詳細検索はこちら

麻原 きよみ アサハラ キヨミ

所属・職名:公衆衛生看護学  教授
連絡先:asahara[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL:http://www.slcn.ac.jp/ 
更新日: 17/05/31 05:05

研究者基本情報

学位

  • 博士(保健学)
  • 看護学修士

プロフィール

    地域看護学

学歴

  • - 1997年東京大学 医学系研究科 健康科学・看護学
  • - 1991年聖路加看護大学 看護学研究科 地域看護学
  • - 1981年聖路加看護大学 看護学部 看護学科

経歴

  • 2013年- 2015年聖路加国際大学(教授)
  • 2002年- 2003年 信州大学医学部保健学科 教授
  • 1999年- 2002年 信州大学医療技術短期大学部 教授
  • 1995年- 1999年 長野県看護大学 助教授
  • 1991年- 1994年 信州大学医療技術短期大学部 助手
  • 2003年- 聖路加看護大学 教授

所属学協会

    日本公衆衛生学会 , 日本地域看護学会 , 日本在宅ケア学会 , 日本看護科学学会 , 日本看護研究学会 , 日本看護倫理学会 , Sigma Theta tau International Honer Society of Nursing , International Conferences on Community Health Nursing Research , American Public Health Association , 聖路加看護学会

委員歴

  • 2009年10月- 2010年09月厚生労働省 「看護教育の内容と方法に関する検討会」保健師教育ワーキンググループ委員
  • 2009年03月- 2010年01月日本在宅ケア学会 第14回学術集会長
  • 2007年04月- 2009年03月日本在宅ケア学会 倫理委員会委員
  • 2006年09月- 2009年03月日本地域看護学会 国際交流推進委員会委員長
  • 2008年07月- 2009年03月保健師助産師看護師国家試験出題基準改定部会 医道審議会専門委員(保健師助産師看護師分科会員)
  • 2007年04月- 2009年03月日本看護系大学協議会 FD委員会委員
  • 2006年06月- 2009年03月財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団 選考委員
  • 2006年04月- 2009年03月日本在宅ケア学会 編集委員長
  • 2006年01月- 2008年12月日本公衆衛生学会 雑誌編集委員
  • 2004年08月- 2008年12月日本公衆衛生学会 「公衆衛生のあり方に関する検討会」ワーキンググループ委員
  • 2001年12月- 2007年11月日本看護科学学会 評議員
  • 2006年- 2007年 日本看護協会 睡眠に関する地域保健活動普及検討委員会委員(2006-2007)
  • 2003年- 2006年 日本看護協会睡眠に関する地域保健活動開発事業検討委員会委員長(2003-2006)
  • 2002年- 2005年日本看護科学学会 評議員
  • 2003年- 2004年 平成15年度地域保健総合推進事業「地域保健マンパワーの確保に関する調査研究事業検討会」委員(2003-2004)
  • 2003年- 2004年 厚生労働省うつ病対策検討委員会構成員(2003-2004)
  • 2014年09月日本公衆衛生学会 理事
  • 2014年01月社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 「愛育班員の手記」審査員
  • 2012年07月日本公衆衛生看護学会 理事・副理事長
  • 2012年06月日本看護系学会協議会 協議会理事
  • 2011年10月日本生命倫理学会 評議員
  • 2011年03月白井市地区 白井市地区活動に関するスーパーバイズ
  • 2011年03月日本看護科学学会 社員(代議員)
  • 2010年10月横浜市 横浜市専門職人材育成検討におけるスーパーバイズ
  • 2010年06月中央区 中央区健康中央21及び中央区食育推進計画推進委員会委員
  • 2010年04月大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会) 専門委員保健衛生学
  • 2010年01月Journal of Nursing Science  reviewer
  • 2009年04月日本看護系大学協議会 専門看護師教育認定委員会委員
  • 2009年04月日本在宅ケア学会 査読委員
  • 2009年04月全国保健師教育機関協議会 保健師教育検討委員会教育課程検討班委員             
  • 2009年04月日本地域看護学会 研究活動推進委員長
  • 2009年04月日本在宅ケア学会 副理事長
  • 2009年日本在宅ケア学会 副理事長・評議員
  • 2009年 厚生労働省「看護教育の内容と方法に関する検討会」保健師教育ワーキンググループ委員(2009-)
  • 2009年 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程認定委員会地域看護専門分科会委員(2009-)
  • 2008年10月聖路加看護学会 評議員
  • 2008年07月日本公衆衛生学会 会員の倫理・行動規範に関する委員会
  • 2008年07月日本公衆衛生学会 評議員
  • 2008年06月日本看護倫理学会 評議員
  • 2008年 医道審議会専門委員(保健師助産師看護師分科会員)保健師助産師看護師国家試験出題基準改定部会(2008)
  • 2007年08月日本看護系大学協議会 専門看護師教育課程認定委員会地域看護専門分科会委員
  • 2007年 日本看護系大学協議会専門看護師教育課程認定委員会地域看護専門分科会委員(2007-)委員長(2009-)
  • 2007年 日本看護系大学協議会FD委員会委員(2007-)
  • 2006年08月日本地域看護学会 評議員・理事
  • 2006年日本地域看護学会 理事・評議員
  • 2006年 厚生労働省 基礎看護教育の充実に関する検討会ワーキンググループ委員(2006)
  • 2006年 財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団選考委員(2006-)
  • 2004年04月日本看護研究学会 査読委員
  • 2004年04月日本看護協会 専門看護師認定実行委員会<地域看護>委員
  • 2004年04月日本看護研究学会 評議員
  • 2003年04月日本在宅ケア学会 評議員・理事
  • 2000年12月Sigma Theta Tau International. Alpha Kappa-at-Large Chapter member
  • 2000年12月Public Health Nursing (Journal)  reviewer
  • 2000年10月日本地域看護学会 査読委員
  • 1999年01月日本看護科学学会 和文誌専任査読委員
  • 大学設置分科会 設置計画履行状況等調査委員会 委員
  • 台東区 台東区健康の地域づくりに関するコンサルテーション
  •  Public Health Nursing (Journal) reviewer

研究活動情報

研究分野

  • 看護学 / 地域看護学
  • 看護学 / 地域・老年看護学
  • 看護学 / 基礎看護学
  • 看護学 / 臨床看護学
  • 看護学 / 基礎看護学

研究キーワード

    保健師 , 看護学 , エスノグラフィー , 地域看護 , 倫理 , 教育 , 倫理教育 , 家族 , 文化 , 行政組織 , 看護師 , 地域看護学 , カリキュラム , 看護 , 評価 , 公衆衛生看護 , 自治体 , 訪問看護師 , 連携 , 学士課程 , スノグラフィー , 支援 , システム , 訪問看護 , 大学院 , 開発 , 保健婦 , 農村 , 地域看護活動 , 学生 , 公衆衛生看護学 , 看護倫理 , 在宅ケア , 地域看護・公衆衛生看護における倫理教育に関する研究 , CBPR(Community-Based Participatory Research) , 地域看護の実践知の解明に関する研究

