詳細検索はこちら

大田 えりか オオタ エリカ

所属・職名:国際看護学  教授
連絡先:ota[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL:https://www.researchgate.net/profile/Erika_Ota2 
更新日: 17/05/31 05:11

研究者基本情報

学位

  • 保健学博士

プロフィール

    2001年聖路加看護大卒、02年日本赤十字社助産師学校卒、東京都教職員互助会三楽病院で助産師として勤務した後、06年に東京大学大学院母性看護学助産学教室にて保健学修士を取得、08年に同大学院で保健学博士を取得した。09年から東京医科歯科大学大学院リプロダクティブヘルス分野特任助教、10年エイズ予防財団リサーチ・レジデントを経て、12年より東京大学大学院国際保健政策学教室助教、13年より国立成育医療研究センター研究所政策開発研究室長、平成16年4月より現職。コクラン日本支部で、事務局長としてコクラン系統的レビューワークショップを行って普及活動を行う。現在、コクラン妊娠出産グループのアソシエイトエディターとして活躍し、世界保健機関ジュネーブ本部リプロダクティブヘルス部門や栄養部門のWHOガイドライン作成や共同研究に携わっている。

学歴

  • - 2009年東京大学大学院 医学系研究科
  • - 2001年聖路加看護大学

所属学協会

    助産学会 , EAFONS , Cochrane colloquium , 日本看護科学学会

委員歴

  • 2016年07月- 現在MINDS 診療ガイドライン作成支援専門部会委員
  • 2016年06月- 現在JANA 選挙管理委員
  • 2016年04月- 現在日本助産学会 学会誌編集委員
  • 2015年06月- 現在日本看護科学学会 研究・学術情報委員
  • 2015年04月- 現在WHO guideline expert committee (Nutrition) Guideline expert (methodologist)
  • 2014年02月- 現在コクラン日本支部 事務局長
  • 2014年02月- 現在Cochrane pregnancy and childbirth group Associate editor

