐
    乳腺甲状腺超音波医学 3(4) 32 Sep. 2014
  • 術前針生検で乳癌の診断を得たが手術検体内に癌巣を認めなかった一例
    中山可南子, 角田博子, 吉田敦, 南村真紀, 鈴木高祐, 山内英子
    乳腺甲状腺超音波医学 3(4) 48 Sep. 2014
  • 混合性パターンを呈する浸潤癌6症例―嚢胞内腫瘤か液状部分を有する充実性腫瘤かの判断に迷った症例の検討
    森下恵美子, 角田博子, 河内伸江, 松岡由紀, 山内英子, 阿部江利子, 鈴木高祐
    乳腺甲状腺超音波医学 3(4) 110-110 Sep. 2014
  • 乳房超音波にて,境界明瞭な腫瘤として認められた古典型浸潤性小葉癌の1例
    南村真紀, 角田博子, 鈴木高祐, 矢形寛, 森下恵美子, 林直輝, 松田直子, 山内英子
    乳腺甲状腺超音波医学 3(4) 107-107 Sep. 2014
  • 遺伝性腫瘍 基礎と臨床の架け橋 遺伝性乳がん、卵巣がん症候群 臨床現場での選択をサポートして(Hereditary cancer: bridges between bench and bedside Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndrome (HBOC): support for one's medical choice in clinical practice)
    山内 英子
    日本癌学会総会記事 73回 S20-1 Sep. 2014
  • A Case Report: Adenomyoepithelioma Mimicking NoninvasiveDuctal Carcinoma of the Breast
    稲垣麻美, 菊池真理, 本田聡, RI C, 鈴木高祐, 山内英子, 角田博子
    乳癌の臨床 29(4) 405-411 Aug. 2014
    症例は60歳、女性。検診で左乳房腫瘤を指摘され、精査目的で当院に来院した。左乳房下内側に3cm大の腫瘤を触知し、マンモグラフィでは区域性に広がる石灰化とそれに重なる濃度上昇を認め、超音波では地図状低エコー域を認めた。MRIでは区域性にnon-mass enhancementを呈し、すべての画像所見で非浸潤性乳管癌(Ductal Carcinoma in Situ:DCIS)が考えられた。組織診断の結果、硬化性腺症と乳腺腺筋上皮腫(Adenomyoepithelioma:AME)の診断を得、腫瘤切除術が施行された。AMEは、まれな疾患で、画像上は腫瘤や嚢胞内腫瘤を示すといわれているが、本症例では、AMEの腺腔内の分泌型石灰化の存在と、spindle cell typeのAMEの結節性の増殖がDCISを考えさせる所見となっており、このようなAMEも存在することを知っておくとよいものと考えられた。(著者抄録)
  • 乳がんと遺伝―検診と予防という考え方―
    山内英子
    日本がん検診・診断学会誌 22(1) 34 Jul. 2014
  • Women’s Imaging2014 Breast Imaging Vol.9 モダリティの進歩から見る乳がん画像診断のこれから IV 乳がん診療のトピックス 1.ハイリスク女性に対するスクリーニング
    山内英子
    Innervision 29(8) 54-56 Jul. 2014
  • 当院における浸潤性乳癌手術症例の発見契機とsubtype別検討
    村井美知子, 角田博子, 鈴木高祐, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 294-294 Jul. 2014
  • 転移乳癌におけるliquid biopsyの臨床的意義に関する研究
    林直輝, 中村清吾, 山内英子, 徳田安春, 矢形寛, 吉田敦, 大田秀一, HORTOBAGYI Gabriel N., CRISTOFANILLI Massimo, UENO Naoto T.
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 228-228 Jul. 2014
  • BRCA遺伝子診断とそれに基づく予防戦略―遺伝性腫瘍の観点から考える検診,予防―
    山内英子, 矢形寛, 角田博子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 215-215 Jul. 2014
  • 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群に対するリスク低減手術への取り組み
    矢形寛, 吉野美紀子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 223-223 Jul. 2014
  • Oncotype DXの有用性と問題点
    林直輝, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 221-221 Jul. 2014
  • ER陽性HER2陽性原発乳癌におけるPR発現の意義
    高橋侑子, 林直輝, 岩本高行, 松田直子, 吉田敦, 中村清吾, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 258-258 Jul. 2014
  • KRN125(Pegfilgrastim)第II相無作為化比較試験;TAC療法の忍容性
    吉田敦, 山内英子, 増田慎三, 徳田裕, 佐藤康幸, 中村清吾, 伊藤良則, 田村和夫
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 253-253 Jul. 2014
  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群に関する遺伝カウンセリングのクライエントの背景および遺伝子検査の現状
    吉野美紀子, 矢形寛, 大川恵, 金井久子, 小松浩子, 村上好恵, 矢ケ崎香, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 252-252 Jul. 2014
  • 妊娠期乳癌における集学的治療と遺伝カウンセリングの実際
    北川瞳, 林直輝, 川野純子, 北野敦子, 吉田敦, 矢形寛, 中村清吾, 角田博子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 311-311 Jul. 2014
  • ホルモン治療中の乳がん女性のQOLに関連する要因の探索
    飯岡由紀子, 岩田多加子, 作野優子, 矢形寛, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 247-247 Jul. 2014
  • 未発症BRCA1/2遺伝子変異保因者の診療に対するニーズ
    大川恵, 玉橋容子, 吉野美紀子, 金井久子, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 252-252 Jul. 2014
  • 腋窩リンパ節転移陽性乳癌に対する術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検の検討
    榎戸克年, 渡邊知映, 中村清吾, 荻谷朗子, 大迫智, 秋山太, 堀尾章代, 岩田広治, 大野真司, 小島康幸, 津川浩一郎, 元村和由, 林直輝, 山内英子, 佐藤信昭
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 205-205 Jul. 2014
  • 乳腺針生検で癌と診断されたが手術検体で癌が認められなかった聖路加病院における乳癌症例の病理学的解析
    阿部江利子, 鈴木高祐, 林直輝, 楊陽, 宇野美恵子, 山内英子, 角田博子, 笹野公伸
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 395-395 Jul. 2014
  • 核グレードとKi‐67の大きな乖離を示した乳癌症例の検討
    中山可南子, 矢形寛, 吉田敦, 林直輝, 森谷卓也, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 379-379 Jul. 2014
  • 乳房温存手術後の放射線皮膚障害における保湿薬の有用性―ランダム化比較試験―
    扇田真美, 関口建次, 赤羽佳子, 河守次郎, 羽賀千織, 伊藤亮子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 255-255 Jul. 2014
  • 乳頭乳輪温存乳房切除術後の乳頭変位についての検討
    竹井淳子, 岩平佳子, 村井美知子, 尹玲花, 吉田敦, 林直輝, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 490-490 Jul. 2014
  • ER陽性HER2陰性浸潤性小葉癌におけるOncotype DX Assayを用いた再発リスクの予測
    南村真紀, 林直輝, 矢形寛, 吉田敦, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 22nd 426-426 Jul. 2014
  • 乳房の神経内分泌細胞過形成 未知の前癌病変(Neuroendocrine cell hyperplasia of the breast: unknown precancerous lesion)
    川崎 朋範, 井上 正行, 井上 慎吾, 藤井 秀樹, 腰塚 浩三, 福島 貴美代, 矢形 寛, 角田 博子, 山内 英子, 加藤 良平
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 22回 600-600 Jul. 2014
  • 乳がんリスク低減手術―正しい知識で,その女性(ひと)にあった選択を―
    山内英子
    日本婦人科腫よう学会雑誌 32(3) 384-385 Jun. 2014
  • 遺伝性乳がん卵巣がん症候群に対するリスク低減乳房切除術の意義と実際
    吉田敦, 北川瞳, 大川恵, 吉野美紀子, 林直輝, 矢形寛, 山内英子
    日本外科系連合学会誌 39(3) 449 May 2014
  • 遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)症候群に対する形成外科的な取り組み
    松井瑞子, 大竹尚之, 岩平佳子, 吉田敦, 山内英子
    日本外科系連合学会誌 39(3) 450 May 2014
  • 妊娠期・授乳期乳がん患者における遺伝性乳がん・卵巣がんについて
    秋谷文, 水野吉章, 堀内洋子, 熊耳敦子, 小笠原智香, 青木美紀子, 大川恵, 矢形寛, 塩田恭子, 山内英子, 山中美智子
    家族性腫よう 14(2) A39-A39 May 2014
  • 一般病院における家族性腫瘍に対する遺伝診療部の取り組み
    青木美紀子, 矢形寛, 大川恵, 秋谷文, 塩田恭子, 山内英子, 山中美智子
    家族性腫よう 14(2) A51-A51 May 2014
  • わが国における遺伝性乳癌の頻度と予防切除の適応について 遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)症候群に対する形成外科的な取り組み
    松井 端子, 大竹 尚之, 岩平 佳子, 吉田 敦, 山内 英子
    日本外科系連合学会誌 39(3) 450-450 May 2014
  • わが国における遺伝性乳癌の頻度と予防切除の適応について 遺伝性乳がん卵巣がん症候群に対するリスク低減乳房切除術の意義と実際
    吉田 敦, 北川 瞳, 大川 恵, 吉野 美紀子, 林 直輝, 矢形 寛, 山内 英子
