詳細検索はこちら

田代 順子 タシロ ジュンコ

所属・職名:大学院基盤分野  特任教授
連絡先:junko-tashiro[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL: 
更新日: 17/04/10 14:05

研究者基本情報

学位

  • 博士(看護学)
  • 社会学(修士)

プロフィール

    国際看護・看護研究法,看護師 保健師 助産師

学歴

  • 1992年08月- 1996年05月イリノイ大学大学院 博士課程 看護学研究科 公衆衛生看護学(女性保健)
  • 1973年04月- 1975年03月立教大学大学院  社会学研究科 応用社会学専攻
  • 1967年04月- 1972年03月聖路加看護大学 衛生看護学部 衛生看護学科

所属学協会

    日本歴史学会 , 日本国際保健医療学会 , 聖路加看護学会 , 日本看護科学学会 , 日本学校保健学会 , International Council on Women's Health Issues , International Union for Health Education , Midwest Nursing Research Society

委員歴

  • 2011年11月- 2015年03月聖路加看護学会 評議委員
  • 2011年03月- 2015年03月日本看護科学学会 代議員・理事
  • 2011年- 2014年聖路加看護学会 評議員
  • 2008年01月- 2013年09月日本看護科学学会 和文誌査読委員
  • 2008年01月- 2013年06月Japan Journal of Nursing Science 英文誌編集委員 
  • 2011年06月- 2013年06月日本看護科学学会 副理事長、英文誌編集委員会担当理事
  • 2012年04月- 2013年03月第28回日本国際保健学会東日本地方会 会長
  • 2012年09月- 2013年03月厚生労働省看護教員養成支援事業 コンテンツ作成委員
  • 2009年- 2013年日本国際保健医療学会 評議委員
  • 2008年- 2013年JJNS 英文誌編集委員
  • 2002年- 2013年日本看護科学学会 理事、査読委員、
  • 2000年10月- 2013年日本看護科学学会 査読委員
  • 2007年01月- 2013年日本歴史学会 会員
  • 2000年- 2013年WPRO 理事
  • 2010年09月- 2011年09月第16回聖路加看護学会学術大会 大会長
  • 2008年06月- 2010年05月日本海外キリスト教医療協力会 理事(育成委員)
  • 2009年01月- 2010年日本国際保健医療学会委員 評議委員
  • 2006年06月- 2009年06月日本看護系学会協議会 理事
  • 2008年04月- 2009年03月12th East Asian From of Nursing Scholors 企画委員
  • 2007年04月- 2009年03月日本看護系大学協議会 国際交流促進委員会委員
  • 2007年- 2009年日本看護系大学協議会 国際交流促進委員
  • 2005年09月- 2008年09月聖路加看護学会 理事長
  • 2005年09月- 2008年09月聖路加看護学会 理事
  • 2004年01月- 2007年12月Japan Journal of Nursing Science 編集委員長
  • 2002年10月- 2005年09月聖路加看護学会 理事

研究活動情報

研究分野

  • 看護学 / 地域看護学
  • 看護学 / 基礎看護学

研究キーワード

    国際看護学 , 国際保健看護学 , 看護職人材育成 , 国際・異文化の人々への健康支援に関する研究 , 思春期の健康行動と健康支援に関する研究

論文

  • 国際看護コラボレーターに必要な能力モデル構築と教育プログラムの開発
    林直子, 田代順子, 菱沼典子, 有森直子, 平林優子, 平野かよ子
    国際保健医療 23(1) 23-31 2008年03月
  • 日本の都市型保健所における保健活動の変遷:1935年から1999年までの東京都中央区の活動
    菱沼典子、成瀬和子、酒井禎子、押川陽子、森明子、田代順子
    聖路加看護大学紀要(28) 1-17 2002年03月
    本研究は,日本の都市型保健所の活動を時代背景と健康問題を含めて記述し,プライマリヘルスケアの視点から分析して,保健活動および保健婦活動の変遷を明らかにすることを目的としている。日本最初の都市型保健所である京橋保健館(現中央保健所)の活動を研究対象とし,京橋保健館が開設された1935(昭和10)年から1999(平成11)年までの当該地区の健康問題と保健活動に関する史料ならびに日本の公衆衛生および保健婦活動に関する文献を基にした歴史的アプローチを用いた。京橋保健館開設に先立つ都市部における保健活動を含め,1871(明治5)年から1999(平成11)年までの保健活動,関連法令・規則等の年表を作成した。保健活動はプライマリヘルスケアの要素で分類し,活動形態別に記載した。年表から中央区における地域保健活動の時代区分を試み,1)1935年から1945年まで(第2次世界大戦前),2)1945年から1955年まで(戦後10年), 3)1956年から1974年まで(高度経済成長期), 4)1975年から1988年まで

書籍等出版物

  • 看護教員養成支援事業 専門領域看護論
    その他
    【8】国際看護学
    厚生労働省医政局 2013年
  • 看護論文を英語で書く
    円城寺康子、田代順子,渡邉容子
    共訳
    医学書院 2011年05月
  • Health Care for Women International
    共著
     2010年
  • Improving Health through Nursing Reserch
    共著
     2010年
  • 看護学大辞典 第2版
    和田攻、南裕子総編集
    分担執筆
    国際看護学
     2010年
  • Stakeholders' perception of the desired Master's program for Kenya in community health nursing: Areas of competency
    共著
     2008年
  • Ⅱ-6.21世紀の地域保健のあり方、Ⅳ-1.ヘルスプロモーション(健康づくり)と看護
    総合保健医療論:これからの保健・医療・看護、阿部俊子、山口徹編集 NOUVELL HIROKAWA 2003年
  • パキスタン卒後看護教育国際協力活動
    ナースの生きがい3:国際保健医療協力の場で 1998年
  • Chapter. 7 Defining the research problem In Improving Health through Nursing Research
    Junko Tashiro, William Holzemer
    共著
    Wiley-Blackwell 2010年
  • Health care for women international 32:Japanese Women's experiences from pregnancy through early postpartum period
    JunkoTashiro,ReicoKishi,Bebvverly,J.Mcelmurry,Susan Vonferheid,Susan Altfeld,Barbara Mcfarlin
    共著
    Routledge 2010年12月
  • 看護学実践「国際看護学」
    監修川野資 編集柳澤理子 田代順子他5名
    共著
    ㈱日本放射線技師会出版会 2007年09月
  • 看護論文を英語で書く
    園城寺康子、田代順子、渡邉容子
    共著
    医学書院 2011年05月