研究活動情報

研究分野

  • 看護学 / 臨床看護学

研究キーワード

    系統的レビュー , 栄養疫学 , 国際看護学 , 母性看護学 , 助産学

論文

  • Allergic diseases in children with attention deficit hyperactivity disorder: a systematic review and meta-analysis.
    Miyazaki C, Koyama M, Ota E, Swa T, Mlunde LB, Amiya RM, Tachibana Y, Yamamoto-Hanada K, Mori R
    BMC psychiatry 17(1) 120 2017年03月 [査読有り]
  • Prevalence of early initiation of breastfeeding and determinants of delayed initiation of breastfeeding: secondary analysis of the WHO Global Survey.
    Takahashi K, Ganchimeg T, Ota E, Vogel JP, Souza JP, Laopaiboon M, Castro CP, Jayaratne K, Ortiz-Panozo E, Lumbiganon P, Mori R
    Scientific reports 7 44868 2017年03月 [査読有り]
  • Incidence and outcomes of uterine rupture among women with prior caesarean section: WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health.
    Motomura K, Ganchimeg T, Nagata C, Ota E, Vogel JP, Betran AP, Torloni MR, Jayaratne K, Jwa SC, Mittal S, Dy Recidoro Z, Matsumoto K, Fujieda M, Nafiou I, Yunis K, Qureshi Z, Souza JP, Mori R
    Scientific reports 7 44093 2017年03月 [査読有り]
  • Evaluating association between linguistic characteristics of abstracts and risk of bias: Case of Japanese randomized controlled trials.
    Yoneoka D, Ota E
    PloS one 12(3) e0173526 2017年03月 [査読有り]
  • Bed rest with and without hospitalisation in multiple pregnancy for improving perinatal outcomes.
    da Silva Lopes K, Takemoto Y, Ota E, Tanigaki S, Mori R
    The Cochrane database of systematic reviews 3 CD012031 2017年03月 [査読有り]
  • Iodine supplementation for women during the preconception, pregnancy and postpartum period.
    Harding KB, Peña-Rosas JP, Webster AC, Yap CM, Payne BA, Ota E, De-Regil LM
    The Cochrane database of systematic reviews 3 CD011761 2017年03月 [査読有り]
  • Effects of prenatal childbirth education for partners of pregnant women on paternal postnatal mental health and couple relationship: A systematic review.
    Suto M, Takehara K, Yamane Y, Ota E
    Journal of affective disorders 210 115-121 2017年03月 [査読有り]
  • Zika virus infection in pregnancy: a systematic review of disease course and complications.
    Chibueze EC, Tirado V, Lopes KD, Balogun OO, Takemoto Y, Swa T, Dagvadorj A, Nagata C, Morisaki N, Menendez C, Ota E, Mori R, Oladapo OT
    Reproductive health 14(1) 28 2017年02月 [査読有り]
  • Long-acting muscarinic antagonist (LAMA) plus long-acting beta-agonist (LABA) versus LABA plus inhaled corticosteroid (ICS) for stable chronic obstructive pulmonary disease (COPD).
    Horita N, Goto A, Shibata Y, Ota E, Nakashima K, Nagai K, Kaneko T
    The Cochrane database of systematic reviews 2 CD012066 2017年02月 [査読有り]
  • Impact of stillbirths on international comparisons of preterm birth rates: a secondary analysis of the WHO multi-country survey of Maternal and Newborn Health.
    Morisaki N, Ganchimeg T, Vogel JP, Zeitlin J, Cecatti JG, Souza JP, Pileggi Castro C, Torloni MR, Ota E, Mori R, Dolan SM, Tough S, Mittal S, Bataglia V, Yadamsuren B, Kramer MS, PREBIC Epidemiology Working Group and the WHO-MCS Research Network.
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 2017年02月 [査読有り]
  • Potential protective effect of lactation against incidence of type 2 diabetes mellitus in women with previous gestational diabetes mellitus: A systematic review and meta-analysis.
    Tanase-Nakao K, Arata N, Kawasaki M, Yasuhi I, Sone H, Mori R, Ota E
    Diabetes/metabolism research and reviews 2017年01月 [査読有り]
  • Interventions for promoting the initiation of breastfeeding.
    Balogun OO, O'Sullivan EJ, McFadden A, Ota E, Gavine A, Garner CD, Renfrew MJ, MacGillivray S
    The Cochrane database of systematic reviews 11 CD001688 2016年11月 [査読有り]
  • Progression-Free Survival, Response Rate, and Disease Control Rate as Predictors of Overall Survival in Phase III Randomized Controlled Trials Evaluating the First-Line Chemotherapy for Advanced, Locally Advanced, and Recurrent Non-Small Cell Lung Carcino
    Nakashima K, Horita N, Nagai K, Manabe S, Murakami S, Ota E, Kaneko T
    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer 11(9) 1574-1585 2016年09月 [査読有り]
  • Estimates of global, regional, and national incidence, prevalence, and mortality of HIV, 1980-2015: the Global Burden of Disease Study 2015.
    GBD 2015 HIV Collaborators, Wang H, Wolock TM, Carter A, Nguyen G, Kyu HH, Gakidou E, Hay SI, Mills EJ, Trickey A, Msemburi W, Coates MM, Mooney MD, Fraser MS, Sligar A, Salomon J, Larson HJ, Friedman J, Abajobir AA, Abate KH, Abbas KM, Razek MM, Abd-Allah F, Abdulle AM, Abera SF, Abubakar I, Abu-Raddad LJ, Abu-Rmeileh NM, Abyu GY, Adebiyi AO, Adedeji IA, Adelekan AL, Adofo K, Adou AK, Ajala ON, Akinyemiju TF, Akseer N, Lami FH, Al-Aly Z, Alam K, Alam NK, Alasfoor D, Aldhahri SF, Aldridge RW, Alegretti MA, Aleman AV, Alemu ZA, Alfonso-Cristancho R, Ali R, Alkerwi A, Alla F, Mohammad R, Al-Raddadi S, Alsharif U, Alvarez E, Alvis-Guzman N, Amare AT, Amberbir A, Amegah AK, Ammar W, Amrock SM, Antonio CA, Anwari P, Ärnlöv J, Artaman A, Asayesh H, Asghar RJ, Assadi R, Atique S, Atkins LS, Avokpaho EF, Awasthi A, Quintanilla BP, Bacha U, Badawi A, Barac A, Bärnighausen T, Basu A, Bayou TA, Bayou YT, Bazargan-Hejazi S, Beardsley J, Bedi N, Bennett DA, Bensenor IM, Betsu BD, Beyene AS, Bhatia E, Bhutta ZA, Biadgilign S, Bikbov B, Birlik SM, Bisanzio D, Brainin M, Brazinova A, Breitborde NJ, Brown A, Burch M, Butt ZA, Campuzano JC, Cárdenas R, Carrero JJ, Castañeda-Orjuela CA, Rivas JC, Catalá-López F, Chang HY, Chang JC, Chavan L, Chen W, Chiang PP, Chibalabala M, Chisumpa VH, Choi JY, Christopher DJ, Ciobanu LG, Cooper C, Dahiru T, Damtew SA, Dandona L, Dandona R, das Neves J, de Jager P, De Leo D, Degenhardt L, Dellavalle RP, Deribe K, Deribew A, Des Jarlais DC, Dharmaratne SD, Ding EL, Doshi PP, Driscoll TR, Dubey M, Elshrek YM, Elyazar I, Endries AY, Ermakov SP, Eshrati B, Esteghamati A, Faghmous ID, Farinha CS, Faro A, Farvid MS, Farzadfar F, Fereshtehnejad SM, Fernandes JC, Fischer F, Fitchett JR, Foigt N, Fullman N, Fürst T, Gankpé FG, Gebre T, Gebremedhin AT, Gebru AA, Geleijnse JM, Gessner BD, Gething PW, Ghiwot TT, Giroud M, Gishu MD, Glaser E, Goenka S, Goodridge A, Gopalani SV, Goto A, Gugnani HC, Guimaraes MD, Gupta R, Gupta R, Gupta V, Haagsma J, Hafezi-Nejad N, Hagan H, Hailu GB, Hamadeh RR, Hamidi S, Hammami M, Hankey GJ, Hao Y, Harb HL, Harikrishnan S, Haro JM, Harun KM, Havmoeller R, Hedayati MT, Heredia-Pi IB, Hoek HW, Horino M, Horita N, Hosgood HD, Hoy DG, Hsairi M, Hu G, Huang H, Huang JJ, Iburg KM, Idrisov BT, Innos K, Iyer VJ, Jacobsen KH, Jahanmehr N, Jakovljevic MB, Javanbakht M, Jayatilleke AU, Jeemon P, Jha V, Jiang G, Jiang Y, Jibat T, Jonas JB, Kabir Z, Kamal R, Kan H, Karch A, Karema CK, Karletsos D, Kasaeian A, Kaul A, Kawakami N, Kayibanda JF, Keiyoro PN, Kemp AH, Kengne AP, Kesavachandran CN, Khader YS, Khalil I, Khan AR, Khan EA, Khang YH, Khubchandani J, Kim YJ, Kinfu Y, Kivipelto M, Kokubo Y, Kosen S, Koul PA, Koyanagi A, Defo BK, Bicer BK, Kulkarni VS, Kumar GA, Lal DK, Lam H, Lam JO, Langan SM, Lansingh VC, Larsson A, Leigh J, Leung R, Li Y, Lim SS, Lipshultz SE, Liu S, Lloyd BK, Logroscino G, Lotufo PA, Lunevicius R, Razek HM, Mahdavi M, Majdan M, Majeed A, Makhlouf C, Malekzadeh R, Mapoma CC, Marcenes W, Martinez-Raga J, Marzan MB, Masiye F, Mason-Jones AJ, Mayosi BM, McKee M, Meaney PA, Mehndiratta MM, Mekonnen AB, Melaku YA, Memiah P, Memish ZA, Mendoza W, Meretoja A, Meretoja TJ, Mhimbira FA, Miller TR, Mikesell J, Mirarefin M, Mohammad KA, Mohammed S, Mokdad AH, Monasta L, Moradi-Lakeh M, Mori R, Mueller UO, Murimira B, Murthy GV, Naheed A, Naldi L, Nangia V, Nash D, Nawaz H, Nejjari C, Ngalesoni FN, de Dieu Ngirabega J, Nguyen QL, Nisar MI, Norheim OF, Norman RE, Nyakarahuka L, Ogbo FA, Oh IH, Ojelabi FA, Olusanya BO, Olusanya JO, Opio JN, Oren E, Ota E, Padukudru MA, Park HY, Park JH, Patil ST, Patten SB, Paul VK, Pearson K, Peprah EK, Pereira CC, Perico N, Pesudovs K, Petzold M, Phillips MR, Pillay JD, Plass D, Polinder S, Pourmalek F, Prokop DM, Qorbani M, Rafay A, Rahimi K, Rahimi-Movaghar V, Rahman M, Rahman MH, Rahman SU, Rai RK, Rajsic S, Ram U, Rana SM, Rao PV, Remuzzi G, Rojas-Rueda D, Ronfani L, Roshandel G, Roy A, Ruhago GM, Saeedi MY, Sagar R, Saleh MM, Sanabria JR, Santos IS, Sarmiento-Suarez R, Sartorius B, Sawhney M, Schutte AE, Schwebel DC, Seedat S, Sepanlou SG, Servan-Mori EE, Shaikh MA, Sharma R, She J, Sheikhbahaei S, Shen J, Shibuya K, Shin HH, Sigfusdottir ID, Silpakit N, Silva DA, Silveira DG, Simard EP, Sindi S, Singh JA, Singh OP, Singh PK, Skirbekk V, Sliwa K, Soneji S, Sorensen RJ, Soriano JB, Soti DO, Sreeramareddy CT, Stathopoulou V, Steel N, Sunguya BF, Swaminathan S, Sykes BL, Tabarés-Seisdedos R, Talongwa RT, Tavakkoli M, Taye B, Tedla BA, Tekle T, Shifa GT, Temesgen AM, Terkawi AS, Tesfay FH, Tessema GA, Thapa K, Thomson AJ, Thorne-Lyman AL, Tobe-Gai R, Topor-Madry R, Towbin JA, Tran BX, Dimbuene ZT, Tsilimparis N, Tura AK, Ukwaja KN, Uneke CJ, Uthman OA, Venketasubramanian N, Vladimirov SK, Vlassov VV, Vollset SE, Wang L, Weiderpass E, Weintraub RG, Werdecker A, Westerman R, Wijeratne T, Wilkinson JD, Wiysonge CS, Wolfe CD, Won S, Wong JQ, Xu G, Yadav AK, Yakob B, Yalew AZ, Yano Y, Yaseri M, Yebyo HG, Yip P, Yonemoto N, Yoon SJ, Younis MZ, Yu C, Yu S, Zaidi Z, Zaki Mel S, Zeeb H, Zhang H, Zhao Y, Zodpey S, Zoeckler L, Zuhlke LJ, Lopez AD, Murray CJ
    The lancet. HIV 3(8) e361-87 2016年08月 [査読有り]
  • Japanese secular trends in birthweight and the prevalence of low birthweight infants during the last three decades: A population-based study.
    Takemoto Y, Ota E, Yoneoka D, Mori R, Takeda S
    Scientific reports 6 31396 2016年08月 [査読有り]
  • Additive-manufactured patient-specific titanium templates for thoracic pedicle screw placement: novel design with reduced contact area.
    Takemoto M, Fujibayashi S, Ota E, Otsuki B, Kimura H, Sakamoto T, Kawai T, Futami T, Sasaki K, Matsushita T, Nakamura T, Neo M, Matsuda S
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 25(6) 1698-1705 2016年06月 [査読有り]
  • Maternal and Child Health in Mongolia at 3 Years After Childbirth: A Population-Based Cross-Sectional Descriptive Study.
    Takehara K, Dagvadorj A, Hikita N, Sumya N, Ganhuyag S, Bavuusuren B, Ota E, Haruna M, Yoshida M, Kita S, Noma H, Mori R
    Maternal and child health journal 20(5) 1072-1081 2016年05月 [査読有り]
  • Vitamin supplementation for preventing miscarriage.
    Balogun OO, da Silva Lopes K, Ota E, Takemoto Y, Rumbold A, Takegata M, Mori R
    The Cochrane database of systematic reviews 5(5) CD004073 2016年05月 [査読有り]
  • Diagnostic test accuracy of D-dimer for acute aortic syndrome: systematic review and meta-analysis of 22 studies with 5000 subjects.
    Watanabe H, Horita N, Shibata Y, Minegishi S, Ota E, Kaneko T
    Scientific reports 6 26893 2016年05月 [査読有り]
  • Monoclonal antibody therapy for Kawasaki disease: a protocol for systematic reviews and meta-analysis.
    Nomura O, Fukuda S, Ota E, Ono H, Ishiguro A, Kobayashi T
    Systematic reviews 5(1) 60 2016年04月 [査読有り]
  • Hospitalization risk factors for children's lower respiratory tract infection: A population-based, cross-sectional study in Mongolia.
    Dagvadorj A, Ota E, Shahrook S, Baljinnyam Olkhanud P, Takehara K, Hikita N, Bavuusuren B, Mori R, Nakayama T
    Scientific reports 6 24615 2016年04月 [査読有り]
  • Erratum to: 'Tocolysis for inhibiting preterm birth in extremely preterm birth, multiple gestations and in growth-restricted fetuses: a systematic review and meta-analysis'.
    Miyazaki C, Garcia RM, Ota E, Swa T, Oladapo OT, Mori R
    Reproductive health 13 22 2016年03月 [査読有り]
  • A global reference for caesarean section rates (C-Model): a multicountry cross-sectional study.
