詳細検索はこちら

松井 陽 マツイ アキラ

所属・職名:大学院基盤分野  特任教授
連絡先:matsui-a[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00159146.ja.html 
更新日: 17/05/31 05:09

研究者基本情報

学位

  • 医学博士

経歴

  • 2011年独立行政法人国立成育医療研究センター(院長)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 小児科学

研究キーワード

    レオ3型ウイルス , 胆道閉鎖症 , 免疫組織化学 , ライソゾ-ム , PCR法 , ノ-ザン・ブロット法 , C型肝炎 , 小児 , 垂直感染 , HCV-亜型 , 母子感染 , TTウイルス , HCV抗体 , 血液・悪性腫瘍 , 母乳 , HCV-RNA , G型肝炎 , 門脈血流 , プロテオーム , G型肝炎ウイルス , 感染経路 , 輸血後肝炎 , 血液凝固因子製剤 , 胆管 , 速度プロファイル , アラジール症候群 , 膵臓 , 超音波 , 母児感染 , カラードプラ

論文

  • Stool color card screening for early detection of biliary atresia and long-term native liver survival: a 19-year cohort study in Japan.
    Gu YH, Yokoyama K, Mizuta K, Tsuchioka T, Kudo T, Sasaki H, Nio M, Tang J, Ohkubo T, Matsui A
    The Journal of pediatrics 166(4) 897-902.e1 2015年04月 [査読有り]
  • Hepatocyte transplantation using a living donor reduced graft in a baby with ornithine transcarbamylase deficiency: a novel source of hepatocytes.
    Enosawa S, Horikawa R, Yamamoto A, Sakamoto S, Shigeta T, Nosaka S, Fujimoto J, Nakazawa A, Tanoue A, Nakamura K, Umezawa A, Matsubara Y, Matsui A, Kasahara M
    Liver transplantation : official publication of the American Association for the Study of Liver Diseases and the International Liver Transplantation Society 20(3) 391-393 2014年03月 [査読有り]
  • Drug development: The use of unlicensed/off-label medicines in pediatrics.
    Yamashiro Y, Martin J, Gazarian M, Kling S, Nakamura H, Matsui A, Cucchiara S, Aloi M, Wynn EL, Mulberg AE
    Journal of pediatric gastroenterology and nutrition 55(5) 506-510 2012年11月 [査読有り]
  • Fatal pulmonary veno-occlusive disease after chemotherapy for Burkitt's lymphoma.
    Miyata D, Fukushima T, Matsunaga M, Saito N, Kato Y, Takahashi-Igari M, Horigome H, Sumazaki R, Yamaki S, Matsui A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 53(3) 403-405 2011年06月 [査読有り]
  • Successful pregnancy in a female patient with congenital chloride diarrhea (CLD) and renal impairment.
    Shimizu Y, Kamoda T, Nagata M, Yoh K, Hashimoto Y, Matsui A, Yoshikawa H, Yamagata K, Koyama A
    Journal of nephrology 22(6) 809-813 2009年11月 [査読有り]
  • Fatal sibling cases of familial hemophagocytic lymphohistiocytosis (FHL) with MUNC13-4 mutations: case reports.
    Nakao T, Shimizu T, Fukushima T, Saito M, Okamoto M, Sugiura M, Yamamoto K, Ueda I, Imashuku S, Kobayashi C, Koike K, Tsuchida M, Sumazaki R, Matsui A
    Pediatric hematology and oncology 25(3) 171-180 2008年04月 [査読有り]
  • Guidelines for care of pregnant women carrying hepatitis C virus and their infants.
    Shiraki K, Ohto H, Inaba N, Fujisawa T, Tajiri H, Kanzaki S, Matsui A, Morishima T, Goto K, Kimura A, Hino S
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 50(1) 138-140 2008年02月 [査読有り]
  • Serum resistin concentrations in growth hormone-deficient children during growth hormone replacement therapy.
    Nozue H, Kamoda T, Matsui A
    Metabolism: clinical and experimental 56(11) 1514-1517 2007年11月 [査読有り]
  • Effects of diet with or without exercise on leptin and anticoagulation proteins levels in obesity.
    Murakami T, Horigome H, Tanaka K, Nakata Y, Katayama Y, Matsui A
    Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis 18(5) 389-394 2007年07月 [査読有り]
  • Serum levels of adiponectin and IGFBP-1 in short children born small for gestational age.
    Kamoda T, Nozue H, Matsui A
    Clinical endocrinology 66(2) 290-294 2007年02月 [査読有り]
  • Impact of weight reduction on production of platelet-derived microparticles and fibrinolytic parameters in obesity.
    Murakami T, Horigome H, Tanaka K, Nakata Y, Ohkawara K, Katayama Y, Matsui A
    Thrombosis research 119(1) 45-53 2007年 [査読有り]
  • Prolonged use of dexmedetomidine in an infant with respiratory failure following living donor liver transplantation.
    Enomoto Y, Kudo T, Saito T, Hori T, Kaneko M, Matsui A, Mizutani T
    Paediatric anaesthesia 16(12) 1285-1288 2006年12月 [査読有り]
  • A pediatric case of critical illness polyneuropathy: clinical and pathological findings.
    Ohto T, Iwasaki N, Ohkoshi N, Aoki T, Ichinohe M, Tanaka R, Moriyama N, Ieshima A, Kuwajima K, Matsui A
    Brain & development 27(7) 535-538 2005年10月 [査読有り]
  • A case of Shwachman-Diamond syndrome presenting with diabetes from early infancy.
    Kamoda T, Saito T, Kinugasa H, Iwasaki N, Sumazaki R, Mouri Y, Izumi I, Hirano T, Matsui A
    Diabetes care 28(6) 1508-1509 2005年06月 [査読有り]
  • Fatal eosinophilic heart disease in a child with neurofibromatosis-1 complicated by acute lymphoblastic leukemia.
    Horigome H, Sumazaki R, Iwasaki N, Imoto N, Kinugasa H, Saito M, Matsui A
    Heart and vessels 20(3) 120-122 2005年05月 [査読有り]
  • Diphenylarsinic acid poisoning from chemical weapons in Kamisu, Japan.
    Ishii K, Tamaoka A, Otsuka F, Iwasaki N, Shin K, Matsui A, Endo G, Kumagai Y, Ishii T, Shoji S, Ogata T, Ishizaki M, Doi M, Shimojo N
    Annals of neurology 56(5) 741-745 2004年11月 [査読有り]
  • Clinical heterogeneity of neonatal intrahepatic cholestasis caused by citrin deficiency: case reports from 16 patients.
    Tazawa Y, Kobayashi K, Abukawa D, Nagata I, Maisawa S, Sumazaki R, Iizuka T, Hosoda Y, Okamoto M, Murakami J, Kaji S, Tabata A, Lu YB, Sakamoto O, Matsui A, Kanzaki S, Takada G, Saheki T, Iinuma K, Ohura T
    Molecular genetics and metabolism 83(3) 213-219 2004年11月 [査読有り]
  • Serum adiponectin concentrations in newborn infants in early postnatal life.
    Kamoda T, Saitoh H, Saito M, Sugiura M, Matsui A
    Pediatric research 56(5) 690-693 2004年11月 [査読有り]