講演・口頭発表等

  • Strategies for Strengthening Nursing and Midwifery Perceived by Stakeholders in Indonesia
     2013年05月
  • Qualitative Evaluation of a Web-Based Reflective Learning Support System in Nursing Graduate Education in Japan
     2012年06月
  • 看護プロフェッショナル育成のためのウェブ基盤学習支援システムの開発に向けた遠隔臨地実習のニーズ調査
    新福洋子、田代順子、松谷美和子、及川郁子
    第31回日本看護科学学会総会 2011年12月
  • Developing Core Curriculum of Master Program in Global Health Nursing & Midwifery in Japan
     2010年07月
  • 国際保健に貢献する看護職の力とその育成
    代25回日本国際保健医療学会東日本地方会 2010年03月
  • 看護における国際協力と協働モデルの概念化 - 先進国間・先進国と開発途上国間の協働・協力研究の文献検討 -
    梶井文子、山崎好美、田代順子、鈴木良美、菱沼典子、堀内成子、平林優子、酒井昌子、有森直子、林直子、江藤宏美、佐居由美、林亜希子
    第11回聖路加看護学会学術大会 2006年09月
  • International Nursing Program for Japanese Nursing Students - Collaboration Practice in Thai Community -
    長松康子、堀内成子、田代順子、恩城寺康子、片岡弥恵子、奥裕美、鏑木洋子、P.Priya、 W.Somboontanont、W.Pichitpornchai、K.Phancharoenworakul
    International Council of Nurses 2007年05月
  • 5歳児を対象とした『からだの仕組み』についての健康教育プログラム開発のプロセス〔実践報告〕
    佐居由美 菱沼典子 松谷美和子 中山久子 有森直子 田代順子 大久保暢子 石本亜希子 山崎好美 瀬戸山陽子 岩辺京子 島田多佳子 今井敏子 村松純子
    第12回聖路加看護学会学術大会 2007年09月
  • 子どもがからだについて学ぶための教材作成の研究過程 CBPRでみたpelple-centerd care
    後藤桂子、菱沼典子、松谷美和子、田代順子、大久保暢子、佐居由美、中山久子、石本亜希子、有森直子、島田多佳子、瀬戸山陽子
    第27回日本看護科学学会学術集会 2007年12月
  • 就学前児向けのプログラム「自分のからだを知ろう」に対する評価指標の検討
    大久保暢子、松谷美和子、田代順子、菱沼典子、佐居由美、石本亜希子、有森直子、後藤桂子、瀬戸山陽子、印東桂子、島田多佳子、臺由桂
    第27回日本看護科学学会学術集会 2007年12月
  • Domai 1: Informed and empowerd Individuals, families and communitites
    Tashiro Junko
    Bi-Regional Forum of Medical Training Institutions on People-Centered Health Care 2008年07月
  • ボランティア学生のWeb上記録への評価と記録様式の改善、
    田代順子、長松康子、平林優子、松谷美和子、菱沼典子、及川郁子、麻原きよみ、大森純子
    日本看護科学学会 2008年12月
  • Domai 1: Informed and empowerd Individuals, families and communitites
    田代, 順子
    Bi-Regional Forum of Health Care Organizations on People-Centered Health Care 2009年03月
  • The first International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science: Towards creating a new domain of nursing knowledge
    Junko Tashiiro, Shigeko Horiuchi, Yasuko Nagamatsu, Yukiko Manabe, Michiko Oguro, Masumi Moriyama,
    World Academy of Nursing Science 2009年09月
    Development needs of master programs in global nursing and midwifery in Japan
  • 20th Anniversary of Korea Sigma Theta Tau International
    Tashiro, Junko
    Korea Sigma Theta Tau International Conference 2009年09月
    Current Nursing Value and Theory Global-International Health Nursing:A New Speciality in Japan
  • Challenges and Opportunities for Public Health Nurse
    Tashiro, Junko
    Taiwan Nurses Association 2009年10月
    Historical and Current Perspectives on Public Health Nursing in Japan
  • Workshop: Development of International Health Experts
    Tashiro, Junko
    The 24th Conference of the JAIH at Sendai 2009年08月
    Education and Competencies for International Collaborators in Nursing and Midwifery
  • 国際保健に貢献する看護職の力とその育成:歩みと今後の課題;パネルディスカッション1、国際保健に貢献するコメディカルの力; 
    田代順子
    第25回日本国際保健医療学会東日本地方会 2010年03月
  • Nursing Education to Achieve the Global Health Coals: Global Nursing Perspectives
    Junko Tashiro
    Post ICN Symposium: International Health Partnership in Nursing for Health Equity: A Global Nursing symposium to Build Collaboration Towards Strengthening Results in Health Systems and Health 2009年07月
  • Developing Core Curriculum of Master Program in Global Health Nursing & Midwifery in Japan
    Tashiro, Junko; Oguro, Michiko; Namagatsu, Yasuko; Manabe, Yukiko: Hori, Narumi; Moriyama, Masumi; Horiuchi, Shigeko
    Primary Health Care: 8th Conference, Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery 2011年07月
  • 国際協力・協働を経験した国際看護学・助産学修士修了者のキャリアパスモデル開発を目的とした、国際協力・協働で養った能力・ニーズ調査
    新福洋子、田代順子、長松康子、小黒道子、眞鍋裕紀子
    第26回国際保健医療学会学術大会 2011年11月
  • Development and evaluation of a web-based reflective service learning course in Nursing Education in Japan
    Junko Tashiro, Syoko Shimpuku, Miwako, Matsutani, Ikuko Oikawa
    ICN Conference and CNE 2011 2-8 MayNurse driving access, quality and health 2011年05月
  • Presentation: Qualitative Evaluation of a Web-based Reflective Learning Support System in Nursing Graduate Education in Japan
    Yoko SHINPUKU, Miwako MATSUTANI, Ikuko OIKAWA
    The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Center for Nursing and Midwifery 2012年06月
    Even with Basic Health Care, Prepare for the Unexpected
  • 看護プロフェッショナル育成のためのウェブ基盤学習支援システムの開発に向けた遠隔臨地実習のニーズ調査
    新福洋子、田代順子、松谷美和子、及川郁子
    第31回日本看護科学学会総会 2011年12月
  • Community Health Needs in a District of West Java,Indonesia:Multi-method Study
    M.Mizutani,J.Tashiro,Maftuhah
    The 16th East Asian Forum of Nursing Scholars(EASONS) 2013年02月
  • Strategies for Strengthening Nursing and Midwifery Perceived by Stakeholders(C032c)
    J.Tashiro,Maftuhah,M.Mizutani,Karyadi,M.Matsutani
    ICN 25th Quadrennial Congress 2013年05月
  • インドネシア西ジャワ州における非感染症対策のための地域保健課題とシステムアセスメントーウェブ資料から
    水谷真由美、田代順子
    第28回日本国際保健医療学会東日本地方会 2013年03月
  • Collaborative Reformation for Strengthening Community Health Nursing in Indonesia-Preliminary Analysis of the Curriculum
    J.Tashiro Maftuhah M.Mizutani L.Yulaikhah H.Sugiarto A.Ogata
    10th Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery 2014年07月