    Souza JP, Betran AP, Dumont A, de Mucio B, Gibbs Pickens CM, Deneux-Tharaux C, Ortiz-Panozo E, Sullivan E, Ota E, Togoobaatar G, Carroli G, Knight H, Zhang J, Cecatti JG, Vogel JP, Jayaratne K, Leal MC, Gissler M, Morisaki N, Lack N, Oladapo OT, Tunçalp Ö, Lumbiganon P, Mori R, Quintana S, Costa Passos AD, Marcolin AC, Zongo A, Blondel B, Hernández B, Hogue CJ, Prunet C, Landman C, Ochir C, Cuesta C, Pileggi-Castro C, Walker D, Alves D, Abalos E, Moises E, Vieira EM, Duarte G, Perdona G, Gurol-Urganci I, Takahiko K, Moscovici L, Campodonico L, Oliveira-Ciabati L, Laopaiboon M, Danansuriya M, Nakamura-Pereira M, Costa ML, Torloni MR, Kramer MR, Borges P, Olkhanud PB, Pérez-Cuevas R, Agampodi SB, Mittal S, Serruya S, Bataglia V, Li Z, Temmerman M, Gülmezoglu AM
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 123(3) 427-436 2016年02月 [査読有り]
  • Factors Influencing Exclusive Breastfeeding in Early Infancy: A Prospective Study in North Central Nigeria.
    Balogun OO, Kobayashi S, Anigo KM, Ota E, Asakura K, Sasaki S
    Maternal and child health journal 20(2) 363-375 2016年02月 [査読有り]
  • Immobilization of proteins onto microbeads using a DNA binding tag for enzymatic assays.
    Kojima T, Mizoguchi T, Ota E, Hata J, Homma K, Zhu B, Hitomi K, Nakano H
    Journal of bioscience and bioengineering 121(2) 147-153 2016年02月 [査読有り]
  • Maternal anemia and risk of adverse birth and health outcomes in low- and middle-income countries: systematic review and meta-analysis.
    Rahman MM, Abe SK, Rahman MS, Kanda M, Narita S, Bilano V, Ota E, Gilmour S, Shibuya K
    The American journal of clinical nutrition 103(2) 495-504 2016年02月 [査読有り]
  • Effects of prenatal childbirth education for partners of pregnant women on paternal postnatal mental health: a systematic review and meta-analysis protocol.
    Suto M, Takehara K, Yamane Y, Ota E
    Systematic reviews 5 21 2016年02月 [査読有り]
  • Supplementation with multiple micronutrients for breastfeeding women for improving outcomes for the mother and baby.
    Abe SK, Balogun OO, Ota E, Takahashi K, Mori R
    The Cochrane database of systematic reviews 2 CD010647 2016年02月 [査読有り]
  • Association between physical performance and cardiovascular events in patients with coronary artery disease: protocol for a meta-analysis.
    Yamamoto S, Yamaga T, Sakai Y, Ishida T, Nakasone S, Ohira M, Ota E, Mori R
    Systematic reviews 5 32 2016年02月 [査読有り]
  • Caesarean section by maternal age group among singleton deliveries and primiparous Japanese women: a secondary analysis of the WHO Global Survey on Maternal and Perinatal Health.
    Yoshioka-Maeda K, Ota E, Ganchimeg T, Kuroda M, Mori R
    BMC pregnancy and childbirth 16 39 2016年02月 [査読有り]
  • Antenatal Corticosteroids for Reducing Adverse Maternal and Child Outcomes in Special Populations of Women at Risk of Imminent Preterm Birth: A Systematic Review and Meta-Analysis.
    Amiya RM, Mlunde LB, Ota E, Swa T, Oladapo OT, Mori R
    PloS one 11(2) e0147604 2016年02月 [査読有り]
  • Optimal Timing of Delivery among Low-Risk Women with Prior Caesarean Section: A Secondary Analysis of the WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health.
    Ganchimeg T, Nagata C, Vogel JP, Morisaki N, Pileggi-Castro C, Ortiz-Panozo E, Jayaratne K, Mittal S, Ota E, Souza JP, Mori R, WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health Research Network
    PloS one 11(2) e0149091 2016年02月 [査読有り]
  • Tocolysis for inhibiting preterm birth in extremely preterm birth, multiple gestations and in growth-restricted fetuses: a systematic review and meta-analysis.
    Miyazaki C, Moreno Garcia R, Ota E, Swa T, Oladapo OT, Mori R
    Reproductive health 13 4 2016年01月 [査読有り]
  • Highly sensitive reversed-phase high-performance liquid chromatography assay for the detection of Tamm-Horsfall protein in human urine.
    Akimoto M, Hokazono E, Ota E, Tateishi T, Kayamori Y
    Annals of clinical biochemistry 53(Pt 1) 75-84 2016年01月 [査読有り]
  • TNF-? blockers for the treatment of Kawasaki disease in children
    Shoda Tetsuo,Ishitsuka Kazue,Kobayashi Tohru,Ota Erika,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(11) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012448
  • Perioperative local anaesthesia for reducing pain following septal surgery
    Fujiwara Takashi,Kuriyama Akira,Kato Yumi,Fukuoka Toshio,Ota Erika
    Cochrane Database of Systematic Reviews(1) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012047
  • Spinal anaesthesia drugs for caesarean section
    Chibueze Chioma E,Nabhan Ashraf F,Sato Masaki,Usama Noha,Mori Yumiko,Elfaramawy Amel,Ota Erika
    Cochrane Database of Systematic Reviews(4) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012134
  • Antibiotic prophylaxis for episiotomy repair following vaginal birth
    Bonet Mercedes,Ota Erika,Chibueze Chioma E,Oladapo Olufemi T
    Cochrane Database of Systematic Reviews(5) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012136
  • Routine antibiotic prophylaxis after normal vaginal birth for reducing maternal infectious morbidity
    Bonet Mercedes,Ota Erika,Chibueze Chioma E,Oladapo Olufemi T
    Cochrane Database of Systematic Reviews(5) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012137
  • Exercise-based cardiac rehabilitation for people with ventricular assist devices
    Yamamoto Shuhei,Hotta Kazuki,Ota Erika,Matsunaga Atsuhiko,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(6) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012222
  • The effectiveness and safety of various methods of post-pyloric feeding tube placement and verification in infants and children
    Moriichi Akinori,Kawaguchi Atsushi,Kobayashi Yasutoshi,Yoneoka Daisuke,Ota Erika
    Cochrane Database of Systematic Reviews(6) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012231
  • Alternative prophylactic therapies (acupuncture and/or moxibustion) for reducing blood loss in the third stage of labour
    Liao Yi,Ota Erika,Cheng Ke,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(6) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012259
  • Branched-chain amino acid supplementation for improving nutrition in term and preterm neonates
    Amari Shoichiro,Shahrook Sadequa,Ota Erika,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(7) 2016年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD012273
  • Searching for the definition of macrosomia through an outcome-based approach in low- and middle-income countries: a secondary analysis of the WHO Global Survey in Africa, Asia and Latin America.
    Ye J, Torloni MR, Ota E, Jayaratne K, Pileggi-Castro C, Ortiz-Panozo E, Lumbiganon P, Morisaki N, Laopaiboon M, Mori R, Tunçalp Ö, Fang F, Yu H, Souza JP, Vogel JP, Zhang J
    BMC pregnancy and childbirth 15 324 2015年12月 [査読有り]
  • Effects of resistance training on muscle strength, exercise capacity, and mobility in middle-aged and elderly patients with coronary artery disease: A meta-analysis.
    Yamamoto S, Hotta K, Ota E, Mori R, Matsunaga A
    Journal of cardiology 68(2) 125-134 2015年12月 [査読有り]
  • Antenatal Risk Factors of Postpartum Depression at 20 Weeks Gestation in a Japanese Sample: Psychosocial Perspectives from a Cohort Study in Tokyo.
    Tachibana Y, Koizumi T, Takehara K, Kakee N, Tsujii H, Mori R, Inoue E, Ota E, Yoshida K, Kasai K, Okuyama M, Kubo T
    PloS one 10(12) e0142410 2015年12月 [査読有り]
  • Immunoglobulin G4-related sclerosing cholecystitis presenting as gallbladder cancer: a case report.
    Takahashi K, Ito H, Katsube T, Tsuboi A, Hashimoto M, Ota E, Mita K, Asakawa H, Hayashi T, Fujino K, Okamoto S
    Surgical case reports 1(1) 120 2015年12月 [査読有り]
  • Prophylactic antibiotics for manual removal of retained placenta during vaginal birth: a systematic review of observational studies and meta-analysis.
    Chibueze EC, Parsons AJ, Ota E, Swa T, Oladapo OT, Mori R
    BMC pregnancy and childbirth 15 313 2015年11月 [査読有り]
  • Primary prophylaxis to prevent obstetric complications in asymptomatic women with antiphospholipid antibodies: a systematic review.
    Amengual O, Fujita D, Ota E, Carmona L, Oku K, Sugiura-Ogasawara M, Murashima A, Atsumi T
    Lupus 24(11) 1135-1142 2015年10月 [査読有り]
  • Factors influencing breastfeeding exclusivity during the first 6 months of life in developing countries: a quantitative and qualitative systematic review.
    Balogun OO, Dagvadorj A, Anigo KM, Ota E, Sasaki S
    Maternal & child nutrition 11(4) 433-451 2015年10月 [査読有り]
  • Maternal body mass index and risk of birth and maternal health outcomes in low- and middle-income countries: a systematic review and meta-analysis.
    Rahman MM, Abe SK, Kanda M, Narita S, Rahman MS, Bilano V, Ota E, Gilmour S, Shibuya K
    Obesity reviews : an official journal of the International Association for the Study of Obesity 16(9) 758-770 2015年09月 [査読有り]
  • Vitamin E supplementation in pregnancy.
    Rumbold A, Ota E, Hori H, Miyazaki C, Crowther CA
    The Cochrane database of systematic reviews 9(9) CD004069 2015年09月 [査読有り]
  • Vitamin C supplementation in pregnancy.
    Rumbold A, Ota E, Nagata C, Shahrook S, Crowther CA
    The Cochrane database of systematic reviews 9(9) CD004072 2015年09月 [査読有り]
  • Estimating the burden of foodborne diseases in Japan.
    Kumagai Y, Gilmour S, Ota E, Momose Y, Onishi T, Bilano VL, Kasuga F, Sekizaki T, Shibuya K
    Bulletin of the World Health Organization 93(8) 540-549C 2015年08月 [査読有り]
  • Preliminary evaluation of an improved enzymatic assay method for measuring potassium concentrations in serum.
    Ota E, Sakasegawa S, Ueda S, Konishi K, Akimoto M, Tateishi T, Kawano M, Hokazono E, Kayamori Y
    Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry 446 73-75 2015年06月 [査読有り]
  • Antenatal dietary education and supplementation to increase energy and protein intake.
    Ota E, Hori H, Mori R, Tobe-Gai R, Farrar D
    The Cochrane database of systematic reviews 6(6) CD000032 2015年06月 [査読有り]
  • Antibiotic prophylaxis during the second and third trimester to reduce adverse pregnancy outcomes and morbidity.
    Thinkhamrop J, Hofmeyr GJ, Adetoro O, Lumbiganon P, Ota E
    The Cochrane database of systematic reviews 6(6) CD002250 2015年06月 [査読有り]
  • Effectiveness of community-based health services by nurse practitioners: protocol for a systematic review and meta-analysis.
    Kanda M, Ota E, Fukuda H, Miyauchi S, Gilmour S, Kono Y, Nakagama E, Murashima S, Shibuya K
    BMJ open 5(6) e006670 2015年06月 [査読有り]
  • Antibiotic regimens for postpartum endometritis.
    Mackeen AD, Packard RE, Ota E, Speer L
    The Cochrane database of systematic reviews 2(2) CD001067 2015年02月 [査読有り]
  • Zinc supplementation for improving pregnancy and infant outcome.
    Ota E, Mori R, Middleton P, Tobe-Gai R, Mahomed K, Miyazaki C, Bhutta ZA
    The Cochrane database of systematic reviews 2(2) CD000230 2015年02月 [査読有り]
  • An assessment of the characteristics and quality of diagnostic accuracy studies for positron emission tomography conducted in Japan: a systematic review.
    Nomura S, Hisashige A, Yoneoka D, Kanda M, Miyamoto K, Segawa M, Ota E, Shibuya K
    EJNMMI research 5 6 2015年02月 [査読有り]
  • A multicenter randomized trial indicates initial prednisolone treatment for childhood nephrotic syndrome for two months is not inferior to six-month treatment.
    Yoshikawa N, Nakanishi K, Sako M, Oba MS, Mori R, Ota E, Ishikura K, Hataya H, Honda M, Ito S, Shima Y, Kaito H, Nozu K, Nakamura H, Igarashi T, Ohashi Y, Iijima K, Japanese Study Group of Kidney Disease in Children
    Kidney international 87(1) 225-232 2015年01月 [査読有り]
  • Antibiotic prophylaxis during the second and third trimester to reduce adverse pregnancy outcomes and morbidity.
    Thinkhamrop J, Hofmeyr GJ, Adetoro O, Lumbiganon P, Ota E
    The Cochrane database of systematic reviews 1 CD002250 2015年01月 [査読有り]
  • Species differences in the metabolism of ritobegron in vitro and assessment of potential interactions with transporters and cytochrome P450 enzymes.
    Abe Y, Ota E, Harada H, Kanbe H, Kojima Y, Kanazawa T, Endo T, Murakami M, Kobayashi M
    Die Pharmazie 70(1) 38-46 2015年01月 [査読有り]
  • Psychosocial and educational interventions in latent phase or early labour for improving birth outcomes
    Hanada Nobutsugu,Matsuzaki Masayo,Ota Erika,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(2) 2015年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD011516
