詳細検索はこちら

堀内 成子 ホリウチ シゲコ

所属・職名:ウィメンズヘルス・助産学  教授
連絡先:shigeko-horiuchi[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70157056.ja.html 
更新日: 20/07/04 05:04

研究者基本情報

学位

  • 保健学修士
  • 看護学博士

学歴

  • 1990年04月- 1993年03月聖路加看護大学 看護学研究科
  • - 1993年St. Luke's College of Nursing Graduate School, Division of Nursing
  • 1980年04月- 1982年03月東京大学大学院 医学系研究科保健学
  • 1974年04月- 1978年03月聖路加看護大学 衛生看護学部
  • - 1978年St. Luke's College of Nursing Faculty of Hygienic Nursing

経歴

  • 2020年04月- 現在聖路加国際大学 学長
  • 1994年04月- 2020年03月聖路加国際大学(旧 看護大学) 助産学 教授
  • 2010年04月- 2017年03月聖路加産科クリニック 副所長
  • 1978年04月- 1980年03月聖路加国際病院

所属学協会

    日本母乳哺育学会 , 聖路加看護学会 , 東京母性衛生学会 , 日本睡眠学会 , 日本母性衛生学会 , 日本助産学会 , 日本看護科学学会

委員歴

  • 2018年04月- 現在 裁判官指名諮問委員会(東京地裁)
  • 2017年- 現在 スーパーグローバル大学創生支援プログラム委員
  • 2009年04月- 現在 都立病院倫理委員会 委員
  • 1993年- 現在日本看護科学学会 研究活動委員、英文誌編集委員、社員
  • 2015年04月- 2017年03月 医道審議会専門委員
  • 2013年04月- 2014年03月 学術振興会グローバル30審査員
  • 2012年07月- 2013年07月日本ヒューマンケア心理学会第15回大会 学術集会大会長
  • 2001年04月- 2012年03月日本助産学会 理事長
  • 2009年06月- 2011年12月日本母性衛生学会 評議員
  • 2009年01月- 2011年06月日本看護科学学会 表彰論文選考委員会委員
  • 2008年04月- 2011年03月 日本高等評価教育機構 評価員
  • 2010年04月- 2011年 科学研究費委員会専門員
  • 2008年01月- 2009年03月大学評価委員会大学評価分科会 第12群委員
  • 1996年- 2006年聖路加看護学会 理事
  • 1989年- 1992年日本助産学会 編集委員,将来のあり方検討会、理事長
  • 2008年01月(財)日本高等教育評価機構 評価員
  • 2007年04月(財)大学基準協会 特色ある大学教育支援プログラム実施委員会 ペーパーレフェリー
  • 2007年日本母乳哺育学会 理事
  • 2006年04月特定非営利活動法人 日本助産評価機構 理事
  • 2006年04月日本看護科学学会 編集委員(英文誌)
  • 2005年04月東京母性衛生学会 常任理事
  • 2003年04月日本母乳哺育学会 理事
  • 2001年04月日本母性衛生学会 評議員
  • 1993年東京母性衛生学会 編集委員,常任理事
  • 日本母性衛生学会 評議員
  • 日本看護科学学会 編集委員長(英文誌)