  • Resistance to parathyroid hormone in two patients with familial intrahepatic cholestasis: possible involvement of the ATP8B1 gene in calcium regulation via parathyroid hormone.
    Nagasaka H, Yorifuji T, Kosugiyama K, Egawa H, Kawai M, Murayama K, Hasegawa M, Sumazaki R, Tsubaki J, Kikuta H, Matsui A, Tanaka K, Matsuura N, Kobayashi K
    Journal of pediatric gastroenterology and nutrition 39(4) 404-409 2004年10月 [査読有り]
  • A case of listerial meningitis treated with a regimen containing panipenem-betamipron.
    Hitomi S, Ohto T, Okamoto M, Nishimura Y, Iwasaki N, Matsui A
    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 10(4) 242-244 2004年08月 [査読有り]
  • ADRB2 polymorphisms and asthma susceptibility: transmission disequilibrium test and meta-analysis.
    Migita O, Noguchi E, Jian Z, Shibasaki M, Migita T, Ichikawa K, Matsui A, Arinami T
    International archives of allergy and immunology 134(2) 150-157 2004年06月 [査読有り]
  • Life-threatening vocal cord paralysis in a patient with group A xeroderma pigmentosum.
    Ohto T, Iwasaki N, Okubo H, Shin K, Matsui A
    Pediatric neurology 30(3) 222-224 2004年03月 [査読有り]
  • Conversion of biliary system to pancreatic tissue in Hes1-deficient mice.
    Sumazaki R, Shiojiri N, Isoyama S, Masu M, Keino-Masu K, Osawa M, Nakauchi H, Kageyama R, Matsui A
    Nature genetics 36(1) 83-87 2004年01月 [査読有り]
  • Enhanced expression of MYCN leads to centrosome hyperamplification after DNA damage in neuroblastoma cells.
    Sugihara E, Kanai M, Matsui A, Onodera M, Schwab M, Miwa M
    Oncogene 23(4) 1005-1009 2004年01月 [査読有り]
  • Pulmonary veno-occlusive disease associated with partial anomalous pulmonary venous connection.
    Murakami T, Horigome H, Yamaki S, Nakao T, Hiramatsu Y, Matsui A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 45(6) 747-750 2003年12月 [査読有り]
  • Tricho-rhino-phalangeal syndrome type I in a Japanese boy.
    Kamoda T, Matsui A
    European journal of pediatrics 162(11) 810-811 2003年11月 [査読有り]
  • Ventricular fibrillation during anesthesia in association with J waves in the left precordial leads in a child with coarctation of the aorta.
    Horigome H, Shigeta O, Kuga K, Isobe T, Sakakibara Y, Yamaguchi I, Matsui A
    Journal of electrocardiology 36(4) 339-343 2003年10月 [査読有り]
  • Evaluation of hippocampal infolding using magnetic resonance imaging.
    Okada Y, Kato T, Iwai K, Iwasaki N, Ohto T, Matsui A
    Neuroreport 14(10) 1405-1409 2003年07月 [査読有り]
  • Failure to find causal mutations in the GABA(A)-receptor gamma2 subunit (GABRG2) gene in Japanese febrile seizure patients.
    Nakayama J, Hamano K, Noguchi E, Horiuchi Y, Iwasaki N, Ohta M, Nakahara S, Naoi T, Matsui A, Arinami T
    Neuroscience letters 343(2) 117-120 2003年06月 [査読有り]
  • Electrocardiographic changes in patients with cardiac rhabdomyomas associated with tuberous sclerosis.
    Shiono J, Horigome H, Yasui S, Miyamoto T, Takahashi-Igari M, Iwasaki N, Matsui A
    Cardiology in the young 13(3) 258-263 2003年06月 [査読有り]
  • Detection of repolarization abnormalities in patients with cardiomyopathy using current vector mapping technique on magnetocardiogram.
    Shiono J, Horigome H, Matsui A, Terada Y, Miyashita T, Tsukada K
    The international journal of cardiovascular imaging 19(2) 163-170 2003年04月 [査読有り]
  • Soluble P-selectin and thrombomodulin-protein C-Protein S pathway in cyanotic congenital heart disease with secondary erythrocytosis.
    Horigome H, Murakami T, Isobe T, Nagasawa T, Matsui A
    Thrombosis research 112(4) 223-227 2003年 [査読有り]
  • A nonsense mutation of the MASS1 gene in a family with febrile and afebrile seizures.
    Nakayama J, Fu YH, Clark AM, Nakahara S, Hamano K, Iwasaki N, Matsui A, Arinami T, Ptácek LJ
    Annals of neurology 52(5) 654-657 2002年11月 [査読有り]
  • Intravenous prostacyclin combined with inhaled nitric oxide therapy for an infant with alveolar capillary dysplasia.
    Kinugasa H, Horigome H, Sugiura M, Saito T, Iijima T, Matsui A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 44(5) 525-527 2002年10月 [査読有り]
  • Failure to find evidence for association between voltage-gated sodium channel gene SCN2A variants and febrile seizures in humans.
    Nakayama J, Yamamoto N, Hamano K, Iwasaki N, Ohta M, Nakahara S, Horigome Y, Nakahara C, Noguchi E, Shiono J, Shimakura Y, Yamakawa-Kobayashi K, Matsui A, Arinami T
    Neuroscience letters 329(2) 249-251 2002年08月 [査読有り]
  • Association between TNFA polymorphism and the development of asthma in the Japanese population.
    Noguchi E, Yokouchi Y, Shibasaki M, Inudou M, Nakahara S, Nogami T, Kamioka M, Yamakawa-Kobayashi K, Ichikawa K, Matsui A, Arinami T
    American journal of respiratory and critical care medicine 166(1) 43-46 2002年07月 [査読有り]
  • Evaluation of myocardial ischemia in Kawasaki disease using an isointegral map on magnetocardiogram.
    Shiono J, Horigome H, Matsui A, Terada Y, Watanabe S, Miyashita T, Tsukada K
    Pacing and clinical electrophysiology : PACE 25(6) 915-921 2002年06月 [査読有り]
  • Overproduction of platelet microparticles in cyanotic congenital heart disease with polycythemia.
    Horigome H, Hiramatsu Y, Shigeta O, Nagasawa T, Matsui A
    Journal of the American College of Cardiology 39(6) 1072-1077 2002年03月 [査読有り]
  • Identification of a novel nonlysosomal sulphatase expressed in the floor plate, choroid plexus and cartilage.
    Ohto T, Uchida H, Yamazaki H, Keino-Masu K, Matsui A, Masu M
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 7(2) 173-185 2002年02月 [査読有り]
  • Molecular genetics of febrile seizures.
    Iwasaki N, Nakayama J, Hamano K, Matsui A, Arinami T
    Epilepsia 43 Suppl 9 32-35 2002年 [査読有り]

