KURAOKA Yumiko

Faculty & Position:Nursing Administration   assistant professor
Contact:y-noda[at]slcn.ac.jp convert [at] to @
URL: 
Last Updated: Feb. 21, 2019 at 05:02

Researcher Profile & Settings

Profile

    Nursing Administration

Association Memberships

    ST. LUKE'S SOCIETY FOR NURSING RESEARCH , THE JAPAN GERIATRICS SOCIETY , JAPAN SOCIETY FOR HEALTHCARE ADMINISTRATION , JAPAN ACADEMY OF NURSING ADMINISTRATION AND POLICIES

Qualification

  • 博士(看護学)

Research Activities

Research Areas

  • Nursing / Fundamental nursing

Published Papers

  • The Relationship between Experiential Learning and Nursing Management Competency
    Journal of Nursing Administration 49(2) 99-104 Feb. 2019 [Refereed]
  • Qualitative Study of Supervisor Feedback on Nurse Managers' Reflective Journals
    Yumiko Kuraoka
    International Archives of Nursing and Health Care 4(4) 1-7 Nov. 2018 [Refereed]
  • Effect of an Experiential Learning-based Program to Foster Competence among Nurse Managers
     26 1015-1023 Mar. 2018 [Refereed]
  • Factors influencing decision regret regarding placement of a PEG among substitute decision-makers of older persons in Japan: a prospective study.
    Kuraoka Y, Nakayama K
    BMC geriatrics 17(1) 134 Jun. 2017 [Refereed]
  • コンピテンシーを基盤とした看護管理者研修プログラムの開発と評価(第一報)
    倉岡 有美子, 井部 俊子, 佐々木 菜名代, 笠松 由佳, 澤邉 綾子, 武村 雪絵, 吉田 千文, 手島 恵
    日本看護管理学会誌 20(1) 26-37 Jul. 2016
    本研究の目的は「コンピテンシーを基盤とした看護管理者研修プログラム」を開発し評価をすることである。プログラムは、「コンピテンシー・マネジメントの展開」(Spencer & Spencer,1993)を参考に、日本の看護管理者への適用を検討し、コンピテンシー群を基盤とした8つのモジュールで構成した。対象者は、プログラムの受講者33人(看護師長経験年数1〜5年)であった。自作した自己評価票にて、コンピテンシー群ごとのコンピテンシーレベルを測定した。一般性セルフ・エフィカシー自己評価票にて、自己効力感を測定した。双方ともプログラム開始前と終了直後に配布し、回収数は32部であった。プログラム内容の評価にはモジュール評価票を用いた。各モジュール終了後に配布し、回収数は全モジュールにおいて33部であった。分析の結果、コンピテンシーレベルの全体平均値は、受講前(2.76)と比較し受講後(2.87)は、有意に上昇した(p<.05)。一般性セルフ・エフィカシーの平均値は、受講前(8.71)と比較し受講後(9.65)は、有意に上昇した(p<.05)。一方、コンピテンシー群では、受講前後でコンピテンシーレベルの平均値が下降したものもあった。また、受講者の理解度と満足度が低いモジュールがあった。プログラムは、看護管理者としてのコンピテンシーを高めるうえで、効果的であったと考える。モジュールによっては、教育内容・方法の改善の必要性が示唆された。(著者抄録)
  • 仕事上の経験を通じた看護師長の成長に関する質的研究
    倉岡 有美子
    日本医療・病院管理学会誌 53(1) 41-49 Jan. 2016