    日本外科系連合学会誌 39(3) 449-449 May 2014
  • 乳癌サブタイプ―検診への適応と問題点
    矢形寛, 向井理枝, 山内英子, 角田博子
    乳腺甲状腺超音波医学 3(2) 38 Apr. 2014
  • DCISを合併した硬化性腺症の超音波画像
    吉田敦, 角田博子, 鈴木高祐, 林直輝, 矢形寛, 中村清吾, 山内英子
    乳腺甲状腺超音波医学 3(2) 69 Apr. 2014
  • 甲状腺原発悪性リンパ腫の7症例
    本成登貴和, 宇留野隆, 高橋侑子, 吉田谷芙美, 松田直子, 山内英子
    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 31(Supplement 1) S109-S109 Apr. 2014
  • 非浸潤性乳管癌の術前術後における診断の相違に関連する因子の検討
    林直輝, 近藤享史, 大出幸子, 矢形寛, 吉田敦, 中村清吾, 角田博子, 山内英子
    超音波医学 41 S347 Apr. 2014
  • 乳癌診療の新しい展開 I 遺伝性乳癌・卵巣癌症候群(HBOC)とその予防
    山内英子
    Pharma Med 32(4) 35-38 Apr. 2014
  • 硬化性腺症と放射状瘢痕 乳癌との関連性を考慮して DCISを合併した硬化性腺症の超音波画像
    吉田 敦, 角田 博子, 鈴木 高祐, 林 直輝, 矢形 寛, 中村 清吾, 山内 英子
    乳腺甲状腺超音波医学 3(2) 69-69 Apr. 2014
  • 超音波検診で検出できる乳癌 乳癌サブタイプ 検診への適応と問題点
    矢形 寛, 向井 理枝, 山内 英子, 角田 博子
    乳腺甲状腺超音波医学 3(2) 38-38 Apr. 2014
  • 乳癌検診検出乳癌のサブタイプ別検討―超音波検診はnon‐luminal乳癌を早期に検出できるか
    向井理枝, 塚本徳子, 和田朋子, 鈴木咲子, 秋山忍, 菊池真理, 本田聡, 大出幸子, 鈴木高祐, 山内英子, 角田博子
    日本乳癌検診学会誌 23(1) 77-81 Mar. 2014
  • nab‐Paclitaxelを用いた術前化学療法の安全性評価
    桑山隆志, 中村清吾, 明石定子, 沢田晃暢, 林直輝, 吉田敦, 山内英子, 佐藤隆宣
    日本外科学会雑誌 115(臨増2) 338-338 Mar. 2014
  • がん疼痛に対する鎮痛薬の進歩 WHO方式2nd stepのあらたな潮流―古くて新しい鎮痛薬トラマドール
    住谷昌彦, 山内英子, 山田芳嗣
    医学のあゆみ 248(6) 440-444 Feb. 2014
    オピオイド鎮痛薬はがん性疼痛に対するWHO3段階鎮痛ラダーでも第2、3ステップの薬剤に位置づけられ、がん患者のQOL改善に大きく寄与してきた。第2ステップの弱オピオイド鎮痛薬に位置づけられるトラマドールは、μオピオイド受容体完全作動薬としての作用に加え、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害作用による疼痛下行性抑制系の賦活作用を有し、さらに精神依存の発現が非常に少ないことから、他のオピオイド鎮痛薬とは明らかに異なる有用性が期待できる。強オピオイド鎮痛薬でもコントロールに難渋する疼痛に対してトラマドールを併用することによって鎮痛効果が強化されることが示されており、トラマドールは終末期がん性疼痛だけでなく、がん治療期の痛みに対しても認容性が高く、また、薬理作用としてがん治療自体を支持する効果が期待されている。(著者抄録)
  • がん疼痛マネジメントに対する患者の心理的バリア評価指標の開発―日本語版The Barriers Questionnaire IIの検証―
    榊原直喜, 榊原直喜, 小松浩子, 高橋美賀子, 山内英子, 山内照夫
    日本がん看護学会誌 28(Suppl.) 129-129 Jan. 2014
  • ホルモン療法を受けている乳がん患者の倦怠感マネジメントのバリアと生活の質に関する研究
    中尾真由美, 小松浩子, 山内英子, 金井久子, 矢形寛, 吉田敦, 林直輝
    日本がん看護学会誌 28(Suppl.) 139-139 Jan. 2014
  • 就労相談に関する介入モデル「就労リング」の実施と検討
    橋本久美子, 山内英子, 保坂隆, 神田美佳, 牧祥子, 岩田多加子, 平松利麻, 中山可南子
    日本がん看護学会誌 28(Suppl.) 343-343 Jan. 2014
  • 予防という考え方:医療のパラダイムシフト―遺伝子診断に基づく乳がん発症予防―
    山内英子
    日本脳ドック学会総会プログラム・抄録集 23rd 030-031 2014
  • この人に聞きたい!9 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)とその予防
    山内英子
    公衆衛生 77(12) 1006-1010 Dec. 2013
  • 妊娠期乳癌~周産期の妊婦及び胎児におよぼす化学療法の影響~
    北川瞳, 山内英子, 林直輝, 吉田敦, 矢形寛
    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 12th ROMBUNNO.O3-7-4 2014
  • キャンサーサバイバーシップ 治療と職業生活の両立に向けたがん拠点病院における介入モデルの検討と医療経済などを用いたアウトカム評価~働き盛りのがん対策の一助として~
    山内英子
    キャンサーサバイバーシップ-治療と職業生活の両立に向けたがん拠点病院における介入モデルの検討と医療経済などを用いたアウトカム評価-働き盛りのがん対策の一助として 平成25年度 総括・分担研究報告書 1-18 2014
  • キャンサーサバイバーシップ 治療と職業生活の両立に向けたがん拠点病院における介入モデルの検討と医療経済などを用いたアウトカム評価~働き盛りのがん対策の一助として~平成24~25年度
    山内英子
    キャンサーサバイバーシップ-治療と職業生活の両立に向けたがん拠点病院における介入モデルの検討と医療経済などを用いたアウトカム評価-働き盛りのがん対策の一助として 平成24-25年度 総合研究報告書 241P 2014
  • 乳癌検診検出乳癌のintrinsic subtype別検討―超音波検診はnon‐luminal乳癌を早期に検出できるか―
    向井理枝, 塚本徳子, 和田朋子, 鈴木咲子, 秋山忍, 菊池真理, 本田聡, 大出幸子, 鈴木高祐, 山内英子, 角田博子
    日本乳癌検診学会誌 22(3) 533 Oct. 2013
  • 進行再発乳癌に対する新規がんペプチドワクチン療法の現状
    藤田知之, 名倉直彌, 越川佳代子, 西村基, 吉田敦, 吉田浩二, 山内英子, 三好康雄, 中村清吾, 中村祐輔, 藤森実
    日本臨床外科学会雑誌 74(7) 2037-2038 Jul. 2013
  • 乳癌患者における癌家族歴は対側乳癌のリスク因子となりうるか
    中山可奈子, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 大出幸子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 286-286 Jun. 2013
  • 当院で経験したadenomyoepithelioma9例の画像所見について
    稲垣麻美, 菊池真理, 本田聡, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 梶浦由香, 山内英子, 鈴木高祐, 角田博子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 398-398 Jun. 2013
  • 術前化学療法の治療効果と乳房超音波による腫瘍内部エコー輝度変化の検討
    松田直子, 角田博子, 大出幸子, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 228-228 Jun. 2013
  • 術中迅速センチネルリンパ節生検における偽陰性症例についての検討
    阿部江利子, 鈴木高祐, 李治平, 楊陽, 宇野美恵子, 林直輝, 山内英子, 笹野公伸
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 375-375 Jun. 2013
  • 遺伝外来を受診する患者の不安と問題解決の傾向~遺伝的ハイリスク患者への効果的な介入を目指して~
    大川恵, 吉野美紀子, 金井久子, 玉橋容子, 矢ケ崎香, 村上好恵, 小松浩子, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 345-345 Jun. 2013
  • 乳癌術前化学療法前後のHER2の変化が予後に与える影響はあるか
    吉田敦, 林直輝, 松田直子, 梶浦由香, 矢形寛, 鈴木高祐, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 407-407 Jun. 2013
  • 腋窩リンパ節転移陽性乳癌に対する術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検の検討
    榎戸克年, 渡邊知映, 中村清吾, 荻谷朗子, 大迫智, 秋山太, 堀代章代, 岩田広治, 大野真司, 小島康幸, 津川浩一郎, 元村和由, 林直樹, 山内英子, 佐藤信昭
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 236-236 Jun. 2013
  • 乳癌化学療法に伴う脱毛の長期的観察―客観的/主観的評価の比較
    矢形寛, 金井久子, 林直輝, 吉田敦, 尹玲花, 北野敦子, 川野純子, 松田直子, 梶浦由香, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 471-471 Jun. 2013
  • 乳がん検診のデメリット―要精査者における不安・抑うつの評価―
    北野敦子, 角田博子, 保坂隆, 細川恵子, 大出幸子, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 209-209 Jun. 2013
  • ホルモン受容体陽性原発乳癌における術前化学療法前後の病期変化とその予後への影響
    高橋侑子, 林直輝, 松田直子, 梶浦由香, 吉田敦, 中村清吾, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 368-368 Jun. 2013
  • ホルモン治療中の乳がん女性の副作用と治療状況の実態
    飯岡由紀子, 岩田多加子, 作野優子, 山内英子, 中村清吾, 岩瀬哲
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 216-216 Jun. 2013
  • HER2過剰発現のない乳癌に対する術前化学療法におけるCarboplatinの有用性の検討
    安藤正志, 青儀健二郎, 藤田崇史, 山内英子, 増田慎三, 山本尚人, 井上賢一, 大野真司, 黒井克昌, 清水哲
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 218-218 Jun. 2013
  • pCRは予後良好因子となるか―サブタイプ別の検討
    北川瞳, 吉田敦, 松田直子, 梶浦由香, 林直輝, 矢形寛, 角田博子, 鈴木高祐, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 217-217 Jun. 2013
  • 乳房温存手術後の接線照射で腋窩領域は制御できるか?
