詳細検索はこちら

宇都宮 明美 ウツノミヤ アケミ

所属・職名:成人看護学  准教授
連絡先:autsunomiya[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80611251.ja.html 
更新日: 17/05/31 05:08

研究者基本情報

学位

  • 看護学修士

プロフィール

    成人看護学(急性、がん看護学、緩和ケア),看護師,急性・重症患者専門看護師

学歴

  • 大阪府立看護大学 大学院博士前期課程急性看護学CNSコース

経歴

  • 2011年- 2012年聖路加看護大学(准教授)

委員歴

  • 2010年07月- 2013年07月日本クリティカルケア看護学会 理事
  • 2010年07月- 2013年07月日本クリティカルケア看護学会 高度実践看護師制度検討会 代表
  • 2010年07月- 2013年07月日本クリティカルケア看護学会 理事
  • 2010年07月- 2013年07月日本クリティカルケア看護学会 高度実践看護師制度検討会 代表
  • 2010年03月- 2012年02月日本集中治療医学会 看護部会会長
  • 2010年03月- 2012年02月日本集中治療医学会 看護部会会長
  • 2010年04月- 2011年03月日本専門看護師協議会 急性・重症患者看護分野事務局
  • 2010年04月- 2011年03月日本専門看護師協議会 急性・重症患者看護分野事務局
  • 2008年02月- 2010年03月日本集中治療医学会 看護理事
  • 2008年02月- 2010年03月日本集中治療医学会 看護部会常任委員
  • 2008年02月- 2010年03月日本集中治療医学会 看護部会常任委員
  • 2008年02月- 2010年03月日本集中治療医学会 看護理事
  • 2010年04月日本集中治療医学会 理事 看護部会会長
  • 2010年日本クリティカルケア看護学会 理事 評議員
  • 2010年10月日本看護協会 専門看護師試験委員
  • 2011年04月日本看護協会 教育委員

研究活動情報

研究分野

  • 看護学 / 基礎看護学

研究キーワード

    省察的実践 , 分析力 , ウェブ基盤学習 , リフレクティブ・ジャーナル記述力 , 看護実践能力 , 新人看護師 , 看護学士 , 看護実践力 , 学習モデル , 看護教育学 , 自己意識 , プロフェッショナル , 開心術後患者の早期離床 , 人工呼吸器関連肺炎に対するケア

書籍等出版物

  • 呼吸管理とケア
    共著
     2012年05月
  • イラストでわかる人工呼吸器合併症の予防&ケア
    単著
    メディカ出版 2012年06月