    本研究では、成長を「看護管理者として必要なスキルを獲得すること」と定義したうえで、目的を、看護師長が、自己を成長させた、つまり看護管理者として必要なスキルを獲得したと認識する仕事経験を抽出することと、その経験によって獲得したスキルを明らかにすることとした。優れた看護管理実践をしている看護師長として推薦された10名に、約1時間の半構成的面接を実施した。質的帰納的に分析したところ、看護師長を成長させた経験と経験から獲得したスキルの対応を以下のように見出した。看護師長は、【変革を成し遂げた経験】から【人を巻き込む】スキル、【部下を育成した経験】から【部下の自律を導く】スキル、【管理部署の変化の経験】から【信頼を構築する】スキル、【窮地に立った経験】から【問題の本質をつかむ】スキルを獲得していた。(著者抄録)
  • 看護師長の成長に影響を与えた上司の支援
    倉岡 有美子
    日本看護管理学会誌 19(1) 20-27 Aug. 2015
    本研究の目的は、看護師長が、自身を成長させたと認識する仕事上の経験において、上司から、どのような支援を受けたのかを明らかにすることであり、研究デザインは、質的帰納的研究である。首都圏にある6病院と1有床診療所の看護部長に、優れた看護管理実践をしている看護師長の推薦を依頼した。推薦を受けた10名の看護師長に、約1時間の半構成的面接を実施した。調査データを質的帰納的に分析したところ、看護師長の成長に影響を与えた上司の支援として、【挑戦への後押し】、【乗り越えるためのバックアップ】、【成果を発展させる支援】が抽出された。はじめに、上司が【挑戦への後押し】をすることで、看護師長が、挑戦的な課題に取り掛かることができた。続いて、困難に直面した看護師長に対して、上司は、挑戦的な課題を【乗り越えるためのバックアップ】をしていた。最後に、上司が、看護師長の取り組みによって出された【成果を発展させる支援】をしていた。本研究の結果は、若手や新人を育てることが上手な指導者の調査結果と共通性がみられ、上司は、経験学習サイクルに同期した支援を看護師長の主体性や自律性を尊重しながら行なっていた。一方で、先行研究で、部下の成長に効果的とされた上位者との対話機会の提供は、あまり行なわれていなかった。(著者抄録)
  • A decision aid regarding long-term tube feeding targeting substitute decision makers for cognitively impaired older persons in Japan: A small-scale before-and-after study
    Kazuhiro Nakayama
    BMC Geriatrics 1-7 Feb. 2014
  • スタッフナースを惹きつける看護師長のリーダーシップ行動
    野田 有美子
    聖路加看護学会誌 14(1) 1-8 Mar. 2010
    本研究は、スタッフナースを惹きつける看護師長のリーダーシップ行動を明らかにすることを目的に、グラウンデッドセオリーアプローチを用いた。研究対象は、都内の急性期病院(500床程度)に勤務する病棟看護師10名であった。分析の結果、【説得力のあるメッセージで方針を明確にする】という中核カテゴリと、【先輩看護師として一目置かれる存在となる】【働きやすい環境作り】【スタッフが安心していられるための支援】という副次的なカテゴリが明らかとなった。【説得力のあるメッセージで方針を明確にする】とは、師長が、[慣習に対する批判]または[よりどころとなる視点の提示]という言語的メッセージによって、方針を示すことである。師長が、その方針どおりに行動してみせることで、スタッフには[言行一致]として認識される。そして、師長の方針がスタッフに理解、納得され、スタッフの実践を導き、病棟全体に浸透していく。方針に基づいた行動のひとつに、【先輩看護師として一目置かれる存在となる】が関連していた。師長自らが方針どおりに模範となって実践してみせることは、言行一致となり、スタッフが師長の方針を実践に移すうえで助けとなる。方針に基づいた行動の二つ目に【働きやすい環境作り】が関連していた。師長が、スタッフにとって方針を実践しやすいような環境を作り出すことによって、スタッフは師長の方針に集中して取り組むことが可能となる。さらに、【スタッフが安心していられるための支援】によって、方針に基づいたスタッフの行動は肯定され、師長の方針は浸透していくようになる。この研究結果を、師長がスタッフに対して効果的なリーダーシップを発揮するうえで活用できると考える。また、リーダーシップ行動を看護の場面に置き換えて具体的に示したことによって、より実践に即した看護管理者教育を行うための基礎資料となると考える。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

