詳細検索はこちら

永井 智子 ナガイ トモコ

所属・職名:公衆衛生看護学  助教
連絡先:tomoko-nagai[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL: 
更新日: 20/07/04 05:06

研究者基本情報

学位

  • 修士(看護学)

学歴

  • 大阪大学 医学部保健学科 看護学専攻(看護学学士)
  • 聖路加看護大学大学院 看護学研究科 博士前期課程(看護学修士)

経歴

  • 2020年04月- 現在目白大学 看護学部看護学科(専任講師)
  • 2014年04月- 2020年03月聖路加国際大学大学院看護学研究科(助教)

所属学協会

    日本新生児看護学会 , 日本小児保健協会 , 日本看護科学学会 , 日本公衆衛生看護学会 , 日本地域看護学会 , 日本公衆衛生学会 , 日本放射線看護学会 , 日本看護倫理学会 , 聖路加看護学会

委員歴

  • 2020年04月- 現在 目白大学健康科学研究 編集委員会
  • 2019年07月- 現在 第40回日本看護科学学会(JANS40)プログラム委員
  • 2018年04月- 2020年03月 聖路加国際大学紀要委員会
  • 2016年01月 第4回日本公衆衛生看護学会学術集会 事務局

研究活動情報

論文

  • Learning experiences and identity development of Japanese nursing students through study abroad: a qualitative analysis.
    Jeffrey Huffman, Mami Inoue, Kiyomi Asahara, Michiko Oguro, Nobuko Okubo, Maki Umeda, Tomoko Nagai, Junko Tashiro, Kaoru Nakajima, Mari Uriuda, Aya Saitoh, Kana Shimoda
    International journal of medical education 11 54-61 2020年02月 [査読有り]
    Objectives: This study aimed to qualitatively analyze the experiences and perceptions of students at a nursing college in Japan who studied abroad in Asia and North America, thereby identifying the full range of benefits of study abroad programs for Japanese nursing students. Methods: We conducted a qualitative analysis of the reflection papers and free-response questionnaire items completed by 50 Japanese undergraduate nursing students who participated in 9 study abroad programs in Asia and North America. Content analysis of the data proceeded from typological and deductive to data-driven and inductive, recursively and collaboratively. Results: The results reveal perceived benefits in the areas of English language proficiency and motivation; knowledge of nursing practices, healthcare systems, and global health; cultural awareness and sensitivity; and various types of identity development (second-language motivation and identity, national/ethnic identity, professional identity, identity as a global citizen, and personal growth). It was also shown that students' perceptions of what they learned or gained varied according to the specific characteristics of each study abroad program. Conclusions: Study abroad experiences are often critical turning points that enhance nursing students' identity formation in the context of multiple and overlapping communities of practice. They also enhance core elements of the educational mission of a nursing college, particularly relating to liberal arts and internationalization. These findings can inform the development of assessment tools to be used in conjunction with study abroad programs at nursing colleges.
  • 保健師基礎教育における放射線教育プログラムの作成と実施:原子力事故影響下の保健師活動に焦点をあてて
    小野 若菜子, 麻原 きよみ, 小西 恵美子, 永井 智子, 三森 寧子, 川崎 千恵, 梅田 麻希, 江川 優子, 小林 真朝
    日本公衆衛生看護学会誌 8 (3) 172-180 2019年12月 [査読有り]
  • 保健師の地域/地区活動評価のための尺度開発
    永井 智子, 米倉 佑貴, 梅田 麻希, 麻原 きよみ, 川崎 千恵, 小林 真朝, 嶋津 多恵子, 遠藤 直子, 大森 純子, 三森 寧子, 江川 優子, 永田 智子, 佐伯 和子, 佐川 きよみ, 小西 美香子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 78回 535-535 2019年10月 [査読有り]
  • 死別を経験する家族を支えた地域の人々の関わり
    小野若菜子, 永井 智子
    日本地域看護学会誌 21(2) 40-48 2018年08月 [査読有り]
  • 保健師基礎教育における放射線教育の意義と効果
    永井 智子, 小西 恵美子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
    日本放射線看護学会誌 5(1) 39-46 2017年03月 [査読有り]
  • 低出生体重児を育てる母親に対する保健師の支援の意図に関する記述的研究
    永井 智子, 麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 36 220-228 2017年03月 [査読有り]
  • Post-Fukushima radiation education for public health nursing students: a case study
    E. Konishi, T. Nagai, M. Kobayashi, Y. Mitsumori, W. Ono, K. Asahara, S. E. Porter
    INTERNATIONAL NURSING REVIEW 63(2) 292-299 2016年06月 [査読有り]
    Background: The recent Fukushima Nuclear Power Plant accident was one of more than 200 serious nuclear/ radiation incidents (accidents and disasters) that occurred worldwide since 1945. The current Fukushima disaster is in the recovery phase with the decreasing levels of radiation in the environment. However, fears and stigma related to the perceived risk of radiation exposure persist among the general population. Introduction: To improve on students' preparedness for social and public health challenges after a radiation incidence, radiation education was provided for undergraduate public health nursing students. Aim: This case study reports the development and implementation of the first class of radiation education in public health nursing, as well as students' reflections on their class experience. Methods: We included a 90-min radiation class in an undergraduate public health nursing course in Tokyo, Japan. Lectures/discussion on technical and environmental aspects provided the minimally essential content for basic radiation knowledge. After class, all the 65 students were invited to freely write their reflections on the class. With their consent, 61 students' anonymous written accounts were qualitatively analysed. Results: Five themes emerged: awareness of ignorance about radiation, problems produced by the mass media, becoming knowledgeable about radiation, public health nurses' role, and trustful and enjoyable lecture. Discussion: The class inspired students to consider social, psychological and relational aspects of knowing and not knowing about radiation and their future professional role. Conclusion and implications for nursing: Once radiation is taught at school, nursing students will emerge as professionals with the belief that radiation is within their professional purview. Education is key to disaster prevention, preparation, response and recovery. Given the ubiquitous nature of health challenges after a radiation incident, radiation education is indispensable for nursing students worldwide.