講演・口頭発表等

  • 劇症型心筋炎患者の両心室補助人工心臓(BVS5000)における水分管理
    西山実希, 小原ひとみ, 宇都宮明美
    第35回日本集中治療医学会学術集会 2008年02月
  • Present Status of Critical Care Activity of CNSS in Japan
    The 6th AATS?ASCVTS Postgraduate Course.ASCVTS 2013. The 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery. 2013年04月
  • 集中治療の安全性の確保と向上
    宇都宮明美
    第39回日本集中治療学会学術集会 2012年02月
  • 現場における研究の活用
    宇都宮明美
    第37回日本看護研究学会学術集会 2011年08月
  • 看護師と理学療法士のカンファレンス構築の必要性に対する認識の相違
    足立拓也
    第7回日本クリティカルケア看護学会 2011年06月
  • スペシャリストとジェネラリストの協働から見える活動成果 専門職間の協働的パートナーシップの在り方
    宇都宮, 明美
    第7回日本クリティカルケア看護学会学術集会 2011年06月
  • 患者を中心にした学際的チーム医療連携とは何か
    宇都宮, 明美
    看護経済・政策研究学会 2012年03月
  • 集中治療領域における新しいチーム医療をめざして専門看護師の立場から 集中治療領域における新しいチーム医療をめざして
    宇都宮, 明美
    第20回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 2011年07月
  • RST活動の実際と今後の課題
    宇都宮, 明美
    第19回日本集中治療医学会東海北陸地方会 2011年06月
  • 間質性肺炎を発症した腎移植後患者への呼吸援助
    仲村知美, 宇都宮明美
    第37回日本集中治療医学会 2010年03月
  • 間質性肺炎を発症した腎移植後患者への呼吸援助
    仲村知美, 宇都宮明美
    第37回日本集中治療医学会 2010年03月
  • 食道癌術後患者の術後管理―再挿管のリスクファクターについて
    日本集中治療医学会近畿地方会
  • 人為災害被災者の心理的回復のプロセス
    日本災害看護学会
  • 間質性肺炎を発症した腎移植後患者への呼吸援助
    日本集中治療医学会
  • 開胸術後のトータルケアベッド使用による早期離床効果
    日本クリティカルケア看護学会
  • ポジショニング・モビライゼーションによる下側肺障害の早期改善に向けての取り組み
    日本集中治療医学会近畿地方会
  • Present Status of Critical Care Activity of CNSs in Japan
    The 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic SurgeryThe 6th AATS/ASCVTS POSTGRADUATE COURSE 2013年04月
  • 間質性肺炎を発症した腎移植後患者への呼吸援助.
    仲村知美, 宇都宮明美.
    第37回日本集中治療医学会 2010年03月
  • 人為災害被災者の心理的回復のプロセス
    日本災害看護学会第11回年次大会 2009年08月
  • 人工呼吸器関連肺炎 看護師が行う予防的実践とその効果
    第32回 日本呼吸療法医学会学術総会 シンポジウム 2010年07月
  • リーダーシップを発揮するための促進因子・阻害因子.
    高松由起, 赤門希帆子, 仲村智美, 宇都宮明美
    第5回日本クリティカルケア看護学会学術集会 2009年07月
  • 開胸術後のトータルケアベッド使用による早期離床効果.
    宇都宮明美, 小森麻由, 高松由起, 仲村智美.
    第5回日本クリティカルケア看護学会学術集会 2009年07月
  • ポジショニング・モビライゼーションによる下側肺障害の早期改善に向けての取り組み.
    柴田知子, 宇都宮明美.
    第54回日本集中治療医学会近畿地方会 2009年06月
  • 食道癌術後患者の術後管理―再挿管のリスクファクターについて―.
    今田佳寿美, 田中万由美, 宇都宮明美
    第54回日本集中治療医学会近畿地方会 2009年06月
  • 低心機能高齢患者におけるNPPV離脱へのアプローチ
    江端里恵, 宇都宮明美.
    第36回日本集中治療医学会学術集会 2009年02月
  • ICUにおけるインシデント分析結果.
    岡裕絵, 萬山和美, 宇都宮明美, 高橋仁美
    第36回日本集中治療医学会学術集会 2009年02月
  • 悪性胸膜中皮腫患者の術後管理についての検討.
    小森麻由, 山岡綾子, 宇都宮明美
    第4回日本クリティカルケア看護学会 2008年05月
  • 「代理意思決定場面」における看護アセスメントと援助.
    山根堂代, 宇都宮明美
    第35回日本集中治療医学会学術集会 2008年02月
  • 劇症型心筋炎患者の両心室補助人工心臓(BVS5000)における水分管理.
    西山実希, 小原ひとみ, 宇都宮明美
    第35回日本集中治療医学会学術集会 2008年02月
  • 開胸術後のトータルケアベッド使用による早期離床効果
    宇都宮明美, 小森麻由, 高松由起, 仲村智美
     2009年07月
  • 低心機能高齢患者におけるNPPV離脱へのアプローチ
    江端里恵, 宇都宮明美
    第36回日本集中治療医学会学術集会 2009年02月
  • ICUにおけるインシデント分析結果
    岡裕絵, 萬山和美, 宇都宮明美, 高橋仁美
    第36回日本集中治療医学会学術集会 2009年02月
  • 人為災害被災者の心理的回復のプロセス
    日本災害看護学会第11回年次大会 2009年08月
  • リーダーシップを発揮するための促進因子・阻害因子
    高松由起, 赤門希帆子, 仲村智美, 宇都宮明美
    第5回日本クリティカルケア看護学会学術集会 2009年07月
  • ポジショニング・モビライゼーションによる下側肺障害の早期改善に向けての取り組み
    柴田知子, 宇都宮明美
    第54回日本集中治療医学会近畿地方会 2009年06月
  • 食道癌術後患者の術後管理―再挿管のリスクファクターについて―
    今田佳寿美, 田中万由美, 宇都宮明美
    第54回日本集中治療医学会近畿地方会 2009年06月
  • 悪性胸膜中皮腫患者の術後管理についての検討
    小森麻由, 山岡綾子, 宇都宮明美
    第4回日本クリティカルケア看護学会 2008年05月
  • 「代理理意思決定場面」における看護アセスメントと援助
    山根堂代, 宇都宮明美
    第35回日本集中治療医学会学術集会 2008年02月
  • 人工呼吸器関連肺炎 看護師が行う予防的実践とその効果
    第32回 日本呼吸療法医学会学術集会 2010年07月

