詳細検索はこちら

福井 次矢 フクイ ツグヤ

所属・職名:理事・学長  医師
連絡先:
URL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50208930.ja.html 
更新日: 17/05/31 05:02

研究者基本情報

学位

  • 医学博士

経歴

  • 1998年- 2003年京都大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 境界医学 / 医療社会学
  • 社会医学 / 公衆衛生学・健康科学

研究キーワード

    模擬診療型臨床実習 , 臨床実習の法的側面 , 総合診療 , 評価 , 全国共用試験 , 医療の質 , 定義 , 臨床実習 , アンケート調査 , 退院 , 質問紙票 , 臨床医学科目 , 分類 , 社会的入院 , USMLE Step1 , 入院・退院基準 , 臨床実習の倫理的側面 , 迷信 , 退院日決定プロセス , 知識・技能の評価 , 診療参加型臨床実習 , 医療費 , 到達目標 , 基礎医学科目 , 臨床研究 , 見学型臨床実習 , 臨床実習カリキュラム , OSCE , CBT , 医師・患者関係

論文

  • Having a Mentor or a Doctoral Degree Is Helpful for Mid-Career Physicians to Publish Papers in Peer-Reviewed Journals.
    Takenoshita S, Nomura K, Ohde S, Deshpande GA, Sakamoto H, Yoshida H, Urayama K, Bito S, Ishida Y, Shimbo T, Matsui K, Fukui T, Takahashi O
    The Tohoku journal of experimental medicine 239(4) 325-331 2016年 [査読有り]
  • 第44回大会教育講演3「健診におけるエビデンスについて」
    福井 次矢
    総合健診 43(1) 101-101 2016年
  • 【医療の質の定量評価で現場を動かす QIを使った現場マネジメント】 (Part 1)改善のためのモチベーションとなるQI 病院文化の醸成やブランド力向上にも
    福井 次矢
    医療経営士(17) 14 2015年11月
  • これからの医療とわれわれに求められるもの(特別講演3,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-)
    福井 次矢
    日本医療薬学会年会講演要旨集 25 2015年10月
  • 病院機能における医療の質と病院管理
    福井 次矢
    日本医療・病院管理学会誌 52(Suppl.) 24 2015年10月
  • 医療の質と安全におけるエビデンス 研究と実務における課題 医療の質と安全の向上を目指した実務から学んだこと
    福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 10(Suppl.) 158 2015年10月
  • 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の概要
    福井 次矢
    日本保険医学会誌 113(3) 206 2015年09月
  • Association of weight gain since age 20 with non-alcoholic fatty liver disease in normal weight individuals.
    Kimura T, Deshpande GA, Urayama KY, Masuda K, Fukui T, Matsuyama Y
    Journal of gastroenterology and hepatology 30(5) 909-917 2015年05月 [査読有り]
  • Bone mineral density: reference values and correlates for Bangladeshi women aged 16-65 years.
    Begum RA, Ali L, Takahashi O, Fukui T, Rahman M
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 20(3) 522-528 2015年05月 [査読有り]
  • 【DPCII群病院への取り組み】 聖路加国際病院のDPCII群病院への取り組み
    野村 牧人;福井 次矢
    病院経営Master 4(5) 16 2015年04月
  • これからの病院医療(Part2) Quality Indicator(QI)を用いた医療の質管理
    福井 次矢;日本病院会QI委員会
    日本病院会雑誌 62(4) 408 2015年04月
  • Differential time trends of outcomes and costs of care for acute myocardial infarction hospitalizations by ST elevation and type of intervention in the United States, 2001-2011.
    Sugiyama T, Hasegawa K, Kobayashi Y, Takahashi O, Fukui T, Tsugawa Y
    Journal of the American Heart Association 4(3) e001445 2015年03月 [査読有り]
  • 医療・医学のサイエンスとアート
    篠原 幸人;寺岡 慧;福井 次矢;岩井 郁子;永山 正雄
    日本POS医療学会雑誌 19(1) 28 2015年03月
  • ポータブル胸部X線撮影減少計画の意義
    馬場 洋行;水野 篤;新沼 廣幸;西 裕太郎;福井 次矢
    日本集中治療医学会雑誌 22(Suppl.) [DP47 2015年01月
  • Association of weight gain since age 20 with non-alcoholic fatty liver disease in normal weight individuals.
    Kimura Takeshi;Deshpande Gautam A;Urayama Kevin Y;Masuda Katsunori;Fukui Tsuguya;Matsuyama Yutaka
    Association of weight gain since age 20 with non-alcoholic fatty liver disease in normal weight individuals. 30(5) 2015年
    BACKGROUND AND AIMS:Interventions for lifestyle diseases including non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) have focused on overweight and obese populations. The impact of adult weight gain on NAFLD development among normal weight individuals remains unclear.;METHODS:In this cross-sectional study, we collected data from participants presenting to a health check-up program. Ultrasound-diagnosed NA
  • Differential time trends of outcomes and costs of care for acute myocardial infarction hospitalizations by ST elevation and type of intervention in the United States, 2001-2011.
    Sugiyama Takehiro;Hasegawa Kohei;Kobayashi Yasuki;Takahashi Osamu;Fukui Tsuguya;Tsugawa Yusuke
    Differential time trends of outcomes and costs of care for acute myocardial infarction hospitalizations by ST elevation and type of intervention in the United States, 2001-2011. 4(3) 2015年
    BACKGROUND:Little is known whether time trends of in-hospital mortality and costs of care for acute myocardial infarction (AMI) differ by type of AMI (ST-elevation myocardial infarction [STEMI] vs. non-ST-elevation [NSTEMI]) and by the intervention received (percutaneous coronary intervention [PCI], coronary artery bypass grafting [CABG], or no intervention) in the United States.;METHODS AND RESUL
  • Osteopenia and osteoporosis among 16-65 year old women attending outpatient clinics.
    Begum RA, Ali L, Akter J, Takahashi O, Fukui T, Rahman M
    Journal of community health 39(6) 1071-1076 2014年12月 [査読有り]
  • A predictive rule for mortality of inpatients with Staphylococcus aureus bacteraemia: A classification and regression tree analysis.
    Kobayashi D, Yokota K, Takahashi O, Arioka H, Fukui T
    European journal of internal medicine 25(10) 914-918 2014年12月 [査読有り]
  • Transparency of Clinical Studies 臨床研究と透明性 Scope and Direction of Emerging Japanese Guidelines on Human Subjects「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」について
    福井 次矢
    臨床薬理 45(Suppl.) S190 2014年11月
  • [Discussion Meeting on "The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine" by looking back on the past].
    Yamashina A, Nakagawa M, Fukui T, Gotoda T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 103(10) 2553-2567 2014年10月 [査読有り]
  • 降圧薬評価のパラダイムシフト 降圧の質の向上を目指して 左室肥大を考慮した降圧治療
    水野 篤;丹羽 公一郎;西 裕太郎;福井 次矢
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 37回 271 2014年10月
  • 我々の目指すべき医療の質とは? 医療の質を測定し改善する
    小松 康宏;嶋田 元;福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 9(Suppl.) 115 2014年10月
  • [111th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine: Panel Discussion: Internal medicine creating future health care; 3. To enhance the quality of care through the fusion of biomedicine and public health].
    Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 103(9) 2207-2213 2014年09月 [査読有り]
  • 未来の医療を創造する内科学 診療の質の向上 求められる生物医学と公衆衛生学との融合
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 103(9) 2207 2014年09月
  • 【皮膚科の「医療の質」を考える-QIを知っていますか?】 Quality Indicatorを用いた医療の質管理
    福井 次矢
    Visual Dermatology 13(10) 1086 2014年09月
  • Differences in residents' self-reported confidence and case experience between two post-graduate rotation curricula: results of a nationwide survey in Japan.
    Ohde S, Deshpande GA, Takahashi O, Fukui T
    BMC medical education 14 141 2014年07月 [査読有り]
  • Factors influencing timing of neonatal discharge in Japan: retrospective study.
    Ishida Y, Nagaoki Y, Nakagawa M, Hirata M, Shimabukuro R, Kusakawa I, Hosoya R, Fukui T
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 56(3) 382-388 2014年06月 [査読有り]
  • Image-enhanced, chromo, and cap-assisted colonoscopy for improving adenoma/neoplasia detection rate: a systematic review and meta-analysis.
    Omata F, Ohde S, Deshpande GA, Kobayashi D, Masuda K, Fukui T
    Scandinavian journal of gastroenterology 49(2) 222-237 2014年02月 [査読有り]
  • アンケート結果に基づく座談会 第1部:「日本内科学会雑誌を振り返る」
    山科 章;中川 正法;福井 次矢;後藤田 卓志
    日本内科学会雑誌 103(10) 2553-2567 2014年
  • 3.診療の質の向上:求められる公衆衛生学との融合
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 103(0) 110b-110b 2014年
  • 3.診療の質の向上―求められる生物医学と公衆衛生学との融合―
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 103(9) 2207-2213 2014年
  • Factors influencing timing of neonatal discharge in Japan: retrospective study.
    Ishida Yasushi;Nagaoki Yuko;Nakagawa Machiko;Hirata Michio;Shimabukuro Rinshu;Kusakawa Isao;Hosoya Ryota;Fukui Tsuguya
    Factors influencing timing of neonatal discharge in Japan: retrospective study. 56(3) 2014年
    BACKGROUND:The aim of this study was to evaluate the birth and discharge dates of neonates and analyze their distribution over days of the week and the old lunar calendar.;METHODS:A retrospective study of the neonates discharged in the years 1990, 2000, 2005, and 2010 was conducted in a general hospital in Tokyo, Japan. Data are represented as odds ratios (OR) of the total number of discharges per
  • Image-enhanced, chromo, and cap-assisted colonoscopy for improving adenoma/neoplasia detection rate: a systematic review and meta-analysis.
    Omata Fumio;Ohde Sachiko;Deshpande Gautam A;Kobayashi Daiki;Masuda Katsunori;Fukui Tsuguya
    Image-enhanced, chromo, and cap-assisted colonoscopy for improving adenoma/neoplasia detection rate: a systematic review and meta-analysis. 49(2) 2014年
    OBJECTIVE:The effectiveness of narrow band imaging (NBI), chromoendoscopy (CE), and cap-assisted colonoscopy (CAC) on adenoma detection rate (ADR) has been investigated in previous meta-analyses; however, there have been no meta-analyses of autofluorescence imaging (AFI) or flexible spectral imaging color enhancement (FICE) or i-scan. The aim of this study was to determine whether AFI and FICE/i-s
  • Differences in residents' self-reported confidence and case experience between two post-graduate rotation curricula: results of a nationwide survey in Japan.
    Ohde Sachiko;Deshpande Gautam A;Takahashi Osamu;Fukui Tsuguya
    Differences in residents' self-reported confidence and case experience between two post-graduate rotation curricula: results of a nationwide survey in Japan. 14 2014年
    BACKGROUND:In Japan, all trainee physicians must begin clinical practice in a standardized, mandatory junior residency program, which encompasses the first two years of post-graduate medical training (PGY1 - PGY2). Implemented in 2004 to foster primary care skills, the comprehensive rotation program (CRP) requires junior residents to spend 14 months rotating through a comprehensive array of clinic
  • A predictive rule for mortality of inpatients with Staphylococcus aureus bacteraemia: A classification and regression tree analysis.
    Kobayashi Daiki;Yokota Kyoko;Takahashi Osamu;Arioka Hiroko;Fukui Tsuguya
    A predictive rule for mortality of inpatients with Staphylococcus aureus bacteraemia: A classification and regression tree analysis. 25(10) 2014年
    OBJECTIVE:To create a predictive rule to identify risk factors for mortality among patients with Staphylococcus aureus bacteraemia (SAB).;DESIGN, SETTING AND PATIENTS:This was a retrospective cohort study of all adult patients with SAB at a large community hospital in Tokyo, Japan, from April 1, 2004 to March 31, 2011. Baseline data and clinically relevant factors were collected from electronic ch
  • A prediction rule for the development of delirium among patients in medical wards: Chi-Square Automatic Interaction Detector (CHAID) decision tree analysis model.
    Kobayashi D, Takahashi O, Arioka H, Koga S, Fukui T
    The American journal of geriatric psychiatry : official journal of the American Association for Geriatric Psychiatry 21(10) 957-962 2013年10月 [査読有り]
  • Japan Hospital Association QI Project 2011: results and future issues.
    Horikawa C, Wakita N, Shimada G, Fukui T
    Japan-hospitals : the journal of the Japan Hospital Association(32) 17-22 2013年07月 [査読有り]
  • Association between parental preference and head computed tomography in children with minor blunt head trauma.
    Ishida Y, Manabe A, Oizumi A, Otani N, Hirata M, Urayama K, Saida Y, Kusakawa I, Fukui T
    JAMA pediatrics 167(5) 491-492 2013年05月 [査読有り]
  • High sleep duration variability is an independent risk factor for weight gain.
    Kobayashi D, Takahashi O, Shimbo T, Okubo T, Arioka H, Fukui T
    Sleep & breathing = Schlaf & Atmung 17(1) 167-172 2013年03月 [査読有り]
  • Optimal cervical cytology mass screening interval for cervical cancer.
    Kobayashi D, Takahashi O, Hikosaka C, Okubo T, Fukui T
    Archives of gynecology and obstetrics 287(3) 549-554 2013年03月 [査読有り]
  • The association between obesity and colorectal adenoma: systematic review and meta-analysis.
    Omata F, Deshpande GA, Ohde S, Mine T, Fukui T
    Scandinavian journal of gastroenterology 48(2) 136-146 2013年02月 [査読有り]
  • Risk factors for adverse reactions from contrast agents for computed tomography.
    Kobayashi D, Takahashi O, Ueda T, Deshpande GA, Arioka H, Fukui T
    BMC medical informatics and decision making 13 18 2013年01月 [査読有り]
  • Sex differences in the change in health-related quality of life associated with low back pain.
    Ono R, Higashi T, Takahashi O, Tokuda Y, Shimbo T, Endo H, Hinohara S, Fukui T, Fukuhara S
    Quality of life research : an international journal of quality of life aspects of treatment, care and rehabilitation 21(10) 1705-1711 2012年12月 [査読有り]
  • New diabetes diagnostic threshold of hemoglobin A(1c) and the 3-year incidence of retinopathy.
    Tsugawa Y, Takahashi O, Meigs JB, Davis RB, Imamura F, Fukui T, Taylor WC, Wee CC
    Diabetes 61(12) 3280-3284 2012年12月 [査読有り]
  • [Patient safety and quality of medical care. Editorial: From evidence-based medicine to PDCA cycle].
    Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 101(12) 3365-3367 2012年12月 [査読有り]
  • [Patient safety and quality of medical care. Topics: I. Incident and accident in hospital: Current situation; 4. Accidental falls and prevention program among inpatients].
    Ohde S, Terai M, Takahashi O, Oizumi A, Takekata M, Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 101(12) 3396-3403 2012年12月 [査読有り]
  • [Patient safety and quality of medical care. Topics: II. Measurement and improvement of quality of medical care; 1. Measurement of quality of healthcare: Promotion project by Ministry of Health, Labour and Welfare].
    Shimada G, Horikawa C, Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 101(12) 3413-3418 2012年12月 [査読有り]
  • [Patient safety and quality of medical care. Topics: II. Measurement and improvement of quality of medical care; 3. Improvement of medical care: experiences of a teaching hospital in Tokyo].
    Fukui T, Shimada G, Wakita N, Horikawa C, Terai M, Ohde S, Komatsu Y
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 101(12) 3432-3439 2012年12月 [査読有り]
  • [Discussion meeting on patient safety and quality of medical care].
    Fukui T, Sasaki Y, Shinya H, Ito K, Ezaki H
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 101(12) 3491-3504 2012年12月 [査読有り]
  • [General physician and internist: 2. Necessity and perspective of generalist physician specialization].
    Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 101(12) 3547-3552 2012年12月 [査読有り]
  • The optimal screening interval for gastric cancer using esophago-gastro-duodenoscopy in Japan.
    Kobayashi D, Takahashi O, Arioka H, Fukui T
    BMC gastroenterology 12 144 2012年10月 [査読有り]
  • The new Japanese postgraduate medical education and quality of emergency medical care.
    Tokuda Y, Goto E, Otaki J, Omata F, Shapiro M, Soejima K, Ishida Y, Ohde S, Takahashi O, Fukui T
    The Journal of emergency medicine 43(3) 494-501 2012年09月 [査読有り]
  • Association between weight gain, obesity, and sleep duration: a large-scale 3-year cohort study.
    Kobayashi D, Takahashi O, Deshpande GA, Shimbo T, Fukui T
    Sleep & breathing = Schlaf & Atmung 16(3) 829-833 2012年09月 [査読有り]
  • [109th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine: educational lecture: 10. The legal implications of practice guidelines].
    Fukui T, Kuwabara H
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 101(9) 2706-2711 2012年09月 [査読有り]
  • [Evaluation of the practice guidelines and quality indicators].
    Shimada H, Onodera H, Fukui T
    Nihon Geka Gakkai zasshi 113 Suppl 3 20-22 2012年08月 [査読有り]
  • The effectiveness of a multidisciplinary QI activity for accidental fall prevention: staff compliance is critical.
    Ohde S, Terai M, Oizumi A, Takahashi O, Deshpande GA, Takekata M, Ishikawa R, Fukui T
    BMC health services research 12 197 2012年07月 [査読有り]
  • Association between osteoporosis and sleep duration in healthy middle-aged and elderly adults: a large-scale, cross-sectional study in Japan.
    Kobayashi D, Takahashi O, Deshpande GA, Shimbo T, Fukui T
    Sleep & breathing = Schlaf & Atmung 16(2) 579-583 2012年06月 [査読有り]
  • Asthma severity is a risk factor for acute hypersensitivity reactions to contrast agents: a large-scale cohort study.
    Kobayashi D, Takahashi O, Ueda T, Arioka H, Akaishi Y, Fukui T
    Chest 141(5) 1367-1368 2012年05月 [査読有り]
  • Human atrial natriuretic peptide treatment for acute heart failure: a systematic review of efficacy and mortality.
    Kobayashi D, Yamaguchi N, Takahashi O, Deshpande GA, Fukui T
    The Canadian journal of cardiology 28(1) 102-109 2012年01月 [査読有り]
  • Factors affecting health care utilization for children in Japan.
    Ishida Y, Ohde S, Takahashi O, Deshpande GA, Shimbo T, Hinohara S, Fukui T
    Pediatrics 129(1) e113-9 2012年01月 [査読有り]
  • A global template for reforming residency without work-hours restrictions: decrease caseloads, increase education. Findings of the Japan Resident Workload Study Group.
    Deshpande GA, Soejima K, Ishida Y, Takahashi O, Jacobs JL, Heist BS, Obara H, Nishigori H, Fukui T
    Medical teacher 34(3) 232-239 2012年 [査読有り]
  • The relation between self-reported body weight and health-related quality of life: a cross-sectional study in Japan.
    Takahashi Y, Sakai M, Tokuda Y, Takahashi O, Ohde S, Nakayama T, Fukuhara S, Fukui T, Shimbo T
    Journal of public health (Oxford, England) 33(4) 518-526 2011年12月 [査読有り]
  • Diagnostic performance of quantitative fecal immunochemical test and multivariate prediction model for colorectal neoplasms in asymptomatic individuals.
    Omata F, Shintani A, Isozaki M, Masuda K, Fujita Y, Fukui T
    European journal of gastroenterology & hepatology 23(11) 1036-1041 2011年11月 [査読有り]
  • Introducing the Professionalism Mini-Evaluation Exercise (P-MEX) in Japan: results from a multicenter, cross-sectional study.
    Tsugawa Y, Ohbu S, Cruess R, Cruess S, Okubo T, Takahashi O, Tokuda Y, Heist BS, Bito S, Itoh T, Aoki A, Chiba T, Fukui T
    Academic medicine : journal of the Association of American Medical Colleges 86(8) 1026-1031 2011年08月 [査読有り]
  • Measuring the ability to interpret medical information among the Japanese public and the relationship with inappropriate purchasing attitudes of health-related goods.
    Takahashi Y, Sakai M, Fukui T, Shimbo T
    Asia-Pacific journal of public health / Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health 23(3) 386-398 2011年05月 [査読有り]
  • Epidemiology of potentially inappropriate medication use in elderly patients in Japanese acute care hospitals.
    Sakuma M, Morimoto T, Matsui K, Seki S, Kuramoto N, Toshiro J, Murakami J, Fukui T, Saito M, Hiraide A, Bates DW
    Pharmacoepidemiology and drug safety 20(4) 386-392 2011年04月 [査読有り]
  • A 2-week prognostic prediction model for terminal cancer patients in a palliative care unit at a Japanese general hospital.
    Ohde S, Hayashi A, Takahasi O, Yamakawa S, Nakamura M, Osawa A, Shapiro ML, Deshpande GA, Tokuda Y, Omata F, Ishida Y, Soejima K, Hinohara S, Fukui T
    Palliative medicine 25(2) 170-176 2011年03月 [査読有り]
  • Incidence of adverse drug events and medication errors in Japan: the JADE study.
    Morimoto T, Sakuma M, Matsui K, Kuramoto N, Toshiro J, Murakami J, Fukui T, Saito M, Hiraide A, Bates DW
    Journal of general internal medicine 26(2) 148-153 2011年02月 [査読有り]
  • Relation between metabolic syndrome and sleep duration in Japan: a large scale cross-sectional study.
    Kobayashi D, Takahashi O, Deshpande GA, Shimbo T, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 50(2) 103-107 2011年 [査読有り]
  • Associations between hours worked, symptoms and health resource utilization among full-time male Japanese workers.
    Sato K, Yamazaki S, Hayashino Y, Takegami M, Tokuda Y, Takahashi O, Shimbo T, Hinohara S, Fukui T, Fukuhara S
    Journal of occupational health 53(3) 197-204 2011年 [査読有り]
  • A1C to detect diabetes in healthy adults: when should we recheck?
    Takahashi O, Farmer AJ, Shimbo T, Fukui T, Glasziou PP
    Diabetes care 33(9) 2016-2017 2010年09月 [査読有り]
  • Meta-analysis: somatostatin or its long-acting analogue, octreotide, for prophylaxis against post-ERCP pancreatitis.
    Omata F, Deshpande G, Tokuda Y, Takahashi O, Ohde S, Carr-Locke DL, Jacobs JL, Mine T, Fukui T
    Journal of gastroenterology 45(8) 885-895 2010年08月 [査読有り]
  • Cost effectiveness of interferon-gamma release assay versus chest X-ray for tuberculosis screening of BCG-vaccinated elderly populations.
    Kowada A, Deshpande GA, Takahashi O, Shimbo T, Fukui T
    Molecular diagnosis & therapy 14(4) 229-236 2010年08月 [査読有り]
  • Quality of guideline development assessed by the Evaluation Committee of the Japan Society of Clinical Oncology.
    Shimbo T, Fukui T, Ishioka C, Okamoto K, Okamoto T, Kameoka S, Sato A, Toi M, Matsui K, Mayumi T, Saji S, Miyazaki M, Takatsuka Y, Hirata K
    International journal of clinical oncology 15(3) 227-233 2010年06月 [査読有り]
  • Undergraduate educational environment, perceived preparedness for postgraduate clinical training, and pass rate on the National Medical Licensure Examination in Japan.
    Tokuda Y, Goto E, Otaki J, Jacobs J, Omata F, Obara H, Shapiro M, Soejima K, Ishida Y, Ohde S, Takahashi O, Fukui T
    BMC medical education 10 35 2010年05月 [査読有り]
  • Gender differences in clinical confidence: a nationwide survey of resident physicians in Japan.
    Nomura K, Yano E, Fukui T
    Academic medicine : journal of the Association of American Medical Colleges 85(4) 647-653 2010年04月 [査読有り]
  • Lipid re-screening: what is the best measure and interval?
    Takahashi O, Glasziou PP, Perera R, Shimbo T, Suwa J, Hiramatsu S, Fukui T
    Heart (British Cardiac Society) 96(6) 448-452 2010年03月 [査読有り]
  • Population-level preferences for primary care physicians' characteristics in Japan: a structural equation modeling.
    Takahashi O, Ohde S, Jacobs JL, Tokuda Y, Yanai H, Okubo T, Shimbo T, Fukuhara S, Hinohara S, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 49(2) 125-130 2010年 [査読有り]
  • Patients' preferences for doctors' attire in Japan.
    Yamada Y, Takahashi O, Ohde S, Deshpande GA, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 49(15) 1521-1526 2010年 [査読有り]
  • Association between frequency of pruritic symptoms and perceived psychological stress: a Japanese population-based study.
    Yamamoto Y, Yamazaki S, Hayashino Y, Takahashi O, Tokuda Y, Shimbo T, Fukui T, Hinohara S, Miyachi Y, Fukuhara S
    Archives of dermatology 145(12) 1384-1388 2009年12月 [査読有り]
  • Professionalism Mini-Evaluation Exercise for medical residents in Japan: a pilot study.
    Tsugawa Y, Tokuda Y, Ohbu S, Okubo T, Cruess R, Cruess S, Ohde S, Okada S, Hayashida N, Fukui T
    Medical education 43(10) 968-978 2009年10月 [査読有り]
  • Assessing items on the SF-8 Japanese version for health-related quality of life: a psychometric analysis based on the nominal categories model of item response theory.
    Tokuda Y, Okubo T, Ohde S, Jacobs J, Takahashi O, Omata F, Yanai H, Hinohara S, Fukui T
    Value in health : the journal of the International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research 12(4) 568-573 2009年06月 [査読有り]
  • Use of surgical face masks to reduce the incidence of the common cold among health care workers in Japan: a randomized controlled trial.
    Jacobs JL, Ohde S, Takahashi O, Tokuda Y, Omata F, Fukui T
    American journal of infection control 37(5) 417-419 2009年06月 [査読有り]
  • Effects of candesartan and amlodipine on cardiovascular events in hypertensive patients with chronic kidney disease: subanalysis of the CASE-J Study.
    Saruta T, Hayashi K, Ogihara T, Nakao K, Fukui T, Fukiyama K, CASE-J Study Group
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 32(6) 505-512 2009年06月 [査読有り]
  • Residents' experience of scholarly activities is associated with higher satisfaction with residency training.
    Takahashi O, Ohde S, Jacobs JL, Tokuda Y, Omata F, Fukui T
    Journal of general internal medicine 24(6) 716-720 2009年06月 [査読有り]
  • Re: Prevention of traveler's diarrhea with probiotics.
    Takahashi O, Noguchi Y, Tokuda Y, Omata F, Fukui T
    Journal of clinical gastroenterology 43(2) 198-199 2009年02月 [査読有り]
  • Modifiable risk factors for colorectal neoplasms and hyperplastic polyps.
    Omata F, Brown WR, Tokuda Y, Takahashi O, Fukui T, Ueno F, Mine T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 48(3) 123-128 2009年 [査読有り]
  • Chronic hepatitis with eosinophilic infiltration associated with asthma.
    Omata F, Shibata M, Nakano M, Jacobs JL, Tokuda Y, Fukutake K, Takahashi O, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 48(22) 1945-1949 2009年 [査読有り]
  • Impact of miscommunication in medical dispute cases in Japan.
    Aoki N, Uda K, Ohta S, Kiuchi T, Fukui T
    International journal for quality in health care : journal of the International Society for Quality in Health Care / ISQua 20(5) 358-362 2008年10月 [査読有り]
  • Higher internality of health locus of control is associated with the use of complementary and alternative medicine providers among patients seeking care for acute low-back pain.
    Ono R, Higashi T, Suzukamo Y, Konno S, Takahashi O, Tokuda Y, Rhaman M, Shimbo T, Endo H, Hinohara S, Fukui T, Fukuhara S
    The Clinical journal of pain 24(8) 725-730 2008年10月 [査読有り]
  • Introducing a new medical school system into Japan.
    Tokuda Y, Hinohara S, Fukui T
    Annals of the Academy of Medicine, Singapore 37(9) 800-802 2008年09月 [査読有り]
  • The optimal target blood pressure for antihypertensive treatment in Japanese elderly patients with high-risk hypertension: a subanalysis of the Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan (CASE-J) trial.
    Ogihara T, Nakao K, Fukui T, Fukiyama K, Fujimoto A, Ueshima K, Oba K, Shimamoto K, Matsuoka H, Saruta T, CASE-J Trial Group
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 31(8) 1595-1601 2008年08月 [査読有り]
  • The shift of residents from university to non-university hospitals in Japan: a survey study.
    Nomura K, Yano E, Mizushima S, Endo H, Aoki M, Shinozaki H, Fukui T
    Journal of general internal medicine 23(7) 1105-1109 2008年07月 [査読有り]
  • Relationships between working status and health or health-care utilization among Japanese elderly.
    Tokuda Y, Ohde S, Takahashi O, Shakudo M, Yanai H, Shimbo T, Fukuhara S, Hinohara S, Fukui T
    Geriatrics & gerontology international 8(1) 32-40 2008年03月 [査読有り]
  • Effects of candesartan compared with amlodipine in hypertensive patients with high cardiovascular risks: candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan trial.
    Ogihara T, Nakao K, Fukui T, Fukiyama K, Ueshima K, Oba K, Sato T, Saruta T, Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan Trial Group
    Hypertension (Dallas, Tex. : 1979) 51(2) 393-398 2008年02月 [査読有り]
  • Prospective health diary study for new onset chest symptoms in the Japanese general population.
    Tokuda Y, Ohde S, Takahashi O, Shakudo M, Yanai H, Shimbo T, Fukuhara S, Hinohara S, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 47(1) 25-31 2008年 [査読有り]
  • Improvement of residents' clinical competency after the introduction of new postgraduate medical education program in Japan.
    Nomura K, Yano E, Aoki M, Kawaminami K, Endo H, Fukui T
    Medical teacher 30(6) e161-9 2008年 [査読有り]
  • Cost effectiveness of interferon-gamma release assay for tuberculosis contact screening in Japan.
    Kowada A, Takahashi O, Shimbo T, Ohde S, Tokuda Y, Fukui T
    Molecular diagnosis & therapy 12(4) 235-251 2008年 [査読有り]
  • [Effect of the new clinical training system. 1. Status of clinical training: results of a survey on university hospitals and hospitals participating in clinical training].
    Fukui T, Takahashi O, Tokuda Y, Ohde S, Nomura K, Yano E, Aoki M, Kimura T, Kawaminami K, Endo H, Mizushima S, Shinozaki H
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 96(12) 2681-2694 2007年12月 [査読有り]
  • [Effects brought about by the new system of clinical training: discussion].
    Fukui T, Goto E, Tanaka Y, Nishino H, Koori Y
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 96(12) 2758-2774 2007年12月 [査読有り]
  • Musculoskeletal pain in Japan: prospective health diary study.
    Tokuda Y, Ohde S, Takahashi O, Shakudo M, Yanai H, Shimbo T, Fukuhara S, Hinohara S, Fukui T
    Rheumatology international 28(1) 7-14 2007年11月 [査読有り]
  • Impact of improvement in specificity of primary screening test on total cost of prostate cancer mass screening.
    Kobayashi T, Goto R, Fukui T, Ogawa O
    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association 14(9) 805-810 2007年09月 [査読有り]
  • Health locus of control and use of conventional and alternative care: a cohort study.
    Tokuda Y, Takahashi O, Ohde S, Ogata H, Yanai H, Shimbo T, Fukuhara S, Hinohara S, Fukui T
    The British journal of general practice : the journal of the Royal College of General Practitioners 57(541) 643-649 2007年08月 [査読有り]
  • Cost-effectiveness of coronary artery disease screening in asymptomatic patients with type 2 diabetes and other atherogenic risk factors in Japan: factors influencing on international application of evidence-based guidelines.
    Hayashino Y, Shimbo T, Tsujii S, Ishii H, Kondo H, Nakamura T, Nagata-Kobayashi S, Fukui T
    International journal of cardiology 118(1) 88-96 2007年05月 [査読有り]
  • Humanistic qualities of physicians: a view of Japanese residents.
    Asai A, Ohnishi M, Bito S, Furutani N, Ino T, Kimura K, Imura H, Hayashi A, Fukui T
    Medical teacher 29(4) 414 2007年05月 [査読有り]
  • Predictive model for estimating risk of crush syndrome: a data mining approach.
    Aoki N, Demsar J, Zupan B, Mozina M, Pretto EA, Oda J, Tanaka H, Sugimoto K, Yoshioka T, Fukui T
    The Journal of trauma 62(4) 940-945 2007年04月 [査読有り]
  • Prevalence of cigarette and bidi smoking among rickshaw pullers in Dhaka city.
    Rahman M, Nurullah Awal AS, Fukui T, Sakamoto J
    Preventive medicine 44(3) 218-222 2007年03月 [査読有り]
  • Probiotics in the prevention of traveler's diarrhea: meta-analysis.
    Takahashi O, Noguchi Y, Omata F, Tokuda Y, Fukui T
    Journal of clinical gastroenterology 41(3) 336-337 2007年03月 [査読有り]
  • Gastrointestinal symptoms in a Japanese population: a health diary study.
    Tokuda Y, Takahashi O, Ohde S, Shakudo M, Yanai H, Shimbo T, Fukuhara S, Hinohara S, Fukui T
    World journal of gastroenterology 13(4) 572-578 2007年01月 [査読有り]
  • A retrospective review of 226 hospitalized patients with fever.
    Goto M, Koyama H, Takahashi O, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 46(1) 17-22 2007年 [査読有り]
  • Clinical prediction rules for bacteremia and in-hospital death based on clinical data at the time of blood withdrawal for culture: An evaluation of their development and use.
    Nakamura T, Takahashi O, Matsui K, Shimizu S, Setoyama M, Nakagawa M, Fukui T, Morimoto T
    Journal of evaluation in clinical practice 12(6) 692-703 2006年12月 [査読有り]
  • [CASE-J].
    Fukui T
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 64 Suppl 6 449-453 2006年08月 [査読有り]
  • Informed consent in the Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan (CASE-J) trial: a survey of collaborating physicians.
    Fukui T, Rahman M, Morita S, Sakamoto J
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 29(7) 471-474 2006年07月 [査読有り]
  • Medical student abuse during clinical clerkships in Japan.
    Nagata-Kobayashi S, Sekimoto M, Koyama H, Yamamoto W, Goto E, Fukushima O, Ino T, Shimada T, Shimbo T, Asai A, Koizumi S, Fukui T
    Journal of general internal medicine 21(3) 212-218 2006年03月 [査読有り]
  • Validation of the auscultatory method for diagnosing peripheral arterial disease.
    Takahashi O, Shimbo T, Rahman M, Musa R, Kurokawa W, Yoshinaka T, Fukui T
    Family practice 23(1) 10-14 2006年02月 [査読有り]
  • Evaluation of cuff-wrapping methods for the determination of ankle blood pressure.
    Takahashi O, Shimbo T, Rahman M, Okamoto S, Tanaka Y, Fukui T
    Blood pressure monitoring 11(1) 21-26 2006年02月 [査読有り]
  • Recruitment of patients for a clinical trial: factors on the physician side and reasons on the patient side.
    Fukui T, Rahman M, Shimbo T, Morita S, Sakamoto J
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 45(8) 511-514 2006年 [査読有り]
  • Effects of thorough mastication on postprandial plasma glucose concentrations in nonobese Japanese subjects.
    Suzuki H, Fukushima M, Okamoto S, Takahashi O, Shimbo T, Kurose T, Yamada Y, Inagaki N, Seino Y, Fukui T
    Metabolism: clinical and experimental 54(12) 1593-1599 2005年12月 [査読有り]
  • Systematic evaluation and comparison of statistical tests for publication bias.
    Hayashino Y, Noguchi Y, Fukui T
    Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association 15(6) 235-243 2005年11月 [査読有り]
  • Cost-effectiveness of pravastatin for primary prevention of coronary artery disease in Japan.
    Nagata-Kobayashi S, Shimbo T, Matsui K, Fukui T
    International journal of cardiology 104(2) 213-223 2005年09月 [査読有り]
  • Articles with high-grade evidence: trend in the last decade.
    Rahman M, Saito M, Fukui T
    Contemporary clinical trials 26(4) 510-511 2005年08月 [査読有り]
  • Research articles published in clinical radiology journals: trend of contribution from different countries.
    Rahman M, Haque TL, Fukui T
    Academic radiology 12(7) 825-829 2005年07月 [査読有り]
  • Experience with oseltamivir for infants younger than 1 year old in Japan.
    Okamoto S, Kamiya I, Kishida K, Shimakawa T, Fukui T, Morimoto T
    The Pediatric infectious disease journal 24(6) 575-576 2005年06月 [査読有り]
  • Effects of low dialysate calcium concentration on health-related quality of life in hemodialysis patients.
    Taji Y, Morimoto T, Fukuhara S, Fukui T, Kuwahara T
    Clinical and experimental nephrology 9(2) 153-157 2005年06月 [査読有り]
  • Calculation of population attributable risk for bidi smoking and oral cancer in south Asia.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    Preventive medicine 40(5) 510-514 2005年05月 [査読有り]
  • The United States' share of published research in neurosciences and clinical neurology.
    Goto M, Rahman M, Fukui T
    Annals of neurology 57(4) 604-605 2005年04月 [査読有り]
  • Ventilation-perfusion scanning and helical CT in suspected pulmonary embolism: meta-analysis of diagnostic performance.
    Hayashino Y, Goto M, Noguchi Y, Fukui T
    Radiology 234(3) 740-748 2005年03月 [査読有り]
  • INSULOT: a cellular phone-based edutainment learning tool for children with type 1 diabetes.
    Aoki N, Ohta S, Okada T, Oishi M, Fukui T
    Diabetes care 28(3) 760 2005年03月 [査読有り]
  • Physicians' attitudes towards and reasons for participation in the Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan (CASE-J) trial.
    Rahman M, Morita S, Fukui T, Sakamoto J
    Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association 15(2) 38-40 2005年03月 [査読有り]
  • Early versus delayed cholecystectomy for acute cholecystitis: a meta-analysis of randomized controlled trials.
    Shikata S, Noguchi Y, Fukui T
    Surgery today 35(7) 553-560 2005年 [査読有り]
  • Cost-effectiveness of screening for coronary artery disease in asymptomatic patients with Type 2 diabetes and additional atherogenic risk factors.
    Hayashino Y, Nagata-Kobayashi S, Morimoto T, Maeda K, Shimbo T, Fukui T
    Journal of general internal medicine 19(12) 1181-1191 2004年12月 [査読有り]
  • An evaluation of risk factors for adverse drug events associated with angiotensin-converting enzyme inhibitors.
    Morimoto T, Gandhi TK, Fiskio JM, Seger AC, So JW, Cook EF, Fukui T, Bates DW
    Journal of evaluation in clinical practice 10(4) 499-509 2004年11月 [査読有り]
  • Poor English skills as a barrier for Japanese health care professionals in learning and practising evidence-based medicine.
    Matsui K, Ban N, Fukuhara S, Shimbo T, Koyama H, Nakamura S, Nago N, Fukuoka T, Fukui T
    Medical education 38(11) 1204 2004年11月 [査読有り]
  • Treatment of acute pancreatitis with protease inhibitors: a meta-analysis.
    Seta T, Noguchi Y, Shimada T, Shikata S, Fukui T
    European journal of gastroenterology & hepatology 16(12) 1287-1293 2004年11月 [査読有り]
  • Practice variation in perioperative antibiotic use in Japan.
    Sekimoto M, Imanaka Y, Evans E, Ishizaki T, Hirose M, Hayashida K, Fukui T
    International journal for quality in health care : journal of the International Society for Quality in Health Care / ISQua 16(5) 367-373 2004年10月 [査読有り]
  • Application of U.S. guidelines in other countries: aspirin for the primary prevention of cardiovascular events in Japan.
    Morimoto T, Fukui T, Lee TH, Matsui K
    The American journal of medicine 117(7) 459-468 2004年10月 [査読有り]
  • Focus group interviews examining attitudes toward medical research among the Japanese: a qualitative study.
    Asai A, Ohnishi M, Nishigaki E, Sekimoto M, Fukuhara S, Fukui T
    Bioethics 18(5) 448-470 2004年09月 [査読有り]
  • Japan's share of research output in basic medical science.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    The Keio journal of medicine 53(3) 172-177 2004年09月 [査読有り]
  • Is B-type natriuretic peptide-guided heart failure management cost-effective?
    Morimoto T, Hayashino Y, Shimbo T, Izumi T, Fukui T
    International journal of cardiology 96(2) 177-181 2004年08月 [査読有り]
  • Physicians' attitudes toward anticoagulant therapy in patients with chronic atrial fibrillation.
    Maeda K, Sakai T, Hira K, Sato TS, Bito S, Asai A, Hayano K, Matsumura S, Yamashiro S, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 43(7) 553-560 2004年07月 [査読有り]
  • Effects of intravenous ascorbic acid on erythropoiesis and quality of life in unselected hemodialysis patients.
    Taji Y, Morimoto T, Okada K, Fukuhara S, Fukui T, Kuwahara T
    Journal of nephrology 17(4) 537-543 2004年07月 [査読有り]
  • Effects of timing of thoracoscopic surgery for primary spontaneous pneumothorax on prognosis and costs.
    Morimoto T, Shimbo T, Noguchi Y, Koyama H, Sasaki Y, Nishiwaki K, Fukui T
    American journal of surgery 187(6) 767-774 2004年06月 [査読有り]
  • Development and validation of a clinical prediction rule for angiotensin-converting enzyme inhibitor-induced cough.
    Morimoto T, Gandhi TK, Fiskio JM, Seger AC, So JW, Cook EF, Fukui T, Bates DW
    Journal of general internal medicine 19(6) 684-691 2004年06月 [査読有り]
  • Physicians' reasons for not entering their patients in a randomized controlled trial in Japan.
    Rahman M, Morita S, Fukui T, Sakamoto J
    The Tohoku journal of experimental medicine 203(2) 105-109 2004年06月 [査読有り]
  • A traditionally administered short course failed to improve medical students' diagnostic performance. A quantitative evaluation of diagnostic thinking.
    Noguchi Y, Matsui K, Imura H, Kiyota M, Fukui T
    Journal of general internal medicine 19(5 Pt 1) 427-432 2004年05月 [査読有り]
  • Cost-effectiveness analysis of telemedicine to evaluate diabetic retinopathy in a prison population.
    Aoki N, Dunn K, Fukui T, Beck JR, Schull WJ, Li HK
    Diabetes care 27(5) 1095-1101 2004年05月 [査読有り]
  • Survival and cost analysis of fatalities of the Kobe earthquake in Japan.
    Aoki N, Nishimura A, Pretto EA, Sugimoto K, Beck JR, Fukui T
    Prehospital emergency care : official journal of the National Association of EMS Physicians and the National Association of State EMS Directors 8(2) 217-222 2004年04月 [査読有り]
  • Pseudohyperkalaemia at commercial laboratories in Japan: a questionnaire survey.
    Hira K, Aoki N, Fukui T
    Annals of clinical biochemistry 41(Pt 2) 155-156 2004年03月 [査読有り]
  • [Evidence-based internal medicine].
    Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 93(3) 584-588 2004年03月 [査読有り]
  • Patients' preferences for involvement in treatment decision making in Japan.
    Sekimoto M, Asai A, Ohnishi M, Nishigaki E, Fukui T, Shimbo T, Imanaka Y
    BMC family practice 5 1 2004年03月 [査読有り]
  • How much do drug abusers pay for drugs in Bangladesh?
    Rahman M, Uz-Zaman MS, Sakamoto J, Fukui T
    Journal of health, population, and nutrition 22(1) 98-99 2004年03月 [査読有り]
  • Japan's contribution to clinical pediatrics research in the last decade.
    Okamoto S, Rahman M, Fukui T
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 46(1) 1-4 2004年02月 [査読有り]
  • Pseudonormokalaemia caused by recentrifugation of blood samples after storage in gel-separator tubes.
    Hira K, Aoki N, Fukui T
    Annals of clinical biochemistry 41(Pt 1) 82 2004年01月 [査読有り]
  • [Evidence-based medicine and treatment outcome].
    Koyama H, Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 93(1) 178-185 2004年01月 [査読有り]
  • Edutainment tools for initial education of type-1 diabetes mellitus: initial diabetes education with fun.
    Aoki N, Ohta S, Masuda H, Naito T, Sawai T, Nishida K, Okada T, Oishi M, Iwasawa Y, Toyomasu K, Hira K, Fukui T
    Studies in health technology and informatics 107(Pt 2) 855-859 2004年 [査読有り]
  • Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan (CASE-J) trial of cardiovascular events in high-risk hypertensive patients: rationale, design, and methods.
    Fukui T, Rahman M, Hayashi K, Takeda K, Higaki J, Sato T, Fukushima M, Sakamoto J, Morita S, Ogihara T, Fukiyama K, Fujishima M, Saruta T, CASE-J Study Group
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 26(12) 979-990 2003年12月 [査読有り]
  • [The current status and an overview of general internal medicine: discussion].
    Fukui T, Aoki M, Hayashi J, Matsumoto T, Matsushima M
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 92(12) 2383-2399 2003年12月 [査読有り]
  • The effects of cessation from cigarette smoking on the lipid and lipoprotein profiles: a meta-analysis.
    Maeda K, Noguchi Y, Fukui T
    Preventive medicine 37(4) 283-290 2003年10月 [査読有り]
  • Bidi smoking and oral cancer: a meta-analysis.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    International journal of cancer 106(4) 600-604 2003年09月 [査読有り]
  • Comparison between impact factors and citations in evidence-based practice guidelines.
    Nakayama T, Fukui T, Fukuhara S, Tsutani K, Yamazaki S
    JAMA 290(6) 755-756 2003年08月 [査読有り]
  • Flexion contractures of the legs as the initial manifestation of adrenocortical insufficiency.
    Odagaki T, Noguchi Y, Fukui T
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 42(8) 710-713 2003年08月 [査読有り]
  • Diagnostic value of adenosine deaminase in tuberculous pleural effusion: a meta-analysis.
    Goto M, Noguchi Y, Koyama H, Hira K, Shimbo T, Fukui T
    Annals of clinical biochemistry 40(Pt 4) 374-381 2003年07月 [査読有り]
  • Biomedical publication--global profile and trend.
    Rahman M, Fukui T
    Public health 117(4) 274-280 2003年07月 [査読有り]
  • Japan's share of research output in urology and nephrology.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association 10(6) 353-355 2003年06月 [査読有り]
  • Japan's contribution to research in rheumatology.
    Hayashino Y, Rahman M, Fukui T
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 13(2) 168-172 2003年06月 [査読有り]
  • BCG vaccination and tuberculosis in Japan.
    Rahman M, Takahashi O, Goto M, Fukui T
    Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association 13(3) 127-135 2003年05月 [査読有り]
  • Influence of family on acceptance of influenza vaccination among Japanese patients.
    Takahashi O, Noguchi Y, Rahman M, Shimbo T, Goto M, Matsui K, Asai A, Onishi M, Koyama H, Sawada I, Yoshinaka T, Fukui T
    Family practice 20(2) 162-166 2003年04月 [査読有り]
  • Geography of randomized controlled trials in general internal medicine: is the United States' share declining?
    Rahman M, Fukui T
    The American journal of medicine 114(6) 510-511 2003年04月 [査読有り]
  • Publications in epidemiology journals: Japanese perspectives.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association 13(2) 96-98 2003年03月 [査読有り]
  • Japan's share of published research in ophthalmology.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    Japanese journal of ophthalmology 47(2) 221-224 2003年03月 [査読有り]
  • Impact of social functioning and vitality on preference for life in patients with Parkinson's disease.
    Morimoto T, Shimbo T, Orav JE, Matsui K, Goto M, Takemura M, Hira K, Fukui T
    Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society 18(2) 171-175 2003年02月 [査読有り]
  • Japan's contribution to research on cardiovascular disease.
    Hayashino Y, Rahman M, Fukui T
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(2) 103-106 2003年02月 [査読有り]
  • International comparison of research productivity in hematology.
    Morimoto T, Rahman M, Fukui T
    International journal of hematology 77(2) 192-195 2003年02月 [査読有り]
  • Conditional versus unconditional logistic regression in the medical literature.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    Journal of clinical epidemiology 56(1) 101-102 2003年01月 [査読有り]
  • Biomedical research productivity: factors across the countries.
    Rahman M, Fukui T
    International journal of technology assessment in health care 19(1) 249-252 2003年 [査読有り]
  • Japan's contribution to clinical research in gastroenterology and hepatology.
    Maeda K, Rahman M, Fukui T
    Journal of gastroenterology 38(8) 816-819 2003年 [査読有り]
  • [EMB (evidence-based medicine) and quality of health care].
    Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 91(12) 3415-3420 2002年12月 [査読有り]
  • [General internal medicine].
    Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 91(11) 3106-3110 2002年11月 [査読有り]
  • [Changes in diagnostic instrument and devices in the last 100 years: discussion].
    Nishizaki O, Miura Y, Hinohara S, Yamauchi K, Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 91(11) 3194-3211 2002年11月 [査読有り]
  • A decline in the U.S. share of research articles.
    Rahman M, Fukui T
    The New England journal of medicine 347(15) 1211-1212 2002年10月 [査読有り]
  • Japan's contribution to nuclear medical research.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    Annals of nuclear medicine 16(6) 383-385 2002年09月 [査読有り]
  • [Ideal postgraduate clinical training programs in internal medicine].
    Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 91 Suppl 181-185 2002年09月 [査読有り]
  • Contribution of research in basic and clinical sciences in Japan.
    Fukui T, Rahman M
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 41(8) 626-628 2002年08月 [査読有り]
  • Japan's contribution to research on infectious disease.
    Takahashi O, Rahman M, Fukui T
    Japanese journal of infectious diseases 55(4) 139-141 2002年08月 [査読有り]
  • Is Bacillus Calmette-Guerin revaccination necessary for Japanese children?
    Rahman M, Sekimoto M, Hira K, Koyama H, Imanaka Y, Fukui T
    Preventive medicine 35(1) 70-77 2002年07月 [査読有り]
  • Impact of sex and its interaction with age on the management of and outcome for patients with acute myocardial infarction in 4 Japanese hospitals.
    Matsui K, Fukui T, Hira K, Sobashima A, Okamatsu S, Hayashida N, Tanaka S, Nobuyoshi M
    American heart journal 144(1) 101-107 2002年07月 [査読有り]
  • Acute pancreatitis and the role of histamine-2 receptor antagonists: a meta-analysis of randomized controlled trials of cimetidine.
    Morimoto T, Noguchi Y, Sakai T, Shimbo T, Fukui T
    European journal of gastroenterology & hepatology 14(6) 679-686 2002年06月 [査読有り]
  • Quick estimation of threshold "number needed to treat".
    Shimbo T, Nagata-Kobayashi S, Morimoto T, Fukui T
    Journal of clinical epidemiology 55(5) 531; author reply 532 2002年05月 [査読有り]
  • Voluntary active euthanasia and the nurse: a comparison of Japanese and Australian nurses.
    Tanida N, Asai A, Ohnishi M, Nagata SK, Fukui T, Yamazaki Y, Kuhse H
    Nursing ethics 9(3) 313-322 2002年05月 [査読有り]
  • Study design, statistical method, and level of evidence in Japanese and American clinical journals.
    Fukui T, Rahman M, Sekimoto M, Hira K, Maeda K, Morimoto T, Goto M, Suzuki H, Shimbo T
    Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association 12(3) 266-270 2002年05月 [査読有り]
  • In-patient interventions supported by results of randomized controlled trials in Japan.
    Koyama H, Matsui K, Goto M, Sekimoto M, Maeda K, Morimoto T, Hira K, Fukui T
    International journal for quality in health care : journal of the International Society for Quality in Health Care / ISQua 14(2) 119-125 2002年04月 [査読有り]
  • Optimal strategy for the first episode of primary spontaneous pneumothorax in young men. A decision analysis.
    Morimoto T, Fukui T, Koyama H, Noguchi Y, Shimbo T
    Journal of general internal medicine 17(3) 193-202 2002年03月 [査読有り]
  • [Pseudoaneurysm of the thoracoabdominal aorta from colonic injury by the anterior fixation device].
    Yang C, Takahashi O, Goto M, Ohnishi M, Koyama H, Noguchi Y, Matsui K, Asai A, Shimbo T, Fukui T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 91(3) 1025-1027 2002年03月 [査読有り]
  • Utilities measured by rating scale, time trade-off, and standard gamble: review and reference for health care professionals.
    Morimoto T, Fukui T
    Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association 12(2) 160-178 2002年03月 [査読有り]
  • Interpretation of and preference for probability expressions among Japanese patients and physicians.
    Ohnishi M, Fukui T, Matsui K, Hira K, Shinozuka M, Ezaki H, Otaki J, Kurokawa W, Imura H, Koyama H, Shimbo T
    Family practice 19(1) 7-11 2002年02月 [査読有り]
  • Attitudes of the Japanese public and doctors towards use of archived information and samples without informed consent: preliminary findings based on focus group interviews.
    Asai A, Ohnishi M, Nishigaki E, Sekimoto M, Fukuhara S, Fukui T
    BMC medical ethics 3 E1 2002年01月 [査読有り]
  • Cost-effectiveness analysis of screening for osteoporosis in postmenopausal Japanese women.
    Nagata-Kobayashi S, Shimbo T, Fukui T
    Journal of bone and mineral metabolism 20(6) 350-357 2002年 [査読有り]
  • Japan's share of articles in orthopedics.
    Rahman M, Sakamoto J, Fukui T
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 7(6) 607-609 2002年 [査読有り]
  • A report from Japan: choices of Japanese patients in the face of disagreement.
    Asai A, Kishino M, Tsuguya F, Sakai M, Yokota M, Nakata K, Sasakabe S, Sawada K, Kaiji F
    Bioethics 12(2) 162-172 1998年04月 [査読有り]
  • Human atrial natriuretic peptide treatment for acute heart failure: a systematic review of efficacy and mortality.
    Kobayashi Daiki;Yamaguchi Norihiro;Takahashi Osamu;Deshpande Gautam A;Fukui Tsuguya
    Human atrial natriuretic peptide treatment for acute heart failure: a systematic review of efficacy and mortality. 28(1)
    BACKGROUND:The objectives of this study were to assess the effect of human atrial natriuretic peptide (hANP) treatment on physiological parameters and mortality in acute heart failure.;METHODS:The MEDLINE (1966-2009), EMBASE (1980-2009), Cochrane Central Register of Controlled Trials (1991-2009), American College of Physicians Journal Club (1991), Ichushi (Japana Centra Revuo Medicina) (1983-2009)