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学
  • ライフサイエンス / 基礎看護学

研究キーワード

    ペリネイタル・ロス , グリーフワーク , アジア・アフリカ助産研究 , 現任教育 , 自然分娩 , オキシトシン研究

論文

  • The influence of feeding method on a mother's circadian rhythm and on the development of her infant's circadian rest-activity rhythm.
    Sawa Kikuchi, Kyoko Nishihara, Shigeko Horiuchi, Hiromi Eto
    Early human development 145 105046-105046 2020年06月 [査読有り]
    An infant's circadian sleep-wake rhythm is established during the first three months after birth. It is crucial to identify how entrainment factors, such as maternal behavioural influences, feeding conditions, and others, contribute to the infant's obtaining circadian rhythm. This study examined the influence of feeding method on the mother's rhythm and on the development of her infant's circadian rest-activity rhythm. The subjects were 24 healthy primiparas (mean age, 29.8) and their full-term infants. We retrospectively divided the subjects into two groups based on feeding method (breastfeeding, 17; mixed-feeding, 7). Actographic recordings for the infants and their mothers were made over 3-5 consecutive days during the 2nd-3rd week, the 6th week, and the 12th week. First, we calculated the mean values of the autocorrelograms from the autocorrelation coefficients and calculated their statistical significance to see their rhythmicity for all the mothers and their infants at each of the periods. Second, we evaluated the mean values of the autocorrelograms to see statistical differences between the feeding methods. For the breastfed infants, the mean values of the autocorrelograms at 24-h for the 6th week were significant. However, the mean values for the mixed-fed infants were unclear. At the 12th week, the mean values of the autocorrelograms at 24-h for both groups of infants were significant. The mean value for the breastfeeding mothers at 24-h was significantly larger than that for the mixed-feeding mothers. In conclusion, the breastfeeding mothers contributed more to their infants achieving circadian rhythm than did the mixed-feeding mothers.
  • Barriers to the uptake of modern family planning methods among female youth of Temeke District in Dar es Salaam, Tanzania: A qualitative study.
    Stella E Mushy, Edith A M Tarimo, Agnes Fredrick Massae, Shigeko Horiuchi
    Sexual & reproductive healthcare : official journal of the Swedish Association of Midwives 24 100499-100499 2020年06月 [査読有り]
    OBJECTIVES: Despite the accessibility of modern family planning (FP) methods, unwanted pregnancies remains a serious problem in Tanzania. This study aimed to identify the barriers to the uptake of modern FP methods among female youth reached by the Chaguo la Maisha project in Temeke District, Tanzania. STUDY DESIGN: Qualitative study conducted in March 2017 involving 15 female youths aged 18-24 years. MAIN OUTCOME MEASURES: Purposive sampling was used to select study participants and sampling followed the principle of data saturation. The study participants were those who received contraceptive counseling from community health mobilizers and agreed to visit a nearby health facility for FP services but did not go for the services. A semi-structured interview guide, translated into Kiswahili language was used. Data were transcribed; analyzed following qualitative content analysis. Major categories and subcategories that hindered visitations were identified. RESULTS: Three categories and their subcategories were identified as hindering FP method uptake. (1) individual perception factors: (a) myths and misconceptions, (b) fear of side effects, (c) fear of the possibility of being pregnant at the time of FP counseling; (2) community perception factors: discouragement from an intimate partner and closest friends; and (3) health facility system factors: unavailability of the preferred method and absence of the trained personnel for the FP method. CONCLUSIONS: The main barriers to FP uptake were myths and misconceptions, and fear of side effects. The intimate partner or closest friends were significant decision influencers on contraceptive use, implying that FP campaigns should focus beyond the individual level.
  • Evaluation of breastfeeding care and education given to mothers with low-birthweight babies by healthcare workers at a hospital in urban Tanzania: a qualitative study
    Kyoko Tada, Yoko Shimpuku, Bruno Sunguya, Shigeko Horiuchi
    INTERNATIONAL BREASTFEEDING JOURNAL 15(1) 36-36 2020年05月 [査読有り]
    Background The total neonatal mortality in Tanzania remains high reaching as much as 44,900 deaths per year, particularly among low birthweight (LBW) babies. This makes Tanzania the fourth African country with the highest number of annual neonatal deaths. Studies have shown the advantages of breast milk for LBW babies and the effectiveness of interventions from healthcare workers (HCWs) to encourage mothers to achieve exclusive breastfeeding (EBF). Although these interventions can substantially reduce mortality in this vulnerable group, they remain insufficient in practice particularly in resource-limited countries. Therefore, there is an urgent need to establish the most appropriate interventions for mothers with LBW babies, particularly in these countries. To help address this need, we evaluated the breastfeeding care and education given to mothers with LBW babies by HCWs during hospitalization in Tanzania. Methods A qualitative study using semi-structured interviews with mothers of LBW babies at an urban hospital in Tanzania was conducted. We assessed their understanding of breastfeeding at discharge. All the interviews were conducted in local Swahili and then translated to English. Data were analyzed using content analysis. Results Among the 19 mothers interviewed, only four breastfed their baby within an hour after birth. Nine mothers received no support from HCWs when they breastfeed their baby for the first time. Ten mothers received no education on EBF, and there were mothers who misunderstood the EBF definition. Eight answered that they had difficulty breastfeeding their baby at discharge. Four mothers were dissatisfied with the care and education given by HCWs, and six mothers provided suggestions for improvements. Although six mothers had a high reliance on HCWs, they had difficulty asking HCWs questions because of their authoritative attitude and behavior. Conclusions Mothers with LBW babies need special support to increase their ability to breastfeed and ensure EBF continuance. To address the gaps between the currently provided breastfeeding interventions and the ideal breastfeeding interventions, improvements in the quality and quantity of breastfeeding care and education are required. Training HCWs to systematize standard interventions, confirming mothers' understanding, and ensuring a comfortable environment for mothers are absolutely needed.
  • Effects of a job aid-supported intervention during antenatal care visit in rural Tanzania
    Miyuki Oka, Shigeko Horiuchi, Yoko Shimpuku, Frida Madeni, Sebalda Leshabari
    International Journal of Africa Nursing Sciences 10 31-37 2019年11月 [査読有り]
  • Oxytocin levels in low-risk primiparas following breast stimulation for spontaneous onset of labor: a quasi-experimental study
    Kaori Takahata, Shigeko Horiuchi, Yuriko Tadokoro, Erika Sawano, Kazuyuki Shinohara
    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH 19(1) 351-351 2019年10月 [査読有り]
    Background: Breast stimulation is performed to self-induce labor. However, there are apparently no reports on hormonal evaluation during stimulation for consecutive days in relation to induction effect. We evaluated the salivary oxytocin level following 3 consecutive days of own breast stimulation for 1 h each day compared with no breast stimulation.Methods: We used a quasi-experimental design. The participants were low-risk primiparas between 38 and 39 gestational weeks. Eight saliva samples per participant were collected at preintervention and 30, 60, and 75 min postintervention on the first and third days. The primary outcome was change in the salivary oxytocin level on the third day after 3 consecutive days of breast stimulation for 1 h each day compared with no breast stimulation. The secondary outcomes were the rate of spontaneous labor onset and negative events including uterine hyperstimulation and abnormal fetal heart rate.Results: Between February and September 2016, 42 women were enrolled into the intervention group (n = 22) or control group (n = 20). As there were differences in the basal oxytocin levels between the 2 groups, to estimate the change in the oxytocin level from baseline, we used a linear mixed model with a first-order autoregressive (AR1) covariance structure. The dependent variable was change in the oxytocin level from baseline. The independent variables were gestational weeks on the first day of intervention, age, education, rs53576 and rs2254298, group, time point, and interaction of group and time. After Bonferroni correction, the estimated change in the mean oxytocin level at 30 min on the third day was significantly higher in the intervention group (M = 20.2 pg/mL, SE = 26.2) than in the control group (M = -44.4 pg/mL, SE = 27.3; p = 0.018). There was no significant difference in the rate of spontaneous labor onset. Although there were no adverse events during delivery, uterine tachysystole occurred in 1 case during the intervention.Conclusions: The estimated change in the mean oxytocin level was significantly higher 30 min after breast stimulation on the third day. Thus, consecutive breast stimulation increased the salivary oxytocin level. Repeated stimulations likely increase the oxytocin level.
  • 自然分娩・無痛分娩を選択する女性への意思決定エイド 国際基準に合わせたエイド開発までの道のり
    平安名 彩恵, 宍戸 恵理, 大坂 和可子, 堀内 成子
    母性衛生 60(3) 194-194 2019年09月 [査読有り]
  • Changes in salivary oxytocin levels and bonding disorder in women from late pregnancy to early postpartum: A pilot study
    Eri Shishido, Takuya Shuo, Kaori Takahata, Shigeko Horiuchi
    PLOS ONE 14(9) e0221821 2019年09月 [査読有り]
    ObjectivesThis pilot study aimed to 1) follow the longitudinal changes in the salivary oxytocin level of pregnant women from late pregnancy to early postpartum, 2) examine the factors related to these changes, and 3) clarify the association of these changes with mother-infant bonding.MethodsThis study used a longitudinal observational design and questionnaires to obtain objective and subjective data. For oxytocin evaluation, saliva samples were collected and their oxytocin levels were measured at 4-time points [i.e., 1) 36-37 gestation weeks, 2) 38-39 gestation weeks, 3) 1-2 days postpartum, 4) 4-5 days postpartum]. The oxytocin level was assayed in duplicates by enzyme-linked immunosorbent assay. Baseline data were evaluated using the Parental Bonding Instrument (25 items), State Trait Anxiety Inventory (20 items), and Center for Epidemiologic Studies Depression Scale. Postpartum data were evaluated using the Mother to Infant Bonding Scale Japanese Version (10 items), Maternity Blues Scale (13 items), and 'Fatigue after Childbirth' using the Visual Analogue Scale (VAS: 0-100 mm).ResultsThe participants were 13 primiparas with a mean age of 33 years. They had no depression or anxiety at the baseline. Their mean salivary oxytocin levels significantly increased from late pregnancy (36-39 gestation weeks) up to 1 day postpartum and then decreased until 5 days postpartum. There was a negligible correlation between the bonding disorder and the salivary oxytocin level on the 5th day after childbirth. A moderate correlation was observed between the maternity blues score and the salivary oxytocin level. There was a significant negative correlation between the postpartum fatigue and the salivary oxytocin level 1 day and 5 days after childbirth.ConclusionThe mean salivary oxytocin levels significantly increased from the baseline up to 1 day postpartum and then decreased until 5 days postpartum. The salivary oxytocin level was moderately associated with maternity blues and significantly with postpartum fatigue.
  • Changes in salivary oxytocin levels and bonding disorder in women from late pregnancy to early postpartum: A pilot study
    堀内 成子
    PLOS ONE 14(9) 2019年09月 [査読有り]
    Objectives
    This pilot study aimed to 1) follow the longitudinal changes in the salivary oxytocin level of
    pregnant women from late pregnancy to early postpartum, 2) examine the factors related to
    these changes, and 3) clarify the association of these changes with mother-infant bonding.
    Methods
    This study used a longitudinal observational design and questionnaires to obtain objective
    and subjective data. For oxytocin evaluation, saliva samples were collected and their oxytocin
    levels were measured at 4-time points [i.e., 1) 36–37 gestation weeks, 2) 38–39 gestation
    weeks, 3) 1–2 days postpartum, 4) 4–5 days postpartum]. The oxytocin level was
    assayed in duplicates by enzyme-linked immunosorbent assay. Baseline data were evaluated
    using the Parental Bonding Instrument (25 items), State Trait Anxiety Inventory (20
    items), and Center for Epidemiologic Studies Depression Scale. Postpartum data were evaluated
    using the Mother to Infant Bonding Scale Japanese Version (10 items), Maternity
    Blues Scale (13 items), and ‘Fatigue after Childbirth’ using the Visual Analogue Scale (VAS:
    0–100 mm).
    Results
    The participants were 13 primiparas with a mean age of 33 years. They had no depression
    or anxiety at the baseline. Their mean salivary oxytocin levels significantly increased from
    late pregnancy (36–39 gestation weeks) up to 1 day postpartum and then decreased until 5
    days postpartum. There was a negligible correlation between the bonding disorder and the
    salivary oxytocin level on the 5th day after childbirth. A moderate correlation was observed
    between the maternity blues score and the salivary oxytocin level. There was a significant
    negative correlation between the postpartum fatigue and the salivary oxytocin level 1 day
    and 5 days after childbirth.
    Conclusion
    The mean salivary oxytocin levels significantly increased from the baseline up to 1 day postpartum
    and then decreased until 5 days postpartum. The salivary oxytocin level was moderately
    associated with maternity blues and significantly with postpartum fatigue.
  • A family-oriented antenatal education program to improve birth preparedness and maternal-infant birth outcomes: A cross sectional evaluation study
    Yoko Shimpuku, Frida E. Madeni, Shigeko Horiuchi, Kazumi Kubota, Sebalda C. Leshabari
    REPRODUCTIVE HEALTH 16(1) 107-107 2019年07月 [査読有り]
    BackgroundIn Tanzania, the information on Birth Preparedness and Complication Readiness is insufficiently providedto pregnant women and their families. The aim of this study was to evaluate the maternal and infant outcomes of a family-oriented antenatal group education program that promotes Birth Preparedness and Complication Readiness in rural Tanzania.MethodsPregnant women and families were enrolled in a program about nutrition and exercise, danger signs, and birth preparedness. The cross sectional survey was conducted one year later to evaluate if the participants of the program (intervention group) were different from those who did not participate (control group) with respect to birth-preparedness and maternal and infant outcomes.ResultsA total of 194 participants (intervention group, 50; control group, 144) were analyzed. For Birth Preparedness and Complication Readiness, the intervention group participants knew a health facility in case of emergency (OR: 3.11, 95% CI: 1.39-6.97); arranged accompaniment to go to a health facility for birth (OR: 2.56, 95% CI: 1.17-5.60); decided the birthplace with or by the pregnant women (OR: 3.11, 95% CI: 1.44-6.70); and attended antenatal clinic more than four times (OR: 2.39, 95% CI: 1.20-4.78). For birth outcomes, the intervention group had less bleeding or seizure during labour and birth (OR: 0.28, 95%CI: 0.13-0.58); fewer Caesarean sections (OR: 0.16, 95% CI: 0.07-0.36); and less neonatal complications (OR: 0.28, 95% CI: 0.13-0.60).ConclusionsThe four variables were significantly better in the intervention group, i.e., identifying a health facility for emergencies, family accompaniment for facility birth, antenatal visits, and involvement of women in decision-making, which may be key factors for improving birth outcome variables. Having identified these key factors, male involvement and healthy pregnant lives should be emphasized in antenatal education to reduce pregnancy and childbirth complications.Trial registrationNo.2013-273-NA-2013-101.Registered 12 August 2013.
  • 痛みおよび疲労についての予測と現実とのギャップ 自然分娩VS無痛分娩
    宍戸 恵理, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 32(2) 101-112 2018年12月 [査読有り]
    目的 出産体験における痛みの予測と現実および疲労の予測と現実のギャップについて、ギャップと出産満足度がどのように関連しているか探索し、この関連について無痛分娩者と自然分娩者とを比較することで、分娩方法による違いがあるのか探索する。対象と方法 同一対象者を産前・産後の2時点を追跡・比較する質問紙を用いた縦断的量的記述研究であり、都市部の総合周産期医療センター1施設で調査した。2時点のデータを確保できた609名のデータを用いて、統計学的に分析を行った。結果 1.陣痛のギャップについて、「予測より痛かった」と回答した者が、自然分娩者に多かったが、会陰部痛のギャップは、「予測より痛かった」と回答した者が、無痛分娩者に多かった。2.産後の疲労感の平均値は、無痛分娩者が60.1(SD=27.2)、自然分娩者は52.2(SD=28.0)であり、無痛分娩者の方が有意に高かった(P<0.001)。また、無痛分娩者、自然分娩者ともに痛みと疲労感が「予測より痛かった/予測より疲れている」と回答した者は、「予測より痛くなかった/予測より疲れていない」、「予測通りだった」と回答した者よりも、産後の疲労感の得点が有意に高かった。3.出産満足度の平均値は、無痛分娩者7.61(SD=1.85)、自然分娩者8.65(SD=1.43)であり、自然分娩者の出産満足度は、無痛分娩者よりも有意に高かった(P<0.001)。陣痛のギャップ、分娩転帰と出産満足度について、分散分析した結果、陣痛のギャップと分娩転帰の交互作用は有意ではなかったが、それぞれ主効果は有意であった。また、無痛分娩者では、陣痛のギャップと出産満足度との間に負の関連が認められたが、自然分娩者では、関連が認められなかった。結論 無痛分娩、自然分娩のどちらの場合も、痛みや疲労感に関する予想と現実とのギャップを小さくする方策が求められる。出産満足度を改善するためには、ギャップに着目する必要があり、それは無痛分娩でより重要である。(著者抄録)
  • 産科病棟における早産児を出産した母親の母乳分泌を促すケアの現状と課題
    田中 利枝, 堀内 成子
    日本助産学会誌 32(2) 215-225 2018年12月 [査読有り]
    目的 産科病棟での早産児の母親の母乳分泌を促すケアの現状と課題について母親の搾乳実施状況と看護者によるケアの現状の両側面から探索する。対象と方法 早産児(在胎週数28、30週)の母親2名の産後1ヶ月間の搾乳実施状況(毎回の搾乳開始時間と終了時間、1日の搾乳回数、搾乳量、搾乳方法、搾乳場所、搾乳前後の出来事、毎日の気分)を調査し、搾乳の実態を記述した。また産科病棟で働く経験年数4年目の助産師4名に、早産児の母親の母乳分泌を促すケアの現状と課題についてフォーカスグループインタビューを実施し、語られた内容を質的帰納的に分析した。結果
    母親2名の産後1ヶ月間の搾乳実施状況は、初回搾乳開始時期が分娩後1時間よりも遅延していた。出産当日を除き1日平均搾乳回数は、母親Aが6.83回、母親Bが6.67回であった。両者とも出産後1ヶ月間で安定的に1日500ml以上の搾乳量を維持することが困難な状況にあった。また助産師に対してフォーカスグループインタビューを行った結果、早産児の母親の母乳分泌を促すケアの現状および課題として【暗黙のケア方針】、【帝王切開分娩後の早期搾乳開始の難しさ】、【母親の搾乳リズムを確立させる難しさ】、【退院後に関わる機会のなさ】、【NICUと連携してケアする困難さ】、【母親の搾乳へのモチベーションを維持する難しさ】のカテゴリーが抽出された。結論 早産児の母親の搾乳実施状況は搾乳開始時期が分娩後1時間よりも遅延し、搾乳回数が不足していた。産科病棟における母親の母乳分泌を促すケアにはいくつかの困難があり、特に搾乳開始時期の遅延は帝王切開分娩後だけでなく経膣分娩後にも生じており、看護者の認識と実際にギャップが生じていた。今後はこれらの現状を踏まえ、産科病棟で働く看護者が早産児の母親の母乳分泌を促すケア基準を設け、早期搾乳開始、頻回搾乳の支援に取り組めるような教育プログラムを開発していく必要がある。(著者抄録)
  • Is Hiesho in pregnant women a risk factor for PPH?
    NAKAMURA Sachiyo, HORIUCHI Shigeko
    New Zealand College of Midwives Journal 54 38-43 2018年12月 [査読有り]
  • Women's choice of maternal healthcare in Parung, West Java, Indonesia: Midwife versus traditional birth attendant.
    Yenita Agus, Shigeko Horiuchi, Mariko Iida
    Women and birth : journal of the Australian College of Midwives 31(6) 513-519 2018年12月 [査読有り]
    BACKGROUND: In the 1990s, the Indonesian government launched programmes to train traditional birth attendants (TBAs) and increase the number of midwives. AIM: To identify and compare the factors that influence women's choice of a midwife or a TBA for maternal healthcare in Indonesia. METHODS: This study used a descriptive design for comparing women's choice of maternal healthcare. The participants were (1) married women, (2) experienced birth within two years, (3) living in a rural or urban village, and (4) capable of communicating in the Indonesia language. Three instruments were used: (1) traditional belief questionnaire, (2) preference for caregiver questionnaire, and (3) women-centered care (WCC) questionnaire which measured women's perceptions of care that they received during pregnancy. FINDINGS: A total of 371 women participated in this study. All these subjects answered based on their most recent birth within the last two years. Of the 371 women, 207 (55.8%) chose a midwife and 164 (44.2%) chose a TBA for giving birth. Women choosing midwives were generally satisfied and perceived receiving WCC. Factors determining choice were (1) women's background, (2) perception of WCC, (3) satisfaction, (4) choice of antenatal care (ANC), (5) family encouragement, and (6) traditional beliefs. DISCUSSION: The choice of caregivers was determined by not only education, parity, usual source of healthcare payment, and family encouragement but also traditional beliefs. CONCLUSION: Indonesian women's choice of a midwife instead of a TBA for their maternal healthcare resulted in a higher satisfaction of care and more ANC visits.
  • Is hiesyo in pregnant women a risl factor for postpartum haemorrhage?
    堀内 成子
    New Zealand College of Midwives Journal 54 2018年12月 [査読有り]
  • 産後の疲労感における自覚症状 自然分娩と無痛分娩との比較
    宍戸 恵理, 堀内 成子
    母性衛生 59(3) 192-192 2018年09月 [査読有り]
  • ホルモン測定のための異なる唾液貯留方法による採取量の比較
    高畑 香織, 宍戸 恵理, 田所 由利子, 堀内 成子
    母性衛生 59(3) 293-293 2018年09月 [査読有り]
  • 助産実践のための分娩期ガイドラインの作成 分娩第3期の積極的管理と待機的管理ではどちらが望ましいか?
    増澤 祐子, 飯田 真理子, 江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 宍戸 恵理, 下田 佳奈, 田所 由利子, 馬場 香里, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    母性衛生 59(3) 308-308 2018年09月 [査読有り]
  • 助産実践のための分娩期ガイドラインの作成 第1度、第2度会陰裂傷は縫合が必要か?
    飯田 真理子, 江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 宍戸 恵理, 下田 佳奈, 田所 由利子, 馬場 香里, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    母性衛生 59(3) 309-309 2018年09月 [査読有り]
  • Evaluation of a family-oriented antenatal group educational program in rural Tanzania: a pre-test/post-test study
    Yoko Shimpuku, Frida E. Madeni, Shigeko Horiuchi, Kazumi Kubota, Sebalda C. Leshabari
    REPRODUCTIVE HEALTH 15(1) 117-117 2018年06月 [査読有り]
    Background: To increase births attended by skilled birth attendants in Tanzania, studies have identified the need for involvement of the whole family in pregnancy and childbirth education. This study aimed to develop, implement, and evaluate a family-oriented antenatal group educational program to promote healthy pregnancy and family involvement in rural Tanzania.Methods: This was a quasi-experimental 1 group pre-test/post-test study with antenatal education provided to pregnant women and their families in rural Tanzania. Before and after the educational program, the pre-test/post-test study was conducted using a 34-item Birth Preparedness Questionnaire. Acceptability of the educational program was qualitatively assessed.Results: One-hundred and thirty-eight participants (42 pregnant women, 96 family members) attended the educational program, answered the questionnaire, and participated in the feasibility inquiry. The mean knowledge scores significantly increased between the pre-test and the post-test, 7.92 and 8.33, respectively (p = 0.001). For both pregnant women and family members, the educational program improved Family Support (p = 0.001 and p = 0.000) and Preparation of Money and Food (p = 0.000 and p = 0.000). For family members, the scores for Birth Preparedness (p = 0.006) and Avoidance of Medical Intervention (reversed item) (p = 0.002) significantly increased. Despite the educational program, the score for Home-based Value (reversed item) (p = 0.022) and References of SBA (p = 0.049) decreased in pregnant women. Through group discussions, favorable comments about the program and materials were received. The comments of the husbands reflected their better understanding and appreciation of their role in supporting their wives during the antenatal period.Conclusions: The family-oriented antenatal group educational program has potential to increase knowledge, birth preparedness, and awareness of the need for family support among pregnant women and their families in rural Tanzania. As the contents of the program can be taught easily by reading the picture drama, lay personnel, such as community health workers or traditional birth attendants, can use it in villages. Further development of the Birth Preparedness Questionnaire is necessary to strengthen the involved factors. A larger scale study with a more robust Birth Preparedness Questionnaire and documentation of skilled care use is needed for the next step.
  • 妊娠後期女性の個人的背景とクラリセージ精油の香りによるオキシトシン変化との関連
    田所由利子, 堀内成子, 周尾卓也, 高畑香織, 篠原一之
    女性健康科学研究会誌 7(1) 33-37 2018年05月 [査読有り]
  • 学士編入2年制コース開設に至るプロセス
    長松康子, 佐居由美, 五十嵐ゆかり, 堀内成子
    聖路加看護大学紀要 4 98-102 2018年03月
  • 無痛分娩と自然分娩における痛みと疲労の予測と現実とのギャップ及び出産満足度
    宍戸 恵理, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 31(3) 343-343 2018年02月 [査読有り]
  • Effects of breast stimulation for spontaneous onset of labor on salivary oxytocin levels in low-risk pregnant women: A feasibility study
    Kaori Takahata, Shigeko Horiuchi, Yuriko Tadokoro, Takuya Shuo, Erika Sawano, Kazuyuki Shinohara
    PLOS ONE 13(2) e0192757 2018年02月 [査読有り]
    ObjectivesThis preliminary study aimed to 1) determine changes in the salivary oxytocin (OT) level during breast stimulation for promoting the spontaneous onset of labor in low-risk term pregnancies, and 2) clarify the feasibility of the breast stimulation intervention protocol in terms of practicality and acceptability.MethodsWe used a single arm trial design. Sixteen low-risk pregnant women between 38 and 40 weeks of gestation with cephalic presentation participated. They performed breast stimulation for 3 days with an attendant midwife in a single maternity hospital. Each breast was stimulated for 15 minutes for a total of 1 hour per day. Saliva was collected 10 minutes before the intervention and 15, 30, 60, 75, and 90 minutes after the intervention, yielding 18 samples per woman.ResultsAmong a total of 282 saliva samples from the 16 participants, OT level was measured in 142 samples (missing rate: 49.6%). The median OT level showed the highest values on day 3 of the breast stimulation, with a marked increase 30 min after the intervention. In the mixed models after multiple imputation for missing data, the OT level on the first day of intervention was significantly lower than that on the third day of intervention. Fatigue from breast stimulation decreased on subsequent days, and most of the women (75%) felt no discomfort with the protocol. Uterine hyperstimulation was not observed.ConclusionFollowing a 3-day breast stimulation protocol for spontaneous onset of labor, the mean OT level showed the highest values on day 3. The breast stimulation intervention protocol showed good feasibility in terms of practicality and acceptability among the pregnant women. Additional large-scale studies are warranted to confirm the protocol's effectiveness.
  • Knowledge of danger signs during pregnancy and subsequent healthcare seeking actions among women in Urban Tanzania: a cross-sectional study.
    Beatrice Mwilike, Gorrette Nalwadda, Mike Kagawa, Khadija Malima, Lilian Mselle, Shigeko Horiuchi
    BMC pregnancy and childbirth 18(1) 4-4 2018年01月 [査読有り]
    BACKGROUND: Tanzania is among the countries with a high maternal mortality ratio. However, it remains unclear how information and education on danger signs of pregnancy translate into appropriate actions when a woman recognizes danger signs. This study aimed to determine women's knowledge of obstetric danger signs during pregnancy and their subsequent healthcare seeking actions. METHODS: The study design was a health facility-based cross-sectional study. Quantitative data were collected through interviewer-administered questionnaires. Descriptive and inferential statistics were used to analyze the data. The study enrolled 384 women from two health centers in Kinondoni Municipality, Dar es Salaam, Tanzania. A woman who had not mentioned any danger sign was categorized as having no knowledge, mentioned one to three danger signs as having low knowledge, and mentioned four or more danger signs as having sufficient knowledge. RESULTS: Among the 384 participants, 67 (17.4%) had experienced danger signs during their pregnancy and reported their healthcare seeking actions after recognizing the danger signs. Among those who recognized danger signs, 61 (91%) visited a healthcare facility. Among the 384 participants, five (1.3%) had no education, 175 (45.6%) had primary education, 172 (44.8%) had secondary education, and 32 (8.3%) had post-secondary education as their highest educational levels. When asked to spontaneously mention the danger signs, more than half of the participants (n = 222, 57.8%) were able to mention only one to three danger signs. Only 104 (31%) had correct knowledge of at least four danger signs and nine (2.7%) were not able to mention any item. The most commonly known pregnancy danger signs were vaginal bleeding (81%); swelling of the fingers, face, and legs (46%); and severe headache (44%). Older women were 1.6 times more likely to have knowledge of danger signs than young women (OR 1.61; 95% CI 1.05-2.46)". CONCLUSION: Women took appropriate healthcare seeking action after recognizing danger signs during pregnancy. However, the majority had low knowledge of pregnancy danger signs. Additional studies are warranted to address the knowledge gap and to plan interventions for improving health education under limited resource settings.
  • Midwives' respect and disrespect of women during facility-based childbirth in urban Tanzania: a qualitative study
    Kana Shimoda, Shigeko Horiuchi, Sebalda Leshabari, Yoko Shimpuku
    REPRODUCTIVE HEALTH 15(1) 8-8 2018年01月 [査読有り]
    Background: Over the last two decades, facility-based childbirths in Tanzania have only minimally increased by 10% partly because of healthcare providers' disrespect and abuse (D&A) of women during childbirth. Although numerous studies have substantiated women's experience of D&A during childbirth by healthcare providers, few have focused on how D&A occurred during the midwives' actual care. This study aimed to describe from actual observations the respectful and disrespectful care received by women from midwives during their labor period in two hospitals in urban Tanzania.Methods: This descriptive qualitative study involved naturalistic observation of two health facilities in urban Tanzania. Fourteen midwives were purposively recruited for the one-on-one shadowing of their care of 24 women in labor from admission to the fourth stage of labor. Observations of their midwifery care were analyzed using content analysis.Results: All the 14 midwives showed both respectful and disrespectful care and some practices that have not been explicated in previous reports of women's experiences. For respectful care, five categories were identified: 1) positive interactions between midwives and women, 2) respect for women's privacy, 3) provision of safe and timely midwifery care for delivery, 4) active engagement in women's labor process, and 5) encouragement of the motherbaby relationship. For disrespectful care, five categories were recognized: 1) physical abuse, 2) psychological abuse, 3) non-confidential care, 4) non-consented care, and 5) abandonment of care. Two additional categories emerged from the unprioritized and disorganized nursing and midwifery management: 1) lack of accountability and 2) unethical clinical practices.Conclusions: Both respectful care and disrespectful care of midwives were observed in the two health facilities in urban Tanzania. Several types of physical and psychological abuse that have not been reported were observed. Weak nursing and midwifery management was found to be a contributor to the D&A of women. To promote respectful care of women, pre-service and in-service trainings, improvement of working conditions and environment, empowering pregnant women, and strengthening health policies are crucial.
  • A feasibility study of an educational program on obstetric danger signs among pregnant adolescents in Tanzania: A mixed-methods study
    Beatrice Mwilike, Kana Shimoda, Miyuki Oka, Sebalda Leshabari, Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi
    International Journal of Africa Nursing Sciences 8 33-43 2018年 [査読有り]
  • Changes in salivary oxytocin after inhalation of clary sage essential oil scent in term-pregnant women: a feasibility pilot study.
    Yuriko Tadokoro, Shigeko Horiuchi, Kaori Takahata, Takuya Shuo, Erika Sawano, Kazuyuki Shinohara
    BMC research notes 10(1) 717-717 2017年12月 [査読有り]
    OBJECTIVES: This pilot study using a quasi-experimental design was conducted to evaluate the feasibility (i.e., limited efficacy, practicality, and acceptability) of our intervention protocol involving inhalation of the scent of clary sage essential oil by pregnant women and measurement of their preinhalation and postinhalation oxytocin levels. RESULTS: Participants were women of singleton pregnancies between 38 and 40 gestation weeks (N = 11). The experiment group (n = 5) inhaled the scent of clary sage essential oil diluted 50-fold with 10 mL of odorless propylene glycol for 20 min. Regarding limited efficacy, the oxytocin level 15 min postinhalation increased in 3 women and was unmeasurable in 2. The control group (n = 6) inhaled similarly without the 50-fold dilution of clary sage essential oil. Their oxytocin level increased in 2 women, decreased in 2, and was unmeasurable in 2. Uterine contraction was not observed in both groups. Regarding practicality, 3 of the 11 women could not collect sufficient saliva. The cortisol level decreased in both groups postinhalation. The protocol had no negative effects. Regarding acceptability, burden of the protocol was not observed. Trial registration The Clinical Trials Registry of University Hospital Medical Information Network in Japan-UMIN000017830. Registered:  June 8, 2015.
  • 冷え症の有無は、骨盤位妊婦の転帰、マイナートラブルに影響するのか?
    東原亜希子, 堀内成子, 中村 幸代
    日本健康医学会雑誌 26(3) 175-176 2017年11月 [査読有り]
  • Feasibility of a Smartphone website to support antenatal Perineal massage in pregnant women
    Shoko Takeuchi, Shigeko Horiuchi
    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH 17(1) 354-354 2017年10月 [査読有り]
    Background: In Japan, 85% of pregnant women do not practice antenatal perineal massage. Therefore, we developed a smartphone website to support the practice of antenatal perineal massage. The purpose of the present study was to evaluate the feasibility of our smartphone website.Methods: Pregnant women were recruited at five hospitals or clinics in Tokyo, Japan. Participants assigned to the smartphone website group (n = 74) were asked to register on the smartphone website. After completing registration, they could login and use all the contents of the website. After giving birth, participants completed a 5item questionnaire evaluating the acceptability of the smartphone website. Participants assigned to the leaflet group (n = 71) received a leaflet on antenatal perineal massage and completed a similar 4-item questionnaire evaluating the leaflet. Data were collected from April 2014 to November 2014. Data analysis was performed using chi-square and t-tests to analyze responses to close-ended questions, and content analysis was conducted to analyze responses of open-ended questions.Results: In the smartphone website group, 9 women (12.2%) did not register on the smartphone website. Approximately 80% of the women who responded indicated that the smartphone site was easy to understand and useful for practicing antenatal perineal massage. In the smartphone website group, the reply rate for reporting the frequency of massage was 43.6%. Although the ratings and frequency at which the material was accessed tended to be higher in the smartphone website group than in the leaflet group, there were no significant differences.Conclusions: Most pregnant women in the smartphone website group provided a favorable evaluation for the smartphone website. However, some participants had suggestions for improvement, which need to be incorporated in a revised version of the website. Therefore, the present study's results demonstrate the feasibility of a smartphone website to support the practice of antenatal perineal massage, and they may aid in the development of similar web-based educational material for pregnant women.
  • 無痛分娩の希望とその分娩転帰 自然分娩との比較
    宍戸 恵理, 堀内 成子
    母性衛生 58(3) 231-231 2017年09月 [査読有り]
  • 自然に生じた会陰裂傷を助産師が縫合する有効性と安全性の検討
    竹内 翔子, 八重 ゆかり, 永森 久美子, 山内 淳子, 堀内 成子, 山中 美智子
    母性衛生 58(1) 49-55 2017年04月
  • 妊娠期シングルマザーの心身社会的特徴ー非シングルマザーとの比較からー
    丸山菜穂子, 堀内成子, 片岡弥恵子
    母性衛生 58(1) 108-118 2017年04月 [査読有り]
  • Perceptional gaps among women, husbands and family members about intentions for birthplace: a cross-sectional study
    Yoko Shimpuku, Frida Elikana Madeni, Shigeko Horiuchi, Sebalda Charles Leshabari
    Revista latino-americana de enfermagem 25 e2840 2017年01月 [査読有り]
    ABSTRACT Objective: women are more likely to give birth at a health facility when their families agree with the birthplace. However, in rural areas of Tanzania, women are often marginalized from decision-making. This study predicted birthplace intention and identified factors to reduce perceptional gaps among pregnant women, husbands and family members. Method: explanatory cross-sectional survey was conducted in three villages in North Eastern Tanzania. Participants were 138 pregnant women and their families who answered the Birth Intention Questionnaire (BIQ), measuring knowledge, attitude, perceived behavioral control, subjective norms and intention for birthplace. Descriptive analysis, ANOVA, Chi-square, and multiple linear regression was used to analyze the data. Results: the regression model showed that knowledge, perceived behavioral control, and subjective norms predicted intention for birthplace (R2 = .28). While 81% of pregnant women thought their husbands were decision-makers for their birth, only 38% of husbands and 37% of family members agreed. Pregnant women had significantly lower scores on the item “I will prepare for childbirth with my family” compared with husbands (p < .01) and other family members (p < .001). Conclusion: providing evidence-based birth preparation and reducing the identified perceptual gaps may enhance women’s intention to deliver at health facilities.
  • Randomized Controlled Trial to Assess the Effectiveness of a Self-Care Program for Pregnant Women for Relieving Hiesho
     2017年01月 [査読有り]
  • Randomized Controlled Trial to Assess the Effectiveness of a Self-Care Program for Pregnant Women for Relieving Hiesho
    Sachiyo Nakamura, Shigeko Horiuchi
    JOURNAL OF ALTERNATIVE AND COMPLEMENTARY MEDICINE 23(1) 53-59 2017年01月 [査読有り]
    Objective: To assess differences in improvement of hiesho (sensitivity to cold) through a randomized controlled trial (RCT) of one group that used a self-care program (the Home Care Package Program for Relieving Hiesho) and another that did not.Methods: Participants were pregnant women experiencing hiesho in the 28th to 33rd weeks of pregnancy. The group carried out the intervention program for 4 weeks by wearing leg warmers, performing exercises, and pressing acupuncture points. The control group did not take any specific actions. Hiesho condition was assessed by using thermography to measure temperature in the four limbs; the changes were analyzed.Results: Findings for 140 pregnant women (73 in the experimental group and 67 in the control group) were analyzed. Participants' body temperatures were measured after completion of the program for 4 weeks and compared to their temperatures before start of the program. Compared with the control group, the experimental group had arm skin temperature 3.0 degrees C (p < 0.001) higher and leg skin temperature 1.93 degrees C (p = 0.02) higher; both differences were significant.Conclusion: The Home Care Package Program for Relieving Hiesho self-care program significantly relieved hiesho.
  • 日本版"HUG Your Baby" 育児支援プログラムの開発
    飯田真理子, 新福洋子, 谷本公重, 松永真由美, 堀内成子
    日本助産学会誌 31(2) 187-194 2017年 [査読有り]
  • Perceptional gaps among women, husbands and family members about intentions for birthplace: a cross-sectional study
    Yoko Shimpuku, Frida Elikana Madeni, Shigeko Horiuchi, Sebalda Charles Leshabari
    REVISTA LATINO-AMERICANA DE ENFERMAGEM 25 e2840 2017年 [査読有り]
    Objective: women are more likely to give birth at a health facility when their families agree with the birthplace. However, in rural areas of Tanzania, women are often marginalized from decision-making. This study predicted birthplace intention and identified factors to reduce perceptional gaps among pregnant women, husbands and family members. Method: explanatory cross-sectional survey was conducted in three villages in North Eastern Tanzania. Participants were 138 pregnant women and their families who answered the Birth Intention Questionnaire (BIQ), measuring knowledge, attitude, perceived behavioral control, subjective norms and intention for birthplace. Descriptive analysis, ANOVA, Chi-square, and multiple linear regression was used to analyze the data. Results: the regression model showed that knowledge, perceived behavioral control, and subjective norms predicted intention for birthplace (R-2 = .28). While 81% of pregnant women thought their husbands were decision-makers for their birth, only 38% of husbands and 37% of family members agreed. Pregnant women had significantly lower scores on the item "I will prepare for childbirth with my family" compared with husbands (p < .01) and other family members (p < .001). Conclusion: providing evidence-based birth preparation and reducing the identified perceptual gaps may enhance women's intention to deliver at health facilities.
  • Identifying clinical and educational difficulties of midwives in an Indonesian Government Hospital Maternity Ward:Towards improving childbirth Care
    Jouranal of Nursing and Practice 7(11) 7-13 2017年 [査読有り]
  • Randomised controlled trial using smartphone website vs leaflet to support antenatal perineal massage practice for pregnant women
    Shoko Takeuchi, Shigeko Horiuchi
    WOMEN AND BIRTH 29(5) 430-435 2016年10月 [査読有り]
    Background: In Japan, the rate of pregnant women who practice antenatal perineal massage was only 15.1%.Aim: The aim of this study was to develop and evaluate a smartphone website and a leaflet to support antenatal perineal massage practice for primiparous women.Methods: In a randomised control trial, 161 primiparous women were randomly assigned to a smartphone website group (n = 81) or a leaflet group (n = 80). Data analysis were by per protocol analysis and intention to treat analysis.Findings: Of the 161 women participants, 47 in the smartphone website group and 49 in the leaflet group completed all questionnaires. Primary outcome was continuance rate (three times a week over a three week period) of antenatal perineal massage practice. The rates by a per protocol analysis were 51.1% in the smartphone website group and 51.0% in the leaflet group, respectively. There was no significant difference between the groups. Moreover, the rates by an intention to treat analysis were 29.6% in the smartphone website group and 31.3% in the leaflet group, respectively. There was also no significant difference between the groups.There were no significant differences in the evaluation of perineal massage, childbirth self-efficacy, satisfaction with efforts towards childbirth, and perineal outcomes following childbirth which were measured as secondary outcomes between the groups.Conclusion: There was no significant difference in continuance rate of antenatal perineal massage practice between those using a smartphone website and those with a leaflet, however, the rate was better than no instructions. (C) 2016 The Authors. Published by Elsevier Ltd on behalf of Australian College of Midwives.
  • A Cross-Sectional Study of Community-Based Maternal and Child Health Interventions Involving Women's Health Volunteer Groups in Rural Myanmar
    Michiko Oguro, Shigeko Horiuchi
    PUBLIC HEALTH NURSING 33(5) 449-459 2016年09月 [査読有り]
    ObjectiveThis study identified the relationship between interventions with women's health volunteer groups in two Myanmar villages and maternal and child health outcomes.Design and SampleThis cross-sectional study included 188 women aged 15-49years old with at least one 5-year-old child. The women were randomly selected from two control and two experimental villages.MeasuresData were collected via structured interview with a questionnaire based on the UNICEF Multiple Indicator Cluster Survey.ResultsLogistic regression analyses confirmed that women's health volunteer group intervention was related to the participants' receiving any antenatal care (OR: 6.99, p<.01) and having knowledge regarding danger signs during the perinatal period (OR: 15.08, p<.001), modern contraceptive methods (OR: 44.52, p<.001), acceptable first aid (OR: 14.04, p<.001), and malaria prevention (OR: 40.30, p<.001). A skilled midwife had the most significant relationship with patients' receiving any antenatal care (OR: 65.18, p<.001). Distance from urban area negatively related to appropriate disposal of the child's stool (i.e., flushed in a latrine; OR: 7.51, p<.05).ConclusionsThis study shows that women's health volunteer groups may positively affect the diffusion of the need to seek antenatal care and health knowledge in rural Myanmar. The importance of skilled midwives is also highlighted, especially in resource-limited settings.
  • Development and assessment of the validity and reliability of a scale for measuring the mentoring competencies of Japanese clinical midwives: An exploratory quantitative research study.
    Yuri Hishinuma, Shigeko Horiuchi, Haruo Yanai
    Nurse education today 41 60-6 2016年06月 [査読有り]
    BACKGROUND: Midwives are always involved in educational activities whenever novice midwives are present. Although various scales for measuring the educational competencies of nurses have already been developed in previous studies, a scale for the educational competencies particular to midwives has yet to be developed, or even no previous studies have revealed their functions as clinical educators. OBJECTIVES: The purpose of this study was to develop a scale to measure the mentoring competencies of clinical midwives (MCCM Scale) and to confirm its validity and reliability. DESIGN: An exploratory quantitative research study. METHODS: Questionnaires were distributed to 1,645 midwives at 148 facilities who had previously instructed novice midwives. 1,004 midwives (61.0%) voluntarily returned valid responses and 296 (18.0%) voluntarily agreed to participate in the survey for test-retest reliability. RESULTS: Exploratory factor analyses were performed over 41 items and the following seven factors were extracted with a reliability coefficient (Cronbach's α) of 0.953: (i) supporting experimental study, (ii) personal characteristics particularly in clinical educators, (iii) thoughtfulness and empathy for new midwives, (iv) self-awareness and self-reflection for finding confidence, (v) making effective use of the new midwives' own experience, (vi) commitment to educational activities, and (vii) sharing their midwifery practice. Test-retest reliability was measured based on a convenience sample of 246 (83.1%). Pearson's test-retest correlation coefficient for the entire scale was r=0.863. The factor loadings of each item on its respective factor were 0.313-0.925. The total score of the MCCM Scale was positively correlated with that of the Quality of Nurses' Occupational Experience Scale (r=0.641, p=0.000) and was negatively correlated with the total score of the Japanese Burnout Scale (r=-0.480, p=0.000). CONCLUSION: The MCCM Scale is composed of 41 items and three subscales measured from a total of seven factors. The validity and reliability of the MCCM Scale was supported by the statistical analyses.
  • 都市部の助産師主導クリニックにおける産褥入院(ショートステイ)の意義
    大林 薫, 仙波 百合香, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 623 2016年03月
  • 聖路加JICA連携プログラム「タンザニア連合共和国母子保健支援ボランティア連携事業」の実践報告
    新福 洋子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 586 2016年03月
  • タンザニア農村部の思春期学生に対するリプロダクティブヘルス教育プログラム評価質問紙改善のための認知インタビュー
    川野 嘉子, 新福 洋子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 496 2016年03月
  • 育児支援クラス"HUG Your Babyプレママ・パパクラス"の実践
    新福 洋子, 飯田 真理子, 麓 杏奈, 仙波 百合香, 永森 久美子, 田中 夢子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 469 2016年03月
  • A cross-sectional survey of policies guiding second stage labor in urban Japanese hospitals, clinics and midwifery birth centers.
    Kaori Baba, Yaeko Kataoka, Kaori Nakayama, Yukari Yaju, Shigeko Horiuchi, Hiromi Eto
    BMC pregnancy and childbirth 16(1) 37-37 2016年02月 [査読有り]
    BACKGROUND: The Japan Academy of Midwifery developed and disseminated the '2012 Evidence-based Guidelines for Midwifery Care (Guidelines for Midwives)' for low-risk births to achieve a more uniform standard of care during childbirth in Japan. The objective of this study was to cross-sectional survey policy implementation regarding care during the second stage of labor at Japanese hospitals, clinics, and midwifery birth centers, and to compare those policies with the recommendations in Guidelines for Midwives. METHODS: This study was conducted in the four major urbanized areas (e.g. Tokyo) of the Kanto region of Japan. Respondents were chiefs of the institutions (obstetricians/midwives), nurse administrators (including midwives) of the obstetrical departments, or other nurse/midwives who were well versed in the routine care of the targeted institutions. The Guidelines implementation questionnaire comprised 12 items. Data was collected from October 2010 to July 2011. RESULTS: The overall response was 255 of the 684 institutions (37%). Of the total responses 46% were hospitals, 26% were clinics and 28% were midwifery birth centers. Few institutions reported perineal massage education for 'almost all cases'. Using 'active birth' were all midwifery birth centers, 56% hospitals and 32% clinics. Few institutions used water births. The majority of hospitals (73%) and clinics (80%) but a minority (39%) of midwifery birth centers reported 'not implemented' about applying warm compress to the perineum. Few midwifery birth centers (10%) and more hospitals (38%) and clinics (50%) had a policy for valsalva as routine care. Many hospitals (90%) and clinics (88%) and fewer midwifery birth centers (54%) offered hands-on technique to provide perineal support during birth. A majority of institutions used antiseptic solution for perineal disinfection. Few institutions routinely used episiotomies for multiparas, however routine use for primiparas was slightly more in hospitals (21%) and clinics (25%). All respondents used fundal pressure as consistent with guidelines. Not many institutions implemented the hands and knees position for correcting fetal abnormal rotation. CONCLUSIONS: This survey has provided new information about the policies instituted in three types of institutions guiding second stage labor in four metropolitan areas of Japan. There existed considerable differences among institutions' practice. There were also many gaps between reported policies and evidence-based Guidelines for Midwives, therefore new strategies are needed in Japan to realign institution's care policies with evidenced based guidelines.
  • 【産科領域に対する鍼灸マッサージ】 (PART1)妊婦にみられる症状のメカニズムと接遇の注意点 つわりと逆子を例に
    東原 亜希子, 堀内 成子
    医道の日本 75(1) 164 2016年01月
  • Factors defining the mentoring competencies of clinical midwives: An exploratory quantitative research study in Japan
    Yuri Hishinuma, Shigeko Horiuchi, Haruo Yanai
    Nurse education today 36 330-6 2016年01月 [査読有り]
    BACKGROUND: Clinical education is an extremely important process in cultivating healthcare professionals, and the quality of educators has a major impact on the quality of future practitioners. Although practicing clinical midwives contribute to the education of pre-registered midwives and those qualified within the past year (new midwives), the factors defining the educational competencies of clinical midwives have not been clarified. OBJECTIVES: The purpose of this study was to explore the factors that define the mentoring competencies of clinical midwives involved in educating new midwives. DESIGN: An exploratory quantitative research study. METHODS: Questionnaires were distributed to 694 midwives who had previously conducted educational activities with new midwives at the 63 facilities whose administrator or nurse manager in charge of all staff, including midwives, consented to participate. Of the 694 midwives, 464 (66.9%) returned the questionnaire and 451 (65.1%) valid responses were analyzed. Exploratory factor analyses were performed on the following three concepts: [competency as a professional], [competency as an educator], and [personal characteristics]. RESULTS: [Competency as a professional] consisted of two factors: and ; [competency as an educator] consisted of four factors: , , and ; and [personal characteristics consisted of three factors: , and . These three concepts were defined by a total of nine sub-concepts (factors), and 41 items were extracted with a reliability coefficient (Cronbach's α) of 0.944 CONCLUSIONS: "Mentoring competencies of clinical midwives (MCCM)" are defined by three concepts and nine sub-concepts, which can be evaluated by 41 items regarding the behavior, thoughts, and characteristics that clinical midwives exhibit when they educate new midwives in clinical settings.
  • Overcoming barriers to inclusive education: A reproductive health awareness programme for adolescents in rural Tanzania
    Tohi, A, Horiuchi, S, Shimpuku, Y, Madeni, F, Leshabari S
    African Journal of Midwifery and Women's Health 10(1) 27-32 2016年 [査読有り]
  • Humanized childbirth awareness-raising program among Tanzanian midwives and nurses: A mixed-methods study
    Shigeko Horiuchi, Yoko Shimpuku, Mariko Iida, Yasuko Nagamatsu, Hiromi Eto, Sedalda Lesabari
     5 9-16 2016年 [査読有り]
  • Mentoring Characteristics in Competent Clinical Educators who provide new Midwives with Instructions in Delivery Assistance
    Journal of Community & Public Health Nursing doi: 10.4172/jcphn.1000103-shigeko-horiuchi@slcn.ac.jp 2015年12月 [査読有り]
  • Midwives' intrapartum monitoring process and management resulting in emergency referrals in Tanzania: a qualitative study
    Kana Shimoda, Sebalda Leshabari, Shigeko Horiuchi, Yoko Shimpuku, Junko Tashiro
    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH 15 248-248 2015年10月 [査読有り]
    Background: In the United Republic of Tanzania, the maternal mortality ratio, and neonatal mortality rate have remained high for the last 10 years. It is well documented that many complications of pregnancy are avoidable by providing skilled midwifery care during and immediately after childbirth. However, there have been delays in providing timely and necessary obstetric interventions, most likely due to lack of proper monitoring during labor. Yet, there has been little research concerning how midwives monitor the process of childbirth. Therefore, this study aimed to describe how midwives monitored and managed the process of childbirth to achieve early consulting and timely referral to obstetricians.Methods: The design was qualitative and descriptive, using data from comprehensive semi-structured interviews of midwives. The interviews were conducted at one hospital and one health center in Dar es Salaam, Tanzania's largest city. Eleven participants were purposively recruited and interviewed about their experiences managing complicated intrapartum cases. After the interviews, data were analyzed using content analysis.Results: Derived from the data were three activity phases: initial encounter, monitoring, and acting. During these phases, midwives noticed danger signs, identified problems, revised and confirmed initial problem identification, and organized for medical intervention or referral. The timing of taking action was different for each midwife and depended on the nature of the prolonged and obstructed labor case.Conclusions: For the majority of midwives, the processing of assessments and judgments was brief and without reflection, and only a few midwives took time to continue to monitor the labor after the initial identification of problems and before taking actions. To make a final judgment that the labor was becoming prolonged or obstructed, midwives should consider taking time to review and synthesize all their findings.
  • Comparison of Policies for the Management of Care for Women and Newborns During the Third Stage of Labor Among Japanese Hospitals, Clinics, and Midwifery Birth Centers.
    Yaeko Kataoka, Nakayama K, Yaju Y, Eto H, Horiuchi S
    Int J Childbirth 5(4) 200-209 2015年09月 [査読有り]
  • 母乳栄養の支援 母児同床と2週間健診の影響
    浦嶋 由依, 堀内 成子, 畠山 藍, 仙波 百合香
    母性衛生 56(3) 275 2015年09月
  • 助産師の心的外傷体験の実態 PTSD、レジリエンス、心的外傷後成長との関連
    麓 杏奈, 堀内 成子
    母性衛生 56(3) 220 2015年09月
  • Automated Software Analysis of Fetal Movement Recorded during a Pregnant Woman's Sleep at Home
    Kyoko Nishihara, Noboru Ohki, Hideo Kamata, Eiji Ryo, Shigeko Horiuchi
    PLOS ONE 10(6) e0130503 2015年06月 [査読有り]
    Fetal movement is an important biological index of fetal well-being. Since 2008, we have been developing an original capacitive acceleration sensor and device that a pregnant woman can easily use to record fetal movement by herself at home during sleep. In this study, we report a newly developed automated software system for analyzing recorded fetal movement. This study will introduce the system and compare its results to those of a manual analysis of the same fetal movement signals (Experiment I). We will also demonstrate an appropriate way to use the system (Experiment II). In Experiment I, fetal movement data reported previously for six pregnant women at 28-38 gestational weeks were used. We evaluated the agreement of the manual and automated analyses for the same 10-sec epochs using prevalence-adjusted bias-adjusted kappa (PABAK) including quantitative indicators for prevalence and bias. The mean PABAK value was 0.83, which can be considered almost perfect. In Experiment II, twelve pregnant women at 24-36 gestational weeks recorded fetal movement at night once every four weeks. Overall, mean fetal movement counts per hour during maternal sleep significantly decreased along with gestational weeks, though individual differences in fetal development were noted. This newly developed automated analysis system can provide important data throughout late pregnancy.
  • Homeopathy for reducing blood loss in the third stage of labour (Protocol).
    The Cochrane Library 2015年04月 [査読有り]
  • 【ペリネイタル・ロスのケアを考える】 家族が望むペリネイタル・ロスのグリーフケア 人工死産の会から聞こえる声
    堀内 成子
    助産雑誌 69(3) 208 2015年03月
  • 大学院助産教育における国際協働の基礎 タンザニアでの学びと今後の展開
    新福 洋子, 堀内 成子, 長松 康子
    日本助産学会誌 28(3) 475 2015年02月
  • 周産期喪失後のグリーフ・カウンセリング
    石井 慶子, 堀内 成子, 蛭田 明子, 堀内 祥子
    日本助産学会誌 28(3) 428 2015年02月
  • JICAと聖路加のコラボレーション新プログラムの紹介 国際保健の最前線で青年海外協力隊での活動と大学院での学びを同時に実現
    堀内 成子, 新福 洋子
    助産雑誌 69(2) 134 2015年02月
  • Global Collaboration Between Tanzania and Japan to Advance Midwifery Profession: A Case Report of Partnership Model
    Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi, Sebalda C Leshabari, Dickson Mkoka, Yasuko Nagamatsu, Miwako Matsutani, Hiromi Eto, Michiko Oguro, Yukari Yaju, Mariko Iida, Columba Mbekenga, Lilian Mselle, Agnes Mtawa
    Journal of Nursing Education and Practice 5(11) 2015年 [査読有り]
  • Comparison of policies for the management of care for women and newborns during the third stage of labor among Japanese hospitals, obstetricians' clinics and independent midwives' homes/clinics
    Yaeko Kataoka, Kaori Shimizu, Hiromi Eto, Yukari Yaju, Shigeko Horiuchi
    International Journal of Childbirth 5(4) 200-209 2015年 [査読有り]
  • Career development expectations and challenges of midwives in Urban Tanzania: a preliminary study
    Nao Tanaka, Shigeko Horiuchi, Yoko Shimpuku, Sebalda Leshabari
    BMC NURSING 14 27 2015年 [査読有り]
    Background: Approaches to addressing the shortage of midwives are a great need especially in Sub-Saharan Africa including Tanzania. The midwifery shortage in Tanzania consists of two major causes; the first is the shortage of pre-service nursing training and the second is the low rate of retention as it is difficult to sustain midwives' career motivations. Lack of opportunities for career development, is one of the most related problems to keep midwives motivated. Continuing education as an approach to career development can heighten midwives' motivation and cultivate more skilled midwives who can educate other midwives or students and who could raise the status of midwives. Effective continuing education is ongoing, interactive, contextually relevant and based on needs assessment, however there is very limited research that describes Tanzanian midwives perspective of expectations for career development; hence this research is significant for revealing important and meaningful professional desires of midwives in Tanzania.Methods: This was a preliminary qualitative study, using snowball sampling to recruit 16 midwives in Tanzania. The researchers used a semi-structured interview including probing questions with both a focus group and several individuals. The data were collected from July to December 2013 and coded into categories and sub-categories.Results: There were 14 midwives in the focus group interview and two midwives in the individual interviews. Through data analysis, four major categories (with subcategories) emerged: (1) motivation for learning (to achieve the MDGs, and to raise reproductive health), (2) knowledge is power (to provide good practice based on knowledge, to be a role model, knowledge gives higher position and courage, and knowledge enables one to approach to the government), (3) there is no end to learning (hunger for learning, and ripple effect).Conclusions: From findings, four major categories plainly showed midwives' desire for learning, however they experienced a number of barriers to access further education. Continuing education is one of the most important and effective ways to cultivate and retain midwives. In order to respond to the midwives expectations and challenges to overcome the barriers inherent in providing more continuing education, it will be necessary to increase accessible opportunities for career development in Tanzania.
  • 何故妊婦は会陰マッサージをしないのか? 実態調査から探る
    竹内 翔子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 28(2) 173 2014年12月
    目的 妊娠中の会陰マッサージに対する女性の認識と実施の阻害因子を探索すること。方法 首都圏の産科を有する医療施設8ヶ所において、妊娠37週0日以降の単胎児を経腟分娩した女性390名を対象に、質問紙を配布した。有効回答が得られた334名(85.6%)のデータを用いて、統計学的に分析した。結果 1.会陰マッサージを実施した女性は114名(52.1%)、実施しなかった女性は105名(47.9%)であり、実施した女性のうち出産まで継続できたのは68名(59.6%)であった。また実施しなかった女性の45.7%が自分の会陰を触ることに抵抗を感じていた。2.会陰マッサージに関する情報源について、会陰マッサージ実施の有無を比較すると、実施した女性の割合が有意に大きかったのは「助産師による個別指導」のみであり(p=.000)、実施しなかった女性の割合が有意に大きかったのは、「母親学級」であった(p=.000
  • 何故妊婦は会陰マッサージをしないのか?ー実態調査から探るー
    竹内翔子, 堀内成子
    日本助産学会誌 28(2) 173-182 2014年12月
  • A comparison of midwife-led care versus obstetrician-led care for low-risk women in Japan
    Mariko Iida, Shigeko Horiuchi, Kumiko Nagamori
    WOMEN AND BIRTH 27(3) 202-207 2014年09月 [査読有り]
    Background: Continuity of midwife-led care is recommended in maternity care because of its various positive outcomes. In Japan, midwife-led care is receiving broad attention as well. In order to popularise midwifery care within the entire system of perinatal care in Japan, there is a need to show evidence that continuity of midwife care for women will bring about positive outcomes. Aim: The objectives of this study were to compare the health outcomes of women and infants who received midwife-led care with obstetrician-led care in Japan. Methods: This was an observational study using non-random purposive sampling with a survey questionnaire. Settings where midwife-led care and obstetrician-led care were chosen by purposive samples. Participants were low-risk women who received antenatal care and delivered a term-singleton-infant at the participating settings during the research period. Measurements were: Women-centred care pregnancy questionnaire, Stein's maternity blues questionnaire, and Edinburgh Postnatal Depression Scale. Findings: Midwife-led care was perceived by women to be beneficial and had no adverse outcomes compared to obstetrician-led care. Main findings are: (1) Perception of Women-centred care was higher; (2) Less premature rupture of membranes, and the Apgar scores of the infants were similar; (3) Exclusively breast-feeding during hospitalisation and at one-month postpartum; (4) Stein's maternity blues scale scores was lower in women who received midwife-led care than those who received obstetrician-led care. Conclusions: Continuity of midwife-led care was perceived by women to be beneficial and had no adverse outcomes. Therefore, midwife-led care in low-risk pregnancy could be applicable and recommended. (C) 2014 Australian College of Midwives. Published by Elsevier Australia (a division of Reed International Books Australia Pty Ltd). All rights reserved.
  • Impact of a nursing education program about caring for patients in Japan with malignant pleural mesothelioma on nurses' knowledge, difficulties and attitude: A randomized control trial
    Yasuko Nagamatsu, Yuji Natori, Haruo Yanai, Shigeko Horiuchi
    NURSE EDUCATION TODAY 34(7) 1087-1093 2014年07月 [査読有り]
    Purpose: In japan nursing care lags behind the growing population of patients with malignant pleural mesothelioma. This study evaluated an educational program for nurses about caring for patients with malignant pleural mesothelioma in Japan.Method: In this randomized controlled study relative to care for malignant pleural mesothelioma, Knowledge, Difficulties and Attitude were measured at baseline, at post-test and at follow-up one month later. The two-day program with a half-day follow-up program included lectures, group work, role-playing and group discussion. 188 participants were randomly assigned to the intervention group (program, n = 96) and control group (n = 92; self-study by a similar content handbook). At baseline the groups showed no statistical differences in Knowledge (p = 0.921), Difficulty (p = 0.458) and Attitude (p = 0.922). Completing the study were 177 participants yielding 88 in the intervention group and 89 in the control group. Human rights and privacy of participants were protected.Results: The Knowledge score was significantly higher in the intervention post-test (t = 14.03, p = 0.000) and follow-up test (t = 8.98, p = 0.000). Difficulty score was significantly lower in the intervention at post-test (t = -3.41, p = 0.001) and follow-up test (t = -3.70, p = 0.000). The Attitude score was significantly higher in the intervention post-test (t = 7.11, p = 0.000) and follow-up test (t = 4.54, p = 0.000). The two-way analysis of variance with repeated measures on time showed an interaction between time and group; the subsequent simple main effect test found significant differences (p = 0.000-0.001) between groups for after-program and at follow-up and a significant difference (p = 0.000) in time only within the intervention group.Conclusion: The educational program was effective in improving the nurses' knowledge and attitude toward malignant pleural mesothelioma care and decreasing the difficulty in MPM care, therefore this program has potential for nurses' in-service education throughout japan. (C) 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. This is an open access article under the CC BY-NC-SA license (http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/3.0/).
  • Impact of a nursing education program about caring for patients in Japan with malignant pleural mesothelioma on nurses' knowledge, difficulties and attitude: A randomized control trial
    Yasuko Nagamatsua, Yuji Natorib, Haruo Yanaia, Shigeko Horiuchia
    Nurse Education Today 34(7) 1087-1093 2014年07月 [査読有り]
  • 何故妊婦は会陰マッサージをしないのか?:—実態調査から探る—
    竹内 翔子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 28(2) 173-182 2014年
    <b>目 的</b><br> 妊娠中の会陰マッサージに対する女性の認識と実施の阻害因子を探索すること。<br><b>方 法</b><br> 首都圏の産科を有する医療施設8ヶ所において,妊娠37週0日以降の単胎児を経膣分娩した女性390名を対象に,質問紙を配布した。有効回答が得られた334名(85.6%)のデータを用いて,統計学的に分析した。<br><b>結 果</b><br>1.会陰マッサージを実施した女性は114名(52.1%),実施しなかった女性は105名(47.9%)であり,実施した女性のうち出産まで継続できたのは68名(59.6%)であった。また実施しなかった女性の45.7%が自分の会陰を触ることに抵抗を感じていた。<br>2.会陰マッサージに関する情報源について,会陰マッサージ実施の有無を比較すると,実施した女性の割合が有意に大きかったのは「助産師による個別指導」のみであり(p=
  • 予防接種の意思決定支援:文献レビューと意思決定支援ツールの紹介
    遠藤 亜貴子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 28(1) 5-15 2014年
    <b>目 的</b><br> 本研究の目的は,以下の2つである。<br>1.予防接種に関する意思決定支援を実施した国内外の文献をレビューし,支援効果を検討する。<br>2.Web上で入手可能な,予防接種のための意思決定支援ツール(デシジョンエイド)を,その質の基準も含め紹介する。<br><b>方 法</b><br> 目的1については,予防接種の接種決定に際し意思決定支援を行った国内外の文献をキーワード検索し,支援によりアウトカム(接種率,決定の質)が向上したか否かを分析した。目的2に関しては,インターネットでアクセスできる予防接種に特化した意思決定支援ツールの種類と内容を紹介し,それらツールがどのような基準に基づいて開発・評価されているのか,国際的な基準作りの流れも含めて解説した。<br><b>結 果</b><br> 文献レビュー:抽出された6文献は,すべて日本以外の先進国で行われた研究で
  • 妊婦の冷え症と異常分娩との関係性
    中村幸代, 堀内成子
    日本助産学会誌 94-99 2013年09月
  • Immigrants' Experiences of Maternity Care in Japan
    Yukari Igarashi, Shigeko Horiuchi, Sarah E. Porter
    JOURNAL OF COMMUNITY HEALTH 38(4) 781-790 2013年08月 [査読有り]
    Language and cultural differences can negatively impact immigrant women's birth experience. However, little is known about their experiences in Japan's highly homogenous culture. This cross-sectional study used survey data from a purposive sampling of immigrant women from 16 hospitals in several Japanese prefectures. Meeting the criteria and recruited to this study were 804 participants consisting of 236 immigrant women: Chinese (n = 83), Brazilian (n = 62), Filipino (n = 43), South Korean (n = 29) and from variety of English speaking nations (n = 19) and 568 Japanese women. The questionnaire was prepared in six languages: Japanese (kana syllables), Chinese, English, Korean, Portuguese, and Tagalog (Filipino). Associations among quality of maternity care, Japanese literacy level, loneliness and care satisfaction were explored using analysis of variance and multiple linear regression. The valid and reliable instruments used were Quality of Care for Pregnancy, Delivery and Postpartum Questionnaire, Rapid Estimate of Adult Literacy in Medicine Japanese version, the revised UCLA Loneliness Scale-Japanese version and Care satisfaction. Care was evaluated across prenatal, labor and delivery and post-partum periods. Immigrant women scored higher than Japanese women for both positive and negative aspects. When loneliness was strongly felt, care satisfaction was lower. Some competence of Japanese literacy was more likely to obstruct positive communication with healthcare providers, and was associated with loneliness. Immigrant women rated overall care as satisfactory. Japanese literacy decreased communication with healthcare providers, and was associated with loneliness presumably because some literacy unreasonably increased health care providers' expectations of a higher level of communication.
  • エビデンスに基づく助産ケアガイドライン;病院、診療所、助産所における分娩第1期ケア方針の調査
    清水かおり, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 浅井宏美, 八重ゆかり, 飯田眞理子, 堀内成子, 櫻井綾香, 田所由利子
    日本助産学会誌 267-278 2013年03月
  • Prophylactic interventions after delivery of placenta for reducing bleeding during the postnatal period
    Yukari Yaju, Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Shigeko Horiuchi, Rintaro Mori
    COCHRANE DATABASE OF SYSTEMATIC REVIEWS 11(11) CD009328 2013年 [査読有り]
    BackgroundThere are several Cochrane systematic reviews looking at postpartum haemorrhage (PPH) prophylaxis in the third stage of labour and another Cochrane review investigating the timing of prophylactic uterotonics in the third stage of labour (i.e. before or after delivery of the placenta). There are, however, no Cochrane reviews looking at the use of interventions given purely after delivery of the placenta. Ergometrine or methylergometrine are used for the prevention of PPH in the postpartum period (the period after delivery of the infant) after delivery of the placenta in some countries. There are, furthermore, no Cochrane reviews that have so far considered herbal therapies or homeopathic remedies for the prevention of PPH after delivery of the placenta.ObjectivesTo assess the effectiveness of available prophylactic interventions for PPH including prophylactic use of ergotamine, ergometrine, methylergometrine, herbal therapies, and homeopathic remedies, administered after delivery of the placenta, compared with no uterotonic agents as well as with different routes of administration for prevention of PPH after delivery of the placenta.Search methodsWe searched the Cochrane Pregnancy and Childbirth Group's Trials Register (30 April 2013), The Food and Drug Administration (FDA) (USA), Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency (MHRA) (UK), European Medicines Agency (EMA) (EU), Pharmaceuticals and Medical Devices Agency (PMDA) (Japan), Therapeutic Goods Administration (TGA) (Australia), ClinicalTrials.gov, Current Controlled Trials, WHO International Clinical Trials Registry Platform (ICTRP), University Hospital Medical Information Network Clinical Trials Registry (UMIN-CTR; Japan), Japan Pharmaceutical Information Center Clinical Trials Information (Japic-CTI; Japan), Japan Medical Association Clinical Trial Registration (JMACCT CTR; Japan) (all on 30 April 2013) and reference lists of retrieved studiesSelection criteriaAll randomised or quasi-randomised controlled trials comparing prophylactic ergotamine, ergometrine, methylergometrine, herbal therapies, and homeopathic remedies (using any route and timing of administration) during the postpartum period after delivery of the placenta with no uterotonic agents or trials comparing different routes or timing of administration of ergotamine, ergometrine, methylergometrine, herbal therapies, and homeopathic remedies, during the postpartum period after delivery of the placenta.Data collection and analysisTwo review authors independently assessed trial eligibility and the methodological quality of trials, extracted data using the agreed form. Data were checked for accuracy.Main resultsFive randomised studies involving 1466 women met the inclusion criteria. All studies were classified as having an unclear risk of bias. Two studies (involving 1097 women) compared oral methylergometrine with a placebo, and one (involving 171 women) compared oral methylergometrine with Kyuki-chouketsu-in, a Japanese traditional herbal medicine. The remaining two studies (involving 198 women) did not report the outcomes of interest for this review. None of the included studies reported primary outcomes prespecified in the review protocol (blood loss of 1000 mL or more over the period of observation, maternal death or severe morbidity). Overall, there was no clear evidence of differences between groups in the following PPH outcomes: blood loss of 500 mL or more (risk ratio (RR) 1.45; 95% confidence interval (CI) 0.39 to 5.47, two studies), amount of lochia during the first 72 hours of the puerperium (mean difference (MD) -25.00 g; 95% CI -69.79 to 19.79, one study), or amount of lochia by four weeks postpartum (MD -7.00 g; 95% CI -23.99 to 9.99).The Japanese study with a relatively small sample size comparing oral methylergometrine with a Japanese traditional herbal medicine found that oral methylergometrine significantly increased the blood haemoglobin concentration at day one postpartum (MD 0.50 g/dL; 95% CI 0.11 to 0.89) compared to herbal medicine. Adverse events were not well-reported in the included studies. We did not find any studies comparing homeopathic remedies with either a placebo or no treatment.Authors' conclusionsThere was insufficient evidence to support the use of prophylactic oral methylergometrine given after delivery of the placenta for the prevention of PPH. Additionally, the effectiveness of prophylactic use of herbal medicine or homeopathic remedies for PPH is still unclear as we could not find any clear evidence. Trials to assess the effectiveness of herbal medicines and homeopathic remedies in preventing PPH are warranted.
  • Relationship Between Advanced Maternal Age, Hiesho(Sensitivity to Cold)and Abnormal Delivery in Japan
    Sachiyo Nakamura, Shigeko Horiuchi
    The Open Nursing Journal 7 142-148 2013年 [査読有り]
  • 妊婦の冷え症と微弱陣痛・遷延分娩との因果効果の推定ー傾向スコアによる交絡因子の調整ー
    中村幸代, 堀内成子, 柳井晴夫
    日本看護科学会誌 3-12 2013年
  • Doctoral Nursing Educaition In Japan
    Journal of Nursing Science 5-8 2013年
  • Prophylactic Interventions after Delivery of Placenta for Reducing Bleeding during the Postnatal Period (Review)
    Yaju Y, Kataoka Y, Etoh H, Horiuhi S, Mori R
    The Cochrane Collaboraiton Issue 11(11) 2013年
  • Rural Indonesia women’s traditional beliefs about antenatal care
    Yenita Agus, Shigeko Horiuchi, Sarah E Porter
    BMC Research Notes 5(589) 589 2012年10月 [査読有り]
  • 教育者の立場より期待すること
    堀内 成子
    助産師 66(3) 2012年08月 [査読有り]
  • The relationship between women-centred care and women's birth experiences: A comparison between birth centres, clinics, and hospitals in Japan
    Mariko Iida, Shigeko Horiuchi, Sarah E. Porter
    MIDWIFERY 28(4) 458-465 2012年08月 [査読有り]
    Objective: the goal of women-centred care (WCC) is respect, safety, holism, partnership and the general well-being of women, which could lead to women's empowerment. The first step in providing WCC to all pregnant women is to describe women's perceptions of WCC during pregnancy in different health facilities. The objectives of this study were to ask (a) what are the perceptions and comparison of WCC at Japanese birth centres, clinics, and hospitals and (b) what are the relationships between WCC and three dimensions of women's birth experience: (1) satisfaction with care they received during pregnancy and birth, (2) sense of control during labour and birth, and (3) attachment to their new born babies. Design: this was a cross-sectional study using self-completed retrospective questionnaires. Setting: three types of health facility: birth centres (n=7), clinics (n=4), and hospitals (n=2). Participants: participants were women who had a singleton birth and were admitted to one of the study settings. Women who were seriously ill were excluded. Data were analysed on 482 women. Measurements: instrumentation included: a researcher-developed WCC-pregnancy questionnaire, Labour Agentry Scale, Maternal Attachment Questionnaire, and a researcher-developed Care Satisfaction Scale. Findings: among the three types of settings, women who delivered at birth centres rated WCC highly and were satisfied with care they received compared to those who gave birth at clinics and hospitals. WCC was positively associated with women's satisfaction with the care they received. Key conclusions: women giving birth at birth centres had the most positive perceptions of WCC. This was related to the respectful communication during antenatal checkups and the continuity of care by midwives, which were the core elements of WCC. Implications for practice: health-care providers should consider the positive correlation of WCC and women's perception of satisfaction. Every woman should be provided continuity of care with respectful communication, which is a core element of WCC. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • The relationship between women-centred care and women's birth experiences: A comparison between birth centres, clinics, and hospitals in Japan
    飯田真理子, 堀内成子, Sarah E. Porter
    Midwifery 28(4) 458-465 2012年08月
  • 傾向スコアによる交絡調整を用いた妊婦の冷え症と早産の関連性
    堀内 成子
    日本公衆衛生誌 59(6) 381-389 2012年06月 [査読有り]
  • 胸膜中皮腫患者のケアにおける看護師の困難
    堀内 成子
    ヒューマン・ケア研究 13(1) 40-52 2012年06月 [査読有り]
  • [Relationship between pregnant women's sensitivity to cold (hiesho) and premature labor assessed using propensity scores for adjusting confounding factors].
    Nakamura S, Horiuchi S, Yanai H
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 59(6) 381-389 2012年06月 [査読有り]
  • 傾向スコアによる交絡調整を用いた妊婦の冷え症と早産の関連性
    中村幸代, 堀内成子, 柳井晴夫
    日本公衆衛生誌 59(6) 381-389 2012年06月
  • 胸膜中皮腫患者のケアにおける看護師の困難
    長松康子, 堀内成子, 名取雄司
    ヒューマン・ケア研究 13(1) 40-52 2012年06月
  • Relationship between infant and mother circadian rest-activity rhythm pre- and postpartum, in comparison to an infant with free-running rhythm.
    Nishihara K, Horiuchi S, Eto H, Kikuchi S, Hoshi Y
    Chronobiology international 29(3) 363-370 2012年04月 [査読有り]
  • 正常分娩における助産師が行った人工破膜の実態とその後の転帰
    堀内 成子
    日本助産学会誌 26(1) 72-82 2012年02月 [査読有り]
  • 正常分娩における助産師が行った人工破膜の実態とその後の転帰
    園田希, 堀内成子
    日本助産学会誌 26(1) 72-82 2012年02月
  • 胸膜中皮腫患者のたどる経過と直面する困難
    長松康子, 堀内成子, 名取雄司
    日本ヒューマン・ケア研究 12(2) 69-81 2012年02月
  • 胸膜中皮種患者のたどる経過と直面する困難
    長松康子, 堀内成子, 名取雄司
    ヒューマン・ケア研究 12(2) 69-81 2012年02月
  • Factors influencing the use of antenatal care in rural West Sumatra,Indonesia
    Yenita Agus, Shigeko Horiuchi
    BMC Pregnancy and Childbirth 12(9) 9 2012年02月 [査読有り]
  • エビデンスに基づく助産ガイドライン-分娩期 2012
    ガイドライン委員会, 江藤宏美, 浅井宏美, 飯田真理子, 片岡弥恵子, 櫻井綾香, 田所由利子, 堀内成子, 増澤祐子, 八重ゆかり
    日本助産学会誌 26(Suppl) 1-66 2012年01月
  • Relationship Between Infant and Mother Circadian Rest-Acttivity Rhuthm Pre-and Postpartum, in Comparison to an Infant With Free-Running Rhythm
    HORIUCHI Shigeko
    Informa healthcare 363-370 2012年 [査読有り]
  • 出産から育児までの総合的な支援のあり方
    堀内 成子
    医療福祉建築 177(10) 8-9 2012年 [査読有り]
  • 妊婦における冷え症と前期破水における因果効果の推定
    堀内 成子
    日本助産学会誌 26(2) 190-200 2012年 [査読有り]
  • 授乳期の乳房診断アセスメントツールの開発ー項目精選
    堀内 成子
    日本助産学会誌 26(1) 61-71 2012年 [査読有り]
  • Japan Academy of Midwifery:2012 Evidence-based guidlines for Midfifwey care during Chhildbirth
    Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Mariko Iida, Yukari Yaju, Hiromi Asai, Ayaka Sakurai, Yuriko Tadokoro, Shigeko Horiuchi
    Journal of Japan Academy of Midwife 26(2) 275-283 2012年
  • 妊婦の冷え症と前期破水における因果効果の推定
    中村幸代, 堀内成子, 桃井雅子
    日本助産学会誌 26(2) 190-200 2012年
  • Relationship Between Infant and Mother Circadian Rest-Acttivity Rhuthm Pre-and Postpartum, in Comparison to an Infant With Free-Running Rhythm
    Kyoko Nishihara, Shigeko Horiuchi, Hiromi Eto, Sawa Kikuchi, Yoko Hoshi
    Chronobiology International 29(3) 363-370 2012年 [査読有り]
  • 授乳期の乳房診断アセスメントツールの開発ー項目精選ー
    長田知恵子, 堀内成子
    日本助産学会誌 26(1) 61-71 2012年
  • 聖路加産科クリニック誕生から、もうすぐ1年
    堀内 成子
    助産雑誌 65(8) 702-709 2011年08月 [査読有り]
  • Pregnant Women's Awareness of Sensitivity to Cold (Hiesho) and Body Temperature Observational Study: A Comparison of Japanese and Brazilian Women.
    中村幸代, Sueli M.T. Ichisato, 堀内成子, 毛利多恵子, 桃井雅子
    BMC Research Notes 4 278 2011年08月 [査読有り]
    BackgroundSensitivity to cold (hiesho) is a serious health problem in Japan, yet it is minimally understood within Western cultures. The purpose of this study was to clarify the divergence between pregnant Japanese woman living in Japan and pregnant Brazilian women living in Brazil in awareness of hiesho and differences between core body and peripheral temperatures.MethodsThe subjects of this study were 230 pregnant Japanese women living in Japan and 200 pregnant Brazilian women living in Brazil. Data was collected in June/July and November 2005 in Japan and from October 2007 to February 2008 in Brazil. The survey methods consisted of measurement of deep body temperatures and questionnaires.Results67.0% of Japanese women and 57.0% of Brazilian women were aware of hiesho, which showed a significant difference between the Japanese and Brazilian women (p = 0.034). The difference between forehead and sole temperatures was 2.0°C among Japanese and 2.8°C among Brazilians in June-July (p = 0.01). But in November the difference between those temperatures was 5.2°C among Japanese and 2.8°C among Brazilians (p < 0.001).ConclusionsThere are differences between Japanese and Brazilians
  • 分娩第2期の分娩体位が会陰裂傷・会陰切開に及ぼす影響:文献レビュー
    篠崎克子, 堀内成子
    日本助産学会誌 25(2) 149-159 2011年07月
  • 周産期喪失を経験した家族を支えるグリーフケア 小冊子と天使キットの評価
    堀内成子, 石井慶子, 太田尚子, 蛭田明子, 堀内祥子, 有森直子
    日本助産学会誌 25(1) 13-26 2011年06月
  • 特集「院内助産」を通して考える助産師の自立 こんにちは「愛といのちの家」聖路加産科クリニックです!-開設経過と現状-
    堀内 成子
    助産師 5月号 65(2) 21-23 2011年05月 [査読有り]
  • 輝く人にインタビューin 中央区 自然の産む力、生まれる力を大切に 助産師と自然分娩を多くの人に伝えたい
    堀内 成子
    Boupet Chuo CITY(64) 6-6 2011年03月 [査読有り]
  • 足浴が双胎妊婦の腰痛軽減に及ぼす影響(予備研究)
    桃井雅子, 堀内成子, 八重ゆかり
    母性衛生 51(4) 722-729 2011年01月
  • アメリカンカウンシル夏季交換留学制度-ヴィラノバ大学看護学部との交換研修記録-
    堀内 成子
    聖路加看護大学紀要(38) 71-75 2011年 [査読有り]
  • Pregnant Women's Awareness of senseitivity to cold(hiesho) and body temperature observational
    HORIUCHI Shigeko
    BMC Research Note 4(278) 2011年 [査読有り]
  • 分娩第2期の分娩体位が会陰裂傷・会陰切開に及ぼす影響:文献レビュー
    堀内 成子
    日本助産学会誌 25(2) 149-159 2011年 [査読有り]
  • Prophylactic interventions after delivery of placenta for reducing bleeding during the postnatal period (Protocal)
    Yaju Y, Kataoka Y, Eto H, Horiuchi S, Mori R
    Cochrane Database(9) 2011年
  • Pregnant Wome's Awareness of senseitivity to cold(hiesho) and body temperature observational study:Comparison of Japanese and Brazilian women
    Sachiyo Nakamura, Sueri MT Ichisato, Shigeko Horiuchi, Taeko Mori, Masako Momoi
    BMC Research Note 4(278) 2011年
  • Evaluation of a reproductive health awareness program for adolescence in urban Tanzania-A quasi-experimental pre-test post-test research
    Frida Madeni, Shigeko Horiuchi, Mariko Iida
    REPRODUCTIVE HEALTH 8(21) 2011年
    Background: Sub-Saharan Africa is among the countries where 10% of girls become mothers by the age of 16 years old. The United Republic of Tanzania located in Sub-Saharan Africa is one country where teenage pregnancy is a problem facing adolescent girls. Adolescent pregnancy has been identified as one of the reasons for girls dropping out from school. This study's purpose was to evaluate a reproductive health awareness program for the improvement of reproductive health for adolescents in urban Tanzania. Methods: A quasi-experimental pre-test and post-test research design was conducted to evaluate adolescents' knowledge, attitude, and behavior about reproductive health before and after the program. Data were collected from students aged 11 to 16, at Ilala Municipal, Dar es Salaam, Tanzania. An anonymous 23-item questionnaire provided the data. The program was conducted using a picture drama, reproductive health materials and group discussion. Results: In total, 313 questionnaires were distributed and 305 (97.4%) were useable for the final analysis. The mean age for girls was 12.5 years and 13.2 years for boys. A large minority of both girls (26.8%) and boys (41.4%) had experienced sex and among the girls who had experienced sex, 51.2% reported that it was by force. The girls' mean score in the knowledge pre-test was 5.9, and 6.8 in post-test, which increased significantly (t = 7.9, p = 0.000). The mean behavior pre-test score was 25.8 and post-test was 26.6, which showed a significant increase (t = 3.0, p = 0.003). The boys' mean score in the knowledge pre-test was 6.4 and 7.0 for the post-test, which increased significantly (t = 4.5, p = 0.000). The mean behavior pre-test score was 25.6 and 26.4 in post-test, which showed a significant increase (t = 2.4, p = 0.019). However, the pre-test and post-test attitude scores showed no statistically significant difference for either girls or boys. Conclusions: Teenagers have sexual experiences including sexual violence. Both of these phenomena are prevalent among school-going adolescents. The reproductive health program improved the students' knowledge and behavior about sexuality and decision-making after the program for both girls and boys. However, their attitudes about reproductive health were not likely to change based on the educational intervention as designed for this study.
  • Evaluation of a reproductive health awareness program for adolescence in urban Tanzania-A quasi-experimental pre-test post-test research
    Frida Madeni, Shigeko Horiuchi, Mariko Iida
    REPRODUCTIVE HEALTH 8 21 2011年 [査読有り]
    Background: Sub-Saharan Africa is among the countries where 10% of girls become mothers by the age of 16 years old. The United Republic of Tanzania located in Sub-Saharan Africa is one country where teenage pregnancy is a problem facing adolescent girls. Adolescent pregnancy has been identified as one of the reasons for girls dropping out from school. This study's purpose was to evaluate a reproductive health awareness program for the improvement of reproductive health for adolescents in urban Tanzania. Methods: A quasi-experimental pre-test and post-test research design was conducted to evaluate adolescents' knowledge, attitude, and behavior about reproductive health before and after the program. Data were collected from students aged 11 to 16, at Ilala Municipal, Dar es Salaam, Tanzania. An anonymous 23-item questionnaire provided the data. The program was conducted using a picture drama, reproductive health materials and group discussion. Results: In total, 313 questionnaires were distributed and 305 (97.4%) were useable for the final analysis. The mean age for girls was 12.5 years and 13.2 years for boys. A large minority of both girls (26.8%) and boys (41.4%) had experienced sex and among the girls who had experienced sex, 51.2% reported that it was by force. The girls' mean score in the knowledge pre-test was 5.9, and 6.8 in post-test, which increased significantly (t = 7.9, p = 0.000). The mean behavior pre-test score was 25.8 and post-test was 26.6, which showed a significant increase (t = 3.0, p = 0.003). The boys' mean score in the knowledge pre-test was 6.4 and 7.0 for the post-test, which increased significantly (t = 4.5, p = 0.000). The mean behavior pre-test score was 25.6 and 26.4 in post-test, which showed a significant increase (t = 2.4, p = 0.019). However, the pre-test and post-test attitude scores showed no statistically significant difference for either girls or boys. Conclusions: Teenagers have sexual experiences including sexual violence. Both of these phenomena are prevalent among school-going adolescents. The reproductive health program improved the students' knowledge and behavior about sexuality and decision-making after the program for both girls and boys. However, their attitudes about reproductive health were not likely to change based on the educational intervention as designed for this study.
  • Self-administered questionnaire versus interview as a screening method for intimate partner violence in the prenatal setting in Japan: A randomised controlled trial
    Yaeko Kataoka, Yukari Yaju, Hiromi Eto, Shigeko Horiuchi
    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH 10 84 2010年12月 [査読有り]
    Background: Intimate partner violence (IPV) is a serious social issue in Japan. In order to start effective interventions for abused women, the appropriate method of screening for IPV in healthcare settings needs clarifying. The objective of this study was to compare the effectiveness of a face-to-face interview with a self-administered questionnaire. We used the Violence Against Women Screen (VAWS), a Japanese screening instrument for intimate partner violence (IPV), for identifying pregnant women who have experienced abuse. Methods: We conducted a randomised controlled trial to screen participants at three points in time in a prenatal clinic in Tokyo, Japan. There were 328 consenting women between 14 and 25 weeks of pregnancy who were consecutively selected and randomly assigned to either the interview or self-administered questionnaire group. Both groups completed the same screening instrument three times during their pregnancy. The primary outcome was the total number of women identified by each screening method and the secondary outcome was the effect of the screening as measured by the women's comfort level and their expressed need to consult with the nurse. Results: For all three screenings, the identification rate in the interview group was significantly lower than that for the self-administered questionnaire group (relative risk 0.66, 95% CI 0.46 to 0.97), even after controlling for smoking (adjusted odds ratio 0.59, 95% CI 0.35 to 0.98). The two groups did not differ for secondary outcomes. Conclusions: The self-administered questionnaire identified more IPV than the face-to-face interview when screening pregnant women in a Japanese prenatal clinic.
  • Self-administered questionnaire versus interview as a screening method for intimate partner violence in the prenatal setting in Japan: A randomised controlled trial
    Yaeko Kataoka, Yukari Yaju, Hiromi Eto, Shigeko Horiuchi
    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH 10 84-90 2010年12月
    Background: Intimate partner violence (IPV) is a serious social issue in Japan. In order to start effective interventions for abused women, the appropriate method of screening for IPV in healthcare settings needs clarifying. The objective of this study was to compare the effectiveness of a face-to-face interview with a self-administered questionnaire. We used the Violence Against Women Screen (VAWS), a Japanese screening instrument for intimate partner violence (IPV), for identifying pregnant women who have experienced abuse. Methods: We conducted a randomised controlled trial to screen participants at three points in time in a prenatal clinic in Tokyo, Japan. There were 328 consenting women between 14 and 25 weeks of pregnancy who were consecutively selected and randomly assigned to either the interview or self-administered questionnaire group. Both groups completed the same screening instrument three times during their pregnancy. The primary outcome was the total number of women identified by each screening method and the secondary outcome was the effect of the screening as measured by the women's comfort level and their expressed need to consult with the nurse. Results: For all three screenings, the identification rate in the interview group was significantly lower than that for the self-administered questionnaire group (relative risk 0.66, 95% CI 0.46 to 0.97), even after controlling for smoking (adjusted odds ratio 0.59, 95% CI 0.35 to 0.98). The two groups did not differ for secondary outcomes. Conclusions: The self-administered questionnaire identified more IPV than the face-to-face interview when screening pregnant women in a Japanese prenatal clinic.
  • Evaluation of the labor curve in nulliparous Japanese women.
    Suzuki R, Horiuchi S, Ohtsu H
    American journal of obstetrics and gynecology 203(3) 226.e1-6 2010年09月 [査読有り]
  • Evaluation of the labor curve in nulliparous Japanese women
    Ritsuko Suzuki, Shigeko Horiuchi, Hiroshi Ohtsu
    AMERICAN JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNECOLOGY 203(3) 226.e1-226.e6 2010年09月 [査読有り]
    OBJECTIVE: We sought to compare Japanese nulliparous labor progression with Friedman's classic 1955 curve and Zhang's 2002 curve.STUDY DESIGN: We developed a labor curve using retrospective record reviews of 2369 Japanese nulliparas, at term, spontaneous labor onset and singleton vertex deliveries of normal birth weight infants.RESULTS: The new Japanese Suzuki-Horiuchi labor curve with slower cervical dilation in the active phase was like Zhang's and differed from Friedman's curve. Labor length was approximately 5 hours occurring between 4-10 cm compared with Friedman's 2.5 hours and Zhang's 5.5 hours. Even at 10-cm dilation, labor lasted >2 hours at the 95th percentile of time interval.CONCLUSION: Similar to Zhang's curve, the Suzuki-Horiuchi curve was smooth and more gradually sloped than Friedman's curve. Appraise "arrested or protracted labor" with these slower labor curves in mind using Friedman's curve cautiously.
  • 日本の医療施設におけるDV被害者支援の現状
    片岡弥恵子, 櫻井綾香, 江藤宏美, 堀内成子
    聖路加看護大学紀要(36) 59-63 2010年03月
  • Reduction of Maternal Mortality Rate in Tanzania Development of Reproductive Health Awareness Materials to Prevent Unwanted Pregnancy to Adolescent
    Frida E. Madeni, Shigeko Horiuchi, Mina Jitsuzaki
    聖路加看護大学紀要(36) 74-85 2010年03月
  • Intimate partner violence against Japanese and non-Japanese women in Japan : A cross-sectional study in the perinatal setting
    Eriko Inami, Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Shigeko Horiuchi
    Japan Academy of Nursing Science(7) 84-95 2010年01月
  • 妊婦の冷え性の特徴ーブラジル人妊婦の分析ー
    中村幸代, 堀内成子, 毛利多恵子, 桃井雅子
    日本助産学会誌 24(2) 205-215 2010年01月
  • 母乳育児をしている母親の混乱や不安を招いた保健医療者のかかわり
    永森久美子, 土江田奈留美, 小林紀子, 中川有加, 堀内成子, 片岡弥恵子, 菱沼由梨, 清水彩
    日本助産学会誌 24(1) 17-27 2010年01月
  • Evaluation of the labor curve in nulliparous Japnaese women
    Rituko Suzuki, Shigeko Horiuchi
    American Journal of Obsterics & Gynecology 203(3) 226. e1-6 2010年01月
  • オリジナル静電容量型加速センサによる胎動の長時間ホームモニタリング確立:胎児のwell-bing を見るための新臨床検査法を目指して
    堀内 成子
    鈴木謙三記念医科科学応用研究財団 2010年 [査読有り]
  • Intimate partner violence against Japanese and non-Japanese women in Japan: A cross-sectional study in the perinatal setting
    Eriko Inami, Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Shigeko Horiuchi
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 7(1) 84-95 2010年 [査読有り]
    Aim: To identify the prevalence of intimate partner violence (IPV) against Japanese women (JW) and non-Japanese women (NJW) in a perinatal setting. Additional purposes were to identify the associated factors of IPV, describe the characteristics of IPV against NJW, and assess the acceptability of the Violence Against Women Screen (VAWS) instrument as a screening tool. Methods: A cross-sectional survey was conducted from September to November 2007 in an urban hospital maternity clinic in Tokyo, Japan. Women who attended the maternity clinic received the VAWS instrument, which was translated into four languages (Japanese with Kanji and Hiragana, English, Chinese, and Tagalog) and was used to identify IPV. Results: A total of 400 women participated in the study: 357 were JW and 43 were NJW. The prevalence rate of IPV among the JW was 31.4% and 21.4% among the NJW. There was no statistical significance between the two groups. A multiple logistic regression with adjusted odds ratio identified two associated factors for IPV: being multipara and previous experience of physical violence from a partner. Conclusion: The prevalence of IPV was not statistically different among JW and NJW. Screening for IPV, early intervention, and support should be expanded in hospitals and maternity clinics in Japan.
  • Evaluation of a web-based graduate continuing nursing education program in Japan: A randomized controlled trial
    Shigeko Horiuchi, Yukari Yaju, Miki Koyo, Yumi Sakyo, Kazuhiro Nakayama
    NURSE EDUCATION TODAY 29(2) 140-149 2009年02月 [査読有り]
    Web-based learning provides educational opportunities for students who are independent and self-directed. While the complexities of educational outcomes of web-based learning have not yet been completely documented, further studies are required using rigorous research design techniques to study the outcomes of web-based learning as compared to traditional face-to-face learning. The purposes of this study were to: (1) assess the learner outcomes of web-based learning as compared to face-to-face learning group, and (2) explore methods that maximize the use of web-based learning for continuing nursing education. A randomized controlled trial of web-based learning in comparison to face-to-face lectures for registered nurses or midwives was conducted. One hundred and one nurses and midwives were eligible to participate and 93 were randomized, 45 for the web-based learning and 48 for the face-to face group. Thirty-seven (82.2%) completed the web-based learning and 33 (68.8%) the face-to-face program. There was no difference in the post-test scores between the web-based learning group (mean = 76.2) and the face-to-face learning group (mean = 79.4) (t = 0.66, df = 68, p = 0.51). There were three distinct advantages to the web-based group, even though both group demonstrated the same learning outcomes. First the dropout rate was lower in the web-based program. Second the flexibility of web-based learning was reported by several participants. Finally, web-based learning was attractive to an affordable for a wide age range of the nurses. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Evaluation of a web-based graduate continuing nursing education program in Japan: A randomized controlled trial
    Shigeko Horiuchi, Yukari Yaju, Miki Koyo, Yumi Sakyo, Kazuhiro Nakayama
    NURSE EDUCATION TODAY 29(2) 140-149 2009年02月
    Web-based learning provides educational opportunities for students who are independent and self-directed. While the complexities of educational outcomes of web-based learning have not yet been completely documented, further studies are required using rigorous research design techniques to study the outcomes of web-based learning as compared to traditional face-to-face learning. The purposes of this study were to: (1) assess the learner outcomes of web-based learning as compared to face-to-face learning group, and (2) explore methods that maximize the use of web-based learning for continuing nursing education. A randomized controlled trial of web-based learning in comparison to face-to-face lectures for registered nurses or midwives was conducted. One hundred and one nurses and midwives were eligible to participate and 93 were randomized, 45 for the web-based learning and 48 for the face-to face group. Thirty-seven (82.2%) completed the web-based learning and 33 (68.8%) the face-to-face program. There was no difference in the post-test scores between the web-based learning group (mean = 76.2) and the face-to-face learning group (mean = 79.4) (t = 0.66, df = 68, p = 0.51). There were three distinct advantages to the web-based group, even though both group demonstrated the same learning outcomes. First the dropout rate was lower in the web-based program. Second the flexibility of web-based learning was reported by several participants. Finally, web-based learning was attractive to an affordable for a wide age range of the nurses. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Evaluation of a web-based graduate continuing nursing education program in Japan: A randomized controlled trial
    Shigeko Horiuchi, Yukari Yaju, Miki Koyo, Yumi Sakyo, Kazuhiro Nakayama
    NURSE EDUCATION TODAY 29(2) 140-149 2009年02月
    Web-based learning provides educational opportunities for students who are independent and self-directed. While the complexities of educational outcomes of web-based learning have not yet been completely documented, further studies are required using rigorous research design techniques to study the outcomes of web-based learning as compared to traditional face-to-face learning. The purposes of this study were to: (1) assess the learner outcomes of web-based learning as compared to face-to-face learning group, and (2) explore methods that maximize the use of web-based learning for continuing nursing education. A randomized controlled trial of web-based learning in comparison to face-to-face lectures for registered nurses or midwives was conducted. One hundred and one nurses and midwives were eligible to participate and 93 were randomized, 45 for the web-based learning and 48 for the face-to face group. Thirty-seven (82.2%) completed the web-based learning and 33 (68.8%) the face-to-face program. There was no difference in the post-test scores between the web-based learning group (mean = 76.2) and the face-to-face learning group (mean = 79.4) (t = 0.66, df = 68, p = 0.51). There were three distinct advantages to the web-based group, even though both group demonstrated the same learning outcomes. First the dropout rate was lower in the web-based program. Second the flexibility of web-based learning was reported by several participants. Finally, web-based learning was attractive to an affordable for a wide age range of the nurses. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Development of an evidence-based domestic violence guideline: Supporting perinatal women-centred care in Japan
    Shigeko Horiuchi, Yukari Yaju, Yaeko Kataoka, Hiromi Grace Eto, Naoko Matsumoto
    MIDWIFERY 25(1) 72-78 2009年02月 [査読有り]
    Objective: to develop an evidenced-based, women-centred care clinical guideline designed to assist midwives and other health-care providers in Japanese hospitals, clinics and midwifery offices, in identifying and supporting potential or actual perinatal victims of domestic violence. Design: systematic review and critical appraisal of extant research; structured assessment of clinical guideline development. Method: systematic and comprehensive literature search. Appraisal of Guidelines for Research and Evaluation (AGREE) was used to assess the guideline development for purposes of assuring methodological quality. Findings: electronic searches of medical and nursing databases between February and December 2003 retrieved 2392 articles. Selected as evidence were 157 articles yielding 28 recommendations aligned to clinical assessment questions. Key conclusions: using expert consensus and external reviews, recommendations were generated that provided the at-risk perinatal group with the best possible practice available to prevent further harm. Implications for practice: the evidenced-based clinical guideline fosters a supportive environment for educating health-care providers on domestic violence, and to improve clinic access for at-risk perinatal women. Information on domestic violence and a negotiated midwife-client safety plan can be initiated for potential or actual victims of domestic violence, and is achieved through understanding the risks of the woman and her fetus or baby, while respecting the woman's intention. (C) 2007 Published by Elsevier Ltd.
  • 冷え性ならびに腰痛のある妊婦の皮膚温度の基礎調査
    桃井雅子, 堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美
    母性衛生第 49(4) 507-512 2009年01月
  • 不妊治療後の多胎妊婦の思い~3事例の分析~
    桃井雅子, 森明子, 堀内成子
    日本生殖看護学会誌 6(1) 55-64 2009年01月
  • 不妊女性の選択をサポートする環境づくり:不妊をめぐるコミュニティ・エンパワメントー自助グループと看護職の協働によるアウトリーチ活動の評価
    森明子, 永森久美子, 堀内成子, 桃井雅子, 岡永真由美, 清水清美
    日本生殖看護学会誌vol.6、No.1 6(1) 2009年01月
  • A long-term monitoring of fetal movement at home using a newly developed sensor: An introduction of maternal micro-arousals evoked by fetal movement during maternal sleep
    Kyoko Nishihara, Shigeko Horiuchi, Hiromi Eto, Makoto Honda
    EARLY HUMAN DEVELOPMENT 84(9) 595-603 2008年09月 [査読有り]
    Background: Pregnant women's sleep disturbance due to fetal movement is well known. Fetal movement is thought to be an index of fetal well-being. However, as there has never been a way to easily and reliably record fetal movement, psychophysiological studies of pregnant women's steep disturbance and fetal well-being have not been done.Aims: To solve these methodological issues, we developed a new sensor with electrostatic capacity that can pick up acceleration of fetal movement.Methods and results: Experiment 1: We verified the reliability of our fetal movement recording system. Thirty-two pregnant women (from 19 to 39 weeks of gestation) were asked to lie down on a bed for about 1 h and to press a button as a subjective marker when they felt fetal movement. We simultaneously recorded maternal polysomnograms and fetal movement from the mothers' abdomens using a Medilog recorder. The mean of prevalence-adjusted bias-adjusted kappa for agreements, based on time between fetal movement signals recorded and subjective maternal markers, was substantial at 0.75. Experiment II: We recorded seven pregnant women's polysomnograms and fetal movement simultaneously during all-night steep at home using our sensor during weeks 33 and 36 of gestation. We succeeded in recording maternal micro-arousals evoked by fetal movement. The mean value of the number of micro-arousals at 33 weeks was slightly larger than that at 36 weeks.Conclusions: There was a high agreement between subjective maternal markers and fetal movement. Our recording system using the new sensor can be used for home monitoring of fetal movement. (C) 2008 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 幼児と妊娠中の母親および家族への性の健康クラスの影響ークラスに参加した母親の気持ちと家族の反応の変化からー
    片岡弥恵子, 須藤宏恵, 永森久美子, 堀内成子
    日本助産学会誌 22(2) 158-169 2008年01月
  • Evaluation of a web-based graduate continuing nursing education program in Japnan : A randomized controlled trial
    HORIUCHI Shigeko
    Nurse Education Today 29 140-149 2008年
  • 冷え性ならびに腰痛のある妊婦の皮膚温度の基礎調査
    母性衛生 49(4) 507-512 2008年 [査読有り]
  • 幼児と妊娠中の母親および家族への性の健康クラスの影響ークラスに参加した母親の気持ちと家族の反応変化からー
    片岡 弥恵子, 須藤 宏恵, 永森 久美子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 22(2) 158-169 2008年 [査読有り]
  • 開発途上国における地域看護強化のための人材育成協力(第2報)
    聖路加看護大学紀要(34号) 31-35 2008年
  • 幼児への妊娠・出産・性に関する教育の効果
    片岡弥恵子, 堀内成子
    性研究会議 19(1) 52-63 2007年11月
  • 在日外国人女性の出産 孤独感や疎外感を抱く体験
    藤原ゆかり, 堀内成子
    ヒューマン・ケア研究(8) 38-50 2007年08月
  • 胎盤娩出後の子宮収縮を促すケアに対する産婦の身体的・心理的変化 - 冷罨法と自然観察法(非冷罨法)の比較 -
    大隅香, 堀内成子
    聖路加看護学会誌 11(1) 10-18 2007年06月
  • 開発途上国の地域看護のあり方に関する研究
    梅田麻希, 山崎好美, 梶井文子, 堀内成子, 平野かよ子, 熱田泉, 江藤宏美, 佐居由美, 市川和可子, 林亜希子, 田代順子
    聖路加看護大学紀要(33) 31-38 2007年03月
  • Independent Japanese midwives: A qualitative study of their practise and beliefs
    Yana Gepshtein, Shigeko Horiuch, Hirorni Eto
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 4(2) 85-93 2007年
    Aim: In the midwifery literature in English, little attention is paid to midwifery practise in Asian countries. To remedy this, we explore the knowledge and beliefs of independent Japanese midwives. Methods: We collected data in natural settings through the active participation of the authors in midwifery work after receiving informed consent. We visited midwives' practise settings and observed ante-partum, intra-partum, and post-partum midwifery practise. We also interviewed the midwives. Throughout the study, the authors discussed the findings with the participating midwives. Results: The concepts that summarize what midwives and women in our study described as the desired outcomes of care were: (1) feelings of happiness and joy; (ii) positive change; (iii) mother-child bonding; and (iv) lifelong health. The concepts that guided the midwifery process were: (i) positive communication; (ii) the woman's commitment to her health; (iii) supporting the woman's own way; (iv) the support of other pregnant women; (v) food as care; (vi) warmth; and (vii) respect for the natural process. The two encompassing features of midwifery practise were: (i) awareness, which includes the assurance of normalcy and the prevention of abnormalities; and (ii) networking and collaboration, which describes the relationships of midwives with their colleagues, doctors, and other health professionals. Conclusion: The traditional knowledge of Japanese midwives offers concepts that might be useful to international midwifery and should be studied more in depth.
  • Development of an evidence-based domestic violence guideline : Supporting perinatal women-centered care in Japan
    Midwifery 2007年
  • ミャンマー連邦農村の母子保健向上をめざす人材育成プログラムのプロセス評価第Ⅱ期2005-2006
    聖路加看護学会誌 11(1) 83-88 2007年
  • 胎盤娩出後の子宮収縮を促すケアに対する産婦の身体的・心理的変化ー冷罨法と自然観察法(非冷罨法)の比較ー
    聖路加看護学会誌 11(1) 10-18 2007年
  • 幼児への妊娠・出産・性に関する教育の効果
    日本=性研究会議・東京 19(1) 52-63 2007年
  • 在日外国人女性の出産ー孤独感や疎外感を抱く体験ー
    ヒューマン・ケア研究(8) 38-50 2007年
  • Secondary publication in the Japan Journal of Nursing Science
    Naoko Arimori, Satoko Nakagomi, Michiko Mizoguchi, Minako Morita, Hiroto Ando, Akiko Mori, Shigeko Horiuchi, William L. Holzemer
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 4(1) 11-12 2007年 [査読有り]
  • Independent Japanese midwives: A qualitative study of their practise and beliefs
    Yana Gepshtein, Shigeko Horiuch, Hirorni Eto
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 4(2) 85-93 2007年
    Aim: In the midwifery literature in English, little attention is paid to midwifery practise in Asian countries. To remedy this, we explore the knowledge and beliefs of independent Japanese midwives. Methods: We collected data in natural settings through the active participation of the authors in midwifery work after receiving informed consent. We visited midwives' practise settings and observed ante-partum, intra-partum, and post-partum midwifery practise. We also interviewed the midwives. Throughout the study, the authors discussed the findings with the participating midwives. Results: The concepts that summarize what midwives and women in our study described as the desired outcomes of care were: (1) feelings of happiness and joy; (ii) positive change; (iii) mother-child bonding; and (iv) lifelong health. The concepts that guided the midwifery process were: (i) positive communication; (ii) the woman's commitment to her health; (iii) supporting the woman's own way; (iv) the support of other pregnant women; (v) food as care; (vi) warmth; and (vii) respect for the natural process. The two encompassing features of midwifery practise were: (i) awareness, which includes the assurance of normalcy and the prevention of abnormalities; and (ii) networking and collaboration, which describes the relationships of midwives with their colleagues, doctors, and other health professionals. Conclusion: The traditional knowledge of Japanese midwives offers concepts that might be useful to international midwifery and should be studied more in depth.
  • Competencies of genetic nursing practise in Japan: A comparison between basic and advanced levels
    Naoko Arimori, Satoko Nakagomi, Michiko Mizoguchi, Minako Morita, Hiroto Ando, Akiko Mori, Shigeko Horiuchi, William L. Holzemer
    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 4(1) 45-55 2007年 [査読有り]
    Aim: The purpose of this study was to identify the competencies of genetic nursing practise required for general and genetic nurses. Methods: We conducted a four-stage survey using a Delphi process. We conducted an interview with 27 nurses who were involved in genetics-related care and extracted 89 items in seven categories. In the second survey, we mailed a questionnaire to 20 experts in genetics. In the third and fourth surveys, we asked 491 health-care providers, including nurses and physicians, who were involved in genetics-related care and agreed to participate in the study at 113 institutions in 40 prefectures. The respondents were asked to choose one of three options in each of 89 items: "A: General nurse's role", "B: Genetic nurse's role", and "C: Not appropriate as the nurse's role". The data were collected from August 2000 to March 2001. There were 295 final subjects, and the response rate was 60%. Results: The competencies required for general nurses were identified as "living support", "psychological support", and "identification of the client's wishes", while those required for genetic nurses were "provision and exchange of accurate genetic information", "referral to and collaboration with other organisations", and "client support to understand disease." Conclusions: These results suggest a direction for genetic nursing curricula. It is our challenge to incorporate genetics into the education programming.
  • The applicability of women-centered care: Two case studies of capacity-building for maternal health through international collaboration
    Shigeko Horiuchi, Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Michiko Oguro, Taeko Mori
    Japan journal of nursing science 3(2) 143-150 2006年12月
  • 一般看護職を対象とする遺伝看護教育プログラムの実施と評価
    守田美奈子, 安藤広子, 溝口満子, 有森直子, 中込さと子, 森明子, 堀内成子
    日本遺伝看護学会誌 4(1) 1-15 2006年05月
  • 女性にやさしい助産ケア 会陰切開の適用を再考する 20周年記念論文優秀賞受賞
    辻恵子, 小黒道子, 土江田奈留美, 中川有加, 堀内成子
    日本助産学会誌 20(1) 7-15 2006年03月
  • [Domestic violence against women during pregnancy].
    Kataoka Y, Yaju Y, Eto H, Horiuchi S
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 52(9) 785-795 2005年09月 [査読有り]
  • ストレスを軽減するケアプログラムへの不妊治療早期の女性のニーズ‐フォーカスグループインタビュー法を用いて‐
    森明子, 有森直子, 桃井雅子, 堀内成子, 福田紀子
    日本不妊看護学会誌 2(1) 12-19 2005年
  • The development of infants' circadian rest-activity rhythm and mothers' rhythm
    K Nishihara, S Horiuchi, H Eto, S Uchida
    PHYSIOLOGY & BEHAVIOR 77(1) 91-98 2002年09月 [査読有り]
    In order to know when and how infants obtain their circadian sleep-wake rhythm, infants' developing circadian rest-activity rhythm and mothers' circadian rhythm in the postpartum period were examined using actigraph monitoring. The subjects were l 1 primipara and their infants. Actigraphic recordings for the infants and their mothers were made over 3-5 continuous days during the 3rd, 6th, 9th and 12th weeks after birth. A 24-h peak on a mean autocorrelogram of the infants' movements was detected at the 3rd week. The infants' circadian rest-activity, rhythm already existed in the 3rd week. The amplitude of this 24-h peak gradually increased from the 6th to 12th week. This may be useful as an index of the development of infants' circadian rest-activity rhythm. An 11-h peak was also observed at the 3rd week. This 11-h peak was thought to be a semi-circadian rhythm. Regarding the mothers, the amplitude of the 24-h peak on the mean autocorrelogram at the 3rd week was the smallest of all other weeks, and it became larger from the 3rd to 12th week. This meant that the mothers' circadian rhythm at the 3rd week was influenced by their interrupted sleep at night to take care of their infants. The mother-infant synchronization is probably the 1st factor in the entrainment of infants' circadian sleep-wake rhythm. In this study, we also propose a novel method for compensating for missing data in autocorrelogram analysis. (C) 2002 Elsevier Science Inc. All rights reserved.
  • 出産後5週から12週までの母親と子どもの睡眠の推移
    堀内成子, 江藤宏美, 西原京子, 森明子, 三橋恭子, 有森直子, 片桐麻州美, 桃井雅子, 岡村晴子
    聖路加看護大学紀要(28) 18-27 2002年03月
    本研究は,出産後5週から12週までの,昼夜の母親と子どもそれぞれの睡眠・覚醒パターンの実態を把握し,その推移と母子相互の関連を明らかにすることを目的に行った。対象は,東京近郊在住の正期産の経歴分娩であった初産婦と健康な新生児とし,研究の主旨を理解し,研究への参加に承諾した母子22組であり,母親1,104日,子ども1,147日分の睡眠日誌を分析の対象とした。睡眠変数について,睡眠時間・夜間覚醒時間・覚醒率・覚醒回数・昼寝時間を各対象別に週数毎の平均値を算出し,繰り返しの一元配置分散分析を行った。その結果,産椿5週または6週以降の母親の睡眠時間は週数を経るにつれ有意に増加し, 5週において,354.4分であった睡眠時間が,11週においては418.1分と増加していた。また,覚醒時間に?いても,週数を経るにつれ有意に減少し, 5週においては81・2分であったが12週においては36.8分へと減少していた。産裾9週から12週は夜間に中断される睡眠から,中断の
  • 看護職に必要な遺伝看護実践能力 遺伝医療にかかわる看護職の聞き取り調査から
    中込さと子, 有森直子, 溝口満子, 安藤広子, 守田美奈子, 森明子, 堀内, 成子
    Quality Nursing 8(3) 237-245 2002年03月
  • 電子化における学術雑誌のスタイルの課題−「日本看護科学会誌」の現状
    松本直子, 堀内成子, 江藤宏美, 水流聡子, 美代賢吾, 石垣恭子, 柏木公一, 柳田征宏, 真田弘美, 山田雅子
    日本看護科学会誌 21(3) 91-94 2001年12月 [査読有り]
  • Comparisons of sleep patterns between mothers in postpartum from nine to twelve weeks and non-pregnant women
    NISHIHARA K, HORIUCHI S, ETO H, UCHIDA S
    Psychiatry and Clinical Neurosciences 55(3) 227-228 2001年07月 [査読有り]
    In order to evaluate two patterns of interrupted and non-interrupted sleep for the post-partum mothers from 9 to 12 weeks after delivery, we compared them with sleep patterns of non-pregnant women. Subjects were 10 primipara and 12 non-pregnant women. Their polysomnographic recordings were made using a Medilog recorder at home. In interrupted sleep, low sleep efficiency, decreased total sleep time, and a decreased percentage of stage 2 were significantly observed compared with non-pregnant women. Sleep parameters of non-interrupted sleep, except for increased percentage of stage 4, did not show any significant differences from non-pregnant women. Mothers' sleep fluctuated between interrupted sleep similar to the early post-partum sleep from 1 to 6 weeks and non-interrupted sleep with increased stage 4.
  • 生後6週間の正常児の睡眠・覚醒の評価 −actigraphとstateの比較
    江藤宏美, 堀内成子
    聖路加看護学会誌 3(1) 19-23 1999年03月 [査読有り]
  • 母子を取り巻くソーシャルサポートに関する研究:文献的考察(1)
    有森 直子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 5(1) 40-48 1991年 [査読有り]
    既存の研究報告から, 母子を取り巻くソーシャルサポート研究の特徴・方法論を明らかにし, 比較・考察し今後に必要な研究領域を明らかにすることを目的に, 系統的文献検索を行った.
    方法は, 1980年から1990年にわたる看護学・心理学領域の雑誌・書籍より, 母子に関連したkeywordとして, ソーシャルサポート, ストレス, 悲嘆, 適応, コーピング, ピアグループを手がかりにMEDLINEを用いて一次資料を得た.
    その結果, 原著論文の形式を整えていた6文献を選び比較考察した.
    対象となった文献を, ソーシャルサポートをどのように位置づけるかによって, 1つはソーシャルサポートを対象の特性としてとらえた「対象論ソーシャルサポート」, もう1つはソーシャルサポートが看護ケアに含まれるか, あるいは看護ケアをソーシャルサポートの異なる対象に用いていた「援助論ソーシャルサポート」に分類した.
    「対象論ソーシャルサポート」は対象の理解と看護の必要領域の査定には必須である.
  • Problem-Based Learningにおけるテュータの行為:テュータ・カンファレンスの分析を通して
    三橋恭子, 堀内成子, 井村真澄, 小川さゆり, 佐藤直美, 森明子, 有森直子, 片桐麻州美, 桃井雅子, 岡村晴子
    聖路加看護大学紀要(26) 21-30
    Problem-Based Learning(以下PBLと略す)は、5名から8名の少人数グループによる相互教育的な学習を特徴とし、グループでの学習が効果的に展開するよう教員が学習を促進する存在として各グループを担当するテュートリアル・システムをとる。 本研究の目的は、PBLでの学生とテュータとの相互作用におけるテュータの行為を明らかにすることにある。13名のテュータが全20回のテュータ・カンファレンスで語った内容(計922分間)およびテュータの個人記録に着目し、内容分析を行った。分析は、テュータの側からみた学生との関わりにおいてテュータがとった行為を抽出し、その行為の内容と目的を明らかにした。 その結果、テュータの行為について5つのカテゴリーが抽出された。「学生のスタートラインを見極める」「契約、すなわちルールをつくる」は、PBLの開始時期に比較的多く認められたセッションの支持基盤となるような行為である。「学生の視点に学びの起点を置く」「学びの展
  • 産褥6週までの母親の夜間睡眠における途中覚醒とこどもの動きに関する研究
    堀内成子, 西原京子
    聖路加看護大学紀要(22) 42-51
    本研究は、産褥6週までの母親の夜間睡眠を経時的に追跡し、特に途中覚醒がこどもの動きとどのような関係があるのかその実態を調べることを目的とした。 母親10例の終夜睡眠をこどもの足の動きと同時に測定した結果、以下の知見を得た。 母親10例の途中覚醒時間の平均は、産褥1週目が102.6分(SD=23.5)、産褥3週目が84.8分(SD=52.8)、産褥6週目79.4分(SD=40.5)であり、時期別に有意差は認められなかった。 母親の覚醒は、こどもの足の動きが40秒以上続いている時間帯の86.9%の比率に一致して生じていた。逆に、母親の深い眠りは、こどもの動きが全くないか、あるいは20秒以内の時間帯に多く観察された。 授乳のために覚醒した48回の内85.4%は、こどもの動きが母親の覚醒に先行して生じていた。特に、こどもの動きが先行し、母親が2分以内に覚醒していたのは、その内の63.4%を占めていた。その関係は、産褥1、3、6週目に至っても変わらなかった。 事例別に見ると、産褥期の生活
  • 更年期婦人の不定愁訴と閉経の受容に関する調査研究 その1
    大川章子, 近藤潤子, 堀内成子, 内藤和子, 木戸ひとみ, 岩澤和子, 山本あい子
    聖路加看護大学紀要(15) 44-55
    都市に在住する35歳から60歳の女性が、更年期を身体的心理的にどのように体験し、日常生活上どの程度の支障を感じているのかを明らかにするために、質問紙郵送法による調査を行った。閉経前、中、後の各時期にある304名の女性について分析した結果、閉経時の年齢は50.7歳であった。多くの女性が閉経を肯定的に受けとめていた。閉経前群は、後群より、「更年期は心身の不調を伴うもの」とみなすものが多かった。対象者の9割以上が何らかの心身の症状をもち、閉経に伴う特徴的な症状は「月経不順」「のぼせ」「知覚過敏」であった。症状数の多いもの、病気をもつものに生活上の支障が大きかった。本調査から、閉経前の女性への健康教育と、日常生活における支障の大きい女性への専門家による援助の必要性が示唆された。
  • 産褥早期における睡眠の主観的評価:妊娠期からの変化の追跡
    堀内成子, 近藤潤子, 小山真理子, 木戸ひとみ, 大久保功子, 高木廣文, 岩澤和子
    聖路加看護大学紀要(16) 49-59
    本研究は、産褥早期における褥婦の睡眠の主観的評価を調べ、その変化の様相を妊娠期の結果に加えて産褥期までを通して追跡し、考察することを目的に行った。 調査票は「入眠および睡眠中の関連因子群」、「起床時の関連因子群」、「睡眠全体の満足度」、「睡眠に関する影響因子」を含めて構成し、86例の褥婦から有効回答を得た。本研究と比較する妊娠期の睡眠の調査は、同一の因子を用いて我々がすでに行った、289例の研究結果を用いた。 その結果、産褥期の睡眠の主観的評価は、「入眠及び睡眠中の関連因子群」としては、「寝つき」・「深さ」の点では半数以上が「よい」あるいは「深い」と回答しているが、「時間の長さ」の点では「不足」が半数を占めていた。「起床時の関連因子群」としては、「寝起き」はよいが、「起床時の気分」として「眠気が残る」「疲れが残る」がそれぞれ約90%の褥婦に感じられていた。その結果、「睡眠全体の満足度」は過半数が
  • 分娩期における初産婦の情緒体験の分析:事例分析
    村重智子, 近藤潤子, 堀内成子, 石井ひとみ
    聖路加看護大学紀要(13) 9-14

