詳細検索はこちら

米倉 佑貴 ヨネクラ ユウキ

所属・職名:看護情報学  助教
連絡先:yyonekura[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL:https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000050583845/ 
更新日: 20/07/04 05:06

研究者基本情報

学位

  • 博士(保健学)

学歴

  • 2007年04月- 2011年03月東京大学 医学系研究科
  • 2005年04月- 2007年03月東京大学大学院 医学系研究科
  • 2003年04月- 2005年03月東京大学 医学部

経歴

  • 2016年04月- 現在聖路加国際大学 大学院看護学研究科 助教
  • 2014年04月- 2016年03月岩手医科大学 衛生学公衆衛生学講座 助教
  • 2011年東京大学 社会科学研究所 その他

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • 人文・社会 / 社会福祉学

論文

  • HIV陽性者の子どもを持つことへの思いと医療機関における相談・情報提供の実状
    細川陸也, 井上洋士, 戸ヶ里泰典, 阿部桜子, 片倉直子, 若林チヒロ, 大木幸子, 山内麻江, 塩野徳史, 米倉佑貴, 大島岳, 高久陽介
    日本エイズ学会誌(in press) 22(2) 2020年05月 [査読有り]
  • Development and validation of Nurse Managers' Empowering Behavioral Scale for staff nurses.
    Miki Sasaki, Yasuko Ogata, Noriko Morioka, Yoshie Yumoto, Yuki Yonekura
    Nursing open 7(2) 512-522 2020年03月 [査読有り]
    Aim: In this study, we developed and verified the Nurse Managers' Empowering Behavioral Scale for Staff Nurses (NMEB-SN). Design: A cross-sectional survey. Methods: The NMEB-SN was developed based on the staff nurses' perspectives. Nurses working in 10 hospitals in Japan were surveyed using a questionnaire to test the scale's validity using construct and criterion-related validity and reliability using internal consistency and test-retest method. There were 1,146 eligible participants included in the process. Results: The scale items resulted in five subscales comprising of 48 items altogether. The goodness-of-fit indices for confirmatory factor analysis were CFI = 0.903 and RMSEA = 0.076. The correlation with external criteria for criterion-related validity was near the expected standard. Further, Cronbach's α coefficient was 0.95-0.97 for each subscale and 0.99 for the overall scale. The reliability and validity of the developed NMEB-SN were verified for staff nurses in Japan.
  • 看護師長がマネジメントにおいて感じる困難とその内容および精神的健康との関連
    緒方 泰子, 米倉 佑貴, 武冨 貴久子, 佐藤 可奈, 佐藤 紀子
    日本医療・病院管理学会誌 56(Suppl.) 192-192 2019年10月 [査読有り]
  • ディシジョン・エイドの質基準から見た説明文書の現状と課題: 治験関係者へのインタビュー調査を含めて
    藤田 美保, 米倉 佑貴, 大坂 和可子, 中山 和弘
    臨床薬理 50(6) 247-257 2019年 [査読有り]

    Background: A primary concern of clinical trials is the protection of subjects, which is part of the voluntary consent process. However, the issues regarding informed consent, including the patients' lack of understanding of trials due to the complexity of informed consent documents (ICDs), continues to be debated. This study was conducted to determine the current state and issues of ICDs using the quality standards of Decision Aid (DA), as a basis for developing DAs for trials.

    Methods: ① Two independent evaluators assessed 20 ICDs using the quality of decision-making parameters (DQ standards). The evaluation was based on a two-point scale. ② Semi-structured interviews were conducted with 16 stakeholders. The interview contents were categorized and analyzed per the DQ standards domains.

    Results: The evaluation of ICDs revealed that more than half of the forms contained insufficient information required for good quality decision-making. The interviews also showed similar results, a predominantly negative opinion toward ICDs, and concerns about the neutrality of explanations provided by the medical staffs.

    Conclusion: Existing ICDs may not be useful for good-quality decisions. Results suggested the following need to be addressed for good-quality decision-making for clinical trial participation: a more precise delineation between participation and non-participation, a correct comprehension and interpretation of numerical information about trials, and think about what matters most to patients, neutral decision support. Therefore, it is necessary to develop DAs based on these results.