書籍等出版物

  • Minds 診療ガイドライン作成の手引き 2014
    福井 次矢
    単著
    医学書院 2014年04月 4260019570
  • なぜ聖路加に人が集まるのか
    福井次矢
    単著
    光文社 2008年09月 4334975453
  • 内科ポケットレファランス 第2版
    監修
    メディカルサイエンスインターナショナル 2016年09月 4895928365
  • 臨床疫学 EBM実践のための必須知識 第3版
    単訳
    メディカルサイエンスインターナショナル 2016年05月 4895928535
  • 内科診断学 第3版
    福井 次矢
    単著
    医学書院 2016年02月 4260020641
  • 今日の治療指針 2016年版[ポケット判](私はこう治療している)
    共編者
    医学書院 2016年01月 4260023934
  • 今日の治療指針 2016年版[デスク判](私はこう治療している)
    共編者
    医学書院 2016年01月 4260023926
  • Pocket Drugs (ポケット・ドラッグス)2016
    監修
    医学書院 2016年01月 4260022075
  • 変形性膝関節症 正しい治療がわかる本
    黒田栄史, 福井次矢
    共著
    法研 2015年11月
  • 統合失調症 正しい治療がわかる本
    中込和幸, 福井次矢
    共著
    法研 2015年11月
  • 潰瘍性大腸炎 正しい治療がわかる本
    中島淳, 福井次矢
    共著
    法研 2015年11月
  • ぜんそく 正しい治療がわかる本
    足立満, 福井次矢
    共著
    法研 2015年11月
  • Quality Indicator 2015: [医療の質]を測り改善する
    監修
    インターメディカ 2015年11月 4899963351
  • 関節リウマチ : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    尾崎承一
    編者
    法研 2015年11月
  • 脳梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    亀井徹正
    編者
    法研 2015年11月
  • 糖尿病 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    野田光彦
    編者
    法研 2015年11月
  • 痛風・高尿酸血症 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    川合眞一
    編者
    法研 2015年11月
  • 狭心症・心筋梗塞 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    野々木宏
    編者
    法研 2015年11月
  • 前立腺がん : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    村石修
    編者
    法研 2015年11月
  • ベイツ診察法 第2版
    監修
    メディカルサイエンスインターナショナル 2015年02月 4895927989
  • ベイツ診察法ポケットガイド 第3版
    監修
    メディカルサイエンスインターナショナル 2015年02月 4895927997
  • 今日の治療指針 2015年版[デスク判](私はこう治療している)
    共編者
    医学書院 2015年01月 4260020390
  • 今日の治療指針 2015年版[ポケット判](私はこう治療している)
    共編者
    医学書院 2015年01月 4260020404
  • Quality Indicator 2014: [医療の質]を測り改善する
    監修
    インターメディカ 2014年11月 4899963270
  • Pocket Drugs (ポケット・ドラッグス)2015
    監修
    医学書院 2015年01月 4260020307
  • Quality Indicator 2013: [医療の質]を測り改善する
    監修
    インターメディカ 2013年10月 4899963130
  • Quality Indicator 2012 [医療の質]を測り改善する
    監修
    インターメディカ 2012年10月 4899963025
  • ハリソン内科学問題集 日本語版第4版完全準拠
    監修
    メディカルサイエンスインターナショナル 2014年04月 4895927679
  • デビッドソン内科学 原著第21版
    Nicki R. Colledge, Brian R.Walker, Stuart H. Ralston
    単訳
    医歯薬出版 2014年03月 426373159X
  • Pocket Drugs (ポケット・ドラッグス) 2014
    監修
    医学書院 2014年01月 4260017519
  • ハリソン内科学 第4版
    監修
    メディカルサイエンスインターナショナル 2013年03月 4895927342
  • 研修医・指導医のための地域医療・地域保健
    共編者
    金芳堂 2013年02月 4765315517
  • 内科ポケットレファランス
    監修
    メディカルサイエンスインターナショナル 2012年03月 4895927024
  • 臨床医学概論 (管理栄養士講座)
    建帛社 2012年05月 4767904560
  • Quality Indicator2011 [医療の質]を測り改善する
    監修
    インターメディカ 2011年09月 4899962851
  • 今日の治療指針 2012年版 ポケット判―私はこう治療している
    共編者
    医学書院 2012年01月 4260014137
  • 今日の治療指針 2012年版 デスク判―私はこう治療している
    共編者
    医学書院 2012年01月 4260014129
  • 臨床疫学
    Diederick E. Grobbee, Arno W. Hoes
    監修
    インターメディカ 2011年10月 489996286X
  • 症候群ハンドブック
    共編者
    中山書店 2011年05月 4521733727
  • 最新 急病・事故・災害から命を守る医学百科
    監修
    主婦と生活社 2011年04月 4391140268
  • ぜんそく―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    足立 満
    編者
    法研 2010年12月 4879548111
  • 家庭医学大全科
    高久 史麿, 福井 次矢, 北村 惣一郎, 猿田 享男
    共著
    法研 2010年10月 4879548200
  • 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    近籐 泰児
    編者
    法研 2010年08月 4879548049
  • 今日から実践! くすりの基本と処方のDo-Don't
    メジカルビュー社 2010年03月 4758300348
  • 痛風・高尿酸血症 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    川合眞一
    編者
    法研 2010年02月
  • 痛風・高尿酸血症―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    川合 眞一
    編者
    法研 2010年02月 4879547905
  • ハリソン内科学 第3版 (原著第17版)
    福井次矢
    単著
    メディカルサイエンスインターナショナル 2009年12月 4895926273
  • 病院勤務医の技術 ホスピタリスト養成講座
    シルビア・C・マッキーン, エドリエンヌ・L・ベネット, ラクシミ・K・ハラシャマニ
    単訳
    日経BP社 2009年10月 4822261255
  • 糖尿病 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    野田光彦
    編者
    法研 2009年08月
  • 糖尿病―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    野田 光彦
    編者
    法研 2009年08月 4879547719
  • スクリーニング―健診、その発端から展望まで
    アンジェラ・ラッフル, ミュアー・グレイ
    監修
    同人社 2009年07月 4904150031
  • 統合失調症―正しい治療法がわかる本 (EBMシリーズ)
    中込 和幸
    編者
    法研 2009年06月 4879547670
  • 狭心症・心筋梗塞 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    野々木宏
    編者
    法研 2009年05月
  • 狭心症・心筋梗塞―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    野々木 宏
    編者
    法研 2009年05月 4879547565
  • 内科診断Case Study
    単訳
    医学書院 2009年05月 426000039X
  • 変形性膝関節症―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    黒田 栄史
    編者
    法研 2009年02月 4879547328
  • パーキンソン病 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    竹村学
    編者
    法研 2009年01月
  • 今日の治療指針―私はこう治療している (2009)[ポケット判]
    山口 徹, 北原 光夫, 福井 次矢, 相沢 好治
    共著
    医学書院 2009年01月 4260007122
  • アトピー性皮膚炎 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    古江増隆
    編者
    法研 2008年10月
  • 【新赤本】第六版 家庭の医学
    総執筆者数170名
    監修
    保健同人社 2008年10月 4832703900
  • 臨床医学概論 (管理栄養士講座)
    建帛社 2008年10月 4767903750
  • 脳梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    亀井徹正
    編者
    法研 2008年09月
  • 脳梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    亀井 徹正
    編者
    法研 2008年09月 4879547379
  • C型肝炎 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    榎本信幸
    編者
    法研 2008年08月
  • 前立腺がん : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    村石修
    編者
    法研 2008年05月
  • エキスパート外来診療―一般外来で診るcommon diseases & symptoms
    共編者
    医学書院 2008年05月 4260005596
  • 前立腺がん―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    村石 修
    編者
    法研 2008年05月 4879547220
  • 臨床研究マスターブック
    編者
    医学書院 2008年04月 4260006096
  • うつ病 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    樋口輝彦
    編者
    法研 2008年03月
  • 内科診断学 第2版
    共編者
    医学書院 2008年03月 4260002872
  • 乳がん : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    中村清吾
    編者
    法研 2008年02月
  • 医者のしごと (15歳からの「仕事」の教科書 1)
    福井 次矢
    単著
    丸善 2008年01月 4621079581
  • 乳がん―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    中村 清吾
    編者
    法研 2008年02月 4879547069
  • アルツハイマー病 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    栗山勝
    編者
    法研 2008年01月
  • ベイツ診察法
    メディカルサイエンスインターナショナル 2008年01月 4895924920
  • 関節リウマチ : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    尾崎承一
    編者
    法研 2008年01月
  • 今日の治療指針―私はこう治療している (2007)
    山口 徹, 北原 光夫, 福井 次矢, 相沢 好治
    共著
    医学書院 2008年01月 4260003070
  • 関節リウマチ―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    尾崎 承一
    編者
    法研 2008年01月 4879546968
  • アルツハイマー病―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    栗山 勝
    編者
    法研 2008年01月 4879546992
  • 疾病管理ハンドブック―ディジーズマネージャーになるために
    ルーファス・ハウ
    同人社 2007年12月 4904150007
  • 潰瘍性大腸炎―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    中島 淳
    編者
    法研 2007年11月 4879546933
  • カトラー 臨床診断学 問題解決の思考プロセスと86の症例
    Paul Cutler
    単訳
    丸善 2007年06月 4621078712
  • 全身性エリテマトーデス 正しい治療がわかる本
    松井 征男, 福井 次矢
    共著
    法研 2007年10月
  • バセドウ病 正しい治療がわかる本
    吉岡 成人, 福井 次矢
    共著
    法研 2007年10月
  • バセドウ病 : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    吉岡成人
    編者
    法研 2007年10月
  • 全身性エリテマトーデス : 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    松井征男
    編者
    法研 2007年10月
  • Minds診療ガイドライン作成の手引き 2007
    福井次矢, 吉田雅博
    共著
    医学書院 2007年10月 4260004808
  • バセドウ病―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    吉岡 成人
    編者
    法研 2007年10月 4879546887
  • 全身性エリテマトーデス―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
    松井 征男
    編者
    法研 2007年10月 4879546879
  • 厚生労働省カリキュラムに則った研修医のための詳説 卒後臨床研修ガイドブック
    編者
    永井書店 2007年06月 4815917884
  • 新たな疫病「医療過誤」
    ロバート・M. ワクター, ケイヴェ・G. ショジャニア
    共訳
    朝日新聞社 2007年03月 4022502576