書籍等出版物

  • 母性看護 第2版 (パーフェクト臨床実習ガイド)
    堀内 成子, 堀内 成子
    編集
    照林社 2017年07月 9784796524117
  • エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92
    堀内 成子, 中村 幸代, 永森 久美子, 飯田 真理子, 八重 ゆかり
    共編者(共編著者)
    南江堂 2015年05月 452426177X
  • エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92
    堀内 成子, 飯田 真理子, 中村 幸代, 永森 久美子, 八重 ゆかり
    南江堂 2015年 9784524261772
  • ママのための産後すぐから2ヶ月間の本
    ニンプス・Ca-sun編集部, ニンプス・Ca-sun編集部, 小西 行郎, 宋 美玄, 浅井 貴子, 堀内 成子, 永森 久美子
    監修
    ポーラスタァ 2014年06月 4990490983
  • 助産診断・技術学〈1〉 (助産学講座)
    堀内 成子
    編集
    医学書院 2013年02月 4260015834
  • 助産診断・技術学 Ⅰ
    医学書院 2013年02月
  • 助産診断・技術学 1
    横尾 京子, 石井 邦子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 中林 正雄, 堀内 成子
    医学書院 2013年 9784260015837
  • 基礎助産学 -助産学概論-
    -第9章 助産学と研究-
    日本助産師会出版 2013年
  • 産む力をはぐくむ助産ケア: 妊婦のセルフケアを支援する! 助産外来が充実する! (ペリネイタルケア2012年新春増刊)
    堀内 成子
    単著
    メディカ出版 2012年01月 4840437424
  • 産む力をはぐくむ助産ケア : 妊婦のセルフケアを支援する!助産外来が充実する!
    堀内 成子
    メディカ出版 2012年 9784840437424
  • エビデンスに基づく助産ガイドライン―分娩期2012
    江藤宏美, 浅井宏美, 飯田真理子, 片岡弥恵子, 櫻井綾香, 田所由利子, 堀内成子, 増澤祐子, 八重ゆかり
    共著
    日本助産学会 2012年
  • 助産学講座5.助産診断・技術学
    堀内成子, 毛利多恵子, 森明子, 有森直子, 川島広江, 中村幸代, 中田かおり, 茅島江子, 高田昌代, 野口真弓
    共著
    医学書院 2012年
  • 正常分娩の助産術―トラブルへの対応と会陰裂傷縫合 (ブラッシュアップ助産学)
    進 純郎, 堀内 成子
    共著
    医学書院 2010年08月 9784260010825
  • 正常分娩の助産学-トラブルへの対応と会陰裂傷縫合-
    医学書院 2010年08月
  • 正常分娩の助産術
    進純郎, 堀内成子
    共著
    医学書院 2010年01月
  • 助産学講座 5 助産診断・技術学 1
    武谷雄二, 堀内成子, 我部山キヨ子
    共著
    医学書院 2008年10月 4260003607
  • 母性看護実習ガイド (パーフェクト臨床実習ガイド―ライフステージに沿った看護技術と看護の展開)
    堀内 成子
    編集
    照林社 2007年03月 4796521445
  • 助産学講座 助産診断・技術学 I
    堀内成子編集, 堀内成子, 毛利多恵子, 森明子, 有森直子, 川島広江, 江守陽子, 野田陽子, 茅島江子, 高田昌代, 野口真弓執筆
    共著
    医学書院 2007年03月
  • パーフェクト臨床実習ガイド;母性看護実習ガイド
    堀内成子編集
    共著
    照林社 2007年03月
  • 助産学講座 助産診断・技術学 I
    堀内成子, 毛利多恵子, 森明子, 有森直子, 川島広江, 江守陽子, 野田陽子, 茅島江子, 高田昌代, 野口真弓
     2007年03月
  • 母性看護実習ガイド
    堀内 成子
    照林社 2007年03月 9784796521444
  • 助産診断・技術学 1
    堀内 成子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 横尾 京子
    医学書院 2007年 9784260003605
  • あなたが患者を傷つけるとき―ヘルスケアにおける権力、抑圧、暴力 (看護学名著シリーズ)
    堀内 成子, 堀内 成子, 堀内 成子, ナンシー L, ディーケルマン, 梅田 麻希, 大久保 敦子, 斎藤 美貴, 瀬戸屋 希, 中島 民子
    単著
    エルゼビア・ジャパン 2006年12月 4860348753
  • 助産師の意思決定 (看護学名著シリーズ)
    堀内 成子, 堀内 成子, 堀内 成子, モーリーン D レイノー, ジェーン E マーシャル, アマンダ サリバン, 蛭田 明子, 辻 恵子, 土江田 奈留美, 堀内 健太郎, フィナティ 幸乃, 有森 直子
    単著
    エルゼビア・ジャパン 2006年12月 4860348788
  • あなたが患者を傷つけるとき 監修・翻訳
    ナンシー・L・ディーケルマン著, 堀内成子監修, 翻訳
    共訳
    エルゼビア・ジャパン 2006年12月
  • 助産師の意思決定 監修・翻訳
    モーリーン・D・レイノー, ジェーン・E, マーシャル、アマンダ・サリバン著, 堀内成子監修, 翻訳
    共訳
    エルゼビア・ジャパン 2006年12月
  • 看護学事典 母性看護・助産学関連用語担当
    見藤隆子, 小玉香津子, 菱沼典子編
    共著
    日本看護協会出版会 2006年05月
  • 「MACとKENTAの育児日記」から見えるもの -ふたごの魅力と育児の醍醐味 -
     2006年
  • 母親の睡眠リズムと子育て拒否を回避するケアに関する研究
    堀内 成子
    [堀内成子] 2000年
  • 母性看護学
    堀内 成子, 有森 直子
    建帛社 1999年 4767934095
  • 看護実践の根披を問う:子育て中の母親の眠りの援助
    南江堂 1998年
  • 女性と出生前検査-安心という名の幻想-
    Rothenberg Caren H, Thomson Elizabeth J, 堀内 成子, 飯沼 和三
    日本アクセルシュプリンガー出版 1996年 4895891410
  • Woman & Prenatal Testing
     1996年
  • 助産診断・技術学 2-3: 新生児期・乳幼児期
    横尾 京子, 石井 邦子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 中林 正雄, 堀内 成子
    医学書院 9784260015776
  • 助産診断・技術学 2-2: 分娩期・産褥期
    横尾 京子, 石井 邦子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 中林 正雄, 堀内 成子
    医学書院 9784260015721
  • 助産診断・技術学 2-1: 妊娠期
    横尾 京子, 石井 邦子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 中林 正雄, 堀内 成子
    医学書院 9784260016131
  • 助産診断・技術学 2-3: 新生児期・乳幼児期
    堀内 成子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 横尾 京子
    医学書院 9784260003629
  • 助産診断・技術学 2-2: 分娩期・産褥期
    堀内 成子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 横尾 京子
    医学書院 9784260004206
  • 助産診断・技術学 2-1: 妊娠期
    堀内 成子, 我部山 キヨ子, 武谷 雄二, 横尾 京子
    医学書院 9784260003612
  • 看護実践の根拠を問う 改訂第2版
    菱沼典子, 小松浩子編集, 高橋泰子, 根本清次, 平松則子, 大久保暢子, 齋藤やよい, 数間恵子, 松田たみ子, 安ヶ平伸枝, 佐伯由香, 深井喜代子, 菱沼典子, 小松浩子, 渡邊千登世, 須釜淳子, 真田弘美, 堀内成子, 江藤宏美, 亀井智子, 武田利明執筆
    共著
    南江堂
  • 産む力をはぐくむ助産ケア
    メディカ出版