論文

  • Post-Fukushima radiation education for public health nursing students: A case study
    E. Konishi, T. Nagai, M. Kobayashi, Y. Mitsumori, W. Ono, K. Asahara, S. E. Porter, S. E. Porter
    International Nursing Review 2016年01月
    © 2016 International Council of Nurses. Background: The recent Fukushima Nuclear Power Plant accident was one of more than 200 serious nuclear/radiation incidents (accidents and disasters) that occurred worldwide since 1945. The current Fukushima disaster is in the recovery phase with the decreasing levels of radiation in the environment. However, fears and stigma related to the perceived risk of radiation exposure persist among the general population. Introduction: To improve on students' preparedness for social and public health challenges after a radiation incidence, radiation education was provided for undergraduate public health nursing students. Aim: This case study reports the development and implementation of the first class of radiation education in public health nursing, as well as students' reflections on their class experience. Methods: We included a 90-min radiation class in an undergraduate public health nursing course in Tokyo, Japan. Lectures/discussion on technical and environmental aspects provided the minimally essential content for basic radiation knowledge. After class, all the 65 students were invited to freely write their reflections on the class. With their consent, 61 students' anonymous written accounts were qualitatively analysed. Results: Five themes emerged: awareness of ignorance about radiation, problems produced by the mass media, becoming knowledgeable about radiation, public health nurses' role, and trustful and enjoyable lecture. Discussion: The class inspired students to consider social, psychological and relational aspects of knowing and not knowing about radiation and their future professional role. Conclusion and implications for nursing: Once radiation is taught at school, nursing students will emerge as professionals with the belief that radiation is within their professional purview. Education is key to disaster prevention, preparation, response and recovery. Given the ubiquitous nature of health challenges after a radiation incident, radiation education is indispensable for nursing students worldwide.
  • 東京都特別区における保健師学生の技術到達度に関する学生・教員・保健師による評価
    鈴木 良美, 斉藤 恵美子, 澤井 美奈子, 岸 恵美子, 掛本 知里, 中田 晴美, 五十嵐 千代, 三好 智美, 麻原 きよみ, 永田 智子, 森 豊美, 神楽岡 澄
    日本公衆衛生雑誌 62(12) 729-737 2015年12月
    目的 より質の高い保健師養成を目指し、保健師教育は保健師・看護師の統合カリキュラムから学部選択制や大学院教育への変革期を迎えており、その教育成果を適切に評価していく必要がある。しかし、従来の保健師教育の評価に関する国内外の研究は、一機関の学生のみを対象にしたものが多く、評価の精度を高めるためにも多角的な視点による調査が求められている。そこで本研究の目的を、保健師学生の卒業時の技術到達度について、東京都特別区内7大学の学生・教員ならびに特別区保健師を対象として多角的に評価し、統合カリキュラム最終年度の各対象からみた学生の到達度評価の現状と、保健師教育の課題を把握することとした。方法 対象は、特別区内7大学の学生663人と教員20人、特別区の保健師86人とした。統合カリキュラム最終年度にあたる2013年度に地域看護学実習を行った学生が、「保健師教育の技術項目と卒業時の到達度」の98項目を到達しているかどうかを問う無記名自記式質問紙調査を実施した。結果 学生が各項目を「到達できた」と回答した割合(到達割合)の平均は、学生67.9%、教員40.9%、保健師44.4%であった。各項目の到達割合が8割以上の項目数は、学生23項目、教員7項目、保健師0項目であり、5割未満の項目は、学生13項目、教員66項目、保健師70項目であった。到達割合上位10位のうち3者共通のものが6項目あり、アセスメント、信頼関係の構築、個人情報やプライバシーの保護などが含まれていた。下位10項目中、共通項目は4項目であり、当事者とのチーム形成や、健康危機管理に関することなどが含まれていた。結論 各対象の到達割合は8割に満たないものが多く、さらに、教員・保健師の結果では半数以上の項目が5割未満であり、統合カリキュラムにおいて、実習期間も制約された中で保健師養成のための講義・実習を行うには限界があると考えられる。(著者抄録)
  • Public Health Nurses' Experiences in Caring for the Fukushima Community in the Wake of the 2011 Fukushima Nuclear Accident.
    Kawasaki C, Omori J, Ono W, Konishi E, Asahara K
    Public health nursing (Boston, Mass.) 2015年08月 [査読有り]
  • Moral competence questionnaire for public health nurses in Japan: Scale development and psychometric validation
    Kiyomi Asahara, Maasa Kobayashi, Wakanako Ono
    Japan Journal of Nursing Science 12(1) 18-26 2015年01月 [査読有り]
  • 保健師がプリセプターの役割を担うことによる認識の変化
    嶋津多恵子,麻原きよみ
    日本看護科学学会誌 34 330-339 2014年04月
  • Relationship between Job Satisfaction and Characteristics of Stressors Experienced by Nursing Staff Working in Nursing Care Facilities for the ElderlyYumiko Momoe, Ayumi Fujino, Nobuko Amaki, Midori Watanabe, Shigeyo Okuno, Kiyomi Asahara
    百瀬由美子、藤野あゆみ、天木 信子、渡辺みどり、奥野 茂代、麻原きよみ
    愛知県立大学看護学部紀要 19 11-19 2013年12月
  • 質的研究方法による学位論文作成に際して看護系大学院生と指導教員が遭遇する困難 医学系研究科博士課程における聞きとりより
    大熊恵子、関本朋子、グレッグ美鈴、大川貴子、竹崎久美子、麻原きよみ、山本則子、太田喜久子、木下康仁、萱真真美
    看護研究 46(4) 418-428 2013年07月
  • Ethical Issues in Practice: A Survey of Home Visiting Nurses in Japan
    Kiyomi Asahara, Wakanako Ono, Maasa Kobayashi, Junko Omori, Yumiko Momose, Hiromi Todome, Emiko Konishi
    Japan Journal of Nursing Science 10(1) 20-25 2013年06月 [査読有り]
  • Mentoring doctoral students for qualitative research: interviews with experienced nursing faculty in Japan.
    Kayama M, Gregg MF, Asahara K, Yamamoto-Mitani N, Okuma K, Ohta K, Kinoshita Y
    The Journal of nursing education 52(5) 283-289 2013年05月 [査読有り]
  • ケーススタディー:倫理的意思決定の枠組みを使わないアプローチと対話
    小西恵美子、麻原きよみ、小野若菜子、倉岡有美子、田代真理
    日本看護倫理学会 5(1) 41-51 2013年03月
  • 対象者中心の保健指導を実践する保健師の技術
    包國幸代、麻原きよみ
    日本看護科学会誌 33(1) 257-271 2013年03月
  • 虐待予防のためのに母子の継続支援を行う助産師と保健師の連携システムの記述的研究
    大友光恵、麻原きよみ
    日本看護科学会誌 33(1) 71-80 2013年03月
  • Mentoring Doctoral Students for Qualitative Research: Interviews With Experienced Nursing Faculty in Japan
    Mami Kayama, Misuzu F. Gregg, Kiyomi Asahara, Noriko Yamamoto-Mitani, Keiko Okuma, Kikuko Oota, Yasuhito Kinoshita.
    Journal of Nursing Education 52(5) 43-55 2013年02月
  • Development and Psychometric Evaluation of the Moral Competence Scale for Home Care Nurses in Japan
    Kiyomi Asahara, Wakanako Ono, Maasa Kobayashi, Junko Omori, Hiromi Todome
    Jounal of Nursing Measurement 21(1) 309-321 2013年 [査読有り]
  • 在日医中国人女性の異文化における育児経験-困難と対処のプロセス-
    川崎千恵、麻原きよみ
    日本看護科学会誌 32(4) 28-33 2012年12月
  • 専門知識・技術で割り切れないもの-日常の地域看護実践における倫理-
    麻原きよみ
    日本地域看護学会誌 15(1) 55-61 2012年08月
  • 大学の保健管理に携わる看護職の職務に対する役割認識に関する調査
    砂川昌子、麻原きよみ、柳井晴夫
    CAMPUS HEALTH 49(3) 2012年05月
  • Ethical Issues in Practice: A Survey of Public Health Nurses in Japan
    Kiyomi Asahara, Maasa Kobayashi, Wakanako Ono, Junko Omori, Hiromi Todome, Emiko Konishi and Toshie Miyazaki
    Public Health Nursing 29(3) 266-275 2012年05月 [査読有り]
  • [Overview of the study of public health nursing as basis for the training leading to the national licensure].
    Asahara K
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 57(10) 933-935 2010年10月 [査読有り]
  • 【日本地域看護学会の発展と課題】 地域看護学の研究と発展
    麻原きよみ
    保健の科学 52(9) 592-597 2010年09月
  • 保健師教育機関卒業時における技術項目と到達度
    麻原きよみ、大森純子、小林真朝、平野優子、鈴木良美、荒木田美香子、大木幸子、岡本玲子、奥山則子、海原逸子、須藤裕子、長江弘子、宮崎美砂子、村嶋幸代
    日本公衆衛生雑誌 57(3) 184-194 2010年03月
  • へき地における戦後から高度経済成長期までの保健師活動-土地の文化に対峙し住民の命と生活を守る-
    嶋津多恵子、蔭山正子、星田ゆかり、田口敦子、麻原きよみ
    日本地域看護学会誌 12(2) 22-28 2010年03月
  • [A framework for assessing essential public health nursing skills and achievement levels required for students graduating from schools that provide education for obtaining a license as a public health nurse in Japan].
    Asahara K, Omori J, Kobayashi M, Hirano Y, Suzuki Y, Arakida M, Oki S, Okamoto R, Okuyama N, Kaihara I, Sudo H, Nagae H, Miyazaki M, Murashima S
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 57(3) 184-194 2010年03月 [査読有り]
  • 「行政保健師の職業的アイデンティティ尺度」の開発と関連要因の検討
    根岸薫; 麻原きよみ; 柳井晴夫
    日本公衆衛生雑誌 57(1) 27-38 2010年01月
  • [Developing a professional identity scale: identifying factors related to professional identity of government-employed public health nurses].
    Negishi K, Asahara K, Yanai H
    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 57(1) 27-38 2010年01月 [査読有り]
  • 日本の「地域保健活動におけるパートナーシップ」:概念分析
    鈴木良美、大森純子、酒井昌子、安齋ひとみ、小林真朝、宮崎紀枝、尾崎章子、平野優子、有本梓、安武綾、長弘佳恵、龍里奈、麻原きよみ
    日本地域看護学会誌 12(1) 44-49 2009年10月
  • People-Centered Careの戦略的実践Ⅰ -パートナーシップの類型-
    有森直子、江藤宏美、大森純子、川上千春、後藤桂子、牛山真佐子、石崎民子、高橋恵子、大久保菜穂子、麻原きよみ、小松浩子
    聖路加看護学会誌 13(2) 11-16 2009年07月
    【はじめに】聖路加看護大学21 世紀COE プログラム「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」におけるPeople-Centered Care(PCC)の5年間の活動成果から,PCC の戦略的実践に有用な具体的方策と示唆を得ることを目的とする。本稿では,PCC のプロセスにおけるパートナーシップに着目し類型化を試みたので報告する。【方法論】研究方法には,質的記述的研究の手法を用いた。15 プロジェクトの研究代表者,市民・当事者を対象に行ったグループインタビュー内容をデータとした。研究参加者は,研究代表者15 人,活動グループメンバー75 人であった。語られたデータからパートナーシップの意味内容のカテゴリーを生成した。分析は①パートナーシップ生成における保健医療者の関わりの特徴,②市民・当事者(コミュニティ)の活動への参加状況,③活動の進展度合いの視点から行った。【結果】市民と保健医療者のパートナーシップは,[共同推進型パートナーシップ][伴走支援
  • People-Centered Care の戦略的実践Ⅱ ―活動とともに拡大するアウトカム―
    大森純子、高橋恵子、牛山真佐子、大久保菜穂子、有森直子、江藤宏美、後藤桂子、川上千春、石崎民子、麻原きよみ、小松浩子
    聖路加看護学会誌 13(2) 17-24 2009年07月
    聖路加看護大学21 世紀COE プログラム「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」におけるPeople-Centered Care( PCC)の5年間の活動成果から,PCC の戦略的実践に有用な具体的方策を得ることを目的とする。 研究方法には,質的記述的研究の手法を用いた。全15 プロジェクトの関係者のインタビューと各種書類よりデータを収集し,PCC の活動の成果を示すアウトカムの意味内容のカテゴリを生成した。PCC のアウトカムは,3つの側面と4つの活動主体のマトリクスに総括できた。縦軸はアウトカムの特性を示す【力量形成のアウトカム】【健康増進のアウトカム】【仕組拡充のアウトカム】の3側面,横軸は活動主体を示す《市民・当事者》と《専門職》個人,個人間の相互作用を含むプロジェクトの主要な運営を司る《活動グループ》,プロジェクトの活動が影響を及ぼす範囲の人々・環境・文化を包含し,拡充し続ける社会である《コミュニティ》の4階層で構成された。活動主体
  • 在宅ケアにおける倫理的課題と今後の課題 看護実践に焦点を当てて
    麻原きよみ
    日本在宅ケア学会誌 11(2) 2008年02月
  • 訪問看護ステーションのカンファレンスで活用するための事例提供ツールの開発と評価
    竹森志穂、麻原きよみ
    日本在宅ケア学会 10(2) 19-26 2007年12月
  • 市町村保健師による保健事業における委託の意味づけ-住民との関係性のとらえ方のパターンによる分析
    小林真朝、麻原きよみ
    日本地域看護学会誌 10(1) 52-62 2007年10月
  • 保健事業の展開において保健師と事務系職員の意見が異なる状況に関する質的分析
    大森純子、宮崎紀枝、麻原きよみ、百瀬由美子、長江弘子、加藤典子、梅田麻希、小林真朝
    日本地域看護学会誌 9(2) 42-48 2007年03月
  • 保健師活動を説明する新たな視点―組織的知識創造理論に基づく活動モデルの提案―
    麻原きよみ
    日本看護科学会誌 26(4) 31-42 2006年12月
  • Function and practice of public health nursing in Japan: a trial to develop the Purpose?Focused Public Health Nursing Model
    Kyoko Yoshioka-Maeda,Atsuko Taguchi,Sachiyo Murashima,Kiyomi Asahara,Yukiko Anzai, Azusa Arimoto, Toshie Miyazaki, Noriko Sato, Taichi Sakai, Junko Omori, Joan Kathy Magilvy
    Journal of Nursing Management 14(6) 483-489 2006年09月
  • Tacit knowledge of public health nurses in identifying community health problems and need for new services: a case study.
    Kyoko Yoshioka-Maeda, Sachiyo Murashima,Kiyomi Asahara
    International Journal of Nursing Studies 43(7) 819-826 2006年09月
  • Function and practice of public health nursing in Japan: a trial to develop the Japanese Purpose-Focused Public Health Nursing Model.
    Yoshioka-Maeda K, Taguchi A, Murashima S, Asahara K, Anzai Y, Arimoto A, Miyazaki T, Sato N, Sakai T, Oomori J, Magilvy JK
    Journal of nursing management 14(6) 483-489 2006年09月 [査読有り]
  • Community-Based Participatory Researchに関する文献レビュー
    酒井昌子, 宮崎紀枝, 麻原きよみ,鈴木良美、安齋ひとみ、加藤典子、有本梓、大森純子、梅田麻希、小野若菜子、小林真朝
    看護研究 39(2) 283-289, 2013. 2006年04月
  • 欧米における保健師活動の主要なモデル
    麻原きよみ、大森純子
    看護研究 38(6) 2005年10月
  • 目的重視型保健師活動モデルの実際
    田口敦子、吉岡京子、酒井太一、宮崎紀枝、佐藤憲子、有本梓、安齋由貴子、麻原きよみ、Joan Kathy Magilvy、村嶋幸代
    看護研究 38(6) 3-10 2005年10月
  • 「目的重視型保健師活動モデル」開発目的とそのプロセス
    村嶋幸代、田口敦子、麻原きよみ、安齋由貴子、宮崎紀枝、佐藤憲子、酒井太一、有本梓、大森純子
    看護研究 38(6) 89-95 2005年10月
  • 保健師活動におけるグループ支援の方向性と特徴 既知見の統合による概念枠組み構築の試み
    錦戸典子, 田口敦子, 麻原きよみ,安齋由貴子、蔭山正子、都筑千景、永田智子、有本梓、松坂由香里、武内奈緒子、村嶋幸代
    日本地域看護学会誌 8(1) 347-353 2005年09月
  • 住民グループのメンバーが活動を地域に発展させていくプロセス―認知症高齢者(痴呆性高齢者)の介護者グループに焦点を当てて―
    加藤典子、麻原きよみ
    日本地域看護学会誌 7(2) 49-63 2005年03月
  • 市町村保健師が新たに立ち上げた活動の事業過程としての特徴
    安齋由貴子、吉田澄江、麻原きよみ、村嶋幸代、佐藤憲子、酒井太一
    日本地域看護学会誌 7(1) 3-8 2004年09月
  • 地域の健康問題に関する保健師による事業創出のプロセスと方策―課題設定と事業案作成の段階に焦点を当てて―
    吉岡京子、麻原きよみ、村嶋幸代
    日本公衆衛生雑誌 51(4) 46-52 2004年04月
  • Long-Term Care Insurance in Japan: Its framework, issues and roles.
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Sachiyo Murashima
    Disease Management and Health Outcome 11(12) 769-777 2003年12月
  • 保健師によるグループ支援活動の理論および実証研究に関する課題
    村嶋幸代、田口敦子、蔭山正子、都筑千景、安齋由貴子、麻原きよみ、錦戸典子
    看護研究 36(7) 81-86 2003年11月
  • グループ活動が地域に発展するための理論・技術
    麻原きよみ、加藤典子、宮崎紀枝
    看護研究 36(7) 3-11 2003年11月
  • A Trial to Support Family Caregivers in Long-Term Care Insurance in Japan: Self-Help Groups in Small Communities
    Yumiko Momose, Kiyomi Asahara, Sachiyo Murashima
    Home Health Care Management & Practice 15(6) 494 2003年08月
  • The Implementation of Long-Term Care Insurance in Japan: Focused on the Trend of Home Care
    Sachiyo Murashima, Azusa Yokoyama, Satoko Nagata, Kiyomi Asahara
    Home Health Care Management & Practice 15(5) 407-415 2003年08月
  • 出生前遺伝子診断による選択的妊娠中絶の語り―モノグラフ―
    大久保功子、玉井真理子、麻原きよみ、近藤浩子、百瀬由美子
    日本看護科学会誌 23(2) 121-134 2003年06月
  • 介護保険サービス利用に関する高齢者の意思決定に関わる問題―訪問看護師の意識調査から―
    麻原きよみ、百瀬由美子
    日本地域看護学会誌 5(2) 13-19 2003年03月
  • The Effectiveness of the Around-the-Clock In-Home Care System: Did it Prevent the Institutionalization of Frail Elderly?
    Sachiyo Murashima, Kiyomi Asahara
    Public Health Nursing 20(1) 13-24 2003年01月
  • 小地域単位の介護者セルフヘルプ・グループに参加することの意味の発展プロセス
    百瀬由美子,大久保功子,麻原きよみ
    日本老年看護学会誌 7(1) 41-54 2002年11月
  • 訪問看護とホームヘルプサービスの利用に影響を及ぼす要因
    チェ ジョンヒョン,村嶋幸代,堀井とよみ,服部真理子,永田智子,麻原きよみ
    日本公衆衛生雑誌 49(9) 26-29 2002年09月
  • Family Caregiving of the Elderly and Long-Term Care Insurance in Rural Japan.
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Sachiyo Murashima
    International Journal of Nursing Practice 8(3) 167-172 2002年06月
  • Public Health Nurses’ Perception of Long Term Care Insurance for Elderly Japanese: Questions of Justice
    Lou Ellen Barnes, Kiyomi Asahara, Anne J. Davis, Emiko Konishi
    Nursing Ethics 9(1) 67-79 2002年01月
  • The relationship of social norms to use of services and caregiver burden in Japan.
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Sachiyo Murashima, Noriko Okubo, Joan K. Magilvy
    Journal of Nursing Scholarship 33(4) 375-380 2001年12月
  • 在宅酸素療法患者の食事指導のあり方に関する研究―プロトコール作成と実施の試み―
    大久保いく子,麻原きよみ
    Quality Nursing 7(11) 1-11 2001年11月
  • 小地域単位の住民主体による高齢者健康増進活動の評価-参加者の主観的効果を評価指標として-
    百瀬由美子,麻原きよみ,大久保功子
    日本地域看護学会誌 3(1) 90-94 2001年03月
  • 経蝶形骨洞的手術を受けた患者の術後の苦痛に関する調査-ネイサルエアウェイ挿入と鼻腔タンポン挿入との比較-
    草間美穂,深尾有紀,降旗いずみ,加藤祐美子,麻原きよみ
    BRAIN NURSING, 16(13) 99-106 2000年11月
  • 在宅酸素療法患者の食事の実態と食べる楽しみにかかわる因子の検討
    大久保いく子,小西恵美子,麻原きよみ
    Quality Nursing 6(11) 52-60 2000年11月
  • 高齢者のエンパワーメント-文化的見地からのアプローチ-
    麻原きよみ
    日本老年看護学会誌 5(1) 97-105 2000年11月
  • 在宅酸素療法患者の食事の意味に関する質的分析
    麻原きよみ,大久保いく子,小西恵美子,征矢野あや子
    看護研究 33(4) 19-29 2000年08月
  • 要介護高齢者の在宅生活アセスメント枠組み作成の試み
    北原けさ美,征矢野あや子,河野雅子,俵麻紀,麻原きよみ,場澄恵,中坪美和子,後藤純子
    第30回日本看護学会論文集-地域看護- 150-156 2000年01月
  • Meaning of public Health Nursing: Creating 24-hour Care in a Community in Japan
    Sachiyo Murashima, Kiyomi Asahara, Calorine M. White,& Shuhei Ryu
    Nursing and Health Sciences 1(2) 83-92 1999年06月
  • Public Health Nursing in Japan: New Opportunities for Health Promotion
    Sachiyo Murashima, Yoko Hatono, Nora Whyte,Kiyomi Asahara
    Public Health Nursing 16(2) 133-139 1999年04月
  • 一過疎農山村における家族介護者の老人介護と農業両立の意味に関する記述的研究
    麻原きよみ
    日本看護科学会誌 19(1) 959-967 1999年03月
  • Long-term care for the elderly in Japan.
    Kiyomi Asahara, Emiko Konishi, Ayako Soyano, & Anne J. Davis
    Geriatric Nursing 20(1) 23-6; 1999年01月
  • 大腿骨骨折を経験した高齢者と家族の関わりを中心とした退院指導についての考察
    征矢野あや子,太田勝正,麻原きよみ,小西恵美子
    日本老年看護学会誌 3(1) 321-329 1998年11月
  • 農村文化に基づく保健活動の意味とその方法
    麻原きよみ
    第4回(平成8年度)健康文化研究助成論文集 46-51 1998年03月
  • 在宅要介護老人の介護者の世間体とサービス利用および介護負担感に関する研究.
    麻原きよみ、百瀬由美子
    日本老年看護学会誌 2(1) 26-28 1997年11月
  • 地域ケアシステムを構築した際に保健婦が用いた能力.
    岡田麻里,村嶋幸代,麻原きよみ
    日本公衆衛生雑誌 44(4) 1-8 1997年04月
  • 長野県老人大学受講生の世間体と保健・福祉・看護サービス利用に関する研究
    百瀬由美子、麻原きよみ
    日本公衆衛生課雑誌 3(3) 1-12 1996年03月
  • 高齢者の世間体の意識構造と変化要因
    麻原きよみ、百瀬由美子
    看護研究 28(1) 35-42 1995年02月
  • 外科実習における学生のストレス評価とその対処-ストレス場面に焦点をあてて-
    山崎章恵,麻原きよみ
    第24回日本看護学会集録-看護教育- 209-219 1993年08月
  • 在宅障害者の機能訓練教室活動に関する評価的研究-教室参加者の社会関係に焦点を当てて-
    麻原きよみ,平林恭子,横内範子,大久保琢江
    日本公衆衛生雑誌 40(5) 948-958 1993年05月
  • 幼児の発達状態と気質に関する研究-1歳6か月と3歳時点の比較-
    麻原きよみ、井桁しげ子
    小児保健研究 52(3) 49-59 1993年05月
  • 精神科看護実習における患者・自己・関係の理解の変化
    近藤浩子,内藤哲夫,麻原きよみ,大柴弘子
    信州大学医療技術短期大学部紀要 18 1562-1567 1993年02月
  • 看護学生の外科看護のイメージに関する研究(第1報)-実習前のイメージと関連する要因の分析-
    麻原きよみ,山崎章恵,室田法子
    信州大学医療技術短期大学部紀要 18 363-374 1993年02月
  • 幼児の気質と発達に関する研究(第2報)発達の遅れと気質の関連性
    麻原きよみ、村嶋幸代、飯田澄美子
    日本公衆衛生誌 39(11) 839-846 1992年11月
  • 幼児の気質と発達に関する研究(第1報) 幼児の気質と母親の認知、養育環境の相互関連性
    麻原きよみ、村嶋幸代、飯田澄美子
    日本公衆衛生誌 39(9) 696-705 1992年09月