講演・口頭発表等

  • PD-11-5 「Hirschsprung病類縁疾患の現状調査と診断基準に関するガイドライン作成」に関する研究班報告(PD パネルディスカッション,第113回日本外科学会定期学術集会)
    家入 里志, 岩中 督, 窪田 昭男, 渡邉 芳夫, 小林 弘幸, 上野 滋, 仁尾 正記, 松藤 凡, 増本 幸二, 孝橋 賢一, 牛島 高介, 松井 陽, 田口 智章
    日本外科学会雑誌 2013年03月

MISC

  • 便色カードによる胆道閉鎖症のスクリーニング (特集 胎児・新生児の肝・胆道疾患) -- (胆汁うっ滞)
    顧 艶紅, 松井 陽
    周産期医学 44(10) 1337-1341 2014年10月
  • 胆道閉鎖症のスクリーニング
    顧 艶紅, 松井 陽
    小児科 55(8) 1191-1197 2014年07月
  • 見果てぬ夢
    松井 陽
    肝臓 54(8) 571-572 2013年08月
  • 胆道閉鎖症 (特集 小児の消化器疾患 : 症候から最新の治療まで) -- (知っておくべき消化器疾患の最新治療)
    伊藤 玲子, 松井 陽
    小児科診療 76(2) 292-296 2013年02月
  • 第39回日本マス・スクリーニング学会学術集会報告
    松井 陽
    日本マス・スクリーニング学会誌 = Journal of Japanese Society for Mass-screening 22(3) 278-280 2012年12月
  • 胆道閉鎖症のスクリーニング : 便色カードを母子健康手帳に綴じ込むことの意義
    松井 陽
    小児保健研究 71(6) 795-799 2012年11月
  • 25. 「Hirschsprung病類縁疾患の現状調査と診断基準に関するガイドライン作成」に関する研究班報告 : 第1次調査結果から(第42回日本小児消化管機能研究会)
    家入 里志, 岩中 督, 松井 陽, 窪田 昭男, 渡邉 芳夫, 小林 弘幸, 上野 滋, 仁尾 正記, 松藤 凡, 牛島 高介, 増本 幸二, 孝橋 賢一, 友政 剛, 川原 央好, 金森 豊, 渡邉 稔彦, 工藤 博典, 中島 淳, 八木 実, 位田 忍, 池田 佳世, 濱田 吉則, 黒田 達夫, 下島 直樹, 中澤 温子, 田尻 達郎, 松浦 俊治, 永田 公二, 三好 きな, 桐野 浩輔, 田口 智章
    日本小児外科学会雑誌 48(7) 2012年12月
  • 母子健康手帳に便色見本が掲載された意義 (ミニ特集 母子健康手帳 : 過去,現在,未来)
    松井 陽
    小児科臨床 65(8) 1778-1786 2012年08月
  • 脳死分割肝移植を実施した小児2症例
    垣内 俊彦, 笠原 群生, 阪本 靖介, 金澤 寛之, 唐木 千晶, 重田 孝信, 福田 晃也, 中川 聡, 中澤 温子, 松井 陽
    日本小児科学会雑誌 116(6) 995-998 2012年06月
  • 20. 肝門部空腸吻合部にincidental cancerを認めた成人胆道閉鎖症に対する生体肝移植の1例(第38回日本胆道閉鎖症研究会)
    福田 晃也, 重田 孝信, 唐木 千晶, 垣内 俊彦, 金澤 寛之, 阪本 靖介, 笠原 群生, 中野 夏子, 中澤 温子, 宮嵜 治, 野坂 俊介, 北川 博昭, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 48(4) 2012年06月
  • 肝胆道疾患(胆道閉鎖症,先天性胆道拡張症) (特集 小児慢性疾患の生活指導 : 最新の知見から) -- (日常生活における管理・指導)
    伊藤 玲子, 松井 陽
    小児科臨床 65(4) 861-865 2012年04月
  • 臨床助産研究紹介(第2回)胆道閉鎖症を早期発見するための便カラーカード法 : 母子健康手帳の1か月健診記入欄の直前頁に綴じこむことの意義
    松井 陽
    助産師 : 日本助産師会機関誌 66(1) 23-25 2012年02月
  • 自己免疫性肝炎の要素を有した原発性硬化性胆管炎の1例
    垣内 俊彦, 新井 勝大, 肥沼 幸, 清水 泰岳, 柳 忠宏, 井口 梅文, 中澤 温子, 松井 陽
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 = Japanese journal of pediatric gastroenterology, hepatology and nutrition 25(2) 63-68 2011年12月
  • 改正臓器移植法施行後に脳死肝移植登録をおこなった小児症例の検討
    垣内 俊彦, 笠原 群生, 阪本 靖介, 重田 孝信, 福田 晃也, 中川 聡, 中澤 温子, 松井 陽
    日本小児科学会雑誌 115(12) 1932-1933 2011年12月
  • 本当は子どもに"使えない"薬の話--実際と,これをどう打開するか(9)未承認薬を減らす小児治験ネットワーク--より有効でより安全な医薬品を子どもたちへ
    栗山 猛, 松井 陽
    医学のあゆみ 238(2) 201-207 2011年07月
  • 37.胆道閉鎖症・葛西術後の乳児期とそれ以降に生体肝移植となった症例での移植前状態の比較検討(一般演題,第36回日本胆道閉鎖症研究会)
    垣内 俊彦, 新井 勝大, 重田 孝信, 阪本 靖介, 福田 晃也, 笠原 群生, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 46(4) 2010年06月
  • 小児の劇症肝不全における劇症化の診断と予知に関する検討
    虫明 聡太郎, 別所 一彦, 位田 忍, 須磨崎 亮, 乾 あやの, 長田 郁夫, 松井 陽
    日本小児科学会雑誌 114(1) 64-72 2010年01月
  • Voice--編集長インタビュー(第13回)国立成育医療センター病院長 松井陽
    松井 陽, 中村 敬彦, 隈丸 拓
    ドクターズマガジン(116) 12-15 2009年07月
  • 本邦における小児期の劇症肝不全
    乾 あやの, 位田 忍, 須磨崎 亮, 長田 郁夫, 松井 陽, 虫明 聡太郎, 藤澤 知雄
    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 29(4) 583-589 2009年05月
  • O-13 新生児,乳児の劇症肝炎に対する生体肝移植の経験(一般口演 肝移植,Science and Art for Sick Children,第46回日本小児外科学会学術集会)
    木村 拓也, 笠原 群生, 福田 晃也, 重田 孝信, 佐々木 一成, 中川 聡, 新井 勝大, 中川 温子, 伊藤 秀一, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 45(3) 2009年05月
  • 4.カラーマネージメントシステムを用いた便色調判定用標準色調表の作成(第35回日本胆道閉鎖症研究会)
    羽金 和彦, 松井 陽, 黒田 達夫, 坂本 なほ子
    日本小児外科学会雑誌 45(2) 2009年04月
  • 29.葛西手術後の付加手術が肝移植術に与える影響(第35回日本胆道閉鎖症研究会)
    福田 晃也, 重田 孝信, 佐々木 一成, 木村 拓也, 笠原 群生, 田中 秀明, 黒田 達夫, 本名 敏郎, 新井 勝大, 中川 聡, 中川 温子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 45(2) 2009年04月
  • 27.当院における胆道閉鎖症術後妊娠症例の周産期管理とガイドライン作成にむけての検討(第35回日本胆道閉鎖症研究会)
    肥沼 幸, 新井 勝大, 黒田 達夫, 本名 敏郎, 村島 温子, 北川 道弘, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 45(2) 309-310 2009年04月
  • 10.胆道閉鎖症における肝外胆管周囲細胞におけるpodoplanin発現(第35回日本胆道閉鎖症研究会)
    藤野 明浩, 星野 健, 平林 健, 羽金 和彦, 星 一栄, 黒田 達夫, 本名 敏郎, 森川 信行, 松井 陽, 森川 康英
    日本小児外科学会雑誌 45(2) 305-306 2009年04月
  • 本邦における小児期の劇症肝不全
    乾 あやの, 位田 忍, 須磨崎 亮, 長田 郁夫, 松井 陽, 虫明 聡太郎, 藤澤 知雄
    日本腹部救急医学会雑誌 29(4) 583-589 2009年
    1995年から2005年の11年間に診療した15歳以下の全国の劇症肝不全と急性肝不全重症型と診断した症例について,その原因,転帰,予後などをアンケート調査によって後方視的に検討した。また移植例について,主な移植施設に出向いて移植前後の経過について調査した。登録患者数は135例で,このうち劇症肝不全は105例あり,年間平均発症数は約10例であった。成因別では成因不明が43%と最も多く,ついで代謝性とウイルス性がおのおの25%と22%を占めていた。予後は,肝移植導入前の救命率が30.7%であったのに対して69%まで向上した。しかし,1歳未満の劇症肝不全例の救命率は,移植導入後も54%であった。成因検索については,各施設での診断能力に差があり,小児急性肝不全の予後を改善するためには,国家レベルでのシステム作りと小児肝臓専門医の介入が重要と考えられた。
  • 新生児マススクリーニング陽性者の長期追跡システムと精度管理・精度保証システムの一元化 (特集 小児内分泌学の進歩2008)
    原田 正平, 加藤 忠明, 松井 陽
    ホルモンと臨床 56(12) 1235-1239 2008年12月
  • 招待講演 日本の小児医療崩壊をくいとめるために (第9回子どもの心・体と環境を考える会学術大会記録)
    松井 陽
    子どもの健康科学 9(1) 3-5[含 英語文要旨] 2008年11月
  • 完全治癒し得た破傷風の1乳児例
    吉松 昌司, 長谷川 誠, 加藤 啓輔, 藤山 聡, 室伏 航, 齋藤 貴志, 田中 竜太, 松井 陽
    日本小児科学会雑誌 112(9) 1386-1389 2008年09月
  • 国立成育医療センターにおける肝移植成績
    笠原 群生, 福田 晃也, 佐藤 衆一, 重田 孝信, 佐々木 一成, 中里 弥生, 田中 秀明, 黒田 達夫, 本名 敏郎, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 44(5) 679-688 2008年08月
    【目的】肝移植プログラム開始から2年が経過した国立成育医療センターにおける肝移植医療の成績を報告する.【対象と方法】国立成育医療センターにおいて2005年11月から2008年2月までに肝移植を行った48名の小児症例について,手術成績,感染症,拒絶反応等について検討した.【結果】対象疾患は胆道閉鎖症(41.6%)・代謝性肝疾患(29.2%)・劇症肝炎(18.8%)であった.ドナーの平均手術時間5時間31分,出血281mlであった.レシピエントの平均手術時間9時間46分で出血139ml/kgであった.免疫抑制療法はtacrolimusとステロイドの2剤併用療法で,急性拒絶反応を22.4%に認めた.患者・グラフト生存率90.7%であった.【結論】経過観察期間は短いが,小児肝移植は末期肝疾患患者にとって安全な医療であると考えられる.
  • 17. 小児生体肝移植術後に著明な脾腫の軽快を認めた2例(一般演題,第20回日本小児脾臓研究会)