MISC

  • Japanese representation in leading general medicine and basic science journals: A comparison of two decades
    Tsuguya Fukui, Osamu Takahashi, Mahbubur Rahman
    Tohoku Journal of Experimental Medicine 231 187-191 2013年11月
    During 1991-2000, Japan contribution to the top general medicine journals was very small although the contribution to the top basic science journals was sizeable. However, it has not been examined whether the contribution to the top general medicine and basic science journals has changed during the last decade (2001-2010). The objective of this study was to compare Japan representation in high-impact general medicine and basic science journals between the years 1991-2000 and 2001-2010. We used PubMed database to examine the frequency of articles originated from Japan and published in 7 high-impact general medicine and 6 high-impact basic science journals. Several Boolean operators were used to connect name of the journal, year of publication and corresponding authors' affiliation in Japan. Compared to the 1991- 2000 decade, Japan contribution to the top general medicine journals did not increase over the 2001-2010 period (0.66% vs. 0.74%, P = 0.255). However, compared to the same period, its contribution to the top basic science journals increased during 2001-2010 (2.51% vs. 3.60%, P < 0.001). Japan representation in basic science journals showed an upward trend over the 1991-2000 period (P < 0.001) but remained flat during 2001-2010 (P = 0.177). In contrast, the trend of Japan representation in general medicine journals remained flat both during 1991-2000 (P = 0.273) and 2001-2010 (P = 0.073). Overall, Japan contribution to the top general medicine journals has remained small and unchanged over the last two decades. However, top basic science journals had higher Japan representation during 2001-2010 compared to 1991-2000. © 2013 Tohoku University Medical Press.
  • [110th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine: Symposium: 3. Social impacts and controversial points of clinical practice guidelines; 2) Clinical guidelines and consensus development].
    Tsuguya Fukui
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 102 2301-2306 2013年09月
  • ディスカッション
    嶋田 元, 今中 雄一, 砂川 晶生, 清水 貴子, 福井 次矢, 後藤, 渡辺, 植村, 松井, 副島, 池田, 日野原
    日本病院会雑誌 = Journal of Japan Hospital Association 59(4) 423-428 2012年04月
  • 日本の医学系大学院-研究者養成の現状と課題 : 第39回日本医学教育学会シンポジウム"日本の医学系大学院はこれでいいのか"から
    井内 康輝, 平出 敦, 櫻井 勇, 菅村 和夫, 福井 次矢, 堀 原一, 堀内 三郎
    医学教育 = Medical education 39(5) 317-320 2008年10月
    1) 学生に魅力ある医学系大学院教育であるために, 研究の導入となる共通的な教育と, 画一的でない個性的な研究指導が工夫されるべきである.
    2) 臨床系大学院は従来の研究者養成大学院とは別に専門職大学院として設置したい.
    3) 基礎医学振興のために, 基礎医学系の大学院は教員数を考慮せずに定員を縮小し, ここへの進学者には大胆な経済的支援策をとることが望まれる.
  • 医学生が臨床実習中に受ける不当な待遇 (medical student abuse) の現況
    小林 志津子, 関本 美穂, 小山 弘, 山本 和利, 後藤 英司, 福島 統, 井野 晶夫, 浅井 篤, 小泉 俊三, 福井 次矢, 新保 卓郎
    医学教育 38(1) 29-35 2007年02月
    1)日本の医学生が臨床実習中に受ける不当な待遇(medical student abuse)に関する報告はこれまでされていなかった。2)日本の医学生を対象にしたわれわれの調査では、回答者の68.5%が、何らかのmedical student abuseを臨床実習中に受けたと報告した。3)臨床実習においては、指導医の「neglectやdisregard」があると学生の実習意欲を顕著にそぐことが回答者の意見から推測できた。4)医学教育の関係者はmedical student abuseに注意を払い、防止策を講じる必要がある。(著者抄録)
  • 医学生が臨床実習中に受ける不当な待遇(medical student abuse)の現況
    小林 志津子, 関本 美穂, 小山 弘, 山本 和利, 後藤 英司, 福島 統, 井野 晶夫, 浅井 篤, 小泉 俊三, 福井 次矢, 新保 卓郎
    医学教育 38(1) 29-35 2007年
    1) 日本の医学生が臨床実習中に受ける不当な待遇 (medical student abuse) に関する報告はこれまでされていなかった.
    2) 日本の医学生を対象にしたわれわれの調査では, 回答者の68.5%が, 何らかのmedical student abuseを臨床実習中に受けたと報告した.
    3) 臨床実習においては, 指導医の「neglectやdisregard」があると学生の実習意欲を顕著にそぐことが回答者の意見から推測できた.
    4) 医学教育の関係者はmedical student abuseに注意を払い, 防止策を講じる必要がある.
  • 高血圧に対する大規模臨床試験(CASE-J)の実践における諸問題
    坂本 純一, 森田 智視, 大庭 幸治, 佐藤 俊哉, 福井 次矢, 荻原 俊男, 北 徹, 中尾 一和, 猿田 亨男
    臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS 37(4) 93S-94S 2006年07月
  • 日本人女性の乳癌検診受診行動の促進要因と阻害要因の検討
    小林 志津子, 斉藤 繭子, 片岡 明美, 大野 真司, 中村 清吾, 福井 次矢, 小山 弘, 新保 卓郎
    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 15(1) 69-74 2006年03月
    【目的】日本人女性の乳癌検診受診の促進因子と阻害因子を解明し, 受診率向上のための対策を提言する。
    【研究デザイン】半構造化面接による質的研究。
    【施設】聖路加国際病院, 国立病院機構九州がんセンター。
    【対象】上記施設の女性乳癌患者。
    【調査方法】平均30分の個別インタビューを音声記録資料で記録。
    【解析方法】コード化した記録資料を, 回答者の体験による受診の阻害因子と促進因子, 回答者が予想する阻害因子と促進因子の4項目に分類。
    【結果】21名に参加を依頼し, 17名が承諾した。13名の調査で理論的飽和に達した。回答者の体験による受診の阻害因子は, 自分とは無縁の疾患という思い込み, 知識不足, 多忙, 医療への不信感, 検査への差恥や嫌悪, 罹病への恐怖であり, 促進因子は乳腺症の既往歴, 乳癌の家族歴, 家族の勧めだった。回答者が予想する阻害因子は, 検査の痛み, 通知方法, 費用, 受診時間であり, 促進因子は, 女性の医師と検査技師の担当, 乳癌の発症率や経過や治療費用に関する知識の普及だった。
    【結語】多くの患者に共通した阻害因子は自分が乳癌に罹患するはずがないという思い込みだった。受診率向上のために乳癌の知識と早期発見の有効性を広く普及する必要がある。
  • 消化器外科にランダム化比較試験は必要か? : ランダム化比較試験と観察研究の結果比較(消化器外科におけるガイドライン-問題点と今後の展望, 第60回日本消化器外科学会総会)
    四方 哲, 中山 健夫, 田路 佳範, 野口 善令, 福井 次矢, 山岸 久一
    日本消化器外科学会雑誌 38(7) 2005年07月
  • 急性胆嚢炎に対する手術時期,ランダム化比較試験のメタアナリシス
    四方 哲, 野口 善令, 福井 次矢
    自治医科大学医学部紀要 27 1-8 2004年12月
    目的:急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術,開腹胆嚢摘出術の至適手術時期を検討する。方法:急性胆嚢炎に対する早期と待機的手術を比較したランダム化比較試験をMEDLINEとコクランライブラリにて検索した。主要評価項目は死亡率と合併症率とした。結果:10編の研究(4編は腹腔鏡下胆嚢摘出術,6編は開腹胆嚢摘出術)が検索された。死亡率の統合リスク差では,開腹胆嚢摘出術では早期が有利であった。合併症率の統合リスク差では,開腹胆嚢摘出術,腹腔鏡下胆嚢摘出術ともに早期と待機群に差は無かった。腹腔鏡下胆嚢摘出術における術式変更率では早期と待機群に差は無かった。早期群は待機群に比べ有意に平均入院日数は短かった。結論:死亡率,合併症率,術式変更率,平均入院期間などの点で,急性胆嚢炎に対し胆嚢摘出術を待機的に施行するメリットはない。急性胆嚢炎患者に対しては早期に胆嚢摘出術を施行すべきである。
  • PPS-1-269 腸管吻合は1層か,2層か? : ランダム化比較試験6編のメタアナリシス(大腸臨床2)
    四方 哲, 野口 善令, 島田 利彦, 瀬田 剛史, 福井 次矢
    日本消化器外科学会雑誌 37(7) 2004年07月
  • 1.総合診療における全人的アプローチの教育(第35回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
    福井 次矢
    心身医学 44(6) 2004年06月
  • 大規模臨床試験CASE-Jの経験
    福井 次矢
    臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS 35(2) 265S-266S 2004年03月
  • PS-059-3 急性胆嚢炎に対する胆嚢摘出術の手術時期,ランダム化比較試験17編のメタアナリシス
    四方 哲, 野口 善令, 福井 次矢
    日本外科学会雑誌 105(0) 2004年03月
  • 内科診療におけるEBM
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 93(3) 584-588 2004年03月
  • 診療行為の根拠と患者アウトカム
    小山 弘, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 93(1) 178-185 2004年01月
    臨床医学の目的は患者アウトカムの改善である.したがって,患者アウトカムを指標とする臨床試験を重視するEvidence-based Medicineが,臨床医学の原理とみなされるのは当然である. 20世紀後半以降,臨床試験をはじめとする臨床研究が多数行われ,情報科学技術の発展とあいまって,一般的な診療の場での決定を,個人的な経験や権威者の意見に基づくのではなく,より妥当性の高い根拠(エビデンス)に基づいて行うことが可能となってきた.特に内科領域で行われる治療やマネジメントの50~60%がランダム化比較試験に基づくことや,診療ガイドラインなどのEBMの実践を支援するツールが,患者アウトカムを改善しうることが示されている.これらのことは,内科医は患者の得る健康上の利益を最大にするために,集積されたエビデンスを有効に使う責務を負うことを意味する.二次情報源や支援ツールはますます整備され,エビデンスを手軽に利用できるようになってきており,内科医はより質の高いエビデンスに則った診療を常に心掛け,その結果としての患者アウトカムが最善のものとなっているかどうかについて注意を払うべきである.
  • 座談会
    福井 次矢, 青木 誠, 林 純, 松本 孝夫, 松島 雅人
    日本内科学会雑誌 92(12) 2383-2399 2003年12月
  • 総合診療における研究
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 92(12) 2364-2369 2003年12月
    総合診療における研究の目的は,臨床上の疑問点について,よりレベルの高いエビデンスを作ることに,また患者中心の医療を行うために患者の考え方,価値観などを追究してゆくことにある.そのためには, EBM臨床疫学と医療統計学に関する基本知識が必須である.総合診療部門で研修を受ける医師にとっては,将来自ら研究テーマを見いだして,それを解決するためにさまざまな研究デザインを駆使できる能力を身につけておくことが望ましい.
  • 総合診療の現状と展望
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 92(12) 2317-2318 2003年12月
  • 一般内科外来を想定した治療結果予測の還元法の開発と評価
    岡田 好一, 小山 弘, 福井 次矢
    医療情報学 = Japan journal of medical informatics 23(5) 407-414 2003年12月
    将来的に電子カルテとの結合の方向性を持たせた上で,患者特性に合わせた理解度の高い決断支援ツールを作製した.模擬患者を用いた実験では,薬の効果の表示として,コホートを想起させる人形の図と,生存曲線の理解度が高かった.医師と模擬患者の理解度には乖離があった
  • 臨床研修指定病院における外来診療の卒後教育の現状に関する調査研究 : 全国調査の結果より
    松村 真司, 武田 裕子, 大滝 純司, 田坂 佳千, 中村 俊夫, 福井 次矢, 岩崎 榮
    医学教育 34(5) 289-295 2003年10月
    臨床研修指定病院138施設に調査票を送付し120施設,180名の教育担当者から回答が得られた.外来診療の卒後教育の方法は,研修医が"一定期間に定期の外来診療を行う"場合が多かった.又,多くの施設で"同時に外来診療している指導医が相談にのる"指導方式をとっていた.外来診療教育の学習目標については約7割が「目標を示していない」と答えた.「研修医は外来診療に携わらない」と回答した人にその理由を尋ねたところ,「外来診療の枠がとれないから」が最も多かった
  • 卒前・卒後外来診療教育の実施状況に関する全国調査
    武田 裕子, 大滝 純司, 松村 真司, 田坂 佳千, 中村 俊夫, 岩崎 榮, 福井 次矢
    医学教育 34(4) 245-249 2003年08月
    全国の大学医学部・医科大学80校,ならびに「臨床研修指定病院ガイドブック2001」に掲載された389施設を対象とし,わが国の医学教育において,プライマリ・ケア領域の内科外来診療教育がどのように行われているかアンケート調査を行った.卒前教育では,回答のあった65大学の78.5%にあたる51大学が外来教育を行っていたが,外来教育を受ける学年や講義・実習の時間数は大学間で大きな開きがあった.卒後臨床研修で外来教育を行っているという回答が得られたのは,一部実施も含めて104施設(26.7%)にすぎなかった
  • わが国の臨床研究の現状と問題点
    福井 次矢
    臨床薬理 34(3) 2003年05月
  • EBMと全人的医療
    福井 次矢
    日本心療内科学会誌 7(2) 2003年05月
  • EBMとガイドライン
    名郷 直樹, 桐山 勢生, 木村 康利, 関本 美穂, 伊藤 泰雄, 安田 秀喜, 福井 次矢, 税所 宏光, 松野 正紀
    日本外科学会雑誌 104(0) 148-148 2003年04月
  • 卒後臨床研修必修化と卒前教育
    福井 次矢
    日本外科学会雑誌 104(0) 57-57 2003年04月
  • 臨床研修指定病院における外来診療の卒後教育の現状に関する調査研究-全国調査の結果より-:全国調査の結果より
    松村 真司, 武田 裕子, 大滝 純司, 田坂 佳千, 中村 俊夫, 福井 次矢, 岩崎 榮
    医学教育 34(5) 289-295 2003年
    臨床研修指定病院を対象に外来診療の卒後教育の質問紙調査を行った.最終的に120施設 (回収率87.0%), 180名の教育担当者より回答を得た.外来診療の卒後教育の方法は, 研修医が "一定期間に定期の外来診療を行う" 場合が多く, 多くの施設で "同時に外来診療している指導医が相談にのる" 指導方式をとっていた.68.4%の教育担当者が外来診療教育の学習目標を示していないと答えた.研修医が外来診療を行わない理由としては, 外来診療の枠がとれないという回答が多かった.外来診療の卒後教育の拡充には研修体制の整備, 指導医の配置, カリキュラムの整備が必要で, このための財源措置と政策誘導が必要であろう.
  • 卒前・卒後外来診療教育の実施状況に関する全国調査
    武田 裕子, 大滝 純司, 松村 真司, 田坂 佳千, 中村 俊夫, 岩崎 榮, 福井 次矢
    医学教育 34(4) 245-249 2003年
    プライマリ・ケアに属する健康上の諸問題の多くは外来診療で扱われるため, 外来教育の充実が必須である. わが国の医学教育において, プライマリ・ケア領域の内科外来診療教育がどのように行われているか, 全国の大学医学部・医科大学80校並びに臨床研修指定病院389施設を対象に調査研究を行った. 調査は平成13年2月に郵送法による記名自記式の質問紙により実施された. 卒前教育では, 回答のあった65大学の78.5%にあたる51大学が外来教育を行っていたが, 外来教育を受ける学年や講義・実習の時間数は大学間で大きな開きがあった. 卒後臨床研修で外来教育を行っているという回答が得られたのは, 一部実施も含めて104施設 (26.7%) にすぎなかった.
  • EBM (Evidence-based Medicine) と医療の質
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(12) 3415-3420 2002年12月
  • <綜説>卒後研修必修化に向けて
    福井 次矢
    新潟医学会雑誌 116(11) 529-534 2002年11月
    平成16年から必修化される卒後臨床研修に向けて,国立大学附属病院長会議常置委員会および厚生労働省医道審議会での検討状況を紹介した.現時点では,最終的に決定された事柄はほとんどないが,幅広い研修ローテイションやマッチングプログラム,病院としての一元的な研修管理のシステムなどの導入は確実に行われるものと思われる.どのような研修制度になろうとも,一人ひとりの指導医が質の高い指導能力を備えることができるかどうかが,卒後研修の成否に関わる最も重要な要因となろう.指導医に求められる役割について概説した.
  • 総合診断科
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(11) 3106-3110 2002年11月
  • 診察器具, 診断機器の100年の変遷
    西崎 統, 三浦 恭定, 日野原 重明, 山内 一信, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(11) 3194-3211 2002年11月
  • 望ましい内科卒後臨床研修プログラムについて
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91 181-185 2002年09月
  • 知っておくべき新しい診療理念(19)臨床決断分析
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 128(4) 612-614 2002年08月
  • 臨床研究への取り組み
    福井 次矢
    臨床薬理 33(3) 2002年05月
  • Applied Data Mining : 臨床決断におけるデータマイニングの役割
    青木 則明, 平 憲二, 福井 次矢
    BME : bio medical engineering 16(4) 37-43 2002年04月
  • 脊椎前方固定術後に仮性大動脈瘤をきたした1例
    梁 知身, 高橋 理, 後藤 雅史, 大西 基喜, 小山 弘, 野口 善令, 松井 邦彦, 浅井 篤, 新保 卓郎, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(3) 1025-1027 2002年03月
    58歳,男性.転落事故で第11胸椎を骨折し,脊椎前方固定術を受け1年半後に左側腹部痛,発熱をきたし,仮性大動脈瘤と診断された.術後長期の経過後に大動脈瘤を生じた例はほとんど報告されていない.同様の症状を呈した患者では合併症としての仮性大動脈瘤を考慮する必要がある.
  • 望ましい内科卒後臨床研修プログラムについて
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91 2002年02月
  • 軽・中等症の原因菌不明市中肺炎に対する経口抗菌薬の費用効果分析 : 日本呼吸器学会の診療ガイドラインに基づく抗菌薬選択に関連して
    森本 剛, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 40(1) 17-25 2002年01月
    軽・中等症の原因菌不明市中肺炎患者に対するアモキシシリン/クラブラン酸(AMPC/CVA),アジスロマイシン(AZM),クラリスロマイシン(CAM),セフジニル(CFDN),レボフロキサシン(LVFX),ミノサイクリン(MINO)による治療の費用効果分析を行った.各薬剤の奏効率は公表されたデータを用い,生活の質を勘案したquality-adjusted life days(QALD)をヘルスアウトカムの指標とし,費用は支払者の直接医療費を用いた.その結果,奏効率や効用値の平均値による基本解析ではMINO,AZM,CAM,LVFXのヘルスアウトカムは等しく,AMPC/CVAやCFDNに比べ125〜290QALD長かった.費用対効果はMINO,AZM,CAMがほぼ同等で,服薬回数や服用期間を考慮するとAZMのヘルスアウトカムはMINO,CAMより0〜1.35QALD優れていた.基礎疾患のない成人ではAZMのMINOに対する生活の質の増分効果は92〜115万/quality-adjusted life yearであった.以上より外来診療における市中肺炎患者ではMINO,AZM,CAMを第一選択とするのが合理的と考えられた
  • 「診療ガイドライン」作成において疫学者に期待される役割 : 厚生科学「慢性関節リウマチ」研究班での経験から
    中山 健夫, 福井 次矢, 福原 俊一, 越智 隆弘
    Journal of epidemiology 12(1) 2002年01月
  • EBM の基礎知識
    福井 次矢
    理学療法 = Journal of physical therapy 18(11) 1025-1031 2001年11月
  • 知っておくべき新しい診療理念(1)EBM
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 126(9) 1178-1180 2001年11月
  • 臨床研修病院における指導体制と研修の評価--ACGME方式の意義 (特集 卒後臨床研修必修化の問題点を探る)
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 126(7) 967-971 2001年10月
  • EBMとその実践ツールとしてのクリニカルパス (特集 知っておきたいクリニカルパス)
    福井 次矢
    外科治療 = Surgical therapy : 外科系臨床雑誌 85(3) 254-259 2001年09月
  • PS04-k 医療の標準化とEBM
    福井 次矢
    日本消化器外科学会雑誌 34(7) 2001年07月
  • 根拠に基づく健康診断
    福井 次矢
    産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health 43 2001年03月
  • 病院医療の質の向上を目指して : 病院人の質が問われる新世代
    岩崎 榮, 真栄城 優夫, 井部 俊子, 福井 次矢, 上泉 和子, 塩谷 泰一
    日本病院会雑誌 = Journal of Japan Hospital Association 48(1) 35-64 2001年01月
  • 総合診療医学  総合診療科における研究
    平 憲二, 福井 次矢
    医療 55(3) 134-137 2001年03月
    総合診療で行われている研究は多種多様である. 総合診療は全人的医療を志向する部門であり, 研究面においては, 従来盛んに行われてきた生命医学だけでなく, 行動医療学や医療社会学, 医療人類学, 生命倫理学などの社会医学に対する関心も高い, これらの学問の知識を背景に, 臨床疫学や質的研究などの提供する研究方法を用いて. 研究が展開されている.総合診療における研究は始まったばかりであり, 今後の発展が期待される.
  • EBMとmedical dicision making (12月第5土曜特集 21世紀に期待される医学・医療) -- (第6章 社会医学)
    福井 次矢
    医学のあゆみ 195(13) 1063-1065 2000年12月
  • 病歴情報と身体所見の診断への寄与
    福井 次矢
    日本保険医学会誌 98 1-1 2000年12月
  • 患者のどのような側面が医学生に影響を与えるか -総合診療部における学生実習の定性的評価-
    山本 和利, 前川 宗隆, 福井 次矢, 新保 卓郎
    医学教育 31(6) 429-434 2000年12月
    【目的】総合診療部病棟および外来実習中に, 学生が最も記憶に残った患者についての経験を分類し, 指導医と討論して, 実習で経験した出来事の有用性を同定する.【デザイン】実習で経験した出来事についての記述定性的研究.【設定】大学病院の総合診療部病棟および外来.【対象】1996年10月~1997年9月に臨床実習を行った医学部5年生. 【方法と結果】95のレポートが集められ, それらは7つのテーマに分類された: 学生1名当たりのテーマ報告数は平均1: 85であった. テーマは, 生物医学的側面が68 (72%), 患者・家族とのコミュニケーションが45 (47%)・個人的な感情が26 (27%), 医師の役割が19 (20%), 倫理的側面が11 (12%)・心理・社会的側面が7 (7%)・民間療法の認識が1 (1%) であった.テーマの内容について男女によるレポートの差は認められなかった (テーマ数: 男性1.82;女性2.09).【結論】総合診療部での臨床実習中, 医学生は生物学的側面のみならず非生物学的な側面についても多彩な経験をすることがわかった.
  • 身体所見の必要性と意義
    福井 次矢, 木川 和彦, 後藤 英司, 山城 清二, 森本 剛
    日本内科学会雑誌 89(12) 2496-2512 2000年12月
  • 循環器系
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 89(12) 2410-2416 2000年12月
    循環器系の身体診察では視診,触診,聴診がとくに重要であり,静かな診察室で順序立てて行うとよい.身体所見の多くは感度が低く特異度が高いという特徴を有することに留意して,結果を解釈する必要がある.しばしば危険を伴い高価なhigh technology (心エコー,負荷心電図,心筋シンチ,血管造影, CT, MRIなど)が普及した今こそ,それらを効果的に使いこなすためにlow technology (病歴聴取,身体診察,胸部X線写真,心電図)のさらなる向上が求められている.
  • リスクマネジメントの実際 : リスクマネジメントは永遠の課題
    藤澤 正清, 福井 次矢, 大井 利夫, 内藤 正子, 児玉 安司
    日本病院会雑誌 = Journal of Japan Hospital Association 47(11) 1719-1746 2000年11月
  • Evidence-Based Medicine と薬剤師への期待
    福井 次矢
    日本病院薬学会年会講演要旨集 10 2000年09月
  • <論文>臨床実習に入る前の学生の評価について : わが国と米国の現状(<特集>医療人養成教育の改革の現状と展望)
    福井 次夫
    大学と学生 428 8-12 2000年09月
  • Evidence-based Medicineと治療指針
    福井 次矢
    日本整形外科學會雜誌 74(8) S1308-S1308 2000年08月
  • 大学院医学系修士課程研究科の現状と展望
    日本医学教育学会医学基礎研究者養成 大学院教育ワーキンググループ, 庄司 進一, 福井 次矢, 濱口 秀夫, 堀 原一
    医学教育 31(3) 159-165 2000年06月
  • 臨床疫学(EBMを含む) (医療の基本ABC--日本医師会生涯教育・基本的医療課題) -- (疫学)
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 123(12) S318-323 2000年06月
  • プライマリ・ケアのためのEBMの基礎
    前田 健次, 松井 邦彦, 福井 次矢
    プライマリ・ケア = Japanese journal of primary care 23(1) 16-20 2000年03月
  • 「医療経済」学習のためのテュートリアル教育事例
    日本医学教育学会医療経済の医学教育に及ぼす影響検討ワーキンググループ, 福間 誠之, 福井 次矢, 徳永 力雄, 西尾 利一, 藤崎 和彦
    医学教育 31(1) 3-5 2000年02月
  • 2.間主観的観点に基づいたヒステリー様の難治性てんかん患者に対する治療の1例(一般演題)(第25回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
    白水 倫生, 福井 次矢
    心身医学 40(1) 2000年01月
  • 大学院医学系修士課程研究科の現状と展望:日本医学教育学会医学基礎研究者養成/大学院教育ワーキンググループ
    庄司 進一, 福井 次矢, 濱口 秀夫, 堀 原一
    医学教育 31(3) 159-165 2000年
    1999年度現在, わが国で大学院医学系修士課程研究科を有する6大学のアンケート調査を実施し, 現状の分析と将来への展望を試みた. 6大学は共通して医学基礎研究者の養成を目的にし, その社会的ニーズは高い. さらに医学関連分野の高度専門職業人養成も目的に挙げているのは4大学あり, その社会的ニーズも今後ともに高いと考えられる. しかし, 一部の国公立大学院への志願者数は増加しているが, ほかの大学院では志願者の増加のために広報活動にさらに力を入れる必要がある. 社会情勢の変化で就職は難しくなってきており, 社会のニーズに対応したコース開設が必要であろう. まだ建物や備品など充足している現状ではない. MPHの提言は京都大学で実現しつつある.
  • IX.救急医学とEvidence-based Med.icine(EBM)-最近のトピックス-
    関本 美穂, 福井 次矢, 畑中 哲生
    日本内科学会雑誌 88(12) 2434-2440 1999年12月
    EBM (Evidence-based Medicine)とは,臨床判断を単なる個人の希望的観測や権威に頼るのではなく,今までに習得してきた知識や技術に文献から得た知識を加え,客観的事実に基づいた医療を行うための,臨床医のツールの一つである.このプロセスで最も重要なステップがエビデンスの質の評価,つまりその内容の妥当性・信頼性の評価である.そのためEBMを行うためには,一人ひとりの医師が論文を批判的に吟味する能力を身につける必要がある.
  • Evidence-based Medicine の臨床教育 -事例による模擬授業-
    福井 次矢
    医学教育 30(5) 1999年10月
  • 患者の選好に基づく臨床倫理決断
    浅井 篤, 永田 志津子, 福井 次矢
    生命倫理 9(1) 42-47 1999年09月
    複数の倫理原則が葛藤する臨床現場でいかに対処するかについて考察した。倫理的判断は普遍的な原則に則るべきで、判断する者の立場の違いで異なった結論を導く原則に則るべきでない。そして、特定の倫理原則を絶対的なものとしてではなく、多元的で一見自明な(prima facie)ものと捉えることが重要である。これらの基本を踏まえた上で、複数の倫理原則の間で葛藤を生じない場合は、そのうちの一つの原則に基づいて判断を下し、一方、葛藤が生じる場合は、それらの中から患者の医療に対する希望(選好)を最大限に満足させる原則を選択すべきである。文化相対主義を克服し、同時に我が国の伝統的人間関係の問題点を考慮した生命倫理学、臨床倫理学を確立するためには、患者の選好の満足を倫理的判断の基準とした、臨床疫学的データ重視の批判的思考が必要である。
  • 臨床倫理学教育 -枠組みと内容に関する考察-
    浅井 篤, 福井 次矢
    医学教育 30(2) 109-112 1999年04月
  • プライマリ・ケアとしての更年期医療を考える
    福井 次矢
    日本更年期医学会雑誌 = The Journal of the Japan Menopause Society 7(1) 183-183 1999年04月
  • わが国における医療技術評価の現状
    宍戸 邦彦, 新保 卓郎, 福井 次矢
    Japanese journal of endourology and ESWL 12(1) 4-7 1999年04月
  • 新しく提唱した実用的基準による不明熱患者の検討 : 56症例の前向き研究
    河野 宏, 山城 清二, 池田 信博, 牛山 理, 多田 芳史, 鈴木 憲明, 大田 明英, 長澤 浩平, 福井 次矢, 山口 雅也, 小泉 俊三
    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 73(1) 62-69 1999年01月
    著者等は不明熱の新しい実用的基準を設定し,1993年10月1日より約3年間の外来及び入院患者を対象とし,プロスペクティブに調査し,この新たな基準の臨床における実用性を検討した.上記期間に新基準に該当する56例(男:女=23:33,平均年齢49.7±20.6)の不明熱患者が存在し,その内訳は感染症が19例,膠原病が18例,悪性疾患が5例,死亡6例であった.内Petersdorfの定義に入らないものが38例で,亜急性壊死性リンパ節炎4例,リウマチ性多発性筋痛症3例,結核3例,サイトメガロウイルス感染症4例などが含まれ,又,死亡例が4例も存在した.新しい基準を用いることによってこれ迄不明熱として取り扱われなかった症例にも,重要な疾患,重篤な疾患が含まれることが明らかになった
  • 新しく提唱した実用的基準による不明熱患者の検討:56症例の前向き研究
    河野 宏, 山城 清二, 池田 信博, 牛山 理, 多田 芳史, 鈴木 憲明, 大田 明英, 長澤 浩平, 福井 次矢, 山口 雅也, 小泉 俊三
    感染症学雑誌 73(1) 62-69 1999年
    不明熱 (fever of unkown origin: FUO) の研究には1961年以来, Petersdorfらが提唱した基準が定義として国際的に広く用いられるようになり, それによって不明熱の調査研究が進んだ.しかし, 診断法の進歩や有熱患者の受療行動の変化などのため, Petersdorfの不明熱の定義は現在の医療状況に合わなくなってきている.
    そこで, 私たちは不明熱の新しい実用的基準を設定し, 1993年10月1日より1996年10月31日までの約3年間の佐賀医科大学附属病院の外来及び入院患者を対象とし, プロスペクティブに調査し, この新たな基準の臨床における有用性を検討した.
    上記期間に新基準に該当する56例 (男: 女=23: 33, 平均年齢49.7±20.6) の不明熱患者が存在し, その内訳は感染症が19例 (32%), 膠原病が18例 (31%), 悪性疾患が5例 (9%), 死亡6例 (10%) であった.このうちPetersdorfの定義に入らないものが38例 (68%) で, 亜急性壊死性リンパ節炎4例, リウマチ性多発性筋痛症3例, 結核3例, サイトメガロウイルス感染症4例などが含まれ, また死亡例が4例 (10%) も存在した.新しい基準を用いることによって, これまで不明熱として取り扱われなかった症例にも, 重要な疾患, 重篤な疾患が含まれることが明らかになった.
  • 臨床倫理学教育  枠組みと内容に関する考察:枠組みと内容に関する考察
    浅井 篤, 福井 次矢
    医学教育 30(2) 109-112 1999年
    臨床倫理学の教育は, 医学生や医師が倫理的葛藤を解決するために必要な知識と批判的思考能力を身につけることを目的としている.倫理的問題や倫理原則確立の歴史的背景, 一般的な規範的倫理理論, 最新の疫学的データに基づく記述倫理学的情報などは, 基本的必須知識である.またわが国での症例について倫理的問題を同定, 考察することも不可欠である.インフォームド・コンセント, 真実告知, 終末期における意思決定などのほかに, 医学的無益性や医療資源の配分, 意思決定における家族の役割などが重要な教育項目としてあげられる.
  • 臨床決断の証拠と質
    福井 次矢
    日本歯科心身医学会雑誌 = Japanese journal of psychosomatic dentistry 13(2) 141-141 1998年12月
  • 学生中心の問題解決型臨床講義
    堀江 孝至, 福井 次矢
    医学教育 29(5) 277-280 1998年10月
  • Evidence-based Medicineの手順と意義
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 87(10) 2122-2134 1998年10月
    1990年代に入って提唱された「信頼できる最新データに基づいた,理に適った医療」であるevidencebased medicine (EBM)は, (1)臨床上の疑問点抽出, (2)信頼性の高い結果(エビデンス)を示す文献の効率の検索, (3)臨床疫学と生物統計学の原理に則った,文献の批判的吟味, (4)得られたエビデンスの患者への適用性の判断,という4段階の手順から成る. EBMの主な活用場面は, (1)個々の患者での疑問点への対応,それに(2)頻度の高い臨床上の疑問点についての診療ガイドライン作成,である. EBMに則った診療を行うことで,入院患者については確固としたエビデンスに基づいた臨床判断を下す頻度が高くなった,診療ガイドラインを用いることで医師の診療行為だけでなく患者アウトカムも改善した,などのデータが報告され,医学教育にも大きく取り入れられつつある.世界的な規模でEBMが普及することにより,客観的な臨床データを重視した患者指向の医療が,今後ますます求められることになろう.
  • 内科臨床指導医に求められるもの 司会者のことば
    黒川 清, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 87(9) 1998年09月
  • 臨床実習中の医学生による臨床倫理に関するエッセイの分析
    浅井 篤, 斎藤 繭子, 酒井 達也, 神保 卓郎, 福井 次矢
    医学教育 29(4) 221-225 1998年08月
  • 臨床疫学カリキュラム(案)
    日本医学教育学会臨床疫学教育ワーキンググループ, 福井 次矢, 山本 和利, 吉村 健清, 大生 定義, 久繁 哲徳, 福原 俊一, GREEN Joseph
    医学教育 29(2) 73-77 1998年04月
  • 臨床決断の証拠と質
    福井 次矢
    日本歯科心身医学会雑誌 13(2) 141-141 1998年
  • 臨床実習中の医学生による臨床倫理に関するエッセイの分析
    浅井 篤, 斎藤 繭子, 酒井 達也, 神保 卓郎, 福井 次矢
    医学教育 29(4) 221-225 1998年
    総合診療部において臨床実習を行った医学部5年次~6年次学生94名による, 臨床倫理に関するエッセイを分析した. 現在わが国の医療で倫理的に問題となっている事項として, 脳死問題, 終末期医療における意思決定, インフォームド・コンセントおよび真実告知に関する問題を, それぞれ3分の1の学生が指摘した. もっと学びたい倫理的問題としては, 上記のほかに実際に医療従事者がどのような倫理的判断を行っているか, 文化による倫理的態度の差異はあるのかなどがあげられた. インフォームド・コンセントおよび真実告知に関する問題が, 実習中の受け持ち患者の診療上の倫理的問題としてもっとも多く言及されていた.
  • 内科臨床指導医に求められるもの
    黒川 清, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 87(0) 104-107 1998年
  • 卒後における総合診療教育 内科専門医制度と総合診療教育
    福井 次矢