講演・口頭発表等

  • マタニティヨーガの実際
    竹村絵実, 浦嶋由依, 櫻井佐知子, 堀内成子, 山中美智子
    第9回聖ルカ・アカデミア 2015年01月
  • 大学院助産教育における国際協働の基礎ータンザニアでの学びと今後の展開ー
    新福洋子, 堀内成子, 長松康子
    第9回聖ルカ・アカデミア 2015年01月
  • 天使の保護者ルカの会『人口死産の会』実践報告
    石井慶子, 堀内祥子, 蛭田明子, 堀内成子
    第9回聖ルカ・アカデミア 2015年01月
  • 天使の保護者ルカの会『人口死産の会』実践報告
    蛭田明子, 石井慶子, 堀内成子
    第9回聖ルカ・アカデミア 2015年01月
  • パパ参加型ベビーマッサージクラスの実際
    羽鳥恵美, 佐々木陽子, 阿部直子, 平野藍, 堀内成子, 山中美智子
    第9回聖ルカ・アカデミア 2015年01月
  • ドメスティック・バイオレンスのスクリーニングによる周産期の母子への影響
    山田律子, 片岡弥恵子, 堀内成子
    第9回聖ルカ・アカデミア 2015年01月
  • Partnership Model of Global Collaboration:The Shared Value of “ Humanized Childbirth ”In Tanzania
    Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi, Miwako Matsutani, Hiromi Eto, Yasuko Nagamatsu, Michiko Oguro, Mariko Iida, Yukari Yaju
    East Asian Forum of Nursing Scholars 17th International Conference 2014年02月
  • 鍼灸治療を選んだ逆子妊婦の思い:事例研究
    東原亜希子, 堀内成子
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第15回大会 2013年07月
  • 若手看護者の母乳育児における臨床判断時の不安
    長田知恵子, 堀内成子
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第15回大会 2013年07月
  • 妊娠期から継続的にチーム助産によるケアを受けた女性の体験
    永森久美子, 堀内成子
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第15回大会 2013年07月
  • 妊娠中の“女性を中心としたケア”の認識と産後うつ病との関連
    飯田眞理子, 堀内成子, 永森久美子
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第15回大会 2013年07月
  • 助産師が語る「陣痛が乗ってきた」と判断する際の手がかり
    浅野晴子, 堀内成子
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第15回大会 2013年07月
  • 妊婦自身による睡眠中の胎動記録・解析オリジナルシステムの信頼性と臨床応用への意義
    西原京子, 大木昇, 堀内成子
    日本睡眠学会 第38回定期学術集会 2013年06月
  • 分娩期第2期のケア方針調査ー病院、診療所、助産所の比較ー
    清水かおり, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 飯田眞理子, 櫻井綾香, 浅井宏美, 田所由利子
    第27回日本助産師学会学術集会 2013年05月
  • イギリスおよびアメリカにおけるペリネイタル・ロスの新たなケア
    堀内成子, 太田尚子, 蛭田明子, 北園真希
    第27回日本助産師学会学術集会 2013年05月
  • 人間として、専門職として倫理観を身につけようー素敵な助産師になるためにー
    堀内成子
    平成25年度 公益社団法人全国助産師教育協議会第7回近畿ブロック助産師学生交流会 2013年04月
  • シンポジウム「70億人時代の国際保健医療チームの人材とその育成:リプロダクティブヘルス」
    堀内成子
    第28回日本国際保健医療学会東日本地方会 2013年03月
  • Team-Based learning Collaborative
    Naoko Matsumoto, Toshiko Ibe, Shigeko Horiuchi, Hiromi Eto, Kuniko Sato, Kinya Tamaki
    Team-Based learning Collaborative 2013年03月
    Trial of Team-Based learning in Imformation Literacy Program for Nurse managers
  • Humanization of Childbirth with Women-Centered Care (HC/WCC): Japanese Nurse-Midwives’ Application of the Concept to Global Health Research, Education, and Practice
    Shimpuku, Y Horiuchi, S
    10th Annual National Conference, Asian American Pacific Islander Nurses Association 2013年03月
  • Process report of the collaborative project to develop the Master’s program in Midwifery in Tanzania: The seminar of “Humanized Childbirth”
    Shimpuku, Y, Horiuchi, S, Matsutani, M, Eto, H, Nagamatsu, Y, Oguro, M, Iida, M. Yaju,Y, Mori, T
    7th St. Luke’s Academia 2013年02月
  • The Influence of feeding method on a mother's daily rhythem and on the development of her infant's Circadian Rest activitiy rhythem
    Sawa Kikuchi, Kyoko Nishihara, Hiromi Eto, Shigeko Horiuchi, Yoko Hoshi
    Congress of the European Sleep Research Sciety 2012年09月
  • Starting a Midwifery Master’s programme in Tanzania: Lesson learned from the collaborative project between Tanzania and JapanConference (Port Louis, Mauritius) September 2012
    Shimpuku, Y, Horiuchi, S, Leshabari, S, Malima, K, Matsutani, M, Eto, H, Nagamatsu, Y, Oguro, M. Yaju
    th The East, Central, and Southern African College of Nursing the10th Scientific Conferece 2012年09月
  • 新たな知の構築に向けて進化看護研究方法ー介入研究方法の視点ー
    堀内成子
    第31回日本看護科学学会学術集会 2012年06月
  • Process Report of a Collaborative Project between Tanzania and Japan to Develop a Master's Program in Midwifery
    Shimpuku, Y, Horiuchi, S, Leshabari, S, Malima, K, Matsutani, M, Eto, H, Nagamatsu, Y, Oguro, M. Yaju
    The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery 2012年06月
  • 助産実践のための妊娠期ガイドラインの作成ー妊娠期に運動を行うことは母体の体重管理に有効かー
    櫻井綾香, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 浅井宏美, 飯田真理子, 田所由利子, 堀内成子
    第26回日本助産学会 2012年05月
  • 乳汁分泌状態からみた授乳期の重症な乳腺炎の特徴ー共分散構造分析を用いた検証ー
    長田知恵子, 堀内成子
    第26回日本助産学会 2012年05月
  • チーム助産による妊娠期からの継続的なかかわりの影響
    永森久美子, 山内淳子, 深澤洋子, 阿部直子, 大隅香, 堀内成子
    第26回日本助産学会 2012年05月
  • 晩産化妊婦の冷え症と分娩異常との関係性
    中村幸代, 堀内成子
    第26回日本助産学会 2012年05月
  • 助産実践のための妊娠期ガイドラインの作成ー助産師による妊娠・分娩・産褥期を通した継続ケアの効果ー
    飯田真理子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 浅井宏美, 櫻井綾香, 田所由利子, 堀内成子
    第26回日本助産学会 2012年05月
  • Women's perceptions on antenatal care related to traditional beliefs in rural area in Indonesia
    Yenita Agus, Horiuchi Shigeko
    15th East Asia Forum of Nursing Schlors (EAFONS) 2012年02月
  • Collaboration between Japanese and Tanzania Midwives to Develop the First Midwifery Master's Course in Muhimbili University of Health and Allied Science, Tanzania:A Case Report
    Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi, Sebalda Leshabari, Miwako Matsutani, Yasuko Nagamatsu, Michiko Oguro
    2011年度 第52回日本熱帯医学会大会 第26回日本国際保健医療学会学術大会 合同大会 2011年11月
  • 妊娠から分娩・産褥・育児期までチーム編成による継続した助産ケア開設から1年が経過して
    堀内成子
    第42回日本看護学会ー母性看護・小児看護ー学術集会 2011年08月
  • 助産実践のための分娩期ガイドライン作成ー羊水混濁のある新生児への吸引は必要か?-
    飯田真理子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 浅井宏美, 櫻井綾香, 田所由利子, 堀内成子
    第25回日本助産学会 2011年03月
  • 助産実践のための分娩期ガイドライン作成ー出生直後に行うskin-skinコンタクト(カンガルーケア)母子の予後ー
    田所由利子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 浅井宏美, 飯田真理子, 櫻井綾香, 堀内成子
    第25回日本助産学会 2011年03月
  • 妊婦の終夜睡眠時における胎動に関する研究
    中村明美, 堀内成子
    第25回日本助産学会 2011年03月
  • ペリネイタル・ロスに関する教育プログラムの効果:体験者とのコミュニケーションからの学び
    太田尚子, 堀内成子
    第25回日本助産学会 2011年03月
  • 助産実践のための分娩期ガイドラインークリニカルクエッション毎の推奨文に、みなさんのご意見をお寄せください
    江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 田所由利子, 飯田真理子, 櫻井綾香, 堀内成子, 日本助産学会ガイドライン委員会
    第25回日本助産学会 2011年03月
  • 助産実践のための分娩期ガイドライン作成ー指圧・鍼療法による産痛緩和、分娩促進、陣痛誘発効果
    櫻井綾香, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 浅井宏美, 田所由利子, 飯田真理子, 堀内成子
    第25回日本助産学会 2011年03月
  • シンポジウム「時代が求める助産所を目指して・助産師は素敵な仕事「新しい産科クリニックを開設して」
    堀内成子
    第26回日本分娩研究会 2010年11月
  • 授乳期の乳房診断アセスメントツールの開発ー項目精選ー
    長田知恵子, 堀内成子
    第15回 聖路加看護学会 2010年09月
  • 外国人女性への多言語パンフレット実用の評価
    五十嵐ゆかり, 堀内成子
    第15回 聖路加看護学会 2010年09月
  • 死産を経験した家族の出会いと別れを支える天使キット
    蛭田明子, 堀内成子, 太田尚子, 石井慶子, 堀内祥子, 鈴木千穂
    第15回 聖路加看護学会 2010年09月
  • Infant's sleep development during the first 12 weeks under nocturnal co-sleep conditions
    H.Eto, S.Horiuchi, K. Nishihara
    20th Congress of the European Sleep Research Society 2010年09月
  • 妊娠週数による妊婦の睡眠中の胎動変化:胎動ホームモニタリング新システムを用いて
    西原京子, 堀内成子, 大木昇
    日本睡眠学会第35回定期学術集会 2010年07月
  • 大学院における助産学の教育と研究
    堀内成子
    第2回「東大看護学のミッション、研究と教育を考える」シンポジウム 2010年06月
  • ペリネイタル・ロスのケアに関する教育プログラムの開発(第2報):プログラム開発の実態
    太田尚子, 堀内成子
    第24回日本助産学会学術集会 2010年03月
  • ペリネイタル・ロスを経験した両親へのグリーフ・ケアー「天使の保護者ルカの会」5年間の活動ー
    太田尚子, 堀内成子, 石井慶子, 蛭田明子, 鷲尾美代子
    第15回日本臨床死生学会大会 2009年12月
  • Evidence-practice gap in material health care in Japan
    Yukari Yaju, Hiromi Eto, Yaeko Kataoka, Shigeko Horiuchi
    The 7th International Nursing Conference 2009年10月
  • Invited Lecture : Increasing Nursing Care Demands & Expanding Regulations in an Aging Society : The Evidence Based Nursing
    Shigeko Horiuchi
    The 7th International Nursing Conference 2009年10月
  • 妊婦の睡眠中の胎動ホームモニタリングの新システム
    西原京子, 堀内成子, 大木昇
    第6回アジア睡眠学会日本睡眠学会第34回定期学術大会第16回日本時間生物学会学術大会 2009年10月
  • 就職3年未満の助産実践能力に対する上司からの評価ー大学院修士課程と大学院の比較ー
    堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美
    第14回聖路加看護学会・学術大会 2009年09月
  • 排卵誘発剤の在宅自己注射をサポートする教材の開発
    森明子, 實﨑美奈, 永森久美子, 堀内成子, 小口江美子, 清水清美, 桃井雅子, 川元美里
    日本生殖看護学会第7回学術集会 2009年09月
  • Considering “Decision Making ” as One of the Concepts of “Women-Centered Care ” During Pregnanncy in Japan
    Iida M, Horiuchi S, Arimori N
    5th International Shared Dicision Making Conterence 2009年06月
  • 妊婦の冷え症の民俗学的特徴ーブラジル人妊婦の分析ー
    中村幸代, 堀内成子, 毛利多恵子, 桃井雅子
    第23回日本助産学会 2009年03月
  • インストラクショナル・デザインを用いたペリネイタル・ロスのケアに関する教育プログラムの開発(第1報):看護者の教育ニーズ
    太田尚子, 堀内成子
    第23回日本助産学会 2009年03月
  • 「天使キット」をもちいた死産を経験した家族へのケア
    堀内成子, 黒川寿美江, 込山恵子, 佐藤理恵
    第3回聖ルカ・アカデミア(優秀賞) 2009年01月
  • Development and Evaluation of a Support Program for Pregnant Women who are Considering Prenatal Testing
    Tsuji, K, Arimori, N, Horiuchi, S, Yusa, H, Takeshita, N, Arita, M, Yoshino, M, Shioda, K, Sakakibara, Y, Sato, K
    21th Annual ISONG Conference 2008年11月
  • Development and Evaluation of a Support Program for Pregnant Women who are Considering Prenatal Testing
    Horiuchi, S, Mori, A, Nakayama, K, Nakagomi, S, Miyo, K, Yoshino, M, Tsuji, K
    21th Annual ISONG Conference 2008年11月
  • Development of a Decision-making Supporting Prenatal Genetic Nursing Education Program and an e-learning System-Focusing on the Care of Amniocentesis
    Clarke Colar, 堀内成子, 片岡弥恵子
    第49回日本熱帯医学会大会第23回日本国際保健医療学会学術大会合同大会“ベンチ”と“コミュニティ”の協働新たなパラダイムを求めて 2008年10月
  • 話し合いのプロセス評価尺度の作成と検討
    辻恵子, 堀内成子, 角田美穂, 柳井晴夫
    第7回日本遺伝看護学会学術大会 2008年09月
  • 地域でのお話会の語りから:人工死産という意思決定がもたらす思い
    堀内成子, 石井慶子, 蛭田明子, 太田尚子, 鷲尾美代子, 堀内祥子
    第7回日本遺伝看護学会学術大会 2008年09月
  • 染色体異常を持つ子どもを死産で亡くした父親の体験ー喪失後1年を経た語りから見えた苦悩ー
    鷲尾美代子, 堀内成子
    第7回日本遺伝看護学会学術大会 2008年09月
  • Characteristics of micro-arousals in pregnant women's sleep at naight:A comparison with non-pregnant women's sleep
    K. Nishihara, S. Horiuchi, H. Eto, M. Honda
    The 19th Europe Sleep Research Conference 2008年09月
  • Characteristics of micro-arousals in pregnant women's sleep at night : A comparison with non-pregnant Women'S sleep
    堀内 成子
     2008年09月
  • 周産期遺伝看護テスト問題の解析と検討ーIRT解析を試みてー
    有森直子, 蛭田明子, 中込さと子, 辻恵子, 吉野美紀子, 美代賢吾, 中山和弘, 森明子, 堀内成子, 大久保智哉, 柳井晴夫
    日本テスト学会 第6回大会 2008年08月
  • 周産期遺伝看護テスト問題の解析と検討ーIRT解析を試みてー
    堀内 成子
    日本テスト学会 第6回大会 2008年08月
  • Co-Sleeping :Infant Sleep Development in the First 12 Weeks
    堀内 成子
     2008年08月
  • Co-Sleeping:Infant Sleep Development in the First 12 Weeks
    Hiromi Eto, Shigeko Horiuchi
    The 11th World Association for Infant Mental Health 2008年08月
  • Effects of Endortracheal suctioning and Respiratory Physical Therapy on Very-Low Birth- Weight Infants
    堀内 成子
    28th International Congress of Miedwives 2008年06月
  • Childbirth Experiences of Immigrant women in Japan
    堀内 成子
     2008年06月
  • Masters Education for Nurse-Midwives : Is it necessary?
    堀内 成子
     2008年06月
  • Masters Education for Nurse-Midwives : Is it necessary ?
    Hiromi Eto, Yaeko Kataoka, Shigeko Horiuchi, Akiko Mori, Naoko Arimori, Masako Momoi, Kumiko Nagamori, Kaoru Osumi, Sachiyo Nakamura
    28th International Congress of Midwives 2008 2008年06月
  • Effects of Endotracheal Suctioning and Respiratory Physical Therapy on Very-Low Birth-Weight Infants
    Yoshie Kondoh, Yoko Sato, Shigeko Horiuchi, Rika Fukui
    28th International Congress of Midwives 2008 2008年06月
  • Childbirth Experiences of Immigrant women in Japan
    Yukari Fujiwara, Shigeko Horiuchi
    28th International Congress of Midwives 2008 2008年06月
  • 会陰保護術における助産師の手掌にかかる圧力
    中川有加, 堀内成子
    第22回に本所産学会学術集会 2008年03月
  • 会陰保護術における助産師の手掌にかかる圧力
    第22回日本助産学会学術集会 2008年
  • 妊娠・産褥期の母親の概日活動休止リズムと誕生後の子どもの概日活動休止リズムとの関係:子どもの概日活動休止リズムがフリーランした例をめぐって
    西原京子, 本多真, 堀内成子, 江藤宏美
    第32回日本睡眠学会 2007年11月
  • Co-sleeping状況下における生後3か月間の乳児の終夜睡眠:ビデオモニタリングを用いて(第1報)
    江藤宏美, 堀内成子, 西原京子
    第32回日本睡眠学会定期学術集会 2007年11月
  • 分娩介助の「振り返り」場面にみられた臨床指導者の教育的意図
    菱沼由梨, 堀内成子
    第48回日本母性衛生学会総会 2007年10月
  • 周産期死別体験者にかけられる言葉の質的検討
    石井慶子, 堀内祥子, 太田尚子, 蛭田明子, 堀内成子
    第4回日本質的心理学会 2007年09月
  • 遺伝看護に関するPeople Centered Careの試み - 海外からの評価
    有森直子, 青木美紀子, 辻恵子, 有田美和, 黒川寿美枝, 中込さと子, 堀内成子
    第6回日本遺伝看護学会学術大会 2007年09月
  • Follow-up Report on the Evaluation of Six Leaflets in Six Languages : Implications for Transcultural Midwifery Care in Japan.
    Yukari Fujiwara, Hiromi Suda, Shigeko Horiuchi
    Transcultural Nursing Society 33rd Annual Conference 2007年09月
  • 出生前検査を受ける女性に用いた日本語版Decision Conflict Scaleの信頼性・妥当性の検討
    有森直子, 辻恵子, 青木美紀子, 堀内成子, 柳井晴夫
    第5回日本テスト学会 2007年08月
  • DVのスクリーニング尺度の開発
    片岡弥恵子, 堀内成子, 江藤宏美, 大隅香
    第5回日本テスト学会 2007年08月
  • 出生前検査後に中期中絶で児を亡くした家族へのケア - 児との面会を中心に -
    有森直子, 青木美紀子, 辻恵子, 有田美和, 堀内成子, 佐藤孝道, 塩田恭子, 榊原嘉彦
    第47回日本先天異常学会学術集会 2007年07月
  • A long-term monitoring of fetal movement: Evoked maternal micro-arousals during sleep
    Kyoko Nishihara, Shigeko Horiuchi, Hiromi Eto, Makoto Honda
    21st Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies 2007年06月
  • 入学者選抜資料データと在学中の成績データについての統計的分析
    柳井晴夫, 及川郁子, 伊藤和弘, 萱間真美, 菱沼典子, 堀内成子, 井部俊子
    全国大学入学者選抜研究連絡協議会第2回大会 2007年05月
  • A Tentetive study of causal model on the Japanese vision Decisional Conflicts Scale (DCS) by means of convariance structure analysis.
    Arimori N, Tsuji K, Yanai H, Doeda N, Oguro M, Horiuchi S
    4th International Shared Decision Makingn Conference 2007年05月
  • International Nursing Program for Japanese Nursing Students - Collaboration Practice in Thai Community -
    長松康子, 堀内成子, 田代順子, 恩城寺康子, 片岡弥恵子, 奥裕美, 鏑木洋子, P.Priya, W.Somboontanont, W.Pichitpornchai, K.Phancharoenworakul
    International Council of Nurses 2007年05月
  • Evaluation of Capacity Building Program for Union of Myanmar Community Level Women’s Voluntary Groups
    Michiko Oguro, Hiromi Eto, Tsuchiya Madoka, Kaoru Oosumi, Shigeko Horiuchi
    International Council of Nurses, 2007 2007年05月
  • Development, Trends and Challenges of Doctoral Education in Japan.
    Shigeko Horiuchi
    International Network for Doctoral Education in Nursing 2007年05月
  • Development of a Genetic Nursing Education Program about Prenatal Tests Using an e-learning System.
    Naoko Arimori, Satoko Nakagomi, Keiko Tuji, Michiko Aoki, Shigeko Horiuchi, Kazuhiro Nakayama, Akiko Mori, Kengo Miyo
    The 20th Annual International Society of Nurses in Genetics Conference 2007年05月
  • 出産場所の変更を納得する過程を支える助産ケア - 助産所からの病院への搬送事例の分析 -
    今村朋子, 堀内成子, 毛利多恵子
    第21回日本助産学会学術集会 2007年03月
  • 在日外国人女性の出産とコミュニケーション
    藤原ゆかり, 堀内成子
    第21回日本助産学会学術集会 2007年03月
  • 分娩介助時に助産師の手掌にかかる圧力 - 熟練助産師と新人助産師の事例の分析 -
    中川有加, 堀内成子
    第21回日本助産学会学術集会 2007年03月
  • 職場環境や職務に関する看護実践者の認識 - 産科医療とNICU・GCUの比較 -
    片桐麻須美, 堀内成子
    第21回日本助産学会学術集会 2007年03月
  • 志望動機の比較 - 学部4年次教育課程と大学院修士課程において -
    桃井雅子, 片岡弥恵子, 森明子, 有森直子, 江藤宏美, 大隅香, 堀内成子, 小陽美紀, 土屋円香
    第21回日本助産学会学術集会 2007年03月
  • Follow-up Report on the Evaluation of Six Leaflets in Six Languages : Implications for Transcultural Midwifery Care in Japan
    Transcultural Nursing Society 33rd Annual Conference 2007年
  • Development of a genetic nursing education program about prenatal tests using an e-learning system
    The International Society of Nurses in Genetics 2007年
  • A long-term of fetal movemet : Evoked maternal micro-acrousals during sleep
    The 21st Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies 2007年
  • A tentative study of causal model on the Japanese vision Decisional Conflicts Scale(DCS) by means of convariance structure analysis
    4th International Shared Decision Making Confernce 2007年
  • International Nursing Program for Japanese Nursing Students-Collaborative Practice in Thai Community
    International Councils of Nurses conferences 2007年
  • Evaluation of Capacity Building Program for Union of Myannmar Community Level Women's Voluntary Gruops
    International Council of Nurses conferences 2007年
  • Development, Trends and Challenges of Doctoral Education in Japan
    International Network For Doctoral Education in Nursing 2007年
  • 妊娠・産褥期の母親の概日活動休止リズムと誕生後の子どもの概日活動休止リズムとの関係:子供の概日活動休止リズムがフリーランした例をめぐって
    日本睡眠学会 第32回定期学術集会 2007年
  • Co-sleeping 状況下における生後3ヶ月の乳児の終夜睡眠:ビデオモニタリングを用いて(第1報)
    日本睡眠学会 第32回定期学術集会 2007年
  • 分娩介助の「振り返り」場面にみられた臨床指導者の教育的意図
    第48回日本母性衛生学会総会 2007年
  • 周産期死別体験者にかけられる言葉の質的検討
    第4回日本質的心理学会 2007年
  • 遺伝看護に関するPeople Centered Care の試みー海外からの評価ー
    第6回遺伝看護学会 2007年
  • DVのスクリーニング尺度の開発
    日本テスト学会 第5回大会 2007年
  • 出生前検査後に中期中絶で児を亡くした家族へのケアー児との面会を中心にー
    第47回日本先天異常学会学術集会 2007年
  • 入学者選抜資料データと在学中の成績データについての統計的分析
    全国大学入学者選抜研究連絡競技会 第二回大会 2007年
  • 不妊治療初期の女性のストレスマネジメントのサポート:クラスター無作為化比較試験
    森明子, 桃井雅子, 堀内成子, 小陽美紀
    第26回日本看護科学学会学術集会 2006年12月
  • 新しく兄姉になる子どもを含めた第2子以降を出産する家族の支援 - 「赤ちゃんがやってくる」の実施と評価 -
    中村紋子, 堀内成子, 片岡弥恵子, 田中しのぶ
    第47回母性衛生学会 2006年11月
  • 潜在助産師の実態調査
    加藤尚美, 堀内成子, 村上朋美, 松嶋弥生
    第47回母性衛生学会 2006年11月
  • 会陰保護時に助産師の手掌にかかる圧力測定 - パイロットスタディ -
    中川有加, 堀内成子
    第47回母性衛生学会 2006年11月
  • 周産期ドメスティック・バイオレンスガイドライン
    堀内成子
    第5回EBM研究フォーラム 日本医療評価機構 2006年10月
  • Prevention of Unsafe Abortion with Reproductive Health Awareness Approach: Development of Picture Drama for Adolescents
    Shigeko Horiuchi, Rosemary Henaku, Akiko Mori
    第47回日本熱帯医学会、第21回日本国際保健医療学会合同学会 2006年10月
  • 看護における国際協力と協働モデルの概念化 - 先進国間・先進国と開発途上国間の協働・協力研究の文献検討 -
    梶井文子, 山崎好美, 田代順子, 鈴木良美, 菱沼典子, 堀内成子, 平林優子, 酒井昌子, 有森直子, 林直子, 江藤宏美, 佐居由美, 林亜希子
    第11回聖路加看護学会学術大会 2006年09月
  • 農村部に嫁いだアジア出身女性の家庭生活における困難と対処 - ネットワーク形成がもたらすエンパワーメント -
    大隅香, 堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美
    第11回聖路加看護学会学術大会 2006年09月
  • How independent Japanese midwives support the normalcy and happiness of childbirth?
    Yana Gepshtein, Shigeko Horiuchi, Hiromi Eto
    第11回聖路加看護学会学術大会 2006年09月
  • Unsafe Abortion ; Major Contributing Factor to Maternal Mortality Rate in Ghana. (第11回聖路加看護学会学術大会)
    Rosemary O. Henaku, Shigeko Horiuchi, Akiko Mori
    第11回聖路加看護学会学術大会 2006年09月
  • 不妊治療初期の女性のストレスマネジメント (日本不妊看護学会 第4回学術集会)
    森明子, 桃井雅子, 堀内成子
    日本不妊看護学会 第4回学術集会 2006年09月
  • 看護職に向けた継続教育提供システムにおけるランダム化比較試験 - e-learningと対面授業(講義)の比較検討 - 第一報 (第31回教育システム情報学会)
    小陽美紀, 八重ゆかり, 佐居由美, 中山和弘, 堀内成子
    第31回教育システム情報学会 2006年08月
  • 母乳育児を続けるために - 母子の環境を考える - シンポジウム混合病棟を再考する(第15回母乳育児シンポジウム)
    堀内成子
    第15回母乳育児シンポジウム 2006年08月
  • 生後1か月における乳児の夜間睡眠の特徴:ビデオ観察による添い寝と独り寝の比較
    江藤宏美, 堀内成子, 西原京子, Burnham Melissa, Anders Thomas
    日本睡眠学会 第31回定期学術集会 2006年06月
  • 妊婦の終夜睡眠中のmicro-arousal(MA)の特徴:非妊産婦との比較検討
    西原京子, 堀内成子, 江藤宏美, 本多真
    日本睡眠学会 第31回定期学術集会 2006年06月
  • Capacity Building of Women Volunteer Group in Union of Myanmar: Material and Child Health in the Rural Regions 2003-2004
    Michiko Oguro, Hiromi Eto, Tsuchiya Madoka, Kaoru Oosumi, Shigeko Horiuchi
    4th International Multidesciplinary Conference in collaboration with the Global Network of the WHO Collaborating Centres of Nursing and Midwifery Development. 2006年06月
  • Capacity Building of Women Volunteer Group in Union of Myanmar: follow up Evaluation in 2005
    4th International Multidesciplinary Conference in collaboration with the Global Network of the WHO Collaborating Centres of Nursing and Midwifery Development. 2006年06月
    Capacity Building of Women Volunteer Group in Union of Myanmar: follow up Evaluation in 2005
  • Awareness of SIDS Prevention: Sleeping Arrangement, Bed Sharing, and Breast Feeding Using the SIde-lying Position in the First Month After Birth. (The 9th SIDS International Conference)
    Noriko Kobayashi, Shigeko Horiuchi
    The 9th SIDS International Conference 2006年06月
  • Development of the Angel Kit: Improving the Quality of Care for Perinatal Loss. (The 9th SIDS International Conference)
    Shigeko Horiuchi, Naoko Ota, Keiko Ishii, Akiko Hiruta, Shoko Horiuchi
    The 9th SIDS International Conference 2006年06月
  • 出生前相談のプロセスにおけるクライエントの心の開放とケアとの関連 (第30回日本遺伝カウンセリング学会)
    安藤広子, 堀内成子, 田口友美, 余目弘子, 村上睦子, 笠井康代, 佐藤千歳, 藤倉睦子, 福島明宗, 上原茂樹
    第30回日本遺伝カウンセリング学会 2006年05月
  • 母性看護継続教育におけるe ラーニングと対面授業の比較研究 - 受講者のアンケート結果からみる教育システムに関する満足度の検討 -(第24回東京母性衛生学会学術集会)
    小陽美紀, 堀内成子
    第24回東京母性衛生学会学術集会 2006年05月
  • 「生まれてくれてありがとう」の本ができるまで - 市民と医療者のコラボレーション -
    有森直子, 渡部通子, 小松浩子, 堀内成子, 黒川寿美江, 佐藤理恵, 江本桂
    第24回東京母性衛生学会学術集会 2006年05月
  • 新しく兄姉になる子どもを含めた第2子以降を出産する家族への支援 - 「赤ちゃんがやってくる」の実施と評価 -
    中村紋子, 片岡弥恵子, 堀内成子, 土屋麻由美, 田中しのぶ, 矢島千詠
    第24回東京母性衛生学会学術集会 2006年05月
  • 看護・助産教育における「学ぶ」という経験
    堀内成子
    第24回東京母性衛生学会学術集会 2006年05月
  • Development Process: Clinical Guidelines for Domestic Violence Victims in Perinatal Clinical Settings
    江藤宏美, 堀内成子, 片岡弥恵子
    EAFONS第6回東アジア国際会議 2003年03月
  • 出生前検査を受ける女性に用いた日本語版Decision Conflict Scale の信頼性・妥当性の検討
    日本テスト学会 第6回大会