  • 「Futures Japan HIV陽性者のためのウェブ調査」継続回答者の特徴の検討
    米倉佑貴, 戸ヶ里泰典, 高久陽介, 若林チヒロ, 細川陸也, 塩野徳史, 片倉直子, 山内麻江, 大島岳, 大木幸子, 阿部桜子, 河合薫, 渡邊淳子, 梅沢寛子, 井上洋士, 井上洋士
    日本エイズ学会誌 20(4) 602-602 2018年11月
  • 看護師長のリーダーシップとスタッフ看護師のエンパワーメントの関係 文献検討
    佐々木 美樹, 湯本 淑江, 森岡 典子, 米倉 佑貴, 上野 治香, 緒方 泰子
    日本医療・病院管理学会誌 55(3) 133-142 2018年07月
    看護師長のリーダーシップとスタッフ看護師のエンパワーメントの関係に関する先行研究のうちの量的研究について、スタッフ看護師をエンパワーする看護師長のリーダーシップと、スタッフ看護師のエンパワーメント、両者の関係性を明らかにすることを目的に文献検討を行った。結果、英文18文献が抽出された。看護師長のリーダーシップ、スタッフ看護師のエンパワーメントともにどのように着目するかは先行研究によって異なっていたが、共通して看護師長のリーダーシップはスタッフ看護師をエンパワーしていた。(著者抄録)
  • Social Capital and Dietary Intakes Following the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
    Goryoda S, Nishi N, Shimoda H, Yonekura Y, Sakata K, Kobayashi S, Ogawa A, Kawachi I
    Journal of epidemiology 2018年07月 [査読有り]
  • Reliability and validity of the practice environment scale of the nursing work index for Japanese hospital nurses.
    Yasuko Ogata, Miki Sasaki, Yoshie Yumoto, Yuki Yonekura, Midori Nagano, Katsuya Kanda
    Nursing open 5(3) 362-369 2018年07月 [査読有り]
    Aims: The aim of this study was to examine the reliability and validity of the Practice Environment Scale of the Nursing Work Index (PES-NWI) for hospital nurses in Japan. Design: A cross-sectional mail survey. Methods: Participants in this study were 1,219 full-time ward nurses from 27 hospitals in Japan, using 31 items of the Japanese version of the PES-NWI questionnaire, from December 2008-March 2009. Construct validity, criterion-related validity and internal consistency of the PES-NWI were tested. Results: The PES-NWI showed reliable internal consistency. The five-factor structure was supported by confirmatory factor analysis. The PES-NWI correlated significantly with job satisfaction, burnout and the nurses' intention to stay on the job, supporting criterion-related validity.
  • Reliability and validity of a 12-item medication adherence scale for patients with chronic disease in Japan.
    Ueno H, Yamazaki Y, Yonekura Y, Park MJ, Ishikawa H, Kiuchi T
    BMC health services research 18(1) 592 2018年07月 [査読有り]
  • Association between health risks and frailty in relation to the degree of housing damage among elderly survivors of the great East Japan earthquake.
    Tsubota-Utsugi M, Yonekura Y, Tanno K, Nozue M, Shimoda H, Nishi N, Sakata K, Kobayashi S, RIAS study
    BMC geriatrics 18(1) 133 2018年06月 [査読有り]
  • The urine albumin-creatinine ratio is a predictor for incident long-term care in a general population.
    Takahashi S, Tanaka F, Yonekura Y, Tanno K, Ohsawa M, Sakata K, Koshiyama M, Okayama A, Nakamura M
    PloS one 13(3) e0195013 2018年 [査読有り]
  • Factors associated with deaths in 'Elderly Housing with Care Services' in Japan: a cross-sectional study
    Kentaro Sugimoto, Yasuko Ogata, Masayo Kashiwagi, Haruka Ueno, Yoshie Yumoto, Yuki Yonekura
    BMC PALLIATIVE CARE 16(1) 58 2017年11月 [査読有り]
    Background: Although the Japanese government has expanded its 'Elderly Housing with Care Services' (EHCS) to ensure sufficient places of death for the elderly, resident deaths have occurred in less than 30% of the facilities. Our purpose was to identify the factors associated with residents' deaths in the EHCS, especially within the areas that are expected to have a large increase in the number of deaths. Methods: Our cross-sectional study involved all EHCS (N = 412) in Japan's Tokyo, Kanagawa prefecture and used self-administered questionnaire data that the EHCS directors completed. In addition, we accessed the national statistics related to the municipal characteristics of the cities where the EHCS were located. These sources provided information about health care provision for the residents as well as facility/resident/regional characteristics that could potentially be associated with residents' deaths in the EHCS. Based on this information, a sequential multiple logistic regression analysis was performed. First, we included in-facility health care provision (presence of nursing staff) and facility/residents/regional characteristics in Model 1. Next, visiting nurse agency's care provision was included in Model 2. Finally, we included community hospitals or clinical care provision in Model 3. Results: One hundred and fifty-four facilities answered the questionnaire (response rate: 37.4%). A total of 114 facilities were analysed. In-facility residents' deaths occurred in more than half (54.4%) of the facilities. After adjusting for all variables (Model 3), end-of-life (EOL) care provision from community hospitals or clinics, the number of years since establishment and the number of residents were significantly associated with residents' deaths. In Model 2, visiting nurse's EOL care provision was significantly associated with residents' death. Conclusion: Our results suggest that in order to accommodate residents' deaths, the government or the facility's directors should promote the cooperation between EHCS facilities and community hospitals or clinics for in-residents' EOL care. Furthermore, as the results suggest that community nurses contribute to the occurrences of death by collaborating with the physician, promoting cooperation with visiting nurse agencies may be also needed.
  • 健康生成力概念SOCに関する全国総合調査(第1報) SOCと社会経済的地位
    戸ヶ里 泰典, 横山 由香里, 米倉 佑貴, 中山 和弘, 竹内 朋子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 76回 406-406 2017年10月 [査読有り]
  • 健康生成力概念SOCに関する全国総合調査(第2報) SOCと社会関係・社会参加
    横山 由香里, 戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 中山 和弘, 竹内 朋子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 76回 406-406 2017年10月 [査読有り]
  • 健康生成力概念SOCに関する全国総合調査(第3報) SOCとストレス・精神健康
    米倉 佑貴, 戸ヶ里 泰典, 横山 由香里, 中山 和弘, 竹内 朋子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 76回 407-407 2017年10月 [査読有り]
  • 若年女性における喫煙の健康影響の知識とライフコースの見通しとの関連
    北 奈央子, 根志 繭子, 萩原 加奈子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本公衆衛生学会総会抄録集 76回 420-420 2017年10月 [査読有り]
  • 若年女性における性感染症に関する知識・予防行動とライフコースの見通しの関連
    萩原 加奈子, 根志 繭子, 北 奈央子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本公衆衛生学会総会抄録集 76回 589-589 2017年10月 [査読有り]
  • Risk of stroke and heart failure attributable to atrial fibrillation in middle-aged and elderly people: Results from a five-year prospective cohort study of Japanese community dwellers
    Masaki Ohsawa, Tomonori Okamura, Kozo Tanno, Kuniaki Ogasawara, Kazuyoshi Itai, Yuki Yonekura, Kazuki Konishi, Shinichi Omama, Naomi Miyamatsu, Tanvir Chowdhury Turin, Yoshihiro Morino, Tomonori Itoh, Toshiyuki Onoda, Kiyomi Sakata, Yasuhiro Ishibashi, Shinji Makita, Motoyuki Nakamura, Fumitaka Tanaka, Toru Kuribayashi, Mutsuko Ohta, Akira Okayama
    JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY 27(8) 360-367 2017年08月 [査読有り]
    Background: The relative and absolute risks of stroke and heart failure attributable to atrial fibrillation (AF) have not been sufficiently examined. Methods: A prospective study of 23,731 community-dwelling Japanese individuals was conducted. Participantswere divided into two groups based on the presence or absence of prevalent AF (n = 338 and n = 23,393, respectively). Excess events (EE) due to AF and relative risks (RRs) determined using the non-AF group as the reference for incident stroke and heart failurewere estimated using Poisson regression stratified by age groups (middle-aged: 40-69 years old; elderly: 70 years of age or older) after adjustment for sex and age. Results: There were 611 cases of stroke and 98 cases of heart failure during the observation period 131,088 person-years). AF contributed to a higher risk of stroke both in middle-aged individuals (EE 10.4 per 1000 person-years; RR4.88; 95% confidenceinterval [CI], 2.88-8.29) andelderlyindividuals (EE18.3per1000 personyears; RR 3.05; 95% CI, 2.05-4.54). AFalso contributed to a higher risk of heart failure in middle-aged individuals (EE 3.7 per 1000 person-years; RR 8.18; 95% CI, 2.41-27.8) and elderly individuals (EE 15.4 per 1000 personyears; RR 7.82; 95% CI, 4.11-14.9). Results obtained from multivariate-adjusted analysis were similar (stroke: EE 8.9 per 1000 person-years; RR 4.40; 95% CI, 2.57-7.55 inmiddle-aged and EE 17.4 per 1000 person-years; RR 2.97; 95% CI, 1.99-4.43 in elderly individuals; heart failure: EE 3.1 per 1000 person-years; RR 7.22; 95% CI, 2.06e25.3 in middle-aged and EE 14.1 per 1000 person-years; RR 7.41; 95% CI, 3.86-14.2 in elderly individuals). Conclusions: AF increased the risk of stroke by the same magnitude as that reported previously in Western countries. AF increased the RR of heart failure more than that in Western populations. (C) 2017 The Authors. Publishing services by Elsevier B.V. on behalf of The Japan Epidemiological Association.
  • 若年女性におけるライフコースを通して影響する健康知識・行動と関連する情報源
    北 奈央子, 根志 繭子, 萩原 加奈子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 105-105 2017年06月 [査読有り]
  • 若年女性における健康行動のライフコースを通した健康影響に関する知識の状況
    萩原 加奈子, 根志 繭子, 北 奈央子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 157-157 2017年06月 [査読有り]
  • The relationship between work engagement and psychological distress of hospital nurses and the perceived communication behaviors of their nurse managers: A cross-sectional survey
    Keiko Kunie, Norito Kawakami, Akihito Shimazu, Yuki Yonekura, Yuki Miyamoto
    INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING STUDIES 71 115-124 2017年06月 [査読有り]
    Background: Communication between nurse managers and nurses is important for mental health of hospital nurses. Objective: The aim of the present study was to investigate the relationship between managers' communication behaviors toward nurses, and work engagement and psychological distress among hospital nurses using a multilevel model. Design: The present study was a cross-sectional questionnaire survey. Settings: The participants were nurses working at three hospitals in Japan. Participants: A total of 906 nurses from 38 units participated in the present study. The units with small staff sizes and participants with missing entries in the questionnaire were excluded. The data for 789 nurses from 36 questionnaire survey units were analyzed. Method: A survey using a self-administered questionnaire was conducted. The questionnaire asked staff nurses about communication behaviors of their immediate manager and their own levels of work engagement, psychological distress, and other covariates. Three types of manager communication behaviors (i.e., direction-giving, empathetic, and meaning-making language) were assessed using the Motivating Language scale; and the scores of the respondents were averaged for each unit to calculate unit-level scores. Work engagement and psychological distress were measured using the Utrecht Work Engagement Scale and the K6 scale, respectively. The association of communication behaviors by unit level managers with work engagement and psychological distress among nurses was analyzed using two-level hierarchical linear modeling. Results: The unit-level scores for all three of the manager communication behaviors were significantly and positively associated with work engagement among nurses (p < 0.05). This association was smaller and non-significant after adjusting for the psychosocial work environment. The individual levels of all three of the manager communication behaviors were also significantly and positively associated with work engagement (p < 0.05). None of the three manager communication behaviors was significantly associated with psychological distress (p > 0.05). Conclusion: Motivating language by unit-level managers might be positively associated with work engagement among hospital nurses, which is mediated through the better psychosocial work environment of the unit. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 思春期における家族機能と成人期以降のSense of Coherenceとの関連 横断デザインによる全国調査データより
    戸ヶ里 泰典, 中山 和弘, 横山 由香里, 米倉 佑貴, 山崎 喜比古
    保健医療社会学論集 28(特別) 46-46 2017年05月 [査読有り]
  • Combined associations of physical activity and dietary intake with health status among survivors of the Great East Japan Earthquake
    Miho Nozue, Nobuo Nishi, Megumi Tsubota-Utsugi, Miki Miyoshi, Yuki Yonekura, Kiyomi Sakata, Seiichiro Kobayashi, Akira Ogawa
    ASIA PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION 26(3) 556-560 2017年 [査読有り]