    医学教育 28(6) 417-420 1997年12月
  • ハイテク医療のなかでの身体診察
    福井 次矢, 日野原 重明, 橋本 信也, 酒見 英太, 益子 雅笛
    日本内科学会雑誌 86(12) 2281-2300 1997年12月
  • 総合診療科と臨床教育
    福井 次矢
    医学教育 28(5) 283-286 1997年10月
  • 臨床能力をどう評価するか (特集 病院が医師を選ぶとき)
    福井 次矢
    病院 56(10) 910-913 1997年10月
  • 倫理的ジレンマと意思決定に関する考察(第8回日本生命倫理学会年次大会セッション「インフォームド・コンセント, 倫理的ジレンマ」)
    浅井 篤, 福井 次矢
    生命倫理 7(1) 103-108 1997年09月
    臨床現場で患者の診療に当たっている医師は、日常的に多岐にわたる倫理的問題にしばしば直面している。この論文では、筆者らが実際に経験した2つの症例を提示し、13項目のジレンマ検討のための枠組みを用い、倫理的分析を試みた。この枠組みには、(1)何が問題となっているか、(2)誰が問題としているか、(3)どのような医学的状況か、(4)医療関係者の判断はどのようなものか、(5)患者の解釈モデル、希望は何か、(6)家族の希望はどのようなものか、(7)感情的、利害問題の有無、(8)関係者間のどこに不一致があるのか、(9)いかなるジレンマ解消の努力がなされたか、(10)どのような意思決定がなされ、その根拠はなにか、(11)関係者は納得しているか、(12)関係者は満足しているか、(13)下された判断の倫理的妥当性はどうか、が含まれている。また、どのような倫理原則に従った判断が妥当であるかも考察した。
  • 医学教育における態度教育の実態について -調査報告-
    日本医学教育学会卒前教育委員会, 日下 隼人, 徳永 力雄, 桜井 勇, 伴 信太郎, 福井 次矢, 堀口 正治, 生駒 尚秋, 小寺 一興, 神津 忠彦, 森田 孝夫, 梅里 良正, 小口 勝司, 尾島 昭次, 田中 勧, 内山 安男, 堀 原一
    医学教育 28(4) 213-220 1997年08月
  • 卒前臨床実習における学生の医行為の実施状況と課題 -アンケート調査結果報告-
    日本医学教育学会卒前教育委員会, 徳永 力雄, 桜井 勇, 伴 信太郎, 福井 次矢, 堀口 正治, 生駒 尚秋, 小寺 一興, 神津 忠彦, 日下 隼人, 森田 孝夫, 小口 勝司, 尾島 昭次, 田中 勧, 梅里 良正, 内山 安男, 堀 原一
    医学教育 28(4) 205-212 1997年08月
  • 卒前臨床実習の実態と課題 -アンケート調査結果報告-
    日本医学教育学会卒前教育委員会, 徳永 力雄, 桜井 勇, 伴 信太郎, 福井 次矢, 堀口 正治, 生駒 尚秋, 小寺 一興, 神津 忠彦, 日下 隼人, 森田 孝夫, 小口 勝司, 尾島 昭次, 田中 勧, 梅里 良正, 内山 安男, 堀 原一
    医学教育 28(4) 197-203 1997年08月
  • 総合診療 : 病棟診療の特徴 : 京都大学附属病院総合診療部の実践から
    山本 和利, 福井 次矢
    プライマリ・ケア = Japanese journal of primary care 20(2) 140-143 1997年06月
  • C-7 脂肪塞栓症候群 (FES) と他の原因による ARDS 症例の BALF 所見の臨床的検討(BALF 3)
    青木 則明, 相馬 一亥, 今井 寛, 片桐 真人, 矢那瀬 信雄, 福井 次矢, 大和田 隆, 冨田 友幸
    気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 19(4) 1997年06月
  • シンポジウム6:検査の有効利用と判断支援,臨床検査の情報価値を測る 総合診療における意志決定と臨床検査-臨床決断科学・臨床疫学的手法のベッドサイドにおける応用-
    青木 則明, 山本 和利, 福井 次矢
    臨床病理 45(4) 337-341 1997年04月
  • わが国の教育病院における総合診療の現状 -『総合診療に関する現状調査アンケート』報告-
    日本医学教育学会総合診療ワーキング・グループ, 福井 次矢, 今中 孝信, 青木 誠, 大滝 純司, 伴 信太郎, 松村 理司, 向原 茂明
    医学教育 28(1) 9-17 1997年02月
  • 総合診療の教育  卒後における総合診療教育  内科専門医制度と総合診療教育
    福井 次矢
    医学教育 28(6) 417-420 1997年12月
    内科専門医制度と総合診療はともに, 1970年代, 臓器にとらわれない, 全人的医療 (primary care~generalism) を担う医師を養成するというほぼ同じ目的で発足ないし設立されてきたものである. しかしながら, 内科専門医制度は臓器別細分化を極めることを至上命題とする内科学会という巨大な組織のなかでの, いわば本流から離れた一般内科学の追求を出発点にしているのに対して, 総合診療は, 必ずしも内科学にとらわれない社会全般の視点から要請された全人的医療の追求である, という微妙かつ本質的な差がある. 内科専門医制度, 総合診療部門とも, 理想とするprimary care~generalismの専門性を具現し, 一般診療の質が向上することを実証することによってのみ, 今後, 若い医師のこの分野への参入を促すことができるものと思われる.
  • 内科臨床研修における剖検の有用性 -『剖検所見の内科臨床研修へのフィードバックに関する調査』報告-
    福井 次矢, 前川 宗隆, 山本 和利, 黒川 渡, 青木 則明, 白水 倫生, 梶山 徹, 岸野 美奈子, 浅井 篤, 藤村 聡
    日本内科学会雑誌 85(12) 2096-2105 1996年12月
    本学会認定教育病院で1994年10月1日〜12月31日の3ヵ月間に行われた剖検症例について調査した.82.6%の施設から回答が得られ,剖検率は22.6%であった.臨床診断と病理診断は88.3%の症例で一致していた.臨床診断上,69.7%の症例では画像検査が最も有用であったと判断され,症候が最も有用としていたのは17.3%であった.病態生理を理解する上で役立った症例の割合は86.6%で,88.8%の症例では剖検が臨床研修上役立ったと考えられていた.剖検により11.7%の症例で主要臨床診断が訂正されていたこと,大多数の症例で病態生理の理解が深まっていること等から剖検の重要性は明らかである
  • トピックス インフォームドコンセントの意義
    浅井 篤, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 85(12) 2000-2004 1996年12月
    インフォームドコンセントは「誰が決めるか」を最大の争点とし,「患者が決める」ことを結論とした理念である.わが国におけるターミナルケアや真実告知に関する人々の希望と目的は多様である.倫理的に何が正しいかについて普遍的な原則がない現在,インフォームドコンセントそれ自体に関する希望も含め,すべての医療決断の段階で,患者の希望を生かしたターミナルケアが必要である.
  • 総合診療における意志決定と臨床検査 : 臨床決断分析学・臨床疫学的手法のベッドサイドでの応用
    福井 次矢, 山本 和利, 青木 則明
    臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 44(補冊) 49-49 1996年10月
  • 統合教育の実践
    福井 次矢, 高桑 雄一
    医学教育 27(5) 282-285 1996年10月
  • 診断と治療決定の心理過程とピットフォール
    福井 次矢, 青木 則明
    理学療法 = Journal of physical therapy 13(4) 273-278 1996年07月
  • 総合診療の意義と現状,展望
    福井 次矢
    治療 78(6) 2436-2438 1996年06月
  • 総合医学の基本理念と現状(総合医学(包括的医療)における心身医学の役割)
    福井 次矢
    心身医学 36(0) 1996年05月
  • 【医療の質の定量評価で現場を動かす QIを使った現場マネジメント】 (Part 1)改善のためのモチベーションとなるQI 病院文化の醸成やブランド力向上にも
    福井 次矢
    医療経営士(17) 14-19 2015年11月
  • 医療の質と安全におけるエビデンス 研究と実務における課題 医療の質と安全の向上を目指した実務から学んだこと
    福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 10(Suppl.) 158-158 2015年10月
  • 病院機能における医療の質と病院管理
    福井 次矢
    日本医療・病院管理学会誌 52(Suppl.) 24-24 2015年10月
  • 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の概要
    福井 次矢
    日本保険医学会誌 113(3) 206-206 2015年09月
  • 臨床研修病院における外来研修の評価について
    岩崎 榮, 有賀 徹, 福井 次矢, 一戸 真子, 竹内 あい, 有賀 麻輝江
    医学教育 46(Suppl.) 217-217 2015年07月
  • 指導医講習会の学習効果と60歳以上の受講者に観察された医学教育研修でのパターナリズム
    小林 元, 石川 和信, 諸井 陽子, 菅原 亜紀子, 大谷 晃司, 村川 雅洋, 羽金 和彦, 渡辺 直彦, 向原 茂明, 福井 次矢
    医学教育 46(Suppl.) 168-168 2015年07月
  • これからの病院医療(Part2) Quality Indicator(QI)を用いた医療の質管理
    福井 次矢, 日本病院会QI委員会
    日本病院会雑誌 62(4) 408-437 2015年04月
  • 【DPCII群病院への取り組み】 聖路加国際病院のDPCII群病院への取り組み
    野村 牧人, 福井 次矢
    病院経営Master 4(5) 16-20 2015年04月
  • 医療・医学のサイエンスとアート
    篠原 幸人, 寺岡 慧, 福井 次矢, 岩井 郁子, 永山 正雄
    日本POS医療学会雑誌 19(1) 28-34 2015年03月
  • ソーシャルワーク介入必要基準の開発
    宮内 佳代子, 大出 幸子, 笹岡 眞弓, 西田 知佳子, 原田 とも子, 高橋 理, 小山 秀夫, 福井 次矢
    日本病院会雑誌 62(3) 334-339 2015年03月
  • ポータブル胸部X線撮影減少計画の意義
    馬場 洋行, 水野 篤, 新沼 廣幸, 西 裕太郎, 福井 次矢
    日本集中治療医学会雑誌 22(Suppl.) [DP47-2] 2015年01月
  • Transparency of Clinical Studies 臨床研究と透明性 Scope and Direction of Emerging Japanese Guidelines on Human Subjects「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」について
    福井 次矢
    臨床薬理 45(Suppl.) S190-S190 2014年11月
  • 急性期病院におけるソーシャルワーカーのクオリティ・インジケーターの開発
    原田 とも子, 大出 幸子, 笹岡 眞弓, 西田 知佳子, 宮内 佳代子, 高橋 理, 小山 秀夫, 福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 9(Suppl.) 239-239 2014年10月
  • 我々の目指すべき医療の質とは? 医療の質を測定し改善する
    小松 康宏, 嶋田 元, 福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 9(Suppl.) 115-115 2014年10月
  • 降圧薬評価のパラダイムシフト 降圧の質の向上を目指して 左室肥大を考慮した降圧治療
    水野 篤, 丹羽 公一郎, 西 裕太郎, 福井 次矢
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 37回 271-271 2014年10月
  • 【皮膚科の「医療の質」を考える-QIを知っていますか?】 Quality Indicatorを用いた医療の質管理
    福井 次矢
    Visual Dermatology 13(10) 1086-1089 2014年09月
  • 未来の医療を創造する内科学 診療の質の向上 求められる生物医学と公衆衛生学との融合
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 103(9) 2207-2213 2014年09月
  • 診療ガイドラインの作成手順と課題
    福井 次矢
    日本小児腎不全学会雑誌 34 7-7 2014年07月
  • がん検診の有効性を問う 検診の有効性評価 歴史と課題
    福井 次矢
    日本がん検診・診断学会誌 22(1) 31-31 2014年07月
  • 【透析関連専門資格に求められるもの・これからの透析医療教育-現状と課題】 新たな専門医制度における総合診療専門医
    福井 次矢
    臨床透析 30(6) 605-610 2014年06月
    2013年に公表された厚生労働省「専門医の在り方に関する検討会」報告書により,中立的な「第三者機関」の創設と,総合診療専門医を基本領域の専門医に加えることが決定した.筆者は,総合診療専門医に求められる能力は,(1)幅広い臨床問題に適切に対応できる,(2)タイミング良く専門医への紹介ができる,(3)組織を基盤としたアプローチができる,(4)公衆衛生学的視点を有する,の4点にまとめられるのではないかと考えている.「第三者機関」として,2014年5月に一般社団法人日本専門医機構が発足した.わが国の医療制度の改善に向けて,大きな貢献が期待される.(著者抄録)
  • 医療の質を測り改善する 聖路加国際病院の経験と国内外の動向
    福井 次矢
    日本皮膚科学会雑誌 124(5) 939-939 2014年04月
  • Minds診療ガイドライン作成の手引き2014 そのポイントと今後の課題
    山口 直人, 福井 次矢, 中山 健夫, 吉田 雅博
    日本医事新報(4696) C1-C6 2014年04月
  • 未来の医療を創造する内科学 診療の質の向上 求められる公衆衛生学との融合
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 103(Suppl.) 110-110 2014年02月
  • 【総合診療-その歴史と現在、未来】 これからの総合診療
    福井 次矢, 伴 信太郎
    カレントテラピー 32(2) 186-194 2014年02月
  • 今求められる総合診療医とは 総合診療医
    福井 次矢
    地域医学 27(12) 1108-1109 2013年12月
  • 診療ガイドラインの社会的意義と問題点 ガイドラインの作成手順 コンセンサスの形成過程を含む
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 102(9) 2301-2306 2013年09月
  • 電子カルテシステム内に構築した臨床決断支援システム
    嶋田 元, 山川 真紀子, 春田 潤一, 福井 次矢
    医療情報学 33(2) 69-77 2013年08月
    背景:臨床決断支援(CDS:Clinical Decision Support)システムがいくつかの領域で医療の質の改善に寄与すると報告されているが、推奨行為を提示する汎用的なCDSシステムの日本からの報告はない。目的:電子カルテシステム(EMRS:Electronic Medical Record System)内に推奨行為が提示可能なCDSシステムを構築しその利用率を評価する。概要:EMRS内外の情報を用いて個々の患者状態に応じた推奨行為を含む通知情報を作成し、EMRS内に決断を行うタイミングで動的に提示し、入力を支援する仕組みを構築した。結果:2011年12月からの9ヵ月間に7領域で1,628件が通知され使用率は89.2%、診療行為を正しく支援できた割合は94.8%であった。結論:既存電子カルテシステム内に推奨行為を提示する実行率の高い臨床決断支援システムを構築した。今後は本システムが医療の質の向上や利用者の行動変容に寄与するかを評価する必要がある。(著者抄録)
  • 【総合診療医に求められる資質、技能】 新たな専門医制度における総合診療専門医
    福井 次矢
    Pharma Medica 31(8) 9-12 2013年08月
  • 【エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013】
    木村 健二郎, 岡田 浩一, 今井 裕一, 田村 功一, 西 慎一, 和田 隆志, 福井 次矢, 松尾 清一, 湯澤 由紀夫, 有村 義宏, 堀江 重郎, 丸山 彰一, 今井 圓裕, 守山 敏樹, 池住 洋平, 石倉 健司, 井関 邦敏, 上田 仁康, 小尾 佳嗣, 大野 岩男, 貝藤 裕史, 香美 祥二, 金崎 啓造, 要 伸也, 川田 典孝, 河原崎 宏雄, 北川 清樹, 北田 宗弘, 小井手 裕一, 古家 大祐, 後藤 俊介, 後藤 眞, 後藤 憲彦, 近藤 秀治, 佐古 まゆみ, 柴垣 有吾, 嶋 英昭, 庄司 哲雄, 新沢 真紀, 鈴木 芳樹, 諏訪部 達也, 坪井 伸夫, 鶴岡 秀一, 徳山 博文, 富田 亮, 長澤 康行, 西尾 妙織, 長谷部 直幸, 花房 規男, 濱 ひとみ, 早川 洋, 原 章規, 深川 雅史, 藤井 直彦, 藤井 秀毅, 藤野 貴行, 古市 賢吾, 丸山 達也, 丸山 之進, 三浦 健一郎, 三浦 直人, 三ツ木 加代, 武藤 智, 望月 俊雄, 森 一越, 谷澤 雅彦, 安田 宜成, 山本 裕康, 山本 陵平, 脇野 修, 鷲田 直輝, 渡辺 裕輔, 原田 浩, 荒木 信一, 伊藤 貞嘉, 上村 治, 臼井 丈一, 内田 俊也, 宇津 貴, 宇都宮 保典, 風間 順一郎, 柏原 直樹, 川村 哲也, 栗山 哲, 小松 康宏, 斉藤 喬雄, 斎藤 知栄, 酒井 謙, 佐田 憲映, 四方 賢一, 杉山 斉, 竹村 司, 土谷 健, 椿原 美治, 成田 一衛, 服部 元史, 花岡 一成, 馬場園 哲也, 樋口 誠, 平野 勉, 星野 純一, 堀尾 勝, 山縣 邦弘, 横山 啓太郎, 横山 仁, 吉川 徳茂, 渡邊 有三, 船橋 徹, 益崎 裕章, エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013作成委員会,日本腎臓学会
    日本腎臓学会誌 55(5) 585-860 2013年07月
  • 総合診療医をわが国に定着させるために
    福井 次矢, 野中 博, 尾身 茂, 藤本 晴枝, 田中 一哉
    社会保険旬報(2533) 18-26 2013年06月
  • 研修医生活における健康診断結果の特徴
    桑原 政成, 丹羽 公一郎, 渡辺 直, 福井 次矢
    日本循環器病予防学会誌 48(2) 137-137 2013年05月
  • 総合診療医をわが国に定着させるために
    福井 次矢, 野中 博, 尾身 茂, 藤本 晴枝, 田中 一哉
    社会保険旬報(2532) 6-12 2013年05月
  • 正しい医薬情報の正確な伝達を科学する 我が国の状況と世界の趨勢 EBMにもとづくガイドライン情報の提供
    福井 次矢
    日本薬学会年会要旨集 133年会(1) 148-148 2013年03月
  • 医療経済学からみた外科診療 医療の質を中心に Quality Indicatorを用いた外科診療の質の評価
    嶋田 元, 小野寺 久, 福井 次矢
    日本外科学会雑誌 114(臨増2) 151-151 2013年03月
  • 成人Immune thrombocytopenia(ITP)における予後因子の検討
    荒谷 紗絵, 小俣 富美雄, 樋口 敬和, 岡田 定, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 102(Suppl.) 233-233 2013年02月
  • 診療ガイドラインの社会的意義と問題点 ガイドラインの作成手順とコンセンサスの形成過程
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 102(Suppl.) 118-118 2013年02月
  • 【病院の評価-課題とこれから】 医療の質と評価
    福井 次矢
    病院 72(1) 18-23 2013年01月
  • 医療の質を測定し改善する 聖路加国際病院の経験と国内外の動向
    福井 次矢
    香川県医師会誌 65(5) 70-67 2012年12月
  • 総合医と内科医 厚生労働省「専門医の在り方検討委員会委員」の立場から
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 101(12) 3547-3552 2012年12月
  • 【医療安全と診療の質】 医療安全と診療の質
    福井 次矢, 佐々木 康綱, 新屋 久幸, 伊藤 航人, 江崎 宏典
    日本内科学会雑誌 101(12) 3491-3504 2012年12月
  • 【医療安全と診療の質】 診療の質測定と改善 医療の質改善 一病院の経験
    福井 次矢, 嶋田 元, 脇田 紀子, 堀川 知香, 寺井 美峰子, 大出 幸子, 小松 康宏
    日本内科学会雑誌 101(12) 3432-3439 2012年12月
  • 【医療安全と診療の質】 医療の質測定と改善 診療の質測定 厚生労働省の推進事業
    嶋田 元, 堀川 知香, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 101(12) 3413-3418 2012年12月
  • 【医療安全と診療の質】 インシデント・アクシデントの現状 転倒転落の頻度と予防
    大出 幸子, 寺井 美峰子, 高橋 理, 大泉 綾, 嶽肩 美和子, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 101(12) 3396-3403 2012年12月
  • 既存電子カルテシステムの仕組みを応用した臨床決断支援システムの構築
    嶋田 元, 山川 真紀子, 春田 潤一, 脇田 紀子, 青木 宏之, 中野 希一, 伊原 康朗, 石澤 成史, 柳浦 一博, 福井 次矢
    医療情報学連合大会論文集 32回 418-420 2012年11月
  • 日本の科学的根拠に基づく診療ガイドライン作成の現況
    小島原 典子, 奥村 晃子, 高橋 奈津子, 清原 康介, 佐藤 康仁, 吉田 雅博, 福井 次矢, 山口 直人
    日本プライマリ・ケア連合学会誌 35(3) 195-203 2012年09月
    目的:1999年、厚生省(当時)が優先疾患として選定した47疾患の科学的根拠に基づく診療ガイドライン作成状況について検討する。方法:47疾患と、厚生労働省科学研究費の支援があった5疾患について2012年1月末までに公表された初版治療ガイドラインの作成母体、公開方法につき検討した。結果:優先47疾患のうち、医療提供者向け43疾患、一般医家向け13、一般向け7についてガイドラインが作成された。このうち医学雑誌または報告書のガイドラインは34疾患(72%)、書籍として販売されたのは37疾患(79%)、ウェブサイトで公開されているもの26疾患(55%)であった。また、EBM型は14疾患であった。結論:厚労科研費による支援があった25疾患はすべてガイドラインが公開され、ガイドライン作成には費用の問題が大きいことが示唆された。今後は、諸外国と同様、改訂に対応しやすいフリーアクセスのウェブサイト公開が有効と考えられた。(著者抄録)
  • 医療の質を測定し改善する 聖路加国際病院の経験と国内外の動向
    福井 次矢
    香川県医師会誌 65(特別) 20-21 2012年09月
  • 診療ガイドラインの法的側面
    福井 次矢, 桑原 博道
    日本内科学会雑誌 101(9) 2706-2711 2012年09月
  • 医療の質の評価と改善 聖路加国際病院の経験と国内外の動向
    福井 次矢
    日本医療マネジメント学会雑誌 13(Suppl.) 126-126 2012年09月
  • 診療ガイドラインの問題点と将来 ガイドラインの評価とQuality indicator
    嶋田 元, 小野寺 久, 福井 次矢
    日本外科学会雑誌 113(臨増3) 20-22 2012年08月
  • 【医界の論点2012】 専門医制度 「総合医」「総合診療医」をどう位置づけるか? 専門医制度と総合医 医療提供体制の中核に「専門医としての総合医」を
    福井 次矢
    日本医事新報(4609) 12-13 2012年08月
  • プライマリ・ケア医を志向する2年次研修医の特性に関する検討
    木村 琢磨, 野村 恭子, 高橋 理, 青木 誠, 矢野 栄二, 福井 次矢
    医学教育 43(Suppl.) 142-142 2012年07月
  • チーム医療における特定看護師への期待
    福井 次矢
    看護科学研究 10(1) 21-25 2012年06月
  • 聖路加国際病院全体の糖尿病治療の電子カルテによる解析と改善
    出雲 博子, 門伝 昌己, 根本 憲一, 中川 朋子, 真山 享, 福井 次矢
    日本内科学会関東地方会 588回 26-26 2012年06月
  • 整形外科医は脊椎徒手療法を勧めるか? 腰痛に対する医学的治療の効果の現状認識をふまえて
    竹谷内 克彰, 福井 次矢, 徳田 安春, 高橋 理, 大出 幸子, 小俣 富美雄
    Journal of Spine Research 3(6) 917-920 2012年06月
    整形外科医1600名に対してインターネット調査を行い、腰痛に対する医学的治療の効果に対する認識、医師自身が治療者および患者の立場で脊椎徒手療法を選択するか否かの現状と、それに関連する背景・問題点について検討した。腰痛に対する医学的治療の効果が不十分と認識している医師が多かったが、脊椎徒手療法を患者に勧める医師は少なく、脊椎徒手療法の科学的根拠が乏しいことや教育の問題点を指摘する医師が多かった。(著者抄録)
  • 日本病院会QIプロジェクト2011の成果と今後の課題
    堀川 知香, 脇田 紀子, 嶋田 元, 福井 次矢
    日本病院会雑誌 59(6) 588-593 2012年06月
  • 【CKD・透析関連領域におけるガイドラインを日常診療にどう生かすか】 診療ガイドラインをめぐって
    福井 次矢
    臨床透析 28(7) 806-813 2012年06月
  • 医療の質を測り改善する
    福井 次矢
    神経治療学 29(3) 289-294 2012年05月
  • 医療の質の評価と改善
    福井 次矢
    診療情報管理 24(1) 24-30 2012年05月
  • ガイドラインの評価とQuality Indicator
    嶋田 元, 小野寺 久, 福井 次矢
    日本外科学会雑誌 113(臨増2) 72-72 2012年03月
  • プライマリ・ケア医を志向する2年次研修医の特性に関する検討
    木村 琢磨, 野村 恭子, 高橋 理, 青木 誠, 矢野 栄二, 福井 次矢
    日本プライマリ・ケア連合学会誌 35(1) 6-11 2012年03月
    目的:プライマリ・ケア(PC)医志向の2年次研修医の特性を検討する。方法:2006年3月、2年次研修医7344名を対象に質問紙票で調査し、回収率56.7%(n=4167)のうち臨床を志望すると回答した3838名を解析した。PC医志向のオッズ比(OR)と95%信頼区間(95%CI)をロジスティック回帰モデル(PC医志向=1 vs.専門医志向=0)で算出した。結果:PC医志向は56%で、開業を希望し(OR1.44、95%CI:1.20-1.73)、医学博士号の取得を希望せず(OR1.29、95%CI:1.07-1.55)、診療科として内科系を希望していた(OR1.44、95%CI:1.07-1.94)。結論:PC医志向の2年次研修医の特性として、開業を希望すること、医学博士号の取得を希望しないこと、診療科として内科系を希望していることが明らかとなった。(著者抄録)
  • 肥満と大腸腺腫の関連について システマテイックレビューとメタ解析
    小俣 富美雄, デシュパンデ・ゴータム, 大出 幸子, 峯 徹哉, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 101(Suppl.) 217-217 2012年02月
  • 診療ガイドラインの法的側面
    福井 次矢, 桑原 博道
    日本内科学会雑誌 101(Suppl.) 133-134 2012年02月
  • これからのチーム医療
    福井 次矢
    日本クリニカルパス学会誌 13(4) 299-299 2011年11月
  • 医療の質の評価と改善
    福井 次矢
    日本病院会雑誌 58(10-11) 1036-1047 2011年11月
  • 臨床研修制度をめぐって 義務化後の臨床研修制度がもたらした影響
    福井 次矢
    日本医学会総会会誌 28回(II) 281-281 2011年10月
  • 医療を語る 病院と勤務医の未来をひらく(小テーマ3) 専門医制度のあり方 総合診療医のあり方について
    福井 次矢
    日本医学会総会会誌 28回(I) 31-31 2011年10月
  • Quality Indicatorを用いた医療の質向上の試み
    福井 次矢
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 21(Suppl.) 86s-86s 2011年10月
  • 医療の質の向上と安全を考える 医療の質を測り改善する
    福井 次矢
    神経治療学 28(5) 512-512 2011年09月
  • 【診療の質指標(QI)の動向と実際】 厚生労働省「医療の質の評価・公表等推進事業」による日本病院会の実績
    嶋田 元, 脇田 紀子, 福井 次矢
    医薬ジャーナル 47(9) 2293-2301 2011年09月
    厚生労働省「平成22年度医療の質の評価・公表等推進事業」において、日本病院会では「臨床指標評価委員会」を設け、最終的に11のQuality Indicator(QI)を策定し、30の協力施設とともにその測定と公開および質改善活動の調査を実施した。その過程、成果、課題について報告する。(著者抄録)
  • 【診療の質指標(QI)の動向と実際】 医療の質を改善する手段としてのQuality Indicator 聖路加国際病院の試み
    福井 次矢, 嶋田 元, 脇田 紀子
    医薬ジャーナル 47(9) 2257-2260 2011年09月
    医療の質は、医療提供の構造(ストラクチャー)、診療の内容や過程(プロセス)、診療の結果(アウトカム)という3つの側面から評価される。最近では、患者の健康アウトカムを最も良くする可能性の高いことが臨床研究によって実証された診療プロセス(エビデンス)がどの程度実際に行われているのかを数値で表す試みが広く行われるようになった。そのような質を表す指標をQuality Indicator(QI)と呼び、聖路加国際病院では、電子カルテに集積されたデータを用いて、2004年以降のQIを経年的に測定するとともに改善策を実践してきた。結果的には、著しく質が改善してきており、同様の手法が多くの病院で採用されることを願っている。(著者抄録)
  • 臨床研究のススメ 我が国の臨床研究の特徴と改善の方向性
    福井 次矢
    最新医学 66(7) 1676-1679 2011年07月
  • 【EBMアップデート】 総論 医療を数値で評価する その歴史とEBMの潮流
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 21(7) 548-551 2011年07月
  • 整形外科医の脊椎徒手療法に対する認識の現状調査
    竹谷内 克彰, 福井 次矢, 徳田 安春, 高橋 理, 大出 幸子, 小俣 富美雄
    Journal of Spine Research 2(6) 1192-1196 2011年06月
    整形外科医1,600名に対してインターネット調査を行い、脊椎徒手療法と連携した医療提供に関する意思の有無とその意思判断に関与する要因を検討した。その結果、回答者624名のうち、その意思のある者は236名で、意思判断に関わる要因は急性腰痛に対する医学的治療の効果への見解、筋骨格系症状に対する薬物治療への見解、および脊椎徒手療法に関する欧米での研究報告への理解、であった。(著者抄録)
  • 【RCT時代の漢方薬】 (Part.I)対談 漢方薬のRCTをどうとらえるか
    福井 次矢, 津谷 喜一郎
    漢方医学 35(2) 102-112 2011年05月
  • 医療の質を測定し改善する 聖路加国際病院の試み
    福井 次矢
    日本臨床矯正歯科医会雑誌 22(2) 16-16 2011年03月
  • 【診療ガイドラインをめぐって】 診療ガイドラインをめぐって
    福井 次矢, 森實 敏夫, 佐藤 温, 松村 真司, 水野 篤
    日本内科学会雑誌 99(12) 3054-3069 2010年12月
  • 【診療ガイドラインをめぐって】 診療ガイドライン Quality Indicators
    高橋 理, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 99(12) 3035-3041 2010年12月
  • 【診療ガイドラインをめぐって】 診療ガイドラインの作成手順
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 99(12) 2944-2949 2010年12月
  • 研修医の行う中心静脈カテーテル挿入術の安全性確保に対する聖路加国際病院の新たな試み
    山雄 さやか, 寺井 美峰子, 嶋田 元, 青木 光広, 福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 5(Suppl.) 183-183 2010年11月
  • 医療の質・安全と臨床評価指標 質指標(Quality Indicator)を用いた医療の質改善の試み
    福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 5(Suppl.) 90-90 2010年11月
  • 【"一歩先を行く"医療モデル×24】 一歩先を行く医療機関の経営哲学
    新田 國夫, 福井 次矢, 美原 盤, 山口 俊晴, 川渕 孝一
    保険診療 65(11) 3-15 2010年11月
  • 知っておきたい「診療ガイドラインとクオリティ・インディケータ」の動向
    福井 次矢
    日本クリニカルパス学会誌 12(4) 305-305 2010年11月
  • JIMで語ろう ホスピタリストと病院総合医 ホスピタリストと病棟医療の新しい潮流
    Deshpande Gautam A., 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 20(9) 686-694 2010年09月
  • 【新カリキュラム<2009>の導入にあたり、医師の生涯教育を再考する】 新たなカリキュラムによる生涯教育制度の導入をめぐって
    福井 次矢, 近藤 邦夫, 三上 裕司, 山田 隆司, 林 正作
    日本医師会雑誌 139(6) 1201-1215 2010年09月
  • P-MEXの医師憲章に基づく医師のプロフェッショナリズムの評価方法としての有用性の検討 多施設共同研究
    津川 友介, 高橋 理, 大生 定義, 尾藤 誠司, 伊藤 俊之, 千葉 勉, 青木 昭子, 後藤 英司, 向原 圭, Heist Brian, 福井 次矢
    医学教育 41(Suppl.) 103-103 2010年07月
  • 医学と医療の最前線 研修病院における臨床研究とその支援体制
    高橋 理, 大出 幸子, ゴータム・A・デシュパンデ, 山田 康博, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 99(7) 1662-1670 2010年07月
  • JIMで語ろう プライマリ・ケア/総合診療の過去・現在・未来
    日野原 重明, 高木 誠, 福井 次矢, 松村 真司
    JIM: Journal of Integrated Medicine 20(4) 292-301 2010年04月
  • 大腸腫瘍性疾患に対する定量的免疫学的便潜血反応の診断能について
    小俣 富美雄, 徳田 安春, 増田 勝紀, 大出 幸子, 高橋 理, 福井 次矢
    大和証券ヘルス財団研究業績集(33) 90-95 2010年03月
    任意型健診を受診した無症候の853名(男601名、女252名、平均64.7±11.4歳)を対象に後ろ向き横断研究を行った。対象となった受診者は全て定量的免疫学的便潜血反応(QTFIT)および全大腸内視鏡検査を施行され、大腸腺腫315例、進行大腸腺腫32例、大腸癌7例が診断された。QTFITの診断能を検討したところ、カットオフ値50ng/mlを使用した場合の大腸癌診断における感度、特異度、陽性尤度、陰性尤度はそれぞれ85.7%、85.9%、6.1、0.17であった。同じカットオフ値による進行大腸腺腫診断の感度、特異度、陽性尤度、陰性尤度はそれぞれ50%、86.7%、3.8、0.58であった。大腸腺腫の診断においてはカットオフ値を25ng/mlまで下げても感度は63%であり、スクリーニング検査として使用するには感度が低い。
  • 【臨床研修制度の影響・見直しと今後の展望】 2年次研修医のアンケート調査 新旧臨床研修制度の比較
    福井 次矢, 高橋 理, 大出 幸子, 矢野 栄二
    日本医師会雑誌 138(10) 2022-2026 2010年01月
  • 【臨床研修制度の影響・見直しと今後の展望】
    飯沼 雅朗, 田原 克志, 高久 史麿, 小川 彰, 福井 次矢
    日本医師会雑誌 138(10) 1993-2005 2010年01月
  • 市民の認識する"医師のプロフェッショナリズム"に関する質的研究 欧米の医師憲章との比較
    高橋 理, 大生 定義, 徳田 安春, 萱間 真美, 福井 次矢
    医学教育 40(6) 411-417 2009年12月
    世界レベルで関心の高い医師のプロフェッショナリズムは、社会との関係性が十分考慮されることが重要であるといわれている。しかし、医療を受ける側・患者の視点から考える医師のプロフェッショナリズムの構成概念を実証的に検討した研究は少ない。1)東京と大阪の市民各6人を対象に約2時間グループインタビューを行った。2)インタビューの逐語録を質的・帰納的に分析し市民が認識する医師のプロフェッショナリズムを構成する要素を探索した。また、それらを欧米の医師憲章と比較した。3)探索の結果、医師のプロフェッショナリズムと関連すると考えられる要素は、(1)患者への献身・奉仕(2)公正性(3)医師の社会的責任(4)企業との適切な関係(5)患者との適切な関係、の5つに分類された。4)欧米の医師憲章とは重なる要素もあるが、抽出されなかった要素も認めた。患者との適切な関係では、医師への謝礼に関して患者間で相反する意見もみられた。5)医師のプロフェッショナリズムについて社会から理解を得るためには、わが国の市民の認識を考慮した構成概念が必要であろう。(著者抄録)
  • 【医療の質を引き上げる看護の力 クオリティ・インディケーター】 クオリティ・インディケーターとは
    福井 次矢
    EB NURSING 10(1) 56-57 2009年12月
  • 医療機関の職員への医療安全教育におけるeラーニングの導入とその効果
    寺井 美峰子, 大出 幸子, 坂本 史衣, 石川 陵一, 福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 4(Suppl.) 162-162 2009年11月
  • 当院入院患者への転倒・転落リスクアセスメントツールの開発
    寺井 美峰子, 大出 幸子, 嶽肩 美和子, 西野 理英, 岩崎 寿賀子, 佐田 律子, 大泉 綾, 石川 陵一, 福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 4(Suppl.) 107-107 2009年11月
  • 【腎代行治療導入患者への医療情報提供を考える】 インフォームドコンセント概論 腎不全医療への提言 求められるインフォームドコンセントとは? liberal artsの必要性
    福井 次矢
    臨床透析 25(12) 1633-1637 2009年11月
  • 【補完代替医療のこれから】 補完代替医療の安全性と有効性
    福井 次矢, 山下 仁, 蒲原 聖可, 川嶋 朗, 白川 太郎, 徳田 安春, 高橋 理, 小俣 富美雄, 大出 幸子, 竹谷内 克彰, 鶴岡 浩樹
    病院 68(11) 898-902 2009年11月
  • 女性研修医の臨床技能に対する自信度
    野村 恭子, 矢野 栄二, 福井 次矢
    日本公衆衛生学会総会抄録集 68回 286-286 2009年10月
  • 医療の質を保証する Quality Indicator
    福井 次矢
    日本臨床内科医会会誌 24(3) 331-331 2009年09月
  • ソマトスタチン、オクトレオタイドのERCP後膵炎の予防効果 メタ解析
    小俣 富美雄, 徳田 安春, 高橋 理, 大出 幸子, 増田 勝紀, 藤田 善幸, 峯 徹哉, 福井 次矢
    Gastroenterological Endoscopy 51(Suppl.2) 2282-2282 2009年09月
  • 医療の質を高める 聖路加国際病院の試み
    福井 次矢
    診療情報管理 21(2) 46-46 2009年08月
  • 医療の質を測り改善する 聖路加国際病院の試み
    福井 次矢
    沖縄県医師会報 45(8) 849-850 2009年08月
  • 医療の質を測り改善するQuality Indicator(QI)
    福井 次矢
    臨床病理 57(補冊) 13-13 2009年07月
  • 医師臨床研修制度 現状の課題と望ましい制度
    福井 次矢
    日本消化器外科学会雑誌 42(7) 915-915 2009年07月
  • 【いま改めて臨床研修制度のあるべき姿を問う】
    福井 次矢, 飯野 奈津子, 山口 昇, 冨永 芳徳
    地域医療 47(1) 6-17 2009年06月
  • 医療の質を測り改善する 聖路加国際病院の試み
    福井 次矢
    沖縄医学会雑誌 48(1) 28-29 2009年06月
  • 外来慢性腎臓病患者のRA系阻害薬処方率の算出システム開発とその臨床的効果
    中島 秀樹, 小松 康宏, 二ツ山 みゆき, 玉垣 圭一, 瀧 史香, 金城 雪, 山本 博之, 西崎 祐史, 津川 友介, 福井 次矢
    日本腎臓学会誌 51(3) 374-374 2009年04月