MISC

  • 修士課程「チームビルディング力育成合宿セミナー」プログラムに参加した上級実践コース履修者のチームビルディング意識の変化とプログラム評価
    聖路加看護大学紀要(39) 2013年03月
  • 【根拠と効果が見えてくる!体位呼吸療法実践トレーニング】 モニタリングで見える体位呼吸療法中の患者アセスメント
    宇都宮, 明美
    呼吸器ケア 10(2) 141-146 2012年02月
  • VAP予防のための口腔ケアの標準化を目指して ケア前後の咽頭部細菌数の迅速評価
    宇都宮, 明美
    日本口腔ケア学会雑誌 5(1) 66 2011年11月
  • 専門看護師の臨床推論 患者の「ふみとどまる力」を支える
    宇都宮, 明美
    看護管理 22(2) 144-147 2012年02月
  • 現場における研究の活用 臨床における専門看護師の活躍 現場における研究の活用
    宇都宮, 明美
    日本看護研究学会雑誌 34(3) 124 2011年07月
  • NIPPVを知る
    宇都宮, 明美
    HEART 2(3) 306-315 2012年03月
  • モニタリングで見える体位呼吸療法中の患者アセスメント
    宇都宮, 明美
    呼吸器ケア 10(2) 141-146 2012年
  • 修士課程「チームビルディング力育成合宿セミナー」プログラムに参加した上級実践コース履修者のチームビルディング意識の変化とプログラム評価
    亀井智子,飯岡由紀子,片岡弥恵子,宇都宮明美,山田雅子,萱間真美,菱沼典子
    聖路加看護大学紀要(39) 36-46
     本学大学院修士課程特別講義「チームビルディング」では上級実践コース履修者を対象に「チームビルディング力育成合宿セミナー(2 泊3 日)」を開催し,参加した24 名の院生の参加前後の①チームビルディング力,②チームアセスメント力,③満足度,の各意識を記述し,プログラム評価を行った。セミナーの構成は,小講義(保健医療におけるチームとは他),チャレンジプログラム(アドベンチャーにもとづく体験学習サイクルプログラム),事例検討会・発表会(小グループ活動)とし,これらを交互に組んでチーム力の深度を増すように進めた。参加前後のチームビルディング力の意識は,相互独立的‐相互協調的自己観尺度の「独断性」( p =0.01),「評価懸念」( p <0.01)が低下し,チームアプローチの認識尺度の「関係性・メンバーシップ」( p <0.01),「問題解決への取り組み」( p <0.01),「自身の貢献・自信」( p =0.01)は上昇した。チームのアセスメント力はほぼ
  • クリティカルケアナースに必要な臨床実践能力
    看護技術 58(10) 2012年09月
  • 人工呼吸器離脱困難者が歩行する個々の個別性を活かし、総合力を高める
    看護管理 23(4) 2013年04月
  • シリーズ 専門看護師の臨床推論 CNSの卓越した思考と実践を振り返る
    看護管理 23(1) 2013年01月
  • VAP予防が困難な患者
    呼吸器ケア(2012年夏季増刊) 2012年06月
  • 顔面熱傷・外傷の気管チューブの固定と管理法は?
    徳田瑞枝
    ナーシングケアQ&A 第41号 パーフェクトガイド 呼吸管理とケア-病態生理から学ぶ臨床のすべて- 2012年05月
  • 気管チューブの固定器具とは?
    徳田瑞枝
    ナーシングケアQ&A 第41号 パーフェクトガイド 呼吸管理とケア-病態生理から学ぶ臨床のすべて- 2012年05月
  • クリティカルケア領域での代理意思決定支援
    家族看護19 2012年02月
  • 第2章 7. 心肺蘇生後.
    篠崎正博編著.
    疾患別ICUナースの観察力・対応力UP ポケットマニュアル 129-134 2010年03月
  • JR福知山線脱線事故での多岐にわたる支援
    日本看護協会編.
    平成21年版看護白書 150-154 2009年10月
  • 看護ケアを中心とした「呼吸ケアチーム」の活動