    金子 佳永, 堀 哲夫, 金子 道夫, 小室 広昭, 楯川 幸弘, 井上 成一朗, 瓜田 泰久, 工藤 寿美, 渡邊 美穂, 大河内 信弘, 福永 潔, 松井 陽, 工藤 豊一郎
    日本小児外科学会雑誌 44(4) 639-640 2008年06月
  • 新生児乳児閉塞性黄疸の病因に関する分子的要因と診断・治療法に関する研究(プロジェクト報告2,第34回日本胆道閉鎖症研究会)
    松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 44(2) 2008年04月
  • 38. 胆道閉鎖症術後,思春期以降肝移植例の検討(一般演題,第34回日本胆道閉鎖症研究会)
    藤野 明浩, 黒田 達夫, 本名 敏郎, 森川 信行, 田中 秀明, 高安 肇, 種村 比呂子, 松久 保眞, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 44(2) 2008年04月
  • 財務委員会
    松井 陽
    日本小児科学会雑誌 112(3) 641-646 2008年03月
  • 試験運営委員会
    松井 陽
    日本小児科学会雑誌 112(3) 2008年03月
  • 運営委員長就任に当たって
    松井 陽
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 = Japanese journal of pediatric gastroenterology, hepatology and nutrition 21(2) 2007年12月
  • プロジェクト報告 : 成育医療研究委託費新生児乳児閉塞性黄疸の病因に関する分子的要因と診断・治療法の検討
    松井 陽
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 = Japanese journal of pediatric gastroenterology, hepatology and nutrition 21(2) 84-85 2007年12月
  • S3-6.胆道閉鎖症患児における生体肝移植手術の適応について : 当院で生体肝移植手術を施行した19例の経験より(シンポジウム3「胆道閉鎖症の長期予後・移植時期」,第23回日本小児外科学会秋季シンポジウム)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 小室 広昭, 楯川 幸弘, 瓜田 泰久, 工藤 寿美, 松原 正樹, 大河内 信弘, 福永 潔, 工藤 豊一郎, 田村 恵美, 湯沢 賢治, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 43(6) 739-740 2007年10月
  • 小児集中治療部設置のための指針 : 2007年3月
    中澤 誠, 青谷 裕文, 岩佐 充二, 市川 光太郎, 梅原 実, 長村 敏生, 阪井 裕一, 桜井 淑男, 田中 篤, 羽鳥 文麿, 舟本 仁一, 前多 治雄, 松裏 裕行, 森 俊彦, 安田 正, 山田 至康, 和田 紀久, 渡部 誠一, 藤村 正哲, 松井 陽, 阪井 裕一, 羽鳥 文麿, 中川 聡, 伊藤 龍子, 衞藤 義勝, 妙中 信之, 落合 亮一, 平井 勝治, 松川 周, 宮内 善豊, 安本 進, 羽鳥 文麿, 市川 光太郎, 植田 育也, 梅原 実, 我那覇 仁, 楠田 聡, 阪井 裕一, 桜井 淑男, 志馬 伸朗, 杉浦 正俊, 鈴木 康之, 竹内 護, 森田 潔
    日本小児科学会雑誌 111(10) 1338-1352 2007年10月
  • 新生児肝炎(症候群)と胆道閉鎖症 (特集 周産期と黄疸--Up to Date) -- (胆汁うっ滞をきたす疾患)
    松井 陽
    周産期医学 37(10) 1341-1345 2007年10月
  • 部分てんかんの経過中に脱力発作重積をきたし、エトサクシミドが著効した2例(第1回日本てんかん学会関東・甲信越地方会)
    田中 竜太, 大戸 達之, 齋藤 貴志, 岩崎 信明, 松井 陽
    てんかん研究 25(2) 2007年08月
  • PD-031 小児生体肝移植術後における遅発性門脈閉塞症について(臓器移植・移植後長期の諸問題, 第44回日本小児外科学会学術集会)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 小室 広昭, 井上 成一朗, 瓜田 泰久, 工藤 寿美, 渡邊 美穂, 大河内 信弘, 松井 陽, 松枝 清
    日本小児外科学会雑誌 43(3) 2007年05月
  • PD-040 本邦における小児期の劇症肝不全(臓器移植・劇症肝炎, 第44回日本小児外科学会学術集会)
    乾 あやの, 位田 忍, 須磨崎 亮, 長田 郁夫, 虫明 聡太郎, 松井 陽, 日本小児肝臓研究会劇症肝不全WG
    日本小児外科学会雑誌 43(3) 2007年05月
  • 24OP8-9 小児固形腫瘍の経過観察における末梢血WT-1定量の意義について(ポスター その他(臨床)1,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催)
    中尾 朋平, 福島 敬, 清水 崇史, 中嶋 玲子, 室伏 航, 南木 融, 大木 圭子, 鈴川 和己, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 43(3) 2006年11月
  • 26HP19-2 臨床実践的個別治療が奏効した急性ITPの3例(ポスター 血小板,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催)
    田 直子, 福島 敬, 加藤 愛章, 清水 崇史, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 43(3) 2006年11月
  • 24OP9-12 小児がん患者のトータルヒューマンケア実践研究第4報(ポスター その他(臨床)2,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催)
    中嶋 玲子, 中尾 朋平, 清水 崇史, 福島 敬, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 43(3) 2006年11月
  • ジアゾキサイドおよびコーンスターチの併用療法を行っている乳児持続性高インスリン血症性低血糖(PHHI)の1例
    岩崎 陽子, 鴨田 知博, 滝沢 文彦, 小野 敏明, 大久保 久美子, 松井 陽
    ホルモンと臨牀 54(11) 1037-1041 2006年11月
  • P-64 若年型Huntington病におけるてんかん臨床像と脳波所見の推移(症例報告5,一般演題(ポスター),第40回 日本てんかん学会)
    田中 竜太, 大戸 達之, 齊藤 貴志, 岩崎 信明, 松井 陽
    てんかん研究 24(3) 2006年08月
  • 胆道疾患
    松井 陽
    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(2) 83-85 2006年02月
  • 小児肝疾患 : 成人への carry-over
    藤澤 知雄, 鹿毛 政義, 松井 陽, 三代 俊治, 白木 和夫, 田中 紘一, 田澤 雄作
    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(2) 51-69 2006年02月
  • 2. 胆道閉鎖症の病因・病態生理研究プロジェクト : 平成17年度成育医療委託研究(松井班)(第32回日本胆道閉鎖症研究会)
    松井 陽, 仁尾 正記, 中沼 安二, 永田 恭介, 塩尻 信義
    日本小児外科学会雑誌 42(1) 2006年02月
  • 30. 胆道閉鎖症術後18年目に急激な肝機能低下を認めた1例(第32回日本胆道閉鎖症研究会)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 小室 広昭, 平井 みさ子, 瓜田 泰久, 工藤 寿美, 渡邊 美穂, 星野 論子, 松井 陽, 須磨崎 亮, 工藤 豊一郎, 森下 由紀雄
    日本小児外科学会雑誌 42(1) 2006年02月
  • 21. 胆道閉鎖症術後患児のQOLの評価(第16回日本小児外科QOL研究会)
    松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 41(7) 2005年12月
  • OP52-1 放射線治療を含めた集学的治療が有効であった中枢神経AT/RTの2小児例(ポスター 小児脳腫瘍1,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催)
    中尾 朋平, 清水 崇史, 中嶋 玲子, 齋藤 貴志, 加藤 愛章, 松永 真紀, 菊地 斉, 中村 昭宏, 鈴木 悠介, 福島 敬, 高野 晋吾, 菅原 信二, 大原 潔, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 42(3) 2005年11月
  • HP24-2 一過性に骨髄線維化と細胞の形態異常が認められた自己免疫性汎血球減少の乳児例(ポスター MDS・再生不良性貧血,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催)
    藤山 聡, 福島 富士子, 中尾 朋平, 清水 崇史, 福島 敬, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 42(3) 2005年11月
  • OP34-3 小児がん患者のトータルヒューマンケア実践研究第3報(ポスター 支援2,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催)
    中嶋 玲子, 清水 崇史, 福島 敬, 庄子 一子, 新井 邦二郎, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 42(3) 2005年11月
  • OP3-4 小児悪性腫瘍におけるPBSC poor mobilizerの予測と対策(ポスター 神経芽腫3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催)
    榎本 有希, 福島 敬, 清水 崇史, 宮田 大揮, 中尾 朋平, 中嶋 玲子, 金子 道夫, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 42(3) 2005年11月
  • BNPが多剤併用化学療法における心筋毒性の評価に有用であった2幼児例
    榎本 有希, 福島 敬, 中尾 朋平, 宮田 大揮, 西村 洋子, 岡本 美穂, 高橋 実穂, 清水 崇史, 平井 みさ子, 金子 道夫, 松井 陽
    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 42(2) 244-248 2005年10月
    _<98>A_3プロトコールを遂行する上で心毒性は大きな制約条件となりえる.BNPは心不全のマーカーとしてだけでなく心毒性の早期評価にも有効である.我々が経験した2例において,進行神経芽腫に対する_<98>A_3プロトコールの遂行には,心筋毒性の早期評価が重要であり,心電図・心エコー検査に加えてBNPの定期的な測定と,小児循環器専門家との密接な共同診療が必須であった.
  • 幼小児の薬物性肝障害に対する診療 (第1土曜特集 薬物性肝障害をめぐって) -- (薬物性肝障害の診療における問題点)