MISC

  • Concept analysis of reflection in nursing professional development
     1-10 2012年05月
  • ヘルス・プロフェッショナル育成のためのe-サービス・ラーニング・プログラムの開発課程と学び
    田代 順子
    聖マリア学院大学紀要 3-8 2012年03月
  • グローバルヘルスニーズの変遷と日本の国際看護を拓く
    田代 順子
    聖路加看護学会誌 16 20-23 2012年
  • 国際保健協力看護・助産人材継続的確保に「関する研究ー国際看護・助産専門職キャリアパスモデル開発
    田代 順子
    聖路加看護大学紀要 37 10-14 2011年03月
  • Webによるサービス・ラーニング(総合科目Ⅲ生活科学論)の初年度の科目の進め方と評価
    田代 順子,瀬戸山陽子、平林優子,長松康子、大森純子
    聖路加看護大学紀要 37 25-30 2011年03月
  • 「グローバルネットワーク」の今
    田代 順子
    看護 62(3) 88 2010年03月
  • Web上でのヘルス・ボランティア学習支援プログラム試用の評価・改善とカリキュラム化
    田代 順子、長松康子、松谷美和子、菱沼典子、及川郁子、平林優子、麻原きよみ、大森純子、佐居由実
    聖路加看護学会誌 13(2) 53-62 2009年07月
  • 西太平洋地区と南西アジア地区で提唱する保健政策の枠組み”People-Centered Health Care"人々が中心のヘルスケア
    田代 順子
    看護 61(9) 92 2009年07月
  • ヘルスボランティア活動をしている看護学生の学習ニーズと学習支援のあり方
    聖路加看護学会誌 9巻、第1号、11-18 2005年
  • 思春期健康増進のための学生ヘルスボランティア養成プログラム開発とその評価研究
    平成14年度ー平成16年度科学研究費補助金(基盤(B)(2))研究成果報告書 2005年
  • 看護教育法としての「サービス・ラーニング」実践研究文献レビュー
    聖路加看護大学紀要 No.30, p.9-16 2004年
  • ヘルス・ボランティア指向のある看護大学生の『身近な健康問題とケア』の認識とボランティア経験
    聖路加看護学会誌 8巻1号、36-42頁 2004年
  • 看護教育としての「サービスラーニング」:実践研究文献レビュー
    聖路加看護大学紀要 第30号、31-38頁 2004年
  • Development of Healthy lifestyle Index for Senior High School and College Students
    Japanease Journal of School Health vol.43 Supplement, 88-89 2002年
  • 健康増進行動の関連因子に関する研究:思春期女性のヘルス・プロモーションの視点から
    聖路加看護大学紀要 26 44-49 2000年
  • 特集:日本の看護系大学院の現在(1)聖路加看護大学、看護学研究法・看護理論
    クォーリティ ナーシング 6(1) 26-29 2000年
  • 大学院教育における看護学研究法としてのアウトカムモデルとサブストラケションの意義と活用
    看護研究 33(5) 51-57 2000年
  • プライマリヘルスケアに基づく看護モデルの開発-高齢社会における看護モデルの開発-
    平成12年度厚生労働省医療技術評価総合研究事業成果報告書 2001年
  • 日本の都市型保健所における看護モデル- プライマリヘルスケアの視点から-
    聖路加看護学会誌 6(1) 33-43 2002年
  • 日本における看護博士後期課程教育
    看護研究 36 303-306 2003年
  • 平成19年度厚生労働省国際医療協力研究委託費 研究報告書費    国立国際医療センター
    田代順子(総括) 堀内成子(分担)、平野かよ子(分担)、熱田泉(分担)
     171-187 2009年03月
    開発途上国における地域看護のあり方に関する研究
  • 平成17年度~20年度科学研究補助金 (基盤研究(B)研究成果報告書
    田代順子、菱沼典子、及川郁子、麻原きよみ、平林優子、大森純子、長松康子、佐居由実
     1-105 2009年03月
    看護学でのサービスラーニングを応用した都市型・社会参加型カリキュラム開発と評価
  • 平成20年度厚生労働省国際医療協力研究委託費 研究報告書 (International Health Cooperation Research) 2008(20指定(公)5)
    小黒通子、長松康子、眞鍋裕紀子、堀成美、堀内成子
     309-310 2009年10月
    大学院修士課程の「ウィメンズヘルス・助産・看護人事開発協力学」のカリキュラム、教材開発研究
  • 国際医療研究開発費22指定6 我が国の国際保健協力人材の継続的確保に関する研究』の分担研究
    田代順子、長松康子、小黒道子、眞鍋裕紀子、
    聖路加看護大学 PHC WHO 看護開発協力センター国際看護・助産学開発研究班 2012年03月
    『国際協力・協働を経験した国際看護学・助産学修士修了者のキャリア開発ニーズ調査 ―国際看護・助産専門職キャリアパスモデル開発』 
  • 平成23-24年度科研挑戦的萌芽研究 インドネシアの看護・助産強化モデル開発とPHC専門看護師の協働的開発
    田代順子、水谷真由美、Mafutuhah、長松康子、松谷美和子、Karyadi、新福洋子、亀井縁
     1-55 2013年03月
  • 基盤研究(B)研究成果報告書 平成21年~23年度科学研究費補助金(課題番号 21390575)看護プロフェッショナルに向けた遠隔臨地実習のウェブ基盤学習支援の開発と評価
    松谷美和子、及川郁子、中山和弘、菱沼典子、麻原きよみ、平林優子、大森純子、卯野木健、山田雅子、林直子、亀井智子、宇都宮明美
     1-178 2012年03月
  • 開発途上国看護職の国家間移動を押し止めるホールドファクターとしての現在教育の検討
    田代順子、成瀬和子
     2008年
  • 海外ボランティアを行う看護学生向けサービスラーニングカリキュラムに必要な情報と支援策 - タイのコミュニティにおけるボランティア活動を通じた学習体験評価