作品

MISC

  • The effect of pregnant women's sensitivity to cold (hiesho) on premature labor
    Sachiyo Nakamura, Shigeko Horiuchi
    Proceedings of International Academic Consortium for Sustainable Cities(IACSC) 21-21 2020年08月
  • エビデンスに基づく助産ガイドライン-妊娠期・分娩期・産褥期 2020
    堀内成子, 飯田真理子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 宍戸恵理, 下田佳奈, 田所由利子, 増澤祐子, 馬場香里, 八重ゆかり
    日本助産学会誌 33(別冊) 1-183 2020年01月
  • 助産師を対象とした簡易版臨床指導実践能力尺度の開発と妥当性の検証
    菱沼 由梨, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 39回 2019年12月
  • 質量分析で定量する口腔液含有ペプチドホルモンオキシトシン
    周尾 卓也, 宍戸 恵理, 高畑 香織, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 39回 [PC-11] 2019年11月
  • 世界保健機関連携事業によるEarly Essential Newborn Careファシリテーター育成の実際
    山本 真実, 新福 洋子, 岡 美雪, 福冨 理佳, 高橋 菜央, 堀内 成子
    日本助産学会誌 33(1) 72-81 2019年06月 [査読有り]
    目的 開発途上国の医療従事者に向けて早期必須新生児ケア(EENC)のコーチングをするファシリテーターを養成するセミナーにおける1)手洗い技術の変化、2)EENCの知識テストのスコアの変化、3)分娩介助、新生児ケアにおける実技評価を記述することである。対象と方法 2016年10月に4日間のEENCのコーチングセミナーを実施した。世界保健機関・西太平洋地域事務局(WHO WPRO)より2名の講師を招聘し、将来リーダーとなり、自施設でEENCの実践や普及を行っていく開発途上国の医療従事者と、近い将来開発途上国で活動する日本の医療従事者を対象として行った。主なプログラム内容は、手洗い技術、EENCに関する知識のプレ・ポストテスト、分娩介助と新生児ケア・蘇生について実技評価であった。結果 参加者は18名(開発途上国の医療従事者5名、日本の医療従事者13名)であり、そのうちプレ・ポストテストともに参加した者は15名であった。セミナー前後で、手洗い後の汚れの残存が減少し、手洗いの結果に改善が見られた。知識テストについては、参加者全体のスコアはプレテストの6割程度からポストテストでは9割以上に達していた。実技については、3グループ(1グループ6人)に分かれ、グループ毎にロールプレイを用いて繰り返し練習を行った。セミナー後の実技評価のスコアは9割以上に達していた。結論 セミナー後には、手洗いの仕方に改善が見られ、参加全体の知識テスト、実技評価のスコアは9割以上に達していた。開発途上国、それぞれの国で継続して実施できるEENC教育の普及が必要であり、十分な数のファシリテーターの育成が今後の課題である。(著者抄録)
  • 臨床エピソードで理解を深める ペリネイタルロスとグリーフケア
    石井慶子, 医療監修, 堀内成子, 蛭田明子
    臨床助産ケア スキルの強化 44-49 2019年03月
    招待有り
  • 実践報告 聖路加国際大学3年次学士編入制度 開始半年後から2年目前半における1年間のプロセス
    下田 佳奈, 川端 愛, 齋藤 あや, 堀内 成子
    聖路加国際大学紀要 5 68-71 2019年03月
  • 国際共同研究におけるミャンマー拠点形成の実際(2018年度)
    増澤 祐子, 小黒 道子, 下田 佳奈, 白倉 真理子, 野矢 麻子, 堀内 成子
    聖路加国際大学紀要 5 54-56 2019年03月
  • 早産児の母親への産後早期の母乳分泌を促すケアの実情-母親の搾乳実施状況と看護者によるケアの実情-
    田中 利枝, 堀内 成子
    日本助産学会誌 32(3) 468-468 2019年02月
  • 産後のボンディング障害、マタニティブルーズ、疲労感と唾液オキシトシン値との関連 予備研究
    宍戸 恵理, 周尾 卓也, 高畑 香織, 田所 由利子, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 32(3) 331-331 2019年02月
  • ローリスク妊婦における1時間の乳頭刺激による3日間の唾液オキシトシン推移
    高畑 香織, 堀内 成子, 田所 由利子, 周尾 卓也
    日本助産学会誌 32(3) 461-461 2019年02月
  • 産後のボンディング障害、マタニティブルーズ、疲労感と唾液オキシトシン値との関連 予備研究
    宍戸 恵理, 周尾 卓也, 高畑 香織, 田所 由利子, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 32(3) 331-331 2019年02月
  • ローリスク妊婦における1時間の乳頭刺激による3日間の唾液オキシトシン推移
    高畑 香織, 堀内 成子, 田所 由利子, 周尾 卓也
    日本助産学会誌 32(3) 461-461 2019年02月
  • Learning experiences as the first JICA course student in Tanzania
    Tada, K, Shimpuku, Y, Horiuchi, S
    聖路加国際大学紀要 5 43-47 2019年
  • オキシトシン受容体遺伝子の一塩基多型が唾液オキシトシン濃度と妊娠末期の子宮収縮に及ぼす影響
    高畑 香織, 田所 由利子, 周尾 卓也, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 38回 [P1-3 2018年12月
  • オキシトシン受容体遺伝子の一塩基多型が唾液オキシトシン濃度と妊娠末期の子宮収縮に及ぼす影響
    高畑 香織, 田所 由利子, 周尾 卓也, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 38回 [P1-3 2018年12月
  • わが国初の看護学速習プロフラム(学士3年次編入)の報告
    齋藤あや, 下田佳奈, 川端愛, 堀内成子
    看護教育 59(10) 906-909 2018年10月
  • 分娩誘発・陣痛促進のタイミングとリスク管理 安全で効果的な進め方 09 助産師にできる分娩誘発・陣痛促進のコツ
    増澤祐子, 増澤祐子, 宍戸恵理, 宍戸恵理, 堀内成子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 37(8) 748‐752 2018年08月
  • 【分娩誘発・陣痛促進のタイミングとリスク管理 安全で効果的な進め方】 助産師にできる分娩誘発・陣痛促進のコツ
    増澤 祐子, 宍戸 恵理, 堀内 成子, 日本助産学会ガイドライン委員会
    ペリネイタルケア 37(8) 748-752 2018年08月
  • 周産期喪失を体験している女性と家族がバースプランを使用する意義
    北園 真希, 布施 明美, 関 千明, 蛭田 明子, 堀内 成子
    母性衛生 59(2) 345-354 2018年07月
    周産期緩和ケア(PPC)を提供している1施設におけるバースプラン(BP)使用実態と、周産期喪失におけるBPの使用意義を明らかにすることを目的とした。収斂デザインによる混合研究法を用いた。量的データの対象者は流死産・新生児死亡、妊娠期に子どもが致死的と診断されるなど、周産期喪失を体験している女性102名であった。BPに関する事前説明を69名が受け、33名は受けていなかった。BPを提出した42名は全員、事前説明を受けていた。事前説明を受けなかった場合は誰も提出しなかった。BPの事前説明の有無は、妊娠期間に医療者と関わる時間の長さ、子どもの状態、分娩方法と関連が認められた。35名のBPに基づく質的分析からは、【出産の支援】【親役割の遂行】【子どもの安楽】【望まないこと】が希望として抽出された。BPを提出するためには医療者からの事前説明が不可欠であった。BPは女性と家族が「希望を表明できる機会」と認識し、個別の願いや心情に基づいた希望を医療者と共有するための一助となることが示唆された。(著者抄録)
  • 早産児を出産した母親の産褥早期の母乳分泌を促す搾乳ケア:文献レビュー
    田中利枝, 田中利枝, 岡美雪, 北園真希, 北園真希, 丸山菜穂子, 堀内成子, 堀内成子
    日本助産学会誌 32(1) 15‐26-26 2018年06月
    目的 産科看護者に向けた、早産児の母親の産褥早期の母乳分泌を促す教育プログラムを開発する端緒として、母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアについて探索する。対象と方法 PubMed、CINAHL Plus with Full Text、医学中央雑誌Web、Ver.5を用い文献検索を行った。さらにCochrane Libraryに掲載されている搾乳に関するレビューに用いられている文献を追加した。その中からタイトル、抄録、本文を参考に、早産児の母親の母乳分泌量をアウトカムとする文献を抽出し、Cochrane Handbook、RoBANS、GRADE Handbookを用い、文献の質の評価を行った。また、研究目的、方法、結果について整理し、母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアを抽出した。結果 35文献が抽出され、介入研究24件、観察研究11件であった。無作為化、隠蔽化、盲検化に関する記述が不十分で、サンプルサイズが検討されていないなど、ランダム化比較試験の質は低く、交絡変数の検討が不十分なために非ランダム化比較試験の質も低かったが、観察研究から実践に活用可能と考えられるエビデンスが得られた。早産児を出産した母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアでは、分娩後、可能な限り1時間以内に搾乳を開始すること、1日7回以上の搾乳回数、1日100分以上の搾乳時間を確保すること、手搾乳と電動搾乳の両方について十分な説明を行い、乳汁生成II期に入るまで電動搾乳に1日6回以上の手搾乳を追加すること、カンガルーケアを実施することが有用だとわかった。結論 今後は、産科看護者による早産児を出産した母親への搾乳ケアに関する実態把握を行い、母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアが実践できるような教育プログラムを開発していく。(著者抄録)
  • 妊婦を対象としたふれて・感じる「Mama’s Touchプログラム」の実行可能性―オキシトシン・コルチゾールによる評価;予備研究―
    園田希, 園田希, 小川真世, 田所由利子, 高畑香織, 周尾卓也, 堀内成子, 堀内成子
    日本助産学会誌 32(1) 60‐72-72 2018年06月
    目的 唾液中オキシトシンおよび唾液中コルチゾールを「Mama's Touchプログラム」の評価指標とすることの実行可能性を検討することである。方法 妊娠38週台と妊娠39週台の計2回、プログラムに参加する介入群とプログラムに参加しない対照群の2群比較を実施した。プログラムは、対象者が乳児とその母親の関わりを観察し、抱っこやあやすなど実際に乳児と関わる60分間のプログラムである。両群とも、研究開始前(Pre)、研究開始後30分(Post 30)、研究開始後60分(Post 60)の3時点で唾液を採取した。唾液採取・オキシトシン濃度の解析およびコルチゾール濃度の解析・乳児とのふれ合いについて分析した。結果 妊娠38週台は介入群7名、対照群6名が研究に参加したが、妊娠39週台では介入群5名、対照群5名となった。オキシトシン濃度は、妊娠38週台、妊娠39週台ともにばらつきが大きいという結果であった。コルチゾール濃度は、妊娠38週台、妊娠39週台ともに両群ともPre- Post 30- Post 60と低下した。なかでも、妊娠39週台の介入群ではPre- Post 30で有意に低下していた(p=.044)。69検体(唾液量0.5mLから6.0mL)のうち、オキシトシン濃度は45検体(65.2%)で、コルチゾール濃度は全ての検体でduplicate assayにて解析できた。プログラムを実施した介入群では、乳児の発達や反応は個別性がありふれ合いの体験の内容に多様性があった。結語 唾液中オキシトシンおよび唾液中コルチゾールを「Mama's Touchプログラム」の評価指標とすることは、唾液採取法、生理学的解析、乳児とのふれ合いという点で実行可能性が確認された。今後は、対象数の拡大、無作為割り付き、乳児の月齢やふれ合いの内容の統一、母親からの教示を規定するという工夫、唾液採取量の増加などオキシトシン濃度解析可能検体数の増加に向けた改善が課題である。(著者抄録)
  • 早産児を出産した母親の産褥早期の母乳分泌を促す搾乳ケア 文献レビュー
    田中 利枝, 岡 美雪, 北園 真希, 丸山 菜穂子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 32(1) 15-26 2018年06月 [査読有り]
    目的 産科看護者に向けた、早産児の母親の産褥早期の母乳分泌を促す教育プログラムを開発する端緒として、母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアについて探索する。対象と方法 PubMed、CINAHL Plus with Full Text、医学中央雑誌Web、Ver.5を用い文献検索を行った。さらにCochrane Libraryに掲載されている搾乳に関するレビューに用いられている文献を追加した。その中からタイトル、抄録、本文を参考に、早産児の母親の母乳分泌量をアウトカムとする文献を抽出し、Cochrane Handbook、RoBANS、GRADE Handbookを用い、文献の質の評価を行った。また、研究目的、方法、結果について整理し、母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアを抽出した。結果 35文献が抽出され、介入研究24件、観察研究11件であった。無作為化、隠蔽化、盲検化に関する記述が不十分で、サンプルサイズが検討されていないなど、ランダム化比較試験の質は低く、交絡変数の検討が不十分なために非ランダム化比較試験の質も低かったが、観察研究から実践に活用可能と考えられるエビデンスが得られた。早産児を出産した母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアでは、分娩後、可能な限り1時間以内に搾乳を開始すること、1日7回以上の搾乳回数、1日100分以上の搾乳時間を確保すること、手搾乳と電動搾乳の両方について十分な説明を行い、乳汁生成II期に入るまで電動搾乳に1日6回以上の手搾乳を追加すること、カンガルーケアを実施することが有用だとわかった。結論 今後は、産科看護者による早産児を出産した母親への搾乳ケアに関する実態把握を行い、母親の母乳分泌を促すための搾乳ケアが実践できるような教育プログラムを開発していく。(著者抄録)
  • 日本助産学会 エビデンスに基づく助産ガイドライン 妊娠期・分娩期2016の概要(The outline of "Japan Academy of Midwifery: Evidence-based guidelines for midwifery care in pregnancy and childbirth-2016 edition")
    飯田 真理子, 片岡 弥恵子, 江藤 宏美, 田所 由利子, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 浅井 宏美, 櫻井 綾香, 堀内 成子, 日本助産学会
    日本助産学会誌 32(1) 73-80 2018年06月
    周産期を通して安全で快適なケアを提供するには助産実践指針が必要である。日本助産学会は健康なローリスクの女性と新生児へのケア指針を示した「エビデンスに基づく助産ガイドライン-妊娠期・分娩期2016」を刊行した。この2016年版は2012年版に新たに妊娠期の臨床上の疑問(Clinical Question、以下CQ)を13項目加え、既にある分娩期のCQ30項目には最新のエビデンスを加えた。このガイドラインでは助産実践を行う上で日常助産師が遭遇しやすい臨床上の疑問に答え、ケアの指針を示している。推奨は最新のエビデンスに基づいているため、ここに示している内容は現時点での"最良の実践"と考える。本ガイドラインに期待する役割は次の3つである:1)助産師がエビデンスに基づいたケアを実践し、女性の意思決定を支援するための指針としての役割、2)助産師を養成する教育機関において、日進月歩で進化していく研究を探索する意味を学び、知識やケアの質が改善している事実を学ぶ道具としての役割、3)研究が不足し充分なエビデンスが得られていない課題を認識し、研究活動を鼓舞していく役割。そして本稿においてガイドラインの英訳を紹介する目的は次の通りである:1)日本の助産師が編纂したガイドラインを世界に紹介・発信すること、2)日本の研究者が英語で本ガイドラインを引用する際の共通認識として用いること。2016年版では、合計43項目のCQに対して推奨を示しているが、次の6つに関しては産科領域で広く用いられているものの、医行為に関わるため推奨ではなく「エビデンスと解説」にとどめている:CQ1分娩誘発、CQ2卵膜剥離、CQ7硬膜外麻酔、CQ21会陰切開、CQ26会陰縫合、CQ28予防的子宮収縮薬投与。2012年版から推奨が改訂されたCQは次の通りである:CQ3乳房・乳頭刺激の分娩誘発効果、CQ9指圧、鍼療法の産痛緩和効果、CQ14指圧、鍼療法の陣痛促進効果。なお、本論文の一部は「エビデンスに基づく助産ガイドライン-妊娠期・分娩期2016」からの抜粋であり、推奨の部分は翻訳である。(著者抄録)
  • 妊婦を対象としたふれて・感じる「Mama's Touchプログラム」の実行可能性 : オキシトシン・コルチゾールによる評価;予備研究
    園田 希, 小川 真世, 田所 由利子, 髙畑 香織, 周尾 卓也, 堀内 成子
    日本助産学会誌 32(1) 60-72 2018年06月
    目的 唾液中オキシトシンおよび唾液中コルチゾールを「Mama's Touchプログラム」の評価指標とすることの実行可能性を検討することである。方法 妊娠38週台と妊娠39週台の計2回、プログラムに参加する介入群とプログラムに参加しない対照群の2群比較を実施した。プログラムは、対象者が乳児とその母親の関わりを観察し、抱っこやあやすなど実際に乳児と関わる60分間のプログラムである。両群とも、研究開始前(Pre)、研究開始後30分(Post 30)、研究開始後60分(Post 60)の3時点で唾液を採取した。唾液採取・オキシトシン濃度の解析およびコルチゾール濃度の解析・乳児とのふれ合いについて分析した。結果 妊娠38週台は介入群7名、対照群6名が研究に参加したが、妊娠39週台では介入群5名、対照群5名となった。オキシトシン濃度は、妊娠38週台、妊娠39週台ともにばらつきが大きいという結果であった。コルチゾール濃度は、妊娠38週台、妊娠39週台ともに両群ともPre- Post 30- Post 60と低下した。なかでも、妊娠39週台の介入群ではPre- Post 30で有意に低下していた(p=.044)。69検体(唾液量0.5mLから6.0mL)のうち、オキシトシン濃度は45検体(65.2%)で、コルチゾール濃度は全ての検体でduplicate assayにて解析できた。プログラムを実施した介入群では、乳児の発達や反応は個別性がありふれ合いの体験の内容に多様性があった。結語 唾液中オキシトシンおよび唾液中コルチゾールを「Mama's Touchプログラム」の評価指標とすることは、唾液採取法、生理学的解析、乳児とのふれ合いという点で実行可能性が確認された。今後は、対象数の拡大、無作為割り付き、乳児の月齢やふれ合いの内容の統一、母親からの教示を規定するという工夫、唾液採取量の増加などオキシトシン濃度解析可能検体数の増加に向けた改善が課題である。(著者抄録)
  • エビデンスに基づく助産ガイドライン 妊娠期・分娩期2016の概要(The outline of "Japan Academy of Midwifery: Evidence-based guidelines for midwifery care in pregnancy and childbirth-2016 edition")
    飯田 真理子, 片岡 弥恵子, 江藤 宏美, 田所 由利子, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 浅井 宏美, 櫻井 綾香, 堀内 成子, 日本助産学会
    日本助産学会誌 32(1) 73-80 2018年06月
    周産期を通して安全で快適なケアを提供するには助産実践指針が必要である。日本助産学会は健康なローリスクの女性と新生児へのケア指針を示した「エビデンスに基づく助産ガイドライン-妊娠期・分娩期2016」を刊行した。この2016年版は2012年版に新たに妊娠期の臨床上の疑問(Clinical Question、以下CQ)を13項目加え、既にある分娩期のCQ30項目には最新のエビデンスを加えた。このガイドラインでは助産実践を行う上で日常助産師が遭遇しやすい臨床上の疑問に答え、ケアの指針を示している。推奨は最新のエビデンスに基づいているため、ここに示している内容は現時点での"最良の実践"と考える。本ガイドラインに期待する役割は次の3つである:1)助産師がエビデンスに基づいたケアを実践し、女性の意思決定を支援するための指針としての役割、2)助産師を養成する教育機関において、日進月歩で進化していく研究を探索する意味を学び、知識やケアの質が改善している事実を学ぶ道具としての役割、3)研究が不足し充分なエビデンスが得られていない課題を認識し、研究活動を鼓舞していく役割。そして本稿においてガイドラインの英訳を紹介する目的は次の通りである:1)日本の助産師が編纂したガイドラインを世界に紹介・発信すること、2)日本の研究者が英語で本ガイドラインを引用する際の共通認識として用いること。2016年版では、合計43項目のCQに対して推奨を示しているが、次の6つに関しては産科領域で広く用いられているものの、医行為に関わるため推奨ではなく「エビデンスと解説」にとどめている:CQ1分娩誘発、CQ2卵膜剥離、CQ7硬膜外麻酔、CQ21会陰切開、CQ26会陰縫合、CQ28予防的子宮収縮薬投与。2012年版から推奨が改訂されたCQは次の通りである:CQ3乳房・乳頭刺激の分娩誘発効果、CQ9指圧、鍼療法の産痛緩和効果、CQ14指圧、鍼療法の陣痛促進効果。なお、本論文の一部は「エビデンスに基づく助産ガイドライン-妊娠期・分娩期2016」からの抜粋であり、推奨の部分は翻訳である。(著者抄録)
  • 分娩介助指導における熟練指導者にみられた臨床指導実践能力の特徴
    菱沼由梨, 堀内成子
    日本助産師学会抄録集 74th 31 2018年05月
  • 医療介入を見極める乳腺炎診断アセスメントツール開発に向けた基礎調査
    長田知恵子, 堀内成子
    日本助産師学会抄録集 74th 33 2018年05月
  • 妊婦健診の“女性を中心としたケア”の認識とマタニティーブルーズおよび産後うつ病との関連
    飯田真理子, 堀内成子, 堀内成子, 永森久美子
    母性衛生 59(1) 81‐89 2018年04月
  • 無痛分娩の希望とその分娩転帰 自然分娩との比較
    宍戸 恵理, 堀内 成子
    母性衛生 59(1) 112-120 2018年04月
    【目的】妊娠期の無痛分娩の希望とその分娩転帰について、自然分娩者との比較から特徴を明らかにすることである。【方法】都市部の周産期医療センター1施設で、妊娠36週以降の経腟分娩を予定している妊婦700名を対象に質問紙を配布した。その後、経腟分娩をした同一対象者の医療記録より分娩情報を得た。有効回答609名について、妊娠期の希望とその転帰について比較分析を行った。【結果】無痛分娩希望者は44.5%、自然分娩希望者は39.2%であり、ほとんど希望通りの分娩転帰であった。どちらか迷っている者は16.3%で、その分娩転帰は半分に分かれた。無痛分娩希望者の平均年齢は36.2歳で、他の2群と比べ有意に高かった(P<0.001)。痛みへの対処行動として、薬剤使用の抵抗感の低さが特徴としてみられ、陣痛の捉え方もネガティブな傾向がみられた。分娩転帰について無痛分娩者は、自然分娩者と比較し、分娩時総出血量は有意に多く、分娩所要時間も有意に長く、器械分娩も有意に多かった(P<0.001)。産後の尿閉、膀胱留置カテーテルの挿入が有意に多かった(P<0.01)。【結論】無痛分娩希望者、どちらか迷っている者、自然分娩希望者の特徴があり、妊娠期より正しい情報提供や意思決定支援が必要である。(著者抄録)
  • タンザニアの医療施設における早期必須新生児ケア(EENC)のセミナー実施報告
    福冨理佳, 五十嵐由美子, 新福洋子, 片岡弥恵子, 堀内成子
    聖路加国際大学紀要 4 58‐62 2018年03月
  • タンザニアでフィールド研究を実施するために必要な準備: 文化的理解・倫理審査・安全対策
    新福洋子, 下田佳奈, 堀内成子
    聖路加国際大学紀要 4 33-37 2018年03月
  • 国際看護学修士課程におけるタンザニア演習とWHO本部インターンシップ実習
    長松 康子, 山路 野百合, 鈴木 大地, 新福 洋子, 堀内 成子, 大田 えりか
    聖路加国際大学紀要 4 38-41 2018年03月
    グローバルヘルスに貢献する人材育成を行うためには,国際看護の理論や知識を伝達するだけでなく,実際に開発途上国に赴いて健康問題を目の当たりにする機会を与え,学生のこれまでの専門看護をどのように開発途上国の人々のために生かすかを考えさせる機会が必要である。そこで大学院国際看護学修士課程において,2016年度より修士課程大学院生に対するタンザニア連合共和国における演習と修士課程2年生に対する世界保健機関本部でのインターンシップ実習を開設した。タンザニア演習は,海外での看護経験がない学生にとって,開発途上国の健康課題や看護の課題を学び,自分の看護経験を活かした貢献を考える機会を与えた。一方,WHO本部インターンシップは,国連機関での業務を実際に体験することで国連機関の役割と業務の理解を深め,政策決定にかかわることの重要性を学ぶ機会となった。(著者抄録)
  • 妊娠後期女性におけるクラリセージ・ラベンダー精油,ジャスミン精油による足浴前後のオキシトシン・コルチゾールの変化:非無作為化臨床試験
    田所由利子, 堀内成子, 堀内成子, 高畑香織, 岡美雪, 周尾卓也, 片岡弥恵子, 八重ゆかり
    日本助産学会誌 31(3) 319-319 2018年02月
  • 明日から使える!冷え症ケアの「技」の実施と評価
    中村幸代, 毛利多恵子, 竹内翔子, 堀内成子, 飯田真理子, 中村幸代, 毛利多恵子, 竹内翔子, 堀内成子, 堀内成子, 飯田真理子
    日本助産学会誌 31(3) 380-380 2018年02月
  • 妊娠末期における陣痛発来のための乳頭刺激プロトコルおよび唾液オキシトシン測定の実行可能性
    高畑 香織, 堀内 成子, 田所 由利子, 周尾 卓也, 八重 ゆかり
    日本助産学会誌 31(3) 381-381 2018年02月
  • 搾乳モデル機器の開発
    長田 知恵子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 31(3) 393-393 2018年02月
  • 妊婦が乳児とふれあう「Mama Touchプログラム」および唾液オキシトシン測定の実行可能性
    小川 真世, 園田 希, 田所 由利子, 高畑 香織, 周尾 卓也, 堀内 成子
    日本助産学会誌 31(3) 475-475 2018年02月
  • 育児支援プログラム「HUG Your Baby」の有用性 産後のアンケートとインタビューを通して
    柏原 由梨恵, 新福 洋子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 31(3) 476-476 2018年02月
  • 実践報告:聖路加国際大学 3 年次学士編入制度―開始から半年間のプロセス
    下田 佳奈, 川端 愛, 齋藤 あや, 堀内 成子
    聖路加国際大学紀要 4 27-32 2018年
  • INFLUENCES OF FETAL MOVEMENT ON A PREGNANT WOMAN'S SLEEP: USING FETAL MOVEMENT ACCELERATION MEASUREMENT RECORDER
    K. Nishihara, H. Eto, S. Horiuchi
    JOURNAL OF SLEEP RESEARCH 26 47-47 2017年10月
  • ローリスク初産婦における陣痛発来を目的とした乳頭刺激によるオキシトシンへの影響:準ランダム化比較試験
    高畑香織, 堀内成子, 堀内成子, 田所由利子, 丸山菜穂子, 周尾卓也
    母性衛生 58(3) 230-230 2017年09月
  • 妊娠28週以降の骨盤位の頻度と自然回転率
    東原 亜希子, 堀内 成子, 山中 美智子
    母性衛生 58(2) 371-379 2017年07月
    【目的】妊娠28週から分娩に至るまでの骨盤位の頻度および頭位への自然回転率の推移を探索する。【方法】診療録の後方視的調査を行った。選択基準は、1)日本人を含めたアジア人女性、2)2007年4月1日〜2015年3月31日の間に分娩に至ったもの、3)妊娠28週以降の単胎、4)外回転術を実施していないものとした。【結果】妊娠28週から分娩までの健診で胎位が確認できた2,112名の骨盤位の頻度を妊娠週数毎にみると、妊娠28週時点で24.2%、妊娠30週で17.4%、妊娠32週11.6%、妊娠34週7.6%、妊娠36週5.6%、分娩時5.4%であった。骨盤位から頭位への自然回転率は妊娠28週で82.2%、妊娠30週で72.8%、32週で58.6%、妊娠34週で37.3%、妊娠36週で10.2%であり、分娩に近づくにつれ下降していた。また、頭位への自然回転率には、分娩歴の差を認めなかった。【結語】骨盤位から頭位への自然回転率は、妊娠32週では58.6%であったが、妊娠34週では37.3%になっていた。従って、骨盤位のままでとどまるかどうかは、妊娠32週から34週の時期が境界になる可能性があった。(著者抄録)
  • 妊娠28週以降の骨盤位の頻度と自然回転率
    東原 亜希子, 堀内 成子, 山中 美智子
    母性衛生 58(2) 371-379 2017年07月
    【目的】妊娠28週から分娩に至るまでの骨盤位の頻度および頭位への自然回転率の推移を探索する。【方法】診療録の後方視的調査を行った。選択基準は、1)日本人を含めたアジア人女性、2)2007年4月1日〜2015年3月31日の間に分娩に至ったもの、3)妊娠28週以降の単胎、4)外回転術を実施していないものとした。【結果】妊娠28週から分娩までの健診で胎位が確認できた2,112名の骨盤位の頻度を妊娠週数毎にみると、妊娠28週時点で24.2%、妊娠30週で17.4%、妊娠32週11.6%、妊娠34週7.6%、妊娠36週5.6%、分娩時5.4%であった。骨盤位から頭位への自然回転率は妊娠28週で82.2%、妊娠30週で72.8%、32週で58.6%、妊娠34週で37.3%、妊娠36週で10.2%であり、分娩に近づくにつれ下降していた。また、頭位への自然回転率には、分娩歴の差を認めなかった。【結語】骨盤位から頭位への自然回転率は、妊娠32週では58.6%であったが、妊娠34週では37.3%になっていた。従って、骨盤位のままでとどまるかどうかは、妊娠32週から34週の時期が境界になる可能性があった。(著者抄録)
  • 混合研究法による助産師の心的外傷体験の実態 PTSD、レジリエンス、心的外傷後成長との関連
    麓 杏奈, 堀内 成子
    日本助産学会誌 31(1) 12-22 2017年06月
    目的 喜ばしい体験と同時に不測の急変に直面することのある助産師の心的外傷体験の実態を明らかにし、その心的外傷体験後の心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic Stress Disorder:PTSD)発症リスクやレジリエンス、外傷後成長(Posttraumatic Growth:PTG)との関連を探索することである。対象と方法 全国の周産期関連施設と教育機関から、層別化無作為割り付け法で抽出した308施設1,198名の就業助産師に質問紙を郵送した。有効回答者681名(56.8%)のデータから混合研究法を用いて、量的データは統計学的分析を、質的データは自由記載の内容分析を行い、得られたカテゴリと各変数との関連を検討した。結果 心的外傷体験を記載した者は575名(84.4%)で、その内容は【分娩に関連した母子の不測な状態】【助産師の辛労を引き起こした状況】【対象者の悲しみとその光景】【自分に向けられた不本意な発言や苛酷な環境】の4つに分類された。【自分に向けられた不本意な発言や苛酷な環境】という直接外傷体験をした助産師の、日本語版改訂出来事インパクト尺度(Impact of Event Scale-Revised:IES-R)平均値が最も高く、またPTG平均値が最も低かった。さらに86名(15.0%)がその心的外傷体験を機に退職を検討していた。また、PTSDと就業継続意思(r=-.229)、サポートと就業継続意思(r=-.181)、PTSDとサポート得点(r=-.143)、PTGとサポート(r=.148)、PTGとレジリエンス(r=.314)は有意な関連を認めた(p<.001)。結論 直接外傷体験をした就業助産師はPTSD発症リスクが高かった。心的外傷体験をした助産師が職場内のサポートを得ることは、PTSD発症のリスクの低減、離職予防、さらにその助産師を成長させるポジティブな要素として働くことが示唆された。(著者抄録)
  • タンザニアにおけるJICA連携コースと国際協働論演習の相互学習効果(Reciprocal Learning Effects between the JICA Collaborative Course and the International Cooperation Seminar in Tanzania)
    新福 洋子, 堀内 成子, 長松 康子
    聖路加国際大学紀要 3 58-62 2017年03月
  • 語ることでもたらされること 周産期喪失後のグリーフ・カウンセリング
    石井 慶子, 堀内 成子, 堀内ギルバート 祥子, 蛭田 明子
    聖路加国際大学紀要 3 84-89 2017年03月
  • EBNのステップ The Power of habit
    堀内 成子
    日本遺伝看護学会誌 15(2) 21-26 2017年03月
  • 妊婦の冷え症が弛緩出血に及ぼす影響
    中村 幸代, 堀内 成子
    神奈川母性衛生学会誌 20(1) 84-84 2017年02月
  • 妊婦のセルフケアプログラム「冷え症改善パック」のマイナートラブルへの効果 ランダム化比較試験
    中村 幸代, 堀内 成子
    日本助産学会誌 30(3) 467-467 2017年02月
  • わが子がNICUに入院した母親へのケア ロールプレイによる看護職者教育プログラムの有用性の検討
    木村 晶子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 30(3) 493-493 2017年02月
  • 助産師主導クリニックにおける多様な分娩体位の実践
    大林 薫, 仙波 百合香, 堀内 成子
    日本助産学会誌 30(3) 576-576 2017年02月
  • エビデンスに基づくガイドライン 妊娠期・分娩期 2016
    堀内 成子, 浅井 宏美, 飯田 真理子, 江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 櫻井 綾香, 田所 由利子, 増澤 祐子, 八重 ゆかり, 日本助産学会, エビデンスに基づく助産ガイドライン妊娠期, ガイドライン委員会
    日本助産学会誌 30(別冊) 1-126 2017年01月
  • 【今どきのマタニティークラス実践例11 私の施設のここが自慢!】 実践例 上の子向けクラス
    永吉 智恵美, 土屋 麻由美, 片岡 弥恵子, 堀内 成子
    ペリネイタルケア 36(1) 64-67 2017年01月
  • 【医療福祉施設の食事】 自然食としての病院給食
    大西 礼二, 堀内 成子
    病院設備 59(1) 52-55 2017年01月
  • 冷え症改善プログラムの自己管理アプリケーションを使用した妊婦による評価
    中村 幸代, 堀内 成子
    日本看護科学会誌 36 60-63 2016年12月
    目的:冷え症改善プログラムを実施した妊婦による,自己管理ツールとして開発したWebアプリケーションの使用評価を分析することである.方法:対象は,冷え症改善プログラムを実施した妊婦60名である.Webアプリケーションには,レッグウォーマーの着用,エクササイズの実施,足裏のツボ押しの項目があり,対象者は4週間セルフ評価を実施した.データ収集は実施終了後の質問紙調査であり,リッカート尺度で,「1.全く思わない」〜「5.非常に思う」の5段階で評価した.結果:プログラム実施の継続に役立った:中央値4.0「やや思う」(四分位範囲0.7),自分自身の冷えの状態を認識することができた:中央値4.0(1.0),プログラムを意欲的に実施することができた:中央値4.0(1.0)であった.結論:妊婦によるWebアプリケーションの使用は,プログラムの継続やセルフケアに役に立ったという意見が多く得られた.(著者抄録)
  • The original record-analysis system of fetal and maternal movements during a pregnant woman's sleep is useful to see maternal sleep disturbance
    K. Nishihara, S. Horiuchi
    JOURNAL OF SLEEP RESEARCH 25 234-234 2016年09月
  • 妊娠期シングルマザーの心身社会的特徴 非シングルマザーとの比較から
    丸山 菜穂子, 堀内 成子, 片岡 弥恵子
    母性衛生 57(3) 173-173 2016年09月
  • 助産師主導ケアモデルにおけるフリースタイル分娩の実際
    永森 久美子, 山内 淳子, 堀内 成子, 山中 美智子
    母性衛生 57(3) 215-215 2016年09月
  • 唾液オキシトシン測定のため検体採取法の検討
    堀内 成子, 高畑 香織, 田所 由利子
    母性衛生 57(3) 251-251 2016年09月
  • 国際的な母子保健人材育成を行うタンザニア短期・長期派遣教育プログラムの実践報告
    新福 洋子, 堀内 成子
    母性衛生 57(3) 280-280 2016年09月
  • EBNのステップ The Power of Habit
    堀内 成子
    日本遺伝看護学会誌 15(1) 27-27 2016年08月
  • 周産期喪失のケアに従事する看護者を対象とした認知行動理論に基づくコミュニケーションスキルプログラムの開発と評価
    蛭田 明子, 堀内 成子, 石井 慶子, 堀内ギルバート 祥子
    日本助産学会誌 30(1) 4-16 2016年06月
    背景と目的 患者のケアニーズを引き出し、患者中心のケアを提供するために、コミュニケーションは重要な鍵となる。しかし、周産期喪失は予期せずして起こり、患者の感情と自分自身の感情の双方に対処する難しさから、多くの看護者がコミュニケーションの難しさを経験する。本研究は、周産期に子どもを亡くした両親にケアを提供する看護者を対象に、認知行動理論に基づくコミュニケーションスキルプログラムを開発し、その有用性を評価することを目的とした。方法 一群による事前事後評価研究。対象は周産期喪失のケアに従事する看護師/助産師。プログラムのゴールは、対象者の態度・行動に変容が認められること。有用性の評価指標は、自己効力感、ケアの困難感、共感満足と共感疲労、コミュニケーションの変容とし、プログラム実施前、実施後、実施1ヵ月後の3時点で測定した。結果 47名の看護師/助産師が1日のプログラムに参加、内37名(78.7%)が1ヵ月後の質問紙まで終了した。(1)自己効力感は実施後有意に上昇し(p=.000)、1ヵ月後も実施前より有意に高かった(p=.000)。(2)ケアの困難感は実施後有意に減少し(p=.000)、1ヵ月後も有意に低かった(p=.000)。(3)共感満足と共感疲労は、実施前後で有意差はなかった。サブグループ解析により、実施前に自己効力感が低くケアの困難感が高い群(13名)では、共感疲労の要因である二次的トラウマが有意に減少した(p=.001)。(4)実施1ヵ月後のコミュニケーションの態度・行動の変容を感じている者が28名(75.7%)であった。結論 本プログラムは、看護者の自己効力感を高め、困難感を軽減することに機能し、その変化は1ヵ月後も持続していた。さらに、看護者の認知の変容をもたらし、コミュニケーションにおける態度・行動の変容をもたらしていることが示された。(著者抄録)
  • 生体インピーダンスによる妊婦の体水分と妊娠・分娩期の異常との関連 パス解析を用いた検討
    中田 かおり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 30(1) 78-88 2016年06月
    目的 生体インピータンスによる妊婦の体水分と関連のある妊娠・分娩期の異常(切迫早産、妊娠高血圧症候群(PIH)、低出生体重等)を探索し、関連を検討する。対象と方法 妊娠26週から29週の健康な単胎妊婦を対象とした。データ収集は、妊娠26〜29週と妊娠34〜36週の妊娠中2回と、分娩終了後に実施した。生体インピーダンスの測定には、マルチ周波数体組成計を使用した。妊婦の体水分と関連のある生理学的検査値と妊娠・分娩経過に関するデータは、質問紙と診療録レビューにより収集した。変数間の関連は、パス解析により検討した。結果 研究協力の承諾を得られた340名の内、332名を分析対象とした。生体インピーダンスとの関連性が示唆された妊娠・分娩期の異常は、「切迫早産およびその疑い(妊娠26〜29週の測定後から妊娠34〜36週の測定まで)」(p<0.01)、「妊娠期の血圧上昇(妊娠34〜36週の測定後から分娩まで)」(p<0.05)、「低出生体重」(p<0.01)であった。「切迫早産およびその疑い」と「低出生体重」はレジスタンス(R)が高く体水分が少ないことが示唆され、「妊娠期の血圧上昇」はRが低く体水分が多いことが示唆された。パス解析の結果、「切迫早産およびその疑い」と「低出生体重」、「妊娠期の血圧上昇」の全てにRあるいはヘモグロビン値(Hb)からのパスを描くことができた。「切迫早産およびその疑い」と「低出生体重」は、RあるいはHbが高く体水分と血漿量が少ない可能性が示唆され、「妊娠期の血圧上昇」ではRが低くHbが高い、つまり体水分は増加しているが血漿量は増加していない、という可能性が示唆された。結論 体水分をあらわす指標と生体インピーダンスおよび、特定の妊娠・分娩期の異常との関連性が示唆された。しかし、異常の予測につながる指標の組み合わせは特定できなかった。今後、妊婦の生活やリスク発見後の対応を考えながら、妊娠期の健康につながる体水分評価指標の組み合わせや基準値を探索する、基礎研究が必要である。(著者抄録)
  • 鍼灸治療を受けた骨盤位の転帰と胎動の変化
    東原 亜希子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 30(1) 120-130 2016年06月
    目的 胎児が骨盤位である妊婦が鍼灸治療を受けた際の治療経過を追跡し、特に治療に伴う胎動の変化を把握し、鍼灸治療と胎動との関連を探索した。対象と方法 妊娠28週から37週の鍼灸治療を希望する骨盤位妊婦を対象とし、治療前後の心身の反応、不定愁訴の変化、胎動について分析した。胎動の「数」は胎動記録装置(FMAM)を用い客観的指標として把握した。結果 初産婦11名、経産婦1名の計12名を分析対象とした。年齢の平均は32.7歳であった。12名全員、治療延べ24回中毎回「手足がぽかぽかと温かくなる」と答え、「リラックスして眠くなった」妊婦は治療24回中22回(91.7%)に生じ副作用は認められなかった。「足のつり」「イライラ感」が治療前に比べ治療後有意に頻度が減少した(「足のつり」z=-2.53、p=.011、「イライラ感」z=-2.00、p=.046、Wilcoxon符号付き順位和検定)。胎位変換した頭位群は8名(66.7%)、骨盤位のままだった骨盤位群は4名(33.3%)であった。骨盤位診断から治療開始までの日数は、頭位群平均8.6日、骨盤位群27.3日であり、頭位群の方が有意に短かった(t=-3.7、p=.02)。治療開始時期は、頭位群平均31.5週、骨盤位群34.1週であり、頭位群の方が統計的に有意に早い週数で始めていた(t=-2.4、p=.04)。客観的な胎動数の変化として、初回治療時の平均を、「治療前20分」「治療中」「治療後20分」で比較すると、「治療中」に有意差があり、頭位群173.71回/時、骨盤位群105.63回/時と頭位群の方が有意に多かった(t=2.78、p=.02)。対象毎にみると、頭位群では「治療前20分」に比べて、「治療中」または「治療後20分」に胎動が増加していた。結論 鍼灸治療は、手足が温まり、リラックスして眠くなることが生じ、副作用は認められなかった。「足のつり」「イライラ感」の頻度が治療後有意に減少した。胎位変換率は66.7%であり、頭位群は診断から平均8.6日以内に治療を始め、平均妊娠31.5週までに開始していた。胎動の変化として、頭位群は「治療中」または「治療後20分」に胎動増加が認められた。(著者抄録)
  • 周産期喪失のケアに従事する看護者を対象とした認知行動理論に基づくコミュニケーションスキルプログラムの開発と評価
    蛭田 明子, 堀内 成子, 石井 慶子, 堀内ギルバート 祥子
    日本助産学会誌 30(1) 4-16 2016年06月
    背景と目的 患者のケアニーズを引き出し、患者中心のケアを提供するために、コミュニケーションは重要な鍵となる。しかし、周産期喪失は予期せずして起こり、患者の感情と自分自身の感情の双方に対処する難しさから、多くの看護者がコミュニケーションの難しさを経験する。本研究は、周産期に子どもを亡くした両親にケアを提供する看護者を対象に、認知行動理論に基づくコミュニケーションスキルプログラムを開発し、その有用性を評価することを目的とした。方法 一群による事前事後評価研究。対象は周産期喪失のケアに従事する看護師/助産師。プログラムのゴールは、対象者の態度・行動に変容が認められること。有用性の評価指標は、自己効力感、ケアの困難感、共感満足と共感疲労、コミュニケーションの変容とし、プログラム実施前、実施後、実施1ヵ月後の3時点で測定した。結果 47名の看護師/助産師が1日のプログラムに参加、内37名(78.7%)が1ヵ月後の質問紙まで終了した。(1)自己効力感は実施後有意に上昇し(p=.000)、1ヵ月後も実施前より有意に高かった(p=.000)。(2)ケアの困難感は実施後有意に減少し(p=.000)、1ヵ月後も有意に低かった(p=.000)。(3)共感満足と共感疲労は、実施前後で有意差はなかった。サブグループ解析により、実施前に自己効力感が低くケアの困難感が高い群(13名)では、共感疲労の要因である二次的トラウマが有意に減少した(p=.001)。(4)実施1ヵ月後のコミュニケーションの態度・行動の変容を感じている者が28名(75.7%)であった。結論 本プログラムは、看護者の自己効力感を高め、困難感を軽減することに機能し、その変化は1ヵ月後も持続していた。さらに、看護者の認知の変容をもたらし、コミュニケーションにおける態度・行動の変容をもたらしていることが示された。(著者抄録)
  • 生体インピーダンスによる妊婦の体水分と妊娠・分娩期の異常との関連 パス解析を用いた検討
    中田 かおり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 30(1) 78-88 2016年06月
    目的 生体インピータンスによる妊婦の体水分と関連のある妊娠・分娩期の異常(切迫早産、妊娠高血圧症候群(PIH)、低出生体重等)を探索し、関連を検討する。対象と方法 妊娠26週から29週の健康な単胎妊婦を対象とした。データ収集は、妊娠26〜29週と妊娠34〜36週の妊娠中2回と、分娩終了後に実施した。生体インピーダンスの測定には、マルチ周波数体組成計を使用した。妊婦の体水分と関連のある生理学的検査値と妊娠・分娩経過に関するデータは、質問紙と診療録レビューにより収集した。変数間の関連は、パス解析により検討した。結果 研究協力の承諾を得られた340名の内、332名を分析対象とした。生体インピーダンスとの関連性が示唆された妊娠・分娩期の異常は、「切迫早産およびその疑い(妊娠26〜29週の測定後から妊娠34〜36週の測定まで)」(p<0.01)、「妊娠期の血圧上昇(妊娠34〜36週の測定後から分娩まで)」(p<0.05)、「低出生体重」(p<0.01)であった。「切迫早産およびその疑い」と「低出生体重」はレジスタンス(R)が高く体水分が少ないことが示唆され、「妊娠期の血圧上昇」はRが低く体水分が多いことが示唆された。パス解析の結果、「切迫早産およびその疑い」と「低出生体重」、「妊娠期の血圧上昇」の全てにRあるいはヘモグロビン値(Hb)からのパスを描くことができた。「切迫早産およびその疑い」と「低出生体重」は、RあるいはHbが高く体水分と血漿量が少ない可能性が示唆され、「妊娠期の血圧上昇」ではRが低くHbが高い、つまり体水分は増加しているが血漿量は増加していない、という可能性が示唆された。結論 体水分をあらわす指標と生体インピーダンスおよび、特定の妊娠・分娩期の異常との関連性が示唆された。しかし、異常の予測につながる指標の組み合わせは特定できなかった。今後、妊婦の生活やリスク発見後の対応を考えながら、妊娠期の健康につながる体水分評価指標の組み合わせや基準値を探索する、基礎研究が必要である。(著者抄録)
  • 鍼灸治療を受けた骨盤位の転帰と胎動の変化
    東原 亜希子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 30(1) 120-130 2016年06月
    目的 胎児が骨盤位である妊婦が鍼灸治療を受けた際の治療経過を追跡し、特に治療に伴う胎動の変化を把握し、鍼灸治療と胎動との関連を探索した。対象と方法 妊娠28週から37週の鍼灸治療を希望する骨盤位妊婦を対象とし、治療前後の心身の反応、不定愁訴の変化、胎動について分析した。胎動の「数」は胎動記録装置(FMAM)を用い客観的指標として把握した。結果 初産婦11名、経産婦1名の計12名を分析対象とした。年齢の平均は32.7歳であった。12名全員、治療延べ24回中毎回「手足がぽかぽかと温かくなる」と答え、「リラックスして眠くなった」妊婦は治療24回中22回(91.7%)に生じ副作用は認められなかった。「足のつり」「イライラ感」が治療前に比べ治療後有意に頻度が減少した(「足のつり」z=-2.53、p=.011、「イライラ感」z=-2.00、p=.046、Wilcoxon符号付き順位和検定)。胎位変換した頭位群は8名(66.7%)、骨盤位のままだった骨盤位群は4名(33.3%)であった。骨盤位診断から治療開始までの日数は、頭位群平均8.6日、骨盤位群27.3日であり、頭位群の方が有意に短かった(t=-3.7、p=.02)。治療開始時期は、頭位群平均31.5週、骨盤位群34.1週であり、頭位群の方が統計的に有意に早い週数で始めていた(t=-2.4、p=.04)。客観的な胎動数の変化として、初回治療時の平均を、「治療前20分」「治療中」「治療後20分」で比較すると、「治療中」に有意差があり、頭位群173.71回/時、骨盤位群105.63回/時と頭位群の方が有意に多かった(t=2.78、p=.02)。対象毎にみると、頭位群では「治療前20分」に比べて、「治療中」または「治療後20分」に胎動が増加していた。結論 鍼灸治療は、手足が温まり、リラックスして眠くなることが生じ、副作用は認められなかった。「足のつり」「イライラ感」の頻度が治療後有意に減少した。胎位変換率は66.7%であり、頭位群は診断から平均8.6日以内に治療を始め、平均妊娠31.5週までに開始していた。胎動の変化として、頭位群は「治療中」または「治療後20分」に胎動増加が認められた。(著者抄録)
  • CLoCMiPレベルⅢ認証制度のはじまりと,選考までを振り返る (特集 制度の根底にあるもの・期待されること アドバンス助産師の誕生)
    江藤 宏美, 堀内 成子
    助産雑誌 70(4) 264-268 2016年04月
  • 生体インピーダンス法を用いた切迫早産およびその疑いのある妊婦の体水分に関する考察
    中田 かおり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 444-444 2016年03月
  • 助産師による自然に生じた会陰裂傷縫合の有効性と安全性の検討
    竹内 翔子, 堀内 成子, 永森 久美子, 山内 淳子, 八重 ゆかり
    日本助産学会誌 29(3) 449-449 2016年03月
  • 育児支援クラス"HUG Your Babyプレママ・パパクラス"の実践
    新福 洋子, 飯田 真理子, 麓 杏奈, 仙波 百合香, 永森 久美子, 田中 夢子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 469-469 2016年03月
  • 妊婦のセルフケアプログラム「冷え症改善パック」の有効性 ランダム化比較試験による検証
    中村 幸代, 堀内 成子, 深澤 洋子
    日本助産学会誌 29(3) 480-480 2016年03月
  • タンザニア農村部の思春期学生に対するリプロダクティブヘルス教育プログラム評価質問紙改善のための認知インタビュー
    川野 嘉子, 新福 洋子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 496-496 2016年03月
  • 聖路加JICA連携プログラム「タンザニア連合共和国母子保健支援ボランティア連携事業」の実践報告
    新福 洋子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 586-586 2016年03月
  • 都市部の助産師主導クリニックにおける産褥入院(ショートステイ)の意義
    大林 薫, 仙波 百合香, 堀内 成子
    日本助産学会誌 29(3) 623-623 2016年03月
  • 【産科領域に対する鍼灸マッサージ】 (PART1)妊婦にみられる症状のメカニズムと接遇の注意点 つわりと逆子を例に
    東原 亜希子, 堀内 成子
    医道の日本 75(1) 164-171 2016年01月
  • 【助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルIII認証への期待】 CLoCMiP「レベルIII」認証制度の概要および初年度認証の振り返りと今後の予定
    堀内 成子, 江藤 宏美
    看護 68(2) 040-041 2016年01月
  • 助産師の心的外傷体験の実態 PTSD、レジリエンス、心的外傷後成長との関連
    麓 杏奈, 堀内 成子
    母性衛生 56(3) 220-220 2015年09月
  • 母乳栄養の支援 母児同床と2週間健診の影響
    浦嶋 由依, 堀内 成子, 畠山 藍, 仙波 百合香
    母性衛生 56(3) 275-275 2015年09月
  • 日本助産師会ビジョン2025(案) : すべての女性に助産師のケアを (特集 助産師の将来構想)
    堀内 成子, 山本 詩子, 安達 久美子
    助産師 = The Journal of Japanese Midwives' Association : 日本助産師会機関誌 69(2) 14-24 2015年05月
  • 【助産師の将来構想】 日本助産師会ビジョン2025(案) すべての女性に助産師のケアを
    堀内 成子, 山本 詩子, 安達 久美子, 毛利 多恵子, 井本 寛子, 渕元 純子, 将来構想検討特別委員会
    助産師 69(2) 14-24 2015年05月
  • 大学院ウィメンズヘルス・助産学 国際協働論演習タンザニアへの展開
    新福洋子, 麓杏奈, 大場久美子, 川野嘉子, 新妻祐子, 岩井恵, 岡美幸, 長松康子, 堀内成子
    聖路加国際大学紀要 1 46-51 2015年03月
  • 【ペリネイタル・ロスのケアを考える】 家族が望むペリネイタル・ロスのグリーフケア 人工死産の会から聞こえる声
    堀内 成子
    助産雑誌 69(3) 208-210 2015年03月
  • 【始まる!助産実践能力認証制度】 レベルIII認証を受けるには
    堀内 成子
    助産師 69(1) 22-24 2015年02月
  • 周産期喪失後のグリーフ・カウンセリング
    石井 慶子, 堀内 成子, 蛭田 明子, 堀内 祥子
    日本助産学会誌 28(3) 428-428 2015年02月
  • 大学院助産教育における国際協働の基礎 タンザニアでの学びと今後の展開
    新福 洋子, 堀内 成子, 長松 康子
    日本助産学会誌 28(3) 475-475 2015年02月
  • 分娩後出血のリスク因子の検討 -後方視的多変量解析を用いて-
    前田 菜穂子, 片岡 弥恵子, 岡田 智恵, 堀内 成子, 江藤 宏美
    保健学研究 27 29-34 2015年01月
    目的:経腟分娩の分娩後出血のリスク因子を検討することを目的とした. 研究方法:主にローリスクの分娩を扱う 1 か所の病院にて,医療記録から分娩後出血とリスク因子データを抽出したケースコントロール研究である.交絡因子を調整するため多重ロジスティック回帰分析を行った. 結果:対象者798名のうち,800ml以上の出血は35人(4.4%)であった.リスク因子として,児出生体重4,000g以上(OR34.4, 95% CI5.2-229.4),子宮筋腫(OR=4.7, 95% CI 1.2-18.1)に有意差が認められた. 結論:分娩後出血のリスク因子として児出生体重と子宮筋腫が明らかになった.これらの因子はスクリーニングに活用することができる.
  • Ultradian rest-activity rhythm of fetal movement starts in conceptual 28-weeks
    K. Nishihara, S. Horiuchi
    JOURNAL OF SLEEP RESEARCH 23 177-177 2014年09月
  • 予防接種の意思決定支援:分娩レビューと意思決定支援ツールの紹介
    遠藤亜希子, 堀内成子
    日本助産学会誌 28(1) 5-15 2014年06月
  • エビデンス・ギャップ,感じていますか? (特集 科学的根拠からみなおす助産技術)
    堀内 成子
    助産雑誌 68(5) 413-415 2014年05月
  • 妊婦の冷え症と微弱陣痛・遷延分娩との因果効果の推定 : 頃向スコアによる交絡因子の調整
    中村 幸代, 堀内 成子, 柳井 晴夫
    日本看護科学会誌 33(4) 3-12 2013年12月
  • 【女性と出生前診断 助産師の役割】 妊娠継続を見送った女性へのケア
    北園真希, 蛭田明子, 石井慶子, 太田尚子, 勝又里織, 堀内成子
    助産雑誌 67(5) 387-390 2013年05月
  • 分娩後出血のリスク因子および予防的介入に関する文献レビュー
    前田菜穂子, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 堀内成子
    日本助産学会誌 27(1) 4-15 2013年
  • 助産学研究者は文化を越えて母子保健改善の旗手に
    堀内成子
    学術国際交流2013-14 独立行政法人 日本学術振興会 2013年
  • 母子保健に関する国際動向および情報発信に関する研究 平成24年度総括・分担報告書
    森 臨太郎, 古川壽亮, 水上尚典, 田村正徳, 堀内成子, 津冨宏, 米本直祐
    厚生労働科学研究費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業 113-152 2013年
  • 助産師主体の分娩管理における医師との連携に関する研究 平成24年度分担報告書
    池ノ上 克, 平田 修司, 中井 章人, 金子 政時, 高橋弘幸, 米山万理枝, 堀内成子, 田村一代, 久保敦子, 照井克生, 毛利多恵子
    厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)分担研究報告 2013年
  • 教育者の立場より期待すること
    堀内成子
    助産師 66(3) 15-16 2012年08月
  • 晩産化妊婦の冷え症と分娩時異常との関係性
    中村幸代, 堀内成子
    日本助産学会誌 25(3) 62 2012年04月
  • アメリカンカウンシル夏季交換留学制度 ―ヴィラノバ大学看護学部との交換研修記録―
    中島薫, 大久保暢子, 堀成美, 五十嵐ゆかり, ジェフリー, ハフマン, 菱沼典子, 堀内成子
    聖路加看護大学紀要(38) 71-75 2012年03月
    〔要旨〕 2002 年より2010 年の9 年間に計8 回にわたり,聖路加看護大学とヴィラノバ大学看護学部間で学部学生を対象とした夏季交換プログラムが実施された。同研修参加者には,将来にわたって聖路加国際病院と聖路加看護大学の発展に貢献することが義務づけられ,また米国聖公会と聖路加の歴史的関係をよく理解し,日米の懸け橋となることが期待されている。プログラム実施にあたり,資金面・運営面の両面においてアメリカンカウンシルの支援を受け,日米各4名の学生がプログラムに参加した。 本プログラムの実施により,本学学生においては,日米の看護比較を通じて,米国の優れた実践を認識するとともに,日本の看護の長所を発見する機会となった。 過去のプログラム参加者の声を生かし,北米地域で学部学生が看護の知見を得ることのできるプログラムの開発が望まれる。
  • 妊婦のセルフケアを支援する!助産外来が充実する!産む力をはぐくむ助産ケア
    堀内成子
    ペリネイタルケア 2012年新春増刊 31(401) 1-277 2012年01月
  • 出産から育児までの総合的な支援のあり方
    堀内成子
    医療福祉建築 177(10) 8-9 2012年
  • Process Report of a Collaboratice Project between Tanzania and Japan to Develop a Master's Program in Midwifery
    Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi, Sebalda Leshabari, Khadija Malima, Miwako Matsutanik, Hiromi Eto, Yasuko Nagamatsu, Michiko Oguro, Yukari Yaju
    JSPS Asia Africa Science Platform Program 2012年
  • close up聖路加産科クリニック誕生から、もうすぐ1年
    堀内成子
    助産雑誌 65(8) 702-709 2011年08月
  • こんにちは「愛といのちの家」聖路加産科クリニックです!--開設経過と現状 (特集 「院内助産」を通して考える助産師の自立)
    堀内 成子
    助産師 65(2) 21-23 2011年05月
  • 特集 「院内助産」を通して考える助産師の自立こんにちは「愛といのちの家」聖路加産科クリニックです!ー開設経過と現状ー
    堀内成子
    助産師 5月号 65(2) 21-23 2011年05月
  • 交流集会「助産実践のための分娩期ガイドライン―クリニカルクエスチョン毎の推奨文に、みなさんのご意見をお寄せください」
    江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 田所由利子, 飯田真理子, 櫻井綾香, 堀内成子
    日本助産学会学術集会 2011年03月
  • 輝くひとにインタビュー in 中央区自然の産む力、生まれる力を大切に助産師と自然分娩を多くの人に伝えたい
    堀内成子
    Bouquet CHUO City 64 6-6 2011年03月
  • 使える!助産ケアのエビデンス(最終回) 新生児・乳児へのビタミンKの投与は、どのくらいビタミンK欠乏性出血症を防げるのか?
    片岡弥恵子, 杉岡寛子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 30(2) 152-156 2011年02月
  • 家族の誕生を心待ちにする空間
    堀内成子
    病院 70(2) 154 2011年02月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第50回 新生児・乳児へのビタミンKの投与は、どのくらいビタミンK欠乏性出血症を防げるか
    片岡弥恵子, 杉岡寛子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 30(2) 56-60 2011年02月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第49回 会陰損傷の痛みに、局所的な冷罨法は効果があるか?
    若井翔子, 堀内成子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 30(1) 60-64 2011年01月
  • 妊婦の冷え症の特徴 : ブラジル人妊婦の分析
    中村 幸代, 堀内 成子, 毛利 多恵子, 桃井 雅子
    日本助産学会誌 24(2) 205-214 2010年12月
    <B>目 的</B> ブラジル在住のブラジル人妊婦を対象に,冷え症の自覚がある妊婦の体温及び,妊娠中の随伴症状や日常生活行動の特徴の実態を分析する。<B>対象と方法</B> 妊娠20週以降のブラジル在住ブラジル人妊婦200名を対象とし,体温測定と質問紙調査を行った。調査期間は2007年10月から2008年2月である。<B>結 果</B> 1,冷え症の自覚があった妊婦は114名(57%)であった。前額部深部温と足底部深部温の温度較差の平均は,冷え症の自覚がある妊婦は,2.8℃,冷え症の自覚がない妊婦は2.0℃で,2群間に有意差が認められた(p=0.018)。2.冷え症の自覚と冷え症を判断する基準(寺澤,1987)との比較にて,冷え症の自覚がある妊婦のうち,冷え症を判断する基準(寺澤,1987)でも冷え症である妊婦は70.2%であり,冷え症の自覚がない妊婦のうち,89.5%は冷え症を判断する基準(寺澤,1987)でも冷え症ではないと判断できた。3.妊婦の冷え症と随伴症状・日常生活行動との関連性では,「冷えの認識」と「冷えに関連した妊娠に伴う症状」は相互に因果関係は認められなかった。「不規則な生活」は「冷えに関連した妊娠に伴う症状」に正の影響を与えていた(β=0.41, p=0.049)。さらに「不規則な生活」は「冷えに関連した妊娠に伴う症状」を介して「陰性食品の摂取」に正の影響を与えていた(β=0.38, p=0.021)。<B>結 論</B> 1.冷え症の自覚がある妊婦の,前額部深部温と足底部深部温の温度較差は,冷え症の自覚がない妊婦に比べて有意に大きい。冷え症の自覚は,客観指標となる温度較差を反映している。2.冷え症の自覚がない妊婦と,冷え症を判断する基準(寺澤,1987)の一致率は約8割と高かった。3.ブラジル人妊婦は,「深部温温度較差」や「冷えの認識」と,「冷えに関連した妊娠に伴う症状」や「不規則な生活」や「陰性食品の摂取」との間に因果関係はなく,日常生活行動が冷え症に影響を与えない。
  • 世界の学術ジャーナル出版動向
    堀内 成子
    日本看護科学会誌 30(4) 2010年12月
  • これからの大学院教育を考える--豊かな職業,豊かな学問への努力と楽しみ (特集 大学院で助産を学ぼう)
    堀内 成子
    助産雑誌 64(12) 1075-1080 2010年12月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第48回 卵膜剥離は、分娩を誘発する方法として本当に効果的か?
    片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(12) 74-77 2010年12月
  • 世界の学術ジャーナル出版動向
    堀内成子
    日本看護科学学会誌 30(4) 巻頭頁 2010年12月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第47回 自宅分娩か、病院分娩か?
    八重ゆかり, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(11) 56-62 2010年11月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第46回 出生後に、新生児の臍帯の消毒は必要か?
    江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 片岡弥恵子, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(10) 58-63 2010年10月
  • グラフ妊婦から分娩・産褥・育児期までチーム編成による継続した助産ケアー愛といのちの家 聖路加産科クリニック
    堀内成子
    看護 62(12) 巻頭頁 2010年10月
  • Interview助産師が自らの役割をはたすために
    進 純郎, 堀内成子
    週刊 医学界新聞(2900) 4 2010年10月
  • P-030 EBMに基づく助産ケアのガイドライン(分娩期)の開発と評価(Group58 分娩,ポスターセッション,第51回日本母性衛生学会総会)
    江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 浅井 宏美, 田所 由利子, 堀内 成子
    母性衛生 51(3) 2010年09月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第45回 情報収集を気楽に続けよう
    佐藤晋巨, 片岡弥恵子, 堀内成子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(9) 89-93 2010年09月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第44回 三陰交をはじめとする経穴への鍼刺激が及ぼす陣痛促進効果
    櫻井綾香, 片岡弥恵子, 堀内成子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(8) 66-69 2010年08月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第43回 分娩中の産婦への酸素投与は、胎児機能不全の回復に効果があるのか?
    白井希, 片岡弥恵子, 堀内成子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(7) 44-47 2010年07月
  • 一般社団法人 日本助産学会設立のお知らせ
    堀内 成子, 高田 昌代
    日本助産学会誌 24(1) 2010年06月
  • 母乳育児をしている母親の混乱や不安を招いた保健医療者のかかわり
    永森 久美子, 土江田 奈留美, 小林 紀子, 中川 有加, 堀内 成子, 片岡 弥恵子, 菱沼 由梨, 清水 彩
    日本助産学会誌 24(1) 17-27 2010年06月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第42回)妊娠中に骨盤底筋を鍛えることで、分娩所要時間が長引くのだろうか?さらに,吸引分娩などの器械分娩が増加するのだろうか?
    篠崎 克子, 堀内 成子, 片岡 弥恵子
    ペリネイタルケア 29(6) 609-613 2010年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第42回 妊娠中に骨盤底筋を鍛えることで、分娩所要時間が長引くのだろうか?さらに、吸引分娩などの器械分娩が増加するだろうか?
    篠崎克子, 堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(6) 85-89 2010年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第41回 助産師主導のケアは、妊娠中の女性に対してどのような効果があるのだろうか?
    飯田真理子, 堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(5) 83-87 2010年05月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第40回コクラン・ライブラリーを使ってみませんか?
    佐藤晋巨, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(4) 68-72 2010年04月
  • ワークショップ「ペリネイタル・ロス体験者とともに考える退院後のケア」
    太田尚子, 堀内成子, 石井慶子, 飯田真理子, 鷲尾美代子
    日本助産学会学術集会 2010年03月
  • 学術大会報告 第14回聖路加看護学会学術大会を終えて
    堀内成子
    聖路加看護学会誌 14(1) 43 2010年03月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第39回妊婦の水分摂取は、羊水量の増加と関係があるか?
    中田かおり, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(3) 64-67 2010年03月
  • Reproduction of Maternal Mortality Rate in Tanzania Development of Reproductive Health Awareness Materials to Prevent Unwanted Pregnancy to Adolescent.
    Frida E.Madeni, Shigeko Horiuchi, Mina Jitsuzaki
    聖路加看護大学紀要(36) 74-85 2010年03月
    Purpose:The purpose of this study was to : idendfy factors contributing to adolescent pregnancy, which is a risk factor to maternal mortality ; compare reproductive health issues between Tanzania and Japan and then to develop a reproductive health program for Tanzania adolescents.Method Twelve electronic databases were searched including PubMed and Cochrane Library ; The keywords used were Tanzania, adolescent, pregnancy, maternal mortahty, reproductive health. Only research studies on pardcipant's between ages 13-18 years were used. Web sites of relevant organizations and reviews of Japan's and Tanzania's chIical information on reproductive health service were included. Excluded were non-Enghsh language publications and those pubhshed before 1999. Nine studies met the inclusion criteria.Findings The Tanzania population is young: 65% is under 24 years and 20% are between 15 - 24 years (National Bureau of Statistics Macro , 2005). Yet, these youth who hold the key to our future as a nation have idendfiedissues of concern: lack of adequate knowledge, Culture and traditional problems and poor accessibility to proper information for adolescents. The findings show t