書籍等出版物

  • よくわかる質的研究の進め方・まとめ方 看護研究のエキスパートをめざして第2版
    グレッグ美鈴,麻原きよみ,横山美江編著
    医歯薬出版株式会社 2016年03月
  • 公衆衛生実践キーワード 地域保健活動の今がわかる明日がみえる
    鳩野洋子,島田美貴,麻原きよみ他
    共著
    医学書院 2014年10月
  • 公衆衛生看護学テキスト 第4巻公衆衛生看護活動Ⅱ学校保健・産業保健
    責任編集:荒木田美香子編集:岡本玲子、佐伯和子、麻原きよみ
    共著
    医歯薬出版株式会社 2014年04月
  • 公衆衛生看護学テキスト第3巻公衆衛生看護活動Ⅰ
    責任編集:岡本玲子編集:荒木田美香子、麻原きよみ、佐伯和子
    共著
    医歯薬出版株式会社 2014年04月
  • 公衆衛生看護学テキスト第2巻公衆衛生看護技術
    責任編集:佐伯和子編集:麻原きよみ、荒木田美香子、岡本玲子
    共著
    医歯薬出版株式会社 2014年04月
  • 公衆衛生看護学テキスト第1巻公衆衛生看護学原論
    責任編集:麻原きよみ編集:佐伯和子、岡本玲子、荒木田美香子
    共著
    医歯薬出版株式会社 2014年04月
  • ナラティブでみる看護倫理 ~6つのケースで感じるちからを育む~
    鶴若 麻里麻原 きよみ
    共著
    株式会社 南江堂 2013年12月
  • 保健師業務要覧 第3版
    井伊久美子、荒木田美香子、松本珠実他(麻原きよみ)
    共著
    日本看護協会出版会 2013年02月
  • 参加観察法入門
    田中美恵子、麻原きよみ、掛本知里、大森純子、田中美延里、金谷光子、妹尾弘子、下川清美、横山恵子、畠山卓也、師が加奈子、
    共著
    医学書院 2010年08月
  • 地域保健に活かすCBPR コミュニティ参加型の活動・実践・パートナーシップ
    麻原きよみ、酒井昌子、留目宏美、宮崎紀枝、小林真朝、安齋ひとみ、鈴木良美、有本梓、松下由美子、平野優子、安武綾、遠藤直子、嶋津多恵子、長弘佳恵、川崎千恵、尾崎章子、大森純子、龍里奈
    共著
    医歯薬出版株式会社 2010年07月
  • エッセンシャル 地域看護学 第2版
    木下由美子編集代表、麻原きよみ、荒木田由美子、佐伯和子、原礼子編
    共著
    医歯薬出版 2009年02月
  • これからの保健医療福祉行政論 地域づくりを推進する保健師活動
    星旦二、麻原きよみ編
    共著
    日本看護協会出版会 2008年12月
  • これからの保健医療福祉行政論
    日本看護協会出版会 2008年
  • 在宅ケア事典
    白澤政和、福島道子編集(麻原きよみ)
    共著
    中央法規 2007年12月
  • 看護倫理 よい看護・よい看護師への道しるべ
    小西恵美子、八尋道子、サマンサ・メイチェ・パン、和泉成子他(麻原きよみ)
    共著
    南江堂 2007年12月
  • よくわかる質的研究の進め方・まとめ方 看護研究のエキスパートをめざして
    グレッグ美鈴、麻原きよみ、横山美江ほか
    共著
    医歯薬出版 2007年02月
  • 看護倫理 よい看護・よい看護師への道しるべ
    南江堂 2007年
  • よくわかる質的研究の進めかた・まとめ方 看護研究のエキスパートをめざして
    医歯薬出版 2007年
  • 看護と情報
    永井良三、数間恵子、菅田勝也、小出大介、麻原きよみ、柏木幸一、萱間真美、坂本すが、武田祐子、永田智子、福田敬、村嶋幸代
    共著
    杏林図書 2006年11月
  • 最新高齢者看護プラクティス 地域・在宅における高齢者への看護
    金川克子、野口美和子監修(麻原きよみ)
    共著
    中央法規 2005年12月
  • エッセンシャル地域看護学
    木下由美子、麻原きよみ、荒木田美香子、佐伯和子、原礼子他
    共著
    医歯薬出版 2004年04月
  • エッセンシャル地域看護学
    医歯薬出版 2004年
  • 看護における質的研究1エスノグラフィー(訳書)
    麻原きよみ,グレッグ美鈴
    共著
    日本看護協会出版会 2003年11月
  • 看護学事典
    見藤隆子、小玉香津子、菱沼典子編,(麻原きよみ)
    共著
    日本看護協会出版会 2003年05月
  • 看護における質的研究1エスノグラフィー
    日本看護協会出版会 2003年
  • いまを読み解く保健活動のキーワード
    尾崎米厚,鳩野洋子,島田美喜編(麻原きよみ)
    共著
    医学書院 2002年10月
  • 成人看護学総論
    小松浩子,井上智子,麻原きよみ,安酸史子,雄西智恵美,荒川唱子,射場典子,吉田千文
    共著
    医学書院 2002年02月
  • ペンダーヘルスプロモーション看護論(訳書)
    小西恵美子,太田勝正,麻原きよみ,草間朋子
    共著
    日本看護協会出版会 1997年12月
  • 地域看護学-実践の理論化をめざして-, 金川克子,村嶋幸代,麻原きよみ,斉藤恵美子
    金川克子,村嶋幸代,麻原きよみ,斉藤恵美子
    共著
    日本看護協会出版会 1997年02月
  • 地域看護学-実践の理論化をめざして-
    日本看護協会出版会 1997年
  • 21世紀の地域医療-地域ケアを見る目・語る目・動かす目-
    丸地信弘,亀井克典,加藤憲二,仲間秀典磯村孝二,川延宗之,麻原きよみ,小泉典章,船津和幸,石井栄三郎,松波英寿,原寛美,田辺庚,小林美智子,高橋きんよ,山田喜紹,小穴こず枝
    共著
    信濃毎日新聞社 1993年09月
  • 睡眠に関する地域保健活動実践ガイドブック
    麻原きよみ、内山真、尾崎章子、小枝恵美子、新保寛子、成井浩司、畑中純子、樋口一郎、宮島朝子
    共著
    日本看護協会
  • うつ対応マニュアルー保健医療従事者のためにー
    大野裕,麻原きよみ,斉藤友紀雄,野呂千鶴子,山下俊幸
    厚生労働省地域におけるうつ対策検討会
  • 地域看護活動の方法-概念の明確化からアセスメント・施策化へ-(訳書)
    村嶋幸代,野地有子,成木弘子,平田直美,板垣昭代,塚崎恵子,麻原きよみ
    共著
    医学書院

講演・口頭発表等

  • 公衆衛生看護の多様性と本質-未来に向けて-
    麻原きよみ
    第4回日本公衆衛生看護学会学術集会 2016年01月
  • 長期的復興支援における災害看護の役割-災害看護支援助成事業から見る成果と課題-
    山本あい子,田中美恵子,麻原きよみ,武田祐子,佐々木吉子,駒形朋子.
    第35回日本看護科学学会学術集会 2015年12月
  • 自治体と大学の協働による先駆的選択制度実習の評価-学生の実習体験項目の変化-
    鈴木良美, 澤井美奈子, 斉藤恵美子, 岸恵美子, 五十嵐千代, 中田晴美, 掛本知里, 永田智子, 麻原きよみ.
     2015年11月
  • (ワークショップ)公衆衛生における学会認定「専門家制度」のさらなる展開に向けて 保健師としての専門職の展開
    麻原 きよみ
    第74回日本公衆衛生学会総会 2015年11月
  • 在宅ケアにおける倫理的課題-在宅看護の焦点を当てて-
    麻原 きよみ
    第20回日本在宅ケア学会学術集会 2015年07月
  • Multidisciplinary approach to promote a practical radiation culture in Fukushima, Japan
    Emiko Konishi, Atsuko Yabuki, Toru Kikuchi, Yasuko Mitsumori, Junko Omori, Mikako Arakida ,Makiko Orita, Chie Kawasaki Wakanako Ono, Maasa Kobayasi, Kiyomi Asahara
    18th EAFONS 2015年02月
    Integral Sciences and Humanities in Doctoral Nursing Education 
  • Developing radiation teaching materials for Public Health Nurses of Fukushima, Japan.
    Chie Kawasaki , Atsuko Yabuki , Emiko Konishi , Wakanako Ono, Toru Kikuchi, Makiko Orita, Junko Omori , Mikako Arakida ,Maasa Kobayashi , Yasuko Mitsumori, Kiyomi Asahara
    18th EAFONS 2015年02月
    Integraring Sciences and Humanities in Doctoral Nursing Education 
  • 自治体と大学との協働による保健師基礎教育の取り組み-保健師教育選択制を先駆的に実施した大学からの報告-
    斉藤恵美子,岸恵美子,鈴木良美,中田晴美,五十嵐千代,掛本知里,澤井美奈子,三好智美,麻原きよみ,永田智子
    第3回日本公衆衛生看護学会学術集会・日本公衆衛生看護学会 2015年01月
  • よりよい実践のための研究に向けて倫理的配慮はどうする?-日本公衆衛生看護学会研究倫理審査委員会の活用-
    嶋津多恵子,麻原きよみ,斉藤恵美子,丹野久美,冨山紀代美,鳩野洋子,宮崎美砂子
    第3回日本公衆衛生看護学会学術集会・日本公衆衛生看護学会 2015年01月
  • 行政機関に勤務する保健師の職務および職場満足の経験群別比較
    佐伯和子,平野美千代,本田光,水野芳子,麻原きよみ
    第3回日本公衆衛生看護学会学術集会 2015年01月
  • 保健師基礎教育における放射線の授業に関する学生の学び
    永井智子,小西恵美子,麻原きよみ,小林真麻,小野若菜子,三森寧子
    第3回日本公衆衛生看護学会学術集会・日本公衆衛生看護学会 2015年01月
  • 交流集会 看護倫理検討委員会企画若手研究者が直面する研究遂行上の悩み-アン・デービス先生と語ろう-
    麻原きよみ,小西恵美子,安藤広子,百瀬由美子,八尋道子,小野美喜,三森寧子
    第34回日本看護科学学会学術集会・日本看護科学学会 2014年11月
  • 交流集会 長期的復興支援における災害看護の役割~災害看護支援女性事業から見る成果と課題
    山本あい子,麻原きよみ,田中美恵子,武田祐子,佐々木吉子,駒形朋子
    第34回日本看護科学学会学術集会・日本看護科学学会 2014年11月
     