    Background and Objectives: Each of the effects of physical activity and dietary intake on health is well known, but combined associations of physical activity and dietary intake on health has not been reported yet. Physical activity and dietary intake are key factors for maintaining health of survivors of the Great East Japan Earthquake in 2011. This study aimed to examine combined associations of physical activity and dietary intake with survivors' health status. Methods and Study Design: We used data from 6668 participants of a cross-sectional survey taken 3 years (2013) after the disaster. To evaluate combined associations of physical activity and dietary intake, answers to questions regarding these two variables were categorized into four groups: poor physical activity and poor dietary intake (Group 1), poor physical activity and good dietary intake (Group 2), good physical activity and poor dietary intake (Group 3), and good physical activity and good dietary intake (Group 4). Multiple logistic regression analyses were performed by sex, with good self-rated health and good mental health as dependent variables, and age, place of residence, living conditions and physical activity/dietary intake group (with Group 1 as the reference category) as independent variables. Results: Good self-rated health was associated with age in both sexes, and Groups 3 (male: odds ratios (ORs) 1.84 (95% confidence intervals (95% CIs) 1.32-2.57), female: OR 1.82 (95% CI 1.32-2.51)) and 4 (male: OR 1.96 (95% CI 1.39-2.76), female: OR 1.94 (95% CI 1.42-2.64)). Good mental health was associated with Groups 3 (OR 1.48 (95% CI 1.10-1.97)) and 4 (OR 1.86 (95% CI 1.37-1.97)) for male respondents; and living place (other than temporary housing) (OR 1.45 (95% CI 1.26-1.68)) was associated with Group 4 (OR 1.42 (95% CI 1.09-1.85)) for female respondents. Conclusions: Good physical activity alone or combined with good dietary intake was associated with good self-rated health and good mental health. Further interventions regarding physical activity and dietary intake are needed to improve the health status of survivors.
  • Weight Gain in Survivors Living in Temporary Housing in the Tsunami-Stricken Area during the Recovery Phase following the Great East Japan Earthquake and Tsunami
    Shuko Takahashi, Yuki Yonekura, Ryohei Sasaki, Yukari Yokoyama, Kozo Tanno, Kiyomi Sakata, Akira Ogawa, Seichiro Kobayashi, Taro Yamamoto
    PLOS ONE 11(12) e0166817 2016年12月 [査読有り]
    Introduction Survivors who lost their homes in the Great East Japan Earthquake and Tsunami were forced to live in difficult conditions in temporary housing several months after the disaster. Body weights of survivors living in temporary housing for a long period might increase due to changes in their life style and psychosocial state during the medium-term and long-term recovery phases. The aim of this study was to determine whether there were differences between body weight changes of people living in temporary housing and those not living in temporary housing in a tsunami-stricken area during the medium-term and long-term recovery phases. Materials and methods Health check-ups were performed about 7 months after the disaster (in 2011) and about 18 months after the disaster (in 2012) for people living in a tsunami-stricken area (n = 6,601, mean age = 62.3 y). We compared the changes in body weight in people living in temporary housing (TH group, n = 2,002) and those not living in temporary housing (NTH group, n = 4,599) using a multiple linear regression model. Results While there was no significant difference between body weights in the TH and NTH groups in the 2011 survey, there was a significant difference between the mean changes in body weight in both sexes. We found that the changes in body weight were significantly greater in the TH group than in the NTH group in both sexes. The partial regression coefficients of mean change in body weight were +0.52 kg (P-value < 0.001) in males in the TH group and +0.56 kg (P-value < 0.001) in females in the TH group (reference: NTH group). Conclusion Analysis after adjustment for life style, psychosocial factors and cardiovascular risk factors found that people living in temporary housing in the tsunami-stricken area had a significant increase in body weight.
  • 医学部学生、日本人一般住民、海外のヘルスリテラシーの比較
    米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本健康教育学会誌 24(Suppl.) 93-93 2016年05月 [査読有り]
  • Standardized Prevalence Ratios for Atrial Fibrillation in Adult Dialysis Patients in Japan
    Masaki Ohsawa, Kozo Tanno, Tomonori Okamura, Yuki Yonekura, Karen Kato, Yosuke Fujishima, Wataru Obara, Takaya Abe, Kazuyoshi Itai, Kuniaki Ogasawara, Shinichi Omama, Tanvir Chowdhury Turin, Naomi Miyamatsu, Yasuhiro Ishibashi, Yoshihiro Morino, Tomonori Itoh, Toshiyuki Onoda, Toru Kuribayashi, Shinji Makita, Yuki Yoshida, Motoyuki Nakamura, Fumitaka Tanaka, Mutsuko Ohta, Kiyomi Sakata, Akira Okayama
    JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY 26(5) 272-276 2016年05月 [査読有り]
    Background: While it is assumed that dialysis patients in Japan have a higher prevalence of atrial fibrillation (AF) than the general population, the magnitude of this difference is not known. Methods: Standardized prevalence ratios (SPRs) for AF in dialysis patients (n = 1510) were calculated compared to data from the general population (n = 26 454) living in the same area. Results: The prevalences of AF were 3.8% and 1.6% in dialysis patients and the general population, respectively. In male subjects, these respective values were 4.9% and 3.3%, and in female subjects they were 1.6% and 0.6%. The SPRs for AF were 2.53 (95% confidence interval [CI], 1.88-3.19) in all dialysis patients, 1.80 (95% CI, 1.30-2.29) in male dialysis patients, and 2.13 (95% CI, 0.66-3.61) in female dialysis patients. Conclusions: The prevalence of AF in dialysis patients was twice that in the population-based controls. Since AF strongly contributes to a higher risk of cardiovascular mortality and morbidity in the general population, further longitudinal studies should be conducted regarding the risk of several outcomes attributable to AF among Japanese dialysis patients.
  • Association between relocation and changes in cardiometabolic risk factors: a longitudinal study in tsunami survivors of the 2011 Great East Japan Earthquake
    Shuko Takahashi, Motoyuki Nakamura, Yuki Yonekura, Kozo Tanno, Kiyomi Sakata, Akira Ogawa, Seiichiro Kobayashi
    BMJ OPEN 6(5) e011291 2016年 [査読有り]
    Objectives The aim of this study is to determine changes in atherosclerotic cardiovascular risk factors with and without serious disaster-related mental and socioeconomic problems represented by relocation (REL). Design A longitudinal survey. Setting Multiphasic health check-ups for the general population affected by the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami. Participants A total 6528 disaster survivors in heavily tsunami-damaged municipalities were recruited. Two sequential surveys were conducted and the data were analysed. Main outcome measures Multiphasic health check-ups including investigation of lifestyle and psychological and socioeconomic measures were performed in two sequential phases (8 and 18months) after the disaster for tsunami survivors with REL (n=3160) and without REL (n=3368). Longitudinal changes in cardiometabolic risk factors between the two phases were compared in the REL and non-REL groups. Results In sex/age-adjusted analysis, we found increases in body weight and waist circumference between the two phases that were significantly greater in the REL group than in the non-REL group (body weight:+0.31 (0.23 approximate to 0.39) versus -0.24 (-0.32 approximate to-0.16) kg, p<0.001; waist circumference:+0.58 (0.48 approximate to 0.68) versus+0.05 (-0.05 approximate to 0.15) cm, p<0.001)). A decrease in serum HDLC levels was found and again was significantly greater in the REL group than in the non-REL group (-0.65 (-0.96 approximate to-0.34) versus -0.09 (-0.39 approximate to 0.21) mg/dL, p=0.009). In addition, deterioration in physical activity, mental health and socioeconomic status was more prevalent in the REL group than in the non-REL group (all p<0.001). Conclusions This study suggests that relocation after the devastating tsunami was related to weight gain and decreasing HDLC among survivors, and this change was associated with prolonged psychological distress and socioeconomic problems after the disaster.
  • 15歳時の心理社会的家庭環境と成人期以降のsense of coherence 全国サンプルの一般住民調査より
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 竹内 朋子, 米倉 佑貴
    日本看護科学学会学術集会講演集 35回 617-617 2015年11月 [査読有り]
  • Nurse health-related quality of life: associations with patient and ward characteristics in Japanese general acute care wards
    Yumiko Oyama, Yuki Yonekura, Hiroki Fukahori
    JOURNAL OF NURSING MANAGEMENT 23(6) 775-783 2015年09月 [査読有り]
    AimTo investigate the factors affecting nurse health-related quality of life (HRQOL) by considering the patient characteristics and ward characteristics. BackgroundNurse health-related quality of life is an important health outcome, and should be promoted for quality nursing care. MethodThis cross-sectional study was conducted on nurses who work in general acute care wards in three university hospitals in metropolitan Japan. Multilevel analysis was conducted to investigate possible factors related to nurse health-related quality of life. ResultNurses who worked at a ward had a significantly lower physical health score (=-0.13, P<0.01). These nurses had a higher ratio of patients who could not understand medical instructions, had cognitive disabilities, or required assistance with activities of daily living (ADL). The number of beds was the only factor significantly related to mental health status of nurses (=0.19, P<0.05). ConclusionWork conditions that sustain nurse health should take into account not only the number of nurses, but also patient characteristics. Further large-scale studies are needed in order to investigate the effect of hospital characteristics on nurse health-related quality of life. Implications for nursing managementIncreasing the number of nurses' aides and delegating assistance with ADL to them could support nurse health-related quality of life in the acute care setting.
  • A Japanese version of the Pearlin and Schooler's Sense of Mastery Scale
    Taisuke Togari, Yuki Yonekura
    SPRINGERPLUS 4 399 2015年08月 [査読有り]
    The aims of this research were to develop a Japanese version of Pearlin and Schooler's Sense of Mastery Scale (SOMS) and evaluate its reliability and validity. This survey targeted 4,000 men and women aged 25-74 living in Japan as of January 1, 2014, categorized them according to the region and size of the city in which they lived, randomly extracted 200 municipalities, and randomly extracted individuals after categorizing for sex and age based on the resident registries of each municipality. 2,067 survey responses were collected (response rate 51.7%). We used weighted 7-item (SOMS-7) and 5-item (SOMS-5) versions that excludes two reverse items (item6 and 7) from SOMS-7 of the SOMS. From the item analysis, the item-total correlation coefficients of the two reverse items (items 6 and 7) were.03 and.34. The Cronbach's alpha coefficient was also.69 in SOM-7 and.77 in SOMS-5. The partial correlation coefficients between SOMS and the sense of coherence, mental health inventory, self-rated health, and life satisfaction were all significant (p < 0.001). The SOMS showed high construct validity. SOMS-5 has sufficient reliability.
  • 健康の社会的決定要因に関するヘルスリテラシー尺度の開発
    松本 真欣, 中山 和弘, 戸ヶ里 泰典, 瀬戸山 陽子, 米倉 佑貴, 関戸 亜衣
    日本健康教育学会誌 23(Suppl.) 102-102 2015年06月 [査読有り]
  • Sense of coherenceを規定する社会的要因の検討 全国代表サンプル調査データより
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 竹内 朋子
    日本健康教育学会誌 23(Suppl.) 91-91 2015年06月
  • Comprehensive health literacy in Japan is lower than in Europe: a validated Japanese-language assessment of health literacy
    Kazuhiro Nakayama, Wakako Osaka, Taisuke Togari, Hirono Ishikawa, Yuki Yonekura, Ai Sekido, Masayoshi Matsumoto
    BMC PUBLIC HEALTH 15 505 2015年05月 [査読有り]