    松井 陽
    医学のあゆみ 214(10) 901-905 2005年09月
  • 10. 胆道閉鎖症の病因解明への戦略(第31回胆道閉鎖症研究会)
    松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 41(4) 2005年06月
  • 39. 胆道閉鎖症術後の肝肺症候群に対し肝移植を行った1例(第31回胆道閉鎖症研究会)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 小室 広昭, 平井 みさ子, 瓜田 泰久, 工藤 寿美, 五藤 周, 川上 肇, 大河内 信弘, 松井 陽, 須磨崎 亮, 工藤 豊一郎, 河原崎 秀雄
    日本小児外科学会雑誌 41(4) 2005年06月
  • 42. 胆道閉鎖症術後に生体部分肝移植術を施行した15例の術後QOLについて(第31回胆道閉鎖症研究会)
    五藤 周, 堀 哲夫, 金子 道夫, 小室 広昭, 平井 みさ子, 瓜田 泰久, 井上 成一朗, 工藤 寿美, 的場 公男, 川上 肇, 大河内 信弘, 湯沢 賢治, 小田 竜也, 福永 潔, 松井 陽, 須磨崎 亮, 工藤 豊一郎, 河原崎 秀雄
    日本小児外科学会雑誌 41(4) 2005年06月
  • P-260 胆道閉鎖症患児における生体肝移植手術の適応について : 当院で生体肝移植手術を施行した15例の経験より(移植・再生医療2)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 小室 広昭, 平井 みさ子, 瓜田 泰久, 工藤 寿美, 五藤 周, 大河内 信弘, 松井 陽, 河原崎 秀雄
    日本小児外科学会雑誌 41(3) 2005年05月
  • 遺伝子治療の応用 : 同種造血幹細胞移植におけるGVHD制御への挑戦
    福島 敬, 清水 崇史, 須磨崎 亮, 大津 真, 小野寺 雅史, 小池 和俊, 〓田 昌宏, 加藤 俊一, 中内 啓光, 大橋 一輝, 坂巻 壽, 金子 新, 鈴川 和己, 長谷川 雄一, 小島 寛, 長澤 俊郎, 松井 陽
    日本小児血液学会雑誌 19(2) 101-108 2005年04月
  • 小児幹細胞移植におけるGVHD―未解決の課題と新しい展開  遺伝子治療の応用―同種造血幹細胞移植におけるGVHD制御への挑戦―
    福島 敬, 清水 崇史, 須磨崎 亮, 大津 真, 小野寺 雅史, 小池 和俊, 土田 昌宏, 加藤 俊一, 中内 啓光, 大橋 一輝, 坂巻 壽, 金子 新, 鈴川 和己, 長谷川 雄一, 小島 寛, 長澤 俊郎, 松井 陽
    日本小児血液学会雑誌 19(2) 101-108 2005年
    細胞自爆遺伝子を用いて移植片対宿主 (GVH) 病の制御を行うという試みは, 1990年代にイタリアで始まった.造血細胞移植後に白血病が再発した症例に対して, ドナーリンパ球輸注を行う際に, 細胞自爆遺伝子を導入・発現したものを使用する.輸注後に制御不能のGVH病が発症した際には細胞自爆遺伝子を作動させると, リンパ球は自動的に細胞死に陥り, GVH病は沈静化するというプログラムである.ここでは細胞自爆遺伝子としてヘルペスウイルス・チミジンキナーゼを用いる.本来ヒトの細胞はこれをもっていないが, 遺伝子導入によって細胞内にこの酵素蛋白をもつようになる.するとガンシクロヴィルを活性化させる能力を発現して, 本来ヒトには無毒であるガンシクロヴィルが, 細胞毒性を発揮するようになる.この遺伝子治療をわが国に導入・応用するべく準備をすすめ, 2004年11月に至って第1例目を実施した.本プロジェクトの概要を報告する.
  • HiMECを前処置とした自家骨髄移植後に重度の Fanconi 症候群を発症し, 片腎萎縮をきたした肝芽腫の1例
    松永 真紀, 福島 敬, 清水 崇史, 西村 洋子, 宮田 大揮, 中尾 朋平, 平井 みさ子, 金子 道夫, 松井 陽
    小児がん 41(4) 850-853 2004年12月
  • 胆道閉鎖症に肝細胞癌を合併し生体肝移植術後5年後に後腹膜リンパ節に再発を認めた1例
    堀 哲夫, 金子 道夫, 池袋 賢一, 小室 広昭, 平井 みさ子, 松井 陽, 飯嶋 達生, 川崎 誠治
    小児がん 41(4) 854-858 2004年12月
  • 13.我国での胆道閉鎖症共同研究の必要性(第30回日本胆道閉鎖症研究会)
    松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 40(4) 2004年06月
  • 教授の旬・日記
    松井 陽
    小児科臨床 57(6) 1162-1164 2004年06月
  • V-14 Biliary atresia-Polysplenia Syndromeに対する生体肝移植手術(ビデオIII 肝・鏡視下手術・その他)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 池袋 賢一, 雨海 照祥, 小室 広昭, 平井 みさ子, 的塲 公男, 渡邊 美穂, 松井 陽, 河原崎 秀雄
    日本小児外科学会雑誌 40(3) 2004年05月
  • 麻酔導入で繰り返し心室細動を生じ学校にて突然死した左側前胸部誘導にJ波を伴う大動脈縮窄症の症例
    吉田 健太郎, 堀米 仁志, 高橋 実穂, 重田 治, 磯部 剛志, 山下 正夫, 久賀 圭祐, 青沼 和隆, 榊原 謙, 山口 巖, 松井 陽
    心電図 24(4) 75-75 2004年
  • 進行神経芽腫幼児例におけるDNA/RNA診断の有用性と白金製剤を含まない多剤併用療法の有効性について
    福島 敬, 藤原 暢子, 中嶋 玲子, 荷見 博樹, 宮崎 賢治, 的場 公男, 平井 みさ子, 岩川 眞由美, 須磨崎 亮, 松井 陽, 金子 道夫
    小児がん 40(4) 578-581 2003年12月
  • 上咽頭癌の2例
    中尾 朋平, 福島 敬, 岩崎 陽子, 石沢 美佳, 的場 公男, 岩川 真由美, 金子 道夫, 松井 陽
    小児がん 40(4) 600-606 2003年12月
  • 小児気管支喘息におけるテオフィリン徐放製剤(テオドールドライシロップ^【○!R】)の至適投与量に関する検討
    一戸 美佳, 市川 邦男, 今井 博則, 松井 陽
    日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology 17(5) 530-535 2003年12月
    テオフィリン徐放製剤 (テオドールドライシロップ®) の至適投与量の検討を行った. 6か月~12歳 (中央値4.5歳) の気管支喘息児150名を対象に, 1週間以上の内服を確認した後, 内服3~5時間後のテオフィリン血中濃度を測定した. その結果, 6か月~1歳未満では投与量8mg/kg/日以下でも血中濃度10μg/ml以上となった症例がみられることから, 初期投与量はより少量とする配慮が必要である. 1歳児では投与量が11mg/kg/日以下であれば目標血中濃度域5~10μg/mlを越える症例は認められず, ガイドライン通り8~10mg/kg/日での開始は妥当である. 2歳以上の喘息児では10mg/kg/日から投与を開始し, 血中濃度を測定しながら適宜増量する必要がある. またC/D比 (血中濃度/投与量) は1歳未満の乳児では他の年齢群よりも高く, そのばらつきも大きかった. 以上からテオフィリン徐放製剤は, 年齢を考慮したきめ細かい投与が必要と考えた.
  • 乳児期にてんかん性無呼吸を呈した脳形成障害児の1例
    大戸 達之, 岩崎 信明, 高橋 実穂, 田中 竜太, 浜野 建三, 松井 陽
    脳と発達 35(6) 511-514 2003年11月
  • 進行性家族肝内胆汁うつ滞
    松井 陽
    肝臓 44(10) 492-500 2003年10月
  • 劇症肝炎の予知と肝移植適応基準 : (2)小児劇症肝炎の予知と肝移植適応基準
    須磨崎 亮, 長谷川 誠, 松井 陽
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 = Japanese journal of pediatric gastroenterology, hepatology and nutrition 17 2003年10月
  • 2.栃木県における胆道閉鎖症スクリーニング(一般演題)(第29回日本胆道閉鎖症研究会)
    桃谷 孝之, 五十嵐 恵子, 石川 孝志, 佐々木 鴨彦, 桃井 真理子, 牧野 敬一, 水田 耕一, 西 明, 菱川 修司, 北 嘉明, 川原崎 秀雄, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 39(2) 2003年04月
  • 17.胆道閉鎖症術後に水痘罹患にて肝機能低下を認めた1例(要望演題)(第29回日本胆道閉鎖症研究会)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 雨海 照祥, 小室 広昭, 平井 みさ子, 的場 公男, 相野谷 慶子, 梅本 剛, 須磨崎 亮, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 39(2) 2003年04月
  • β_2アドレナリン受容体変異と喘息発症の関連研究;伝達不平衡テストとメタアナリシス
    右田 王介, 野口 恵美子, 柴崎 正修, 市川 邦男, 松井 陽, 有波 忠雄
    アレルギー 52(2) 2003年03月
  • 新生時期のAccelerated Idioventricular Rhythm
    村上 卓, 堀米 仁志, 塩野 淳子, 高橋 実穂, 荷見 博樹, 杉浦 正俊, 松井 陽
    日本未熟児新生児学会雑誌 = Journal of Japan Society for Premature and Newborn Medicine 15(1) 99-105 2003年02月
  • 乳児期にてんかん性無呼吸を呈した脳形成障害児の1例
    大戸 達之, 岩崎 信明, 高橋 実穂, 田中 竜太, 浜野 建三, 松井 陽
    脳と発達 35(6) 511-514 2003年
    完全型脳梁欠損, 大脳皮質・小脳低形成, 精神運動発達遅滞を伴った生後2カ月の女児が無呼吸発作を発症した。ビデオ脳波同時記録による発作時脳波では, 左後側頭部を焦点とする左半球優位の約20秒の2Hz律動性δ波に続き, δ 波の振幅低下を伴った約30秒間の無呼吸発作が出現した.Valproate開始後, 無呼吸発作は速やかに消失した.脳形成障害を伴ったてんかん性無呼吸の報告は少なく, 発作波の抑制後に無呼吸発作が発症したことは, 本症の発症機序を考える上で興味深いと考えられた.
  • 小児期におけるC型慢性肝炎治療の新展開
    松井 陽, 藤澤 知雄
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 = Japanese journal of pediatric gastroenterology, hepatology and nutrition 16 2002年08月
  • P-79 胆道閉鎖症術後に早期肝移植適応となった 8 例の検討
    的場 公男, 堀 哲夫, 金子 道夫, 池袋 賢一, 雨海 照祥, 小室 広昭, 平井 みさ子, 四本 克己, 井上 成一郎, 渡邊 美穂, 松井 陽, 高田 泰次, 深尾 立
    日本小児外科学会雑誌 38(3) 2002年05月
  • B-72 胆道閉鎖症術後肝内に嚢胞形成を認めた 9 例