    長松康子 田代順子 菱沼典子 松谷美和子 及川郁子 麻原きよみ 平林優子 大森純子
    聖路加看護学会誌 11(1) 62-67
    ボランティア活動の一領域である海外ボランティアに焦点をあて,サービスラーニングカリキュラム作成に必要な情報と支援策について資料を得るため,タイ国でのボランティア活動に参加する看護学生が直面する困難と,その解決のために有効な情報や支援,および,海外ボランティア受け入れ担当者が望む情報・支援について調査を行った。調査は,タイ国ボランティア活動に参加したA看護大学4年生8名に対し,活動終了後にフォーカスグループディスカッションを,タイ国B大学看護学担当教員4名に英語によるアンケートを実施した。ボランティア活動は,タイ中心部のスラム地区の小学校スクールナース活動,在宅ケア,デング熱キャンペーン,ナースクリニック,孤児院で実施された。事前準備として,タイの文化・習慣・宗教,ヘルスシステムや健康問題,基本的なタイ語挨拶などを実施し,それらは概ね役立った。しかし,それでも学生は①文化・言語:道に放置されるゴミや
  • 幼稚園・保育園年長児向けのプログラム“自分のからだを知ろう“に対する評価指標の検討
    大久保暢子 松谷美和子 田代順子 岩辺京子 今井敏子 後藤桂子 菱沼典子 佐居由美 白木和夫 中山久子 有森直子 森明子 石本亜希子 瀬戸山陽子 三森寧子 印東桂子 村松純子 山崎好美
    聖路加看護大学紀要(34) 36-45 2008年03月
    本研究の目的は, 幼稚園・保育園年長児を対象としたプログラム“自分のからだを知ろう”に対する評価指標を検討し, OUTCOME モデルを提示することである。研究方法は, からだの知識7系統(消化器, 呼吸器,泌尿器, 循環器, 筋骨格, 神経, 生殖器) で構成されている紙芝居, 臓器T シャツ, 絵本を幼稚園・保育園の年長児に行い, 保護者にプログラムの感想とからだの知識に関するアンケート調査を行い, その内容をカテゴリー化した。さらにカテゴリーでOUTCOME モデルを作成し, 仮説モデルと比較検討を行った。倫理的配慮は, 研究倫理審査委員会で承認を得ると共に, プログラム実施時およびアンケート配布時に研究参加の自由意思, データの守秘等を考慮した。結果, 幼稚園・保育園年長児の子ども側とその親側の両側面からカテゴリーが抽出でき, OUTCOME モデルが作成できた。OUTCOME モデルは仮説モデルの内容をおおよそ支持できる内容であったが, モデル内の変数間
  • 開発途上国における地域看護力強化のための人材育成協力(第2報)
    長松康子,堀内成子,平野かよ子,熱田泉,成瀬和子,小黒道子,江藤宏美,佐居由美,市川和可子,田代順子
    聖路加看護大学紀要(34) 31-35 2008年03月
    国際医療協力委託研究助成事業「開発途上国の地域看護のあり方に関する研究」の一環として, 国際ワークショップを開催したので報告する。本研究プロジェクトは, 複数の研究機関と国際協力機関の協働による, 開発途上国における地域保健の人材育成協力を目的としている。ミャンマーでは女性ボランティア支援, フィジーでは地域看護職継続教育評価,アフガニスタンでは看護学部カリキュラム開発, ケニアでは看護修士課程カリキュラム開発, 南アフリカではパワーポイントを用いたヘルスプロモーションを行っている。初年度(平成17年度) に続き, 平成18年10月にも, 活動成果と今後の方向性を共有することを目的に, 3名の国際看護専門家をアドバイザーに迎え, ワークショップを開催した。ワークショップでは, これまでの研究活動をふまえ, 討議のうえ, 人材育成協働モデル試案を作成した。
  • web上でのヘルス・ボランティア学習とボランティア学生学習支援プログラム開発:開発過程
    田代順子 長松康子 大森純子 菱沼典子 松谷美和子 及川郁子 麻原きよみ 平林優子 酒井昌子
    聖路加看護学会誌 11(1) 109-115 2007年06月
    日本において,ボランティアが文化となりつつあり今日,看護学生が地域の健康・福祉領域でボランティア活動をしている。研究者らは平成14-16年度に学生ボランティアの学習ニーズと学習支援のあり方を研究し,ボランティアの出会いからボランティア活動までの系統的な学習支援指針を作成した。平成17年から,Webでのボランティアに関する学習とボランティア学生のための学習の支援プログラム開発を開始し,平成19年1月に完成した。開発したWebの試用と評価の段階に至ったので,開発過程を中間報告として報告する。本研究の全体目的は,看護学士課程の学生が市民あるいは看護職として,都市部地域でのボランティアに関しての学習ができ,ボランティア学生が活動を通して学習ができるWeb上の学習プログラムを開発し評価することである。本研究の方法は,開発過程にコンピュータープログラム開発会社と,開発の各過程にボランティア学生を加え活動したので,アクション・
  • 聖路加看護大学21世紀COEプログラム第5回国際駅伝シンポジウム 知恵と勇気を分かちあう女性たちの経験の中にみるPeople-Centered Careの構成概念
    江藤宏美、堀内成子、佐居由美、市川和可子、梶井文子、山崎好美、林亜希子、梅田麻希、田代順子
    聖路加看護学会誌 10(1) 68-74 2006年06月
    本稿は,聖路加看護大学21世紀COEプログラム事業の一環として実施した「国際駅伝シンポジウム:知恵と勇気を分かちあう~社会の中で支えあう女性たち~」の報告と,シンポジストの経験してきた活動の共通性をPeople-Centered Careの構成概念に比較して考察することを目的とする。本国際駅伝シンポジウムは,「市民主導型の健康生成をめざす看護形成拠点」を機軸に,「Women-Centered Care」と「すべての人々への健康へ貢献できる国際コラボレーション実践モデル開発」の2つのプロジェクトが中心となって行われた。今回,女性が生きるうえで直面する難しい問題,予期せぬアクシデント,その困難に出会う中で,共に支えあい,知恵と経験を生かし,社会の中で女性に勇気を与える役割を担ってきた4人のシンポジストから話題提供をしていただいた。助産師としてミャンマー連邦農村部で母子保健の向上をめざす女性グループの育成活動を行ってきた小黒氏。流産・死産・新生児死を体験さ
  • 開発途上国における地域看護力強化のための人材育成協力
    梅田麻希、山崎好美、梶井文子、堀内成子、平野かよ子、熱田泉、江藤宏美、佐居由美、市川和可子、林亜希子、田代順子
    聖路加看護大学紀要(33) 31-38 2007年03月
