詳細検索はこちら

長谷川 大輔 ハセガワ ダイスケ

所属・職名:小児科  医師
連絡先:
URL: 
更新日: 19/10/11 05:05

研究者基本情報

経歴

  • 2011年06月- 現在聖路加国際病院
  • 2010年06月- 2011年05月M. Tettamanti Research Center, University of Milano-Bicocca
  • 2006年04月- 2010年05月聖路加国際病院
  • 2004年04月- 2006年03月東京医科大学病院
  • 2002年04月- 2004年03月東京大学医科学研究所付属病院
  • 1999年05月- 2002年03月東京医科大学

所属学協会

    小児科学会 , 小児血液学会 , 日本血液学会 , 日本臨床血液学会 , 日本小児がん学会

委員歴

  • 2014年04月- 現在日本小児白血病リンパ腫研究グループ AML委員会
  • 2014年01月- 現在日本小児血液・がん学会  専門医制度委員会
  • 2013年12月- 現在日本小児血液・がん学会  再生不良性貧血MDS委員会
  • 2013年01月- 現在日本小児血液・がん学会  評議員
  • 2012年- 現在日本小児白血病リンパ腫研究グループ TAM委員会

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 小児科学

研究キーワード

    小児科学

論文

  • Clinical and molecular characteristics of MEF2D fusion-positive precursor B-cell acute lymphoblastic leukemia in childhood, including a novel translocation resulting in MEF2D-HNRNPH1 gene fusion.
    Ohki K, Kiyokawa N, Saito Y, Hirabayashi S, Nakabayashi K, Ichikawa H, Momozawa Y, Okamura K, Yoshimi A, Ogata-Kawata H, Sakamoto H, Kato M, Fukushima K, Hasegawa D, Fukushima H, Imai M, Kajiwara R, Koike T, Komori I, Matsui A, Mori M, Moriwaki K, Noguchi Y, Park MJ, Ueda T, Yamamoto S, Matsuda K, Yoshida T, Matsumoto K, Hata K, Kubo M, Matsubara Y, Takahashi H, Fukushima T, Hayashi Y, Koh K, Manabe A, Ohara A
    Haematologica 2018年08月 [査読有り]
  • Treatment outcome of children with acute lymphoblastic leukemia: the Tokyo Children's Cancer Study Group (TCCSG) Study L04-16.
    Takahashi H, Kajiwara R, Kato M, Hasegawa D, Tomizawa D, Noguchi Y, Koike K, Toyama D, Yabe H, Kajiwara M, Fujimura J, Sotomatsu M, Ota S, Maeda M, Goto H, Kato Y, Mori T, Inukai T, Shimada H, Fukushima K, Ogawa C, Makimoto A, Fukushima T, Ohki K, Koh K, Kiyokawa N, Manabe A, Ohara A
    International journal of hematology 108(1) 98-108 2018年07月 [査読有り]
  • Evaluation of high-dose cytarabine in induction therapy for children with de novo acute myeloid leukemia: a study protocol of the Japan Children's Cancer Group Multi-Center Seamless Phase II-III Randomized Trial (JPLSG AML-12).
    Tomizawa D, Tanaka S, Hasegawa D, Iwamoto S, Hiramatsu H, Kiyokawa N, Miyachi H, Horibe K, Saito AM, Taga T, Adachi S
    Japanese journal of clinical oncology 48(6) 587-593 2018年06月 [査読有り]
  • Risk factors for psychological and psychosomatic symptoms among children with malignancies.
    Maeda K, Hasegawa D, Urayama KY, Tsujimoto S, Azami Y, Ozawa M, Manabe A
    Journal of paediatrics and child health 54(4) 411-415 2018年04月 [査読有り]
  • Regional evaluation of childhood acute lymphoblastic leukemia genetic susceptibility loci among Japanese.
    Urayama KY, Takagi M, Kawaguchi T, Matsuo K, Tanaka Y, Ayukawa Y, Arakawa Y, Hasegawa D, Yuza Y, Kaneko T, Noguchi Y, Taneyama Y, Ota S, Inukai T, Yanagimachi M, Keino D, Koike K, Toyama D, Nakazawa Y, Kurosawa H, Nakamura K, Moriwaki K, Goto H, Sekinaka Y, Morita D, Kato M, Takita J, Tanaka T, Inazawa J, Koh K, Ishida Y, Ohara A, Mizutani S, Matsuda F, Manabe A
    Scientific reports 8(1) 789 2018年01月 [査読有り]
  • Constitutional abnormalities of IDH1 combined with secondary mutations predispose a patient with Maffucci syndrome to acute lymphoblastic leukemia.
    Hirabayashi S, Seki M, Hasegawa D, Kato M, Hyakuna N, Shuo T, Kimura S, Yoshida K, Kataoka K, Fujii Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Kiyokawa N, Miyano S, Ogawa S, Takita J, Manabe A
    Pediatric blood & cancer 64(12) 2017年12月 [査読有り]
  • A nationwide survey of hypoplastic myelodysplastic syndrome (a multicenter retrospective study).
    Kobayashi T, Nannya Y, Ichikawa M, Oritani K, Kanakura Y, Tomita A, Kiyoi H, Kobune M, Kato J, Kawabata H, Shindo M, Torimoto Y, Yonemura Y, Hanaoka N, Nakakuma H, Hasegawa D, Manabe A, Fujishima N, Fujii N, Tanimoto M, Morita Y, Matsuda A, Fujieda A, Katayama N, Ohashi H, Nagai H, Terada Y, Hino M, Sato K, Obara N, Chiba S, Usuki K, Ohta M, Imataki O, Uemura M, Takaku T, Komatsu N, Kitanaka A, Shimoda K, Watanabe K, Tohyama K, Takaori-Kondo A, Harigae H, Arai S, Miyazaki Y, Ozawa K, Kurokawa M, for National Research Group on Idiopathic Bone Marrow Failure Syndromes.
    American journal of hematology 92(12) 1324-1332 2017年12月 [査読有り]
  • Outcome of relapsed core binding factor acute myeloid leukemia in children: A result from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG) AML-05R study.
    Moritake H, Tanaka S, Nakayama H, Miyamura T, Iwamoto S, Shimada A, Terui K, Saito A, Shiba N, Hayashi Y, Tomizawa D, Taga T, Goto H, Hasegawa D, Horibe K, Mizutani S, Adachi S
    Pediatric blood & cancer 64(10) 2017年10月 [査読有り]
  • Risk Factors for Hospital-acquired Clostridium difficile Infection Among Pediatric Patients With Cancer.