    関口建次, 中村直樹, 赤羽佳子, 扇田真美, 塚田庸一郎, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 338-338 Jun. 2013
  • Tissue expanderを用いた同時乳房再建術におけるリスク因子の検討
    尹玲花, 岩平佳子, 吉田敦, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 282-282 Jun. 2013
  • トリプルネガティブ乳癌におけるMRI T2強調像高信号と臨床的側面との関係
    菊池真理, 角田博子, 本田聡, 鈴木高裕, 山内英子, 齋田幸久, 高橋理
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 276-276 Jun. 2013
  • 妊娠期乳癌~妊娠中化学療法を行った症例および児の予後~
    川野純子, 林直輝, 高本やよい, 吉田敦, 矢形寛, 角田博子, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 347-347 Jun. 2013
  • 乳癌術前化学療法後完全消失の術前診断率の向上
    林直輝, 角田博子, 松田直子, 中村清吾, 津川浩一郎, 秋山太, 吉田敦, 矢形寛, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 218-218 Jun. 2013
  • 若年乳癌患者の臨床病理学的因子と予後の検討
    梶浦由香, 石田也寸志, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 346-346 Jun. 2013
  • 乳房温存手術後の放射線治療による皮膚障害の客観的評価―縦断的研究―
    扇田真美, 赤羽佳子, 塚田庸一郎, 関口建次, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 496-496 Jun. 2013
  • 乳房葉状腫瘍良悪性分類別の臨床的特徴
    吉田谷芙美, 林直輝, 吉田敦, 矢形寛, 角田博子, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 485-485 Jun. 2013
  • 乳癌患者のニーズを考慮したクリニカルパス改訂の検討
    濱中 直美, 田中 裕子, 青木 悠里子, 吉田 麻代, 井上 貴久美, 吉田 敦, 林 直輝, 矢形 寛, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 21回 243-243 Jun. 2013
  • 遺伝性乳がんをめぐる諸問題 遺伝性乳癌を取り巻く現状と今後の展望
    山内 英子, 玉木 康博, 田村 智英子, 大住 省三, 新井 正美, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 21回 192-192 Jun. 2013
  • 乳腺外科医における乳癌術式選択
    矢形寛, 山内英子
    日本外科系連合学会誌 38(3) 511 May 2013
  • 乳房温存療法の長期成績 制御と有害事象の観点から
    関口建次, 中村直樹, 扇田真美, 梶浦由香, 山内英子
    日本外科系連合学会誌 38(3) 561 May 2013
  • 乳腺専門医からみた家族性乳癌・卵巣癌症候群へのアプローチ
    矢形寛, 吉野美紀子, 吉田敦, 大川恵, 金井久子, 村上好恵, 山内英子
    家族性腫よう 13(2) A32 May 2013
  • 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群―不安を乗り越えて,そのひとらしい選択をサポートするために―
    山内英子
    家族性腫よう 13(2) 45-48 May 2013
  • 乳癌患者におけるブレストセンター初診時と遺伝診療部受診時での家族歴の比較
    北川瞳, 矢形寛, 林直輝, 吉田敦, 山内英子
    家族性腫よう 13(2) A50-A50 May 2013
  • 乳がんの遺伝子診療における乳腺外科医の役割
    山内英子
    家族性腫よう 13(2) A83-A83 May 2013
  • 乳がんの特殊な病態 妊娠・授乳期乳がん
    川野純子, 山内英子
    からだの科学(277) 111-115 May 2013
  • 家族性乳癌・婦人科腫瘍 乳腺専門医からみた家族性乳癌・卵巣癌症候群へのアプローチ
    矢形 寛, 吉野 美紀子, 吉田 敦, 大川 恵, 金井 久子, 村上 好恵, 山内 英子
    家族性腫瘍 13(2) A32-A32 May 2013
  • 乳房温存療法の長期成績と今後の課題 乳房温存療法の長期成績 制御と有害事象の観点から
    関口 建次, 中村 直樹, 扇田 真美, 梶浦 由香, 山内 英子
    日本外科系連合学会誌 38(3) 561-561 May 2013
  • 乳房切除後再建の今後の展開 乳房インプラントの保険適応をめぐって 乳腺外科医における乳癌術式選択
    矢形 寛, 山内 英子
    日本外科系連合学会誌 38(3) 511-511 May 2013
  • 乳腺原発腺様嚢胞癌の2例
    阿部江利子, 楊陽, 楊陽, 李治平, 宇野美惠子, 鈴木高祐, 林直輝, 山内英子, 笹野公伸
    日本病理学会会誌 102(1) 370-370 Apr. 2013
  • ShearWave Elastographyを用いたDuctal carcinoma in situ(DCIS)の検討
    竹井淳子, 榎戸克年, 角田博子, 中村清吾, 戸崎光宏, 渡邊知映, 齊藤幸映, 山津桂子, 山内英子
    乳腺甲状腺超音波医学 2(2) 109-109 Apr. 2013
  • 今日の外科―連携のための最新知識 各論 乳腺外科
    山内英子
    JIM 23(4) 316-319 Apr. 2013
  • 腋窩リンパ節転移陽性乳癌に対する術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検の検討
    榎戸克年, 渡邊知映, 中村清吾, 荻谷朗子, 大迫智, 秋山太, 堀尾章代, 岩田広治, 大野真司, 小島康幸, 津川浩一郎, 元村和由, 林直樹, 山内英子, 佐藤信昭
    日本外科学会雑誌 114 301 Mar. 2013
  • 原発乳癌のERステータスによる骨転移特異関連遺伝子とpathwayの違い
    林直輝, 岩本高行, QI Yuan, 新倉直樹, 山内英子, SANTARPIA Libero, 中村清吾, HORTOBAGYI Gabriel N., PUSZTAI Lajos, SYMMANS W. Fraser, UENO Naoto T.
    日本外科学会雑誌 114(臨増2) 525-525 Mar. 2013
  • 疼痛治療の最近の進歩と骨・関節疾患 4.抗けいれん薬,抗うつ薬
    住谷昌彦, 山内英子, 中村雅也, 山田芳嗣
    Bone 27(1) 39-43 Mar. 2013
  • トリプルネガティブ乳癌の化学療法前MRI画像:効果予測は可能か?