    国際医療協力委託費助成事業「開発途上国の地域看護のあり方に関する研究」の一環として国際ワークショップを開催したので,その内容と得られた示唆について報告する。本研究プロジェクトは,複数の研究機関と国際協力機関の協働により,開発途上国における地域保健の人材育成協力を行っている。研究初年度である平成17年11月には,活動の成果や今後の方向性を共有することを目的に,海外から3名のアドバイザーを迎えてワークショップを開催した。ワークショップで検討された内容から,評価方法を明確にすることと,協働プロセスにおける関係性を認識することの重要性が明らかになった。今後は,協力国の社会的・文化的背景,研究プロジェクトの目的・手法,協働者間の関係性といった影響要因を把握しながら,本研究プロジェクト独自の評価指標を開発し,効果的な人材育成協力のあり方について検討を続けていくこととなった。
  • アフガニスタン・カブール医科大学看護学部への看護教材開発報告 -導尿・浣腸のe-ラーニング教材の開発-
    長松康子、佐居由美、石本亜希子、田代順子
    聖路加看護大学紀要(35) 98-101 2009年03月
    看護教員・教材が不足していたアフガニスタンのカブール医科大学看護学部に看護技術教材支援を行ったが,導尿(男女)及び浣腸の技術習得が難しかったため,同学の看護教員と協働でe-ラーニング教材を開発した。既存のe-ラーニング用無声ムービーに英語版とペルシャ語版の説明字幕をつけ,カブール医科大学生がアクセスできるようにした。英語教材使用に伴う学生の齟齬を解消する,一度に複数の学生が学習でき,学習時間を選ばない,ムービー形式なので実際の看護場面で活用しやすいなどの評価を得た。一方でアクセスするのに時間がかかる,使用した日本の物品や部分的な看護手順の相違が学生に混乱を与えるなどの課題が指摘されたため,同学看護教員が補足説明を行うこととした。同学より,さらに多くの看護演習科目のe-ラーニング教材開発と教員のe-ラーニング教材開発技術トレーニングの要請があった。
  • 5~6歳児の体の知識
    菱沼典子、山崎好美、佐居由美、中山久子、松谷美和子、田代順子、大久保暢子、岩辺京子、村松純子、瀬戸山陽子
    聖路加看護学会誌 13(1) 1-7 2009年03月
    自分の体についての知識を獲得することは,自分や他人の体を大切に思い,健康に気をつけて生活ができるようになること,また,医療を受ける際に,医師の説明を理解でき,自分で考えることにつながると考え,“体の知識をみんなのものに”をスローガンに,体の知識の普及を試みている。先行研究から,体についての学習プログラムは,自分の体への関心があり,また素直に関心を示すことができる就学前が適切であるという結論を得た。体の学習プログラムを開発し,その教材作成を行うに当たって,5~6歳児がどれくらい体について理解しているかを把握するために調査を行った。 5歳0ヶ月~6歳3ヶ月(平均5歳7 ヶ月)の28 名(回収率51.0 %),男女各14 名に,保護者から体の表面と体の内部についての質問による調査を行った。体の表面の24 の部位について,言葉で聞いて全員が指し示せたのは,「頭」「顔」「首」「お腹」「背中」「お尻」「足」「目」「鼻」「耳
  • 「自分のからだを知ろう」プロジェクトの過程での CBPR の有用性の検討 ―人々の集まり方にcoalition の概念を用いて―
    後藤桂子、菱沼典子、松谷美和子、大久保暢子、瀬戸山陽子、安ヶ平伸枝、岩辺京子、中山久子、佐居由美、有森直子、村松純子、田代順子
    聖路加看護学会誌 13(2) 45-52 2009年07月
    自分の健康に主体的である市民の育成を目指し,その基本となるからだに関する知識を子供に提供するためのプログラムを開発した。それは,聖路加看護大学21 世紀COE プログラムのひとつであり,peoplecenteredcare であった。その教育プログラムの開発過程を,人々の集まり方の側面についてcoalition という概念を用いてcommunity-based participatory research(CBPR)という視点で振り返り,研究手法としてのCBPR の有用性を検討した。核となる大学教員のはじめたプロジェクトが,人づてにネットワークとして広がり,そこに定期的会合,議事録作成,連絡方法が確立し,資金支援を受け,教育プログラムの作成が進んだ。また,組織としてのシステムが定まったプロジェクトは,地域などへ対外的に活動をすることができ,内部では役割分担も起こった。コミュニティとの関係は,はじめは,プロジェクト側の力が強いものであったが,コミュニティと関わりながらその教育プログラムを精選し作成し
  • Web 上でのヘルス・ボランティア学習支援 プログラム試用の評価・改善とカリキュラム化
    田代順子、長松康子、松谷美和子、菱沼典子、及川郁子、平林優子、麻原きよみ、大森純子、佐居由美
    聖路加看護学会誌 13(2) 53-62 2009年07月
     平成17 年1月からWeb 上でボランティア学生が学習できるヘルス・ボランティア・コミュニティ・e-センターを開発してきた。本論文では,本e- センターを学生と研究者の視点から評価し,その結果をもとにサービス・ラーニングの科目概要を作成したので報告する。評価方法は,e- センター内の①一般公開ボランティア学習サイトの利用状況,②学生サイトの活動ログの試用状況,③活動ログ試用学生と不試用学生の評価,④研究者の支援活動に関する評価,により過程評価した。研究の倫理的配慮として,学生に研究協力は自由で,協力中止の自由や,学業成績とは無関係であること,などを説明し,同意書に署名してもらった。本研究計画書は,学内の研究倫理審査委員会で承認を受けた(承認番号07-035)。 評価結果:①一般学習サイトへのアクセスは2007 年1月からの2年間で,1万4,768 件であった。②1年間で活動ログは,登録学生122 名中9名が試用し,延べ30 件の活動ログ
  • Stakeholders' perception of the deisred Master's program for Kenya in community health nursing:Areas of competency
    Kazuko NARUSE, Junko TASHIRO, Yumi SAKYO, Wakako ICHIKAWA, and Anna KARANI
    Japan Journal of Nursing Science 5(1) 61-67 2008年06月