    岸本裕充 他編
     8-47 2009年07月
  • 口腔ケア
    道又元裕 他編.
    人工呼吸管理実践ガイド 228-232 2009年07月
  • Nursing Mook53 気道浄化ケアマニュアル
    Nursing Mook53 気道浄化ケアマニュアル 2009年06月
  • 看取りの現状と望ましい姿(座談会).
    宇都宮明美, 田村富美子, 北村愛子, 山勢善江.山勢善江 編
    Nursing Mook 49 救急クリティカルケアにおける看取り 8-15 2008年10月
  • CAPTER 4 事例展開 持続鎮静・鎮痛中の母親の代理意思決定者であった息子への看護.
    山勢善江 編
    Nursing Mook 49 救急クリティカルケアにおける看取り 130-131
  • CAPTER 4 事例展開 意識不明の父親への面会時、患者に近づけない娘への看護.
    山勢善江 編
    Nursing Mook 49 救急クリティカルケアにおける看取り 132-133 2008年10月
  • CAPTER 4 事例展開 母親の回復の奇跡を信じつづける娘たちへの看護.
    山勢善江 編
    Nursing Mook 49 救急クリティカルケアにおける看取り 134-135 2008年10月
  • CAPTER 4 事例展開 診察待機中に心肺停止になった患児の両親への看護.
    山勢善江 編.
    Nursing Mook 49 救急クリティカルケアにおける看取り 136-137 2008年10月
  • 第4章 COLUM 7. JR福知山線脱線転覆事故.
    小原真理子 監修.
    いのちとこことを救う災害看護 232-237 2008年06月
  • 劇症型心筋炎患者の両心室補助人工心臓(BVS5000)における水分管理.
    西山実希, 小原ひとみ, 宇都宮明美
    ハートナーシング 22(2) 209-212 2009年02月
  • CCUにおける緊急入院患者の家族のニードに関する調査.
    石丸由香子, 藤川知代, 西田淳子, 宇都宮明美
    ハートナーシング 21(6) 660-663 2008年06月
  • 呼吸ケアチームの実績と専門看護師の活躍.
    看護 62(8) 57-60 2010年06月
  • 体位と呼吸管理.
    人工呼吸 27(1) 64-67 2010年05月
  • VAP予防の創意工夫 兵庫医科大学病院.
    高松由起, 宇都宮明美.
    重症集中ケア 8(5) 95-102 2009年12月
  • 閉鎖式気管吸引の現状と課題.
    人工呼吸 26(2) 234-235 2009年12月
  • 急性期人工呼吸器患者の家族へのメンタルサポート.
    呼吸器ケア 7(3) 285-289 2009年03月
  • 第三者行為(例えば交通事故や傷害事件)で重症を負った患者をもつ家族へのケア.
    臨床看護 35(10) 1448-1451 2009年09月
  • 人工呼吸器装着患者の口腔ケア、本来は“2人で行うべき”だけれど….
    岸本裕充, 宇都宮明美.
    Expert Nursing 25(2) 66-68 2009年02月
  • 補助循環に強くなる! IABP PCPS補助人工心臓装着患者の看護実践力向上 補助人工心臓〔症例〕編.
    重症集中ケア  7(6) 115-120 2009年02月
  • 急性呼吸障害に対する呼吸リハビリテーション 評価の実際 循環動態の評価
    呼吸器ケア(冬季増刊) 156-160 2008年12月
  • 口腔ケア応用編 経口気管内挿管の場合.
    呼吸器&循環器ケア 8(5) 64-70 2008年12月
  • 低心機能高齢患者におけるNPPV離脱へのアプローチ
    江端里恵、宇都宮明美
    呼吸器ケア 8(8) 80-85 2010年08月
  • 補助循環に強くなる! IABP PCPS補助人工心臓装着患者の看護実践力向上 補助人工心臓〔基礎知識〕編.