    菊池真理, 角田博子, 本田聡, 鈴木高裕, 山内英子, 齋田幸久, 高橋理
    日本医学放射線学会総会抄録集 72nd S279-S280-S280 Feb. 2013
  • 乳がん患者のもつ遺伝医療へのニーズ―聖路加国際病院の事例より―
    大川恵, 吉野美紀子, 金井久子, 玉橋容子, 矢ケ崎香, 村上好恵, 小松浩子, 矢形寛, 山内英子
    乳癌の臨床 28(1) 124-125 Feb. 2013
    2012年4月末までに行った161名の患者カウンセリングの記録から遺伝医療に対する患者のニーズを抽出した。その結果、カウンセリングを受けた患者の60%以上が40代までの比較的若い年齢層であった。遺伝外来を受診した動機は、1)次世代への影響を知りたい、2)術式選択に悩んでいる、3)今後の治療や予防に役立てたい、4)遺伝に関する知識を得たい、5)その他に分類された。また、遺伝子検査を受ける目的は、今後の治療や予防に役立てたいという予防行動に関するニーズが高かった。
  • 遺伝性乳がん,卵巣がんに向き合う―米国での取り組みと聖路加国際病院での診療の実際―
    山内英子
    家族性腫よう 13(1) 37-37 Jan. 2013
  • 潜在的パワーが引き出されることに感謝して Passion、MissionそしてVisionをもって
    山内 英子
    日本集中治療医学会雑誌 20(Suppl.) 175-175 Jan. 2013
  • キャンサーサバイバーシップ 治療と職業生活の両立に向けたがん拠点病院における介入モデルの検討と医療経済などを用いたアウトカム評価~働き盛りのがん対策の一助として~
    山内英子
    キャンサーサバイバーシップ-治療と職業生活の両立に向けたがん拠点病院における介入モデルの検討と医療経済などを用いたアウトカム評価-働き盛りのがん対策の一助として 平成24年度 総括・分担研究報告書 1-10 2013
  • 遺伝性乳癌を取り巻く現状と今後の展望
    山内英子, 玉木康博, 田村智英子, 大住省三, 新井正美, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 192 2013
  • 肝動脈化学塞栓術が有用であった甲状腺乳頭癌肝転移の1剖検例
    高橋侑子, 吉田谷扶美, 宇留野隆, 亀山香織, 鈴木高祐, 山内英子
    日本甲状腺外科学会学術集会 46th 84 2013
  • 乳癌患者のニーズを孝慮したクリニカルパス改訂の検討
    濱中直美, 田中裕子, 青木悠里子, 吉田麻代, 井上貴久美, 吉田敦, 林直輝, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 21st 243 2013
  • 患者の視点を考慮したクリニカルパス改正の検討
    濱中直美, 青木悠里子, 田中裕子, 吉田麻代, 吉田敦, 嶋田元, 山内英子, 矢形寛, 林直輝, 井上貴久美
    日本クリニカルパス学会誌 14(4) 442-442 Nov. 2012
  • 当院におけるBRCA遺伝カウンセリングと遺伝子検査の現状
    矢形寛, 吉田敦, 林直輝, 山内英子
    日本臨床外科学会雑誌 73 383 Oct. 2012
  • オピオイドを取り巻く新しい話題 B.適応となる疼痛疾患とオピオイド 1.がん性疼痛と非がん性慢性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬についての考え方の違い
    住谷昌彦, 小暮孝道, 東賢志, 山内英子, 山田芳嗣
    ペインクリニック 33 S261-S269 Oct. 2012
  • 家族性乳癌の診断と治療 当院におけるBRCA遺伝カウンセリングと遺伝子検査の現状
    矢形 寛, 吉田 敦, 林 直輝, 山内 英子
    日本臨床外科学会雑誌 73(増刊) 383-383 Oct. 2012
  • Management of Bone Metastases from Breast Cancer
    林直輝, 山内英子, 中村清吾
    癌と化学療法 39(8) 1174-1177 Aug. 2012
  • Breast Cancer Screening System in USA
    YAMAUCHI Hideko
    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 21(2) 115-126 Jun. 2012
  • がんを家族にどう伝えどう支えるか 乳がん患者の子どものこころ
    小澤 美和, 三浦 絵莉子, 石田 也寸志, 山内 英子, 真部 淳
    日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 17回 206-206 Jun. 2012
  • サバイバーシップという考え方 がん治療を終えてからもひろく ふかく たかく がん医療の次のステージへ キャンサーサバイバーシップ
    山内 英子
    日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 17回 201-201 Jun. 2012
  • ホルモン陽性HER2陽性乳癌患者における化学療法とトラスツズマブ及び抗ホルモン剤の併用
    林直輝, 新倉直樹, 山内英子, 中村清吾, 上野直人
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 304-304 May 2012
  • 悪性及び境界悪性乳房葉状腫瘍症例の予後の検討
    吉田谷芙美, 林直輝, 吉田敦, 矢形寛, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 284-284 May 2012
  • 乳癌患者における乳房Tomosynthesis(3DMT)による評価
    高本やよい, 角田博子, 菊池真理, 矢形寛, 吉田敦, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 246-246 May 2012
  • 術前化学療法後の乳房温存術についてのノモグラムによる予後予測
    松田直子, 林直輝, 大出幸子, 矢形寛, 梶浦由香, 吉田敦, 鈴木高祐, 角田博子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 299-299 May 2012
  • 硬化性腺症(SA)のMRI所見~DCIS合併例と非合併例の比較
    本田聡, 角田博子, 菊池真理, 山内英子, 鈴木高祐
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 276-276 May 2012
  • 若年性乳癌患者のグループ療法(Pink Ring)参加者のソーシャルサポートの実際とその支援
    岩田多加子, 北野敦子, 保坂隆, 田山幹子, 大坂和可子, 金井久子, 玉橋容子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 514-514 May 2012
  • 乳癌初期治療後の定期的なマンモグラフィ(MMG)の意義について
    原口貴史, 角田博子, 菊池真理, 本田聡, 山内英子, 齋田幸久
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 246-246 May 2012
  • 乳がん患者とその子どもへのサポートを考える
    三浦絵莉子, 石田智美, 小澤美和, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 521-521 May 2012
  • 術前化学療法後のリンパ節転移検査におけるOSNA法の有用性
    矢形寛, 山内英子, 堀井理絵, 大迫智, 岩瀬拓士, 秋山太, 木下貴之, 津田均, 津川浩一郎, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 322-322 May 2012
  • 乳癌術後局所再発時のマーカーと予後の相関
    吉田敦, 林直輝, 梶浦由香, 松田直子, 宇留野隆, 鈴木高祐, 矢形寛, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 471-471 May 2012
  • トリプルネガティブ乳癌(TNBC)のMRI画像と術前化学療法(NAC)効果との関係
    菊池真理, 角田博子, 本田聡, 鈴木高裕, 山内英子, 齋田幸久, 高橋理
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 278-278 May 2012
  • 乳房温存手術後の放射線治療に伴う皮膚障害に関する基礎情報の取得
    赤羽佳子, 関口建次, 塚田庸一郎, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 354-354 May 2012
  • Luminalタイプ乳癌に対する術前TC(Docetaxel+Cyclophosphamide)療法
    稲垣麻美, 矢形寛, 梶浦由香, 林直輝, 吉田敦, 中村清吾, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 300-300 May 2012
  • 乳腺外科外来を受診した男性患者の動向
    梶浦由香, 林直輝, 矢形寛, 吉田敦, 中野絵里子, 北野敦子, 尹玲花, 川野純子, 松田直子, 吉田谷芙美, 稲垣麻美, 中山可南子, 角田博子, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 319-319 May 2012
  • がんペプチドワクチン療法臨床試験:グローバル化にむけての展望
    藤田知之, 名倉直彌, 越川佳代子, 西村基, 吉田敦, 吉田浩二, 山内英子, 三好康雄, 中村清吾, 藤森実
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 317-317 May 2012
  • 米国NCIとのコラボレーションによる医師主導治験
    山内照夫, 今村知世, 甲斐千晴, 神野浩光, 山内英子, 北川雄光, 佐谷秀行, 中村清吾, 上野直人
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 318-318 May 2012