  • 19.WHOコラボーレーティングセンターとはどの様な役割・機能をもつセンターですか。
    田代順子
    聖路加看護大学のあゆみ 70-74 2010年01月
  •  6.聖路加看護大学は米国聖公会と関係が深いと聞きましたがどういうことですか?
    田代順子
    聖路加看護大学のあゆみ 19-21 2010年01月
  • WHO NEWS: 西太平洋地区と南西アジア地区で提唱する保健政策の枠組み:“People-Centered Health Care”『人々が中心のヘルスケア』
    田代順子
    看護 61(9) 92-92 2009年07月
  • 22.聖路加の卒業生には、開発途上国における看護活動をした人が多いと聞いていますが、どんな活動をしているのでしょうか。
    田代順子
    聖路加看護大学のあゆみ 83-88 2010年01月
  • WHO NEWS: 「グローバルネットワーク」の今
    田代順子
    看護 62(3) 88-88 2010年03月
  • 5歳児向けの「自分のからだを知ろう」プログラムの作製:市民主導の健康創りをめざした研究の過程
    菱沼典子、松谷美和子、田代順子、横山美樹、中山久子、佐居由美、山崎好美、白木和夫、岩辺京子、有森直子、今井敏子、島田多佳子、木村千恵子、中川有加、西田みゆき、鈴木加代子、臺有桂、村松純子、亀井智子、森明子、瀬戸山陽子、相澤身江子
    聖路加看護大学紀要(32) 51-58 2006年03月
     本論文は, 市民が自らの健康の主人公になるには, その基礎知識として体の知識が必要だという, 医療専門職の考えから始まった研究が, 市民との協働研究に変貌してきた過程を記述したものである。 体の知識を市民の常識にする方略として, 次世代を担う子どもを対象とすることとした。 養護教諭15名へのグループインタビューや, 子どもへの健康教育の先駆例の調査から, 体の学習プログラムを導入する対象年齢を, 就学前の5歳児に決定した。 5歳児を対象とした8項からなる学習プログラム案を作成し, 教材の開発を行ってきた。教材開発の過程で, 研究職のほか, 5歳児を取り囲むコミュニティのメンバーが研究に加わり, 専門家主導からコミュニティと協働する研究に変貌してきた。 今後ともコミュニティとの協働研究によって各教材の開発とプログラムの実施および評価を行い, 市民主導の健康生成の実際を模索したい。
  • 「開発途上国における看護技術移転教育プログラムの開発に関する研究」:国際ワークショップ報告
    梶井文子、山崎好美、田代順子、堀内成子、平林優子、有森直子、酒井昌子、菱沼典子、江藤宏美、佐居由美、荒井蝶子、平野かよ子、吉野八重、稲岡光子、平賀恵子、山田巧、市橋冨子、本間五月、二階堂紀子、小西香子、鈴木里美、大野夏代
    聖路加看護大学紀要(31) 17-25 2005年03月
  • 英国と日本における国際保健・看護関連教育プログラム:調査報告
    田代順子、酒井昌子、佐居由美、堀内成子、鈴木良美
    聖路加看護大学紀要(31) 56-61 2005年03月
  • 看護教育法としての「サービス・ラーニング」実践研究文献レビュー
    松谷美和子、田代順子、香春知永、酒井昌子、三橋恭子、平林優子、森明子、菱沼典子、川越博美、及川郁子、小澤道子
    聖路加看護大学紀要(30) 31-38 2004年03月
    社会の変化に対応して,現在,保健行政改革及び大学教育改革が進んできており,看護や教育も社会責任の共有や連携を課題として変革を迫られている。本文献レビューの目的は,これからの日本の大学での看護教育改革への適用の可能性を探索するために,看護教育方法としてのサービス・ラーニングの活用とその教育効果についての研究の文献を検討することであった。サービス・ラーニング,看護教育をキーワードとして和洋文献を検索し,入手可能な教育実践研究の23文献を対象に検討を行った。検討の結果,学部から博士課程までの学生を対象としたサービス・ラーニングによる教育プログラムが開発されていた。学習内容は,地域でのさまざまなヘルスプログラムを通してサービスを行うものであり,その結果,学生,教員,地域から多くの成果が報告されていた。しかし,教員およびパートナーの負担や財政の問題も報告されていた。社会ニーズに応えることのできる看護職
  • WHO看護開発協力センター委員会:学術活動報告(2002年度)
    菱沼典子、田代順子、平林優子、有森直子、水野恵里子、酒井昌子、大迫哲也
    聖路加看護大学紀要(29) 81 2003年03月
  • 5歳児向けの「自分のからだを知ろう」健康教育プログラム:消化器系の評価
    松谷美和子、菱沼典子、佐居由美、中山久子、山崎好美、大久保暢子、石本亜希子、田代順子、白木和夫、森明子、有森直子、岩辺京子、今井敏子、島田多佳子、西田みゆき、木村千恵子、多田敦子、三森寧子、相沢身江子、瀬戸山陽子、臺有桂、村松純子、原瑞恵
    聖路加看護大学紀要(33) 48-54 2007年03月
    人が自分の健康の主人公であるためには,身体のしくみの基礎的な理解が必要である。この考えに基づいた先行研究では,これを学びはじめる時期について,5歳児が適切であるという結論を得た。そこで,5歳児が身体のしくみを学ぶためのプログラム開発に取り組んでいる。今回は,消化器系プログラムを2保育園ならびに幼稚園2クラスで実際に展開し,評価することを研究目的とした。全体で67名の子どもがプログラムに参加した。プログラム構成は,紙芝居を見て,消化器T-シャツで遊び,絵本を持ち帰るという内容であった。この消化器系プログラムは,園全体での情報の共有,具体的操作による知識の確認,家族との共有を可能にし,潤化器系のお話が子どもをとりまく人々の共通した経験になることを可能にした。45名の母親および5名の保育専門家から回収した質問紙調査結果から,保育専門家はこのプログラムが5歳児の理解を助ける内容であったこと,身体のしくみを子どもと
  • 米国におけるサービス・ラーニング(地域参加型教育)の理念と取り組み - ウィスコンシン大学とワシントン大学の視察調査とワークショップ報告 -
    田代順子、大森純子、平林優子、麻原きよみ、松谷美和子、菱沼典子、及川郁子、香春知永、酒井昌子
    聖路加看護大学紀要(33) 68-73 2007年03月
