詳細検索はこちら

森 明子 モリ アキコ

所属・職名:ウィメンズヘルス・助産学  教授
連絡先:akiko-mori[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL: 
更新日: 20/07/04 05:05

研究者基本情報

学位

  • 看護学修士
  • 看護学博士

学歴

  • - 1986年聖路加看護大学 看護学研究科
  • - 1986年St. Luke's College of Nursing Graduate School, Division of Nursing
  • - 1980年聖路加看護大学 衛生看護学部

経歴

  • 2020年04月- 現在湘南鎌倉医療大学 看護学部 教授
  • 2014年04月- 2020年03月聖路加国際大学 教授

所属学協会

    日本性科学学会 , 日本がん看護学会 , 日本生殖医学会 , 日本受精着床学会 , 日本生殖看護学会(旧:日本不妊看護学会) , 日本思春期学会 , 日本母性衛生学会 , 日本助産学会 , 日本看護科学学会 , Japanese Society of Infertility Nursing

委員歴

  • 2019年02月- 現在日本看護科学学会 代議員
  • 2012年09月- 現在日本生殖看護学会 理事
  • 2012年- 現在日本思春期学会 代議員
  • 2018年12月- 2019年02月厚生労働省 平成30年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業「不妊症及び不育症における相談支援体制の現状及び充実に向けた調査研究」委員
  • 2017年08月- 2018年03月厚生労働省 平成29年度 不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究事業「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究会」委員
  • 2013年05月- 2014年03月 厚生労働省 不妊に悩む方への特定治療支援事業のあり方に関する検討会委員
  • 2006年09月- 2011年08月日本生殖看護学会(旧:日本不妊看護学会) 理事長
  • 2009年- 2009年 厚生労働省 看護師国家試験出題基準改定部会委員
  • 2006年10月- 2007年02月 2006・10~2007・3厚生労働省 特定不妊治療費助成事業の効果的・効率的な運用に関する検討会 委員
  • 2003年10月- 2006年09月日本不妊看護学会 理事長
  • 2002年10月- 2004年03月日本看護協会神戸研修センター 認定看護師教育課程教員会委員
  • 2003年Japanese Society of Infertility Nursing Chairman