  • 日本の医療施設におけるDV被害者支援の現状
    片岡弥恵子, 櫻井綾香, 江藤宏美, 堀内成子
    聖路加看護大学紀要(36) 59-63 2010年03月
    研究目的:ドメスティック・バイオレンス(DV)は世界的な社会問題であると同時に,女性と子どもの健康に短期的および長期的な影響を及ぼす健康問題である。われわれは,「周産期ドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン」の普及を目指して,ポケットサイズのダイジェスト版を作成し,関東の病院,診療所,助産所に送付した。本研究の目的は,産婦人科を持つ病院,診療所,助産所におけるDV被害支援の現状を把撞し,ダイジェスト版の有用性に関する評価を得ることである。研究方法:研究対象者は,関東4都県の病院の産婦人科病棟の看護管理者,産婦人科診療所および助産所の所長である。調査は,無記名式の質問紙法を用い,研究施設でのDV-の取り組みの内容,DV被害者支援の困難な点,ダイジェスト版に関する意見等が含まれていた。本研究は,聖路加看護大学研究倫理審査委員会の永認を受け実施した。結果:458の医療施設に質問紙を送付し,74施設より回答を得た(回
  • 使える!助産ケアのエビデンス第38回分娩第2期の会陰保護は必要か?
    田所由利子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(2) 64-67 2010年02月
  • 聖路加産科クリニックEBMシリーズ「エビデンスに基づいた医療・助産」(妊産褥婦さん向けのパンフレット)「妊娠中からの会陰マッサージは、会陰裂傷を減らすのでしょうか?」
    飯田真理子, 堀内成子
     2010年
  • 聖路加産科クリニックEBMシリーズ「エビデンスに基づいた医療・助産」(妊産褥婦さん向けのパンフレット)「妊婦に対して、助産師が行うケアは、どのような効果があるのでしょうか?」
    飯田真理子, 堀内成子
     2010年
  • オリジナル静電容量型加速度センサによる胎動の長時間ホームモニタリングの確立 : 胎児のwell-beingを見るための新臨床検査法を目指して
    西原 京子, 梁 栄治, 堀内 成子
    医科学応用研究財団研究報告 29 101-106 2010年
  • オリジナル静電容量型加速度センサによる胎動の長時間ホームモニタリングの確立ー胎児のwell-beingをみるための新臨床検査法を目指して
    西原京子, 梁栄治, 堀内成子
    医科学応用研究財団研究報告 29 101-106 2010年
  • 使える!助産ケアのエビデンス第37回児の娩出後、臍帯をクランプするタイミングが早いか遅いかによって、母子の予後に違いはあるのだろうか?
    浅井宏美, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 29(1) 81-86 2010年01月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第36回水中出産は母子の健康に有効だろうか?
    江藤宏美, 片岡弥恵子, 堀内成子, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(12) 52-56 2009年12月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第35回乳頭の刺激は、分娩の誘発に有効なのか?
    片岡弥恵子, 宮崎千香, 江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(11) 52-55 2009年11月
  • 平成20年度厚生労働省国際医療協力研究委託費 研究報告書 (International Health Cooperation Research) 2008(20指定(公)5)
    小黒通子, 長松康子, 眞鍋裕紀子, 堀成美, 堀内成子
     309-310 2009年10月
    大学院修士課程の「ウィメンズヘルス・助産・看護人事開発協力学」のカリキュラム、教材開発研究
  • 使える!助産ケアのエビデンス第34回選択的帝王切開の時期の妥当性
    片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(10) 52-55 2009年10月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 分娩後のカンガルーケアの効果とリスク
    新井 香里, 片岡 弥恵子, 江藤 宏美, 八重 ゆかり, 堀内 成子, 松本 直子, るかデンス研究会
    ペリネイタルケア 28(9) 936-940 2009年09月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第33回分娩後のカンガルーケアの効果とリスク
    新井香里, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(9) 52-56 2009年09月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第32回妊娠中の腰痛に腹部サポート下着は有効か?
    仙波百合香, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 堀内成子, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(8) 58-62 2009年08月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第31回妊婦が胎動カウントを行うことは、胎児のwell-being を評価するのに有効だろうか
    福富規子, 江藤宏美, 堀内成子, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(7) 92-95 2009年07月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第30回エビデンスを絞って探す、広げて探す
    松本直子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 堀内成子
    ペリネイタルケア 28(6) 100-104 2009年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 過期産を防ぐための分娩誘発方針はどうあるべきか? 分娩誘発が児と母親に与えるリスクとベネフィット.
    八重ゆかり, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 松本直子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 28(5) 502-505 2009年05月
  • 「育てる喜びは、仲間を増やす喜び」
    堀内成子
    インターナショナルナーシングレビュー 32(3) 59-67 2009年05月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第29回過期産を防ぐための分娩誘発方針はどうあるべきか?分娩誘発が児と母親に与えるリスクとベネフィット
    八重ゆかり, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 松本直子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 28(5) 55-57 2009年05月
  • 出生前検査に関するe-learningプログラム受講者の経験
    吉野 美紀子, 青木, 有森 直子, 辻 恵子, 中込 さと子, 堀内 成子
    日本遺伝カウンセリング学会誌 30(1) 86-86 2009年04月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第28回振動音響刺激は、胎児の予後を予測する検査方法として適当か?
    清水彩, 堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(4) 53-56 2009年04月
  • 平成19年度厚生労働省国際医療協力研究委託費 研究報告書費 国立国際医療センター
    田代順子, 堀内成子, 平野かよ子, 田泉
     171-187 2009年03月
    開発途上国における地域看護のあり方に関する研究
  • 信頼される実践家・いまに満足しない変革家を育てる (第24回日本分娩研究会 シンポジウム これからの助産師像)
    堀内 成子
    ペリネイタルケア 28(3) 331-337 2009年03月
  • 信頼される実践家・いまに満足しない変革家を育てる
    堀内成子
    ペリネイタルケア 28(3) 109-115 2009年03月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第27回歯周病の治療は、早産を減らすことができるのか?
    るかでんす研究会片岡弥恵子, 鈴木安代, 堀内成子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(3) 61-64 2009年03月
  • Development of a Health Education Strategy for Adolescents to Prevent Maternal Mortality in Liberia.
    Colar Johnson Clarke, Shigeko Horiuchi, Yaeko Kataoka
    聖路加看護大学紀要(35) 86-97 2009年03月
    PURPOSEIn 2003 at the conclusion of the 14 year civil war in Liberia the Liberian Ministry of Healthand Social Welfare listed the reduction of maternal mortality as a critical health need. However, the maternal mortality ratio in Liberia continued to increase.It was the purpose of this study to identify the contributing factors that led to the increased maternal mortality. As a result of our analyses, we developed a health education strategy for adolescents to prevent unwanted pregnancy, one of the contributing factors of maternal mortality.METHODSA review of literature and systematic discussions with health promotion agenciesprovided data for this study. Clinical information about Japan was made by the researcher during visits to three clinical sites. The clinical information about Liberia was gathered by e-mail andtelephone.FINDINGSIn Liberia 42% of the population are women between the reproductive ages of 15 to 49.Three community hospitals reported a total of 511 maternal deaths in 2006/2007 and 284 (55.6%) were adolescents. This number of adolescent deaths was especially high.We analyzed the factors that influenced maternal health and categorized the findings into five ar
  • Development of a Health Education Strategey for Adolescents to Prevent Maternal Mortality in Liberia
    堀内 成子
    聖路加看護大学紀要 35 86-97 2009年03月
  • 信頼される実践家・いまに満足しない変革家を育てる
    堀内 成子
    ペリネイタル 28(3) 109-115 2009年03月
  • 妊婦の冷え症の民族学的特徴―ブラジル人妊婦の分析―
    中村幸代, 堀内成子, 毛利多恵子, 桃井雅子
    日本助産学会誌 22(3) 360 2009年02月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第26回不妊治療後の産婦は、産後うつ病になりやすいのか?
    るかでんす研究会青柳優子, 堀内成子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(2) 56-61 2009年02月
  • Editorial (特集 エビデンスを使える実践者になろう!)
    堀内 成子
    イー・ビー・ナーシング 9(2) 148-150 2009年
  • 臨床におけるEBNトレーニングの実際 (特集 エビデンスを使える実践者になろう!)
    堀内 成子
    イー・ビー・ナーシング 9(2) 152-164 2009年
  • 育てる喜びは、仲間を増やす喜び (総特集 研究者を育てる--大学院における研究法の教育) -- (研究者を育てる--研究法指導の実際)
    堀内 成子
    インターナショナルナーシング・レビュー 32(3) 59-67 2009年
  • オリジナル静電容量型加速度センサによる胎動の長時間ホームモニタリングの確立:胎児のwell-beingを見るための新臨床検査法を目指して
    西原京子, 梁栄治, 堀内成子
    Research papers of the Suzuken Memorial Foundation 29 2009年
  • 使える!助産ケアのエビデンス第25回授乳期の母親が食事をコントロールすることは、子どものアレルギー発症の予防になるのか?
    るかでんす研究会長田知恵子, 堀内成子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 28(1) 70-74 2009年01月
  • 特集「エビデンスを使える実践者になろう!」臨床におけるEBNトレーニングの実際
    堀内成子
    EB NURSING 9(2) 7-24 2009年01月
  • 特集「エビデンスを使える実践者になろう!」臨床におけるEBNトレーニングの実際
    堀内 成子
    EB ナーシング 9(2) 7-24 2009年
  • 使える!助産ケアのエビデンス第24回GBS陽性の産婦への抗菌薬投与は、効果があるのだろうか?
    るかでんす研究会木村晶子, 堀内成子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 27(12) 81-85 2008年12月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第23回)分娩時の胎児の回旋異常に対して,四つん這いは効果があるのだろうか?
    飯田 真理子, 堀内 成子, 江藤 宏美
    ペリネイタル・ケア 27(11) 1098-1102 2008年11月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第23回分娩時の回旋異常に対して四つん這いは効果があるのだろうか?
    るかでんす研究会飯田真理子, 堀内成子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子
    ペリネイタルケア 27(11) 36-40 2008年11月
  • 特別寄稿NPO法人日本助産評価機構の活動
    堀内成子
    助産雑誌 62(10) 962-967 2008年10月
  • 152 生後3か月間の添い寝における母児の夜間睡眠の推移(胎児・新生児1 子どもの生活,第49回日本母性衛生学会総会)
    江藤 宏美, 堀内 成子
    母性衛生 49(3) 2008年10月
  • NPO法人日本助産評価機構の活動
    堀内 成子
    助産雑誌 62(10) 962-967 2008年10月
  • 新たな家族の誕生を支えるしくみ--助産師の裁量権拡大への提言 (特集 産科医不足と助産師教育の充実)
    堀内 成子
    保健の科学 50(10) 663-670 2008年10月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第22回妊娠後期のルチーンでの超音波スクリーニングは必要なのだろうか?
    るかでんす研究会中村幸代, 片岡弥恵子, 堀内成子, 八重ゆかり, 江藤宏美, 松本直子
    ペリネイタルケア 27(10) 48-52 2008年10月
  • 第28回ICM評議会報告
    江藤宏美, 藤井ひろみ, 加納尚美, 堀内成子
    助産雑誌 62(10) 940-945 2008年10月
  • 特別寄稿 NPO法人 日本助産機構の活動
    堀内 成子
    助産雑誌 62(10) 962-967 2008年10月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第21回 情報収集の環境を自分で整えなければならないとき ―国内の情報源を使う―
    るかでんす研究会松本直子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 堀内成子, 八重ゆかり
    ペリネイタルケア 27(9) 81-84 2008年09月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 母乳育児には乳癌予防効果があるのだろうか?
    八重ゆかり, 松本直子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 27(8) 794-798 2008年08月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第20回 母乳育児には乳癌予防効果があるのだろうか?
    るかでんす研究会八重ゆかり, 松本直子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 27(8) 48-52 2008年08月
  • 視点助産分野における専門職大学院の評価始まる
    堀内成子
    週刊 医学界新聞(2790) 3 2008年07月
  • 「自分のいのちの意味を生きる」西村先生からの贈り物
    堀内成子
    聖路加チャペルニュース(211) 臨時号 2008年07月
  • 使える!助産ケアのエビデンス!第19回逆子体操(骨盤高位、膝胸位)は逆子を治すのに有効か?
    るかでんす研究会荒木裕美, 堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 松本直子, 八重ゆかり
    ペリネイタルケア 27(7) 54-58 2008年07月
  • 視点 助産分野における専門職大学院の評価
    堀内 成子
    週刊 医学界新聞第2790号 3 2008年07月
  • 国際助産師連盟(ICM)評議委員会報告
    加納 尚美, 堀内 成子, 江藤 宏美, 藤井 ひろみ
    日本助産学会誌 22(1) 96-99 2008年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 骨盤位の矯正にお灸は有効か?
    加藤 千穂, 片岡 弥恵子, 八重 ゆかり, 松本 直子, 堀内 成子, 江藤 宏美
    ペリネイタルケア 27(6) 629-633 2008年06月
  • Introducing new editorial board
    William L. Holzemer, Sachiyo Murashima, Hiromi Eto, Misuzu F. Gregg, Shigeko Horiuchi, Shigeko Horiuchi, Yayoi Iwasaki, Shigeko Izumi, Reiko Makabe, Reiko Makabe, Reiko Makabe, Reiko Makabe, Reiko Makabe, Reiko Makabe, Reiko Makabe, Reiko Makabe, Mitsue Maru, Mitsue Maru, Mieko Ozawa, Reiko Sakashita, Hirofumi Takagi, Hirofumi Takagi, Toshiaki Takeda, Junko Tashiro, Noriko Yamamoto-Mitani, Seonae Yeo, Akemi Yamazaki
    Japan Journal of Nursing Science 5 1-4 2008年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第18回 骨盤位の矯正にお灸は有効か?
    るかでんす研究会加藤千穂, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子, 江藤宏美
    ペリネイタルケア 27(6) 89-93 2008年06月
  • ICM Council Meeting Report 国際助産師連盟(ICM)評議委員会報告
    加納尚美, 堀内成子, 江藤宏美, 藤井ひろみ
    日本助産学会誌 22(1) 96-99 2008年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第17回 臍帯ドレナージは、胎盤の剥離を促進させ、分娩第3期の時間を短縮するのに有効か?
    るかんでんす研究会長谷川文子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 27(5) 83-87 2008年05月
  • 開発途上国の地域看護のあり方に関する研究地域看護力強化のための人材育成プログラム開発協力:実践研究と評価
    主任研究者, 田代順子, 分担研究者, 堀内成子, 平野かよ子, 熱田泉
    国際医療協力研究委託費2005年ー2007年度研究報告書 22-23 2008年05月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第16回)分娩期に分娩監視装置による持続的な胎児モニタリングは必要か?
    片岡 弥恵子, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    ペリネイタル・ケア 27(4) 391-394 2008年04月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第16回分娩器に分娩監視装置による持続的な胎児モニタリングは必要か?
    るかんでんす研究会片岡弥恵子, 八重ゆかり, 堀内成子, 江藤宏美, 松本直子
    ペリネイタルケア 27(4) 53-56 2008年04月
  • 入学者選抜資料データと在学者の成績データについての統計的分析
    柳井晴夫, 及川郁子, 伊藤和弘, 萱間真美, 菱沼典子, 堀内成子, 井部俊子
    大学入試研究ジャーナル(18) 171-176 2008年03月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 文献検索のヒント その3
    るかデンス研究会, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 27(3) 79-83 2008年03月
  • 開発途上国における地域看護力強化のための人材育成協力(第2報)
    長松康子, 堀内成子, 平野かよ子, 熱田泉, 成瀬和子, 小黒道子, 江藤宏美, 佐居由美, 市川和可子, 田代順子
    聖路加看護大学紀要(34) 31-35 2008年03月
    国際医療協力委託研究助成事業「開発途上国の地域看護のあり方に関する研究」の一環として, 国際ワークショップを開催したので報告する。本研究プロジェクトは, 複数の研究機関と国際協力機関の協働による, 開発途上国における地域保健の人材育成協力を目的としている。ミャンマーでは女性ボランティア支援, フィジーでは地域看護職継続教育評価,アフガニスタンでは看護学部カリキュラム開発, ケニアでは看護修士課程カリキュラム開発, 南アフリカではパワーポイントを用いたヘルスプロモーションを行っている。初年度(平成17年度) に続き, 平成18年10月にも, 活動成果と今後の方向性を共有することを目的に, 3名の国際看護専門家をアドバイザーに迎え, ワークショップを開催した。ワークショップでは, これまでの研究活動をふまえ, 討議のうえ, 人材育成協働モデル試案を作成した。
  • 死産を経験した家族の出会いと別れを支えるグリーフケアの開発
    研究代表者, 堀内成子, 研究分担者, 木村登紀子, 近藤良枝, 有森直子, 桃井雅子, 片岡弥恵子, 土屋円香, 研究協力者, 大田尚子, 蛭田明子, 石井慶子, 堀内祥子
    平成17年度~平成19年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書 2008年03月
  • 産婦人科医療体制における助産師・看護師の役割に関する研究 産科診療所に勤務する看護職が就業できる要因
    田所由利子, 堀内成子
    厚生労働省科学研究費補助金子ども家庭総合研究事業 分娩拠点病院の創設と産科2次医療圏の設定による産科医師の集中化モデル事業 55-59 2008年03月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第14回)分娩時の破膜は陣痛を加速させ,分娩時間を短くするのに有効か?
    江藤 宏美, 片岡 弥恵子, 八重 ゆかり, 松本 直子, 堀内 成子
    ペリネイタルケア 27(2) 160-164 2008年02月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 分娩時の破膜は陣痛を加速させ,分娩時間を短くするのに有効か?
    るかデンス研究会, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子
    Perinatal Care 27(2) 48-52 2008年02月
  • 都市部での子育て中の母親から見た育児支援 - 妊娠期から育児期におけるきめ細やかな支援 -
    主任研究者, 堀内成子, 分担研究者, 永森久美子, 土江田奈留美, 中川有加, 小林紀子, 片岡弥恵子
    財団法人こども未来財団 平成19年度児童関連サービス調査研究等事業報告書 2008年02月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第13回)自然に生じた会陰裂傷の縫合は必要か?
    堀内 成子, 片岡 弥恵子, 八重 ゆかり
    ペリネイタルケア 27(1) 86-90 2008年01月
  • 産科医不足と助産師教育の充実新たな家族の誕生を支えるしくみー助産師の裁量権拡大への提言ー
    堀内成子
    保健の科学 50(10) 663-670 2008年01月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 自然に生じた会陰裂傷の縫合は必要か?
    るかデンス研究会, 堀内成子, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 江藤宏美, 松本直子
    Perinatal Care 27(1) 86-90 2008年01月
  • (17公6)開発途上国における地域看護のあり方に関する研究ミャンマーにおける地域看護機能強化のためのヘルスワーカー育成プログラムの開発協力:実践・評価研究
    主任研究者, 田代順子分担研究者, 堀内成子
    平成19年度厚生労働省国際医療協力研究委託費 182-185 2008年01月
  • 入学者選抜資料データと在学者の成績データについての統計分析
    大学入試研究ジャーナル 18 171-176 2008年
  • 死産を経験した家族の出会いと別れを支えるグリーフケアの開発
    平成17年度~平成19年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)研究成果報告書 2008年
  • 都市部での子育て中の母親から見た育児支援ー妊娠期から育児期におけるきめ細やかな支援ー
    財団法人 こども未来財団 平成19年度児童関連サービス調査研究等事業報告書 2008年
  • 産婦人科医療体制における助産所・看護師の役割に関する研究ー産科診療所に勤務する看護職が就業できる要因ー
    厚生労働省科学研究補助金 こども家庭総合研究事業ー分娩拠点病院の創設と産科2次医療圏の設定による産科医師の集中化モデル事業ー 2008年
  • 産科医不足と助産師教育の充実 新たな家族の誕生を支えるしくみー助産師の裁量権拡大への提言ー
    堀内 成子
    保健の科学 50(10) 663-670 2008年
  • 開発途上国の地域看護のあり方に関する研究 地域看護力強化のための人材育成プログラム開発協力:実践研究と評価
    堀内 成子
    国際医療教育研究委託費 22-23 2008年
  • 本学会の新たな展開
    堀内 成子
    日本助産学会誌 21(2) 1-3 2007年12月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第12回)分娩中の硬膜外麻酔は,産婦と胎児に悪い影響を及ぼすのだろうか?
    片岡 弥恵子, 堀内 成子, 松本 直子
    ペリネイタル・ケア 26(12) 1217-1220 2007年12月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 分娩中の硬膜外麻酔は,産婦と胎児に悪い影響を及ぼすのだろうか?
    るかデンス研究会, 片岡弥恵子, 堀内成子, 松本直子, 江藤宏美, 八重ゆかり
    Perinatal Care 26(12) 53-56 2007年12月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第11回)妊娠中に運動するとどのような効果・影響があるのだろうか?
    蛭田 明子, 菱沼 由梨, 堀内 成子
    ペリネイタル・ケア 26(11) 1141-1145 2007年11月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 妊娠中に運動するとどのような効果・影響があるのだろうか?
    るかデンス研究会, 蛭田明子, 菱沼由梨, 堀内成子, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 本直子
    Perinatal Care 26(11) 75-79 2007年11月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 未熟児出産の場合、早期の臍帯結紮と遅らせた臍帯結紮では、子どもの予後に影響があるのだろうか?
    るかデンス研究会, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子, 深澤洋子, 堀内成子
    Perinatal Care 26(10) 80-84 2007年10月
  • 遺伝看護に関するPeople Centered Careの試み 海外からの評価
    有森 直子, 青木 美紀子, 辻 恵子, 有田 美和, 黒川 寿美枝, 中込 さと子, 堀内 成子
    日本遺伝看護学会誌 5(2) 25-25 2007年09月
  • 378 分娩介助の「振り返り」場面にみられた臨床指導者の教育的意図(Group62 学生教育5,一般演題ポスター,第48回日本母性衛生学会総会)
    菱沼 由梨, 堀内 成子
    母性衛生 48(3) 2007年09月
  • 看護基礎教育における助産師教育のカリキュラム (特集 看護基礎教育の方向性と保健師の教育)
    堀内 成子
    保健の科学 49(9) 593-600 2007年09月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 妊娠中の静脈瘤,下肢の浮腫に対しては,どのようなケアが有効か?
    るかデンス研究会, 深澤洋子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 片岡弥恵子, 松本直子, 堀内成子
    Perinatal Care 26(9) 51-55 2007年09月
  • 看護基礎教育における助産教育のカリキュラム
    堀内成子
    保健の科学 49(9) 593-600 2007年09月
  • 【看護基礎教育の方向性と保健師の教育】 看護基礎教育における助産師教育のカリキュラム
    堀内成子
    保健の科学 49(9) 593-600 2007年09月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 文献検索のヒント その2
    るかデンス研究会, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子
    Perinatal Care 26(8) 73-78 2007年08月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 妊娠中の腰痛への対処法には何があるのか?
    るかデンス研究会, 深澤洋子, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 松本直子, 八重ゆかり, 内成子
    Perinatal Care 26(7) 65-69 2007年07月
  • 諸外国の助産評価基準および評価機構調査スウェーデンの助産師教育と評価の実態
    堀内 成子, 江藤 宏美, 谷津 裕子, 藤原 美幸
    日本助産学会誌 21(1) 115-123 2007年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 子宮収縮抑制薬の経口剤は早産予防に有効だろうか?
    八重ゆかり, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 松本直子, 深澤洋子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 26(6) 608-611 2007年06月
  • Evidence-based Health Careのステップを確認しよう (特集 モデル事例で学ぶ「根拠にもとづく助産ケア」の進め方)
    堀内 成子
    助産雑誌 61(6) 470-473 2007年06月
  • EBHC実践事例 分娩期(2)羊水混濁の新生児への分娩時吸引は必須? (特集 モデル事例で学ぶ「根拠にもとづく助産ケア」の進め方)
    堀内 成子, 片岡 弥恵子, 八重 ゆかり
    助産雑誌 61(6) 502-506 2007年06月
  • 助産評価機構委員会報告 諸外国の助産評価基準及び評価機構調査 スウェーデンの助産教育と評価の実態
    堀内成子, 江藤宏美, 谷津裕子, 藤原美幸
    日本助産学会誌 21(1) 115-123 2007年06月
  • ESBH 実践事例:分娩期② 羊水混濁の新生児への分娩時吸引は必須?
    堀内成子, 片岡弥恵子, 八重ゆかり
    助産雑誌 61(6) 502-506 2007年06月
  • Evidence-based Health Careのステップを確認しよう
    堀内成子
    助産雑誌 61(6) 470-475 2007年06月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 子宮収縮抑制薬の経口剤は早産予防に有効だろうか?
    るかデンス研究会, 八重ゆかり, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 松本直子, 深澤洋子, 堀内成子
    Perinatal Care 26(6) 52-55 2007年06月
  • ミャンマー連邦農村の母子保健向上をめざす人材育成プログラムのプロセス評価 第II期 -2005~2006-
    土屋円香, 小黒道子, 江藤宏美, 大隅香, 堀内成子
    聖路加看護学会誌 11(1) 83-89 2007年06月
    背景:2003年9月よりミャンマー連邦中部乾燥地帯の2つの農村において,地域母子保健向上に寄与する人材育成を目的として,要件を満たした女性保健・ボランティア・グループ(WVG:Women's healthVolunteer Group以下WVGとする)が試験的に育成されている。この人材育成プログラムは2003年9月から2008年3月までを第Ⅰ期(創設期),第Ⅱ期(維持・継続期),第Ⅲ期(自立期)に分類し,4年半でWVGが自立した活動ができることをめざしている。目的:2005年9月から2006年2月までのWVGが外部者からの支援を受けながら活動を維持・継続する第Ⅱ期のWVGの活動を把捉し,今後の活動支援の内容を明確にする。方法:wvGが居住する各村の栄養給食センターで,同意が得られたWVG成員に対し各村2回ずつのフォーカス・グループ・インタビューが行われた。インタビュー内容はその場で聞き書きし,「プログラム第Ⅱ期におけるWVGの活動」についての各語りの内容を村毎に集積後,分析した。結果:参加者は,A村では1回日・2回
  • 看護における人材育成(教育)の国際協力・協働に関する文献レビュー
    山崎好美, 梶井文子, 田代順子, 鈴木良美, 菱沼典子, 堀内成子, 平林優子, 酒井昌子, 有森直子, 林直子, 江藤宏美, 佐居由美, 林亜希子
    聖路加看護学会誌 11(1) 38-44 2007年06月
    看護における国際協力・協働における人材開発・教育領域の課題と方策を明らかにするために,「International Collaboration」あるいは「International Cooperation」がタイトルに入り,文献中に看護が入る文献を,検索年を指定せず選出し検討した。看護の国際協働・協力の英文献は31件あり,その中で人材開発・教育領域での協働・協力に関する文献は23件あった。23文献を先進国間,先進国と開発途上国の協働・協力の内容,成果,課題,方略に焦点を当て分析した。先進国間における国際協働・協力に関する教育領域の協働の文献は,1997-2005年間に,9件であった。協働内容は,両国間(多国間)での大学間の交流,看護実践家-の教育に関するプログラムが多かった。共通に見られた課題は,活動運営のための財源の確保,言葉の問題,活動評価の問題等であった。インターネットは有効な方策と考えられた。先進国と開発途上国問の国際協働・協力に関する教育領域の文献は,1971-2005年間に14文献あ
  • 使える!助産ケアのエビデンス ルチーンの会陰切開は必要か?
    るかデンス研究会, 深澤洋子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 片岡弥恵子, 松本直子, 堀内成子
    Perinatal Care 26(5) 69-73 2007年05月
  • 使える!助産ケアのエビデンス 文献検索のヒント その1
    るかデンス研究会, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 内成子
    Perinatal Care 26(4) 80-83 2007年04月
  • 昼夜逆転の睡眠を示す乳児と養育者の観察サテライトシステムの実装
    江藤宏美, 堀内成子, 中山和弘, 西原京子
    平成16・17・18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書 2007年04月
  • Review of Unsafe/Induced Abortions in Ghana
    Rosemary Opare Henaku, Shigeko Horiuchi, Akiko Mori
    聖路加看護大学紀要(33) 93-102 2007年03月
    PURPOSE Review one of the causes of matemal mortality issues in Ghana; unsafe abortion, with the aim of proposing some measures for its prevention. Maternal mortality ratio has not made remarkable improvement due to high rates of unsafe abortion among women in the fertility age group of 15-44, with two-thirds occurring among women ages 15-30. This problem has received little attention from the Health Ministry of Ghana. Studies revealed that Japan, a developed South East Asian country, has extensive experience in implementing a comprehensive abortion policy and therefore deems it possible to share ideas from that perspective.METHODCompilation of existing abortion statistics, review of Japan's clinical information, review of extant research literature and discussion with health promotional agencies provided data for this study. Some clinical information was based on both experts' opinion in Ghana and my work experience in Ghana.FINDINGSProblems identified were strong social and cultural factors, the resulting legal and health policies and subsequent lack of adequate reproductive health knowledge among women. They were identifled to be the major causes of unplanned pre
  • ルカ子母乳育児相談室の実績報告
    土江田奈留美, 中川有加, 土屋円香, 永森久美子, 小林紀子, 堀内成子
    聖路加看護大学紀要(33) 85-92 2007年03月
    本稿は,聖路加看護大学看護実践開発研究センター主催,日本助産学会東京支部中央区分会の後援により2004年9月に開設した,ルカ子母乳育児相談室の2年間の事業報告である。本事業の主な内容は,病院,助産院などで勤務経験がある助産師で,大学院生と教員による,地域での母乳育児支援である。毎週金曜日に来室相談および随時訪問相談を行っており,2年間での総相談者は母児54組,総相談件数は289件であった。そして,主な相談内容は,「母乳分泌量の不足」「乳房のトラブル」「断乳・卒乳」「吸わせ方や抱き方」「晴乳拒否」であった。また,利用者の感想は,「不安が解消された」「子育てに自信がついた」「また利用したい」などであった。そして今後のルカ子母乳相談室の役割として,以下の3点を継続,拡大していきたいと考えている。1.授乳期全期にわたり悩みが尽きない母親たちの支援を行う場2.資源が少ない地域への貢献の可能性3.病院だけでは補いきれない育児
  • 開発途上国における地域看護力強化のための人材育成協力
    梅田麻希, 山崎好美, 梶井文子, 堀内成子, 平野かよ子, 熱田泉, 江藤宏美, 佐居由美, 市川和可子, 林亜希子, 田代順子
    聖路加看護大学紀要(33) 31-38 2007年03月
    国際医療協力委託費助成事業「開発途上国の地域看護のあり方に関する研究」の一環として国際ワークショップを開催したので,その内容と得られた示唆について報告する。本研究プロジェクトは,複数の研究機関と国際協力機関の協働により,開発途上国における地域保健の人材育成協力を行っている。研究初年度である平成17年11月には,活動の成果や今後の方向性を共有することを目的に,海外から3名のアドバイザーを迎えてワークショップを開催した。ワークショップで検討された内容から,評価方法を明確にすることと,協働プロセスにおける関係性を認識することの重要性が明らかになった。今後は,協力国の社会的・文化的背景,研究プロジェクトの目的・手法,協働者間の関係性といった影響要因を把握しながら,本研究プロジェクト独自の評価指標を開発し,効果的な人材育成協力のあり方について検討を続けていくこととなった。
  • 使える!助産ケアのエビデンス 助産師のケア技術で、分娩時の会陰損傷を減らすことはできるのか?
    るかデンス研究会, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 26(3) 285-288 2007年03月
  • 産婦人科医療提供体制における助産師・看護師の役割に関する研究 - 産科診療所に働く看護師のための昼夜開講型助産師養成所カリキュラム -
    堀内成子, 永森久美子, 大隅香, 中村幸代, 田所由利子
    厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業 - 分娩拠点病院の創設と産科2次医療圏の設定による産科医師の集中化モデル事業 - 45-52 2007年03月
  • 志望動機の比較 学部4年次教育課程と大学院修士課程において
    桃井 雅子, 片岡 弥恵子, 森 明子, 有森 直子, 江藤 宏美, 大隅 香, 堀内 成子, 小陽 美紀, 土屋 円香
    日本助産学会誌 20(3) 127-127 2007年02月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス 妊娠初期のつわりに効果的な介入(対処)には何があるだろうか!?
    るかデンス研究会, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子
    ペリネイタルケア 26(2) 206-209 2007年02月
  • 使える!助産ケアのエビデンス第1回 退院後の家庭訪問は、母乳育児継続に向けて有効な手段か!?
    るかデンス研究会, 片岡弥恵子, 江藤宏美, 八重ゆかり, 松本直子, 堀内成子
    Perinatal Care 26(1) 83-87 2007年01月
  • 看護教育における助産教育のカリキュラム
    保健の科学 49(9) 593-600 2007年
  • 昼夜逆転の睡眠を示す乳児と養育者の観察サテライトシステムの実装
    平成16年度~平成18年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)研究成果報告書 1-108 2007年
  • 助産評価機構委員会報告 諸外国の助産評価基準及び評価機構調査 スウェーデンの助産教育と評価の実態
    日本助産学会誌 21(1) 115-123 2007年
  • Evidence-based Health Care のステップを確認しよう
    助産雑誌 61(6) 470-475 2007年
  • ペリネイタル・ロス(周産期喪失)へのケア--明日から改善できること (特集 周産期に子どもを亡くした家族に寄り添う)
    堀内 成子
    助産雑誌 60(11) 952-956 2006年11月
  • 【周産期に子どもを亡くした家族に寄り添う】 ペリネイタル・ロス(周産期喪失)へのケア 明日から改善できること
    堀内成子
    助産雑誌 60(11) 952-956 2006年11月
  • 研究活動の不正行為防止に向けて
    堀内 成子
    日本助産学会誌 20(2) 97-99 2006年10月
  • 新しく兄姉になる子どもと家族のクラス「赤ちゃんがやってくる」の実施と評価
    中村 紋子, 片岡 弥恵子, 堀内 成子, 土屋 麻由美, 田中 しのぶ, 矢島 千詠
    日本助産学会誌 20(2) 85-93 2006年10月
  • 看護における国際協力と協働モデルの概念化 先進国間・先進国と開発途上国間の協働・協力研究の文献検討
    梶井 文子, 山崎 好美, 田代 順子, 鈴木 良美, 菱沼 典子, 堀内 成子, 平林 優子, 酒井 昌子, 有森 直子, 林 直子, 江藤 宏美, 佐居 由美, 林 亜希子
    聖路加看護学会誌 10(2) 46-46 2006年09月
  • O-080 会陰保護時に助産師の手掌にかかる圧力測定 : パイロットスタディ(Group15 分娩I,一般口演)
    中川 有加, 堀内 成子
    母性衛生 47(3) 2006年09月
  • P-096 潜在助産師の実態調査(Group45 その他,ポスターセッション)
    加藤 尚美, 堀内 成子, 村上 明美, 松嶋 弥生
    母性衛生 47(3) 2006年09月
  • P-212 新しく兄姉になる子供を含めた第2子以降を出産する家族への支援 : 「赤ちやんがやってくる」の実施と評価(Group52 性教育,ポスターセッション)
    中村 紋子, 堀内 成子, 片岡 弥恵子, 田中 しのぶ
    母性衛生 47(3) 2006年09月
  • ミャンマー連邦農村の母子保健向上をめざす人材育成プログラムの開発 : 第I期-2003〜2004-
    小黒 道子, 堀内 成子
    聖路加看護学会誌 10(1) 46-53 2006年06月
    著者は,国際医療ボランティアNGOである特定非営利活動法人AMDAの母子保健専門家としてミャンマー連邦に派遣され,2003年9月より試験的に2つの農村において,地域母子保健向上を目的とした女性のヘルス・ボランティア・グループ(women's health voluntary group ; WVG)の人材育成プログラムに携わった。本研究の目的は,2008年3月まで予定されている計4年半の人材育成プログラムのうち,2003年9月から2004年11月までの第I期に焦点を当て,導入期にあたるプログラムの開発過程およびその過程におけるWVGの変化を記述することである。基礎調査を基盤としたプログラムが考案され,1.立ち上げ,2.訓練,3.活動開始の3段階それぞれに目標および方法が定められた。メンバー選定後,ミーティングやワークショップを通してWVGおよびコミュニティとプログラム開発者間の信頼づくりや地域の問題への気づきが促されたり,トレーニングによりWVGのキャパシティ・ビルディングが行われてきた。活動を開始後,WVGメンバー1名が約10〜15世帯を受け持ち,地域住民にも徐々に活動が認識され始めてきた。2004年11月までの活動内容は,(1)経済的に受胎調節が行えない女性を対象に無利子で資金を貸与する「家族計画回転資金プログラム」の運営,(2)妊婦や乳幼児の母親に対する健診や予防接種の必要性の説明および受診への付き添い,(3)負傷者の手当て,(4)参加型地域診療のサポート,(5)住民への健康教育の5項目であった。WVGの自発性および地域性を尊重したプログラム開発の結果,参加の主体性が萌芽したと考えられ,住民の組織化にあたりその過程に着目する重要性が見出された。また,参加者間による相互作用を通して,WVGは各段階において言動に変化が起こりエンパワーされた様相が認められた。
  • 聖路加看護大学21世紀COEプログラム第5回国際駅伝シンポジウム : 知恵と勇気を分かちあう女性たちの経験の中にみるPeople-Centered Careの構成概念
    江藤 宏美, 堀内 成子, 佐居 由美, 市川 和可子, 梶井 文子, 山崎 好美, 林 亜希子, 梅田 麻希, 田代 順子
    聖路加看護学会誌 10(1) 68-74 2006年06月
    本稿は,聖路加看護大学21世紀COEプログラム事業の一環として実施した「国際駅伝シンポジウム : 知恵と勇気を分かちあう〜社会の中で支えあう女性たち〜」の報告と,シンポジストの経験してきた活動の共通性をPeople-Centered Careの構成概念に比較して考察することを目的とする。本国際駅伝シンポジウムは,「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」を機軸に,「Women-Centered Care」と「すべての人々への健康へ貢献できる国際コラボレーション実践モデル開発」の2つのプロジェクトが中心となって行われた。今回,女性が生きるうえで直面する難しい問題,予期せぬアクシデント,その困難に出会う中で,共に支えあい,知恵と経験を生かし,社会の中で女性に勇気を与える役割を担ってきた4人のシンポジストから話題提供をしていただいた。助産師としてミャンマー連邦農村部で母子保健の向上をめざす女性グループの育成活動を行ってきた小黒氏。流産・死産・新生児死を体験された方のセルフ・ヘルプ・グループの運営者として,子どもを失うという悲しみを分かちあい,支えあうための支援活動を展開されてきた石井氏。異文化である日本での結婚・出産・子育ての経験を生かし,同じように悩みをもつ在日外国人女性を支えるためのNPOを立ち上げ活動する長南氏。そして国際看護・家族看護を専門とし,中央アジアで女性たちのキャパシティ・ビルディングにかかわってきたパーフィット氏。以上の方々からその経験を紹介していただいた。シンポジストの語った経験は,それぞれのコミュニティにおける立場やその特徴により多様であったが,共通していたのは,活動を通して経験される女性たちのエンパワーメントであった。各シンポジストの活動においては,市民と医療職という二極分化でなく,なだらかな連合帯としての構造が示唆された。これまでのCOE活動から得られたPeople-Centered Careの要素,「おもいやり」「生きてきた経験からの学び」「わかりあう言葉」「役立つ健康情報の生成」「異なる視線でのつながり」「意思決定」を,再び支持し確認できた。
  • 女性にやさしい助産ケア : 会陰切開の適用を再考する
    辻 恵子, 小黒 道子, 土江田 奈留美, 中川 有加, 堀内 成子
    日本助産学会誌 20(1) 7-15 2006年06月
  • 聖路加看護大学21世紀COEプログラム第5回国際駅伝シンポジウム 知恵と勇気を分かちあう女性たちの経験の中にみるPeople-Centered Careの構成概念
    江藤宏美, 堀内成子, 佐居由美, 市川和可子, 梶井文子, 山崎好美, 林亜希子, 梅田麻希, 田代順子
    聖路加看護学会誌 10(1) 68-74 2006年06月
    本稿は,聖路加看護大学21世紀COEプログラム事業の一環として実施した「国際駅伝シンポジウム:知恵と勇気を分かちあう~社会の中で支えあう女性たち~」の報告と,シンポジストの経験してきた活動の共通性をPeople-Centered Careの構成概念に比較して考察することを目的とする。本国際駅伝シンポジウムは,「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」を機軸に,「Women-Centered Care」と「すべての人々への健康へ貢献できる国際コラボレーション実践モデル開発」の2つのプロジェクトが中心となって行われた。今回,女性が生きるうえで直面する難しい問題,予期せぬアクシデント,その困難に出会う中で,共に支えあい,知恵と経験を生かし,社会の中で女性に勇気を与える役割を担ってきた4人のシンポジストから話題提供をしていただいた。助産師としてミャンマー連邦農村部で母子保健の向上をめざす女性グループの育成活動を行ってきた小黒氏。流産・死産・新生児死を体験さ
  • ミャンマー連邦農村の母子保健向上をめざす人材育成プログラムの開発 第I期 - 2003~2004
    小黒道子, 堀内成子
    聖路加看護学会誌 10(1) 46-53 2006年06月
    著者は,国際医療ボランティアNGOである特定非営利活動法人AMDAの母子保健専門家としてミャンマー連邦に派遣され,2003年9月より試験的に2つの農村において,地域母子保健向上を目的とした女性のヘルス・ボランティア・グループ(women's health voluntary group ; WVG)の人材育成プログラムに携わった。本研究の目的は,2008年3月まで予定されている計4年半の人材育成プログラムのうち,2003年9月から2004年11月までの第Ⅰ期に焦点を当て,導入期にあたるプログラムの開発過程およびその過程におけるWVGの変化を記述することである。基礎調査を基盤としたプログラムが考案され, 1.立ち上げ, 2.訓練, 3.活動開始の3段階それぞれに目標および方法が定められた。メンバー選定後, ミ-ティングやワークショップを通してWVGおよびコミュニティとプログラム開発著聞の信頼づくりや地域の問題への気づ書が促されたり, トレーニングによりWVGのキャパシティ・ビルディングが行われてきた。活動を
  • 新しく兄姉になる子どもと家族のクラス「赤ちゃんがやってくる」の実施と評価
    中村紋子, 片岡弥恵子, 堀内成子, 土屋麻由美, 田中しのぶ, 矢島千詠
    日本助産学会誌 20(2) 85-93 2006年06月
  • e-Learningを利用した看護大学大学院・継続教育システムの構築と評価
    中山和弘, 菱沼典子, 堀内成子
    平成14年~17年度科学研究費補助金基盤研究A(2)研究成果報告書 2006年04月
  • 助産実践能力の比較 - 学部4年次教育課程と大学院修士過程において -
    桃井雅子, 片岡弥恵子, 森明子, 有森直子, 江藤宏美, 小陽美紀, 土屋円香, 大隅香, 堀内成子
    平成17年度日本助産学会研究助成金(学術奨励研究助成)研究報告書 2006年04月
  • ミャンマー連邦農村部における母子保健を強化する人材育成プログラム開発協力:実践・評価研究 開発途上国の地域看護のあり方に関する研究 2005年度研究報告書
    堀内成子, 小黒道子, 江藤宏美, 大隅香
    国際医療協力研究報告書 17公6 主任:田代順子 分担:堀内成子 46-96 2006年04月
  • 生命倫理研究会の活動報告:いのちにおけるアイデンティティの視座
    生命倫理研究会
    聖路加看護大学紀要(32) 20-27 2006年03月
    生命倫理研究会は, 各看護専門領域の生命倫理に関連する課題について事例を中心にした検討を行っている。2000年より活動を始め, 2003年は, 「スピリチュアルケア」をテーマとした。2005年には, スピリチュアルケアの一環として「アイデンティティ」をテーマに取り上げ, 事例検討したので, 本稿では事例検討したその内容を報告する。 事例は, 1) 治療の決断が必要な乳児の命の措置をめぐる子ども・親・医療者, 2) 染色体異常の子どもの余命告知や死に戸惑う母親, 3) 過去のつらい体験をもちながら母親になっていく人, 4) 役割を見失い, 生きる意欲を失った人, 5) 壮年期の終末期患者と看護学生, 6) 家族と和解に至った末期がん患者, 7) 認知症高齢者である。 討議は, アイデンティティの一般論を討議したのではなく, 各領域における問題提起の中で, アイデンティティを確認する手法をとった。対象者のアイデンティティ, その家族のアイデンティテ
  • 大学院ウィメンズヘルス・助産学専攻の開設と国際交流協定の活用
    江藤宏美, 堀内成子, 森明子, 有森直子, 片岡弥恵子, 桃井雅子, 小陽美紀, 土屋円香
    聖路加看護大学紀要(32) 28-36 2006年03月
    聖路加看護大学大学院(修士課程) に, ウィメンズヘルス・助産学専攻を増設し, 2005年4月より新しい教育をスタートした。 創設に当たっては, 学内外での調整と, 事前相談を重ねた。 ウィメンズヘルス・助産学は「研究者コース」と「上級実践コース」があるが, 後者のコースでは国家試験受験資格を得ようとするものは,修士課程での修了要件のほかに, 助産師国家試験受験資格に必要な指定規則の単位数を選択履修するということで認可を受けた。 大学院での助産教育を考える上で, 姉妹校であるオレゴン・ヘルスサイエンス大学(OHSU) からファカルティを2004年8月に招聘し, セミナーを開催した。OHSU と本校のカリキュラムの紹介・比較と教育講演, 演習と実習施設の見学を行った。 また, 2005年2月にOHSU を訪問し, 選択科目の「国際協働論」の開講準備のために, 助産学生の実習施設を中心に複数の施設を視察し, リソース・パーソンとしての研究者たちと会
  • 死産が予測されていた両親の体験 : 親になる過程を支えたものに焦点をあてて
    太田 尚子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 19(3) 94-95 2006年02月
  • 分娩介助時に助産師の手掌にかかる圧力 : 分娩介助モデルを用いたパイロットスタディー
    中川 有加, 堀内 成子
    日本助産学会誌 19(3) 96-97 2006年02月
  • 診療所で働く助産師確保対策モデルの開発
    加藤 尚美, 堀内 成子
    日本助産学会誌 19(3) 166-167 2006年02月
  • 妊娠の中絶を選択した女性を支えるケア
    前田 尚美, 堀内 成子
    日本助産学会誌 19(3) 172-173 2006年02月
  • セルフマネージングチーム制のチーム力
    片桐 麻州美, 藤原 ゆかり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 19(3) 278-279 2006年02月
  • 少人数参加型の出産準備クラスに参加した男性の父親になっていく体験
    永森 久美子, 堀内 成子, 伊藤 和弘
    日本助産学会誌 19(2) 28-38 2005年12月
    目的初めて父親になる男性が少人数参加型の出産準備クラスを受講した後, 妊娠・出産・育児にどのように向き合っていくのかその体験を記述し, 出産準備教育クラスの意味を探究する。対象および方法少人数参加型の出産準備クラスを受講した初めて父親になる男性6人に半構成的面接によりデータ収集した。面接は出産準備クラス終了後に一人の研究協力者に対して3回行った。今回はそのうち4人の面接内容を現象学的アプローチを参考にして質的記述的に分析した。結果4人の研究協力者の父親になっていく過程で, クラスに参加したことの意味として【妊娠や出産を自分の中で再構築し, 自分のこととして取り組んでいく】, 【夫婦二人で体験を共有するというプロセスから得られる満足感】, 【親になっていく過程で自信を付けていく】, 【妊娠中には考えられなかった出産後の生活に気がつく】という共通した体験が見いだされた。結論研究協力者は自由な対話形式で進められた出産準備クラスに参加し, 出産を間近に控えた同じような境遇の仲間と初めて出会い, 不安や問題を共有しあい, 自分たちより少し先を行く先輩の体験を聞き, 妊娠・出産をとらえ直し, 出産に向けて心の準備を行っていた。それらは妊娠からのプロセスでの夫婦共同の作業であり, 満足のいく出産体験をもたらした。しかし, 出産準備クラスに参加した後でも, 出産後の生活に対しては準備できていないと感じていた。
  • 325 診療所の助産師就業確保のための調査(助産師、保健師等5, 第46回 日本母性衛生学会総会 学術集会抄録集)
    加藤 尚美, 堀内 成子
    母性衛生 46(3) 2005年09月
  • マネジメント方式としてのセルフマネジングチーム制に対する実践者の評価
    片桐 麻州美, 福井 トシ子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 19(1) 43-51 2005年06月
  • 看護におけるランダム化比較試験の難しさと楽しさ
    堀内 成子
    日本看護科学会誌 25(2) 116-118 2005年06月
  • 死産を経験した母親を支えるケア : セルフヘルプミーティングがもたらす人間的成長
    宮本 なぎさ, 太田 尚子, 堀内 成子
    聖路加看護学会誌 9(1) 45-54 2005年06月
    本研究は,死産で子どもを亡くした母親のセルフヘルプミーティングの企画から実施に至るプロセスの軌跡と,活動を通じて得た体験者の思いを記述することを目的に行った。セルフヘルプミーティングは,看護/助産専門家と流産・死産・新生児死などで,子どもを亡くした家族の心の支援を目的として活動している自助グループ「お空の天使パパ&ママの会(以下WAISと略す)関東支部」との協働で行った。2004年6月より企画準備を進め,9月から12月までの4回の実施により合計12名の参加者があり,毎回予定時間を超過し4時間にわたり子どもに対する気持ちを心置きなく話し合った。さらにWAISの体験者スタッフのセルフヘルプミーティングを通じて得た思いを分析し,次の7カテゴリーの内容が抽出された。(1)子どもについての辛い思い,(2)夫についての思い,(3)他の家族・周囲についての思い,(4)セルフヘルプ活動についての思い,(5)死産後の生活についての思い,(6)ファシリテーターの役割への思い,(7)入院した病院や医療への思いである。セルフヘルプミーティングを行う意味は,ほかの場所では語れない子どもについての思いや,悲しみや孤独な思いについて共に泣きながら話し共に笑う豊かな時間を得ることであり,それにより死産を経験した母親の悲しみは癒されていった。さらに,母親は継続的な参加を通じて,エンパワーメントされ,グループのなかで同じ辛い経験をしている仲間の役に立つことを実感し,自尊心が高められ人間的成長を経験していた。以上のことから,セルフヘルプミーティングは,死産を経験した母親を支援するひとつの資源として有用であることがわかった。セルフヘルプミーティングの企画・実施に看護/助産専門家がかかわることは,周産期におけるグリーフケアを改善し再考することに貢献していた。セルフヘルプミーティング成功の鍵は,体験者であるエンパワーメントされた市民と医療者とがよき協働者として活動することにある。
  • 出生前検査の決定に関する葛藤
    有森 直子, 青木 美紀子, 堀内 成子, 佐藤 孝道, 塩田 恭子
    日本遺伝カウンセリング学会誌 26(1) 30-30 2005年04月
  • 看護職者の e-learning 受講希望に関する因子の特定とその構造
    大久保 暢子, 亀井 智子, 梶井 文子, 堀内 成子, 菱沼 典子, 豊増 佳子, 中山 和弘, 柳井 晴夫
    日本看護科学会誌 25(1) 31-38 2005年03月
  • 英国と日本における国際保健・看護関連教育プログラム:調査報告
    田代順子, 酒井昌子, 佐居由美, 堀内成子, 鈴木良美
    聖路加看護大学紀要(31) 56-61 2005年03月
    本調査の目的は,現在日本が国際社会で求められている国際貢献できる看護職を育成する教育プログラムの開発の一環として,国際協力先進国の英国と日本の国際保健関連プログラムを調査し,今後の日本における大学院修士レベルの教育プログラムの方向性を明らかにすることである。本年度,英国・ロンドン大学衛生熱帯医学大学院(London School of Hygiene & Tropical Medicine)の熱帯看護ディプロマ(Diploma in Tropical Nursing)コース,グラスゴー・カレドニアン大学(Glasgow Caledonian University)での看護助産地域保健学部の「国際保健」を,科目設立の経緯,修了後の学位・資格,対象学生,プログラムの目的,内容,研修生の背景,卒業後の進路などの点について調査した。加えて,日本の看護職が受講する日本で行われている国立保健医療科学院の公衆衛生行政管理(Health System Management)コースに関して情報収集した。英国の一つは公衆衛生熱帯医学を基盤とした看護職のためのコースで,将来開発途上国での実践に備える人材となりうる人々が学んでおり,他の一つは,修士課程の学生に対して看護職が中心となって提供する「国際保健」のコースで,他の保健関連分野の学生とともに看護学の修士レベルの院生が学ぶものであった。日本の「公衆衛生行政管理」コースでは,国内外の国際開発に関わる人材とともに学習できる恵まれた環境であるが,その中で学ぶ看護職の数は限られていた。国際協力で働いている看護職が求めている各看護専門領域における国際協力のコースは,現在,提供されているコースに加えて,さらに国際看護職が必要とする能力育成ニーズに応えられるコース開発の必要性が示唆された。
  • 「開発途上国における看護技術移転教育プログラムの開発に関する研究」:国際ワークショップ報告
    梶井文子, 山崎好美, 田代順子, 堀内成子, 平林優子, 有森直子, 酒井昌子, 菱沼典子, 江藤宏美, 佐居由美, 荒井蝶子, 平野かよ子, 吉野八重, 稲岡光子, 平賀恵子, 山田巧, 市橋冨子, 本間五月, 二階堂紀子, 小西香子, 鈴木里美, 大野夏代
    聖路加看護大学紀要(31) 17-25 2005年03月
    国際医療協力委託事業「開発途上国における看護技術移転教育プログラムの開発に関する研究」(平成14年〜16年度)における過去2年間の成果を共有し,海外の看護専門家3名から助言を得るため,2日間にわたるワークショップを開催した。研究の目的は,開発途上各国へ日本の看護技術移転活動に関わる人材育成のための教育プログラムを開発することであった。研究は3班で分担され,2つの班は国際看護コラボレーター養成プログラムと,基礎看護教育コラボレーター養成プログラム開発に焦点をおき,1つの班は看護技術移転のための現任教育用のガイドライン(協働基準)の作成を目標に,成果を発表した。研究の最終年度に向けて,このワークショップでの海外看護専門家からの助言と,研究班間のディスカッションから,貴重な示唆を得ることができた。
  • 肩甲娩出時に助産師の手掌部にかかる圧力の分析
    中川 有加, 堀内 成子
    日本助産学会誌 18(3) 92-93 2005年02月
  • 死産で子どもを亡くした母親の視点から見たケア・ニーズ
    太田 尚子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 18(3) 160-161 2005年02月
  • 大いなる憂慮 : 診療所を選んだ妊産婦にもっと助産師によるケアを!
    堀内 成子
    日本助産学会誌 18(2) 2-3 2004年12月
  • 女性にとって遺伝的特質を引き継ぐことの意味 : 常染色体優生遺伝疾患をもつ一女性の体験
    中込 さと子, 堀内 成子, 伊藤 和弘
    日本助産学会誌 18(2) 44-62 2004年12月
  • 賢い研究の利用者になる方法論としてのEBM
    前田 尚美, 佐藤 泰子, 大隅 香, 八重 ゆかり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 18(2) 94-106 2004年12月
  • 不妊治療中の女性がストレスを軽減できるようなケアプログラムにおける教材開発
    森 明子, 小陽 美紀, 堀内 成子, 桃井 雅子, 有森 直子
    日本看護科学学会学術集会講演集 24回 597-597 2004年12月
  • Japan Journal of Nursing Science(JJNS)への投稿のすすめ
    江藤 宏美, William Holzemer, 田代 順子, 堀内 成子, 菅田 勝也, 片田 範子, 萱間 真美, 村嶋 幸代, 野嶋 佐由美, 真田 弘美, 大西 和子, 鈴木 志津枝
    日本看護科学学会学術集会講演集 24回 611-611 2004年12月
  • 助産教育における周産期医療の位置づけと今後 (特集 周産期医療スタッフの育成をめぐって)
    堀内 成子
    周産期医学 34(10) 1546-1550 2004年10月
  • Delta and theta power spectra of night sleep EEG are higher in breast-feeding mothers than in non-pregnant women
    K Nishihara, S Horiuchi, H Eto, S Uchida, M Honda
    NEUROSCIENCE LETTERS 368(2) 216-220 2004年09月
    The power spectra of night sleep EEGs of 12 breast-feeding 9-13 week postpartum mothers were analyzed and compared with those of 12 non-pregnant women. The power spectra in the delta and theta frequency range during NREM sleep for breast-feeding mothers were significantly higher than those for non-pregnant women. In addition, the all-night sleep patterns of the mothers were classified into two groups - interrupted sleep due to taking care of their infants and non-interrupted sleep - in order to observe the influence of partial sleep deprivation. The power spectra in the delta and theta frequency range were not significantly different between them. This result suggests that increased delta and theta power spectra during postpartum sleep do not result from partial sleep deprivation. The role of prolactin in breast-feeding mothers' sleep is also discussed. (C) 2004 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 貴重な出産体験を軽視しないで--混合化する産科病棟に専門家としての智恵を (特集 混合化する産科病棟--地域格差と時代の要請を超える「鍵」の在り処)
    堀内 成子
    助産雑誌 58(8) 698-703 2004年08月
  • 看護職者に求められる遺伝看護実践能力 : 一般看護職者と遺伝専門看護職者の比較
    有森 直子, 中込 さと子, 溝口 満子, 守田 美奈子, 安藤 広子, 森 明子, 堀内 成子, HOLZEMER William L
    日本看護科学会誌 24(2) 13-23 2004年06月