  • 保健師が行う未熟児・低出生体重児を育てる家族への支援の構造
    永井智子, 麻原きよみ
    第34回日本看護科学学会学術集会・日本看護科学学会 2014年11月
  • HEALTHOGRAPHY HOW WHERE YOU LIVE AFFECTS YOUR HEALTH AND WELL-BEING 
    Kiyomi Asahara, Maasa Kobayashi, Misako Miyazaki,Yukiko Anzai, Emiko Konishi, Yasuko Mitsumori, Toshie Miyazaki, Junko Omori,Wakanako Ono
    APHA 142nd ANNUAL MEETING&EXPO/American Public Health Association 2014年11月
    Development and evaluation of a public health nursing ethics education program for nursing students
  • 行政機関に勤務する非常勤保健師の専門職務遂行能力
    佐伯和子,平野美千代,本田光,麻原きよみ,三井尚美
    第73回日本公衆衛生学会総会 2014年11月
  • 行政機関に勤める保健師の専門職務遂行能力の構造
    平野美千代,佐伯和子,本田光,麻原きよみ,三井尚美
    第73回日本公衆衛生学会総会 2014年11月
  • 23区内7大学学生による「保健師教育の技術項目と卒業時の到達度」の自己評価
    鈴木良美,斎藤恵美子,中田晴美,柳修平,遠藤直子,永田智子,麻原きよみ
    第73回日本公衆衛生学会総会 2014年11月
  • 放射線防護文化形成のための実践モデル2「保健師との協働ミーティング」の効果と課題
    大森純子,麻原きよみ,矢吹敦子,川崎千恵,荒木田美香子,小野若菜子,小林真朝,三森寧子,北宮千秋
    第73回日本公衆衛生学会総会 2014年11月
  • 放射線防護文化形成のための実践モデル1「既存事業における健康講話と対話」の効果
    川崎千恵,麻原きよみ,矢吹敦子,大森純子,荒木田美香子,小野若菜子,小林真麻,三森寧子
    第73回日本公衆衛生学会総会 2014年11月
  • ナラティブを活用した看護実践の倫理を考える方法とその意義
    鶴若麻里,麻原きよみ
    第26回日本生命倫理学会年次大会 2014年10月
  • 山間部に住む高齢者への放射線に関するミニ講話の取り組み:効果的実践と課題 
    小野若菜子,折田真紀子
    第3回日本放射線看護学会学術集会 2014年09月
  • 保健師の総合的なキャリア発達尺度の開発に向けた予備調査
    平野美千代,佐伯和子,本田光,麻原きよみ,深川周平,斎藤彩乃
    日本地域看護学会第17回学術集会 2014年08月
  • 「公衆衛生看護の倫理」教育の重要性に対する教員の認識 
    小林真朝,麻原きよみ,大森純子,小野若菜子,三森寧子,宮崎美砂子,宮崎紀枝,安齋由貴子
    日本地域看護学会第17回学術集会 2014年08月
  • 保健師に求められる放射線防護教育
    麻原きよみ
    第35回「医療放射線の安全利用」フォーラム主催:医療放射線防護連絡協議会 2014年02月
  • (ワークショップ)放射線防護文化の視点から保健師の放射線教育をかんがえる
    麻原きよみ、荒木田美香子、大森純子、小野若菜子、川崎千恵、小西恵美子、小林真麻、三森寧子
    日本公衆衛生看護学会学術集会 2014年01月
  • (ワークショップ)研究における倫理的配慮―日本公衆衛生看護学会研究倫理審査委員会の活用― 
    嶋津多恵子、麻原きよみ、斉藤恵美子、丹野久美、冨山紀代美、鳩野洋子、宮崎美砂子
    日本公衆衛生看護学会学術集会 2014年01月
  • 生活習慣病のリスクがある女性の健康に関する意識の構造―産後の生活に焦点を当てて―
    波山加奈、麻原きよみ
    日本公衆衛生看護学会学術集会 2014年01月
  • 果樹農家の特定保健指導対象者における健診結果・食習慣の分析
    吉村由美子、小林直美、川崎千恵、麻原きよみ
    日本公衆衛生看護学会学術集会 2014年01月
  • 行政機関に働く保健師の専門職務遂行能力の変化―2001年と2013年の比較―
    佐伯和子、平野美千代、本田光、麻原きよみ、齋藤彩乃、深川周平、和泉比佐子、阿久津雅子、三井尚美
    日本公衆衛生看護学会学術集会 2014年01月
  • Experiences of Public Health Nurses (PHNs) in Fukushima:Struggles with People in their Community
    Chie Kawasaki, Kiyomi Asahara, Junko Omori, Emiko Konishi, Mikako Arakida,Wakanako Ono, Makiko Orita, Toru Kikuchi, Maasa Kobayashi, Yuko Matsunari, Yasuko Mitsumori
    The 3rd Conference of the Global Congress for Qualitative Health Research 2013年12月
  • チェルノブイリ原発事故からの学び―ベラルーシの放射線防護に関する専門職教育
    大森純子、麻原きよみ、荒木田美香子、三森寧子、松成裕子、矢吹敦子
    日本公衆衛生学会 2013年10月
  • 放射線防護文化の創造―いわき市の保健師が抱える住民対応の困難感と葛藤
    麻原きよみ、大森純子、矢吹敦子、荒木田美香子、小林真麻、小野若菜子、松成裕子、三森寧子
    日本公衆衛生学会 2013年10月
  • 異文化適応を考慮した在日中国人の母親への育児支援のあり方についての検討
    川崎千恵、麻原きよみ
    日本公衆衛生学会 2013年10月
  • チェルノブイリ原発事故からの学び―ベラルーシにおける四半世紀の実践と今後の課題―
    大森純子、小西恵美子、麻原きよみ、荒木田美香子、三森寧子、松成裕子、菊地透、小林真麻、小野若菜子、川崎千恵
    日本放射線看護学会学術集会 2013年09月
  • 放射線防護文化の創造―いわき市における保健師を対象とした教育プログラムの実施―
    麻原きよみ、菊地透、大森純子、小西恵美子、荒木田美香子、小野若菜子、小林真麻、三森寧子、松成裕子、川崎千恵
    日本放射線看護学会学術集会 2013年09月
  • 保健師教育機関と看護系大学院修士課程における公衆衛生看護の倫理教育の現状
    麻原きよみ、小林真麻、安齋由貴子、大森純子、小野若菜子、三森寧子、宮崎紀枝、宮崎美砂子
    日本地域看護学会 2013年08月
  • 「エスノグラフィー:データ収集および分析方法の実際」
    麻原きよみ
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会 2013年07月
  • What Do public health Nurses (PHNs) Learn When They Become Preceptors for Novices PHNs?
    Taeko Shimazu, kiyomi Asahara
    International Conference of Community Health Nursing Research conference 2013 2013年03月
  • 自治体行政組織のエスノグラフィー-保健師が行政組織で働くということ-
    麻原きよみ、小野若菜子、長澤直紀、橋爪さつき、池谷澄香、嶋崎信子、大森純子、小林真朝、宮崎紀枝、佐伯和子、留目宏美、三森寧子、井口あや
    第1回日本公衆衛生看護学会学術集会 2013年01月
  • 行政保健師における道徳的能力と倫理教育および支援環境の関連に関する全国調査
    麻原きよみ、小林真朝、大森純子、小野若菜子
    第71回日本公衆衛生学会総会 2012年10月
  • 生活習慣病予防のための対象者中心の保健指導を実践する看護職の技術
    包國幸代、麻原きよみ
    第31回日本看護科学学会学術集会 2011年12月
  • 訪問看護師の倫理的課題の経験と教育、支援環境および基本属性との関連に関する全国調査
    麻原きよみ, 小野若菜子, 小林真朝, 大森純子, 百瀬由美子, 尾崎章子, 長江弘子, 酒井昌子, 宮崎紀枝, 小西恵美子
    第31回日本看護科学学会学術集会 2011年12月
  • 母子継続支援のための助産師と保健師の連携システムの構造
    大友光恵、麻原きよみ
    第31回日本看護科学学会学術集会 2011年12月
  • 大学の保健管理に携わる看護職の職務に対する役割認識に関する調査
    砂川昌子, 麻原きよみ, 柳井晴夫
    第49回全国大学保健管理研究集会 2011年11月
  • 保健師の倫理的課題の経験と教育、支援環境および基本属性との関連に関する全国調査
    麻原きよみ, 小林真朝, 小野若菜子, 大森純子, 留目宏美, 宮崎紀枝, 酒井昌子, 長江弘子, 尾崎章子, 百瀬由美子
    第70回日本公衆衛生学会総会 2011年10月
  • 保健師がプリセプターの役割を担うことによる学び 自身と組織の変革
    嶋津多恵子, 麻原きよみ
    第70回日本公衆衛生学会総会 2011年10月
  • 保健師の根幹を見据え、日頃の活動を見つめ直そう-保健師活動のジレンマと倫理、解決に役立つ技法とは-
    麻原きよみ
    栃木県保健師の会「ひまわり会」 2011年01月
  • 平成22年度保健師現任教育研修(山梨県峡東保健所)講師
    麻原きよみ
    山梨県峡東保健所 2011年01月
    保健活動の評価の実際
  • 台東区事例検討会講師
    麻原きよみ
    台東保健所 2011年01月
    保健師の倫理的課題とその解決について
  • 「倫理的意思決定の4ステップモデルの活用」研修講師
    麻原きよみ
    さいたま市保健所 2010年12月
  • 埼玉県南部ブロック・さいたま市保健師長会合同研修会講師
    麻原きよみ
    全国保健師長会埼玉県支部南ブロック・さいたま市保健師長会 2010年11月
    大学における保健師教育の現状と課題、今後に向けて-後輩を育てる私達の役割を考える-
  • Components of moral behavior among Japanese public health nurses and differences according to work experience and position
    Kiyomi ASAHARA, Maasa KOBAYASHI, Wakanako ONO, Junko OMOR, Hiromi TODOME, Emiko KONISHI, Akiko OZAKI, Hiroko NAGAE, Yumiko MOMOSE, Toshie MIYAZAKI, Masako SAKAI
    138th APHA 2010年11月
  • ナラティブアプローチによる事例検討 保健師の倫理教育プログラムへの活用
    麻原きよみ, 小林真朝, 大森純子, 留目宏美, 小野若菜子, 百瀬由美子, 長江弘子, 宮崎紀枝, 尾崎章子, 酒井昌子
    第69回日本公衆衛生学会 2010年10月
  • 大学における保健師教育の現状
    麻原きよみ
    横浜市保健師長会 2010年08月
  • 保健師が遭遇する倫理的課題の頻度における保健師経験年数と職位による比較
    小林真朝、麻原きよみ、小野若菜子、大森純子、留目宏美、尾崎章子、百瀬由美子、長江弘子、宮崎紀枝、酒井昌子
    日本地域看護学会第13回学術集会 2010年07月
  • 訪問看護師が遭遇する倫理的問題の頻度における訪問看護の経験年数と職位による比較
    小野若菜子、麻原きよみ、小林真朝、大森純子、留目宏美、長江弘子、酒井昌子、百瀬由美子、尾崎章子、宮崎紀枝
    日本地域看護学会第13回学術集会 2010年07月
  • ナラティブアプローチによる事例検討-地域看護職への倫理教育プログラムの活用-
    麻原きよみ、小林真朝、大森純子、留目宏美、小野若菜子、百瀬由美子、長江弘子、宮崎紀枝、尾崎章子、小西恵美子、酒井昌子
    日本看護倫理学会第3回年次大会 2010年06月
  • 地域づくり活動の展開について
    麻原きよみ
    台東保健所 2010年05月
  • これからの保健師教育のあり方~技術項目と卒業時の到達度に関する調査から~
    麻原きよみ
    平成21年度全国保健師教育機関協議会九州ブロック研修会 2010年03月
  • リーダーとして後輩に何をどう伝えるか
    麻原きよみ
    岡山県市町村保健師研究協議会リーダー(15)年以上現任研修会 2010年02月
  • 変革期のいま、保健師に求められる専門性とは
    麻原きよみ
    明治国際医療大学看護学部主催新任期保健師の研修会 2010年02月
  • 経験年数からみた地域看護職の実践における倫理的思考に影響した経験-保健師および訪問看護師を対象とした質問紙調査から-
    小林真朝、小野若菜子、麻原きよみ、大森純子、留目宏美、百瀬由美子、長江弘子、酒井昌子、宮崎紀枝、尾崎章子、小西恵美子
    第14回日本在宅ケア学会学術集会、 2010年01月
  • 学術集会長講演 家族を支える在宅ケアとは-療養者と家族の狭間で-
    麻原きよみ
    第14回日本在宅ケア学会学術集会 2010年01月
  • 教育講演Ⅱ 看護現象を文化の視点から捉える-エスノグラフィーについて-
    麻原きよみ
    第29回日本看護科学学会学術集会 2009年11月
  • 「学位論文の評価基準を指導に使う」シンポジウム「これからの質的研究の審査体制と指導方法のあり方」
    麻原きよみ
    文部科研(萱間科研)「看護学の知識体系を構築するための質的研究方法を用いた学位論文指導プログラムの作成」質的研究方法を用いた学位論文の審査基準と教育に関するワークショップ 2009年10月
  • Comparison of ethical dilemmas and coping patterns among Japanese Public Health Nurses by position and work experience
    Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara,Yuko Hirano, Junko Omori, Akiko Ozaki, Toshie Miyazaki, Masako Sakai, Hiroko Nagae, Yumiko Momose, Emiko Konishi
    The 4th International Conference on Community Health Nursing Research 2009年08月
  • 理事会主催セミナー大学院における地域看護学教育のあり方 大学院における地域看護上級実践者教育について-地域看護CNS教育を通して-
    麻原きよみ
    日本地域看護学会第12回学術集会 2009年08月
  • 保健師と訪問看護師が直面する倫理的判断の困難状況の相違-判断に困った理由と対応に関する保健師と訪問看護師の比較-
    長江弘子、麻原きよみ、百瀬由美子、大森純子、宮﨑紀枝、大金ひろみ、尾﨑章子、酒井昌子、小林真朝、平野優子、留目宏美
    第12回日本地域看護学会学術集会 2009年08月
  • 地域づくりの実践から保健師活動を考える
    麻原きよみ、山田圭子、米津由美、椎橋由加里
    特別区職員研修所 2009年07月
  • Supporting ethically sensitive practice: Development of an educational program for Japanese nurses working in communities
    Asahara K, Kobayashi M, Momose Y, Nagae H, Sakai M, Miyazaki T, Ozaki A, Omori J, Hirano Y, Konishi E
    International Council of Nurses 24th Quadrennial Congress 2009年07月
  • 訪問看護師の看護実践における倫理的判断の困難状況-判断に困った理由の経験年数と職位による比較-
    百瀬由美子、麻原きよみ、尾崎章子、大森純子、小林真朝、平野優子、酒井昌子、長江弘子、宮崎紀枝、大金ひろみ、留目宏美、 小西恵美子
    日本看護倫理学会第2回年次大会 2009年06月
  • 地域看護における体系的倫理教育ラダーの開発に向けて-経験年数の異なる保健師の倫理的課題と自身の行為の認識や思考の特性-
    宮崎紀枝、麻原きよみ、小林真朝、大金ひろみ、酒井昌子、大森純子、百瀬由美子、長江弘子、尾﨑章子、平野優子、留目宏美、小西恵美子
    日本看護倫理学会第2回年次大会、 2009年06月
  • シンポジウム 実践・研究・教育における協働モデルの提案-地域看護職への倫理教育に関する研究を通して-
    麻原きよみ
    日本看護倫理学会第2回年次大会 2009年06月
  • 実は身近な倫理-医療現場で感じるジレンマを倫理の切り口で考える-
    麻原きよみ
    国保町立小鹿野中央病院講演 2009年03月
  • 訪問看護師の日常実践で遭遇する倫理的課題と対応-経験年数と職位による比較-
    麻原きよみ、百瀬由美子、酒井昌子、長江弘子、宮崎紀枝、尾崎章子、大森純子、小林真朝、平野優子、留目宏美、大金ひろみ、小西恵美子
    第13回日本在宅ケア学会学術集会 2009年03月
  • 今問われている保健師の専門性・保健師教育の現場から
    麻原きよみ
    全国保健師長会東京特別区支部講演 2009年01月
  • 保健師の専門性、倫理的ジレンマ
    麻原きよみ
    琉球大学医学部保健学科平成20年度保健師実習指導研修会講師 2008年12月
  • 保健師の専門性とプロとしての対応-現場で起こるジレンマと向き合う技法を学ぶ-
    麻原きよみ
    平成20年度地域保健師業務連絡会議合同研究会(湘南ブロック)講師 2008年12月
  • 倫理教育プログラム(講義)
    麻原きよみ、小林真朝、大森純子、平野優子、留目宏美ほか
    東京都平成20年度新任保健師指導者向け研修 2008年12月
  • 倫理教育プログラム(講義と演習)
    麻原きよみ、小林真朝、大森純子、平野優子、留目宏美ほか
    東京都新任保健師研修 2008年12月
  • 保健師基礎教育における技術項目と卒業時の到達度に関する研究
    麻原きよみ、荒木田美香子、大木幸子、岡本玲子、奥山則子、海原逸子、宮崎美砂子、村嶋幸代、長江弘子、大森純子、小林真朝、平野優子、鈴木良美
    第67回日本公衆衛生学会総会 2008年10月
  • 英文献に基づく「地域保健活動におけるパートナーシップ」に関する概念分析
    有本梓、安齋ひとみ、宮崎紀枝、尾崎章子、鈴木良美、大森純子、安武綾、平野優子、小林真朝、長弘佳恵、龍里奈、酒井昌子、麻原きよみ
    第67回日本公衆衛生学会総会 2008年10月
  • 精神疾患が疑われる患者の精神科受診に至る過程において保健師が用いた援助技術
    持田恵理、麻原きよみ
    第67回日本公衆衛生学会総会 2008年10月
  • 「行政保健師の職業的アイデンティティ尺度」の開発と関連要因の検討
    根岸薫、麻原きよみ、柳井晴夫
    第67回日本公衆衛生学会総会 2008年10月
  • 保健師の専門性とは?新たな保健師技術の枠組みを実践と教育にどう活かせるか?-「保健師基礎教育における技術項目と卒業時の到達度」に関する調査から-
    麻原きよみ、小林真朝
    第67回日本公衆衛生学会総会 2008年10月
  • 和・英文献に基づく「地域保健活動におけるパートナーシップ」概念の比較検討
    鈴木良美、大森純子、平野優子、安武綾、安齋ひとみ、麻原きよみ、龍里奈、小林真朝、宮崎紀枝、尾崎章子、酒井昌子、長弘佳恵、有本梓
    第67回日本公衆衛生学会総会 2008年10月
  • 倫理的なジレンマを解消するための4ステップモデルを学ぶ
    麻原きよみ、小林真朝、大森純子、平野優子、留目宏美ほか
    静岡県平成20年度健康施策研修講師(講和と演習) 2008年09月
  • 保健師教育課程の卒業時到達目標について
    麻原きよみ
    全国保健師教育協議会基調講演 2008年08月
  • 理事会主催セミナー 話題提供者 「保健師基礎教育における技術項目と卒業時の到達度に関する研究」の調査結果について
    麻原きよみ
    日本地域看護学会第11回学術集会 2008年07月
  • 新人保健師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価第1報:倫理的問題への対応に関する認識の変化
    大森純子、宮崎紀枝、長江弘子、酒井昌子、麻原きよみ、小林真朝、平野優子、尾崎章子、百瀬由美子
    日本地域看護学会第11回学術集会 2008年07月
  • 新人保健師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価第2報:Moral Sensitivity Questionnaireによる倫理的感受性の変化
    平野優子、小林真朝、麻原きよみ、長江弘子、大森純子、酒井昌子、宮崎紀枝、百瀬由美子、尾崎章子
    日本地域看護学会第11回学術集会 2008年07月
  • 保健師地域づくり活動コンサルテーション
    麻原きよみ
    保健師地域づくり活動コンサルテーション 2008年04月
  • 訪問看護師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価 第3報:MSQによる倫理的感受性の変化
    小林真朝,大森純子,百瀬由美子,酒井昌子,宮﨑紀枝,尾﨑章子,麻原きよみ,長江弘子,小西恵美子