    Background: Health literacy, or the ability to access, understand, appraise and apply health information, is central to individuals' health and well-being. A comprehensive, concept-based measure of most dimensions of health literacy has been developed for the general population in Europe, which enables comparisons within and between countries. This study seeks to validate this tool for use in Japan, and to use a Japanese translation to compare health literacy levels in Japan and Europe. Methods: A total of 1054 Japanese adults recruited through an Internet research service company, completed a Japanese-language version of the 47-item European Health Literacy Survey Questionnaire (HLS-EU-Q47). The survey was administered via an online questionnaire, and participant demographics were closely matched to those of the most recent Japanese national census. Survey results were compared with those previously reported in an eight-country European study of health literacy. Results: Internal consistency for the translated questionnaire was valid across multiple metrics. Construct validity was checked using confirmatory factor analyses. The questionnaire correlated well with existing scales measuring health literacy and mental health status. In general, health literacy in the Japanese population was lower than in Europe, with Japanese respondents rating all test items as more difficult than European respondents. The largest difference (51.5 %) was in the number of respondents finding it difficult to know where to get professional help when they are ill. Conclusions: This study translated a comprehensive health literacy questionnaire into Japanese and confirmed its reliability and validity. Comparative results suggest that Japanese health literacy is lower than that of Europeans. This discrepancy may be partly caused by inefficiency in the Japanese primary health care system. It is also difficult to access reliable and understandable health information in Japan, as there is no comprehensive national online platform. Japanese respondents found it more difficult to judge and apply health information, which suggests that there are difficulties in health decision-making in Japan. Numerous issues may be linked to lower levels health literacy in Japan, and further studies are needed to improve this by developing individual competencies and building supportive environments.
  • Relative and absolute risks of all-cause and cause-specific deaths attributable to atrial fibrillation in middle-aged and elderly community dwellers
    Masaki Ohsawa, Tomonori Okamura, Kuniaki Ogasawara, Akira Ogawa, Tomoaki Fujioka, Kozo Tanno, Yuki Yonekura, Shinichi Omama, Tanvir Chowdhury Turin, Kazuyoshi Itai, Yasuhiro Ishibashi, Yoshihiro Morino, Tomonori Itoh, Naomi Miyamatsu, Toshiyuki Onoda, Toru Kuribayashi, Shinji Makita, Yuki Yoshida, Motoyuki Nakamura, Fumitaka Tanaka, Mutsuko Ohta, Kiyomi Sakata, Akira Okayama
    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY 184 692-698 2015年04月 [査読有り]
    Background: The relative and absolute risks of outcomes other than all-cause death (ACD) attributable to atrial fibrillation (AF) stratified age have not been sufficiently investigated. Methods: A prospective study of 23,634 community dwellers aged 40 years or older without organic cardiovascular disease (AF = 335, non-AF = 23,299) was conducted. Multivariate-adjusted rates, rate ratios (RRs) and excess deaths (EDs) for ACD, cardiovascular death (CVD) and non-cardiovascular death (non-CVD), and sex-and age-adjusted RR and ED in middle-aged (40 to 69) and elderly (70 years or older) for ACD, CVD, non-CVD, sudden cardiac death (SCD), stroke-related death (Str-D), neoplasm-related death (NPD), and infection-related death (IFD) attributable to AF were estimated using Poisson regression. Results: Multivariate-adjusted analysis revealed that AF significantly increased the risk of ACD (RR [95% confidence interval]: 1.70 [1.23-2.95]) and CVD (3.86 [2.38-6.27]), but not non-CVD. Age-stratified analysis revealed that AF increased the risk of Str-D in middle-aged (14.5 [4.77-44.3]) and elderly individuals (4.92 [1.91-12.7]), SCD in elderly individuals (3.21 [1.37-7.51]), and might increase the risk of IFD in elderly individuals (2.02 [0.80-4.65], p = 0.098). The RR of CVD was higher in middle-aged versus elderly individuals (RRs, 6.19 vs. 3.57) but the absolute risk difference was larger in elderly individuals (EDs: 7.6 vs. 3.0 per 1000 person-years). Conclusions: Larger absolute risk differences for ACD and CVD attributable to AF among elderly people indicate that the absolute burden of AF is higher in elderly versus middle-aged people despite the relatively small RR. (C) 2015 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 13項目7件法 sense of coherence スケール日本語版の基準値の算出
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 横山 由香里, 米倉 佑貴, 竹内 朋子
    日本公衆衛生雑誌 62(5) 232-7 2015年
    目的 健康保持・ストレス対処力概念である sense of coherence (SOC)に関する研究は近年増加しており,介入研究のアウトカム指標として用いられる例も多くなってきている。その一方で SOC スケール日本語版は標準化が行われていない現状にある。そこで全国代表サンプルデータを用いて13項目 7 件法版 SOC スケール日本語版の基準値を得ること,すなわち,性・年齢別の得点分布,居住地域および都市規模とスケール得点との関係を明らかにすることを本研究の目的とした。<br/>方法 日本国内に居住する日本人で居住地域,都市規模,年齢,性別による層化 2 段抽出により2014年 1 月 1 日現在で25歳から74歳の男女4,000人を対象とした。2014年 2 月から 3 月にかけて自記式質問紙による郵送留置法を実施し,2,067票を回収した(回収率51.7%)。分析対象者は男性956人,女性1,107人,平均年齢(標準偏差(SD))は50.0(14.3)歳であった。<br/>結果 SOC スケールの平均(SD)得点は59.0(12.2)点であった。性別では,男性59.1(11.8)点,女性58.9(12.5)点で男女間で有意差はみられなかった(P=0.784)。年齢階層別の検討では,一元配置分散分析の結果有意(P<0.001)となり,多重比較の結果概ね高い年齢階層であるほど高い SOC 得点であることが明らかになった。SOC を従属変数,居住地域(11区分),都市規模(4 区分)およびその交互作用項を独立変数とし年齢を共変量とした共分散分析の結果,いずれも有意な関連はみられなかった。<br/>結論 本研究を通じて,日本国内に在住する日本人集団を代表する SOC スケール得点を得ることができた。また性差,地域差はみられず,年齢による影響がみられていた。本研究成果を基準値とすることで年齢などの影響を考慮した分析が可能になり,今後,SOC スケールの研究的・臨床的活用が期待される
  • 全国Web調査にみる日本人のヘルスリテラシーと健康指標との関連
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本看護科学学会学術集会講演集 34回 451-451 2014年11月 [査読有り]
  • 国民代表サンプルによる13項目7件法SOCスケール日本語版の標準化(第3報) 3下位尺度別の検討
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 竹内 朋子, 米倉 佑貴
    日本看護科学学会学術集会講演集 34回 567-567 2014年11月
  • 日本語版Family Routines Inventory開発の試み
    佐藤みほ, 戸ケ里泰典, 小手森麗華, 米倉佑貴, 横山由香里, 木村美也子, 榊原圭子, 熊田奈緒子, 山崎喜比古
    保健医療社会学論集 25(1) 41-51 2014年07月
  • ヘルスリテラシー測定尺度HLS-EU-Q47日本語版の開発
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 石川 ひろの, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本健康教育学会誌 22(Suppl.) 102-102 2014年07月 [査読有り]
  • 国民代表サンプルによる13項目7件法sense of coherenceスケール日本語版の標準化に関する研究(第1報)
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 竹内 朋子
    日本健康教育学会誌 22(Suppl.) 101-101 2014年07月
  • 慢性疾患患者における不安・抑うつ構造の分析
    北川明, 山住康恵, 安酸史子, 小野美穂, 江上千代美, 松浦江美, 山崎喜比古, 米倉佑貴, PARK M. J, 上野治香
    防衛医科大学校雑誌 39(1) 32-39 2014年03月
  • 保存期慢性腎臓病患者の塩分摂取量とヘルスリテラシー、情報源の関連
    中留 理恵, 米倉 佑貴, 瀬戸山 陽子, 戸ヶ里 泰典, 中山 和弘
    日本公衆衛生学会総会抄録集 72回 326-326 2013年10月 [査読有り]
  • Sense of coherence in mothers and children, family relationships and participation in decision-making at home: an analysis based on Japanese parent-child pair data
    Taisuke Togari, Miho Sato, Reika Otemori, Yuki Yonekura, Yukari Yokoyama, Miyako Kimura, Wako Tanaka, Yoshihiko Yamazaki
    HEALTH PROMOTION INTERNATIONAL 27(2) 148-156 2012年06月 [査読有り]
    Children in early adolescence and their mothers were studied to clarify the association between a childs sense of coherence (SOC) and its mothers SOC, the quality of family relationships as gauged by the mother, and the childs positive life experiences at home. An anonymous self-administered group questionnaire was given to all 1540 students of a high school in Tokyo, and a similar questionnaire was sent by mail to their legal guardians. Responses were received from 1505 students (response rate: 97.7) and 989 legal guardians (response rate: 64.2); questionnaires completed by legal guardians who were the mothers of the students were paired with the corresponding childs questionnaire. The SOC scores of mothers and students were calculated, and hierarchical multiple regression analysis was performed with the students SOC as a dependent variable. Results for boys revealed that a mothers SOC was directly related to the childs SOC, regardless of family relationships and participation in decision-making at home. For girls, a mothers SOC was related to family relationships and was indirectly related to the childs SOC through the childs participation in decision-making at home. Results revealed that for both boys and girls, a mothers SOC had an effect on the childs SOC, and this corroborates the hypothesis of Antonovsky.
  • Predicting complete loss to follow-up after a health-education program: number of absences and face-to-face contact with a researcher
    M. J. Park, Yoshihiko Yamazaki, Yuki Yonekura, Keiko Yukawa, Hirono Ishikawa, Takahiro Kiuchi, Joseph Green
    BMC MEDICAL RESEARCH METHODOLOGY 11 145 2011年10月 [査読有り]
    Background: Research on health-education programs requires longitudinal data. Loss to follow-up can lead to imprecision and bias, and complete loss to follow-up is particularly damaging. If that loss is predictable, then efforts to prevent it can be focused on those program participants who are at the highest risk. We identified predictors of complete loss to follow-up in a longitudinal cohort study. Methods: Data were collected over 1 year in a study of adults with chronic illnesses who were in a program to learn self-management skills. Following baseline measurements, the program had one group-discussion session each week for six weeks. Follow-up questionnaires were sent 3, 6, and 12 months after the baseline measurement. A person was classified as completely lost to follow-up if none of those three follow-up questionnaires had been returned by two months after the last one was sent. We tested two hypotheses: that complete loss to follow-up was directly associated with the number of absences from the program sessions, and that it was less common among people who had had face-to-face contact with one of the researchers. We also tested predictors of data loss identified previously and examined associations with specific diagnoses. Using the unpaired t-test, the U test, Fisher's exact test, and logistic regression, we identified good predictors of complete loss to follow-up. Results: The prevalence of complete loss to follow-up was 12.2% (50/409). Complete loss to follow-up was directly related to the number of absences (odds ratio; 95% confidence interval: 1.78; 1.49-2.12), and it was inversely related to age (0.97; 0.95-0.99). Complete loss to follow-up was less common among people who had met one of the researchers (0.51; 0.28-0.95) and among those with connective tissue disease (0.29; 0.09-0.98). For the multivariate logistic model the area under the ROC curve was 0.77. Conclusions: Complete loss to follow-up after this health-education program can be predicted to some extent from data that are easy to collect (age, number of absences, and diagnosis). Also, face-to-face contact with a researcher deserves further study as a way of increasing participation in follow-up, and health-education programs should include it.
  • Effectiveness of Chronic Disease Self-management Program in Japan: Preliminary report of a longitudinal study
    Keiko Yukawa, Yoshihiko Yamazaki, Yuki Yonekura, Taisuke Togari, Fusae K. Abbott, Mieko Homma, Minjeong Park, Yumi Kagawa
    NURSING & HEALTH SCIENCES 12(4) 456-463 2010年12月 [査読有り]
    This is the preliminary report of a study to evaluate the effectiveness of the Chronic Disease Self-management Program in Japan by comparing changes in health outcomes at the baseline and 3-month and 6-month follow-ups. The program is a patient-centered educational program for the self-management of chronic conditions. The study's participants were recruited from among the attendees of the program workshops. During the study period (August 2006 to May 2007), 18 workshops were held and 128 attendees agreed to participate in the study. The health outcomes that were measured included health status, self-management behaviors, utilization of health services, self-efficacy, satisfaction with daily living, and clinical indicators. These indicators were further analyzed by disease type: diabetes, rheumatic disease, and cardiovascular disease/dyslipidemia. The findings indicated statistically significant positive changes in health distress, coping with symptoms, stretching exercises, communication with the physician, and satisfaction with daily living. The positive changes were especially remarkable among the groups with diabetes and rheumatic disease. These findings suggest that the Chronic Disease Self-management Program can be effective for Japanese people with chronic conditions.
  • 高校生の子をもつ中年期女性のメンタルヘルスと地域との関わり及び地域のソーシャル・キャピタルとの関連性の検討
    木村 美也子, 山崎 喜比古, 佐藤 みほ, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 小手森 麗華, 熊田 奈緒子, 戸ヶ里 泰典
    社会医学研究 27(1) 35-44 2009年12月
  • 高校生におけるSense of Coherence(SOC)の関連要因の検討 小・中・高の学校生活各側面の回顧的評価とSOCの10ヵ月間の変化パターンとの関連性.
    戸ヶ里 泰典, 小手森 麗華, 山崎 喜比古, 佐藤 みほ, 米倉 佑貴, 熊田 奈緒子, 榊原(関) 圭子
    日本健康教育学会誌 17(2) 71-86 2009年 [査読有り]
  • When and Why Do People Post Questions about Health and Illness on Web2.0-based Q&A Sites in Japan
    Kazuhiro Nakayama, Arisa Nishio, Yukari Yokoyama, Yoko Setoyama, Thisuke Togari, Yuki Yonekura
    CONNECTING HEALTH AND HUMANS 146 731-731 2009年 [査読有り]
    Web2.0-based Q&A sites such as Yahoo! Answers and OK Wave are the fastest-growing sites in Japan. Such sites exploit user-generated content and information-sharing methods and have established point systems and user ratings to reward participation. We analyzed the questions and answers concerning health and illness posted on these sites. We found that the people who posted questions desired to obtain information related to their health problems from various sources, and to seek validation of this information not only by experts but also by people who have undergone similar experiences.

