詳細検索はこちら

西垣 佳織 ニシガキ カオリ

所属・職名:小児看護学  准教授
連絡先:
URL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/90637852.ja.html 
更新日: 20/06/05 05:07

研究者基本情報

学位

  • 博士(保健学)

経歴

  • 2014年- 2017年東京医療保健大学 講師
  • 2012年- 2014年東京医療保健大学 助教

委員歴

  • 2019年07月- 現在日本小児看護学会 広報委員
  • 2019年- 現在日本重症心身障害学会 専任査読委員
  • 2018年10月- 現在小児看護学会 専任査読委員
  • 2017年01月- 現在日本外来小児科学会 編集委員
  • 2016年10月- 現在日本小児保健協会 編集委員
  • - 2018年08月 第28回日本外来小児科学会実行委員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学

研究キーワード

    家族看護 , 重症心身障害児 , 在宅療養 , 家族 , レスパイトケア , 障害児 , モデル開発 , 質的研究 , 家族エンパワメント , 家族ケア , 在宅看護 , 重症児 , インタビュー

論文

  • 学齢在宅重症心身障害児の主養育者とその配偶者それぞれのQOLとその関連要因
    藤岡寛, 涌水 理恵, 西垣佳織, 松澤明美, 岸野美由紀
    日本重症心身障害学会誌 44(1) 169-176 2019年04月 [査読有り]
  • 在宅生活する学齢期の障がい児を育てる 母親の就労とその関連要因
    松澤明美, 涌水 理恵, 藤岡寛, 西垣佳織, 佐藤奈保, 岩田直子西垣佳織
    小児保健研究 78(4) 2019年04月 [査読有り]
  • 在宅重症心身障害児の家族エンパワメントに関する実証的モデルの構築
    涌水理恵, 藤岡寛, 西垣佳織, 松澤明美, 岩田直子, 岸野美由紀, 山口慶子, 佐々木実輝子
    小児保健研究 77(5) 2018年09月 [査読有り]
  • Family Empowerment and Associated Factors in Japanese Families Raising a Child with Severe Motor and Intellectual Disabilities
    Rie Wakimizu, Hiroshi Fujioka, Kaori Nishigaki, Akemi Matuzawa
    International Journal of Nursing Sciences 2018年 [査読有り]
  • An investigation of factors related to the use of respite care services for children with severe motor and intellectual disabilities (SMID) living at home in Japan
    Kaori Nishigaki, Akira Yoneyama, Mitsuko Ishii, Kiyoko Kamibeppu
    HEALTH & SOCIAL CARE IN THE COMMUNITY 25(2) 678-689 2017年03月 [査読有り]
    Limited time away from the child is cited as the main factor that increases the burden for the primary caregiver of severely disabled children. The aim of this study was to quantitatively elucidate the factors related to the desire to use social services and the actual use of respite care services by the primary caregivers of severely disabled children in Japan. In this study, we investigated the use of respite care services in accordance with the primary caregivers' wishes by examining inhibiting or promoting factors associated with respite care service use only among those who wished to use social services. A total of 169 Japanese mothers participated and answered the questionnaires. We conducted a logistic regression analysis and a multiple regression analysis to investigate the factors related to respite care service use. The most important factors affecting a primary caregiver's desire to use social services were the belief that the child would enjoy using social services and the family's approval of the social service use. The most important factors affecting respite care service use were the family's approval of the use and a large care burden on the primary caregiver. Respite care services should be sought out before the care burden becomes too great to enable the primary caregiver to more easily contribute to the continuation of home care. A background of mother-child separation anxiety disrupted the use of respite care. However, believing that the child enjoys using social services may reduce primary caregivers' psychological resistance to being separated from their child, which is supported by tradition. Thus, it is also important for respite care service providers to provide information about the children to their primary caregivers and families while they are using respite care services.
  • 看護基礎教育での臨地実習において学生が達成する能力の明確化 -A大学看護学科でのルーブリック導入検討に関する取り組み
    西垣佳織, 富岡晶子, 岡田弘美, 平田美和, 小澤知子, 篠木絵理
    東京医療保健大学紀要 12(1) 1-8 2017年 [査読有り]
  • Changes in Mother’s psychosocial perceptions of technology-dependent children and adolescents at home in Japan : acknowledgement of children’s autonomy.
    Kaori Nishigaki, Yutaka Kanamori, Mari Ikeda, Masahiko Sugiyama, Hideko Minowa, Kiyoko Kamibeppu
    Asian Nursing Research 10(2) 100-105 2016年06月 [査読有り]