    日本看護科学学会第27回学術集会 2007年12月
  • 訪問看護師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価 第2報:倫理的問題への対応に関する認識の変化
    長江弘子,尾﨑章子,大森純子,宮﨑紀枝,酒井昌子,百瀬由美子,小林真朝,麻原きよみ,小西恵美子
    日本看護科学学会第27回学術集会 2007年12月
  • 訪問看護師を対象とした地域看護倫理教育プログラムの開発と評価 第1報:教育目標達成度とプロセス評価
    麻原きよみ,宮﨑紀枝,酒井昌子,尾﨑章子,百瀬由美子,長江弘子,大森純子,小林真朝,小西恵美子
    日本看護科学学会第27回学術集会 2007年12月
  • Evaluation of the Ethics Education Program for Community Health Nursing- The Changes in the Awareness of PHNs and Changes in MSQ -
    Toshie Miyazaki, Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara, Yukiko Momose, Maki Umeda, Junko Omori, Masako Sakai, Akiko Ozaki, Hiroko Nagae, Emiko Konishi
    The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing 2007年11月
  • Evaluation of the ethics education program for home health nursing-the changes in the awareness of home health nurses and changes in MSQ-
    Akiko Ozaki, Yumiko Momose, Masako Sakai, Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara, Hiroko Nagae, Junko Omori, Maki Umeda, Toshie Miyazaki, Emiko Konishi
    The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing 2007年11月
  • 保健師を対象とした地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価 第3報:倫理的感受性の変化
    林真朝、梅田麻希、大森純子、麻原きよみ、百瀬由美子、尾崎章子、宮崎紀枝、小野若菜子、酒井昌子、加藤典子
    日本地域看護学会第10回学術大会 2007年07月
  • 保健師を対象とした地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価 第2報:倫理的問題への対応に関する認識の変化
    百瀬由美子、尾崎章子、宮崎紀枝、大森純子、麻原きよみ、梅田麻希、小林真朝、加藤典子、小野若菜子、酒井昌子
    日本地域看護学会第10回学術大会 2007年07月
  • 保健師を対象とした地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価 第1報:作成過程と教育目標達成度およびプロセス評価
    麻原きよみ、大森純子、梅田麻希、小林真朝、尾崎章子、宮崎紀枝、百瀬由美子、酒井昌子、加藤典子、小野若菜子
    日本地域看護学会第10回学術大会 2007年07月
  • 新任保健師の現任教育に関する研修会
    麻原きよみ
    新任保健師の能力獲得について 2006年03月
  • 地区診断の展開
    麻原きよみ
    台東区保健師研修会 2006年03月
  • Long-Term Care Insurance(LTCI) System for the Elderly in Japan: Framework, New Directions, and Roles of Nurses
    Kiyomi Asahara
    Prevention and Management of Chronic Conditions: International Perspectives (plenary session) 2006年01月
  • Long-Term Care Insurance(LTCI) System for the Elderly in Japan: Framework, New Directions, and Roles of Nurses
    Kiyomi Asahara
    Khon Kaen University, Faculty of Nursing (a lecture to faculty members) 2006年01月
  • 日本の地域看護実践へのCBPRの適用と課題
    麻原きよみ
    第37回聖路加看護大学セミナー(シンポジウム) 2006年01月
  • 住民やコミュニティをエンパワーする保健師活動
    麻原きよみ
    佐久保健所管内保健関係者等研修会 2005年11月
  • 質的研究2 エスノグラフィー
    麻原きよみ
    東京大学医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクス 2005年11月
  • The Analysis of Ethical Issues of Home Care Nursing in Japan
    Masako Sakai, Hiroko Nagae, Toshie Miyazaki, Junko Omori, Kiyomi Asahara,
    Nursing management congress2005 2005年10月
  • Developing Terminology for Public Health Nursing Practice: Clarifying the Meaning of PHN Activities
    Yukiko Anzai,Kathy Magilvy,Atsuko Taguchi, Sachiyo Murashima, Taichi Sakai, Noriko Sato,Kyoko Yoshioka, Azusa Arimoto,Kiyomi Asahara
    Third International Conference of Community Health Nursing Research (Workshop) 2005年10月
  • Ethnograpy in Community Health Nursing: Its Usefulness and Application to Practice and Research
    Kiyomi Asahara
    Third International Conference of Community Health Nursing Research 2005年10月
  • Developing the JPPHN Model (Report 4): Dimention 3 “Working with the Community“
    Azusa Arimoto,Noriko Sato,Atsuko Taguchi,Toshie Miyazaki,Taichi Sakai,Kyoko Yoshioka, Kiyomi Asahara,Kathy Magilvy,Yukiko Anzai, Sachiyo Murashima
    Third International Conference of Community Health Nursing Research 2005年10月
  • Developing the JPPHN Model (Report 3): Dimention 2 “Working with Individuals/ Families“
    Toshie Miyazaki,Yukiko Anzai, Kyoko Yoshioka,Azusa Arimoto,Noriko Sato, Taichi Sakai, Atsuko Taguchi, Kathy Magilvy,Kiyomi Asahara,Sachiyo Murashima
    Third International Conference of Community Health Nursing Research 2005年10月
  • Developing the JPPHN Model (Report 2): Dimention 1 “Creating the Basis for Support“
    Kiyomi Asahara,Kyoko Yoshioka,Taichi Sakai, Noriko Sato, Azusa Arimoto, Toshie Miyazaki, Atsuko Taguchi, Kathy Magilvy,Sachiyo Murashima, Yukiko Anzai
    Third International Conference of Community Health Nursing Research 2005年10月
  • Developing a Japanese Purpose-Focused Public Health Nursing (JPPHN) Model for Practice, Education, and Research (Report 1)
    Atsuko Taguchi, Sachiyo Murashima, Yukiko Anzai,Toshie Miyazaki, Taichi Sakai, Noriko Sato, Kyoko Yoshioka, Azusa Arimoto, Kathy Magilvy,Kiyomi Asahara
    Third International Conference of Community Health Nursing Research 2005年10月
  • Conflicts between Users or Their Family and Home Care Nurses (HCNs) in Nursing Practice
    Hiroko Nagae, Masako Sakai,Kiyomi Asahara, Yumiko Momose,Toshie Miyazaki, Junko Omori
    Third International Conference of Community Health Nursing Research 2005年10月
  • 目的重視型保健師活動モデル開発の試み
    村嶋幸代、田口敦子、麻原きよみ、安齋由貴子、宮崎紀枝、佐藤憲子、酒井太一、有本梓、大森純子、吉岡京子、
    第64回日本公衆衛生学会総会 2005年09月
  • 目的重視型保健師活動モデル開発の試み-モデルは実践・教育・研究に使えるか-
    麻原きよみ、村嶋幸代、田口敦子、吉岡京子、酒井太一、宮崎紀枝、佐藤憲子、有本梓、安齋由貴子、Joan Kathy Magilvy
    日本地域看護学会第8回学術集会ワークショップ 2005年06月
  • 地域診断
    麻原きよみ
    渋谷区保健師研修会 2005年03月
  • 質的研究―エスノグラフィーを中心に―
    麻原きよみ
    日赤武蔵野看護短期大学研究会 2005年01月
  • 普通の保健師でもできる生きた地区診断~日ごろの活動からの発見~
    麻原きよみ
    東京都・特別区保健師会北部ブロック 2004年12月
  • 質的研究に関する車座集会Part 3
    麻原きよみ,グレッグ美鈴,萱間真美,百瀬由美子,大久保功子
     第24回日本看護科学学会学術集会(交流集会) 2004年12月
  • 保健師の遭遇する倫理的ジレンマ―保健師と対象者本人あるいは家族の意向が異なる状況に関する分析―
    加藤典子,宮崎紀枝,麻原きよみ,百瀬由美子,大森純子
    第24回日本看護科学学会学術集会 2004年12月
  • 質的研究2 エスノグラフィー
    麻原きよみ
     東京大学医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクス 2004年11月
  • Conflicts with other professionals in home care nursing and public health nursing practices
    Masako Sakai, Hiroko Nagae, Mutsumi Nakajima, Noa Miyata, Kiyomi Asahara, Toshie Miyazaki, Yumiko Momose
    American Public health Association 132nd Annual Meeting 2004年11月
  • Conflicts experienced by public health nurses in caring for families in Japan
    Toshie Miyazaki, Junko Omori, Noriko Kato, Kiyomi Asahara, Masako Sakai, Hiroko Nagae, Yumiko Momose
    American Public health Association 132nd Annual Meeting 2004年11月
  • 政策形成過程において保健師が用いている手法に関する研究-9つの手法の実施状況-
    安齋由貴子、村嶋幸代、佐藤典子、麻原きよみ他
    第63回日本公衆衛生学会総会 2004年10月
  • 住民グループのメンバーが活動を地域に発展させていくプロセス
    加藤典子、麻原きよみ
    第63回日本公衆衛生学会総会 2004年10月
  • コミュニティにおける組織力育成についての戦略
    麻原きよみ
    第19回全国保健師教育機関協議会教員研修会 2004年08月
  • 地域診断の考え方と実際-保健師の日常活動に活かせる手段として-
    麻原きよみ、宮崎紀枝
     平成16年度東京都専門(共同研修)保健指導実務 2004年07月
  • 保健師活動におけるグループ支援の方向性―文献検討結果より―
    錦戸典子、田口敦子、永田智子、村嶋幸代、麻原きよみ、安齋由貴子、蔭山正子、都筑千影、横山梓、竹内奈緒子
    日本地域看護学会第7回学術集会 2004年06月
  • 地域の健康問題を明確化するための方法論の解明―新規事業を創出した保健師の活動から―
    吉岡京子,麻原きよみ, 村嶋幸代
    日本地域看護学会第7回学術集会 2004年06月
  • 保健師の遭遇する倫理的ジレンマ―保健事業の展開において事務系職員と意見が異なる状況―
    大森純子,宮崎紀枝,加藤典子,麻原きよみ,百瀬由美子,酒井昌子,長江弘子,宮田乃有
    日本地域看護学会第7回学術集会 2004年06月
  • 保健活動の評価
    麻原きよみ
    平成15年度山形県中堅保健師研修プログラム 2004年03月
  • 施設と地域で働く看護職の家族支援に対する視点の比較(1)家族支援の実際とその評価
    山崎章恵,湯本敦子,百瀬由美子,大久保功子,麻原きよみ,鈴木泰子,玉井真理子
    第23回日本看護科学学会学術集会 2003年12月
  • 地域看護職の日常実践活動で捉える倫理的課題―訪問看護師に対する調査から―
    酒井昌子,長江弘子,百瀬由美子,麻原きよみ,小西恵美子,宮崎紀枝,大森純子
    第23回日本看護科学学会学術集会 2003年12月
  • 施設と地域で働く看護職の家族支援に対する視点の比較(2)家族に必要な支援と支援上での困難
    大久保功子,山崎章恵, 麻原きよみ,湯本敦子,百瀬由美子,鈴木泰子,玉井真理子
    第23回日本看護科学学会学術集会 2003年12月
  • 特定集団の人々が共有するルールを探求する-看護の対象となる人々の実践知と研究者および実践が得るもの-(シンポジウム)
    麻原きよみ
    第23回日本看護科学学会学術集会 2003年12月
  • 質的研究に関する車座集会PartⅡ
    グレッグ美鈴,麻原きよみ,大久保功子,百瀬由美子,大森純子
    第23回日本看護科学学会学術集会 2003年12月
  • 地域看護職の日常実践活動で捉える倫理的課題―保健師に対する調査から―
    宮崎紀枝,大森純子, 麻原きよみ, 百瀬由美子,小西恵美子,酒井昌子,長江弘子
     第23回日本看護科学学会学術集会 2003年12月
  • Identifying Obstructive factors of using services for the elderly in the Long-Term Care Insurance in Japan
    Yumiko Momose,Kiyomi Asahara, Emiko Konish
    The 7th Asia/Oceanis Regional Congress of Gerontology 2003年11月
  • 質的研究2 エスノグラフィー
    麻原きよみ
    東京大学医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクス 2003年11月
  • Public health nursing in Japan: After the implementation of the Long-Term Care Insurance
    Sachiyo Murashima, Azusa Yokoyama, Satoko Ngata, Kiyomi Asahara, Caroline M.White
    American Public Health Association 131st Annual Meeting and Exposition 2003年11月
  • 初任期の地域保健従事者の現任教育に関する実態調査(第3報:保健師)
    佐伯和子, 麻原きよみ, 村田昌子, 小林政子, 青山旬,阿彦忠之,阿部絹子,白田千代子,林宏一
     第62回日本公衆衛生学会総会 2003年10月
  • 新規保健事業の起案を円滑に進めるための保健師のアセスメント項目の解明
    吉岡京子,麻原きよみ, 村嶋幸代
    第62回日本公衆衛生学会総会 2003年10月
  • 健康政策としての24時間在宅ケアの成果と課題
    村嶋幸代,堀井とよみ,小谷直子,宿里泉,田口敦子,岩瀬裕三子,麻原きよみ
    第62回日本公衆衛生学会総会 2003年10月
  • 初任期の地域保健従事者の現任教育に関する実態調査(第2報:歯科医師、歯科衛生士)
    阿彦忠之,佐伯和子,青山旬,麻原きよみ,阿部絹子,小林政子,白田千代子,林宏一,村田昌子
    第62回日本公衆衛生学会総会 2003年10月
  • 初任期の地域保健従事者の現任教育に関する実態調査(第4報:管理栄養士・栄養士)
    阿彦忠之,佐伯和子,青山旬,麻原きよみ,阿部絹子,小林政子,白田千代子,林宏一,村田昌子
    第62回日本公衆衛生学会総会 2003年10月
  • 初任期の地域保健従事者の現任教育に関する実態調査(第1報:医師)
    青山旬, 白田千代子,佐伯和子, 阿彦忠之,麻原きよみ,阿部絹子,小林政子,林宏一,村田昌子
     第62回日本公衆衛生学会総会 2003年10月
  • Reporter of workshop(community nursing)
    麻原きよみ
    長野県看護大学異文化看護国際研究集会 2003年10月
  • Decision-making for use of services for the elderly in the Lomg-Term Care Insurance in Japan
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Emiko Konishi
    Third European Nursing Congress 2003年10月
  • 地域の健康問題への対処として事業を創出した保健師の思考過程―実現可能な事業案の作成に向けて―
    吉岡京子、村嶋幸代、麻原きよみ
    日本地域看護学会第6回学術集会 2003年06月
  • 保健師の遭遇する倫理的ジレンマ―対象者と家族の意向が異なる状況に関する分析―
    麻原きよみ、百瀬由美子
    日本地域看護学会第6回学術集会 2003年06月
  • 保健師の行政能力と力量アップを考える
    麻原きよみ
    平成14年度岡山県看護協会保健師職能研修会 2003年02月
  • 保健師の専門性、保健事業の評価
    麻原きよみ
    平成14年度山形県中堅保健師研修 2003年01月
  • 保健師活動を見えやすくするためには
    麻原きよみ
    神奈川県保健師協議会学習会保健師のパワーアップセミナー 2002年12月
  • 病院に入院・通院する患者家族の生活上の困難に関する研究―心理的特性の分析―
    湯本敦子,鈴木泰子,山崎章恵,麻原きよみ,百瀬由美子,大久保功子,玉井真理子
    第22回日本看護科学学会学術集会 2002年12月
  • 病院に入院・通院する患者家族の生活上の困難に関する研究―生活構造的側面からの分析―
    鈴木泰子,湯本敦子,山崎章恵,百瀬由美子,麻原きよみ,大久保功子,玉井真理子
     第22回日本看護科学学会学術集会 2002年12月
  • 地域保健活動を保健師としていかに施策化させるか
    麻原きよみ
     東海・北陸ブロック保健師長会・愛知県支部保健師長会合同研修会 2002年11月
  • 小地域単位における中高年者健康づくり事業の主観的評価
    百瀬由美子,麻原きよみ,井澤雅子,奥野茂代
    日本老年看護学会第7回学術集会 2002年11月
  • 在宅看護を支援する外来看護の役割
    麻原きよみ
    信州大学医学部附属病院看護部研修専門コース 2002年10月
  • 小地域単位における介護者セルフヘルプ・グループに対する支援のあり方の検討