  • Development and Evaluation of an Experiential Learning-based Program to Foster Competence among Nurse Managers in Their Early Years in Supervisory Roles
    Yumiko Kuraoka
    International Conference on Nursing, Pharmacy, Traditional Medicine and Healthcare Sciences 2018 Sep. 2018

Misc

  • 挑戦的な経験と,乗り越えるための上司の支援によって看護師長は成長する
    倉岡 有美子
    看護管理 27(4) 300-306 Apr. 2017
  • 【看護管理者のコンピテンシー 広がる取り組みと進化】 日本看護管理学会が取り組む上級看護管理者の育成 コンピテンシーを基盤とした看護管理者研修プログラムの実施と評価
    佐々木 菜名代, 井部 俊子, 倉岡 有美子, 笠松 由佳, 澤邉 綾子, 武村 雪絵, 吉田 千文, 手島 恵
    看護管理 25(7) 564-570 Jul. 2015
  • 聖路加国際大学フューチャー・ナースファカルティ育成プログラム実施報告(1)
    奥 裕美, 松谷 美和子, 三浦 友理子, 吉田 千文, 八重 ゆかり, 永森 久美子, 池口 佳子, 倉岡 有美子, 大隅 香, 佐藤 晋巨, 森島 久美子, 森川 雪絵, 長岡 陽子, 聖路加国際大学2014年度FNFP委員会
    聖路加国際大学紀要 1 83-87 Mar. 2015
  • A Team-Based Learning Experiment in the“ Anatomy and Physiology”
    (40) 128-134
    Team-Based learning(TBL)was introduced as part of the teaching method for the “Anatomy andPhysiology” course at St. Luke’s College of Nursing and the educational outcomes were examined. In aself-administered questionnaire survey administered to students, the majority of students gave a favorablereview. There was no difference in the research report scores or course evaluations from the previous year,and positive aspects were recognized in the year that TBL was implemented. Thus, the introduction of TBLinto the course can be considered educationally effective. However, given that TBL was implemented onlyonce, a greater human factor is required than the previous year’s teaching method and sufficient time forstudent self-learning must be ensured, and many expressed positive opinions about the teaching method usedin the previous year, there is a need to further examine teaching methods while considering human factorsand the amount of time set aside for self-learning.
  • Trial of the Problem-Solving Skills Training Program for Nursing Administrators
    (40) 99-104
    Nurse managers must possess problem-solving abilities so that they can deal with the complex situations that arise in nursing practice. However, there is little literature related to effective education methods designed to improve these abilities. This paper described a new educational trial program that centered on nurse managers’ problem solving in the Certified Nurse Administrator First Level Training Course, and discussed the problems associated with improving this program. In this trial program, 89 nurse managers watched a documentary video regarding one nursing management case at the beginning of the class. Then, they listened to a brief lecture about the problem solving process. Next, they undertook problem solving as the nurse manager in the situation presented in the document. The program consisted of five classes(15 hours). The team learning method was adopted in four classes regarding problem identification, information searching, structuring of problems, and planning. In the fifth class, participants undertook crossgroup presentations and discussion. Original work sheets were developed and used. Over the classes, the lecturers could see that pa
  • Developing an FD/SD Map for Nursing Colleges
     16(3) 38-46 Jan. 2013
    Purpose:There has been a sharp rise in the number of nursing colleges in Japan, from a mere 11 in 1989 to 200in 2011. While expectations in nursing are growing, maintaining quality in education and research is becoming anissue. Systematic faculty development (FD) and staff development (SD) are crucial to ensuring and improvingquality in the teaching staff that is responsible for education and research at nursing colleges. Therefore, thisstudy aimed to develop an FD/SD map to promote efforts toward systematic FD/SD in nursing colleges.Method:Relevant literature was reviewed to examine perspectives on FD/SD, and an FD/SD map was developedfor nursing colleges based on the FD map created by Kawashima et al.Results:Commonalities among the anticipated skills in FD and SD were found and organized into 3 factors,and 5 factors related to those 3 factors were extracted. Practical educational skills( practical nursing skills) and researchcompetencies were also extracted for FD. The unique, specialized skills of teaching staff were categorized inFD/SD by area of expertise. The FD/SD map divided common FD/SD skills, practical educational skills (practicalnursin
  • 【「複数受け持ち」実習をより効果的に】 受け持ち患者を増やしていく実習 総合実習「チームチャレンジ」の実際
    佐居 由美, 松谷 美和子, 大久保 暢子, 伊東 美奈子, 中村 綾子, 堀 成美, 大橋 久美子, 蜂ヶ崎 令子, 倉岡 有美子, 岩崎 寿賀子, 田中 万里子
    看護教育 53(11) 944-950 Nov. 2012
  • The Pilot of the Disaster Nursing Education in the Health Care Delivery System Ⅱ
    (38) 44-51 Mar. 2012
    〔Abstract〕 “Health care delivery system Ⅱ” is one course which constitutes “the foundations of nursing” among thespecial courses in the curriculum of St. Luke’s College of Nursing. The purpose of a course is: “Studentsselect a specific theme based on the study of “health care delivery system I”. They deepen theirunderstanding about the present condition and the problem in a health care delivery system, with the viewtowards solution of the problem.” This is an elective course open to seniors. Until the last academic year,nurse’s social standing and influential voice were themes of the course. However, in recent years studentswished for the study of disaster nursing. Therefore, this year the theme of health care delivery system Ⅱwas changed into disaster nursing. The contents focused on the Great East Japan Earthquake. The classconsisted of: progress of a disaster, cultivation of health care professionals in disaster, training systems fordisaster nurses and dispatching health care professionals to disaster areas, the health care professional as adisaster victim, activity of a disaster nursing support organization, nursing in a new type
  • 【20代中堅看護師を支え、育む 多様性・個別性のあるキャリア支援に向けて】 事例/私の体験的キャリア支援 キャリアプランの個別性を重視した支援
    野田 有美子
    看護 62(6) 059-063 Apr. 2010
  • 暗黙知から形式知に転換する申し送り、カンファレンス
    野田 有美子
    日本医療・病院管理学会誌 47(2) 124-124 Apr. 2010

Social Contribution

Social Contribution



Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.