  • Fluoride supplementation in pregnant women for preventing dental caries in the primary teeth of their children
    Takahashi Rena,Ota Erika,Hoshi Keika,Naito Toru,Toyoshima Yoshihiro,Yuasa Hidemichi,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(8) 2015年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD011850
  • Repetitive peripheral magnetic stimulation for activities of daily living and functional ability in people after stroke
    Momosaki Ryo,Yamada Naoki,Ota Erika,Abo Masahiro
    Cochrane Database of Systematic Reviews"" Cochrane Database of Systematic Reviews 11 2015年
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD011968
  • Timing of intravenous prophylactic antibiotics for preventing postpartum infectious morbidity in women undergoing cesarean delivery.
    Mackeen AD, Packard RE, Ota E, Berghella V, Baxter JK
    The Cochrane database of systematic reviews 12(12) CD009516 2014年12月 [査読有り]
  • Absorption, disposition, metabolism, and excretion of ritobegron (KUC-7483), a novel selective β3-adrenoceptor agonist, in rats.
    Abe Y, Ota E, Endo T, Murakami M, Kobayashi M
    Die Pharmazie 69(12) 881-888 2014年12月 [査読有り]
  • Financial incentive policies at workplace cafeterias for preventing obesity--a systematic review and meta-analysis (Protocol).
    Sawada K, Ota E, Shahrook S, Mori R
    Systematic reviews 3 128 2014年10月 [査読有り]
  • Skin preparation for preventing infection following caesarean section.
    Hadiati DR, Hakimi M, Nurdiati DS, Ota E
    The Cochrane database of systematic reviews 9(9) CD007462 2014年09月 [査読有り]
  • Hypnosis for induction of labour.
    Nishi D, Shirakawa MN, Ota E, Hanada N, Mori R
    The Cochrane database of systematic reviews 8(8) CD010852 2014年08月 [査読有り]
  • Risk factors and adverse perinatal outcomes among term and preterm infants born small-for-gestational-age: secondary analyses of the WHO Multi-Country Survey on Maternal and Newborn Health.
    Ota E, Ganchimeg T, Morisaki N, Vogel JP, Pileggi C, Ortiz-Panozo E, Souza JP, Mori R, WHO Multi-Country Survey on Maternal and Newborn Health Research Network
    PloS one 9(8) e105155 2014年08月 [査読有り]
  • Structural and community-level interventions for increasing condom use to prevent the transmission of HIV and other sexually transmitted infections.
    Moreno R, Nababan HY, Ota E, Wariki WM, Ezoe S, Gilmour S, Shibuya K
    The Cochrane database of systematic reviews 7(7) CD003363 2014年07月 [査読有り]
  • Relationship between plasma total homocysteine level and dietary caffeine and vitamin B6 intakes in pregnant women.
    Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Murayama R, Sasaki S, Yeo S, Murashima S
    Nursing & health sciences 16(2) 164-170 2014年06月 [査読有り]
  • Effects of lifestyle factors on urinary oxidative stress and serum antioxidant markers in pregnant Japanese women: A cohort study.
    Matsuzaki M, Haruna M, Ota E, Murayama R, Yamaguchi T, Shioji I, Sasaki S, Yamaguchi T, Murashima S
    Bioscience trends 8(3) 176-184 2014年06月 [査読有り]
  • Are Japanese randomized controlled trials up to the task? A systematic review.
    Yoneoka D, Hisashige A, Ota E, Miyamoto K, Nomura S, Segawa M, Gilmour S, Shibuya K
    PloS one 9(3) e90127 2014年03月 [査読有り]
  • Pregnancy and childbirth outcomes among adolescent mothers: a World Health Organization multicountry study.
    Ganchimeg T, Ota E, Morisaki N, Laopaiboon M, Lumbiganon P, Zhang J, Yamdamsuren B, Temmerman M, Say L, Tunçalp Ö, Vogel JP, Souza JP, Mori R, WHO Multicountry Survey on Maternal Newborn Health Research Network
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 121 Suppl 1 40-48 2014年03月 [査読有り]
  • Maternal and institutional characteristics associated with the administration of prophylactic antibiotics for caesarean section: a secondary analysis of the World Health Organization Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health.
    Morisaki N, Ganchimeg T, Ota E, Vogel JP, Souza JP, Mori R, Gülmezoglu AM, WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health Research Network
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 121 Suppl 1 66-75 2014年03月 [査読有り]
  • Mode and timing of twin delivery and perinatal outcomes in low- and middle-income countries: a secondary analysis of the WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health.
    Ganchimeg T, Morisaki N, Vogel JP, Cecatti JG, Barrett J, Jayaratne K, Mittal S, Ortiz-Panozo E, Souza JP, Crowther C, Ota E, Mori R, WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health Research Network
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 121 Suppl 1 89-100 2014年03月 [査読有り]
  • Risk factors for spontaneous and provider-initiated preterm delivery in high and low Human Development Index countries: a secondary analysis of the World Health Organization Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health.
    Morisaki N, Togoobaatar G, Vogel JP, Souza JP, Rowland Hogue CJ, Jayaratne K, Ota E, Mori R, WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health Research Network
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 121 Suppl 1 101-109 2014年03月 [査読有り]
  • Risk factors of pre-eclampsia/eclampsia and its adverse outcomes in low- and middle-income countries: a WHO secondary analysis.
    Bilano VL, Ota E, Ganchimeg T, Mori R, Souza JP
    PloS one 9(3) e91198 2014年03月 [査読有り]
  • Adapting the Pregnancy Physical Activity Questionnaire for Japanese pregnant women.
    Matsuzaki M, Haruna M, Nakayama K, Shiraishi M, Ota E, Murayama R, Murashima S, Yeo S
    Journal of obstetric, gynecologic, and neonatal nursing : JOGNN / NAACOG 43(1) 107-116 2014年01月 [査読有り]
  • Vitamin K supplementation during pregnancy for improving outcomes
    Shahrook Sadequa,Hanada Nobutsugu,Sawada Kimi,Ota Erika,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(1) 2014年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD010920
  • Cyclo-oxygenase (COX) inhibitors for threatened miscarriage
    Wariki Windy MV,Goto Yoshihito,Ota Erika,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(9) 2014年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD011310
  • Guided imagery for treating hypertension in pregnancy
    Haruna Megumi,Matsuzaki Masayo,Ota Erika,Shiraishi Mie,Hanada Nobutsugu,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(10) 2014年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD011337
  • Drugs for general anaesthesia for caesarean section
    Mazda Yusuke,Ota Erika,Mori Rintaro,Terui Katsuo
    Cochrane Database of Systematic Reviews(10) 2014年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD011348
  • Interventions for insomnia during pregnancy
    Moriichi Akinori,Tomita Naoko,Sado Mitsuhiro,Ota Erika,Mori Rintaro
    Cochrane Database of Systematic Reviews(10) 2014年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD011355
  • Maternal and perinatal outcomes among nulliparous adolescents in low- and middle-income countries: a multi-country study.
    Ganchimeg T, Mori R, Ota E, Koyanagi A, Gilmour S, Shibuya K, Torloni MR, Betran AP, Seuc A, Vogel J, Souza JP
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 120(13) 1622-30; discussion 1630 2013年12月 [査読有り]
  • Reliability and validity of the Japanese version of the pelvic floor distress inventory-short form 20.
    Yoshida M, Murayama R, Ota E, Nakata M, Kozuma S, Homma Y
    International urogynecology journal 24(6) 1039-1046 2013年06月 [査読有り]
  • Purification, cDNA cloning and recombinant protein expression of a phloem lectin-like anti-insect defense protein BPLP from the phloem exudate of the wax gourd, Benincasa hispida.
    Ota E, Tsuchiya W, Yamazaki T, Nakamura M, Hirayama C, Konno K
    Phytochemistry 89 15-25 2013年05月 [査読有り]
  • Association between oxidized LDL and folate during pregnancy.
    Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Murayama R, Watanabe E, Sasaki S, Yeo S, Murashima S
    Biological research for nursing 15(2) 213-218 2013年04月 [査読有り]
  • Interventions for reduction of stigma in people with HIV/AIDS
    Wariki Windy MV,Nomura Shuhei,Ota Erika,Mori Rintaro,Shibuya Kenji
    Cochrane Database of Systematic Reviews(6) 2013年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD006735
  • Antenatal dietary advice and supplementation to increase energy and protein intake.
    Ota E, Tobe-Gai R, Mori R, Farrar D
    The Cochrane database of systematic reviews 9(9) CD000032 2012年09月 [査読有り]
  • Zinc supplementation for improving pregnancy and infant outcome.
    Mori R, Ota E, Middleton P, Tobe-Gai R, Mahomed K, Bhutta ZA
    The Cochrane database of systematic reviews 7(7) CD000230 2012年07月 [査読有り]
  • Hypnosis during pregnancy, childbirth, and the postnatal period for preventing postnatal depression.
    Sado M, Ota E, Stickley A, Mori R
    The Cochrane database of systematic reviews 6(6) CD009062 2012年06月 [査読有り]
  • Behavioral interventions to reduce the transmission of HIV infection among sex workers and their clients in low- and middle-income countries.
    Wariki WM, Ota E, Mori R, Koyanagi A, Hori N, Shibuya K
    The Cochrane database of systematic reviews 2(2) CD005272 2012年02月 [査読有り]
  • Synthesis and biological evaluation of molecular probes based on the 9-methylstreptimidone derivative DTCM-glutarimide.
    Ota E, Takeiri M, Tachibana M, Ishikawa Y, Umezawa K, Nishiyama S
    Bioorganic & medicinal chemistry letters 22(1) 164-167 2012年01月 [査読有り]
  • Interventions during the antenatal period for preventing stillbirth: an overview of Cochrane systematic reviews
    Ota Erika,Souza Jo縊 Paulo,Tobe-Gai Ruoyan,Mori Rintaro,Middleton Philippa,Flenady Vicki
    Cochrane Database of Systematic Reviews(1) 2012年 [査読有り]
    John Wiley & Sons,Ltd ID:CD009599
  • Factors related to the continuation of employment during pregnancy among Japanese women.
    Matsuzaki M, Haruna M, Ota E, Murayama R, Murashima S
    Japan journal of nursing science : JJNS 8(2) 153-162 2011年12月 [査読有り]
  • Behavioral interventions to reduce the transmission of HIV infection among sex workers and their clients in high-income countries.
    Ota E, Wariki WM, Mori R, Hori N, Shibuya K
    The Cochrane database of systematic reviews(12) CD006045 2011年12月 [査読有り]
  • A prospective study of the relationship between breastfeeding and postpartum depressive symptoms appearing at 1-5 months after delivery.
    Nishioka E, Haruna M, Ota E, Matsuzaki M, Murayama R, Yoshimura K, Murashima S
    Journal of affective disorders 133(3) 553-559 2011年10月 [査読有り]
  • Maternal body mass index and gestational weight gain and their association with perinatal outcomes in Viet Nam.
    Ota E, Haruna M, Suzuki M, Anh DD, Tho le H, Tam NT, Thiem VD, Anh NT, Isozaki M, Shibuya K, Ariyoshi K, Murashima S, Moriuchi H, Yanai H
    Bulletin of the World Health Organization 89(2) 127-136 2011年02月 [査読有り]
  • Association between the serum folate levels and tea consumption during pregnancy.
    Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Murayama R, Murashima S
    Bioscience trends 4(5) 225-230 2010年10月 [査読有り]
  • Translation and cross-cultural adaptation of the Pregnancy Physical Activity Questionnaire (PPAQ) to Japanese.
    Matsuzaki M, Haruna M, Ota E, Yeo S, Murayama R, Murashima S
    Bioscience trends 4(4) 170-177 2010年08月 [査読有り]
  • Positive correlation between maternal serum coenzyme Q10 levels and infant birth weight.
    Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Honda Y, Tanizaki T, Sekine K, Tabata N, Yeo S, Murashima S
    BioFactors (Oxford, England) 36(4) 312-318 2010年07月 [査読有り]
  • Perceptions of women and health-care providers in Tokyo of appropriate weight gain during pregnancy.
    Haruna M, Yeo S, Watanabe E, Matsuzaki M, Ota E, Nakayama K, Murashima S
    Nursing & health sciences 12(1) 21-26 2010年03月 [査読有り]
  • Mothering and acculturation: experiences during pregnancy and childrearing of Filipina mothers married to Japanese.
    Uayan ML, Kobayashi S, Matsuzaki M, Ota E, Haruna M, Murashima S
    Bioscience trends 3(3) 77-86 2009年06月 [査読有り]