    麻原きよみ,百瀬由美子大久保功子,井澤雅子,百瀬鏡子
    第61回日本公衆衛生学会総会 2002年10月
  • 小地域単位における介護者セルフヘルプ・グループの活動成果の分析
    井澤雅子,百瀬由美子,麻原きよみ
    第61回日本公衆衛生学会総会 2002年10月
  • 中高年の健康増進活動を地区で行う意義と成果―運動継続に焦点をあてて―
    井澤雅子,百瀬由美子,麻原きよみ
    第61回日本公衆衛生学会総会 2002年10月
  • 住民の自主的活動を推進するための保健師活動の要素
    安齋由貴子,斎藤美華,麻原きよみ,吉田澄江,鈴木純恵
    第61回日本公衆衛生学会総会 2002年10月
  • 地域看護実践における評価と研究-量的・質的手法を用いて-
    麻原きよみ
     金沢大学医学部保健学科看護学専攻特別講義 2002年10月
  • 「病院と地域を結ぶ家族支援」企画・主催,招聘外国人講師講演の通訳と解説
    麻原きよみ
     信州大学医療技術短期大学部看護学科長野県看護職を対象とした講演会 2002年09月
  • 保健師の専門性
    麻原きよみ
    山形県保健師リーダー研修会 2002年08月
  • 介護保険実施後のサービス利用に関する高齢者の意思決定
    麻原きよみ、百瀬由美子
     第5回日本地域看護学会学術集会 2002年06月
  • 「看護における質的研究」招聘外国人講師講演の通訳と解説
    麻原きよみ
    山形県立保健医療大学 2002年06月
  • 地域保健法における保健師の専門性について
    麻原きよみ
    平成14年度日本看護協会全国保健師職能集会講演 2002年05月
  • 健康日本21を進める保健師の専門性(コメンテーター)
    麻原きよみ
    平成15年度日本看護協会全国保健師職能集会(シンポジウム) 2002年05月
  • Culture of Health Care Provider’s Care for Congenital Fetal Abnormalities
    Noriko Okubo, Mariko Tamai, Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Atsuko Yumoto, Miyuki Miyazawa, Etsuko Onikuma
    The 26th Triennial Congress International Conference of Midwives 2002年04月
  • 研究発表助言者 
    麻原きよみ
    松本保健所管内保健婦研修会 2002年03月
  • Community-based Health Promotion Activities in Matsumoto
    Kiyomi Asahara
     University of Colorado Health Sciences Center School of Nursing (a lecture to faculty members) 2002年02月
  • 質的研究方法論(エスノグラフィー,グランデッド・セオリー,解釈学的現象学)に関する車座集会
    麻原きよみ,大久保功子,百瀬由美子,グレッグ美鈴,萱間真美
    第21回日本看護科学学会学術集会(交流集会) 2001年12月
  • 小地域単位の介護者セルフヘルプ・グループ活動の意義
    百瀬由美子,麻原きよみ,大久保功子,井澤雅子,百瀬鏡子
    日本老年看護学会第6回学術集会 2001年11月
  • ヘルスプロモーション
    麻原きよみ
     松本市保健師学習会 2001年09月
  • Evaluation of the Community-based Health Promotion Activities in Matsumoto: Relationships between the Programs and Perceived Effects
    Noriko Okubo, Kiyomi Asahara, Yumiko Momose
    Fourth International Nursing Research Conference 2001年08月
  • Effectiveness of Around-the Clock In-Home Care System: Did It Prevent the Institutionalization of Frail Elderly?
    Sachiyo Murashima, Kiyomi Asahara, Caroline M. White, Toyomi Horii
    Fourth International Nursing Research Conference 2001年08月
  • Meaning of Experience about mothers’ peer group after birth
    Noriko Okubo, Kiyomi Asahara, Yumiko Momose
     The 7th Annual Conference Qualitative Health Research Conference 2001年06月
  • Community Health Nursing Practice in Rural Japan: Activities of making a connection
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Noriko Okubo
     The 7th Annual Conference Qualitative Health Research Conference 2001年06月
  • 農村地域における地域看護活動に関する研究(第3報)
    麻原きよみ,百瀬由美子,大久保功子
    第4回日本地域看護学会学術集会 2001年06月
  • 健康福祉文化の創造をめざした小地域単位の地区活動の評価―ボランティア育成に焦点をあてて―
    百瀬由美子,麻原きよみ,大久保功子
    日本老年社会科学会第43回大会 2001年06月
  • 保健婦活動のための実証的研究
    麻原きよみ
    東京大学大学院医学系研究科地域看護学教室研究会 2001年04月
  • 健康福祉文化の創造をめざした小地域単位の地区活動の評価-利用者の生きがいと地域態度-
    麻原きよみ,大久保功子,百瀬由美子
    第20回日本看護科学学会学術集会 2000年12月
  • 小地域を単位とした住民主体型保健福祉活動の高齢者に対する効果の分析
    百瀬由美子,麻原きよみ,大久保功子
    日本老年看護学会第5回学術集会 2000年11月
  • 在宅看護の実践と課題-老年看護の立場から-
    麻原きよみ
    第5回聖路加看護学会総会学術大会(シンポジウム) 2000年10月
  • 保健婦活動の意義の明確化と活性化に関する実証的研究
    麻原きよみ
    第59回日本公衆衛生学会総会奨励賞受賞記念講演 2000年10月
  • 健康福祉文化の創造をめざした小地域単位の地区活動の評価-松本市福祉ひろばの運営に関わる地区住民の福祉意識-
    大久保功子,麻原きよみ,百瀬由美子,高澤宏美,百瀬鏡子
    第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月
  • 健康福祉文化の創造をめざした小地域単位の地区活動の評価-松本市福祉ひろばの運営に関わる地区住民への効果-
    百瀬由美子,大久保功子,麻原きよみ,高澤宏美,百瀬鏡子
    第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月
  • 健康福祉文化の創造をめざした小地域単位の地区活動の評価-松本市福祉ひろばの運営に関わる地区住民の地区活動に対する認識の変化-
    麻原きよみ,百瀬由美子,大久保功子,高澤宏美,百瀬鏡子
    第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月
  • 在宅酸素療法患者の食事の意味に関する質的分析
    麻原きよみ,大久保いく子,小西恵美子,征矢野あや子
    第26回日本看護研究学会学術集会 2000年07月
  • 健康福祉文化の創造をめざした小地域単位の取り組み-松本市福祉ひろば利用者と一般住民の意識調査の比較-
    百瀬由美子,麻原きよみ,大久保功子
    第26回日本看護研究学会学術集会 2000年07月
  • 健康福祉文化の創造をめざした新しいコミュニティ再生への取り組み-松本市福祉ひろば構想と現状課題-
    麻原きよみ,百瀬由美子,大久保功子
    第3回日本地域看護学会 2000年06月
  • Home Care and Culture of Family Caregiving in Rural Japan
    Kiyomi Asahara
    First International Conference on Rural Aging (Symposium)  2000年06月
  • Trans-cultural Perspectives on Healthcare of Rural Elders
    Joan K. Magilvy, Cheryl Schrader, Marianne Smith, Kiyomi Asahara, Mary Ann Rosswurm, Jo Ann Congdon
    First International Conference on Rural Aging (Panel Discussion)  2000年06月
  • 高齢者のエンパワーメント-文化的見地からのアプローチ-
    麻原きよみ
    日本老年看護学会第4回学術集会(シンポジウム) 1999年11月
  • 24時間ケア開始前後での地域の変化
    村嶋幸代,堀井とよみ,田上豊,柳修平,麻原きよみ
    第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月
  • 経蝶形骨洞的手術を受けた患者の術後の苦痛に関する調査
    草間美穂,深尾有紀,降旗いずみ,加藤祐美子,麻原きよみ
    脳神経外科セミナー 1999年09月
  • ADL介助が必要な高齢者の在宅生活を可能にする条件の検討と在宅アセスメント
    北原けさ美,河野雅子,中坪美智子,駒場澄恵,後藤純子,征矢野あや子,俵麻紀,麻原きよみ
    1999年度日本看護学会(地域看護) 1999年09月
  • 農村地域における地域看護活動に関する研究(第2報)
    麻原きよみ,百瀬由美子
    第2回日本地域看護学会 1999年06月
  • Strength and Weakness of BSN Nurses and Expectations of a Local Nursing College in Japan
    Katsumasa Ota, Mariko Suzuki, Emiko Konishi, Kiyomi Asahara, Ikuko Okubo, Ayako Soyano, Masae Tamura, Noriko Ikeda
    ICN Contenuail Conference in London 1999年06月
  • 世間体とサービス利用および介護負担感に関する地域比較
    麻原きよみ,百瀬由美子,村嶋幸代,當銘貴代美,堀井とよみ
    第18回日本看護科学学会 1998年12月
  • 在宅療養者のニーズについて-要介護度と医療処置ニーズ-
    村嶋幸代,柳修平,麻原きよみ,山田雅子,堀井とよみ
    第18回日本看護科学学会 1998年12月
  • 北海道M市における介護者の世間体と介護負担感およびサービス利用との関係
    百瀬由美子,麻原きよみ
    日本老年看護学会第3回学術集会 1998年11月
  • 24時間在宅ケア活動の住民へのインパクトについて
    柳修平,村嶋幸代,麻原きよみ,堀井とよみ
    第63回日本民族衛生学会総会 1998年11月
  • 農村地域における保健婦活動-地域とつながりをつくる活動-
    麻原きよみ,御子柴裕子
    第2回日本健康福祉政策学会 1998年11月
  • 日常活動の政策化
    岩永俊博,麻原きよみ
    第2回日本健康福祉政策学会(シンポジウム) 1998年11月
  • 24時間訪問看護・介護サービス導入後の介護者の在宅ケアサービスに対する意識
    麻原きよみ,村嶋幸代,崔正ヒョン,柳修平,堀井とよみ,田上豊,山田雅子
    第57回日本公衆衛生学会総会 1998年10月
  • 24時間訪問看護・介護サービスの利用に関わる要因の検討
    崔正ヒョン,村嶋幸代,山田雅子,柳修平,麻原きよみ,堀井とよみ,田上豊
    第57回日本公衆衛生学会総会 1998年10月
  • 看護・介護一体型の24時間ケアへの介護者の利用意向
    柳修平,村嶋幸代,麻原きよみ,崔正ヒョン,田上豊,山田雅子,堀井とよみ
    第57回日本公衆衛生学会総会 1998年10月
  • Care Needs of Frail Elders at Home in a Municipality: After Creating Around-the-Clock In-Home Care System
    Sachiyo Murashima, Choi Junghyun, Masako Yamada, Kiyomi Asahara, Shuhei Ryu
    Third International Nursing Research Conference 1998年09月
  • Home Care and Culture of Family Caregiving in Japan
    Kiyomi Asahara
    Third International Nursing Research Conference (Symposium) 1998年09月
  • The Relationship of Family Caregivers' `Sekentei' to Use of Social and Nursing Services and Care Burden
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Sachiyo Murashima, Toyomi Horii, Kiyomi Tome
    Third International Nursing Research Conference 1998年09月
  • 農村文化に基づく地域看護活動に関する研究(第1報)
    麻原きよみ,百瀬由美子
    第1回日本地域看護学会 1998年06月
  • Creating Around-the-Clock In- Home Care System: Strategies Using Community as Partner Model
    Sachiyo Murashima, Choi Junghyun, Kiyomi Asahara, Shuhei Ryu
    Second International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centers for Nursing and Midwifery 1998年04月
  • 改訂版世間体スケールとサービス利用,および介護負担感に関する研究
    百瀬由美子,麻原きよみ
    第17回日本看護科学学会 1997年12月
  • 在宅酸素療法患者の「おいしい食事」の実態とそれに関連する因子の分析
    大久保いく子,太田勝正,麻原きよみ,征矢野あや子,鈴木真理子,小西恵美子
    第17回日本看護科学学会 1997年12月
  • 大腿骨頸部骨折を経験した高齢者と家族の関わりを中心とした退院指導について
    征矢野あや子,太田勝正,麻原きよみ,小西恵美子
    日本老年看護学会第2回学術集会 1997年11月
  • 24時間在宅ケア導入による地域の福祉意識の変化
    村嶋幸代,柳修平,麻原きよみ,堀井とよみ
    第62回日本民族衛生学会総会 1997年11月
  • 福祉サービスへの認識度と福祉意識との関わり
    柳修平,村嶋幸代,麻原きよみ,堀井とよみ
    第62回日本民族衛生学会総会 1997年11月
  • 24時間在宅ケアシステム構築の方法論の抽出
    村嶋幸代,堀井とよみ,麻原きよみ,柳修平
    第56回日本公衆衛生学会総会 1997年10月
  • 在宅ケアサービス利用に関する研究-サービス利用に対する抵抗感および満足度に関する要因分析-
    麻原きよみ,村嶋幸代,柳修平,堀井とよみ
    第56回日本公衆衛生学会総会 1997年10月
  • 臨床検査データの看護業務への活用度に関する研究
    鈴木真理子,太田勝正,大久保いく子,前田樹海,征矢野あや子,麻原きよみ,小西恵美子
    第23回日本看護研究学会 1997年07月
  • 大腿骨頸部骨折を経験した高齢者 の退院後のADLを予測する試み
    征矢野あや子,太田勝正,大久保いく子,鈴木真理子,前田樹海,麻原きよみ,小西恵美子
    第23回日本看護研究学会 1997年07月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究(その4)-経験年数10年以上の能力に焦点を当てて-
    柳沢節子,小松万喜子,山崎章恵,三上れつ,麻原きよみ
    第16回日本看護科学学会 1996年12月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究第2報-自己評価・他者評価の比較-
    小松万喜子, 山崎章恵,,三上れつ, 柳沢節子,麻原きよみ
    日本看護学教育学会第6回学術集会 1996年08月
  • 介護者の世間体と介護負担感およびサービス利用に関する研究
    百瀬由美子,麻原きよみ
    第15回日本看護科学学会 1995年12月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究(その3)
    山崎章恵,小松万喜子,柳沢節子,三上れつ,麻原きよみ
    第15回日本看護科学学会 1995年12月
  • 地域ケアのシステムをつくったエキスパート保健婦の能力と形成過程
    岡田麻里,村嶋幸代,麻原きよみ
    第54回日本公衆衛生学会総会 1995年10月
  • 世間体の意識と公的サービス受容に関する研究(第2報)-保健福祉サービス受容に対する抵抗感およびサービスの種類との関係-
    百瀬由美子,麻原きよみ
    第14回日本看護科学学会 1994年12月
  • 世間体の意識と公的サービス受容に関する研究(第1報)-世間体の意識と影響要因-
    麻原きよみ,百瀬由美子
    第14回日本看護科学学会 1994年12月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究(その2)-経験年数による分析-
    柳沢節子,山崎章恵,小松万喜子,麻原きよみ,三上れつ
    第14回日本看護科学学会 1994年12月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究(その1)-評価スケールの開発と獲得に関連する要因の分析-
    三上れつ,小松万喜子,麻原きよみ,山崎章恵,柳沢節子
    第14回日本看護科学学会 1994年12月
  • 障害児の母親に対する育児支援活動 第Ⅱ報-波田町における母と子の教室活動の質の評価-
    根橋美保,丸田美紀,百瀬典子,麻原きよみ
    第53回日本公衆衛生学会総会 1994年10月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究第1報-看護実践能力と仕事に関する満足度の関係-
    小松万喜子,柳沢節子,山崎章恵,麻原きよみ,三上れつ
    日本看護学教育学会第4回学術集会 1994年08月
  • 高齢者の世間体に対する意識と変化要因
    麻原きよみ,百瀬由美子
    第13回日本看護科学学会 1993年12月
  • 松本市における小地域単位の機能訓練教室活動第2報-社会関係に関する調査結果から-
    大久保琢江,平林恭子,横内範子,麻原きよみ
    第52回日本公衆衛生学会総会 1993年10月
  • 松本市における小地域単位の機能訓練教室活動第1報-神林地区すこやか健康教室の経過と現状-
    平林恭子,横内範子,大久保琢江,麻原きよみ
    第52回日本公衆衛生学会総会 1993年10月
  • 松本市における機能訓練教室の評価-教室参加者の社会関係に焦点を当てて-
    平林恭子,今林雅代,中村晶子,横山哲子,大久保琢江,横内範子,若林光栄,原亜矢子,平林宏美,麻原きよみ
    第14回長野県看護研究学会 1993年10月
  • 自らの意識を変えよう-実践における主体的な学習活動と看護教育-
    麻原きよみ
    第14回長野県看護研究学会 シンポジウム 1993年10月
  • 外科看護実習における学生のストレス評価とその対処-ストレス場面に焦点をあてて-
    山崎章恵,麻原きよみ
    第24回日本看護学会-看護教育- 1993年08月
  • 看護学生の外科看護のイメージに関する研究-実習前のイメージと関連する要因の分析-
    麻原きよみ,室田法子
    第12回日本看護科学学会 1992年12月
  • 発達の遅れと気質に関する研究
    麻原きよみ,井桁しげ子
    第39回日本小児保健学会総会 1992年11月
  • 機能訓練教室参加者のソーシャルサポートネットワークに関する研究
    麻原きよみ,平林恭子,横内範子,大久保琢江
    第51回日本公衆衛生学会総会 1992年10月
  • 幼児の気質と母親の認知,養育環境及び発達に関する研究(第1報)
    麻原きよみ,村嶋幸代,飯田澄美子
    第11回日本看護科学学会 1991年12月
  • 幼児の気質と母親の認知,養育環境及び発達に関する研究(第1報)
    麻原きよみ,村嶋幸代,飯田澄美子
    第11回日本看護科学学会 1991年12月