    Daida A, Yoshihara H, Inai I, Hasegawa D, Ishida Y, Urayama KY, Manabe A
    Journal of pediatric hematology/oncology 39(3) e167-e172 2017年04月 [査読有り]
  • Infantile fibrosarcoma treated with postoperative vincristine and dactinomycin.
    Yoshihara H, Yoshimoto Y, Hosoya Y, Hasegawa D, Kawano T, Sakoda A, Okita H, Manabe A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 59(3) 371-374 2017年03月 [査読有り]
  • Haploidentical hematopoietic cell transplantation for disseminated Ewing sarcoma.
    Yoshihara H, Kumamoto T, Ono R, Akahane K, Nozaki T, Kobayashi S, Kikuta A, Matsumoto S, Hasegawa D, Ogawa C, Manabe A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 59(2) 223-226 2017年02月 [査読有り]
  • Chemotherapy for a child with relapsed acute myeloid leukemia complicated with persistent hepatitis C virus infection.
    Kimura S, Hirabayashi S, Hasegawa D, Sumiya W, Seya M, Matsui T, Yoshimoto Y, Hosoya Y, Mori N, Matsui A, Manabe A
    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 58(6) 619-623 2017年 [査読有り]
  • Ewing sarcoma/primitive neuroectodermal tumor of the kidney treated with chemotherapy including ifosfamide.
    Yoshihara H, Kamiya T, Hosoya Y, Hasegawa D, Ogawa C, Asanuma H, Mizuno R, Hosoya R, Manabe A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 58(8) 766-769 2016年08月 [査読有り]
    :Ewing sarcoma/primitive neuroectodermal tumor (ES/PNET) of the kidney is extremely rare, and is usually diagnosed after nephrectomy without neoadjuvant chemotherapy. Although ifosfamide and etoposide improve survival to a great extent in ES/PNET, the use of nephrotoxic agent, particularly ifosfamide, is a concern after nephrectomy. We describe the case of a 14-year-old female patient with abdomin
  • Scurvy: From a Selective Diet in Children with Developmental Delay.
    Seya M, Handa A, Hasegawa D, Matsui T, Nozaki T
    The Journal of pediatrics 177 331 2016年07月 [査読有り]
  • 【血球の増加と減少】 骨髄検査と造血能評価手法
    長谷川 大輔
    小児内科 48(7) 945 2016年07月
    <Key Points>(1)末梢血が混入した検体や、塗抹・染色状態が不良な標本は評価の対象にならないため、適切な骨髄検体採取および標本作製を心がける。(2)骨髄生検の適応となるのは、骨髄穿刺吸引困難例(dry tap)、固形腫瘍の骨髄浸潤が疑われる例、再生不良性貧血と芽球増加を伴わない骨髄異形成症候群の鑑別が必要な例などである。(3)骨髄MRIはT1強調画像とSTIR法にて脂肪成分を描出することで造血能を推測する一助になるが、あくまでも補助的検査にすぎない。(著者抄録)
  • Severe 6-mercaptopurine-induced hematotoxicity in childhood an ALL patient with homozygous NUDT15 missence variants.
    Kimura S, Hasegawa D, Yoshimoto Y, Hirabayashi S, Hosoya Y, Yoshihara H, Kumamoto T, Tanaka Y, Manabe A
    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 57(6) 748-753 2016年06月 [査読有り]
    :Thiopurine S-methyltransferase (TPMT) and nucleoside diphosphate-linked moiety X-type motif 15 (NUDT15) variants are considered to be genes responsible for severe myelotoxicity induced by 6-mercaptopurine (6MP). We report a 4-year-old girl with acute lymphoblastic leukemia, who developed the complication of severe 6MP-induced myelotoxicity due to homozygous NUDT15 variant alleles. In early consol
  • A Cytokine-Based Diagnostic Program in Pediatric Aplastic Anemia and Hypocellular Refractory Cytopenia of Childhood.
    Elmahdi S, Hama A, Manabe A, Hasegawa D, Muramatsu H, Narita A, Nishio N, Ismael O, Kawashima N, Okuno Y, Xu Y, Wang X, Takahashi Y, Ito M, Kojima S
    Pediatric blood & cancer 63(4) 652-658 2016年04月 [査読有り]
    BACKGROUND:Distinguishing hypocellular refractory cytopenia of childhood (RCC) from aplastic anemia (AA) is challenging. Thus far, no studies have compared the cytokine profiles in patients with AA to those with hypocellular RCC. In the present study, we addressed whether thrombopoietin (TPO) and interleukin 17 (IL-17) plasma levels are useful for differentiating between the two diseases.;METHODS:
  • The current perspective of low-grade myelodysplastic syndrome in children.
    Hasegawa D
    International journal of hematology 103(4) 360-364 2016年04月 [査読有り]
    :Myelodysplastic syndrome (MDS) without increased blasts, i.e., low-grade MDS, is the most common subtype of pediatric MDS and has characteristics different from adult form of the disease. Although histological findings of bone marrow (BM) biopsies suggest that low-grade MDS is a morphologically distinctive entity, a subset of pediatric low-grade MDS may clinically overlap with aplastic anemia (AA
  • Cervical ultrasound and computed tomography of Kawasaki disease: Comparison with lymphadenitis.
    Nozaki T, Morita Y, Hasegawa D, Makidono A, Yoshimoto Y, Starkey J, Kusakawa I, Manabe A, Saida Y
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 58(11) 1146-1152 2016年04月 [査読有り]