講演・口頭発表等

  • 看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第3報)
    緒方 泰子, 武冨 貴久子, 西岡 みどり, 網中 眞由美, 武村 雪絵, 長井 聡子, 木田 亮平, 森岡 典子, 米倉 佑貴, 菅田 勝也
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2019年10月 日本公衆衛生学会
  • 保健師の地域/地区活動評価のための尺度開発
    永井 智子, 米倉 佑貴, 梅田 麻希, 麻原 きよみ, 川崎 千恵, 小林 真朝, 嶋津 多恵子, 遠藤 直子, 大森 純子, 三森 寧子, 江川 優子, 永田 智子, 佐伯 和子, 佐川 きよみ, 小西 美香子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2019年10月 日本公衆衛生学会
  • 国内HIV陽性者女性の心理社会的状況と健康状態の実態 HIV陽性者男性との比較より
    戸ヶ里 泰典, 井上 洋士, 高久 陽介, 阿部 桜子, 塩野 徳史, 細川 陸也, 米倉 佑貴, 若林 チヒロ, 大木 幸子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2019年10月 日本公衆衛生学会
  • 認知的HIVスティグマ尺度開発の試み
    阿部 桜子, 井上 洋士, 戸ヶ里 泰典, 高久 陽介, 若林 チヒロ, 細川 陸也, 米倉 佑貴, 大木 幸子, 塩野 徳史
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2019年10月 日本公衆衛生学会
  • やせ傾向にない高齢者であっても血清アルブミン低値は介護認定リスク上昇と関連する
    丹野 高三, 米倉 佑貴, 高橋 宗康, 大澤 正樹, 小野田 敏行, 板井 一好, 栗林 徹, 腰山 誠, 坂田 清美, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2019年10月 日本公衆衛生学会
  • 男性高齢者の喫煙状況と循環器疾患罹患絶対リスクの検討 岩手県北コホート研究
    大澤 正樹, 栗林 徹, 丹野 高三, 米倉 佑貴, 小野田 敏行, 板井 一好, 坪田 恵, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2019年10月 日本公衆衛生学会
  • 男性における喫煙状況と脳血管疾患罹患の関連性の検討 岩手県北コホート研究
    米倉 佑貴, 大澤 正樹, 栗林 徹, 丹野 高三, 小野田 敏行, 板井 一好, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2019年10月 日本公衆衛生学会
  • 看護職員の採用方針に関する施設横断的実態調査
    佐々木 美奈子, 國江 慶子, 木田 亮平, 堀込 由紀, 佐伯 昌俊, 井上 真帆, 米倉 佑貴, 市川 奈央子, 武村 雪絵
    日本医療・病院管理学会誌 2019年10月 (一社)日本医療・病院管理学会
  • 看護師長がマネジメントにおいて感じる困難とその内容および精神的健康との関連
    緒方 泰子, 米倉 佑貴, 武冨 貴久子, 佐藤 可奈, 佐藤 紀子
    日本医療・病院管理学会誌 2019年10月 (一社)日本医療・病院管理学会
  • 高齢者の大球性貧血は介護認定リスク上昇と関連する 岩手県北地域コホート研究
    丹野 高三, 米倉 佑貴, 高橋 宗康, 大澤 正樹, 小野田 敏之, 坂田 清美, 板井 一好, 小笠原 邦昭, 腰山 誠, 岡山 明
    日本循環器病予防学会誌 2019年04月
  • 岩手県北コホートベースライン調査における牛乳摂取習慣と食習慣、生活習慣および循環器疾患危険因子の関連
    矢部 えん, 奥田 奈賀子, 高橋 虹絵, 森 真貴子, 米倉 佑貴, 小野田 敏行, 坪田 恵, 丹野 高三, 岡山 明
    日本循環器病予防学会誌 2019年04月
  • 東日本大震災被災地域住民における発災3年半後の主観的健康感とその関連要因
    田鎖 愛理, 米倉 佑貴, 下田 陽樹, 丹野 高三, 坪田 恵, 宇津木, 佐々木 亮平, 坂田 清美, 小林 誠一郎, 小川 彰
    日本衛生学雑誌 2019年02月
  • 健康診断受診者を対象としたヘルスリテラシー尺度(健康診断用短縮版HLS-EU-Q47)の作成
    眞家 亜純, 包國 幸代, 坂井 理映子, 亀田 綾, 岡崎 みずき, 中山 和弘, 米倉 佑貴, 増田 勝紀
    総合健診 2019年01月
  • ヘルスリテラシー、Sense of coherence(SOC)及び健康指標の関連 「新老人の会」会員を対象として
    中山 和弘, 高橋 勇太, 米倉 佑貴
    日本看護科学学会学術集会講演集 2018年12月
  • HIV陽性者におけるレクレーショナルドラッグ使用の変化 3年間の縦断データ分析より
    戸ヶ里 泰典, 井上 洋士, 高久 陽介, 米倉 佑貴, 大島 岳, 阿部 桜子, 塩野 徳史, 山内 麻江, 片倉 直子, 若林 チヒロ, 河合 薫, 細川 陸也, 大木 幸子
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • HIVに関連したスティグマと感染後年数との関連の検討
    阿部 桜子, 井上 洋士, 戸ヶ里 泰典, 高久 陽介, 若林 チヒロ, 細川 陸也, 塩野 徳史, 片倉 直子, 山内 麻江, 大島 岳, 大木 幸子, 米倉 佑貴, 河合 薫, 渡邊 淳子, 梅沢 寛子
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • 「Futures Japan HIV陽性者のためのウェブ調査」継続回答者の特徴の検討
    米倉 佑貴, 戸ヶ里 泰典, 高久 陽介, 若林 チヒロ, 細川 陸也, 塩野 徳史, 片倉 直子, 山内 麻江, 大島 岳, 大木 幸子, 阿部 桜子, 河合 薫, 渡邊 淳子, 梅沢 寛子, 井上 洋士
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • HIV陽性者の子どもを持つことの現状
    細川 陸也, 井上 洋士, 戸ヶ里 泰典, 高久 陽介, 若林 チヒロ, 阿部 桜子, 塩野 徳史, 米倉 佑貴, 片倉 直子, 山内 麻江, 大島 岳, 大木 幸子
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • 差別偏見を感じているHIV陽性者当事者の対処戦略に関する自由記載のテキストマイニング分析
    大島 岳, 井上 洋士, 戸ヶ里 泰典, 高久 陽介, 米倉 佑貴, 阿部 桜子, 塩野 徳史, 細川 陸也, 山内 麻江, 片倉 直子, 河合 薫, 若林 チヒロ, 大木 幸子, 渡邊 淳子, 梅沢 寛子, 板垣 貴志
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • HIV陽性者における依存性薬物使用の変化とストレス関連成長・ストレス対処力との関連 3年間の縦断データ分析より
    戸ヶ里 泰典, 井上 洋士, 高久 陽介, 米倉 佑貴, 大島 岳, 阿部 桜子, 塩野 徳史, 細川 陸也, 山内 麻江, 片倉 直子, 河合 薫, 若林 チヒロ, 大木 幸子
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • HIV陽性者でのTreatment as Prevention(TasP)の認知状況と性生活・メンタルヘルスとの関連
    井上 洋士, 戸ヶ里 泰典, 塩野 徳史, 細川 陸也, 米倉 佑貴, 大島 岳, 片倉 直子, 若林 チヒロ, 山内 麻江, 阿部 桜子, 河合 薫, 梅沢 寛子, 渡邊 淳子, 大木 幸子, 高久 陽介
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • HIV陽性者のかかりつけ医への通院状況
    細川 陸也, 井上 洋士, 戸ヶ里 泰典, 高久 陽介, 若林 チヒロ, 阿部 桜子, 塩野 徳史, 米倉 佑貴, 片倉 直子, 山内 麻江, 大島 岳, 大木 幸子
    日本エイズ学会誌 2018年11月
  • 看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第2報) 2016-2017年の調査より
    緒方 泰子, 森岡 典子, 湯本 淑江, 武村 雪絵, 西岡 みどり, 武冨 貴久子, 田中 理子, 米倉 佑貴, 田中 幸子, 網中 眞由美
    日本医療・病院管理学会誌 2018年10月
  • ペットとの生活は看護師の健康習慣やバーンアウトと関連するか?
    西岡 みどり, 網中 眞由美, 米倉 佑貴, 緒方 泰子
    日本医療・病院管理学会誌 2018年10月
  • 日本人HIV陽性者におけるメンタルヘルスの実態と社会的要因・治療歴との関連
    戸ヶ里 泰典, 井上 洋士, 高久 陽介, 若林 チヒロ, 塩野 徳史, 細川 陸也, 板垣 貴志, 米倉 佑貴, 大木 幸子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2018年10月
  • 高齢者の主観的健康感と要介護認定との関連 岩手県北地域コホート研究
    高橋 宗康, 丹野 高三, 米倉 佑貴, 大澤 正樹, 栗林 徹, 小野田 敏行, 坂田 清美, 腰山 誠, 板井 一好, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2018年10月
  • 高齢者における慢性腎臓病による死亡と循環器疾患罹患リスクへの影響
    大澤 正樹, 丹野 高三, 板井 一好, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 栗林 徹, 腰山 誠, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2018年10月
  • ヘルスリテラシーと相談資源及び得た知識、契機との関連 新老人の会会員を対象として
    高橋 勇太, 中山 和弘, 米倉 佑貴
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2018年10月
  • 高齢者における健康に関する情報源の利用意向と信頼性の確認の実施状況 「新老人の会」会員を対象として
    中山 和弘, 高橋 勇太, 米倉 佑貴
    日本健康教育学会誌 2018年06月
  • 高齢者が健康に関する知識を身に付けた契機とその情報源 「新老人の会」会員を対象として
    高橋 勇太, 中山 和弘, 米倉 佑貴
    日本健康教育学会誌 2018年06月
  • HIV陽性者男性におけるsense of coherenceの実態と健康・健康行動との関連
    戸ヶ里 泰典, 井上 洋士, 板垣 貴志, 米倉 佑貴
    日本健康教育学会誌 2018年06月
  • 慢性疾患患者を対象としたピアサポート活動に参加している者の満足感、負担感の関連要因の検討
    米倉 佑貴
    日本健康教育学会誌 2018年06月
  • 日本語版デジタル・ヘルスリテラシー尺度の信頼性と妥当性の検討
    瀬戸山 陽子, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 松本 佳子
    日本健康教育学会誌 2018年06月
  • 臨床試験の説明文書と意思決定の質の評価によるディシジョン・エイド開発のためのニーズアセスメント
    藤田 美保, 中山 和弘, 米倉 佑貴, 大坂 和可子
    臨床薬理 2018年05月
  • 岩手県地域透析患者の震災直後の死因について 岩手県末期腎不全登録事業集計結果より(第4報)
    大澤 正樹, 丹野 高三, 小原 航, 阿部 貴弥, 大森 聡, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 小笠原 邦昭, 森野 禎浩, 伊藤 智範
    日本循環器病予防学会誌 2018年05月
  • 国内在住のHIV陽性男性におけるレクレーショナルドラッグの使用と社会的要因との関連性
    戸ヶ里 泰典, 井上 洋士, 大島 岳, 板垣 貴志, 米倉 佑貴, 若林 チヒロ
    保健医療社会学論集 2018年04月
  • HIV陽性者当事者参加型リサーチの自由記述における行為遂行性
    大島 岳, 井上 洋士, 戸ヶ里 泰典, 板垣 貴志, 米倉 佑貴, 若林 チヒロ
    保健医療社会学論集 2018年04月
  • 東日本大震災津波被災地域住民における経済状況の変化が主観的健康感へ及ぼす影響
    田鎖 愛理, 米倉 佑貴, 下田 陽樹, 丹野 高三, 坪田 恵, 宇津木, 佐々木 亮平, 坂田 清美, 小林 誠一郎, 小川 彰
    日本衛生学雑誌 2018年03月
  • 若年女性における性感染症に関する知識・予防行動とライフコースの見通しの関連
    萩原 加奈子, 根志 繭子, 北 奈央子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 地域在住高齢者における脳卒中発症後の機能障害発生状況 岩手県北地域コホート研究
    丹野 高三, 米倉 佑貴, 小野田 敏行, 坂田 清美, 大澤 正樹, 板井 一好, 栗林 徹, 腰山 誠, 中村 元行, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 若年女性における喫煙の健康影響の知識とライフコースの見通しとの関連
    北 奈央子, 根志 繭子, 萩原 加奈子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 健康生成力概念SOCに関する全国総合調査(第3報) SOCとストレス・精神健康
    米倉 佑貴, 戸ヶ里 泰典, 横山 由香里, 中山 和弘, 竹内 朋子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 健康生成力概念SOCに関する全国総合調査(第2報) SOCと社会関係・社会参加
    横山 由香里, 戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 中山 和弘, 竹内 朋子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 健康生成力概念SOCに関する全国総合調査(第1報) SOCと社会経済的地位
    戸ヶ里 泰典, 横山 由香里, 米倉 佑貴, 中山 和弘, 竹内 朋子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 透析患者の腎不全原因別死亡率の検討 地域一般住民との比較研究
    大澤 正樹, 丹野 高三, 板井 一好, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 栗林 徹, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 東日本大震災の津波被災地における転居有無による糖尿病新規発症率の比較
    高橋 宗康, 米倉 佑貴, 下田 陽樹, 丹野 高三, 坂田 清美, 小林 誠一郎, 中村 元行
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 健康生成論とSOCの理論に立ち返る〜健康生成力SOCと関連要因・概念 SOCの分布とその関連要因の国際的共通性と独自性
    米倉 佑貴
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2017年10月
  • 若年女性における健康行動のライフコースを通した健康影響に関する知識の状況
    萩原 加奈子, 根志 繭子, 北 奈央子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本健康教育学会誌 2017年06月
  • 若年女性におけるライフコースを通して影響する健康知識・行動と関連する情報源
    北 奈央子, 根志 繭子, 萩原 加奈子, 米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本健康教育学会誌 2017年06月
  • 脳血管疾患を発症した高齢者における「病との向き合い方」とsense of coherenceおよびSelf-Rated Health
    阿諏訪 公子, 戸ヶ里 泰典, 横山 由香里, 谷木 龍男, 米倉 佑貴, 徳山 千尋
    保健医療社会学論集 2017年05月
  • 思春期における家族機能と成人期以降のSense of Coherenceとの関連 横断デザインによる全国調査データより
    戸ヶ里 泰典, 中山 和弘, 横山 由香里, 米倉 佑貴, 山崎 喜比古
    保健医療社会学論集 2017年05月
  • 一般人口における長期医療(介護)サービスのための各種心血管バイオマーカーの予測能の比較(Comparison of Predictive Ability among Cardiovascular Biomarkers for Long-term Care(Kaigo) Service in the General Population)
    高橋 宗康, 中村 元行, 米倉 佑貴, 田中 文隆, 丹野 高三, 大澤 正樹, 坂田 清美, 太田 睦子, 岡山 明
    日本循環器学会学術集会抄録集 2017年03月