作品

MISC

  • 保健師活動と根拠(エビデンス) (特集 保健師にとって根拠(エビデンス)とは何か?)
    麻原 きよみ
    月刊地域保健 47(3) 10-17 2016年03月
  • 健康課題としての放射線防護 保健師による実際的な活動モデルに向けて(1)原子力災害復旧期における保健師活動 : 放射線防護文化の形成をめざして
    麻原 きよみ
    保健師ジャーナル 70(5) 424-428 2014年05月
  • 介護老人保健施設における看護職のストレッサーの特徴と職務満足度との関係
    百瀬 由美子, 藤野 あゆみ, 天木 伸子, 渡辺 みどり, 奥野 茂代, 麻原 きよみ
    愛知県立大学看護学部紀要 19 11-19 2013年12月
  • 虐待予防のために母子の継続支援を行う助産師と保健師の連携システムの記述的研究
    大友 光恵, 麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 33(1) 3-11 2013年03月
  • 博士論文作成指導におけるメンタリングプロセス : 『Journal of Nursing Education』への投稿を通じて (特集 質的研究方法を用いた博士論文作成指導の技法 : メンタリングプロセスに焦点を当てて)
    萱間 真美, グレッグ 美鈴, 麻原 きよみ
    看護研究 46(4) 374-381 2013年
  • ディスカッションへのコメント (特集 質的研究方法を用いた博士論文作成指導の技法 : メンタリングプロセスに焦点を当てて)
    麻原 きよみ
    看護研究 46(4) 407-409 2013年
  • 在日中国人女性の異文化における育児経験 : 困難と対処のプロセス
    川崎 千恵, 麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 32(4) 52-62 2012年12月
  • 保健師人材育成におけるキャリアラダー導入の意義 (横浜市の人材育成キャリアラダー開発の試みとその意義 : 「対人援助職」としての成長を見える化)
    倉岡 有美子, 麻原 きよみ
    保健師ジャーナル 68(9) 789-791 2012年09月
  • 専門知識・技術で割り切れないもの : 日常の地域看護実践における倫理(学術集会長講演,日本地域看護学会第15回学術集会報告)
    麻原 きよみ
    日本地域看護学会誌 15(1) 150-156 2012年08月
  • 日本地域看護学会第15回学術集会報告 学術集会長講演 専門知識・技術で割り切れないもの : 日常の地域看護実践における倫理
    麻原 きよみ
    日本地域看護学会誌 15(1) 150-156 2012年08月
  • 地域保健医療格差と闘い人々の健康をまもる政策づくり(第13回日本地域看護学会学術集会報告)
    加藤 登紀子, 麻原 きよみ
    日本地域看護学会誌 13(1) 2010年10月
  • 国家資格としての保健師教育と基盤となる公衆衛生看護学の展望
    麻原 きよみ
    日本公衆衛生雑誌 57(10) 933-935 2010年10月
  • 学術集会長講演 家族を支える在宅ケアとは--療養者と家族の狭間で (第14回日本在宅ケア学会学術集会)
    麻原 きよみ
    日本在宅ケア学会誌 14(1) 3-7 2010年09月
  • 保健師教育卒業時における技術項目と到達度
    麻原きよみ、大森純子、小林真朝、平野優子、鈴木良美、荒木田美香子、大木幸子、岡本玲子、奥山則子、海原逸子、須藤裕子、長江弘子、宮崎美砂子、村嶋幸代
    日本公衆衛生雑誌 57(3) 184-194 2010年
  • 質的研究方法を用いた学位論文審査のためのガイドライン
    麻原きよみ
    看護研究 42(5) 341-346 2009年09月
  • People-Centered Careの戦略的実践? −パートナーシップの類型−
    有森直子、江藤宏美、大森純子、川上千春、後藤桂子、牛山真佐子、石崎民子、高橋恵子、大久保菜穂子、麻原きよみ、小松浩子
    聖路加看護学会誌 13(2) 11-16 2009年07月
    【はじめに】聖路加看護大学21 世紀COE プログラム「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」におけるPeople-Centered Care(PCC)の5年間の活動成果から,PCC の戦略的実践に有用な具体的方策と示唆を得ることを目的とする。本稿では,PCC のプロセスにおけるパートナーシップに着目し類型化を試みたので報告する。【方法論】研究方法には,質的記述的研究の手法を用いた。15 プロジェクトの研究代表者,市民・当事者を対象に行ったグループインタビュー内容をデータとした。研究参加者は,研究代表者15 人,活動グループメンバー75 人であった。語られたデータからパートナーシップの意味内容のカテゴリーを生成した。分析は?パートナーシップ生成における保健医療者の関わりの特徴,?市民・当事者(コミュニティ)の活動への参加状況,?活動の進展度合いの視点から行った。【結果】市民と保健医療者のパートナーシップは,[共同推進型パートナーシップ][伴走支援
  • People-Centered Care の戦略的実践? ―活動とともに拡大するアウトカム―
    大森純子、高橋恵子、牛山真佐子、大久保菜穂子、有森直子、江藤宏美、後藤桂子、川上千春、石崎民子、麻原きよみ、小松浩子
    聖路加看護学会誌 13(2) 17-24 2009年07月
    聖路加看護大学21 世紀COE プログラム「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」におけるPeople-Centered Care( PCC)の5年間の活動成果から,PCC の戦略的実践に有用な具体的方策を得ることを目的とする。 研究方法には,質的記述的研究の手法を用いた。全15 プロジェクトの関係者のインタビューと各種書類よりデータを収集し,PCC の活動の成果を示すアウトカムの意味内容のカテゴリを生成した。PCC のアウトカムは,3つの側面と4つの活動主体のマトリクスに総括できた。縦軸はアウトカムの特性を示す【力量形成のアウトカム】【健康増進のアウトカム】【仕組拡充のアウトカム】の3側面,横軸は活動主体を示す《市民・当事者》と《専門職》個人,個人間の相互作用を含むプロジェクトの主要な運営を司る《活動グループ》,プロジェクトの活動が影響を及ぼす範囲の人々・環境・文化を包含し,拡充し続ける社会である《コミュニティ》の4階層で構成された。活動主体
  • 質的研究方法を用いた学位論文審査のためのガイドライン (質的研究方法を用いた看護学の学位論文評価基準の作成--大学院博士課程における質的研究方法の教育)
    麻原 きよみ
    看護研究 42(5) 341-346 2009年
  • 保健師基礎教育における技術項目と卒業時の到達目標に関する研究(保健師の卒後教育について,理事会主催セミナー,第11回日本地域看護学会学術集会報告)
    麻原 きよみ
    日本地域看護学会誌 11(1) 23-24 2008年09月
  • 自立を支える在宅ケアの秘訣 (第12回日本在宅ケア学会学術集会)
    Hollander Lene, 瀧澤 利行, 麻原 きよみ
    日本在宅ケア学会誌 12(1) 10-13 2008年09月
  • 看護研究のエボリューション : 看護の技を極める
    真田 弘美, 麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 28(1) 2008年03月
  • 在宅ケアにおける倫理的問題と今後の課題 (特集 在宅ケアにおける倫理を考える)
    麻原 きよみ
    日本在宅ケア学会誌 11(2) 26-29 2008年02月
  • Face2008 麻原きよみさん--聖路加看護大学教授
    麻原 きよみ
    月刊地域保健 39(1) 1-5 2008年01月
  • タイにおけるヘルスプロモーションとコミュニティーナースの役割および機能(国際交流セミナー,第10回日本地域看護学会学術集会報告)
    ヌンタボット カニタ, 麻原 きよみ
    日本地域看護学会誌 10(1) 21-25 2007年10月
  • I 会員アンケート調査結果報告(地域看護の革新-これからの学会の役割,10周年記念事業シンポジウム,第10回日本地域看護学会学術集会報告)
    麻原 きよみ
    日本地域看護学会誌 10(1) 13-14 2007年10月
  • 在宅高齢者を看取る家族を支援した訪問看護師の看護観
    小野 若菜子, 麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 27(2) 34-42 2007年06月
  • 鼎談 特定健診・特定保健指導とポピュレーションアプローチ--従来の保健師活動の中に、どう位置づけるか?
    麻原 きよみ, 津下 一代, 藤内 修二
    月刊地域保健 38(5) 6-43 2007年05月
  • 鼎談 特定健診・特定保健指導とポピュレーションアプローチ
    麻原きよみ、津下一代、藤内修二
    地域保健 38(5) 6-43 2007年05月
  • 訪問看護ステーションのカンファレンスで活用するための事例提供ツールの開発と評価
    竹森 志穂, 麻原 きよみ
    日本在宅ケア学会誌 10(2) 99-106 2007年02月
  • 日本の地域看護実践へ向けたCBPRの適用と課題 (焦点 Community-Based Participatory Research--患者・家族・市民とともに創る研究)
    麻原 きよみ
    看護研究 39(2) 99-102 2006年03月
  • ディスカッション 看護職と患者・家族・市民が研究を協働するために (焦点 Community-Based Participatory Research--患者・家族・市民とともに創る研究)
    小松 浩子, 小陽 美紀, 麻原 きよみ
    看護研究 39(2) 113-120 2006年03月
  • Community-Based Participatory Researchに関する文献レビュー (焦点 Community-Based Participatory Research--患者・家族・市民とともに創る研究)
    酒井 昌子, 宮崎 紀枝, 麻原 きよみ
    看護研究 39(2) 121-134 2006年03月
  • 欧米における保健師活動の主要なモデル (焦点 目的重視型保健師活動モデルの開発過程とその成果)
    麻原 きよみ, 大森 純子
    看護研究 38(6) 453-460 2005年09月
  • 「目的重視型保健師活動モデル」開発目的とそのプロセス (焦点 目的重視型保健師活動モデルの開発過程とその成果)
    村嶋 幸代, 田口 敦子, 麻原 きよみ
    看護研究 38(6) 437-442 2005年09月
  • エスノグラフィー (特集 新しい研究法をめぐって--質的研究)
    麻原 きよみ
    保健の科学 47(5) 329-334 2005年05月
  • 特定集団の人々が共有するルールを探究する : 看護の対象となる人々の実践知と研究者および実践が得るもの
    麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 24(1) 84-86 2004年04月
  • 看護に活かすナラティヴ・アプローチ
    藤原 顕, 縄 秀志, 井部 俊子, 太田 喜久子, 麻原 きよみ
    日本看護学教育学会誌 13(3) 2004年03月
  • グループ活動が地域に発展するための理論・技術 (焦点 グループ支援のための理論・技術・評価--地域看護に焦点を当てて)
    麻原 きよみ, 加藤 典子, 宮崎 紀枝
    看護研究 36(7) 573-587 2003年11月
  • 介護保険サービス利用に関する高齢者の意思決定に関わる問題―訪問看護師の意識調査から―
    麻原きよみ、百瀬由美子
    日本地域看護学会誌 5(2) 90-94 2003年
  • Long-Term Care Insurance in Japan: Its framework, issues and roles
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Sachiyo Murashima
    Disease Management and Health Outcomes 11(12) 769-777 2003年
  • Family Caregiving of the Elderly and Long-Term Care Insurance in Rural Japan
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Sachiyo Murashima
    International Journal of Nursing Practice 8(3) 167-172 2002年
  • 在宅酸素療法患者の食事指導のあり方に関する研究--プロトコール作成と実施の試み (特集 テクノロジーの変化とケア:在宅酸素療法(HOT)患者に焦点を当てて)
    大久保 いく子, 麻原 きよみ
    Quality nursing 7(11) 927-937 2001年11月
  • The Relationship of Social Norms to Use of Services and Caregiver Burden in Japan
    Kiyomi Asahara, Yumiko Momose, Sachiyo Murashima, Noriko Okubo, Joan K. Magilvy
    Journal of Nursing Scholarship  33(4) 375-380 2001年
  • 高齢者のエンパワーメント : 文化的見地からのアプローチ(シンポジウム「高齢者のヘルスプロモーションを支える看護の現状と課題」,<特集>日本老年看護学会第4回学術集会)
    麻原 きよみ
    老年看護学 : 日本老年看護学会誌 : journal of Japan Academy of Gerontological Nursing 5(1) 20-25 2000年11月
  • 健康福祉文化の創造をめざした小地域単位の取り組み : 松本市福祉ひろば利用者と一般住民の意識調査の比較
    百瀬 由美子, 麻原 きよみ, 大久保 功子
    日本看護研究学会雑誌 23(3) 2000年06月
  • 在宅酸素療法患者の食事の意味に関する質的分析
    麻原きよみ,大久保いく子,小西恵美子,征矢野あや子
    看護研究  33(63) 321-329 2000年06月
  • 特集 新春座談会 保健婦活動とエビデンス
    永井 正規, 麻原 きよみ, 久道 由美
    月刊地域保健 31(1) 4-55 2000年01月
  • 一過疎農山村における家族介護者の老人介護と農業両立の意味に関する記述的研究
    麻原きよみ
    日本看護科学会誌  19(1) 1-12 1999年
  • 改訂版世間体スケールと介護負担感および、保健・福祉・看護サービス利用との関係
    百瀬 由美子, 麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 17(3) 232-233 1997年12月
  • 臨床検査データの看護業務への活用度に関する研究
    鈴木 真理子, 太田 勝正, 大久保 いく子, 前田 樹海, 征矢野 あや子, 麻原 きよみ, 小西 恵美子
    日本看護研究学会雑誌 20(3) 1997年06月
  • 大腿骨頚部骨折を経験した高齢者の退院後のADLを予測する試み
    征矢野 あや子, 太田 勝正, 大久保 いく子, 鈴木 真理子, 前田 樹海, 麻原 きよみ, 小西 恵美子
    日本看護研究学会雑誌 20(3) 1997年06月
  • 地域ケアシステムを構築した際に保健婦がもちいた能力
    岡田 麻里, 村嶋 幸代, 麻原 きよみ
    日本公衆衛生雑誌 44(4) 309-321 1997年04月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究(その4) : 経験年数10年以上の能力に焦点をあてて
    柳沢 節子, 小松 万喜子, 山崎 章恵, 三上 れつ, 麻原 きよみ
    日本看護科学会誌 16(2) 280-281 1996年12月
  • 看護実践能力の獲得に関する研究 第2報 : 自己評価・他者評価の比較
    小松 万喜子, 山崎 章恵, 三上 れつ, 柳沢 節子, 麻原 きよみ
    日本看護学教育学会誌 6(2) 1996年07月
  • 幼児の気質と発達に関する研究-2-発達の遅れと気質の関連性
    麻原 きよみ, 村嶋 幸代, 飯田 澄美子
    日本公衆衛生雑誌 39(11) p839-847 1992年11月
  • 幼児の気質と発達に関する研究-1-幼児の気質と母親の認知,養育環境の相互関連性
    麻原 きよみ, 村嶋 幸代, 飯田 澄美子
    日本公衆衛生雑誌 39(9) p696-706 1992年09月
  • 看護学生の外科看護のイメージに関する研究(第1報): 臨床実習前のイメージと関連する要因の分析
    麻原 きよみ, 山崎 章恵, 室田 法子
    紀要 18 31-42 1992年
    We investigated two areas; (1) the attitude of nursing students toward their surgical nursing courses before beginning practices, and (2) the relationship between their attitude toward this course and their previous personal experience with surgery. Sixty-seven nursing students participated in this study. Twenty-three different words and 10 different colors were presented to students. Each student answered how each word or color corresponded to her attitude toward her surgical nursing course using a scale of 1 to 5. We also surveyed the background of each student to: (1) admission to hospital and/or surgery on herself or a family member, (2) duration of attending meetings in a surgical ward, (3) degree of self-confidence in nursing skill, (4) previous grade in surgical nursing course, (5) degree of self-esteem, and (6) lifestyle. Using factor analysis, We found five factors which were combined in students' attitudes toward their surgical course : (1) fearful and difficult (factor 1); (2) favorite (factor 2); (3) too fast and hard (factor 3); (4) uncomfortable (factor 4); and (5) gentle and human but negative (factor 5). High self-esteem correlated with factor 1 (P<0.01). Lifestyle correlated with factor 1 (P<0.01) and with factor 3 (P<0.05). Factor 4 correlated with a low grade on a previous surgical nursing course (P<0.01). We concluded that our students had negative attitudes toward their surgical nursing couses before practice and that these negative attitude related to previous lifestyle, a low grade in a previous surgical nursing course, or a high degree of self-esteem.
  • 3週間の精神科看護実習における体験過程 : 学生の自己評価からみた患者・自己・関わり方の理解の変化
    近藤 浩子, 内藤 哲雄, 麻原 きよみ, 大柴 弘子
    紀要 18 43-55 1992年
    The purpose of this study was to evaluate the improvement of students' level of understanding during the three weeks of psychiatric nursing practice. Weekly eighty students evaluated themselves on their self-awareness, their comprehension of patient behavior and the quality of the therapeutic relationship. As a result of this self-evaluation system, according to the students, their level of understanding improved in all three areas after three weeks. T-test comparisons of students' level of understanding after the three weeks indicated significant differences. However, the rate and degree of improvement varied. We concluded as follows; (1) students' self-awareness developed from the initial self-conscious stage to a greater awareness of others' perception of their behavior, and then on to an objective, professional attitude and performance, (2) the comprehension of patient behavior evolved from a superficial observation of the patient to a more empathetic awareness of the patient's values, motivation, and the nature of the patient's illness, and (3) the quality of the therapeutic relationship changed from concern about the patients' feelings in general, to a more constructive approach to create a comfortable atomosphere, responding to each patient's needs.