    BACKGROUND:Differentiating Kawasaki disease (KD) from cervical lymphadenitis (CL) is clinically difficult but essential given that treatment and outcome differ significantly. Research on differentiation between KD and CL using ultrasound (US) and computed tomography (CT) is limited. The purpose of this study was to identify cervical US and CT findings that may differentiate KD from CL.;METHODS:We
  • 水痘感染の既往のない非血縁者間臍帯血移植後男児に生じた帯状疱疹
    木村 俊介;長谷川 大輔;代田 惇朗;松井 俊大;吉本 優里;平林 真介;細谷 要介;熊本 忠志;真部 淳
    日本小児科学会雑誌 120(2) 501 2016年02月
  • 自閉症スペクトラム障害のフォロー中に発作時脳波での鑑別を要した前頭葉てんかん
    角谷 和歌子;代田 惇朗;松井 俊大;田中 育子;横山 美奈;長谷川 大輔;小澤 美和;荻原 正明;草川 功;真部 淳
    日本小児科学会雑誌 120(2) 516 2016年02月
  • Pearson症候群 日本小児血液がん学会中央診断登録例より
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(5) 477 2016年02月
  • 小児最重症再生不良性貧血に対する非血縁者間臍帯血移植
    木村 俊介;長谷川 大輔;松井 俊大;代田 惇朗;石田 悠志;吉本 優里;平林 真介;細谷 要介;吉原 宏樹;熊本 忠史;森 愼一郎;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 53(1) 21-25 2016年
    最重症再生不良性貧血の治療として,重症感染症などにより早期の移植が必要にも関わらずHLA適合ドナーが得られない場合,非血縁者間臍帯血移植やHLA不適合血縁者間移植が選択肢となる.しかし,このような代替ドナーからの移植では,移植片対宿主病や生着不全の危険が高いことが問題である.我々は,感染を反復する最重症再生不良性貧血の2歳男児に対して,HLA 5/6抗原一致非血縁者間臍帯血移植を行った.総有核細胞数とCD34陽性細胞数の豊富な臍帯血を用いるとともに,前処置に低線量放射線照射を併用した.また,移植前に鉄キレート療法を行った.移植後day 20に生着が得られ,重篤な急性移植片対宿主病は認めなかった.前処置に用いた抗胸腺グロブリンの影響も疑われるサイトメガロウイルス抗原血症が5か月遷延したが,非血縁者間臍帯血移植は最重症再生不良性貧血の治療選択肢のひとつとなりうると考えられた.
  • Respiratory syncytial virus infection in infants with acute leukemia: a retrospective survey of the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group.
    Hatanaka M, Miyamura T, Koh K, Taga T, Tawa A, Hasegawa D, Kajihara R, Adachi S, Ishii E, Tomizawa D
    International journal of hematology 102(6) 697-701 2015年12月 [査読有り]
    :Respiratory syncytial virus (RSV) can cause life-threatening complications of lower respiratory tract infection (LRTI) in young children with malignancies, but reports remain limited. We performed a retrospective nationwide survey to clarify the current status of RSV disease among infants with hematological malignancies. Clinical course, treatment, and outcome of patients with hematological malig
  • Susceptibility to 6-MP toxicity conferred by a NUDT15 variant in Japanese children with acute lymphoblastic leukaemia.
    Tanaka Y, Kato M, Hasegawa D, Urayama KY, Nakadate H, Kondoh K, Nakamura K, Koh K, Komiyama T, Manabe A
    British journal of haematology 171(1) 109-115 2015年10月 [査読有り]
    :Genotyping of TPMT prior to 6-mercaptopurine (6-MP) administration in acute lymphoblastic leukaemia (ALL) patients has been integrated into clinical practice in some populations of European ancestry. However, the comparable rates of 6-MP myelotoxicity, but rarity of TPMT variants, in Asians suggest that major determinants have yet to be discovered in this population. We genotyped 92 Japanese paed
  • 若年性骨髄単球性白血病と鑑別が必要な疾患
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(3) 304 2015年10月
    若年性骨髄単球性白血病(JMML)は乳幼児に好発する多能性造血幹細胞のクローン性異常で、約90%の症例でRAS/MAPK経路に関与する遺伝子の変異が検出される。これら変異の存在に加え、脾腫、白血球増加および単球増加などの所見に基づき診断するが、変異陰性例では時に診断に苦慮する。乳児期に生じたサイトメガロウイルス感染症では肝脾腫や単球増加などJMML様の臨床像を呈することがあるが自然軽快する。一方、ウイルス感染を偶然に併発しているJMMLを無治療で経過観察すると病勢進行を来しうる。Wiskott-Aldrich症候群(WAS)も血小板減少に加えて単球増加を認めることがある。この場合、WASに特徴的な小型血小板ではなく巨大血小板を認めることが多い。他に乳児悪性型大理石病や白血球接着不全症なども時にJMMLとの鑑別が必要となる。最近、RAS体細胞変異によって自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS)
  • わが国の小児がん医療提供体制について考える 小児がんに対するトータルケアと医療提供体制
    長谷川 大輔;小澤 美和;真部 淳;細谷 亮太
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(4) 189 2015年10月
  • 再生不良性貧血・骨髄増殖性疾患 治療関連骨髄異形成症候群44例の臨床像(Aplastic anemia and myeloproliferative disorder Clinical characteristics of 44 cases with therapy-related myelodysplastic syndrome in childhood)
    長谷川 大輔;濱 麻人;野沢 和江;平林 真介;渡邉 健一郎;土田 昌宏;伊藤 雅文;小島 勢二;中畑 龍俊;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(4) 208 2015年10月
  • 小児悪性腫瘍患者におけるClostridium Difficile腸炎のリスク(Risk factors for Clostridium difficile associated diarrhea among pediatric cancer patients)
    代田 惇朗;吉原 宏樹;稲井 郁子;吉本 優里;平林 真介;細谷 要介;長谷川 大輔;石田 也寸志;浦山 ケビン;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(4) 243 2015年10月
  • 体細胞ヘテロ接合性CBL変異が長期に残存したJMML(Long-term persistence of somatic heterozygous CBL mutation in JMML)
    平林 真介;長谷川 大輔;周尾 卓也;村松 秀城;坂下 一夫;小島 勢二;小池 健一;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(4) 277 2015年10月
  • 化学療法にて治癒的広範切除が可能となった胸壁Ewing肉腫の一例
    迫田 晃子;平林 真介;細谷 要介;長谷川 大輔;吉本 優里;木村 俊介;真部 敦;五木田 茶舞;相賀 咲央莉;右田 美里;松藤 凡
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(4) 295 2015年10月
  • VincristineとActinomycin Dによる化学療法が奏効し下肢切断を免れているinfantile fibrosarcomaの一例
    細谷 要介;吉本 優里;吉原 宏樹;長谷川 大輔;熊本 忠史;川野 孝文;迫田 晃子;松藤 凡;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(4) 304 2015年10月
  • ダサチニブ投与中に両側肺下胸水を認めたフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の男児
    吉本 優里;熊本 忠史;木村 俊介;平林 真介;細谷 要介;長谷川 大輔;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(4) 309 2015年10月