  • 電子カルテにおけるPOSチャーティングの構築 病名を基軸とした記載法の有用性
    渡辺 直, 嶋田 元, 脇田 紀子, 福井 次矢
    日本POS医療学会雑誌 14(1) 74-78 2009年02月
  • 医療の質を保障する
    福井 次矢
    地域医療(第47回特集号) 15-32 2008年12月
  • 形態素解析による退院時サマリーの特徴的用語の抽出
    嶋田 元, 土井 俊祐, 鈴木 隆弘, 藤田 伸輔, 高林 克日己, 林田 憲明, 福井 次矢
    医療情報学連合大会論文集 28回 795-796 2008年11月
  • 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006-2007年度合同研究班報告) 血管炎症候群の診療ガイドライン
    尾崎 承一, 安藤 太三, 居石 克夫, 磯部 光章, 太田 敬, 小林 茂人, 重松 宏, 種本 和雄, 中島 康雄, 中林 公正, 能勢 眞人, 松永 尚文, 宮田 哲郎, 由谷 親夫, 吉田 雅治, 吉田 晃敏, 有村 義宏, 石津 明洋, 岩井 武尚, 岡崎 貴裕, 岡田 宗正, 片岡 浩, 金子 一成, 川名 誠司, 木田 一成, 小林 泰之, 古森 公浩, 坂本 一郎, 椎谷 紀彦, 重松 邦広, 高橋 淳士, 滝澤 始, 長岡 泰司, 長澤 浩平, 野島 美久, 橋本 博史, 濱口 真吾, 廣村 桂樹, 深谷 修作, 正木 久男, 松本 常男, 山田 秀裕, 吉田 俊治, 熊谷 俊一, 小池 隆夫, 笹嶋 唯博, 福井 次矢, 堀江 稔, 日本循環器学会
    Circulation Journal 72(Suppl.IV) 1253-1346 2008年11月
  • CKDにおけるARBとCa拮抗薬の心血管イベント発症 CASE-Jサブ解析からの知見
    林 晃一, 猿田 享男, 荻原 俊男, 中尾 一和, 福井 次矢, 柊山 幸志郎
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 31回 289-289 2008年10月
  • 【がん診療のガイドライン】 日本癌治療学会とがん診療ガイドライン
    平田 公一, 門田 守人, 久保田 哲朗, 高塚 雄一, 宮崎 勝, 佐々木 常雄, 坂田 優, 織田 美佐緒, 古畑 智久, 福井 次矢, 佐治 重豊, 北島 政樹
    腫瘍内科 2(5) 380-386 2008年10月
  • エビデンスの読み方・使い方 "エビデンス"とEBM
    福井 次矢
    臨床薬理 39(5) 197-204 2008年09月
  • わが国の医学・医療の課題と展望 医療の質 測定と効用
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 97(9) 2066-2071 2008年09月
  • 医療の質を表す指標(Quality Indicator)の公表と改善の試みの結果 血糖コントロールに関する検討
    脇田 紀子, 嶋田 元, 中島 秀樹, 増井 直美, 堀川 知香, 大泉 綾, 青木 宏之, 徳田 安春, 福井 次矢
    診療録管理 20(2) 112-112 2008年08月
  • 【地域における医師職のあり方】 メディカル・スクール導入をめぐって 医師養成のあり方
    福井 次矢, 日野原 重明
    公衆衛生 72(8) 630-633 2008年08月
  • 新医師臨床研修制度による都市・地域間格差に対する影響
    高橋 理, 大出 幸子, 徳田 安春, 野村 恭子, 矢野 栄二, 木村 琢磨, 青木 誠, 水嶋 春朔, 遠藤 弘良, 福井 次矢
    医学教育 39(Suppl.) 142-142 2008年07月
  • 研修医は初期研修終了時に将来どのような専門性で診療することを志向しているか
    木村 琢磨, 高橋 理, 大出 幸子, 徳田 安春, 野村 恭子, 矢野 栄二, 青木 誠, 川南 勝彦, 遠藤 弘良, 水嶋 春朔, 篠崎 英夫, 福井 次矢
    医学教育 39(Suppl.) 99-99 2008年07月
  • 2年次研修医における研修状況への満足度と臨床技能との関連
    野村 恭子, 矢野 栄二, 青木 誠, 木村 琢磨, 川南 勝彦, 遠藤 弘良, 水嶋 春朔, 篠崎 英夫, 高橋 理, 徳田 安春, 大出 幸子, 福井 次矢
    医学教育 39(Suppl.) 82-82 2008年07月
  • 研修医による臨床研究への支援
    大出 幸子, 徳田 安春, 高橋 理, 小俣 富美雄, 福井 次矢
    医学教育 39(Suppl.) 77-77 2008年07月
  • 【各科領域における診療ガイドラインの検証】 診療ガイドラインの作成法と活用法、有効性、今後の展開
    福井 次矢
    癌の臨床 54(6) 425-430 2008年06月
  • eGFR自動計算の導入と腎臓内科コンサルトの変化
    山本 博之, 小松 康宏, 玉垣 圭一, 西崎 祐史, 瀧 史香, 二ツ山 みゆき, 大岩 孝誌, 武田 京子, 平松 園枝, 福井 次矢
    日本腎臓学会誌 50(3) 376-376 2008年04月
  • 腹臥位療法の最前線 聖路加国際病院腹臥位研究会の取り組み
    中村 美波理, 大出 幸子, 徳田 安春, 小俣 富美雄, 高橋 理, 馬淵 美也子, 堀之内 秀仁, 福井 次矢, 聖路加国際病院腹臥位研究会
    看護 60(5) 104-107 2008年04月
  • わが国の研修医における高齢者診療への態度と高齢者臨床医学知識の多施設評価と国際比較
    徳田 安春, 大出 幸子, 高橋 理, 小俣 富美雄, 岸本 暢将, 福井 次矢
    大和証券ヘルス財団研究業績集(31) 54-59 2008年03月
    UCLA高齢者医学質問票を用い、研修医および指導医における、高齢者診療への態度と、高齢者臨床医学の基本的な知識を国内の複数医療施設において調査し、ハワイ大学医学部研修医の調査結果等をベンチマークとした国際比較を行った。態度のカテゴリーでは、米国と比較して卒後年数ごとの平均スコアで有意差は認めなかった。また、卒後年数を経るにしたがって、有意にスコアの上昇を認めた。知識のカテゴリーでは、米国と比較して卒後年数ごとの平均スコアで有意差は認めなかったが、卒後年数ではスコアの変化を認めなかった。
  • 知っておくべき新しい診療理念 医療の質とクオリティ・インディケーター
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 136(12) 2420-2422 2008年03月
  • Quality Indicator 医療の質を測る、高める
    福井 次矢
    理学療法学 35(Suppl.1) 117-117 2008年02月
  • わが国の医学・医療の課題と展望 医療の質 測定と効用
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 97(Suppl.) 78-79 2008年02月
  • これからの保険医療と眼科 平成20年度診療報酬改定に向けて 手術件数とアウトカムをめぐって
    福井 次矢
    日本眼科学会雑誌 112(2) 165-166 2008年02月
  • 気になる臨床研究のはなし
    大出 幸子, 徳田 安春, 高橋 理, 福井 次矢
    レジデントノート 9(11) 1657-1659 2008年02月
  • 医療の質を保証する
    福井 次矢
    地域医療 45(3) 324-329 2008年01月
  • これからの保険医療と眼科 平成20年度診療報酬改定に向けて 手術件数とアウトカムをめぐって
    福井 次矢
    日本の眼科 79(1) 58-59 2008年01月
  • 新研修医オリエンテーションにおけるSimManを用いたシミュレーショントレーニングの評価
    大出 幸子, 石松 伸一, 大谷 典生, 徳田 安春, 高橋 理, 高屋 尚子, 柳井 晴夫, 福井 次矢
    医学教育 38(6) 411-415 2007年12月
    1)2006年4月、「心肺停止」と「アナフィラキシーショック」の対処方法についてシミュレーショントレーニングを行い、(1)研修医のパフォーマンス評価、(2)研修医の満足度、について検討した。2)卒直後の研修医でも一次救命救急処置は、適切に行うスキルを持ち合わせているが、アナフィラキシーショックは、卒直後の研修医のみが対応するとエラーが起こる可能性があることがわかった。3)研修医のシミュレーショントレーニングに対する満足度が高く、26人中25人(96.2%)が非常に満足であると回答した。(著者抄録)
  • がん看護におけるEBN
    福井 次矢
    日本がん看護学会誌 21(2) 110-112 2007年12月
  • 【医学教育の現状と展望】 新臨床研修制度の影響 臨床研修の現状 大学病院・研修病院アンケート調査結果
    福井 次矢, 高橋 理, 徳田 安春, 大出 幸子, 野村 恭子, 矢野 栄二, 青木 誠, 木村 琢磨, 川南 勝彦, 遠藤 弘良, 水嶋 春朔, 篠崎 英夫
    日本内科学会雑誌 96(12) 2681-2694 2007年12月
    平成16年度から施行された新医師臨床研修制度第一期生の臨床能力修得状況について、平成18年度3月の2年次研修医を対象にアンケート調査を行い、旧制度下の平成15年度3月の2年次研修医対象のデータと比較した。解析対象は大学病院および臨床研修病院の研修医で、平成15年度2474名、平成18年度1166名とした。1)自己評価でみる限り、新制度へ移行後、調査対象となった幅広い臨床能力の修得状況は全般的に著しく向上し、加えて以前認められていたような大学病院の研修医と研修病院の研修医との差がほとんど認められなくなった。2)調査対象となった82の症状・病態・疾患と4種類の医療記録すべてにおいて、旧制度下の研修医よりも新制度下の研修医は経験症例数・記載件数が有意に多かった。3)新制度下の研修医は、すべての研修医に幅広い臨床能力を修得させるという目的は達成される方向にあると考えられた。
  • 【医学教育の現状と展望】 新臨床研修制度のもたらした影響
    福井 次矢, 後藤 英司, 田中 雄二郎, 西野 洋, 郡 義明
    日本内科学会雑誌 96(12) 2758-2774 2007年12月
  • 研修医の業務量、燃え尽き指数、QOL、医師業務満足度の医療安全に対する影響
    堀之内 秀仁, 徳田 安春, 西村 直樹, 寺井 美峰子, 高橋 理, 大出 幸子, 石川 陵一, 福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 2(Suppl.) 147-147 2007年11月
  • 医療の不確実性 質と安全を決定するパラダイム
    福井 次矢
    医療の質・安全学会誌 2(Suppl.) 56-56 2007年11月
  • 医療情報システムの精度管理 当院のヒヤリハット事例より
    嶋田 元, 中島 秀樹, 青木 宏之, 林田 憲明, 福井 次矢, 福冨 久人
    医療情報学連合大会論文集 27回 659-661 2007年11月
  • 1ヵ月間の腰部累積有訴日数に対するSF-8の変化
    小野 玲, 東 尚弘, 福原 俊一, 福井 次矢
    日本腰痛学会雑誌 13(1) 245-245 2007年11月
  • Research Note 研究ノート 徹底咀嚼が食後血糖値に与える影響
    鱸 英彦, 福島 光夫, 稲垣 暢也, 清野 裕, 福井 次矢
    糖尿病診療マスター 5(6) 675-677 2007年11月
  • 【メタボリックシンドローム健診での注意点】 健診項目のエビデンス
    福井 次矢
    臨床検査 51(11) 1181-1185 2007年11月
    2004・05(平成16・17)年度の厚生労働科学研究で,一般健診項目の有効性評価を行った.エビデンス・レベルを評価した後,健診項目としてどの程度奨められるのか評価した.ランダム化比較試験などで健康アウトカムが改善するかどうか直接検証した研究は少なく,様々な研究の結果を組み合わせて(研究の連鎖で)判断が必要な項目が多かった.メタボリックシンドローム関係の血圧測定(推奨レベルA),身長と体重(BMI)の測定,空腹時血糖・HbA1c,脂質の測定(推奨レベルB)は,健診項目の要件をほぼ満たしていた.(著者抄録)
  • 高リスク高血圧患者の予後評価 CASE-J試験
    荻原 俊男, 猿田 享男, 中尾 一和, 福井 次矢, 柊山 幸志郎
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 30回 150-150 2007年10月
  • 医療の質を測る、高める
    福井 次矢
    日本クリニカルパス学会誌 9(3) 305-305 2007年09月
  • 各科領域における診療ガイドラインの検証 診療ガイドラインの有効性と活用法
    福井 次矢
    日本癌治療学会誌 42(2) 289-289 2007年09月
  • 医師臨床研修プログラムにおける臨床研究活動の実態
    大出 幸子, 高橋 理, 徳田 安春, 福井 次矢
    医学教育 38(Suppl.) 94-94 2007年06月
  • インシデントにつながりうる研修医業務についての調査研究
    寺井 美峰子, 大東 誠司, 青木 光広, 青木 和裕, 木下 俊文, 木村 哲也, 田中 まゆみ, 西村 直樹, 大出 幸子, 石川 陵一, 福井 次矢
    医学教育 38(Suppl.) 92-92 2007年06月
  • チーフレジデントからみた研修病院と今後の医療 質的研究
    西崎 祐史, 堀之内 秀仁, 徳田 安春, 高橋 理, 大出 幸子, 福井 次矢
    医学教育 38(Suppl.) 87-87 2007年06月
  • 卒後年数と薬剤性有害事象との関連
    森本 剛, 松井 邦彦, 蔵本 伸生, 戸城 仁一, 村上 純滋, 福井 次矢, 平出 敦
    医学教育 38(Suppl.) 87-87 2007年06月
  • 2年次研修医の臨床能力にもたらした新研修制度の影響
    福井 次矢, 青木 誠, 木村 琢磨, 野村 恭子, 川南 勝彦, 遠藤 弘良, 水嶋 峻策, 高橋 理, 徳田 安春, 大出 幸子, 矢野 栄二
    医学教育 38(Suppl.) 29-29 2007年06月
  • 研修医の業務量、燃え尽き指数、QOL、医師業務満足度の医療安全に対する影響
    堀之内 秀仁, 徳田 安春, 西村 直樹, 寺井 美峰子, 高橋 理, 大出 幸子, 石川 陵一, 福井 次矢
    医学教育 38(Suppl.) 28-28 2007年06月
  • 新医師研修制度下研修医の特性と満足度 大学病院と一般研修病院との比較
    矢野 栄二, 野村 恭子, 青木 誠, 木村 琢磨, 川南 勝彦, 遠藤 弘良, 水嶋 春朔, 高橋 理, 徳田 安春, 大出 幸子, 福井 次矢
    医学教育 38(Suppl.) 27-27 2007年06月
  • 新医師臨床研修制度1期生を対象とした臨床研修の満足度・目標達成度に関する調査結果
    水嶋 春朔, 遠藤 弘良, 石川 雅彦, 曽根 智史, 川南 勝彦, 青木 誠, 矢野 栄二, 福井 次矢
    医学教育 38(Suppl.) 27-27 2007年06月
  • 日本の医学系大学院はこれでいいか わが国の臨床研究の現状と課題
    福井 次矢
    医学教育 38(Suppl.) 8-8 2007年06月
  • 臨床現場でエビデンスを使う・作る
    福井 次矢
    臨床薬理 38(3) 15S-16S 2007年05月
  • 医療変革を推進するものとPOSの視点
    福井 次矢
    日本POS医療学会雑誌 12(1) 11-14 2007年02月
  • 【クリニカル・リサーチはおもしろい】 わが国のクリニカル・リサーチの現状
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 17(2) 110-115 2007年02月
  • 【今、求められている腫瘍内科】 腫瘍別診療ガイドラインをめぐる諸問題 診療ガイドラインの作成手順と評価
    福井 次矢
    腫瘍内科 1(1) 61-66 2007年02月
  • 【検診-エビデンスと論争点】 ガイドラインの現状 基本健診の系統的評価(福井班)
    新保 卓郎, 上塚 芳郎, 内山 伸, 斉藤 繭子, 津下 一代, 田川 一海, 福岡 敏雄, 松井 邦彦, 福井 次矢
    EBMジャーナル 8(2) 150-156 2007年02月
    2004〜2005年に健康診査について系統的な評価を試み、健診項目評価要約版を作成した。検討した健診項目と疾患は、多くは生活習慣病に関連したものであるが、一部にはうつ状態や、感覚器、ウイルス肝炎を含んでいた。第三者の立場から評価を受けるために、外部評価者に評価を依頼した。全体を通じて顕著なことは、健診項目の有効性を直接検討したRCTや観察研究がほとんどなく、癌検診でこのような研究が盛んに行われてきたことと大きく異なっていた。外部評価の結果では全24項目のうち19項目では同意スコア中央値は7以上の同意レベルであった。同意スコア中央値が7未満であったのは、6.5が肝機能と心電図、5.5であったのが尿蛋白、血液一般、胸部X線であった。
  • 診療の質向上のためのストラテジー Quality IndicatorとEvidence-Practice Gap
    福井 次矢
    総合診療医学 12(1) 37-37 2007年02月
  • がん看護におけるEvidence-based Nursing(EBN)
    福井 次矢
    日本がん看護学会誌 21(Suppl.) 72-72 2007年01月
  • 現代医療への提言
    日野原 重明, 福井 次矢, 岩崎 榮
    社会保険旬報(2302) 14-23 2007年01月
  • 電子カルテデータを利用した医療の質の評価 St.Luke's Quality and Healthcare Report 2006の発刊
    嶋田 元, 脇田 紀子, 中島 秀樹, 中村 清吾, 林田 憲明, 福井 次矢
    医療情報学連合大会論文集 26回 359-361 2006年10月
    医療の質を図る尺度はJCAHO、MHAなどの団体・組織からの臨床指標(CI)があげられる。公開されているパブリックレポートの目的は治療成績だけを問題にするのではなく、医療のプロセスも評価することである。聖路加国際病院では、電子カルテに基づいたデータを引用したパブリックレポートを、St.Luke's Quality and Healthcare Report 2006として発刊した。そのプロセスは、1.ワーキンググループの発足、2.モデルレポートの選出、3.サンプルCIを作成するための電子カルテからのデータの抽出、4.スタッフ会議の開催、5.各部署でのCIについての討議、6.データの各部署へのフィードバックと承認、7.レポートの発刊であった。欠損値や誤入力が多く、電子カルテのデータのみから適切なCIを算出するのは困難であった。今回は医療の質を向上させる最初のステップと考えている。
  • 大規模臨床試験からのレッスン
    山田 信博, Haffner Steven M., 福井 次矢
    THE CIRCULATION FRONTIER 10(3) 5-15 2006年09月
  • EBMとガイドライン
    福井 次矢
    日本癌治療学会誌 41(2) 224-224 2006年09月
  • リハビリテーションにおけるエビデンス EBMの概念と具体的な手順
    福井 次矢
    北海道理学療法 23 2-10 2006年07月
  • 大規模臨床試験の実践(計画・運営・実施)上の諸問題 高血圧に対する大規模臨床試験(CASE-J)の実践における諸問題
    坂本 純一, 森田 智視, 大庭 幸治, 佐藤 俊哉, 福井 次矢, 荻原 俊男, 北 徹, 中尾 一和, 猿田 亨男
    臨床薬理 37(4) 93S-94S 2006年07月
  • シミュレーターを用いた擬似患者トレーニングを含むオリエンテーションの評価
    大出 幸子, 石松 伸一, 高屋 尚子, 青野 真弓, 青木 光広, 大谷 典生, 福井 次矢
    医学教育 37(Suppl.) 80-80 2006年07月
  • 医療の質の向上をめざして
    脇田 紀子, 嶋田 元, 中島 秀樹, 増井 直美, 堀川 知香, 中村 清吾, 福井 次矢
    診療録管理 18(2) 114-114 2006年07月
  • 食事負荷試験によるインスリン初期分泌能の評価
    鱸 英彦, 福島 光夫, 高橋 理, 谷口 中, 稲垣 暢也, 福井 次矢, 清野 裕
    糖尿病 49(6) 473-473 2006年06月
  • 肺高血圧症患者におけるエポプロステノールによる治療のQOLへの影響の検討
    川上 崇史, 佐藤 徹, 小川 聡, 井上 忠夫, 福井 次矢, 荒川 一郎
    日本呼吸器学会雑誌 44(増刊) 153-153 2006年06月
  • 【医師教育の現状と今後の課題】 臨床研修修了後の教育 中核病院の場合
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 135(3) 596-601 2006年06月
  • EBMとその影響
    福井 次矢
    日本POS医療学会雑誌 11(1) 31-39 2006年03月
  • 泌尿器科臨床と生命倫理 日常診療での倫理的判断(Bedside Ethics) 種類と頻度,基本的な考え方
    福井 次矢
    日本泌尿器科学会雑誌 97(2) 181-181 2006年03月
  • 進歩する放射線診療ガイドライン 現代医療における役割 診療ガイドラインの最近の動向と今後の課題
    福井 次矢
    日本医学放射線学会学術集会抄録集 65回 S60-S60 2006年02月
  • 医学生が臨床実習中に受けた不当な待遇(medical student abuse)
    小林 志津子, 小山 弘, 関本 美穂, 山本 和利, 後藤 英司, 福島 統, 井野 晶夫, 小泉 俊三, 浅井 篤, 福井 次矢, 新保 卓郎
    総合診療医学 10(1) 141-141 2005年12月
  • 【各国の医学教育】 多様なカリキュラムを提供する北米のメディカルスクール(McMaster大学,Duke大学,Washington大学)の医学教育カリキュラム 平成17年7月日野原重明先生主催北米医科大学視察報告
    森田 孝夫, 田中 真理子, 泉井 亮, 吉岡 俊正, 後藤 英司, 堀田 知光, 馬場 忠雄, 福井 次矢, 日野原 重明
    医学教育 36(6) 391-397 2005年12月
    1)北米医学教育の実情と「北米方式」を支える哲学を知るために,日野原重明先生主催の北米医科大学視察旅行が行われた. 2)PBLを1969年に開始したMcMaster大学は,PBLに加えて,系統だった病態生理的概念の学習Concept-Oriented Learningとe-learningを軸としたCOMPASS Curriculumを開始した. 3)研究者育成を重視しているDuke大学は,よりいっそうの統合と構造的な臨床実習(Intersession)などを目指した新しいカリキュラムを開始した. 4)Washington大学は周辺5州の医療教育機関と連携した独自の教育プログラム(WWAMI Program)を構築しているが,学生支援と臨床能力の強化のためにCollege Systemを立ち上げた. 5)北米の医学教育改革に共通した視点は,(1)基礎と臨床のよりいっそうの統合,(2)早期からの臨床医学の基礎の学習,(3)臨床プリセプターシップによるプロフェショナリズムの育成であった(著者抄録)
  • 食事負荷試験におけるインスリン初期分泌能の評価:咀嚼が初期分泌能に与える影響
    稲垣 暢也, 福島 光夫, 鱸 英彦, 高橋 理, 谷口 中, 福井 次矢, 清野 裕
    日本病態栄養学会誌 8(4) 427-427 2005年11月
  • 抗がん剤適正使用のガイドライン 造血器腫瘍
    佐治 重豊, 平田 公一, 佐々木 常雄, 久保田 哲朗, 古畑 智久, 福井 次矢, 石岡 千加史, 小山 弘, 新保 卓郎, 戸井 雅和, 松井 邦彦, 朝長 万左男, 坂巻 壽, 陣内 逸郎, 塚崎 邦弘, 渡辺 隆, 清水 一之, 村上 博和, 大野 竜三, がん診療ガイドライン委員会幹事委員会
    臨床血液 46(11) 1233-1247 2005年11月
  • 大規模臨床試験の実践(計画・運営・実施)上の諸問題 高血圧 CASE-J(Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan)
    坂本 純一, 森田 智視, 大庭 幸治, 佐藤 俊哉, 福井 次矢, 荻原 俊男, 北 徹, 猿田 享男, CASE-J運営委員会
    臨床薬理 36(Suppl.) S116-S116 2005年11月
  • 日本女性の乳癌死を減少させることは可能か 日本人女性の乳癌検診受診行動の促進要因と阻害要因の検討
    小林 志津子, 斉藤 繭子, 片岡 明美, 大野 真司, 中村 清吾, 福井 次矢, 小山 弘, 新保 卓郎
    日本乳癌検診学会誌 14(3) 347-347 2005年10月
  • 【新医師臨床研修制度の成果と今後の課題】 研修プログラムを考える 国立大学医学部附属病院長会議作成の原案と厚労省の最終案を比較して
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 134(7) 1240-1243 2005年10月
  • 既往に悪性リンパ腫があり,2週間前より倦怠感・食欲不振が強まり,入院となった71歳女性
    児玉 知之, 岡田 定, 大島 一太, 和田 匡史, 山雄 さやか, 立之 美佳, 道川 武紘, 四津 里英, 氣比 恵, 出雲 博子, 安斉 均, 福井 次矢, 田中 まゆみ, 林田 憲明
    Medicina 42(10) 1836-1849 2005年10月
  • 電子チャートのデータ後利用から診療情報解析へ 臨床へのフィードバックと医療の質の向上をめざして
    脇田 紀子, 嶋田 元, 増井 直美, 才木 誉友, 青木 宏之, 森本 克, 阿部 眞澄, 中村 清吾, 福井 次矢
    診療録管理 17(2) 99-99 2005年08月
  • 聖路加国際病院 内科グランドカンファレンス 乏尿・下腿浮腫を主訴とし,透析後意識障害が生じた67歳男性
    和田 匡史, 小松 康宏, 兼元 みずき, 正本 庸介, 梅根 和歌子, 石山 光富, 増田 慶太, 堀之内 秀仁, 飛田 拓哉, 内山 伸, 岡田 定, 林田 憲明, 安齋 均, 小林 信雄, 福井 次矢, 田中 まゆみ, 岡安 裕之, 竹見 敏彦
    Medicina 42(8) 1494-1503 2005年08月
  • 研修医の,研修プログラムへの満足度と,個々の診療の質に関連する要因
    松井 邦彦, 野口 善令, 林野 泰明, 南 太郎, 福井 次矢, 福原 俊一
    医学教育 36(Suppl.) 58-58 2005年07月
  • 消化器外科におけるガイドライン 問題点と今後の展望 消化器外科にランダム化比較試験は必要か?ランダム化比較試験と観察研究の結果比較
    四方 哲, 中山 健夫, 田路 佳範, 野口 善令, 福井 次矢, 山岸 久一
    日本消化器外科学会雑誌 38(7) 918-918 2005年07月
  • 日本医師会「生涯教育のための診療ガイドラインについて」 診療ガイドライン-今後の課題
    福井 次矢
    沖縄県医師会報(438) 600-600 2005年06月
  • EBMの歴史と概念,その展望
    福井 次矢
    POアカデミージャーナル 13(Suppl.) 26-29 2005年06月
  • 徹底咀嚼が食後糖代謝に及ぼす影響
    鱸 英彦, 福島 光夫, 新保 卓郎, 福井 次矢, 清野 裕
    糖尿病 48(4) 277-277 2005年04月
  • EBMのもたらす影響と限界
    福井 次矢
    日本薬学会年会要旨集 125年会(1) 67-67 2005年03月
  • 新潟県中越地震 新潟県中越大震災保健活動報告 山間地小千谷市真人地区における地域力を生かした活動を振り返って
    小和田 美由紀, 望月 俊明, 狩野 貴子, 立野 和佳子, 河野 祥子, 木村 哲也, 玉木 真一, 奥 裕美, 福井 次矢
    日本集団災害医学会誌 9(2) 157-157 2005年02月
  • 急性胆道炎の診療ガイドライン エビデンス評価と推奨度評価,疫学
    関本 美穂, 今中 雄一, 名郷 直樹, 福井 次矢, 酒井 達也
    日本腹部救急医学会雑誌 25(2) 248-248 2005年02月
  • 【知っておくべき新しい診療理念】 医療の新しい基本的理念 臨床決断分析
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 133(3付録) 33-35 2005年02月
  • 【知っておくべき新しい診療理念】 医療の新しい基本的理念 EBM
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 133(3付録) 28-30 2005年02月
  • 携帯電話で動作する1型糖尿病患者向けのエデュテインメントゲームの構築と評価
    青木 則明, 大田 祥子, 岡田 泰助, 大石 まり子, 福井 次矢
    医療情報学連合大会論文集 24回 996-997 2004年11月
  • 胆道炎,その分類,病態,治療 急性胆道炎の診療ガイドライン作成と概略
    真弓 俊彦, 高田 忠敬, 酒井 達也, 福井 次矢, 名郷 直樹, 関本 美穂, 今中 雄一
    日本外科感染症学会雑誌 1(Suppl.) 83-83 2004年10月
  • 新しい卒後臨床研究制度における指導医の役割
    福井 次矢
    大分県医学会雑誌 22(2) 35-47 2004年09月
  • 胆道炎のガイドラインをめぐって エビデンスはあるのか 胆道炎のEvidenceはあるのか? 既出のガイドライン検討とEvidenceの多寡
    名郷 直樹, 福井 次矢, 酒井 達也, 今中 雄一, 関本 美穂
    胆道 18(3) 313-313 2004年08月
  • 腸管吻合は1層か,2層か? ランダム化比較試験6編のメタアナリシス
    四方 哲, 野口 善令, 島田 利彦, 瀬田 剛史, 福井 次矢
    日本消化器外科学会雑誌 37(7) 1172-1172 2004年07月
  • 【川崎病】 クリニカルリサーチのありかた
    福井 次矢
    Progress in Medicine 24(7) 1682-1684 2004年07月
  • Trial&Meta-analysis CASE-J
    福井 次矢
    臨床高血圧 10(3) 210-211 2004年06月
  • 総合診療における全人的アプローチの教育
    福井 次矢
    心身医学 44(6) 444-444 2004年06月
  • 一般の血液透析患者へのアスコルビン酸投与による赤血球新生とQOLへの影響
    田路 佳範, 森本 剛, 岡田 喜久雄, 福原 俊一, 福井 次矢, 桑原 隆
    日本透析医学会雑誌 37(Suppl.1) 744-744 2004年05月
  • 新医師臨床研修制度におけるCPC研修 研修目標と方略のあり方 内科からみた研修目標について
    福井 次矢
    日本病理学会会誌 93(1) 196-196 2004年05月
  • EBMとは何か
    福井 次矢
    日本健康教育学会誌 12(Suppl.) 46-48 2004年05月
  • 【肺癌診療ガイドラインをめぐって】 EBMの実践
    福井 次矢
    MEDICO 35(5) 157-160 2004年05月
  • 1型糖尿病患者の日常生活をサポートするナレッジベース作成の試み
    大田 祥子, 青木 則明, 西田 佳世, 岡田 泰助, 大石 まり子, 豊増 佳子, 福井 次矢
    糖尿病 47(Suppl.1) S88-S88 2004年04月
  • 研究者主導の臨床研究実施上の問題点 介入試験と観察研究 大規模臨床試験CASE-Jの経験
    福井 次矢
    臨床薬理 35(2) 265S-266S 2004年03月
  • 急性胆嚢炎に対する胆嚢摘出術の手術時期,ランダム化比較試験17編のメタアナリシス
    四方 哲, 野口 善令, 福井 次矢
    日本外科学会雑誌 105(臨増) 431-431 2004年03月
  • 根拠に基づいた医療(EBM)とは
    福井 次矢
    聖マリア医学 29(1) 1-11 2004年02月
  • 【胆膵疾患診療のガイドライン2004年】 ガイドライン作成を考える 胆嚢炎・胆管炎
    吉田 雅博, 高田 忠敬, 真弓 俊彦, 平田 公一, 福井 次矢, 二村 雄次
    胆と膵 25(2) 107-112 2004年02月
    急性胆道炎は対象症例がきわめて多いとともに,病変を表わすのではなく,かもしだされる病態,病状が主体であるために,最新の画像診断で捉えられない部分が少なくない.特に重症例ほどその傾向が強く,客観的評価や診療の標準化がないところに問題がある.したがって,対応する施設により診療内容が大きく異なっているのも現状である.しかし,急性胆道炎では重症例は生命が脅かされる疾病であり,そのため著者らは厚生労働省,日本腹部救急医学会,日本肝胆膵外科学会,日本胆道学会の支援を受け,「急性胆道炎診療ガイドライン」を作成中である.その作成の意義と方法について述べた
  • 【胆膵疾患診療のガイドライン2004年】 ガイドラインとは その意義と問題点
    酒井 達也, 福井 次矢
    胆と膵 25(2) 61-66 2004年02月
    診療ガイドラインは「特定の臨床場面で,医師や患者が医療上の決断を適切に下すことができるように体系的に作成された文書」である.この診療ガイドラインが意図しているのは,個々の診療現場の能力・技術・経験を制御することではなく,臨床現場の意思決定を適切に支援することであり良質な医療を平等に普及させることである.しかし,妥当性の高いガイドラインを作成し維持していくための資源には限りがあり,巷間にあふれるガイドラインが常に良質なものであるとは限らない.したがって,ガイドラインの意義を評価し,より妥当性の高いガイドラインを求めていく態度と能力が,臨床医には求められる
  • 総合診療かぜ研究 かぜ診療アウトカム調査(案)
    新保 卓郎, 福井 次矢, 小山 弘, 福原 俊一, 中山 健夫, 川村 孝, 小泉 順二, 三ツ浪 健一, 千田 彰一, 福本 陽平, 小泉 俊三, 松井 邦彦, 木川 和彦
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 90-90 2004年02月
  • 血液培養による真陽性,グラム陰性桿菌培養陽性,入院中死亡の予測モデル
    中村 嗣, 森本 剛, 高橋 理, 松井 邦彦, 清水 史郎, 瀬戸山 元一, 中川 正久, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 87-87 2004年02月
  • 研修医の臨床問題解決能力測定に関する研究IV 診断推論能力の測定と関連要因の解析
    野口 善令, 松井 邦彦, 林野 泰明, 南 太郎, 福井 次矢, 福原 俊一, RESPEQT研究グループ
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 71-71 2004年02月
  • 研修医の臨床問題解決能力測定に関する研究III 臨床シナリオ得点率と指導医による評価との関連性
    松井 邦彦, 野口 善令, 林野 泰明, 南 太郎, 福井 次矢, 福原 俊一, RESPEQT研究グループ
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 71-71 2004年02月
  • 研修医の臨床問題解決能力測定に関する研究II 測定スコアと医師背景因子との関連性
    林野 泰明, 野口 善令, 松井 邦彦, 南 太郎, 福井 次矢, 福原 俊一, RESPEQT研究グループ
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 70-70 2004年02月
  • 研修医の臨床問題解決能力測定に関する研究I 研究デザイン,測定方法,結果概要
    福原 俊一, 松井 邦彦, 野口 善令, 林野 泰明, 南 太郎, 福井 次矢, RESPEQT研究グループ
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 70-70 2004年02月
  • 大学付属病院一般内科病棟における介入のエビデンス
    小山 弘, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 59-59 2004年02月
  • 医師の人間性に関する質的研究
    浅井 篤, 大西 基喜, 尾藤 誠司, 古谷 伸之, 木村 勝智, 井野 晶夫, 井村 洋, 林 章敏, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 57-57 2004年02月
  • 退院日の決定に関する患者調査
    平 憲二, 浅井 篤, 江崎 宏典, 小山 弘, 信岡 祐彦, 新保 卓郎, 尾藤 誠司, 藤本 眞一, 前田 健次, 松井 邦彦, 森山 洋, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 9(1Suppl.) 57-57 2004年02月
  • 医学と医療の最前線 診療行為の根拠と患者アウトカム
    小山 弘, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 93(1) 178-185 2004年01月
    内科領域で行われる治療やマネジメントの50〜60%がランダム化比較試験に基づくことや,診療ガイドラインなどのEBMの実践を支援するツールにより,患者アウトカムを改善しうることが示されている.これらのことは,内科医は患者の得る健康上の利益を最大にするために,集積されたエビデンスを有効に使う責務を負うことを意味する.そのため,二次情報源や支援ツールはますます整備され,エビデンスを手軽に利用できるようになってきており,内科医はより質の高いエビデンスに則った診療を常に心掛け,その結果としての患者アウトカムが最善のものとなっているかどうかについて注意を払うべきである
  • 【胃潰瘍診療ガイドラインをめぐって】 診療ガイドライン策定における考え方の変遷
    福井 次矢
    臨床消化器内科 19(2) 169-174 2004年01月
    診療ガイドラインとは「特定の臨床場面で医師や患者が医療上の決断を適切に下すことができるよう体系的に作成された文書」である.我が国においては,国をあげての診療ガイドライン作成ははじまったばかりであるが,evidence-based medicine(EBM)の考え方に則って作成されるべきであり,またEBMの正しい理解のうえで使用されなければならない.そこで,診療ガイドライン作成の変遷と歴史をたどり,作成手順や現在の診療ガイドラインのフィロソフィー及び問題点について概説した
  • EBMと診療ガイドライン わが国の現況
    福井 次矢
    日本皮膚科学会雑誌 114(1) 77-77 2004年01月
  • 薬物治療とEBM
    福井 次矢
    歯科薬物療法 22(3) 181-181 2003年12月
  • 【総合診療の現状と展望】 総合診療における研究
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 92(12) 2364-2369 2003年12月
    総合診療における研究の目的は,臨床上の疑問点について,よりレベルの高いエビデンスを作ることに,また患者中心の医療を行うために患者の考え方,価値観などを追究してゆくことにある.そのためには,EBM/臨床疫学と医療統計学に関する基本知識が必須である.総合診療部門で研修を受ける医師にとっては,将来自ら研究テーマを見いだして,それを解決するために様々な研究デザインを駆使できる能力を身につけておくことが望ましい
  • 医学・医療の進歩を世界へ向けて IT時代の医療情報 我が国におけるEBMの現状と展望 EBMと診療ガイドライン
    小山 弘, 福井 次矢
    日本医学会総会会誌 26回(3) 296-296 2003年12月
  • 医学・医療の進歩を世界へ向けて 医学・医療と教育 医療改革と医学・医療・福祉教育のあり方 EBMの教育
    福井 次矢
    日本医学会総会会誌 26回(3) 261-261 2003年12月
  • 【救急医療のコンセンサス】 救急医療とガイドライン 急性膵炎
    真弓 俊彦, 荒田 慎寿, 浦 英樹, 北村 伸哉, 木村 康利, 桐山 勢生, 渋谷 和彦, 関本 美穂, 名郷 直樹, 広田 昌彦, 吉田 雅博, 伊佐地 秀司, 北川 元二, 白鳥 敬子, 武田 和憲, 竹山 宜典, 小泉 勝, 平田 公一, 安田 秀喜, 税所 宏光, 福井 次矢, 大槻 眞, 松野 正紀, 高田 忠敬
    救急医学 27(12) 1769-1774 2003年11月
  • 良い病院とは
    福井 次矢
    日本クリニカルパス学会誌 5(2) 285-285 2003年10月
  • 徹底咀嚼による食後高血糖の抑制
    鱸 英彦, 福島 光夫, 岡本 茂, 高橋 理, 新保 卓郎, 安田 浩一朗, 黒瀬 健, 山田 祐一郎, 清野 裕, 福井 次矢
    糖尿病合併症 17(Suppl.1) 74-74 2003年09月
  • 癌治療データベースとガイドラインの作成と普及 評価委員の立場から
    福井 次矢
    日本癌治療学会誌 38(2) 201-201 2003年09月
  • 【心臓病患者が手術(非心臓)を受ける際の心機能評価】 識る 術前心リスク評価のEBM
    垣内 顕治, 福井 次矢
    Heart View 7(9) 1084-1089 2003年09月
    EBMの普及により患者サイドもエビデンスにアクセス可能となることから,医師と患者の関係も大きく変わる可能性もある.つまり,患者やその家族がインターネットや一般人向け医学書を通して標準的な医療内容についての知識をもっていることを医師は常に意識せざるをえなくなり,客観的で質の高い医療を追求するよう強く動機づけされるようになるであろう.今後EBMは医療のあり方全般に大きな影響を与える可能性が高く,客観的な根拠に基づき(evidence-based),患者中心(patient-centered)の医療をめざす現代医療のパラダイムは,全ての医師が理解しておく必要がある
  • 日本における大規模循環器疾患臨床試験の現状 CASE-J 現状について
    福井 次矢
    臨床研究・生物統計研究会誌 23(1) 1-3 2003年08月
  • 医師国家試験へのComputer Adapted Test導入の試み
    高林 克日己, 鈴木 隆弘, 池田 央, 福井 次矢, 植村 研一, 細田 瑳一
    医学教育 34(Suppl.) 54-54 2003年07月
  • 【EBM診療ガイドライン解説集】 EBMと診療ガイドライン
    福井 次矢
    からだの科学 増刊 増刊(EBM診療ガイドライン解説集) 2-6 2003年07月
  • 【EBM時代の整形外科治療戦略】 決断分析 決断分析の原理と医療への応用