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 臨床看護学

研究キーワード

    臨床看護学 , Science of Clinical Nursing

論文

  • Effectiveness of a Spousal Support Program in Improving the Quality of Life of Male Patients Undergoing Infertility Treatment: A Pilot Study
    Asazawa,k, Jitsuzaki,M, Mori,A, Ichikawa,T, Shinozaki,K
    International Journal of Community Based Nursing and Midwifery 8(1) 23-33 2020年01月 [査読有り]
  • 全国がん診療連携拠点病院で女性乳がん患者の診療に携わる医師を対象とした横断調査 妊孕性温存の意思決定に関わる看護職への要望に焦点をあてて
    林 直子, 高橋 奈津子, 中山 直子, 森 明子, 鈴木 久美, 松本 文奈, 池田 真紀子, 牧野 晃子
    聖路加看護学会学術大会講演集 24回 58-58 2019年09月 [査読有り]
  • 女性乳がん患者の妊孕性温存に関する意思決定支援における看護師の困難
    髙橋奈津子, 林直子, 森明子, 松本文奈, 池田真紀子, 牧野晃子, 中山直子, 鈴木久美
    聖路加国際大学紀要 Vol.5 2019年03月
  • Quality‐of‐life predictors for men undergoing infertility treatment in Japan
    朝澤恭子, 實﨑美奈, 森明子, 市川智彦, 篠崎克子, サラ・E・ポーター
    Jpn J Nurs Sci 2018年12月 [査読有り]
  • Validity and Reliability of the Japanese Version of the Fertility Quality of Life (FertiQoL) Tool for Couples Undergoing Fertility Treatment
    Asazawa K, Jitsuzaki M, Mori A, Ichikawa T, Shinozaki K, Yoshida A, Kawanami M, Kamiyama H
    Open Journal of Nursing 08(09) 616-628 2018年09月 [査読有り]
  • 就業看護職者の月経随伴症状が仕事に与える影響
    萩原真美, 森明子
    母性衛生 59(2) 329-335 2018年07月 [査読有り]
  • Supportive Care Needs and Medical Care Requests of Male Patients during Infertility Treatment
    朝澤恭子, 實﨑美奈, 森 明子, 市川智彦, 篠崎克子
    Open Journal of Nursing 8(4) 235-247 2018年04月 [査読有り]
  • Certified Infertility Nurses' Perceptions and Practice on Male Infertility Nursing and Related Factors
    森 明子, 朝澤恭子, 星るり子, 湯村 寧
    Open Journal of Nursing 8(1) 1-13 2018年01月 [査読有り]
  • Maternal perceptions of family-centered support and their associations with the mother-nurse relationship in the neonatal intensive care unit
    清水 彩, 森 明子
    Journal of Clinical Nursing 27 e1589-e1599 2017年12月 [査読有り]
  • 若年乳がん女性のがん治療と妊孕性の意思決定支援に対する看護師の認識
    矢ヶ崎 香, 小松 浩子, 森 明子
    日本生殖看護学会誌 14(1) 21-29 2017年
  • 正期産における前期破水に関わる要因
    杉岡寛子, 森 明子
    日本助産学会誌 30(2) 323-332 2016年12月 [査読有り]
  • Development of a partnership causal model for couples undergoing fertility treatment
    Kyoko Asazawa, Akiko Mori
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 12(3) 208-221 2015年07月 [査読有り]
    AimThe goals of this study were to develop a partnership causal model and verify the model's fitness for couples undergoing fertility treatment. MethodsA purposive sample of 1004 consenting participants (502 couples) undergoing fertility treatment was selected from five fertility clinics across Japan. A mailed self-administered questionnaire was used to collect data. The partnership causal model was examined with structural equation modeling. ResultsA total of 565 questionnaires were returned (56.3%) and the number of valid responses was 466 (46.4%). The factor medical professionals' support (nurses and physicians) influenced the couples' partnership (=0.16) and had a direct effect on the men's quality of life (QOL) and an indirect effect on the women's QOL (=0.20). Couples' partnership had a significant impact on couples' QOL (=0.20) and on satisfaction in their relationship with their partner (=0.48). The multi-population path analysis revealed that married couples influenced each other's perceptions of their partnership (men, =0.84; women, =0.88). Additionally, the spouse's partnership influenced both individual's QOL (men, =0.77; women, =0.77) and the satisfaction with the relationship (men, =0.46; women, =0.59). The participants' distress significantly and negatively affected the participants' QOL. ConclusionThe results revealed that for a couple undergoing fertility treatments, a strong partnership maintains their QOL, and this could decrease the couples' distress (particularly in women). Partnership was also related to the variability of medical professionals' support.
  • 看護系大学共用試験「母性看護学」問題の開発と評価.
    竹内 翔子, 片岡 弥恵子, 森 明子, 柳井 晴夫
    聖路加看護大学紀要 40 28-34 2014年03月 [査読有り]
  • 不妊治療中の女性の性のQOLと関連要因
    森 明子, 朝澤 恭子
    日本性科学会誌 30(1・2) 25-34 2012年09月 [査読有り]
  • 乳がん患者の妊娠・出産の支援-看護職者への啓発リーフレット試作版の作成-
    増澤祐子, 森明子
    聖路加看護学会誌 16(2) 25-32 2012年07月 [査読有り]
  • 不妊治療を受ける早発卵巣不全患者の意識調査
    鳥光 陽子, 森 明子
    日本生殖看護学会誌 9(1) 29-35 2012年06月 [査読有り]
  • 排卵誘発剤の在宅自己注射を行う女性の自己管理状況を測定する質問紙の開発
    森 明子, 實﨑美奈, 永森久美子, 清水清美, 桃井 雅子, 青柳優子, 川元美里
    日本生殖看護学会誌 9(1) 23-28 2012年06月 [査読有り]
  • 臨地実習生の質の確保のための看護系大学共用試験(CBT)の開発的研究 CBT試験問題の作成とそのモニター試験結果の統計的分析を中心にして.
    柳井 晴夫, 亀井 智子, 松谷 美和子, 奥 裕美, 麻原 きよみ, 井部 俊子, 森明子et a
    聖路加看護大学紀要 38 1-9 2012年03月 [査読有り]
  • 不妊治療後の多胎妊婦の思い 3事例の分析
    桃井雅子, 森明子, 堀内成子
    日本生殖看護学会誌 6(1) 55-64 2009年06月 [査読有り]
  • 不妊女性の選択をサポートする環境づくり:不妊をめぐるコミュニティ・エンパワメントー自助グループと看護職の協働によるアウトリーチ活動の評価
    森 明子, 永森久美子, 堀内成子, 桃井雅子, 岡永真由美, 清水清美
    日本生殖看護学会誌 6(1) 34-45 2009年06月 [査読有り]
  • Supporting stress management for women undergoing the early stages of fertility treatment: A cluster-randomized controlled trial*
    Akiko Mori
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 6(1) 37-49 2009年 [査読有り]
    Aim: The purpose of this study was to determine the effects of a support program for the stress management of women undergoing fertility treatment to reduce stress related to infertility and treatment. Methods: We randomly assigned seven institutions into an experimental group (four institutions, n = 96) and a control group (three institutions, n = 44) using cluster randomization. The women in the experimental group were asked to continue stress management homework for 3 months. A nurse provided feedback on the homework every month. Those in the control group were given only the booklet. The primary outcomes were the risk ratios of "depression" and "anxiety" according to the Hospital Anxiety and Depression Scale. The secondary outcomes were "health status" from the Medical Outcomes Study Short-Form 36-item Health Survey (SF-36) v2 and "satisfaction" from the Visual Analogue Scale. We excluded 15 women who became pregnant and performed an intention-to-treat analysis of 125 women. Results: There were no differences in the incidence of depression and anxiety between the experimental and control groups. There were significant interaction effects between the program and time in the scores of the two subscales of SF-36 and the summary. There was no difference in satisfaction. The use of ovulation-enhancing agents showed that the scores of "role functioning physical" and "physical component summary" in the non-use subgroup were higher at 2 and 3 months in the experimental group, compared to the control group. Conclusions: Positive effects of the support program were observed on two subscales of the SF-36 in the subgroup that did not use ovulation-enhancing agents.
  • 英国の不妊当事者サポートにおける生殖看護師と自助グループの協働
    森明子, 清水清美, 川元美里, 桃井雅子, 永森久美子
    聖路加看護大学紀要(34)-ma000375 2008年 [査読有り]
  • 不妊治療初期の女性に対するストレスマネジメント・サポートプログラムの開発と評価
    森 明子
    日本生殖看護学会誌 4(1) 4-15 2007年06月 [査読有り]
  • Secondary publication in the Japan Journal of Nursing Science
    Naoko Arimori, Satoko Nakagomi, Michiko Mizoguchi, Minako Morita, Hiroto Ando, Akiko Mori, Shigeko Horiuchi, William L. Holzemer
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 4(1) 11-12 2007年 [査読有り]
  • Competencies of genetic nursing practise in Japan: A comparison between basic and advanced levels
    Naoko Arimori, Satoko Nakagomi, Michiko Mizoguchi, Minako Morita, Hiroto Ando, Akiko Mori, Shigeko Horiuchi, William L. Holzemer
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 4(1) 45-55 2007年 [査読有り]
    Aim: The purpose of this study was to identify the competencies of genetic nursing practise required for general and genetic nurses. Methods: We conducted a four-stage survey using a Delphi process. We conducted an interview with 27 nurses who were involved in genetics-related care and extracted 89 items in seven categories. In the second survey, we mailed a questionnaire to 20 experts in genetics. In the third and fourth surveys, we asked 491 health-care providers, including nurses and physicians, who were involved in genetics-related care and agreed to participate in the study at 113 institutions in 40 prefectures. The respondents were asked to choose one of three options in each of 89 items: "A: General nurse's role", "B: Genetic nurse's role", and "C: Not appropriate as the nurse's role". The data were collected from August 2000 to March 2001. There were 295 final subjects, and the response rate was 60%. Results: The competencies required for general nurses were identified as "living support", "psychological support", and "identification of the client's wishes", while those required for genetic nurses were "provision and exchange of accurate genetic information", "referral to and collaboration with other organisations", and "client support to understand disease." Conclusions: These results suggest a direction for genetic nursing curricula. It is our challenge to incorporate genetics into the education programming.
  • Review of Unsafe/Induced Abortions in Ghana -Development of Reproductive Health Awareness Materials to Promoto Adolescents Health-
    Rosemary Opare Henaku, Shigeko Horiuchi, Akiko Mori
    聖路加看護大学紀要(33) 93-102 2007年 [査読有り]
  • 5歳児向けの「自分のからだを知ろう」プログラムの作製―市民主導の健康創りをめざした研究の過程-
    菱沼典子, 松谷美和子, 田代淳の, 横山美樹, 中山久子, 佐居由美, 山崎好美, 白木和夫, 岩辺京子, 有森直子, 今井敏子, 島田多佳子, 木村千恵子, 中川有加, 西田みゆき, 鈴木加代子, 松村純子, 亀井智子, 森明子, 瀬戸山陽子, 相澤身江子
    聖路加看護大学紀要 32 51-58 2006年03月
  • 不妊治療初期の女性のストレスマネジメントのサポートの効果:クラスター無作為化比較試験
    森明子
    聖路加看護大学大学院 聖路加看護大学 大学院 博士論文 2006年
  • 一般看護職を対象とする遺伝看護教育プログラムの実施と評価
    守田美奈子, 安藤広子, 溝口満子, 有森直子, 中込さと子, 森明子, 堀内成子
    日本遺伝看護学会誌 4(1) 1-5 2006年
  • 健康転換各相に対応した看護活動モデルの検討と開発
    菱沼典子, 田代順子, 成瀬和子, 水野恵理子, 酒井禎子, 森明子
    聖路加看護学会誌 9(1) 67-74 2005年
  • ストレスを軽減するケアプログラムへの不妊治療早期の女性のニーズ‐フォーカスグループインタビュー法を用いて‐
    森明子, 有森直子, 桃井雅子, 堀内成子, 福田紀子
    日本不妊看護学会誌 2(1) 12-19 2005年
  • 看護教育法としての「サービス・ラーニング」実践研究文献レビュー
    松谷美和子, 田代順子, 香春知永, 酒井昌子, 三橋恭子, 平林優子, 森明子, 菱沼典子, 川越博美, 及川郁子, 小澤道子
    聖路加看護大学紀要(30) 31-38 2004年 [査読有り]
  • 看護職に求められる遺伝看護実践能力-一般看護職者と遺伝専門看護職者の比較
    有森直子, 中込さと子, 溝口満子, 守田美奈子, 安藤広子, 森明子, 堀内成子, William L. Holzemer
    日本看護科学学会誌 24(2) 13-23 2004年 [査読有り]
  • 日本の都市型保健所における看護活動モデル プライマリヘルスケアの視点から
    菱沼典子, 田代順子, 森 明子, 押川陽子, 酒井禎子, 成瀬和子
    聖路加看護学会誌 6(1) 44-50 2002年06月 [査読有り]
  • 日本の都市型保健所における保健活動の変遷:1935年から1999年までの東京都中央区の活動
    菱沼典子, 成瀬和子, 酒井禎子, 押川陽子, 森明子, 田代順子
    聖路加看護大学紀要(28) 1-17 2002年03月
    本研究は,日本の都市型保健所の活動を時代背景と健康問題を含めて記述し,プライマリヘルスケアの視点から分析して,保健活動および保健婦活動の変遷を明らかにすることを目的としている。日本最初の都市型保健所である京橋保健館(現中央保健所)の活動を研究対象とし,京橋保健館が開設された1935(昭和10)年から1999(平成11)年までの当該地区の健康問題と保健活動に関する史料ならびに日本の公衆衛生および保健婦活動に関する文献を基にした歴史的アプローチを用いた。京橋保健館開設に先立つ都市部における保健活動を含め,1871(明治5)年から1999(平成11)年までの保健活動,関連法令・規則等の年表を作成した。保健活動はプライマリヘルスケアの要素で分類し,活動形態別に記載した。年表から中央区における地域保健活動の時代区分を試み,1)1935年から1945年まで(第2次世界大戦前),2)1945年から1955年まで(戦後10年), 3)1956年から1974年まで(高度経済成長期), 4)1975年から1988年まで
  • 看護職に必要な遺伝看護実践能力 遺伝医療にかかわる看護職の聞き取り調査から
    中込さと子, 有森直子, 溝口満子, 安藤広子, 守田美奈子, 森明子, 堀内, 成子
    Quality Nursing 8(3) 237-245 2002年03月
  • 出産後5週から12週までの母親と子どもの睡眠の推移
    堀内成子, 江藤宏美, 西原京子, 森明子, 三橋恭子, 有森直子, 片桐麻州美, 桃井雅子, 岡村晴子
    聖路加看護大学紀要 28 18-27 2002年03月 [査読有り]
  • 不妊治療にかかわる看護者のストレスと対処
    森 明子, 有森 直子, 村本 淳子
    日本助産学会誌 16(1) 24-34 2002年 [査読有り]
  • 不妊治療における看護者の役割機能を構成する因子
    森 明子, 村本 淳子
    母性衛生 43(4) 591-598 2002年 [査読有り]
  • A Comparison of Reproductive Health Knowledge Between Malawian and Japanese women
    聖路加看護学会誌 6(2) 106-115 2001年09月 [査読有り]
  • Problem-Based Learningにおけるテュータの行為‐テュータ・カンファレンスの分析を通じて
    三橋恭子, 森明子, 片桐麻州美, 桃井雅子, 岡村晴子, 江藤宏美, 木下千鶴, 中込さと子, 井村真澄, 小川さゆり, 佐藤直美
    聖路加看護大学紀要 26 21-30 2000年03月 [査読有り]
  • 不妊治療施設における看護者の役割機能を構成する因子の分析
    森 明子, 有森 直子, 村本 淳子
    日本看護科学会誌 18(4) 94-95 1998年12月 [査読有り]
  • 分娩期ケアの質の評価‐産婦と助産婦による評価の検討‐
    岸田佐智, 藤本栄子, 森明子, 堀内成子, 岩澤和子, 恵美須文枝, 内藤和子, 鈴木節子
    日本助産学会誌 10(1) 20-28 1996年12月 [査読有り]
  • 看護ケアの質を評価する尺度開発に関する研究 : 信頼性・妥当性の検討
    堀内 成子, 太田 喜久子, 小山 眞理子, 森 明子, 小松 浩子, 岡谷 恵子, 高田 早苗, 井部 俊子, 岩澤 和子, 飯塚 京子, 清水 喜美子, 山田 雅子, 南 裕子, 岩澤 和子
    日本看護科学会誌 16(3) 30-39 1996年11月 [査読有り]
    本研究は看護ケアの質質問紙の信頼性・妥当性を検討するために, 看護婦742名, 患者626名を対象に調査を行った。
    「看護ケアの質質問紙一患者用」(QNCQ-PT) 39項目, 及び「看護ケアの質質問紙-看護婦用」(QNCQ-NS) 43項目であり, それぞれ11のサブスケールからなるリカート型尺度である。
    QNCQ-PTの構成概念妥当性は, 因子分析結果から, 11のサブスケールが分割されることなく抽出され, 理論構成は支持された。また, 患者信頼スケールとの間に高い相関関係が認められ, 併存妥当性が支持された。さらに, 患者のケアの質の評価は, 退院時の健康度を予測する事が可能であり, 予測妥当性は支持された。
    QNCQ-PTの信頼性は, 内的整合性の指標であるCrOnbach'sα係数が全体で0.98であり, サブスケール別でも0.7以上であった。安定性は再テスト法を行い, 全体で信頼性係数0.91であった。
    QNCQ-NSの構成概念妥当性は, 因子分析結果から, 11のサブスケールが1-3個まとまって抽出され, 理論構成は支持された。また, 理論的予測に基づく関係性として, 看護婦の仕事満足との間に相関関係が認められ, 構成概念の妥当性は支持された。
    QNCQ-NSの信頼性は, Cronbach'sα係数が全体で0.96であり, サブスケール別でも0.7以上であった。安定性は再テスト法を行い, 全体で信頼性係数0.73であった。
    以上の結果より, QNCQ-PTおよびQNCQ-NSともに, 質問紙全体としての妥当性・信頼性があると判断された。
  • 不妊の心理社会的側面とその援助:文献概観
    森 明子
    聖母女子短期大学紀要(5) 109-118 1992年 [査読有り]
  • 不妊症患者を対象とした看護研究の動向-心理面に焦点を当てて-
    森 明子, 村本 淳子
    日本助産学会誌 6(1) 12-22 1992年 [査読有り]
  • ケース・スタディにおける学習経験の分析-学生の終了後レポートの内容分析による-(共著)
    舟島 なをみ, 森 明子
    聖母女子短期大学紀要(4) 47-55 1991年 [査読有り]
  • オンコロジ-ナースの女性がん患者のリプロダクティブヘルスに関する学習と連携のニーズ
    森 明子, 樺澤 美奈子, 松尾 七重, 林 直子, 中山 直子
    日本がん看護学会誌 (in press) [査読有り]