書籍等出版物

  • 助産学講座6助産診断・技術学 II ,第7章 妊婦への支援,201-8,250-262頁,
    医学書院 2007年 978-4-260-00361-2
  • 助産雑誌58(9):781-786.【理想の分娩第1期のケア】「ケアの壁」を感じたとき吉村医院での研修を通して
    医学書院 2004年

講演・口頭発表等

  • Reliability and validity of the Vietnamese version of the Pregnancy Physical Activity Questionnaire (PPAQ)
    The 40th APACPH Annual Conference, Kuala Lumpur, Malaysia. 2008年
  • Risk factors of healthy pregnant women associated with occurrence of low birth weight infants in Japan
    11th East Asian Forum on Nursing Science Annual Conference in Taiwan. 2008年
  • Impacts of Congenital Infections on Children in Khanh Hoa Province: A Pilot Study.
    The Forum of the Network of Research Centers on Infectious Diseases Conference, Hall, National Institute of Hygiene and Epidemiology (NIHE) Hanoi, Vietnam.  2008年
  • Increased serum Coenzyme Q10 during pregnancy correlates to birth weight. (One of the honorary works賞受賞)
    5th Congress of the International Coenzyme Q10 Association, Kobe Japan. 2007年
  • Appropriate Body Fat Mass toward Perinatal Period Prevents Delivery of Infants Small or Large for Gestational Age: a Population-based Study in Nha Trang City, Vietnam.
    12th East Asian Forum on Nursing Science Annual Conference in Tokyo. 2009年
  • Indoor passive smoking of pregnant women increases the risk of preterm delivery but not of delivery low birth weight infants in Vietnam.
    Japan association for international health conference. 2008年