  • 消化管出血を呈した青色ゴムまり様母斑症候群の1例
    栗山 絢子;石田 悠志;吉本 優里;平林 真介;細谷 要介;吉原 宏樹;長谷川 大輔;真部 淳
    日本小児科学会雑誌 119(6) 1029 2015年06月
  • 生後3ヵ月未満で発熱をきたした小児の予後予測因子
    山本 一希;石田 悠志;長谷川 大輔;草川 功
    日本小児救急医学会雑誌 14(2) 268 2015年06月
  • Acute megakaryoblastic leukemia with acquired trisomy 21 and GATA1 mutations in phenotypically normal children.
    Ono R, Hasegawa D, Hirabayashi S, Kamiya T, Yoshida K, Yonekawa S, Ogawa C, Hosoya R, Toki T, Terui K, Ito E, Manabe A
    European journal of pediatrics 174(4) 525-531 2015年04月 [査読有り]
  • 頸部リンパ節炎の治療に難渋した自己免疫性好中球減少症の2例
    吉本 優里;代田 惇朗;平林 真介;長沖 優子;細谷 要介;長谷川 大輔;稲井 郁子;小澤 美和;草川 功;真部 淳
    日本小児科学会雑誌 119(2) 414 2015年02月
  • 消化管出血を呈したBlue rubber bleb nevus syndromeの一例
    栗山 絢子;吉本 優里;平林 真介;長谷川 大輔;小澤 美和;草川 功;真部 淳;嶋田 明;末延 聡一
    日本小児科学会雑誌 119(2) 419 2015年02月
  • 若年性骨髄単球性白血病と鑑別が必要な疾患
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(3) 304-310 2015年
    若年性骨髄単球性白血病(JMML)は乳幼児に好発する多能性造血幹細胞のクローン性異常で,約90%の症例でRAS/MAPK経路に関与する遺伝子の変異が検出される.これら変異の存在に加え,脾腫,白血球増加および単球増加などの所見に基づき診断するが,変異陰性例では時に診断に苦慮する.乳児期に生じたサイトメガロウイルス感染症では肝脾腫や単球増加などJMML様の臨床像を呈することがあるが自然軽快する.一方,ウイルス感染を偶然に併発しているJMMLを無治療で経過観察すると病勢進行を来しうる.Wiskott-Aldrich症候群(WAS)も血小板減少に加えて単球増加を認めることがある.この場合,WASに特徴的な小型血小板ではなく巨大血小板を認めることが多い.他に乳児悪性型大理石病や白血球接着不全症なども時にJMMLとの鑑別が必要となる.最近,RAS体細胞変異によって自己免疫性リンパ増殖症候
  • Acute megakaryoblastic leukemia with acquired trisomy 21 and GATA1 mutations in phenotypically normal children.
    Ono Rintaro;Hasegawa Daisuke;Hirabayashi Shinsuke;Kamiya Takahiro;Yoshida Kenichi;Yonekawa Satoko;Ogawa Chitose;Hosoya Ryota;Toki Tsutomu;Terui Kiminori;Ito Etsuro;Manabe Atsushi
    Acute megakaryoblastic leukemia with acquired trisomy 21 and GATA1 mutations in phenotypically normal children. 174(4) 2015年
    UNLABELLED:GATA1 mutations are found almost exclusively in children with myeloid proliferations related to Down syndrome (DS). Here, we report two phenotypically and cytogenetically normal children with acute megakaryoblastic leukemia (AMKL) whose blasts had both acquired trisomy 21 and GATA1 mutation. Patient 1 was diagnosed with transient abnormal myelopoiesis in the neonatal period. Following s
  • 集学的治療を行った仙尾部原発卵黄嚢腫瘍の1例
    上野 浩生;長谷川 大輔;辻本 信一;小野 林太郎;吉本 優里;細谷 要介;吉原 宏樹;熊本 忠史;川野 孝文;迫田 晃子;野崎 太希;関口 建次;中面 哲也;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(5) 569 2014年12月
  • 【小児血液疾患-よくわかる最新知見-】 造血器悪性疾患 骨髄異形成症候群
    長谷川 大輔
    小児科 55(11) 1737 2014年10月
  • JMMLと鑑別が必要な疾患
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 185 2014年10月
  • 消化管出血を伴う青色ゴムまり様母斑症候群の乳児例(An infant of blue rubber bleb nevus syndrome with gastrointestinal bleeding)
    平林 真介;栗山 絢子;石田 悠志;吉本 優里;細谷 要介;吉原 宏樹;川野 孝文;迫田 晃子;森田 有香;中村 仁美;衛藤 光;鈴木 高祐;末延 聡一;長谷川 大輔;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 242 2014年10月
  • 小児がん患者における精神身体症状発現のリスク因子の検討(Risk factors for psychosomatic symptoms among pediatric cancer patients)
    前田 謙一;辻本 信一;長谷川 大輔;浦山 ケビン;阿佐美 百合子;小澤 美和;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 258 2014年10月
  • 急性前骨髄球性白血病M3 variantの2例
    石田 悠志;松井 俊大;木村 俊介;野村 耕太郎;吉本 優里;平林 真介;細谷 要介;吉原 宏樹;長谷川 大輔;熊本 忠史;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 269 2014年10月
  • 当院で経験した神経芽腫Stage 4Sの2例
    吉本 優里;野村 耕太郎;石田 悠志;平林 真介;細谷 要介;吉原 宏樹;長谷川 大輔;細谷 亮太;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 287 2014年10月
  • 小児がん患者における長期留置型中心静脈カテーテル合併症のリスクファクターについて(Risk factors of long-term central venous catheters (CVCS) complication in children with hemato-oncological disorders)
    迫田 晃子;川野 孝文;細谷 要介;吉原 宏樹;平林 真介;長谷川 大輔;小澤 美和;真部 淳;松藤 凡
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 334 2014年10月
  • 神経下垂体部胚細胞腫瘍の化学療法中に点鼻あるいは経口デスモプレシン製剤を用いて尿崩症管理を行った5例
    木村 俊介;細谷 要介;石田 悠志;野村 耕太郎;吉本 優里;吉原 宏樹;長谷川 大輔;伊藤 純子;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 335 2014年10月
  • 高機能自閉症スペクトラム障害を抱える3歳男児の、入院中の心理的支援 骨髄移植をチームで支える
    阿佐美 百合子;春山 智恵子;後藤 真弥;北川 知恵;熊谷 祐美;平田 美佳;山本 光映;小澤 美和;長谷川 大輔;真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 374 2014年10月
  • Clinical characteristics and treatment outcome in 65 cases with refractory cytopenia of childhood defined according to the WHO 2008 classification.
    Hasegawa D, Chen X, Hirabayashi S, Ishida Y, Watanabe S, Zaike Y, Tsuchida M, Masunaga A, Yoshimi A, Hama A, Kojima S, Ito M, Nakahata T, Manabe A
    British journal of haematology 166(5) 758-766 2014年09月 [査読有り]
  • Advanced MDSの治療を考える Introduction
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(3) 300 2014年09月
  • Treatment outcomes of adolescent acute lymphoblastic leukemia treated on Tokyo Children's Cancer Study Group (TCCSG) clinical trials.
    Kato M, Manabe A, Koh K, Inukai T, Kiyokawa N, Fukushima T, Goto H, Hasegawa D, Ogawa C, Koike K, Ota S, Noguchi Y, Kikuchi A, Tsuchida M, Ohara A