  • 看護師の配置に関する保健所長のニーズ-保育所の人的配置としての看護師等の配置-
    山本弘江, 西垣佳織, 宮崎博子, 多屋磬子, 上別府圭子
    小児保健研究 75(2) 236-241 2016年03月 [査読有り]
  • Assessment of Quality of Life, Family Function and Family Empowerment for Families who provide Home Care for a Child with Severe Motor and Intellectual Disabilities in Japan, Health and Quality of Life Outcomes―
    Health 8(4) 304-317 2016年02月 [査読有り]
  • 山本弘江, 保育所における保育所看護師等の保健活動に対する自信とその影響要因について
    山本弘江, 西垣佳織, 宮崎博子, 多屋磬子, 上別府圭子
    小児保健研究 75(1) 63-68 2016年01月 [査読有り]
  • 在宅重症心身障害児の家族エンパワメントにおける父親の役割 父親への面接調査
    藤岡寛, 涌水理恵, 佐藤奈保, 西垣佳織, 沼口知恵子, 岸野美由紀, 小沢浩, 岩崎信明, 山口慶子
    日本重症心身障害学会誌 40 359-366 2015年12月 [査読有り]
  • 重症心身障がい児と生活を共にする母親・父親・きょうだいの認識する自己役割、他の家族員への役割期待、家族としてのサポートニーズ
    涌水理恵, 藤岡寛, 沼口知恵子, 西垣佳織, 佐藤奈保, 山口慶子
    インターナショナルNursing Care Research 14(4) 1-10 2015年11月 [査読有り]
  • How adolescent Japanese girls arrive at human papilloma virus vaccination: A semistructured interview study
    Rie Wakimizu, Kaori Nishigaki, Hiroshi Fujioka, Koji Maehara, Haruo Kuroki, Tadashi Saito, Katsuya Uduki
    NURSING & HEALTH SCIENCES 17(1) 15-25 2015年03月 [査読有り]
    We examined the human papilloma virus (HPV) vaccination process in adolescent Japanese girls, including protective and obstructive factors to develop and practice enlightenment activities and educational interventions for promoting HPV vaccination to adolescent Japanese girls and their families. We conducted semistructured interviews with 20 adolescent Japanese girls who lived in the wider Tokyo area. To analyze the interview data, we adopted the modified grounded-theory approach. We identified three stages in the vaccination process: first encounter with cervical cancer and HPV vaccine, thoughts about vaccination, and adjustment with parents toward vaccination. The girls knew their knowledge and information on cervical cancer and the HPV vaccine from experts, parents, and friends, considered and discussed HPV vaccination in their own way or with parents, and arranged actual vaccination. This process was influenced by the promoting/obstructive factors in each stage. Healthcare providers should understand the experiences and feelings of adolescent girls who were confronted with HPV vaccination in the context of their vaccination process and conduct enlightenment activities to promote vaccination, keeping the promoting and obstructive factors suggested in this study in mind.
  • The Development and Implementation of the Maternal Mental Health Promotion Program for Expectant Mothers
    Open Journal of Nursing 4(13) 971-979 2014年12月 [査読有り]
  • 在宅で重症心身障がい児を養育する家族の生活実態に関する文献検討
    藤岡寛, 涌水理恵, 山口慶子, 佐藤奈保, 西垣佳織, 沼口知恵子
    小児保健研究 73(4) 599-607 2014年07月 [査読有り]
  • Factors affecting Japanese HPV-vaccination: findings from the semi-structured interviews with adolescent girls and caregivers
    Health 6(13) 1602-1615 2014年06月 [査読有り]
  • 在宅重症心身障害児主介護者のレスパイトケア利用希望に関連する要因
    西垣 佳織, 黒木 春郎, 藤岡 寛, 上別府 圭子
    小児保健研究 73(3) 475-483 2014年05月 [査読有り]
    目的:在宅重症心身障害児主介護者のレスパイトケア利用希望に関連する要因を明らかにすること。方法:在宅重症心身障害児の主介護者を対象に半構造化面接を実施した。面接は録音して逐語録化し、質的内容分析の手法を用いて分析した。結果:主介護者(全て母親)12名への面接を行った。主介護者のレスパイトケア利用希望には、家族の状況・レスパイトケアに関する情報・レスパイトケアの状況・利用状況・児の状況・主介護者の思いが関連していたことが明らかになった。考察:主介護者と家族がレスパイトケア利用を児の楽しみと感じ、利用の意義を感じられるような関わりが、主介護者の利用希望を増すための専門職の介入には重要と考えられた。(著者抄録)
  • 母親が娘の子宮頸がん予防ワクチン接種を検討する際の阻害/促進要因に関する質的研究
    西垣 佳織, 涌水 理恵, 黒木 春郎, 前原 幸治, 斉藤 匡, 藤岡 寛, 卯月 勝弥, 日本外来小児科学会質的研究検討会
    外来小児科 17(1) 10-17 2014年03月 [査読有り]
    HPVワクチンを医療機関で1回以上接種した10〜19歳の女子、およびHPVワクチンを知っているが接種を希望していない女子、計20名とその母親に半構造化インタビューを行い、標題の阻害/促進要因について検討した。結果、促進要因として【良好な家族関係】【母・娘が予防接種に積極的でヘルス・リテラシーが高いこと】【身近な人のがん罹患経験によるがんの怖さの実感】【学校からの説明】【先に接種した友人からの肯定的な情報】などが抽出された。阻害要因として【母・娘のワクチンへの不安】【接種推奨年齢の理由や接種の具体的方法の知識不足】【先に接種した友人からの否定的な情報】【親子間での性的内容の説明へのためらい】などが抽出された。
  • 訪問看護師が在宅重症心身障害児の母親を支援する際に重要と考えている点