書籍等出版物

  • NiCE 看護学テキスト 病態・治療論[13]産科婦人科疾患
    共編者(共編著者)
    南江堂 2019年04月
  • 今すぐ知りたい! 不妊治療Q&A‐基礎理論からDecision Makingに必要なエビデンスまで-
    共著
    医学書院 2019年04月
  • 新版 助産業務要覧 第2版 基礎編 2017年版(全2巻)
    共著
    日本看護協会出版会 2017年02月
  • プリンシプルを修得し、女性・家族に寄り添い健康を支える 母性看護学〈I〉概論
    共著
    医歯薬出版 2015年09月
  • 生殖医療ポケットマニュアル
    森 明子
    共著
    患者サポートの実際他
    医学書院 2014年12月
  • あなたらしい不妊治療のために‐カウンセラーと経験者からのメッセージ(編著)
    保健同人社 2007年12月
  • 助産学講座5 助産診断・技術学Ⅰ(共著)
    医学書院 2007年03月
  • EBMの手法による周産期ドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン 2004年度版(共著)
    金原出版 2004年12月
  • セクシュアリティの看護(共著)
    メヂカルフレンド社 1999年09月
  • TACシリーズ9 母性看護学(共著)
    建帛社 1999年01月
  • 母性看護学概論(共著)
    医歯薬出版 1996年
  • 母性看護学 1.妊娠・分娩 (共著)
    医歯薬出版 1994年
  • 現代看護学基礎講座12精神保健学-患者と看護婦のメンタルヘルス-(共著)
    真興交易医書出版部 1993年
  • 看護過程にそったポケッタブル・マニュアル母性看護(共著)
    医歯薬出版株式会社 1991年
  • Pocketable Manual on Nursing Process Maternity Nursing
    Ishiyaku Publishers Inc 1991年