書籍等出版物

  • 保健師と放射線 すぐに使える講義・演習・事例検討
    保健師の活動と放射線研究班
    新興交易株式会社医書出版部 2018年11月

講演・口頭発表等

  • An Education Program for Local Community Residents on How to Cultivate a Community Supporting Spirit in the Face of Bereavement.
    Wakanako Ono, Tomoko Nagai
    The 6th International Research Conference of World Academy of Nursing Science(誌面上での開催) 2020年02月
  • 医療的ケア児に対する在宅移行期の行政保健師の支援
    小池千咲, 永井 智子
    第8回日本公衆衛生看護学会学術集会 2020年01月
  • 【ワークショップ】地域特性に応じた保健活動推進のためのガイドラインの活用について
    麻原きよみ, 佐伯和子, 大森純子, 永田智子, 鵜飼修, 嶋津多恵子, 梅田麻希, 小林真朝, 三森寧子, 川崎千恵, 永井智子, 米倉佑貴, 江川優子, 遠藤直子, 小西美香子, 佐川きよみ
    第8回日本公衆衛生看護学会学術集会 2020年01月
  • 地域特性に応じた保健活動推進のためのガイドラインの開発(第4報)
    小林真朝, 永井智子, 江川優子, 三森寧子, 佐川きよみ, 小西美香子, 遠藤直子, 大森純子, 嶋津多恵子, 梅田麻希, 川崎千恵, 佐伯和子, 永田智子, 米倉佑貴, 麻原きよみ
    第8回日本公衆衛生看護学会学術集会 2020年01月
  • 地域特性に応じた保健活動推進のためのガイドラインの開発(第3報)
    三森寧子, 小林真朝, 嶋津多恵子, 佐伯和子, 川崎千恵, 大森純子, 永井智子, 江川優子, 永田智子, 麻原きよみ, 梅田麻希, 米倉佑貴, 遠藤直子, 佐川きよみ, 小西美香子
    第8回日本公衆衛生看護学会学術集会 2020年01月
  • 地域特性に応じた保健活動推進のためのガイドラインの開発(第2報)
    永井 智子, 米倉佑貴, 梅田麻希, 麻原きよみ, 川崎千恵, 小林真朝, 嶋津多恵子, 遠藤直子, 大森純子, 三森寧子, 江川優子, 永田智子, 佐伯和子, 佐川きよみ, 小西美香子
    第8回日本公衆衛生看護学会学術集会 2020年01月
  • 地域特性に応じた保健活動推進のためのガイドラインの開発(第1報)
    麻原きよみ, 佐伯和子, 大森純子, 永田智子, 鵜飼修, 嶋津多恵子, 梅田麻希, 小林真朝, 三森寧子, 川崎千恵, 永井智子, 米倉佑貴, 江川優子, 遠藤直子, 小西美香子, 佐川きよみ
    第8回日本公衆衛生看護学会学術集会 2020年01月
  • 保健師による地域/地区活動推進のためのツール 「地域/地区カルテ」の効果の予備的検討
    米倉 佑貴, 小林 真朝, 嶋津 多恵子, 永井 智子, 江川 優子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
    第39回日本看護科学学会学術集会 2019年11月
  • 保健師の地域/地区活動評価のための尺度の開発
    永井智子, 米倉佑貴, 梅田麻希, 麻原きよみ, 川崎千恵, 小林真朝, 嶋津多恵子, 遠藤直子, 大森純子, 三森寧子, 江川優子, 永田智子, 佐川きよみ, 小西美香子
    第78回日本公衆衛生学会総会 2019年10月
  • 地域包括支援センターの死別サポートと地域特性に関する全国質問紙調査