  • トリプルネガティブ乳癌の画像診断~浸潤癌と非浸潤癌の比較~
    尹玲花, 角田博子, 小島康之, 川野純子, 北野敦子, 吉田敦, 林直輝, 矢形寛, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 281-281 May 2012
  • 乳がん患者のもつ遺伝医療へのニーズ~聖路加国際病院の事例より~
    大川恵, 吉野美紀子, 金井久子, 玉橋容子, 矢ケ崎香, 村上好恵, 小松浩子, 矢形寛, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 311-311 May 2012
  • 乳房温存療法後の乳房硬度変化についての縦断的研究
    関口建次, 中村直樹, 赤羽佳子, 塚田庸一郎, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 289-289 May 2012
  • ベーチェット病との鑑別に苦慮した肉芽腫性乳腺炎
    廣瀬脩二, 吉田谷芙美, 山内英子, 土屋眞一
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 426-426 May 2012
  • 当院の浸潤性微小乳頭癌における病変の割合による予後の検討
    中山可南子, 竹井淳子, 尹玲花, 北野敦子, 川野純子, 梶浦由香, 林直輝, 吉田敦, 矢形寛, 大出幸子, 鈴木高祐, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 284-284 May 2012
  • 2010年度日本乳癌学会班研究課題最終報告「我が国における遺伝性乳癌・卵巣癌(BRCA陽性患者)及び未発症陽性者のデータベース構築及び対策に関する研究」
    中村清吾, 高橋將人, 戸崎光宏, 中山貴寛, 野水整, 三木義男, 村上茂, 村上好恵, 青木大輔, 新井正美, 有賀智之, 岩瀬拓士, 大住省三, 繁永礼奈, 清水忠夫, 西村誠一郎, 馬場信一, 阪埜浩司, 平沢晃, 藤森実, 森美樹, 山内英子, 四元淳子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 232-232 May 2012
  • 術前化学療法(NAC)前cN0乳癌に対するNAC後センチネルリンパ節生検(SNB)の成績
    桑山隆志, 山内英子, 矢形寛, 吉田敦, 林直輝, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 323-323 May 2012
  • 乳癌術後再発のホルモンステータスの比較
    阿部江利子, 楊陽, 李治平, 宇野美恵子, 鈴木高祐, 山内英子, 笹野公伸
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 298-298 May 2012
  • Breast Cancer Screening System in USA
    Yamauchi Hideko
    Nihon Nyugan Kenshin Gakkaishi (Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening) 21(2) 115-126 2012
  • 21遺伝子アッセイでの治療方針決定における患者側葛藤スコアおよび社会的経済効果の検討
    山内英子, 武井寛幸, 中川千鶴子, 矢形寛, 吉田敦, 林直輝, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 296-296 May 2012
  • 乳腺の神経内分泌癌(NEC)―NEC(90症例)とnon‐NEC(1505症例)の病期に関する比較分析
    川崎朋範, 井上慎吾, 福島貴美代, 井上正行, 井上亜矢子, 丸山孝教, 五味律子, 伊藤泉, 奥山純子, 小西香, 長田美智子, 蓮田憲夫, 腰塚浩三, 矢形寛, 角田博子, 山内英子, 藤井秀樹, 加藤良平
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 284-284 May 2012
  • 若年性乳癌患者に対するグループ療法(Pink Ring)の活動報告―妊娠・出産や性に関するアンケート結果
    田山幹子, 北野敦子, 金井久子, 岩田多加子, 大坂和可子, 玉橋容子, 保坂隆, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 310-310 May 2012
  • 妊娠期乳癌~当院症例の治療と予後および胎児への影響~
    川野純子, 矢形寛, 林直輝, 中野絵里子, 吉田敦, 梶浦由香, 高本やよい, 北野敦子, 尹玲花, 松田直子, 稲垣麻美, 吉田谷芙美, 中山可南子, 山内英子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 20th 321-321 May 2012
  • センチネルリンパ節生検~乳がん診療における役割とこれから~
    山内英子
    群馬県核医学研究会会誌 26(2) 66-68 May 2012
  • 遺伝性乳がん,卵巣がん症候群―不安を乗り越えて,その女性(ひと)らしい選択をサポートするために―
    山内英子
    家族性腫よう 12(2) A26 May 2012
  • 患者向け乳がん診療ガイドラインに関するアンケート調査
    山崎真澄, 三輪教子, 中村清吾, 吉田敦, 山内英子, 中川圭, 伊藤良則
    乳癌の臨床 27(1) 118-119 Mar. 2012
    日本乳癌学会「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」について、病院通院患者および乳がん患者の友の会にアンケート調査を行い、884名より有効回答を得た。回答者の年代は40代から60代が79%で、術後化学療法中39%、経過観察中24%、再発転移治療中22%であった。ガイドラインを知っているのは405名で、使用目的は「より詳しく病気を知るため」34%、「病気の不安を解消させたい」26%、「医師からの説明の補足」25%、「医師に聞けないことを調べる」10%であった。ガイドラインは「しばしば読む」が60%で、1回読むないし買っただけで読まなかったのは40%あり、その理由は「既に知っている情報が多かった」45%、「自分の求める情報がなかった」2%であった。難しかったから読む頻度が低くなったと答えた21名のうち、8名は40代であった。ガイドラインを知っていた人のうち、97%はある程度以上理解できており、知らなかった人の91%は本誌をみてみたいと答えた。
  • 乳癌化学療法による脱毛の実態調査と課題
    永吉香織, 山崎糸子, 矢形寛, 玉橋容子, 金井久子, 山内英子
    乳癌の臨床 27(1) 106-107 Mar. 2012
    乳癌の初期治療として化学療法を開始した患者39名を対象に、脱毛状態を観察しアンケート調査を行った。化学療法の内訳はTC療法16名、EC療法6名、DOC-FEC療法17名であった。頭髪の脱毛は化学療法2回目の点滴までに始まり、全患者に認めた。化学療法終了後はレジメンに関わらずほぼ10%以下の毛髪量に減少し、6ヵ月後70〜80%に回復した。まゆげ、まつげは2回目点滴時10%前後の減少を認めたが、終了時でも50%前後にとどまった。頭髪の量の満足度に関しては、脱毛が始まると急に低くなり、どのレジメンでも頭髪の量と満足度は相関していた。満足度の低下と共に、日常生活において周囲に対し恥ずかしさを感じていたり、イライラを感じたりしていた。治療終了6ヵ月後の療法別回復度は、EC、TC療法は50%に完全回復を認めたが、DOC-FEC療法では5%のみで、投与期間の長さの影響が考えられた。まつげ、まゆげに関しても同様の結果であった。
  • 血性乳頭分泌物より検出された乳房病変における神経内分泌癌の高出現率(High prevalence of neuroendocrine carcinoma in breast lesions detected by bloody nipple discharge)
    川崎 朋範, 望月 邦夫, 近藤 哲夫, 大石 直輝, 山根 徹, Niu Dongfeng, 中澤 匡男, 矢形 寛, 角田 博子, 山内 英子, 丸山 孝教, 井上 亜矢子, 井上 正行, 井上 慎吾, 藤井 秀樹, 加藤 良平
    日本病理学会会誌 101(1) 254-254 Mar. 2012
  • 硬化性腺症のMRI所見
    本田聡, 角田博子, 菊池真理, 山内英子, 鈴木高祐, 齋田幸久
    日本医学放射線学会総会抄録集 71st S232-S233-S233 Feb. 2012
  • 病理CPC心転移が直接死因となった,明細胞を主体とする甲状腺未分化癌の剖検例
    吉田谷芙美, 宇留野隆, 亀山香織, 松田直子, 鈴木高祐, 扇田信, 山内英子
    日本甲状腺外科学会学術集会 45th 76 2012
  • がん医療の次のステージへ:キャンサーサバイバーシップ
    山内英子
    日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 17th 201 2012
  • 乳がん患者の子どものこころ
    小澤美和, 三浦絵莉子, 石田也寸志, 山内英子, 真部淳
    日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 17th 206 2012
  • 医師主導治験におけるデータマネージメント業務の検討
    安藤正志, 竹内正弘, 青儀健二郎, 千葉明彦, 増田慎三, 山本尚人, 井上賢一, 大野真司, 黒井克昌, 山内英子, 藤田崇史
    国立がん研究センターがん研究開発費総括研究報告書(Web) 2011(23-A-42) 23-A-42 (WEB ONLY) 2012
  • Efficacy of Lafutidine for Abnormal Sensations of the Skin of the Breast and Axilla after Breast Cancer Surgery
    矢形寛, 吉田敦, 山内英子
    乳癌の臨床 26(5) 593-596 Nov. 2011
