詳細検索はこちら

飯田 真理子 イイダ マリコ

所属・職名:ウィメンズヘルス・助産学  助教
連絡先:mariko-iida[at]slcn.ac.jp [at]を@に変換してください
URL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/90438854.ja.html 
更新日: 17/09/26 05:08

研究者基本情報

学位

  • 看護学博士

プロフィール

    母性看護・助産学,保健師、助産師、看護師

学歴

  • 聖路加看護大学 大学院博士後期課程

経歴

  • 2012年- 2014年聖路加看護大学(助教)
  • 2014年聖路加国際大学(助教)

委員歴

  • 2015年- 現在聖路加看護学会学術交流員会 委員
  • 2014年- 現在日本助産/看護TBL研究会(J-MiNTS:Japan-Midwifery/Nursing Team-Based Learning Society) 副会長兼会計
  • 2013年- 現在Japan Journal of Nursing Science 査読委員
  • 2013年- 現在日本助産学会 日本助産学会誌 専任査読委員
  • 2011年- 現在Social Science and Medicine 査読委員
  • 2013年04月日本助産学会専任査読委員 専任査読委員
  • 2012年04月アジア・アフリカ助産研究センター委員 委員
  • 2012年10月日本冷え症看護/助産研究会 幹事
  • 2012年04月日本助産学会ガイドライン委員 ガイドライン委員

研究活動情報

研究分野

  • 看護学 / 生涯発達看護学 / 助産学

研究キーワード

    尺度開発 , 妊娠 , 冷え症 , 妊産褥婦 , 継続ケア , 女性中心のケア , 助産師 , 昼夜逆転 , 多言語による簡易版“女性を中心としたケア-妊娠期尺度”の開発 , 助産学

論文

  • Humanized childbirth awareness-raising program among Tanzanian midwives and nurses: A mixed-methods study
    Shigeko Horiuchi, Shigeko Horiuchi, Yoko Shimpuku, Mariko Iida, Yasuko Nagamatsu, Hiromi Eto, Sebalda Leshabari
    International Journal of Africa Nursing Sciences 5 9-16 2016年01月
    © 2016 The Author(s) Background In 2014, the WHO released a statement advocating greater respect for women in their report, “The prevention and elimination of disrespect and abuse during facility-based childbirth”. To address this issue, the Japan International Cooperation Agency established humanized childbirth care. However, this concept remains new in Tanzania. Objective To evaluate the acceptability of the humanized childbirth concept by Tanzanian nurses and midwives. Design Convergent mixed-methods design. Setting Continuing education held at Tanzania's capital city of Dar es Salaam. Participants The inclusion criteria were as follows: (1) registered nurses and midwives; (2) can comprehend English; (3) interested in humanized childbirth, (4) experienced in providing maternal and infant care or midwifery, and (5) attended the two-day program on humanized childbirth. Methods The program was evaluated quantitatively and qualitatively. The valid and reliable 23-item Women-Centered Care English version (WCC23E) questionnaire was used. Open-ended questions elicited the participants’ opinions about the program. Results The entire program was completed by 104 participants (average age, 40.9 years; SD, 9.13). Based on the quantitative data, the mean WCC23E post-test scores showed a significant increase compared with the mean WCC23E pre-test scores, indicating improvement in awareness. The qualitative data revealed three categories: “Gaining knowledge of humanized childbirth as a general dictionary term”, “Accepting and assimilating the concept of humanized childbirth in consideration of their practice”, and “Manifesting their voices of barriers and challenges towards humanized childbirth”. Conclusion The humanized childbirth awareness-raising program was useful for nurses and midwives in terms of favorably changing their perceptions of women-centered care.
  • Global Collaboration Between Tanzania and Japan to Advance Midwifery Profession: A Case Report of A Partnership Model
    Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi, Sebalda C Leshabari, Dickson Mkoka, Yasuko Nagamatsu, Miwako Matsutani, Hiromi Eto, Michiko Oguro, Yukari Yaju, Mariko Iida, Columba Mbekenga, Lilian Mselle, Agnes Mtawa
    Journal of Nursing Education and Practice 5(11) 2015年
  • A comparison of midwife-led care versus obstetrician-led care for low-risk women in Japan
    Mariko Iida, Shigeko Horiuchi, Kumiko Nagamori
    Women and birth DOI: 10.1016/j.wombi.2014.05.0 505-509 2014年
  • Outcomes of independent midwifery attended births in birth centres and home births: A retrospective cohort study in Japan.
    Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Mariko Iida
    Midwifery 2013年
  • The relationship between women-centred care and women's birth experiences: a comparison between birth centres, clinics, and hospitals in Japan.
    Iida M, Horiuchi S, Porter SE
    Midwifery 28(4) 398-405 2012年08月 [査読有り]
  • A comparison of midwife-led care versus obstetrician-led care in low risk pregnancy: Maternal and infant health outcomes.
    Mariko Iida
    2011年度聖路加看護大学大学院博士論文 2012年03月
  • Evaluation of a reproductive health awareness program for adolescence in urban Tanzania-A quasi-experimental pre-test post-test research
    Frida Madeni,Shigeko Horiuchi,Mariko Iida
    Reproductive Health 8(21) 2011年
  • 女性を中心としたケア-妊娠期尺度の開発とその妥当性と信頼性の検討
    飯田真理子
    日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery 24(2) 284-293 2010年
  • 当事者による妊娠中の“女性を中心としたケア”の認識
    飯田真理子
    2008年度聖路加看護大学大学院修士論文 458-465 2009年03月