作品

MISC

  • 【新生児蘇生NCPRガイドライン2015】 付録:新しいシステマティックレビュー評価法 GRADE
    大田 えりか
    周産期医学 46(2) 225-230 2016年02月
  • コクランライブラリとコクラン共同計画
    佐々木 八十子, 大田 えりか, 森 臨太郎
    薬事 57(11) 1845-1849 2015年10月
  • 切迫流早産で入院した妊婦に対する「着衣による体幹への締め付けを回避するケア」の効果の検証
    加藤 佐知子, 竹原 健二, 新田 知恵子, 大田 えりか
    日本助産学会誌 28(3) 498-498 2015年02月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 妊娠中から産後6週間までの電話サポートによるケアは効果があるか?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(12) 1118-1121 2014年12月
  • 妊娠期の朝食欠食に関連する栄養素摂取量とその要因
    白石三恵,春名めぐみ,松崎政代,大田えりか,村嶋幸代,佐々木敏,永井泰.
    母性衛生 50(1) 148-154 2009年04月
    目的:近年、妊娠可能年齢女性に高い朝食欠食率が報告され、朝食欠食者に栄養素摂取量の不足や精神的健康度の低下が指摘されている。本研究は、妊娠期の朝食欠食に関連する栄養素摂取量とその要因を明らかにすることを目的とした。方法:妊娠初期〜末期の妊婦584名を対象に、簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ),General Health Questionnaire 12項目版(GHQ-12)、自覚症しらべを用いて質問紙による横断調査を行った。結果:妊娠期の朝食欠食率は21.0%であり、朝食欠食群は摂取群に比べ、母体年齢が低く、初産婦・喫煙者の割合は高かった(p<0.05)。対象者属性の違いを調整し、朝食欠食の有無による栄養素摂取量を比較したところ、朝食欠食群ではn-3系多価不飽和脂肪酸、カルシウム、鉄、葉酸の摂取量が少なかった(p<0.05)。朝食欠食とGHQ-12には関連がみられなかったが、自覚症しらべでは、朝食欠食者に眠気感、不安定感、不快感を感じている者が多かった(p<0.05)。結論:朝食欠食者では妊娠期にとくに必要とされる栄養素摂取量が不足している可能性を考慮し、栄養指導を行う必要がある。(著者抄録)
  • 【臨床試験のエビデンスから実地臨床へ】 臨床試験のメタ解析とその落とし穴
    大田 えりか
    臨床精神医学 43(12) 1755-1761 2014年12月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 妊婦に対するパートナーからの暴力を予防する,または減らすために効果のある介入は?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(11) 1018-1021 2014年11月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 産後のダイエットに有効なのは食事または運動,それとも両方?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(10) 898-901 2014年10月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス マンモグラフィーによる乳がんスクリーニングは乳がんの死亡率を下げるのに有効か
    大田 えりか
    助産雑誌 68(9) 832-835 2014年09月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 早産の前期破水時の抗生剤内服はどのような効果や影響があるか?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(8) 750-753 2014年08月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 正期産と過期産の正常妊娠への分娩誘発では,アウトカムに違いが出るか?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(7) 626-629 2014年07月
  • 国際標準ツールGRADE systemを用いたシステマティックレビューと診療ガイドライン作成者の育成
    南郷 栄秀, 湯浅 秀道, 大田 えりか, 豊島 義博, 南郷 里奈
    医学教育 45(Suppl.) 195-195 2014年07月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 陣痛の緩和にはどの介入が効果があるのか?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(6) 550-553 2014年06月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 分娩時の連続的な胎児心拍数陣痛計(CTG)によるモニタリングと,陣痛間歇時の児心音聴取で,母子のアウトカムに違いが出るか?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(5) 458-461 2014年05月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 正期産の新生児では,臍帯結紮するタイミングで母子のアウトカムに違いが出るか?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(4) 342-345 2014年04月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 助産師による継続ケアって,助産師以外のケアモデルと比べてどんな効果があるの?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(3) 248-251 2014年03月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 分娩時の女性への継続的サポートはどんな効果があるの?
    大田 えりか
    助産雑誌 68(2) 158-161 2014年02月
  • 【臨床研究の成果を実地臨床へ生かそう-産科編】 コクランレビューを読むこと・書くこと
    花田 信継, 森 臨太郎, 大田 えりか
    周産期医学 43(10) 1217-1220 2013年10月
  • コクラン妊娠出産グループ日本支部設立記念シンポジウム コクラン系統的レビュー出版までのプロセス
    大田 えりか
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 569-569 2013年06月
  • コクラン活動を日本で! コクラン系統的レビューの作成方法
    大田 えりか
    日本助産学会誌 26(3) 68-68 2013年05月
  • 2008-2010年の日本全国における双胎児の出生時体重基準曲線と早期新生児の死亡のリスク因子に関する研究
    宮本 かりん, 大田 えりか
    日本助産学会誌 26(3) 161-161 2013年05月
  • HIV感染と他の性感染症の防止のためのコンドーム使用促進のための構造的および地域レベルの介入に関するCochraneデータベースの系統的考察(Cochrane systematic review of structural and community-level interventions for increasing condom use to prevent HIV and other sexually transmitted infections)
    Moreno Ralfh, Nababan Herfina, 大田 えりか, Wariki Windy, Gilmour Stuart, 江副 聡, 渋谷 健司
    日本エイズ学会誌 14(4) 414-414 2012年11月
  • MSMのHIVサーベイランス システマティックレビューとmeta-regression(HIV surveillance for men who have sex with men: systematic review and meta-regression)
    Wariki Windy, 大田 えりか, 森 臨太郎, 宮川 桂子, 渋谷 健司
    日本エイズ学会誌 13(4) 405-405 2011年11月
  • 第2世代HIVサーベイランスの方法論に関する文献的考察 日本におけるHIVサーベイランスへの適応
    宮川 桂子, 大田 えりか
    日本エイズ学会誌 13(4) 439-439 2011年11月
  • 高所得国におけるsex workerと客の間のHIV感染を減らすための行動介入(Behavioral interventions to reduce the transmission of HIV infection among sex workers and their clients in high-income countries)
    大田 えりか, Wariki Windy, 堀 成美, 森 臨太郎, 渋谷 健司
    日本エイズ学会誌 13(4) 521-521 2011年11月
  • 低・中所得国におけるsex workerと客の間のHIV感染を減らすための行動介入(Behavioral interventions to reduce the transmission of HIV infection among sex workers and their clients in low- and middle-income countries)
    Wariki Windy, 大田 えりか, 小柳 愛, 堀 成美, 森 臨太郎, 渋谷 健司
    日本エイズ学会誌 13(4) 521-521 2011年11月
  • 授乳に関する要因とセルフエフィカシーとの関係
    小山 真依, 武田 恵美, 内垣内 さと子, 高木 聡子, 野村 恭子, 大田 えりか, 大久保 功子
    東京母性衛生学会誌 27(1) 59-59 2011年03月
  • 父親の家事・育児の参加を促す要因の検討
    芦田 純美, 大久保 功子, 三隅 順子, 大田 えりか
    東京母性衛生学会誌 27(1) 63-64 2011年03月
  • 産褥早期の足裏マッサージの、マタニティブルーズに対する予防的効果について
    坂田 みのり, 大久保 功子, 三隅 順子, 大田 えりか
    東京母性衛生学会誌 27(1) 65-65 2011年03月
  • どのようにして母乳育児を続けてきたのか 産後一ヵ月の母親の母乳育児における経験
    岡留 明奈, 大久保 功子, 三隅 順子, 大田 えりか
    東京母性衛生学会誌 27(1) 65-66 2011年03月
  • 母乳育児支援 産後5ヵ月の授乳方法と産後うつ状態との関連
    西岡 笑子, 春名 めぐみ, 大田 えりか, 松崎 政代, 村山 陵子, 村嶋 幸代
    日本助産学会誌 24(3) 86-86 2011年02月
  • 妊娠中の血漿総ホモシステイン値と朝食欠食の関連(Relationship between the plasma total homocysteine levels and skipping breakfast during pregnancy)
    白石 三恵, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 大田 えりか, 村山 陵子, 佐々木 敏, 村嶋 幸代
    日本助産学会誌 24(2) 252-260 2010年12月
    目的 妊娠期の朝食欠食は、胎児成長や妊娠合併症予防に必要とされている葉酸やビタミン類の摂取不足を導く可能性が高いことが指摘されている。主に葉酸やビタミンB12の不足によって生じるホモシステイン高値は、子宮内胎児発育遅延や妊娠高血圧症候群の発症に関連しており、ホモシステイン値を増加させない生活習慣を持つことは重要である。本研究は、妊娠中の朝食欠食が栄養素摂取量や血液中の総ホモシステイン(tHcy)値、葉酸値、ビタミンB12値に関連しているかを明らかにすることを目的とした。方法 埼玉県の産婦人科クリニックで妊婦健診を受診する妊娠初期から末期の254名を対象とした調査を2008年6月から12月に実施した。栄養素摂取量は、自記式食事歴法質問票を用いて評価し、各栄養素の測定誤差を排除するために密度法によって示した。質問紙調査と同時に血液を採取し、血漿tHcy値、血清葉酸値、血清ビタミンB12値を測定した。本研究では、朝食欠食を「週に2回以上、主食を含む朝食を摂取しないこと」と定義した。結果 30%の妊娠が朝食欠食習慣を有していた。初産婦は、経産婦に比べ朝食欠食習慣を持つ者が多かった(p=0.005)。交酪要因調整後も、朝食欠食者では有意に血漿tHcy高値に関連していた(p=0.024)。しかし、血清葉酸値やビタミンB12値、エネルギー調整した葉酸・ビタミンB12摂取量には、朝食摂取の有無による有意差は見られなかった。結論 本研究では、朝食欠食に関連する要因が血漿tHcy値の上昇を導く一因となっている可能性が示された。しかしながら、仮説に反して、血漿tHcy高値と朝食欠食との関係を血清葉酸や血清ビタミンB12の低値によって説明することはできなかった。妊娠合併症の発症に関連する血漿tHcy高値を予防するためには、朝食を習慣的に摂取するための工夫を妊婦とともに考え、朝食の摂取を推奨する必要があるかもしれない。(著者抄録)
  • 授乳に関する要因とセルフエフィカシーとの関係
    小山 真依, 武田 恵美, 内垣内 さと子, 高木 聡子, 野村 恭子, 大田 えりか, 大久保 功子
    東京母性衛生学会誌 27(Suppl.1) S22-S23 2010年05月
  • 父親の家事・育児の参加を促す要因の検討
    芦田 純美, 大久保 功子, 三隅 順子, 大田 えりか
    東京母性衛生学会誌 27(Suppl.1) S29-S29 2010年05月
  • 産褥早期の足裏マッサージの、マタニティブルーズに対する予防的効果について
    坂田 みのり, 大久保 功子, 三隅 順子, 大田 えりか
    東京母性衛生学会誌 27(Suppl.1) S30-S31 2010年05月
  • どのようにして母乳育児を続けてきたのか 産後一ヵ月の母親の母乳育児における経験
    岡留 明奈, 大久保 功子, 三隅 順子, 大田 えりか
    東京母性衛生学会誌 27(Suppl.1) S31-S32 2010年05月
  • 在日フィリピン人母親が子育てで直面した困難と対処
    吉田 真奈美, 春名 めぐみ, 大田 えりか, 渡辺 悦子, Uayan Maria Luisa T., 村嶋 幸代
    母性衛生 50(2) 422-430 2009年07月
    日本での国際結婚の数は44701組(2006年)でその割合は0.9%(1980年)から6.1%(2006年)と増加傾向にある。そのなかでも夫が日本人で妻がフィリピン人の夫婦は12150組で、わが国の国際結婚の27.2%を占める。そこで本研究では、在日フィリピン人母親が子どもの成長の各段階でどのような困難を経験し対処しているかを描き出し、異文化での子育てに適応するのに必要な支援方法の検討を目的に、フォーカスグループインタビューを行った。研究参加者は子育て中のフィリピン人母親8名であった。インタビュー内容から妊娠期、出産期、新生児期、乳幼児期、学童期、中学・高校以降の各段階で母親が「直面した困難」「状況・背景」と「対処」を明らかにし、その根底にある「子育てにおける信条」を抽出した。その結果、困難として「日本語がわからない」「サポートがない」「育児方法がわからない」ことが明らかになったが、それぞれ状況・背景や対処方法は異なっていた。また、在日フィリピン人母親は自身が困難を乗り越えたことを肯定的に評価し、子育てに関して日本とフィリピンの文化のバランスをとり、困難を乗り越えることで強くなるといった前向きな信条をもっていた。(著者抄録)