    小野若菜子, 永井智子
    日本エンドオブライフケア学会第3回学術集会 2019年09月
  • Development and Feasibility of a Radiological Education Program
    Kiyomi Asahara, Yasuko Mitsumori, Chiaki Kitamiya, Tomoko Nagai, Chie Kawasaki, Koji Yoshida, Emiko Konishi, Toru Kikuchi
    the 5th International Global Network for Public Health Nursing 2019年05月
  • 保健活動の体制と保健師の道徳的能力、職業アイデンティとの関連: 全国自治体における横断調査
    永井智子, 梅田麻希, 米倉佑貴, 川崎千恵, 嶋津多恵子, 遠藤直子, 三森寧子, 江川優子, 小林真朝, 佐伯和子, 大森純子, 永田智子, 佐川きよみ, 小西美香子, 麻原きよみ
    第7回日本公衆衛生看護学会学術集会 2019年01月
  • 全国自治体における地区担当制および業務担当制に関する業務体制のメリットの認識
    嶋津多恵子, 梅田麻希, 米倉佑貴, 川崎千恵, 遠藤直子, 永井智子, 三森寧子, 江川優子, 小林真朝, 佐伯和子, 大森純子, 永田智子, 佐川きよみ, 小西美香子, 麻原きよみ
    第7回日本公衆衛生看護学会学術集会 2019年01月
  • 1歳6か月健康診査における日本に暮らす外国人への保健師の支援
    藤冨絵里香, 永井 智子
    第7回日本公衆衛生看護学会学術集会 2019年01月
  • 死別を支え合う地域コミュニティの形成に関する全国質問紙調査
    小野若菜子, 永井 智子
    第7回日本公衆衛生看護学会学術集会 2019年01月
  • Development of a radiological education program for public health nurses and nursing students
    Kiyomi Asahara, Chie Kawasaki, Kouji Yoshida, Chiaki Kitamiya, Emiko Konishi, Yasuko Mitsumori, Tomoko Nagai, Junko Omori, Toru Kikuchi, Maasa Kobayashi, Maki Umeda, Wakanako Ono
    APHA2018 ANNUAL MEETING & EXPO 2018年11月
  • 低出生体重児を育てる母親が妊娠・出産・育児を通して支援に望む思い
    永井 智子
    第28回日本新生児看護学会学術集会 2018年11月
  • 地域保健活動における主要用語の定義 -デルファイ法を用いた全国調査-
    永井智子, 梅田麻希, 麻原きよみ, 三森寧子, 遠藤直子, 江川優子, 小林真朝, 佐伯和子, 大森純子, 嶋津多恵子, 川崎千恵, 永田智子, 佐川きよみ, 小西美香子
    第77回日本公衆衛生学会総会 2018年10月
  • 保健師基礎教育における放射線教育プログラムの評価(第2報)
    江川優子, 麻原きよみ, 小西恵美子, 川崎千恵, 三森寧子, 永井智子, 梅田麻希, 小野若菜子, 小林真朝
    第7回日本放射線看護学会学術集会 2018年09月
  • 保健師基礎教育における放射線教育プログラムの試行(第1報)
    三森寧子, 麻原きよみ, 小西恵美子, 川崎千恵, 梅田麻希, 小野若 菜子, 小林真朝, 永井智子
    第7回日本放射線看護学会学術集会 2018年09月