  • 岩手県の津波生存者の血圧に東日本大震災と津波が及ぼした5年間の影響(Five Years Effect of the Great East Japan Earthquake and Tsunami on the Blood Pressure of Tsunami Survivors in Iwate)
    高橋 智弘, 中村 元行, 坂田 清美, 丹野 高三, 米倉 佑貴, 小林 誠一郎
    日本循環器学会学術集会抄録集 2017年03月
  • 一般人口における長期医療(介護)サービスのための各種心血管バイオマーカーの予測能の比較(Comparison of Predictive Ability among Cardiovascular Biomarkers for Long-term Care(Kaigo) Service in the General Population)
    高橋 宗康, 中村 元行, 米倉 佑貴, 田中 文隆, 丹野 高三, 大澤 正樹, 坂田 清美, 太田 睦子, 岡山 明
    日本循環器学会学術集会抄録集 2017年03月
  • 岩手県の津波生存者の血圧に東日本大震災と津波が及ぼした5年間の影響(Five Years Effect of the Great East Japan Earthquake and Tsunami on the Blood Pressure of Tsunami Survivors in Iwate)
    高橋 智弘, 中村 元行, 坂田 清美, 丹野 高三, 米倉 佑貴, 小林 誠一郎
    日本循環器学会学術集会抄録集 2017年03月
  • 東日本大震災被害地域の岩手県沿岸における頭痛研究 片頭痛リスク因子の変遷
    工藤 雅子, 石橋 靖宏, 米澤 久司, 米倉 佑貴, 坂田 清美, 小林 誠一郎, 小川 彰, 寺山 靖夫
    臨床神経学 2016年12月
  • 東日本大震災被害地域の岩手県沿岸における頭痛研究 頭痛リスク因子の変遷
    石橋 靖宏, 工藤 雅子, 米澤 久司, 米倉 佑貴, 坂田 清美, 小林 誠一郎, 小川 彰, 寺山 靖夫
    臨床神経学 2016年12月
  • 都道府県別のヘルスリテラシーと保健医療福祉関連指標との関連
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本看護科学学会学術集会講演集 2016年11月
  • 看護職を対象としたマインドフルネス・アサーション研修のワーク・エンゲイジメントへの効果
    立石 彩美, 小谷野 康子, 米倉 佑貴
    日本看護科学学会学術集会講演集 2016年11月
  • 都市部サービス付き高齢者向け住宅における施設内入居者看取りを可能にする施設機能
    杉本 健太郎, 緒方 泰子, 柏木 聖代, 上野 治香, 湯本 淑江, 米倉 佑貴
    日本看護科学学会学術集会講演集 2016年11月
  • 都道府県別のヘルスリテラシーと保健医療福祉関連指標との関連
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本看護科学学会学術集会講演集 2016年11月
  • 東日本大震災被災者の健康状態等に関する健康診断未受診者の未受診理由と健康状態
    鈴木 るり子, 坂田 清美, 米倉 佑貴, 小林 誠一郎
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2016年10月
  • 東日本大震災被災者における食事摂取不良に関連する社会的決定要因
    五領田 小百合, 西 信雄, 米倉 佑貴, 坂田 清美, 小林 誠一郎
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2016年10月
  • 高齢者の良好な運動・食事習慣への改善および継続は、将来のフレイルを予防する
    坪田 恵, 米倉 佑貴, 野末 みほ, 下田 陽樹, 田鎖 愛理, 佐々木 亮平, 丹野 高三, 西 信雄, 坂田 清美, 小林 誠一郎
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2016年10月
  • 東日本大震災後のメタボリック症候群の漸増 津波被災地住民での4年間追跡
    高橋 宗康, 米倉 佑貴, 下田 陽樹, 丹野 高三, 坂田 清美, 小林 誠一郎, 中村 元行
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2016年10月
  • 東日本大震災被災地域住民における経済状況の変化が主観的健康感へ及ぼす影響
    田鎖 愛理, 米倉 佑貴, 下田 陽樹, 坪田 恵, 宇津木, 佐々木 亮平, 丹野 高三, 坂田 清美, 小林 誠一郎
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2016年10月
  • 透析患者の腎不全原因別死亡率の検討
    大澤 正樹, 丹野 高三, 板井 一好, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2016年10月
  • 東日本大震災の被災状況が沿岸地域住民の主観的健康感へ及ぼす影響の検討
    田鎖 愛理, 米倉 佑貴, 下田 陽樹, 坪田 恵, 宇津木, 佐々木 亮平, 丹野 高三, 坂田 清美, 小林 誠一郎
    東北公衆衛生学会誌 2016年07月
  • 災害と嗜癖関連行動 岩手県沿岸の東日本大震災被災地住民の飲酒・喫煙行動の推移とその関連要因 RIAS研究データから
    米倉 佑貴, 坂田 清美, 小川 彰, 小林 誠一郎
    精神神経学雑誌 2016年06月
  • 非肥満者における循環器疾患の危険因子と発症との関連 岩手県北地域コホート研究
    丹野 高三, 米倉 佑貴, 小野田 敏行, 坂田 清美, 大澤 正樹, 板井 一好, 大間々 真一, 小笠原 邦昭, 田中 文隆, 中村 元行, 石橋 靖宏, 栗林 徹, 太田 睦子, 岡山 明
    日本循環器病予防学会誌 2016年05月
  • 岩手県北地域における死亡、脳卒中、心筋梗塞、心不全罹患状況について、8.7年間のコホート研究結果より
    大澤 正樹, 小野田 敏行, 丹野 高三, 板井 一好, 米倉 佑貴, 小笠原 邦昭, 大間々 真一, 石橋 靖宏, 中村 元行, 坂田 清美, 栗林 徹, 岡山 明
    日本循環器病予防学会誌 2016年05月
  • 医学部学生、日本人一般住民、海外のヘルスリテラシーの比較
    米倉 佑貴, 中山 和弘
    日本健康教育学会誌 2016年05月
  • Sense of Coherenceと心理社会的地域生活環境の認知との関係性に関する日英比較
    戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 中山 和弘, 横山 由香里, 竹内 朋子, 山崎 喜比古
    日本健康教育学会誌 2016年05月
  • 東日本大地震津波災害後の一般住民での腎機能の変動 RIAS研究
    赤坂 祐一郎, 田中 文隆, 渡邊 收司, 坂田 清美, 米倉 佑貴, 丹野 高三, 瀬川 利恵, 中村 元行
    日本腎臓学会誌 2016年05月
  • ネパール震災支援へ参加して
    高橋 宗康, 米倉 佑貴, 八重樫 由美, 丹野 高三, 坂田 清美
    岩手医学雑誌 2016年02月
  • 東日本大震災被災者の健康状態の4年間の推移 岩手県被災者コホート研究(IAS)データから
    米倉 佑貴, 坂田 清美
    岩手医学雑誌 2016年02月
  • 東日本大震災被害地域の岩手県沿岸における頭痛研究 2013年調査(2)
    工藤 雅子, 石橋 靖宏, 米澤 久司, 米倉 佑貴, 坂田 清美, 寺山 靖夫, 小林 誠一郎, 小川 彰
    臨床神経学 2015年12月
  • 東日本大震災被害地域の岩手県沿岸における頭痛研究 2013年調査(1)
    石橋 靖宏, 工藤 雅子, 米澤 久司, 米倉 佑貴, 坂田 清美, 寺山 靖夫, 小林 誠一郎, 小川 彰
    臨床神経学 2015年12月
  • 15歳時の心理社会的家庭環境と成人期以降のsense of coherence 全国サンプルの一般住民調査より
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 竹内 朋子, 米倉 佑貴
    日本看護科学学会学術集会講演集 2015年11月
  • 市民・患者と医療職のヘルスリテラシー向上を支援するサイト『健康を決める力』の評価
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 瀬戸山 陽子, 田口 良子, 松本 真欣, 佐藤 繭子, 関戸 亜衣, 佐居 由美
    日本看護科学学会学術集会講演集 2015年11月
  • 慢性疾患患者を対象としたピアサポートの提供者のサポート技術、満足感、負担感の実態とその関連要因
    米倉 佑貴, 大坂 和可子
    日本看護科学学会学術集会講演集 2015年11月
  • 小中学生を対象としたJCM5805含有ヨーグルト摂取のインフルエンザ予防効果の検討
    坂田 清美, 佐々木 弓枝, 八重樫 由美, 米倉 佑貴, 城内 健太, 藤原 大介
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • 東日本大震災被災地でのソーシャルネットワークの変化とその関連要因の検討
    佐々木 亮平, 丹野 高三, 米倉 佑貴, 高橋 宗康, 坂田 清美, 横山 由香里, 小川 彰, 小林 誠一郎
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • 仮設住宅に居住する東日本大震災被災者の心血管リスク要因の変化
    高橋 宗康, 米倉 佑貴, 佐々木 亮平, 丹野 高三, 横山 由香里, 坂田 清美, 中村 元行, 小川 彰, 小林 誠一郎
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • 東日本大震災による被害状況が被災2年後の精神健康に与える影響の検討
    米倉 佑貴, 丹野 高三, 佐々木 亮平, 高橋 宗康, 坂田 清美, 横山 由香里, 小川 彰, 小林 誠一郎
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • ヘルスリテラシーと喫煙、飲酒と運動の頻度との関連
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 石川 ひろの, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • 高齢者の喫煙状況とBMI別死亡リスクの検討 岩手県北地域コホート研究の結果
    栗林 徹, 大澤 正樹, 丹野 高三, 米倉 佑貴, 板井 一好, 小野田 敏行, 坂田 清美, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • 高齢者の喫煙状況と死因別死亡リスクの検討 岩手県北地域コホート研究の結果
    大澤 正樹, 栗林 徹, 丹野 高三, 米倉 佑貴, 板井 一好, 小野田 敏行, 坂田 清美, 岡山 明
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • ヘルスリテラシーとSense of coherence(SOC)の関連 全国Web調査の分析から
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 石川 ひろの, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本健康教育学会誌 2015年06月
  • Sense of coherenceを規定する社会的要因の検討 全国代表サンプル調査データより
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 米倉 佑貴, 横山 由香里, 竹内 朋子
    日本健康教育学会誌 2015年06月
  • 健康の社会的決定要因に関するヘルスリテラシー尺度の開発
    松本 真欣, 中山 和弘, 戸ヶ里 泰典, 瀬戸山 陽子, 米倉 佑貴, 関戸 亜衣
    日本健康教育学会誌 2015年06月
  • 日本人のヘルスリテラシーは低いのか?―全国Web調査によるEU8か国との比較―
    中山和弘, 大坂和可子, 戸ケ里泰典, 石川ひろの, 米倉佑貴, 松本真欣, 関戸亜衣
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2014年10月
  • 慢性疾患患者を対象としたピアサポートの提供者の満足感,負担感,サポート技術の実態
    米倉佑貴, 大坂和可子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2014年10月
  • 国民代表サンプルによる13項目7件法SOCスケール日本語版の標準化(第2報)
    戸ケ里泰典, 山崎喜比古, 中山和弘, 横山由香里, 米倉佑貴, 竹内朋子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2014年10月
  • 国民代表サンプルによる13項目7件法sense of coherenceスケール日本語版の標準化に関する研究(第1報)
    戸ケ里泰典, 山崎喜比古, 中山和弘, 米倉佑貴, 横山由香里, 竹内朋子
    日本健康教育学会誌 2014年07月
  • ヘルスリテラシー測定尺度HLS‐EU‐Q47日本語版の開発
    中山和弘, 大坂和可子, 戸ケ里泰典, 石川ひろの, 米倉佑貴, 松本真欣, 関戸亜衣
    日本健康教育学会誌 2014年07月
  • 12時間以上の人工呼吸器装着患者のICU Stressful Experiences
    高島 尚美, 久保 沙織, 米澤 裕子, 坂木 孝輔, 山口 庸子, 村田 洋章, 卯野木 健, 米倉 佑貴, 瀧浪 將典
    日本集中治療医学会雑誌 2014年01月
  • 慢性疾患セルフマネジメントプログラムの効果について―実施前後のデータ比較から―
    北川明, 小野美穂, 山住康恵, 江上千代美, 松浦江美, 生駒千恵, 山崎喜比古, 清水夏子, 米倉佑貴, 湯川慶子, 上野治香, 石田智恵美, 安酸史子
    日本看護科学学会学術集会講演集 2013年12月
  • 慢性疾患患者の自己管理支援を考える~慢性疾患セルフマネジメントプログラムとは?~
    小野美穂, 安酸史子, 北川明, 山住康恵, 松浦江美, 山崎喜比古, 米倉佑貴, 上野治香, 湯川慶子, 石田智恵美, 生駒千恵, 松井聡子, 武田飛呂城, 千脇美穂子
    日本看護科学学会学術集会講演集 2013年12月
  • 慢性疾患セルフマネジメントプログラム受講者の生活の質の関連要因の検討
    米倉佑貴, 山崎喜比古, 湯川慶子, 上野治香, 北川明, 山住康恵, 小野美穂, 石田智恵美, 生駒千恵, 江上千代美, 松浦江美, 松井聡子, 安酸史子
    日本看護科学学会学術集会講演集 2013年12月
  • Easy DDI Organizer (EDO): Metadata Management and Survey Planning Tool Based on DDI-Lifecycle.
    Yuki Yonekura
    IASSIST 2013 - Data Innovation: Increasing Accessibility, Visibility, and Sustainability, Cologne, Germany, May 29-31, 2013 2013年
  • Feature Enhancement of Easy DDI Organizer (EDO).
    Yuki Yonekura, Keiichi Sato, Yukio Maeda
    IASSIST 2012 - Data Science for a Connected World: Unlocking and Harnessing the Power of Information, Washington, DC, June 5-8, 2012 2012年
  • Prototype of Open Source Metadata Editor for Individual Researchers in Japan.
    Yuki Yonekura, Keiichi Sato
    IASSIST 2011 - Data Science Professionals: A Global Community of Sharing, Vancouver, BC, Canada, May 31 - June 3, 2011 2011年
  • When and Why Do People Post Questions about Health and Illness on Web2.0-based Q&A Sites in Japan.
    Kazuhiro Nakayama, Arisa Nishio, Yukari Yokoyama, Yoko Setoyama, Taisuke Togari, Yuki Yonekura
    Connecting Health and Humans - Proceedings of NI2009, The 10th International Congress on Nursing Informatics, 28 June - 1 July 2009, Helsinki, Finland 2009年