    International journal of hematology 100(2) 180-187 2014年08月 [査読有り]
  • No impact of high-dose cytarabine and asparaginase as early intensification with intermediate-risk paediatric acute lymphoblastic leukaemia: results of randomized trial TCCSG study L99-15.
    Kato M, Koh K, Manabe A, Saito T, Hasegawa D, Isoyama K, Kinoshita A, Maeda M, Okimoto Y, Kajiwara M, Kaneko T, Sugita K, Kikuchi A, Tsuchida M, Ohara A
    British journal of haematology 164(3) 376-383 2014年02月 [査読有り]
  • Significance of CD66c expression in childhood acute lymphoblastic leukemia.
    Kiyokawa N, Iijima K, Tomita O, Miharu M, Hasegawa D, Kobayashi K, Okita H, Kajiwara M, Shimada H, Inukai T, Makimoto A, Fukushima T, Nanmoku T, Koh K, Manabe A, Kikuchi A, Sugita K, Fujimoto J, Hayashi Y, Ohara A
    Leukemia research 38(1) 42-48 2014年01月 [査読有り]
  • Significance of CD66c expression in childhood acute lymphoblastic leukemia.
    Kiyokawa Nobutaka;Iijima Kazutoshi;Tomita Osamu;Miharu Masashi;Hasegawa Daisuke;Kobayashi Kenichiro;Okita Hajime;Kajiwara Michiko;Shimada Hiroyuki;Inukai Takeshi;Makimoto Atsushi;Fukushima Takashi;Nanmoku Toru;Koh Katsuyoshi;Manabe Atsushi;Kikuchi Akira;Sugita Kanji;Fujimoto Junichiro;Hayashi Yasuhide;Ohara Akira
    Significance of CD66c expression in childhood acute lymphoblastic leukemia. 38(1) 2014年
    :Upon analyzing 696 childhood B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia (BCP-ALL) cases, we identified the characteristics of CD66c expression. In addition to the confirmation of strong correlation with BCR-ABL positivity and hyperdiploid, we further observed that CD66c is frequently expressed in CRLF2-positive (11/15, p<0.01 against chimeric gene-negative) as well as hypodiploid cases (3/4),
  • Clinical characteristics and treatment outcome in 65 cases with refractory cytopenia of childhood defined according to the WHO 2008 classification.
    Hasegawa Daisuke;Chen Xiaojuan;Hirabayashi Shinsuke;Ishida Yasushi;Watanabe Shizuka;Zaike Yuji;Tsuchida Masahiro;Masunaga Atsuko;Yoshimi Ayami;Hama Asahito;Kojima Seiji;Ito Masafumi;Nakahata Tatsutoshi;Manabe Atsushi
    Clinical characteristics and treatment outcome in 65 cases with refractory cytopenia of childhood defined according to the WHO 2008 classification. 166(5) 2014年
    :This study analysed 65 children who were prospectively registered between 1999 and 2008 and fulfilled the World Health Organization 2008 criteria of refractory cytopenia of childhood (RCC). First-line therapy was determined by the treating physicians: 25 patients received immunosuppressive therapy (IST), 12 patients received haematopoietic stem cell transplantation (HSCT) and one patient received
  • The landscape of somatic mutations in Down syndrome-related myeloid disorders.
    Yoshida K, Toki T, Okuno Y, Kanezaki R, Shiraishi Y, Sato-Otsubo A, Sanada M, Park MJ, Terui K, Suzuki H, Kon A, Nagata Y, Sato Y, Wang R, Shiba N, Chiba K, Tanaka H, Hama A, Muramatsu H, Hasegawa D, Nakamura K, Kanegane H, Tsukamoto K, Adachi S, Kawakami K, Kato K, Nishimura R, Izraeli S, Hayashi Y, Miyano S, Kojima S, Ito E, Ogawa S
    Nature genetics 45(11) 1293-1299 2013年11月 [査読有り]
  • Aggressive transformation of juvenile myelomonocytic leukemia associated with duplication of oncogenic KRAS due to acquired uniparental disomy.
    Kato M, Yasui N, Seki M, Kishimoto H, Sato-Otsubo A, Hasegawa D, Kiyokawa N, Hanada R, Ogawa S, Manabe A, Takita J, Koh K
    The Journal of pediatrics 162(6) 1285-8, 1288.e1 2013年06月 [査読有り]
  • [Childhood acute lymphoblastic leukemia (ALL)].
    Manabe A, Hasegawa D
    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 54(1) 100-108 2013年01月 [査読有り]
  • Outcome of children with refractory anaemia with excess of blast (RAEB) and RAEB in transformation (RAEB-T) in the Japanese MDS99 study.
    Kikuchi A, Hasegawa D, Ohtsuka Y, Hamamoto K, Kojima S, Okamura J, Nakahata T, Manabe A, Japanese Paediatric Myelodysplastic Syndrome (MDS) Study Group
    British journal of haematology 158(5) 657-661 2012年09月 [査読有り]
  • [Myelodysplastic syndrome in childhood and juvenile myelomonocytic leukemia].
    Hasegawa D, Manabe A
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 70 Suppl 2 681-686 2012年04月 [査読有り]
  • CBL mutation in chronic myelomonocytic leukemia secondary to familial platelet disorder with propensity to develop acute myeloid leukemia (FPD/AML).
    Shiba N, Hasegawa D, Park MJ, Murata C, Sato-Otsubo A, Ogawa C, Manabe A, Arakawa H, Ogawa S, Hayashi Y
    Blood 119(11) 2612-2614 2012年03月 [査読有り]
  • The utility of performing the initial lumbar puncture on day 8 in remission induction therapy for childhood acute lymphoblastic leukemia: TCCSG L99-15 study.