書籍等出版物

  • エビデンスに基づく助産ガイドライン-分娩期2012
    江藤宏美、浅井宏美、飯田真理子、片岡弥恵子、櫻井綾香、田所由利子、堀内成子、増澤祐子、八重ゆかり
    共著
    日本助産学会 2012年12月
  • パーフェクト臨床実習ガイド 母性看護実習ガイド <第2版>
    堀内成子編集
    照林社 2017年08月
  • エビデンスに基づく助産ガイドライン−妊娠期・分娩期2016-
    一般社団法人日本助産学会ガイドライン委員会
    一般社団法人日本助産学会ガイドライン委員会 2017年01月
  • TBL実践ガイド
    Ruth Levine & Patrida Hudes著、五十嵐ゆかり、飯田真理子、新福洋子、三木洋一郎、瀬尾宏美翻訳
    International asscociatoon of medical sciemce educations(IAMSE) 2016年09月
    https://iamse.site-ym.com/store/ListProducts.aspx?catid=429487
  • トライ!看護にTBL : チーム基盤型学習の基礎のキソ
    五十嵐 ゆかり, 飯田 真理子, 新福 洋子
    医学書院 2016年 9784260024266
  • エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92
    総編集堀内成子、分担編集飯田真理子、中村幸代、永森久美子、八重ゆかり
    南江堂 2015年06月
  • 妊婦のセルフケアを支援する!助産外来が充実する!生む力をはぐくむ助産ケア第2章出産・育児に向けた体つくり第3節会陰マッサージで裂傷予防「会陰マッサージで裂傷予防ができる」
    堀内成子編
    ペリネイタルケア新春増刊 2012年
  • 妊婦のセルフケアを支援する!助産外来が充実する!生む力をはぐくむ助産ケア第2章出産・育児に向けた体つくり第3節会陰マッサージで裂傷予防「会陰マッサージの効果」
    堀内成子編
    ペリネイタルケア新春増刊 2012年
  • 看護学事典 第2版 担当用語: HELLP症候群、母乳育児成功のための10カ条、母乳哺育、マタニティスイミング、マタニティビクス、無痛分娩、無脳症、羊水検査、卵胞刺激ホルモン
    見藤隆子、小玉香津子、菱沼典子総編集
    日本看護協会出版会 2011年07月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス「分娩時の胎児の回旋異常に対して四つん這いは効果があるのだろうか?」
    飯田真理子、堀内成子、江藤宏美、片岡弥恵子、八重ゆかり、松本直子
    ペリネイタルケア 2008年11月
  • 帝王切開時における手術台での直接授乳支援
    小高純子、飯田真理子、松本幸子
    月刊 母子保健 2004年10月