    本研究の目的は, 遺伝医療において「遺伝専門看護職者を含む一般看護職者」「遺伝専門看護職者」にどのような実践能力が求められているのかを明らかにすることである. 方法は, コンセンサスメソッドのひとつであるデルファイ法を参考にして4段階からなる調査を行った. 第1次調査として遺伝医療に携わっている看護職を対象に聞き取り調査および文献の検討を行い, 7領域89項目からなる遺伝看護の能力の事項を抽出し, 第2次調査では質問紙郵送調査を遺伝医療の有識者20名を対象に実施した. 第3・4次調査では, 40都道府県, 113施設から承諾の得られた遺伝医療に携わっている看護職者, 医師等, 491名に質問紙郵送調査を行った. 質問紙法においては, 著者らが作成した遺伝看護の能力89項目について, A: 一般看護職者, B: 遺伝学を専門に学んだ看護職者, C: 看護職者の能力として適切でないから,いずれかを選択してもらった. データ収集期間は, 2000年8月から2001年3月. 最終的には調査対象者は295名, 回収率は60%であった. <BR>一般看護職者には,『生活支援』,『精神的支援』,『クライエントの希望の明確化』能力が選ばれた. また, 遺伝専門看護職者には, 『正しい遺伝情報の提供と交換』,『他機関への照会と連携』,『クライエントの理解の支援』が選ばれた. 以上の結果より, 遺伝看護における「遺伝専門看護職を含む一般看護職者」と「遺伝専門看護職者」に求められる実践能力が明らかとなった.
  • 助産所における安全管理
    江藤 宏美, 有森 直子, 堀内 成子, 片岡 弥恵子, 野口 真貴子, 今村 朋子
    日本助産学会誌 18(1) 56-61 2004年06月
  • 公開セミナー企画の意図:わからない・お任せの医療から,選ぶ・納得する医療への転換 (特集 市民とナースと研究者の協働)
    堀内 成子
    Quality nursing 10(4) 308-314 2004年04月
  • ピアカウンセラー養成セミナー受講後フォローアップ評価
    渡辺 純一, 堀内 成子, 小陽 美紀, 竹内 千恵子, 片桐 麻州美, 高村 寿子
    思春期学 = ADOLESCENTOLOGY 22(1) 167-174 2004年03月
  • 保健医療福祉教育機関等に勤務する看護職における e-learning 開講に関するニーズ調査報告
    亀井智子, 梶井文子, 堀内成子, 菱沼典子
    聖路加看護大学紀要(30) 66-73 2004年03月
    本学では平成14年度から看護高等教育・卒後教育におけるe-learnimgの開講に関するプロジェクトを開始し,国内外のe-learningの開講状況や課題を検討してきた。本研究の目的は,国内の保健医療福祉教育槻関等に勤務する看護職を対象としてe-learningに関する教育ニーズを把握し,3年後を目指した本学におけるe-learning施行のための基礎資料を得ることである。対象は2001年10月1日現在,保健医療福祉教育機関および企業に勤務するすべての保健師・助産師・看護師,ならびに看護有資格の養護教諭・看護教員稔計1,103,760名の中から「診療所」「保健所」「その他」の機関を除いたすべての看護師,および保健所,市町村保健センターに勤務する保健師,ならびに助産所に勤務する助産師,計857,926名を調査対象母数とした。これを2000年衛生行政報告例(厚生労働省),および2001年医療施設調査(厚生労働省)に基づいて2000年12月31日現在の就業先別看護師・保健師・助産師割合,および2001年10月1日
  • 生命倫理研究会の活動報告:スピリチュアルケアを探る
    西村哲郎, 堀内成子, 伊藤龍子, 大迫哲也, 下枝恵子, 松村ちづか, 射場典子, 青木美紀子, 有森直子, 桂川純子, 川地香奈子, 中込さと子, 野田洋子
    聖路加看護大学紀要(30) 48-56 2004年03月
    生命倫理研究会は,2000年1月より本学大学院生の有志を中心に聖路加国際病院チャプレン・本学非常勤講師である西村をアドバイザーに始められた。その活動は,月1回の研究会において,各看護専門領域の抱える生命倫理に関連する課選を互いに持ち寄り,討議する形で学習を行ってきた。本稿では,2003年にテーマとした「スピリチュアルケア」について,事例を基に行った討議を要約し報告する。まず,スピリチュアリティおよびスピリチュアルケアの概観について述べる。次に,本研究会の趣旨を中心におき,以下の専門領域の事例に基づいた討論について述べる。すなわち,(1)いのちの始まりに関わる領域における先端医療の施術とスピリチュアルケアのあり方について,(2)小児看護領域からは,小児に関連した文献検討を基にして,親子に対するスピリチュアルケアについて,(3)成人看護領域からは,食事療法を通して生きる意味を見出すことにスピリチュアルケアのあり方を捉
  • 双胎妊婦の腰痛に対する就寝前足浴の効果(予備研究) : 痛みの軽減に焦点をあてて
    桃井 雅子, 堀内 成子, 八重 ゆかり
    日本助産学会誌 17(3) 126-127 2004年02月
  • 管理方式としてのセルフマネジングチーム制に対する実践者の評価
    片桐 麻州美, 福井 トシ子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 17(3) 184-185 2004年02月
  • 根拠に基づくケアガイドライン―周産期におけるDV被害者支援
    片岡 弥恵子, 八重 ゆかり, 江藤 宏美, 堀内 成子, 松本 直子
    日本助産学会誌(第18回日本助産学会) 17(3), 132-133(3) 132-133 2004年02月
  • 研究倫理と看護研究の特質--臨床研究に関する倫理指針を踏まえて (特集 看護研究を倫理的に進めるために)
    堀内 成子
    インターナショナルナーシング・レビュー 27(2) 52-59 2004年
  • 母親と子どもの睡眠覚醒リズムと母子同調 (特集 周産期のパラダイムシフトを考える)
    堀内 成子, 江藤 宏美, 西原 京子
    周産期医学 34(1) 67-73 2004年01月
  • Design of educational programs for international nursing collaborators in Japan: Evidence-based Curricula
    Journal of Japan Academy of Nursing Science(the Japan Academy of Nursing Science Fifth International Nursing Research Conference) 177 2004年
  • Development of clinical guidelines for domestic violence victims in perinatal clinical settings
    3rd ICN International Nurse Practitioner Advance Practice Nursing Network Conference 2004年
  • Delta and theta power spectra of night sleep EEG increase in mothers with breast-feeding
    17th Congress of the European Sleep Research Society 2004年
  • Characteristics if infants' night sleep in the first month under co-sleep conditions
    17th Congress of the European Sleep Research Society 2004年
  • Screening for Domestic Violence Against Women in the Perinatal Setting: A Systematic Review
    Japan Journal of Nursing Science 1(2), 77-86 2004年
  • 「周産期におけるドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン」作成のプロセス―日本におけるガイドラインづくりの現状―
    International Nursing Review インターナショナル ナーシング レビュー 27(4), 57-62 2004年
  • 助産所における安全管理(Safety management for independent midwives)
    日本助産学会誌 18(1), 56-61 2004年
  • 開発途上国における看護技術移転教育プログラムの開発に関する研究
    2002年度研究報告書、国際医療協力研究委託費 331-334 2004年
  • 不妊治療中の女性のストレスを軽減するケアプログラムの開発
    日本不妊看護学会第2回学術集会 2004年
  • ピアカウンセラー養成セミナーにおけるフォローアップの必要性
    思春期学会 2004年
  • 看護職者に求められる遺伝看護実践能力
    日本看護科学学会誌 24巻2号、13-23 2004年
  • Design of educational programs for international nursing collaborators in Japan: Evidence-based Curricula
    Journal of Japan Academy of Nursing Science(the Japan Academy of Nursing Science Fifth International Nursing Research Conference) 177 2004年
  • Screening for Domestic Violence in Prenatal Care Settings: Systematic Review
    Journal of Japan Academy of Nursing Science(the Japan Academy of Nursing Science Fifth International Nursing Research Conference) 129 2004年
  • Development of clinical guidelines for domestic violence victims in perinatal clinical settings
    3rd ICN International Nurse Practitioner Advance Practice Nursing Network Conference 2004年
  • Delta and theta power spectra of night sleep EEG increase in mothers with breast-feeding
    17th Congress of the European Sleep Research Society 2004年
  • Characteristics if infants' night sleep in the first month under co-sleep conditions
    17th Congress of the European Sleep Research Society 2004年
  • Delta and theta power spectra of night sleep EEG are higher in breast-feeding mothers than in non-pregnant women.
    Neuroscience Letters 368, 216-220 2004年
  • Screening for Domestic Violence Against Women in the Perinatal Setting: A Systematic Review
    Japan Journal of Nursing Science 1(2), 77-86 2004年
  • Responses and defensive capacity to endotracheal suction in Extremely low birth weight infants
    Journal of Japan Academy of Nursing Science, 5th Research Conference 107 2004年
  • 焦点 国際協力にむけての看護教育--国際看護コラボレータ育成
    堀内 成子, 有森 直子, 江藤 宏美
    看護教育 44(12) 1054-1059 2003年12月
  • 総論 適切な分娩監視装置の利用--エビデンスに基づいたガイドライン (特集 分娩監視装置をどう使っていますか?)
    八重 ゆかり, 堀内 成子
    助産雑誌 57(11) 895-901 2003年11月
  • NICUでの処置に伴うストレスを軽減する看護ケア--気管内吸引に対する極低出生体重児の反応 (特集 デベロプメンタルケア) -- (デベロプメンタルケアと環境)
    近藤 好枝, 堀内 成子
    周産期医学 33(7) 836-840 2003年07月
  • 助産モデルの展開を阻む現実 : 病院に勤務する助産師から見たケアシステムの問題点
    堀内 成子, 森 明子, 恵美須 文枝, 藤本 栄子, 岸田 佐智, 内藤 和子, 岩澤 和子
    日本助産学会誌 17(1) 47-53 2003年06月
  • 診療看護サービスのマネジメントに有用な電子経過表と看護関連マスタの設計
    水流 聡子, 中西 睦子, 川村 佐和子, 堀内 成子, 萱間 真美, 村嶋 幸代, 本道 和子, 井上 真奈美, 日高 陵好, 内野 聖子, 江藤 宏美, 長岡 由紀子, 石垣 恭子, 宇都 由美子, 高見 美樹, 柏木 聖代, 柏木 公一, 美代 賢吾, 横山 梓
    医療情報学 = Japan journal of medical informatics 23(1) 98-99 2003年04月
  • 開業助産師に関するリスクマネジメント 要因の分析と具体策の検討
    江藤 宏美, 有森 直子, 堀内 成子, 片岡 弥恵子, 今村 朋子, 野口 真貴子
    日本助産学会誌 16(3) 162-163 2003年03月
  • 聖路加看護大学大学院における学位論文の特性 - 開設20年を振り返って
    有森直子, 射場典子, 鈴木利里, 松本直子, 伊藤和弘, 堀内成子, 横山美樹, 及川郁子, 白木和夫, 菱沼典子, 小澤道子
    聖路加看護大学紀要(29) 59-72 2003年03月
    聖路加看護大学大学院修士課程が開設して20年を迎えた。本研究の目的は,過去20年間の大学院博士課程(前期・後期)の修士・博士論文の特性を明らかにし,今後の本学大学院の方向性を検討するための基礎資料とすることである。修士論文278編,博士論文24編を対象とした。主な分析の項目は,専攻領域,提出年,研究対象,研究デザイン,データ収集方法,データ分析方法,量的分析の種類,質的分析の種類,倫理的配慮であった。修士論文において,研究の対象は,ケアの受け手(患者・息児)が半数以上を占めた。研究デザインは,記述研究が7割を占めた。データ収集方法は,面接法が最も多く,次いで質問紙法,観察法と続いた。データ分析方法は,質的分析205編,量的分析128編,そのうち両方の分析を用いているものが55編あった。倫理的配慮については,約8割の論文において記載されていた。博士論文においては,研究の対象は一,約8割がケアの受け手(患者・息児)であった。研
  • 大学院修了生の動向:聖路加看護大学大学院1980-2000(大学院将来構想プロジェクト)
    小澤道子, 及川郁子, 横山美樹, 伊藤和弘, 白木和夫, 堀内成子, 射場典子, 有森直子, 鈴木里利
    聖路加看護大学紀要(29) 47-58 2003年03月
    大学院開設20周年を迎え,20年間の大学院修了生の動向から本大学院の特性を探り,これからの大学院の方向性や指針に資することを目的とした。対象は,第1回修士修了生から2001年修了の全数278名,第1回博士課程修了生からの21名である。2001年7月に郵送による質問紙調査を行った。質問紙の構成は,①大学院入学の動機と達成度合,②看護職業人としての現在,③ 基礎教育からの将来へのpathways,④制度を含む大学院への期待,⑤ 属性,などである。有効回収率:36.4% (104/286)。その結果,①修了生の約8割は,私的な進学で,職場復帰が保証された休職扱いや経済的な援助のある研修扱いは2割であった。②進学の動機は,研究能力の向上・具体的な関心領域・テーマの追究・看護専門領域の能力の向上・学習意欲の高まりなどが上位で,修了時に,9割以上がいずれの動機も達成できていた。③現在の仕事は,7割が教育関係,2割が臨床関係で,将来も就業継続を希望していた。④所属する国
  • 低リスク妊娠における適切な分娩時胎児モニタリング : エビデンスに基づいたガイドラインの勧め
    八重 ゆかり, 堀内 成子
    日本助産学会誌 16(2) 6-15 2003年02月
  • 第17回日本助産学会学術集会集録一般演題 (口演)(その1)
    大関 信子, 新道 幸恵, 玉熊 和子, 益田 早苗, 田中 克枝, 高橋 佳子, 高田 昌代, 新田 真弓, 平澤 美恵子, 松岡 恵, 村上 睦子, 田母神 裕美, 岸田 佐智, 内藤 和子, 藤本 栄子, 堀内 成子, 森 明子, 恵美須 文枝, 岩澤 和子
    日本助産学会誌 16(3) 90-97 2003年
  • 看護研究のグローバル化のための教育的方略--聖路加看護大学・大学院の取り組み (特集 看護研究のグローバル化)
    田代 順子, 堀内 成子, 亀井 智子
    インターナショナルナーシング・レビュー 26(1) 56-60 2003年
  • Barriers to the development of the midvifery model
    Journal of Japan Academy of Midwifely 17(1) 47-53 2003年
  • 助産モデルの展開を阻む現実
    日本助産学会誌 17(1) 47-53 2003年
  • Barriers to the development of the midvifery model
    Journal of Japan Academy of Midwifely 17(1) 47-53 2003年
  • 助産学を拓くために有効な陣痛 : それは研究的思考から始まる
    堀内 成子
    日本助産学会誌 16(1) 58-66 2002年08月
  • わが国における初の遺伝看護教育プログラム 一般看護職向けの遺伝看護セミナー
    溝口 満子, 有森 直子, 守田 美奈子, 安藤 広子, 中込 さと子, 森 明子, 堀内 成子
    Quality Nursing 8(8) 675-684 2002年08月
  • 学園ニュース251号「大学の4つのプロジェクト特集」ふじみ野大井キャンパス拡充プロジェクト(EPOC)の2年案の活動内容と本学の将来
    亀井智子, 堀内成子
    聖路加看護大学 学園ニュース(251号) 2面-3面 2002年07月
  • エビデンスに基づいたガイドラインの評価 : 低リスク妊娠における適切な分娩時胎児モニタリング(第7回聖路加看護学会学術大会)
    八重 ゆかり, 堀内 成子
    聖路加看護学会誌 6(1) 34-43 2002年06月
    目的 : 電気的胎児心拍数モニタリング(Electronic Fetal Monitoring : EFM)は世界各地で多くの医療機関に普及し、日本においてもほとんどの産科施設に備えられ、ルチーンに用いられている場合も多い。しかし分娩管理における有効性と安全性については、偽陽性率が高いこと、EFM使用により機械的分娩率が上昇すること等の問題点が指摘されている。そこでEFMに関する内容を含む分娩管理に関する各種ガイドラインの質評価を行い、低リスク妊娠の分娩管理において、EFMがどのような位置付けにあるかを比較検討することにより、低リスク妊娠での今日におけるEvidence-basedのEFM適用基準・使用方法を明らかにすることを目的とした。方法 : EFM適用に関する内容を含む分娩管理に関するガイドラインを、データベースのエレクトロニック・サーチ及びこれらの検索で得られたガイドラインのReferencesチェックにより収集した。得られたガイドラインについて、2種のガイドライン採点方法を用いた採点と、ガイドラインのエビデンス比較により質評価を行った。結果 : 採点結果及び勧告内容とエビデンスの比較結果による総合評価から、Evidence-basedのガイドラインとしてRoyal College of Obstetricians and Gynaecologists (RCOG) によるガイドラインが最も質が高く、次にSociety of Obstetricians and Gynaecologists of Canada(SOGC)によるものが優れたガイドラインであった。これらのガイドラインでは低リスク分娩でのEFMのルチーンな使用は推奨されておらず、間歇的聴診法(lntermittent Auscultation : IA)を推奨していた。結論 : 低リスク妊娠における分娩時胎児モニタリングに関する第一選択は、入院時スクリーニング・分娩中胎児監視いずれの場合でも間歇的聴診法であり、分娩時におけるEFMの適用は、母体・胎児のリスク評価により適切に症例を選択して行われるべきである。
  • 助産学を拓くために有効な陣痛 : それは研究的思考から始まる
    堀内 成子
    日本助産学会誌 15(3) 36-37 2002年03月
  • 助産婦による「命の誕生に関する授業」の評価
    斎藤 美貴, 有森 直子, 片桐 麻州美, 清水 理花, 堀内 成子
    日本助産学会誌 15(3) 214-215 2002年03月
  • フォーラム (焦点 Evidence Based Nursing その基本と実践・研究・教育への活用(第33回聖路加看護大学セミナーより))
    堀内 成子, 外崎 明子, Johnston Linda
    看護研究 35(2) 153-158 2002年03月
  • 卒業時の学生によるカリキュラム評価の推移:1995-1997年度入学生
    小澤道子, 森明子, 久代和加子, 桃井雅子, 片桐和子, 堀内成子, 園城寺康子, 菊田文夫
    聖路加看護大学紀要(28) 39-49 2002年03月
    本学は1995年度入学生より,改訂カリキュラムを採用した。改訂カリキュラムの特徴として,自学自習能力の育成,統合化学習の推進,科目配置の順序性があげられる。本報告は,改訂カリキュラム導入期の3年間における卒業時点での学生側から見たカリキュラムの満足度と教科カリキュラムの順序性,統合性に対する評価の推移を知ることを目的とした。調査方法は,調査日を卒業式前日とし,質問紙を配布しその場で回収をした。質問紙の構成は,教科カリキュラムの統合性を知るために「総合看護・看護研究Ⅱ」と履修した科目との関連,敬科目の順序性,カリキュラムの満足の度合,授業や教育システム,教育支援に対する評価などである。その結果は,次の如くである。① 『総合看護・看護研究Ⅱ』(いわゆる卒業論文)にこれまで履修した教養科目・基礎科目・専門科目の,各科目の関連のあるものを科目の出現率で検討すると,3年間とも基礎科目と専門科目の出現率が高く,教
  • A Comparison of Reproductive Health Knowledge Between Malawi and Japanese Women.
    Ethel Fortunate Nasoro, Naoko Arimori, Akiko Mori, Shigeko Horiuchi
    聖路加看護大学紀要(28) 106-115 2002年03月
    The purpose of this study was to Compare the knowledge and understanding of reproductive health of women and adolescents in Malawi and Japan with the goal of promoting safe motherhood by preventing unwanted prgnancy and induced abortion.Documents and interviews provided data for this study.Significant issues warranting interventions were observed in the two.Countries.These are lack of adequate reproductive health knowledge, social problems and gender imbalance.We found out that these three are the main contributors to unwanted pregnancy,hence induced abortion.The results suggest that midwives in the two countries have a significant responsibilityin promoting reproductive health education with adequate follow-up for the promotion of safe motherhood.High rates of unproteeted sex are a threat to the promotion of safe motherhood.During the study we also realized the importance of increasing the awareness of the different cultures and exchanging ideas from the two countries.
  • 女性のリプロダクティブ・ヘルスに関する認識の比較 : マラウイと日本
    Nasoro Ethel Fortunate, 有森 直子, 森 明子, 堀内 成子
    聖路加看護大学紀要 28, 106-115(28) 106-115 2002年03月
    The purpose of this study was to compare the knowledge and understanding of reproductive health of women and adolescents in Malawi and Japan with the goal of promoting safe motherhood by preventing unwanted pregnancy and induced abortion. Documents and interviews provided data for this study. Significant issues warranting interventions were observed in the two countries. These are lack of adequate reproductive health knowledge, social problems and gender imbalance. We found out that these three are the main contributors to unwanted pregnancy, hence induced abortion. The results suggest that midwives in the two countries have a significant responsibility in promoting reproductive health education with adequate follow-up for the promotion of safe motherhood. High rates of unprotected sex are a threat to the promotion of safe motherhood. During the study we also realized the importance of increasing the awareness of the different cultures and exchanging ideas from the two countries.
  • 先端医療と共存する人間性あふれる助産ケア
    堀内 成子
    日本助産学会誌 15(2) 2002年02月
  • Editorial 実践のステップでみるEBN (特集 実践のステップでみるEBN--手法として使うEBNの基本)
    堀内 成子
    イー・ビー・ナーシング 2(4) 401-403 2002年
  • EBN実践のための基本ステップ (特集 実践のステップでみるEBN--手法として使うEBNの基本)
    堀内 成子, 八重 ゆかり, 松本 直子
    イー・ビー・ナーシング 2(4) 404-417 2002年
  • 不妊治療中の女性へのサポートグループの有効性 (特集 実践のステップでみるEBN--手法として使うEBNの基本) -- (事例で学ぶ手法としてのEBN)
    堀内 成子, 松本 直子
    イー・ビー・ナーシング 2(4) 418-430 2002年
  • A Comparison of Reproductive Health Knowledge Between Malawi and Japanese Women
    Bulletin of St. Lukes’ College of Nursing 28, 106-115 2002年
  • The Development of Infants’ Circadian Rest-Activity Rhythm and Mothwes7 Rhythm
    Physiology & Behavior 77, 91-98 2002年
  • The Development of Infants’ Circadian Rest-Activity Rhythm and Mothwes7 Rhythm
    Physiology & Behavior 77, 91-98 2002年
  • 看護職に必要な遺伝看護実践能力(2) デルファイ調査・看護職の回答から
    有森 直子, 中込 さと子, 溝口 満子, 守田 美奈子, 安藤 広子, 森 明子, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 21回 220-220 2001年12月
  • 看護職に必要な遺伝看護実践能力(1) 遺伝医療現場の実態調査
    中込 さと子, 有森 直子, 溝口 満子, 安藤 広子, 守田 美奈子, 森 明子, 堀内 成子
    日本看護科学学会学術集会講演集 21回 72-72 2001年12月
  • 助産の真髄:女性の産む力を引き出すこと (特集 女性の産む力を引き出すケア)
    堀内 成子
    助産婦雑誌 55(10) 845-849 2001年10月
  • 日本の助産婦が持つべき実践能力と責任範囲
    平澤 美恵子, 松岡 恵, 江角 二三子, 園生 陽子, 堀内 成子, 村上 睦子
    日本助産学会誌 15(1) 43-59 2001年08月
  • 社会ニーズを先取りする看護政策論の構築
    村嶋 幸代, 安田 美弥子, 橋本 眞紀, 堀内 成子, 片田 範子, 久常 節子
    日本看護科学会誌 21(2) 81-89 2001年08月
  • 看護者のもつ性暴力に対する態度と知識
    片岡 弥恵子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 15(1) 14-23 2001年08月
    本研究は, 看護者のもつ「性暴力に対する態度」,「性暴力に関する一般知識」および「性暴力被害者の看護」の理解に関する実態を明らかにし, 看護者の特性との関連について検討することを目的に行った。対象者は, 11病院, 1診療所の産婦人科, 外科, 救急に勤務する女性の看護者で, 研究協力が得られた379名であった。測定用具は, 翻訳版「Rape SupPortive Attitude Scale」(以下, 翻訳版RSAS) および研究者が作成した「性暴力に関する一般知識テスト」「性暴力被害者の看護テスト」を用いた。翻訳版RSASは因子分析の結果, 第1因子から順に「強姦にまつわる女性像と男性の正当化」,「強姦にいたる状況と女性の責任」,「女性の性的嗜好」,「強姦と男性の生理的欲求」の4因子が抽出された。<BR>その結果, 3つの対象の特性 (助産婦, 産婦人科勤務者, 性暴力被害者の看護に興味ある者) が従属変数において有意差が認められた。助産婦は他の職種よりも, 性暴力被害者に対し好意的で, 性暴力に関する一般知識および性暴力被害者の看護の理解も高かった。また, 71%の看護者が性暴力被害者への看護に興味をもっていたが, ほとんどの者が性暴力被害者への看護について学ぶ機会をもっていなかったことより, 性暴力被害者への看護に関する看護者への教育の必要性が示唆された。
  • 極低出生体重児に対する気管内吸引後のなだめるケア--落ち着きを取り戻すための支援
    近藤 好枝, 堀内 成子
    臨床看護研究の進歩 12 64-73 2001年04月
  • EBNと文献データベース--看護文献データベースの構築 (ワークショップ EBNを看護情報システムの新たな出発点に)
    美代 賢吾, 堀内 成子, 水流 聡子
    看護展望 26(4) 64-66 2001年03月
  • JICAブラジル母子保健プロジェクトとの協働:母性看護・助産学研究室における国際協力
    堀内成子, 有森直子, 片桐麻州美, 岡村晴子, 桃井雅子, 森明子, 三橋恭子, 毛利多恵子
    聖路加看護大学紀要(27) 26-34 2001年03月
    本学母性看護・助産学研究室においては,1996年よりブラジル国家家族計画母子保健プロジェクトとの関わりをもって活動してきた。その経過をWHOプライマリーヘルスケア看護開発協力センターのメンバーとしての観点から見直し,今後の課題を模索した。このプロジェクトは,ブラジル東北部の母子保健状況の改善を目指して,連邦政府保健省と州政府およびJICAによって,セアラ州で1996年から2001年までの5年間の予定で開始された。主な活動は,保健従事者の能力を強化することにより母子保健サービスを向上させることである。初期の調査により,・世界一高い帝王切開率に見られるような極端な医療介入が行われている一方,産婦の立場を配慮しない非人間的な対応が女性たちの生の声からあがってきた。この現実に対し,周産期医療の改善に焦点を当て,女性やこどもに対する人間的なケアの推進を行い,助産というケア概念の導入を試みた。本稿では,人材の紹介と派遣,人材育
  • 日本助産学会誌掲載論文の動向と今後への期待
    野口 眞弓, 堀内 成子, 三橋 恭子, 多賀 佳子
    日本助産学会誌 14(2) 59-65 2001年02月
  • JANS論文データベースの活用 : Directions for Use of JANS Literature Database System
    美代 賢吾, 堀内 成子, 水流 聡子, 石垣 恭子, 江藤 宏美, 柏木 公一, 真田 弘美, 松本 直子, 柳田 征宏, 山田 雅子
    日本看護科学会誌 20(3) 111-119 2000年11月
  • EBNと文献データベース : 看護文献データベースの構築
    美代 賢吾, 堀内 成子, 水流 聡子, 石垣 恭子, 江藤 宏美, 柏木 公一, 真田 弘美, 松本 直子, 柳田 征宏, 山田 雅子
    医療情報学連合大会論文集 20 208-209 2000年11月
  • マタニティサイクルにある女性と子どもに対する継続的な一貫したケアの提供に関する検討 母親学級の改革とその評価
    中窪 優子, 新 秋枝, 斉藤 京子, 黒川 寿美江, 田口 亜紀, 秋屋 伸子, 池永 玲子, 伊藤 綾夏, 三橋 恭子, 有森 直子, 堀内 成子, 森 明子, 大久保 功子
    聖路加健康科学誌 7〜8 1-8 2000年10月
    母親学級の改革を実施し,質問紙調査により得た妊産婦からの評価をデータとして改革の効果を検討した.その結果,大人数制から小人数制に変えることで友人ができたとする妊産婦が有意に増え,母親学級に対する満足度も有意に高かった.小人数・担当制では,母親学級担当者が出産時にケアを行った場合の出産に対する満足度や出産の評価が有意に高かった.母親学級の改革は妊産婦からよい評価を得た
  • 助産婦活動の範囲と教育
    堀内 成子
    母性衛生 = Japanese Lournal of Maternal Health 41(3) 2000年09月
  • 生後4か月の子どもの夜間における睡眠と気質
    江藤 宏美, 堀内 成子
    日本助産学会誌 14(1) 24-34 2000年08月
  • Mothers' wakefulness at night in the post-partum period is related to their infants' circadian sleep-wake rhythm
    K Nishihara, S Horiuchi, H Eto, S Uchida
    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES 54(3) 305-306 2000年06月
    The relationship between a post-partum mother's wakefulness at night and her infant's circadian sleep-wake rhythm was examined. The subjects were seven primipara and their infants. Actigraphic recordings for the mothers and their infants were made over three to five continuous days during Weeks 3, 6, 9 and 12. A 24-h peak of autocorrelograms of the infants' movements appeared in two cases at Week 6, in six cases at Week 9, and in seven cases at Week 12. The mothers' night-time movements significantly decreased from Week 3 to Week 12. Mothers' wakefulness during night sleep in the post-partum period is related to their infants' obtaining circadian sleep-wake rhythm.
  • 日本看護科学学会における情報発信構想と研究支援
    堀内 成子, 水流 総子, 美代 賢吾, 真田 弘美, 石垣 恭子, 山田 雅子, 柏木 公一, 柳田 征宏, 江藤 宏美
    日本看護科学学会 20(1) 44-48 2000年03月
  • 産褥3ヵ月迄の母子の眠りの関連性
    江藤 宏美, 堀内 成子, 森 明子, 三橋 恭子, 有森 直子, 片桐 麻州美, 桃井 雅子, 岡村 晴子
    日本助産学会誌 13(3) 120-121 2000年03月
  • Pregnant Women: A Comparison of Ghanaian and Japanese Experience During Pregnay
    Bulletin of St.Lukes’ College of Nursing 26, 111-116 2000年
  • JANS論文データベースの活用
    日本看護科学学会誌 20(1) 111-119 2000年
  • 母親と子どもの眠り
     15(9) 80-82 2000年
  • 女性のエンパワーメント-出産領域の看護ケアシステムの変革とネットワーク化-
    科学研究費補助金基盤研究成果報告書 2000年
  • 母親の睡眠リズムと子育て拒否を回避するケアに関する研究
    科学研究費補助金基盤研究成果報告書 2000年
  • 生後4ケ月の子どもの夜間における睡眠と気質
    日本助産学会誌 14(1) 24-34 2000年
  • 卒業生の学生によるカリキュラム評価
    聖路加看護大学紀要(26) 133-143 2000年
  • Problem-Based Learning におけるテュータの行為ーテュータ、カンファレンスの分析を通じてー
    聖路加看護大学紀要(26) 21-30 2000年
  • Pregnant Women: A Comparison of Ghanaian and Japanese Experience During Pregnay
    Bulletin of St.Lukes’ College of Nursing 26, 111-116 2000年
  • An Intelligenca Natwork and Support for Research -a JANS Concept
    Journol of Japan Academy of Nursing Science 20(1) 44-48 2000年
  • Evaluation of the 1995 Revised Cuvriculum by Graduating Senion Students of St. Luke's College of Nursing ,class of 1999 ,after Completion of the Baccalaureate Program
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing(26) 133-143 2000年
  • Pregnant Women-A Comparison of Ghanian and fapanace Experiences during
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing(26) 111-116 2000年
  • Tutorial Performance in Problan-Based Learing -An Anolysin of Tufor Conferenca-
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing(26) 21-30 2000年
  • ハイテクノロジーと人びとの暮らし
    堀内 成子
    日本助産学会誌 13(1) 1999年11月
  • 【助産婦教育 どこで行うか 質と量の確保】 4年制大学での助産婦教育 聖路加看護大学の助産教育
    有森 直子, 片桐 麻州美, 片岡 弥恵子, 森 明子, 三橋 恭子, 桃井 雅子, 堀内 成子
    助産婦雑誌 53(4) 291-295 1999年04月
  • Analyses of mothers' sleep logs in postpartum periods
    S Horiuchi, K Nishihara
    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES 53(2) 137-139 1999年04月
    In order to investigate mothers' sleep-wake patterns from five to 12 weeks in the postpartum period, we analyzed continuous sleep logs. Data for 341 days from seven mothers were analyzed for each postpartum week, There were significant differences in total sleep time and wake time at night. Wake time at night gradually decreased from the fifth to the twelfth week. These results from continuous sleep logs support the results of our previous polysomnographic findings based on intermittent measurements. A transition from interrupted sleep to noninterrupted sleep was observed from the ninth to twelfth week of postpartum. The mothers' sleep-wake patterns are discussed focusing on their relationships to the infants' sleep-wake patterns and feeding rhythm.
  • WHO看護・助産開発協力センターグローバル・ネットワーク 第2回国際カンファレンス報告記(韓国)
    堀内成子, 片岡弥恵子, 片桐麻州美, 有森直子, 毛利多恵子
    聖路加看護大学紀要(25) 81-86 1999年
    WHO看護・助産開発協力センターグローバル・ネットワークのセンター長会議と同時開催の第2回国際カンファレンスが韓国において行われた。スペシャリストの育成等の看護教育に関する展示“Expo Nursing Edu.“に聖路加看護大学のブースを開き参加した。そこで、本学学部・大学院のカリキュラムをはじめ助産に関する専門科目について紹介した。展示会場での情報交換や人々との交流を通じて、各国の大学教育や多国間地区での活動状況を知ることができた。 Grobal, Regional, Country, Centerレベルでの活動連携が必要なこと、地域視点と地球規模の視点の双方を持つことの重要性を感じ、WHOセンターの一員として今後の役割について示唆を得たので報告する。
  • 母親の睡眠リズムと子育て拒否を回避するケアに関する解分
    平成9・10・11年度科学研究費補助金研究成果報告書 1999年
  • 看護学がわかる,母性看護学
    (57) 28-30 1999年
  • 聖路加看護大学大学院の教育・研究内容,母性看護・助産学
     6(1) 46-49 1999年
  • 4年制大学での助産婦教育-聖路加看護大学の助産教育
    助産婦雑誌 53(4) 23-27 1999年
  • 気管内呼引後のなだめる看護ケアに対する新生児の反応:事例分析
    聖路加看護学会誌 3(1) 1-10 1999年
  • 生後6ヶ月の正常数生児の睡眠・覚醒の評価-actigraph a state a 比較-
    聖路加看護大学会誌 3(1) 19-24 1999年
  • WHO看護・助産開発協センターブローバル・ネットワーク第2回国際カンファレンス報告記(韓国)
    聖路加看護大学紀要 25 81-86 1999年
  • Reaction of preterm infant to soothing nursing care after endtracheal snotion : Care study
    Journal of St. Luke's' Society for Nursing 3(1) 1-10 1999年
  • Assessment of sleep-wake states during the first six weeks of life-actigraph verso behavioral state
    Journal of St. Luke's Society for Nursing Science 3(1) 19-24 1999年
  • Participation in the Second International Carfasanee of the Global Network of WHO Collaborating Centers for Nursing and of Midwifery
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing 25 81-86 1999年
  • Changes in sleep patterns of young women from late pregnancy to postpartum: Relationships to their infants' movements
    K Nishihara, S Horiuchi
    PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS 87(3) 1043-1056 1998年12月
    We studied changes in the sleep patterns of ten young women from late pregnancy (36 weeks) to the sixth postpartum week, focusing on the relationship between the women's sleep patterns and their infants' movements. The mothers' polysomnograms and their infants' ankle actigrams were simultaneously recorded using a Medilog 9000 at home in three sessions, during the first, third, and sixth postpartum weeks. The mother-infant pairs slept in close proximity. Two subjects had difficulty with their infants and were dealt with as a separate group. Analysis for the eight subjects who adapted well to the postpartum period showed that wake lime after sleep onset increased significantly during the postpartum period compared with late pregnancy given responsibility for feeding. Stage 3+4 and Stage REM did nor change across the four sessions (pregnancy, first, third, and sixth postpartum weeks), but Stage 2 decreased significantly from pregnancy to postpartum. There was a high synchronization between infants' movements and mothers' wakefulness. Eight mothers did not complain of sleep disturbance, while the two mothers who had difficulty with their infants did. We suggest that mothers who tolerate well sleep interruption arising from feeding and maintain their Stages 3+4 and REM should not be considered as suffering from sleep disturbance. Mothers who have difficulty with their infants and complain of sleep disturbance should be considered as suffering from sleep disturbance.
  • 助産婦の研究者の視点から
    堀内 成子
    日本助産学会誌 11(2) 31-32 1998年03月
  • 第12回日本助産学会学術集会集録 シンポジウム
    青木 康子, 松岡 恵, 堀内 成子, 岡本 喜代子, 小田 清一, 梶田 叡一
    日本助産学会誌 11(2) 29-37 1998年
  • 産褥期における母親の睡眠日誌の分析
    第23回日本睡眠学会定期学術集会抄録集 135 1998年
  • 助産課程における診断能力を育む教授方法の試み -小グループによる事例学習を用いて-
    聖路加看護大学紀要 24 60-65 1998年
  • 准看護婦をめぐる諸外国の看護制度に関する研究
    聖路加看護大学紀要 24 43-59 1998年
  • Changes in Patterns of Mothers' Sleep Logs the Postpartum Periods
    JANS Third International Nursing Research Conference 234 1998年
  • An Experiment in Midwifery Education -A New Method to Reinforce the Ability to Diagnose-
    Annually Published by St. Luke's college of Nursing 24 60-65 1998年
  • Nursing Systems in Relation to Licenced Practical Nurses in Overseas Countries
    Annually Published by St. Luke's College of Nursing 24 43-59 1998年
  • 出産を体験した女性が評価する妊産褥期のケアの質
    堀内 成子, 島田 啓子, 鈴木 美哉子, 毛利 多恵子, 谷口 通英, 多賀 佳子, 宮里 邦子
    日本助産学会誌 11(1) 9-16 1997年12月
    本研究はケアの受け手である女性が妊娠・分娩・産褥期のケアをどのように評価しているか実態を明らかにすることを目的として行った。6都府県26施設 (助産所・個人医院・総合病院・大学病院) に入院中の正常褥婦1,065名に質問紙が配布され, 有効回答は816名 (76.6%) から得られた。測定用具は, 研究者らが開発した自記式質問紙であり, 信頼性・妥当性の検討を行った。その結果, 妊娠・分娩・産褥期のすべてのケア得点が最も高かったのは助産所であり, いずれも低得点であったのは総合病院でケアを受けた褥婦であった。ケアの満足度についても, 最も高かったのは助産所であり, 次に個人医院, 大学病院, 総合病院の順であった。これらの各期のケア得点と全期間のケアに対する満足度は助産所の得点が, 他の施設に比べて有意な差で高得点であった。顧客の再来・他者への紹介については, 助産所が最も高く, 次いで, 個人医院, 総合病院, 最後は大学病院であった。この施設間の平均値には, 有意な差が認められた。ケアの満足度を予測する変数としては, 妊娠・分娩・産褥期のケア得点であり, 同様に, 顧客の再来・他者への紹介を予測する変数としても, 先述の各期のケア得点が選ばれた。
  • 産褥9週から12週までの母親の睡眠パターンとこどもの動き : 予備研究
    堀内 成子
    日本看護科学会誌 17(3) 464-465 1997年12月
  • リプロダクティブ・ヘルス/ライツと助産実践 : 女性と家族とともにおこそう社会的活動を
    堀内 成子, 浅野 水器子
    日本助産学会誌 10(2) 1997年03月
  • 思春期性保健IECワークショップに参加して -中南米カリブ海諸国におけるリプロダクティブ・ヘルス/ライツへの挑戦-
    聖路加看護大学紀要 23 69-80 1997年
  • 新しい教育方法の試み-妊娠期看護のProblem Based Learing-
    聖路加看護大学紀要 23 29-39 1997年
  • 出産を体験した女性が評価する妊産褥期ケアの質
    日本助産学会誌 11(1) 20-26 1997年
  • Participation in the IEC Workshop on Adolecent Sexual Health-A Challenge to Protect Reproductive Health / Right in Latin America and Caribbean Region-
    Annually Published by St. Luke's College of Nursing 23 69-80 1997年
  • An Experiment in a New Mothod of Nursing Education -The Problem Based Learning for Prenatal Nursing-
     23 29-39 1997年
  • Quality of Care During Pregnancy, Delivery and Postpartum Periods Evalualed by Women
    Journal of Japan Academy of Midwifery 11(1) 20-26 1997年
  • 分娩期ケアの質の評価-産婦と助産婦による評価の検討-
    岸田 佐智, 藤本 栄子, 森 明子, 堀内 成子, 岩澤 和子, 恵美須 文枝, 内藤 和子, 鈴木 節子
    日本助産学会誌 10(1) 20-28 1996年12月
  • 看護ケアの質を評価する尺度開発に関する研究 : 信頼性・妥当性の検討
    堀内 成子, 太田 喜久子, 小山 眞理子, 森 明子, 小松 浩子, 岡谷 恵子, 高田 早苗, 井部 俊子, 岩澤 和子, 飯塚 京子, 清水 喜美子, 山田 雅子, 南 裕子, 岩澤 和子
    日本看護科学会誌 16(3) 30-39 1996年11月
    本研究は看護ケアの質質問紙の信頼性・妥当性を検討するために, 看護婦742名, 患者626名を対象に調査を行った。
    「看護ケアの質質問紙一患者用」(QNCQ-PT) 39項目, 及び「看護ケアの質質問紙-看護婦用」(QNCQ-NS) 43項目であり, それぞれ11のサブスケールからなるリカート型尺度である。
    QNCQ-PTの構成概念妥当性は, 因子分析結果から, 11のサブスケールが分割されることなく抽出され, 理論構成は支持された。また, 患者信頼スケールとの間に高い相関関係が認められ, 併存妥当性が支持された。さらに, 患者のケアの質の評価は, 退院時の健康度を予測する事が可能であり, 予測妥当性は支持された。
    QNCQ-PTの信頼性は, 内的整合性の指標であるCrOnbach'sα係数が全体で0.98であり, サブスケール別でも0.7以上であった。安定性は再テスト法を行い, 全体で信頼性係数0.91であった。
    QNCQ-NSの構成概念妥当性は, 因子分析結果から, 11のサブスケールが1-3個まとまって抽出され, 理論構成は支持された。また, 理論的予測に基づく関係性として, 看護婦の仕事満足との間に相関関係が認められ, 構成概念の妥当性は支持された。
    QNCQ-NSの信頼性は, Cronbach'sα係数が全体で0.96であり, サブスケール別でも0.7以上であった。安定性は再テスト法を行い, 全体で信頼性係数0.73であった。
    以上の結果より, QNCQ-PTおよびQNCQ-NSともに, 質問紙全体としての妥当性・信頼性があると判断された。
  • 看護学士課程の母性看護学における Problem-Based Learning の教材開発
    森 明子, 石井 美里, 加納 尚美, 小山 眞理子, 佐藤 直美, 堀内 成子, 三橋 恭子, 毛利 多恵子, 桃井 雅子, 井村 真澄, 土田 桂子
    日本看護学教育学会誌 6(2) 1996年07月
  • Problem-Based Learning におけるテュータの体験の分析
    三橋 恭子, 毛利 多恵子, 石井 美里, 佐藤 直美, 加納 尚美, 森 明子, 堀内 成子, 小山 眞理子, 桃井 雅子, 井村 真澄, 土田 桂子
    日本看護学教育学会誌 6(2) 1996年07月
  • 助産婦の将来像
    堀内 成子, 岸田 佐智
    日本助産学会誌 9(2) 1996年03月
  • 分娩期のケアの質の評価 : 助産婦のケアを構成する因子の分析
    内藤 和子, 森 明子, 堀内 成子, 岩澤 和子, 恵美須 文枝, 鈴木 節子, 岸田 佐智, 藤本 栄子
    日本助産学会誌 9(2) 107-110 1996年03月
  • 分娩期のケアの質の評価 : 産婦と助産婦による評価の検討
    藤本 栄子, 岸田 佐智, 森 明子, 堀内 成子, 岩澤 和子, 恵美須 文枝, 内藤 和子, 鈴木 節子
    日本助産学会誌 9(2) 111-114 1996年03月
  • 諸外国の変動する看護システムに関する研究
    平成7年度厚生省看護対策総合研究事業報告書 1996年
  • 生褥6週までの母親の夜間睡眠における途中覚醒とこどもの動きに関する研究
    聖路加看護大学紀要(22) 42-51 1996年
  • A study of Nursing systems in Transition in Developed Countries
     1996年
  • Relationshtps Between wakefulness of Mothers and Their Infants' Movements During Night Sleep of Postpartum 6 Weeks
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing(22) 42-51 1996年
  • 第1回学術講演会を終えて
    宮里 和子, 園生 陽子, 毛利 多恵子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 9(1) 62-64 1995年12月
  • 持続的胎児心拍モニタリング法と間歇的聴診法の比較研究
    葉久 真理, 跡上 富美, 有森 直子, 堀内 成子
    日本助産学会誌 9(1) 11-22 1995年12月
  • 分娩期ケアの質の評価 : 産婦自身による評価に焦点をあてて
    鈴木 節子, 森 明子, 堀内 成子, 岩澤 和子, 恵美須 文枝, 岸田 佐智, 藤本 栄子, 内藤 和子
    日本看護科学会誌 15(3) 1995年12月
  • 患者と看護婦による看護ケア評価の分析
    山田 雅子, 堀内 成子, 太田 喜久子, 岡谷 恵子, 高田 早苗, 森 明子, 小山 眞理子, 小松 浩子, 岩澤 和子, 井部 俊子, 飯塚 京子, 清水 喜美子, 南 裕子, HOLZEMER William L.
    日本看護科学会誌 15(3) 205-205 1995年12月
  • 世界の助産婦養成の実態
    加納 尚美, 毛利 多恵子, 木戸 ひとみ, 堀内 成子
    日本助産学会誌 8(2) 151-153 1995年03月
  • 看護ケアの測定用具の開発過程
    看護研究 28(3) 1995年
  • The Process of Development of The Quality of Nursing Care Questionnuire
    The Japanese Journal of Nursing Research 28(3) 1995年
  • 褥婦の睡眠パターンの経時的変化に関する研究
    日本看護科学会誌 14(1) 38-47 1993年
  • 妊娠末期から産褥6週までの母親の睡眠パターンの変化
    日本睡眠学会定期学術集会(第18回)抄録集 108 1993年
  • 将来の開業助産婦活動に関する研究(1)
    日本助産学会誌 7(1) 12-20 1993年
  • Changes in Sleep Parameters of Young Women from Late Pregnancy to Postpartum
    Journal of Japan Academy Nursing Science 14(1) 38-47 1993年
  • Chang in sleep patterns of young women from late pregnancy to postpartum
    Abstracts 18th Meeting of the Japanese Society of Sleep Research. 108 1993年
  • A Study on Future Midwifery Activities(1)
    J. Jpn. Acad. Mid 7(1) 12-20 1993年
  • 看護ケアの質の評価の測定用具の開発
    第1回国際看護学術集会抄録集 215-16 1992年
  • Instrument Development to measure the Patients'view of the Quality of Nursing Care in Japan
    FIRST INTERNATIONAL NURSING RESEARCH CONFERENCE PROCEEDING 215-16 1992年
  • 家族出産-こどもが出産に参加する為の教育と実際の分析-
    日本助産学会誌 4(2) 1991年
  • Family Birth
    Journal of Japan Academy of Midwifery 4(2) 1991年
  • クリニカル・ジャジメントの教育-文献検索-
    看護研究 23(4) 1990年
  • アクティブバースに関する研究
    日本助産学会誌 4(1) 1990年
  • 産褥早期における睡眠の主観的評価
    聖路加看護大学紀要 16 1990年
  • Teaching Clinical Judgement
    The Japanese Journal of Nursing Research 23(4) 1990年
  • The Effects of Self-Regulatory Delivery Position
    Journal of Japan Academy of Midwifery 4(1) 1990年
  • Subjective Estimation of Sleep Patterns During Postpartum Period Compared with Pregnancy Periods
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing 16 1990年
  • Nocturnal Sleep During Pregnancy and Postpartum Periods
    Journal of Japan Academy Nursing Science 10(2) 1990年
  • 更年期婦人の不定愁訴と閉経の受容に関する調査
    聖路加看護大学紀要 16 1989年
  • On the Relationship between the Acceptance of Menopause and Mental-Physical Complaints of Menopausal Women
    Bulletin of St. Luke's College of Nursing 16 1989年
  • 妊娠期における睡眠の主観的評価に関する研究
    日本助産学会誌 2(1) 1988年
  • Subjective Estimation of Sleep Pattern during Pregnancy
    Journal of Japan Academy of Midwifery 2(1) 1988年
  • 帝王切開分娩における母子相互作用に関する研究(第2報)-心理的喪失体験の分析-
    周産期医学 17(3) 1987年
  • Study on Mother-Infant Interaction in Cesarean Bith (Part 2)-Cerarean Birth Experience-
    Perinatal Medicine 17(3) 1987年
  • 帝王切開分娩における母子相互作用に関する研究(第1報)-文献的考察-
    周産期医学 16(4) 1986年
  • Study on Mother-Infant Interaction in Cesarean Birth (Part I)-Review of the hiterature-
    Perinatal Medicine 16(4) 1986年
  • 手術患者において検出された細菌の動態に関する一考察
    感染症学雑誌 57(3) 1983年
  • Basic Studies of Changes of Bacteria Isolated from Surgical Patients
    The Journal of the Japanese Accociation for Infectious Disease 57(3) 1983年
  • 卒業時の学生によるカリキュラム評価
    小澤道子, 助川尚子, 菊田文夫, 堀内成子, 森明子, 久代和加子, 桃井雅子, 藏屋 千秋, 池谷桂子, 片桐和子
    聖路加看護大学紀要(26) 133-143
    本報告は、1995年にスタートした改訂カリキュラムで学習した学生達が卒業する年を迎え、学生側のカリキュラムに対する満足度と教科カリキュラムの順序性と統合性に対する意識を知ることを目的に卒業直前の4年生57人を対象に質問紙法を用いて調査した。 質問紙の内容は、教科カリキュラムの統合性を知るために「総合看護・看護研究II」と履修した科目との関連、カリキュラムの満足の度合とその理由、授業や教育システムに対する評価などである。なお、授業や教育システムに関する項目は、ベネッセ文教総研(1997)より10項目を使用した。結果: ①「総合看護・看護研究II」の学習には履修教科目が関連していた人は、約8割であり、また、科目群間の満足度の相関では、「総合看護・看護研究II」と実習科目・専門科目・基礎科目群と有意な相関があった。 ②カリキュラムに対する満足度は、全体的に高い傾向であり、「総合看護・看護研究II」・専門科目群、実習科目群の順に満
  • Pregnant women:A comparison of Ghanaian Japanese experiences duri
    Boateng-Botwe, Iris,Eto, Hiromi,Momoi, Masako,Horiuchi, Shigeko
    聖路加看護大学紀要(26) 111-116
  • 聖路加看護大学1995年度改訂カリキュラムについて
    菱沼典子, 小山眞理子, 岩井郁子, 小松浩子, 堀内成子, 及川郁子, 中山洋子, 小島操子, 常葉恵子, 香春知永, 宮坂義彦, 助川尚子, 木村登紀子, 伊藤和弘, 菊田文夫
    聖路加看護大学紀要(22) 113-121
  • 思春期性保健IECワークショップに参加して:中南米カリブ海諸国におけるリプロダクティブ・ヘルス/ライツへの挑戦
    加納尚美, 平林優子, 小島操子, 堀内成子, 及川郁子, 香春知永, 成木弘子, 野村美香, 久代和加子
    聖路加看護大学紀要(23) 69-80
    グローバルな看護活動を新たに見出すため、メキシコで開催された思春期性保健ワークショップに、聖路加看護大学WHOコラボレーティングセンターから2名の教員をリソースパーソンとして派遣した。そこで日本の看護/助産の視点から思春期保健における実践例を報告し、また、深刻な思春期をめぐる性保健の現状を抱えながらも、斬新な教育的なアプローチを試み国を越えて政府機関と非政府機関(NGO)が協力しあうユニークなワークショップから多くの示唆と人々との交流を得た。 また、この度の活動を通じて今後の看護/助産における可能な範囲の国際保健協力分野での方向性を検討したので報告する。
  • 諸外国の変動する看護システムに関する研究
    小島操子, 堀内成子, 太田喜久子, 及川郁子, 香春知永, 野村美香, 豊増佳子, 鳩野洋子, 菅田勝也, 田中祐二
    聖路加看護大学紀要(23) 49-68
    本研究は、諸外国の看護システムについて調査し、わが国の現状との比較分析を行うことにより、看護の質の向上のための看護職員のあり方について検討することを目的に行った。特に諸外国の看護システムおよび准看護婦(士)に類似する看護職の実状を明らかにすることに焦点を当てて研究を進めた。 調査対象は、わが国の今後に示唆を得られると思われる国として、アメリカ、カナダ、オーストラリア、フランス、スウェーデン、イギリスの6ヵ国を選んだ。看護推進における先駆的な活動および今後の方向性を得るため、WHOコラボレーションセンターおよび看護専門職能団体を中心に、各機関の長、29名に質問紙調査を依頼した。質問紙は19通回収され、回収率は65.5%、有効回答は15通であった。さらに、医療現場における実態を詳細に把握する目的で、アメリカの看護管理および教育の専門家3名に、面接調査を実施した。その結果、以下の知見を得た。 1.准看護婦を有していた国
  • 新しい教育方法の試み:妊娠期看護のProblem-Based Learning
    森明子, 三橋恭子, 土田桂子, 加納尚美, 佐藤直美, 毛利多恵子, 堀内成子, 小山眞理子, 石井美里, 桃井雅子, 石井真澄
    聖路加看護大学紀要(23) 29-39
    看護専門科目の母性看護学では、1995年度の開講にあたり、単元「妊娠期看護」に新しい教育方法としてProblem-Based Learningを試みた。 実施までの経過には、McMaster大学で開かれたワークショップへの参加を含むProblem-Based Learningに関する教員(テュータ)の研修と、新しい教育方法の導入にあたっての科目全体の構成やProblem-Based Learningの手続きにそった妊娠期看護の教材開発、リソース等の準備という2つの主要な流れがあった。 実施したところ、テュータと学生の双方に講義法との比較で異なった様々な反応がみられた。少人数グループ学習(Small Group Learning)、学習者主体の自己学習(Self-Directed Learning)において優れた点があげられた一方、学習時間の確保や活用の難しさ、テュータとしての進め方の難しさなどがあげられた。 今後の課題として、1)統合カリキュラムではない現状でProblem-Based Learningを実施するには、並行する他の科目、単元の学習内容・方法などとの関連を考慮、調整する
  • 助産課程における診断能力を育む教授方法の試み - 小グループによる事例学習を用いて -
    佐藤直美, 有森直子, 片桐麻州美, 片岡弥恵子, 三橋恭子, 森明子, 堀内成子
    聖路加看護大学紀要(24) 60-65
    本学における助産教育は、習得した知識を統合し独自な診断や対象に合った個別性のあるケアが実践できる助産婦の育成をめざしてきた。しかし、助産に必要な知識の習得を講座中心に進めてきた従来の理論期では実際の臨床の場で、出産に関する状況や事象の理解を深める機会が少なかった。したがって実習における場において、受け持った事例に知識を応用し助産診断、ケアを十分に実践していくことが難しい現状にある。 本年度の助産課程の理論期においては、とくに診断能力を強化するために小グループ制で事例を展開し、かつ設定した事例の状況のイメージ化や知識の統合がはかれるように、学内演習や特別講義、臨地実習を組み入れた新しい教育方法と教材開発の試みを行った。 本稿では、この新しい教育方法の検討と展開までのプロセスを報告する。
  • 准看護婦をめぐる諸外国の看護制度に関する研究
    小島操子, 堀内成子, 及川郁子, 太田喜久子, 香春知永, 成木弘子, 野村美香, 久代和加子, 鳩野洋子
    聖路加看護大学紀要(24) 43-59
    本研究は、少子高齢化社会を迎え、さらに地域への医療の移行等の医療システムにおける大きな変革の時期に際し、諸外国の看護要員、すなわち看護婦および准看護婦と看護補助者の看護業務と教育背景の実状を明らかにし、保健医療システムとの関係を分析することを目的に行った。 調査の対象は、WHO看護開発協力センターを通して、総合病院、クリニック、ナーシングホームを含む施設を抽出し、さらにセンターを持たない国については、看護国際交流協会主催のセミナー参加者の所属する医療施設とした。 調査は、①ヘルスマンパワーの種類と数、②准看護婦および看護補助者の養成と業務の内容、業務範囲とその実状、③今後の雇用方針をおもな柱として構成した自己記入方式の質問紙調査を郵送法で実施した。 40か国135施設に質問紙を配布し、33か国86施設より有効な回答を得た。(回収率63.7%)。回答施設の種類は、一般病院47施設(54.7%)、クリニック3施設(3.6%)、ナーシ
  • ESBH 実践事例:分娩期②羊水混濁の新生児への分娩時吸引は必須?
    助産雑誌 61(6) 502-506
  • ICM Counchil Meeting Report 国際助産師連盟(ICM)評議委員会報告
    堀内 成子
    日本助産学会誌 22(1) 96-99