講演・口頭発表等

  • 参加観察による不妊外来初回受診時ケアの実態調査
    實﨑美奈, 本田智子, 森明子
    第17回日本生殖看護学会学術集会(於 東京都) 2019年09月
  • 女子学生に対する子宮頸がん・検診教育プログラムの作成と評価
    鈴本 絵里, 森 明子
    第38回日本思春期学会学術集会(於 東京都)) 2019年08月
  • Effectiveness of a spousal support program in improving the quality of life of infertile men in Japan: a pilot study
    朝澤恭子, 實﨑美奈, 森明子, 市川智彦, 篠崎克子
    35th Annual Meeting, Europian Society of Human Reproduction and Embryology 2019年06月
  • 分娩後の骨盤底筋訓練の指導法‐経膣触診の評価と有用性-
    池田真弓, 森明子
    第33回日本助産学会学術集会(於 福岡県) 2019年03月
  • Development of a quality of life causal model for men undergoing fertility treatment
    朝澤恭子, 森明子, 實﨑美奈, 市川智彦, 篠崎克子
    第34回欧州ヒト胚胎生学学会学術大会(バルセロナ) 2018年07月
  • 産褥期に助産師が内診で行う骨盤底筋訓練 実施手順書の内容妥当性の検証
    池田真弓, 森明子
    第32回日本助産学会学術集会(於 神奈川県) 2018年03月
  • 男性不妊症クライエントの看護に対する不妊症看護認定看護師の意識と実践
    森 明子, 星 るり子, 湯村 寧, 朝澤 恭子
    第61回日本生殖医学会学術講演会(於 神奈川県) 2016年11月
  • AYA世代の男女が適切に男性用コンドームを装着できるようにするためのリーフレットの開発研究
    三上 文香, 森 明子
    第35回日本思春期学会学術集会(於 東京都) 2016年08月
  • 生殖医療コーディネーター(不妊症看護認定看護師)の役割
    森 明子
    第34回東京母性衛生学会学術集会(於 東京都) 2016年05月
  • オンコロジーナースの妊孕性温存療法に関する女性がん患者への対応の困難とチーム間連携における要望
    森 明子, 樺澤 三奈子, 松尾 七重, 林 直子
    第30回日本がん看護学会(於 千葉県) 2016年02月
  • がん生殖医療の視点から女性がん患者のリプロダクティブヘルスに関する選択を支援するための看護を考える
    森 明子
    第35回日本看護科学学会学術集会(於 広島県) 2015年12月
  • 家族とともに成長する看護 多様化への挑戦 不妊症と家族看護
    森 明子
    第22回日本家族看護学会学術集会(於 神奈川県) 2015年09月
  • 高等学校・保健「キャリアプラン妊娠・出産」授業案と教材開発
    森 明子, 片岡 弥恵子, 五十嵐 ゆかり, 蛭田 明子, 小黒 道子, 飯田 真理子, 新福 洋子, 川元 美里
    第20回聖路加看護学会学術大会(於 東京都) 2015年09月
  • 不妊に悩む女性の語り場づくり サロン活動の評価
    川元美里, 森明子
    第20回聖路加看護学会学術大会(於 東京都) 2015年09月
  • 女性がん患者のリプロダクティブヘルスに関する研究の動向と看護教育プログラムへの示唆
    林 直子, 森 明子, 鈴木 久美, 中山 直子, 高橋 奈津子, 樺澤 三奈子, 府川 晃子, 大畑 美里, 本田 晶子, 宇都宮 明美, 池口 佳子, 櫻井 文乃, 細田 志衣, 前田 邦枝, 増澤 祐子
    第29回日本がん看護学会(於 神奈川県) 2015年02月
  • 正期産における前期破水に関わる要因
    杉岡寛子, 森 明子
    第28回日本助産学会学術集会 2014年03月
  • 不妊治療を受けるカップルへのパートナーシップ支援プログラムの開発と評価.
    朝澤 恭子, 森 明子
    第28回日本助産学会学術集会 2014年03月
  • 「今日のプレコンセプショナルケア(妊娠前ケア)を考える」
    森 明子
    第54回日本母性衛生学会学術集会 2013年10月 [招待有り]
  • 不妊治療を受ける女性の冷えの実態と日常生活行動.
    中村 麻里瑛, 森 明子
    第54回日本母性衛生学会 2013年10月
  • 妊娠に対する女性の気がかりとプレコンセプションサポートの検討
    森明子, 野澤美江子, 青柳優子, 實崎美奈, 朝澤恭子
    第11回日本生殖看護学会学術集会 2013年09月
  • Factors related to partnership for couples undergoing fertility treatment
    朝澤 恭子, 森 明子
    The 16th EAFONS 2013年02月
  • 「看護における性の健康支援」 不妊症患者のセクシュアリティと看護 不妊治療中の女性の性のQOL調査から
    森 明子
    第31回日本性科学会学術集会 2011年10月 [招待有り]
  • 「リプロダクティブヘルスを目指した専門看護領域とのコラボレーション」 生殖看護の立場から
    森 明子
    第9回日本生殖看護学会学術集会 2011年09月 [招待有り]
  • 妊娠に対する女性の気がかりとプレコンセプションサポート(妊娠前支援)の検討:気がかりを探るインタビュー調査
    森明子, 野澤美江子, 青柳優子, 實崎美奈, 朝澤恭子
    第9回日本生殖看護学会学術集会 2011年09月
  • 出産後の骨盤底筋を内診により評価する意義
    池田真弓, 森 明子
    第25回日本助産学会学術集会 2011年03月
  • 「日本の生殖医療の将来展望」 生殖医療における看護のミッションとヴィジョン
    森 明子
    第13回日本IVF学会 2010年09月 [招待有り]
  • 排卵誘発剤の在宅自己注射を初めて行った女性の自己管理状況を測定する質問紙の開発
    森 明子, 實崎美奈, 永森久美子, 小口江美子, 清水清美, 桃井雅子, 川元美里
    第54回日本生殖医学会学術講演会 2009年10月
  • 排卵誘発剤の在宅自己注射を初めて行った女性の心身の自覚症状
    森 明子, 實崎美奈, 永森久美子, 小口江美子, 清水清美, 桃井雅子, 川元美里
    第54回日本生殖医学会学術講演会 2009年10月
  • 志望動機の比較-学部4年次教育課程と大学院修士課程において-
    第21回日本助産学会学術集会 2007年
  • 一般不妊治療中の女性の健康関連QOL
    第51回日本生殖医学会 2006年
  • 不妊治療初期の女性のストレスマネジメントのサポート:
    第26回日本看護科学学会学術集会 2006年
  • Unsafe Abortion; Major Contributing Factor to Maternal Mortality Rate in Ghana
    第11回聖路加看護学会学術大会 2006年
  • 不妊治療初期の女性のストレスマネジメント
    第4回日本不妊看護学会学術集会 2006年
  • 不妊患者支援のための看護ガイドライン‐検査と治療のプロセス‐はどう使われたか?
    森 明子
    第23回日本受精着床学会学術講演会 2005年08月 [招待有り]
  • Role of the fertility nurse in Japan
    森 明子
    Royal College of Nursing Fertility Nurse Group Annual Conference & Exhibition 2005年02月
  • 不妊治療後の多胎妊婦の心理-3事例の分析-
    第3回日本不妊看護学会学術集会 2005年
  • 私の考える、いのちを大切にした不妊ケア
    森 明子
    第5回香川母性衛生学会学術集会 2004年11月 [招待有り]
  • 不妊治療後に妊娠した女性の理解とケア-助産師の立場から-
    森 明子
    第20回分娩懇話会 2004年09月 [招待有り]
  • 不妊と「性」の問題とカップルへの支援
    森 明子
    第2回日本不妊看護学会学術集会 2004年09月 [招待有り]
  • 不妊治療中の女性がストレスを軽減できるようなケアプログラムにおける教材開発
    第24回日本看護科学学会学術集会 2004年
  • 不妊治療中の女性のストレスを軽減するケアプログラムの開発‐フォーカスグループインタビュー法による予備的研究
    第2回日本不妊看護学会学術集会 2004年
  • 一般看護職に対する遺伝看護教育プログラムの作成
    第48回日本人類遺伝看護学会学術大会 2003年
  • The causal model of “Suffering” among Infertile Women
    Annual Meeting of the European Society of Human Reproduction and Embryology 2003年
  • 助産モデルの展開を阻む現実―病院に勤務する助産師から見たケアシステムの問題点―
    第17回日本助産学会学術集会 2003年
  • 産婦が捉えたケアシステムの現状―分娩室における助産婦の人数についての評価を中心に―
    第17回日本助産学会学術集会 2003年
  • 生殖補助技術と女性‐人間性あふれるケアを不妊女性にとどけるために‐
    森 明子
    第16回日本助産学会学術集会 2002年03月 [招待有り]
  • 不妊治療施設における看護者のジレンマ・ストレスの分析
    第13回日本助産学会学術集会集録集 1999年
  • 不妊治療施設における看護者の役割機能と関連要因の分析
    母性衛生 1998年
  • 不妊治療施設における看護者の役割機能を構成する因子の分析
    第18回日本看護科学学会学術集会講演集 1998年
  • 不妊夫婦の治療生活および夫婦関係の認知に関する分析
    日本助産学会誌 第11回日本助産学会学術集会集録 1997年
  • 分娩期ケアの質の評価ー助産婦自身による評価に焦点をあててー(共同)
    第10回日本助産学会学術集会集録 1996年
  • 分娩期のケアの質の評価ー産婦と助産婦による評価の検討ー(共同)
    第15回日本看護科学学会講演集 1995年