    重症集中ケア 7(5) 111-116 2008年12月
  • 心不全のディジーズマネジメントの現状と課題(座談会).
    岡田彩子, 仲村直子, 宇都宮明美, 田村恵子.
    看護技術 54(12) 161-176 2008年10月
  • 終末期にある心不全患者の現状と課題.
    看護技術 54(12) 139-142 2008年10月
  • 人工呼吸器関連肺炎予防と口腔ケア.
    インターナショナルナーシングレビュー 31(3) 109-112 2008年05月
  • どう育てる災害対応能力 JR西日本列車転覆事故を経験して.
    日本災害看護学会誌  9(3) 53-54 2008年05月
  • 急性増悪期の症状と徴候, アセスメント, モニタリング.
    看護技術 54(12) 62-69 2008年05月
  • ICUにおけるせん妄対策―看護の立場から―.
    日本集中治療医学会雑誌  15(2) 156-157 2008年04月
  • 急性・重症患者看護専門看護師.
    月刊ナーシング 28(5) 162-163 2008年04月
  • Collaboration.
    呼吸器ケア 6(3) 1 2008年03月
  • 危機的状況にある患者と家族の精神的・社会的アセスメントと倫理的配慮 終末期看護のケース.
    重症集中ケア 6(6) 11-14 2008年02月
  • 急性期の口腔ケア(インタビュー).
    看護師の口腔ケア(1) 4-10 2008年
  • 総合ディスカッション.
    看護師の口腔ケア(2) 28-31 2008年
  • 大学院修士課程特別講義「チームビルディング」(2011年度?2013年度文部科学省大学改革推進等補助金 専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業)の総括評価
    亀井智子,飯岡由紀子,片岡弥恵子,宇都宮明美,山田雅子,萱間真美,菱沼典子
    聖路加看護大学紀要(40) 9-18
    2011 年度~ 2013 年度文部科学省大学改革推進等補助金「専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業」 により,研究科委員会にチームビルディング推進委員会を設置して,チームビルディング力育成プログラムを推進した。特別講義「チームビルディング」の開講,実習ネットワーク会議の立ち上げ,公開セミナーによる成果公開を行い,3 年間の総括評価を行った。その結果,1)本科目の履修者は計48 名で,看護学専攻,ウィメンズヘルス・助産学専攻両者の履修者であった。2)講義(PCC,チームの理論等),演習(ミシガン大学チャレンジプログラムを取り入れたチームアプローチ合宿セミナー),見学実習(モデルチーム医療見学)で構成する本科目の運営方法は,チームビルディング力を短期間で向上させる上で大変有効であった。3)臨床教員は本科目へ肯定的評価を行う者が多く,また,公開セミナー参加者の満足度は高かった。今後の課題には合宿によらない本プログラムと

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 急性看護論I (聖路加国際大学)
  • 急性看護論III (聖路加国際大学)
  • 急性上級実践者コース (聖路加国際大学大学大学院 修士課程)
  • 急性期看護論Ⅰ (聖路加看護大学)
  • 急性期看護学Ⅲ (聖路加看護大学)
  • 代謝病態生理学・急性看護援助特論 (大阪府立大学大学院 )
  • 患者家族のアセスメント-臓器移植- (聖路加看護大学)
  • クリティカルケア論 (聖路加看護大学)
  • 急性期看護援助論「クリティカルな状況にある患者・家族の特徴」. (兵庫医療大学)
  • 急性・重症患者看護学演習Ⅰ「急性呼吸機能障害を持つ患者の看護支援」. (愛知医科大学大学院看護研究科. 講義(非常勤講師).)
  • 災害看護学 (兵庫医療大学)

社会貢献活動情報

社会貢献活動