    森本 剛, 福井 次矢
    整形外科 54(8) 923-930 2003年07月
  • 【卒後臨床研修の必修化を控えて】 研修カリキュラムの全体像
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 13(5) 417-420 2003年05月
  • 研究者主導の臨床研究のあり方 わが国の臨床研究の現状と問題点
    福井 次矢
    臨床薬理 34(3) 535S-535S 2003年05月
  • 分担研究報告 診療ガイドラインの患者アウトカムに対する効果 システマティックレビュー
    福井 次矢, 小山 弘
    厚生労働科学研究医療技術評価総合研究事業 EBMを指向した「診療ガイドライン」と医学データベースに利用される「構造化抄録」作成の方法論の開発とそれらの受容性に関する研究 平成14年度 10-14 2003年04月
    学会もしくは国家機関レベルで作成された診療ガイドラインが患者アウトカムに与えた効果をランダム化比較試験又は準実験的研究デザインにより検討された研究のシステマティックレビューを行った.Medlineを用いて1991〜2000年に発表された研究を検索した.17篇の論文が抽出され,うち10篇(59%)で患者アウトカムの改善が示されていた.改善が示されなかった研究のうち2篇ではガイドライン遵守率が低く,3篇では遵守率が報告されていなかった
  • EBMを指向した「診療ガイドライン」と医学データベースに利用される「構造化抄録」作成の方法論の開発とそれらの受容性に関する研究 総括研究報告概要
    中山 健夫, 津谷 喜一郎, 木内 貴弘, 福井 次矢, 山崎 茂明, 野村 英樹, 稲葉 一人, 平位 信子
    厚生労働科学研究医療技術評価総合研究事業 EBMを指向した「診療ガイドライン」と医学データベースに利用される「構造化抄録」作成の方法論の開発とそれらの受容性に関する研究 平成14年度 1-6 2003年04月
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する 低用量ドパミンは腎不全の予後の改善するか
    島田 利彦, 野口 善令, 小田垣 孝雄, 南 太郎, 瀬田 剛史, 川上 剛, 垣内 顕治, 松森 由希子, 松井 邦彦, 岡田 好一, 酒井 達也, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 4(3) 356-364 2003年04月
  • 【診療ガイドラインの動向をさぐる 作成・活用・評価とフィードバック】 診療ガイドラインの作成の手順
    福井 次矢, 丹後 俊郎
    EBMジャーナル 4(3) 284-292 2003年04月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 花粉症の薬物療法のスタンダード ガイドラインに沿った花粉症治療
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 13(3) 261-263 2003年03月
  • EBMの基礎と応用
    福井 次矢
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(春季学会) 9-9 2003年03月
  • パーキンソン病患者における健康関連QOLと患者教育の関連
    新保 卓郎, 後藤 雅史, 森本 剛, 平 憲二, 竹村 学, 松井 邦彦, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 8(1Suppl.) 60-60 2003年02月
  • 医師の人間性に関する質的研究
    浅井 篤, 大西 基喜, 尾藤 誠司, 古谷 伸之, 木村 勝智, 井野 晶夫, 井村 洋, 林 章敏, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 8(1Suppl.) 54-54 2003年02月
  • EBMラウンド ベッドサイドでエビデンスを活用する C型慢性肝炎患者の飲酒はどこまで許容できるか
    瀬田 剛史, 小山 弘, 垣内 顕治, 川上 剛, 島田 利彦, 南 太郎, 松森 由希子, 小田垣 孝雄, 岡田 好一, 酒井 達也, 松井 邦彦, 野口 善令, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 4(2) 224-232 2003年02月
  • 肺梗塞の診断における換気血流シンチグラムとヘリカルCTの検査特性の比較
    林野 泰明, 後藤 雅史, 野口 善令, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 92(Suppl.) 248-248 2003年02月
  • ACE阻害薬による咳嗽の臨床疫学的予測モデル
    森本 剛, 福井 次矢, Bates David W
    日本内科学会雑誌 92(Suppl.) 176-176 2003年02月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 今年からスギ花粉症には初期治療を導入しよう スギ花粉は1月から飛散が始まる
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 13(1) 68-70 2003年01月
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する 膀胱留置カテーテル患者の尿路感染症のマネジメント
    小田垣 孝雄, 酒井 達也, 金 容壱, 南 太郎, 瀬田 剛史, 島田 利彦, 川上 剛, 松森 由希子, 野口 善令, 松井 邦彦, 岡田 好一, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 4(1) 102-108 2002年12月
  • 【内科 21世紀への展望】 関連領域の進歩と内科学・内科診療 EBM(Evidence-based Medicine)と医療の質
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(12) 3415-3420 2002年12月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 耳の痛みを伴わない耳漏に注意 慢性中耳炎(穿孔性中耳炎)
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(12) 1156-1157 2002年12月
  • 卒後研修必修化に向けて
    福井 次矢
    新潟医学会雑誌 116(11) 529-534 2002年11月
  • 治験の現状と将来 国際化時代に向けて 臨床研究への取り組み
    福井 次矢
    臨床医薬 18(11) 1222-1225 2002年11月
  • 【内科 100年のあゆみ(内科横断領域)】 内科横断領域の100年 総合診療科
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(11) 3106-3110 2002年11月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 航空機搭乗中に生じる耳の痛み(航空性中耳炎) 原因と対処法
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(11) 1068-1069 2002年11月
  • 【重症心不全】 わが国における心不全の臨床疫学的検討
    林野 泰明, 福井 次矢
    Cardiovascular Med-Surg 4(4) 412-418 2002年11月
    日本人を対象とした心不全の原因疾患,有病率,罹患率,死亡率,生命予後を調査するために,MEDLINE,医中誌,厚生労働省データベースを用いて文献の検索を行った.心不全の原因疾患としては虚血性心疾患,心臓弁膜症,高血圧が上位を占めていた.その中で,拡張型心筋症が占める割合が高く,5年生存率は約50%であった.人口10万人対死亡者数は,平成2年から平成7年にかけて著減しているが,この間に心不全の死亡統計の集計方法が変化しており解釈には注意を要する.現在迄のところ,心不全の有病率,罹患率については信頼できる利用可能なデータはなく,今後疫学的に妥当な手法を用いた大規模調査が必要であろう
  • 日本人における利尿降圧薬の安全性,降圧効果,医療経済学的評価に関する前向き無作為化臨床試験
    植田 真一郎, 瀧下 修一, 河野 雄平, 島本 和明, 福井 次矢, 津谷 喜一郎
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 25回 234-234 2002年10月
  • EBMとクリニカルパス
    福井 次矢
    日本クリニカルパス学会誌 3(Suppl.) 18-25 2002年10月
  • 【日本における研究者主導臨床研究の動向と基盤整備】 京都大学EBM共同研究センターとCASE-Jの立ち上げ 質の高い臨床研究を目指して
    福井 次矢
    臨床評価 30(1) 7-25 2002年10月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 鼻出血への対応
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(10) 969-971 2002年10月
  • 【いつ専門医にコンサルトするか 心血管疾患の場合】 コンサルテーションにおけるエチケット
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(10) 912-914 2002年10月
  • 卒後臨床研修必修化への期待 大学病院の立場から
    福井 次矢
    医学教育 33(5) 287-287 2002年10月
  • 【臨床現場のよりよい判断と決断のために】 Q&A ITの利用によってヘルスケア全体がどのように変化していくのか教えてください
    青木 則明, 大田 祥子, 福井 次矢
    治療 84(10) 2638-2641 2002年10月
  • 【臨床現場のよりよい判断と決断のために】 上級編 臨床の不確実性を科学する コンピュータシミュレーションによる臨床決断の考察
    青木 則明, 大生 定義, 福井 次矢
    治療 84(10) 2599-2606 2002年10月
    ・臨床決断においては「不確実性」を考察することが必要不可欠である.決断科学(decision science)とはそのような不確実な状況における決断を科学的に考察するための学問体系である.決断分析において,不確実性は確率値として表現され,点,幅或いは分布として扱われる.不確実性は,臨床経過の予測が完全(100%)ではないことに起因するfirst-order uncertaintyとその確率値自体が点として表現できないことに起因するsecond-order uncertaintyがあるが,これらの両者はモンテカルロ・シミュレーションを利用して分析可能である
  • EBMラウンド ベッドサイドでエビデンスを活用する うつ病と精神療法
    金 容壱, 和田 信, 野口 善令, 小田垣 孝雄, 島田 利彦, 瀬田 剛史, 川上 剛, 松森 由希子, 南 太郎, 酒井 達也, 松井 邦彦, 岡田 好一, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(6) 810-820 2002年10月
  • 【エビデンスの適用と不適用】 エビデンス不適用の事例 心疾患 虚血性心臓病患者の治療法 どの治療を選択すべきなのか
    松井 邦彦, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(6) 728-733 2002年10月
  • 【エビデンスの適用と不適用】 エビデンスの適用と不適用の判断
    酒井 達也, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(6) 716-720 2002年10月
  • EBMと診療ガイドライン EBMへの誤解をとく
    福井 次矢
    患者のための医療 1(3) 561-565 2002年10月
  • 【ERにおける循環器疾患の管理】 臨床疫学 救急疾患と臨床疫学
    野口 善令, 福井 次矢
    救急医学 26(10) 1118-1123 2002年09月
  • 新世紀の卒後臨床研修 更なる100年に向けて 望ましい内科卒後臨床研修プログラムについて
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(臨増) 181-185 2002年09月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 いびきと睡眠時無呼吸症候群(閉塞型) 治療編
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(9) 864-866 2002年09月
  • EBMラウンド 妊婦の禁煙治療にニコチン代替剤の使用は危険か
    松森 由希子, 酒井 達也, 小田垣 孝雄, 金 容壱, 南 太郎, 瀬田 剛史, 島田 利彦, 川上 剛, 岡田 好一, 松井 邦彦, 野口 善令, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(5) 684-694 2002年08月
  • 医療現場における心理カウンセリング
    駿地 眞由美, 藤村 聡, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(8) 786-787 2002年08月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 いびきと睡眠時無呼吸症候群(閉塞型) 診断編
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(8) 770-772 2002年08月
  • 知っておくべき新しい診療理念 臨床決断分析
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 128(4) 612-614 2002年08月
  • 【失神の診かた】 診る 失神と疫学
    野口 善令, 福井 次矢
    Heart View 6(8) 1088-1093 2002年08月
    1980年代に行われた欧米のいくつかの研究により失神の原因と予後が明らかになった.心血管性失神の死亡率は高く予後が悪い,失神の中には原因が不明のものがある,原因不明の失神の予後は,心血管性失神に比べれば悪くない,等の知見から,失神の診断では心血管性失神の除外を「しかるべき検査」を用いて行い,それでも原因が不明であれば注意深く経過観察してよいというコンセンサスが形成された.しかし,「原因不明」の基準が研究者によって異なり,失神患者が医療機関を受診する迄のプロセスも地域,医療機関によって様々であり,失神の疫学的報告にはバラツキが大きい
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 "乗り物酔い"(動揺病)の相談にどう答えるか
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(7) 662-663 2002年07月
  • 【研修医と研修システムの問題】 国立大学医学部附属病院長会議からの提言
    福井 次矢
    患者のための医療 1(2) 300-302 2002年07月
  • 【21世紀の大学病院】 教育病院としての大学病院 医師の卒後研修
    福井 次矢
    からだの科学 増刊 増刊(21世紀の大学病院) 21-25 2002年07月
  • EBMラウンド 運動療法のカウンセリング
    南 太郎, 酒井 達也, 田路 佳範, 瀬田 剛史, 金 容壱, 島田 利彦, 小田垣 孝雄, 岡田 好一, 松井 邦彦, 野口 善令, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(4) 532-545 2002年06月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 耳鳴
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(6) 553-555 2002年06月
  • 治験の現状と将来 国際化時代に向けて 臨床研究への取り組み
    福井 次矢
    臨床薬理 33(3) 525S-525S 2002年05月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 嗅覚の障害
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(5) 444-445 2002年05月
  • もやもや病up date もやもや病Japan Adult Moyamoya(JAM)Trialについて
    宮本 享, 岡田 靖, 中川原 譲二, 井上 亨, 福井 次矢, 辻 一郎, 福内 靖男, 大本 尭史, 桑原 康雄, 永田 泉, 吉本 高志, Japan Adult Moyamoya(JAM)Trial Group
    脳卒中 24(1) 144-144 2002年04月
  • わが国におけるEBMの現状とデータベースサイト「EBM Library」への期待
    福井 次矢
    Therapeutic Research 23(4) 485-491 2002年04月
  • 【データウェアハウス・データマイニング】 Applied Data Mining臨床決断におけるデータマイニングの役割
    青木 則明, 平 賢二, 福井 次矢
    BME 16(4) 37-43 2002年04月
  • 【EBMは本当に医療の質を向上させているか】 診療ガイドラインで患者アウトカムは改善したか
    小山 弘, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(3) 311-314 2002年04月
    診療ガイドラインとは,「特定の臨床状況において,医師及び患者が適切なヘルス・ケア上の決断を下せるように支援する目的で,体系的に作成された文章」と定義され,診療上の無用なばらつきを減じ,有効性が示された新しい知見の応用を促進することで,ケアの質を向上させることを目的としている.診療ガイドラインの有効性を検討する場合,患者アウトカムの改善を評価することが必須である.しかし,診療ガイドラインが患者アウトカムを改善するためには,種々の困難な要件が満たされなければならず,したがって,診療ガイドラインの有効性を評価することは必ずしも容易ではない
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する 慢性胃炎患者のHelicobacter pyloriを除菌すべきか
    山口 恭一, 酒井 達也, 小田垣 孝雄, 金 容壱, 田路 佳範, 南 太郎, 谷本 浩二, 岡田 好一, 松井 邦彦, 野口 善令, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(3) 396-404 2002年04月
  • 【EBMは本当に医療の質を向上させているか】 EBMで診療行為は改善したか
    新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(3) 305-308 2002年04月
    EBMと診療行為の関係について概説した.患者アウトカムが良好であるためには,医療技術が有効であるばかりでなく,適切に診療行為が行われる必要がある.医療の質の評価として診療行為の評価(プロセス評価)も重要である.EBMは有効な医療技術を確認し,診療行為の適切性を評価するための基準を与えた.診療ガイドラインの普及プログラムにより,適切な診療行為を導くことができる
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 小児のアレルギー性鼻炎診療のコツ
    藤村 聡, 伊藤 壽一, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(4) 338-339 2002年04月
  • 【知っておきたい200words 現代医学理解のために】 EBM
    福井 次矢
    医学のあゆみ 200(13) 1009-1010 2002年03月
  • 退院日の決定に関する医師調査
    平 憲二, 前田 健次, 福井 次矢, 総合診療サーベイワーキンググループ
    日本総合診療医学会会誌 7(1) 68-68 2002年02月
  • 慢性非弁膜症性心房細動の血栓塞栓症に対する予防治療に関する臨床医の態度
    前田 健次, 酒井 達也, 平 憲二, 福井 次矢, 総合診療サーベイワーキンググループ
    日本総合診療医学会会誌 7(1) 46-46 2002年02月
  • 「臨床医の業務と意識に関する調査」の概要報告
    平 憲二, 尾藤 誠司, 前田 健次, 松村 真司, 浅井 篤, 早野 恵子, 山城 清二, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 7(1) 56-56 2002年02月
  • わが国の卒前教育における地域診療所実習の実施状況
    武田 裕子, 田坂 佳千, 大滝 純司, 松村 真司, 中村 俊夫, 岩崎 榮, 福井 次矢, 聖ルカ・ライフサイエンス研究所外来診療刷新のための調査研究委員会
    日本総合診療医学会会誌 7(1) 51-51 2002年02月
  • 各科臨床のトピックス 臨床疫学 根拠に基づいた身体診察
    後藤 雅史, 福井 次矢
    日本医師会雑誌 127(3) 412-415 2002年02月
  • 新世紀の卒後臨床研修 更なる100年に向けて 望ましい内科卒後臨床研修プログラムについて
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 91(臨増) 97-97 2002年02月
  • 喘息発作急性期におけるテオフィリン薬投与標準化への疑問 「気管支喘息治療にテオフィリン薬は有効か」について
    金 容壱, 小山 弘, 福井 次矢
    EBMジャーナル 3(2) 246-247 2002年02月
  • 【指導医Dos and Dont's】 質の高い臨床研修を保証する指導医の役割6項目
    福井 次矢
    LiSA 9(1) 2-4 2002年01月
  • 【症例から学ぶクリニカル・ルール】 クリニカル・ルール(診療上の原則)の意義
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(1) 8-9 2002年01月
  • 知られていない第三の"栄養不良"
    藤村 聡, 高岸 壽美, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 12(1) 66-67 2002年01月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 判断能力に問題がある患者の診療における倫理的問題(2)
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 61(1) 71-73 2002年01月
  • 急性膵炎に対するヒスタミン2受容体拮抗薬の有効性 メタ分析
    森本 剛, 野口 善令, 松井 邦彦, 大西 基喜, 酒井 達也, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 9-9 2001年12月
  • 終末期悪性腫瘍患者の生存日数予測
    平 憲二, 林 章敏, 奥田 成希, 山本 一成, 佐藤 俊哉, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 15-15 2001年12月
  • 血液培養陽性と臨床所見との関連 血液培養はどのような際に行うべきか
    中村 嗣, 松井 邦彦, 高橋 理, 木村 清志, 大田 宣弘, 清水 史郎, 瀬戸山 元一, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 16-16 2001年12月
  • 偽性高カリウム血症に関する院外検査センター調査
    平 憲二, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 11-11 2001年12月
  • 総合診療科外来受診者のタバコに対する考え方
    後藤 雅史, 森本 剛, 鱸 英彦, 前田 健次, 関本 美穂, 平 憲二, 新保 卓郎, 福井 次矢, 小山 弘
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 10-10 2001年12月
  • 若年男性における特発性自然気胸の治療方針 決断分析・費用効果分析
    森本 剛, 野口 善令, 松井 邦彦, 大西 基喜, 酒井 達也, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 7-7 2001年12月
  • 医学生のベイズ確率論的診断思考
    野口 善令, 松井 邦彦, 井村 洋, 清田 雅智, 小山 弘, 後藤 雅史, 大西 基喜, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 10-10 2001年12月
  • グループインタビューを用いた医学研究に対する日本人の態度の研究
    浅井 篤, 大西 基喜, 関本 美穂, 福原 俊一, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 6(1) 20-20 2001年12月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 判断能力に問題がある患者の診療における倫理的問題(1)
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(12) 1072-1074 2001年12月
  • 在宅緩和ケアに対する遠隔医療の費用最小化分析
    大田 祥子, 青木 則明, 豊増 佳子, 平 憲二, Dunn Kim, Beck J.Robert, 金重 哲三, 岩井 郁子, 福井 次矢
    医療情報学連合大会論文集 21回 332-333 2001年11月
  • 新世紀の医療への挑戦と医療情報の役割 Evidence-based medicineに果たす医療情報の役割
    福井 次矢, 青木 則明, 平 憲二
    医療情報学連合大会論文集 21回 7-10 2001年11月
  • 【理学療法におけるEBM】 EBMの基礎知識
    福井 次矢
    理学療法 18(11) 1025-1031 2001年11月
    「臨床上の疑問の定式化→文献検索→文献の批判的吟味→患者への適用性判断」という4つのステップからなるEBMは,当初,個々の患者について湧き上がった疑問を解決するための行動指針として,1991年に提唱された.この手順に則り,多くの医師が共通して遭遇する臨床上の疑問や新たな知見が頻繁に加えられつつあるテーマについて,予め'解答'を作成しておこうとする試みの一つが診療ガイドラインである.診療ガイドラインを用いることで,医師の診療内容や患者アウトカムが改善することが実証されつつある
  • プレホスピタルケアにおける穿通性外傷に対するデータマイニングを利用した予後予測因子の検討
    青木 則明, Zupan Blaz, Scott Bradford, Demsar Janez, Holcomb John B., Brundage Susan, Persse David, 平 憲二, 福井 次矢, Wall Matthew J.
    医療情報学連合大会論文集 21回 512-513 2001年11月
  • 米国ヒューストンにおける遠隔医療教育・評価の試み
    平 憲二, 青木 則明, Dunn Kim, Beck J.Robert, Smith Jack, 福井 次矢, Schull Jack W.
    医療情報学連合大会論文集 21回 646-647 2001年11月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 遺伝子診断に関する倫理的問題 遺伝性神経難病の遺伝子カウンセリングを通じて
    藤村 聡, 浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(11) 987-989 2001年11月
  • 知っておくべき新しい診療理念 EBM
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 126(9) 1178-1180 2001年11月
  • CASE-J(Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan)の研究デザイン
    福井 次矢, 猿田 享男
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 24回 59-59 2001年10月
  • EBMラウンド 偽膜性腸炎の診断に毒素検出簡易キットは有用か
    金 容壱, 小山 弘, 野口 善令, 谷本 浩二, 小田垣 孝雄, 田路 佳範, 山口 恭一, 梁 知身, 岡田 好一, 松井 邦彦, 酒井 達也, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(6) 809-816 2001年10月
  • 細菌性咽頭炎と病歴・診察所見 生方論文に付随して
    小山 弘, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(10) 948-951 2001年10月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 人を対象とした医学研究に関する倫理的問題
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(10) 907-909 2001年10月
  • 【卒後臨床研修必修化の問題点を探る】 臨床研修病院における指導体制と研修の評価 ACGME方式の意義
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 126(7) 967-971 2001年10月
  • 臨床研修指定病院における外来診療教育 現状と今後の課題
    武田 裕子, 大滝 純司, 田坂 佳千, 松村 真司, 中村 俊夫, 岩崎 榮, 福井 次矢
    医学教育 32(5) 322-323 2001年10月
  • 外来診療に関する卒前教育の現状と今後の課題
    武田 裕子, 大滝 純司, 田坂 佳千, 松村 真司, 中村 俊夫, 岩崎 榮, 福井 次矢
    医学教育 32(5) 322-322 2001年10月
  • 体外受精をめぐる最近の話題
    藤村 聡, 中村 光作, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(9) 852-855 2001年09月
  • 【知っておきたいクリニカルパス】 EBMとその実践ツールとしてのクリニカルパス
    福井 次矢
    外科治療 85(3) 254-259 2001年09月
    クリニカルパスはEBMを実践するための効果的なツールである.1)臨床上の疑問点の定式化,2)文献の検索,3)文献の妥当性評価,4)眼前の患者への適用性判断,というステップからなるEBMは,そのまま各医療職に求められるクリニカルパス作成の手順である.EBMのもう1つの実践ツールである診療ガイドラインと同様,クリニカルパスを用いることで在院日数の短縮だけでなく患者の健康アウトカムが改善するかどうかを検証することが,当面の重要な研究テーマである
  • 検査はどのように役立っているか
    福井 次矢
    SRL宝函 別冊(EBDフォーラム2000) 5-12 2001年09月
  • 難聴の遺伝カウンセリング(第5報)
    藤村 聡, 福井 次矢, 榎本 雅夫, 嶽 良博, 硲田 猛真, 斉藤 優子, 藤木 嘉明, 十河 英世, 瀬野 悟史
    日本耳鼻咽喉科学会会報 104(9増刊) 991-991 2001年09月
  • 結核性リンパ節炎5例の検討
    十河 英世, 斉藤 優子, 硲田 猛真, 瀬野 悟史, 嶽 良博, 榎本 雅夫, 藤村 聡, 福井 次矢
    日本耳鼻咽喉科学会会報 104(9増刊) 993-994 2001年09月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 人工妊娠中絶に関する倫理的問題
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(9) 827-829 2001年09月
  • 【突然死】 突然死の疫学
    野口 善令, 関本 美穂, 福井 次矢
    Cardiovascular Med-Surg 3(4) 407-413 2001年08月
    突然死については,統一された定義が存在しないため,突然死の地域間の発生率や病因の比較,全体の概要を把握するのは困難である.院外心停止事例の記録を統一するためのガイドライン(ウツタイン様式)にしたがって記録された院外心停止(population-based OHCA)についてのoverviewを試みた.我が国での単位人口あたりの心原性院外心停止,心室細動又は心室性頻拍による院外心停止発生の頻度は西欧諸国に比べてかなり低いが,生存率は西欧諸国と同程度であった.我が国のウツタイン様式に準拠したデータは限られた地域のものであり,今後のデータ蓄積が望まれる
  • 医学教育の動向と"指導医"
    福井 次矢
    日本整形外科学会雑誌 75(8) S852-S852 2001年08月
  • 腹痛患者の腹部エコー中に判明した正常妊娠
    藤村 聡, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(8) 768-768 2001年08月
  • 妊娠 問診のこつ 「妊娠していません」を鵜呑みにしてはいけない
    藤村 聡, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(8) 740-741 2001年08月
  • 【医学文献の読み方】 データ統合型研究(メタ分析,決断分析,費用効果分析)の読み方・チェックリスト
    野口 善令, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(5) 624-630 2001年08月
    データ統合型研究(メタ分析,決断分析,費用効果分析)の批判的吟味のために必要な方法論について解説した.研究デザインによって多少の相違はあるが,大枠は次の要点をチェックする.1)研究のテーマは自分の臨床的疑問に合致しているか,2)使用された研究手法は妥当か,3)使用されたデータはバイアスなく収集されたか,4)結果の読み方についてよく理解する,5)データの不確実性による影響が評価されているか,6)研究対象となった患者(群)の臨床的特徴は自分の患者と似ているか
  • EBMラウンド 急性気管支炎に対する抗生物質投与
    谷本 浩二, 小山 弘, 新保 卓郎, 小田垣 孝雄, 金 容壱, 瀬戸口 聡子, 田路 佳範, 梁 知身, 野口 善令, 松井 邦彦, 酒井 達也, 岡田 好一, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(5) 664-669 2001年08月
  • 遺伝カウンセリング 看護職の立場から
    有森 直子, 田中 悦子, 藤村 聡, 藤田 潤, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(8) 765-767 2001年08月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 HIV感染症の診療に伴う医療倫理的問題
    大西 基喜, 浅井 篤, 福井 次矢
    病院 60(8) 733-735 2001年08月
  • プライマリ・ケア医のための「みみ・はな・のど」 先天性難聴の早期発見はプライマリ・ケア医の双肩にかかっている
    藤村 聡, 福井 次矢, 山口 忍, 伊藤 壽一
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(7) 647-649 2001年07月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 終末期医療における倫理的決断 自発的安楽死と医療従事者の良心的拒否について
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(7) 645-647 2001年07月
  • 医療の標準化とEBM
    福井 次矢
    日本消化器外科学会雑誌 34(7) 808-808 2001年07月
  • 臨床決断とEvidence-based Medicine
    福井 次矢
    沖縄医学会雑誌 40(1) 33-33 2001年06月
  • 4つのレベルの薬籠 WHO必須医薬品モデルリストの選定 専門家委員会のセクレタリアートとして
    福井 次矢
    臨床評価 28(3) 499-504 2001年06月
  • 【医学文献の読み方】 critical appraisalのために知っておくべき様々なバイアス
    新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(4) 456-461 2001年06月
  • EBMラウンド ベッドサイドでエビデンスを活用する クローン病のelemental dietによる治療 臨床アウトカムについての考察
    小山 弘, 梁 知身, 河南 智晴, 野口 善令, 大西 基喜, 松井 邦彦, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(4) 540-545 2001年06月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 終末期医療における倫理的決断 判断能力を有する患者の延命治療に関する判断 延命治療の中断と通常治療の中止について
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(6) 544-546 2001年06月
  • 遺伝カウンセリング 京都大学医学部附属病院遺伝子診療部の紹介 心理職との連携
    藤田 潤, 駿地 眞由美, 小杉 眞司, 依藤 亨, 藤村 聡, 富和 清隆, 一山 智, 中畑 龍俊, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(6) 554-556 2001年06月
  • 【感染性心内膜炎】 治す 予防の実際
    野口 善令, 福井 次矢
    Heart View 5(5) 662-669 2001年05月
    感染性心内膜炎予防に関するAHAガイドラインが1997年に改訂された.抗生物質の予防的投与が必要な疾患,検査・処置と抗生物質の種類,投与方法の実際についてDajaniらの論文に基づきAHAガイドラインの解説を行ったAHAガイドラインは,感染性心内膜炎を引き起こしやすい菌のin vitroの感受性,動物実験から得られた感染性心内膜炎に対する予防的抗生物質投与の効果,検査・処置後の菌血症の発生頻度についての疫学的報告,抗生物質による感染性心内膜炎発症予防に失敗した症例の後向き分析から得られたデータ等に基づいて作成されている
  • 遺伝カウンセリング 糖尿病の遺伝相談
    藤村 聡, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(5) 466-468 2001年05月
  • 【今,求められる尿閉・尿失禁への対応】 おむつの科学
    狩谷 明美, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(5) 440-442 2001年05月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 終末期医療における倫理的決断 判断能力を有する患者の延命治療に関する判断 自殺の倫理的許容性について
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(5) 455-457 2001年05月
  • EBMラウンド ベッドサイドでエビデンスを活用する 反跳痛の感度・特異度を検討する
    後藤 雅史, 野口 善令, 小山 弘, 梁 知身, 松井 邦彦, 酒井 達也, 大西 基喜, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(3) 408-415 2001年04月
  • 【EBMへの批判に応える】 EBMはとっつきにくい,わかりにくいという批判
    松井 邦彦, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(3) 365-368 2001年04月
    EBMはこれ迄の日本になかったものであり,その実行は容易でない.このため,とっつきにくい,わかりにくいという批判があるのは当然である.しかし,EBMを実践する目的は,医療の質の向上にある.臨床医は,EBMを行う目的を明らかにしたうえで,忙しい中でも形式にとらわれず,継続して行うことができるような工夫をすることが必要である
  • 根拠に基づいた進行性腎疾患の治療戦略 EBMの基本的考え方
    福井 次矢
    日本腎臓学会誌 43(3) 150-150 2001年04月
  • 遺伝カウンセリング がんの遺伝子治療の相談
    藤村 聡, 藤本 麻起子, 藤田 潤, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(4) 365-369 2001年04月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 終末期医療における倫理的決断 判断能力を有する患者の延命治療に関する判断 治療拒否は自殺に当たるのか?
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(4) 341-343 2001年04月
  • 【診療記録開示時代のPOS】 EBM時代のPOS
    福井 次矢
    日本POS医療学会雑誌 6(1) 38-43 2001年03月
  • プライマリケア医のための「みみ・はな・のど」 花粉症の患者指導・7つの鉄則 花粉症患者のアンケートから
    藤村 聡, 福井 次矢, 駿地 眞由美, 榎本 雅夫
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(3) 262-264 2001年03月
  • 産業保健の新戦略 実りある健康診断の実践に向けて 成果の説明責任をはたす 根拠に基づく健康診断
    福井 次矢
    産業衛生学雑誌 43(臨増) 86-86 2001年03月
  • 市中肺炎診療ガイドラインの外来エンピリック治療に関する費用効果分析