受賞

  • 2016年01月 日本公衆衛生看護学会学術集会 優秀ポスター賞
  • 2014年11月 日本看護科学学会 学術論文優秀賞
  • 2010年07月 日本地域看護学会 奨励論文賞
  • 2007年11月 The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing Poster Award
  • 2000年 日本公衆衛生学会奨励賞
  • 2004年 日本看護科学学会学術論文奨励賞

競争的資金

  • 保健師の基礎・現任教育のための体系的かつ実効性のある放射線教育モデルの構築と検証
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2015年 - 2018年  代表者:麻原 きよみ
  • 保健師による実際的な放射線防護文化のモデル開発・普及と検証:放射線防護専門家との協働によるアクションリサーチ
    環境省:環境省原子力災害影響調査事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)
    研究期間:2012年04月 - 2015年03月  代表者:麻原 きよみ
  • 「公衆衛生看護の倫理」教育のモデル構築と検証:カリキュラム・教育方法・教材の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2011年 - 2014年  代表者:麻原 きよみ
    本研究は、保健師教育機関(専修学校・学士課程・大学院)における「公衆衛生看護の倫理」教育のためのモデルカリキュラムと教育方法および教材を開発し、「公衆衛生看護の倫理」教育モデルを構築・検証することを目的としている。平成25年度は以下を行った。1.8つの単元から成る公衆衛生看護の倫理のモジュールを作成した。モジュールはイントロダクション(教育目的・目標、モジュールの活用方法、事例検討の方法等)、解説編(トピックに関する歴史、社会背景、重要な研究結果、健康指標、主要概念、多様な説・立場、文献等)、事例編(トピックに関連した事例、学習課題等)で構成される。2.国公私立の3大学37名の2-4年生の看護学生に対して、作成したモデルカリキュラムを実施し、教育目的・目的の達成度、学びの内容を分析し、実施評価を行った。
  • 保健師の倫理的実践に関わる自治体行政組織のエスノグラフィー
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間:2010年 - 2012年  代表者:麻原 きよみ
    保健師の倫理的実践に関わる自治体行政組織の文化を記述することを目的とした。2 つの行政組織においてインタビュー、参加観察、資料の検討を行い、内容分析を行った。その結果、行政組織文化は、行政組織人として業務を行政組織上の手続きに基づいて忠実に遂行することであり、保健師集団文化は、 専門職として住民の健康・安寧を目的とし、専門知識・技術を用いて活動することであった。2 つの文化が相互作用するとき認識のずれが生じ、保健師の倫理的実践に影響していた。保健師と行政職は互いに異なる文化にあることを認識し、協働できる組織文化を創造していく必要がある。
  • 地域看護における体系的倫理教育ラダーの開発と評価
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間:2007年 - 2010年  代表者:麻原 きよみ
    地域看護職を対象とした体系的倫理教育ラダーとそれに基づく倫理教育プログラムを開発することを目的に、(1)インタビューと質問紙調査を実施し、地域看護職が実践で遭遇する倫理的課題と頻度、倫理的能力の構成要素と倫理教育の学習経験、実践における判断に影響した経験、倫理的実践に関わる支援環境及び経験年数や職位等との関連を分析した。(2)(1)の結果から暫定版倫理教育ラダーとそれに基づく倫理教育プログラムを作成し、プログラムの試行・評価から、最終版体系的倫理教育ラダーと倫理教育プログラムを作成した。
  • 保健師基礎教育における技術項目と卒業時の到達目標に関する研究
    厚生労働省:厚生労働科学特別研究事業
    研究期間:2007年  代表者:麻原 きよみ
  • 地域看護における倫理教育プログラムの開発と評価
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間:2004年 - 2006年  代表者:麻原 きよみ
    目的:看護基礎教育、および保健師と訪問看護師の現任教育に活用可能な「地域看護における倫理教育プログラム」を開発および評価する。方法:研究は4段階を経て行った。すなわち、1)文献および先進校の視察、保健師と訪問看護師への倫理的問題に関する調査結果から、講義とグループワークによる事例検討(4ステップモデル)で構成する倫理教育プログラムを作成、2)学士課程学生(25名)、保健師(17名)、訪問看護師(30名)にプログラムを実施し、3)プログラムのアウトカム評価およびプロセス評価を行い、4)評価結果に基づきプログラムを修正した。結果:本プログラムにより、学士課程学生、保健師および訪問看護師共に教育目標がほぼ達成された。また、本プログラムを通して、倫理的問題の日常性、多様な価値観を尊重することの重要性、倫理的課題の系統的検討の必要性などの認識の変化がみられた。さらに、Moral sensitivity Questionnaireで測定した倫理的感受性の高まりもみられた。一方で、保健師と訪問看護師においては、倫理に関する認識の変化と倫理的感受性に経験年数により違いがみられた。プログラム評価は概ね肯定的であったが、講義及び事例検討の時間が少ないとの意見もみられた。考察:本プログラムは地域看護領域における教育プログラムとして有用であり、実現可能性が高いプログラムであると考えられた。今後はさらにプログラムの内容や構成について検討を重ねると共に、継続プログラムも考える必要があるだろう。また、保健師と訪問看護師へのプログラムについては、経験年数に応じた倫理教育プログラムを開発していく必要があるだろう。
  • 家族相談看護部設置と地域との連携による家族支援のための包括的介入研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間:2001年 - 2003年  代表者:麻原 きよみ
    医療施設における、地域と連携した家族支援システムのあり方を検討することを目的とし、病院に入院・通院する患者家族45名の生活困難に関する調査、医療施設と地域の看護管理者333名の家族支援に関する調査、国内外の視察研修、事例検討等を行ない、以下のことが明らかとなった。1.家族は時間、空間、手段、経済、関係および文化のすべての側面に困難を抱えていた。また、医療者や近隣、職場、同室者および他の家族に気遣いながら、患者を支えたいという思いだけで世話をしており、誰からも支援されていない状況にあった。2.医療施設および地域の看護管理者の多くが家族支援を行なっていると回答していたが、医療施設に比べ、地域の看護職の支援割合および肯定的な評価が高かった。また、医療施設の看護師は家族を患者の背景としてとらえていたが、地域看護職は患者同様、ケアの対象としてとらえ、実際に家族全体を対象とした調整を行なっていた。3.国外の家族ケアの先進施設では、病棟に専任の看護師のケースマネジャーを配置し、患者・家族に入院から退院までかかわり、施設内の関係職種間の調整や、退院教育とその確認、退院計画の立案と地域看護職との連携を行なっていた。国内の施設では、退院支援部門が設置され、入院当初から退院後の生活に問題が予測された患者・家族を支援し、地域と連携しながら退院支援を行なっていた。4.1から3の結果から、医療施設における家族支援の形態として、(1)施設内の家族支援相談室における支援、(2)病院の退院支援部門における家族相談および支援、(3)病棟のケースマネジャーによる家族支援、が考えられ、事例検討等を通して3つのシステムの有効性と課題を検討した。以上から、医療施設における家族支援システムの一形態として病棟単位の看護師のケースマネジャーのシステムを提案した。また今後の家族支援のための政策について提言した。
  • 農材文化に基づく看護活動に関する民族誌学的研究-農村看護モデルの構築をめざして-
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間:1997年 - 1999年  代表者:麻原 きよみ
    本研究は、農村に特有な看護活動はどのようなものか、保健婦は農村における活動をどのようにとらえているのかを探求することを目的とし、農村地域に勤務する24名の保健婦にエスノグラフィックインタビューを行い、質的に分析した。その結果、以下のことが明らかとなった。1.農村地域は、「伝統的な価値・規範」を保有する一方で、急激な「生活の変化」がみられた。2.農村地域住民と保健婦との関係性として、「保健婦と地域とのつながりの強さ」がみられた。3.農村地域看護活動として、「町村全体を対象とする」、「企画から実践まで行う」、「地域の中にシステムをつくる」、「人と機関、施設とつながりをつくる」、「実態を見る」、および「即、実践する」がみられ、これらの活動に共通する実践の全体志向性、住民密着性、即応性、創造性、多面性といった性質が抽出され、農村地域看護活動の特性および農村保健婦に必要な能力を示した。4.農村地域看護活動で中核をなす「人、機関、施設とつながりをつくる」活動には、「地域住民とつながりをつくる方法」、「関係職員・専門職とつながりをつくる方法」、「個人・家族とつながりをつくる方法」、「事業を行う際につながりをつくる方法」、「地域の中につながりをつくる活動」がみられ、これらの活動の実践の段階に農村地域のみに特有な具体的な看護活動および方法がみられた。5.農村地域看護活動に対する保健婦の認識として、「保健婦の活動理念」、「保健婦の達成感/やりがい」、「農村保健婦であることの不利」、「保健婦の正義感:町のために、住民のために」、「責任の自覚」、「向上心」が抽出され、「保健婦と地域のつながりの強さ」が農村地域の「保健婦の達成感、やりがい」を高めていた。以上のことから、効果的な農村看護実践のために、農村地域看護活動の実践知を帰納的に抽出して知識を蓄積し、体系化することの重要性を考察した。
  • 地域看護職の倫理的課題に関する研究
  • Community-Based Participatory Research(CBPR)を用いた研究手法の開発
  • 質的研究による実践知の解明に関する調査

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 地域看護論(学部) (聖路加国際大学)
  • 地域看護学特論・演習 (聖路加国際大学)
  • コミュニティ論 (聖路加国際大学)
  • 看護倫理(大学院) (聖路加国際大学)