    聖路加看護大学において,「市民主導の健康生成」の拠点として新たな看護のあり方を追求している。新たな看護を支える教育アプローチとして,学生が課外で行っているボランティア活動を教育的に支援する目的で,平成14年から研究を進めている。本調査の目的は,米国でのサービス・ラーニング先進大学の理念と取り組みを記述し,日本での活用を検討することである。調査方法は,米国の2大学,ウィスコンシン州立大学オークレア校とワシントン大学のサービス・ラーニングの教育運用を,8視点から比較検討した。結果は,2大学のサービス・ラーニングを比較して,共に,サービス・ラーニングの良き市民教育の基本理念・リフレクションを促す方法を基盤とし,選択性の共通科目として導入している点では共通していた。しかしながら,新入生の教養科目として位置づけているウィスコンシン大学と,地域ケア・サービス学習としているワシントン大学とでは,サービス・ラー
  • 修士課程国際看護学開講の経緯と学部一貫のコース展開
    田代順子、長松康子
    聖路加看護大学紀要(33) 111-115 2007年03月
    2005年度から,修士課程に「国際看護学」コースを開講した.この修士課程では,日本の看護職者が,開発途上国の看護・助産開発の専門的協働者としての能力を養うことを教育目標としている。この修士課程が開講し,学部での国際看護の科目と合わせて,国際看護の系統的教育プログラムの基礎ができたと考える。学部2年生の地域看護論Ⅰで,国際保健協力を紹介し,4年生の選択看護ゼミ(国際看護)・総合実習(タイ,マヒドン大学)で,学生の異文化理解と保健システムについて理解を広げている。修士課程では,異文化での看護活動の経験者に対して,焦点を当てている国での特定課題の協働を過程(アセスメント・協働計画,実践,評価)に沿って活動できる能力育成のため,時論および演習Ⅰ・Ⅱを開講し,さらに,特論・演習Ⅲで,各人の焦点国を分析し,演習Ⅲで研究計画書を作成し,特別看護研究を行う。2006年で修士課程の最初の修了生を送り出す.今後,修了生の活動をモニタ
  • 健康増進行動の関連因子に関する研究:思春期女性のヘルス・プロモーションの視点から
    田代, 順子
    聖路加看護大学紀要(26) 44-49
    日本の女性の健康状態は死亡率の低さや平均余命の長さから見るならば良好である。しかしながら、自覚的健康状態は男性より低く、健康であると思っていない女性の割合は多い。その訴えは肩こり、腰痛、腹痛で15歳から各年齢層でより多くの女性が外来通院をしている。この自覚的健康状態の低さは小学生から始まり、また国際的にも同様な報告が見られている。女性自身の健康問題の対処・コントロールと改善の健康増進ニードは大きい。特に、思春期は子どもから大人への移行期で健康的ライフスタイルの確立の時期であり、この健康ライフスタイル(健康増進行動)形成の影響因子の解明は重要である。ポジティブな健康に目が向けられてきた1980年から95年の英文で発表されている思春期女性の健康増進行動の影響因子に関する研究をレビューし、影響因子として健康の気がかり・価値、インターナリチィ(自己指示性)、コンベンショナリティ(慣習尊重性)、自覚的健康、学校・両親
  • Webによるサービス。ラーニング(総合科目III 生活科学論)の初年度の科目の進め方と評価
    田代順子、瀬戸山陽子、平林優子、長松康子、大森純子
    聖路加看護大学紀要(37) 25-30 2011年03月
    2009年4月から,ボランティア活動から学ぶサービス・ラーニング科目を「総合科目Ⅲ 生活科学論」としてwebを使用して学部1・2年生に開講した。この科目は2002年より,ボランティア活動をしている学生の学習支援として研究的に開発された。科目のねらいは,web基盤の学習プログラムで学生がボランティアに参加するための基礎知識を得て活動に参加し,参加した活動経験を振り返り,リフレクション記録を作成することで,社会の一月としての自覚と社会貢献性の重要性の学びを支援することであった。本稿では本科目での初年度の教育実践を報告する。
  • 国際保健協力看護・助産人材の継続的確保に関する研究 - 国際看護・助産専門職キャリアパスモデル開発 -( 第1報:ワークショップ報告 )
    長松康子、田代順子、小黒道子、眞鍋裕紀子
    聖路加看護大学紀要(37) 10-14 2011年03月
    国際医療協力開発研究助成事業「国際保健協力看護・助産人材の継続的確保に関する研究一国際看護・助産専門職キャリアパスモデル開発-」の一環として,ワークショップを開催した。本研究プロジェクトは,海外で協力活動を経験した看護職が,帰国したのちに,国際看護・助産の分野でのキャリアを継続するることが難しい現状を改善するため,国際看護・助産専門職キャリアパスモデルを開発することを目的している。日本の大学院で国際看護教育を行っている教月から,修士修了後に国際協力活動をキャリアとして継続する困難な現状,他の先進国出身者に比較して,日本人看護・助産人材は国際機関登用が難しいことなどが報告された。また国内外で活躍する出席者の経験から,わが国の国際看護・助産のキャリアの積み方は様々で,今後継続的な国際看護・助産人材を確保するには海外での協力活動を活かした人材のキャリアパスの形成が急務だとの見解で一致した。
  • 同じ目線でケアできる看護職への学修支援
    田代順子
    医学と福音 64(5) 30-31 2012年
  • グローバルヘルスニーズの変遷と日本の国際看護を拓く
    田代順子
    聖路加看護学会誌 16(1) 20-23 2012年01月
  • 短報 国際保健協力看護・助産人材の継続的確保に関する研究 ‐国際看護・助産専門職キャリアパスモデル開発- (第1報:ワークショップ報告) 
    長松康子、田代順子、小黒道子、眞鍋裕紀子
    聖路加看護大学 10-14 2011年03月
  • 総説:Concept analysis of reflection in nursing professional development
    Yoko SHIMPUKU, Kazuko NARUSE, Mafutuhah, and Miwako MATSUTANI
    Japan Journal of Nursing Science 1-10 2012年05月
  • 特別寄稿 ヘルス・プロフェッショナル育成のためのe-サービス・ラーニング・プログラムの開発過程と学び
    田代順子
    聖マリア学院大学紀要  3 3-8 2012年03月
  • Web上でのヘルス・ボランティア学習支援プログラム試用の評価・改善とカリキュラム化
    長松康子、松谷美和子、菱沼典子、及川郁子、平林優子、麻原きよみ、大森純子、佐居由美
    聖路加看護学会誌 13(2) 53-62 2009年07月