MISC

  • 女性がん患者のリプロダクティブヘルスに関するオンコロジーナースの学習と連携のニーズ 妊孕性温存療法に焦点を当てて
    森 明子, 樺澤 三奈子, 松尾 七重, 林 直子, 中山 直子
    日本がん看護学会誌 31 137-144 2017年04月
  • 男性不妊の看護に対する不妊症看護認定看護師の意識と実践
    森明子, 朝澤恭子, 星るり子, 湯村寧
    厚生労働省 子ども・子育て支援推進調査研究事業「我が国における男性不妊に対する検査・治療 に関する調査研究」報告書 2016年
  • オンコロジーナースの妊孕性温存療法に関する女性がん患者への対応の困難とチーム間連携における要望
    森 明子, 樺澤 三奈子, 松尾 七重, 林 直子
    日本がん看護学会誌 30(Suppl.) 276-276 2016年01月
  • がん生殖医療の視点から女性がん患者のリプロダクティブヘルスに関する選択を支援するための看護を考える
    森明子, 林直子, 樺澤三奈子, 松尾七重
    日本看護科学学会学術集会講演集 35th 454-454 2015年11月
  • 女性がん患者のリプロダクティブヘルスに関する研究の動向と看護教育プログラムへの示唆
    林直子, 森明子, 鈴木久美, 中山直子, 高橋奈津子, 樺澤三奈子, 府川晃子, 大畑美里, 本田晶子, 宇都宮明美, 池口佳子, 櫻井文乃, 細田志衣, 前田邦枝, 増澤祐子
    日本がん看護学会誌 29(Suppl.) 168-168 2015年01月
  • 平成23~25年度科学研究費補助金基盤研究A 臨地実習適正化のための看護系大学共用試験CBTの実用化と教育カリキュラムへの導入研究成果報告書
    柳井晴夫, 麻原きよみ, 井部俊子, 及川郁子, 大久保暢子, 亀井智子, 萱間真美, 中山和弘, 林直子, 松谷美和子, 森明子, 山田雅子, 伊藤圭, 椎名久美子, 岩堀淳一郎, 岩本幹子, 植田喜久子, 太田喜久子, 菅田勝也, 真田弘美, 金城芳秀, 工藤真由美, 小林康江, 小山眞理子, 近藤真紀子, 佐伯圭一郎, 佐藤千史, 志自岐康
     2014年03月
  • 【不妊・妊孕性 生涯にわたり子どもを得る能力への支援】 不妊治療の動向と問題点、看護職はどのように関わるのか.
    森 明子
    Birth 2(4) 13-19 2013年08月
  • 聖路加・テルモ共同研究事業"ルカ子ウィメンズヘルス・カフェ"開催報告.
    實崎 美奈, 森 明子
    聖路加看護大学紀要 39 56-60 2013年03月
  • 不妊症治療-現状の課題と将来への展望-不妊症治療カップルへの心理的ケア 不妊症看護認定看護師の役割
    森 明子
    母子保健情報 66 66-70 2012年12月
  • 聖路加看護大学看護実践開発研究センターにおける継続教育の現状と課題 認定看護師(不妊症看護・がん化学療法看護・訪問看護)教育課程に焦点を合わせて.
    松谷 美和子, 森 明子, 實崎 美奈, 林 直子, 大畑 美里, 本田 晶子
    聖路加看護大学紀要 38 81-85 2012年03月
  • 認定看護師に期待される専門性 不妊症看護
    森 明子
    からだの科学 増刊 70-71 2010年07月
  • 不妊症看護認定看護師教育課程の評価と課題
    實崎 美奈, 森 明子
    日本生殖看護学会誌 7(1) 20-26 2010年06月
  • 【認定看護17分野のトゥデイズ・ケア】 不妊症看護 がん治療における生殖機能の保護.
    森 明子
    ナーシング・トゥデイ 25(4) 80-83 2010年03月
  • 【PBLは報われる】PBL教育が生まれた背景と概要
    森 明子, 大隅 香
    看護教育 50(12) 1166-1071 2009年12月
  • 臨地実習生の質の確保のための看護系大学共用試験(CBT)開発研究のためのアンケート調査結果の概要
    柳井晴夫, 麻原きよみ, 井部俊子, 及川郁子, 大久保暢子, 奥裕美, 小口江美子, 片岡弥恵子, 亀井智子, 萱間真美, 鶴若麻里, 外崎明子, 中山和弘, 廣瀬清人, 松谷美和子, 森明子, 安ケ平伸枝, 井上智子, 佐藤千史, 菅田勝也, 津島明人, 高木廣文, 林直子, 伊藤圭, 荘島宏二郎, 小山眞理子, 志自岐康子
    文部科学省科学研究費基盤研究(A)課題番号 報告書 1-38 2009年03月
  • 【診療報酬として評価しうる看護技術を提案する】排卵誘発における自己注射指導管理
    森 明子, 有森 直子
    EB Nursing 9(1) 44-51 2008年12月
  • 【めざせスペシャリスト!ステップアップのための最新資格ガイド】認定看護師 不妊症看護認定看護師
    森 明子
    ナーシング 28(5) 64-68 2008年04月
  • 幼稚園・保育園年長児向けのプログラム“自分のからだを知ろう“に対する評価指標の検討
    大久保暢子, 松谷美和子, 田代順子, 岩辺京子, 今井敏子, 後藤桂子, 菱沼典子, 佐居由美, 白木和夫, 中山久子, 有森直子, 森明子, 石本亜希子, 瀬戸山陽子, 三森寧子, 印東桂子, 村松純子, 山崎好美
    聖路加看護大学紀要(34) 36-45 2008年03月
    本研究の目的は, 幼稚園・保育園年長児を対象としたプログラム“自分のからだを知ろう”に対する評価指標を検討し, OUTCOME モデルを提示することである。研究方法は, からだの知識7系統(消化器, 呼吸器,泌尿器, 循環器, 筋骨格, 神経, 生殖器) で構成されている紙芝居, 臓器T シャツ, 絵本を幼稚園・保育園の年長児に行い, 保護者にプログラムの感想とからだの知識に関するアンケート調査を行い, その内容をカテゴリー化した。さらにカテゴリーでOUTCOME モデルを作成し, 仮説モデルと比較検討を行った。倫理的配慮は, 研究倫理審査委員会で承認を得ると共に, プログラム実施時およびアンケート配布時に研究参加の自由意思, データの守秘等を考慮した。結果, 幼稚園・保育園年長児の子ども側とその親側の両側面からカテゴリーが抽出でき, OUTCOME モデルが作成できた。OUTCOME モデルは仮説モデルの内容をおおよそ支持できる内容であったが, モデル内の変数間
  • 私たちは患者さんの性の悩みにどう向き合っているか 不妊症看護における性の視点
    森 明子
    看護学雑誌 72(2) 13-17 2008年02月
  • My Dear あなたの身近な人が不妊で悩んでいたら
    フィンレージの会
     2007年12月
  • 413 不妊当事者の選択をサポートする環境作り : コミュニティのエンパワーメントを推進するアウトリーチ活動(Group69 不妊2,一般演題ポスター,第48回日本母性衛生学会総会)
    森 明子, 清水 清美, 永森 久美子, 桃井 雅子
    母性衛生 48(3) 2007年09月
  • 子どもと学ぼう、からだのしくみ あなたはどれくらいからだを知っていますか? 駅伝シンポジウムにみるPeople-centered Careの発展過程
    聖路加看護学会誌 11(1) 116-124 2007年06月 [査読有り]
  • 5歳児向けの「自分のからだを知ろう」健康教育プログラム 消化器系の評価
    松谷美和子, 看護教育学, 菱沼典子, 佐居由美, 中山久子, 山崎好美, 大久保暢子, 石本亜希子, 田代順子, 白木和夫, 森明子, 有森直子, 岩辺京子, 今井敏子, 島田多佳子, 西田みゆき, 木村千恵子, 多田敦子, 三森寧子, 相沢身江子, 瀬戸山陽子, 臺有桂, 村松純子, 原瑞恵
    聖路加看護大学紀要 33 48-54 2007年03月 [査読有り]
  • 志望動機の比較 学部4年次教育課程と大学院修士課程において
    桃井 雅子, 片岡 弥恵子, 森 明子, 有森 直子, 江藤 宏美, 大隅 香, 堀内 成子, 小陽 美紀, 土屋 円香
    日本助産学会誌 20(3) 127-127 2007年02月
  • 不妊の女性(家族)に寄り添う
    森明子
    助産師 61(4) 26-28 2007年
  • 第1特集 生殖補助医療と看護の役割 自助グループと看護職の協働‐全国行脚の試み‐
    森明子
    臨床看護 33(6) 885-887 2007年
  • My Choice 不妊治療わたしらしい選択のために
    フィンレージの会
     2006年12月
  • 書評 荒木重雄、福田貴美子編著『体外受精ガイダンス 第2版』
    森明子
    臨床婦人科産科 60(9) 1217 2006年09月
  • 助産実践能力の比較 - 学部4年次教育課程と大学院修士過程において -
    桃井雅子, 片岡弥恵子, 森明子, 有森直子, 江藤宏美, 小陽美紀, 土屋円香, 大隅香, 堀内成子
    平成17年度日本助産学会研究助成金(学術奨励研究助成)研究報告書 2006年04月
  • 大学院ウィメンズヘルス・助産学専攻の開設と国際交流協定の活用
    江藤宏美, 堀内成子, 森明子, 有森直子, 片岡弥恵子, 桃井雅子, 小陽美紀, 土屋円香
    聖路加看護大学紀要(32) 28-36 2006年03月
    聖路加看護大学大学院(修士課程) に, ウィメンズヘルス・助産学専攻を増設し, 2005年4月より新しい教育をスタートした。 創設に当たっては, 学内外での調整と, 事前相談を重ねた。 ウィメンズヘルス・助産学は「研究者コース」と「上級実践コース」があるが, 後者のコースでは国家試験受験資格を得ようとするものは,修士課程での修了要件のほかに, 助産師国家試験受験資格に必要な指定規則の単位数を選択履修するということで認可を受けた。 大学院での助産教育を考える上で, 姉妹校であるオレゴン・ヘルスサイエンス大学(OHSU) からファカルティを2004年8月に招聘し, セミナーを開催した。OHSU と本校のカリキュラムの紹介・比較と教育講演, 演習と実習施設の見学を行った。 また, 2005年2月にOHSU を訪問し, 選択科目の「国際協働論」の開講準備のために, 助産学生の実習施設を中心に複数の施設を視察し, リソース・パーソンとしての研究者たちと会
  • 患者会と共同制作した不妊に悩む人のための冊子『My Choice 不妊治療わたしらしい選択のために』