特許

  • 特許特許第4869220号:胎動監視システムおよび胎動監視方法
    西原 京子, 堀内 成子
    特願特願2007-501673
    胎動監視システムおよび胎動監視方法特許第4869220号平成23年11月25日登録
  • 胎動監視システムおよび胎動情報収集装置
    西原 京子, 堀内 成子
    特願JP2006302045
    特開WO2006-082977

受賞

  • 2018年10月 日本母性衛生学会 学術奨励賞
  • 2018年08月 2018年8月 World Nursing & Healthcare ベストポスター賞
  • 2016年03月 日本助産学会 30周年記念論文優秀賞
  • 2014年11月 日本看護科学学会 学術論文優秀賞
  • 2006年03月 日本助産学会 20周年記念論文優秀賞
  • 2005年11月 日本看護科学学会 学術奨励賞

競争的資金

  • 産科医療施設における倫理的葛藤を低減する共有意思決定教育プログラムの介入研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2017年04月 - 2022年03月  
    SDM教育プログラムを産科医療者に実施し効果を明らかにするために以下の3点から研究を計画する。Ⅰ.国内の産科医療施設のSDMの実態調査:国内100ヶ所の施設を対象に、既存のSDM尺度(日本語版)を用い、患者と医療者双方を対象に質問紙調査を行いベースラインデータとする。Ⅱ.SDM導入・継続の阻害・促進要因分析:産科医療施設5ヶ所を対象に、SDMを臨床導入・継続する際の阻害・促進要因、SDMの成果の聞き取り調査を行い学際的メンバーで医療経済の視点も含めたSDM支援の成果項目や指標を作成する。Ⅲ.SDM教育プログラム介入研究:産科医療施設5ヶ所を対象にSDM教育プログラムを実施し、質問紙による評価を対照群との比較で行う。 初年度(H29年度)は、実態調査が計画されていた。この調査が最終第Ⅲ段階 介入研究のアウトカム指標となる。研究メンバー間における議論において、「アウトカム指標」の尺度についての意見交換が行われたことをうけ、本年度は、研究計画の再考も含めて以下のような研究活動を実施した。 ①「医療現場での尺度開発についての意見交換」(H30年1月28日)八田太一先生を科研会議へのアドバイザーとして招聘した。②「周産期におけるアドバンス・ケア・プランニング」(H30年2月15日)北園真希氏を招聘して意見交換を行った。③「行動経済学と意思決定」(H30年2月17日)のテーマについて平井啓先生から助言を得た。さらに、④国際アドバイザリー オタワ大学 Dr.Dawn Staceyを招聘し(H30年3月16-18日)研究計画への建設的な助言を得て、研究計画の内容の改変を行った。
  • ICTを活用したDVハイリスク妊婦への支援プログラムの開発と評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2018年04月 - 2021年03月  
  • 人工死産を決断した両親に対する支援の充実:体験者の声にもとづくリソースの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 - 2021年03月  
    本研究では体験者の声に基づく支援のガイドブック作成が目的の一つとなっている。2018年度は文献検討、及び体験者や医療者に対するヒアリングを行い、ガイドブックに含める内容の方向性を検討した。また、今後の研究の方向性を再検討した。 ガイドブックの内容の検討を終えて、妊娠の中断を決めるプロセスとその過程における苦悩や、子どもとの出会いと別れ、その後の苦悩に加えて、「出産の痛み」の体験にも注目が必要ではないかと考えている。出産の痛みに対して両親が付与する意味は、通常の死産とは異なるものが見いだされる可能性がある。また、人工死産の体験者にとって「安全」を感じる場所・人の存在は極めて重要であることが示唆された。「安全」は周産期喪失の中でも人工死産に特有の概念であり、両親にとっての「安全」とは何か、医療者に理解を促すことが必要である。 研究の方向性として、当初は医療者に対する支援のガイドブック作成を予定していたが、ヒアリングを通して医療者だけでなく、両親に対してもなんらかのガイドブックが必要であることが示唆された。なぜならば、両親は信頼できる情報を得ることが難しいという現状にあるからである。人工死産特有の強い自責感との付き合い方、次の妊娠における遺伝に関する情報などを体験者は求めている。しかし、周産期喪失後の情報提供のツールとして、人工死産に特化したものは現在の日本に存在しない。人工死産に特化した体験者向けのガイドブックの作成は、そのガイドブックを媒介に医療者が両親とコミュニケーションをとりやすくなる、という二次的な効果も期待される。 これらの検討を経て、2019年度は体験者に対するインタビューを実施する予定である。
  • テーラーメイドな出産・育児を促進するオキシトシン活性化プログラムの開発と普及
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間:2017年04月 - 2021年03月  
    今回、産後のオキシトシン値とボンディング障害、マタニティブルーズ、疲労感との関連について検討した。 【方法】同一対象者の4時点(妊娠36~37週、妊娠38週~39週、産後1~2日、産後4~5日)を追跡した記述研究である。対象は、経腟分娩を予定しているローリスク妊婦とした。唾液オキシトシン値は、液-固相抽出で前処理した検体を酵素結合免疫吸着検定法(ELISA)に供することで定量した。 【結果】対象者は、初産婦14名、平均年齢33歳であった。産後1日目にボンディング障害と判定された者(n=3)の平均オキシトシン値は、16.4pg/ml(SD3.3)、正常者(n=11)は、14.9pg/ml(SD4.2)であった。産後5日目では、オキシトシン値の平均は、ボンディング障害と判定された者(n=6)は、9.8pg/ml(SD5.2)、正常者(n=7)は11.6pg/ml(SD5.8)であり、いずれも有意な差は認められなかった。ボンディング障害とオキシトシン値に関連は認めなかった。次に、マタニティブルーズと判定された者は、産後5日目のオキシトシン値の平均は、正常者(n=8)は12.1pg/ml(SD5.8)であり、マタニティブルーズと判定された者(n=5)は、9.1pg/ml(SD4.9)と正常者よりも平均値は低かったが、有意差は認めなかった。マタニティブルーズの得点とオキシトシン値との相関は、r=-0.40,p=0.15であった。産後の疲労感とオキシトシン値との関係は、有意な負の相関が認められた。今回、最もオキシトシン値と関連を認めたのは、産後疲労感であり、疲労感が強いほど唾液オキシトシン値は低下していた。 【結論】唾液オキシトシン値とマタニティブルーズ、産後疲労感との関連が示唆されたため、サンプルサイズを増やし、更なる調査が必要である。
  • 妊婦のアドヒアランスを促進する冷え症改善支援モデルの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 - 2020年03月  
    H29年度は、教材作成の前段階として、東洋における冷え症ケアの実態について調査した。具体的には、台湾の医療従事者を対象に冷え症に関する認識や食事療法の実際について調査である。その結果、食事だけでなく、運動内容についても検討する必要性が示唆された。 また、妊婦健診時における冷え症ケアの実態に関する質問紙調査を実施した。本調査の目的は、冷え症ケアの現状と課題を分析し、臨床の現場に即した意義と実現性のあるプログラム開発にむけての事前調査である。調査対象は、全国の分娩を取り扱っている施設で勤務する妊婦健診に携わっている看護職であり、全国約2700施設に質問紙を配布した結果約800施設の看護職から協力が得ることができた。結果は現在分析中であるが、冷え症についての看護職の学習の有無において、冷え症ケアの実施や冷え症ケアの重要性への認識が異なることが示唆された。本結果は、H30年度の日本看護科学学会学術集会で発表後、日本助産師学会学術誌に投稿予定である。
  • テーラーメイドな出産・育児を促進するオキシトシン活性化プログラムの開発と普及
    文部科学省 科学研究費補助金(基盤A)
    研究期間:2017年04月 - 2020年03月  
  • 周産期におけるレストレスレッグスの影響と生理学的実態の解明:前向きコホート研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2016年04月 - 2019年03月  
    レストレスレッグス症候群/ウィリス-エクボン病の診断のために、信頼性と有用性が十分に検証された質問票を得るために、正規の翻訳手続きを経て、日本語版質問票CH-RLSq13を作成した。感度88.9%、特異度100%であり、有用なツールであることが確認できた。 妊娠糖尿病妊婦のRLS/WED有病率は13.2%で、ハイリスク妊婦を対象とした研究の有病率と大きな差はなかった。RLS/WED群と非RLS/WED群で比較すると、血糖値や分娩アウトカムに有意差はなかった。睡眠については,RLS/WED群は睡眠効率が低下し、妊娠中の睡眠への影響が懸念される結果であった。
  • 認知行動療法に基づく周産期喪失の看護者教育プログラム:ランダム化比較試験
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 - 2019年03月  
    本研究では、周産期喪失のケアにおけるコミュニケーションに焦点をあてた教育プログラムの効果を、ランダム化比較試験により検証した。介入は2日間のメインプログラムと、その6週後に行う1日のフォローアッププログラムからなり、両親中心のコミュニケーションスキルの展開、コミュニケーションに影響を与える看護者自身の感情への対処、及び体験者との交流を含むプログラムである。本研究では、プライマリアウトカムを子どもを亡くした両親とのコミュニケーションにおける自己効力感とし、セカンダリアウトカムをコミュニケ-ションにおける不安・困難感、共感疲労、セルフ・コンパッション、コミュニケ-ションスキルの活用とした。エンドポイントは初回介入から12週後である。 リクルートに想定より時間がかかり、期間内にデータの回収が終了できず期間延長としたが、2018年度にすべてのデータを回収し、分析を行った。最終的に、87名の看護師・助産師が研究への参加に同意し、2群にランダムに割り付けられた。分析はFAS解析にて実施しており、初回の質問紙に回答のあった者が分析の対象である(介入群41名、対照群37名)。 分析の結果、自己効力感、不安・困難感、コミュニケーションスキルの活用で介入の効果が認められた(いずれもt検定にてp<.001)。しかし、共感疲労、セルフ・コンパッションに有意差は認められなかった。介入群における経時的な変化では、共感疲労を除くすべてのアウトカム指標で介入12週後に有意に仮説どおりの上昇・低下がみられた。また、介入群のうち80.5%の看護者が、介入12週後の時点でコミュニケーションにおける行動変容があると回答した。 これらの結果より、開発したプログラムは子どもを亡くした両親とのコミュニケーションの改善に効果が期待できることが示された。現在英文での投稿を進めている。
  • 初産婦のオキシトシン分泌促進プロジェクト「赤ちゃんにタッチでママになろう」の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2016年04月 - 2018年03月  
    本研究の目的は,妊婦が乳児とふれ合うことを生理学的および心理学的指標を用いて,その変化を検証することである。乳児と実際にふれ合う体験をする実験群と,乳児の映像を視聴する対照群のランダム化比較試験である.単胎・経腟分娩予定の初産婦で、20歳以上・妊娠38週代の妊婦で、実験群38名,対照群42であった。唾液中コルチゾールの介入前後の変化量の差は2群間で認めなかったが、両群共に有意に低下していた。唾液中オキシトシンの変化量については、2群間に差は認められなかった。状態不安得点は、実験群のほうが有意に低下していた。また、対児感情尺度のうち接近得点の変化量は、実験群において有意に上昇していた。
  • 妊婦の睡眠障害と胎児・新生児への影響----産褥期うつ状態の早期発見のために
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 - 2018年03月  
    本研究者が開発した胎児と母親の体動が同時に記録できるオリジナル胎動記録装置(FMAM法)が、妊婦の睡眠障害の指標となりうるか、さらに母児の体動の同期性を算出し、同期性が母親のmicro-arousalsと対応するものかを検討した。 18名の妊婦に妊娠24から36週まで、4週ごとに母親の睡眠中に母親と胎児の体動の記録を行った。その結果、就床時間、中途覚醒時間は、ポリグラフィの結果と相応した。一晩の母児体動同期回数は、母親のmicro-arousalsの回数に近かった。FMAM法は、妊婦の睡眠障害の一つの指標になりうる。母親の睡眠中の母児体動同期性の指標は、産褥期においてもさらなる研究が必要である。
  • 助産学分野における系統的レビューの普及と実施体制の基盤整備に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 - 2018年03月  
    助産学分野における系統的レビュー作成に寄与する人材育成とコクラン活動普及の一環として、初年度から最終年度までの3年間を通して、コクラン・システマティック・レビュー方法論を教育する公開セミナー(名称: 聖路加コクラン塾)を毎年(年2回、各回参加者は約30名)開催した。また聖路加コクラン塾生のうち2名がシステマティック・レビューの実施やランダム化試験の実施、論文発表をするに至った。また、助産ケア方針に関する質問紙調査を行った受講生もあった。研究代表者および分担者は協同してコクラン・システマティック・レビューを実施し、プロトコル論文の公表に至り、レビュー結果論文は作成途中の段階まで達する事ができた。
  • 妊娠期DVの育児期に及ぼす影響の探索と構造化:前向きコホート研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2013年04月 - 2018年03月  
    DVと子ども虐待の関連性を探索するために、因果モデルの検証を目的とした。産後女性319名、パートナー203名を対象とした。乳児期の虐待に比較的強い相関がみられた変数は、睡眠障害、DV、ボンディング障害であった。モデルA(CFI=.920)では、多母集団同時分析にて、父母の出生直後のボンディング障害が1ヶ月後の乳児虐待に影響していた。父モデルでは、妊娠期のDV経験が1ヶ月後のDV経験に影響し、1ヶ月後のDV経験は3ヶ月後の乳児虐待と3ヶ月後の乳児虐待に影響していた。モデルB(CFI=.946)では、母の妊娠後期のDV経験が父の1ヶ月後のDV経験に影響し、3ヶ月後の父の乳児虐待へと影響していた。
  • 自然分娩を希望する妊婦のオキシトシン・システム活性化の効果
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2014年04月 - 2017年03月  
    本研究は、ローリスク妊婦に対して、オキシトシン・システム活性化プログラム(芳香浴と乳頭刺激)を開発し、正期産に導くことに効果があるか検討した。 A:芳香浴:健康妊婦に①クラリセージ・ラベンダー精油入り(27人)、②ジャスミン精油入り(26人)、③精油なし(25人)の足浴を実施し比較した。オキシトシンは足浴後に①で有意に増加し(p = .035)、②③では有意差はなかった。B:乳頭刺激:妊娠末期のローリスク初産婦22名(介入群)に、乳頭刺激を実施し、対照群の20名と比較した。介入3日目の唾液オキシトシン値は、有意に高く、子宮収縮回数も有意に多かった。反復乳頭刺激により、オキシトシン値は増加した。
  • 会陰マッサージを支援するスマートフォンサイトの開発と有用性の実証
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2014年04月 - 2016年03月  
    分娩時の会陰損傷を予防するため、妊娠中の会陰マッサージの有効性が初産婦では報告されているが、その実行は15%にとどまっている。そこで、会陰マッサージの教材をスマートフォン・ウェッブサイト群と、小冊子群の二つを開発・比較し、会陰マッサージの継続に効果があるかを検証した。ランダム化比較試験デザインを用いた。161人の初産婦を対象にして、47 人のスマートフォン群と 49人の小冊子群がすべての回答を提出した。プライマリーアウトカムであった会陰マッサージの継続率(1週間に3回以上)については、 51.1% がスマートフォン群であり、51.0% が小冊子群であり、両者に有意な差は認められなかった。
  • サスティナビリティの高い妊婦セルフケアプログラム「冷え症改善パック」の有効性検証
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 - 2016年03月  
    目的は、ランダム化比較試験で、作成したセルフケアプログラム「【自宅でできる】冷え症改善パック」を実施する群としない群で、冷え症の改善へ違いの有無を検証することである。その結果、実験群73名、対照群67名の合計140名の妊婦を分析の対象とした。ブログラム実施4週間後の体温測定にて、冷え症改善プログラム実施前後の温度較差の比較で、対照群と比較して実験群では上肢体温(手指)では3.0℃(p<0.001)、下肢体温(足底)では1.93℃(p=0.02)実験群の方が有意に高かった。
  • 多文化共生の感受性を育む周産期看護者育成プログラムの実施と評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 - 2016年03月  
    本研究は、看護者が様々な背景を持つ対象に対応できる「多文化共生の感受性を育む周産期看護者育成プログラムの実施と評価」を行うことであった。研究方法は、第1段階:これまで作成したプログラムを基盤としたプログラム開発、第2段階:本調査、第3段階:研究結果のデータ分析を行い、普及をめざし国内外の学会で公表した。また、教育プログラムの実施と評価と並行し、外国人ケアへの意識づけを目的とした研修会「ヘルスケア・カフェ」も定期的に企画した。今回の教育プログラムと研修会は、自ら語学や異文化を学ぶこと、さらには外国人に対する意識や態度を変えることのきっかけとなり、外国人医療の向上につながる変化があったと考える。
  • 未解明の妊娠レストレスレッグス症候群のスクリーニングと周産期アウトカムへの影響
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2013年04月 - 2016年03月  
    目的は1. 妊婦のレストレスレッグス症候群(RLS)について、生理学的データと主観的データによるスクリーニングを行い、その頻度を把握する。2. RLSのある妊婦の母児への影響について関連性を記述するの2点であった。 対象は、①ローリスク後期妊婦140人②ハイリスクで入院中の後期妊婦81名であった。RLSスクリーニングによる有病率は日本語版TDIで、ローリスク群22人(15.7%)、ハイリスク群14人(17.3%)であった。血液生化学検査(Hb値・血清鉄値・血清フェリチン値・葉酸値)や周産期アウトカムについてもローリスク群、ハイリスク群ともに、RLSの有無による差は認められなかった。
  • 女性のリプロダクション健康課題に対する意思決定支援の評価研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2012年04月 - 2016年03月  
    リプロダクション領域における看護職を対象に共有意思決定(以下Shared Decision Making:SDM)教育プログラムを開催し評価した。結果、介入群17名、対照群11名から回答を得た。既存のSDM尺度で介入群では出生前診断などの困難2事例のみ事後に低下し5事例は上昇した。対照群ではすべて事後に低下した。研究者作成SDMQ15 は、介入群はすべて事後に上昇し特に「関係性」の上昇率が高かった
  • 周産期喪失後の危機的状況を夫婦で歩み新たな家族をつくる物語
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2011年04月 - 2015年03月  
    本研究は周産期に子どもを亡くした夫婦を支援するツールの作成を目的に実施した。方法は、31名の父親と母親に対するインタビューである。夫婦のあり方は様々だが、家族の外部にも自分のサポートを得ること、悲しみに伴うお互いの一般的な感情の変化を予期できること、家族の中で子どもの存在がオープンであることが、家族の再構成に重要な影響を及ぼしていることは共通した語りであった。家族の語りにもとづき、「夫婦」と「夫婦を支えたいと願う両親」を対象とした二つのリーフレットを作成した。
  • 胎児の脳機能発達と母親のストレスとの関連:オリジナル胎動記録装置を用いた検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2011年 - 2013年  
    胎児の脳機能の発達を推測する方法は現在ではない。胎児の健康状態の指標である胎動の変動を検討することにより、発達が推測される。 本研究は、オリジナル長時間胎動記録・解析装置を用いて、胎児の脳機能の発達を検討し、方法の確立を目指した。まず順調に妊娠経過を経ている妊婦11名について検討した。その結果、胎動数は、24週から32週まで胎児の発達の差をもちながら増加するが、36週で減少する。さらに28週には活動・休止リズムの周期性が認められ、胎児の脳機能発達の過程と考えられた。母親のストレス状況との関係においてはケースを収集中である。
  • 妊婦の安全なくらしにつながる「水と健康」に関する基礎研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2011年 - 2013年  
    妊婦の体水分の評価指標を探索するために前向きコホート研究を実施した。評価指標の一つとして生体インピーダンス値を測定した。分析対象は健康な単胎妊婦332名であった。 「切迫早産およびその疑い」と「低出生体重」のあった妊婦は、なかった妊婦よりも、レジスタンス(R、細胞内液・外液を反映するインピーダンスの構成成分)あるいはヘモグロビン(Hb)の平均値が高く、体水分と血漿量が少ない可能性が示唆された。「妊娠期の血圧上昇」があった妊婦は、Rが低くHbが高い、つまり体水分は増加しているが血漿量は増加していない可能性が示唆された。本研究の結果、妊婦の健康につながる体水分評価の意義と可能性が示唆された。
  • 晩産化妊婦の心と身体を充電するプログラムの産後うつ病重症化への予防効果
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2011年 - 2013年  
    出産後女性の健康増進を目指すプログラムに参加した母親の精神的,身体的健康の変化から評価を行った。産後2か月~6か月の母親135人を対象に実施した。プログラム内容は,有酸素運動,コミュニケーションスキル向上のためのワーク,セルフケアであり,週に1回2時間,4週継続して行った。その結果、身体的不調の総合得点の変化には有意差がみられ(p<.001),プログラム4回目で改善し,その効果は終了後1か月まで持続した。主観的幸福感の変化にも有意差がみられた(p=.002)。
  • タンザニアでの持続的な若手助産研究者教育課程の開発と評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2011年 - 2013年  
    タンザニアの母子保健改善のためにエビデンスに基づく助産に貢献できる人材、持続的な助産若手研究者教育課程の開発が目的である。初年度は、ムヒンビリ大学との協働でカリキュラム編成を行った。二年目は、タンザニア助産師に「女性を中心としたケアによる人間らしい出産」セミナーを開催し、参加者の変化を調査した。104名の参加者は「女性を中心としたケア」を理解し、の認識は変化した。セミナーは、参加者に患者ケアを改善できることを動機づけた。三年目は、タンザニアでの高等教育への期待について16名に面接調査を行った。その結果、高等教育へのアクセスに多くの障壁があっても、母子保健向上のための学習への希求が認められた。
  • DV 女性と子どもの生き抜く力を支えるアドボカシープログラムのランダム化比較試験
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    DV は、女性と子どもの心身社会的な健康に深刻な影響を及ぼす全世界的な問題である。本研究は、DV 被害女性への支援としてアドボカシープログラムを開発し、実施、評価することを目的とした。DV 支援の専門家へのインタビュ結果を基盤にアドボカシープログラムを作成した。さらに「女性に対する暴力スクリーニング尺度」を改訂し、実践での適用性を高めた。アドボカシープログラムの評価は、2 か所の助産所にてアクションリサーチの手法を用いて行った。助産師の態度およびリソースの不足についての問題が明らかになり、プログラムの普及に向けての課題を見出すことができた。
  • 妊婦の冷え症と異常分娩との因果効果の推定-アンメットメディカルニーズの解明-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    助産領域において妊婦の冷え症は、分娩時異常のリスクであることは周知されている。しかしそれはあくまで経験知であり、エビデンスは欠如している。したがって、エビデンス確立のニーズは高く、冷え症に関する研究が求められている。本研究では、妊婦が冷え症であることが原因となり、その結果、異常分娩(早産・前期破水・微弱陣痛・遷延分娩・弛緩出血)が発症するという、因果効果の探索を行った。対象者数は分娩後で入院中の女性2810名である。分析方法は、共分散分析と層別解析であり、傾向スコアによる交絡因子の調整を行った。その結果、早産では、冷え症である妊婦の早産発生率の割合は、冷え症ではない妊婦に比べ、約3.4倍、前期破水では約1.7倍、微弱陣痛では約2倍、遷延分娩では約2.4倍であり、因果効果が推定できた(いずれもp<0.001)。弛緩出血では、冷え症の有無での明確な違いはなく、因果効果は推定できなかった。したがって、冷え症は分娩時のリスクであることが推定された。今後は、本研究結果を、医療者や妊婦ならびに女性に対して広くコンセンサスを得て、一般化していくことが喫緊の課題である。
  • ローリスク妊産婦に対する過剰防衛医療の実態と回避方略
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2009年 - 2010年  
    本年度は、病院・診療所・助産所において、ローリスク妊産婦へのケアの実態を調査した。 関東圏の分娩を取り扱っている産科を有する病院・診療所・助産所153箇所から回答を得た。調査項目は、ガイドラインのclinical questionsごとに、施設のケア方針と実施数(過去1か月)を問い、ケア方針は「ほぼ全例に実施」、「ケースにより実施」、「実施していない」の選択肢を設定した。 入院時の分娩監視装置の使用は84.3%が「ほぼ全例に実施」していた。第1期の胎児心音聴取方1法は、「分娩監視装置による持続的聴取」が全体の15.1%であった。分娩第2期に産婦が自由な姿勢をとることについて「実施している」施設は63.3%であったが、児娩出時に限定すると43.1%であった。バルサルバ法(分娩第2期の怒責および呼吸の誘導)については、「ほぼ全例に実施」が全体の33.6%であった。会陰切開は、「ほぼ全例に実施」は初産婦16.9%で、経産婦は0.7%であった。分娩第3期以降の子宮収縮剤投与は、「ほぼ全例に実施」が42.8%であった。使用薬剤は、「マレイン酸メチルエルゴメトリン注射」が最も多く、次いで「オキシトシン注射」であった。第1度会陰裂傷の対応については、「縫合する」63.6%、「ケースにより縫合」13.9%、「クレンメの使用」18.5%、「縫合・クレンメを使用しない」3.9%であった。羊水混濁がない場合の出生直後新生児の鼻腔・口腔内吸引は、「ほぼ全例に実施」が全体の54.7%であった。褥婦へのマレイン酸メチルエルゴメトリン錠の内服は、「ほぼ全例に実施」が全体の42.1%であった。 ローリスクの妊産婦に、不必要なルチーンケアが多くの施設で実施されていることが判明した。
  • 貴重児妊娠の不安を軽減するための就寝中胎動ホームモニタリングの実用化開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2008年 - 2010年  
    研究者らは静電容量型加速度センサーを用いて、妊婦の腹部より胎動を記録する小型装置・自動解析システムを開発した。胎動監視装置FMAM(Fetal Movement Acceleration Measurement)は、(290g,77mmX27mmX140mm)で二つのセンサー(胎児・母親の体動をピックアップする)、生体アンプ、SDカードを内蔵し、40時間連続記録可能である。9名の健康な妊婦(29-39歳)の妊娠20週から36週の間の睡眠中の胎動変化を分析することができた。妊娠週数による胎動数の変化が把握できた。さらに胎動変化の個人差が大きかった。母親の呼吸運動がアーチファクトとして混入し、自動解析システムの課題が判明した。死産後の次子妊娠中の妊婦2名の家庭での胎動モニタリングを行い、コントロール妊婦の胎動の変動範囲に入っていることを確認した。睡眠中の胎動変動を見せることにより、妊婦の安心感を得た。こうした家庭訪問により、妊婦は不安を表出できた。妊婦は、胎動監視装置を用いて自分自身で簡単に胎動を記録することが可能であった。さらにデータを収集して、母親のアーチファクトを自動的に除外する解析システムに改善する必要がある。新胎動記録・解析システムは、胎児のwell-beingをみる妊婦による妊婦のための家庭胎動モニタリングとして期待できる。
  • ユビキタスIP-TEL産科医療通訳システムの開発
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間:2007年 - 2008年  
    第1段階:システムの構築のため、協力団体と通訳者とともに対応言語と通訳期間を検討した。また国際学会にて先駆的に外国人医療サービスに取り組んでいる国の研究者より意見を仰いだ。その後、協力病院と会議を重ね、パンフレットや説明用紙を作成して、電話通訳の使用の方法や評価について説明し、スタッフの理解を得た。同時に通訳者の養成を行うためにテキストを作成し、冊子と映像を使用して学習を行ってもらった。システムの評価のためのアンケートを医療者、対象者、通訳者用に作成した。第2段階:ポルトガル語通訳者2名、中国語通訳者3名で対応し、2言語対応の電話医療通訳システムを構築。愛知県3病院、東京都2病院でシステムを稼働させた。1カ月はテスト期間とし、その後の5ヶ月間は本稼働を行った。月に1回、電話通訳の使用状況の確認を行った。第3段階:6ヶ月間のシステム稼働の結果、使用件数は5件であった。システム異常や通訳者とのトラブルなく終了し、医療者、通訳者から高い評価を得た。しかし、特に医師からは電話通訳を使用することで診療時間が長くなってしまうことがあるという意見があった。しかし同行型通訳に比較すると使用しやすいとの意見もあった。また通訳時間の延長や夜間帯の通訳、対応言語の増加の要望もあった。今後は病院施設が電話通訳を取り入れていくかを検討していきたいとの報告もあった。
  • 産褥期に生じる睡眠障害の病態解明とその概念の確立
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2005年 - 2007年  
    産褥期の睡眠障害として、産褥期うつ状態(産褥ブルーズ症候群)と子どもの概日睡眠覚醒リズムのフリーランに起因する睡眠障害が主に考えられる。これらの睡眠障害は、産褥期に非適応状態をつくり、睡眠不足でも適応している健康な母親の睡眠と異なるのだが、こうした概念の確立はなされていない。本研究では、この2つの睡眠障害の病態解明を目指した。 方法としては、妊娠後期33週、36週、出産2週、6週、12週に母親の睡眠ポリグラフィと母子のアクチグラフィを12組にprospectiveに行った。その結果、本実験範囲では、産褥期うつ状態の母親は記録できなかったが、子どもがフリーランした1組が記録できた。以下が本研究の要旨と成果である。 1、産褥期に適応している母親と子どもの活動量の同調が強く、うつ状態の母親の場合は、以前のケース報告から同調が弱いことが示唆された。 2、子どもの概日睡眠覚醒リズムがフリーランしたケースでは、母親のリズムも子どものリズムに追従した。この時の母親の妊娠後期の概日リズムは、フリーランしない子どもを持つ母親のリズムより周期が長く、子どものフリーランに何らかの影響があることが示唆された。 3、妊娠後期で、胎動により誘発された母親の睡眠中の微小覚醒(micro-arousal)が世界で初めて記録できた。これは今後の妊婦の睡眠障害の研究の窓を開いた。 4、この研究の発展的成果として、胎児の動きを長時間記録することに成功した。この方法は、産科医療分野で、家庭用長時間胎動モニタリング法として、胎児のwell-beingをみることができるので、特許出願中である。
  • 死産を経験した家族の出会いと別れを支えるグリーフケアの開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2005年 - 2007年  
    死産を経験した母親に対して、小冊子「悲しみのそばで」および、「天使キット」(別れの身支度、記念品等)を提供し、その試用経験から実用性を評価することを目的とした調査を実施した。都内近郊10箇所の病産院において、12週以降の子宮内胎児死亡を経験した母親に対し、小冊子と「天使キット」をそれぞれ100名に提供し、その評価を質問紙に記載して返送してもらった。調査期間は、2006年6月から2007年12月であった。その結果、小冊子22名、天使キット21名の評価を得た。小冊子および天使キット共に、ほとんどの母親が「非常に助かった」「助かった」という評価であった。内容的には、入院中の項目「子どもの為にしてあげられること」、「母親の感情」、「赤ちゃんとの別れの方法」、「身体的な変化」が、退院後の項目「赤ちゃんについて語ること」、「パートナーと語ること」、「赤ちゃんにしてあげられること」の項目が有益であったとする母親が7割以上であった。小冊子には、「感情の起伏が激しいのは、当然だと分かり安心した」、「自分の気持ちを代弁しているようで安心した」、「良く理解してくれる友人のようだ」という喪失に伴う悲嘆反応の認識面や情緒面を支える役割を果たした。天使キットは、さらに「同じ経験をした仲間の存在を感じた」、「孤独ではない」、「生きていた証になった」、「遺品を残すという行動に直接つながった」、「医療者とのコミュニケーションが容易」など情緒面と行動化を促すことにつながった。小冊子および小冊子を含んだ天使キットは、喪失後の悲嘆作業を進める上での有益なリソースであると評価された。
  • 昼夜逆転の睡眠を示す乳児と養育者の観察サテライトシステムの実装
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2004年 - 2006年  
    今回、乳児の睡眠・覚醒状態を視覚的に観察し、その特徴を明らかにするために、客観的にデータを収集し、分析することができるソフトウェアの開発を推進した。このシステムは、これまで行っていたビデオソムノグラフィを用いた観察・分析方法をベースに、乳児の体動に注目して行った。 平成16年度は、システムの開発に取り組み、ソフトウェアがほぼ完成した。そして、器械は、これまでのタイムラプスビデオ・モニター・カメラから、デジタルカメラとコンピュータに変換し、軽量化とデジタルデータの取得を可能にした。 平成17年度は、ソフトウェアの信頼性の検証のために、すでに分析の終了したビデオデータを読み込んで、本ソフトウェアで分析した結果と比較しようと試みた。しかし、アナログのビデオデータは画像が粗く、精緻な分析が困難であったため、分析を断念した。よって、ビデオデータをデジタル化し、レガシーマイグレーションに留まった。この時、画像データ保存のために、必要となる大容量LAN接続ハードディスクを整えた。 平成18年度は、ソフトウェアの信頼性の検討をするために、同時に、アクチウォッチを併用し、乳児のデータを収集した。生後1か月の乳児9人のデータを分析すると、児の直接の動き以外でモーション・デテクションが作動していたのは、平均録画時間9.3時間のうち、平均6.0%であった。アクチウォッチとの信頼性は、スピアマンの相関において関連が認められた。 システムの開発においては、全期間を通して、国内外の睡眠学会等に参加し、発表を通して、睡眠研究者からのコメントを得た。また、海外共同研究者であるDr.Andersと試行し、システムの洗練を重ねた。今後、自動分析の手法や、音声データやバイタルデータ(呼吸)も情報として追加するかなどが、検討課題として明らかになった。
  • 母親の会陰に負担をかけない新生児肩甲娩出術の効果
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間:2004年 - 2006年  
    本研究は、正常に進行している仰臥位分娩において、児頭娩出から肩甲および躯幹娩出に至るまでの会陰保護に伴う手指・手掌にかかる圧力値を実測し、会陰への付加を最小限にする助産術を開発することを目的におこなった。本年度は、熟練助産師4名と新人助産師3名の分析を行った。その結果、熟練助産師と新人助産師とでは手の使い方や圧力値が異なっていた。1.会陰部に置く<右手示指指間小球>は新人助産師に大きく、ほか<右手示指中間>と、児頭を保持する<左手示指第一関節と第二関節内側>、<左手小指先>の圧力値は、熟練助産師が有意に大きな圧力値を示した。2.排臨から児頭娩出の時期では、<右手示指指間小球>では、新人助産師は陣痛に合わせて圧力が最大・最小と大きく変動するのに対し、熟練助産師は陣痛に関係なく一定の圧力をかけていた。熟練助産師は、圧力変動が少なく、滑らかな変化であった。3.発露から児頭娩出の時期においては、熟練助産師は左手に右手の2倍以上の圧力をかけていたのに対し、新人助産師は左手を添えるように当てており右手と同様に小さい圧力であった。4.<左手小指先>では、新人助産師がゼロ表示である時期においても、熟練助産師は圧力表示が一定に保たれて、すべての指を用いた介助方法であった。5.熟練助産師は右手に示される圧力値が、左手に示される圧力と相関係数0.7から0.8以上の強い関係が認められるのに対し、新人助産師にはそれが認められなかった。つまり、熟練助産師は、右手と左手の協働した圧力のかけ方が推測される。6.手を用いて他の人間に触れる行為を、ひずみ圧力値に変換して説明しようとした点は、人間工学の手法を新たに助産学研究に取り入れた点で新規性に富むものであり今後の技術研究への道を開いたと考える。
  • DV被害者支援のためのガイドライン開発と評価
    研究期間:2002年 - 2004年  
  • Development of Guidline for Violence against Women
    研究期間:2002年 - 2004年  
  • 周産期遺伝相談で利用者の意思決定を支えるリソースを用いた対話型支援の開発と評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 萌芽研究
    研究期間:2002年 - 2004年  
    本研究の目的は、周産期遺伝相談に訪れた利用者の意思決定を支えるケアの効果を実験研究のデザインを用いて、明らかにすることである。本年度は、意思決定を支えるケア(decision aid)としてOttawa Personal Decision Guideをバックトランスレーションして日本語の冊子として作成した。このOttawa Personal Decision Guideは、1意思決定を明確にする、2意思決定における自分の役割を特定する、3自分の意思決定のニーズを見極める、4選択肢を比較検討する、5次のステップを計画する、の5段階からなる支援プログラムである。看護者がこの冊子を用いて女性と対話することを本研究の介入とした。評価指標として、すでに邦訳されて使用されはじめている「Decision Conflict Scale」の日本語版の検討を行い信頼性・妥当性の検証を行った。 周産期遺伝相談を開設している遺伝相談のフィールドで、実験群・対照群合わせて96名の妊婦を対象とした。データ収集期間は、2004年5月より2005年2月までの9ヶ月間であった。現在、データの返送をまって、介入の評価を行い公表する予定である。
  • 性暴力被害者に対する看護ガイドラインの開発と評価
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2002年 - 2004年  
    近年、ドメスティック・バイオレンス、強姦、性虐待など、性暴力が深刻な社会問題として認知され始めている。しかし、医療の現場においては、いまだ支援システムが確立しておらず看護職は期待される役割を果たしているとは言いがたい。われわれは平成14年度から周産期におけるドメスティック・バイオレンス被害者支援システムの開発と普及を目指して研究を進めてきた。当初は、セクシャリティを病む性暴力に限局した支援を考えていたが、その発生の構図は広義でとらえたドメスティック・バイオレンスの一部として重なり合う部分が多いと考え、全体を網羅するドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン作成に重点をおいた研究を推進した。医療機関において信頼され活用されるガイドラインにするためには、Evidence-based Medicineの手法に則って作成することが最良であると考えた。EBMの手法は、医療分野の診療ガイドラインとして多くの専門職に活用されていることから、看護分野での導入が待たれていた。作成過程においては、看護/助産専門職のみならず、ドメスティック・バイオレンス支援を手がけている専門家、女性団体、市民、臨床疫学、精神科医らの外部評価をへて推敲・吟味した。できるだけ臨床現場の流れに沿った形でのガイドラインつくりに徹した。支援の中心概念としては、Women-centered careをおき、「安全と尊重」を柱として主人公である女性が中心となって意思決定でき、望む支援が受けられるようにすることを考えた。ガイドラインの作成に時間を要したが平成16年12月に出版物として発行することが出来、Web上での公表を6ヵ月後に予定している。多くの医療現場において活用されることを望む。今後は、普及のためのモデル病院での教育と評価活動を展開することや、3年後のガイドライン改訂に向けての準備を開始する予定である。
  • 女性のエンパワーメントの支援-出産領域の看護ケアシステムの変革とネットワーク化-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:1997年 - 1999年  
    エンパワーメントは、人の潜在的な力を重視し、人が自ら力をつけることによって人間性の回復をめざすプロセスをあらわす。本研究は、妊娠から子育ての時期にある女性と看護者とのあいだで、互いにエンパワーメントが生ずる要因を、ケアシステムの変革の過程において明らかにすることを目的とした。研究フィールドは、妊娠から育児期にある女性とその子どもを対象とした、看護ケアシステムの変革過程にある-ケアユニットである。 1.変革過程に平行しての評価研究:妊産婦クラスを、従来の大人数制の集団指導型から、少人数・継続担当制の相互的コミュニケーションに基づくケアシステムへと段階的に移行するプロジェクトに焦点をあて、ケアの利用者である女性と、プロジェクトを実施している看護職者(助産婦、看護婦)を対象に、主として4つの評価研究を行った。結果、(1)ケア利用者である女性:仲間づくりを基盤とした互恵性を通しての生きぬく力の獲得、(2)ケア利用者と看護職者のあいだの親密な相互作用の生起、(3)参画型意思決定に基づいた変革を通しての看護職者の理想の実現と自己成長、が認められ、この変革過程におけるエンパワーメントの側面が明らかになった。さらに、ケアの利用者である女性、変革を企画・運営・参加した看護職者、変革を支援した熟練看護職者と病棟管理者のあいだで様々に関係性のとらえ直しが生じ、相互変容(transformation)をもたらしていると推測された。 2.研究成果の公表と共有によるネットワークづくりへの支援:変革主体であるフィールドの看護職者がその概要や成果を公表する機会を重視し支援を行った。本研究組織が成果を公表した際に獲得した際に獲得jした外部評価についてフィードバックを行った。外部の看護組織や看護職者間でのネットワーク構築に向けてのさらなる情報公開、ネットワークの構築方略については引き続き検討課題である。
  • 出産に関わるケアシステムの検討に関する研究-ケアの質の保証モデルに基づくケアの実態分析を通して-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:1997年 - 1999年  
    本研究の目的は、出産に関わるケアの質の評価の実態を把握し、ケアシステムの検討のために必要な評価の指標を明らかにすることである。質の保障モデルに基づいて、3×3マトリックスの横軸である「構造」「過程」「成果」および縦軸である「環境」「消費者(産婦)」「ケア提供者(助産婦)」の組み合わせをもとに評価を行った。測定用具は、研究者らが開発した自記式質問紙であり、信頼性・妥当性の検討を行った。対象は32都道府県、58病院の病棟婦長57人、助産婦655人、産婦796人であった。 その結果、1.ケア環境は、病棟形態としての産科病棟の独立が約30%、帝王切開率が平均19.5%であった。2.消費者は受けたケアの内、過程変数の「日常生活ケア」と「サポーティブケア」が、両方とも成果変数としての「分娩期サービス満足度」「出産体験の評価」との間に相関関係があった。また、ケア提供者も自分たちで行ったケアの内、過程変数の「日常生活ケア」」サポーティブケア」「モニタリングケア」が、成果変数としての「分娩期ケア満足度」との間に相関関係があった。3.消費者では、構造変数としての「ケアの一貫性」「情報伝達の一貫性」と、成果変数である「分娩期サービス満足度」「出産体験の評価」との間に関連性が認められた。また、ケア提供者では、構造変数としての「妊娠・分娩期ケア継続担当制」「分娩中に一人の助産婦が継続して関わること」と、成果としての「分娩期ケア満足度」との間に関係性が認められた。4.ケア提供者の過程変数である「モニタリングケア」は、「日常生活ケア」や「サポーティブケア」よりも強い相関関係を成果変数である「分娩期ケア満足度」との間で示していた。また、構造変数である「専門職性」との間でも最も強い相関関係があった。
  • 母親の睡眠リズムと子育て拒否を回避するケアに関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:1997年 - 1999年  
    1.健康な初産婦10例に対して、一夜の終夜脳波を測定した結果、産褥5、6週までは、夜間の途中覚醒率が20%前後を示したが、産褥9週・12週においては夜間に中断された睡眠と、中断されない睡眠とが混在した。夜間において母親の途中覚醒は、こどもの足の動きと同期していた。こどもの慨日リズムは12週までに形成していた。産褥期の母親の睡眠リズムと子育てに焦点を当てて研究活動を行った。2.18組の母子を対象に行った24時間の睡眠日誌の分析からは、生後5週から12週までのこどもの睡眠・覚醒に関するパラメータの変化は、母親の同一時期のパラメータと同様の変化を示した。就床時刻は平均0時53分であり、生活が夜型にシフトしていた。夜間の覚醒時間について生後5および6週は、9週から12週に比べ、有意に長く、覚醒回数も多かった。産褥3ヵ月における母子の睡眠覚醒の推移は、同調した動きを示していた。3.7組の母子を対象に行ったアクチグラフの結果から、産褥3週から12週までの母親の夜間途中覚醒は、こどもの睡眠・覚醒の慨日リズム形成と関係していた。4.入眠前のリラクセーションを図る意味での、腰痛のある妊婦を対象に足浴の効果を見た。その結果、足浴行った実験群においては、就寝前に対する起床時の痛みの強さが軽減していた。5.子育てにともなう情緒については21人の初産婦の面接から、産褥4週以内の子育てに対しては<閉塞感のある生きにくさ>を特徴とし、育児生活そのものは<既成概念と現実のズレ>が多く、時には<暗い迷路>へとつながることもあった。育児の適切さについて<確信がもてない>毎日であり、<焦燥感や不全感>を持ちやすいことも語られた。睡眠リズムの変化に適応できないと同時に、子育てに強く困難感を抱いている事例の分析が今後の課題として残されている。
  • 妊産婦の睡眠脳波と心理状態に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 一般研究(A)
    研究期間:1985年 - 1988年  
    妊娠中から産褥早期にいたる妊産婦の睡眠サイクルの推移を、MEを用いて観察し、睡眠に関する本人の知覚と妊産婦の心理との関係を明らかにすることを目的として研究を行った。 1.妊産婦の終夜睡眠については、妊娠11週から37週までの妊婦7例、産褥1週〜7週までの褥婦4例、および非妊期の女性4例の終夜睡眠を測定した。その結果、妊婦群は非妊婦群に比べて睡眠率が低いことから、覚醒時間が多いことがわかった。妊娠時期別の変化としては、妊娠末期群のほうが初期・中期群よりも睡眠率が低く、覚醒時間の多いことがわかった。また週数とS4比率の間に負の相関が認められたことから、末期には眠りが浅くなる傾向があった。産褥早期には、妊娠末期よりもさらに睡眠率が低く覚醒時間が多くなっていたが、妊娠末期に比べてS4は増加していた。 2.妊産婦の睡眠の主観的評価を分析することを目的に妊婦289例、褥婦86例の対象に、自己記入式調査を行った。睡眠の主観的評価は、「入眠及び睡眠中の関連因子群」と「起床時の関連因子群」とが互いに関連し、「睡眠全体の満足度」に関与していた。妊娠の進行に伴う変化では、初期には非妊期に比べて途中覚醒が多く、「眠い」という睡眠に対する欲求が強く表れていた。中期になると、初期に比べて睡眠に対する欲求は落ち着きを示していた。末期になると、寝つきが悪くなる・眠りが浅くなる・時間が不足する・途中覚醒が多くなるという状態から、睡眠全体に不満感が高まるという関係が示された。産褥早期になると、途中覚醒の理由は、女性自身の因子から新生児に関する因子へと変化し、妊娠末期よりさらに睡眠は不良な状態となり、全体としては不満足感が強まっていた。
  • 開業助産婦活動に関する研究
  • 看護の質の評価の測定用具の開発
  • 褥婦の睡眠と子どもの動きに関する研究
  • Research on independent Nurse-Midwife Activities
  • Instrument Development to Measure the Quality of Nursing Care
  • Relationship Between Sleep Patterns of Mothers and Their Babies'Activities during Night of Postpartum 6ws.

教育活動情報

担当経験のある科目

  • サービスマネージメント (聖路加国際大学大学院)
  • 大学院 博士後期課程 特別演習 (聖路加国際大学)
  • 大学院 博士後期課程 特別研究 (聖路加国際大学)
  • 大学院 特別看護研究 (聖路加国際大学)
  • 大学院 助産学 演習Ⅱ (聖路加国際大学)
  • 大学院 助産学 演習Ⅰ (聖路加国際大学)
  • 大学院 サービスマネージメント論 (聖路加国際大学)
  • 大学院 コニュニティ論 (聖路加国際大学)
  • 大学院 助産学特論Ⅱ (聖路加国際大学)
  • 大学院 博士後期課程 助産学 演習 (聖路加国際大学)
  • 大学院 博士後期課程 助産学特論 (聖路加国際大学)
  • 大学院 助産学特論Ⅰ (聖路加国際大学)

社会貢献活動情報

社会貢献活動