競争的資金

  • 高度実践看護師の臨床判断力強化支援のためのウェブアシスト学習プログラム開発・評価
    科学研究費補助金:基盤研究(B)
    研究期間:2012年 - 2014年  代表者:田代 順子
  • インドネシア農村部での予防・健康増進転換への協働的看護活動モデル開発
    :学術研究助成基金助成金
    研究期間:2013年 - 2014年  代表者:田代順子
  • インドネシアの看護・助産強化モデル開発とPHC専門看護師の協働的開発
    :科学研究助成基金助成金
    研究期間:2011年 - 2012年  代表者:田代 順子
  • 国際協力・協働を経験した国際看護学・助産学修士修了者のキャリア開発ニーズ調査ー国際看護・助産専門職キャリアパスモデル開発
    :国際医療研究開発費22指6
    研究期間:2010年04月 - 2012年03月  
  • 看護プロフェッショナルに向けた遠隔臨地実習のウェブ基盤学習支援の開発と評価
    :科学研究費補助金
    研究期間:2009年 - 2011年  代表者:田代順子
    Reflective Practice(省察的実践)とElectronic Communication Strategiesを枠組みとして、日本における看護プロフェッショナルに向けた学部生から大学院修士の上級実践者までの『実践を省察し、実践へと還元する』省察的実践能力を養うための支援となるWeb学習支援プログラムの開発と評価をする。
  • 大学院修士課程の「ウィメンズヘルス・助産・看護人事開発協力学」のカリキュラム、教材開発研究
    :国際医療研究開発費20指5
    研究期間:2008年04月 - 2010年03月  
  • 看護学でのサービスラーニングを応用した都市型・社会参加型カリキュラム開発と評価
    :科学研究補助金
    研究期間:2005年04月 - 2009年03月  代表者:田代 順子

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 国際看護学 特論Ⅰ、Ⅱ、 演習Ⅱ (聖路加看護大学大学院 修士課程)
  • 看護学研究法 Ⅰ、 Ⅱ (聖路加看護大学大学院 修士課程)
  • 看護学方法論 (聖路加看護大学大学院 博士課程)
  • 看護理論 (聖路加看護大学大学院 修士課程)
  • 理論看護学 (聖路加看護大学大学院 博士課程)
  • Theoretical Nursing (聖路加看護大学)
  • 国際看護学特論(Global Nursing I & II) (聖路加看護大学)
  • 看護学研究法(大学院修士課程 1年生) (聖路加看護大学)
  • 看護理論 (大学院修士課程 1年生)   (聖路加看護大学)
  • 生活科学論(学部1年) (聖路加看護大学)
  • 学部 総合科目Ⅲ(ボランティア活動学習) (聖路加看護大学)
  • 理論看護学(博士後期課程) (聖路加看護大学)
  • 看護学方法論(博士後期課程) (聖路加看護大学)
  • 国際看護学演習(大学院博士課程) (聖路加看護大学)

社会貢献活動情報

社会貢献活動