    Hasegawa D, Manabe A, Ohara A, Kikuchi A, Koh K, Kiyokawa N, Fukushima T, Ishida Y, Saito T, Hanada R, Tsuchida M, Tokyo Children's Cancer Study Group
    Pediatric blood & cancer 58(1) 23-30 2012年01月 [査読有り]
  • Intellectual development after treatment in children with acute leukemia and brain tumor.
    Watanabe S, Azami Y, Ozawa M, Kamiya T, Hasegawa D, Ogawa C, Ishida Y, Hosoya R, Kizu J, Manabe A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 53(5) 694-700 2011年10月 [査読有り]
  • Down syndrome and GATA1 mutations in transient abnormal myeloproliferative disorder: mutation classes correlate with progression to myeloid leukemia.
    Kanezaki R, Toki T, Terui K, Xu G, Wang R, Shimada A, Hama A, Kanegane H, Kawakami K, Endo M, Hasegawa D, Kogawa K, Adachi S, Ikeda Y, Iwamoto S, Taga T, Kosaka Y, Kojima S, Hayashi Y, Ito E
    Blood 116(22) 4631-4638 2010年11月 [査読有り]
  • Bullous exudative retinal detachment due to infiltration of leukemic cells in a child with acute lymphoblastic leukemia.
    Yoshida K, Hasegawa D, Takusagawa A, Kato I, Ogawa C, Echizen N, Ohkoshi K, Yamaguchi T, Hosoya R, Manabe A
    International journal of hematology 92(3) 535-537 2010年10月 [査読有り]
  • Treatment of children with refractory anemia: the Japanese Childhood MDS Study Group trial (MDS99).
    Hasegawa D, Manabe A, Yagasaki H, Ohtsuka Y, Inoue M, Kikuchi A, Ohara A, Tsuchida M, Kojima S, Nakahata T, Japanese Childhood MDS Study Group
    Pediatric blood & cancer 53(6) 1011-1015 2009年12月 [査読有り]
  • Detection of submicroscopic disease in the bone marrow and unaffected testis of a child with T-cell acute lymphoblastic leukemia who experienced "isolated" testicular relapse.
    Arima K, Hasegawa D, Ogawa C, Kato I, Imamura T, Takusagawa A, Takahashi H, Kitagawa Y, Hori T, Tsurusawa M, Manabe A, Hosoya R
    International journal of hematology 90(3) 370-373 2009年10月 [査読有り]
  • The ex vivo production of ammonia predicts L-asparaginase biological activity in children with acute lymphoblastic leukemia.
    Watanabe S, Miyake K, Ogawa C, Matsumoto H, Yoshida K, Hirabayashi S, Hasegawa D, Inoue T, Kizu J, Machida R, Ohara A, Hosoya R, Manabe A
    International journal of hematology 90(3) 347-352 2009年10月 [査読有り]
  • Significance of the complete clearance of peripheral blasts after 7 days of prednisolone treatment in children with acute lymphoblastic leukemia: the Tokyo Children's Cancer Study Group Study L99-15.
    Manabe A, Ohara A, Hasegawa D, Koh K, Saito T, Kiyokawa N, Kikuchi A, Takahashi H, Ikuta K, Hayashi Y, Hanada R, Tsuchida M, Tokyo Children's Cancer Study Group
    Haematologica 93(8) 1155-1160 2008年08月 [査読有り]
  • Clinical application of rapid assay of serum interleukin-6 in Kawasaki disease.
    Suganami Y, Kawashima H, Hasegawa D, Sato S, Hoshika A
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 50(2) 264-266 2008年04月 [査読有り]
  • The effect of donor leukocyte infusion on refractory pure red blood cell aplasia after allogeneic stem cell transplantation in a patient with myelodysplastic syndrome developing from Kostmann syndrome.
    Ebihara Y, Manabe A, Tsuruta T, Ishikawa K, Hasegawa D, Ohtsuka Y, Kawasaki H, Ogami K, Wada Y, Kanda T, Tsuji K
    International journal of hematology 86(5) 446-450 2007年12月 [査読有り]
  • Hazards of early BCG vaccination: BCGitis in a patient with chronic granulomatous disease.
    Kawashima H, Hasegawa D, Nakamura M, Mochizuki S, Kashiwagi Y, Nishimata S, Sato S, Sasamoto M, Takekuma K, Hoshika A, Nunoi H
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 49(3) 418-419 2007年06月 [査読有り]
  • RAS-blocking bisphosphonate zoledronic acid inhibits the abnormal proliferation and differentiation of juvenile myelomonocytic leukemia cells in vitro.
    Ohtsuka Y, Manabe A, Kawasaki H, Hasegawa D, Zaike Y, Watanabe S, Tanizawa T, Nakahata T, Tsuji K
    Blood 106(9) 3134-3141 2005年11月 [査読有り]
  • Methylation status of the p15 and p16 genes in paediatric myelodysplastic syndrome and juvenile myelomonocytic leukaemia.
    Br J Haematol 128(6):805-12. 2005年
  • Virological and immunological characteristics of a 19-year-old Japanese female with fatal outcome with Epstein-Barr virus-associated hemophagocytic syndrome.
    Sato S, Kawashima H, Oshiro H, Hasegawa D, Kashiwagi Y, Takekuma K, Hoshika A
    Journal of clinical virology : the official publication of the Pan American Society for Clinical Virology 31(3) 235-238 2004年11月 [査読有り]
  • Rapid diagnosis of bacterial meningitis by using multiplex PCR and real time PCR.
    Uzuka R, Kawashima H, Hasegawa D, Ioi H, Amaha M, Kashiwagi Y, Takekuma K, Hoshika A, Chiba K
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 46(5) 551-554 2004年10月 [査読有り]