    乳癌手術後に乳房または腋窩、上腕皮膚表面に不快な感覚異常を訴えた41例(中央値50歳)に対し、ラフチジンを処方した。術式は乳房部分切除術20例、乳房切除術21例、センチネルリンパ節生検18例、腋窩郭清22例、腋窩手術なし1例であった。ラフチジン開始時期は術後中央値6ヵ月で、症状は焼けるような感じ、ぴりぴりとした痛み、ちくちく感、軽く擦れただけで生じる痛みなどであった。ラフチジン投与量は原則1回10mgを1日2回とした。投与後の自覚症状の評価は、有効33例、不変8例で、増悪はなかった。効果発現時期は投与後30分から2週間と様々であった。改善後投与中止した症例のうち、23例は痛みの増強はなかったが、4例で増強した。因果関係が否定できない有害事象は4例に認め、頭痛2例、頭痛+嘔気1例、手のしびれ感1例であった。感覚異常の前治療は5例で行っており、いずれも無効であったがラフチジンは5例中4例が有効となった。
  • 米国NCIとのコラボレーションによる医師主導治験
    今村知世, 山内照夫, 山内英子, 中村清吾, 神野浩光, 北川雄光, 佐谷秀行, 上野直人
    臨床薬理 42(Supplement) S197 Oct. 2011
  • 当院における乳癌クリニカルパスの現状と問題点
    吉田敦, 嶋田元, 中野絵里子, 矢形寛, 山内英子
    日本臨床外科学会雑誌 72 391 Oct. 2011
  • 医薬品のグローバル開発における日本の貢献・日本の役割 米国NCIとのコラボレーションによる医師主導治験
    今村 知世, 山内 照夫, 山内 英子, 中村 清吾, 神野 浩光, 北川 雄光, 佐谷 秀行, 上野 直人
    臨床薬理 42(Suppl.) S197-S197 Oct. 2011
  • クリニカルパスへの取り組みとその効果(乳腺・甲状腺・内分泌) 当院における乳癌クリニカルパスの現状と問題点
    吉田 敦, 嶋田 元, 中野 絵里子, 矢形 寛, 山内 英子
    日本臨床外科学会雑誌 72(増刊) 391-391 Oct. 2011
  • 若年性乳癌患者のグループ療法(Pink Ring)の活動報告 参加者の背景とグループ療法への期待
    岩田 多加子, 田山 幹子, 北野 敦子, 大坂 和可子, 金井 久子, 玉橋 容子, 小松 浩子, 保坂 隆, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 473-473 Sep. 2011
  • 若い乳がん患者とその子どもへのサポートを考える 子どもの行動・情緒的問題<続報>
    小澤 美和, 三浦 絵莉子, 石田 智美, 石田 也寸志, 真部 淳, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 428-428 Sep. 2011
  • 原発性乳癌におけるKi-67 測定法の検証と病理組織学的因子との関連
    小野田 敏尚, 山内 英子, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 津川 浩一郎, 櫻井 修, 本田 朱麗, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 372-372 Sep. 2011
  • 乳癌脳転移症例におけるsubtype別に見た症状や頻度、および予後について
    小島 康幸, 本田 聡, 菊池 真理, 吉田谷 芙美, 松田 直子, 川野 純子, 尹 玲花, 北野 敦子, 高本 やよい, 梶浦 由香, 吉田 敦, 中野 絵里子, 矢方 寛, 角田 博子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 361-361 Sep. 2011
  • 膠原病を有する乳房温存手術後患者に放射線治療は禁忌か?
    赤羽 桂子, 中村 直樹, 関口 建次, 山内 英子, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 347-347 Sep. 2011
  • 乳房温存療法の晩期有害事象と整容性の推移
    関口 建次, 赤羽 佳子, 中村 直樹, 山内 英子, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 301-301 Sep. 2011
  • 術前TC療法における自己管理表を用いた副作用の実態調査
    中尾 めぐみ, 加藤 裕子, 吉井 夏子, 金井 久子, 玉橋 容子, 矢形 寛, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 300-300 Sep. 2011
  • 乳がん化学療法による脱毛の実態調査と課題
    永吉 香織, 山崎 糸子, 玉橋 容子, 金井 久子, 山内 英子, 矢形 寛
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 300-300 Sep. 2011
  • 乳癌髄膜転移に対する治療
    吉田谷 芙美, 中野 絵理子, 吉田 敦, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 角田 博子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 295-295 Sep. 2011
  • 生検診断における鑑別困難症例の検討
    阿部 江利子, 鈴木 高祐, 藤原 美恵子, 楊 陽, 李 治平, 山内 英子, 角田 博子, 秋山 太
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 287-287 Sep. 2011
  • 良悪性鑑別困難な乳管内乳頭状病変の臨床病理学的検討
    楊 陽, 鈴木 高祐, 藤原 恵美子, 阿部 江利子, 李 治平, 山内 英子, 高橋 理, 大出 幸子, 笹野 公伸, 秋山 太
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 287-287 Sep. 2011
  • 炎症性乳癌の疫学的特徴 日米の比較
    名取 亜希奈, 中村 清吾, 上野 直人, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 282-282 Sep. 2011
  • 家族性乳癌遺伝カウンセリングの成績
    矢形 寛, 小松 浩子, 吉田 敦, 梶浦 由香, 小島 康幸, 高本 やよい, 尹 玲花, 川野 純子, 松田 直子, 吉田谷 芙美, 矢ヶ崎 香, 村上 好恵, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 282-282 Sep. 2011
  • Metaplastic carcinomaの治療戦略
    中野 絵里子, 吉田 敦, 矢形 寛, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 281-281 Sep. 2011
  • 乳癌切除範囲の迅速かつ適切な決定のためのRadioguide Occult Lesion Localization(ROLL法)の検討
    榎戸 克年, 中村 清吾, 山内 英子, 矢形 寛, 吉田 敦, 小島 康幸, 北野 敦子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 279-279 Sep. 2011
  • 当院における女性医師就労改善アプローチ チーム医療の一員として
    竹井 淳子, 中野 絵里子, 梶浦 由香, 高本 やよい, 尹 玲花, 北野 敦子, 川野 純子, 松田 直子, 吉田谷 芙美, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 278-278 Sep. 2011
  • 術前化学療法前後におけるHER2発現の不一致と予後に関する検討
    吉田 敦, 林 直輝, 梶浦 由香, 矢形 寛, 中野 絵里子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 273-273 Sep. 2011
  • MRIで検出された副病変の検討
    本田 聡, 角田 博子, 菊池 真理, 鈴木 高祐, 山内 英子, 齋田 幸久
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 268-268 Sep. 2011
  • 術前化学療法後に施行した乳房温存療法の局所再発リスク因子の検討
    松田 直子, 梶浦 由香, 矢形 寛, 角田 博子, 鈴木 高祐, 関口 建次, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 257-257 Sep. 2011
  • HER2陽性乳癌の治療変遷と治療成績の検討
    高本 やよい, 矢形 寛, 梶浦 由香, 中野 絵里子, 吉田 敦, 小島 康之, 川野 純子, 阿部 江利子, 鈴木 高祐, 本田 聡, 菊池 真理, 角田 博子, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 252-252 Sep. 2011
  • 外来センチネルリンパ節生検 術前化学療法後の腋窩郭清省略は可能か
    川野 純子, 津川 浩一郎, 吉田谷 芙美, 松田 直子, 北野 敦子, 尹 玲花, 梶浦 由香, 吉田 敦, 中野 絵里子, 矢形 寛, 角田 博子, 関口 建次, 鈴木 高祐, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 247-247 Sep. 2011
  • 術前薬物療法後浸潤性小葉癌の拡がり画像診断
    森 美樹, 角田 博子, 菊池 真理, 本田 聡, 矢形 寛, 吉田 敦, 山内 英子, 中村 清吾, 鈴木 高祐
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 240-240 Sep. 2011
  • 若年性乳癌患者の「心のケア」に関する新たな試み グループ療法「Pink Ring」の効果に関する検討
    北野 敦子, 保坂 隆, 岩田 多加子, 金井 久子, 大坂 和可子, 矢形 寛, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 237-237 Sep. 2011
  • 放射線照射例のインプラントを用いた乳房再建術の安全性と整容性