    森明子
    看護教育 47(5) 394-398 2006年
  • ヘルスボランティア活動をしている看護学生の学習ニーズと学習支援のあり方
    香春知永, 田代順子, 及川郁子, 小澤道子, 平林優子, 菱沼典子, 酒井昌子, 宮崎紀枝, 三橋恭子, 森明子
    聖路加看護学会誌 9(1) 11-17 2005年
  • 私の考える、いのちを大切にした不妊ケア
    森明子
    香川母性衛生学会誌 5(1) 10-15 2005年
  • 不妊治療と不妊看護‐不妊治療におけるインフォームド・チョイスを支援するということ
    森明子
    助産雑誌 59(10) 900-905 2005年
  • 不妊における性の問題とカップルへの支援
    森明子
    日本不妊看護学会誌 2(1) 55-58 2005年
  • 不妊治療中の女性がストレスを軽減できるようなケアプログラムにおける教材開発
    森 明子, 小陽 美紀, 堀内 成子, 桃井 雅子, 有森 直子
    日本看護科学学会学術集会講演集 24回 597-597 2004年12月
  • ヘルス・ボランティア指向のある看護大学生の『身近な健康問題とケア』の認識とボランティア経験
    三橋 恭子, 田代 順子, 小澤 道子, 菱沼 典子, 川越 博美, 森 明子, 荒木田 美香子, 村井 文江, 野口 真貴子
    聖路加看護学会誌 8(1) 36-43 2004年06月
    看護学生の地域でのプライマリ・ヘルス (身近な健康) 関連ボランティア活動を,大学として積極的に支援する学習プログラム(「サービス・ラーニング」)の開発が重要となってきている。本研究の目的は,ヘルス・ボランティアを指向する看護大学生が認識する身近な健康問題とケア,ボランティア活動経験,そして学生がボランティア活動に際し望む支援体制を明らかにすることである。研究参加者は,公募で応募したボランティア指向のある看護大学生16名であった。研究方法は,フォーカス・グループ(Kreuger,2000)で研究者らが開発したインタビューガイドを用いて得た情報を逐語録とし内容分析した。計画書は,聖路加看護大学研究倫理委員会で審査され承認を得た。結果,看護大学生の身近な健康課題は生活習慣や人間関係における精神的ストレスで,学生は,これらの身近な健康課題を認識しているが行動に移せない状況を語った。学生にとって身近な他者とその健康問題は,離れて暮らす家族の慢性疾患管理や友人の悩みで,それらの相談にのる等で,大学で学んだ健康知識や健康サービス情報をケアに活用していた。研究協力者のうち13名がボランティア経験を持ち,進学を意識し,病院ボランティアの経験を持つ者もいた。活動の場として,病院や在宅ケアでの,また開発途上国でのボランティアが語られた。看護大学生の身近という範囲は家族や友人であり,地域・社会でのボランティア活動は身近とは認識されていなかったが,その経験からの学びを得ていた。学生の身近な健康(プライマリ・ヘルス)に関連する活動を支援するプログラム開発を早急に大学として検討していく必要があることが示唆された。本研究は平成14年度科学研究費助成金により行った。
  • 日本不妊看護学会の設立にあたって
    森明子
    ペリネイタルケア 23(2) 65-67 2004年
  • 第17回日本助産学会学術集会集録一般演題 (口演)(その1)
    大関 信子, 新道 幸恵, 玉熊 和子, 益田 早苗, 田中 克枝, 高橋 佳子, 高田 昌代, 新田 真弓, 平澤 美恵子, 松岡 恵, 村上 睦子, 田母神 裕美, 岸田 佐智, 内藤 和子, 藤本 栄子, 堀内 成子, 森 明子, 恵美須 文枝, 岩澤 和子
    日本助産学会誌 16(3) 90-97 2003年
  • 生殖医療といのち
    森明子
    現代と親鸞(4) 51-102 2003年
  • 助産モデルの展開を阻む現実―病院に勤務する助産師から見たケアシステムの問題点―
    堀内成子, 森明子, 恵美須文枝, 藤本栄子, 岸田佐智, 内藤和子, 岩澤和子
    日本助産学会誌 17(1) 47-53 2003年
  • 特集:家族の意思決定を支援する「不妊治療に関わる家族の意思決定」
    野嶋佐由美, 渡辺裕子編, 森明子ほか
    家族看護 1(1) 70-78 2003年
  • Women’s Healthと性暴力被害者支援‐医療関係者のためのカナダ研修に参加して
    江藤宏美, 森明子, 三橋恭子, 片岡弥恵子
    聖路加看護大学紀要(29) 32-39 2003年
  • わが国における初の遺伝看護教育プログラム 一般看護職向けの遺伝看護セミナー
    溝口 満子, 有森 直子, 守田 美奈子, 安藤 広子, 中込 さと子, 森 明子, 堀内 成子
    Quality Nursing 8(8) 675-684 2002年08月
  • 生殖医療といのち
    森明子
    あんじゃり(3) 20-23 2002年
  • 卒業時の学生によるカリキュラム評価の推移 1995~1997年度入学生
    小澤道子, 森明子, 久代和加子, 桃井雅子, 片桐和子, 堀内成子, 園城寺康子, 菊田文夫
    聖路加看護大学紀要(28) 39-49 2002年
  • 聖路加看護大学電子図書館看護用語シソーラス作成の課題
    松本直子, 森明子, 久代和加子, 横山美樹
    聖路加看護大学紀要(28) 90-97 2002年
  • ファカルティによる臨床看護実践 カリフォルニア大学サンフランシスコ校を訪ねて
    森明子, 片桐麻州美, 長江弘子, 中山久子
    聖路加看護大学紀要(28) 98-105 2002年
  • 日本不妊看護ネットワーク(J.I.N.N.)の活動
    森明子
    助産婦雑誌 56(2) 33-37 2002年
  • Stressors and coping mechanisms of nurses caring for patients undergoing treatment for infertility
    J.Jpn.Acad.Mid. Vol.16,No.1,pp.24-34 2002年
  • A comparison of reproductive health knowledge between Malawi and Japanese women
    EthelFortunateNASORO,Naoko Arimori, Akiko Mori, Shigeko Horiuchi
    聖路加看護大学紀要(28) 106-115 2002年 [査読有り]
  • 看護職に必要な遺伝看護実践能力(2) デルファイ調査・看護職の回答から
    有森 直子, 中込 さと子, 溝口 満子, 守田 美奈子, 安藤 広子, 森 明子, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 21回 220-220 2001年12月
  • 看護職に必要な遺伝看護実践能力(1) 遺伝医療現場の実態調査
    中込 さと子, 有森 直子, 溝口 満子, 安藤 広子, 守田 美奈子, 森 明子, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 21回 72-72 2001年12月
  • 「不妊患者支援のための看護ガイドライン-不妊の検査と治療のプロセス-」の作成
    森 明子, 有森 直子, 岸田 佐智, 村本 淳子, 清水 清美, 長岡 由紀子, 浅見 万里子, 福井 トシ子, 高崎 由佳理, 福田 貴美子
    日本不妊学会雑誌 46(4) 382-382 2001年10月
  • 家族計画の実施における国際比較 マラウイと日本(A Comparison of Reproductive Health Knowledge Between Malawian and Japanese women)
    Nasoro Ethel Fortunate, 有森 直子, 森 明子, 堀内 成子
    聖路加看護学会誌 5(2) 27-27 2001年09月
  • JICAブラジル母子保健プロジェクトとの協働:母性看護・助産学研究室における国際協力
    堀内成子, 有森直子, 片桐麻州美, 岡村晴子, 桃井雅子, 森明子, 三橋恭子, 毛利多恵子
    聖路加看護大学紀要(27) 26-34 2001年03月
    本学母性看護・助産学研究室においては,1996年よりブラジル国家家族計画母子保健プロジェクトとの関わりをもって活動してきた。その経過をWHOプライマリーヘルスケア看護開発協力センターのメンバーとしての観点から見直し,今後の課題を模索した。このプロジェクトは,ブラジル東北部の母子保健状況の改善を目指して,連邦政府保健省と州政府およびJICAによって,セアラ州で1996年から2001年までの5年間の予定で開始された。主な活動は,保健従事者の能力を強化することにより母子保健サービスを向上させることである。初期の調査により,・世界一高い帝王切開率に見られるような極端な医療介入が行われている一方,産婦の立場を配慮しない非人間的な対応が女性たちの生の声からあがってきた。この現実に対し,周産期医療の改善に焦点を当て,女性やこどもに対する人間的なケアの推進を行い,助産というケア概念の導入を試みた。本稿では,人材の紹介と派遣,人材育
  • プライマリヘルスケアに基づく看護モデルの開発-高齢社会における看護モデルの開発-(共同)
    菱沼典子, 田代順子, 森明子, 成瀬和子, 酒井禎子, 水野恵理子, 斎藤和子
    平成12年度厚生労働省医療技術評価総合研究事業報告書 28-32 2001年
  • 不妊とコンサルテーション 看護の立場から
    有森直子, 森明子
    日本不妊学会誌 46(1) 7-10 2001年
  • 不妊治療を受けている患者・家族に対する看護支援ガイドラインの作成とネットワークの構築に関する研究
    平成12年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 2(7) 243-305 2001年
  • マタニティサイクルにある女性と子どもに対する継続的な一貫したケアの提供に関する検討 母親学級の改革とその評価
    中窪 優子, 新 秋枝, 斉藤 京子, 黒川 寿美江, 田口 亜紀, 秋屋 伸子, 池永 玲子, 伊藤 綾夏, 三橋 恭子, 有森 直子, 堀内 成子, 森 明子, 大久保 功子