    森本 剛, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    日本呼吸器学会雑誌 39(増刊) 239-239 2001年03月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 終末期医療における倫理的決断 判断能力を有する患者の延命治療に関する判断
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(3) 266-268 2001年03月
  • 進行非小細胞肺癌に対する化学療法 EBMとShared Decision-Making
    小山 弘, 梁 知身, 浅井 篤, 野口 善令, 大西 基喜, 松井 邦彦, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(2) 258-263 2001年02月
  • プライマリケア医のための「みみ・はな・のど」 子どもの難聴の早期発見のために鼓膜を観察しよう 滲出性中耳炎
    藤村 聡, 福井 次矢, 榎本 雅夫, 嶽 良博, 齋藤 裕子, 硲田 猛真, 瀬野 悟史
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(2) 152-153 2001年02月
  • 閉経後女性を対象とした骨密度測定検診における費用効果分析
    永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 90(臨増) 202-202 2001年02月
  • 結核性胸膜炎診断における胸水ADA測定の意義 Summary Receiver Operating Characteristic Curve(SROC curve)を用いたメタ分析
    後藤 雅史, 新保 卓郎, 福井 次矢, 野口 善令, 梁 知身, 酒井 達也, 松井 邦彦, 大西 基喜, 小山 弘
    日本内科学会雑誌 90(臨増) 279-279 2001年02月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 終末期医療における倫理的決断 基本的分類と議論の範囲
    浅井 篤, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 60(2) 172-174 2001年02月
  • 【EBM(evidence-based medicine)と心療内科】 内科領域におけるEBM
    福井 次矢, 前田 健次
    心療内科 5(1) 1-6 2001年01月
  • 21世紀の人口・食料問題と医療
    藤村 聡, 福井 次矢, 高岸 壽美, 越田 有香
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(1) 54-55 2001年01月
  • 遺伝カウンセリング von Recklinghausen病の遺伝相談
    小杉 眞司, 藤村 聡, 福井 次矢, 依藤 亨, 富和 清隆, 藤田 潤
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(1) 72-73 2001年01月
  • 【めざせ新世紀 20世紀のエビデンスはどうなる】 高血圧治療
    松井 邦彦, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 11(1) 8-11 2001年01月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 医療における権利について
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 60(1) 76-78 2001年01月
  • 医師と患者における確率の質的表現についての検討
    大西 基喜, 松井 邦彦, 平 憲二, 篠塚 雅也, 江崎 宏典, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 5(1) 22-22 2000年12月
  • 日本赤十字社和歌山医療センター オーストラリア国立病院における難聴の遺伝カウンセリング(Genetic Counseling for Hearing loss in Japanese Red Cross Society Wakayama Medical Center and Australian National Hospital)
    藤村 聡, 福井 次矢, 榎本 雅夫, 伊藤 壽一, 金丸 眞一, 嶽 良博, 硲田 猛真, 齋藤 優子, 瀬野 悟史, 間 三千夫
    日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌 18 93-99 2000年12月
    症例1は家族歴のない先天性難聴者同士の結婚と将来の妊娠ならびに子供の発症の可能性についての相談で,この場合は子供の発症の可能性は10%と推定されている.症例2は常染色体優性遺伝の難聴の家族歴を持つ男と健常な女からの同様の相談である.この場合,子供の発症の可能性は50%となる.この2症例は難聴の遺伝カウンセリングの典型的な症例である.症例3はオーストラリアの症例で,相談者は遺伝子検査は行わず神に運命を委ねるという決断を行った.症例4もオーストラリアの症例であるが,このケースでは先天性難聴の両親が自分たちのコミニケーションスキルを保持するために,健常児より難聴児の出産を望むという趣旨の遺伝カウンセリングであった.こうした様々なカウンセリングにあたり2点の重要な点がある.第一番目は遺伝形式を正確に把握すること,第二番目は相談者がどんな情報を要求し,何を相談したいのかを推察することである
  • 遺伝性非ポリポーシス大腸癌ハイリスク家系に対する定期検診の試み
    瀬田 剛史, 藤村 聡, 來須 知恵, 関川 昭, 稲田 雅宏, 露岡 清隆, 中村 昌弘, 太田 安英, 福井 次矢, 沖本 芳春
    日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌 18 101-105 2000年12月
    近年,ポリープを伴わない家族性大腸癌の発症に関わる遺伝子が発見され,注目されている.この遺伝性非ポリポーシス大腸癌の原因としては,ミスマッチ修復遺伝子の異常が考えられており,本症を有する患者では,大腸だけでなく他臓器にも多発癌が発生することが知られている.又,本症は家族内発癌のパターンを示し,家系内に遺伝相談の対象になる者が多い.遺伝子異常を有する患者の遺伝子診断と遺伝カウンセリングの具体的方法と予防,早期発見のプログラムについて述べた
  • 「マラリア予防薬を内服していた」にご用心
    藤村 聡, 福井 次矢, 高岸 壽美, 沖本 芳春, 榎本 雅夫, 藤田 紘一郎
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(12) 1056-1058 2000年12月
  • 【身体診察法と異常所見の診方】 循環器系
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 89(12) 2410-2416 2000年12月
    循環器系の身体診察では視診,触診,聴診がとくに重要であり,静かな診察室で順序立てて行うとよい.身体所見の多くは感度が低く特異度が高いという特徴を有することに留意して,結果を解釈する必要がある.しばしば危険を伴い高価な心エコー,負荷心電図,心筋シンチ,血管造影,CT,MRIなどが普及した今こそ,それらを効果的に使いこなすために病歴聴取,身体診察,胸部X線写真,心電図等のさらなる向上が求められている
  • 【症例から学ぶ"息苦しさ"への対応】 多様な息苦しさにどう対応するか Generalistの立場から
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(12) 1006-1008 2000年12月
  • 遺伝カウンセリング 血友病の遺伝相談
    小杉 眞司, 藤村 聡, 福井 次矢, 依藤 亨, 富和 清隆, 藤田 潤
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(12) 1065-1067 2000年12月
  • EBMラウンド ベッドサイドでエビデンスを活用する 成人Still病での血清フェリチン値の診断意義
    野口 善令, 高橋 理, 小山 弘, 後藤 雅史, 大西 基喜, 松井 邦彦, 新保 卓男, 福井 次矢
    EBMジャーナル 2(1) 122-130 2000年12月
  • 【21世紀に期待される医学・医療】 社会医学 EBMとmedical decision making
    福井 次矢
    医学のあゆみ 195(13) 1063-1065 2000年12月
  • 【EBM(Evidence-Based Medicine)とパーキンソン病治療 ドパミンアゴニストを中心に】 EBMとは
    福井 次矢
    新薬と臨牀 49(11) 1130-1135 2000年11月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 Quality of Lifeに関する倫理的考察 使用上の注意
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(11) 982-984 2000年11月
  • 遺伝カウンセリング 放射線の影響を心配するケース
    藤村 聡, 福井 次矢, 塩田 浩平, 巽 純子
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(11) 968-971 2000年11月
  • 【ここまで進んだ自己管理】 自己管理をすすめるために
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(11) 918-920 2000年11月
  • 救急救命士による早期除細動システムの評価 ウツタイン形式による他論文との比較検討
    関本 美穂, 円山 啓司, 福井 道彦, 清野 洋一, 伊藤 竜康, 田邉 俊司, 安田 康晴, 福井 次矢
    日本救急医学会雑誌 11(10) 600-600 2000年10月
  • バイスタンダーによる心肺蘇生の実施率が院外心停止後の生存率に及ぼす影響の検討
    関本 美穂, 円山 啓司, 福井 道彦, 清野 洋一, 伊藤 竜康, 田邉 俊司, 安田 康晴, 福井 次矢
    日本救急医学会雑誌 11(10) 512-512 2000年10月
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する NSAIDs(nonsteroidal anti-inflammatory drugs)使用時の消化性潰瘍予防
    高橋 理, 野口 善令, 小山 弘, 後藤 雅史, 大西 基喜, 松井 邦彦, 浅井 篤, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(6) 818-829 2000年10月
  • 遺伝カウンセリング 先天性外表異常に伴うカウンセリング 口唇裂・口蓋裂のケース
    藤村 聡, 福井 次矢, 塩田 浩平, 榎本 雅夫, 間 三千夫
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(10) 882-885 2000年10月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 看護の倫理
    大西 香代子, 大西 基喜, 浅井 篤, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(10) 902-904 2000年10月
  • 効果的診療参加型臨床実習の導入についてのアメリカ医学校訪問調査結果とわが国の医学部クラークシップ現状調査からの考察
    瀬戸口 聡子, 吉田 素文, 岩田 勲, 山本 博道, 福井 次矢
    医学教育 31(5) 382-383 2000年10月
  • 【呼吸器感染症の新世代診療 インフルエンザ,耐性菌,結核を中心に】 耐性菌の時代 かぜ症候群に抗生物質は必要か エビデンスに基づくアプローチ
    森本 剛, 福井 次矢
    内科 86(4) 667-671 2000年10月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 医療従事者の警告義務 守秘義務の限界
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(9) 811-813 2000年09月
  • 遺伝カウンセリング インターネットによる遺伝情報の検索 いでんネット
    小杉 眞司, 藤村 聡, 依藤 亨, 富和 清隆, 藤田 潤, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(9) 802-803 2000年09月
  • Evidence-based medicine(EBM)
    福井 次矢
    呼吸 19(9) 889-894 2000年09月
  • EBMラウンド ベッドサイドでエビデンスを活用する ステロイド剤投与時のH2-ブロッカー予防投与の適否
    後藤 雅史, 大西 基喜, 高橋 理, 松井 邦彦, 浅井 篤, 野口 善令, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(5) 684-690 2000年08月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 インフォームドコンセント 情報開示の基準を中心に
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(8) 721-723 2000年08月
  • 遺伝カウンセリング 精神疾患のケース
    藤村 聡, 福井 次矢, 塩田 浩平, 岡村 武彦, 林 正治
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(8) 708-709 2000年08月
  • 【EBMに基づいた病院感染対策】 EBMの基礎知識
    福井 次矢
    INFECTION CONTROL 9(8) 758-762 2000年08月
  • EBMの手順と意義
    福井 次矢
    日本在宅医学会雑誌 2(1) 9-16 2000年07月
  • 臨床疫学入門 文献の批判的吟味からEBMへ
    小山 弘, 福井 次矢
    緩和医療学 2(3) 361-367 2000年07月
    EBM(根拠に基づく医療)とは,個々の患者の管理・治療を,その時点で入手可能な最も信頼できる根拠に基づいて決定することであり,問題点の明確化,文献検索,批判的吟味と患者の心理社会的問題をも加味した適応可能性の評価からなる.批判的吟味とは,研究デザインや結果の正当性,臨床的有用性,個々の患者への適応可能性を吟味しながら文献を読むことである.このように,系統だてた検索から得た質の高い根拠と,経験から培った臨床能力とを車の両輪としたEBMの実践が,個々の患者の管理・治療の向上に結びつくと考えられる.又,EBMの原理を理解し実践することは生涯学習の方法を体得することでもある
  • 【時間外診療 対応のための手引き】 時間外受診トップテン 発熱
    後藤 雅史, 小山 弘, 福井 次矢
    綜合臨床 49(7) 1975-1979 2000年07月
  • 遺伝カウンセリング 遺伝子診断のジレンマ
    藤村 聡, 福井 次矢, 小杉 眞司, 依藤 亨, 富和 清隆, 藤田 潤, 武部 啓
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(7) 658-659 2000年07月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 パターナリズム 医師-患者関係の観点から
    大西 基喜, 浅井 篤, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(7) 622-625 2000年07月
  • 突然死の遺伝カウンセリング
    藤村 聡, 福井 次矢, 塩田 浩平
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(6) 564-567 2000年06月
  • 【EBM時代の診療ガイドライン】 診療ガイドラインを評価する
    小山 弘, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(4) 444-450 2000年06月
  • 【EBM時代の診療ガイドライン】 EBMに基づいた診療ガイドラインの作り方
    福井 次矢
    EBMジャーナル 1(4) 438-443 2000年06月
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する 発作性心房細動に対する抗凝固療法の意義
    高橋 理, 新保 卓郎, 後藤 雅史, 松井 邦彦, 太田 智行, 浅井 篤, 野口 善令, 大西 基喜, 小山 弘, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(4) 524-529 2000年06月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 医療経済と医療倫理
    新保 卓郎, 浅井 篤, 永田 志津子, 大西 基喜, 福井 次矢
    病院 59(6) 520-522 2000年06月
  • 【医療の基本ABC】 疫学 臨床疫学(EBMを含む)
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 123(12) S318-S323 2000年06月
  • Evidence-based Medicine(EBM)の手順と意義
    福井 次矢
    西日本皮膚科 62(3) 406-406 2000年06月
  • 臨床疫学入門 治療の最適化
    松井 邦彦, 福井 次矢
    緩和医療学 2(2) 211-215 2000年05月
    医師が一人ひとりの患者に対して,最適と思われる治療を行うことは当然である.ここで言う最適という言葉には,医学的に質の高い医療ということのみならず,生命の質を含む価値観が考慮されるべきことも含まれている.治療の有効性を客観的に評価するためランダム化比較試験が行われるが,そこで得られた結果が試験の対象患者群について正しいものであるかどうか判定するためには,内的妥当性の評価が必要である.実際の患者に応用するにあたっては,外的妥当性の評価も必要となる.更に,緩和医療の現場に特有の,様々な問題も考慮されなくてはならない
  • 遺伝カウンセリング 治療法がなく死に至る常染色体優性遺伝性疾患(ハンチントン舞踏病)のケース
    藤村 聡, 福井 次矢, 塩田 浩平, 武部 啓
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(5) 465-468 2000年05月
  • 医療従事者のための 医療倫理学入門 死の定義
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(5) 432-434 2000年05月
  • 情報化時代の診療記録のあり方 情報化時代の診療記録のあり方
    福井 次矢
    病院管理 37(2) 167-168 2000年04月
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する 上腹部の放射線照射に伴う嘔気・嘔吐に対して5HT3拮抗剤は有効か
    後藤 雅史, 新保 卓郎, 太田 智行, 高橋 理, 浅井 篤, 野口 善令, 大西 基喜, 小山 弘, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(3) 378-382 2000年04月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 医療現場におけるプライバシーと守秘義務 守秘の範囲について
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(4) 332-334 2000年04月
  • 遺伝カウンセリング アレルギー性疾患の遺伝相談
    藤村 聡, 福井 次矢, 榎本 雅夫, 塩田 浩平
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(4) 375-377 2000年04月
  • EBMの歴史と現代医療における意義
    福井 次矢
    日本薬学会年会要旨集 120年会(1) 170-170 2000年03月
  • 21世紀の地域医療と総合診療
    福井 次矢
    日本臨床内科医会会誌 14(7) 303-313 2000年03月
  • 【Evidence-Based Medicine:EBM】 プライマリ・ケアのためのEBMの基礎
    前田 健次, 松井 邦彦, 福井 次矢
    プライマリ・ケア 23(1) 16-20 2000年03月
  • 遺伝カウンセリング ダウン症の出生前診断の相談 トリプルマーカー検査
    藤村 聡, 福井 次矢, 巽 純子, 間 三千夫, 岩元 綾
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(3) 260-262 2000年03月
  • 【心原性ショック プライマリーケアから先端医療まで】 心原性ショックのプライマリーケア
    森本 剛, 福井 次矢
    Heart View 4(3) 300-306 2000年03月
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する 病棟内での転倒および転倒に伴う大腿骨頸部骨折をどのように防止するか
    小山 弘, 太田 智行, 高橋 理, 新保 卓郎, 後藤 雅史, 松井 邦彦, 浅井 篤, 野口 善令, 大西 基喜, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(2) 237-243 2000年02月
  • 【エビデンスをさがす EBMの情報収集の実際】 EBM関連のジャーナルでさがす
    前田 健次, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(2) 150-154 2000年02月
  • 原因の特定が困難であった偽性高カリウム血症の検討
    平 憲二, 新保 卓郎, 野口 善令, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 89(臨増) 140-140 2000年02月
  • 冠動脈疾患一次予防を目的とした高脂血症薬物療法に関する費用効果分析
    永田 志津子, 新保 卓郎, 松井 邦彦, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 89(臨増) 240-240 2000年02月
  • 外来治療のトピックス 内科医のための鼻アレルギー学 治療とセルフケアのポイント
    藤村 聡, 榎本 雅夫, 福井 次矢, 嶽 良博, 芝埜 彰, 硲田 猛真, 斉藤 優子, 十河 英世
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(2) 155-159 2000年02月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 文化と医療倫理 真実告知の事例を中心に
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(2) 156-158 2000年02月
  • 「医療経済」学習のためのテュートリアル教育事例 日本医学教育学会医療経済の医学教育に及ぼす影響検討ワーキンググループ
    福間 誠之, 福井 次矢, 徳永 力雄, 西尾 利一, 藤崎 和彦
    医学教育 31(1) 3-5 2000年02月
  • 【根拠に基づいた看護とは?】 Evidence-Basedという考え方がなぜ医療の世界を席巻しているのか?
    福井 次矢
    看護 52(2) 27-30 2000年02月
  • 間主観的観点に基づいたヒステリー様の難治性てんかん患者に対する治療の1例
    白水 倫生, 福井 次矢
    心身医学 40(1) 74-74 2000年01月
  • 【病院・医療・社会 21世紀を展望する】 21世紀の病院と医療 ビジョンと改革の方向 病院におけるEBMの実践
    森本 剛, 福井 次矢
    病院 59(1) 21-24 2000年01月
  • 外来治療のトピックス 内科医のための鼻アレルギー学 内科医の診断 8つのピットフォール
    藤村 聡, 福井 次矢, 榎本 雅夫, 嶽 良博, 芝埜 彰, 硲田 猛真, 斉藤 優子, 十河 英世
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(1) 69-71 2000年01月
  • 【診療ガイドライン2000】 診療ガイドラインの作成方法
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 10(1) 14-17 2000年01月
  • 医療従事者のための医療倫理学入門 医療倫理学総論
    浅井 篤, 大西 基喜, 永田 志津子, 新保 卓郎, 福井 次矢
    病院 59(1) 62-64 2000年01月
  • オーストラリアにおける医療従事者に対する生命倫理学教育に関する研究
    浅井 篤, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 4(1) 40-40 1999年12月
  • 急性心筋梗塞の検査や治療が,患者の性別で異なるか
    松井 邦彦, 福井 次矢
    日本総合診療医学会会誌 4(1) 37-37 1999年12月
  • サーチの達人 MEDLINEでエビデンスをサーチするポイント
    平 憲二, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(1) 89-94 1999年12月
  • ベッドサイドでエビデンスを活用する 腎血管性高血圧の診断には,どのような検査が有用か
    後藤 雅史, 松井 邦彦, 太田 智行, 高橋 理, 浅井 篤, 野口 善令, 大西 基喜, 小山 弘, 新保 卓郎, 福井 次矢
    EBMジャーナル 1(1) 114-119 1999年12月
  • 【内科疾患:救急治療の実際 軽症から重症まで】 救急医学とEvidence-based Medicine(EBM) 最近のトピックス
    関本 美穂, 畑中 哲生, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 88(12) 2434-2440 1999年12月
  • 環境と健康 臨床疫学研究の現状と展望 診療における臨床疫学の実践
    福井 次矢
    日本医学会総会会誌 25回(III) 130-130 1999年12月
  • 医療における教育と福祉 医学判断学の現状 最新の手法による臨床決断分析とその臨床応用
    青木 則明, Beck J.Robert, 福井 次矢
    日本医学会総会会誌 25回(III) 250-250 1999年12月
  • 【EBMに基づく周産期ケア】 EBMの歴史と概略
    福井 次矢
    助産婦雑誌 53(12) 1021-1028 1999年12月
  • 遺伝カウンセリング 母系遺伝する糖尿病のケース
    藤村 聡, 福井 次矢, 塩田 浩平, 榎本 雅夫, 嶽 良博, 間 三千夫
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(12) 1111-1113 1999年12月
  • 医学教育特集 臨床疫学の卒前教育
    福井 次矢
    現代医療 31(12) 3120-3126 1999年12月
  • Evidence-based Medicine(EBM)の手順と意義
    福井 次矢
    麻酔 48(増刊) S13-S22 1999年12月
  • Evidence-based Neurology Evidence-based Medicineの概念
    福井 次矢
    神経治療学 16(6) 693-696 1999年11月
  • Evidence-based Medicine(EBM)診療行為の根拠と情報収集
    森本 剛, 福井 次矢
    病院図書室 19(4) 162-169 1999年11月
  • 遺伝カウンセリング 聴覚障害者の遺伝カウンセリング
    藤村 聡, 福井 次矢, Rogers John G., 塩田 浩平, 榎本 雅夫, 嶽 良博, 芝埜 彰, 硲田 猛真, 斉藤 優子, 十河 英世
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(11) 1016-1017 1999年11月
  • 【インフルエンザに備える】 EBMの視点からみたインフルエンザ
    高橋 理, 野口 善令, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(11) 988-992 1999年11月
  • EBM(Evidence-based Medicine)と臨床中毒
    松井 邦彦, 福井 次矢
    中毒研究 12(4) 353-359 1999年10月
  • Evidence-based medicine概論
    福井 次矢
    日本脳神経外科学会総会抄録集 58回 10-10 1999年10月
  • 【癌治療とQOL Evidence Based Medicineの現状と将来】 コクラン共同計画と日本におけるEBM教育
    福井 次矢
    日本癌治療学会誌 34(2) 563-563 1999年10月
  • 遺伝カウンセリング 知的障害の遺伝相談 Fragile X症候群(脆弱X症候群)のケース
    藤村 聡, 福井 次矢, Rogers John G., 塩田 浩平
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(10) 913-915 1999年10月
  • 癌医療におけるEBMと診療ガイドライン
    平 憲二, 永田 志津子, 福井 次矢
    血液・腫瘍科 39(3) 223-230 1999年09月
  • 痴呆患者に発症したMRSA脳硬膜下膿瘍
    高橋 理, 新保 卓郎, 武田 昭, 平松 伸朗, 竹村 学, 野口 善令, 小山 弘, 山本 和利, 福井 次矢
    脳と神経 51(9) 815-818 1999年09月
  • 【急性疾患とエマージェンシー】 疾病救急診療における論理的な診断の進め方 EBM時代における救急診療
    森本 剛, 福井 次矢
    救急医学 23(10) 1128-1133 1999年09月
  • 遺伝カウンセリング イトコ婚の相談
    藤村 聡, 福井 次矢, 林 正治, Rogers John G., 塩田 浩平
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(9) 833-835 1999年09月
  • 遺伝カウンセリング 癌の遺伝相談 家族性大腸癌のケース
    藤村 聡, 福井 次矢, 林 正治, Rogers John G., 松島 由美, 塩田 浩平
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(8) 743-745 1999年08月
  • 臨床疫学の歴史と現状
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(8) 735-739 1999年08月
  • 遺伝カウンセリング 癌の遺伝相談 家族性乳癌のケース
    藤村 聡, 福井 次矢, 林 正治, 塩田 浩平, Rogers John G., Reddihough Dinah
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(7) 643-645 1999年07月
  • 遺伝カウンセリング 遺伝カウンセリングの紹介
    藤村 聡, 福井 次矢, 塩田 浩平, Rogers John G., Reddihough Dinah
    JIM: Journal of Integrated Medicine 9(6) 555-557 1999年06月
  • 阪神・淡路大震災後に発症した心因性失声の1例
    藤村 聡, 金城 永治, 武田 昭, 岡村 武彦, 安藤 美穂, 山本 和利, 黒川 渡, 福井 次矢
    精神医学 41(5) 554-555 1999年05月
  • 【医薬品の再評価をめぐる諸問題】 有効性・安全性評価の現状 解熱・鎮痛・向精神薬
    高橋 理, 新保 卓郎, 福井 次矢
    カレントテラピー 17(6) 1056-1060 1999年05月
  • 【生活習慣病の管理;動脈硬化症を予防するために】 知っておきたい知識 動脈硬化症はなぜ起こるか
    森本 剛, 福井 次矢
    臨床看護 25(5) 636-640 1999年05月
  • 【臨床現場でいかにして決断すべきか】 Evidence-based Medicineと決断科学
    福井 次矢
    薬の知識 50(5) 114-115 1999年05月
  • 糖尿病診療のプライマリーケア
    福井 次矢
    糖尿病 42(Suppl.1) S99-S99 1999年04月
  • 新医療技術の導入とその評価 わが国における医療技術評価の現状
    宍戸 邦彦, 新保 卓郎, 福井 次矢
    Japanese Journal of Endourology and ESWL 12(1) 4-7 1999年04月
  • 乳癌診断における診断的検査の臨床疫学的検討 超音波検査と乳腺撮影の比較
    吉原 幸治郎, 木須 友子, 小泉 俊三, 松尾 義朋, 松林 路花, 工藤 祥, 山本 和利, 福井 次矢
    福岡医学雑誌 90(2) 39-45 1999年02月
    臨床診断の確定した39人の患者の超音波検査と乳腺撮影所見について,結果を知らされていない放射線科医に読影を依頼し,各々の所見ごとに臨床疫学的検査を行った.患者の平均年齢は45.2±13.5歳であり,乳癌が18人,良性腫瘍は21人であった.乳癌患者群と良性腫瘍群では腫瘍サイズに有意差はなかった.超音波検査と乳腺撮影の乳癌診断における操作特性の比較では感度94.4%,83.3%,特異度80%,76.2%であり,感度,特異度共に超音波検査が優れていた.超音波検査所見での腫瘍形状の不整,辺縁の不整,不均一な内部エコー像の3所見,及び乳腺撮影での星芒状腫瘤像は乳癌診断の上で統計学的に有意な所見であった.診断者間における一致率であるκ値は,超音波検査が0.64に対して乳腺撮影は0.59と超音波検査の方が優れていた.即ち,乳癌の診断において超音波検査は乳腺撮影に対して感度,特異度及びκ値共に優れていた
  • 【神経治療学とEvidence-based medicine(EBM)】 メタアナリシスMeta-analysisの基礎と応用 その有用性と限界
    野口 善令, 福井 次矢
    神経治療学 16(1) 19-27 1999年01月
  • 【神経治療学とEvidence-based medicine(EBM)】 Evidence-based medicine(EBM)の歴史と展望 その治療学へのインパクト
    竹村 学, 福井 次矢
    神経治療学 16(1) 9-18 1999年01月
  • 【分岐点に立つ歯科医療】 患者の満足と健康の向上にいかにして寄与するか Evidence Based Medicineと歯科医療
    福井 次矢
    歯界展望 93(1) 116-121 1999年01月
  • マタニティブルーに関する研究(第2報) 性格因子とマタニティブルーの関連性
    藤村 聡, 戸城 えりこ, 佐藤 寛, 堤 岳彦, 佐藤 幸保, 吉田 隆昭, 中村 光作, 山縣 鐵一, 森下 義夫, 武田 昭, 安藤 美穂, 溝畑 潤, 福井 次矢
    日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌 16 29-35 1998年12月
    妊娠36週前後(産前)と出産後3〜4日目(産後)に鬱病自己評価尺度(SDS:self-rating depression scale)を用いて判定を行い,アンケート調査の回答の得られた55名の妊婦について,マタニティブルーと性格因子の関係について分析した.産前正常,産後鬱病は5例を示した.又,産前では23例のSDSが40点以上の鬱状態を呈し,産後の鬱状態19例に比し多かった.マタニティブルーとエコグラムの五つの心理因子では有意差はなかった.Y-G検査では正常群との間でC尺度(回帰性)にのみ有意差が認められた
  • 京滋地区(京都府,滋賀県)における末期医療に関する病診連携の現状と将来 アンケート調査より
    林 章敏, 福井 次矢, 堀 泰祐, 河瀬 雅紀, 西森 三保子, 石森 携子, 小野寺 秀記, 種池 禮子, 藤川 晃成, 細川 豊史, 前田 知穂, 山岸 久一, 加藤 治樹, 近藤 元治
    京都医学会雑誌 45(2) 55-62 1998年12月
    京都府の全病・医院,滋賀県の全病院を対象に末期医療での病診連携に関するアンケート調査を行った. 1)回答率は病院29%,医院8.8%,全体で11.3%であった. 2)95%の病院,78%の医院が末期癌患者の紹介に対応すると回答した. 3)62%の病院,44%の医院が末期癌患者を往診していた. 4)病院は医院に対し十分な情報の共有を希望していた. 5)医院は病院に対し,緊急時の入院の確保,特殊薬,特殊材料の提供を希望していた. 6)緩和ケアを施工する病・医院のリストの作成をはじめとした,末期医療におけるネットワークの構築が求められた. 7)訪問看護婦,ヘルパー,M.S.W.,ボランティアの在宅医療へのさらなる介入が望まれた. 8)介護する家族への助成制度を望む率が高かった
  • 気をつけよう安易な抗うつ剤の使用 うつ病の躁転の症例
    藤村 聡, 岡村 武彦, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(11) 946-947 1998年11月
  • 総合診療をどのように展開するか その将来像
    福井 次矢, 池上 直己, 前沢 政次, 青木 誠, 石川 誠
    総合診療研究会会誌 3(1) 27-27 1998年09月
  • 稀な症例の治療に関する臨床決断分析 硬膜型脊椎動静脈瘤の一例
    武田 昭, 青木 則明, 大野 城太郎, 北原 孝雄, 永田 志津子, 梶山 徹, 福井 次矢
    総合診療研究会会誌 3(1) 32-32 1998年09月
  • 急性心筋梗塞患者について,異なる施設間での比較と検討:臨床症状,治療,及び結果
    松井 邦彦, 福井 次矢, 平 憲二, 林田 則明, 岡松 秀一, 延吉 正清, 田中 繁道
    総合診療研究会会誌 3(1) 59-59 1998年09月
  • 食道静脈瘤に対する予防的EVLの決断に影響する因子の検討 モンテ・カルロシミュレーションによる確率論的アプローチを用いて
    青木 則明, 梶山 徹, 福井 次矢, Beck J.Robert, 相馬 一亥
    総合診療研究会会誌 3(1) 60-60 1998年09月
  • 内科初診外来における問題認知と解決に関する検討
    永田 志津子, 青木 則明, 梶山 徹, 斉藤 繭子, 福井 次矢
    総合診療研究会会誌 3(1) 36-36 1998年09月
  • 入院患者でのAdverse Eventsの発生頻度
    白水 倫生, 山本 和利, 前川 宗隆, 福井 次矢
    総合診療研究会会誌 3(1) 30-30 1998年09月
  • 早期粘膜内胃ガンに対する粘膜切除術に関する決断分析学的検討 トルネードダイアグラムによる要因分析
    梶山 徹, 青木 則明, 福井 次矢, Beck J.Robert
    総合診療研究会会誌 3(1) 60-60 1998年09月
  • コンピュータソフトウェアを用いた効用値測定プログラム作製の試み
    青木 則明, Fearn Paul, Kattan Michael W, 福井 次矢, Beck J.Robert
    総合診療研究会会誌 3(1) 60-60 1998年09月
  • 総合診療と放射線医学 臨床疫学のつなぐもの
    福井 次矢
    日本医学放射線学会雑誌 58(10) S299-S299 1998年09月
  • 腹部エコーで診断できる婦人科疾患 卵巣癌:女性の腹水を見つけたら必ず卵巣癌を調べる
    藤村 聡, 福井 次矢, 吉田 隆昭, 戸城 えりこ, 中村 光作, 森下 義夫
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(9) 769-771 1998年09月
  • 高度のるいそうと,手指の廃用症候群を呈した神経性無食欲症の1例
    藤村 聡, 山本 玉雄, 岡村 雅美, 大津 聡子, 堤 岳彦, 春名 克純, 永田 武, 岡村 武彦, 山本 和利, 福井 次矢
    精神医学 40(9) 979-981 1998年09月
  • 【呼吸管理の全て】 呼吸不全の診断 呼吸困難の診断の進め方 臨床疫学による診断思考プロセスを中心に
    野口 善令, 福井 次矢
    救急医学 22(10) 1130-1136 1998年09月
  • 【診察室でできる禁煙指導】 喫煙と禁煙の倫理社会的問題
    山本 玉雄, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(9) 762-764 1998年09月
  • 緩和医療におけるEvidence-based Medicine
    福井 次矢
    日本癌学会総会記事 57回 47-47 1998年08月
  • 医療に関する情報開示の諸問題 臨床における情報伝達の質と価値
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 120(2) 231-241 1998年07月
  • 【腎・尿路系の問題とマネジメント】 腎・尿路系疾患のcontroversy 特発性ネフローゼ症候群治療に関する臨床決断分析
    平 憲二, 野口 善令, 福井 次矢
    Medicina 35(7) 1263-1265 1998年07月
  • 臨床疫学・決断科学 Clinical Problem Solving
    山本 和利, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(7) 597-601 1998年07月
  • 臨床疫学・決断科学 効用分析 患者の好みや価値観を決断に反映させる
    野口 善令, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(6) 503-507 1998年06月
  • 臨床疫学・決断科学 効用分析 大腸癌大腸切除術に先立って冠動脈バイパス術(CABG)を施行するべきか