  • ベトナム中南部における先天性トキソプラズマ・風疹・CMV感染の疫学
    森内 浩幸, 有吉 紅也, 野内 英樹, 吉田 レイミント, 森内 昌子, 大田 えりか, Tho LH, Anh D Duc
    感染症学雑誌 83(臨増) 309-309 2009年03月
  • 妊娠期の朝食欠食に関連する栄養素摂取量とその要因
    白石 三恵, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 大田 えりか, 村嶋 幸代, 佐々木 敏, 永井 泰
    母性衛生 49(3) 139-139 2008年10月
  • 農山村地域の中年期男性の世帯構成・婚姻状況・食事支度者に着目した食生活の実態
    関根 綾希子, 村山 洋史, 有本 梓, 田口 敦子, 大田 えりか, 村嶋 幸代
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67回 602-602 2008年10月
  • Reliability and validity of the Vietnamese version of the Pregnancy Physical Activity Questionnaire (PPAQ)
    Erika Ota, Megumi Haruna, Hideki Yanai, Motoi Suzuki, Dang Duc Anh, Masayo Matsuzaki, Le Huu Tho, Koya Ariyoshi, SeonAe Yeo, Sachiyo Murashima.
    Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health 39(3) 562-570 2008年
  • Comparison of body fat mass changes during the third trimester and at one month postpartum between lactating and nonlactating Japanese women.
    Erika Ota, Megumi Haruna, Masayo Matsuzaki, Yuka Honda, Satoshi Sasaki, SeonAe Yeo, Sachiyo Murashima.
    BioScience Trends.  2(5) 200-205 2008年
  • Dietary folate intake, use of folate supplements, lifestyle factors, and serum folate levels among pregnant women in Tokyo, Japan.
    Masayo Matsuzaki, Megumi Haruna, Erika Ota, Satoshi Sasaki, Yasushi Nagai, Sachiyo Murashima.
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 34(6) 971-979 2008年
  • 生体インピーダンス法による妊娠中と産後1ヵ月の体脂肪量の推移とその関連要因
    大田 えりか, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 本田 由佳, 村嶋 幸代
    日本看護科学学会学術集会講演集 27回 266-266 2007年11月
  • 妊娠中の母体血中ケトン体上昇の関連要因についての検討
    春名 めぐみ, 大田 えりか, 松崎 政代, 本田 由佳, 村嶋 幸代
    日本看護科学学会学術集会講演集 27回 473-473 2007年11月
  • 妊娠中の酸化ストレスマーカーとしての尿中バイオピリン
    松崎 政代, 春名 めぐみ, 大田 えりか, 渡辺 悦子, 村山 陵子, 塚本 浩子
    日本助産学会誌 20(2) 40-49 2006年12月
    目的 妊娠期の健康度や生活習慣を評価する客観的評価指標は少ない。そこで、妊娠期において酸化ストレスマーカーの一つである尿中バイオピリンを測定し、妊娠期での値の特徴とその関連要因を明らかにし、その利用可能性を検討する。方法 2004年7月2日から8月31日までの調査期間中にNクリニックに来院した妊婦のうち594名を対象妊婦群とし、妊娠初期・中期・末期に分類した。また、妊婦群の年齢にマッチングさせた、現病歴のない、非妊娠女性35名をコントロール群とした。妊婦群とコントロール群に対し、調査票および診療記録から基本情報、生活習慣、精神的ストレスとして精神的健康度(general health questionnaire:GHQ)の情報を得た。また午前中に採尿・採血を行い、尿中バイオピリン、血清中脂質代謝マーカー(アセト酢酸・3-ヒドロキシ酪酸・トリグリセリド・総コレステロール・LDLコレステロール・HDLコレステロール・遊離脂肪酸)と糖代謝マーカー(グルコース・グリコアルブミン)の測定を行った。結果 妊娠初期・中期・末期における妊婦の尿中バイオピリン値は非妊娠女性に比して有意に高値(p<0.001)であった。妊娠末期の尿中バイオピリン値は、妊娠初期、中期の値に比して有意に高値(p<0.001)であった。尿中バイオピリン値に関連する要因として、現病歴があること、高血圧や蛋白尿といった妊娠高血圧症症状があること、グルコースおよび精神的健康度GHQ得点と正の関連、HDLコレステロールと遊離脂肪酸と負の関連が明らかになった。尚、妊娠高血圧症症状は、3-ヒドロキシ酪酸などの脂質代謝と関連があった。結論 妊婦の尿中バイオピリン値は、妊娠末期に最も高値を示し、非妊娠女性よりも高値を示すという特徴が明らかになった。また、脂質代謝と関連のある妊娠高血圧症症状や現病歴、糖代謝、精神的健康度との関連が見出され、尿中バイオピリン値の妊娠中の酸化ストレスマーカーとしての利用可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 医師、助産師、妊婦の三者からみた妊娠中の生活指導 大学病院での一例
    春名 めぐみ, 余 善愛, 渡辺 悦子, 松崎 政代, 大田 えりか, 村嶋 幸代
    日本看護科学学会学術集会講演集 26回 230-230 2006年11月
  • 産褥3ヵ月までの体重・体脂肪の変動とやせ・肥満の割合の推移について
    本田 由佳, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 大田 えりか, 村嶋 幸代, 金井 万里子
    母性衛生 47(3) 234-234 2006年09月
  • 妊娠中の酸化ストレスマーカーとしての尿中バイオピリン(平成19年度 日本助産学会学術賞受賞) 
    松崎 政代, 春名 めぐみ, 大田 えりか, 渡辺 悦子, 村山 陵子, 塚本 浩子
    助産学会誌 20(2) 40-49 2006年
  • 開業助産師技術の途上国への応用の検討 セネガル,パオスコト郡への応用
    大田 えりか, 松崎 政代, 田中 智恵子, 春名 めぐみ, 村嶋 幸代
    国際保健医療 20(Suppl.) 99-99 2005年11月
  • BMI別にみた妊娠各期の部位別体組成の検討
    大田 えりか, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 本田 由佳, 渡辺 悦子, 村山 陵子, 村嶋 幸代, 永井 泰, 小笠原 加代子, 塚本 浩子, 福岡 秀興
    母性衛生 46(3) 119-119 2005年09月
  • 妊娠中の母体体重増加とその関連要因
    春名 めぐみ, 松崎 政代, 大田 えりか, 本田 由佳, 渡辺 悦子, 村山 陵子, 村嶋 幸代, 永井 泰, 小笠原 加代子, 関根 恭一, 田畑 伸幸, 塚本 浩子, 福岡 秀興
    母性衛生 46(3) 119-119 2005年09月
  • 妊婦の尿中バイオピリン値に関連する要因
    松崎 政代, 春名 めぐみ, 大田 えりか, 渡辺 悦子, 村山 陵子, 村嶋 幸代, 永井 泰, 小笠原 加代子, 塩地 出, 関根 恭一, 田畑 伸幸, 本田 由佳, 塚本 浩子, 福岡 秀興
    母性衛生 46(3) 115-115 2005年09月
  • 【理想の分娩第1期のケア】 「ケアの壁」を感じたとき 吉村医院での研修を通して
    大田 えりか, 春名 めぐみ, 村山 陵子
    助産雑誌 58(9) 781-786 2004年09月
  • 自治体の保有する健康情報の利活用に関する研究
    原田正平, 原田正平, 田中久子, 大田えりか, 津田正彦, 堀川玲子, 内木康博, 蕨迫栄美子
    日本小児科学会雑誌 121(2) 340 2017年02月
  • 切迫流早産妊婦における「衣服による体幹への締め付けを回避する保健指導」が早産予防にもたらす効果の検討―電子カルテのデータを用いた研究―
    加藤佐知子, 竹原健二, 新田知恵子, 大田えりか
    日本助産学会誌 30(1) 110‐119 2016年06月
  • 出生体重低下の原因と対策 系統的レビューからわかったこと
    大田えりか
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 446 2016年06月
  • 看護におけるシステマティックレビュー コクランにおけるシステマティックレビューの基礎 リスク・オブ・バイアスとメタアナリシス
    大田えりか
    看護研究 49(3) 172‐188 2016年06月
  • 新生児蘇生NCPRガイドライン 2015 付録:新しいシステマティックレビュー評価法 GRADE
    大田えりか
    周産期医学 46(2) 225‐230 2016年02月
  • 妊娠糖尿病および糖尿病母体から出生した児の肥満についてのシステマティックレビュー
    川崎 麻紀, 宮崎 セリーヌ, 荒田 尚子, 大田 えりか, 森 臨太郎, 小川 佳宏
    肥満研究 22(Suppl.) 230-230 2016年09月
  • 「健やか親子21」の最終評価・課題分析および次期国民健康運動の推進に関する研究 東京都世田谷区における小児の保健医療情報の連結とその利活用に関する研究―生活習慣病予防検診データを利用しての家族介入プログラム開発―
    原田正平, 田中久子, 大田えりか, 矢作尚久, 津田正彦, 津田正彦
    「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書 358‐363 2016年
  • 慢性疾患に罹患している児の社会生活支援ならびに療育生活支援に関する実態調査およびそれら施策の充実に関する研究 慢性疾患を有する児の身体的,心理社会的状態等の実態調査
    掛江直子, 佐々木八十子, 今井希依, 須藤茉衣子, 竹原健二, 森崎菜穂, 大西香世, ルビマ デスポトバトレバ, 瀬川道和子, 大田えりか, 森臨太郎
    慢性疾患に罹患している児の社会生活支援ならびに療育生活支援に関する実態調査およびそれら施策の充実に関する研究 平成25-27年度 総合研究報告書 9‐23 2016年
  • 冠動脈疾患患者に対するレジスタンストレーニングの効果:メタアナリシスによる検討
    山本周平, 堀田一樹, 大田えりか, 松永篤彦, 森臨太郎
    日本循環器学会関東甲信越地方会(Web) 239th KANTOKOSHIN’ETSU239,35 (WEB ONLY) 2016年
  • コクランライブラリとコクラン共同計画
    佐々木八十子, 大田えりか, 森臨太郎
    月刊薬事 57(11) 1845-1849 2015年10月
  • 臨床看護学研究におけるコクランライブラリー活用術
    大田 えりか
    日本看護研究学会雑誌 39(3) 67-67 2016年07月
  • 切迫流早産で入院した妊婦に対する「着衣による体幹への締め付けを回避するケア」の効果の検証
    佐藤佐知子, 竹原健二, 新田知恵子, 大田えりか
    日本助産学会誌 28(3) 498 2015年02月
  • 【看護におけるシステマティックレビュー】 コクランにおけるシステマティックレビューの基礎 リスク・オブ・バイアスとメタアナリシス
    大田 えりか
    看護研究 49(3) 172-188 2016年06月
  • 切迫流早産妊婦における「衣服による体幹への締め付けを回避する保健指導」が早産予防にもたらす効果の検討 電子カルテのデータを用いた研究
    加藤 佐知子, 竹原 健二, 新田 知恵子, 大田 えりか
    日本助産学会誌 30(1) 110-119 2016年06月
    目的 本研究では電子カルテを用いて、切迫流早産で入院した妊婦を対象に実施されてきた、「衣服による体幹への締め付けを回避する保健指導」が早産のリスク低減にもたらす効果を検討することを目的とした。対象と方法 本研究のデザインは電子カルテのデータを用いた後ろ向き研究である。本研究の対象は2011年4月1日から2013年3月31日の時点で、調査協力施設に切迫流早産の診断を受けて入院をしていた妊婦230人のうち、対象基準を満たした208人とした。入院期間中に看護師や助産師が「衣服による体幹への締め付けを回避する保健指導」を実施した者を保護指導実施群、実施されなかった者を対照群とした。すべてのデータは電子カルテから収集された。結果 対象者の基本属性では、平均年齢が34.7歳(標準偏差(SD):5.0)、経産婦が103人(49.8%)であった。保健指導が実施された保健指導実施群は150人(72.1%)であった。二変量解析の結果、保健指導の実施の有無は、妊娠34週未満の早産(p=0.077)、妊娠37週未満の早産(p=0.875)のいずれとも統計学的に有意な関連は認められなかった。しかし、先行研究の知見をもとに、社会経済的な要因や過去の受診歴などの交絡因子の影響を調整した多変量解析では、保健指導実施群の妊娠34週未満の早産に対するAdjusted Odds Ratio(AOR)は0.15(95% Confidence Interval(CI):0.04-0.57)と妊娠34週未満の早産のリスクを低下させることが示された。妊娠37週未満の早産との関連は示されなかった(AOR:0.67(95%CI:0.28-1.60)。結論 衣服による体幹への締め付けを回避する保健指導が妊娠34週未満の早産のリスクを低下させる可能性が示唆された。本研究は探索的な研究であり、サンプルサイズが小さいことや、対象者の無作為割付をおこなっていないなどの限界がある。今後、無作為化比較試験のような、この保健指導の有効性をより強く証明するような研究の実施が求められる。(著者抄録)
  • 「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究 東京都世田谷区における小児の保健医療情報の連結とその利活用に関する研究―教育委員会との連携について
    原田正平, 田中久子, 大田えりか, 矢作尚久, 津田正彦
    「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書 267-270 2015年
  • エジンバラ産後うつ病評価尺度,赤ちゃんへの気持ち質問票,育児支援チェックリストの「3点セット」による養育不全・児童虐待の検出力の検討
    立花良之, 竹原健二, 掛江直子, 森臨太郎, 小泉智恵, 辻井弘美, 大田えりか, 葛西圭子, 山下洋, 吉田敬子, 久保隆彦
    日本周産期メンタルヘルス学会学術集会プログラム・抄録集 12th 67 2015年