    尹 玲花, 岩平 佳子, 矢形 寛, 関口 建次, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 233-233 Sep. 2011
  • ホルモン陽性乳癌の術後補助療法決定における因子 21遺伝子発現解析検査による影響
    山内 英子, 武井 寛幸, 中川 千鶴子, 矢形 寛, 吉田 敦, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 228-228 Sep. 2011
  • 二次精査結果にみる乳癌検診の現状と課題 若年者を中心に
    梶浦 由香, 角田 博子, 矢形 寛, 吉田 敦, 中野 絵里子, 小島 康幸, 高本 やよい, 北野 敦子, 尹 玲花, 川野 純子, 松田 直子, 吉田谷 芙美, 鈴木 高祐, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 215-215 Sep. 2011
  • 再発治療と「心のケア」 ブレストセンター内でのサイコオンコロジー外来開設の意義
    保坂 隆, 山内 英子, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 191-191 Sep. 2011
  • Treatment strategies for inflammatory breast cancer: from its characteristics
    山内 英子
    最新医学 65(0) 1510-1521 Jun. 2010
  • 乳癌診療ガイドラインへの提言 患者向けガイドライン作成の立場から
    山崎 真澄, 伊藤 良則, 三輪 教子, 中村 清吾, 山内 英子
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 181-181 Sep. 2011
  • BenefitとHarmから見た若年者検診 当施設における任意型マンモグラフィ検診の利益と不利益 40歳代と50歳以上に着目して
    菊池 真理, 角田 博子, 小山 智美, 河北 俊子, 鈴木 高祐, 山内 英子, 高橋 理, 齋田 幸久
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 19回 180-180 Sep. 2011
  • 大切な人を亡くす子ども達へのサポートの実際と今後の課題を考える―CLSの関わりを通して
    三浦絵莉子, 小澤美和, 山内英子, 林章敏, 細谷亮太
    死の臨床 34(2) 239-239 Aug. 2011
  • 原発性乳癌に対するラジオアイソトープを用いた術中同定法
    榎戸克年, 小島康幸, 北野敦子, 吉田敦, 梶浦由香, 高本やよい, 尹玲花, 矢形寛, 山内英子, 津川浩一郎, 中村清吾
    日本外科学会雑誌 112(臨増1-2) 571-571 May 2011
  • 乳腺組織診断における鑑別困難症例の検討
    阿部 江利子, 鈴木 高祐, 李 治平, 楊 陽, 藤原 美恵子, 角田 博子, 山内 英子, 秋山 太
    日本外科学会雑誌 112(臨増1-2) 639-639 May 2011
  • 【乳癌治療-病態別治療の体系化】 原発性乳癌の病態と治療指針 35歳以下の乳癌の治療方針
    北野 敦子, 山内 英子
    カレントテラピー 29(5) 397-401 May 2011
  • 乳腺の神経内分泌癌(NEC)-NEC(69症例)とnon-NEC(1230症例)の臨床病理学的な比較分析
    川崎 朋範, 近藤 哲夫, 中澤 匡男, 望月 邦夫, 山根 徹, 鈕 東峰, 高橋 理, 矢形 寛, 角田 博子, 中村 清吾, 山内 英子, 加藤 良平
    日本病理学会会誌 100(1) 308-308 Mar. 2011
  • 遺伝性乳癌 遺伝性乳癌、卵巣癌に対する戦略
    山内 英子, 中村 清吾
    乳癌の臨床 25(6) 633-638 Feb. 2011
  • 石灰化病変主体の乳癌に対する超音波とマンモグラフィを併用したマッピング法の考案とその有効性についての単施設研究
    小野田 敏尚, 角田 博子, 津川 浩一郎, 菊池 真理, 本田 聡, 山内 英子, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 齋田 幸久, 中村 清吾
    乳癌の臨床 25(5) 563-568 Nov. 2010
    石灰化病変主体の乳癌に対し、超音波とマンモグラフィを併用してマッピングを行う手法を紹介し、乳房部分切除術50例においてその有効性を検討した。組織型は非浸潤性乳管癌33例、微小浸潤癌5例、乳頭腺管癌8例、充実腺管癌1例、硬癌3例で、超音波所見では腫瘤と点状高エコーを認めたのが5例(1型)、低エコー域と点状高エコーを認めたのが18例(2型)、点状高エコーのみが20例(3型)、病変なし7例(4型)であった。超音波によるマッピングをマンモグラフィで補正したのは32例で、1型2例、2型10例、3型13例、4型7例であった。切除標本の評価は、切除断端陰性で的確に切除されたのが30例、マッピング範囲が広すぎた(2cm以上)のが10例、断端から5mm以内に病変を認めたのが7例、断端陽性は3例であった。術中追加切除は12例に行い、うち3例に癌が確認されたが、断端陽性3例では1例にのみ癌細胞を認めた。平均観察期間4年3ヵ月で、局所再発を認めた症例はない。
  • 【乳癌のバイオロジーと臨床 診断と治療への応用】 HER2陰性乳癌における予後因子・抗癌剤効果予測因子の探索的研究
    梶浦 由香, 山内 英子, 中村 清吾
    乳癌の臨床 25(5) 505-513 Nov. 2010
    術前化学療法を施行した原発性乳癌789例のうち、HER2陰性のLuminal A type 52例とTriple negative type 44例の治療前針生検検体のパラフィン包埋標本計96例を用い、薬剤感受性に関連のある15種の遺伝子のmRNAを測定し、薬物効果予測因子や予後因子となりうる遺伝子の抽出を試みた。DTP法によるmRNA測定が不能であったのは10例で、全15遺伝子を測定できたのは66例であった。estrogen receptorおよびprogesterone receptorの免疫染色のスコアとmRNA発現量との間には、強い正の相関を認めた。mRNA発現量と臨床病理学的因子に有意な関連を認めた遺伝子は、Topo-1、ERCC1、Topo-2、EGFR、MRP1、TUBB3であった。クラスター解析の結果、mRNA発現パターンの類似性により対象66症例は4つのグループに、遺伝子15種は3つのグループに分類できた。このグループ分類は、治療薬剤を選択する際の指標となる可能性が示唆された。
  • 乳腺の神経内分泌腫瘍(NETs)
    川崎 朋範, 近藤 哲夫, 中澤 匡男, 望月 邦夫, 山根 徹, 鈕 東峰, 高橋 理, 角田 博子, 中村 清吾, 山内 英子, 加藤 良平
    日本内分泌学会雑誌 86(2) 586-586 Sep. 2010
  • 【乳癌 基礎と臨床の架け橋】 治療戦略 炎症性乳癌の特性と治療
    山内 英子
    最新医学 65(6月増刊) 1510-1521 Jun. 2010
    近年の分子標的治療の開発の恩恵を炎症性乳癌患者も受けていることは事実である.Cell proliferationを標的とした分子生物学的考察は最も行われおり,炎症性乳癌の分野でも期待できる.HER2およびEGFRを標的としたトラスツズマブ,ラパチニブの炎症性乳癌における効果は認められており,またangiogenesisを標的とした治療にも可能性が認められる.WISP3,RhoC GTPase,E-cadherin,NF-κB,CXCR4などさまざまな分子生物学的因子が標的治療の候補として研究1),その臨床効果が期待されるところであるが,同時にそのような研究のために炎症性乳癌の患者の組織を,そのまれな症例数の中から確保することが重要である.(著者抄録)
  • 微小浸潤癌の病理学的検討
    森美樹, 津川浩一郎, 山内英子, 矢形寛, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 346-346 May 2010
  • 当院におけるOncotype DXの検討―再発リスクの予測は可能か―
    小野田敏尚, 山内英子, 津川浩一郎, 矢形寛, 中野絵里子, 角田博子, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 292-292 May 2010
  • Nipple Sparing Mastectomy(NSM)の適応と安全性の検討
    榎戸克年, 中村清吾, 津川浩一郎, 矢形寛, 山内英子, 吉田敦, 梶浦由香, 小島康幸, 高本やよい, 角田博子, 鈴木高祐
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 436-436 May 2010
  • 乳がん患者とその子どもへのサポートを考える(3)子どもの行動・情緒的問題
    小澤美和, 伊藤ゆかり, 阿佐美百合子, 真部淳, 山内英子, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 656 May 2010
  • 浸潤性小葉癌における生物学的特徴と乳房温存療法の妥当性の検討
    高本やよい, 津川浩一郎, 森美樹, 山内英子, 矢形寛, 榎戸克年, 吉田敦, 小野田敏尚, 小島康幸, 尹玲花, 角田博子, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 317-317 May 2010
  • 乳癌術前化学療法前におけるセンチネルリンパ節生検―その有用性と限界
    津川浩一郎, 松田直子, 尹玲花, 北野敦子, 小島康幸, 高本やよい, 小野田敏尚, 梶浦由香, 森美樹, 吉田敦, 中野絵里子, 矢形寛, 山内英子, 角田博子, 関口建次, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 240 May 2010
  • 当院における家族性乳癌に対する遺伝カウンセリングの現状と問題点
    矢形寛, 中村清吾, 山内英子, 津川浩一郎, 小松浩子
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 259 May 2010
  • 術前化学療法の効果予測にMIB‐1 indexは有用か?