    渡邊 美穂, 堀 哲夫, 金子 道夫, 池袋 賢一, 雨海 照祥, 小室 広昭, 平井 みさ子, 的場 公男, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 38(3) 2002年05月
  • 札幌市における胆道閉鎖症マススクリーニング
    水嶋 好清, 荒井 修, 花井 潤師, 藤田 晃三, 服部 幸子, 舘 睦子, 館石 宗隆, 後藤 史郎, 佐々木 文章, 松井 陽
    日本マス・スクリーニング学会誌 = Journal of Japanese Society for Mass-screening 12(1) 23-28 2002年03月
  • 242 HHV-6DNA(PCR法)の経時的変化を測定したHypersensitivity syndromeの1幼児例
    石沢 美佳, 市川 邦男, 今井 博則, 藤原 暢子, 福島 敬, 岩崎 信明, 須磨 崎亮, 今門 純久, 松井 陽
    アレルギー 51(2) 2002年03月
  • 428 AICDA遺伝子変異と喘息発症との関連研究
    野口 恵美子, 柴崎 正修, 竹田 一則, 市川 邦男, 松井 陽, 小林 公子, 有波 忠雄, 濱口 秀夫
    アレルギー 50(9) 2001年10月
  • 札幌市における胆道閉鎖症マススクリーニング
    水嶋 好清, 荒井 修, 花井 潤師, 藤田 晃三, 服部 幸子, 船田 さゆみ, 館石 宗隆, 佐々木 文章, 松井 陽
    日本マス・スクリーニング学会誌 = Journal of Japanese Society for Mass-screening 11(2) 2001年09月
  • P-410 小児病棟におけるリスクマネジメントへの薬剤師の関与
    柳本 寛子, 高嶋 泰之, 山元 照美, 白川 洋子, 伊本 夏樹, 堀 哲夫, 本間 真人, 松井 陽, 幸田 幸直
    日本医療薬学会年会講演要旨集 11 2001年09月
  • 20. 胆道閉鎖症肝門部空腸吻合術後における頭部 MRI 異常に関する検討(第 27 回日本胆道閉鎖症研究会)
    須磨崎 亮, 長谷川 誠, 大崎 牧, 松井 陽, 堀 哲夫, 岩川 真由美, 雨海 照祥, 池袋 賢一, 金子 道夫
    日本小児外科学会雑誌 37(4) 2001年06月
  • 胎児水腫、肝不全及び先天性白血病を伴ったダウン症候群の1男児例
    岩崎 博樹, 田中 竜太, 福島 敬, 堀米 仁志, 須磨 崎亮, 松井 陽, 浜田 洋実
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 11(1) "S-91"-"S-92" 2001年06月
  • D-120 胆道閉鎖症に肝細胞癌を合併し生体肝移植手術 5 年後に再発を認めた 1 例
    堀 哲夫, 金子 道夫, 岩川 眞由美, 池袋 賢一, 雨海 照祥, 小室 広昭, 工藤 寿美, 松井 陽, 川崎 誠治
    日本小児外科学会雑誌 37(3) 2001年05月
  • 肝硬変・門脈圧亢進症 (特集 私の処方2001--小児薬物治療の実際) -- (消化器疾患の処方)
    堀 哲夫, 松井 陽
    小児科臨床 54(4) 591-597 2001年04月
  • 166 卵アレルギー患児における麻疹ワクチンの反応についての検討
    石沢 美桂, 市川 邦男, 柴崎 正修, 松井 陽
    アレルギー 50(2) 2001年03月
  • 医師の立場から (第31回日本看護学会 特別講演・シンポジウム集録号) -- (小児看護シンポジウム(茨城) 急激な変化の中で生きる子どもへの支援を考える)
    松井 陽
    看護 53(4) 194-197 2001年03月
  • 脳性麻痺における身体部位別骨密度と運動機能障害
    白垣 潤, 岩崎 信明, 中山 純子, 藤田 和弘, 大戸 達之, 松井 陽
    脳と発達 33(1) 37-43 2001年01月
  • 脳性麻ひにおける身体部位別骨密度と運動機能障害
    白垣 潤, 岩崎 信明, 中山 純子, 藤田 和弘, 大戸 達之, 松井 陽
    脳と発達 33(1) 37-43 2001年
    痙直型脳性麻痺 (麻痺群) の男児18例 (7.6±3.7歳) と対照群男児12名 (6.9±2.5 歳) の骨密度についてDEXA法を用いて身体各部位別に算出し, 上肢の運動量を加速度計を用いて定量化した.麻痺群の上肢, 肋骨, 脊柱, 骨盤下肢の骨密度は低値であった.骨盤, 下肢は特に低く, 歩行群と比較し他のすべての群では有意に低かった.上肢の運動量の増加とともに頭部を除いた身体各部の骨密度の増加がみられた.脳性麻痺の骨盤・下肢の骨密度低下は大腿骨骨折の一因と考えられ, 骨密度の増加には歩行・立位姿勢に伴う下肢への加重負荷の関与が示唆された.
  • Automated ABR(ALGO2e)を用いたNICU児聴覚スクリーニングの経験
    国広 美紀, 田渕 経司, 高橋 容子, 和田 哲郎, 原 晃, 岩崎 信明, 杉浦 正俊, 松井 陽, 草刈 潤
    Audiology Japan 43(5) 401-402 2000年09月
  • PS15 胆道閉鎖症術後に難治性胆管炎と肝内嚢胞形成を認め生体肝移植を行った 3 例
    堀 哲夫, 金子 道夫, 岩川 眞由美, 池袋 賢一, 雨海 照祥, 四本 克己, 野田 秀平, 瓜田 泰久, 井上 成一朗, 的場 公男, 高田 泰次, 遠藤 隆志, 松井 陽, 河原崎 秀雄, 川崎 誠治
    日本小児外科学会雑誌 36(3) 2000年05月
  • 1. 茨城県による胆道閉鎖症のマススクリーニング(第 26 回日本胆道閉鎖症研究会)
    牧 たか子, 須磨崎 亮, 大崎 牧, 長谷川 誠, 松井 陽, 桃谷 孝之
    日本小児外科学会雑誌 36(2) 405-406 2000年04月
  • 24. 胆道閉鎖症術後肝内に嚢胞形成を認めた 7 例(第 26 回日本胆道閉鎖症研究会)
    堀 哲夫, 金子 道夫, 岩川 眞由美, 池袋 賢一, 雨海 照祥, 中村 博史, 瓜田 泰久, 五藤 周, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 36(2) 2000年04月
  • 嚢胞性線維症の肝病変 : 日本人2症例における臨床病理学的検討
    長谷川 誠, 大崎 牧, 須磨崎 亮, 雨海 照祥, 大川 治夫, 松井 陽
    日本小児栄養消化器病学会雑誌 = Japanese journal of pediatric gastroenterology and nutrition 14(1) 37-43 2000年04月
  • W48 ヒスタミンHIレセプター遺伝子の変異検索と小児気管支喘息発症との関連研究
    横内 裕佳子, 柴崎 正修, 野口 恵美子, 竹田 一則, 市川 邦男, 小林 公子, 有波 忠雄, 濱口 秀夫, 松井 陽
    アレルギー 49(2) 2000年03月
  • 未承認薬の事例
    松井 陽
    日本小児科学会雑誌 104(2) 2000年02月
  • 少子化時代のこども : こころとからだのプライマリ・ケア
    松井 陽
    プライマリ・ケア = Japanese journal of primary care 22(4) 314-317 1999年12月
  • 486 気管支喘息の感受性遺伝子座の同定
    横内 裕佳子, 柴崎 正修, 野口 恵美子, 竹田 一則, 小林 公子, 有波 忠雄, 濱口 秀夫, 松井 陽
    アレルギー 48(8) 1999年09月
  • 26-P7-48 フェニトイン中毒症例の TDM
    幸田 幸直, 垣内 祥宏, 板垣 文雄, 山本 由里子, 岩崎 信明, 長谷川 誠, 松井 陽
    日本病院薬学会年会講演要旨集 9 1999年08月
  • 8. 胆道閉鎖症 : 発生学研究と病因論 (<特集>最近の発生学的研究が新生児臨床の進歩にもたらしたもの)
    松井 陽
    日本外科学会雑誌 100(6) 399-402 1999年06月
  • 6. 欠神発作を呈し頭部 MRI 異常を認めた胆道閉鎖症の 1 例(新しい知見から, 第 25 回日本胆道閉鎖症研究会)
    桃谷 孝之, 森 雅人, 石川 孝志, 水口 雅, 桃井 真里子, 牧野 駿一, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 35(2) 1999年04月
  • 182 ダニアレルギー陽性の喘息発症者と非発症者ならびにダニアレルギー陰性の健常者におけるDfおよびPPD特異リンパ球反応とサイトカイン産生能の比較
    竹田 一則, 柴崎 正修, 横内 裕佳子, 野口 恵美子, 松井 陽
    アレルギー 48(2) 1999年03月
  • 243 気管支喘息の感受性遺伝子座の同定
    横内 裕佳子, 柴崎 正修, 野口 恵美子, 竹田 一則, 小林 公子, 有波 忠雄, 濱口 秀夫, 松井 陽
    アレルギー 48(2) 1999年03月
  • 21. 一卵性双生児の一方が胆道閉鎖症であった 1 症例(第 37 回 日本小児外科学会中国四国地方会)
    秋山 卓士, 後藤 隆文, 吉岡 秀人, 青山 興司, 岩村 喜信, 久守 孝司, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 35(1) 111-112 1999年02月
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎に合併した膜性腎症の1小児例
    金本 勝義, 中原 千恵子, 斉藤 久子, 福島 敬, 柏木 玲一, 高橋 実穂, 岩崎 信明, 鴨田 知博, 大越 教夫, 長田 道夫, 小山 哲夫, 渡辺 照男, 松井 陽
    日本腎臓学会誌 41(5) 511-516 1999年
    Glucosuria was detected in a 7-year-old boy by a routine school mass examination in . The diagnosis of renal glucosuria was made in the affiliated . The patient developed muscle weakness and gait disturbance in . Spinal fluid examination revealed a protein level of 62 mg/dl and a cell count of 4/3. Under the diagnosis of Guillain-Barre syndrome, he was treated with IV immunoglobulin and oral prednisolone. Although the therapy somewhat improved the symptoms, his muscle strength had not fully recovered at the end of the treatment. In the muscle weakness became worse;he could not go up stairs, nor stand upright on one leg. In proteinuria was detected in a school mass examination. He was referred to for a full renal study in Renal biopsy revealed global sclerosis in 16 of 19 glomeruli with