講演・口頭発表等

  • 非血縁同種骨髄移植後に重症腎TMAを発症した骨髄異形成症候群の8歳女児例
    宮本智史, 宮本智史, 木村俊介, 石田悠志, 代田惇朗, 松井俊大, 吉本優里, 平林真介, 細谷要介, 藤丸拓也, 長谷川大輔, 熊本忠史, 森慎一郎, 鈴木高祐, 真部淳
    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集 2016年02月
  • 水痘感染の既往のない非血縁者間臍帯血移植後男児に生じた帯状疱疹
    木村俊介, 長谷川大輔, 代田惇朗, 松井俊大, 吉本優里, 平林真介, 細谷要介, 熊本忠志, 真部淳
    日本小児科学会雑誌 2016年02月
  • 自閉症スペクトラム障害のフォロー中に発作時脳波での鑑別を要した前頭葉てんかん
    角谷和歌子, 代田惇朗, 松井俊大, 田中育子, 横山美奈, 長谷川大輔, 小澤美和, 荻原正明, 草川功, 真部淳
    日本小児科学会雑誌 2016年02月
  • 再生不良性貧血・骨髄増殖性疾患 治療関連骨髄異形成症候群44例の臨床像(Aplastic anemia and myeloproliferative disorder Clinical characteristics of 44 cases with therapy-related myelodysplastic syndrome in childhood)
    長谷川 大輔, 濱 麻人, 野沢 和江, 平林 真介, 渡邉 健一郎, 土田 昌宏, 伊藤 雅文, 小島 勢二, 中畑 龍俊, 真部 淳
    日本小児血液・がん学会雑誌 2015年10月
  • わが国の小児がん医療提供体制について考える 小児がんに対するトータルケアと医療提供体制
    長谷川 大輔, 小澤 美和, 真部 淳, 細谷 亮太
    日本小児血液・がん学会雑誌 2015年10月
  • 蛋白漏出性胃腸症で発症したHenoch-Schoenlein紫斑病の一例
    孫 楽, 吉本 優里, 小野 林太郎, 長谷川 大輔, 小澤 美和, 真部 淳, 草川 功
    日本小児科学会雑誌 2014年02月
  • 小児不応性血球減少症の臨床像の検討 日本小児血液学会前方視的登録例より
    長谷川 大輔, 在家 裕司, 土田 昌宏, 増永 敦子, 吉見 礼美, 濱 麻人, 小島 勢二, 伊藤 雅文, 中畑 龍俊, 真部 淳, 日本小児血液・がん学会MDS委員会
    日本小児科学会雑誌 2013年02月
  • 肝脾型γδT細胞性リンパ腫/白血病と骨髄異形成症候群を合併した3歳女児例
    寺尾 陽子, 秋山 政晴, 山岡 正慶, 横井 健太郎, 井田 博幸, 長谷川 大輔, 熊本 忠史, 小川 千登世, 真部 淳
    臨床血液 2012年12月
  • 致死的な血球貪食症候群を来したUPD-14の1例
    米川 聡子, 居石 崇志, 細谷 要介, 吉原 宏樹, 長谷川 大輔, 草川 功, 真部 淳, 野崎 太希, 川野 孝文, 細谷 亮太
    日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号 2012年11月
  • 母の作ったファンタジーの中で生きていこうとしている弟の課題
    植松 温子, 関冨 晶子, 小澤 美和, 長谷川 大輔, 馬場 徳朗, 細谷 亮太
    日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号 2012年11月
  • 当院における小児がんの患児への告知に関する過去20年の検討
    吉本 優里, 上野 浩生, 吉原 宏樹, 細谷 要介, 長谷川 大輔, 小澤 美和, 石田 也寸志, 真部 淳, 細谷 亮太
    日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号 2012年11月