  • 低出生体重児の発症機序及び長期予後の解明に関する研究 我が国における低出生体重児の要因解析および対策の探求 低出生体重児出生予防のための妊娠中の適正体重増加と食事摂取保健指導の介入研究
    大田えりか, BALOGUN Olukunmi Omobolanle, DAGVADORJ Amarjagal, RAHMAN Mizanur, PENA‐ROSAS Juan Pablo
    低出生体重児の発症機序及び長期予後の解明に関する研究 平成26年度 委託業務成果報告書 27‐35 2015年
  • 母子保健に関する国際的動向及び情報発信に関する研究 日本コクランブランチ設立と人材育成
    大田えりか, バーバラ エマ, サデクア シャルーク, 佐々木八十子
    母子保健に関する国際的動向及び情報発信に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書 123‐140 2015年
  • 地球規模モニタリングフレームワークにおける各種指標の検証と科学的根拠にもとづく指標決定プロセスの開発「各種指標の有用性の検証」MDG4・5達成のためのWHO妊産婦調査二次解析
    大田えりか, 森崎菜穂, GANCHIMEG T
    地球規模モニタリングフレームワークにおける各種指標の検証と科学的根拠にもとづく指標決定プロセスの開発 平成26年度 委託業務成果報告書 9‐12 2015年
  • 臨床試験のエビデンスから実地臨床へ〈臨床試験の解釈〉臨床試験のメタ解析とその落とし穴
    大田えりか
    臨床精神医学 43(12) 1755-1761 2014年12月
  • 日本における出生体重低下の要因と対策を考える 出生体重低下の原因と対策 系統的レビューからわかったこと
    大田 えりか
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 446-446 2016年06月
  • コクランの概要と日本支部の設立
    大田 えりか, 森 臨太郎
    薬理と治療 44(Suppl.1) s45-s48 2016年05月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 11 妊婦に対するパートナーからの暴力を予防する,または減らすために効果のある介入は?
    大田えりか
    助産雑誌 68(11) 1018-1021 2014年11月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 10 産後のダイエットに有効なのは食事または運動,それとも両方?
    大田えりか
    助産雑誌 68(10) 898-901 2014年10月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 9 マンモグラフィーによる乳がんスクリーニングは乳がんの死亡率を下げるのに有効か
    大田えりか
    助産雑誌 68(9) 832-835 2014年09月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 7 正期産と過期産の正常妊娠への分娩誘発では,アウトカムに違いが出るか?
    大田えりか
    助産雑誌 68(7) 626-629 2014年07月
  • 国際標準ツールGRADE systemを用いたシステマティックレビューと診療ガイドライン作成者の育成
    南郷栄秀, 湯浅秀道, 大田えりか, 豊島義博, 南郷里奈
    医学教育 45(Suppl.) 195 2014年07月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 6 陣痛の緩和にはどの介入が効果があるのか?
    大田えりか
    助産雑誌 68(6) 550-553 2014年06月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 5 分娩時の連続的な胎児心拍数陣痛計(CTG)によるモニタリングと,陣痛間歇時の児心音聴取で,母子のアウトカムに違いが出るか?
    大田えりか
    助産雑誌 68(5) 458-461 2014年05月
  • コクランレビューに学ぶ助産ケアのエビデンス 4 正期産の新生児では,臍帯結紮するタイミングで母子のアウトカムの違いが出るか?
    大田えりか
    助産雑誌 68(4) 342-345 2014年04月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 3 助産師による継続ケアって,助産師以外のケアモデルと比べてどんな効果があるの?
    大田えりか
    助産雑誌 68(3) 248-251 2014年03月
  • コクランレビューに学ぶ 助産ケアのエビデンス 2 分娩時の女性への継続的サポートはどんな効果があるの?
    大田えりか
    助産雑誌 68(2) 158-161 2014年02月
  • 1974年から2010年における日本全出生の低出生体重児および早産増加の時系列分析
    大田えりか, 米岡大輔, 米岡大輔, 野内英樹, 森臨太郎
    J Epidemiol 24(Supplement 1) 85 2014年01月
  • 慢性疾患に罹患している児の社会生活支援ならびに療育生活支援に関する実態調査およびそれら施策の充実に関する研究 慢性疾患を有する児の身体的,心理社会的状態等の実態調査
    掛江直子, 佐々木八十子, 森崎菜穂, 大西香世, デスポトバトレバ ルビマ, 瀬川道和子, 竹原健二, 大田えりか, 森臨太郎
    慢性疾患に罹患している児の社会生活支援ならびに療育生活支援に関する実態調査およびそれら施策の充実に関する研究 平成25年度 研究報告書 11-32 2014年
  • 母子保健に関する国際的動向及び情報発信に関する研究 人材育成および日本コクランブランチ設立にむけて
    大田えりか, エマ バーバラ, ガンチメグ トゴバタラ, シャルーク サデクア
    母子保健に関する国際的動向及び情報発信に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 73-101 2014年
  • 母子保健に関する国際的動向及び情報発信に関する研究 我が国の政府統計からみた早産と低出生体重予防法の模索
    森臨太郎, 大田えりか, 森崎菜穂
    母子保健に関する国際的動向及び情報発信に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 103-136 2014年
  • 妊産婦のメンタルヘルスの実態把握及び介入方法に関する研究 調査の進捗状況と,妊娠20週から産後2週までのメンタルヘルスの実態に関する記述的分析~世田谷区の産科施設にて分娩をした産婦における縦断研究~
    竹原健二, 井冨由佳, 田山美穂, 岡潤子, 須藤茉衣子, 掛江直子, 大田えりか, 三木佳代子
    妊産婦のメンタルヘルスの実態把握及び介入方法に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 73-81 2014年
  • 妊産婦のメンタルヘルスの実態把握及び介入方法に関する研究 初産婦と経産婦のメンタルヘルスハイリスク群に関する考察
    葛西圭子, 竹原健二, 井冨由佳, 田山美穂, 岡潤子, 須藤茉衣子, 掛江直子, 大田えりか, 三木佳代子
    妊産婦のメンタルヘルスの実態把握及び介入方法に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 67-71 2014年
  • 低出生体重児出生を予防するための妊娠中の栄養介入に関するオーバービューレビュー
    大田えりか, 森臨太郎
    日本国際保健医療学会学術大会プログラム・抄録集 28th (JA)240,(EN)86 2013年11月
  • 臨床研究の成果を実地臨床へ生かそう―産科編 コクランレビューを読むこと・書くこと
    花田信継, 森臨太郎, 大田えりか
    周産期医学 43(10) 1217-1220 2013年10月
  • 専門家の意見を解析する手法(expert elicitation)を用いた食品由来疾患の食品寄与率推定
    熊谷優子, 大田えりか, 大西俊郎, 渋谷健司, 関崎勉
    日本食品微生物学会学術総会講演要旨集 34th 108 2013年09月
  • コラクン系統的レビューの作成方法
    大田えりか
    日本助産学会誌 26(3) 68 2013年05月
  • 2008‐2010年の日本全国における双胎児の出生時体重基準曲線と早期新生児の死亡のリスク因子に関する研究
    宮本かりん, 大田えりか
    日本助産学会誌 26(3) 161 2013年05月
  • 食品安全行政における政策立案,政策評価に資する食品由来疾患の疫学的推計手法に関する研究 食品由来疾患の障害調整生存年(DALYs)に関する研究
    大西俊郎, 大田えりか, 熊谷優子
    食品安全行政における政策立案、政策評価に資する食品由来疾患の疫学的推計手法に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 9-37,39-41,43-75,77-92 2013年
  • 食品安全行政における政策立案,政策評価に資する食品由来疾患の疫学的推計手法に関する研究 食品由来疾患の障害調整生存年算出のための系統的文献レビュー―サルモネラ属菌感染症に関する網羅的文献調査―志賀毒素産生性大腸菌感染症に関する網羅的文献調査―
    百瀬愛佳, 大田えりか, 瀬川道和子, 春日文子
    食品安全行政における政策立案、政策評価に資する食品由来疾患の疫学的推計手法に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 93-109 2013年
  • 第2世代HIVサーベイランスの方法論に関する文献的考察:日本におけるHIVサーベイランスへの適応
    宮川桂子, 大田えりか
    日本エイズ学会誌 13(4) 439 2011年11月
  • 産後5か月の授乳方法と産後うつ状態との関連
    西岡笑子, 春名めぐみ, 大田えりか, 松崎政代, 村山陵子, 村嶋幸代
    日本助産学会誌 24(3) 86 2011年02月
  • HIV感染症の疫学的研究:メタ分析とコホート研究に関する HIV/AIDS予防のための系統的レビューに関する研究
    森臨太郎, 堀成美, 大田えりか, WARIKI Windy
    HIV感染症の疫学的研究:メタ分析とコホート研究に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 69-74,74(1),75-85,87-96,96(1),97-130 2011年
  • 父親の家事・育児の参加を促す要因の検討
    芦田純美, 大久保功子, 三隅順子, 大田えりか
    東京母性衛生学会誌 27(Supplement 1) S(29) 2010年05月
  • 授乳に関する要因とセルフエフィカシーとの関係
    小山真依, 武田恵美, 内垣内さと子, 高木聡子, 野村恭子, 大田えりか, 大久保功子
    東京母性衛生学会誌 27(Supplement 1) S(22)-S(23) 2010年05月
  • 産褥早期の足裏マッサージの,マタニティブルーズに対する予防的効果について
    坂田みのり, 大久保功子, 三隅順子, 大田えりか
    東京母性衛生学会誌 27(Supplement 1) S(30)-S(31) 2010年05月
  • どのようにして母乳育児を続けてきたのか―産後一か月の母親の母乳育児における経験―
    岡留明奈, 大久保功子, 三隅順子, 大田えりか
    東京母性衛生学会誌 27(Supplement 1) S(31)-S(32) 2010年05月
  • 在日フィリピン人母親が子育てで直面した困難と対処
    吉田真奈美, 春名めぐみ, 大田えりか, 渡辺悦子, UAVAN Maria Luisa T, 村嶋幸代
    母性衛生 50(2) 422-430 2009年07月
  • 妊娠期の朝食欠食に関連する栄養素摂取量とその要因
    白石三恵, 春名めぐみ, 松崎政代, 大田えりか, 村嶋幸代, 佐々木敏, 永井泰
    母性衛生 50(1) 148-154 2009年04月
  • ベトナム人妊婦の屋内受動喫煙が早産および低出生体重児出産のリスクに及ぼす影響
    大田えりか, 野内英樹, 春名めぐみ, 鈴木基, ANH Dang Duc, THIEM Vu Dinh, THO Le Huu, 有吉紅也, 村嶋幸代
    Trop Med Health 78 2008年10月
  • 農山村地域の中年期男性の世帯構成・婚姻状況・食事支度者に着目した食生活の実態
    関根綾希子, 村山洋史, 有本梓, 田口敦子, 大田えりか, 村嶋幸代
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67th 602 2008年10月
  • 妊娠期の朝食欠食に関連する栄養素摂取量とその要因
    白石三恵, 春名めぐみ, 松崎政代, 大田えりか, 村嶋幸代, 佐々木敏, 永井泰
    母性衛生 49(3) 139 2008年10月
  • ベトナムにおける地理情報システム(GIS)と出生情報を活用した地域データベース構築
    野内英樹, 高木正洋, 鈴木宏, 丸井英二, ANH Dang Duc, THIEM Vu Dinh, 谷村晋, 安井裕, 大田えりか
    長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 2007 1-7 2008年09月
  • 生体インピーダンス法による妊娠中と産後1か月の体脂肪量の推移とその関連要因
    大田えりか, 春名めぐみ, 松崎政代, 本田由佳, 村嶋幸代
    日本看護科学学会学術集会講演集 27th 266 2007年11月
  • 妊娠中の母体血中ケトン体上昇の関連要因についての検討
    春名めぐみ, 大田えりか, 松崎政代, 本田由佳, 村嶋幸代
    日本看護科学学会学術集会講演集 27th 473 2007年11月
  • 妊娠中の酸化ストレスマーカーとしての尿中バイオピリン
    松崎政代, 春名めぐみ, 大田えりか, 渡辺悦子, 村山陵子, 塚本浩子
    日本助産学会誌 20(2) 40-49 2006年12月
  • 医師,助産師,妊婦の三者からみた妊娠中の生活指導:大学病院での一例
    春名めぐみ, 余善愛, 渡辺悦子, 松崎政代, 大田えりか, 村嶋幸代
    日本看護科学学会学術集会講演集 26th 230 2006年11月
  • 産褥3ケ月までの体重・体脂肪の変動とやせ・肥満の割合の推移について
    本田由佳, 春名めぐみ, 松崎政代, 大田えりか, 村嶋幸代, 金井万里子
    母性衛生 47(3) 234 2006年09月
  • BMI別にみた妊娠各期の部位別体組成の検討
    大田えりか, 春名めぐみ, 松崎政代, 本田由佳, 渡辺悦子, 村山陵子, 村嶋幸代, 永井泰, 小笠原加代子, 塚本浩子, 福岡秀興
    母性衛生 46(3) 119 2005年09月
  • 妊娠中の母体体重増加とその関連要因
    春名めぐみ, 松崎政代, 大田えりか, 本田由佳, 渡辺悦子, 村山陵子, 村嶋幸代, 永井泰, 小笠原加代子, 関根恭一, 田畑伸幸, 塚本浩子, 福岡秀興
    母性衛生 46(3) 119 2005年09月
  • 妊婦の尿中バイオピリン値に関連する要因
    松崎政代, 春名めぐみ, 大田えりか, 渡辺悦子, 村山陵子, 村嶋幸代, 永井泰, 小笠原加代子, 塩地出, 関根恭一, 田畑伸幸, 本田由佳, 塚本浩子, 福岡秀興
    母性衛生 46(3) 115 2005年09月

競争的資金

  • 妊娠中の体重増加量と周産期リスク、妊娠中の食事、低出生体重児予防