講演・口頭発表等

  • 帝王切開分娩時に手術台での直接授乳を試みて~児への感情と出産の満足度を高めるための援助~
    小高純子、飯田真理子、白石道子、松本幸子、斉藤正博、照井克生、馬場一憲、竹田省
    埼玉県母性衛生学会総会学術集会 2002年10月
  • 帝王切開時に手術台での直接授乳を試みて
    飯田真理子、小高純子、白石道子、松本幸子、斉藤正博、照井克生、馬場一憲、竹田省
    日本母性衛生学会総会学術集会 2003年10月
  • Considering “Decision Making” as one of the Concepts of Women-Centered Care During Pregnancy in Japan.
    Mariko Iida, Shigeko Horiuchi, Naoko Arimori
    International Shared Decision Making Conference 2009年06月
  • 助産所出産に関する基礎データの集積
    飯田真理子、片岡弥恵子、江藤宏美
    聖路加看護学会学術大会 2009年09月
  • 助産実践のための分娩期ガイドラインの作成―羊水混濁のある新生児への吸引は必要か?―
    飯田真理子、江藤宏美、片岡弥恵子、八重ゆかり、浅井宏美、櫻井綾香、田所由利子、堀内成子
    日本助産学会学術集会 2011年03月
  • 助産実践のための分娩期ガイドラインの作成―出生直後に行うskin-to-skinコンタクト(カンガルーケア)と母子の予後―
    田所由利子、江藤宏美、片岡弥恵子、八重ゆかり、浅井宏美、飯田真理子、櫻井綾香、堀内成子
    日本助産学会学術集会 2011年03月
  • 助産実践のための分娩期ガイドラインの作成―指圧・鍼療法による産痛緩和、分娩促進、陣痛誘発効果―
    櫻井綾香、江藤宏美、片岡弥恵子、八重宏美、浅井宏美、田所由利子、飯田真理子、堀内成子
    日本助産学会学術集会 2011年03月
  • 助産実践のための妊娠期ガイドラインの作成―助産師による妊娠・分娩・産褥期を通した継続ケアの効果―
    飯田真理子、江藤宏美、片岡弥恵子、八重ゆかり、浅井宏美、櫻井綾香、田所由利子、堀内成子
    日本助産学会学術集会 2012年05月
  • 助産実践のための妊娠期ガイドラインの作成―妊娠期に運動を行うことは母体の体重管理に有効か―
    櫻井綾香、江藤宏美、片岡弥恵子、八重ゆかり、浅井宏美、飯田真理子、田所由利子、堀内成子
    日本助産学会学術集会 2012年05月
  • A comparison of midwife-led care versus obstetrician-led care in low risk pregnancy: Maternal and infant health outcomes.
    Mariko Iida, Shigeko Horiuchi
    St. Luke's Academia 2013年02月
  • Process report of the collaborative project to develop the Master’s program in Midwifery in Tanzania: The seminar of “Humanized Childbirth”
    Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi, Miwako Matsutani, Hiromi Eto, Yasuko Nagamatsu, Mariko Iida, Yukari Yaju, Taeko Mori
    St. Luke's Academia 2013年02月
  • タンザニア「人間的な出産」セミナーによる“女性を中心とするケア”の認識
    若井翔子、新福洋子、飯田真理子、長松康子、八重ゆかり、江藤宏美、毛利多恵子、堀内成子
    日本助産学会学術集会 2013年04月
  • 分娩第2期のケアの方針調査―病院、診療所、助産所の比較―
    清水かおり、片岡弥恵子、江藤宏美、八重ゆかり、堀内成子、飯田真理子、櫻井綾香、浅井宏美、田所由利子
    日本助産学会学術集会 2013年04月
  • 妊娠中の女性を中心としたケアの認識と産後うつ病との関連
    飯田真理子、堀内成子、永森久美子
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会 2013年07月
  • 妊娠期から継続的にチーム助産によるケアを受けた女性の体験
    永森久美子、堀内成子、飯田真理子
    日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会 2013年07月
  • Students Perception of Team-Based Learning to Learn Maternal Newborn Nursing: An innovative Approach Ⅱ Intrapartum Nursing
    Yoko Shimpuku, Yukari Igarashi, Mariko Iida
    The 8th St. Luke's Academia, Advanced English Session. St. Luke's College of Nursing 2014年02月
  • グループインタビューによる継続的なチーム助産の妊婦健診の評価
    永森久美子、飯田真理子、堀内成子、大隅香
    第8回聖ルカ・アカデミア 2014年02月
  • Introduction of Team-Based Learning (TBL) to Undergraduate Nursing Education: Course Development and Student Perceptions Toward use of TBL in Antenatal Nursing
    Yukari Igarashi, Mariko Iida, Yoko Shimpuku
    TBLC 2014 Annual Meeting 2014年03月
  • Introduction of Team-based learning (TBL) to Undergraduate Nursing Education: Course development and student perceptions toward use of TBL in Intrapartum Nursing
    Yoko Shimpuku, Yukari Igarashi, Mariko Iida
    TBLC 2014 Annual Meeting 2014年03月
  • Introduction of Team-Based Learning (TBL) to Undergraduate Nursing Education: Course Development and Student Perceptions Toward use of TBL in Postpartum and Newborn Nursing