extensive interstitial fibrosis and mononuclear cell infiltration. A diagnosis of membranous glomerulonephritis was established based on the findings of spikes in PASM staining, weak IgG deposition in the glomerular capillary and subepithelial deposits by electron microscopic study. Additionally, pituitary growth hormone deficiency was found by endocrinological examination. The diagnosis of CIDP was established by fbulal neuron biopsy, which revealed neuronal degeneration and profound demyelinization. The clinical course of the present case was unlike that of the few reported cases of MGN associated with CIDP described in the literature. The initial renal symptom was glucosuria, which started 5 years prior to the onset of proteinuria. Second, glomerulosclerosis was more extensive than that seen in the literature. We surmise that chronic interstitial nephritis of insidious onset was followed by MGN which developed subsequently, probably at the time of the start of proteinuria.
  • HGV感染症の病態 (主題 小児の肝炎)
    須磨崎 亮, 大崎 牧, 松井 陽
    小児科診療 61(12) 2181-2187 1998年12月
  • 106 ダニアレルギー陽性の喘息発症者と非発症者のDf特異リンパ球反応とIFN-γ, IL-4, IL-5産生能の比較
    竹田 一則, 柴崎 正修, 横内 裕佳子, 野口 恵美子, 松井 陽
    アレルギー 47(9) 1998年10月
  • 164 アトピー性気管支喘息と12qとの連鎖
    横内 裕佳子, 柴崎 正修, 野口 恵美子, 竹田 一則, 松井 陽, 小林 公子, 有波 忠雄, 濱口 秀夫
    アレルギー 47(9) 1998年10月
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎に合併した膜性腎症の1小児例
    金本 勝義, 中原 千恵子, 斉藤 久子, 福島 敬, 柏木 玲一, 高橋 実穂, 岩崎 信明, 鴨田 知博, 大越 教夫, 長田 道夫, 小山 哲夫, 渡辺 照男, 松井 陽
    The Japanese journal of nephrology = / 日本腎臓学会 [編集] 41(5) 511-516 1998年08月
  • 黄疸および肝胆道疾患のスクリ-ニング (特集 新生児のスクリ-ニング)
    松井 陽
    周産期医学 28(5) 595-599 1998年05月
  • 8. Alagille 症候群における肝門部空腸吻合術の長期予後に及ぼす影響(第 24 回 日本胆道閉鎖症研究会)
    須磨崎 亮, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 34(2) 1998年04月
  • 214 主要ダニ抗原Derf2とその変異蛋白C8/119Sの抗原反応原性と免疫原性についての検討
    横内 裕佳子, 柴崎 正修, 野口 恵美子, 竹田 一則, 青木 健, 松井 陽, 奥村 康
    アレルギー 47(2) 1998年03月
  • 194 アトピー形質の責任遺伝子座の分析
    野口 恵美子, 柴崎 正修, 竹田 一則, 松井 陽, 小林 公子, 有波 忠雄, 浜口 秀夫
    アレルギー 46(8) 1997年09月
  • 10.3名の患児を発見した便色調カラーカード法による胆道閉鎖症のマススクリーニング : 栃木県・1年間の実績報告(一般演題, 第22回日本胆道閉鎖症研究会)
    塚越 典子, 武関 美佳, 小林 富佐子, 田村 光子, 桃谷 孝之, 石川 孝志, 佐々木 暢彦, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 32(2) 1996年04月
  • 未熟児動脈管開存に対する静注用インドメサシンの副作用の検討
    諏訪 清隆, 本間 洋子, 五十嵐 浩, 松井 陽, 柳澤 正義, 桃井 真里子
    日本新生児学会雑誌 31(4) 894-899 1995年12月
  • 3E22 膵管胆道合流異常 : Protein Plugが存在しPTCDを要した1例
    松崎 茂, 牧野 駿一, 内田 広夫, 田中 潔, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 31(3) 1995年05月
  • 先天性胆道閉鎖症・新生児肝炎 (成人になった小児の疾患<特集>)
    岡庭 真理子, 松井 陽
    小児科診療 58(1) p101-106 1995年01月
  • C86 胆道閉鎖症術後黄疸消失例での食道静脈瘤危険因子の臨床的検討
    田中 潔, 牧野 駿一, 後藤 圭吾, 桃谷 孝之, 荒川 洋一, 佐々木 暢彦, 松井 陽, 柳沢 正義
    日本小児外科学会雑誌 30(3) 1994年05月
  • D105 胆道拡張症(非拡張型合流異常症を含む)45例の検討
    牧野 駿一, 岡田 創, 桐井 靖, 田中 潔, 後藤 圭吾, 落合 憲一, 松崎 茂, 安田 是和, 永井 秀雄, 金澤 暁太郎, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 30(3) 1994年05月
  • Radioimmunoassay of Conjugated 1β-Hydroxycholic Acid in Dried Blood Spots for Diagnosis of Congenital Biliary Atresia
    池川 繁男, 村井 毅, 松井 陽, 藤間 貞彦
    Biological and Pharmaceutical Bulletin 17(1) 5-8 1994年01月
    Radioimmunological measurement of conjugated 1β-hydroxycholic acid in dried blood spots obtained from newborns at 4-5 d after birth has been carried out to investigate a diagnostic utility for congenital biliary atresia. The method allowed the determination of this bile acid, with a detection limit of 50 pg in one disc (3 mm i.d.), and showed good reproducibility with inter- and intra-assay coefficients with variations of 3.5-7.7% and 6.3-8.8%. With the analysis, a relatively high concentration of this substance was observed in the patients, as compared to normal subjects, averaging 1.63 ng/disc in the former and 0.97 ng/disc in the latter.
  • Fallot四徴を伴ったAlagille症候群の2例 : 日本循環器学会第143回関東甲信越地方会
    桃谷 孝之, 五十嵐 浩, 菊池 豊, 遠藤 秀樹, 白石 裕比湖, 松井 陽, 柳澤 正義
    Japanese circulation journal 57(0) 1993年08月
  • E56 双胎の一方のみに認められた胆道閉鎖症の2例
    檜山 典子, 笠野 保夫, 佐々木 暢彦, 松井 陽, 田中 潔, 牧野 駿一
    日本小児外科学会雑誌 29(3) 1993年05月
  • 4.胆道閉鎖症の早期発見・早期手術における1か月健診の意義(第19回日本胆道閉鎖症研究会)
    石川 孝志, 桃谷 孝之, 笠野 保夫, 佐々木 暢彦, 荒川 洋一, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 29(2) 1993年04月
  • 2.胆道閉鎖症の肝組織から検出されたレオ3型ウイルス RNA (第18回胆道閉鎖症研究会)
    松井 陽, 佐々木 暢彦, 桃谷 孝之, 荒川 洋一, 柳澤 正義, 田中 利典, 飛田 清毅
    日本小児外科学会雑誌 28(5) 1992年08月
  • 8.胆嚢収縮試験に反応した肝外胆道閉鎖症の検討(第17回胆道閉鎖症研究会)
    中村 みちる, 佐々木 暢彦, 松井 陽, 仲間 司, 牧野 駿一
    日本小児外科学会雑誌 28(1) 1992年02月
  • ELISA(Enzyme-Linked Immunosorbent Assay)法による新生児血液ろ紙中のグリココール酸の定量
    池田 ひろみ, 大熊 博, 前田 昌子, 辻 章夫, 松井 陽, 神戸川 明
    臨床化学 21(2) 86-91 1992年
    胆道閉鎖症の新生児マススクリーニングを目的として, グリココール酸のELISA (enzyme-linked immunosorbent assay) 法を開発した。スクリーニング用乾燥血液ろ紙を用いた検量線は, 検量域 1-32nmol/mlで, 精度はn=5で日内2.6-8.9%, 日間3.4-8.2%と良好であつた。正常新生児3165 検体のマススクリーニング用検体を測定したところ, グリココール酸 (GCA) の測定値の平均は, 8.25nmol/ml (全血液) であった。また, 胆道閉鎖症の患児24検体のGCA測定値の平均は, 49.26mol/ml (全血液) となり, 正常児に比べ約6倍の有意な高値を示した。別に, 同一検体の総胆汁酸量を酵素蛍光法で測定し, 比較すると, 相関係数r=0.96と良好な相関を示した。
  • 閉塞性肥大型心筋症を合併した先天性筋緊張性ジストロフィーの1症例
    糸長 伸能, 靜間 奈美, 菊池 豊, 山形 崇倫, 五十嵐 浩, 白石 裕比湖, 松井 陽, 柳澤 正義
    Japanese circulation journal 55(0) 1991年11月
  • 106 胆道閉鎖症肝におけるライソゾーム様Vacuolesの意義について
    松井 陽, 佐々木 暢彦, 栗原 秀剛, 桃谷 孝之, 石川 孝志, 荒川 洋一, 柳沢 正義
    日本小児外科学会雑誌 27(3) 1991年05月
  • 6. 胆道閉鎖症の肝組織に認められたレオ 3 型ウイルス関連抗原(第 16 回胆道閉鎖症研究会)