    聖路加健康科学誌 7〜8 1-8 2000年10月
    母親学級の改革を実施し,質問紙調査により得た妊産婦からの評価をデータとして改革の効果を検討した.その結果,大人数制から小人数制に変えることで友人ができたとする妊産婦が有意に増え,母親学級に対する満足度も有意に高かった.小人数・担当制では,母親学級担当者が出産時にケアを行った場合の出産に対する満足度や出産の評価が有意に高かった.母親学級の改革は妊産婦からよい評価を得た
  • 産褥3ヵ月迄の母子の眠りの関連性
    江藤 宏美, 堀内 成子, 森 明子, 三橋 恭子, 有森 直子, 片桐 麻州美, 桃井 雅子, 岡村 晴子
    日本助産学会誌 13(3) 120-121 2000年03月
  • 不妊治療を受けている夫婦の看護3つのポイント
    森明子
    Expert Nurse 16(9) 18-20 2000年
  • 不妊治療を受けている患者・家族に対する看護支援ガイドラインの作成とネットワークの構築に関する研究
    平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 第2(6) 487-506 2000年
  • プライマリヘルスケアに基づく看護実践・教育・研究に関する文献レビュー
    菱沼典子, 森明子, 片桐麻州美, 久代和加子, 酒井禎子, 成瀬和子, 齋藤和子
    聖路加看護大学紀要(26) 59-71 2000年
  • 不妊治療施設における看護者のジレンマ・ストレスの分析
    森 明子, 有森 直子, 村本 淳子
    日本助産学会誌 12(3) 196-199 1999年05月
  • 【助産婦教育 どこで行うか 質と量の確保】 4年制大学での助産婦教育 聖路加看護大学の助産教育
    有森 直子, 片桐 麻州美, 片岡 弥恵子, 森 明子, 三橋 恭子, 桃井 雅子, 堀内 成子
    助産婦雑誌 53(4) 291-295 1999年04月
  • 不妊治療施設における看護者の役割機能と関連要因の分析
    森 明子, 有森 直子, 村本 淳子
    母性衛生 39(3) 172-172 1998年09月
  • 看護婦・助産婦等の不妊治療を受ける患者・家族への関わりに関する調査 -看護の役割機能に焦点をあてて-
    平成9年度厚生省心身障害研究報告書 17-33 1998年
  • The Study of Nurses' Perception on Infertility Treatment and Nursing Care
    JANS Third International Nursing Research Conference Proceeding 239 1998年
  • Problem-Based Learningの教材開発-看護学士課程における一科目での試み-
    日本看護学教育学会 第7回日本看護学教育学会 7(2) 189 1997年
  • 新しい教育方法の試み-妊娠期看護のProblem-Based Learning
    聖路加看護大学紀要 23 29-39 1997年
  • 不妊治療を受けている女性の治療・生活・家族に関する認識を構成する因子の分析
    平成8年度厚生省心身障害研究・不妊治療の在り方に関する研究報告書 1997年
  • Problem-Based Learning におけるテュータの体験の分析
    三橋 恭子, 毛利 多恵子, 石井 美里, 佐藤 直美, 加納 尚美, 森 明子, 堀内 成子, 小山 眞理子, 桃井 雅子, 井村 真澄, 土田 桂子
    日本看護学教育学会誌 6(2) 1996年07月
  • 分娩期のケアの質の評価 : 助産婦のケアを構成する因子の分析
    内藤 和子, 森 明子, 堀内 成子, 岩澤 和子, 恵美須 文枝, 鈴木 節子, 岸田 佐智, 藤本 栄子
    日本助産学会誌 9(2) 107-110 1996年03月
  • 分娩期のケアの質の評価 : 産婦と助産婦による評価の検討
    藤本 栄子, 岸田 佐智, 森 明子, 堀内 成子, 岩澤 和子, 恵美須 文枝, 内藤 和子, 鈴木 節子
    日本助産学会誌 9(2) 111-114 1996年03月
  • 分娩期ケアの質の評価 : 産婦自身による評価に焦点をあてて
    鈴木 節子, 森 明子, 堀内 成子, 岩澤 和子, 恵美須 文枝, 岸田 佐智, 藤本 栄子, 内藤 和子
    日本看護科学会誌 15(3) 1995年12月
  • 患者と看護婦による看護ケア評価の分析
    山田 雅子, 堀内 成子, 太田 喜久子, 岡谷 恵子, 高田 早苗, 森 明子, 小山 眞理子, 小松 浩子, 岩澤 和子, 井部 俊子, 飯塚 京子, 清水 喜美子, 南 裕子, HOLZEMER William L
    日本看護科学会誌 15(3) 1995年12月
  • Quality Assessment of Intrapartum Care : Focused on Assessment by Midwives
    Second International Nursing Research Conference proceedings 100-101 1995年
  • 看護ケアの質の測定用具の開発・洗練 -「該当せず」への回答状況と理由の分析- (共著)
    日本看護科学学会誌 14(3) 1994年
  • 妊産褥婦の看護ケアの質の測定(共著)
    日本看護科学会誌 13(3) 184-185 1993年
  • 看護ケアの質の測定用具の開発(4)-看護ケアの質を構成する因子の検討-(共著)
    看護管理 3(7) 494-499 1993年
  • 看護ケアの質の測定用具の開発(3)-看護ケアの質を構成する因子の検討-(共著)
    看護管理 3(5) 340-348 1993年
  • 看護ケアの質の測定用具の開発(2)-看護ケアの質を構成する因子の検討-(共著)
    看護管理 3(4) 274-280 1993年
  • 看護ケアの質の測定用具の開発(1)-看護ケアの質を構成する因子の検討-(共著)
    看護管理 3(3) 188-192 1993年
  • Instrument Development(4) -Identifying Elements of Quality of Nursing Care
    Japanese Journal of Nursing Administration 3(7) 494-499 1993年
  • Instrument Development(3) -Identifying Elements of Quality of Nursing Care
    Japanese Journal of Nursing Administration 3(5) 340-348 1993年
  • Instrument Development(2) -Identifying Elements of Quality of Nursing Care
    Japanese Journal of Nursing Administration 3(4) 274-280 1993年
  • Instrument Development(1) -Identifying Elements of Quality of Nursing Care-
    Japanese Journal of Nursing Administration 3(3) 188-192 1993年
  • A Study of Literature on Psychosocial Aspects of Infertility : An Overview
    (5) 109-118 1992年
  • The Trend of the Nursing Research for Infertility -Focusing Psychological Aspects-
    Journal of Japan Academy of Midwifery 6(1) 12-22 1992年
  • 卒業時の学生によるカリキュラム評価
    小澤道子, 助川尚子, 菊田文夫, 堀内成子, 森明子, 久代和加子, 桃井雅子, 藏屋 千秋, 池谷桂子, 片桐和子
    聖路加看護大学紀要(26) 133-143
    本報告は、1995年にスタートした改訂カリキュラムで学習した学生達が卒業する年を迎え、学生側のカリキュラムに対する満足度と教科カリキュラムの順序性と統合性に対する意識を知ることを目的に卒業直前の4年生57人を対象に質問紙法を用いて調査した。 質問紙の内容は、教科カリキュラムの統合性を知るために「総合看護・看護研究II」と履修した科目との関連、カリキュラムの満足の度合とその理由、授業や教育システムに対する評価などである。なお、授業や教育システムに関する項目は、ベネッセ文教総研(1997)より10項目を使用した。結果: ①「総合看護・看護研究II」の学習には履修教科目が関連していた人は、約8割であり、また、科目群間の満足度の相関では、「総合看護・看護研究II」と実習科目・専門科目・基礎科目群と有意な相関があった。 ②カリキュラムに対する満足度は、全体的に高い傾向であり、「総合看護・看護研究II」・専門科目群、実習科目群の順に満
  • 助産課程における診断能力を育む教授方法の試み - 小グループによる事例学習を用いて -
    佐藤直美, 有森直子, 片桐麻州美, 片岡弥恵子, 三橋恭子, 森明子, 堀内成子
    聖路加看護大学紀要(24) 60-65
    本学における助産教育は、習得した知識を統合し独自な診断や対象に合った個別性のあるケアが実践できる助産婦の育成をめざしてきた。しかし、助産に必要な知識の習得を講座中心に進めてきた従来の理論期では実際の臨床の場で、出産に関する状況や事象の理解を深める機会が少なかった。したがって実習における場において、受け持った事例に知識を応用し助産診断、ケアを十分に実践していくことが難しい現状にある。 本年度の助産課程の理論期においては、とくに診断能力を強化するために小グループ制で事例を展開し、かつ設定した事例の状況のイメージ化や知識の統合がはかれるように、学内演習や特別講義、臨地実習を組み入れた新しい教育方法と教材開発の試みを行った。 本稿では、この新しい教育方法の検討と展開までのプロセスを報告する。