MISC

  • 第2回HIV陽性者のためのウェブ調査 調査結果
    井上洋士, 井上洋士, 戸ヶ里泰典, 若林チヒロ, 片倉直子, 山内麻江, 細川陸也, 米倉佑貴, 阿部桜子, 河合薫, 大島岳, 渡邊淳子, 梅沢寛子
     2018年07月
  • 患者自己管理のすすめ 慢性疾患のセルフマネジメントプログラム
    米倉 佑貴
    循環plus 17(12) 10-12 2017年09月
  • Smoking Increases Risks of Death and Stroke in Both Men and Women. Absolute Risk Difference of Stroke is Likely to be Larger in Women
    Masaki Ohsawa, Kuniaki Ogasawara, Shinichi Omama, Kozo Tanno, Kazuyoshi Itai, Yuki Yonekura, Motoyuki Nakamura, Yasuhiro Ishibashi, Toru Kuribayashi, Toshiyuki Onoda, Kiyomi Sakata, Fumitaka Tanaka, Mutsuko Ohta, Hirobumi Seki, Kazuki Konishi, Akira Okayama
    CIRCULATION 135 2017年03月
  • 東日本大震災による被害状況が被災2年後の精神健康に与える影響の検討 : 岩手県沿岸部住民を対象とした追跡調査から
    米倉 佑貴, 丹野 高三, 佐々木 亮平, 高橋 宗康, 坂田 清美, 横山 由香里, 小川 彰, 小林 誠一郎
    厚生の指標 64(1) 24-29 2017年01月
    招待有り
  • 都道府県別のヘルスリテラシーと保健医療福祉関連指標との関連
    中山和弘, 大坂和可子, 戸ヶ里泰典, 米倉佑貴, 松本真欣, 関戸亜衣
    日本看護科学学会学術集会講演集 36th 696 2016年11月
  • Sense of Coherenceと心理社会的地域生活環境の認知との関係性に関する日英比較
    戸ヶ里泰典, 米倉佑貴, 中山和弘, 横山由香里, 竹内朋子, 山崎喜比古
    日本健康教育学会誌 24 62 2016年05月
  • 15歳時の心理社会的家庭環境と成人期以降のsense of coherence~全国サンプルの一般住民調査より
    戸ケ里泰典, 山崎喜比古, 中山和弘, 竹内朋子, 米倉佑貴
    日本看護科学学会学術集会講演集 35th 617-617 2015年11月
  • 市民・患者と医療職のヘルスリテラシー向上を支援するサイト『健康を決める力』の評価
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 瀬戸山 陽子, 田口 良子, 松本 真欣, 佐藤 繭子, 関戸 亜衣, 佐居 由美
    日本看護科学学会学術集会講演集 35回 596-596 2015年11月
  • ヘルスリテラシーと喫煙、飲酒と運動の頻度との関連
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 石川 ひろの, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本公衆衛生学会総会抄録集 74回 238-238 2015年10月
  • ヘルスリテラシーとSense of coherence(SOC)の関連 全国Web調査の分析から
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 石川 ひろの, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本健康教育学会誌 23(Suppl.) 101-101 2015年06月
  • 放送大学の保健・看護系の修士課程大学院生における統計解析の学習 : 院生のニーズ調査と学習プログラムの構築の試み
    戸ヶ里 泰典, 米倉 佑貴, 井出 訓, Taisuke Togari, Yuki Yonekura, Satoshi Ide
    放送大学研究年報 = Journal of The Open University of Japan(33) 11-25 2015年
  • 国民代表サンプルによる13項目7件法SOCスケール日本語版の標準化(第2報)
    戸ヶ里 泰典, 山崎 喜比古, 中山 和弘, 横山 由香里, 米倉 佑貴, 竹内 朋子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 204-204 2014年10月
  • 日本人のヘルスリテラシーは低いのか? 全国Web調査によるEU8ヶ国との比較
    中山 和弘, 大坂 和可子, 戸ヶ里 泰典, 石川 ひろの, 米倉 佑貴, 松本 真欣, 関戸 亜衣
    日本公衆衛生学会総会抄録集 73回 337-337 2014年10月
  • 慢性疾患患者を対象としたピアサポートの提供者が経験する困難と支援ニーズの検討
    米倉 佑貴, 宮本 有紀
    日本公衆衛生学会総会抄録集 72回 473-473 2013年10月
  • 高校生の首尾一貫感覚SOCはウエルビーイングおよびメンタルヘルスを予測するのか
    戸ケ里泰典, 米倉佑貴, 山崎喜比古, 佐藤みほ, 小手森麗華, 横山由香里, 木村美也子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 71st 337 2012年10月
  • Georg Simmel on Individuality and Social Forms (Edited and with an Introduction by Donald N. Levine)
    米倉 佑貴
    社會科學研究 63(2) 151-152 2011年11月
    書評
  • 高校生のストレス対処力SOC:その働きと育まれ方
    戸ケ里泰典, 山崎喜比古, 佐藤みほ, 小手森麗華, 米倉佑貴, 横山由香里, 木村美也子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 254 2011年10月
  • 高校生のsense of coherenceを左右する小・中学生時の経験とは
    戸ケ里泰典, 山崎喜比古, 佐藤みほ, 小手森麗華, 米倉佑貴, 横山由香里, 木村美也子
    日本健康教育学会誌 19 110 2011年06月
  • DDI3の技術的側面と利用可能性 (特集 Data Documentation Intiativeの利用可能性)
    佐藤 慶一, 米倉 佑貴
    エストレ-ラ(206) 9-14 2011年05月
  • 社会調査メタデータ管理ソフトEasy DDI Organizer(EDO)の設計 (特集 Data Documentation Intiativeの利用可能性)
    米倉 佑貴, 佐藤 慶一
    エストレ-ラ(206) 15-20 2011年05月
  • 高校生の幼少期における家族の習慣と保護者の子育てに関する悩みとの関連
    佐藤みほ, 戸ケ里泰典, 小手森麗華, 米倉佑貴, 横山由香里, 木村美也子, 熊田奈緒子, 山崎喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 68th 210 2009年10月
  • 高校生のsense of coherenceに関する追跡調 (第1報) 生徒のSOCスコアの変動とその特徴
    戸ケ里泰典, 小手森麗華, 佐藤みほ, 米倉佑貴, 横山由香里, 木村美也子, 熊田奈緒子, 山崎喜比古
    日本健康教育学会誌 17 82 2009年05月
  • 高校生の学校非公式サイトの利用実態と精神健康
    横山由香里, 山崎喜比古, 小手森麗華, 佐藤みほ, 米倉佑貴, 木村美也子, 熊田奈緒子, 戸ケ里泰典
    日本健康教育学会誌 17 103 2009年05月
  • 高校生の母親の地域とのつながりとメンタルヘルス
    木村美也子, 山崎喜比古, 小手森麗華, 佐藤みほ, 米倉佑貴, 横山由香里, 熊田奈緒子, 戸ケ里泰典
    日本健康教育学会誌 17 104 2009年05月
  • 高校生のsense of coherenceに関する追跡調査 (第2報) 高校生のSOC・MHIと睡眠時間との関連性の検討
    小手森麗華, 山崎喜比古, 戸ケ里泰典, 佐藤みほ, 米倉佑貴, 横山由香里, 木村美也子, 熊田奈緒子
    日本健康教育学会誌 17 83 2009年05月
  • 高校生の健康と生きる力につながる生活探しの調査研究(第3報)乳幼児期の家庭におけるFamily Routines Inventoryと高校生のウェルビーイングとの関連性の検討
    佐藤みほ, 戸ケ里泰典, 小手森麗華, 山崎喜比古, 米倉佑貴, 熊田奈緒子, 関圭子, 朴敏廷
    日本健康教育学会誌 16 50-51 2008年06月
  • 高校生の健康と生きる力につながる生活探し調査研究 第1報「研究の背景と概要」
    小手森麗華, 戸ケ里泰典, 佐藤みほ, 山崎喜比古, 米倉佑貴, 熊田奈緒子, 関圭子, 朴敏延
    日本健康教育学会誌 16 46-47 2008年06月