    Mariko Iida, Yoko Shimpuku, Yukari Igarashi
    TBLC 2014 Annual Meeting 2014年03月
  • Partnership model of global collaboration: The shared value of “Humanized childbirth” in Tanzania
    Yoko Shimpuku, Shigeko Horiuchi, Miwako Matsutani, Hiromi Eto, Yasuko Nagamatsu, Michiko Oguro, Mariko Iida, Yukari Yaju
    East Asia Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 2014 2014年02月
  • 周産期科目におけるPBLとTBL-科目から実習へのスムーズな移行に注目して
    新福洋子、飯田真理子、五十嵐ゆかり
    第9回聖ルカ・アカデミア 2015年01月
  • A report on face-to-face peer-evaluation
    Yukari Igarashi, Mariko Iida, Yoko Shimpuku
    TBLC 2017 Annual Meeting (Florida) 2017年03月
  • 育児支援クラス“HUG Your Babyプレママ・パパクラス”の実践
    新福洋子、 飯田真理子、 麓杏奈、 仙波百合香、 永森久美子、 田中夢子、 堀内成子
    第30回日本助産学会(京都) 2016年03月
  • 助産所から病院へ転院となった女性が主体t系に分娩に取り組むための援助―助産所で働く助産師へのインタビューより―
    井上さとみ、飯田真理子
    第20回聖路加看護学会(東京) 2015年09月
  • 高等学校・保健「キャリアプラン 妊娠・出産」の授業案と教材開発
    森明子,片岡弥恵子,五十嵐ゆかり,蛭田明子,小黒道子,飯田真理子,新福洋子,川元美里
    第20回聖路加看護学会(東京) 2015年09月
  • Women’s impressions of antenatal care by a midwifery-led continuity team
    Kumiko Nagamori, Mariko Iida, Shigeko Horiuchi, Kaoru Osumi
    第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会(パヒフィコ横浜) The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015 2015年07月
  • Development of Japanese HUG Your Baby: Education tool for new parents to understand newborns
    Yoko Shimpuku, Jan Tedder, Mariko Iida Mayumi Matsunaga, Kimie Tanimoto
    第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会(パヒフィコ横浜) The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015 2015年07月
  • 周産期科目におけるPBLとTBL-科目から実習へのスムーズな移行に注目して-
    五十嵐ゆかり、飯田真理子、新福洋子
    第29回日本助産学会学術集会 (品川) 2015年03月
  • The Second-Year Experience of Teaching Undergraduate Nursing Students with Team-Based Learning: Antenatal Nursing
    Yukari Igarashi, Mariko Iida, Yoko Shimpuku
    TBLC 2015 Annual Meeting (Florida) 2015年03月
  • The Second-Year Experience of Teaching Undergraduate Nursing Students with Team-Based Learning: Intrapartum Nursing
    Yoko Shimpuku, Yukari Igarashi, Mariko Iida
    TBLC 2015 Annual Meeting (Florida) 2015年03月
  • The Second-Year Experience of Teaching Undergraduate Nursing Students with Team-Based Learning: Postpartum and Newborn Nursing
    Mariko Iida, Yoko Shimpuku, Yukari Igarashi
    TBLC 2015 Annual Meeting (Florida) 2015年03月
  • Team-Based Learning(TBL)と実習のつながり:周産期看護学実習後の学生の認識より
    飯田真理子、新福洋子、五十嵐ゆかり
    第55回日本母性衛生学会総会・学術集会、幕張 2014年09月
  • 学部教育へのTeam Based Learning(TBL)の導入?周産期看護学実習への効果?
    五十嵐ゆかり、飯田真理子、新福洋子
    第28回日本助産学会学術集会 2014年03月
  • Students Perception of Team-Based Learning to Learn Maternal Newborn Nursing: An innovative Approach III Postpartum and Newborn Nursing
    Mariko Iida, Yoko Shimpuku, Yukari Igarashi
    The 8th St. Luke's Academia, Advanced English Session. St. Luke's College of Nursing 2014年02月
  • Students Perception of Team-Based Learning to Learn Maternal Newborn Nursing: An innovative Approach I Antenatal Nursing
    Yukari Igarashi, Mariko Iida, Yoko Shimpuku
    The 8th St. Luke's Academia, Advanced English Session. St. Luke's College of Nursing 2014年02月