    松井 陽, 栗原 秀剛, 内田 清久, 佐々木 暢彦, 田中 利典, 飛田 清毅
    日本小児外科学会雑誌 26(7) 1990年12月
  • 33. 年長児胆道再閉塞に対して PTCD 後の内瘻化と balloon による拡張を試みた 1 例(第 16 回胆道閉鎖症研究会)
    仲間 司, 牧野 駿一, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 26(7) 1990年12月
  • レオ3型ウイルスは胆道閉鎖症の原因か? (肝胆道系の先天異常)
    松井 陽
    医学のあゆみ 155(9) p580-583 1990年12月
  • W-I-3 胆道閉鎖症の肝組織に認められたレオ3型ウイルス関連抗原
    松井 陽, 栗原 秀剛, 内田 清久, 佐々木 暢彦, 田中 利典, 飛田 清毅
    日本小児外科学会雑誌 26(2) 1990年04月
  • 148 胆道閉鎖症術後の肝超音波検査の異常所見とその治療法について
    仲間 司, 北村 亨俊, 牧野 駿一, Faruk Senyuz Osman, 松井 陽, 金澤 暁太郎
    日本小児外科学会雑誌 25(3) 1989年05月
  • 症例 総動脈幹遺残を伴うDiGeorge症候群とFallot四徴および脊髄髄膜瘤を示した一卵性双胎例
    遠藤 秀樹, 五十嵐 浩, 市橋 光, 倉松 俊弘, 白石 裕比湖, 谷野 定之, 松井 陽, 山本 佳史, 柳沢 正義
    心臓 21(11) 1305-1308 1989年
    DiGeorge症候群は,第3,4鯉弓に由来する器官の発生異常により,テタニー,易感染性,心大血管系奇形,および特異な顔貌を呈する.今回,総動脈幹遺残を伴うDiGorge症候群とFallot四徴および脊髄髄膜瘤を伴った一卵性双胎を経験した.第一子は,総動脈幹遺残で低カルシウム血症性テタニーを呈し細胞性免疫の低下を示した.顔貌は正常であった.肺動脈絞拒術を施行したが,生後81日に死亡した.剖検では,胸腺・副甲状腺は認められなかった.第二子は,Fallot四徴と脊髄髄膜瘤を伴っていたが低カルシウム血症や細胞性免疫の低下は示さなかった.現在,心臓外来で経過観察中である.
    本症例は,DiGeorge症候群の発生を考える上で興味あるものと思われた.
  • 33.キャピラリー GC 法による血清胆汁酸定量をもちいた術後肝機能の評価(第14回胆道閉鎖症研究会)
    松井 陽, 笠野 保夫, 柳澤 正義
    日本小児外科学会雑誌 24(7) 1566-1567 1988年12月
  • 11.新生児期早期に交換輸血または光線療法を行った胆道閉鎖症の3例(第13回胆道閉鎖症研究会)
    山形 崇倫, 笠野 保夫, 松井 陽, 柳沢 正義
    日本小児外科学会雑誌 23(7) 1987年12月
  • 小児HBVキャリアHBe抗原seroconversionの検討
    藤本 貴子, 高沢 佳江, 松井 陽, 岡庭 真理子, 岡本 宏明
    肝臓 27(1) 6-14 1986年
    無処置で6カ月以上経過観察し家族調査を施行しえた小児の無症候性HBVキャリア36例について,経時的にHBe投原・抗体,肝機能を検索した.観察開始時HBe抗原陽性の29例中19例はHBe抗原が持続し,10例はHBe抗原が消失し,このうち9例においてHBe抗体へのseroconversionを認めた.当初よりHBe抗体陽性の5例ではその後もHBe抗体が持続した.36例中16例(44.4%)に肝機能異常が認められたが,HBe抗原持続陽性例の肝機能異常(19例中5例)は一過性で軽度であった.HBe抗原からHBe抗体へのseroconversionに際して,12例中11例が肝機能異常(8例はS-GPT 200単位以上)を示したが,HBe抗体出現後は安定正常化した.小児期の年間seroconversion率は5.3%と算定され,成人例での報告とほぼ同率であったが,男女差は認められなかった.家族内HBVキャリアの観察では,seroconversionの起こし易さに関係する背景因子として遺伝的体質的因子が重要であると考えられた.
  • 164 先天性胆道閉鎖症の新生児マススクリーニングへの展望
    松井 陽, 藤本 貴子, 鴨下 重彦
    日本小児外科学会雑誌 20(3) 1984年05月
  • X-66) DTIC が有効と考えられた神経芽細胞腫第4期の2症例(X 化学療法, <特集>神経芽腫群腫瘍の臨床)
    藤本 貴子, 軽部 敏昭, 松井 陽, 井嶋 裕子, 鞭 煕
    日本小児外科学会雑誌 20(1) 174-177 1984年02月
  • 川崎病冠動静脈瘤内に生じた血栓の断層心エコー図による経過観察 : 日本循環器学会第105回関東甲信越地方会
    藤本 貴子, 倉松 俊弘, 手塚 美恵子, 松井 陽, 中島 裕司, 白石 裕比湖, 谷野 定之, 柳沢 正義, 伊藤 紘一
    Japanese circulation journal 47(0) 1983年06月
  • A-8. 新生児期に発症した傍食道型食道裂孔ヘルニアの1例(第14回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
    仁科 孝子, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 横森 欣司, 平田 彰業, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 16(7) 1980年12月
  • A-35. Recto or Anobulbar fistula, 尿道狭窄を伴った低位鎖肛の1例(第14回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
    本名 敏郎, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 牧野 駿一, 横森 欣司, 平田 彰業, 仁科 孝子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 16(7) 1980年12月
  • B-10. Elemental Diet の使用経験(特に黄疸の遷延した1新生児例について)(第14回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
    牧野 駿一, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 横森 欣司, 平田 彰業, 仁科 孝子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 16(7) 1980年12月
  • B-16. 大網嚢胞の術前診断について, 自験例5例を中心として(第14回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
    平田 彰業, 斉藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 横森 欣司, 仁科 孝子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 16(7) 1980年12月
  • B-31. 茎捻転によりAFPの指数曲線的低下傾向を術前より示した卵巣奇形腫の1例(第14回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
    横森 欣司, 斉藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 平田 彰業, 仁科 孝子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 16(7) 1293-1294 1980年12月
  • Alagille 症候群と肝内胆管形成不全症
    松井 陽, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 白木 和夫
    日本小児外科学会雑誌 15(5) 769-774 1979年08月
  • 67. 先天性偏側性多嚢腎の 3 例(第 13 回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
    松井 陽, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 平田 彰業, 間 浩明, 仁科 孝子
    日本小児外科学会雑誌 15(4) 1979年06月
  • 75. Hydantoin 服用中に発症した lymphadenopathy の 1 例(第 13 回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
    平田 彰業, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 金子 道夫, 間 浩明, 仁科 孝子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 15(4) 1979年06月
  • I-B-2 マウス神経芽細胞腫分化誘導療法の実験的研究, 特に病態生化学的側面について
    土田 嘉昭, 斎藤 純夫, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 平田 彰業, 間 浩明, 仁科 孝子, 松井 陽, 絹巻 宏, 浦野 順文, 横森 欣司, 有賀 敏夫, 宮武 正
    日本小児外科学会雑誌 15(2) 1979年03月
  • I-C-20 小児肝外門脈閉塞症の血管造影診断
    本名 敏郎, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 牧野 駿一, 平田 彰業, 間 浩明, 仁科 孝子, 松井 陽, 杉浦 光雄
    日本小児外科学会雑誌 15(2) 1979年03月
  • II-B-30 仙骨前腫瘤に伴う特殊な直腸肛門奇形の発生病因の検討
    間 浩明, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 平田 彰業, 仁科 孝子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 15(2) 1979年03月
  • III-A-14 肝内胆管形成不全症の臨床病理学的検討
    松井 陽, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 平田 彰業, 間 浩明, 仁科 孝子
    日本小児外科学会雑誌 15(2) 1979年03月
  • III-A-19 先天性胆道拡張症における肝内胆管の描出方法の研究
    仁科 孝子, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 平田 彰業, 間 浩明, 松井 陽, 幕内 雅敏, 万代 恭嗣
    日本小児外科学会雑誌 15(2) 1979年03月
  • III-A-30 先天性胆管拡張症の病型とその臨床病理学的検討
    平田 彰業, 斎藤 純夫, 土田 嘉昭, 本名 敏郎, 牧野 駿一, 間 浩明, 仁科 孝子, 松井 陽
    日本小児外科学会雑誌 15(2) 1979年03月
  • 289. 肝門部胆道狭窄に対する手術経験(<特集>第10回日本消化器外科学会総会)
    原口 義座, 松井 陽, 田村 欣一, 登 政和
    日本消化器外科学会雑誌 11(5) 1978年05月