競争的資金

  • 看護組織の協働学習型マネジメント力育成システムの開発:教育プラットフォームの創成
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2019年04月 - 2022年03月  
  • 臨床実用化に向けた「退院先選択のための意思決定ガイド」の効果検証と標準化への提言
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2019年04月 - 2022年03月  
  • がん患者向けディシジョンエイドを系統的に開発し活用できる医療者育成プログラム開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 - 2022年03月  
    本研究は、がん患者の意思決定への参加を促進するディシジョンエイド(Decision aids; DA)の系統的開発と、DAを活用した意思決定支援ができる医療者を育成する教育プログラムを開発することを目的としている。本年度は、①開発するDA選定についての情報収集、②DAの系統的開発と、DAを活用した意思決定支援を実践するための教育プログラムの開発にむけた情報収集、を実施した。①では、がん医療に携わる専門看護師2名、医師1名よりヒアリングを行った。また、カナダのOttawa Hospital Research Instituteが運営するPatient decision aidsウェブサイトにて、がん関連のDAの動向を把握した。②では、本研究に先行してDA開発を希望する研究者の開発支援を2件実施し、DA開発者のニーズの把握、開発に必要な知識を整理した。また、the 16th Annual International Conference on Communication in Healthcare (ICCH)に出席し、意思決定支援の教育に関する研究動向について情報収集を行った。さらに、Ottawa大学にて意思決定支援の医療者教育研究に携わる講師によるワークショップ「Interprofessional approach to shared decision making (IP-SDM): A workshop for healthcare professionals」に参加し、教育プログラムに関する情報を得た。我が国の教育プログラムにも活用できる内容であるものの、DA開発には触れていない内容のため、DA開発者および患者を支援する医療者のニーズの双方を把握し、教育プログラムを開発する必要がある。
  • 慢性疾患患者の自己管理継続支援のためのウェブアプリケーションの開発と評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 - 2021年03月  
    慢性疾患患者は家庭,職場,社会における生活に治療を組み込んだ生活の管理が求められるが,必要な支援を継続的に受けられず疾患が悪化したり,失業や離婚等生活が破綻してしまう者も少なくない.患者の自己管理を支援するプログラムは地理的・時間的制約から十分に普及しておらず,プログラムを受講したとしてもその後効果が持続しない等の課題がある.こうした課題の解決のため,本研究ではインターネットを利用して他の患者とのコミュニケーションを図り,定期的な目標を設定し評価する機会を提供するアプリケーション(以下アプリ)を開発し,その効果を評価することを目的としている. 2018年度はアプリを開発するため,既存の健康管理アプリの情報収集,慢性疾患家じゃを対象としたニーズ調査を行った.ニーズ調査では,国内在住の慢性患者を対象としたフォーカスグループインタビューを2回行い,アプリの機能等への要望を聴取した. その結果,当初構想していた機能(目標の作成補助,目標達成の履歴,ソーシャル機能,リマインダ機能)については必要であるという賛同が得られた.また,これらに加え,目標を達成するごとに報酬をもらえるような達成度要素があると継続できるのではないかという意見や,ソーシャル機能は使用せず,個人的に使いたいというニーズがあることが明らかになった.そのため,ソーシャル機能を含めて使用する機能を細かく設定できるような機能を盛り込む必要があると考えられた.以上の結果を踏まえて,必要な機能をまとめ,アプリ開発の委託先の検討をすることとなった.
  • HIV陽性者の肯定的対処と<生>再構築を促す統合的Web支援ツール開発と評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2017年04月 - 2021年03月  
    総4年間にわたるプロジェクトの初年度は「形成フェーズ」として位置づけ、主に4つの研究を行った。「1)HIV陽性者Web調査データをもとにした形成的2次分析」は、2016-17年に実施したHIV陽性者対象の調査での有効回答1,038名分のデータ及び2013-14年に実施した913名分のデータをもとに、一部マッチングも行い、パネル調査としてのデータベースを作成した。これらをもとに、肯定的指標に関する縦断分析等を試行しようとしている途上段階である。「2)患者支援Web/eラーニング活用事例調査とレビュー」では、2007年から2017年までに発行された学術論文を調査対象とし、医学中央雑誌データベース及びPubMedデータベースから「インターネット 支援 患者 HIV」「Internet patient support HIV」のキーワードを組み合わせ文献調査した。結果として、日本語文献は見当たらず、英語文献は35件を抽出し、それらの内容をレビューした。対照群を設けた介入研究はほぼ存在せず、介入前後での指標となる変数での変化を見たものや、介入そのものの実践報告に近いものなどが主流であり、指標となる変数も様々なものが用いられ、統一性は見受けられなかった。「3)Web支援ツール開発に向けた「ナレッジリポジトリ」作成」「4)病いへの対処、<生>再構築、Webを用いた健康支援に関する理論と先行研究の整理」は、上記1)と2)を統合して実施するものであるが、得たデータの複雑さ等から構築途上の段階で初年度は終了した。得られた成果については、日本エイズ学会等の学術集会・大会での発表を実施し、また2018年度については第22回国際エイズ会議での報告をする予定になっている。
  • ヘルスリテラシーとストレス対処力の形成により生涯学び成長する介入モデルの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 - 2020年03月  
    平成30年度は、以下6つのことに取り組んだ。1.理論的基盤の整理:ヘルスリテラシー(以下、HL)向上に有望とされる介入について、IROHLAが開発した包括的なHL介入モデルを中心に、理論的基盤の整理を行った。 2.コミュニティカフェを対象とした調査:HLを向上する可能性が高い介入の一つであるコミュニティカフェに着目し、コミュニティカフェの活動内容とヘルスリテラシーの関連について文献検討を行い、コミュニティカフェを対象にインタビューを実施した。質問紙調査を計画している。 3.女性のセルフヘルプグループ(以下、SG)を対象とした調査:女性のHLを向上する可能性が高い介入の一つとしてSGに着目し、SGとエンパワメントについて文献検討を行い、質問紙調査を計画した。 4.高校生を対象とした調査:高校生のHLの獲得に関連する経験及び資源に関する文献検討を行い、質問紙調査を計画した。 5.HL及び健康生成力SOCのWebアンケート調査:Webサイト「健康を決める力」のトップページやSNSなど各種メディアから調査協力への案内を見た人を対象に、HL・SOCと意思決定のスキルや情報の信頼性の確認の実施有無、健康や医療の情報源に関する利用意向並びに既存のコンテンツの閲覧状況との関連を明らかにし、HL・SOC向上のためのコンテンツ開発の資料とする調査を計画した。 6.HLと情報源、サポート資源、健康情報の見極め方に関する質問紙調査:実施した質問紙調査について前年度から引き続き分析を行い、学会にて成果発表を行った。
  • Healthy Work Environmentを実現する看護管理モデルの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 - 2019年03月  
    本研究では、看護管理者が、「働き続けたいと希望している看護職者が健康的にできるだけ長く就業継続できるようなHealthy Work Environment(HWE)」を実現できるよう、1)HWE特性を反映した質問セットを作成し、看護職の健康状態や退職行動等の予測因子を明らかにすること、2)1)の解析結果や組織管理に関する理論枠組等をもとに、HWE の実現に必要な看護管理者の役割を明確化し、HWEを実現するための看護管理モデルを開発することを目指した。 前年度の予定外の質問紙調査実施の遅れにより、2018年度の研究計画を修正した。具体的には、2017年度終わりに実施した質問紙調査への回答の電子化作業(データ入力)等を2018年度に組み入れた。全24病院の看護部の協力を得て行った当該質問紙調査に対し、予想以上の人数の看護職による回答があったため、回答の電子化作業に時間を要し、このことは2018年度の研究の進捗にも影響を与えた。そのため、2018年度中に、HWEを実現するための看護管理モデルの開発(前述の2))には至ることができなかった。2018年度には、2016年度・2017年度に実施した無記名自記式質問紙調査の全体像をまとめ、HWE特性に関わる尺度や概念について分析した結果を学術集会等で公表した。また、管理職向けの質問項目に対する看護管理者による回答から、看護管理者によるHWEの実現の前提となるような、マネジメント力育成における課題、即ち看護管理者としての教育・学習機会の必要性が明らかになった。 今後、これまで実施した質問紙調査への回答について詳細に分析し本研究の当初の目的達成を目指していくとともに、2018年度の分析に基づいて明らかになった、HWE実現の基盤となる、マネジメント力育成における課題の解決に向けた研究へも取り組んでいく。
  • ディシジョンエイドを活用した意思決定支援のエビデンスを系統的に学ぶプログラム開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
    研究期間:2016年08月 - 2018年03月  
    医療には、どの選択肢にも利益と不利益があり、決めるのが難しい選択がある。本研究は、医療者が、ディシジョンエイド(選択肢と決め方をわかりやすく示すガイド)を用いて患者中心の意思決定支援ができるよう、そのエビデンスを系統的に学べる学習プログラムを開発することを目的とした。文献検討および日本で開発されたディシジョンエイドのうち入手可能な6件の国際基準を用いた評価結果を踏まえ、医療者向けの学習プログラムを開発した。
  • 循環器疾患発症と死亡に及ぼす慢性腎臓病のリスクの定量的評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 - 2018年03月  
    健診を受診した地域一般住民24,624名の前向き追跡調査をもとに、2012KDIGOガイドラインCKDステージ分類別(G1からG4)に死亡・脳卒中罹患・心筋梗塞罹患・心不全罹患・透析治療新規開始の粗罹患率(/1000人年)と、G1を基準とした性年齢調整相対危険を年齢別(40-69歳と70歳以上)にポアソン回帰分析で求めた。中年群ではCKDステージが上がるほど死亡と心不全罹患の相対危険は上昇し、高齢群では CKDステージが上がるほど死亡・脳卒中・心不全の相対危険が上昇していく関係性が観察された。透析治療に関しては、中年・高齢群ともにステージが上がるほど指数関数的な相対危険の上昇が観察された。
  • 対面・オンラインでピアサポートを提供する慢性疾患患者の負担感・満足感に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間:2014年04月 - 2018年03月  
    本研究では,ピアサポート活動をしている者の負担感と満足感の関連要因を検討すること,負担感や満足感がピアサポート活動をしている者の健康に与える影響を明らかにすることを目的とした.国内のピアサポート活動団体に所属する者を対象に質問紙調査を行い回答を分析した.その結果,ピアサポート活動では若年者の方が満足感を感じていること,配偶者がいる者では負担感が高く家庭生活との両立が困難であること,活動における役割が多い者で負担感が高いことが示唆された.また,負担感,満足感は精神健康に関連しており,負担感を低め満足感を高めることでピアサポート活動をしている者の精神健康を良好に保つことができる可能性が示唆された.
  • 東日本大震災被災者の健康課題の把握とITを用いた支援方法の開発に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2014年04月 - 2017年03月  
    東日本大震災の被災地において、特に市町村保健師や市町村栄養士が家庭訪問等において健診データを有効に活用し、タイムリーに支援に結び付けることが可能となるシステムを開発し、今後数年間に予想される、仮設住宅居住者の健康悪化を防止する方法論を開発することを目的としている。自治体では被災者健診の他、特定健診、特定保健指導のデータが蓄積されており、さらに家庭訪問によって得られた血圧等のデータが集積されている。これらのデータを縦断的に連結することにより、心の健康度、睡眠障害、血圧、血糖等の健康診査結果において優先順位の高い住民を短時間に抽出し効率的な支援を実施することが可能となった。
  • 全国代表サンプルによるストレス対処力SOCを規定する社会的要因に関する実証研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2013年04月 - 2017年03月  
    本研究は、日本国民を対象とした国民代表サンプルデータ、並びに、スコットランド、カナダの二次データを用いストレス対処力sense of coherence(SOC)について検討した。第1にSOC-13スケールの標準化が行われ国民標準得点を得た。SOCはスコットランド、カナダより低い得点となっていた。第2に、過去の家族との経験、社会経済的要因とSOCの関連性が明らかになった。第3に、ソーシャルキャピタル、心理社会的な環境評価とSOCとの関連性、並びに、スコットランドにおいても同様の関連性が見られた。
  • 慢性疾患患者を対象としたピアサポートの提供者の技術形成と支援に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間:2011年04月 - 2015年03月  
    本研究では,慢性疾患患者のケアのためのピアサポート活動において,ピアサポーターが活動の中で感じる困難およびその困難を解決するための支援ニーズを明らかにすること,ピアサポート技術に関連する要因を明らかにすることを目的として,面接調査と質問紙調査を行った.その結果,ピアサポーターは活動組織内の人間関係や他の活動・生活との両立に困難を感じていることが明らかになった.また,活動期間の長さや活動頻度の多さ,ピアサポート活動に対する満足度の高さとピアサポート技術の高さが有意に関連していた.さらに,相談事例の共有・検討に参加している者でピアサポート技術が高い傾向が認められた.
  • ヘルスリテラシー不足の患者・家族・市民を発見・支援する看護学習コンテンツ開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2011年04月 - 2015年03月  
    ヘルスリテラシー、健康関連の情報を獲得し理解し評価し適用する能力は健康とWell-beingの中心的要素である。本研究では、先行研究と欧米のヘルスリテラシーに関する情報サイトを基に、我が国のヘルスリテラシー不足の患者・家族・市民を支援する看護学習コンテンツを開発しサイトに掲載しプロセス評価を実施した。その結果、サイト全体への満足度は9割程度、他者に勧めたい割合は8割を超えた。またヘルスリテラシー向上の効果を評価するため2種類のヘルスリテラシー尺度の開発とそれぞれの調査を行い、それぞれの尺度の信頼性と妥当性を確認した。
  • 高校生の生きる力・ストレス対処能力SOCの形成・発達に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(スタートアップ)
    研究期間:2008年 - 2009年  
    2008年度、2009年度の、5月、11月、2月に、本調査対象校中央大学附属高等学校の2007年度、2006年度入学生を対象とし、6回の調査を実施した。そこで、2007年に実施したデータと合わせて、1年生の5月から3年生の2月まで計9回にわたり測定されたsense of coherence(SOC)スコア変動および、その変動に及ぼす要因の探索を行った。その結果、中学時代の課題に対する成果、成功経験や、高校生初期の教師との関係、あるいは、教師によって作り出される受容的な環境が、その後のSOCの上昇を大きく左右していること、学校に対する誇りや居場所感とも言えるような学校における所属感覚もまた、大きくSOCの変動を左右していることが明らかとなった。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 統計演習 (順天堂大学医療看護学部)
  • 健康社会学 (聖路加国際大学)
  • 公衆衛生学・疫学 (聖路加国際大学)
  • 統計学 (順天堂大学医療看護学部)
  • 保健医療論II (東京医療センター附属東が丘看護助産学校看護学科)
  • 公衆衛生学実習 (帝京医学技術専門学校臨床検査学科)
  • 看護情報統計学 (東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科)
  • 高等統計学 (聖路加国際大学大学院看護学研究科)
  • 医療統計学 (東京慈恵会医科大学大学院看護学専攻)
  • 応用統計学 (順天堂大学大学院医療看護学研究科)
  • 公衆衛生学実習 (岩手医科大学医学部医学科)
  • 疫学・環境医学 (岩手医科大学医学部医学科)
  • 公衆衛生学 (岩手看護専門学校)
  • 保健統計学 (聖路加国際大学,帝京科学大学医療科学部看護学科)