    野口 善令, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(5) 412-416 1998年05月
  • Evidence-based Medicine その基本的概念と実際
    福井 次矢
    ペインクリニック 19(3) 429-436 1998年04月
  • 【病理解剖マニュアル】 病理解剖の現状 臨床家の立場から(1)
    福井 次矢
    病理と臨床 16(臨増) 21-25 1998年04月
  • 【病理解剖と臨床研修】 卒後臨床研修における病理解剖の意義 内科の立場から
    福井 次矢
    医学のあゆみ 185(2) 119-122 1998年04月
  • 手術前におけるリスクとcomorbidityの評価
    松井 邦彦, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(4) 308-310 1998年04月
  • 【胸痛+αから何を考える】 症候の組み合わせの重要性
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(4) 270-273 1998年04月
  • 【証拠に基づく助産ケア】 証拠に基づく医療とケア
    福井 次矢
    助産婦雑誌 52(4) 273-277 1998年04月
  • 診断の指針・治療の指針 Evidence-based Medicine
    福井 次矢
    綜合臨床 47(3) 577-578 1998年03月
  • 臨床疫学・決断科学 片側性下肢浮腫へのアプローチ
    永田 志津子, 尾嵜 博, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(3) 229-231 1998年03月
  • 文章完成法テスト(SCT)を用いた心理的アプローチ
    藤村 聡, 岡村 雅美, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(3) 218-221 1998年03月
  • 【ひと目でわかる視診所見】 耳朶の斜めのしわ
    平 憲二, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(3) 190-191 1998年03月
  • 臨床倫理について考える 臨床倫理とは何か(その2)
    浅井 篤, 福井 次矢
    看護学雑誌 62(3) 258-261 1998年03月
  • 【成人病から生活習慣病へ】 「生活習慣病」でよいのか 臨床医の立場から
    白水 倫生, 福井 次矢
    公衆衛生 62(2) 102-104 1998年02月
  • 【外来でできる運動処方 最新ガイド】 運動習慣の癌予防効果とその疫学的根拠
    酒井 達也, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(2) 119-123 1998年02月
  • 臨床倫理について考える 臨床倫理とは何か(その1)
    浅井 篤, 福井 次矢
    看護学雑誌 62(2) 164-167 1998年02月
  • 【腰痛診療アップグレード10原則】 原則7 Doctor shoppingの果ての腰痛もある
    大野 城太郎, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 8(1) 34-36 1998年01月
  • あなたはこの患者を診察する必要があるだろうか? 精神科疾患のケース
    藤村 聡, 山本 和利, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(12) 1034-1037 1997年12月
  • 【狭心症治療法の選択】 狭心症治療法のEvidence and Experience-based Medicine Evidence-based Medicineとは?
    福井 次矢
    Mebio 14(12) 41-44 1997年12月
  • 【インフルエンザ及びカゼ症候群その基礎,疫学と臨床】 インフルエンザ・カゼ症候群の治療 総合診療科にあたって
    永田 志津子, 福井 次矢
    日本胸部臨床 56(増刊) S152-S157 1997年11月
  • 【病院が医師を選ぶとき】 臨床能力をどう評価するか
    福井 次矢
    病院 56(10) 910-913 1997年10月
  • 腹部エコーで診断できる婦人科疾患 子宮筋腫:中年女性の貧血をみたらまず子宮筋腫を疑う
    藤村 聡, 福井 次矢, 中村 光作
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(10) 856-857 1997年10月
  • 臨床医の決断と心理
    福井 次矢
    日本口腔診断学会雑誌 10(2) 467-470 1997年10月
  • 日常診療への米国的ガイドラインの導入
    平 憲二, 山本 和利, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(9) 770-771 1997年09月
  • 予防医学はどうして重要か
    白水 倫生, 福井 次矢
    からだの科学 増刊 臨増(医療改革) 129-132 1997年09月
  • Evidence-based Medicineと臨床倫理に基づいた治療方針の決定
    福井 次矢
    日本癌治療学会誌 32(5) 457-457 1997年08月
  • 転移性骨腫瘍が疑われた患者の鑑別診断
    白水 倫生, 山本 和利, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(8) 679-682 1997年08月
  • 内科医から見た中高年婦人のプライマリ・ケア
    福井 次矢
    神奈川医学会雑誌 24(2) 228-229 1997年07月
  • 内科医から見た中高年婦人のプライマリ・ケア
    福井 次矢
    日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌 34(1) 28-29 1997年07月
  • 電子カルテに求められるもの
    平 憲二, 福井 次矢
    新医療 24(7) 67-69 1997年07月
  • 腹部エコーで診断できる婦人科疾患 子宮外妊娠の破裂
    藤村 聡, 福井 次矢, 中村 光作
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(6) 488-489 1997年06月
  • エビデンスに基づく内科疾患の治療戦略 無症候性細菌尿
    山本 和利, 福井 次矢
    内科 79(6) 1364-1366 1997年06月
  • 診療ガイドラインとは
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(5) 366-367 1997年05月
  • Evidence-Based Medicine(EBM)と集中治療 診断・治療におけるEBMの役割
    青木 則明, 山本 和利, 福井 次矢
    ICUとCCU 21(4) 355-360 1997年04月
  • 総合診療における意志決定と臨床検査 臨床決断科学・臨床疫学的手法のベッドサイドにおける応用
    青木 則明, 山本 和利, 福井 次矢
    臨床病理 45(4) 337-341 1997年04月
  • 総合診療における皮膚科医の役割
    平 憲二, 福井 次矢
    臨床皮膚科 51(5) 180-182 1997年04月
  • 総合診療とプライマリ・ケア
    福井 次矢
    医薬ジャーナル 33(2) 656-661 1997年02月
  • 腹部エコーで診断できる婦人科疾患 卵巣腫瘍茎捻転
    藤村 聡, 福井 次矢, 中村 光作
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(2) 154-155 1997年02月
  • 胸水中のCA125値が著しく高い患者の鑑別診断
    山本 和利, 黒川 渡, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 7(1) 67-69 1997年01月
  • ターミナルケア トピックス インフォームドコンセントの意義
    浅井 篤, 福井 次矢
    日本内科学会雑誌 85(12) 2000-2004 1996年12月
  • 総合診療と臨床決断科学
    福井 次矢
    日本医事新報ジュニア版(358) 7-12 1996年12月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 腰痛
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 96-97 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 がん性疼痛
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 98-99 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 胸やけ,心窩部痛
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 106-107 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 発疹
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 88-89 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 腹痛
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 94-95 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 動悸
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 108-109 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 高熱
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 84-85 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 頭痛
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 90-91 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 めまい,ふらつき
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 100-101 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 痙攣
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 104-105 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 胸痛
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 92-93 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 咳
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 86-87 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 嘔気・嘔吐
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 110-111 1996年10月
  • 主要症候の診断と対症的薬物療法 意識障害
    福井 次矢
    日本医師会雑誌 116(10) 102-103 1996年10月
  • 総合医療の現状と展望
    福井 次矢
    逓信医学 48(8) 463-463 1996年08月
  • クリニカル・ディシジョン・メイキング 診断と治療決定の心理過程とピットフォール
    福井 次矢, 青木 則明
    理学療法 13(4) 273-278 1996年07月
  • 臨床決断科学とは
    福井 次矢, 青木 則明
    綜合臨床 45(7) 1841-1842 1996年07月
  • 内科からみた高脂血症の取り扱い
    福井 次矢
    産婦人科の進歩 48(4) 514-515 1996年07月
  • 卒後臨床研修へのアドバイス 総合診療を指向する すべての初期研修医に求められる知識・技倆とは何か
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 6(7) 582-584 1996年07月
  • 臨床疫学・決断科学 Wait or Treat
    山本 和利, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 6(5) 465-467 1996年05月
  • 診療行為の質の評価
    福井 次矢
    病院管理 33(2) 216-217 1996年04月
  • 臨床疫学・決断科学 Making a prognosis ヒューリスティックによる主観的推論の問題点
    鎌江 伊三夫, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 6(2) 184-186 1996年02月
  • 印象に残る身体所見 身体所見の感度・特異度
    福井 次矢, 岸野 美奈子, 山本 和利
    JIM: Journal of Integrated Medicine 6(2) 104-107 1996年02月
  • サルモネラ胃腸炎治療法の選択
    山本 和利, 福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 6(1) 73-75 1996年01月
  • 京都大学におけるレベル・システム方式カリキュラム
    福井 次矢
    医学教育 26(5) 299-300 1995年10月
  • ペインコントロール 疼痛診断のための知識
    山城 清二, 福井 次矢
    臨牀と研究 72(2) 278-281 1995年02月
  • 内科治療のスタンダード 集団から個への橋渡し
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 5(1) 8-10 1995年01月
  • 日常患者指導の進めかた 良い患者・医師関係の保ちかた
    白浜 雅司, 福井 次矢
    Medical Practice 11(臨増) 82-85 1994年11月
  • 糖尿病を合併した高血圧患者に対するDelapril Hydrochloride(アデカット(R))の糖および脂質代謝への影響
    吉原 幸治郎, 福井 次矢, 遠藤 昌彦
    臨牀と研究 71(10) 2749-2752 1994年10月
    NIDDMを合併する高血圧患者を対象にdelaprilを12週間投与し,その耐糖能と脂質代謝に及ぼす影響について検討を加えた。1)高血圧に対して本剤は明らかな降圧効果を発揮し,その作用は観察した12週間にわたり持続した。2)投与前後にて75g OGTTの際の血糖曲線は有意に低下し,ΣBS, Insulinogenic Indexは明らかに改善した。しかし,IRI曲線およびΣIRIには変化を認めなかった。また,HbA1Cは投与前後にて有意に低下した。3)血清脂質は全体として低下傾向を認めたが有意差はなく,他の血液生化学検査にも変動を認めなかった。以上よりdelaprilは耐糖能および血中IRI反応を改善させる作用を有し,また脂質代謝にも悪影響を与えないことが推測された
  • 臨床検査の効率性をめぐって 検査項目の選定と有効利用 診断評価の方法
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    臨床検査 38(9) 1021-1024 1994年09月
  • 外来診療の基本 外来診療における"time factor"
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 4(9) 799-801 1994年09月
  • 救急医療 二次救急に送るまで 一次救急に必要な検査
    鐘ヶ江 寿美子, 山城 清二, 福井 次矢
    臨牀と研究 71(8) 1964-1968 1994年08月
  • 心筋梗塞の臨床 急性心筋梗塞 急性心筋梗塞の救命処置法
    山城 清二, 福井 次矢
    日本臨床 52(増刊 冠動脈の臨床(下)) 672-681 1994年08月
  • 老年者のプライマリ・ケアの重要性と問題点
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    老化と疾患 7(5) 665-670 1994年04月
  • 臨床場面に応じたFirst-line検査 外来初診時・入院時の検査
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    Medicina 31(4) 804-806 1994年04月
  • ベッドサイド心臓病学 視診,理学的所見のチェックリスト
    小田 康友, 福井 次矢
    綜合臨床 43(4) 691-694 1994年04月
  • コンサルテーションの現状
    福井 次矢, 白浜 雅司, 吉原 幸治郎
    JIM: Journal of Integrated Medicine 4(1) 79-83 1994年01月
  • 高齢者の不明熱 高齢者でとくに考慮すべき基礎疾患
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    日常診療と血液 3(12) 1515-1520 1993年11月
  • 先端医療技術の開発から伝播・拡散へのプロセス
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 3(10) 880-881 1993年10月
  • 外来における深呼吸法(DBT)による白衣高血圧(WHT)の鑑別
    吉原 幸治郎, 福井 次矢, 大沢 博之
    福岡医学雑誌 84(9) 395-401 1993年09月
    30人の高血圧患者を用いて検討した。2回の外来血圧平均血が140/90mmHg以上の高血圧患者について携帯型自動血圧計による血圧測定を施行した。24時間平均血圧135/85mmHg未満をWHT群,それ以上を持続高血圧(SHT)群と定義し,2群間で初診時に施行した深呼吸法(1分間に5回の深呼吸)前後の血圧変動について比較した。外来収縮期血圧はWHT群およびSHT群ともに有意な低下を認め,両群間に有意差を認めなかった。一方,外来拡張期血圧はWHT群で深呼吸前後に明らかに低下したのに対して,SHT群では変化を認めなかった。WHTとSHTを鑑別する上で,拡張期変化率を-3%,-5%および-10%としたときのDBTの感度は各々64.7%,58.8%,29.4%であり,特異度は61.5%,84.6%,100%であった
  • 必要かつ十分な抗生物質 オフィス・プラクティスと必要な抗生物質
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    Medicina 30(7) 1315-1317 1993年07月
  • 外来における感染性疾患の診断と抗生物質の選択
    西山 雅則, 福井 次矢
    救急医学 17(4) 375-378 1993年04月
  • 医療上の判断と決断
    福井 次矢
    香川県立中央病院医学雑誌 12 1-9 1993年01月
  • 非観血的自動血圧計による白衣高血圧の検討
    吉原 幸治郎, 福井 次矢, 西山 雅則
    プライマリ・ケア 15(4) 65-69 1992年12月
    1)外来血圧140/90mmHg以上の高血圧患者51人のうち白衣高血圧(24時間平均血圧135/80mmHg未満)患者は10人を占めていた。2)白衣高血圧群と持続高血圧群の間で,年齢,男女比,罹病期間,外来平均血圧に有意差を認めなかった。しかし,白衣高血圧は女性に多く,拡張期血圧は低い傾向があった。3)白衣高血圧群では外来平均血圧と24時間平均血圧との間に有意な相関を認めなかったが,持続高血圧群では明らかな正の相関を認めた。4)白衣高血圧と持続高血圧を患者特性や外来血圧に基づいて鑑別することは難しかった。したがって,家庭血圧計または携帯型自動血圧計による血圧の評価が必要となる。家庭血圧計を用いる場合は,患者の早朝や就寝前の時間帯における血圧値が24時間平均血圧の近似値となる可能性が示唆された
  • 医療情報学 医療における決断科学
    福井 次矢
    Laboratory and Clinical Practice 10(2) 124-126 1992年10月
  • 病歴のとり方の具体例 胸部
    福井 次矢
    Medicina 29(11) 13-15 1992年10月
  • 尿路系症状を主訴とする患者の診断における病歴と診察の有用性 臨床疫学的アプローチ
    白浜 雅司, 福井 次矢, 堀川 俊一
    家庭医療 1(1) 39-44 1992年09月
  • 胸痛患者の鑑別診断
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 2(8) 662-664 1992年08月
  • 胸痛の全体像を知る
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 2(8) 656-657 1992年08月
  • 外来診療のcontroversies 外来患者における診察の有用性
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 2(7) 573-574 1992年07月
  • 医学判断学入門(2) 臨床上の判断・決断と心理的要因
    福井 次矢
    臨床病理(臨増93) 94-103 1992年06月
  • 甲状腺機能亢進症患者の外科治療前後におけるホルター心電図変化の検討 心拍数の日内変動と不整脈に関して
    吉原 幸治郎, 福井 次矢, 松井 征男
    福岡医学雑誌 83(4) 168-173 1992年04月
    11人の甲状腺機能亢進患者(平均年齢29.2±11.4歳)の外科的治療前後における心拍数と不整脈の変化をホルター心電図を用いて分析した.24時間の平均心拍数は治療前後において104±8.8/分より76.8±8.9/分へ有意に減少し,とくに午前0時から午前6時の睡眠中に減少率が最も大きかった.心拍数の変動性も有意に減少したが,その日内リズムに変化はなかった.これは甲状腺機能亢進状態においても交感神経機能は正常に保たれていることを示唆している.治療前では血清T 3値と平均心拍数の間に有意な相関を認め(r=0.63),さらに治療前後における血清T 3変化率(%ΔT 3)と平均心拍数変化率(%ΔmeanHR)との間で最も強い相関を認めた.(r=0.84).上室性期外収縮および心室性期外収縮も外科的治療前後で有意に減少した
  • 家庭医機能における専門性とは何か
    福井 次矢
    日本医学会総会会誌 23回(2) 231-231 1992年02月
  • 臨床病理学における医学判断学
    福井 次矢
    臨床病理 40(1) 35-41 1992年01月
  • 尿路系症状を訴える患者における患者徴候・迅速検査の情報価値の解析
    井上 裕二, 福井 次矢, 白浜 雅司
    臨床病理 40(1) 42-48 1992年01月
    1)尿路系症状を訴えて来院した女性患者の55%に下部尿路感染症が認められた.2)尿路感染症を捉える上で,血尿,頻尿,残尿感などの徴候は感度および特異度はともに低く,排尿時痛がある場合に尿路感染症が強く示唆された(陽性予測値92%).3)尿路感染症を予測するのに有用な尿検査データは,検尿エステラーゼおよび沈渣白血球であった.4)検尿潜血および沈渣赤血球は感度および特異度ともに約50%であり,検尿エステラーゼや沈渣白血球と組み合わせて多変量解析を行っても尿路感染症の判別に何ら寄与しなかった.5)検尿エステラーゼを使って尿路感染症を予測する場合,検査結果±の所見が重要な意味を持ち,現在の判定水準でスクリーニングに用いるには限界があった
  • 頭痛の改善因子 外来患者のフォローアップ調査
    白浜 雅司, 福井 次矢
    神経内科 36(1) 63-69 1992年01月
    頭痛を主訴に来院した患者,男性116名,女性161名を対象にアンケート調査を行った.1)最終診断は機能的頭痛が全体の74%を占め,器質的頭痛としては感染症14,神経痛12,高血圧10,脳脊髄病変9,頭部打撲9,眼疾患7,鼻疾患5,中毒2,その他2であった.2)回答者183名の受診目的は,原因の説明63%,痛みの軽減40%,腫瘍の心配33%,専門医の診察30%であった.3)アンケート調査時に症状の消失していた者30%,軽快28%,不変38%,悪化4%であった.受診までの罹病期間の長い者ほど症状改善の割合は有意に低かった.また受診時原因の説明を期待し,医師の説明がよくわかった患者で症状の改善する割合が有意に高かった
  • 外来で見逃されやすい疾患(1) 症状からのアプローチ 洞不全症候群
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 2(1) 26-27 1992年01月
  • 外来診療における病歴・診察・検査データの情報価値の解析
    井上 裕二, 福井 次矢
    医療情報学連合大会論文集 11回 107-110 1991年11月
  • 消長する閉塞性黄疸のワークアップ 矛盾する臨床データの解釈
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 1(8) 788-789 1991年11月
  • 卒前臨床実習の改善 佐賀医科大学の場合
    福井 次矢
    医学教育 22(5) 263-263 1991年10月
  • 臓器感染症と抗生物質の選択 オフィスプラクティスにみる感染症と抗生剤
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    Medicina 28(10) 1666-1670 1991年10月
  • 医学教育のなかでの緩和的医療
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    がん患者と対症療法 3(1) 34-39 1991年09月
  • 尿路症状患者の診断における病歴と診察の有用性
    白浜 雅司, 福井 次矢
    臨床泌尿器科 45(10) 753-757 1991年09月
    総合外来を受診した尿路症状を有する患者111名を対象に検討した.診察医が病歴聴取後,診察後の各時点で調査票に仮説病名と主観確率を記入し,最終診断と比較したところ,最終診断と第一位の仮説病名が一致した患者の割合は病歴聴取後50.4%,診察後52.3%で,特に病歴の有用性が高かった.前立腺肥大症では他の腎尿路系疾患に比べて診察の有用性が著しく高かった.症状のうち,女性患者で「頻尿および残尿」と「排尿痛」が「膀胱炎」の診断に,男性患者で「頻尿および残尿」と「排尿困難」が「前立腺肥大症」の診断に有用であった
  • 持続する"かぜ"を訴える高齢女性
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 1(4) 386-387 1991年07月
  • 失神とその前兆の診断の進め方
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 1(4) 357-360 1991年07月
  • 病歴・診察・迅速検査データの診断的有用性と卒後臨床経験
    福井 次矢, 堀川 俊一, 白浜 雅司
    医学教育 22(3) 139-145 1991年06月
  • アカデミック・プライマリケア
    福井 次矢
    JIM: Journal of Integrated Medicine 1(1) 70-76 1991年04月
  • 紹介状持参の有無と患者特性
    白浜 雅司, 福井 次矢, 堀川 俊一
    日本公衆衛生雑誌 38(2) 118-123 1991年02月
    1)分析対象患者594名の受診行動の内訳は,健診群58名(10%),直接来院群174名(29%),残りの362名が前医有群(61%)で,このうち紹介有群は64名(11%)と少なく,紹介無群は298名(50%)と多かった.2)紹介の有無と患者特性の関係では,紹介有群で年齢の高い者(p<0.01),居住地域の遠い者(p<0.05),内科的主訴を有する者(p<0.01),重症の者(p<0.01),医師以外の者からの勤めがなかった者(p<0.01)の割合が高かった.また数量化2類を用いて紹介状の有無とこれらの患者特性との偏相関係数を求めたところ,相関の高いものから,医師以外の者の勤め,重症度,年齢,地域,主訴の順であった.3)紹介有群64名中,患者の方から依頼して紹介状を書いてもらったのは15名(23%),医師の方でイニシアチブをとって紹介状を書いたのが49名(77%)であった.高学歴の患者群では,そうでない群と比較して,患者から依頼して紹介状を書いてもらった者の割合が高かった(p<0.05).4)紹介無の理由としては,「必要と思わず」67名(22%),「診断の確認」67名(22%),「信頼を裏切り悪い」47名(16%),「症状が改善せず」43名(14%)が多かった.これらのうち,女性では男性に比べて「診断の確認」の割合が有意に高かった(p<0.05)
  • 医学判断学ABC(第4回) 臨床検査の評価と医療認知心理学
    福井 次矢
    SRL宝函 15(1) 22-26 1991年02月
  • Medical Decision Makingと泌尿器科疾患
    福井 次矢
    臨床泌尿器科 45(2) 97-106 1991年02月
  • 専門と総合をめぐる課題と展望 総合診療の推進には医学生・研修医の教育から
    福井 次矢
    新医療 18(1) 56-58 1991年01月
  • 臨床における疫学の意義
    福井 次矢
    公衆衛生 54(12) 809-812 1990年12月
  • 臨床決断分析と臨床検査の評価
    福井 次矢
    SRL宝函 14(3) 12-16 1990年11月
  • 外科医のための臨床検査マニュアル 症状に関連した検査(17) 腰痛
    吉原 幸治郎, 福井 次矢
    外科 52(12) 1389-1393 1990年11月
  • アカデミックプライマリケア
    福井 次矢
    愛媛県医師会報(645) 15-28 1990年10月
  • 2年次研修医の臨床知識・技術の修得状況
    福井 次矢, 杉田 聡, 山岡 和枝
    日本公衆衛生雑誌 37(9) 793-802 1990年09月
  • 病歴・診察・迅速検査データの有用性 胸痛患者の診断プロセスにおける定量的評価
    福井 次矢
    日本公衆衛生雑誌 37(8) 569-575 1990年08月
    病歴聴取,診察,それに簡便な迅速検査データが診断上どの程度有用なのかを評価した.12名の内科医が,胸痛を訴えて外来を訪れた142名の患者について,病歴聴取,診察後,迅速検査結果判明後の3時点で,仮説病名と主観確率を記載した.最終診断は,平均7.6ヵ月後に診療録を再検討し,複数の医師により決定した.71.1%の患者で,第1位に挙げられていた仮説病名が最終診断に一致し,診察後にはその率はさらに5.0%上昇した.後に迅速検査を行った患者群に限ると,診察後の仮説病名が最終診断と一致する率は63.6%と比較的低かったが,迅速検査データを得た後の一致率は81.4%まで上昇していた.各仮説病名について診察医が割り当てた主観確率を指標として,最終診断に一致した仮説病名の評価を行うと,病歴聴取後の0.57,診察後の0.62から迅速検査データを得た後は0.73まで上昇していた.診察後の主観確率については,後に迅速検査を行わなかった患者群で0.78,後に迅速検査を行った患者群で0.59であったことより,検査-治療閾値は0.69を中心とする値と予測された.挙げられた仮説病名の数の平均値は,病歴聴取後2.48,診察後2.35,迅速検査データを得た後は1.90であった
  • 臨床決断分析へのアプローチ
    福井 次矢
    SRL宝函 14(2) 25-31 1990年08月
  • 医学判断学ABC(第1回) 医学判断学の考え方と手法
    福井 次矢
    SRL宝函 14(1) 26-30 1990年05月
  • 医学判断学 その歴史と用語
    福井 次矢
    臨床病理 38(5) 582-586 1990年05月
  • 病歴・診察・迅速検査各データの診断への寄与 胸痛患者の場合
    福井 次矢
    医療情報学連合大会論文集 9回 669-672 1990年02月
  • 交感神経α・β受容体遮断薬の血圧日内変動に与える影響 非観血的携帯型自動血圧計による検討
    福井 次矢
    日本内科学会雑誌 79(臨増) 102-102 1990年02月
  • 問題山積み,明日の看護 21世紀待ったなし!
    福井 次矢, 川崎 美佐子
    看護学雑誌 54(1) 26-33 1990年01月
  • 検査をめぐる基本知識 Clinical Decision AnalysisとDecision Tree
    福井 次矢
    Medicina 26(10) 2104-2106 1989年09月
  • 心臓リハビリテーションの経済性および今後の展望
    堀川 俊一, 福井 次矢
    ハートナーシング 2(増刊) 962-967 1989年08月
  • 医学判断学 その歴史と用語
    福井 次矢
    臨床病理 37(補冊) 37-37 1989年08月
  • 臨床医のための医療人類学
    福井 次矢
    メディカル・ヒューマニティ 4(2) 46-52 1989年07月
  • 知っておきたい100ワード 医療判断学
    福井 次矢
    医学のあゆみ 150(1) 26-26 1989年07月
  • コンプライアンスと医療人類学
    福井 次矢
    プライマリ・ケア 12(2) 99-103 1989年06月
  • バイタルサイン(3) 呼吸・意識
    吉原 正博, 福井 次矢
    作業療法ジャーナル 23(3) 217-221 1989年03月
  • コンプライアンスとプライマリ・ケア
    福井 次矢
    Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists 25(3) 367-371 1989年03月
  • いわゆる成人病の診療内容の評価 適正な診療の実現のために
    福井 次矢, 西崎 統, 矢野 栄二
    大和ヘルス財団研究業績集(13) 63-71 1989年03月
    わが国の医療現場における診療の持つ問題点を,1)一定期間の内科全入院患者の診療行為区分別保険点数の比較,2)同じ入院目的の症例の病院間比較,3)全国の大学病院,指定病院に対する質問紙調査の3種の方法によって,実証的に調べ,現状の医療が患者の満足度や診療の適正さということでもつ不十分さを例示した
  • プライマリーケアを担う総合診療科を開設する
    福井 次矢
    病院 48(3) 197-204 1989年03月
  • バイタルサイン(2) 血圧・体温
    近藤 成美, 福井 次矢
    作業療法ジャーナル 23(2) 145-149 1989年02月
  • 米国におけるプライマリー・ケアについて
    福井 次矢
    聖マリア医学 16(1) 73-85 1989年01月
  • バイタルサイン(1) 脈拍
    西山 雅則, 福井 次矢
    作業療法ジャーナル 23(1) 73-77 1989年01月
  • 〔家庭医療における高血圧症のマネジメント〕行動科学的アプローチ 家庭血圧測定とバイオフィードバック
    白浜 雅司, 福井 次矢
    家庭医 4(2) 174-178 1988年05月
  • 肢体腎提供と剖検についての意思決定に関する研究 遺族の意思の決定要因の医療人類学的研究
    大井 玄, 福井 次矢, 市川 伸一
    大和ヘルス財団研究業績集(12) 207-212 1988年03月
    事例研究の結果,意思決定は直系の親族3〜5人の全員一致でおこなわれることが多く,剖検に反対する理由として遺体の損傷をあげることが多く,宗教的な理由をあげた例はなかった.また,『遠い親類』が強力に関与した例はなかった.剖検に反対する理由としては指摘されない場合が多かったが,剖検に対して反対意見の出た事例で,医療内容や医療従事者に対する遺族の不満が多く認められた
  • 医師のための情報整理学入門 POSによる患者情報 正確な患者情報をどう得るか
    福井 次矢
    Medical Way 4(7) 41-44 1987年07月
  • 家庭医療普及の戦略 研究の方法論
    福井 次矢
    家庭医 3(2) 155-157 1987年05月
  • 医療認知心理学 Medical cognitive psychology
    Elstein Arthur S., 福井 次矢
    Medicina 24(5) 938-947 1987年05月
  • アメリカ医療の現状と将来
    福井 次矢
    逓信医学 39(4) 183-191 1987年04月
  • 〔高血圧と降圧治療〕家庭血圧測定
    福井 次矢, 岸本 道太
    臨牀と研究 64(2) 468-471 1987年02月
  • 〔より効果的な「患者教育」を考える〕"コンプライアンス"と患者教育 "コンプライアンス"を高めるための介入は患者自身の考え方を知ることから
    福井 次矢
    ナーシング 7(1) 34-37 1987年01月
  • 〔図解 診療基本手技〕病歴のとり方の具体例 胸痛
    福井 次矢
    Medicina 23(13) 2198-2199 1986年12月
  • 臨床決断分析
    福井 次矢
    家庭医 2(4) 393-406 1986年10月
  • 臨床決断分析(下)
    福井 次矢
    Medical Way 3(10) 168-172 1986年10月
  • 臨床決断分析(上)
    福井 次矢
    Medical Way 3(9) 168-171 1986年09月
  • アメリカ内科研修医制度に学ぶ
    福井 次矢, 福原 俊一
    医学界新聞(1688) 5-9 1986年02月
  • 臨床疫学
    福井 次矢
    家庭医 2(1) 61-67 1986年01月
  • 医療人類学
    福井 次矢
    家庭医 1(2) 179-186 1985年10月
  • 米国の家庭医療学とプライマリ・ケア内科学
    福井 次矢
    家庭医 1(2) 131-139 1985年10月
  • アメリカのプライマリ・ケアにみる医療の"継続性" ハーバード大学プライマリ・ケア内科での経験から
    福井 次矢
    ナーシング 5(10) 1436-1440 1985年09月
  • アメリカにおけるプライマリ・ケア研修 その体験を通じて
    福井 次矢
    産婦人科治療 51(増刊) 257-259 1985年08月
  • 米国プライマリ・ケアを輸入する
    福井 次矢
    Mebio 2(2) 117-121 1985年02月
  • 医師の心理と行動(1) 医師の心理 診断の思考過程
    福井 次矢
    Medicina 21(13) 2720-2726 1984年12月
  • プライマリ・ケアと社会科学
    福井 次矢
    Medicina 20(10) 1774-1784 1983年10月
  • アミロイドと心臓
    日野原重明, 福井次矢
    Geriatric Medicine 20(5) 791-796 1982年05月
  • BruceProtocolによる運動負荷試験の基礎的研究(第1報)本邦健常成人と欧米人の反応の比較
    福井次矢
    Japanese Circulation Journal 45(Suppl.II) 333-333 1981年09月
  • 著明な染色体異常を伴いPneumocystiscarinii肺炎を合併した赤白血病の一例
    浜重直久, 福井次矢, 寺田秀夫
    臨床血液 21(11) 1789-1795 1980年11月
  • 十二指腸異所性非β細胞性ラ氏島腺腫によるZollinger-EllisonSyndromeの1症例
    福井次矢
    日本消化器病学会雑誌 77(7) 1176-1176 1980年07月
  • 十二指腸GastrinomaによるZollinger-Ellison症候群の1例
    福井次矢, 斎藤久雄, 西崎統
    胆と膵 1(5) 603-609 1980年05月
  • バイタルサイン(I)
    福井次矢, 五十嵐正男
    ICUとCCU 4(5) 433-437 1980年05月
  • Bruceのプロトコルを用いた多相トレッドミル負荷試験による酸素輸送系の機能評価とくに心脈管反応の人種差について
    道場信孝, 福井次矢, 山科章
    呼吸と循環 28(5) 507-512 1980年05月
  • 腹部疝痛発作を呈した4症例について
    福井次矢
    心身医学 20(2) 162-162 1980年04月
  • バイタルサイン(2〜3)
    福井次矢, 五十嵐正男
    ICUとCCU 4(6/7) 531-535/613 1980年
  • 心筋梗塞急性期におけるポンプ失調に対して心房ペーシングの効果のみられた1例
    林田憲明, 高橋英気, 福井次矢
    ICUとCCU 3(7) 575-583 1979年07月
  • 急性心筋梗塞におけるUndersensingによる人工ペースメーカー誘発心室細動について
    福井次矢, 林田憲明, 五十嵐正男
    ICUとCCU 3(6) 495-503 1979年06月
  • 異型狭心症
    福井次矢
    Medical Technology 7(5) 414-415 1979年05月
  • 大動脈内ハルーンパンピングで救命しえた重症急性心筋梗塞の1例
    林田憲明, 高橋英気, 山科章, 福井次矢, 五十嵐正男
    ICUとCCU 3(5) 417-424 1979年05月
  • 本院における過去10年間の敗血症の臨床的検討
    福井次矢
    日本内科学会雑誌 68(4) 423-423 1979年04月
  • 血管内凝固症候群を伴った激症髄膜炎菌性髄膜炎の1例
    福井次矢
    日本内科学会雑誌 68(3) 340-341 1979年03月
  • 集中治療不整脈
    林田憲明, 福井次矢, 五十嵐正男
    綜合臨床 21(5) 919-927 1978年05月
  • 肺浮腫を合併した急性モルフィン中毒の1症例
    福井次矢, 五十嵐正男, 中田紘一郎, 饗庭三代治, 田村昌士
    ICUとCCU 1(4) 379-383 1977年08月