MISC

  • 帝王切開時における手術台での直接授乳支援
    小高純子、飯田真理子、松本幸子
    月刊 母子保健(546) 2004年10月
  • 聖路加産科クリニックEBMシリーズ「エビデンスに基づいた医療・助産」(妊産褥婦さん向けのパンフレット)「妊婦に対して、助産師が行うケアは、どのような効果があるのでしょうか?」
    飯田真理子、堀内成子
     2010年
  • 聖路加産科クリニックEBMシリーズ「エビデンスに基づいた医療・助産」(妊産褥婦さん向けのパンフレット)「妊娠中からの会陰マッサージは、会陰裂傷を減らすのでしょうか?」
    飯田真理子、堀内成子
     2010年
  • 聖路加産科クリニックEBMシリーズ「エビデンスに基づいた医療・助産」(妊産褥婦さん向けのパンフレット)「ベビーマッサージは、どのような効果があるのでしょうか?」
    飯田真理子、堀内成子
     2010年
  • エビデンスに基づく助産ケアガイドライン 病院、診療所、助産所における分娩第1期ケア方針の調査
    清水かおり、片岡弥恵子、江藤宏美、浅井宏美、八重ゆかり、飯田真理子、堀内成子、櫻井綾香、田所由利子
    日本助産学会誌 27(2) 267-278 2013年 [査読有り]
  • Japan Academy of Midwifery: 2012 evidence-based guidelines for midwifery care during childbirth
    Yaeko Kataoka, Hiromi Eto, Mariko Iida, Yukari Yaju, Hiromi Asai, Ayaka Sakurai, Yuriko Tadokoro, Shigeko Horiuchi
    日本助産学会誌 26(2) 275-283 2012年12月
  • シンポジウム コクラン活動を日本で! 「コクランレビュの実践での活用」
    飯田真理子
    日本助産学会学術集会 2013年04月
  • 交流集会「助産実践のための分娩期ガイドライン―クリニカルクエスチョン毎の推奨文に、みなさんのご意見をお寄せください」
    江藤宏美、片岡弥恵子、八重ゆかり、田所由利子、飯田真理子、櫻井綾香、堀内成子
    日本助産学会学術集会 2011年03月
  • ワークショップ「ペリネイタル・ロス体験者とともに考える退院後のケア」
    太田尚子、堀内成子、石井慶子、飯田真理子、鷲尾美代子
    日本助産学会学術集会 2010年03月
  • Team-based learningを用いて周産期看護学(実践方法)を学んだ学生の認識
    新福 洋子, 五十嵐 ゆかり, 飯田 真理子
    聖路加看護大学紀要(40) 19-27 2014年
  • 新しい教育方法の導入(1)「周産期看護学(基礎)」におけるTeam-based learning
    五十嵐 ゆかり, 飯田 真理子, 新福 洋子
    聖路加看護大学紀要(40) 67-70 2014年
  • 新しい教育方法の導入(2)「周産期看護学(基礎)」におけるTeam-based learning
    飯田 真理子, 五十嵐 ゆかり, 新福 洋子
    聖路加看護大学紀要(40) 71-74 2014年
  • 新しい教育方法の導入(3)「周産期看護学(実践方法)」におけるTeam-based learning
    五十嵐 ゆかり, 新福 洋子, 飯田 真理子
    聖路加看護大学紀要(40) 75-79 2014年
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第41回)助産師主導のケアは,妊娠中の女性に対してどのような効果があるのだろうか?
    飯田 真理子, 堀内 成子, 片岡 弥恵子
    ペリネイタルケア 29(5) 505-509 2010年05月
  • 使える! 助産ケアのエビデンス(第23回)分娩時の胎児の回旋異常に対して,四つん這いは効果があるのだろうか?
    飯田 真理子, 堀内 成子, 江藤 宏美
    ペリネイタル・ケア 27(11) 1098-1102 2008年11月

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 周産期看護学(基礎) (聖路加国際大学)
  • 周産期看護学(実践方法) (聖路加国際大学)
  • 周産期看護学実習 (聖路加国際大学)
  • 総合実習(家族発達看護学) (聖路加国際大学)
  • 総合看護・看護研究II (聖路加国際大学)