  • 地域包括支援センターにおける死別サポートの現状と課題
    小野 若菜子, 永井 智子
    第21回日本地域看護学会学術集会 2018年08月
  • 保健師の基礎・現任教育に必要な放射線に関する教育内容 - 福島県・隣県保健師の原発事故当時の経験に基づく認識から -
    川崎千恵, 北宮千秋, 吉田浩二, 大森純子, 小西恵美子, 菊地透, 折田真紀子, 小野若菜子, 三森寧子, 小林真朝, 永井智子, 遠藤直子, 江川優子, 荒木田美香子, 麻原きよみ
    第6回日本日本放射線看護学会学術集会 2017年09月
  • 保健師の基礎・現任教育に必要な放射線に関する教育内容
    川崎千恵, 北宮千秋, 吉田浩二, 大森純子, 小西恵美子, 菊地透, 折田真紀子, 小野若菜子, 三森寧子, 小林真朝, 永井智子, 遠藤直子, 江川優子, 荒木田美香子, 麻原きよみ
    第6回日本放射線看護学会 2017年09月
  • 保健師基礎教育機関における放射線教育の実態
    麻原 きよみ, 荒木田 美香子, 江川 優子, 遠藤 直子, 川崎 千恵, 北宮 千秋, 小林 真朝, 小西 恵美子, 三森 寧子, 永井 智子, 大森 純子, 小野 若菜子, 折田 真紀子, 梅田 麻希
    第5回日本公衆衛生看護学会学術集会 2017年01月
  • 都市部における死別を支え合う地域コミュニティ
    小野 若菜子, 永井 智子
    第5回日本公衆衛生看護学会学術集会 2017年01月
  • Public health nurses' approaches to promote a practical radiological protection culture in Fukushima, Japan
    Kiyomi Asahara, Makiko Orita, Yasuko Mitsumori, Chie Kawasaki, Koji Yoshida, Tomoko Nagai, Junko Omori, Emiko Konishi
    APHA2016 ANNUAL MEETING & EXPO 2016年11月
  • 保健師基礎コースにおける放射線教育の意義と効果
    永井 智子, 小西 恵美子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
    第5回日本放射線看護学会学術集会 2016年09月
  • 保健師基礎教育コースにおける放射線教育
    小西 恵美子, 永井 智子, 小林 真朝, 三森 寧子, 小野 若菜子, 麻原 きよみ
    第4回日本放射線看護学会学術集会 2015年08月
  • 保健師基礎教育における放射線の授業に関する学生の学び
    永井 智子, 小西 恵美子, 麻原 きよみ, 小林 真朝, 小野 若菜子, 三森 寧子
    第3回日本公衆衛生看護学会学術集会 2015年01月
  • 保健師が行う未熟児・低出生体重児を育てる家族への支援の構造
    永井 智子, 麻原 きよみ
    第34回日本看護科学学会学術集会 2014年11月
  • 喫煙・薬物防止に関する中学生へのアンケート調査
    藤原彩子, 安達友美, 本多(永井) 智子, 永井利三郎
    第52回日本小児保健学会 2005年10月
  • 喫煙・薬物防止教育に関する中学生保護者へのアンケート調査
    本多(永井) 智子, 安達友美, 藤原彩子, 永井利三郎
    第52回日本小児保健学会 2005年10月
  • 喫煙・薬物防止に関する中学校教諭へのアンケート調査
    安達友美, 本多(永井) 智子, 藤原彩子, 永井利三郎
    第52回日本小児保健学会 2005年10月