    尹玲花, 小島康幸, 山内英子, 津川浩一郎, 矢形寛, 吉田敦, 森美樹, 小野田敏尚, 梶浦由香, 高本やよい, 北野敦子, 鈴木高裕, 中村清吾
    日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集 18th 279-279 May 2010
  • 遺伝性乳がん,卵巣がん―日常診療での実際
    山内英子, 矢形寛, 小松浩子, 村上好恵, 矢ケ崎香, 中村清吾
    家族性腫よう 10(2) A23 May 2010
  • 乳がん患者とその子どもへのサポートを考える 子どもの行動・情緒的問題
    小澤 美和, 伊藤 ゆかり, 阿佐美 百合子, 真部 淳, 山内 英子, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 18回 656-656 May 2010
  • 術前化学療法によるHER2発現の変化
    吉田 敦, 林 直輝, 北野 敦子, 松田 直子, 高本 やよい, 小島 康幸, 尹 玲花, 小野田 敏尚, 阿部 絵里子, 榎戸 克年, 森 美樹, 梶浦 由香, 中野 絵里子, 竹井 淳子, 濱岡 剛, 矢形 寛, 山内 英子, 津川 浩一郎, 鈴木 高祐, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 18回 621-621 May 2010
  • 乳癌の術前拡がり診断においてMRIは有用か
    小島 康幸, 山内 英子, 角田 博子, 本田 聡, 菊池 真理, 津川 浩一郎, 矢形 寛, 田原 梨絵, 梶浦 由香, 小野田 敏尚, 高本 やよい, 北野 敦子, 尹 玲花, 松田 直子, 吉田 敦, 鈴木 高祐, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 18回 564-564 May 2010
  • 遺伝性乳ガン、卵巣ガンに対する戦略 欧米での取り組みと日本での対策
    山内 英子, 矢形 寛, 小松 浩子, 村上 好恵, 津川 浩一郎, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 18回 327-327 May 2010
  • 乳癌検診で検出された病変に対する精密検査のアプローチ 局所的非対称性陰影の考え方
    矢形 寛, 角田 博子, 中村 清吾, 津川 浩一郎, 山内 英子, 菊池 真理, 本田 聡
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 18回 225-225 May 2010
  • 乳癌のバイオロジーと臨床 診断と治療への応用 HER2陰性乳癌における予後因子・抗癌剤効果予測因子の探索的研究
    梶浦 由香, 津川 浩一郎, 山内 英子, 矢形 寛, 中野 絵里子, 角田 博子, 鈴木 高祐, 中村 清吾
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集 18回 222-222 May 2010
  • Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndrome: Up To Date-Facts in US-
    山内英子, 中村清吾
    乳癌の臨床 25(2) 143-147 Apr. 2010
  • The Determination of Adjuvant Therapy for Hormone-Receptor-Positive Breast Cancer Patients with the Use of Oncotype Dx in a Single Institutional Study
    小野田敏尚, 山内英子, 津川浩一郎, 矢形寛, 中野絵里子, 角田博子, 鈴木高祐, 中村清吾
    乳癌の臨床 25(2) 177-183 Apr. 2010
    Oncotype DXを用いたホルモン受容体陽性乳癌の術後補助療法の選択に関する単施設研究を報告した。対象は2007年10月〜2009年7月までにOncotype DXを用いて検査を行ったホルモン受容体陽性乳癌(浸潤癌)44例(平均年齢50歳)であった。1)Oncotype DXの再発スコア(RS)別分類は低リスク(RS≦17)23例(52%)、中間リスク(18≦RS≦30)16例(37%)、高リスク(RS≧31)5例(11%)であった。2)各リスク群での補助療法は、低リスク群23例全例が内分泌療法のみ、中間リスク群16例中8例が化学療法、8例が内分泌療法のみ、高リスク群5例全例が化学療法であった。また、化学療法の種類は13例中TC療法が9例、EC、AC、FEC、AC→PAC療法が各1例であった。3)RSと腫瘍径、脇窩リンパ節転移、核グレード(NG)の間に関連は認めず、脈管侵襲(LVI)陽性でRSが高い傾向、ERとPgRの発現が高いほどRSは低い傾向を示し、Ki-67と相関を認めたが、各リスク群間に有意差はなかった。
  • 遺伝性乳癌 遺伝性乳癌を取り巻く最新事情 米国の現状を中心に
    山内 英子, 中村 清吾
    乳癌の臨床 25(2) 143-147 Apr. 2010
  • Triple negative乳癌の脳転移の特徴について
    阿部江利子, 本田聡, 中野絵里子, 矢形寛, 山内英子, 津川浩一郎, 角田博子, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本外科学会雑誌 111(臨増2) 491-491 Mar. 2010
  • HER2陽性乳癌に対するTrastuzumab併用術前化学療法の成績
    北野敦子, 中野絵里子, 津川浩一郎, 矢形寛, 山内英子, 森美樹, 吉田敦, 尹玲花, 松田直子, 中村清吾
    日本外科学会雑誌 111(臨増2) 597-597 Mar. 2010
  • MIB‐1indexは術前抗癌剤治療の効果判定予測因子になりうるか?
    尹玲花, 小島康, 津川浩一郎, 矢形寛, 山内英子, 中野絵里子, 吉田敦, 森美樹, 小野田敏尚, 梶浦由香, 高本やよい, 北野敦子, 松田直子, 中村清吾
    日本外科学会雑誌 111(臨増2) 494-494 Mar. 2010
  • 原発性乳癌に対するNipple Sparing Mastectomy(NSM)の検討
    榎戸克年, 吉田敦, 森美樹, 小野田敏尚, 梶浦由香, 小島康幸, 高本やよい, 矢形寛, 山内英子, 津川浩一郎, 角田博子, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本外科学会雑誌 111(臨増2) 564-564 Mar. 2010
  • 乳癌における微小浸潤癌の病理学的検討
    森美樹, 津川浩一郎, 山内英子, 矢形寛, 鈴木高祐, 中村清吾
    日本外科学会雑誌 111(臨増2) 657-657 Mar. 2010
  • 乳癌術後乳房・腋窩皮膚の異常感覚に対するラフチジンの有効性
    矢形寛, 中村清吾, 津川浩一郎, 山内英子, 榎戸克年, 竹井淳子, 吉田敦, 森美樹, 小野田敏尚, 梶浦由香, 高本やよい, 小島康幸, 北野敦子, 尹玲花, 松田直子
    日本臨床外科学会雑誌 70(増刊) 742-742 Oct. 2009
  • 炎症性乳癌に対する治療戦略 炎症性乳癌に対する分子標的療法が持つ可能性(Potential of molecular targeted therapy for inflammatory breast cancer)
    山内 英子, 中村 清吾, Zhang Dongwei, Hortobagyi Gabriel, Christofanilli Massimo, 上野 直人
    日本臨床外科学会雑誌 70(増刊) 370-370 Oct. 2009
  • 乳癌患者の闘病生活がその子どもへ与える心理・行動学的影響
    小澤美和, 伊藤ゆかり, 真部淳, 山内英子, 中村清吾, 細谷亮太
    日本癌治療学会誌 44(2) 845 Sep. 2009
  • 乳房温存療法の治療成績
    山内 英子
    日本臨床外科医学会雑誌 53(増刊) 266-266 Oct. 1992
  • Experience of a Totally Implantable Venous Access System for Children
    Watanabe Michiaki, Nishimura Kouzou, Matsufuji Hiroshi, Nakasona Hiroki, Kubota Toru, Yamauchi Hideko, Yoshida Ryuichi, Yokoyama Jyotaro, Nishio Takeki, Hosoya Ryouta
    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 28(6) 1177-1182 1992
    If children require repeated prolonged venous access system, it is accepeted that totally implantable venous access systems improve the patients' tualty of life and reduce the rivks of compications. Twenty two patieqts [15 wlth leukemia, six with other malignant tumor and one with congenital nephrotic syndromel ranging in age from two months to 16 years were under went percutanerus placement of totally implantable venous access system in 23 times. The mean duration of catheter function was 269 days [range of 31-639 days] , with cumulative experience of 5,922 days of catheter use. There were three complications, one infection, one catheter thrombos and one skin necrosis [tivvue break down] required catheter removal. Complication rate for infection was 0.017 per 100 days of catheterization as well as for thrombosis. Totally implantable venous access systems enhance the abillity to infuse long term hyperral imentation, chemotherapy and blood products and to withdrew blood frequently, besides they have a low complication rate.


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.