MISC

  • Pearson症候群 日本小児血液がん学会中央診断登録例より
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(5) 477-477 2016年02月
  • 若年性骨髄単球性白血病と鑑別が必要な疾患
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 52(3) 304-310 2015年10月
    若年性骨髄単球性白血病(JMML)は乳幼児に好発する多能性造血幹細胞のクローン性異常で、約90%の症例でRAS/MAPK経路に関与する遺伝子の変異が検出される。これら変異の存在に加え、脾腫、白血球増加および単球増加などの所見に基づき診断するが、変異陰性例では時に診断に苦慮する。乳児期に生じたサイトメガロウイルス感染症では肝脾腫や単球増加などJMML様の臨床像を呈することがあるが自然軽快する。一方、ウイルス感染を偶然に併発しているJMMLを無治療で経過観察すると病勢進行を来しうる。Wiskott-Aldrich症候群(WAS)も血小板減少に加えて単球増加を認めることがある。この場合、WASに特徴的な小型血小板ではなく巨大血小板を認めることが多い。他に乳児悪性型大理石病や白血球接着不全症なども時にJMMLとの鑑別が必要となる。最近、RAS体細胞変異によって自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS)ともJMMLとも鑑別困難な病態を来すことが報告され、RALD(RAS-associated ALPS-like disease)と称される。以前からJMMLの一部で高IgG血症や自己抗体の出現をみることが知られていたが、病勢の緩徐なRAS変異陽性JMMLの一部はRALDの可能性がある一方、致死的経過を辿ることもあり、予後や適切な管理法について今後の症例の蓄積が必要である。(著者抄録)
  • 【小児血液疾患-よくわかる最新知見-】 造血器悪性疾患 骨髄異形成症候群
    長谷川 大輔
    小児科 55(11) 1737-1744 2014年10月
  • JMMLと鑑別が必要な疾患
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(4) 185-185 2014年10月
  • Advanced MDSの治療を考える Introduction
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 51(3) 300-300 2014年09月
  • RAS変異陽性若年性骨髄単球性白血病(JMML)を考える Introduction
    長谷川 大輔
    日本小児血液・がん学会雑誌 50(3) 494-494 2013年10月
  • 【臨床血液学 今後の展望(2013年版)-リンパ系疾患-】 小児急性リンパ性白血病
    真部 淳, 長谷川 大輔
    臨床血液 54(1) 100-108 2013年01月
  • 【MDS(骨髄異形成症候群)】 小児のMDS
    長谷川 大輔, 真部 淳
    臨床検査 56(12) 1377-1384 2012年11月
  • 【小児疾患の診断治療基準(第4版)】 (第2部)疾患 血液・造血器疾患 骨髄異形成症候群
    長谷川 大輔
    小児内科 44(増刊) 576-577 2012年11月
  • 【MDSをめぐる最近の進歩-治癒を目指して】 小児MDSの特徴と病態解析研究の進歩
    長谷川 大輔, 濱 麻人, 滝 智彦
    血液内科 65(3) 334-342 2012年09月
  • 小児がん経験者の晩期合併症の予測は可能か 聖路加国際病院小児科の経験
    石田 也寸志, 渡辺 静, 小澤 美和, 米川 聡子, 小川 千登世, 長谷川 大輔, 細谷 要介, 吉原 宏樹, 真部 淳, 森本 克, 西村 昴三, 細谷 亮太
    日本小児血液・がん学会雑誌 49(1-2) 31-39 2012年05月
    JPLSG長期フォローアップ(FU)委員会の5段階のFUレベルが、晩期合併症発症の予想に役立つかどうか検証した。【対象と方法】研究デザインはレトロスペクティブコホート研究で、対象は1972年から2011年に当院小児科で診療した小児がん症例で治療を終了しているものである。治療終了時FUレベルと最終観察日の晩期合併症について単変量とロジステック解析を行いオッズ比(OR)を求めた。【結果】2011年3月31日の時点で生存していた388例で、FUレベル判定不能88例を除き、残り300例を解析した。血液がんではレベル3=41%、4=37%、脳腫瘍はレベル4=100%、固形腫瘍はレベル2=25%、レベル3=44%、LCHはレベル1=62%、骨軟部腫瘍はレベル3=36%、4=25%、5=40%であった。晩期合併症は、レベル1:0%、レベル2:15%、レベル3:37%、レベル4:72%、レベル5:100%で、ロジスティク解析では、脳腫瘍(OR:65.4)、固形腫瘍(OR:3.45)、骨軟部腫瘍(OR:10.4)、最終観察年齢26歳以上(OR:6.75)、CPM>5g/m2(OR:5.64)、同種造血細胞移植(OR:10.9)が晩期合併症の独立したリスク因子であった。【結語】治療終了時の5段階のFUレベル評価は晩期合併症の予測に有用であり、この分類を活用することによりリスクに基づいたFU計画の立案が可能である。(著者抄録)
  • カゼイン含有薬剤によるアレルギー
    小児科 42(10), 1664-1668 2001年

競争的資金

  • 小児MDSにおけるメチル化異常
    研究期間:2003年