    有本梓, 横山由美, 西垣佳織, 臺有桂, 馬場千恵, 新井志穂, 村嶋幸代
    地域看護学会誌 14(2) 43-52 2012年03月 [査読有り]
  • 症例提示 : 在宅重症心身障害児の主介護者である母親に負担が集中している家族への訪問看護師のかかわり (特集 家族の研究・理解・支援 : 家族看護学を考える(1))
    西垣佳織
     54(8) 523-527 2012年
    招待有り
  • 在宅重症心身障害児を対象としたレスパイトケアの利用/提供に関連する要因
    西垣 佳織, 黒木 春郎, 江川 文誠, 藤岡 寛, 上別府 圭子
    外来小児科 13(2) 98-108 2010年07月 [査読有り]
    在宅重症心身障害児の主介護者12名、レスパイトケアの提供者5名を対象に半構造化面接を実施し、質的内容分析を行った。その結果、1)「地域の状況」「サービスの状況」「障害児の状況」「家族の状況」「サービスに関する情報」の5つの大カテゴリが明らかとなった。2)レスパイトケア利用の阻害要因としてはサービスの地域格差、サービス供給量の不足、複雑な利用手続き、医療的ケアへの対応困難、小児への対応困難、我が子の個別性への対応困難に対する不安が挙げられた。3)レスパイトケア提供の阻害要因として事前情報がない児、医療的ケア児、体調が不安定な児が挙げられた。一方、レスパイトケア提供の促進要因は、サービスに関する情報が主介護者に伝わることであった。
  • 東京都23区の保育所における保健活動と看護職の役割に関する実態調査
    村上慶子, 西垣佳織, 上別府圭子
    小児保健研究 68(3) 387-394 2009年05月 [査読有り]
  • 小児プライマリ・ケアにおける保護者の医療機関選択プロセス-医師患者関係に焦点を当てて-
    涌水理恵, 西垣佳織, 黒木春郎, 五十嵐正紘
    外来小児科 12(1) 17-28 2009年03月 [査読有り]
  • Factors associated with skills of health visitors in maternal-infant mental health in Japan
    Kiyoko Kamibeppu, Kaori Nishigaki, Hiroshi Yamashita, Hiroko Suzumiya, Keiko Yoshida
    BIOSCIENCE TRENDS 1(3) 149-155 2007年 [査読有り]
    This study is a formative evaluation of a training seminar for health visitors, who visit mothers to provide them with support in terms of postpartum mental health, and was performed to examine factors that relate to the skills of these health visitors. Subjects were all health visitors (n = 232) from around Japan who participated in a 2-day training seminar. One-hundred and thirty-three valid responses (57.3%) were received and written consent to participate in the research was obtained. Results of statistical analyses indicated that a health visitor's skill at supporting a mother in terms of postpartum mental health had two domains, such as interpersonal health care skills and skill at formulating measures. In addition to the length of experience (p < 0.001), the level of expertise (p < 0.001) and the total score on the Generalized Self-Efficacy Scale (p < 0.1 for interpersonal health care skills) was related to a higher level of the health visitor's skill at supporting mothers in terms of their postpartum mental health. In contrast, having a university degree (p < 0.1) was related to a lower level of the health visitor's interpersonal health care skills. Therefore, a training seminar aimed at promoting the skills of health visitors must provide them with the latest expertise and encourage their self-efficacy by helping them successfully envision supporting mothers in terms of their postpartum mental health. In addition, careful instruction of health visitors with less experience and a university degree is crucial.
  • 在宅重症心身障がい児家族の支援ニードと専門職による重要度および実践度評価-看護職および行政職を対象としたデルファイ法による調査より-
    涌水理恵, 藤岡寛, 沼口知恵子, 西垣佳織, 佐藤奈保, 山口慶子
    厚生の指標 63(4) 23-32 [査読有り]
  • 妊婦の「妊娠体験」とそれを夫と共有することについて-アタッチメントの視点からの考察-
    池田真理, 西垣佳織, 上別府圭子
    心理臨床学研究 31(3) 312-317 [査読有り]

受賞

  • 2012年09月 第19回日本家族看護学会学術集会 優秀演題賞
  • 2008年08月 第19回日本外来小児科学会学術集会 優秀演題賞

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生涯発達論Ⅰ (聖路加国際大学)
  • 疾病・治療各論 (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 Ⅰ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 Ⅱ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学実習 (聖路加国際大学)
  • 総合実習 (聖路加国際大学)
  • 看護ゼミナール (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 特論Ⅰ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 特論Ⅱ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 特論Ⅲ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 特論Ⅳ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 特論Ⅴ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 演習Ⅰ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 演習Ⅱ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 演習Ⅲ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 演習Ⅳ (聖路加国際大学)
  • 小児看護学 演習Ⅴ (聖路加国際大学)