MISC

  • 住民と協働して実施した地域の災害対策に関する授業の実践
    永井智子、吉田千文、竹内幸美、四登夏希、相澤恵子、山田雅子、西村恵理奈
    聖路加国際大学紀要 6 64-69 2020年03月
  • 聖路加国際大学海外留学プログラムの特徴と成果 ‐学生の学びと成長に焦点をあてて‐
    麻原きよみ, ハフマン・ジェフリー, 井上麻未, 永井智子, 中島薫, 小黒道子, 大久保暢子, 田代順子, 梅田麻希, 瓜生田真理
    聖路加国際大学紀要 4 18-23 2018年03月
  • 学習者の視点を活かした実習レベル目標の作成ー聖路加国際大学カリキュラム2015実習レベル目標検討ワーキンググループ活動報告―
    池口佳子, 佐居由美, 長松康子, 千吉良綾子, 小林京子, 飯岡真理子, 大橋明子, 永井智子, 高橋奈津子, 三森寧子, 三浦友理子, 吉田千文, 松谷美和子
    聖路加国際大学紀要 2 47-52 2016年03月

受賞

  •  第78回日本公衆衛生学会総会 優秀ポスター賞 保健師の地域/地区活動評価のための尺度の開発

競争的資金

  • 保健師の倫理的実践を促進するための実装研究:倫理的能力育成方法と支援環境の構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2019年04月 - 2023年03月  
  • 転入した乳幼児をもつ家族への保健師の生活基盤支援モデルの構築
    日本学術振興会:科学研究費 若手
    研究期間:2020年 - 2022年  
  • 地域特性に応じた保健活動推進ガイドラインの開発
    :厚生労働省:健康安全・危機管理対策総合研究事業
    研究期間:2016年04月 - 2019年03月  
  • 都市における“死別を支え合うコミュニティ”を育むプログラムの開発
    :文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間:2015年04月 - 2019年03月  
  • 保健師の基礎・現任教育のための体系的かつ実効性のある放射線教育モデルの構築と検証
    :文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2015年04月 - 2019年03月  
  • 未熟児・低出生体重児の家族支援のための保健師教育プログラムの開発
    :文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間:2015年04月 - 2019年03月  
  • 保健師による実際的な放射線防護文化のモデル開発・普及と検証:放射線防護専門家との協働によるアクションリサーチ
    :環境省:環境省原子力災害影響調査事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)
    研究期間:2012年04月 - 2015年03月  
  • 「公衆衛生看護の倫理」教育のモデル構築と検証:カリキュラム・教育方法・教材の開発
    :文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2011年04月 - 2015年03月  

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 公衆衛生看護学実習Ⅱ(看護学部4年) (目白大学)
  • 対象別地域看護活動論(看護学部4年) (目白大学)
  • 実習 公衆衛生看護学(大学院修士課程) (聖路加国際大学)
  • 課題研究 公衆衛生看護学(大学院修士課程) (聖路加国際大学)
  • 地域在宅看護学Ⅱ(看護学部3年) (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生看護学 演習Ⅳ(大学院修士課程) (聖路加国際大学)
  • コミュニティアセスメント演習(大学院修士課程) (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生看護学 特論Ⅳ(大学院修士課程) (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生看護学 演習Ⅲ(大学院修士課程) (聖路加国際大学)
  • 総合看護・看護研究Ⅱ(看護学部4年) (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ(看護学部4年) (聖路加国際大学)
  • 地域・在宅看護学実習(看護学部3年) (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生看護学(実践方法)(看護学部4年) (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生看護学(基礎)(看護学部3年) (聖路加国際大学)
  • 地域・在宅看護学Ⅰ(看護学部2年) (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生看護学(看護学部2年) (聖路加国際大学)

社会貢献活動情報

社会貢献活動