受賞

  • 2012年09月 日本生殖看護学会 日本生殖看護学会設立10周年記念論文賞 不妊治療初期の女性に対するストレスマネジメント・サポートプログラムの開発と評価
  • 2010年12月 日本看護科学学会 平成22年度 日本看護科学学会 学術論文 優秀賞
  • 2005年 日本看護科学学会 第4回学術論文奨励賞
  • 2003年 日本私立看護系大学協会 看護学研究奨励賞

競争的資金

  • 一般不妊治療を受ける女性患者に対する指導管理プログラムの効果
    文部科学省:科学研究費補助金基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 - 2019年03月  
  • 月経異常の理解とセルフケアを促進する青年期女子教育プログラムの開発
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 - 2016年03月  
  • 妊娠を望む女性の気がかりとプレコンセプション・サポートの検討
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2010年04月 - 2013年03月  
  • 排卵誘発剤を使用する女性が安楽に安心して過ごすためのセルフケア支援モデルの効果
    :科学研究費補助金
    研究期間:2006年 - 2009年  
  • 当事者の選択をサポートする環境づくり:不妊をめぐるコミュニティのエンパワーメント
    :科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成
    研究期間:2003年 - 2007年  
  • 不妊治療中の女性が独りでストレスを抱え込まないためのプログラムの効果
    :科学研究費補助金
    研究期間:2003年 - 2005年  
  • Effects of the Stress Management Program for Infertile Women
    研究期間:2003年 - 2005年  
  • Practice guideline for the women who are damaged by domestic violence.
    研究期間:2002年  

教育活動情報

担当経験のある科目

  • ウィメンズヘルス・周産期看護 (聖路加国際大学)
  • ウィメンズヘルス特論Ⅱ (聖路加国際大学大学院)
  • セクシュアルヘルス (聖路加国際大学)
  • ヒューマン・セクシュアリティⅠ・Ⅱ (聖路加看護大学)
  • 家族発達看護論Ⅰ (聖路加看護大学)

社会貢献活動情報

社会貢献活動