詳細検索はこちら

金盛 琢也 カナモリ タクヤ

所属・職名:老年看護学  助教
連絡先:takuya-kanamori[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL: 
更新日: 17/05/31 05:10

研究者基本情報

学位

  • 看護学修士

プロフィール

    成人・高齢者と家族の看護領域

学歴

  • 聖路加看護大学 大学院博士前期課程

経歴

  • 2014年08月聖路加国際大学(助教)

委員歴

  • 2016年04月- 現在日本老年看護学会 政策検討委員会 委員
  • 2016年04月- 現在日本老年看護学会 研究教育活動推進委員会 委員
  • 2016年04月- 現在聖路加看護学会 学会誌編集委員会 委員

研究活動情報

論文

  • 都市部多世代交流型デイプログラムにおける参加高齢者特性および活動内容別の世代間交流の評価
    金盛琢也、亀井智子、山本由子
    日本世代間交流学会誌 6(1) 83-88 2017年01月 [査読有り]
  • 慢性疾患を持つ高齢者と医療職間の討議にもとづく「アドバンスケアプラン」の終末期医療における意思決定に関する有効性:システマティックレビューおよびメタアナリシス
    金盛, 琢也
     2013年03月

書籍等出版物

  • テレナーシング実践ガイドライン
    亀井智子,山本由子,金盛琢也,亀井延明,中山優希,梶井文子
    共著
    ワールドプランニング 2013年05月
  • 高齢者のせん妄ケアQ&A―急性期から施設・在宅ケアまで
    長谷川真澄,千吉良綾子,谷口好美,松本美香,金盛琢也,杉本智子,桑原良子,梶井文子,堀之内園子,山本由子,上野まり,亀井智子,木戸芳史
    共著
    中央法規出版 2013年04月
  • 新体系看護学全書 老年看護学②
    亀井智子、杉本知子、島田美紀代、佐伯恭子、桑原良子、長谷川真澄、木島輝美、島谷めぐみ、金盛琢也、山本由子、山元智穂
    消火器系の疾患と看護
    メヂカルフレンド社 2016年12月
  • 新体系看護学全書 老年看護学①
    亀井智子、山本由子、糸井和佳、金盛琢也、木島輝美、飯岡由紀子、川上千春、堀内園子、六角僚子
    共著
    急性期における看護
    メヂカルフレンド社 2016年12月
  • ナースが知っておきたい認知症の薬物療法・非薬物療法
    金盛琢也
    照林社 エキスパートナース32巻8号 2016年07月

講演・口頭発表等

  • 虚弱高齢者と子どもの交流を促進する世代間交流看護支援方法の検討-混合研究法を用いて
    金盛琢也
    日本看護科学学会 2015年12月
  • Effects of diabetes management and perception of type 2 diabetic patient received home-monitoring based telenursing,‘two cases study’
    takuya kanamori,Tomoko KAMEI , Yuko YAMAMOTO , Yuki NAKAYAMA , Nobuaki KAMEI , Ikuo TOFUKUJI , Noritaka NAKAJIMA
    Successes and Failures in Telehealth 2015 2015年11月 6th Annual meeting of the Australasian Telehealth Society
  • 病床をもつ在宅療養支援診療所における一年間の死亡者の遡及調査
    金盛琢也, 小山宰, 松尾良美, 平原佐斗司, 氷室京子, 鑓水理恵子
    第23回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会 2015年08月
  • 高齢患者との討議によるアドバンスケアプランニングの事前指示書作成促進効果の評価
    金盛琢也
    日本老年看護学会第18回学術集会 2013年06月
  • Intergenerational day program over 7 years in a Japanese urban community」
    Tomoko Kamei, Yuko Yamamoto, Takuya kanamori
    Generations United 16th Internatinal Conference 2015年07月
  • A Study on a Method of Telenursing Support for the Elderly with Type II Diabetes Mellitus; Based on Trial Administration in Four patients
    Takuya KANAMORI, Tomoko KAMEI, Yuko YAMAMOTO, Yuki NAKAYAMA, Nobuaki KAMEI, Ikuo TOFUKUJI, Noritaka NAKAJIMA.
    Successes and Failures in Telehealth 2016 2016年11月
  • 高齢慢性疾患患者におけるテレナーシングの ソーシャル・サポートへの影響 ―混合研究法による分析―
    金盛琢也、亀井智子、山本由子
    第22回聖路加看護学会学術大会 2016年09月
  • 転倒予防実践講座SAFETY on! 参加高齢者に対する啓発用教材の転倒予防効果
    金盛琢也、亀井智子、山本由子、梶井文子、杉本知子、入江由香子、新野直明
    日本老年看護学会第21回学術集会 2016年07月
  • 後方支援病床における入院高齢者に対する多職種ケアプログラム
    金盛琢也
    第18回日本在宅医学会大会 2016年07月

MISC

  • 米国ミシガン大学老年医学センターおよび関連施設における高齢者を中心とした高度実践看護と学際的チームアプローチ研修報告 ―老年看護学大学院教育への応用―
    亀井智子,梶井文子,山本由子,松本美香,糸井和佳,千吉良綾子,金盛琢也,渡辺麗子
    聖路加看護大学紀要(38) 29-33 2012年03月
    〔要旨〕 2011 年8 月,本学老年看護学の博士前期・後期課程大学院生,教員,臨床教員等のチームは,米国ミシガン大学老年医学センターおよび関連機関において,高齢者を中心とした学際的チームアプローチと高度実践看護を学ぶ研修に参加した。 本研修から,Elderly-centered Advanced Nursing,およびElderly-centered Interdisciplinary Team Approachを推進する人材を本大学院老年看護学で教育する上では,Elderly-centered Primary Care の実践力を強化するための多様な場における実践実習の充実,および高齢者や多職種チーム内に生じている課題を理解し,リーダーの役割を発揮しながら課題に応じて柔軟にチームを構築してチーム力を最大に発揮できる力をつけることが不可決であると考えられた。今後本学の老年看護学大学院教育においてはこれらを加味する必要性があげられた。

競争的資金

  • 在宅療養高齢者の急性期入院ケアを支える学際的チームケアプログラムの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業(若手B)
    研究期間:2015年04月 - 2018年03月  代表者:金盛琢也
  • テレナーシングを受ける高齢慢性疾患患者における遠隔看護指導のソーシャルサポートへの影響-混合研究法を用いた分析
    聖路加看護学会:2015年度研究助成
    研究期間:2015年04月 - 2016年03月  代表者:金盛琢也
  • 下肢人工関節置換術後の高齢者の退院後早期の転倒を予防する包括的転倒予防プログラムの開発と評価
    日本私立看護系大学協会:若手研究者研究助成
    研究期間:2016年08月 - 2018年03月  代表者:金盛琢也